議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 薩摩川内市

平成21年  9月 定例会(第4回) 09月29日−05号




平成21年  9月 定例会(第4回) − 09月29日−05号







平成21年  9月 定例会(第4回)



     平成21年第4回薩摩川内市議会会議録(第5日目)

               開議日時 平成21年9月29日 午前10時

               開議場所 薩摩川内市議会議事堂

◯出席議員(34人)

    1番 小田原勇次郎君

    2番 大坪幹也君

    3番 谷津由尚君

    4番 持原秀行君

    5番 東 完治君

    6番 徳永武次君

    7番 山之内 勝君

    8番 中島由美子君

    9番 江畑芳幸君

   10番 宮脇秀隆君

   11番 福元光一君

   12番 川添公貴君

   13番 今塩屋裕一君

   14番 新原春二君

   15番 宮里兼実君

   16番 佃 昌樹君

   17番 森永靖子君

   18番 井上勝博君

   19番 永山伸一君

   20番 高橋修二君

   21番 福田俊一郎君

   22番 池脇重夫君

   23番 堀之内盛良君

   24番 石野田 浩君

   25番 古里貞義君

   26番 大田黒 博君

   27番 杉薗道朗君

   28番 小牧勝一郎君

   29番 川畑善照君

   30番 橋口博文君

   31番 瀬尾和敬君

   32番 江口是彦君

   33番 上野一誠君

   34番 岩下早人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

  市長           岩切秀雄君

  副市長          向原 翼君

  副市長          知識博美君

  総務部長         石走直伸君

  政策調整監        小柳津賢一君

  会計管理監        鮫島利夫君

  企画政策部長       永田一廣君

  市民福祉部長       中川 清君

  農林水産部長       切通幸生君

  商工観光部長       田上正洋君

  建設部長         石澤一美君

  消防局長         上村健一君

  教育委員会

  教育長          上屋和夫君

  教育部長         ?田時久君

  水道局

  局長           岩下満志君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

  事務局長         今吉俊郎君

  議事調査課長       堂元清憲君

  課長代理         南 輝雄君

  議事グループ長      前門宏之君

  議事グループ員      上川雄之君

  議事グループ員      原 浩一君

  議事グループ員      小島早智子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 第1、議案第108号 平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算(企画経済、市民福祉、建設水道、総務文教各委員会報告)

 第2、議案第102号 薩摩川内市過疎地域自立促進計画の変更について(企画経済委員会報告)

 第3、議案第103号 財産の無償譲渡について(〃)

 第4、議案第104号 薩摩川内市いこいの村いむた池の指定管理者の指定について(〃)

 第5、議案第105号 薩摩川内市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(市民福祉委員会報告)

 第6、議案第117号 平成21年度薩摩川内市国民健康保険事業特別会計補正予算(〃)

 第7、議案第118号 平成21年度薩摩川内市国民健康保険直営診療施設勘定特別会計補正予算(〃)

 第8、議案第119号 平成21年度薩摩川内市老人保健医療事業特別会計補正予算(〃)

 第9、議案第120号 平成21年度薩摩川内市介護保険事業特別会計補正予算(〃)

 第10、議案第121号 平成21年度薩摩川内市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(〃)

 第11、陳情第88号の1 湧水町における産業廃棄物処分場建設計画及び川永野地区における産業廃棄物管理型最終処分場建設計画に関する陳情(〃)

 第12、陳情第89号 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を政府に提出することを求める陳情(〃)

 第13、議案第106号 市道路線の廃止について(建設水道委員会報告)

 第14、議案第107号 薩摩川内市手数料条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第15、議案第109号 平成21年度薩摩川内市簡易水道事業特別会計補正予算(〃)

 第16、議案第110号 平成21年度薩摩川内市温泉給湯事業特別会計補正予算(〃)

 第17、議案第111号 平成21年度薩摩川内市公共下水道事業特別会計補正予算(〃)

 第18、議案第112号 平成21年度薩摩川内市漁業集落排水事業特別会計補正予算(〃)

 第19、議案第113号 平成21年度薩摩川内市浄化槽事業特別会計補正予算(〃)

 第20、議案第114号 平成21年度薩摩川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計補正予算(〃)

 第21、議案第115号 平成21年度薩摩川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計補正予算(〃)

 第22、議案第116号 平成21年度薩摩川内市入来温泉場地区土地区画整理事業特別会計補正予算(〃)

 第23、議案第122号 平成21年度薩摩川内市水道事業会計補正予算(〃)

 第24、議案第99号 財産の取得について(総務文教委員会報告)

 第25、議案第100号 薩摩川内市立小学校・中学校条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第26、議案第101号 財産の取得について(〃)

 第27、公共関与による産業廃棄物管理型最終処分場に関連する諸問題について(産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会報告)

 第28、議会改革に関連する諸問題について(議会改革特別委員会報告)

 第29、発議第4号 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書の提出について(市民福祉委員会提出)

 第30、報告第17号 平成20年度薩摩川内市一般会計等の健全化判断比率について(市長報告)

 第31、報告第18号 平成20年度薩摩川内市公営企業会計の資金不足比率について(〃)

 第32、議案第123号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市一般会計歳入歳出決算)(市長提出)

 第33、議案第124号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第34、議案第125号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市温泉給湯事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第35、議案第126号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第36、議案第127号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第37、議案第128号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第38、議案第129号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市浄化槽事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第39、議案第130号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第40、議案第131号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第41、議案第132号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市入来温泉場地区土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第42、議案第133号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市公共用地先行取得等事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第43、議案第134号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第44、議案第135号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市国民健康保険直営診療施設勘定特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第45、議案第136号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第46、議案第137号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市介穫保険事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第47、議案第138号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第48、議案第139号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算)(〃)

 第49、議案第140号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市水道事業会計決算)(〃)

 第50、議案第141号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市工業用水道事業会計決算)(〃)

 第51、議案第142号 決算の認定について(平成20年度薩摩川内市自動車運送事業会計決算)(〃)

 第52、議案第143号 教育委員会委員の任命について(〃)

 第53、議案第144号 人権擁護委員候補者の推薦について(〃)

 第54、議案第145号 人権擁護委員候補者の推薦について(〃)

 第55、閉会中の継続審査承認を求めるについて

 第56、閉会中における議会運営委員会の審査方針について

 第57、閉会中における各特別委員会の審査方針について

 第58、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           〜〜〜〜〜〜〜

           午前10時開会

           〜〜〜〜〜〜〜



△開議



○議長(岩下早人君) ただいまから、14日の会議に引き続き本日の会議を開きます。

 本日の日程は、お手元に配付しております議事日程のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1、議案第108号−日程第26、議案第101号



○議長(岩下早人君) それでは、日程第1、議案第108号から日程第26、議案第101号までの議案24件及び陳情2件を、一括議題とします。

 ここで、議事の進め方についてお諮りします。

 これから、各常任委員会に付託してありました上程の議案等について、各委員長の報告を求めたいと思います。

 なお、各委員長報告の都度、質疑、討論、採決をしていくことで議事を進めたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 そのように議事を進めます。

 まず、企画経済委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

   [企画経済委員長古里貞義君登壇]



◆企画経済委員長(古里貞義君) 企画経済委員会に付託されておりました事件等の審査結果を報告いたします。

 1、委員会の開催日。

 9月17日。

 2、付託事件及び審査結果。

 (1)議案第102号 薩摩川内市過疎地域自立促進計画の変更について。

 本案は、平成17年度から平成21年度までの薩摩川内市過疎地域自立促進計画について、事業内容に新たな項目を追加し、同計画を変更しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 (2)議案第103号 財産の無償譲渡について。

