議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 薩摩川内市

平成14年  3月 定例会(第1回) 03月25日−04号




平成14年  3月 定例会(第1回) − 03月25日−04号







平成14年  3月 定例会(第1回)



   平成14年第1回川内市議会会議録(第4日目)

               開議日時 平成14年3月25日 午前10時

               開議場所 川内市議会議事堂

◯出席議員(28人)

    1番  山之内 勝君     15番  小牧勝一郎君

    2番  佃 昌樹君      16番  小辻富義君

    3番  今塩屋裕一君     17番  上薗幸近君

    4番  宮里兼実君      18番  川野勲雄君

    5番  好士崎 勝君     19番  宮内澄雄君

    6番  乙須紀文君      20番  橋口博文君

    7番  笠毛通夫君      21番  川畑善照君

    8番  新原春二君      22番  杉薗道朗君

    9番  森永靖子君      23番  柏木謙一君

   10番  石野田 浩君     24番  岩下早人君

   11番  寺脇幸一君      25番  上村征四君

   12番  福田俊一郎君     26番  木元高尚君

   13番  堀之内盛良君     27番  今別府哲矢君

   14番  池脇重夫君      28番  原口博文君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

  市長       森 卓朗君   建設部長     新 武博君

  助役       岩切秀雄君   財政課長     ?田時久君

  助役       梅田和男君   教育委員会

  収入役      若松隆久君   教育長      石塚勝郎君

  総務部長     桑原道男君   教育部長     坂元俊二郎君

  企画経済部長   伊豫田輝雄君  水道局

  保健福祉部長   平 敏孝君   局長       児玉廣昭君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

  事務局長     福谷安郎君   議事係長     砂岳隆一君

                   議事係主査    小田原勇次郎君

  次長       山之内辰郎君  議事係主事    白江 剛君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 第1、議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算(企画経済、保健福祉、建設水道、総務文教各委員会報告)

 第2、議案第17号 川内市敬老金条例の一部を改正する条例の制定について(保健福祉委員会報告)

 第3、議案第18号 川内市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第4、議案第25号 平成14年度川内市交通災害共済事業特別会計予算(〃)

 第5、議案第26号 平成14年度川内市国民健康保険事業特別会計予算(〃)

 第6、議案第27号 平成14年度川内市老人保健医療事業特別会計予算(〃)

 第7、議案第32号 平成14年度川内市介護保険事業特別会計予算(〃)

 第8、議案第19号 住居表示を実施する市街地の区域及び住居表示の方法を定めるについて(建設水道委員会報告)

 第9、議案第20号 鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事委託に関する基本協定の締結について(〃)

 第10、議案第24号 平成14年度川内市簡易水道事業特別会計予算(〃)

 第11、議案第28号 平成14年度川内市公共下水道事業特別会計予算(〃)

 第12、議案第29号 平成14年度川内市公共用地先行取得等事業特別会計予算(〃)

 第13、議案第30号 平成14年度川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計予算(〃)

 第14、議案第31号 平成14年度川内市農業集落排水事業特別会計予算(〃)

 第15、議案第33号 平成14年度川内市土地区画整理事業清算事務特別会計予算(〃)

 第16、議案第34号 平成14年度川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計予算(〃)

 第17、議案第35号 平成14年度川内市水道事業会計予算(〃)

 第18、議案第11号 川内市特別職の職員の給与に関する条例及び教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務文教委員会報告)

 第19、議案第12号 川内市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第20、議案第13号 川内市国際交流センターの設置及び管理に関する条例及び川内市産業振興センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第21、議案第14号 預金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について(〃)

 第22、議案第15号 川内市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第23、議案第16号 財政調整基金の費消について(〃)

 第24、議案第21号 川内市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について(〃)

 第25、議案第22号 川内市特別奨学基金条例の一部を改正する条例の制定について(〃)

 第26、議案第36号 川内まごころ文学館新築(建築本体)工事請負契約の締結について(〃)

 第27、報告第1号 川内市土地開発公社の平成13年度事業計画の変更に関する書類(市長提出)

 第28、報告第2号 川内市土地開発公社の平成14年度事業計画に関する書類(〃)

 第29、議案第37号 人権擁護委員候補者の推薦について(〃)

 第30、議案第38号 平成13年度川内市一般会計補正予算(〃)

 第31、発議第1号 食品の安全性確保を求める意見書の提出について(議員提出)

 第32、特別委員会の設置について

 第33、閉会中における議会運営委員会の審査方針について

 第34、閉会中における各特別委員会の審査方針について

 第35、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時1分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△開議



○議長(原口博文君) おはようございます。

 ただいま出席議員28名でありまして、全員出席であります。

 これより、去る5日の会議に引き続き本日の会議を開きます。

 本日の会議は、お手元に配付しております議事日程によって進めます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の訂正



○議長(原口博文君) ここで、議案の訂正についてお諮りいたします。

 市長から、お手元に配付のとおり議案の訂正について申し出がありましたので、これを申し出のとおり許可することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、議案の訂正については申し出のとおり許可することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1、議案第23号−日程第26、議案第36号



○議長(原口博文君) まず、日程第1、議案第23号から日程第26、議案第36号までの議案26件を、会議規則第35条の規定に基づき一括議題といたします。

 ここで、議事の進め方についてお諮りいたします。

 これから各常任委員会に付託してありました上程の議案について、各委員長の報告を求めたいと思います。

 なお、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算につきましては、各常任委員会に分割付託してありましたので、各委員長の報告を受け、質疑の後、審議を一時中止して、最後に一括、討論・採決を行うこととし、その他の議案につきましては、上程の一般会計予算に関連の議案もありますが、各委員長報告の都度、質疑、討論、採決をしていくことで議事を進めたいと思いますが、御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 そのように議事を進めます。

 まず、企画経済委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

 [企画経済委員長杉薗道朗君登壇]



◆企画経済委員長(杉薗道朗君) おはようございます。

 企画経済委員会に付託してありました付託事件等審査結果の報告をいたします。

 1、付託事件。

 議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算。

 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算」歳出中2款総務費1項総務管理費2目秘書広報費、6目企画費、7目情報管理費、8目国際交流費、18目東京事務所費及び21目集会所管理費並びに5項統計調査費、5款労働費(2項労働諸費1目労働諸費のうち福祉課分を除く。)、6款農林水産業費(3項農業土木費を除く。)、7款商工費、8款土木費5項都市計画費5目公園緑地費のうち農林水産課分、9款消防費1項消防費5目災害対策費のうち秘書広報課及び農林水産課分、11款災害復旧費1項農林水産施設災害復旧費2目現年公共林道災害復旧費及び4目現年単独林道災害復旧費。

 2、委員会の開催日。

 3月7日、8日(2日間)。

 3、審査結果。

 議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めました。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は、次のとおりであります。

 ア、本市の財政状況等を勘案し、東京事務所の存廃については、財産の活用策も含めて更に検討されたい。

 イ、導入された例規システム等の運用が、費用の軽減とあわせて導入効果が上がるよう職員に周知徹底されたい。

 ウ、男女共同参画社会の実現を図るため、少子化対策や青少年育成等の社会教育活動も含めた全市的取り組みに努められたい。

 エ、らくらくインターネット塾の成果が生かされるよう、生涯学習での講座開講のほか受講された市民等への継続的な指導を実施されたい。

 オ、スポーツ合宿誘致等本市のイベント誘致事業が、今回の組織改革で後退することがないよう関係課が連携し、これまで以上の誘致活動を展開されたい。

 カ、均一運賃バスの運行開始にあわせて、バス利用者を含め街なかが市民の憩いの場となるよう、街愛サロンの活用策やポケットパークの利用等魅力あるまちづくりに取り組まれたい。

 キ、海の道づくり事業においては、クレーン等の港湾施設の充実が図られ、諸外国との定期航路が実現するよう今後も精力的にポートセールスを実施し、事業を推進されたい。

 ク、新規就農者に対しては、経済支援とともに農地の流動化に基づく集積を行い、耕作地の斡旋等を図るとともに、農業研修の場としての農業管理センターを早期に着手されたい。

 ケ、流通飼料対策事業が地産地消にもつながるよう、製品化された飼料が地元畜産農家へも供給されるよう販路を検討されたい。

 コ、放流事業の成果を上げるよう、国・県の事業を取り入れた海洋センターの建設はできないか研究されたい。

 サ、農林水産業に係る補助金が事業の成果、補助団体の育成につながるよう十分精査するとともに、本市が主体的となって事業に取り組まれたい。

 シ、特産野菜として産地形成を目指しているレイシ栽培については、栽培面積の拡大を図るとともに農家の経営安定のため加工製品の研究にも努められたい。

 ス、特産品の開発を含め、隣接自治体と情報交換等のための協議会を設置し、農林水産業の広域化を推進されたい。

 以上で報告を終わります。



○議長(原口博文君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 それでは、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算のうち企画経済委員会付託分について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論・採決を一時中止いたします。

 次は、保健福祉委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

 [保健福祉委員長川畑善照君登壇]



◆保健福祉委員長(川畑善照君) 保健福祉委員会に付託されました事件等審査結果の報告をいたします。

 1、付託事件。

 (1)議案第17号 川内市敬老金条例の一部を改正する条例の制定について。

 (2)議案第18号 川内市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について。

 (3)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算。

 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算」歳出中2款総務費1項総務管理費13目市民相談交通防犯費、3款民生費(1項社会福祉費4目国民年金費を除く。)、4款衛生費(2項清掃費5目地域下水処理費のうち永利地域下水処理施設管理費及び3項水道費を除く。)、5款労働費2項労働諸費1目労働諸費のうち福祉課分、9款消防費1項消防費5目災害対策費のうち生活環境課分。

