議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第1回定例会(第1日目 2月28日)




平成18年第1回定例会(第1日目 2月28日)





             平成18年第1回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                     平成18年2月28日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬───────────────────────────┬─────┐


│日程│議案│   件                 名     │ 備 考 │


│  │  │                           │     │


│番号│番号│                           │     │


├──┼──┴───────────────────────────┼─────┤


│  │               5番  有 村 久 行 議員 │     │


│ 1│会議録署名議員の指名について                │     │


│  │               6番  徳 田 拡 志 議員 │     │


├──┼──────────────────────────────┼─────┤


│ 2│会期の決定について   2月28日〜3月30日(31日間)    │     │


├──┼──┬───────────────────────────┼─────┤


│ 3│  │議長不信任の件                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │                           │総務委員長│


│  │  │                           │報告   │


│  │  │                           │環境福祉委│


│ 4│  │閉会中における所管事務調査についての報告       │員長報告 │


│  │  │                           │産業教育委│


│  │  │                           │員長報告 │


│  │  │                           │建設水道委│


│  │  │                           │員長報告 │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 5│報告│専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)│     │


│  │ 1│の提起について)                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 6│ 1│霧島市個人情報保護条例の一部改正について       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 7│ 2│霧島市職員定数条例の一部改正について         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 8│ 3│霧島市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について│     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 9│ 4│霧島市職員の給与に関する条例の一部改正について    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 10│ 5│霧島市特別会計条例の一部改正について         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 11│ 6│霧島市手数料条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 12│ 7│霧島市下水道建設事業基金条例の一部改正について    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 13│ 8│霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 14│ 9│霧島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                          │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 15│ 10│霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 16│ 11│霧島市農業委員会委員の選挙区に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 17│ 12│霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 18│ 13│霧島市工場等立地促進に関する条例の一部改正について  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 19│ 14│霧島市国民保護協議会条例の制定について        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 20│ 15│霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する│     │


│  │  │条例の制定について                  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 21│ 16│長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制│     │


│  │  │定について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 22│ 17│霧島市国分ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の制定│     │


│  │  │について                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 23│ 18│霧島市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条│     │


│  │  │例の制定について                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 24│ 19│霧島市立地企業従業員用住宅の設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │制定について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 25│ 20│霧島市学校給食運営審議会条例の制定について      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 26│ 21│霧島市スポーツ振興審議会条例の制定について      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 27│ 22│霧島市下水道事業職員退職手当準備基金条例の廃止について│     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 28│ 23│霧島市児童福祉手当支給条例等の廃止について      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 29│ 24│鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の│     │


│  │  │数の減少について(鹿屋市・指宿市・志布志市関係分)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地│     │


│ 30│ 25│方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災│     │


│  │  │害補償等組合規約の変更について(阿久根市・大口市・垂水│     │


│  │  │市関係分)                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地│     │


│ 31│ 26│方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災│     │


│  │  │害補償等組合規約の変更について(徳之島三ヵ町と畜場組合│     │


│  │  │関係分)                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 32│ 27│鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の財産処分に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方│     │


│ 33│ 28│公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村議会議員公務災害補│     │


│  │  │償等組合規約の変更について(枕崎市・阿久根市・大口市・│     │


│  │  │垂水市関係分)                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の│     │


│ 34│ 29│数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更に│     │


│  │  │ついて(阿久根市・阿久根地区消防組合関係分)     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の│     │


│ 35│ 30│数の減少及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更に│     │


│  │  │ついて(徳之島三ヵ町と畜場組合関係分)        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 36│ 31│鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 37│ 32│姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更について   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 38│ 33│霧島市過疎地域自立促進計画の策定について       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 39│ 34│市道路線の廃止について                │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 40│ 35│損害賠償の額を定め和解することについて        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 41│ 36│平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 42│ 37│平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)│     │


│  │  │について                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 43│ 38│平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)│     │


│  │  │について                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 44│ 39│平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正予算│     │


│  │  │(第1号)について                  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 45│ 40│平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 46│ 41│平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 47│ 42│平成18年度霧島市一般会計予算について         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 48│ 43│平成18年度霧島市国民健康保険特別会計予算について   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 49│ 44│平成18年度霧島市老人保健医療特別会計予算について   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 50│ 45│平成18年度霧島市介護保険特別会計予算について     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 51│ 46│平成18年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 52│ 47│平成18年度霧島市空港県営駐車場管理事業特別会計予算につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 53│ 48│平成18年度霧島市国民休養地事業特別会計予算について  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 54│ 49│平成18年度霧島市下水道事業特別会計予算について    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 55│ 50│平成18年度霧島市丸岡公園特別会計予算について     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 56│ 51│平成18年度霧島市温泉供給特別会計予算について     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 57│ 52│平成18年度霧島市水道事業会計予算について       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 58│ 53│平成18年度霧島市簡易水道事業会計予算について     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 59│ 54│平成18年度霧島市工業用水道事業会計予算について    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 60│ 55│平成18年度霧島市病院事業会計予算について       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 61│ 56│霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 62│ 57│霧島市隼人真孝西集会所の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 63│ 58│霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 64│ 59│霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 65│ 60│霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 66│ 61│サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                          │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 67│ 62│霧島市福山パークゴルフ場の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 68│ 63│霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 69│ 64│霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 70│ 65│霧島市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 71│ 66│霧島市国分老人集会所の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 72│ 67│霧島市障害者福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 73│ 68│霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 74│ 69│霧島市病院事業の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 75│ 70│霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                          │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 76│ 71│霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 77│ 72│霧島市国分府中地区共同利用施設の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 78│ 73│霧島市溝辺麓地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 79│ 74│霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 80│ 75│霧島市国分地区集会所の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 81│ 76│霧島市国分福島地区コミュニティ供用施設の設置及び管理に│     │


│  │  │関する条例の一部改正について             │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 82│ 77│霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 83│ 78│霧島市上床公園の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 84│ 79│霧島市横川山ヶ野ふれあい交流館の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 85│ 80│霧島市国分多目的集会施設の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 86│ 81│霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関す│     │


│  │  │る条例の一部改正について               │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 87│ 82│霧島市福山多目的交流施設の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 88│ 83│霧島市営農研修センター等の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 89│ 84│霧島市国分営農研修施設設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 90│ 85│霧島市国分広報研修施設設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 91│ 86│霧島市国分上之段・国分平山・国分塚脇地区コミュニティ広│     │


│  │  │場の設置及び管理に関する条例の一部改正について    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 92│ 87│霧島市溝辺竹子集会センター設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 93│ 88│霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 94│ 89│霧島市農村活性化施設の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 95│ 90│霧島市黒石岳森林公園の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 96│ 91│霧島市生活改善研修センター設置管理条例の全部改正につい│     │


│  │  │て                          │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 97│ 92│霧島市国分ハイテク展望台の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 98│ 93│霧島市台明寺渓谷公園の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 99│ 94│霧島市国分キャンプ海水浴場の施設の管理条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 100│ 95│霧島市観光案内所施設の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 101│ 96│霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 102│ 97│霧島高原国民休養地設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 103│ 98│霧島市都市公園条例の一部改正について         │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 104│ 99│霧島市神話の里公園の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 105│ 100│指定管理者の指定について(国分府中地区共同利用施設) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 106│ 101│指定管理者の指定について(国分木原地区集会所)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 107│ 102│指定管理者の指定について(国分上之段地区集会所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 108│ 103│指定管理者の指定について(国分郡山地区集会所)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 109│ 104│指定管理者の指定について(国分上小川地区集会所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 110│ 105│指定管理者の指定について(国分下井地区集会所)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 111│ 106│指定管理者の指定について(国分平山地区集会所)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 112│ 107│指定管理者の指定について(国分向花地区コミュニティセン│     │


│  │  │ター)                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 113│ 108│指定管理者の指定について(国分川内地区コミュニティセン│     │


│  │  │ター)                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 114│ 109│指定管理者の指定について(国分福島地区コミュニティ供用│     │


│  │  │施設)                        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 115│ 110│指定管理者の指定について(国分湊多目的集会施設)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 116│ 111│指定管理者の指定について(国分上井多目的集会施設)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 117│ 112│指定管理者の指定について(国分清水多目的集会施設)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 118│ 113│指定管理者の指定について(国分川原多目的集会施設)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 119│ 114│指定管理者の指定について(国分塚脇多目的集会施設)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 120│ 115│指定管理者の指定について(国分南地区老人集会所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 121│ 116│指定管理者の指定について(国分北地区老人集会所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 122│ 117│指定管理者の指定について(国分野口生活改善センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 123│ 118│指定管理者の指定について(国分新町生活改善センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 124│ 119│指定管理者の指定について(国分広瀬生活改善センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 125│ 120│指定管理者の指定について(国分姫城広報研修施設)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 126│ 121│指定管理者の指定について(国分本戸営農研修施設)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 127│ 122│指定管理者の指定について(国分松木営農研修施設)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 128│ 123│指定管理者の指定について(溝辺麓地区共同利用施設)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 129│ 124│指定管理者の指定について(竹子集会センター)     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 130│ 125│指定管理者の指定について(横川床波活性化センター)  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 131│ 126│指定管理者の指定について(横川紫尾田活性化センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 132│ 127│指定管理者の指定について(横川正牟田活性化センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 133│ 128│指定管理者の指定について(横川上小脇活性化センター) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 134│ 129│指定管理者の指定について(横川山ヶ野ふれあい交流館) │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 135│ 130│指定管理者の指定について(糸走地区共同利用施設)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 136│ 131│指定管理者の指定について(隼人真孝西集会所)     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 137│ 132│指定管理者の指定について(国分総合福祉センター・隼人総│     │


│  │  │合福祉センター)                   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 138│ 133│指定管理者の指定について(溝辺ふれあい温泉センター・横│     │


│  │  │川健康温泉センター・牧園塩浸温泉福祉の里)      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 139│ 134│指定管理者の指定について(牧園老人福祉センター)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 140│ 135│指定管理者の指定について(霧島保健福祉センター)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 141│ 136│指定管理者の指定について(牧之原老人憩の家)     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 142│ 137│指定管理者の指定について(国分障害者福祉作業所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 143│ 138│指定管理者の指定について(観光案内所)        │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 144│ 139│指定管理者の指定について(神話の里公園)       │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 145│ 140│指定管理者の指定について(隼人障害者福祉作業所)   │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 146│ 141│指定管理者の指定について(霧島市立医師会医療センター)│     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 147│ 142│指定管理者の指定について(国分児童体育館・南公園・国分│     │