 本案は、本市が水産施設として整備した建物等の施設を、甑島地区水産施設として無償譲渡しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の過程において、甑島漁業協同組合に無償譲渡する施設については、固定資産税の減免も含め、要望等があれば考慮されたい旨の意見が述べられました。

 (3)議案第104号 薩摩川内市いこいの村いむた池の指定管理者の指定について。

 本案は、薩摩川内市いこいの村いむた池条例第3条の規定により、指定管理者として薩摩川内市いこいの村いむた池の管理を行わせている財団法人鹿児島勤労者いこいの村の指定期間が、平成21年12月31日満了することとなるので、新たに指定管理者を指定しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の過程において、利用客を増やすため、サービス向上に努められたい旨の意見が述べられました。

 (4)議案第108号 平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりであります。

 ア、多くの人がプレミアム商品券を利用できるよう、販売方法についても工夫されたい。

 イ、プレミアム商品券加盟店の周知については、利用者にわかりやすいように工夫されたい。

 ウ、緊急耕作放棄地解消実証事業については、農地の有効利用と高齢者の多い農村の活性化を図るため、今後も継続されたい。

 エ、産地農業後継者支援事業については、農業後継者の確保・育成のために、来年度も継続されたい。

 オ、畜産指導員等の甑島地域への配置については、上甑島・下甑島の均衡に配慮されたい。

 3、所管事務の調査結果。

 各課所の事務について所管事務調査を行い、調査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりであります。

 (1)新しい組織体制となった観光協会と連携を図りながら、本市観光事業に生かすように努められたい。

 (2)下甑島に観光協会職員の配置を検討されたい。

 (3)市内の空き工場等を把握し、情報の共有を図りながら企業誘致に取り組まれたい。

 (4)合併時から現在までのコミュニティ制度の在り方を検証されたい。

 (5)渇水対策については、農家への周知を徹底されたい。

 (6)無人ヘリコプターによる農薬散布については、水稲を食害するウンカ類などの防除策として有効であり、今後も継続されたい。

 以上であります。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第102号薩摩川内市過疎地域自立促進計画の変更について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第103号財産の無償譲渡について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第104号薩摩川内市いこいの村いむた池の指定管理者の指定について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち、企画経済委員会付託分について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論、採決を一時中止いたします。

 次に、市民福祉委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

   [市民福祉委員長福元光一君登壇]



◆市民福祉委員長(福元光一君) 市民福祉委員会に付託されました事件等審査結果報告をいたします。

 1、委員会の開催日。

 9月16日。

 2、付託事件及び審査結果。

 (1)議案第105号 薩摩川内市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、健康保険法施行令等の一部を改正する政令の公布施行に伴い、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産した場合における国民健康保険被保険者の出産育児一時金の額を引き上げようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (2)議案第108号 平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりである。

 ア、消費者庁の設置に伴い、全国に整備される消費者ホットラインについて、広く市民に周知されたい。

 イ、多重債務等を起因とする自殺を防止するために、鹿児島県消費者行政活性化基金を活用した相談体制の充実に努められたい。

 ウ、甑島地域の診療所について、医師確保の取組を強化されたい。

 (3)議案第117号 平成21年度薩摩川内市国民健康保険事業特別会計補正予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (4)議案第118号 平成21年度薩摩川内市国民健康保険直営診療施設勘定特別会計補正予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (5)議案第119号 平成21年度薩摩川内市老人保健医療事業特別会計補正予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (6)議案第120号 平成21年度薩摩川内市介護保険事業特別会計補正予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (7)議案第121号 平成21年度薩摩川内市後期高齢者医療事業特別会計補正予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (8)陳情第88号の1 湧水町における産業廃棄物処分場建設計画及び川永野地区における産業廃棄物管理型最終処分場建設計画に関する陳情。

 ア、陳情の趣旨。

 陳情の趣旨につきましては、さきに配付の陳情文書表に記載のとおりでありますので、重複いたしますので、省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 湧水町で進められている民間の業者による産業廃棄物処分場建設計画に関し、隣接する伊佐市の隈元市長や住民代表が、県に対し、「慎重に対応してほしい」とする要望書を提出している。

 川内川の上流に位置する伊佐市では、「伊佐市は食料を主に扱うまち。風評被害が先行すると、地域づくりにも影響する」と計画への反対を表明している。産業廃棄物処分場の処理水は川内川に放流されることになり、下流に位置する薩摩川内市も、川内川の水を飲料水として使用していることから、直接被害を受けることは間違いない。伊佐市の住民が反対を表明していることは、薩摩川内市にとって他人事ではなく、県に対し建設反対の意思を示すべきではないか。

 また、川永野地区に建設が計画されている「産業廃棄物管理型最終処分場」に対し、前市議会は建設推進の立場であったが、新議会が誕生しても、推進の立場は変わらないのか。川内川流域の市町が環境に対し厳しい判断をしていることを、薩摩川内市議会として黙視していてもよいのか。あまりにも公害に対して安易な考え方が市民の生活を脅かし、関係地域住民を苦しめ、結果的には一部の受益者のために動いているように感じられる。産業廃棄物処分場の建設反対を、再検討されるよう、地域住民として陳情する。

          記

 湧水町で計画されている産業廃棄物処分場建設に関し、薩摩川内市議会としても県に対し、反対の要望をすること。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 イ、審査の経過及び結論。

 本陳情は、慎重に審査を行った結果、「現段階では県と民間業者が事前協議中であり、施設の内容等が把握できないので、審議をするのは時期尚早である」という意見が述べられ、採決の結果、起立者なしにより不採択とすべきものと決定した。

 (9)陳情第89号 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を政府に提出することを求める陳情。

 ア、陳情の趣旨。

 陳情の趣旨につきましては、さきに配付の陳情文書表に記載のとおりであり、重複いたしますので、省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 公的医療費の抑制とともに自己負担は増大し、保険でも歯科医療を受けにくくなっていることから、患者の歯科受診の障害になっている。特に低所得・低資産層(年間世帯収入300万円未満かつ純金融資産300万円未満)においては深刻で、日本医療政策機構「日本の医療に関する2007年世論調査報告」において4割の人が「歯の治療が必要だったが、歯科医に行かなかったことがある」と回答しており、高所得・高資産層(年間世帯収入800万円以上かつ純金融資産2000万円以上)の13%を大きく上回っている。このようなことから、特に低所得・低資産層においてお金の心配なしに受診できるよう患者負担を減らす必要がある。

 一方、公的医療費の抑制などにより、歯科診療報酬は特に低迷し続けており、現在の歯科医療は、「(歯科医の)5人に1人は年収200万円以下」との見出しで報道されるように、大変厳しい経営状況を強いられている。厚生労働省の統計調査によると、2000年には歯科診療医療費は、右肩上がりで増える薬局調剤医療費を下回り、近年では全体の8%を割り込んでいる。診療報酬を医科と比べても、その状況は顕著に表れており、医科初診料(診療所)270点に対し、歯科は182点、医科再診料71点に対し、歯科は40点など、基礎的な技術料を初めとする多くの診療報酬で格差が大きくなりすぎているのが実情である。また、保険の給付範囲も広がらないため、患者にとって必要な技術も保険で求められないままになっている。その上、歯科では30年以上据え置かれている治療技術が多数あり、消費者物価指数や人件費等の伸びと比較すれば、むしろ目減りしている状態である。これらの理由等により歯科業界に希望が持てず、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の志望者も減っており、歯科医療の将来が危ぶまれている。

