議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島県

平成29年第1回定例会(第10日目) 本文




 午前十一時開議


   △ 開  議
◯副議長(鶴田志郎君)ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の日程は、配付いたしております議事日程のとおりであります。
      ━━━━━━━━━━━━━
 議 事 日 程
 一、開  議
 一、議長辞職の件
 一、副議長辞職の件
 一、海外経済交流促進等特別委員の辞任及び選任
 一、常任委員の選任
 一、議会運営委員の選任
   ──── 本会議休憩 ────
   常任委員会(委員長及び副委員長の互選等)
   海外経済交流促進等特別委員会(委員長及び副委
   員長の互選)
   議会運営委員会(委員長及び副委員長の互選)
   ──── 本会議再開 ────
 一、常任委員会、議会運営委員会及び海外経済交流促
   進等特別委員会の委員長及び副委員長の互選結果
   報告
   ──── 知事あいさつ ────
 一、閉  会
      ━━━━━━━━━━━━━
   [退席する者あり]


   △ 議長辞職の件
◯副議長(鶴田志郎君)まず、池畑憲一君から、議長を辞職したい旨の願いが提出されておりますので、議長辞職の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 池畑憲一君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯副議長(鶴田志郎君)御異議なしと認めます。
 よって、池畑憲一君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。
   [着席する者あり]
      ─────────────


   △ 日程追加
◯副議長(鶴田志郎君)お諮りいたします。
 ただいま議長辞職の結果、議長が欠員となりましたので、この際、議長選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯副議長(鶴田志郎君)御異議なしと認めます。
 よって、議長選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。
      ─────────────


   △ 議長選挙
◯副議長(鶴田志郎君)ただいまから、議長選挙を行います。
 選挙は、投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   [議場閉鎖]


◯副議長(鶴田志郎君)ただいまの出席議員数は、五十人であります。
      ─────────────


   △ 立会人指名
◯副議長(鶴田志郎君)お諮りいたします。
 会議規則第三十二条第二項の規定によって、立会人に田畑浩一郎君と前野義春君を指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯副議長(鶴田志郎君)御異議なしと認めます。
 よって、立会人に田畑浩一郎君と前野義春君を指名いたします。
 投票用紙を配付させます。
   [投票用紙配付]


◯副議長(鶴田志郎君)投票用紙の配付漏れはありませんか。
   [「なし」と呼ぶ者あり]


◯副議長(鶴田志郎君)配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   [投票箱点検]


◯副議長(鶴田志郎君)異状なしと認めます。
 この際、念のため申し上げます。
 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、同姓の議員がおられますので、名前までお書きくださるよう特にお願いいたします。
 点呼を命じます。
   [議事課長氏名点呼]
   一  番  鶴 丸 明 人 君
   二  番  郷 原 拓 男 君
   三  番  林   健 二 君
   四  番  田 畑 浩一郎 君
   五  番  いわしげ 仁子 君
   六  番  東   清 剛 君
   七  番  上 山 貞 茂 君
   八  番  向井 たかまろ 君
   九  番  ふくし山ノブスケ君
   十  番  前 野 義 春 君
   十一 番  下 鶴 隆 央 君
   十二 番  中 村 素 子 君
   十三 番  宝 来 良 治 君
   十四 番  伊 藤 浩 樹 君
   十五 番  西 村   協 君
   十六 番  向 井 俊 夫 君
   十七 番  長 田 康 秀 君
   十八 番  井 上 章 三 君
   十九 番  大久保 博 文 君
   二十 番  西 高   悟 君
   二十一番  堀 口 文 治 君
   二十二番  瀬戸口 三 郎 君
   二十三番  寺 田 洋 一 君
   二十四番  藤 崎   剛 君
   二十五番  園 田   豊 君
   二十六番  き 久 伸一郎 君
   二十七番  小園 しげよし 君
   二十八番  田 中 良 二 君
   二十九番  松 田 浩 孝 君
   三十 番  桃木野 幸 一 君
   三十一番  柳   誠 子 君
   三十二番  持 冨 八 郎 君
   三十三番  まつざき 真琴 君
   三十四番  永 井 章 義 君
   三十五番  堀之内 芳 平 君
   三十六番  酒 匂 卓 郎 君
   三十七番  吉 留 厚 宏 君
   三十八番  桑 鶴   勉 君
   三十九番  鶴 薗 真佐彦 君
   四十 番  大 園 清 信 君
   四十一番  永 田 憲太郎 君
   四十二番  前 原   尉 君
   四十三番  鶴 田 志 郎 君
   四十四番  日 高   滋 君
   四十五番  外 薗 勝 蔵 君
   四十六番  松 里 保 廣 君
   四十七番  池 畑 憲 一 君
   四十八番  柴 立 鉄 彦 君
   四十九番  山 田 国 治 君
   五十一番  成 尾 信 春 君