│  │  │海浜公園・北公園)                  │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 148│ 143│指定管理者の指定について(霧島市民会館・国分中央地区共│     │


│  │  │同利用施設)                     │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│  │  │指定管理者の指定について(中央公園・東公園・中央児童公│     │


│  │  │園・福島児童公園・広瀬西公園・正覚寺公園・西地区コミュ│     │


│ 149│ 144│ニティ広場・松木野口地区ふれあい広場・児童の森・湊地区│     │


│  │  │コミュニティ広場・東その山地区コミュニティ広場・こがの│     │


│  │  │もりコミュニティ広場・郡山地区コミュニティ広場・姫城地│     │


│  │  │区コミュニティ広場・清水地区コミュニティ広場)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 150│ 145│指定管理者の指定について(国分上之段・国分平山・国分塚│     │


│  │  │脇地区コミュニティ広場・国分営農研修センター)    │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 151│ 146│指定管理者の指定について(黒石岳森林公園)      │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 152│ 147│指定管理者の指定について(台明寺渓谷公園・国分ハイテク│     │


│  │  │展望台・国分キャンプ海水浴場)            │     │


├──┼──┼───────────────────────────┼─────┤


│ 153│ 148│指定管理者の指定について(国分ふれあいの郷)     │     │


└──┴──┴───────────────────────────┴─────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   13番  中 重 真 一 君     14番  四 元 寿 満 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   まちづくり調整監 内   達 朗 君


 総 務 部 長   西 重 正 志 君   企 画 部 長  藤 田   満 君


 生活環境部長    中 村   昭 君   保健福祉部長   福 盛 安 美 君


 農林水産部長    東   邦 雄 君   商工観光部長   長 崎   薫 君


 建 設 部 長   成 枝 靖 夫 君   工事監査部長   秋 窪 直 哉 君


 消 防 局 長   中 馬 達 己 君   水 道 部 長  濱 崎 幸 嗣 君


 溝辺総合支所長   野 間   匠 君   横川総合支所長  山 下 弘 文 君


 牧園総合支所長   境 田 秀 紀 君   霧島総合支所長  川 野 茂 樹 君


 隼人総合支所長   林   兼 行 君   福山総合支所長  西   秀 文 君


 総務部次長兼    南 田 吉 文 君   行政改革推進監  山 口   剛 君


 総務課長


 企画部次長兼    福 原   平 君   財 政 課 長  平 野 貴 志 君


 企画調整課長


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育部次長兼教育  石 塚 義 人 君


 総務課長





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    松 元 政 和 君   議会事務局次長兼 杢 田 耕 一 君


                       議事調査課長


 課長補佐兼議事係長 山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 会  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は48名であります。したがって,定足数に達しておりますので,これより平成18年第1回霧島市議会定例会を開会いたします。直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付いたしました議事日程に基づき会議を進めてまいります。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。会議規則第158条の規定による議員派遣について,2月21日に議長,副議長及び議会運営委員会委員10名を薩摩川内市で開催された議員研修会へ議長において派遣しましたので,ご報告いたします。お手元に議長の出席した主な行事について配付いたしておりますので,お目通し願います。以上で諸般の報告を終わります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,会議録署名議員の指名をいたします。5番有村久行議員,6番徳田拡志議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は本日から平成18年3月30日までの31日間としたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は本日から平成18年3月30日までの31日間と決定しました。(「議長,動議,動議を出します。」と言う声あり)


○15番(新橋 実君)


 本日の日程追加して直ちに議題とすることを要望いたします。(「ただいまの動議に賛成いたします。」と言う声あり)議長の不信任に対する動議でございます。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま新橋実議員から動議が提出されました。動議に賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 所定の賛成者がありますので,動議は成立しました。お諮りいたします。この際本動議を日程に追加し,議題とすることにご異議ありませんか。


               [「異議あり」と言う声あり]


 ご異議がありますので,起立により採決します。新橋実議員提出の動議に対する賛成の諸君の,趣旨説明を求めますか。趣旨説明につきましては,新橋議員から「議長の不信任」という文言が発せられましたので,そのことについてお諮りいたします。本動議に賛成の方の,新橋実議員提出の動議に賛成の方の起立を求めます。傍聴席に申し上げますが,ご静粛にお願い申し上げます。動議は成立いたしましたので,その動議について賛同者の諸君の起立を求めております。これは動議の発言に対する賛成者が確認され,動議は,発議は成立をいたしました。すなわちその動議の内容につきましては議長の不信任案であります。その議長の不信任案の動議は成立いたしましたので,その新橋実議員の動議の趣旨に対する賛同者の起立を求めております。このことについて,(「議長,休憩,休憩」と言う声あり),それでは,暫時休憩いたします。


               「休憩  午前10時06分」


               ──────────────


               「再開  午前10時08分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。ただいま新橋実議員の動議の発議に対する賛同者の確認をいたしました。動議は成立いたしました。次の段階といたしましてこの動議を日程に追加し,直ちに議題とするかどうかの確認を求めます。その賛同者のいかんにより過半数以上でありますとその提案の説明を求めます。以上で改めまして新橋実議員の動議に対する賛成者の日程に,直ちに日程に追加し,議題と供することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 はい,ありがとうございました。賛成多数であります。よって,新橋実議員の動議に対しましては直ちに日程に追加し,議題といたすことに決定をいたしました。ここでしばらく休憩をいたします。


               「休憩  午前10時09分」


               ──────────────


               「再開  午前11時14分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。当初配付いたしました日程第3以降については一つずつ繰り下げをお願いいたします。ここで副議長と交代をいたします。


                [西村新一郎議長退席]


                [川畑征治副議長着席]





  △ 日程第3 議長不信任の件上程





○副議長(川畑征治君)


 日程第3,議長不信任の件を議題とします。新橋議員から趣旨説明を求めます。


○15番(新橋 実君)


 ただいまから議長不信任動議について趣旨説明を行います。去る2月1日と2月2日の地元紙の南日本新聞をはじめ,全国紙の毎日新聞,読売新聞,テレビのNHKをはじめ,地元のテレビ局が「大麻事件の容疑者として議長の息子さん30歳が1月5日に逮捕,1月31日に保釈された。」との報道がなされました。その内容は,大麻取締法違反の疑いで鹿児島市の男性勤務医30歳,加治木町の看護師女性27歳,霧島市国分の西村太(30歳)の3容疑者を逮捕したが,西村太君だけが起訴され,ほかの2人は不起訴になりました。鹿児島西署の記者会見で起訴した容疑者の西村太君の実名が発表されなかったために,「起訴されたにもかかわらず,匿名で発表をしたのは,霧島市議会議長から頼まれたのではないか。」という記者の問いに対し,警察署は「そうした事実はない。」と打ち消していました。この報道を聞いて私は実に残念でした。また驚きでもありました。この驚きは私だけではなかったと思います。市民の皆さんもさぞ驚かれたことと思います。私にも5人の子供がおります。子育てというのは非常に難しいものだと日頃から痛感をしております。小さい頃は過保護に育てておりましたが,成長するに従って親に反抗をしたりするようになり,時には私も叱りつけ,手を出すこともありました。今も時々口答えをしますが,それぞれ大きな問題を起こさずに何とか育ってくれております。しかし,私も今後がとても心配でなりません。今回の報道では,息子さんが30歳と成人であり,親から手が離れて一見問題なく,法的に議長に直接責任はないように思われますが,一緒に住まわれ,また生計を共にされていたことを考えると道義的責任は問われるべきであると私は思います。議長は,商工会,商工会議所青年部が主催された「霧島市の夢を語る」という講演の中で「21世紀の最重点課題は青少年の健全育成だ。」と言われたでしょう。議長は自宅の裏の県道沿いに畳1畳より大きな看板に「心の時代,21世紀を皆様と共に」と市民に訴えかけているではありませんか。「今の時代は,物や金でなく,まさに心であり,道徳,道義,倫理が大事である。」と言われているではありませんか。まさに,まさにそのとおりです。私もそのとおりだと思います。行動と矛盾すると思いますが,どう説明をなさるのでしょうか。市民の皆さんは疑念を抱いています。世論も沸騰をしています。市民は議会に対しても大きな不信感を抱いております。旧国分市は道義高揚宣言都市として内外に情報発信をし,その中でも特にこの青少年の健全育成には力を入れてきました。昨年11月7日に霧島市が誕生し,議員48名の代表として初代議長に選出をされましたが,この大麻問題を契機に現在全国紙の週刊誌や新聞報道等で多く取り上げられ,大きなニュースとなっております。また,インターネットでは毎日のように掲載をされており,霧島市にとっても不名誉なことであります。議会と議員の品格と資質が今日ほど問われていることはありません。このままでは3月議会の一番大事な予算審議や多くの議案処理と今日的な諸課題が山積している時に市民の皆さんにこれ以上ご心配をかけてはならないと私は思います。また,この問題に対する議会の対応が市民から問われております。現に街を歩くと一般市民の多くの皆さんから「この問題をどう処理するのか。」と問われます。この問題が起きてからすぐ大麻不法所持で3人が逮捕され,その中に霧島市民の成人が2人おられました。続けざまに霧島市から今回逮捕者が3人も出たことは誠に不名誉なことであります。霧島市は今後道義高揚宣言都市として,また,議長は霧島市議会の48名を代表する顔としてこれから多くの会合や卒業式,入学式,成人式等に出席をされます。平常心であいさつができるのでしょうか。私であればとてもできません。1市6町が合併して新しい霧島市が誕生いたしました。市民の皆さんも私たち議員に対して多くのことを期待されていると思います。議会人は地域のリーダーであり,良き指導者であるべきだと私は思います。議長は48名を代表して重要な責務を果たすべき立場にあります。市民に対して道義的責任を果たすためにも速やかに決断をして議長職を退くべきだと私は思います。1995年に当時の中西啓介元防衛庁長官の長男(25歳)が大麻取締法違反,所持容疑で逮捕,起訴され,中西啓介元防衛庁長官は道義的責任をとって衆議院議員を速やかに辞職された例もあります。多くの新聞社などマスコミがこの問題に対して大きな疑念を抱いています。市民も動揺を来しています。また,議会に対しても自助努力を期待しております。市民の皆さんも新しい体制で議会運営がなされることを望んでおられます。議員の皆様方もどうか市民の皆様の声にしっかりと耳を傾けていただき,誠意ある行動をとっていただきたいと思います。以上をもちまして趣旨説明といたします。