 近年、歯や口腔の機能が全身の健康、介護・療養上の改善に大きな役割を果たすことが厚生労働省の研究等で実証され、また、山梨県歯科医師会の2008年の調査によると、高齢者において残存歯が多いほど医療費がかからないという結果も出ている。

 以上により、地方自治法第99条に基づき、保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を政府に提出することを強く要望する。

          記

 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を内閣総理大臣、厚生労働大臣、財務大臣に提出すること。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 イ、審査の経過及び結論。

 本陳情は、慎重に審査を行った結果、陳情の趣旨を了とし、採択すべきものと決定した。

 3、所管事務の調査結果。

 各課所の事務について所管事務調査を行い、調査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりである。

 (1)集団健診の充実により、特定健診の受診率向上を図られたい。

 (2)高齢者の医療費や介護給付費の抑制の観点からも、介護予防事業の充実を図られたい。

 (3)追加経済対策に係る環境省の基金事業について、十分な情報収集を行い、本市が取り組めるものについては、関係課所と連携を図りながら、活用を検討されたい。

 これで、市民福祉委員会に付託された事件等審査結果報告を終わります。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第105号薩摩川内市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち、市民福祉委員会付託分について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論、採決を一時中止します。

 次は、議案第117号平成21年度薩摩川内市国民健康保険事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第118号平成21年度薩摩川内市国民健康保険直営診療施設勘定特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第119号平成21年度薩摩川内市老人保健医療事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第120号平成21年度薩摩川内市介護保険事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第121号平成21年度薩摩川内市後期高齢者医療事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、陳情第88号の1湧水町における産業廃棄物処分場建設計画及び川永野地区における産業廃棄物管理型最終処分場建設計画に関する陳情についてであります。

 ここで、念のため申し上げます。

 本陳情の内容は、湧水町における産業廃棄物処分場建設計画に関するものであります。

 それでは御質疑願います。



◆18番(井上勝博君) 委員長にお尋ねいたします。

 報告では、この陳情について、湧水町における産業廃棄物の処分場について情報が把握できていないと、施設の内容等が把握できないというお話でありますけれども、しかし、新聞報道では、計画する処分場は埋め立て容量40万6,000立方メートルで、75%は鹿児島県内分を搬入する予定、二重遮水シートなどを備え、浸出水は川内川にパイプラインで放流するという報道がされているわけで、私はこういう報道がされているにもかかわらず、調査もしないということについて少し疑問を持つものでありますけれども、どうして調査されないのか。私は、請願も出されているわけです、地元の農業協同組合とか、だから、そういった現地で、まず、調べるということは、私はやるべきだと、責任があるのではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。



◆市民福祉委員長(福元光一君) 情報の件は、情報はないという答弁に対して、今、質疑がございましたが、新聞等で、いろいろ情報が載っているのではないかということでございますけれども、やはり新聞・テレビというのは、確実性を、本当に確実性があるものかどうか、そういうところで、やはり委員からも正式に鹿児島県が受理して、そして、鹿児島県が市のほうにでもいろいろ情報やら、いろいろな書類が提出されてくれば、今、井上議員の言われるように市民福祉委員会としても、現地を調査したりする必要があるかもしれませんが、委員会の中では、まだ私の報告のとおり、時期尚早ではないかという大方の意見でございましたので、委員会の報告として取りまとめたところでございます。

 以上です。



○議長(岩下早人君) ほかにございませんか。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑は尽きたと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、本陳情に賛成の討論が1名であります。

 それでは、井上勝博君の本陳情に賛成の討論を許します。

   [18番井上勝博君登壇]



◆18番(井上勝博君) 陳情第88号の1湧水町における産業廃棄物処分場建設計画及び川永野地区における産業廃棄物管理型最終処分場建設計画に関する陳情の市民福祉委員会に付託した分についての賛成する討論を行います。

 陳情は、湧水町で進められている民間の業者による産業廃棄物処分場計画に関し、薩摩川内市議会としても鹿児島県に対し、反対の要望をすることを求めています。

 その理由は、処分場の建設予定地が川内川の上流にあり、川内川の水を飲料水としている薩摩川内市民にも深く関係する施設だからであります。

 報道によりますと、湧水町の山林に宮崎県小林市の九州北清という産業廃棄物業者が、鹿児島県の指導要領に基づく事前協議の手続なしに、鹿児島県へ設置許可の申請書を提出したというものであります。同社は、鹿児島県は昨年11月以降、事前協議の申し入れを拒否し続けたと主張し、一方、鹿児島県は、土地取得の見通しが立っていない、農地転用の手続が済んでいないとして、当時は事前協議に入るための準備途中で拒否したわけではない。2点に解決の見通しがつけば、事前協議に入るとし、申請書の受付を保留したと報道されています。

 同社は、鹿児島県が事前協議に応じない理由を、鹿児島県から薩摩川内市に計画している産業廃棄物管理型最終処分場建設の関係で受理できないと説明されたと主張し、鹿児島県はそれを否定するというぐあいに、薩摩川内市の最終処分場との関係でも、関連があるものであります。

 計画する処分場は、埋め立て容量が40万6,000立方メートルで、うち75%が鹿児島県内分を搬入する予定であり、二重遮水シートなどを備え、浸出水は川内川にパイプラインで放流する。総事業費が30億円程度、15年の稼働を目指すというもので、周辺の3集落とは公害防止協定を締結したとされています。これに対し、JA伊佐、川内川上流漁業協働組合、鹿児島県農業者政治連盟伊佐支部、伊佐市菱刈土地改良区などの団体が伊佐市議会に対して処分場建設反対を求める請願を提出しています。

 委員会は、少なくとも陳情の内容が事実であるかを調べ、事実であれば、川内川との関係を調査すべきであります。不採択にされた理由が納得できるものではありません。鹿児島県が受理したら、それから審査すると言いますが、それでは遅いのではないでしょうか。私は、このように具体的な話として上っている問題を、市民から陳情が出されたのに調査しないという市民福祉委員会のそういう審査姿勢を批判し、この陳情に対する賛成する討論とするものであります。



○議長(岩下早人君) これで、討論を終わります。

 採決します。

 ここで、念のため申し上げます。

 本陳情に対する委員長の報告は、不採択であります。

 採決は、本陳情の採択について起立により行います。

 それでは、本陳情を採択することに賛成する諸君の起立を求めます。

   [賛成者起立]



○議長(岩下早人君) 起立少数であります。

 よって、本陳情は不採択とすることに決定しました。

 次は、陳情第89号保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を政府に提出することを求める陳情について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本件を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本陳情は委員長報告のとおり採択することに決定しました。

 次に、建設水道委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

   [建設水道委員長石野田 浩君登壇]



◆建設水道委員長(石野田浩君) 建設水道委員会に付託されました付託事件等の審査結果を報告いたします。

 1、委員会の開催日。

 9月16日。

 2、付託事件及び審査結果。

 (1)議案第106号 市道路線の廃止について。

 本案は、県道川内串木野線道路改築工事に伴い、市道高江・大平線を廃止しようするものであります。

 原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (2)議案第107号 薩摩川内市手数料条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、登録住宅性能評価機関による技術的審査を事前に受けている場合における長期優良住宅建築等計画に係る認定申請に対する審査事務等について、新たに手数料を定めようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (3)議案第108号 平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち本委員会付託分について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりであります。