◯副議長(鶴田志郎君)投票漏れはありませんか。
   [「なし」と呼ぶ者あり]


◯副議長(鶴田志郎君)投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 開票を行います。
 田畑浩一郎君と前野義春君の立ち会いを願います。
   [開票・点検]


◯副議長(鶴田志郎君)選挙の結果を報告いたします。
 投票総数五十票
 このうち
  有効投票 五十票
  無効投票  零票
 有効投票中
  柴 立 鉄 彦 君 四十九票
  まつざき 真琴 君   一票
 この選挙の法定得票数は、十三票であります。
 よって、柴立鉄彦君が議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
   [議場開鎖]


◯副議長(鶴田志郎君)ただいま、議長に当選されました柴立鉄彦君が議場におられますので、会議規則第三十三条第二項の規定によって、当選の告知をいたします。
      ─────────────


   △ 議長あいさつ
◯副議長(鶴田志郎君)柴立鉄彦君を紹介いたします。
 あいさつをお願いいたします。
   [柴立鉄彦君登壇]


◯議長(柴立鉄彦君)このたび、歴史と伝統ある鹿児島県議会の議長に選任されました。大変ありがたく、光栄に存じております。と同時に、責任の重大さも感じています。私の選挙区であります鹿児島市・郡区からは六十一年ぶりの議長誕生ということもあり、なおその重さも感じているところでございます。
 議会は、二元代表制の一翼を担う県民を代表する議事機関であります。県民の思いを県政に反映させることで、公正かつ公平な議論を尽くし、そしてまた、そのことで真の地方自治の実現を目指すところでもあります。
 私は、平成三年に二回目の挑戦で県議会議員に当選させていただきました。ことしで七期目で、ちょうど二十六年になりました。この二十六年の議員生活を振り返りますと、私が一期生、二期生のころから考えますと、今の若い人たちは、本当に県勢発展のためにいろんな機会を通じて発言、そして行動しようという意欲が前よりも増しているように私自身感じています。
 前の池畑議長も就任の際におっしゃいましたけれども、政策立案、提言、本当に私の若いころから見ますと格段に進歩し、そしてまた、県政のために頑張るという意欲が感じられるように思っています。
 私が皆さん方に誇れるものとすれば、先輩議員が二人おられますけれども、少しばかり県議会議員としての経験があるということだと思っています。これまでの鹿児島県議会の歩みを踏まえ、さらなる県勢発展のために、これから議長として議会運営に携わっていきたいと念じています。どうか皆様方のさらなる御協力、御指導も心からお願い申し上げたいと思います。監視機関としても、県勢発展のために皆さん方の御努力もお願いしたいと思っております。
 まことに言葉足らずではありますが、これからも、明るい、そしてまた県民に親しまれる、県民に開かれた県議会の創造を目指して、皆さん方とともに頑張ってまいりましょう。
 どうぞよろしくお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)


◯副議長(鶴田志郎君)柴立鉄彦君は、議長席にそのままお着きください。
   [柴立鉄彦君議長席に着く]
      ─────────────
   [退席する者あり]


   △ 副議長辞職の件
◯議長(柴立鉄彦君)次に、鶴田志郎君から、副議長を辞職したい旨の願いが提出されておりますので、副議長辞職の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 鶴田志郎君の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、鶴田志郎君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。
   [着席する者あり]
      ─────────────


   △ 日程追加
◯議長(柴立鉄彦君)お諮りいたします。
 ただいま副議長辞職の結果、副議長が欠員となりましたので、この際、副議長選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、御異議ございませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、副議長選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。
      ─────────────