○副議長(川畑征治君)


 以上で説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。お諮りします。本件については会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。討論に入ります。討論はありませんか。討論があります。まず原案に反対者の発言を許可します。


○32番(尾崎東記代君)


 私は議長不信任案に反対いたします。道義とは,辞典によりますと,「人の行うべき正しい道,道徳の筋道,法律のような外面的強制力を伴うものでなく,個人の内面的なもの」とあります。30歳にもなった息子の責任を,親がその責任を問われるということは私は疑問を抱いているところでございます。また,議長は議会の代表者であり,その手腕,見識,力量ともに優れているとして選ばれた人材であることを強調いたします。さらに大切なことは,大事なことはこれからです。今回このたびの事件をばねにして反省の上に立って約13万人市民の福祉の向上と負託に応えるために議員一丸となって議会運営に心血を注ぎ,精進に努め,霧島市発展に寄与する。このことこそが私どもに課せられた使命であり,重要な職責と心得ます。後退があってはならない。前進あるのみの観点に立って議長不信任案に反対するものであります。


○副議長(川畑征治君)


 次に,原案に賛成者の発言を許可します。


○4番(池田綱雄君)


 私は議長不信任案動議の賛成討論をいたします。私も3人の子供を持つ親でございます。3人とも30歳を過ぎておりますが,35歳になる長男が体調を崩し,現在長期療養中であります。大変心配をしております。また,90歳になる母親は今でも私を子供扱いにしております。子供が幾つになろうとも親子の絆は大変深いものがあると思っているところでございます。さて,今回西村議長におかれましては,今まで手塩にかけて育ててこられた30歳になる息子さんが不幸にしてあのような事件で逮捕され,その心痛はいかばかりかとお察し申し上げます。旧国分市は道義高揚宣言都市であり,かねてから青少年の健全育成については人一倍ご熱心で潔癖な方でございますので,新聞報道後すぐに議長職をお辞めになるのではと思い,またそのような噂や情報があり,子供を持つ同じ親として同情をいたしておりました。しかし,2月10日の南日本新聞に「議会運営委員会で進退問題にまでは及ばないという結論で全員が一致した。」との報道がなされましたが,出席した同僚議員によりますと,議会運営委員会では進退問題についての議論はするべきではなく,そのような議論はされず,表決もされていないとのことであり,新聞では全く間違った報道がなされたわけでございます。それから状況が一変したような気がいたします。私の所にも毎日のように多くの市民の方から手紙や電話があり,あなたも賛成をしたのかとか,霧島市の今後の心配や市議会はこれでいいのかという内容など多くありました。市民の方からすれば今回の新聞報道は市議会議員48人全員が同意したように思われており,我々議員としても大変迷惑を受けているところでございます。人口や面積において県下2番目の都市としてこれから限りない発展性を秘めてスタートした霧島市の初代議長として,また,市内外で霧島市の顔として今後も道義高揚運動など青少年の健全育成をはじめ,各種会合の中で今までのように市民に対して平常心で立派なあいさつができるのか。また,聞く側の市民の気持ちの中に不信感は起きないのか心配でございます。2月16日号の週刊新潮にもB級トップ記事として掲載され,また,街宣車やインターネット上もにぎわしておりますが,この件でこれ以上議会に迷惑をかけ,また,市民の声を無視にすることはいかがなものかと考えます。また,リコール運動も辞さないという住民の動きもあるように聞いており,これ以上騒ぎが大きくならないことを望むものでございます。長年の夢であった合併がかない,さあこれから頑張るぞという時にこれ以上このようなことでエネルギーを使いたくありません。また,同僚議員としてこのような討論をしたくありませんが,ここはひとつ議長職という責任の重大さと道義的責任上からも皆様のご理解とご賛同をいただきますようにお願い申し上げ,賛成討論といたします。


○副議長(川畑征治君)


 ほかに討論はありませんか。原案に賛成,反対者の討論ありませんか。(「賛成です。」と言う声あり),それでは,賛成者の討論をお願いします。


○3番(秋広眞司君)


 私は国分地区選出の秋広眞司でございます。西村議長の不信任動議について賛成の立場から討論に参加をいたします。本年の2月1日に南日本新聞の報道によりますと,「大麻売買により医師,看護師,そして議長のご子息の3名が逮捕され,大麻栽培容疑でも追送検する方針」と掲載をされました。その後2月15日の同新聞には「国分署が新たに3名の方を逮捕した。」と報道されました。誠に驚きとともに,恥ずかしき限りでいっぱいでありました。皆さんご承知のごとく,大麻は乾燥しマリファナとなり,継続使用するとその人の心身を蝕み,やがて死に至ります。恐ろしい麻薬であります。事件関与の方々はいずれも30歳前後の年齢であり,このような青少年への広がりは犯罪の温床にもつながります。社会的にも,教育的にも深刻な重大な問題であります。国分・隼人はそれでなくても鹿児島県の中で犯罪発生率が1位と2位という不名誉な数字も背負っております。大麻を含む犯罪の減少策と同時に,青少年育成という大きな命題に突き当たっているわけでございます。西村議長のご子息は成人されており,議長に法律的な責任はございません。問われているのは,第1に霧島市民の顔,霧島市議会の顔としての議長の道義的な責任であります。第2に議員に対する説明が全くなされていないことの責任であります。1点目については,議長はこれから卒業式や入学式,成人式あるいは道義高揚大会等公式な行事や会合へ市議会を代表して出席され,あいさつの中で励ましや道徳的な生き方について話をされるお立場であります。どんな思いで話をされるのか。市民の皆さんだれもが私を含め見ておれない痛々しさを感じるのではないでしょうか。まさにここに道義的な責任の重みがあるわけでございます。2点目について,ご子息の大麻栽培,販売報道から約1か月経過しようとしておりますが,いまだに議員全員協議会も開かれず,その中で私たち議員に一言の説明すらなされておりません。一言も説明されておりません。謝罪もありません。なぜ議員全員に対する説明がなされないのか不思議でなりません。このことは議員軽視であり,また,主役の市民の皆さんを軽視していることにつながります。説明責任を果たしていないというこの点でも議長としての資質が問われているわけでございます。新霧島市でせっかく出発したのだから,何も波風を立てなくてもいいではないか。そういうご意見も確かにございます。しかし,新霧島市の出発だからこそしっかりと,はっきりと議論をし,けじめをつけるべきであります。もういいじゃないか。騒がずともいいじゃないか。かわいそうじゃないか。そういうなあなあ的主義あるいは曖昧主義,あるいは感情論で判断すべきではございません。正しいことは正しい,悪いことは悪いと是々非々の精神を議員諸氏が貫かれるべきであります。自由闊達な言論の府としてのこの霧島市議会の品位と議会制民主主義が守られることにもつながっていくわけでございます。ここに大勢の市民の皆様方に選ばれた議員お一人お一人のモラルと良識にお訴え申し上げる次第でございます。最後に,もし仮に議長辞任があったとしても,私たちの会派新風清政クラブ11名おりますが,その中からは議長に立候補しないというけじめを申し合わせをしております。あえて我が会派の名誉と品位を守るために申し添えまして本不信任動議に対しましての賛成討論といたします。(「議長,暫時休憩」と呼ぶ者あり)


○副議長(川畑征治君)


 ただいま休憩動議がありましたが,賛成者の方,いいですか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 暫時休憩いたします。


               「休憩  午前11時44分」


               ──────────────


               「再開  午後 零時03分」


○副議長(川畑征治君)


 休憩前に続き会議を開きます。ほかに討論ありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 これで討論を終わります。採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は46名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に19番植山利博議員,43番時任英寛議員を指名します。投票用紙を配付します。


                  [投票用紙配付]


 配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。本動議を可とする方は「〇」,否とする方は 「×」と記載の上,点呼に応じて順次投票をお願いします。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異常なしと認めます。重ねて申し上げます。投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は会議規則第73条第2項の規定により否とみなします。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。19番植山利博議員,43番時任英寛議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数46票,うち可とするもの23票,否とするもの23票,同数でありますので,議長により採決します。議長の判断は現状維持とするものであります。したがって,本件は否決されました。しばらく休憩します。再開は午後1時20分といたします。


               「休憩  午後 零時17分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時19分」


○副議長(川畑征治君)


 休憩前に続き会議を開きます。ここで議長と交代いたします。


                [川畑征治副議長退席]


                [西村新一郎議長着席]





  △ 日程第4 閉会中における所管事務調査についての報告





○議長(西村新一郎君)


 議長を交代をいたします。次に,日程第4,閉会中における所管事務調査についての報告であります。総務委員長,環境福祉委員長,産業教育委員長,建設水道委員長の順に報告を求めます。まず,吉永総務委員長。


○総務委員長(吉永民治君)