 ア、八重線整備事業の未整備区間については、今後の整備手法等を検討されたい。

 イ、借上型地域振興住宅事業については、対象区域の見直し、借上期間の延長などを検討されたい。

 ウ、市営住宅の浄化槽管理に当たっては、日常的な点検に努め、浄化槽からの排水に問題が生じないよう適正管理に努められたい。

 (4)議案第109号 平成21年度薩摩川内市簡易水道事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (5)議案第110号 平成21年度薩摩川内市温泉給湯事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (6)議案第111号 平成21年度薩摩川内市公共下水道事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の過程において、下水道の接続率向上のため、利用料金体系の見直しを含め検討するとともに、住民への啓発についても積極的に進められたい旨の意見が述べられました。

 (7)議案第112号 平成21年度薩摩川内市漁業集落排水事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (8)議案第113号 平成21年度薩摩川内市浄化槽事業特別会計補正予算について

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (9)議案第114号 平成21年度薩摩川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (10)議案第115号 平成21年度薩摩川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (11)議案第116号 平成21年度薩摩川内市入来温泉場地区土地区画整理事業特別会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 (12)議案第122号 平成21年度薩摩川内市水道事業会計補正予算について。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の過程において、飲料水供給体制の確立のため、施設が故障した際に支障が生じないよう、引き続き予備の資機材確保に努められたい旨の意見が述べられました。

 3、所管事務の調査結果。

 各課所の事務について所管事務調査を行い、調査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりであります。

 (1)公園等の市有財産の管理方法については、今後、有識者の意見を取り入れ、専門的な視野に立った評価・診断を実施するなど、その方向性について再検討されたい。

 (2)悪質な違反屋外広告物については、罰則の適用について、積極的に検討されたい。

 (3)地籍調査の現地調査については、関係者が同時に立会いを行うなど、後日、トラブルが生じないよう努められたい。

 (4)向田地区堤防の質的強化による河川空間の有効利用に当たっては、許認可への配慮や街路灯の設置等により、積極的な利活用に努められたい。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第106号市道路線の廃止について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第107号薩摩川内市手数料条例の一部を改正する条例の制定について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち、建設水道委員会付託分について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論、採決を一時中止します。

 次は、議案第109号平成21年度薩摩川内市簡易水道事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第110号平成21年度薩摩川内市温泉給湯事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第111号平成21年度薩摩川内市公共下水道事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第112号平成21年度薩摩川内市漁業集落排水事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第113号平成21年度薩摩川内市浄化槽事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第114号平成21年度薩摩川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第115号平成21年度薩摩川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第116号平成21年度薩摩川内市入来温泉場地区土地区画整理事業特別会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第122号平成21年度薩摩川内市水道事業会計補正予算について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、総務文教委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

   [総務文教委員長瀬尾和敬君登壇]



◆総務文教委員長(瀬尾和敬君) 総務文教委員会の付託事件等審査結果報告をいたします。

 1、委員会の開催日。

 9月17日。

 2、付託事件及び審査結果。

 (1)議案第99号 財産の取得について。

 本案は、コンビニ収納対応ページプリンタ導入事業に係る機器の整備のため、コンビニ収納対応ページプリンタ機器一式を購入しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 (2)議案第100号 薩摩川内市立小学校・中学校条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、児童数の減少に対応し、集団生活を通じた学習効果の向上と良好な教育環境の確保を図るため、薩摩川内市立倉野小学校を廃止しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の過程において、閉校後の倉野小学校の施設の適正管理に努められたい旨の意見が述べられました。

 (3)議案第101号 財産の取得について。

 本案は、大型高所放水車を更新のため取得しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 (4)議案第108号 平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりであります。

 ア、住宅用火災警報器の設置については、地域の事情をよく知る自治会長等の協力も得ながら、更なる普及・啓発に努められたい。

 イ、学校施設の耐震化に当たっては、学校の統廃合や併設型小中一貫校の問題等と併せて検討しながら、早急に計画を策定されたい。

 ウ、e−ラーニングシステムの導入について、前向きに検討されたい。

 エ、学校施設の耐震補強工事を実施するに当たっては、太陽光発電設備等の設置についても検討されたい。

 オ、学校ICT環境整備事業は経済対策を目的とした事業であることから、機器を購入する際は、本市経済の浮揚につながるような発注方法を検討されたい。

 カ、入来麓伝統的建造物群保存地区内の旧増田邸の保存・整備に当たっては、これを核にしながら、他の資源も含めた地域のビジョンを描き、地域浮揚や人を呼び込むための仕掛けを講じられたい。

 キ、入来麓伝統的建造物群保存地区において修理修景事業に携わった地元業者が、伝統的建造物に関する技術を習得していることから、その技術が他の地域においても生かされるような方策を講じられたい。

 3、所管事務の調査結果。

 各課所の事務について所管事務調査を行い、調査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりであります。

 (1)AEDについて、必要なときに電池切れなどにより使えないといったことが生じないよう、適切な管理体制を構築されたい。

 (2)「薩摩川内ぼっけもんの旅」を多くの子ども達に体験してもらうためにも、ボランティア等の協力も得ながら、実施回数の増について検討されたい。

 (3)学校給食費の未納対策に当たっては、チケット制の導入などの新たな方策を検討されたい。

 (4)防災行政無線の戸別受信機設置の機会を通じて、少しでも自治会への加入促進が図られるよう努められたい。

 以上で、総務文教委員会の付託事件等審査結果報告を終わります。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。



◆18番(井上勝博君) 私も総務文教委員会のメンバーですので、取りまとめについては、委員長、副委員長に一括して委任したものでありますけれども、私にもそういう意味では責任があるわけですが、しかし、所管事務の調査の結果のところで、(3)学校給食費の未納対策については、チケット制の導入などの新たな方策を検討されたいということについては、これは私は、こういうことについては、一部そういう意見が出されたことは承知しておりますけれども、しかし、総務文教委員会の全体の総意という形では、これは非常に意見が分かれるところであるというふうに思います。

 少し取りまとめるに当たって、このチケット制の導入について検討されたいということについては、私は異論があるわけですけれども、委員長の所感をお願いいたします。



○議長(岩下早人君) ただいま井上委員のほうから委員長報告に対する意見が述べられております。これについては、委員長の取り計らいの審査の中で、委員長、副委員長にお任せしますという同意のもとに、各委員長は取りまとめをされておられますので、そのことについて十分承知の上の委員長に対する御質疑だと思いますが、ここについては、そういう制度がありますので、御理解いただきたいと思っていますが、あえて委員長のほうから、このことについて答弁があれば、ここで答弁を許します。



◆総務文教委員長(瀬尾和敬君) これを取りまとめるに当たりまして、されたいということであって、決してこれをこうこうすべきであるということではありません。そういうふうな意見があったということの一端を述べているものであります。

 委員長報告というのは、おおむねこういう機会が、ケースがあると思うんですよね。こうこうすべきだというふうなことを断定しているわけではないと。ただ、余りにも給食費の滞納が減らない、なくならないということのひとつの対策の一環として、こういうことの意見があったということを申し上げたところであります。

 以上であります。



○議長(岩下早人君) ここで、議長から申し上げます。

 この委員長報告に対しては、先ほど議長から申し上げましたように、各委員会での取りまとめが本来の筋でありまして、この本会議において議論は許されるものではありません。

 それで、議長から改善案として申し上げます。各委員長・副委員長が取りまとめたことに対して、各常任委員会で御協議いただいて、その後、本会議に付議、委員長報告の前に、事前に各委員会で協議をするということも視野に入れながら、改善策を整えられたいと議長として意見を申し上げて終わります。

