議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島市

平成13年第1回臨時会(5月) 05月18日−01号




平成13年第1回臨時会(5月) − 05月18日−01号







平成13年第1回臨時会(5月)



   議事日程 第一号

     平成十三年五月十八日(金曜)午前十時 開議



第 一 議席の一部変更の件

第 二 会議録署名議員の指名

第 三 会期の決定

第 四 特別委員会中間報告の件

第 五 第一号議案 専決処分の承認を求める件

第 六 第二号議案 専決処分の承認を求める件

第 七 第三号議案 専決処分の承認を求める件

第 八 第四号議案 専決処分の承認を求める件

第 九 意見書案第八号 ハンセン病元患者の人権回復と社会復帰、生活支援策の充実を求める意見書提出の件

第一〇 決議案第三号 大園盛仁議員に対し重大な警告を発する決議の件

第一一 陳情に関する件

第一二 常任委員の選任

第一三 議会運営員の選任

第一四 都市整備対策特別委員会設置要綱改正の件

第一五 九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会設置の件

────────────────────────────────────────

   本日の会議に付した事件

日程第一から日程第一〇まで

(日程追加)

会議録署名議員の追加指名

日程第一一から日程第一五まで

(日程追加)

特別委員の選任

第五号議案 監査委員の選任について同意を求める件

第六号議案 監査委員の選任について同意を求める件

農業委員会委員の推薦

閉会中継続調査の件

────────────────────────────────────────

   (出席議員 四十七人)

  一  番   川  越  桂  路  議員

  二  番   山  口  た け し  議員

  三  番   古  江  尚  子  議員

  四  番   仮  屋  秀  一  議員

  五  番   豊  平     純  議員

  七  番   白  賀  雅  之  議員

  八  番   中  尾  ま さ 子  議員

  九  番   北  森  孝  男  議員

  十  番   井  上     剛  議員

  十一 番   伊 地 知  紘  徳  議員

  十二 番   の ぐ ち  英 一 郎  議員

  十三 番   柿  元  一  雄  議員

  十五 番   谷  川  修  一  議員

  十六 番   小  森  こうぶん  議員

  十七 番   桑  鶴     勉  議員

  十八 番   欠  員

  十九 番   藤  田  て る み  議員

  二十 番   ふくし山  ノブスケ  議員

  二十一番   森  山  き よ み  議員

  二十二番   う え だ  勇  作  議員

  二十三番   政  田  け い じ  議員

  二十四番   小  川  み さ 子  議員

  二十五番   幾  村  清  徳  議員

  二十六番   鶴  薗  勝  利  議員

  二十七番   上  門  秀  彦  議員

  二十八番   中  島  蔵  人  議員

  二十九番   平  山     哲  議員

  三十 番   安  川     茂  議員

  三十一番   川  野  幹  男  議員

  三十二番   秋  広  正  健  議員

  三十三番   入  佐  あ つ 子  議員

  三十四番   三 反 園  輝  男  議員

  三十五番   ふ じ た  太  一  議員

  三十六番   山  下  ひ と み  議員

  三十七番   長  田  徳 太 郎  議員

  三十八番   日  高  あ き ら  議員

  三十九番   下  村  祐  毅  議員

  四十 番   西  川  かずひろ  議員

  四十一番   入  船  攻  一  議員

  四十二番   中  園  義  弘  議員

  四十三番   上  川  か お る  議員

  四十四番   小  宮  邦  生  議員

  四十五番   竹 之 下  たかはる  議員

  四十六番   片  平  孝  市  議員

  四十七番   泉     広  明  議員

  四十八番   平  山  た か し  議員

  四十九番   赤  崎  正  剛  議員

  五十 番   中  島  耕  二  議員

     ──────────────────────────────

   (欠席議員 二人)