 閉会中の所管事務調査についての報告をいたします。2月9日及び10日の2日間にわたり6総合支所,各分遣所の合併後の現状における問題点と今後の課題についての調査をし,その調査結果について,2月24日,福永助役を頭に各所管課長・係長と協議をいたしました。まず各総合支所,分遣所で抱え,あるいは感じている問題点や課題の主なるものは次のとおりであります。一つ,財政会計システムは旧国分市の古いシステムが導入されたことにより,より複雑になり,伝票の枚数が多く,相当無駄が多い。また,目的別しか入っておらず,性質別や臨時計上とかが入っていない古いシステムであり,いろんな帳票が打ち出せず,情報入手に苦労する。決裁事務等についても添付書類が多く,場合によっては手書きしなければならないものもあり,決裁印も多くもらわねばならない煩雑さがある。一つ,決裁をもらうのに時間がかかり過ぎる。その日のうちに済まず,翌日に出て行った例もあり,距離的にも遠く,時間的ロスの問題もあり,非常に非効率的である。一つ,予算要求については担当課と本課直通で総合支所長としては全体の把握ができない。査定結果も各担当課長ら情報をとらないと入ってこない状況にある。総合支所長の査定がないというのは問題がある。総合支所長の位置付けが曖昧である。一つ,決裁の流れは合併後初めて分かったことであり,また,事務量調査を含め総合支所と本庁との連絡調整を図る上で協議機関という検証機関が必要である。一つ,復活折衝について,今日の今日というようなことがあり,対応に苦労した。何日間か余裕を見てほしい。一つ,ヒアリングが行われた部署,行われなかった部署とばらばらであり,また意向調査もなかったのはおかしい。一つ,基本的に補正予算は組まないという方針が示されたが,時間的な問題もあり,復活折衝も思ようにいかない実情があり,補正で何とか対応してほしい。一つ,職員の数が少なくなり相当無理がある。特に事業課は技術者の数が減り難儀している。一つ,総合支所の決裁権限額が300万では少ない。もう少し引き上げないと効率化が図れない。一つ,総合支所としての本来の権能を果たしていきたい。例えば,企画,実施計画作成に携わり,充実感の味わえる仕事がしたい。一つ,消防署の分遣所北署の調査では横川分遣所の救急車が古い型の物であり,できれば今日の救急業務に十分対応できる高機能型に変えてもらいたい。それと全分遣所に共通することであるが,常時どんな場合でも対応できるように人員5名体制の確保が望まれる。以上であります。2月24日はこの11項目を基に協議を進めました。初めに行政改革推進監と行政改革推進課長に合併協議会で十分協議し得なかった事務事業における未調整部分,予測し得なかった実務上の問題をどのように調整していくのか。現時点での取り組みについて説明を求めたところ,要旨次のような説明があった。一つ,事務改善要望をとり,これについては今月23日回答したところである。一つ,1月23日から2月9日にかけ事務量調査を行った。一つ,本庁と総合支所のコミュニケーションがうまくとれるように,また事務事業調整のために業務部会を立ち上げた。それと窓口への来庁者がどのくらいあるのか。各課・係の残業時間等数値的な整理と調整を進めているところである。業務部会について説明すると,各課,各総合支所ごとに係長が構成メンバーとなり業務上の問題点を取りまとめ,解決策を審議し,管理部会へ諮るというもので,これまでに各部長,各総合支所長に意見を聞き,2月13日,各主管課長には今後霧島市の職員が一丸となってスムーズに業務が進められるよう協議の場として立ち上げたことを説明し,理解と協力を求めた。さらに財政会計に関連するものについて問題提起されたものを審議する場として財政・会計合同部会を立ち上げております。以上の説明の後,質疑に入り,要旨次のような回答を得ております。各総合支所の職員と十分話し合える機会はないが,総合支所長とは庁議の席で意見交換の場はあるが,ご指摘のこの問題についてはこれまで,具体的な正式な議題としてこれまで上がっておらず,驚いたというのが本音であり,コミュニケーションが足りなかったことは十分認識したところである。内部の不備が仮にあったとしても市民に迷惑をかけてはいけないことは認識している。1日も早く正常化のための努力をしていきたいと思う。一つ,総合支所長は職務上部長級である。予算についても,あらゆる窓口業務についても全責任を持っておられるし,各部署の業務について十分把握されている。それが仕事と理解している。一つ,組織機構について組織の能力をいかに機能的に,効率的に発揮させるか。生かすべきは生かし,変えるべきは変えていかなければならない。職員の資質向上を図りながら,また本庁と総合支所間の人事交流も行われねばならないと考える。組織がばらばらでは本来の力の半分も発揮できないが,同じ目標を持って一つにまとまった組織ができれば一の力が二にも,三にも発揮できると考える。一つ,財務会計システムはご指摘のように古いというわけではない。合併協議会の専門部会,分科会で協議したが,新しいシステムを開発することは時間的に不可能であったため,一番取扱件数の多いこと。また使い慣れた職員数が最も多いこと。トラブルも少ないこと。11月7日スタートに間に合わせなければならないことを理由に暫定的に旧国分市のシステムを取り入れた。実務にあたりシステムの操作研修も行ったところであるが,不慣れなため戸惑いもあるかと思う。帳票等枚数が多く,無駄ではないかということについては,執行の段階で手続きとして踏まえていくべきもので,当然のことと理解している。一つ,決裁事務に添付書類がたくさん要るということについては,必要最小限の資料として必要との理解は得ているが,改善すべきは改善していきたい。一つ,決裁区分を設けているのは適正な執行を図るという観点から最も大事なことであり,それぞれの立場にある方の決裁を受けて執行していくことに基づくものである。決裁印のもらい方等については工夫を図り,改善すべきは改善していきたいと考える。一つ,復活折衝については,まずすべてのものを財政課で査定し,残ったものを懸案事項として初めの査定分と一緒に助役査定に持ち込み,さらに懸案事項として残った分を調整して上げるようにという手法をとった。今回は特別な状況で11月7日以後選挙暫定予算,本予算,そして新年度予算,議会と押し詰まった状況の中で予算編成方針説明会の日程すらままならず,期間が余りとれなかった。余裕がなかった点はご理解いただきたい。一つ,ヒアリングの件ですが,重点施策のヒアリングということで各部長,総合支所長同席の下に各担当部長が市長,助役に説明をし,その後それぞれの課,局等が要求されている予算内容につき財政課でヒアリングを行ったところである。ご指摘のようなことはなかったと思う。一つ,補正予算は組まない方針ということについてであるが,本来補正予算はないという考え方の下に当初予算編成をするのが通常であることを示したものであり,今回は日程的に無理なこともあり,積み残した部分も出てきていると思われ,それらについてはその都度対応していきたいと考える。一つ,決裁の限度額については本庁の部長,局長と同額の300万に合わせたものである。従来は30万であったものを300万に引き上げている。一つ,職員数の件であるが,昨年の12月16日,政府が行革10の重要方針というのを決定し,この中で地方公務員については5年間で4.6%減らすことになっている。また,合併協議の中では10年間で20%減らす論議もされている。それによると10年後には260名減らさなければならない現実があるということをご理解いただきたい。現在本庁,総合支所とも平均すると月20時間ぐらいの残業をしている。政府は月30時間内に抑えろと言っているが,大体適正な残業時間ではないかと思うが,部署によって差があるので,事務量調査をしながら調整していきたいと考える。また,ご指摘にもあったように,福山と霧島のように部署間で相互協力し合うというような工夫や,他市に見られるような課・係を廃止し,グループ制にする例もあるようである。いずれにしても自分たちの努力が必要である。消防局職員についても国の方針は例外ではなく4.6%減らせということであった。2007年を機に平均的な職員構成になるよう考えていきたい。一つ,総合支所としての本来の権能を果たし,充実感のある仕事がしたい。このことについては行政評価システムの導入を考えている。これは政策,施策について本庁,総合支所の職員が参画し,徹底的に会議をして霧島市のあるべき姿を語っていける,また実施計画にも参画できると考えられますので,充実感・達成感が出てくるものと考えられます。霧島市の総合計画策定については職員がどのように関わっていくかということの仕組みづくりの問題があります。霧島市総合計画策定委員会専門部会運営要領を定めており,五つの専門部会を置くことになっている。基本的には部・課長の協議によるところであるが,所掌に係る立案等ワーキング会議という位置付けになると思うが,関係職員の意見,考え方が反映できる場をつくっていきたいと考える。以上が今回の所管事務調査で得た結果である。合併してわずか3か月余りとはいえ,回答にもあったように,コミュニケーション不足は明らかであり,総合支所職員のやり気を失わせないような配慮に欠けていることを痛感したところである。既に業務部会立ち上げ等手は打たれておりますので,その成果に期待するところであり,また十分な協議に委ねるところであるが,行政評価システムの導入を嘱望するものである。以上,報告いたします。


○議長(西村新一郎君)


 次に,田代環境福祉委員長。


○環境福祉委員長(田代昇子君)


 お疲れさまでございます。環境福祉委員会のご報告を申し上げます。去る平成18年1月27日の本会議におきまして環境福祉委員会の閉会中の継続調査となりました所管事務調査について,2月8日及び10日の両日に項目を各総合支所及び施設の現状についてとし調査を行い,終了しましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。1日目の2月8日は,霧島,隼人及び福山の各総合支所並びに生活環境部関係の施設について,2日目の2月10日は,溝辺,横川及び牧園の各総合支所並びに保健福祉部関係の施設についてそれぞれ現地に赴き調査を行いました。調査の進行としては,まず各総合支所において支所長より総合支所の概要や現状について説明を受けた後,質疑を行いました。また,施設などについては,生活環境部関係の施設などとして国分斎場,隼人人権啓発センター,国分地区し尿処理場及び敷根清掃センターの調査を行いました。保健福祉部関係の施設などとして東国分保育園,溝辺ふれあい温泉センター,横川長安寮,隼人総合福祉センター及び医師会医療センターの概要や現状についてそれぞれの施設で説明を受けた後,質疑及び施設内の見学を行いました。各総合支所並びに施設などにおいては委員よりいろいろな質疑が出されましたが,今回は特に委員から出されました強い意見を取り上げ,報告とさせていただきます。まず東国分保育園の出入口については県道に面しており,道路も県道にしては幅員もなく,しかも門柱が高く見通しが悪いので,非常に危険であるので,早急に対応してほしい。次に,国分斎場の炉の増設などについては平成18年度で設計の計画をしているようであるが,早目にしてほしい。最後に旧敷根清掃工場の解体,閉鎖事業の調査及び解体の設計予算を早急に組んでほしいとの強い意見がありました。以上で環境福祉委員会の閉会中の所管事務調査についてのご報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,仮屋産業教育委員長。


○産業教育委員長(仮屋国治君)


