議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島県

平成26年原子力安全対策等特別委員会 本文




七、審査経過
       …………………………………
        午前十一時四十一分開会
       …………………………………
◯中村委員長 定足数に達しておりますので、ただいまから、原子力安全対策等特別委員会を開会いたします。
 本日の議題は、当委員会の遠嶋副委員長から、副委員長辞任の申し出がありましたので、委員会条例第一一条の規定により、この取扱を御協議願うことでございます。
 副委員長の辞任に係ることでございますので、委員会条例第一六条の規定により、副委員長に退室をお願いいたします。
   〔遠嶋副委員長退席〕


◯中村委員長 それでは、副委員長辞任の申し出の件を議題といたします。
 辞任については、委員会条例第一一条の規定により、委員会の許可が必要となっておりますが、いかが取り計らいましょうか。


◯中村委員長 特にないようですので、辞任を許可することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯中村委員長 御異議ありませんので、遠嶋副委員長の辞任は許可されました。
   〔遠嶋委員着席〕


◯中村委員長 ここで、遠嶋前副委員長の辞任のごあいさつがございます。


◯遠嶋委員 大変重要な課題を審議する委員会の副委員長ということで、この一年間大変お世話になりました。
 重責に押し潰されそうなときもありましたけど、中村委員長のすばらしいリーダーシップで何とか一年過ぎたことを嬉しく思います。
 皆さんの御協力大変ありがとうございました。お世話になりました。


◯中村委員長 どうもありがとうございました。それでは、副委員長が欠けましたので、ただいまから副委員長の選任を行います。
 副委員長の選任は、委員会条例第七条の規定により、互選によることとされております。慣例により指名推選の方法により行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯中村委員長 御異議ありませんので、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定でございますが、指名者を山田委員にお願いいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯中村委員長 御異議ありませんので、指名者は山田委員に決定いたしました。
 山田委員、お願いいたします。


◯山田委員 副委員長には人格、識見ともに優れて、特に原発にはご造詣の深い成尾委員でいかがかと思いますので、よろしくお願いします。


◯中村委員長 ただいま、副委員長に成尾委員が推選されましたが、そのように決定することに、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯中村委員長 御異議ありませんので、副委員長は、成尾委員に決定いたしました。
 それでは、成尾副委員長に一言御挨拶をお願いいたします。


◯成尾委員 大変すばらしい御推挙をいただきましたけれども、今年は特に原子力規制委員会の審査もあり、また県民の皆様も大変関心を持っている委員会ではないかと思っています。
 そういう意味では、中村委員長をしっかりと補佐しながらこの委員会がスムーズに運営できますように努めてまいりたいと思います。委員の皆様方の委員会運営に対する今後の御指導・御鞭撻をよろしくお願いします。


◯中村委員長 ここで暫時休憩いたします。
        午前十一時四十六分休憩
     ────────────────
        午前十一時五十分 再開


◯中村委員長 再開いたします。
 次に、三月十九日に開催した当委員会におきまして、委員から川内原子力発電所の新規制基準適合性審査について、原子力規制委員会に審査状況の説明を行ってもらいたいとの要望についてでございます。
 これにつきましては、原子力規制委員会への確認等、当席に御一任いただいたところですが、本日、各委員のお手元に、その確認結果をお知らせとしてお配りしてございます。
 原子力規制委員会に確認したところ、「新規制基準適合性審査についての県議会への説明については、原子炉設置変更許可申請に係る審査書作成後であれば対応可能」との回答でございました。
 原子力規制委員会の参考人招致につきましては、今後の原子力規制委員会の審査の進み具合によりますので、招致時期等、当席に御一任いただきたいと思いますが、いかがでしょうか。


◯まつざき委員 早速、御対応いただきましてありがとうございます。審査書作成後ということでありますが、是非作成後の早い時期にそういう機会を持っていいただきたいというふうに要望いたします。


◯中村委員長 それでは、そのようにさせていただきます。


◯大園委員 今後の委員会のあり方についての要望なんですけど、今質問通告制となっていますよね。通告されていない方が、だらだらと質問されることも多いですので、しっかり質問を出すということも含めて、先日の委員会もそうでしたけど、質問される方は質問に重点を置いてある程度時間配分もしていただかないと。議論はたくさんしてもいいんでしょうけど、時間が一定の方に限られてしまうと、やはり質問を重点的にしていただくという委員会にしていただきたいということで、これは私の要望にしておきます。


◯中村委員長 それは、私の方からも質問は簡潔に、答弁は簡潔にということで、何回となく要請している経緯がありますけど、その辺は今後おっしゃるようにできるだけ中身のある短時間で議論されるようなそういう委員会の運営にしたいと思います。よろしいですか。
   [「はい」という者あり]


◯中村委員長 それでは、これをもちまして、本日の委員会を閉会いたします。
        午前十一時五十三分閉会