  六  番   大  園  盛  仁  議員

  十四 番   志  摩  れ い 子  議員

     ──────────────────────────────

   事務局職員出席者

  事務局長   緒  方  寛  治  君

  議事課長   徳  永  文  男  君

  総務課長   垂  野  賢  一  君

  政務調査課長 宇 治 野  和  幸  君

  議事課主幹  鶴  丸  昭 一 郎  君

  委員会係長  北  山  一  郎  君

  議事課主査  宮 之 原     賢  君

  議事課主事  奥     浩  文  君

     ──────────────────────────────

   説明のため出席した者

  市長     赤  崎  義  則  君

  助役     戸  川  堅  久  君

  助役     木  村  耕  一  君

  収入役    井 ノ 上  章  夫  君

  教育長    下  尾     穗  君

  代表監査委員 山  元  貞  明  君

  市立病院長  武     弘  道  君

  交通局長   谷  口  満 洲 雄  君

  水道局長   中  村     忍  君

  総務局長   永  田  哲  夫  君

  市民局長   内  田  龍  朗  君

  市民局参事  吉  原  正  裕  君

  環境局長   中 津 川  正  宏  君

  健康福祉局長 坂  元  生  昭  君

  健康福祉局参事折  田  勝  郎  君

  経済局長   徳  重  芳  久  君

  建設局長   園  田  太 計 夫  君

  消防局長   鶴  留  靖  典  君

  病院事務局長 平  瀬  俊  郎  君

  企画部長   渡  邊  眞 一 郎  君

  総務部長   森     博  幸  君

  財政部長   大  西  義  幸  君

  税務部長   松  下  光  國  君

  市民部長   邦  村  昇  蔵  君

  環境部長   大  村  和  昭  君

  清掃部長   塩  満  政  俊  君

  健康福祉部長 上  田     稔  君

  福祉事務所長 馬  原  文  雄  君

  商工観光部長 川  原     勤  君

  農林部長   家  村  高  芳  君

  建設管理部長 山  中  敏  隆  君

  都市計画部長 奥  山  民  夫  君

  建築部長   野  間  孫 一 郎  君

  道路部長   新  山  省  吾  君

  交通局次長  徳  永  良  一  君

  水道局総務部長小  田  光  昭  君

  教育委員会事務局管理部長

         松 木 園  富  雄  君

  秘書課長   中  園  博  揮  君

     ──────────────────────────────







 平成十三年五月十八日 午前十時 開会



△開会



○議長(下村祐毅君) これより、平成十三年第一回鹿児島市議会臨時会を開会いたします。



△開議



○議長(下村祐毅君) 直ちに本日の会議を開きます。



△諸般の報告



○議長(下村祐毅君) この際、諸般の報告をいたします。

 まず、去る四月九日、永田けんたろう議員から一身上の都合により議員を辞職したい旨の願い出がありました。

 よって、地方自治法第百二十六条の規定により、同日これを許可いたしましたので御報告いたします。

 次に、文教委員会の永田委員長の議員辞職に伴う後任の委員長互選の結果については、西川かずひろ議員が、また、民生環境委員会において辞任された大園副委員長の後任の副委員長互選結果については、中島蔵人議員がそれぞれ当選されました。

 次に、今議会に市長から、地方自治法第百八十条第二項の規定による専決処分の報告並びに本市監査委員から、同法第百九十九条第九項の規定による行政監査及び定期監査の結果報告がありました。

 以上の報告については、先般送付いたしましたとおりであります。

 次に、同じく本市監査委員から、地方自治法第二百三十五条の二第三項の規定による例月現金出納検査の結果報告がありました。

 関係書類は、事務局に保管してありますので御閲覧願います。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第一号のとおりであります。



△議席の一部変更の件



○議長(下村祐毅君) それでは、日程第一 議席の一部変更の件を議題といたします。

 今回、議員の辞職がありましたので、議席の一部変更についてお諮りいたします。

 この際、お手元に配付いたしました議席表(本日の末尾掲載)のとおり、議席の一部を変更いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△会議録署名議員の指名



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第二 会議録署名議員の指名を行います。

 今議会の会議録署名議員は、柿元一雄議員及びのぐち英一郎議員を指名いたします。



△会期の決定



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第三 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今議会の会期は、本日一日といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日一日と決定いたしました。



△特別委員会中間報告の件



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第四 特別委員会中間報告の件を議題といたします。



△桜島爆発対策特別委員会中間報告



○議長(下村祐毅君) それでは、まず、桜島爆発対策特別委員会の中間報告を求めます。

   [桜島爆発対策特別委員長 片平孝市君 登壇]



◆桜島爆発対策特別委員長(片平孝市君) 桜島爆発対策特別委員会に調査を付託されました事件、すなわち桜島火山の継続的な爆発に伴う降灰対策等に関する件について中間報告をいたします。

 本委員会は、新たに昨年五月に設置されて以来、桜島火山爆発総合防災訓練への参加を含め、都合六回の委員会を開催し、各面から調査検討を行ったほか、国等への陳情活動とあわせて、二十三年ぶりに噴火した有珠山の火山対策について、北海道伊達市の行政視察を行うなど、幅広い活動を行ってきたところであります。