   △ 副議長選挙
◯議長(柴立鉄彦君)ただいまから、副議長選挙を行います。
 選挙は、投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   [議場閉鎖]


◯議長(柴立鉄彦君)ただいまの出席議員数は、五十人であります。
      ─────────────


   △ 立会人指名
◯議長(柴立鉄彦君)お諮りいたします。
 会議規則第三十二条第二項の規定によって、立会人に田畑浩一郎君と前野義春君を指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、立会人に田畑浩一郎君と前野義春君を指名いたします。
 投票用紙を配付させます。
   [投票用紙配付]


◯議長(柴立鉄彦君)投票用紙の配付漏れはありませんか。
   [「なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   [投票箱点検]


◯議長(柴立鉄彦君)異状なしと認めます。
 この際、念のため申し上げます。
 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、同姓の議員がおられますので、名前までお書きくださるよう特にお願いいたします。
 点呼を命じます。
   [議事課長氏名点呼]
   一  番  鶴 丸 明 人 君
   二  番  郷 原 拓 男 君
   三  番  林   健 二 君
   四  番  田 畑 浩一郎 君
   五  番  いわしげ 仁子 君
   六  番  東   清 剛 君
   七  番  上 山 貞 茂 君
   八  番  向井 たかまろ 君
   九  番  ふくし山ノブスケ君
   十  番  前 野 義 春 君
   十一 番  下 鶴 隆 央 君
   十二 番  中 村 素 子 君
   十三 番  宝 来 良 治 君
   十四 番  伊 藤 浩 樹 君
   十五 番  西 村   協 君
   十六 番  向 井 俊 夫 君
   十七 番  長 田 康 秀 君
   十八 番  井 上 章 三 君
   十九 番  大久保 博 文 君
   二十 番  西 高   悟 君
   二十一番  堀 口 文 治 君
   二十二番  瀬戸口 三 郎 君
   二十三番  寺 田 洋 一 君
   二十四番  藤 崎   剛 君
   二十五番  園 田   豊 君
   二十六番  き 久 伸一郎 君
   二十七番  小園 しげよし 君
   二十八番  田 中 良 二 君
   二十九番  松 田 浩 孝 君
   三十 番  桃木野 幸 一 君
   三十一番  柳   誠 子 君
   三十二番  持 冨 八 郎 君
   三十三番  まつざき 真琴 君
   三十四番  永 井 章 義 君
   三十五番  堀之内 芳 平 君
   三十六番  酒 匂 卓 郎 君
   三十七番  吉 留 厚 宏 君
   三十八番  桑 鶴   勉 君
   三十九番  鶴 薗 真佐彦 君
   四十 番  大 園 清 信 君
   四十一番  永 田 憲太郎 君
   四十二番  前 原   尉 君
   四十三番  鶴 田 志 郎 君
   四十四番  日 高   滋 君
   四十五番  外 薗 勝 蔵 君
   四十六番  松 里 保 廣 君
   四十七番  池 畑 憲 一 君
   四十八番  柴 立 鉄 彦 君
   四十九番  山 田 国 治 君
   五十一番  成 尾 信 春 君


◯議長(柴立鉄彦君)投票漏れはありませんか。
   [「なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 開票を行います。
 田畑浩一郎君と前野義春君の立ち会いを願います。
   [開票・点検]


◯議長(柴立鉄彦君)選挙の結果を報告いたします。
 投票総数五十票
 このうち
  有効投票 五十票
  無効投票  零票
 有効投票中
  前 原   尉 君 四十七票
  まつざき 真琴 君   三票
 この選挙の法定得票数は、十三票であります。
 よって、前原尉君が副議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
   [議場開鎖]


◯議長(柴立鉄彦君)ただいま、副議長に当選されました前原尉君が議場におられますので、会議規則第三十三条第二項の規定によって、当選の告知をいたします。
      ─────────────


   △ 副議長あいさつ
◯議長(柴立鉄彦君)前原尉君を紹介いたします。
 あいさつをお願いいたします。
   [前原 尉君登壇]