 (4)議案第25号 平成14年度川内市交通災害共済事業特別会計予算。

 (5)議案第26号 平成14年度川内市国民健康保険事業特別会計予算。

 (6)議案第27号 平成14年度川内市老人保健医療事業特別会計予算。

 (7)議案第32号 平成14年度川内市介護保険事業特別会計予算。

 2、委員会の開催日。

 3月13日、14日(2日間)。

 3、審査結果。

 (1)議案第17号 川内市敬老金条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、本市が満80歳以上の高齢者に対し、その長寿を祝福して支給している敬老金の支給対象者及び支給金額を見直し、総合的福祉施策の増進を図ろうとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、高齢者に喜ばれる敬老金の名称及び支給のあり方について検討されたい旨の意見が述べられた。

 (2)議案第18号 川内市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、介護保険料の滞納に伴う延滞金について、端数処理等所要の整備をしようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、介護保険料の低所得者層への負担軽減策を検討されたい旨の意見が述べられた。

 (3)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりである。

 ア、生活保護の相談、調査等の事務量が増加しているので、その事務分掌のあり方を検討し、迅速な市民サービスに努められたい。

 イ、高齢者住宅改造事業の他市町村の状況を調査し、その導入を研究されたい。

 ウ、福祉タクシー料金助成事業を含め、助成を必要とする市民が手厚い福祉サービスを受けられる方策を研究されたい。

 エ、高齢者世話付援助員派遣委託事業については、関係課との連携を十分図り進められたい。

 オ、関係機関と連携を図り、幼児や児童への虐待の実態把握に努められたい。

 カ、更生保護施設の入寮者の実態把握に努められたい。

 キ、財政健全化計画による保育所の管理運営のあり方については、早期に明確な方向性を示されたい。

 ク、現在、休診している診療所の管理のあり方について検討されたい。

 ケ、一般家庭の廃食用油の再資源化の方向性について研究されたい。

 コ、交通安全いきいきスクールの実施に当たっては、老人クラブを初め広く高齢者が参加できる開催のあり方を検討されたい。

 サ、公民会を初め市民へのエコバッグの広報、普及に努められたい。

 シ、廃プラスチックの分別収集が検討されているが、分別品目が増加するので、ごみの分別、再資源化の広報、啓発に努められたい。

 (4)議案第25号 平成14年度川内市交通災害共済事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (5)議案第26号 平成14年度川内市国民健康保険事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりである。

 ア、健康管理施策の充実による療養給付費等医療費の増加抑制を図るなど、長期見通しに立った今後の財政健全化策を検討されたい。

 イ、納税相談体制を充実し、収納率向上に努められたい。

 (6)議案第27号 平成14年度川内市老人保健医療事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、高齢者の健康管理施策の推進に努められたい旨の意見が述べられた。

 (7)議案第32号 平成14年度川内市介護保険事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、財政安定化基金貸付金の借入れが続く状況から、長期見通しに立った今後の財政運営のあり方を検討されたい旨の意見が述べられた。

 以上で報告を終わります。



○議長(原口博文君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第17号川内市敬老金条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表して、議案第17号川内市敬老金条例の一部を改正する条例の制定について、反対の討論を行います。

 これまで80歳以上のお年寄りおよそ3,000人に支給されていたのが、今回の提案によりますとおよそ300人、金額にして2,500万円の支給が900万円となり、2,700名もの切り捨て、1,600万円の減額であります。

 この年代の方々は、青春を戦争で奪われ、かつ戦後日本の復興のために尽くされてきた年代の方々です。今、お年寄りは裕福だという一方的な論理が蔓延し、医療の分野でもお年寄りの医療費の値上げが相次いでいますが、多くのお年寄りはいわゆる低額所得者です。5,000円の敬老金で孫に何か買ってあげて喜ぶ顔が見たい、これが多くのお年寄りの喜びではないでしょうか。財政健全化計画の犠牲にすることは到底許されるものでありません。

 以上で、反対の討論といたします。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第18号川内市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算のうち保健福祉委員会付託分について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論、採決を一時中止いたします。

 次は、議案第25号平成14年度川内市交通災害共済事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第26号平成14年度川内市国民健康保険事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表いたしまして、議案第26号平成14年度川内市国民健康保険事業特別会計予算に反対の討論を行います。

 1997年、平成9年より短期保険証が発行され、昨年11月には資格証明書が125世帯に発行されました。資格証明書は、病院に行っても全額自己負担しなければなりません。保険料さえ払えない人に医療費全額を払うことなど不可能なことであり、まさにお金の切れ目が命の切れ目となりかねません。払える条件があるのに払わない悪質な滞納者もいるかもしれませんが、その多くは収入がなくなり、払いたくても払えない人たちです。

 国民健康保険は、本来、国の責任で医療を国民に保障する社会保障制度の一つです。政府与党による医療制度の連続改悪の中、国保に対しても制度改革を繰り返してきました。今こそ国の悪政から住民の健康を守る防波堤の役割こそが地方自治体に求められています。あらゆる知恵を尽くして市民の健康を守るように求め、反対の討論といたします。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第27号平成14年度川内市老人保健医療事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第32号平成14年度川内市介護保険事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表して、議案第32号平成14年度川内市介護保険事業特別会計予算に反対の討論を行います。

 介護保険制度が始まり2年が経過しようとしています。我が党は、この制度が始まる前から制度の矛盾や欠陥を繰り返し指摘してまいりました。所得に関係なくすべての方から利用料を10%徴収する問題、また保険料に至っては、生活保護基準を大幅に下回る月額1万5,000円以上の老齢年金受給者からも年金天引きするなど、さらに保険料の段階決定に世帯の課税状況が考慮されているため、年金額の少ない人が多い人よりたくさん払うという矛盾も生じています。来年度より所得税非課税世帯の同サービス利用者の自己負担軽減措置を行うと施政方針で述べられ、一定の改善が始まりますが、低所得者のお年寄りの願いから見れば、根本的な解決からはほど遠いものです。さらなる改善を求め、反対討論といたします。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、建設水道委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

 [建設水道委員長宮内澄雄君登壇]



◆建設水道委員長(宮内澄雄君) 建設水道委員会に付託されていました事件等の審査結果について御報告いたします。

 1、付託事件。

 (1)議案第19号 住居表示を実施する市街地の区域及び住居表示の方法を定めるについて。

 (2)議案第20号 鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事委託に関する基本協定の締結について。

 (3)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算。

 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予算」歳出中2款総務費1項総務管理費15目地籍調査費、4款衛生費2項清掃費5目地域下水処理費のうち永利地域下水処理施設管理費、6款農林水産業費3項農業土木費、8款土木費(5項都市計画費5目公園緑地費のうち農林水産課及び文化課分を除く。)、9款消防費1項消防費5目災害対策費のうち土木課及び耕地課分、11款災害復旧費1項農林水産施設災害復旧費1目現年公共耕地災害復旧費及び3目現年単独耕地災害復旧費、2項土木施設災害復旧費並びに4項その他公用・公共施設災害復旧費1目現年公用・公共施設災害復旧費のうち都市計画課分。

 (4)議案第24号 平成14年度川内市簡易水道事業特別会計予算。

 (5)議案第28号 平成14年度川内市公共下水道事業特別会計予算。

 (6)議案第29号 平成14年度川内市公共用地先行取得等事業特別会計予算。

 (7)議案第30号 平成14年度川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計予算。

 (8)議案第31号 平成14年度川内市農業集落排水事業特別会計予算。

 (9)議案第33号 平成14年度川内市土地区画整理事業清算事務特別会計予算。

 (10)議案第34号 平成14年度川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計予算。

 (11)議案第35号 平成14年度川内市水道事業会計予算。

 2、委員会の開催日。

 3月11日、12日(2日間)。

 3、審査結果。

 (1)議案第19号 住居表示を実施する市街地の区域及び住居表示の方法を定めるについて。

 本案は、本市中郷二丁目について住居表示を実施しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (2)議案第20号 鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事委託に関する基本協定の締結について。

 本案は、本市が施行する鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事について、12億8,000万円で九州旅客鉄道株式会社と工事委託に関する基本協定を締結しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、工事発注等においては、できるだけ地元業者を利活用するよう要望されたい旨の意見が述べられた。

 (3)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算のうち本委員会付託分。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりであります。

 ア、筆界未定による民間同士の係争中の案件については、解決のためにできる限りの協力をされたい。

 イ、国分寺地区の地籍調査を行うに当たっては、発掘が予想される文化財の処置について専門家の意見を十分取り入れて実施されたい。

 ウ、川薩地区広域営農団地農道が少しでも早く全線開通できるよう、市としても努力されたい。

 エ、道路整備における測量設計等は、技術向上のためできる限り職員で対応し、業務委託は最小限にとどめられたい。

 オ、川内港の第10次港湾整備計画に本市の意見を反映できるよう、県に対し働きかけられたい。

 カ、総合運動公園の整備事業を行うに当たっては、屋内練習場、温水プールの設置等、今後の長期的計画を検討されたい。

 キ、都市計画マスタープランについての基本的な考え方を早い時期に示されたい。

 ク、川内駅周辺の整備については、川内観光協会側の用地まで買収し拡張する方向を検討されたい。

 (4)議案第24号 平成14年度川内市簡易水道事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、西方簡易水道の工事に当たっては、地域住民の通行に支障を来さぬよう、業者が廃土処理について地元民と十分協議を行うよう指導されたい旨の意見が述べられました。