 なお、道路の降灰除去や防災営農対策事業等についての質疑経過、十二年度に実施した中央陳情の経過並びに十四年度政府予算編成に向けての要望事項など本委員会の一年間の詳細な活動内容につきましては、お手元に配付いたしました調査経過一覧表(会議録末尾掲載)のとおりでありますので、よろしく御了解のほどお願いいたします。

 また、本委員会におきましては、これまでの調査、検討結果を踏まえ、調査結果のまとめについて協議した結果、付託された事件については、各面にわたり調査検討を加えるとともに、陳情活動等を通じ一定の前進は見られたところであるが、さらに国等に対して陳情を行っていくべき事項など、懸案事項を残しているので、今後とも引き続き調査を行うべきであるということを、全会一致で決定した次第であります。

 以上をもちまして、桜島爆発対策特別委員会における調査経過の中間報告を終わります。



△都市整備対策特別委員会中間報告



○議長(下村祐毅君) 次は、都市整備対策特別委員会の中間報告を求めます。

   [都市整備対策特別委員長 日高あきら君 登壇]



◆都市整備対策特別委員長(日高あきら君) 都市整備対策特別委員会に調査を付託されました事件、すなわち本市が当面している河川改修、港湾整備、バイパス建設、九州新幹線・在来線の整備等の都市整備問題に関する件について中間報告をいたします。

 本委員会は、新たに昨年五月に設置されて以来、都合八回の委員会を開催し、各面から調査検討を行ったほか、新潟市の港湾整備事業、横須賀市のバイパス建設事業、静岡市の河川改修事業等について行政視察を行うなど、幅広い対応を図ってきたところであります。

 なお、甲突川、稲荷川及び新川の河川改修状況、鹿児島港の整備状況、南九州西回り自動車道、国道十号鹿児島北バイパス、東西幹線道路等の状況、九州新幹線鹿児島ルートの建設促進及び在来線の整備状況等についての質疑経過など、本委員会の一年間の詳細な活動内容につきましては、お手元に配付いたしました調査経過一覧表(会議録末尾掲載)のとおりでありますので、よろしく御了承のほどお願いいたします。

 また、本委員会におきましては、これまでの調査、検討結果を踏まえ、調査結果のまとめについて協議をした結果、在来線の整備については、一定の目的が達成されたことから、調査を終了することとし、河川改修、港湾整備、バイパス建設、九州新幹線の整備については、一定の前進は見られたが、さらに検討すべき事項を残しているので、今後も引き続いて調査を行うべきであることを全会一致で決定した次第であります。

 以上をもちまして、都市整備対策特別委員会における調査経過の中間報告を終わります。



○議長(下村祐毅君) これより、中間報告に対する質疑に入ります。

 発言の通告はありませんが、別に発言がなければ、質疑はないものと認めます。

 以上で、特別委員会の中間報告を終わります。



△第一号議案─第四号議案上程



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第五 第一号議案ないし日程第八 第四号議案の議案四件を一括議題といたします。

 件名の朗読を省略いたします。



△市長提案理由説明



○議長(下村祐毅君) ここで、提出者の説明を求めます。

   [市長 赤崎義則君 登壇]



◎市長(赤崎義則君) 平成十三年第一回市議会臨時会におきまして、今回提案いたしております専決処分の承認を求める件四件につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 鹿児島市税条例の一部を改正する条例は、地方税法等の一部改正に伴い、鹿児島市税条例の関係部分を改正したものであります。

 鹿児島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、地方税法の一部改正に伴い、鹿児島市国民健康保険税条例の関係部分を改正したものであります。

 平成十二年度鹿児島市一般会計補正予算(第四号)は、建設事業基金への積立て、起債の許可予定額の決定に伴う地方債の変更等を行ったものであります。

 平成十三年度鹿児島市一般会計補正予算(第一号)は、鹿児島県(鹿児島市区)議会議員補欠選挙に要する経費等を計上したものであります。

 以上四件は、いずれも地方自治法第百七十九条第一項の規定に基づき、専決処分しましたので、同条第三項の規定により、これを議会に報告し、承認を求めようとするものであります。

 以上で、今回提案いたしました案件についての説明を終わります。

 なにとぞ、よろしく御審議のうえ、承認していただきますようお願いいたします。



△個人質疑



○議長(下村祐毅君) これより質疑に入ります。

 それでは、通告による個人質疑の発言を許可いたします。

 山下ひとみ議員。

   [山下ひとみ議員 登壇](拍手)