 去る1月27日の本会議において閉会中の継続調査となりました所管に関する各総合支所及び施設等の調査を2月14日から17日までの4日間にわたり行いましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。今回の調査は,合併直後の特殊事情の中で霧島市の全体像をできるだけ早く把握し,委員の意見を行政運営に反映させるためにどの地域にどのような施設が存在しているか確認する状況調査を主眼として,旧6町の地域につきましては各総合支所を皮切りに約半日ずつ,国分地区は約1日をかけて調査を行いました。内訳といたしましては,総合支所6箇所をはじめ,小学校10校,中学校7校,図書室・図書館6箇所,給食センター6箇所,物産館・特産品販売所7箇所,その他公園施設等32箇所の合計74箇所の現地調査を実施いたしました。各担当者から事業の内容,事業費,現状と問題点など細かい説明があり,委員より様々な質疑もなされましたが,調査の趣旨に則り個別の詳細については報告を省略させていただきます。調査の総括といたしましては,ローカルエネルギー館など利用者の少ない施設はもちろんであるが,特色ある施設,公園も多く存在しているので,まずは市内全域への広報アピールを行い,利活用の方法を検討していくべきである。図書室・図書館は早急に電算化・ネットワーク化を図るべきである。学校施設は早急に耐力度調査を行い,年次的に最少の経費で整備を進めるべきである。また,安全性に問題のある校舎の壁面の崩落防止,結露対策には耐力度調査を待たずに早急に取り組むべきである。各地域の物産館・特産品販売所に関しては賃借料の統一を図っていくべきではないか。また採算性の高い物産館・販売所もあり,各施設の情報交換の場をつくっていく必要性がある。観光面については潜在的な資源,施設が数多く存在しているので,点から線への総合的なプランを早急にまとめ上げるべきであるなどの意見が出されましたので,今後これらの意見を参考に最善の努力を図られるよう要望いたします。調査の過程で本会議における一般質問の答弁並びに委員会での執行部の答弁に関して現状と異なる答弁,不誠実と思われるような答弁も一部判明しており,これらについては再度本会議又は委員会審議の中で確認がなされていくものと思われます。また,本庁と総合支所間の事務連携に不平不満も見え隠れしており,早急に事務分担の調整がなされるべきと思われますが,霧島市の礎を築く大事な時期でもありますので,試行錯誤を覚悟の上で霧島市の職員としての自覚を持ち,職員総親和で新市の発展に努められるよう切望して報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,中村建設水道委員長。


○建設水道委員長(中村幸一君)


 去る1月27日の本会議において閉会中の継続調査になりました事件について,去る2月8日及び9日の両日に所管事務調査が終了しましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。第1日目は隼人と福山,翌日は霧島,牧園,横川,溝辺の各総合支所とそれぞれの所管する施設等の現状について,第1委員会室にて開会の後,現地に赴き調査を行いました。調査した施設等は,し尿処理施設,ガーデンシティ,隼人港,下水道処理施設,福山港,パークゴルフ場,台明寺水源地,市道向花〜清水線,県道60号線及びその工事済箇所,犬飼霧島神宮停車場線,湯源地,中津川横瀬地区,馬場迫線横川山ヶ野線,竹山ダム,県道伊集院蒲生線であり,事業名,事業費及びその進捗状況についての説明がありました。それらの中では事業の完了時期についての質疑が多く出され,委員全員が事業の早期完了を望んでいるようでした。また霧島市の広大さを改めて認識し,霧島市全体のインフラ整備などの充実を図るためには,本庁との連携を密にとりながら,今後も各総合支所の意見を取り入れ,協力して事業を企画,推進していかなければならず,我々議員としても霧島市の全体像を早く正確につかむ必要があり,各地域の意見,要望,現状を把握しながら議会を通じて行政に反映させていかなければならないと考えます。以上で建設水道常任委員会の所管事務調査についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で閉会中における所管事務調査についての報告を終わります。