 (5)議案第28号 平成14年度川内市公共下水道事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (6)議案第29号 平成14年度川内市公共用地先行取得等事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (7)議案第30号 平成14年度川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (8)議案第31号 平成14年度川内市農業集落排水事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (9)議案第33号 平成14年度川内市土地区画整理事業清算事務特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (10)議案第34号 平成14年度川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (11)議案第35号 平成14年度川内市水道事業会計予算。

 本案は、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 以上で終わります。



○議長(原口博文君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第19号住居表示を実施する市街地の区域及び住居表示の方法を定めるについて御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第20号鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事委託に関する基本協定の締結について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表して、議案第20号鹿児島本線川内駅東西自由通路新設工事委託に関する基本協定の締結について反対の討論を行います。

 国及び地方自治体の財政危機は深刻な状況で、川内市も例外ではありません。本来、この自由通路は、新幹線の開通に伴う施設であり、JRがすべての責任において設置すべきものです。地方自治体が国や公団等に対して寄附をすることは、地方財政再建促進特別措置法第24条で禁止されています。JRについても、この法の趣旨に準じた運用を行うことになっています。鉄道線路を挟み、まちが分断されているため自由通路を建設し、列車を利用しない市民も自由に利用できるという利便性の向上になるとはいえ、JRはこの通路の設置に伴い営業上の利益を生むわけです。厳しい財政の中で、国鉄時代にもなかった形で鉄道事業設備にかかわる費用を負担することに反対いたします。

 以上です。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算のうち建設水道委員会付託分について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 よって、質疑を打ち切り、討論、採決を一時中止いたします。

 次は、議案第24号平成14年度川内市簡易水道事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第28号平成14年度川内市公共下水道事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第29号平成14年度川内市公共用地先行取得等事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第30号平成14年度川内市天辰第一地区土地区画整理事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第31号平成14年度川内市農業集落排水事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第33号平成14年度川内市土地区画整理事業清算事務特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第34号平成14年度川内市川内駅周辺地区土地区画整理事業特別会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第35号平成14年度川内市水道事業会計予算について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、総務文教委員会に付託してありました案件について、委員長の報告を求めます。

 [総務文教委員長池脇重夫君登壇]



◆総務文教委員長(池脇重夫君) それでは、総務文教委員会に付託されておりました付託事件等審査結果について報告いたします。

 1、付託事件。

 (1)議案第11号 川内市特別職の職員の給与に関する条例及び教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

 (2)議案第12号 川内市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例の制定について。

 (3)議案第13号 川内市国際交流センターの設置及び管理に関する条例及び川内市産業振興センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

 (4)議案第14号 預金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について。

 (5)議案第15号 川内市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について。

 (6)議案第16号 財政調整基金の費消について。

 (7)議案第21号 川内市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について。

 (8)議案第22号 川内市特別奨学基金条例の一部を改正する条例の制定について。

 (9)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算。

 第1条第1項及び第2項の「第1表 歳入歳出予算」のうち歳入全款、歳出中1款議会費、2款総務費(1項総務管理費2目秘書広報費、6目企画費、7目情報管理費、8目国際交流費、13目市民相談交通防犯費、15目地籍調査費、18目東京事務所費及び21目集会所管理費並びに5項統計調査費を除く。)、3款民生費1項社会福祉費4目国民年金費、4款衛生費3項水道費、8款土木費5項都市計画費5目公園緑地費のうち文化課分、9款消防費(1項消防費5目災害対策費のうち秘書広報課、農林水産課、生活環境課、土木課及び耕地課分を除く。)、10款教育費、11款災害復旧費3項文教施設災害復旧費並びに4項その他公用・公共施設災害復旧費のうち財政課及び教育総務課分、12款公債費、13款諸支出金、14款予備費。

 第2条(継続費)。

 第3条(債務負担行為)。

 第4条(地方債)。

 第5条(一時借入金)。

 第6条(歳出予算の流用)。

 (10)議案第36号 川内まごころ文学館新築(建築本体)工事請負契約の締結について。

 2、委員会の開催日。

 3月15日、18日(2日間)。

 3、審査結果。

 (1)議案第11号 川内市特別職の職員の給与に関する条例及び教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、本市の厳しい財政状況及び諸般の事情を考慮して、市長、助役、収入役及び教育長の給料月額を減額するため、所要の規定整備を図ろうとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程で、厳しい経済状況の中で一般職の給与水準について市民の批判を招かないよう、労働対価に値する仕事の遂行に努力されたいとの意見が述べられた。

 (2)議案第12号 川内市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律及び育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、本市においてもこれに準じて育児休業の対象となる子の年齢の引き上げ等に伴う措置、育児又は介護を行う職員の時間外労働の制限及び介護休暇の取得期間の延長等、所要の規定整備を図ろうとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程で、男女共同参画社会の実現のために、男性職員も介護休暇を取れる環境を醸成されたいとの意見が述べられた。

 (3)議案第13号 川内市国際交流センターの設置及び管理に関する条例及び川内市産業振興センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、川内市国際交流センター及び川内市産業振興センターについて、市民サービスの向上を図るとともに、経費の削減及び効率的運営に資するため、その管理を財団法人川内市民まちづくり公社に委託しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程で、まちづくり公社への管理委託により国際交流事業の推進が後退しないよう連携を密にし、一体的に取り組まれたいとの意見が述べられた。

 (4)議案第14号 預金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について。

 本案は、預金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、本市基金における公金預金の保全を図るため関係条例の整備を行おうとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (5)議案第15号 川内市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、公用もしくは公共用に供する土地又は特に行政上取得を必要とする土地について、あらかじめ取得することにより事業の円滑な執行を図るため川内市土地開発基金を設置しているが、同基金の目的を一部達成したので、その基金の額を減額しようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (6)議案第16号 財政調整基金の費消について。

 本案は、平成14年度一般会計予算において、歳出に充てる財源が不足するため、川内市財政調整基金条例第2条第3号の規定に基づき財政調整基金の一部を費消しようとするものであり、討論、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、財政健全化計画で定めた財政調整基金の残高目標を達成できるよう努力されたいとの意見が述べられた。

 (7)議案第21号 川内市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について。

 本案は、地方交付税法等の一部を改正する法律による公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する法律の一部改正に伴い、川内市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務上の災害に対する補償の範囲、金額及び支給方法その他補償に関し必要な事項を定めようとするものであり、原案のとおり可決すべきものと認めた。

 (8)議案第22号 川内市特別奨学基金条例の一部を改正する条例の制定について。

 本案は、本市が有用な人材の育成に資するため設置し、及び管理している特別奨学基金について、同基金の運用から生じる利子収益金が減少したため、当該基金の額を変更しようとするものであり、討論、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、奨学金原資の寄附者の意思を尊重しつつ、低金利下における特別奨学基金の運用のあり方を再検討されたいとの意見が述べられた。

 (9)議案第23号 平成14年度川内市一般会計予算のうち本委員会付託分。

 本案は、討論、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において述べられた意見・要望の概要は次のとおりである。

 ア、教育用コンピュータへの投資が教育効果として表れるよう、ソフトの利活用や指導力の向上に努力されたい。

 イ、報償費から支給しているスクールカウンセラー等への謝金について、身分や勤務形態を考慮し、報酬や賃金で支給できないか検討されたい。

 ウ、大規模改修事業などの教育環境整備は先行投資であり、厳しい財政状況下においても年次的に予算を確保するよう努力されたい。

 エ、英語指導助手の増員を図るとともに、鹿児島純心女子大学や留学生等と連携し、英語教育を積極的に推進されたい。

 オ、学校週5日制により学力低下や非行が増えないよう取り組みを強化されるとともに、保護者の勤務等で対応できない家庭の児童への対策を検討されたい。

 カ、教師も地域の活動に積極的に参加し、学校週5日制による児童の地域での受け入れを支援されたい。

 キ、定期バスによる通学バス運行に係る協議会を設け、バス会社との連携に遺漏のないよう努められたい。

 ク、入学式や卒業式での市長祝電の披露の仕方や来賓の座席等について再検討されたい。

 ケ、校区生きがいづくり事業への補助の終了後も、継続して事業が行われ効果が上がるよう取り組まれたい。

 コ、市立図書館の図書購入のあり方を検討するとともに、閉架書庫にある書籍の展示方法を検討されたい。

 サ、まごころ文学館の展示と連携して、郷土に関わる芸術家たちの市内におけるゆかりの地をたどれる方策を検討されたい。

 シ、民間による薩摩街道に関する取り組みを側面から支援できる体制を検討されたい。

 ス、総合運動公園の駐車場が適正に使用されるよう対処されたい。

 セ、総合運動公園の維持管理費をできるだけ抑えるとともに、市民スポーツ課と市民まちづくり公社が連携し、一層の利活用策に取り組まれたい。

 ソ、時代に応じた少年自然の家のあり方について検討し、年間を通じて活用される方策を研究されたい。

 タ、ペイオフ解禁に伴い金融機関の経営財務分析を慎重かつ的確に行うとともに、中期国債等での債券運用は経済情勢に十分注意し運用されたい。

 チ、市税滞納者の職場を訪問し接触する機会をさらに増やすなど、滞納額を減らす取り組みを強化されたい。

 ツ、最少経費で最大効果を上げるための職員定数のあり方や長期財政見通し、事務事業の課題など、行政改革大綱の総括を行い見直しに取り組まれたい。

 テ、行政の効率的な執行や職員の意識改革を図り、限られた予算の付加価値をより高める努力をされたい。

 ト、機構改革による組織見直しで事務執行が円滑にいくよう努力されたい。

 ナ、財政健全化の一環として、水道事業会計への出資金を水道事業の剰余金の中から年次的に一般会計へ償還できないか検討されたい。

 ニ、使用済核燃料への法定外普通税創設の展望が開けるよう全力で取り組まれたい。

 (10)議案第36号 川内まごころ文学館新築(建築本体)工事請負契約の締結について。

 本案は、本市が施行する川内まごころ文学館新築(建築本体)工事について、植村・太陽特定建設工事共同企業体と3億7,905万円で工事請負契約を締結しようとするものであり、討論、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決すべきものと認めた。