◆(山下ひとみ議員) 日本共産党鹿児島市議団の一人として質疑を行います。

 第一号議案並びに第二号議案の専決処分の承認を求める件についてお聞きしますが、これは、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、市税条例の一部と国民健康保険税条例の一部を改正するということで専決処分が行われている案件であります。

 専決処分については、地方自治法の第百七十九条により、一、議会が成立しないとき、二、地方自治法第百十三条定足数のただし書きの場合においてなお会議を開くことができないとき、三、長において議会を開くいとまがないと認めるとき、四、議会において議決または決定すべき事件を議決または決定しないときの四つの条件のいずれかに該当しなければなりません。

 しかも、専決処分の範囲は、地方自治法第九十六条の規定も含みますから、長が専決処分をする場合は、具体的な事情のもとに客観的根拠に基づいて慎重を期して行われなければならないものと考えます。専決処分は安易に行うべきではありません。

 このことを踏まえお伺いをいたしますが、第百五十一回通常国会で成立した地方税法等の一部改正に伴い、本市の条例改正に関連あるものにはどのようなものがあるか、お答えいただきたいと思います。

 また、市税条例一部改正に伴い、関連して改正される項目にはどのようなものがあるのかをお示しいただきたいと思います。

 以上で、第一回目の質問を終わります。



◎総務局長(永田哲夫君) 地方税法の一部改正に伴う本市の条例改正につきましてお答えいたします。

 地方税法等の一部を改正する法律が、平成十三年三月三十日に公布されたところでございます。

 この改正を受けまして、総務局関係におきましては、鹿児島市税条例中、個人市民税、固定資産税・都市計画税、特別土地保有税等に関する規定を改正する必要が生じたことから、同条例の一部改正を行ったところでございます。

 なお、この改正は、地方税法等の一部を改正する法律中、平成十三年三月三十一日及び四月一日から施行される規定があったことから、同月三十日付で専決処分をいたしたところでございます。

 次に、市税条例一部改正の項目についてでございますが、個人市民税におきましては、商品先物取引に係る個人市民税の申告分離課税制度の創設、現行の負担軽減措置である長期所有の土地を譲渡した場合の譲渡所得に係る個人市民税の課税の特例の適用期限の延長、固定資産税等におきましては、火災や地震など被災住宅用地に係る固定資産税及び都市計画税の特別措置の創設、バリアフリーに対応した住宅で新たな高齢者世帯向け賃貸住宅供給促進制度に基づき整備される賃貸住宅に係る固定資産税の減額措置の創設、防災街区整備推進機構が買い取りをした土地に係る特別土地保有税の軽減額の変更などでございます。

 以上でございます。



◎市民局長(内田龍朗君) お答えいたします。

 地方税法等の一部を改正する法律の公布日等につきましては、先ほどの総務局長答弁のとおりでございますが、この改正を受けまして、鹿児島市国民健康保険税条例中、所得割額の算定及び税の減額に関する規定を整備する必要が生じたことから、同条例の一部改正を行ったところでございます。

 なお、この改正は、地方税法等の一部を改正する法律の施行日が、平成十三年四月一日でありましたので、三月三十日付で専決処分いたしたところでございます。

 次に、鹿児島市国民健康保険税条例一部改正の内容についてでございますが、商品先物取引に係る雑所得等の金額が、個人市民税においては分離して課税されることとなったことに伴い、国民健康保険税においては、従来どおりの課税とするために、当該雑所得等の金額を課税の対象に含める特例を設けたものでございます。

 以上でございます。

   [山下ひとみ議員 登壇]



◆(山下ひとみ議員) 御答弁いただき、るるお示しがありました。

 しかしながら、今回の一部改正の中身は、地方への財源移譲に背を向けながら、その一方では、株式譲渡益への源泉分離課税の温存、会社分割等による企業再編への優遇措置、商品先物取引に対する申告分離課税導入など大企業奉仕の税制改革を促進し、地方の税収不足をさらに悪化させるものであります。また、特別土地保有税の徴収猶予拡大や特定目的会社の不動産取得税の軽減は、土地投機を促進するものであります。

