議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 薩摩川内市

平成13年  6月 定例会(第2回) 06月12日−02号




平成13年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−02号







平成13年  6月 定例会(第2回)



   平成13年第2回川内市議会会議録(第2日目)

               開議日時 平成13年6月12日 午前10時

               開議場所 川内市議会議事堂

◯出席議員(28人)

    1番  山之内 勝君

    2番  佃 昌樹君

    3番  今塩屋裕一君

    4番  宮里兼実君

    5番  好士崎 勝君

    6番  乙須紀文君

    7番  笠毛通夫君

    8番  新原春二君

    9番  森永靖子君

   10番  石野田 浩君

   11番  寺脇幸一君

   12番  福田俊一郎君

   13番  堀之内盛良君

   14番  池脇重夫君

   15番  小牧勝一郎君

   16番  小辻富義君

   17番  上薗幸近君

   18番  川野勲雄君

   19番  宮内澄雄君

   20番  橋口博文君

   21番  川畑善照君

   22番  杉薗道朗君

   23番  柏木謙一君

   24番  岩下早人君

   25番  上村征四君

   26番  木元高尚君

   27番  今別府哲矢君

   28番  原口博文君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

  市長         森口卓朗君

  助役         岩切秀雄君

  助役         梅田和男君

  収入役        若松隆久君

  総務部長       桑原道男君

  企画経済部長     伊豫田輝雄君

  保健福祉部長     平 敏孝君

  建設部長       新 武博君

  教育委員会

  教育長        石塚勝郎君

  教育部長       坂元俊二郎君

  水道局

  局長         児玉廣昭君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

  事務局長       福谷安郎君

  次長         山之内辰郎君

  議事係長       砂岳隆一君

  議事係主査      小田原勇次郎君

  議事係主事      白江 剛君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 第1、特別委員会の設置について

 第2、常任委員会委員の選任について

 第3、特別委員会委員の選任について

 第4、議選第1号 西薩衛生処理組合議会議員の選挙について

 第5、議選第2号 川内地区消防組合議会議員の選挙について

 第6、議選第3号 川薩地区介護保険組合議会議員の選挙について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時開会

            〜〜〜〜〜〜〜



△開議



○議長(原口博文君) ただいま出席議員28名でありまして、全員出席であります。

 これより、昨日の会議に引き続き、本日の会議を開きます。

 本日の会議は、お手元に配付しております議事日程によって進めます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1、特別委員会の設置について



○議長(原口博文君) まず、日程第1、特別委員会の設置について、本件を議題といたします。

 本件につきましては、昨日の議会運営委員会で御協議願いましたところ、川内原子力発電所の安全対策及び関連する諸問題を審査するため「原子力発電所対策特別委員会」を、また、九州新幹線鹿児島ルートの川内駅設置並びに川内川抜本改修事業の進捗に伴う川内駅周辺地区及び中心市街地の新たなまちづくりについて審査するため「新都市整備対策特別委員会」を、また、川内川の抜本改修計画の促進並びに塩水遡上対策について審査するため「川内川抜本改修対策特別委員会」をそれぞれ設置することに御協議いただきましたが、以上のとおり3特別委員会を設置することに御異議ありませんか。



◆27番(今別府哲矢君) 昨日の議会運営委員会で御協議いただいたところでございますけれども、9月の議会で市町村合併の問題等特別委員会の見直しについての御意見等もあったとお聞きをいたしております。

 そこで、九州新幹線に伴う新都市整備の特別委員会につきましては、今これに伴っての在来並行線の第三セクターの問題が各議会でもいろいろと議論になっているところでございます。鹿児島の市議会では、特別委員会を設置をして新たにその協議をされるやに聞いておりますけれども、隣接の市町村等の動向も踏まえて、9月議会に見直しの際にはぜひそのことも含めて、九州新幹線に伴う新都市整備等の特別委員会の中にこれらも含んで検討いただくように御意見として申し上げておきたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(原口博文君) ただいまの意見は、昨日、議会運営委員会で御協議いただきました。その中でも出ておりますので、努めて近い議会運営委員会の中で十分協議をして、できるだけ9月の議会の中で調整ができるように努力をいたします。

 御了承願います。

 ほかにありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) それでは、次に進めます。

 3件につきましては、御異議ないと認めます。

 よって、以上の3特別委員会を設置することに決定いたしました。

 次に、ただいま設置されました各特別委員会の定数についてお諮りいたします。

 原子力発電所対策特別委員会の定数は12名、新都市整備対策特別委員会及び川内川抜本改修対策特別委員会の定数は8名とすることに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、各特別委員会の定数は、以上のとおり決定いたしました。