 まず、議案第99号財産の取得について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第100号薩摩川内市立小学校・中学校条例の一部を改正する条例の制定について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第101号財産の取得について、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算のうち、総務文教委員会付託分ついて、御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 これで、議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算についての質疑をすべて終了しました。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、賛成討論が1名であります。

 井上勝博君の委員長報告に賛成の討論を許します。

   [18番井上勝博君登壇]



◆18番(井上勝博君) 議案第108号平成21年度薩摩川内市一般会計補正予算に賛成する討論を行います。

 私は、補正予算が緊急雇用創出事業臨時特例基金事業によって、約108人の臨時職員などの雇用の創出や、市民の要望が強い道路維持予算の約2億円の上乗せ、市内消費の喚起を図るためのプレミアム商品券の発行など、総じて地域経済にてこ入れする必要な予算であります。

 よって、補正予算に賛成するものでありますが、あえて討論に立ったのは、補正予算の問題点を指摘するためであります。

 第1に、緊急雇用創出事業臨時特例基金事業として、住民基本台帳の普及を進めるため、印鑑登録を行っている70歳以上の高齢者を対象に、印鑑登録証から住民基本台帳カードへの切りかえを推進するなど行うものとして、192万8,000円の予算をつけていることです。

 これまで指摘したとおり、住民基本台帳ネットワークとは、各市町村の住民基本台帳をコンピューターネットワークで一元管理しようとするものであります。それでは国民には何のメリットもないために、住民基本台帳カードを作り、住民基本台帳カードを使えば、住民票が全国のどこの自治体からでも発行できることを売り物にして普及しようとしました。

 ところが、住民基本台帳カードの普及が思うように進まないので、今年度から無料で住民基本台帳カードをつくれるようにしましたが、それでも普及が進まないために、印鑑登録証を持っている70歳以上の高齢者を対象にして、住民基本台帳カードの切りかえ啓発を行おうとするものであります。そもそも住民基本台帳カードの普及が進まないのは、市民には不必要な存在だからです。本当に市民が必要としているのなら、少々のお金を出しても欲しがるのではないでしょうか。住民基本台帳カードを莫大なお金で普及しようとするのは、数百億円もかけてつくった住民基本台帳ネットワークが、実は国民にとって無用の長物であるばかりか、個人情報の一元化によって情報の流出の危険をいつでもはらんでいるという危険な実態を覆い隠すためのものでしかありません。市財政が厳しいと言いながら、不必要な住民基本台帳カードの普及はすべきではありません。

 第2に、甑島海域副振動被害防止調査事業についてであります。

 副振動とは、日々繰り返す満潮、干潮の潮位変化を主振動として、それ以外の潮位の振動に対して名づけられたものであり、湾、海峡や港湾など、陸や堤防に囲まれた海域等で観測される、周期数分から数十分程度の海面の昇降現象をいいます。主な発生原因は、台風、低気圧等の気象擾乱に起因する海洋の擾乱や津波などが長波となって沿岸域に伝わり、湾内等に入ることにより引き起こされる強制振動であります。強制振動の周期が湾等の固有周期に近いものであれば、共鳴を起こして潮位の変化が著しく大きくなる場合があるそうであります。

 予算は、上甑島の浦内湾における副振動発生時の潮流の流れを解明し、メカニズムを解明することにより、潮位上昇による災害から漁港、漁村の安全・安心の確保と、災害防止のための調査を行うものとしています。九州西岸ではことし2月24日から25日にかけて副振動が発生、潮位が長崎市で157センチメートル、鹿児島県枕崎市で141センチメートルも上がりました。甑島では、漁船11隻が転覆し、8棟が床下浸水したほか、マグロの養殖生けすが壊れるなどの被害が出ました。甑島での被害が大きいことが全国で初めて市で調査を行い、調査をもとに国に対策を働きかけたいということに反対するものではありません。

 しかし、副振動のメカニズムの調査は、わずか1,800万円で解明できるほどのものでしょうか。この調査はあくまで国が行うべきものであります。市としての対応は、副振動を地震や洪水といった災害であるとして、その被害に遭われた漁業関係者への被害補償をすることが優先されるべきであり、そのことを通じて国に働きかけるということで、十分に市のメッセージを国に送れるのではないでしょうか。

 第3に、学校ICT環境整備事業の問題であります。

 小・中学校の教育の振興を図るため、最先端のICT教育機器の購入を実施するものであります。今回の学校のICTは、小学校46校、中学校16校に電子黒板やデジタル教材を設置しようというもので、1億2,413万8,000円の予算が使われます。しかし、学校の現場から、電子黒板もありがたいが、消耗品などにかかる自由に使えるお金がないのかという声が聞こえてきます。ICTは、政府が進めているもので、国庫支出金が事業費の半分を占めています。しかし、同時に、一般財源からは同額の6,207万円がつぎ込まれるのであって、これだけのお金があれば、学校で自由に使えるお金に充てることは可能です。ICTの教育効果を一概に否定するものではありませんが、今、学校教育に緊急に必要なものは何かを考えて予算化すべきだったのではないでしょうか。

 第4に、重要港湾回収事業負担金は、鹿児島県営事業が経済危機対策事業により新規採択となったため、それに伴って新たな地元負担金を計上するものとして、市が1,666万円の借金を行おうというものであります。

 鹿児島県の事業として、防波堤の改良などの事業を行うものですが、経済危機対策事業として、本当に効果的な事業なのかの検証が十分であるとはいえません。

 以上のような問題点が補正予算にありますが、今回は総体的に見て賛成するものといたしました。

 以上で討論を終わります。



○議長(岩下早人君) これで討論を終わります。

 採決します。

 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成する諸君の起立を求めます。

   [賛成者起立]



○議長(岩下早人君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27−日程第28、各特別委員会審査結果報告



○議長(岩下早人君) 次は、日程第27及び日程第28の各特別委員会の審査結果報告2件を一括議題とします。

 以上の2件につきましては、それぞれ特別委員会の審査方針に基づき審査が行われ、その結果が議長に報告されておりますので、順次委員長の報告を求めます。

 まず、産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会の審査事件について、委員長の報告を求めます。

   [産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員長小牧勝一郎登壇]



◆産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員長(小牧勝一郎君) 公共関与による産業廃棄物管理型最終処分場に関連する諸問題に関する審査結果報告をいたします。

 1、審査事件。

 公共関与による産業廃棄物管理型最終処分場に関連する諸問題について。

 2、委員会の開催日。

 9月25日であります。

 3、審査の経過及び結論。

 参考人として、鹿児島県環境部管理型処分場建設推進センターの種子島次長、福永施設整備課長、大津技術専門員及び宮原技術主査並びに同部廃棄物・リサイクル対策課の中薗課長、藤崎参事、寳満参事、野口技術主幹及び平嶺主幹に出席要請をし、市道川永野・大原野線及び準用河川阿茂瀬川の整備案について説明を求めました。

 まず、参考人から、市道川永野・大原野線及び準用河川阿茂瀬川の整備案について説明を受け、その後、予測通行車両台数、整備時期、地元4自治会への説明状況、地元4自治会以外への説明に関しての考え方、阿茂瀬川の関係者への説明方法、地域振興策と基本計画の関係等について質疑がありました。

 この中で、地元4自治会以外への説明の考え方については、「鹿児島県産業廃棄物等の処理に関する指導要綱」に基づき、施設から下流域のおおむね1キロメートル以内にある4自治会を関係自治会と定めており、十分な説明責任を果たしていく考えであるが、隈之城コミュニティ協議会についても、役員及び自治会長に、基本計画及び基本設計ができた段階で説明していく考えである旨の回答がありました。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりであります。