 そこで、さらに商品先物取引に係る個人市民税の課税の特例について絞ってお伺いいたします。

 先物取引というのは、将来の一定の時期に取引対象の受け渡しと代金の支払いを執行することを約束する取引を言いますが、先物取引は、取引対象の現物を大量に取引する業者によって、現物の価格変動リスクに保険を掛ける目的でも利用されます。

 一定割合の委託証拠金を差し入れるだけで大量の現物取引を可能にするものであり、投資としてのリスクも大きいと言われているため、一般の市民にとってはなじみの薄い事柄でもありますが、個人の市民税にかかわる案件ですので、お尋ねいたします。

 第一の質問、これまでこの種の課税は総合課税であり、所得に応じた累進課税であったと思うが、相違ありませんか。

 第二の質問、改正の前と後ではどのようになるのか。課税方法、税率についてお示しください。

 第三の質問、この改正によって、累進課税の方式ではなくなるのであれば、一部の高額所得者への優遇処置につながると思うがそのとおりか、見解をお示しください。

 以上で私の二回目の質問を終わります。



◎総務局長(永田哲夫君) 商品先物取引に係る個人の市民税についてお答えいたします。

 商品先物取引に係る所得については、おただしのとおり、これまで総合課税であり、所得に応じた累進課税でございました。

 税率につきましては、改正前は、他の所得と合算した上で課税所得の多寡に応じて三%、八%、一〇%の三段階となっておりましたが、改正後は、他の所得と分離し、課税所得に対して一律四%となります。

 このように税率が段階別から一律になったことにより、八%、一〇%の税率が適用されていた所得者は、四%の税率が適用されることになります。

 以上でございます。

   [山下ひとみ議員 登壇]



◆(山下ひとみ議員) 以上、お答えいただきましたが、この間の地方税法等の改正では、高額所得者に対して税金の負担率をこれまでよりも低く抑え、そして一部の高額所得者を優遇することにつながる措置や特例が繰り返されてきました。今回のこの先物取引に係る個人市民税の特例も例外ではなく、金持ちには減税、この姿勢が貫かれています。

 このような問題点を含む今回の市税条例並びに関係条例の専決議案には問題があると言わざるを得ません。

 以上、御指摘申し上げ、私の個人質疑を終わります。(拍手)



○議長(下村祐毅君) 以上で、通告による個人質疑を終わります。

 ほかになければ、これをもって質疑を終了いたします。



△常任委員会付託省略



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 ただいまの議案四件については、いずれも委員会付託を省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれもそのように決しました。

 ここで、しばらく休憩いたします。

             午 前  十時二十三分 休 憩

            ─────────────────

             午 前 十一時 十三分 開 議



○議長(下村祐毅君) 休憩前に引き続き会議を開き、議事を続行いたします。

 これより討論に入ります。

 発言の通告はありませんが、別に発言がなければ、ただいまの議案四件については、討論はないものと認めます。



△表決



○議長(下村祐毅君) これより表決に入ります。

 それでは、まず、第一号議案 専決処分の承認を求める件について採決いたします。

 本件については、承認することに賛成の議員の起立を求めます。

   [賛成者起立]



○議長(下村祐毅君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認されました。

 次に、ただいまの議案一件を除くその他の議案三件について一括採決いたします。

 以上の議案三件については、いずれも承認することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれも承認されました。



△意見書案一件及び決議案一件上程、提出者説明及び委員会付託省略



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第九 意見書案第八号及び日程第一〇 決議案第三号の意見書案一件及び決議案一件を一括議題といたします。

 件名の朗読を省略いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの意見書案一件及び決議案一件については、いずれも提出者の説明及び委員会付託をそれぞれ省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれもそのように決しました。

 これより順次、質疑、討論に入ります。

 発言の通告はありませんが、別に発言がなければ、ただいまの意見書案一件及び決議案一件については、質疑、討論はないものと認めます。



△表決



○議長(下村祐毅君) これより表決に入ります。

 それでは、意見書案第八号及び決議案第三号について一括採決いたします。

 以上の意見書案一件及び決議案一件については、いずれも原案どおり決することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれも原案どおり可決されました。



△日程追加、会議録署名議員の追加指名



○議長(下村祐毅君) ここで、本日の日程に追加し、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員として、藤田てるみ議員を追加指名いたします。



△陳情上程、委員長報告省略



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第一一 陳情に関する件について、陳情六件を一括議題といたします。

 件名の朗読を省略いたします。

 ただいまの陳情については、お手元に配付いたしました審査結果一覧表(会議録末尾掲載)並びに取下げ願一覧表(会議録末尾掲載)のとおりであります。

 お諮りいたします。

 審査結果一覧表の陳情五件については、いずれも委員長報告を省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△表決