◯副議長(前原 尉君)議長のお許しをいただき、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、皆様の御推挙をいただき、歴史、伝統あるこの鹿児島県議会の副議長に選任いただき、心から御礼申し上げます。
 私は、五期十八年県政に携わってまいりました。これまでの間、よき先輩に恵まれ、よき同僚に恵まれ、いろいろな体験、経験をさせていただきました。これらの経験を生かし、議会の円滑な運営に努め、さらなる県勢の発展に全力を尽くしてまいります。これまで同様、これからの皆様方の御支援、御協力、御指導を、この場をかりましてよろしくお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
 本日は、まことにありがとうございました。(拍手)
      ─────────────


   △ 海外経済交流促進等特別委員の辞任及び選任
◯議長(柴立鉄彦君)次に、海外経済交流促進等特別委員会の全委員から、特別委員を辞任したい旨の願いが提出されておりますので、これを議題といたします。
 お諮りいたします。
 海外経済交流促進等特別委員全員の辞任を許可することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、海外経済交流促進等特別委員全員の辞任を許可することに決定いたしました。
 次に、海外経済交流促進等特別委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 海外経済交流促進等特別委員の選任については、委員会条例第六条第一項の規定によって、配付いたしております海外経済交流促進等特別委員名簿のとおり指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、海外経済交流促進等特別委員は、配付いたしております名簿のとおり選任することに決定いたしました。
      ━━━━━━━━━━━━━
  海外経済交流促進等特別委員名簿
 海外経済交流促進等特別委員会
   東   清 剛   向井 たかまろ
   西 村   協   向 井 俊 夫
   西 高   悟   桃木野 幸 一
   園 田   豊   持 冨 八 郎
   鶴 田 志 郎   外 薗 勝 蔵
   松 里 保 廣   池 畑 憲 一
   山 田 国 治
               (十三人)
      ━━━━━━━━━━━━━


   △ 常任委員の選任
◯議長(柴立鉄彦君)次に、常任委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 常任委員の選任については、委員会条例第六条第一項の規定によって、配付いたしております常任委員名簿のとおり指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、常任委員は、配付いたしております名簿のとおり選任することに決定いたしました。
      ━━━━━━━━━━━━━
  常任委員名簿
 総務委員会
   林   健 二   伊 藤 浩 樹
   上 山 貞 茂   長 田 康 秀
   井 上 章 三   松 田 浩 孝
   酒 匂 卓 郎   桑 鶴   勉
   前 原   尉   田之上 耕 三
                (十人)
 産業経済委員会
   中 村 素 子   宝 来 良 治
   下 鶴 隆 央   前 野 義 春
   瀬戸口 三 郎   園 田   豊
   堀之内 芳 平   永 田 憲太郎
   外 薗 勝 蔵   成 尾 信 春
   山 田 国 治
               (十一人)
 企画建設委員会
   いわしげ 仁子   鶴 丸 明 人
   大久保 博 文   柳   誠 子
   き 久 伸一郎   小園 しげよし
   持 冨 八 郎   鶴 田 志 郎
   日 高   滋   柴 立 鉄 彦
                (十人)
 文教警察委員会
   郷 原 拓 男   東   清 剛
   向井 たかまろ   西 村   協
   西 高   悟   藤 崎   剛
   まつざき 真琴   永 井 章 義
   鶴 薗 真佐彦   松 里 保 廣
                (十人)
 環境厚生委員会
   田 畑 浩一郎   向 井 俊 夫
   ふくし山ノブスケ  堀 口 文 治
   桃木野 幸 一   田 中 良 二
   寺 田 洋 一   吉 留 厚 宏
   大 園 清 信   池 畑 憲 一
                (十人)
      ━━━━━━━━━━━━━


   △ 議会運営委員の選任
◯議長(柴立鉄彦君)次に、議会運営委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第六条第一項の規定によって、配付いたしております議会運営委員名簿のとおり指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」と呼ぶ者あり]


◯議長(柴立鉄彦君)御異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員は、配付いたしております名簿のとおり選任することに決定いたしました。
      ━━━━━━━━━━━━━
  議会運営委員名簿
 議会運営委員会
   伊 藤 浩 樹   ふくし山ノブスケ
   堀 口 文 治   園 田   豊
   松 田 浩 孝   柳   誠 子
   き 久 伸一郎   吉 留 厚 宏
   永 井 章 義   堀之内 芳 平
   桑 鶴   勉   永 田 憲太郎
   鶴 薗 真佐彦   山 田 国 治
               (十四人)
      ━━━━━━━━━━━━━