  △ 日程第 5 報告第 1号 専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の


                申立)の提起について)より


    日程第153 議案第148号 指定管理者の指定について(国分ふれあいの郷)まで


                一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第5,報告第1号,専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)の提起について)より日程第153,議案第148号,指定管理者の指定について(国分ふれあいの郷)まで以上149件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日ここに平成18年第1回霧島市議会定例会の開会にあたりまして市政運営に臨む私の所信の一端を申し述べますとともに,今回提案いたしております議案につきましてその概要をご説明申し上げ,議員各位をはじめ,市民の皆さん方のご理解とご協力を賜りたいと存じます。昨年11月27日に市長に就任をいたしましてから早いもので本日で3か月が経過をいたしました。この間,新市の執行体制を整え,新しいまちづくりに取り組んでいるところでございます。我が霧島市は南九州3県の交通の要衝でありますとともに,豊かな自然,悠久の歴史を誇る地域でもあり,将来にわたって誇りある「美しい霧島市」,「私たちのふるさと」でなければなりません。平成の大合併により,平成11年3月末時点で全国に3,232の自治体がありましたが,本年3月末までには1,821となります。また,鹿児島県におきましては96の自治体が17市28町4村の49となり,その中に新たに人口10万人以上の都市が3市誕生いたしました。県におきましては,県土の均衡ある発展を図るため,各地域の中核となる都市を「地域中核都市」と位置付け,県都鹿児島市と相互に連携し合うネットワーク型の県土の形成を期待し,この3都市に特例市,中核市並みの権限移譲をすることにしており,本市といたしましても薩摩川内市,鹿屋市と連携をしながら地域の実情に応じた権限・財源の移譲を県に求めてまいりたいと考えているものでございます。そのためには人口13万人の都市としての魅力を高め,市民の英知を結集しながら,「開かれた市政」,「活力ある市政」,「公正で公平な市政」を三つの基本姿勢として新市霧島市のまちづくりを進めてまいりたいと存じております。まず開かれた市政の推進でありますが,そのためには市民の皆様と行政が情報の共有をすることが不可欠であり,まず市民の皆様との対話を進めてまいります。市長と語イもんそ会,市長とランチで語イいもんそ会を積極的に開催するとともに,マスコミの活用や新しいスタイルのホームページを開設してまいります。また現場にも直接足を運び,市民の皆様との対話を進めることにいたしております。次に,活力ある市政の推進でありますが,多様化する住民のニーズに応えながら市民相互の協力と連携,また市民と行政の相互の信頼関係を築き,それぞれの果たすべき責任と役割を自覚し,対等の立場で協力をしながら共生・協働によるまちづくりを進めるとともに,新市霧島市の行政改革に取り組むために55委員会を設置をし,事務事業の見直しや指定管理者制度の活用を含む民間委託等の推進,定員管理の適正化や組織機構の簡素合理化などを図り,効率的で活力ある行政運営を進めてまいります。次に,公正で公平な市政の推進でありますが,広く市民の皆様の声を聴き,それを市政に反映する必要があります。行政側の一方的な市政の押しつけではなく,市民の皆様に意見,情報,専門的な知識を求め,それを参考として意思決定を行うことで遍りのない公正で公平な透明性の高い政策立案を目指してまいります。以上三つの基本姿勢を堅持しながら,「市民総親和」の下,新しい霧島市創造のために平成18年度はすべての市政運営のために価値創造元年予算を念頭に新市霧島市の「黎明の年」にする所存であります。本市におきましては,国・地方の危機的財政状況の中,長引く景気低迷による大幅な税収等が見込めないことや,政府の三位一体の改革による税源移譲を前提とした国庫補助負担金等の廃止及び縮減により児童手当や児童扶養手当の国庫負担率の引き下げや地方交付税の見直し,県補助負担金の削減が予測をされ,本市の財政状況も一段と厳しさを増しております。このような財政状況や現下の厳しい社会情勢を踏まえ,実質的に合併初年度の予算として位置付けられる平成18年度一般会計当初予算編成にあたりましては,経常的経費及び投資的経費の単独事業につきましては対前年度比10%削減という厳しい方針で臨み,「選択と集中」,「自己決定,自己責任,自己完結」を基本に,緊急性,費用対効果等を勘案し,限られた財源の重点的かつ効率的な配分を行うことにより「世界にひらく,人と自然・歴史と文化がふれあう都市」を基本理念とする新市まちづくり計画を念頭に置き予算編成に臨んでまいりました。今回の予算編成の過程におきましては,合併協議会での調整事項や合併までに調整するとされていた事項等を尊重をし,また新市まちづくり計画に掲載されている事業等につきましても,私をはじめ,助役の現地調査を含め予算化への慎重な姿勢,調整を行ってまいりました。さらに私のマニフェストの実現のため,すぐに着手できるもの,各種計画策定後に着手するもの,検討委員会などの協議を経てその後着手するものに分けるなど慎重に対応することといたしました。しかしながら,税収等の自主財源比率が低い本市におきましては,合併に伴う相乗効果による自主財源などの増収は当面望めないことなどから,歳入の確保と歳出の抜本的な見直しなど歳入歳出両面からの改革が喫緊の課題であります。このため,行財政健全化計画の早期策定や行政評価に基づく事務事業の徹底した見直しなどの課題が山積していることも改めて痛感いたしております。これらのことから当初予算の編成にあたり,新規事業の着手につきましては次年度以降に見送ることとするなどの調整を行い,平成18年度一般会計の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ529億9千万円といたした次第であります。具体的には,行政評価システム導入事業,総合計画策定事業,環境基本計画策定事業,観光霧島基本計画策定,乳幼児医療費助成を3歳未満まで拡充するなどのソフト事業を中心に編成をいたしました。前年度比較につきましては,平成17年度が年度途中での市町村合併でありましたことから,前年度の1市6町の当初予算及び一般会計に組み込まれた一部事務事業組合等の当初予算と比較をし,7,102万1千円,0.1%の減少となっております。特に今回の予算編成では,合併事務一元化調整におきまして財源の確保がなされないまま調整がなされており,この結果,予算編成過程におきまして一般財源で約65億円の不足が生じ,結果,財源不足のうち留保財源として想定をしていた特別交付税で10億円,決算剰余見込みの5億5千万円を見込み計上するなどいたしましたが,さらに不足をする45億4千万円の歳入不足につきましては基金の取り崩しで対処いたしたところであります。今後は住民サービスの根幹となる将来にわたり持続可能な健全財政を維持するためにも平成18年度以降の事務事業の見直しは必須のこととなってきておりまして,財政健全化に向けて平成18年度のなるべく早い時期に中・長期的な方針等の策定に取り組んでまいります。また,新市霧島市政推進の基本となる霧島市総合計画につきましては,新市まちづくり計画を基本として市民の声を反映をした計画とするため,市民検討委員会の設置やパブリックコメント制度を活用するなど市民の皆さんの声を十分に反映をした総合計画となるよう努めてまいります。それでは,次に,新年度に取り組んでまいります主な事業等につきましてマニフェストに掲げました五つの主要施策の柱について申し上げます。ます第一の柱として「生き生きと暮らせるふるさと」の達成を目指した施策について申し上げます。福祉の充実についてでありますが,高齢者福祉におきましては,平成18年度を初年度とした第四期「高齢者保健福祉計画」に基づき豊かで潤いある高齢社会の創出に向け,「心豊かな支えあいのまち ほっと霧島」を基本理念に元気で活動的な85歳を増やし,その高齢者を見守り,支え合う社会づくりを進めるとともに,寝たきりなどの原因となる生活機能の低下や生活環境上の問題等の改善を図るために保健サービスを実施し,要介護状態となることや要介護状態の悪化を防止するための介護予防事業等の施策の取り組みを実施いたします。また,高齢者が住み慣れた地域で生き生きと安心して暮らせるために安否の確認を行う食の自立支援事業等の様々な住宅サービスを展開をし,高齢者福祉の充実に向けた取り組みを推進してまいります。障害者福祉につきましては,平成18年4月から障害者が自立した生活を営むことができるよう必要な支援を行う障害者自立支援法が施行されます。今年度は制度の大幅な改正になっていますので,障害者基本法の基本的理念に則り,障害者自立支援法へのスムーズな移行に努め,各種事業に取り組んでまいります。子育て支援対策につきましては,次世代育成支援対策法に基づき平成17年3月にそれぞれの市町で策定をしました「次世代育成支援地域行動計画」により総合的な子育て支援事業を推進してまいります。特に乳幼児医療費助成につきましては,その対象者がこれまでは0歳児のみでありましたが,本年度より3歳児未満まで引き上げることといたしました。また,放課後児童クラブ運営事業,地域子育て支援センター事業,各種の保育事業等を中心とした支援体制の整備・充実を図ってまいります。医療の充実についてでありますが,市民の健康づくりを推進するため,健康増進推進協議会を発足させ,市民と協働した健康づくりへの推進を図り,節目年齢に行う総合健診や基本健康診査,がん検診,健康相談,健康教育,介護予防事業等の施策を各種住民団体等との連携の下推進をいたします。さらに安心していつでも医療を受けられるように夜間や休日等の救急医療体制の整備に努めたいと存じます。また,母子保健施策といたしましては,妊娠,出産,育児に対して母子保健法等に基づく各種健診や相談等を実施をし,子供の成長,発達を見守るとともに,子育て支援や不妊治療費助成事業等を実施してまいります。また,児童虐待や育児不安,思春期の問題等についても関係機関と連携をして対応してまいります。霧島市立医師会医療センターにつきましては,建物改修,医療機器等の整備を実施をし,医療環境のさらなる充実を図ります。このほか人間ドック等の健診事業を積極的に推進をし,疾病の早期発見・早期治療にも努め,従来からの24時間救急医療,小児科夜間診療等と相まって幅広い医療活動の展開を図ってまいります。生活保護につきましては,単に生活困窮者の最低生活を保障するのみでなく,自立を支援する方向に重点が移ってきておりますが,精神的・身体的自立や地域での日常生活の向上を図るため,関係機関との連携を図り,事業の適正な実施に努めてまいります。住環境の整備についてでありますが,定住促進事業につきましては,地域性や霧島市全体のバランスを考慮して生産年齢人口の増加等につながる若者の定住促進,地域内の企業への通勤者等を対象とした住宅や宅地の提供による定住促進,さらに団塊の世代などを対象としたUターン・Iターン者の積極的な受け入れを行う取り組みを検討してまいります。市営住宅につきましては,平成18年度から地域住宅交付金事業として安全性確保の点から各団地の外壁改修工事を計画的に進めてまいりますとともに,市営住宅の建て替えや改善について年次的な計画を策定をし,良質な住宅の形成や住環境の改善等の検討をして参ります。土地区画整理事業につきましては,浜之市土地区画整理事業は着工後5年が経過をし,平成17年度末の進捗率が事業費ベースで約32%であり,本年度も引き続き地権者との調整を図りながら建物移転補償及び区画道路の築造工事を行い,平成27年度の完成を目指し計画的に事業を進めてまいります。さらに土地区画整理事業と合併施行いたしております住宅市街地総合整備事業は浜之市団地1棟6戸を建設をし,地区住民の利便性を確保いたします。麓第一土地区画整理事業は着工後12年が経過をし,平成17年度末の進捗率が事業費ベースで約68%でありますが,本年度も仮換地指定及び都市計画道路の築造工事等を行い,平成22年度の完成を目指し事業を進めてまいります。また,隼人駅周辺のまちづくり事業につきましては,現在土地区画整理事業及び街路事業について都市計画決定の手続き中であり,今年度は事業実施に向け事業計画の作成を進めるとともに,道路概略設計及び鉄道との立体交差のための基本設計業務委託を行ってまいります。公園,緑地の整備につきましては,今後新市霧島市の緑の基本計画を策定する予定であり,これまで旧1市6町で計画作成されていた緑の基本計画に位置付けられた公園整備を基にして引き続き計画的に事業を進めていくことといたしております。また,平成18年度を最終年度とする城山公園の駐車場や多目的広場等の整備を行い市民の憩いの場としてさらに充実を図ってまいります。真孝公園の整備と新たに住吉地域に新川公園の整備をそれぞれ行い市民の健康増進やコミュニティの場を確保したいと考えております。学校教育の充実についてでありますが,本市におきましては,郷土の自然や伝統,文化,歴史,産業,人材等の豊かな教育資源や教育力を生かして児童・生徒が自ら学ぶ意欲を持つとともに,確かな学力を身につけ,郷土を愛し,郷土の発展に尽くそうとする意欲や態度を育てる教育の推進に力を注いでまいります。また,家庭や地域との密接な連携を図りながら特色ある教育活動を推進をし,開かれた学校づくりを目指します。さらに国際化・情報化社会に対応するため,国際理解教育や情報教育を充実をし,ALTの有効活用による英語学習等の推進,情報ネットワークの教育環境の整備に努めるとともに,特認校制度・山村留学制度を拡充,支援しながら小規模校と大規模校の学校間交流を進めてまいります。学校施設の整備につきましては,平成17年度に引き続き国分中学校校舎改築工事と永水小学校校舎改築工事を行うとともに,老朽化の著しい日当山小学校校舎改築工事,仮設教室で対応しております青葉小学校の校舎増築工事に着手いたします。土地区画整理事業に伴う陵南中学校の技術室移転工事,老朽化が進んでおります霧島中学校北棟の外壁改修工事及び牧園中学校校舎改築事業の実施設計を行います。また,当面の懸案事項であります国分西小学校の過密な学校規模の適正化と富隈小学校,向花小学校等の通学区域の調整等早急に取り組んでいく所存であります。霧島市立の国分中央高等学校につきましては,専門高校として高度情報化社会等に即応できる人材の育成に努めますとともに,「生活産業と職業に重点を置いた基礎学習」,「職場体験学習」及び「生物活用に関する学習」を取り入れ,さらなる充実を図り,生徒一人一人の進路実現に努め,特色と魅力ある学校づくりに努めてまいります。