○議長(下村祐毅君) これより表決に入ります。

 それでは、まず、陳情第六号 NTTドコモ鉄塔建設反対についてを採決いたします。

   [無所属草の根の各議員 退席]



○議長(下村祐毅君) ただいまの陳情に対する委員会の審査結果は、不採択でありますので、賛成者先諮の原則により、採択についてお諮りいたします。

 本件を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

   [起立者なし]



○議長(下村祐毅君) 起立ゼロであります。

 よって、本件は不採択とすることに決しました。

   [無所属草の根の各議員 着席]



○議長(下村祐毅君) 次に、ただいまの陳情一件を除くその他の陳情四件については、いずれも委員会審査結果どおり決することとし、取下げ願一覧表の陳情一件については、提出者の申し出どおり、取り下げを承認することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれもそのように決しました。



△常任委員の選任



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第一二 常任委員の選任を行います。

 まず、議長から委員の氏名を申し上げます。

 局長に氏名を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(緒方寛治君) 常任委員の氏名を申し上げます。

 総務消防委員

  川越 桂路 議員  中尾まさ子 議員  北森 孝男 議員

  井上  剛 議員  柿元 一雄 議員  小森こうぶん議員

  川野 幹男 議員  入船 攻一 議員  泉  広明 議員

  中島 耕二 議員

 以上十人。

 民生環境委員

  仮屋 秀一 議員  うえだ勇作 議員  政田けいじ 議員

  小川みさ子 議員  平山  哲 議員  長田徳太郎 議員

  下村 祐毅 議員  上川かおる 議員  小宮 邦生 議員

  竹之下たかはる議員

 以上十人。

 経済企業委員

  志摩れい子 議員  谷川 修一 議員  藤田てるみ 議員

  森山きよみ 議員  鶴薗 勝利 議員  入佐あつ子 議員

  山下ひとみ 議員  片平 孝市 議員  赤崎 正剛 議員

 以上九人。

 建設委員

  山口たけし 議員  豊平  純 議員  桑鶴  勉 議員

  幾村 清徳 議員  上門 秀彦 議員  秋広 正健 議員

  三反園輝男 議員  ふじた太一 議員  中園 義弘 議員

  平山たかし 議員

 以上十人。

 文教委員

  古江 尚子 議員  大園 盛仁 議員  白賀 雅之 議員

  伊地知紘徳 議員 のぐち英一郎議員 ふくし山ノブスケ議員

  中島 蔵人 議員  安川  茂 議員  日高あきら 議員

  西川かずひろ議員

 以上十人であります。



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 常任委員の選任については、ただいま朗読いたしました議員をそれぞれ指名することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の議員をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。



△議会運営委員の選任



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第一三 議会運営委員の選任を行います。

 まず、議長から委員の氏名を申し上げます。

 局長に氏名を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(緒方寛治君) 議会運営委員の氏名を申し上げます。

  仮屋 秀一 議員  小森こうぶん議員  森山きよみ 議員

  鶴薗 勝利 議員  上門 秀彦 議員  安川  茂 議員

  川野 幹男 議員  秋広 正健 議員  三反園輝男 議員

  ふじた太一 議員  長田徳太郎 議員  入船 攻一 議員

 以上十二人であります。



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、ただいま朗読いたしました議員を、それぞれ指名することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の議員を議会運営委員に選任することに決しました。



△都市整備対策特別委員会設置要綱改正の件



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第一四 都市整備対策特別委員会設置要綱改正の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件については、お手元に配付いたしましたとおり、特別委員会設置要綱(本日の末尾掲載)を一部改正いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会設置の件



○議長(下村祐毅君) 次は、日程第一五 九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会設置の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 お手元に配付いたしました設置要綱(本日の末尾掲載)のとおり、特別委員会を設置いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員の選任



○議長(下村祐毅君) 次に、ただいま設置されました九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員の選任を行います。

 まず、議長から委員の氏名を申し上げます。

 局長に氏名を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(緒方寛治君) 九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員の氏名を申し上げます。

  豊平  純 議員  のぐち英一郎議員  小森こうぶん議員

  藤田てるみ 議員  鶴薗 勝利 議員  上門 秀彦 議員

  秋広 正健 議員  ふじた太一 議員  入船 攻一 議員

  上川かおる 議員  片平 孝市 議員  平山たかし 議員

 以上十二人であります。



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員の選任については、ただいま朗読いたしました議員をそれぞれ指名することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の議員を九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員に選任することに決しました。