 なお、審査の過程において、次のとおり意見・要望が述べられた。

 ア、企画展示等の方法を工夫して、来館者が一過性とならないよう努力されたい。

 イ、施設の管理運営費用が一方的にかさまないよう収支バランスのとれた運営に配慮されたい。

 以上であります。



○議長(原口博文君) ただいま委員長の報告がありましたが、これより質疑に入ります。

 まず、議案第11号川内市特別職の職員の給与に関する条例及び教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 木元高尚君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [26番木元高尚君登壇]



◆26番(木元高尚君) 私は、市民新党せんだいの一人会派木元でございます。

 議案第23号平成14年度川内市一般会計予算について反対討論をいたしますが、その反対討論の内容は、同予算の中の一部である長期発展対策交付金の使途、つまり割り振りの内容について反対するものであります。

 そこで、……。



○議長(原口博文君) 協議会に切りかえます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前11時3分協議会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前11時4分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 本会議に返します。



◆26番(木元高尚君) 大変失礼いたしました。

 議案第11号に反対討論をいたします。

 さて、私、年輪を重ね、老いの日々に緩やかならんと欲すれど、政治に携わる者のさがか宿命か、せっかくの市長提案の11号議案に反対せねばなりません。

 たまたまこの原稿を書いていますところに、旧知で、古い知り合いで私の支持者である後輩が参りまして、「あの木元議員は共産党じゃないと思うが、旧社会党系の左派だったけっ。」と市の職員が尋ねたというのです。その上、「木元議員に何回か票も投じたことがあるが、市の職員の待遇などについていつも厳しい発言が多いので、余りそのような発言は控えた方がいいですよ。」と言うのです。まさに政治をより正しく、より理想的にしようとする者の悩みであります。

 そこで、それらの木元思いの忠告はありがたいのでありますが、それらにくじけたらいわゆるオポチュニストになり、そのように日和見的議員になっては、政治一直線の木元高尚の真価を発揮できませんので、はっきりと反対の理由を申し上げます。

 私は、この今回の11号議案の提案の意味はよくわかっています。現在のまれにみる不況の嵐を肌で感じ、市の財政の給料などからの端数だとは思いますが、せっかくの御好意に市特別職5名の方の給与カットで百五、六十万円の額が浮いたところでどうなるものでしょうか。単なるパフォーマンスと万一市民に受けとめられたら、せっかくの御好意が逆になります。

 そこで、議案11号の計画を遂行されるのであれば、私たち議員28名も同調し、市職員600名も腹を決めて思い切って1割カットでも実現して、約5億円相当の額を生み出して、いろいろな救済の方法を考えたり市財政の立て直しなどへの方策を検討してみたら、今せっかく九電に新税の願いなど出しておる計画がありますが、こうした自らの節約をする態度などを見せたならば、受ける側の九電もまた受け答えが違うのじゃないでしょうか。同僚議員や市職員には嫌われるとは思いますが、以上述べましたような理由で、特別職に合わせて議員、職員も全部そのような話し合いの場を持った上でその決断をして実行するのであれば賛成しますが、特別職だけのこの議案は賛成しがたく反対する次第であります。

 最後に、人間辛抱すればどのようなことでもできます。私自身の体験から出る発言でありますので、大変きついことだと言わずにひとつ真剣に考えていただきたいのであります。

 以上で、11号の反対討論を終わります。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第12号川内市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第13号川内市国際交流センターの設置及び管理に関する条例及び川内市産業振興センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第14号預金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第15号川内市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第16号財政調整基金の費消について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表いたしまして、議案第16号財政調整基金の費消について反対の討論を行います。

 議案第16号の提案の理由として、平成14年度一般会計予算の歳出に充てる財源が不足するためとなっております。市長の施政方針では、「例年にない緊縮型の当初予算となっていますが、地域産業が停滞することのないよう公共事業等の普通建設事業にも多くの予算措置をしたところであります。」となっています。このことでも明らかなように、今回の費消の目的は、普通建設事業、これまでも多額の税金を投資してきた4大プロジェクトを中心とする事業の財源確保のためです。本来、財政健全化のための財政調整基金を無理や無駄の多い本市の大型公共事業の財源のために取り崩すことには反対であります。

 以上、討論を終わります。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第21号川内市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論の通告はありませんので、討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第22号川内市特別奨学基金条例の一部を改正する条例の制定について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 日本共産党を代表し、議案第22号川内市特別奨学基金条例の一部を改正する条例の制定について反対の討論を行います。

 長引く不況のもとで奨学基金の果たす役割もさらに大きくなっています。この特別奨学基金も平成12年度まで33年間、201人の方々が利用されています。基金の取崩しでなく一般会計からの補てんも含めさらに多くの方が利用できるように、また支給月額ももっと増やせるように拡充すべきであります。

 以上で、反対の討論といたします。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算のうち総務文教委員会付託分について御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 これで、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算についての質疑をすべて終えましたので、これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が3名、賛成討論が1名であります。

 なお、反対討論につきましては、通告順に行います。

 まず、川野勲雄君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [18番川野勲雄君登壇]



◆18番(川野勲雄君) 私は、本議会において私の思想、信条、人生観、歴史観に基づき、市民の側、弱者の側に立って議案第23号平成14年度川内市一般会計予算について、反対する立場に立って討論に参加いたします。

 市長の施政方針の中で、「最少の経費で最大の効果」というのがあります。私も全く同感であります。市長は、今、本市の行財政改革に鋭意取り組んでおられます。本市の財政については、かねてからいろいろ提言し意見を申し立てていますので、本日は多くは申しません。

 市長の市政に対する熱意、こうした努力にもかかわらず最近庁内に刺激的な文書が出回っています。市長は御存じですか。その中から一、二を拾い上げてみますと、いわく、「財政難だからといって、どうして若者の給料を減らさねばならないのか。」ということや、また「民間は社員寮があったり諸手当があるようだ。」というような文言主張でございます。職員が自らにその能力があり、民間の待遇がそれほどよいと思うなら、民間に職場をかえたらいいんです。つい最近もある一課の1人の嘱託を採用するのに、採用試験に17名も応募されております。今、就職難で民間は大変苦労しておるわけでございます。特に民間が疲弊し当市でも商店街が軒並みに店を閉じている現状の中で、市財政が苦しくても自らの給料だけは、これも特昇制度の見直しなんでございます。削減するなというのはいかがなものでございますか。これらの職員が自分の能力に応じてよりよい職場を求めていったら、7万4000人の中からこの市役所を希望する市民の方、「もう、もちょっと給料は安くてもいい、どうか雇ってくれ」というような方がたくさんおられます。そこで、市長がよく言われる「爾俸爾禄 民膏民脂、下民易虐 上天難欺」、この故事名言を市長は職員にも拳々服膺させるべきでございます。

 いま一つ、これは同僚の木元議員と打ち合わせたわけではございませんが、かねがね彼の主張を聞いておりますので、申し述べさしていただきます。

 いま一つ、原電立地特別交付金を人件費に充当させるのでなくて、かねがね木元高尚議員が提言している原電立地の高江方面にも市民生活に密着した市道、農道の改良維持に予算を配分されたらいかがですか。私は、木元議員の意見に賛成するものであります。たった一人賛成いたします。なぜならば、当市は、昭和31年高江村が合併してから旧高江村の豊富な財産を食いつぶしているからでございます。

 次に、先ほど反対討論がございました。五役のみならず管理職以下職員に至るまで給料の削減、人員の削減に取り組み、議会も自らの報酬を削減すべきであると考えます。

 よって、私の意見、提言がこの予算の中には盛り込まれておりませんので、以上をもって反対討論といたします。

 終わります。



○議長(原口博文君) 次に、小牧勝一郎君の委員長報告に賛成の討論を許します。

 [15番小牧勝一郎君登壇]



◆15番(小牧勝一郎君) 私は、新風会に所属する議員の一人として、これより議案第23号平成14年度川内市一般会計予算について賛成の討論を行います。

 平成14年度川内市一般会計予算につきましては、総額252億円の予算となっております。長引く不況が影響して、昨年度に比べ税収が5.5%減収となっており、また国の地方交付税や国庫支出金なども昨年度比24%余りの減となっております。市政担当者としては苦しい予算編成を余儀なくされております。そうした中、市三役並びに教育長は、自らの報酬を削ることによって経費節減の姿勢を示されたことや、他の経費等も見直すなど努力された跡が伺えます。ただ経費を節減するのみならず、高齢化社会に対応した歳出を計画されるなど、具体的には全市的なコミュニティバスの導入や川内まごころ文学館建設に着手されたり、また市町村合併の対応をにらんだ市町村合併対策課を設けられたり、市街地活性化や新幹線開通に向けたいろいろの事業を通して市民生活の向上や利便性の向上に取り組まれるなど、地方分権の時代にふさわしい簡素で効率的な行政システムを確立しようとする意欲が伺えます。