 (1)市道川永野・大原野線の整備案について、地元自治会への説明が不十分であるので、説明責任を果たされたい。

 (2)準用河川阿茂瀬川については、堰の統合など、地元の意見を十分に反映した施設整備を検討されたい。

 (3)準用河川阿茂瀬川へ放流することとなる建設予定地の湧水については、発生箇所とその量を十分に調査されたい。

 以上であります。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 これで、産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会の報告を終わります。

 次は、議会改革特別委員会の審査事件について委員長の報告を求めます。

   [議会改革特別委員長堀之内盛良君登壇]



◆議会改革特別委員長(堀之内盛良君) 議会改革に関連する諸問題に関する審査結果報告をいたします。

 1、審査事件。

 議会改革に関連する諸問題について。

 2、委員会の開催日。

 6月23日、7月10日、同月29日、8月26日、9月1日の5日間であります。

 3、審査の経過及び結論。

 (1)「市民との意見交換の場」の具体的な実施方法等について。

 市議会及び議員の政策提案機能の強化及び拡大を図り、市民に対する説明責任を十分に果たすため、薩摩川内市議会基本条例第11条第3項の「市民との意見交換の場」について具体的な実施方法等の審査を行い、意見交換会実施要領(案)を作成いたしました。また、議長に対し、当該審査が終了したこと及び同実施要領(案)を作成したことを報告することとしました。

 なお、意見交換会は、地区コミュニティ協議会単位に行うもの、公募によるもの、委員会が主催して行うものの3種類であり、実施要領(案)の概要は、次のとおりであります。

 ア、地区コミュニティ協議会単位の意見交換会。

 (ア)48地区コミュニティ協議会で意見交換会を開催するものとし、全議員を、5人又は6人を一つの班として六つの班に編成し、抽選で決定した地区を担当するものとしました。なお、班編成は、本特別委員会で編成案を作成し、議会運営委員会で決定するものとしました。

 (イ)開催時期は、閉会中とし、一つの閉会中の期間に各班2地区で開催し、9月定例会後からおおむね1年をかけて、すべての地区で開催するものとしました。なお、日程案は、本特別委員会で作成し、地区コミュニティ協議会と調整の上、議会運営委員会で決定するものといたしました。

 (ウ)意見交換会の内容は、議会活動報告及びテーマによる意見交換とし、一つの地区コミュニティ協議会から3件以内のテーマを募るものとしました。

 (エ)運営は、各班の議員で役割を分担し、意見交換会ごとに持ち回るものとし、地区住民への周知や会場の準備は、地区コミュニティ協議会に協力を依頼するものとしました。

 (オ)意見交換会終了後、速やかに各班から議長に報告書を提出し、議員全員協議会において、その概要を各班から報告するものとしました。なお、同報告書の内容は、開催した地区に報告するとともに、ホームページにおいて公開するものとしました。

 (カ)意見交換会で出された意見・要望の対応方法については、最初に開催する意見交換会が終了した後に、本特別委員会で検討するものとしました。

 (キ)成果等の取りまとめ及び運営方法の改善等については、各班代表者で協議し、本特別委員会で整理した上で、議会運営委員会で決定するものとしました。

 (ク)意見交換会は、報道機関を含めて公開で開催するものといたしました。

 イ、公募による意見交換会。

 (ア)議会だより等により公募し、市内の団体や市民グループ等との意見交換会を開催するものとし、応募の際に意見交換のテーマも募集するものとした。

 (イ)地区コミュニティ協議会単位の意見交換会と同じ班編成で行い、対応する班は抽選とするものとしました。なお、応募団体が少ないときは、複数の班で対応することも可能とするものとしました。

 (ウ)対象は、参加できる人員が10人以上の団体とするものとしました。

 (エ)運営は、地区コミュニティ協議会単位の意見交換会の取扱いに準じるものとし、同意見交換会の開催状況をみながら、開始時期を決定するものとしました。

 ウ、委員会が主催して行う意見交換会。

 各委員会で意見交換会を行う場合は、所管事務調査として行うものとしました。

 以上であります。



○議長(岩下早人君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 これで、議会改革特別委員会の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第29、発議第4号 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書の提出について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第29、発議第4号保険でよい歯科医療の実現を求める意見書の提出についてを議題とします。

 本意見書は、お手元に配付しておりますので、提出者の趣旨説明を求めます。

   [市民福祉委員長福元光一君登壇]



◆市民福祉委員長(福元光一君) 発議第4号保険でよい歯科医療の実現を求める意見書の提出について。

 地方自治法第99条の規定により、関係行政庁に対し、保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を別紙のとおり提出する。

 平成21年9月29日提出。

 提出者、薩摩川内市議会市民福祉委員会委員長福元光一。

 提案理由。

 公的医療費が抑制されるとともに医療費の自己負担が増大し、歯科医療を受診しにくくなっている。特に、低所得・低資産層において費用の心配をすることなく受診できるよう患者負担を減らす必要がある。また、現在の歯科医療は、大変厳しい経営状況を強いられており、歯科医療の将来が危ぶまれている。

 ついては、関係行政庁に対し、保険でよい歯科医療の実現を求める意見書を提出しようとするものである。

 これが本案提出の理由である。

 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書

 公的医療費の抑制とともに自己負担は増大し、保険でも歯科医療を受けにくくなっていることから、患者の歯科受診の障害になっています。特に低所得・低資産層(年間世帯収入300万円未満かつ純金融資産300万円未満)においては深刻で、日本医療政策機構「日本の医療に関する2007年世論調査報告」において4割の人が「歯の治療が必要だったが、歯科医に行かなかったことがある」と回答しており、高所得・高資産層(年間世帯収入800万円以上かつ純金融資産2000万円以上)の13%を大きく上回っています。このようなことから、特に低所得・低資産層においてお金の心配なしに受診できるよう患者負担を減らす必要があります。

 一方、公的医療費の抑制などにより、歯科診療報酬は特に低迷し続けており、現在の歯科医療は、「(歯科医の)5人に1人は年収200万円以下」との見出しで報道されるように、大変厳しい経営状況を強いられています。厚生労働省の統計調査によると、2000年には歯科診療医療費は、右肩上がりで増える薬局調剤医療費を下回り、近年では全体の8%を割り込んでいます。診療報酬を医科と比べても、その状況は顕著に表れており、医科初診料(診療所)270点に対し歯科は182点、医科再診料71点に対し歯科は40点など、基礎的な技術料を初めとする多くの診療報酬で格差が大きくなりすぎているのが実情です。また、保険の給付範囲も広がらないため、患者にとって必要な技術も保険で求められないままになっています。その上、歯科では30年以上据え置かれている治療技術が多数あり、消費者物価指数や人件費等の伸びと比較すれば、むしろ目減りしている状態です。これらの理由等により歯科業界に希望が持てず、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の志望者も減っており、歯科医療の将来が危ぶまれています。

 近年、歯や口腔の機能が全身の健康、介護・療養上の改善に大きな役割を果たすことが厚生労働省の研究等で実証され、また、山梨県歯科医師会の2008年の調査によると、高齢者において残存歯が多いほど医療費がかからないという結果も出ています。

 以上のことにより、下記に掲げる事項を強く要望します。

          記

 1 患者負担を少なくとも2割へ軽減させるように対策を講じること。

 2 より良質な歯科医療ができるように、少なくとも10%診療報酬を引き上げること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