 ここで、桜島爆発対策特別委員及び都市整備対策特別委員について申し上げます。

 本日、桜島爆発対策特別委員及び都市整備対策特別委員から、それぞれの特別委員を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第十四条の規定により、これを許可いたしましたので御報告いたします。



△日程追加



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 この際、特別委員の選任を本日の日程に追加し、直ちに選任を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△特別委員の選任



○議長(下村祐毅君) それでは、特別委員の選任を行います。

 まず、議長から委員の氏名を申し上げます。

 局長に氏名を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(緒方寛治君) 特別委員の氏名を申し上げます。

 桜島爆発対策特別委員

  川越 桂路 議員  仮屋 秀一 議員  井上  剛 議員

  谷川 修一 議員  桑鶴  勉 議員  小川みさ子 議員

  中島 蔵人 議員  川野 幹男 議員  入佐あつ子 議員

  日高あきら 議員  竹之下たかはる議員 泉  広明 議員

 以上十二人。

 都市整備対策特別委員

  山口たけし 議員  白賀 雅之 議員  北森 孝男 議員

  志摩れい子 議員  森山きよみ 議員  政田けいじ 議員

  安川  茂 議員  三反園輝男 議員  山下ひとみ 議員

  西川かずひろ議員  赤崎 正剛 議員  中島 耕二 議員

 以上十二人であります。



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 特別委員の選任については、ただいま朗読いたしました議員をそれぞれ指名することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の議員をそれぞれの特別委員に選任することに決しました。



△日程追加



○議長(下村祐毅君) ここでお諮りいたします。

 お手元に配付いたしましたとおり、今議会に議案二件の追加提出がありました。

 この際、第五号議案及び第六号議案の監査委員の選任について同意を求める件並びに農業委員会委員の推薦を急施事件として本日の日程に追加し、直ちに議題として、順次、お諮りいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△第五号議案上程、提出者説明及び委員会付託省略



○議長(下村祐毅君) それでは、まず、第五号議案 監査委員の選任について同意を求める件を議題といたします。

 地方自治法第百十七条の規定により、中島蔵人議員の退席を求めます。

   [中島蔵人議員 退席]



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 本件については、提出者の説明及び委員会付託をそれぞれ省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれもそのように決しました。

 これより順次、質疑、討論に入ります。

 発言の通告はありませんが、別に発言がなければ、ただいまの議案については、質疑、討論はないものと認めます。



△表決



○議長(下村祐毅君) これより表決に入ります。

 それでは、第五号議案 監査委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本件については、同意することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は同意することに決しました。

   [中島蔵人議員 着席]



△第六号議案上程、提出者説明及び委員会付託省略



○議長(下村祐毅君) 次に、第六号議案 監査委員の選任について同意を求める件を議題といたします。

 地方自治法第百十七条の規定により、秋広正健議員の退席を求めます。

   [秋広正健議員 退席]



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 本件については、提出者の説明及び委員会付託をそれぞれ省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、いずれもそのように決しました。

 これより順次、質疑、討論に入ります。

 発言の通告はありませんが、別に発言がなければ、ただいまの議案については、質疑、討論はないものと認めます。



△表決



○議長(下村祐毅君) これより表決に入ります。

 それでは、第六号議案 監査委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本件については、同意することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は同意することに決しました。

   [秋広正健議員 着席]



△農業委員会委員の推薦



○議長(下村祐毅君) 次に、農業委員会委員の推薦を行います。

   [伊地知、谷川、小川、安川、西川の各議員 退席]



○議長(下村祐毅君) お諮りいたします。

 農業委員会委員の推薦については、学識経験者として五人を議長指名により推薦いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

 それでは、

 鹿児島市明和五丁目三十七番三号       伊地知紘徳 君

 鹿児島市荒田一丁目六十一番十六号      谷川 修一 君

 鹿児島市桜ケ丘六丁目二十番地十九      小川みさ子 君

 鹿児島市清水町十八番十四号         安川  茂 君

 鹿児島市下福元町六千五百五十七番地四十一  西川かずひろ君

 以上を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました五人の諸君を農業委員会委員として推薦することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

   [伊地知、谷川、小川、安川、西川の各議員 着席]