 よって、このように限られた予算を重点的かつ効率的な配分に配慮しつつ、緊縮型の中にも積極的な施策展開を図る予算となっているという理由で、私は、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算に賛成するものであります。

 以上であります。



○議長(原口博文君) 次に、木元高尚君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [26番木元高尚君登壇]



◆26番(木元高尚君) 先ほどはどうも失礼いたしました。

 私は、市民新党せんだいの一人会派木元高尚でございます。

 議案第23号平成14年度川内市一般会計予算について反対討論をいたしますが、その反対討論の内容は、同予算の中の一部である長期発展対策交付金の使途、つまりその割り振りの内容について反対するものであります。

 そこで、資源エネルギー庁編集の平成11年9月の「電源立地の概要、豊かな暮らしに向けて」、同じく平成12年3月の「電源地域の振興、電源三法活用事例集」、そして同じくもう一冊の平成13年7月の「電源立地制度の手引、地域の夢を大きく育てる」の以上3種類の冊子を比べて読み、さらにまた、この交付金交付規則の第2条第11項、第12項を読んでみても、それぞれの関係施設の整備及び維持運営という形容だけにとどまっております。人件費という活字が見当たりません。つまりそれぞれの施設の整備はわかりますが、その二番手に書いてある維持運営という字句の形容の中に事務的技術とでもいいましょうか、ぼかしたあいまいさで職員の給与に使ってもいいような維持運営という点に私の政治感覚が許さないのであります。

 市職員の給与は、何と言ってもまず第一義的に義務的経費でありますので、何はさておき税収をもって充てるのが市財政の基本中の基本であります。それをたまたま原子力発電所設置により交付されることになった長期発展対策交付金を、初めのころの平成9年、10年度は、地域発展のための市道2路線整備に2億5,800万円を使い、また川内プール、春田川、寺山公民館増設、公民館トイレなどにいろいろ工夫して使っているようです。だが、市道2億5,800万円の中に、川内市で最下位にある原電立地本場の久見崎地区に1円も使ってない行政感覚のずれに腹立たしい思いがするのであります。このような主張は、私でない、地元でない他の議員が言ってくれればありがたいと思っておりますが、たまたま先ほどの発言がありまして恐縮しております。その初年度の平成9年度は人件費に使わず、10年度と11年度は人件費に1件ずつ使っております。そして平成12年度よりはすべて全額を人件費に使い、今年度も全額の4億3,442万円を市職員118名分の人件費として計画しております。例えエネ庁が、「それぞれの施設の維持運営費という名目で人件費に回してもまあまあいいですよ。」と言ったにせよ、この交付金の第一の目的は、原電立地地域の発展と福祉の向上にあるのであります。つまり商工業、農林水産業、観光業などの振興に寄与する施設の整備とか、社会福祉施設、スポーツ・レクリエーション施設、教育・文化施設などの整備などに使うべくはっきり指示されております。それなりの使い道の制限、規制がうるさいので、その使い方の検討をあきらめてそっくり人件費とは、ちょっと幹部職員の熱心さが足りないのではないでしょうか。職員も部課長まで上り詰めると、若き日のバイロン、ハイネの熱なきもでは困るのです。定年まではとことん燃え立つ季節であってほしいのです。

 そこで、議会人である私は、まず第1番目に、市長に対しては、礼節を守って発言に失礼なきように努め、2番目には、議会運営に臨む信念をはっきりと持って事に対処し、3番目には、その発言は志を高く持ち、熱心な研究心から出るものを基本にして主張すべきと常々心がけております。市長の好まぬことは言いにくいけれども、保守系議員のすべてが市長べったりの横並びではよくないのです。1人ぐらいは志を高く持って言うべきことは言わねばなりません。そしてそのまちの正しい発展が鈍らないようにせねばなりません。同時に正道、正しい道を誤らないように。したがって、市長に快く思われなくても市の健全な運営を願うために言うべきことを言わねば、私自身本物の議員ではなくなります。世の中すべて本物、本気、本音、本心がいかに大事かを訴えたいのであります。

 最後に、この交付金でしていただきたい小さな一例を申し上げます。

 観光に寄与するという点になぞられて、川内川にかなりの釣り人がそれぞれのボートを所有しております。そのボートの持ち主などが、聞くところによりますれば、台風時の船寄せ場がなくて大変困っておるそうです。こうした方々のためにボートの緊急避難場所を左岸、右岸につくるとか、あるいはまた、川内港や寄田天狗鼻などの釣り場に県外あたりからもたくさんの人が来ています。その釣り人たちのために簡単な観光用休憩小屋、雨よけとでもいいましょうか、海岸の強い風に耐えられる程度の、中身はざっとしたものでいいので、こうしたものも一つの方法じゃないでしょうか。いかがなものでしょうか。担当職員がもう少し踏み込んだ研究をして、いろいろな使い方を検討していただきたいのであります。そしてまた、県外あたりから来る人が「川内はいいなあ、さすが電力のまちで、何もかも行き届いておる。」と思われるくらいのまちづくりができないものでしょうか。ただ単にこの交付金をそっくりそのまま人件費に使用することに反対する次第であります。市財政が苦しいのであれば、職員数の減とか給食センター、その他の行政機構改革として乗り切るのが正しい姿ではないでしょうか。

 どうか市長、「渇すれども盗泉の水を飲まず」タイプの市長にお願いです。また、あわせて幹部職員の皆さん、政党的バック関係なしの本物の市民代表である一人会派の市民新党木元高尚のこの発言を心耳を澄まして、心、耳を澄ましてお聞きくだされば大変ありがたく存じます。

 以上で、議案第23号に対しての反対討論を終わります。



○議長(原口博文君) 次に、笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 私は、日本共産党を代表いたしまして、議案第23号平成14年度川内市一般会計予算に反対の討論を行います。

 反対の理由は、施政方針で、「本年度は、IT産業の不況による大幅な地方税の落ち込みと国の行財政改革により地方交付税が大きく減額される見通しから、まことに厳しい財政運営を余儀なくされる。」と述べ、「国の歳出予算と歩みを一にして徹底した事業の見直しと重点的配分を図る」とされています。しかし、税金の使い方がこれまでどおり大型公共事業優先であり、市民の暮らしの向上と財政の健全化を両立させるものとなっておりません。

 一般会計予算は252億8,000万円で、昨年より2.5%減であります。この削減予算の中で昨年に比べ予算を大きく増やしている費目は、農林水産業費20.4%増、商工費29.1%増、教育費18.5%の増となっています。この増額の中身を見てみますと、いずれも普通建設費の増であります。農林水産業費では、流通飼料対策事業補助に4億9,000万円、商工費では、川内駅観光特産品館整備事業に2億142万9,000円、教育費では、川内まごころ文学館建設事業費5億9,732万円とあり、これらの建設費を引きますと、いずれの費目も昨年より減額となります。また、本来ならJRが負担すべき駅周辺整備事業も住民負担、住民犠牲で行おうとしています。このほか敬老金の削除、幼稚園入園料という新たな負担などなど。私は、市民の利益を守る立場から、このような予算に反対の立場を表明するものです。

 以上。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次は、議案第36号川内まごころ文学館新築(建築本体)工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 御質疑願います。



◆18番(川野勲雄君) この委員会は番外ですし、また委員会によっては番外からの発言を制約される委員会もありますので、質問できにくい状態にあったもんですから、委員長に質問いたします。

 議案第36号についてでございます。この建設事業は、平成10年の9月に承認されております。また、平成13年度は、調査設計で一部これが費消されております。平成14年度の事業費は5億9,732万円計上されております。この議案に出ました本体工事、これは査定額が3億8,239万8,000円、落札価格が3億6,100万円になっております、私の聞きましたところでは。これは既に2月25日、共同企業の植村・太陽建設2社が落札しております。この新年度予算額の本体工事、新年度予算額と5億9,732万円、この本体工事費との差額はどうなるのか。

 それから、契約金額3億7,905万円となっておりますが、これと落札価格の3億6,100万円の差額がどうなるのかちょっとわかりません。

 また、本日の議会承認が仮契約の停止条件になっているようでございます。2月25日わざわざ仮契約をしておりますが、本日の議会承認を待って本契約にするわけにいかなかったのか。工事着手は議決の日となっております。それほど急ぐ必要があったのか。今はもう資材を求めるにしても、豊富に資材は売りたい側がたくさんあるわけです。この急がれた理由について委員長に対して質問いたします。



◆総務文教委員長(池脇重夫君) 質問にお答えいたします。

 総務文教委員会で委員の論議の中でですね、この問題については上がっておりませんでした。

 以上、お答えします。



◆18番(川野勲雄君) 委員会はですね、予算審査が一番の課題になっております。この審査されなかった理由をお聞きしたいです。



◆総務文教委員長(池脇重夫君) お答えいたします。

 議案の第36号の中でですね、審議過程の中でこの問題については意見も一件も出ておりません。議員がおっしゃられるとおりですね、5億9,000万円ぐらい、約6億円ぐらいの予算ということで、それについて審議いたしまして、今質問されていらっしゃる問題については、議員の中から論議されておりません。

 以上であります。



○議長(原口博文君) 質疑は尽きたと認めます。

 これより討論を行います。

 討論の通告は、反対討論が1名であります。

 笠毛通夫君の委員長報告に反対の討論を許します。

 [7番笠毛通夫君登壇]