◯議長(柴立鉄彦君)これより、常任委員会、議会運営委員会及び海外経済交流促進等特別委員会の委員長及び副委員長の互選などのため、休憩いたします。
 再開は、ブザーでお知らせいたします。
       午前十一時四十一分休憩
      ─────────────
       午後 零時三十五分開議


◯議長(柴立鉄彦君)再開いたします。
      ─────────────


   △ 常任委員会、議会運営委員会及び海外経済交
     流促進等特別委員会の委員長及び副委員長の
     互選結果報告
◯議長(柴立鉄彦君)ただいま、常任委員会、議会運営委員会及び海外経済交流促進等特別委員会の委員長及び副委員長の互選結果が報告されましたので、これを朗読させます。
   [議事課長朗読]
総務委員会
 委員長 長田 康秀君  副委員長 伊藤 浩樹君
産業経済委員会
 委員長 瀬戸口三郎君  副委員長 宝来 良治君
企画建設委員会
 委員長 大久保博文君  副委員長 鶴丸 明人君
文教警察委員会
 委員長 西高  悟君  副委員長 郷原 拓男君
環境厚生委員会
 委員長 ふくし山ノブスケ君
 副委員長 向井 俊夫君
議会運営委員会
 委員長 園田  豊君
 副委員長 ふくし山ノブスケ君
海外経済交流促進等特別委員会
 委員長 松里 保廣君  副委員長 桃木野幸一君


◯議長(柴立鉄彦君)これで、今期定例会に提出されました議案などは、閉会中の継続審査として議決になりましたものを除き、全部議了いたしました。
      ─────────────


   △ 知事あいさつ
◯議長(柴立鉄彦君)ここで、三反園知事から発言を求められておりますので、これを許可いたします。
   [知事三反園 訓君登壇]


◯知事(三反園 訓君)今議会に提案いたしました全ての案件につきまして、熱心に御審議を賜り、いずれも原案どおり可決していただきましたことに対しまして、心から厚くお礼申し上げます。
 本会議並びに各委員会の審議を通じていただきました貴重な御意見、御要望等につきましては、十分留意いたしまして、今後の県政運営に取り組んでまいりたいと考えております。
 新しい力強い鹿児島の船出の予算として位置づけました平成二十九年度予算には、子育て支援や明治維新百五十周年に向けた取り組みなど、さまざまな施策を盛り込んでおります。その執行に当たりましては、県勢の発展や県民福祉の向上につながるよう積極的に取り組むとともに、効率的で円滑な運営に努めてまいります。
 少子化の進行や超高齢化社会の到来、急速なグローバル社会の進展など、社会のあらゆる面で大きな変革期を迎えております。持続可能な行財政構造の構築など、将来の県民の生活も見据えた改革にも断固たる決意を持って取り組んでまいります。
 あわせて、新しい力強い鹿児島の実現に向けまして、子どもからお年寄りまで全ての県民が安心して明るい展望を持って暮らせる社会となるように、魅力ある本県の素材を最大限に生かしまして、経済の回復に向けた着実な道筋が示せるように全力で取り組んでまいります。
 何とぞ、県議会を初め、県民の皆様方の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、このたび、議長、副議長を退任されました池畑前議長、鶴田前副議長におかれましては、これまで、議会のかなめとして県勢発展のために一方ならぬ御尽力をいただきました。まことに感謝にたえません。これまでの御労苦と御功績に対しまして深甚の敬意を表し、厚く御礼申し上げます。
 また、本日、新しく正副議長に就任されました柴立議長、前原副議長のお二方に対しましては、衷心よりお祝い申し上げます。
 終わりに、議員各位のますますの御健勝と御活躍をお祈り申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。
 まことにありがとうございました。(拍手)
      ─────────────


   △ 閉  会
◯議長(柴立鉄彦君)以上をもちまして、平成二十九年第一回鹿児島県議会定例会を閉会いたします。
       午後零時四十分閉会