○議長(下村祐毅君) これより、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の正副委員長互選を行うため、ここでしばらく休憩いたします。

             午 前 十一時三十一分 休 憩

            ─────────────────

             午 後  一時五十三分 開 議



○議長(下村祐毅君) 休憩前に引き続き会議を開き、議事を続行いたします。



△日程追加



○議長(下村祐毅君) ここで、お手元に配付いたしましたとおり、会議規則第百五条の規定により、議会運営委員長から閉会中継続調査(会議録末尾掲載)の申し出がありました。

 この際、閉会中継続調査の件を急施事件として、本日の日程に追加し、お諮りいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△閉会中継続調査の件



○議長(下村祐毅君) それでは、議会運営委員長から申し出のあった閉会中継続調査の件についてお諮りいたします。

 本件については、議会運営委員長の申し出どおり、当該議会運営委員の任期中、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

   [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(下村祐毅君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。



△各委員会正副委員長互選結果の報告



○議長(下村祐毅君) 次に、ただいま各常任委員会、議会運営委員会及び各特別委員会における正副委員長互選の結果報告がありましたので、局長に氏名を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(緒方寛治君) 正副委員長の氏名を申し上げます。

 総務消防委員会      委員長  小 森 こうぶん議員

 同           副委員長  川 野 幹 男 議員

 民生環境委員会      委員長  政 田 けいじ 議員

 同           副委員長  うえだ 勇 作 議員

 経済企業委員会      委員長  森 山 きよみ 議員

 同           副委員長  谷 川 修 一 議員

 建設委員会        委員長  上 門 秀 彦 議員

 同           副委員長  平 山 たかし 議員

 文教委員会        委員長  のぐち 英一郎 議員

 同           副委員長  中 島 蔵 人 議員

 議会運営委員会      委員長  長 田 徳太郎 議員

 同           副委員長  川 野 幹 男 議員

 桜島爆発対策特別委員会  委員長  泉   広 明 議員

 同           副委員長  竹之下 たかはる議員

 都市整備対策特別委員会  委員長  安 川   茂 議員

 同           副委員長  志 摩 れい子 議員

 九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会

              委員長  入 船 攻 一 議員

 同           副委員長  ふじた 太 一 議員

 以上であります。



△閉会



○議長(下村祐毅君) 以上で、今議会に付議された案件は、すべて議了いたしました。

 これをもって、平成十三年第一回鹿児島市議会臨時会を閉会いたします。

              午 後 一時五十六分 閉 会

             ────────────────









△議席表



赤 崎中 島
(耕)
4950


長 田日 高下 村西 川入 船中 園上 川小 宮竹之下片 平 泉 平 山
(た)
373839404142434445464748


幾 村鶴 薗上 門中 島
(蔵)平 山
(哲)安 川川 野秋 広入 佐三反園ふじた
(太)山 下
252627282930313233343536


柿 元志 摩谷 川小 森桑 鶴   藤 田
(て)ふくし
 山 森 山うえだ政 田小 川
131415161718192021222324


川 越山 口古 江仮 屋豊 平大 園白 賀中 尾北 森井 上伊地知のぐち
123456789101112


*17番、18番 一部変更










△特別委員会設置要綱




一 名  称都市整備対策特別委員会
二 目  的 本市が当面している都市整備問題(河川改修、港湾整備、バイパス建設)について調査検討を行い、関係当局への意見反映をはかる。
三 性  格法による特別委員会
四 定  数十二人
五 設  置平成十二年五月十七日
 (議長発議によって、設置要綱どおり設置する。)
六 審査期間 調査終了までとし、調査は原則として閉会中に行うものとする。










△特別委員会設置要綱




一 名  称九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会
二 目  的 九州新幹線開業に伴う諸問題(九州新幹線鹿児島ルート、並行在来線、西鹿児島駅駅名改称、西鹿児島駅前広場整備及び西鹿児島駅駅舎・駅ビル建設等)について調査検討を行い、関係当局への意見反映をはかる。
三 性  格法による特別委員会
四 定  数十二人
五 設  置平成十三年五月十八日
 (議長発議によって、設置要綱どおり設置する。)
六 審査期間 調査終了までとし、調査は原則として閉会中に行うものとする。








   地方自治法第百二十三条第二項の規定により署名する。



            市議会議長   下  村  祐  毅



            市議会議員   柿  元  一  雄



            市議会議員   の ぐ ち  英 一 郎



            市議会議員   藤  田  て る み