 平成21年9月29日

                        鹿児島県薩摩川内市議会

(提出先)

 内閣総理大臣、厚生労働大臣、財務大臣。

 以上であります。議員各位の賛同方よろしくお願いいたします。



○議長(岩下早人君) ただいま提出者から趣旨説明がありましたが、これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 本意見書は、議長において関係行政庁に対し速やかに提出します。御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第30、報告第17号−日程第31、報告第18号



○議長(岩下早人君) 次は、日程第30、報告第17号及び日程第31、報告第18号の報告2件についてを一括議題とします。

 これら報告2件につきましては、いずれも「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく報告であり、報告書をもって報告がなされております。

 御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第32、議案第123号−日程第51、議案第142号



○議長(岩下早人君) 次は、日程第32、議案第123号から日程第51、議案第142号までの決算関係議案20件を一括議題とします。

 ここで、お諮りします。

 これらの議案20件の取り扱いについては、議会運営委員会で御協議願いました。

 ついては、各常任委員会から3名ずつの12名をもって構成する平成20年度決算審査特別委員会を設置し、これに付託したいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、上程の議案20件については、各常任委員会から3名ずつの12名をもって構成する平成20年度決算審査特別委員会を設置し、これに付託することに決定しました。

 それでは、特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定に基づき、議長においてお手元に配付のとおり指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成20年度決算審査特別委員会委員表



平成20年度決算審査特別委員会


総務文教
井上勝博


総務文教
今塩屋裕一


総務文教
徳永武次


企画経済
杉薗道朗


企画経済
東 完治


企画経済
小田原勇次郎


市民福祉
永山伸一


市民福祉
新原春二


市民福祉
中島由美子


建設水道
上野一誠


建設水道
持原秀行


建設水道
谷津由尚



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岩下早人君) ここで、特別委員会の委員長・副委員長互選のためしばらく休憩し、その間、特別委員会を開会願い、正・副委員長の互選をお願いします。

 特別委員会は、第2委員会室で開会願います。

 それでは、しばらく休憩します。

 再開は、振鈴でお知らせします。

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           午前11時22分休憩

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           午後0時59分開議

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(岩下早人君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいまの休憩中に開催されました特別委員会から、委員長及び副委員長の互選結果について議長に報告がありましたので、御報告します。

 平成20年度決算審査特別委員会の委員長に、新原春二君、副委員長に井上勝博君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第52、議案第143号 教育委員会委員の任命について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第52、議案第143号教育委員会委員の任命についてを議題とします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

   [市長岩切秀雄君登壇]



◎市長(岩切秀雄君) 議案その5、143−1ページをお開きください。

 議案第143号教育委員会委員の任命について、提案の理由を御説明申し上げます。

 本市教育委員会委員森薗正堂氏の任期が本年11月19日満了することとなりますので、新たに委員を任命したいと思いますが、これにつきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を得る必要があります。

 これが本案提出の理由であります。

 任命したい方は、薩摩川内市東郷町斧渕1370番地1、森薗正堂氏で、昭和14年11月8日生まれであります。

 本人の略歴等につきましては、参考資料で添付してありますので、御参照の上、よろしく御同意を賜りますようお願いいたします。



○議長(岩下早人君) ただいま当局の提案理由の説明がありましたが、ここでお諮りします。

 本案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し本会議審議にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第53、議案第144号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第53、議案第144号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

   [市長岩切秀雄君登壇]



◎市長(岩切秀雄君) 同じく議案その5、144−1ページをお開きください。

 議案第144号人権擁護委員候補者の推薦について、提案の理由を御説明申し上げます。

 本市の区域に置かれている人権擁護委員岩下ツキミ氏の任期が本年12月31日満了することとなりますので、新たに委員候補者を法務大臣に推薦したいと思いますが、これにつきましては、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を聞く必要がございます。

 これが本案提出の理由であります。

 推薦したい方は、薩摩川内市入来町副田1509番地22、岩下ツキミ氏で、昭和20年2月13日生まれであります。

 本人の略歴等につきましては、参考資料で添付してありますので、御参照の上、よろしく御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岩下早人君) ただいま当局の提案理由の説明がありましたが、ここでお諮りします。

 本案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し本会議審議にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第54、議案第145号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第54、議案第145号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

   [市長岩切秀雄君登壇]



◎市長(岩切秀雄君) 同じく議案その5、145−1ページをお開きください。

 議案第145号人権擁護委員候補者の推薦について、提案の理由を御説明申し上げます。

 本市の区域に置かれている人権擁護委員井芹大心氏の任期が本年12月31日満了することとなりますので、新たに委員候補者を法務大臣に推薦したいと思いますが、これにつきましては、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を聞く必要がございます。

 これが本案提出の理由であります。

 推薦したい方は、薩摩川内市下甑町青瀬464番地1、春田大作氏で、昭和21年2月19日生まれであります。

 本人の略歴等につきましては、参考資料で添付してありますので、御参照の上、よろしく御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岩下早人君) ただいま当局の提案理由の説明がありましたが、ここでお諮りします。

 本案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し本会議審議にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

   [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 討論はないと認めます。

 採決します。

 本案を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第55、閉会中の継続審査承認を求めるについて



○議長(岩下早人君) 次は、日程第55、閉会中の継続審査承認を求めるについてを議題とします。

 ただいま、建設水道委員会、原子力発電所対策調査特別委員会及び産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会において審査中の付託事件について、会議規則第105条の規定により、委員長からお手元に配付のとおり閉会中の継続審査の申し出がなされております。

 これを申し出のとおり閉会中の継続審査として承認することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          閉会中の継続審査申出書



委員会名
事件名


建設水道委員会
陳情第90号 県道東郷西方港線の湯田町湯之元路線で施工されている道路工事の見直しについての陳情


原子力発電所対策調査特別委員会
陳情第1号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第2号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第3号 川内原発3号機増設反対の陳情書


陳情第4号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第5号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第6号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第8号 川内原発3号機増設反対を求める意見書の提出を求める陳情


陳情第9号 川内原発3号機増設反対を求める意見書の提出を求める陳情


陳情第10号 九州電力の川内原発3号機増設反対を求める陳情


陳情第12号 川内原子力発電所3号機増設の反対を求める意見書の提出を求める陳情


陳情第14号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第15号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第16号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第17号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第18号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第19号 川内原発3号機増設反対に関する陳情書


陳情第20号 川内原発3号機増設に関する陳情


陳情第21号 川内原子力発電所3号機建設の早期着工を求める陳情


陳情第22号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第23号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第24号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第25号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第26号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第27号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第28号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第29号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第30号 川内原子力発電所3号機建設の早期着工を求める陳情について


陳情第31号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第32号 川内原子力発電所3号機建設の早期着工を求める陳情


陳情第33号 川内原子力発電所3号機増設の早期着手を求める陳情


陳情第34号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第35号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第36号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第37号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第38号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第39号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第40号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第41号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第42号 川内原子力発電所3号機増設の賛成に関する陳情書


陳情第43号 川内原子力発電所3号機建設賛成に関する陳情書


陳情第44号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第45号 川内原子力発電所3号機増設の賛成に関する陳情書


陳情第46号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第47号 川内原子力発電所3号機増設賛成に関する陳情書


陳情第48号 川内原子力発電所3号機増設の賛成に関する陳情書


陳情第49号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第50号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第51号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第52号 川内原子力発電所3号機増設の賛成に関する陳情書


陳情第53号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第54号 川内原子力発電所3号機増設の賛成に関する陳情書