生涯学習の充実についてでありますが,家庭の教育力,地域の教育力を回復をし,地域ぐるみで青少年の体験活動を支援していく人的・物的な環境づくりが特に求められていることから,「わんぱく霧島っ子育成プラン」の策定及び実施により,地域の自然・文化・伝統等を生かした多様な活動体験の場や機会を提供するためのプログラムの充実を図ってまいります。成人教育の充実につきましては,各種の生涯学習講座等で身につけた技術や学習成果を生かし,その技能等を提供していくための生涯学習ボランティアセンターへの登録を促し,さらに生涯学習の活性化を目指してまいります。道義高揚運動の推進につきましては,生涯学習時代の到来と今日の道義軽視の現象を踏まえ,広く市民運動として市民一人一人に浸透を図るためのご理解を得るとともに,お互いに道義をわきまえた心豊かな住みよい郷土をつくるための環境づくりの施策を展開してまいります。図書館につきましては,市民の読書意欲を高めるため,各種読書に関する講座及び図書展示などの開催をし,読書運動の推進及び移動図書館車による巡回サービスを拡充をし,市内全域サービスを図ります。また,貸出サービスの迅速化及び図書資料検索,図書管理と各図書館のネットワーク化を図るため新図書館電算システム導入の研究を推進してまいります。スポーツの振興についてでありますが,子供から高齢者まですべての人々がいつでも気軽に参加できる総合型地域スポーツクラブの設立を促進をし,また,市民が気軽にスポーツ・レクリエーションを楽しむことのできる場や機会の提供を行うとともに,指導者の確保・育成に努め,生涯スポーツの環境づくりを推進いたします。また,プロやアマチュアのキャンプ誘致を行い,それと同時に選手によるスポーツ教室等を開催をし,スポーツ人口の底辺拡大,技術・技能の向上の促進を図ります。次に,第二の柱として「歴史や文化を守り,育むふるさと」の達成を目指した施策について申し上げます。文化・芸術の振興につきましては,市民が等しく芸術文化を鑑賞をし,これに参加をし,またはこれを創造することができるような芸術文化事業や青少年を対象とした芸術鑑賞事業を実施してまいります。さらに本年度で第27回を迎える霧島国際音楽祭をはじめ,各地域に根づいた特色ある文化活動,各種文化団体の芸術活動への支援並びに地域間の連携等を積極的に推進してまいります。文化財の保存・活用につきましては,霧島市が持つ縄文遺跡群,天孫降臨や熊襲隼人にまつわる伝説の地など多くの文化遺産やほかの地域にない貴重な文化財等が数多く点在していますので,これらを次の世代に保存・継承してまいります。また,市民の皆様や本市を訪れてくださる方々に霧島市を知っていただくために市内の史跡巡り,山ヶ野の史跡巡りウォーキング,歴史街道「平家物語の道」ウォーキングなど地域の文化財を生かした事業を展開してまいります。伝統の継承についてでありますが,本市には約450年余の歴史を持つ初午祭などの祭りをはじめ,数多くの民俗芸能や年中行事が継承されておりますが,これらの無形の民俗文化財を保護をし,後世に伝えるため,後継者の育成や青少年への体験学習など積極的に取り組んでまいります。次に,第三の柱として「豊かな自然あふれるふるさと」の達成を目指した施策について申し上げます。環境対策についてでありますが,豊かで美しい自然を未来へ残していくために環境施策の基本方針を定める「霧島市環境基本計画」を策定することとし,その内容を調査・審議する「霧島市環境対策審議会」を設置いたします。この審議会の中に 「ごみ問題解決プロジェクト」など設置をし,「生活環境美化条例」や「天降川等の清流保全条例」の制定など重要な項目を専門的に検討してまいります。資源ゴミにつきましては,各地域における分別収集をさらに推進をし,生活環境の衛生的保全と資源の保護に寄与するために生ゴミ処理機器の購入やゴミ置場設置に対する補助をすることとし,排出ゴミの一層の減量化や資源の有効活用に取り組んでまいります。国分地区し尿処理施設の建設につきましては平成16年度から平成18年度までの3か年にわたり施設の整備を行っております。施設完成後は搬入量の全量を陸上処理することになっております。上水道,簡易水道につきましては,公営企業の経済性と公共性を重視するとともに,独立採算制の原則を堅持しながら老朽化した配水管の布設替えや水源地の施設整備などを計画的に行い安全でおいしい水の安定供給に努める所存でございます。下水道事業につきましては国分・隼人地区及び牧園地区において整備を行っておりまして,平成17年3月末までの整備状況は,国分・隼人地区の整備率は30%,また牧園地区の整備率は35%となっており,本年度は国分・隼人地区34haと牧園地区5haの処理区域の拡大を図り,新たに処理人口1,500人の増とそれぞれの処理場において増大する流入量に対応するため,水処理及び汚泥処理施設の拡充整備を図ります。合併処理浄化槽の整備促進につきましては,生活排水による河川等の水質汚濁の防止など生活環境の保全を図るために合併処理浄化槽の設置を推進しているところであります。補助対象区域については,国分・隼人・牧園地区の一部の地域の公共下水道整備事業認可区域を除く区域としており,現時点では補助対象となっていない地域がありますので,見直しを行ってまいります。次に,第四の柱として「便利で快適なふるさと」の達成を目指した施策について申し上げます。道路整備につきましては,今回の合併に伴い広域的な観点から安全で快適な市民生活の確保と都市機能の充実及び産業経済の発展を図る重要な社会資本の整備であり,今後も計画的に整備を進めてまいりたいと思います。この中で特に旧市町間を結ぶアクセス道路として国・県道を含め本市が整備を進めている道路などを一体的にネットワーク化してまいりたいと思います。道路維持修繕等につきましても各地域の実態と緊急度を勘案しながら順次整備を進めてまいります。街路事業につきましては,街路平和通線は国分・隼人地区を東西に結ぶ幹線道路であり,本路線の整備促進を図り,交通渋滞緩和と歩行者の安全確保及び中心商店街の活性化のため,都市景観に配慮した道路整備を推進してまいりたいと考えております。また,JR国分駅西口駅前広場や東西自由通路等の整備完成を図るとともに,現在駅から中心市街地への都市景観に配慮した道路や公園についても整備中であり,今後とも良好な都市機能と魅力ある市街地の形成に努めてまいりたいと考えております。麓北通り線については土地区画整理区域内の本路線の一体的整備を図ることで加治木・隼人方面と北薩摩方面への通過交通の円滑化及び区域住民の利便性の向上を図るものであります。土砂災害,河川災害の防止につきましては,地域住民の生命,財産を守るために平成18年度は急傾斜地崩壊対策事業では霧島神宮駅前一工区など7箇所,県単砂防事業で国分芦谷谷地区など12地区,県単河川等防災事業では隼人の第二野久美田橋架替工事の下部工事が実施される予定であります。急傾斜地に隣接している人家を土砂災害から未然に防ぐ対策を図るために平成18年度は溝辺宮川内六地区など5箇所で県単急傾斜地崩壊対策事業を実施する計画であります。総合治水対策につきましては,平成18年度は昨年の台風14号により浸水被害に見舞われた天降川流域の国分・隼人地区の総合的な治水対策の基本計画を策定するための業務委託を行う予定であります。河川等活用事業の地域再生計画であります。「水と人とがふれあう夢のあるまち霧島」の推進につきまして,天降川橋が平成18年4月に供用開始する予定でございまして,左岸側に緑地公園が整備されることから,これに合わせて周辺整備を行う予定であります。都市計画等につきましては,国分地区の中心市街地の現国分山形屋やその周辺の施設整備を一体的に行い,潤いのある都市景観整備により市民の皆様の利便性や快適性を向上をさせ,TMO等と連携を図りながら中心市街地の活性化を図ってまいります。港湾整備についてでありますが,県営事業として隼人港外港は2千t級岸壁二バースを整備する計画でありますが,平成18年度は基礎工の整備と岸壁となるケーソンの1基の作製に着手する計画であります。福山港は船舶の安全な係留と航行の確保を図るため平成18年度は防波堤を整備する計画とされており,また,福山海岸では,人工海浜と海浜緑地を一体的に整備をし,海洋性レクリエーション拠点の創出を図るために休息室等の整備が計画されております。その早期完成に向けて積極的に県に働きかけてまいります。情報通信網の整備についてでありますが,本市においてはテレビ等の難視聴地域やインターネットのブロードバンドサービスを利用できない地域が存在するなど情報通信環境に地域格差が生じており,計画的にその解消を図る必要があります。このため,平成18年度は情報通信に関する市内全域の詳細な現況調査やケーブルテレビを含めた整備方法等の検討を行います。これらのことを含めて便利で快適な活力ある都市づくりの一環として高度化する情報通信技術を有効活用をし,地域の情報化を計画的に推進するための指針となる地域情報化計画を策定いたします。危機管理体制の確立についてでありますが,平成18年度において新たな地域防災計画及び水防計画を策定をし,市民の生命,身体及び財産を守るため,安心して暮らせる都市づくりを目指してまいります。また,有事の際に避難住民の誘導等迅速な対応がとれるような仕組みの確立をしていくため,霧島市国民保護計画を策定いたします。さらに災害対策に迅速かつ確実な対応を期すためには,防災関係機関,自主防災組織及び地域住民が一体となった総合防災訓練が必要であり,これらの訓練を実施することにより市民の防災意識の高揚を図ってまいります。これらのことに迅速かつ的確に対応するために新たに危機管理監を設置をし,危機管理体制の確立を図ってまいります。消防施設の整備につきましては,隼人分遣所は老朽化や手狭になってきており,移転新築いたします。また,各署所の資機材の整備を図るとともに,老朽化した消防団詰所の建て替え,消防ポンプ自動車の買い換え及び防火水槽等の整備を計画的に進めてまいります。また,今後とも地域住民の生命,財産を災害から守り,安全なまちづくりを目指してまいります。防犯対策につきましては,住民,警察,行政が一体的に取り組む必要があります。このため,安全で安心なまちづくりを目指し,民間ボランティアによる防犯パトロール隊の結成を呼びかけるなど防犯活動を支援してまいります。また,各種犯罪を未然に防止するため安全灯を設置してまいります。交通安全対策についてでありますが,道路における危険を防止し,交通の安全と円滑化を図るため,必要に応じてカーブミラーやガードレールなどの交通安全施設を整備するほか,交通規制や危険箇所等の点検の実施など警察署と連携をとりながら道路交通環境の整備を図ります。また,交通事故防止のため,交通安全コンテストを実施いたします。次に,第五の柱として「元気で,働きやすいふるさと」を目指した施策について申し上げます。農業振興についてでありますが,新しい霧島市の誕生は本市の農業を見直す絶好の機会であり,新たな農業の振興方策を確立する必要があります。特に県下で4番目の作付面積を持つお茶については質の高い霧島ブランドの確立に向けて生産者と一体となって取り組んでまいります。また,海岸線を持つ平野部から冷涼な気候を持つ霧島高原山岳部の北部地域までの様々な気象条件を持つ地域でありますので,それぞれの特性に応じた農業の振興を図ってまいります。さらに農用地の集積拡大と認定農業者の育成や担い手の経営改善支援など経営基盤の強化にも努めます。畜産につきましては,優良肉用牛の確保,子牛出荷率の向上等を図るため,今年度は新たに指導員を配置することにいたしております。農業・農村整備につきましては,農業生産基盤の整備や農地の流動化・集約化を推進するとともに,活力と潤いのある農村の形成を図り,魅力的な地域創造や生活環境の整備に努めます。また,計画的に農道や水路などの農業用施設の新設改良等を推進いたします。林業の振興につきましては,計画的な森林整備を進めるためにその基盤となる林道や作業路,集材路の開設を進めるとともに,森林整備地域活動支援交付金事業による適切な森林施策を実施いたします。また,森林の持つ多面的機能を保全していくため,イベント等を通じて森林整備や自然保護の必要性を啓発してまいります。観光の推進についてでありますが,本市には日本で最初の国立公園である風光明媚な霧島連山や豊かで良質の温泉群などの観光資源があり,また,450年余の伝統を持つ「初午祭」や10年目を迎えた「龍馬ハネムーンウォーク」など多くの観光イベントが各地で開催をされております。今後はこれらを生かしながら本市の観光行政を将来的にどのように推進していくかが地域観光の発展に大きく左右されますことから,平成18年度においては観光霧島基本構想策定のための「霧島未来観光戦略会議」を設置をし,観光に関する事柄について専門的分野や観光客サイドから見た観光の在り方などに関する事項について検討をいたします。観光霧島の将来が年次的かつ発展的に推進されていくような,されるような基本構想を策定するものであります。また,現在700万人と言われております観光客を1千万人に増やすべく観光客1千万人プロジェクトを展開してまいる所存でございます。このため,霧島未来観光戦略会議を軸にしながらボランティア案内人の設置やフィルムコミッションによるいいとこ観光名所100箇所設置など実現可能な施策に積極的に取り組んでまいります。国際交流につきましては合併をした各市町がこれまで行っておりましたすべての海外の都市との交流を引き続き推進いたしますけれども,早速今春は,旧隼人町が交流をされておりました中国は陝西省の耀州区,また,旧牧園町が交流をされていた上海市嘉定区との交流を青少年,市民レベルで行いたいと計画をいたしておりますし,今後も国際交流団体との連携を図り,市民レベルでの交流を進めるため,在住外国人との交流やホームステイの受け入れを推進いたします。また,国際交流員を活用した地域での青少年との交流や青少年の海外派遣事業により国際化に対応できる青少年の育成に努めます。姉妹都市につきましては,合併前の各自治体が姉妹盟約を結んでおりました国内の雲仙市,海津市,和気町との交流を引き続き進めてまいりたいと考えております。企業誘致等についてでありますが,本市には多くの企業が立地をし,本市の経済,地域の活性化,雇用の確保などに大きな貢献をいただいております。特に本年度から企業が行う造成に関わる経費の助成制度も創設することにしており,企業の拡大や雇用の増大に大きな期待をいたしているところでございます。また,県内外のふるさと霧島会などの人材を活用した情報収集による企業誘致活動や企業訪問を実施をし,積極的に企業誘致に努めてまいります。観光漁業の推進についてでありますが,水産につきましては,魚類繁殖事業推進のため,イカシバの投入,真鯛,ヒラメの放流事業等を継続をし,水産資源の維持培養を図ってまいります。