 次に、以上3特別委員会の設置期間でありますが、いずれもその目的達成の日まで存続するということで御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、以上の3特別委員会の設置期間は、その目的達成の日までとすることに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2、常任委員会委員の選任について



○議長(原口博文君) 次は、日程第2、常任委員会委員の選任について、本件を議題といたします。

 本件につきましては、地方自治法第109条の規定により、議員はそれぞれ一つの常任委員となることになっておりますが、委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定によりまして、議長が会議に諮って指名することになっております。

 よって、常任委員等の選任については、御協議のため休憩し、議員全員協議会を開催いたしますので、御参集願います。

 それでは、ここで休憩いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時5分休憩

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後4時13分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 会議を再開いたします。

 常任委員会委員の選任につきましては、ただいまの休憩中に、それぞれ所属委員会の調整をいただきましたので、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名の上、お諮りいたします。

 総務文教委員会委員に、

   2番  佃 昌樹君

   7番  笠毛通夫君

  11番  寺脇幸一君

  12番  福田俊一郎君

  14番  池脇重夫君

  15番  小牧勝一郎君

  27番  今別府哲矢君

 以上7名。

 企画経済委員会委員に、

   4番  宮里兼実君

   6番  乙須紀文君

   8番  新原春二君

  10番  石野田 浩君

  13番  堀之内盛良君

  22番  杉薗道朗君

  24番  岩下早人君

 以上7名。

 保健福祉委員会委員に、

   3番  今塩屋裕一君

   5番  好士崎勝君

   9番  森永靖子君

  16番  小辻富義君

  17番  上薗幸近君

  21番  川畑善照君

  23番  柏木謙一君

 以上7名。

 建設水道委員会委員に、

   1番  山之内 勝君

  18番  川野勲雄君

  19番  宮内澄雄君

  20番  橋口博文君

  25番  上村征四君

  26番  木元高尚君

  28番  原口博文君

 以上7名。

 以上、指名のとおり常任委員会委員を選任することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、常任委員は、ただいま指名のとおり選任することに決定いたしました。

 ここで、各常任委員会の委員長・副委員長互選のため暫時休憩し、その間、それぞれの常任委員会を開会願い、委員長・副委員長の互選をお願いいたします。

 各常任委員会は、第1委員会室で、総務文教委員会、企画経済委員会、保健福祉委員会、建設水道委員会の順にそれぞれ開会いたします。

 ここで、本日の会議の時間を暫時延長いたします。

 それでは、暫時休憩いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後4時16分休憩

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後7時48分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 会議を再開いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会正・副委員長互選結果報告



○議長(原口博文君) ただいまの休憩中に開催されました各常任委員会から、委員長・副委員長の互選結果について議長に報告がありましたので、これを報告いたします。

 総務文教委員会委員長池脇重夫君、同副委員長佃昌樹君。

 企画経済委員会委員長杉薗道朗君、同副委員長新原春二君。

 保健福祉委員会委員長川畑善照君、同副委員長好士崎勝君。

 建設水道委員会委員長宮内澄雄君、同副委員長山之内勝君。

 以上のとおりであります。

 報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3、特別委員会委員の選任について



○議長(原口博文君) 次に、日程第3、特別委員会委員の選任について、本件を議題といたします。

 本件につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名の上、お諮りいたします。

 まず、原子力発電所対策特別委員会委員は、総務文教委員会から佃昌樹君、笠毛通夫君、小牧勝一郎君。企画経済委員会から乙須紀文君、新原春二君、石野田浩君。保健福祉委員会から今塩屋裕一君、森永靖子君、小辻富義君。建設水道委員会から山之内勝君、川野勲雄君、木元高尚君。以上12名を。

 次に、新都市整備対策特別委員会は、総務文教委員会から福田俊一郎君、今別府哲矢君。企画経済委員会から新原春二君、石野田浩君。保健福祉委員会から好士崎勝君、柏木謙一君。建設水道委員会から山之内勝君、上村征四君。以上8名を。

 次に、川内川抜本改修対策特別委員会委員は、総務文教委員会から寺脇幸一君、池脇重夫君。企画経済委員会から宮里兼実君、堀之内盛良君。保健福祉委員会から上薗幸近君、川畑善照君。建設水道委員会から宮内澄雄君、橋口博文君。以上の8名をそれぞれ指名いたします。

 ただいま指名のとおり、各特別委員会委員を選任することに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、各特別委員会委員は、ただいま指名のとおり、それぞれ選任することに決定いたしました。