陳情第55号 川内原子力発電所3号機建設の賛成に関する陳情書


陳情第56号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第57号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第58号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第59号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第62号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第63号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第64号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第65号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第66号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第67号 川内原発3号機増設に反対する陳情書


陳情第68号 川内原発3号機増設反対の陳情書


陳情第69号 川内原発3号機増設に反対することを求める陳情


陳情第72号 九州電力の川内原発3号機増設についての住民投票実施を求める陳情


陳情第73号 九州電力の川内原発3号機増設反対を求める陳情


陳情第74号 薩摩川内市議会の原子力発電所対策調査特別委員会における川内原発3号機増設に関する陳情の審議に際して参考人招致及び公聴会の開催を求める陳情


陳情第76号 九州電力の川内原発3号機増設反対を求める陳情


陳情第77号 川内原発3号機増設反対の陳情書


陳情第78号 川内原子力発電所3号機増設に関する陳情書


陳情第80号 川内原発3号機増設の是非を問う住民投票実施及び薩摩川内市内全小・中学校において説明会を開くことを求める陳情


陳情第81号 川内原発3号機増設に関する陳情書


陳情第83号 原子力発電所周辺における住民の健康調査と植物による疫学調査の実施を求める陳情書


陳情第85号 川内原発3号機増設に関する陳情


陳情第86号 九州電力が計画している川内原子力発電所3号機の増設に反対する決議を求める陳情


産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会
陳情第88号の2 湧水町における産業廃棄物処分場建設計画及び川永野地区における産業廃棄物管理型最終処分場建設計画に関する陳情


理由
 審査を終了するに至らなかった。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第56、閉会中における議会運営委員会の審査方針について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第56、閉会中における議会運営委員会の審査方針について、お諮りします。

 閉会中における議会運営委員会の審査方針について、委員長からお手元に配付のとおり報告がなされております。

 これを報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、閉会中における議会運営委員会の審査方針は、報告のとおり了承されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における議会運営委員会の審査方針


審査方針


1 次期定例会等の会期及び付議される案件等について
2 議会運営に関する議長の諮問事項等について



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第57、閉会中における各特別委員会の審査方針について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第57、閉会中における各特別委員会の審査方針について、お諮りします。

 閉会中における各特別委員会の審査方針について、それぞれの委員長からお手元に配付のとおり報告がなされております。

 これを報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、閉会中における各特別委員会の審査方針は、報告のとおり了承されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における各特別委員会の審査方針



委員会名
審査方針


原子力発電所対策調査特別委員会
川内原子力発電所の安全対策及び関連する諸問題について


産業廃棄物管理型最終処分場対策調査特別委員会
公共関与による産業廃棄物管理型最終処分場に関連する諸問題について


交通体系整備対策調査特別委員会
道路・交通ネットワーク及び港湾の整備に関連する諸問題について


河川改修対策調査特別委員会
川内川及び中小河川の改修事業に関連する諸問題について


議会改革特別委員会
議会改革に関連する諸問題について



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第58、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査について



○議長(岩下早人君) 次は、日程第58、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査について、お諮りします。

 本件については、それぞれの委員長からお手元に配付のとおり申し出がなされております。

 これを申し出のとおり了承することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岩下早人君) 御異議なしと認めます。

 よって、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査については、申し出のとおり決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査申出書



委員会名
調査事項


総務文教委員会
1 教育行政について
2 消防・防災行政について


企画経済委員会
1 観光振興について
2 商業振興について
3 企業・工業の振興について


市民福祉委員会
1 住民窓口について
2 地域医療について
3 環境保全について
4 国保介護について
5 健康福祉について
6 子育て支援について


建設水道委員会
1 土地区画整理事業について
2 道路橋梁整備について
3 公営住宅管理について
4 都市計画事業について
5 上下水道事業について


理由
 市政の基本的施策探求のため、調査を要する。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(岩下早人君) 以上で日程のすべてを議了しました。

 ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

   [市長岩切秀雄君登壇]



◎市長(岩切秀雄君) 平成21年第4回市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会におきましては、去る9月1日から本日までの29日間にわたり御審議を賜りましたが、終始熱心にかつ慎重な御審議をいただき、補正予算を初め、提案いたしました議案のすべてにつきまして原案どおり可決並びに御同意をいただき、誠にありがとうございました。

 本会議並びに各常任委員会において賜りました御意見や御指摘につきましては、今後の市政執行に当たり十分検討の上、誠心誠意対処して参る所存であります。

 また、決算の認定関係議案につきましては、平成20年度決算審査特別委員会を設置され、先ほど議長から報告がありましたとおり、新原春二委員長、井上勝博副委員長を選任され、御審議いただくこととなりました。何とぞよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、国政においては、去る16日に鳩山新政権が誕生し、15年ぶりの政権交代がなされましたが、その中で、鹿児島3区選出の松下忠洋衆議院議員が経済産業副大臣に就任されました。経済産業省は企業立地の促進、中小企業対策、商店街活性化のほか、電力政策、原子力安全施策などを所管しており、本市にとっては誠に時宜を得た人事であったと考えております。松下副大臣の御活躍を御期待したいと思います。

 一方、補正予算や来年度予算概算要求の見直しなどの動きが日々新聞等で報じられているところであり、今後、職員と総力を挙げて、いち早く情報収集を図り、国政の変化に乗り遅れないよう対処して参りたいと存じます。

 ところで、先週20日から23日まで、大韓民国慶尚南道昌寧郡の林興榮企画監査室長を初めとする来日団12名が来川され、410年祭の盛り上がりを見せる川内大綱引への参加のほか、市内要衝を調査され、大変友好的で積極的な交流のうちに4日間の日程を終えられました。

 初日のあいさつでも述べましたとおり、昌寧郡との交流につきましては、議会の御意見も賜りながら、引き続き研究して参りたいと存じます。

 さて、平成16年10月12日に平成の大合併の鹿児島県内第1号として本市が誕生し、はや5年となります。今年度になりましてから、各種の冠事業を開催して参りましたが、10月2日には、合併時の申し合わせ事項でありました本市第1回の市民表彰式を、また、10月10日には、市制施行5周年記念式典を挙行いたします。この式典では、本市の誕生以来、各方面で御活躍いただいた市政功労者の皆様方への感謝状贈呈、並びに市民歌の御披露等を計画いたしているところでございます。

 議員各位の御臨席を賜りますようよろしくお願いいたします。

 最後に、私が市長に就任いたしましてから年4回の定例会が一巡することになりましたが、百年に一度の世界的経済危機の発生、歴史的政権交代など、内外の荒波に翻弄されながら、これまで何とか市民の生活を守り、必要な施策を講じることができましたのも、ひとえに議員各位の御理解と御協力、市民の皆様の御支援の賜物と存じ、衷心より感謝を申し上げる次第であります。

 今後も引き続き、「みんなのふるさと 躍動薩摩川内」の実現に向けて全力を注いで参ります。

 寒暖の差が厳しい時期となりました。皆様方におかれましては、健康に留意の上、御活躍くださいますよう御祈念申し上げ、甚だ簡単ではありますが、閉会のあいさつとさせていただきます。

 長期間大変御苦労さまでございました。大変ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(岩下早人君) これで、平成21年第4回薩摩川内市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでした。

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           午後1時16分閉会

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜

地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

   薩摩川内市議会議長   岩下早人

   薩摩川内市議会議員   佃 昌樹

   薩摩川内市議会議員   森永靖子

   薩摩川内市議会議員   井上勝博