また,市の貴重な天然資源の一つである「天降川の鮎」を広く市内外にPRいたしますとともに,体験型及び見せる漁業等についても研究してまいります。それでは,引き続きこのほか本日提案をいたしております議案をご説明申し上げます。まず議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてであります。今回の補正予算は各事業の決算見込みによる事業費の精算や人件費の決算見込みによる調整を主なものとしており,特に後年度の財政運営に配慮をし,基金繰入金を減額したほか,地方債の借り入れを見直すなど財源の調整を図り,歳出では土地区画整理事業の地方債を繰上償還するための経費などを計上をし,11億2,250万6千円を減額するものであります。そのほか繰越事業の設定や債務負担行為の補正を行うものであります。議案第37号,平成18年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)では,療養給付費の増減に伴う補正を行うほか,議案第41号,平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)までの4特別会計をおきまして所要の補正を行い,特別会計で合計10億3,614万円を増額するものであります。次に,特別会計等の当初予算についてご説明申し上げます。議案第43号,平成18年度霧島市国民健康保険特別会計におきましては,国民健康保険制度の長期的な安定を図るため,医療費適正化の推進や税負担の公平化,保険税の収納率向上など国保財政健全化を基本として編成をし,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ114億6,400万円とし,一時借入金の限度額を5億円と定めたほか,議案第51号,平成18年度霧島市温泉供給特別会計までの9特別会計におきまして特別会計合計で歳入歳出総額356億7,283万7千円を計上いたしました。また,議案第52号,霧島市水道事業会計予算から議案第55号,平成18年度霧島市病院事業会計予算までの4企業会計におきましても公営企業の原則としての経済性と公共性を発揮するための所要の経費を計上いたしました。次に,予算外議案の条例及びその他の議案についてその概要をご説明いたします。まず報告第1号,専決処分いたしました事件の承認についてであります。本案は,路線廃止処分無効確認等請求上告事件の判決に対し,上告受理の申し立てをしたものであります。本事件につきましては,平成16年3月26日,鹿児島地方裁判所において相手方に原告適格がない。いわゆる無効確認を求める法律上の利益がないとして訴えを却下する判決が言い渡され,相手方が控訴いたしておりました。これに対し,去る1月27日,福岡高等裁判所宮崎支部において法律上の利益ありとして原告適格を認め,路線廃止の有効,無効について審議するよう事件を一審に差し戻す判決が言い渡されました。市といたしましてはこれを不服とし,上告の提起及び上告受理の申し立てをすることといたしました。なお,本件につきましては地方自治法第179条第1項の規定に基づき平成18年2月10日に専決処分いたしましたので,報告をし,承認を求めるものであります。次に,議案第1号,霧島市個人情報保護条例の一部改正についてであります。本案は,指定管理者制度の施行に伴い,公の施設を管理する指定管理者は施設利用をする市民等の個人情報を共有することになることから,指定管理者に対しても個人情報保護措置を講ずるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第2号,霧島市職員定数条例の一部改正についてであります。本案は,本市の教育委員会の指導主事について,学習指導は,専門的な指導に関して一貫性を保ち,教育行政の充実を図ることを目的に地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により当該職員に学校の職員を充てるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第3号,霧島市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてであります。本案は,複雑多様化する児童の家庭生活上の諸問題に関する相談・指導等に対応するため,家庭児童相談員の1か月あたりの勤務日数を増やすことに伴い,家庭児童相談員の報酬月額を引き上げるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第4号,一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律において国家公務員の俸給月額等の改定,昇給制度の改定並びに地域手当の新設並びに調整手当の廃止が行われることに準じて本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第5号,霧島市特別会計条例の一部改正についてであります。本案は,麓第一土地区画整理事業特別会計における借入金を一括して繰上償還をし,本特別会計を廃止するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第6号,霧島市手数料条例の一部改正についてであります。本案は,地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第7号,霧島市下水道建設事業基金条例の一部改正についてであります。本案は,下水道建設事業基金を災害や社会情勢の変化に対応した処分ができるようにし,長期にわたる健全な運営をするために本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第8号,霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正についてであります。本案は,市町村民税課税世帯のうち1歳未満の乳幼児のみ保険給付に係る一部負担金を全額助成しておりましたが,これを3歳未満の幼児まで対象年齢を引き上げ,子育て世帯の負担軽減を図るため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第9号,霧島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてであります。本案は,一般廃棄物処理業及び浄化槽清掃業の許可手数料の徴収等について適正化を図るため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第10号,霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の一部改正についてであります。本案は,2005年農林業のセンサスの結果並びに農業委員会等に関する法律施行令の規定による基準に基づき農業委員会の選挙による委員の定数を40人から30人に改めるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第11号,霧島市農業委員会委員の選挙区に関する条例の一部改正についてであります。本案は,霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の一部改正に伴い各選挙区における選挙すべき委員の定数を改める必要があるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第12号,霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,卸売市場法の一部改正に伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第13号,霧島市工場等立地促進に関する条例の一部改正についてであります。本案は,進出企業の新設及び増設計画が円滑に推進されるよう造成費に対する助成を対象に加えるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第14号,霧島市国民保護協議会条例の制定についてであります。本案は,武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の規定に基づき国民保護協議会を設置することに伴い,その組織及び運営に関する必要な事項を定めようとするものであります。次に,議案第15号,霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。本案は,自動車交通の利用増大に伴う道路交通の円滑化を図るとともに,市庁舎等の利用者の利便性の向上を図るため,霧島市国分シビックセンター駐車場を設置しようとするものであります。次に,議案第16号,長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定についてであります。地方自治法等の改正により長期継続契約を締結できる契約の範囲が拡大されることに伴い,その対象項目について新たに条例を制定するものであります。次に,議案第17号,霧島市国分ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。本案は,高齢者,障害者,児童などすべての人々が自立していきいきと生活するとともに,世代を超えたふれあいを深めるための拠点施設として霧島市国分ふれあいの郷を設置するため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第18号,霧島市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定についてであります。本案は,行政機関における情報化の進展に鑑み,住民サービスの向上と行政事務の効率化を図るとともに,電子自治体の円滑かつ効率的な構築を図るために必要な事項を定めようとするものであります。次に,議案第19号,霧島市立地企業従業員用住宅の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。本案は,電源地域産業再配置促進費補助事業により電源地域に立地している企業の単身者用の住宅として横川地区に立地企業従業員用住宅を整備したことに伴い,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第20号,霧島市学校給食運営審議会条例の制定についてであります。本案は,学校給食の統一的な食育の推進等を図ることを目的とする霧島市学校給食運営審議会を設置するため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第21号,霧島市スポーツ振興審議会条例の制定についてであります。本案は,本市のスポーツ振興について調査及び審議する霧島市スポーツ振興審議会を設置するため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第22号,霧島市下水道事業職員退職手当準備基金条例の廃止についてであります。本案は,市町合併に伴い,解散後の国分・隼人公共下水道組合職員が霧島市に身分が引き継がれたことにより,組合職員に対して設置されていた退職手当準備基金が不要となったため,本条例を廃止しようとするものであります。次に,議案第23号,国分市児童福祉手当支給条例等の廃止についてであります。本案は,児童手当等の制度が整備充実されてきた経緯などを踏まえ,総合的に判断して暫定施行されていた関係条例については平成18年度から廃止しようとするものであります。次に,議案第24号から議案第32号につきましては本市の加入している一部事務組合に関わる議案であります。まず鹿児島県市町村自治会館管理組合につきましては,市町村合併により鹿屋市,指宿市及び志布志市が設置されたことに伴い,同組合を組織する地方公共団体の数を減少しようとするものであります。次に,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合,鹿児島県市町村職員退職手当組合につきましては,新たに加入する団体及び加入している一部事務組合の解散に伴い各組合規約を変更しようとするものであります。次に,姶良・伊佐地区介護保険組合につきましては,障害者自立支援法の施行に伴う障害程度区分の審査判定業務を円滑かつ効率的に進めるため,本組合において共同処理できるよう規約を変更しようとするものであります。次に,議案第33号,霧島市過疎地域自立促進計画の策定についてであります。本案は,過疎地域自立促進特別措置法に関する過疎地域であった旧横川町,旧牧園町及び旧福山町の区域については合併後も引き続き過疎地域とみなされるため,霧島市過疎地域自立促進計画を定めようとするものであります。次に,議案第34号,市道路線の廃止についてであります。本案は,県街路事業新町線の整備に伴い市道路線の廃止を行おうとするものであります。次に,議案第35号,損害賠償の額を定め和解することについてであります。本案は,霧島市国分中央三丁目交差点において発生をした物損事故による損害を賠償をし,和解しようとするものであります。次に,議案第56号から議案第99号につきましては,霧島市いきいき交流センターの設置及び管理に関する条例等の改正でありますが,公の施設の指定管理者制度導入に伴うそれぞれの条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第100号から議案第148号につきましては,国分府中地区共同利用施設など73施設の公の施設の指定管理者の指定に係る議案であります。公の施設に関わる指定管理者制度導入に関する指針に基づき集会施設など地元住民団体が管理をしている施設,福祉施設など市の事業を推進する上で密接な関係がある団体が管理している施設,市が出資している財団法人霧島市しみん学習支援公社が管理している施設など73施設について施設の性質等から現在の管理受託者を指定管理者として指定しようとするものであります。以上,提案をいたしております報告1件,議案148件につきまして一括してその概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願いを申し上げまして市政運営に対する私の所信の一端と提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この149件の議案に対する質疑は次の本会議で行います。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は3月7日であります。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午後 3時00分」