 これから、各特別委員会の委員長・副委員長互選のため休憩し、第1委員会室において、まず、原子力発電所対策特別委員会を開会願い、その後、新都市整備対策特別委員会及び川内川抜本改修対策特別委員会を順次開会いたします。

 直ちに原子力発電所対策特別委員は、第1委員会室に御参集願います。

 それでは、休憩いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後7時52分休憩

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後8時47分開議

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(原口博文君) 会議を再開いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各特別委員会正・副委員長互選結果報告



○議長(原口博文君) ただいまの休憩中に開催されました各特別委員会から、委員長・副委員長の互選結果について議長に報告がありましたので、これを報告いたします。

 原子力発電所対策特別委員長石野田浩君、同副委員長今塩屋裕一君。

 新都市整備対策特別委員長福田俊一郎君、同副委員長山之内勝君。

 川内川抜本改修対策特別委員長堀之内盛良君、同副委員長宮里兼実君。

 以上のとおりであります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4、議選第1号 西薩衛生処理組合議会議員の選挙について



○議長(原口博文君) 次は、日程第4、議選第1号西薩衛生処理組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 西薩衛生処理組合議会議員の定数は、同組合規約第5条の規定により12名であり、議員の選出方法は、同組合規約第6条の規定により、川内市から6名、樋脇町、東郷町から各3名を当該関係市町の議員のうちから選挙することになっております。

 この際、川内市選出の同組合議会議員選挙の方法について、指名推選か投票か、いずれの方法によるかお諮りいたします。



◆15番(小牧勝一郎君) 投票でお願いいたします。



○議長(原口博文君) ただいま小牧勝一郎君から投票の声がありますので、西薩衛生処理組合議会議員の選挙は、投票によって行います。

 直ちに議場の閉鎖を命じます。

 [議場閉鎖]



○議長(原口博文君) ただいまの出席議員は28名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

 [投票用紙配付]



○議長(原口博文君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 配付漏れはないと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 [投票箱点検]



○議長(原口博文君) 異状はないと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人1名の氏名を記載し、職員の点呼に応じて順次投票願います。

 なお、被選挙人は6名でありますので、上位得票者6名が当選者となります。

 点呼を命じます。

 [事務局職員点呼により投票]

   1番  山之内 勝議員

   2番  佃 昌樹議員

   3番  今塩屋裕一議員

   4番  宮里兼実議員

   5番  好士崎 勝議員

   6番  乙須紀文議員

   7番  笠毛通夫議員

   8番  新原春二議員

   9番  森永靖子議員

  10番  石野田 浩議員

  11番  寺脇幸一議員

  12番  福田俊一郎議員

  13番  堀之内盛良議員

  14番  池脇重夫議員

  15番  小牧勝一郎議員

  16番  小辻富義議員

  17番  上薗幸近議員

  18番  川野勲雄議員

  19番  宮内澄雄議員

  20番  橋口博文議員

  21番  川畑善照議員

  22番  杉薗道朗議員

  23番  柏木謙一議員

  24番  岩下早人議員

  25番  上村征四議員

  26番  木元高尚議員

  27番  今別府哲矢議員

  28番  原口博文議員



○議長(原口博文君) 投票漏れはありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 投票漏れはないと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 [議場開鎖]



○議長(原口博文君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番山之内勝君、7番笠毛通夫君を指名いたします。

 両君の立ち会いを願います。

 [開票]



○議長(原口博文君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に一致しております。

 そのうち、

  有効投票 28票

  無効投票 0票

 有効投票中、

  福田俊一郎君 5票

  橋口博文君  5票

  堀之内盛良君 5票

  原口博文君  4票

  岩下早人君  4票

  川野勲雄君  4票

  笠毛通夫君  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は2票であります。

 よって、福田俊一郎君、岩下早人君、橋口博文君、堀之内盛良君、川野勲雄君、原口博文君、以上6名が西薩衛生処理組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました福田俊一郎君、岩下早人君、橋口博文君、川野勲雄君、堀之内盛良君、原口博文君が在席でありますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の旨を告知いたします。

 以上で、西薩衛生処理組合議会議員の選挙を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5、議選第2号 川内地区消防組合議会議員の選挙について



○議長(原口博文君) 次は、日程第5、議選第2号川内地区消防組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 川内地区消防組合議会議員の定数は、同組合規約第5条の規定により20名であります。

 議員の選出方法は、川内市は議員の中から6名、入来町、樋脇町、東郷町及び甑島4村は、それぞれの長及び議員の中から1名を選挙することになっております。

 この際、川内市選出の同組合議会議員選挙の方法について、指名推選か投票か、いずれの方法によるかお諮りいたします。



◆17番(上薗幸近君) 指名推選でお願いします。



◆15番(小牧勝一郎君) 川内地区消防組合議会議員の選挙については、投票の方法によられるようお願いいたします。



○議長(原口博文君) ただいま投票の声がありますので、川内地区消防組合議会議員の選挙は、投票によって行います。

 直ちに議場の閉鎖を命じます。

 [議定閉鎖]