◆7番(笠毛通夫君) 日本共産党を代表して、議案第36号川内まごころ文学館工事請負契約の締結について反対の討論をいたします。

 川内市が生んだ偉大な先人たちである有島3兄弟や山本實彦氏などの貴重な文学作品、資料などを保管展示することについて反対するものではありません。しかし、完成まで6億円近い税金を投入することは、この不況の時代、到底市民の理解を得ることはできません。さらに完成後の維持費もそれ相応の負担となるのは目に見えております。これまで川内市は数多くの箱物をつくってまいりました。今それらの借金や維持費が市の財政を圧迫し、そのしわ寄せを福祉や教育、市民の暮らしの分野で行っています。市民の理解の得られるような文学館づくりを希望して、反対の討論といたします。



○議長(原口博文君) 討論は終結したと認めます。

 採決いたします。

 本案を委員長報告のとおり決するに賛成する諸君の起立を求めます。

 [賛成者起立]



○議長(原口博文君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27、報告第1号 川内市土地開発公社の平成13年度事業計画の変更に関する書類



△日程第28、報告第2号 川内市土地開発公社の平成14年度事業計画に関する書類



○議長(原口博文君) 次は、日程第27、報告第1号川内市土地開発公社の平成13年度事業計画の変更に関する書類及び日程第28、報告第2号川内市土地開発公社の平成14年度事業計画に関する書類の報告2件を、会議規則第35条の規定に基づき一括議題といたします。

 上程の報告2件について、一括して当局の報告説明を求めます。



◎企画経済部長(伊豫田輝雄君) 報告第1号川内市土地開発公社の平成13年度事業計画の変更に関する書類につきまして御説明いたします。

 報告つづりの1−1ページをお願いいたします。

 本件につきましては、同公社理事会の承認を得まして、2月19日、同公社理事長から報告がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定によりましてこれを提出するものでございます。

 1−2ページから3ページでございます。

 平成13年度の補正事業計画を一覧表にしてございます。縦の欄に事業区分と用地名、横の欄に平成12年度末におきます残高、平成13年度の既定計画と補正後の計画、事業収益と事業原価及び13年度末の期末予定残高を示してございます。

 まず、公有地取得事業につきましては、天辰・平佐住宅建替用地等5件の補正を行い、既定計画面積2万5,700平方メートル、事業費6億3,220万円を面積9,655平方メートル、事業費3億5,340万円に変更したものでございます。

 これは川内駅周辺整備事業については買い取り申し出がなかったこと、高城川親水公園用地につきましては用地交渉が不調だったことなど、それぞれ事業の進捗状況に合わせて事業を減額したものでございます。

 次に、土地造成事業につきましては、城下用地につきまして予定しておりました史跡調査を、周辺団地の販売状況等を考慮し14年度に先送りするなど4件の補正を行い、既定計画面積なし、事業費1億7,930万円を面積112平方メートル、事業費1億5,760万円に変更したものでございます。

 次に、1−4ページをお願いいたします。

 第2条、収益的収入及び支出の補正におきまして、収入合計及び支出合計のそれぞれにつきまして、既決予定額15億7,400万円を4億7,000万円減額し11億400万円といたしました。

 これは、第1款第1項の公有地取得事業収益におきまして、天辰地区土取場用地の市への買い戻しがなされたこと等により、2億1,217万4,000円の増収となる見込みである一方、同款第2項の土地造成事業収益において、権現前用地、後牟田用地等の完成土地の売却が進まないこと、西平田用地、中福良町集用地について事業進捗の遅れにより売却が進まないこと等により、6億8,061万6,000円の減収となる見込みであることが主な理由であります。

 次に、第3条、資本的収入及び支出の補正におきましては、資本的収入の収入合計について、既決予定額7億8,200万円を2億8,650万円減額し4億9,550万円とし、資本的支出の支出合計額について、既決予定額22億9,250万円を7億7,700万円減額し15億1,550万円といたしました。

 また、第4条、長期借入金の補正では、長期借入金の限度額7億8,200万円を4億9,550万円に減額いたしました。

 以上で報告を終わりますが、1−6ページから10ページに平成13年度補正予算実施計画、1−11ページに予定貸借対照表、1−12ページに資金計画、それぞれ添付してございますので、御参照の上よろしくお願いいたします。

 続きまして、報告第2号川内市土地開発公社の平成14年度事業計画に関する書類につきまして御説明申し上げます。

 報告つづり2−1ページです。

 本件につきましては、同公社理事会の承認を得て、2月19日、同公社理事長から報告がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定によりましてこれを提出するものでございます。

 2−2ページから3ページです。

 平成14年度の川内市土地開発公社事業計画を一覧表にしてございます。縦の欄に事業区分と用地名、横の欄に平成13年度末における予定残高及び平成14年度の事業計画、事業収益、事業原価と平成14年度末における期末予定残高をお示ししてございます。

 まず、公有地取得事業につきましては、事業計画として天辰・平佐住宅建替用地等4件について、平成13年度事業で減額しました高城川親水公園用地も含めて面積1万2,440平方メートル、事業費1億7,700万円を計上し、また、事業収益として天辰・平佐住宅建替用地の宅地分譲分、面積5,000平方メートル、予定額1億3,499万9,000円を計上いたしました。

 次に、土地造成事業につきましては、事業計画として西平田用地の造成工事及び確定測量、城下用地の地籍調査費用として事業費2,800万円を計上し、事業収益としては、池尻用地、百次町今村用地、中福良町集用地の3用地分として面積1万6,461平方メートル、予定額2億3,180万1,000円を計上いたしております。

 以上、公有地取得事業と土地造成事業を合計いたしますと、事業計画で面積1万2,440平方メートル、事業費2億500万円、事業収益で面積2万1,461平方メートル、予定額3億6,680万円を計上してございます。

 次に、2−4ページをお願いいたします。

 平成14年度川内市土地開発公社予算でございます。

 第2条、収益的収入及び支出におきまして、収入の部で第1款事業収益として、第1項の公有地取得事業収益1億3,499万9,000円と第2項の土地造成事業収益2億3,180万1,000円の合計3億6,680万円を計上し、第2款事業外収益412万円と合わせて収入合計3億7,092万円を計上しました。

 一方、支出の部では、第1款事業原価3億1,550万円、第2款販売費及び一般管理費3,462万円、その他事業外費用、特別損失、予備費まで合わせまして、支出合計3億7,092万円を計上いたしました。

 次に、2−5ページに移りまして、第3条、資本的収入及び支出につきましては、収入の部で、第1款第1項借入金に2億700万円を計上いたしました。

 支出の部では、第1款第1項公有地取得事業費1億7,700万円、第2項土地造成事業費2,800万円、以下第5項借入金償還金3億1,000万円まで、支出合計5億2,800万円を計上いたしました。

 また、第4条で、長期借入金の限度額として2億700万円を、第5条で、短期借入金の限度額として1億円を定めたところでございます。

 以上で報告を終わりますが、2−6ページから10ページに平成14年度予算実施計画を、2−11ページに予定貸借対照表を、2−12ページに資金計画を添付してございますので、御参照の上よろしくお願いいたします。

 以上で終わります。



○議長(原口博文君) ただいま当局の報告説明がありましたが、これより質疑に入ります。

 上程の報告2件について、一括して御質疑願います。



◆18番(川野勲雄君) 部長にお尋ねします。

 この開発公社の工事費、造成費とかいろいろございましょうが、専門業者に言わせますと、一部の業者かもしれません。「大体おれなら3分の1でできる」というような業者もございますが、どのようなふうになっておりますか。その真相をお聞かせ願います。



◎企画経済部長(伊豫田輝雄君) 今御質問ですけれども、真相と言われましても、私どもは法にのっとって計画し執行しておりますので、そういったいわゆる世間の風評につきましては重々十分認識しながらも、また課題としながらも、そういう批判、批評を受けないように事業計画を進めていきたいというふうに考えております。



◆18番(川野勲雄君) そのような声なき声があるということをよく理解しとってください。

 以上でございます。



○議長(原口博文君) 意見であります。



◆27番(今別府哲矢君) 1点だけ答弁いただきたいと思うんでありますけれども、新聞報道によりますと、国土交通省が公営住宅の補助金の打ち切りを報道されておりますけれども、天辰・平佐住宅の建替工事に影響があるのかどうか。国土交通省の新聞報道によりますと、都市部以外の公営住宅については補助金打切りということで、鹿児島市では、郊外における定住にかかわる住宅についてようやく認めていただいたという報道がなされておりますけれども、その辺について開発公社等に委託されて土地造成をされているわけでありますけれども、その辺の協議があるのかどうか答弁していただきたいというふうに思います。



◎企画経済部長(伊豫田輝雄君) そういった情報というものは、私どもも情報としては入っておりますけれども、現在のところは土地開発公社といたしましては、住宅等の建て替えにつきましては計画どおり進めていきたいというふうに考えております。もし私の答弁以外に建設の方でありましたら建設部長の方で答えていただきます。



○議長(原口博文君) 質疑は尽きたと認めます。

 以上で、本件の報告を終わります。

 ここで休憩いたします。

 再開は、おおむね13時といたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前11時56分休憩

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後1時1分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第29、議案第37号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(原口博文君) 次は、日程第29、議案第37号人権擁護委員候補者の推薦について、本案を議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 [市長森 卓朗君登壇]



◎市長(森卓朗君) 議案第37号人権擁護委員候補者の推薦について、提案の理由を御説明申し上げます。

 本市の区域に置かれている人権擁護委員知識友弘氏が平成13年11月30日付で辞任されたので、池田信子氏を新たに委員候補者として法務大臣に推薦したいと思いますが、これにつきましては、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を聞く必要があります。

 これが本案提出の理由であります。

 推薦したい方は、川内市中福良町2869番地4、池田信子氏で、昭和15年8月4日生まれであります。

 本人の略歴等につきましては、参考資料で添付してありますので、御参照の上よろしく御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(原口博文君) ただいま当局の説明がありましたが、ここでお諮りいたします。

 本案は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し本会議審議にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第30、議案第38号 平成13年度川内市一般会計補正予算



○議長(原口博文君) 次は、日程第30、議案第38号平成13年度川内市一般会計補正予算について、本案を議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。



◎財政課長(?田時久君) 別冊となっております平成13年度川内市各会計予算書、予算に関する説明書(第6回補正)の最初のページ、1ページをお開きください。

 議案第38号平成13年度川内市一般会計補正予算に関し御説明申し上げます。

 まず、提案理由でございます。

 歳入については、特別交付税、諸収入等を増額するとともに、国庫支出金、市債等の減額調整を行い、歳出については、財政調整基金積立金、福祉対策基金積立金等を増額するほか、繰越明許費の追加並びに地方債の廃止及び変更をする必要がある。

 これが本案提出の理由でございます。

 次に、本案の内容でございます。次のページ、2ページをお開きください。

 平成13年度川内市の一般会計補正予算は、第1条第1項において、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億460万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ268億1,587万1,000円とし、同条第2項において、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるとするとともに、第2条において、繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」によると、また、第3条において、地方債の廃止及び変更は、「第3表 地方債補正」によるとそれぞれするものでございます。

 それでは、今回補正の主なものについて、まず歳出から目的別の区分により御説明申し上げますので、同予算書、予算に関する説明書の28ページの「予算資料2つづき」の歳出(目的別)の表をお開きください。28ページでございます。

 総務費では、今後の財源対策として財政調整基金積立金4億353万8,000円を計上。この積立金積立後の同基金の額は18億3,703万3,000円となる見込みでございます。

 また、民生費では、社会福祉管理運営費において福祉対策基金積立金を、衛生費では、環境整備対策費においてアメニティ基金積立金をそれぞれ今回措置することといたしました。

 次に、歳入でございます。前のページの27ページをお開きください。予算資料2、歳入の表になります。

 一般財源のうち地方交付税では、特別交付税の平成13年度交付額9億9,524万4,000円が確定いたしましたので、同額と当初予算額との差額3億9,524万4,000円を今回追加計上するものでございます。

 分担金及び手数料では、事業費の確定により農林水産施設災害復旧費分担金を減額、また、国庫支出金では都市計画事業費補助金を、県支出金では農林水産施設災害復旧費補助金を、各事業費の確定等により当該歳出に対応しそれぞれ減額し増額するもので、寄附金では、東大阪市日下町6丁目2番37号の出口信彦様から1万円、神戸市灘区篠原中町1丁目3番3の105号の笹山幸俊様から100万円、外匿名希望の方1名の、この3件の社会福祉費寄附金と、薩摩郡樋脇町市比野250番地、グリーンヒル株式会社様から環境費寄附金1件3万円をそれぞれ受け入れるものでございます。

 その他諸収入では、雑入において市民まちづくり公社過年度委託料精算返納金を計上し、市債では、各事業費の確定等によりそれぞれ農業施設災害関連事業債等を減額するとともに、都市計画事業債等を増額することといたしました。

 引き続きまして、繰越明許費補正及び地方債補正について御説明申し上げますので、予算書、予算に関する説明書の6ページをお開きください。

 繰越明許費補正では、年度内にその支出を終わらない見込みがあるため、翌年度に繰り越して使用することができる経費として、葬祭場施設設備整備事業1件を追加、同繰越明許費を設定し、次のページ7ページの地方債補正では、湛水防除事業の起債1件を不用により廃止するとともに、農業施設災害関連事業、漁港漁村総合整備事業等各起債の限度額をごらんのとおり増額しまたは減額するなど、財源調整のためそれぞれ変更しようとするものでございます。

 これをもちまして議案第38号平成13年度川内市一般会計補正予算に関する御説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(原口博文君) ただいま当局の説明がありましたが、ここでお諮りいたします。

 本案は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し本会議審議にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑願います。



◆17番(上薗幸近君) 15ページの19款6項雑入の件で、今ほど財政課長の方から、まちづくり公社過年度委託料精算返納金ということで説明をいただきました、2,800万円余り。今回の最終補正の中で2,800万円余りがまちづくり公社の方から返済という形で来ているわけでありますが、これはまちづくり公社の立場から見れば、公益法人であるまちづくり公社の今日までの内部自助努力の中でこれだけの、益金という表現が正しいか正しくないかはわかまりませんけれども、要するに余剰金を生み出した結果だというふうに理解をします。それで過年度分でありますから、何年間の分が今回2,800万円余りになったのかわかりませんが、その追加説明もお願いしたいのでありますけれども、この余剰金をストックだというふうに理解をして返納されたということになれば、その今日までの努力に、まちづくり公社そのものの努力に敬意を表したいというふうに思いますが、片方で、こちらサイドの、私どもの方から見たときに、市の方からまちづくり公社に委託料を、いろんな事業を委託する場合に、委託内容の検証に対してどうであったのかという疑義が生ずると思います。それで今日の仕事の委託をするときのその作業の後管理、要するに管理監督はしっかりとなされていたのかどうなのかということについて少し疑義が生ずるのであります。

 そこで、今回の補正で1点は、まちづくり公社での内部努力の分がほぼ返金された形になるというふうに理解をしますので、この後のまちづくり公社が実施する自主事業、イベント等に対する財源のあり方、これらについて十分な配慮をいただきたいのが1点であります。

 それで3点ほど考えておるんですが、今回の返金についての当局の委託料の返済についての認識がどうであったのか。そして、今後の委託料のあり方について、今回の返金に基づいた委託料のあり方についての検討はどうなされることになるのか。

 そして、先ほど申し上げました3点目は、自主事業への今後の助成のあり方について、この3点について考え方をお聞かせいただければありがたいというふうに思います。



◎総務部長(桑原道男君) それでは、今回の最終補正2,850万7,000円、まちづくり公社からの委託料の精算返納金を計上させてもらっております。その中で今上薗議員の方から御指摘もありましたとおり、公社の方で努力した成果のもとがこういうことで返納で返ってきておりますが、これは10、11、12年度の3カ年の分になります。そうした中でまちづくり公社の方では、これは市の施設を管理運営する事業は税法上は請負業に当たるということになっております。税務署の方ともまちづくり公社の方でこれまでこの精算返納金の位置づけについて検討をされる中、さきの第5回補正では、アリーナの電気料金にかかわります12年度の分についての減額補正をしております。その中で剰余金の繰越額は5,007万1,000円のうち13年度で事業を行って精算しました金額を差し引きました4,149万4,000円の中から、さきの第5回補正で光熱水費の返納しましたのが1,298万6,000円でございますので、この差額2,850万7,000円を追加返納するものでございます。税務署との協議の中で、これを年度内に精算返納しましたら、1,830万円からの税の追徴は不要だということになっておりますので、今回精算返納するものでございます。

 その中であとはこの市の方の委託料の積算が甘かったんじゃないかというような御指摘も受けておりますが、これについてはまちづくり公社の方での努力という形で、市の方が委託した中の分ではそれなりに剰余金が出てきている。ただし、市の方としましては、この委託事業が契約どおり履行されたかどうか、各事業主管課の方でこちらの方も履行の確認を十分しておりますけれども、今後これについては市の委託料とまちづくり公社での執行の段階との差額等については、今後の予算編成の中でも十分また検証していきたいと思います。

 それから、14年度中の自主事業も増えてきている中で、この剰余金で各種事業が展開できる、返納した場合にいかがなものかということで、これにつきましては今後13年度決算が出た段階の分で自主事業につきましても十二分に見極めながらまた今後の補正等の中でも検討していきたい。まちづくり公社の方で生涯学習の観点に立った自主事業が十二分に展開できるようにこちらの方を考えていきたい、このように考えております。御理解いただきたいと思います。

 以上です。



◆17番(上薗幸近君) まちづくり公社が公益法人であるというふうに認識をいたしております。そういう意味では、公社自身の利益を追求するということじゃなくして、川内市民に対する便宜供与、福祉向上という大きな目的があるわけであります。それで今回のこの返納金について私が今心配したのは、1つは、この委託のあり方についての検証は、より綿密なお互いの話し合いの中で十分活動ができる委託金であってほしいし、しかし、そうかというて緩みのある委託料であってはならない。ただ今回の過去3年間まちづくり公社の中で努力された分のストックだろうと思うんですけれども、その分が返納される。そのことによって自主事業等がやりづらくなる、そういうことがあってはならないというふうに思いましたので、この後の自主事業、そして市民福祉に対する補助金のあり方、委託のあり方については十分検証の上対処していただきたい。意見だけ申し上げておきたいというふうに思います。

 終わります。



○議長(原口博文君) 意見であります。御了承願います。

 ほかにありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑は尽きたと認めます。

 討論はありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本案を原案のとおり可決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第31、発議第1号 食品の安全性確保を求める意見書の提出について



○議長(原口博文君) 次は、日程第31、発議第1号食品の安全性確保を求める意見書の提出について、本件を議題といたします。

 本意見書は、お手元に配付いたしておりますので、提出者の趣旨説明を求めます。

 [15番小牧勝一郎君登壇]