○議長(原口博文君) ただいまの出席議員数は28名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

 [投票用紙配付]



○議長(原口博文君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 配付漏れはないと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 [投票箱点検]



○議長(原口博文君) 異状はないと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人1名の氏名を記載し、職員の点呼に応じて順次投票願います。

 なお、被選挙人は6名でありますので、上位得票者6名が当選者となります。

 点呼を命じます。

 [事務局職員点呼により投票]

   1番  山之内 勝議員

   2番  佃 昌樹議員

   3番  今塩屋裕一議員

   4番  宮里兼実議員

   5番  好士崎 勝議員

   6番  乙須紀文議員

   7番  笠毛通夫議員

   8番  新原春二議員

   9番  森永靖子議員

  10番  石野田 浩議員

  11番  寺脇幸一議員

  12番  福田俊一郎議員

  13番  堀之内盛良議員

  14番  池脇重夫議員

  15番  小牧勝一郎議員

  16番  小辻富義議員

  17番  上薗幸近議員

  18番  川野勲雄議員

  19番  宮内澄雄議員

  20番  橋口博文議員

  21番  川畑善照議員

  22番  杉薗道朗議員

  23番  柏木謙一議員

  24番  岩下早人議員

  25番  上村征四議員

  26番  木元高尚議員

  27番  今別府哲矢議員

  28番  原口博文議員



○議長(原口博文君) 投票漏れはありませんか。

 [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 投票漏れはないと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 [議場開鎖]



○議長(原口博文君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に2番佃昌樹君、8番新原春二君を指名いたします。

 両君の立ち会いを願います。

 [開票]



○議長(原口博文君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に一致しております。

 そのうち、

  有効投票 28票

  無効投票 0票

 有効投票中、

  寺脇幸一君 5票

  小辻富義君 5票

  上薗幸近君 5票

  原口博文君 4票

  岩下早人君 4票

  宮内澄雄君 4票

  笠毛通夫君 1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は2票であります。

 よって、寺脇幸一君、小辻富義君、上薗幸近君、原口博文君、岩下早人君、宮内澄雄君が川内地区消防組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました寺脇幸一君、小辻富義君、上薗幸近君、原口博文君、岩下早人君、宮内澄雄君が在席でありますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の旨を告知いたします。

 以上で、川内地区消防組合議会議員の選挙を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6、議選第3号 川薩地区介護保険組合議会議員の選挙について



○議長(原口博文君) 次は、日程第6、議選第3号川薩地区介護保険組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 川薩地区介護保険組合議会議員の定数は、同組合規約第6条の規定により24名であります。

 議員の選出方法は、川内市は議員の中から2名、樋脇町、入来町、東郷町、宮之城町、鶴田町、薩摩町、祁答院町及び甑島4村は、それぞれの長及び議員の中から2名を選挙することになっております。

 この際、川内市選出の同組合議会議員選挙の方法について、指名推選か投票か、いずれの方法によるかお諮りいたします。



◆15番(小牧勝一郎君) 川薩地区介護保険組合議会議員選挙の方法については、指名推選の方法によられるようお願いいたします。



○議長(原口博文君) ただいま小牧勝一郎君から指名推選によられたいとの発言がありましたが、川薩地区介護保険組合議会議員の選挙は、指名推選の方法によることに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、川薩地区介護保険組合議会議員の選挙は、指名推選の方法によることに決しました。

 どなたか指名推選をお願いいたします。



◆15番(小牧勝一郎君) それでは、私の方から指名推選をいたします。

 川薩地区介護保険組合議会議員に原口博文議員と川畑善照議員を指名推選いたしたいと思います。

 議員全員の御賛同方よろしくお願いいたします。



○議長(原口博文君) ただいま小牧勝一郎君から、川薩地区介護保険組合議会議員に原口博文君と川畑善照君を指名推選がありましたが、指名推選のとおり原口博文君と川畑善照君を川薩地区介護保険組合議会議員の当選人とすることに御異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(原口博文君) 御異議ないと認めます。

 よって、原口博文君と川畑善照君が川薩地区介護保険組合議会議員に当選されました。

 ただいま原口博文君と川畑善照君が在席でありますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の旨を告知いたします。

 以上で、川薩地区介護保険組合議会議員の選挙を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(原口博文君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 次の会議は、18日午前10時に開きます。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午後9時20分散会

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