◆15番(小牧勝一郎君) 発議第1号食品の安全性確保を求める意見書の提出について。

 食品の安全性確保を求める意見書を別紙のとおり提出する。

 平成14年3月25日提出。

 提出者、川内市議会議員小牧勝一郎、賛成者、同じく池脇重夫議員、同じく上村征四議員、同じく橋口博文議員、同じく上薗幸近議員、同じく小辻富義議員、同じく石野田浩議員、同じく新原春二議員。

 提案理由。

 BSE問題等で食品に対する消費者の信用が低下している中、本市が平成2年に誘致した鹿児島くみあいチキンフーズ株式会社川内工場の今回の鶏肉偽装については、市内の消費者はもとより、安心で、安全な鶏肉のため、これまで取り組んできた生産者に対しての裏切り行為である。

 ついては、本市議会は、誘致企業が起こした重大な事件であることに鑑み、今後、同工場が徹底した調査と再発防止策等を確立するなど、信頼の回復に努力するよう強く求めるものであります。

 よって、市長に対し、食品の安全性確保を求める意見書を提出しようとするものであります。

 これが本案提出の理由であります。

 食品の安全性確保を求める意見書(案)

 市長におかれては、7万4千人の市民一人ひとりが幸せを実感できるまちづくりのため、日々邁進されておりますことに敬意を表します。

 さて、本市が誘致した企業である市内勝目町の鹿児島くみあいチキンフーズ株式会社川内工場において、鶏肉偽装が発覚したことは、極めて重大な事件であります。

 今回の事件は、市内の消費者・生産者に対する裏切り行為であり、遺憾の極みであります。

 よって、市長におかれては、今後、このような事態が起きないよう、また、消費者・生産者の信頼回復を早急に図るよう、食品の安全確保に関して、同工場に対して厳重な注意を求めるよう強く要請します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

 平成14年3月25日。

                    鹿児島県川内市議会

 (提出先)川内市長。

 議員各位の御同意をよろしくお願いいたします。



○議長(原口博文君) ただいま提出者の趣旨説明がありましたが、これより質疑に入ります。

 御質疑願います。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 質疑はないと認めます。

 討論はありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 討論はないと認めます。

 採決いたします。

 本件を原案のとおり可決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 本意見書は、議長において市長に対し速やかに提出いたします。

 御了承願います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第32、特別委員会の設置について



○議長(原口博文君) 次は、日程第32、特別委員会の設置について、本件を議題といたします。

 本件につきましては、さきの議会運営委員会で御協議願いましたところ、市町村の行財政基盤を強化し、地方分権の推進に対応するとともに、生活圏の広域化に対応した行政サービスの向上及び効率化を図るために、隣接市町村との合併の可能性を調査検討するための合併問題調査特別委員会を設置することにお決めいただきましたが、御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、合併問題調査特別委員会を設置することに決定いたしました。

 次に、合併問題調査特別委員会の定数及び設置期間についてお諮りいたします。

 定数につきましては、各常任委員会から3名ずつの12名とし、設置期間につきましては、その目的達成の日までとすることに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、合併問題調査特別委員会の定数は12名、設置期間は、その目的達成の日までとすることに決定いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま設置されました合併問題調査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 総務文教委員会から、今別府哲矢君、小牧勝一郎君、笠毛通夫君。

 企画経済委員会から、杉薗道朗君、堀之内盛良君、石野田 浩君。

 保健福祉委員会から、柏木謙一君、上薗幸近君、小辻富義君。

 建設水道委員会から、木元高尚君、宮内澄雄君、川野勲雄君。

 以上12名を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました12名の諸君を合併問題調査特別委員会の委員に選任することに決しました。

 ここで、ただいま設置されました合併問題調査特別委員会の委員長及び副委員長の互選のため暫時休憩し、休憩中に同委員会を開会いたしますので、委員の方は第1委員会室にお集まりください。

 休憩いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後1時25分休憩

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後2時開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会正・副委員長互選結果報告



○議長(原口博文君) ただいまの休憩中に合併問題調査特別委員会の委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果が議長に報告されましたので、報告いたします。

 委員長に今別府哲矢君、副委員長に小牧勝一郎君。

 以上のとおりであります。

 報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第33、閉会中における議会運営委員会の審査方針について



○議長(原口博文君) 次は、日程第33、閉会中における議会運営委員会の審査方針についてお諮りいたします。

 次期閉会中における議会運営委員会の審査方針について、委員長からお手元に配付のとおり報告がなされております。

 これを報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、次期閉会中における議会運営委員会の審査方針は、報告のとおり了承されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における議会運営委員会の審査方針



審査方針


1 次期定例会等の会期及び付議される案件等について

2 議会運営に問する議長の諮問事項等について





  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第34、閉会中における各特別委員会の審査方針について



○議長(原口博文君) 次は、日程第34、閉会中における各特別委員会の審査方針についてお諮りいたします。

 次期閉会中における各特別委員会の審査方針について、それぞれの委員長からお手元に配付のとおり報告がなされております。

 これを報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、次期閉会中における各特別委員会の審査方針は、報告のとおり了承されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における各特別委員会の審査方針



委員会名
審査方針


原子力発電所対策特別委員会
川内原子力発電所の安全対策及び関連する諸問題について


新都市整備対策特別委員会
九州新幹線鹿児島ルートの川内駅設置並びに川内川抜本改修事業の進捗に伴う川内駅周辺地区及び中心市街地の新たなまちづくりについて


川内川抜本改修対策特別委員会
川内川の抜本改修計画の促進並びに塩水遡上対策について





     閉会中における合併問題調査特別委員会の審査方針



審査方針


隣接市町村との合併の可能性調査について





  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第35、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査について



○議長(原口博文君) 次は、日程第35、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査についてお諮りいたします。

 本件につきましては、それぞれの委員長からお手元に配付のとおり申し出がなされております。

 これを申し出のとおり決するに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、閉会中における各常任委員会の所管等に関する事務調査については、申し出のとおり決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     閉会中における所管等に関する事務調査申出書



委員会名
調査事項


総務文教委員会
1 地方分権社会に対応した行財政改革の推進について

2 広聴広報活動及び情報公開について

3 防災対策と情報伝達について

4 国際交流施策の推進について

5 教育・スポーツ振興施策の充実について

6 芸術文化振興施策の充実について

7 生涯学習推進施策の充実について


企画経済委員会
1 川内港の活用策について

2 男女共同参画社会の実現について

3 行政情報システムの整備及び地域情報化の推進について

4 農林水産業の振興について

5 商工業の振興及び企業誘致について

6 観光産業の振興・育成について


保健福祉委員会
1 老人保健福祉計画の推進について

2 介護保険事業について

3 児童福祉について

4 環境美化・廃棄物処理対策について

5 健康管理対策について


建設水道委員
1 地籍調査について

2 土地改良事業について

3 市道等の整備について

4 港湾の整備について

5 まちづくり(都市計画・防災計画)について

6 住宅政策について

7 公園整備について

8 下水道事業等について

9 上水道事業について


調査期間
調査終了の時点まで


理由
市政の基本的施策探究のため、調査を要する。





  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(原口博文君) 以上で、日程のすべてを議了いたしました。

 ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 [市長森 卓朗君登壇]



◎市長(森卓朗君) 平成14年第1回市議会定例会が閉会されるに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る2月25日から本日まで、29日間にわたり終始熱心にかつ慎重に御審議を賜り、平成14年度予算案を初め提案いたしました議案及び報告案件すべて原案どおり可決としていただき、まことにありがとうございました。

 なお、本会議を初め各委員会において賜りました貴重な御意見、とりわけ人件費削減の問題、あるいは長期発展交付金の使い道等につきまして数多くの御示唆をいただきましたことにつきましては、今後十分検討の上、今後の市政の執行に当たり誠心誠意対処してまいりたいと存じます。

 ところで、市町村合併問題につきましては、先ほど議会におかれましては合併問題調査特別委員会を設置され、市町村の行財政基盤を強化し、地方分権の推進に対応するとともに、生活圏の広域化に対応した行政サービスの向上及び効率化を図るために隣接市町村との合併の可能性を調査検討していただくことになりました。市といたしましても4月から一部組織機構を見直し、市町村合併対策課を設けてさらなる市民への情報提供や啓発を図りつつ、議会とともに連携を図りながら周辺自治体と任意の合併協議会の設立を目指してまいりたいと考えております。

 使用済核燃料税創設につきましては、今月7日に九州電力株式会社の副社長と電源立地部長が本市を訪れ、これまでどおり課税しないように再考してほしい旨を述べられました。しかし、原子力発電所と地元が共生しなければならないという考え方は一致しておりますので、今後積極的に協議を重ね、理解と協力が得られるように努力をしてまいりたいと存じます。

 御案内のとおり、我が国の景気はなお不透明な中ではございますが、市政におきましても市民の皆様との協働のもと役割や情報を共有しながら、本市の将来都市像であります「人・まち輝く『水景文化都市』川内」を目指して諸施策の推進に着実にかつ積極的に取り組んでまいる所存であります。

 終わりに、議員各位におかれましては、年度がわりで何かと御多忙のことと存じますが、御健勝でさらなる御活躍を心から祈念申し上げる次第でございます。

 本定例会の終わりに当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げさせていただきました。

 大変長い期間御苦労さまでございました。ありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(原口博文君) 以上をもちまして、平成14年第1回川内市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

            〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後2時7分閉会

            〜〜〜〜〜〜〜〜

 地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

      川内市議会議長   原口博文

      川内市議会議員   石野田 浩

      川内市議会議員   寺脇幸一

      川内市議会議員   福田俊一郎