議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島県

平成25年総務委員会 本文




七、審査経過
◯家弓主幹兼委員会第一係長 本日の委員会は、委員会構成後、最初の委員会でございますので、委員長が決まっておりません。
 したがいまして、鹿児島県議会委員会条例第八条第二項の規定によりまして、出席委員中の年長の委員が、委員長互選の職務を行うこととなっております。
 当委員会出席委員の中で最年長委員は、吉永委員でございます。
 吉永委員よろしくお願いいたします。
   [吉永委員委員長席に着く]
       …………………………………
        午前十一時四十八分開会
       …………………………………


◯吉永委員 それでは、ただいまから、総務委員会を開会いたします。
 私が、当委員会の最年長委員でございますので、鹿児島県委員会条例の規定により、委員長の互選に関する職務を行います。
 よろしく御協力をお願いいたします。
 委員長の互選は、同委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法で行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に指名者の決定でございます。
 指名者を遠嶋委員にお願いしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名者は遠嶋委員に決定いたしました。
 遠嶋委員、お願いいたします。


◯遠嶋委員 委員長に園田委員を指名いたします。


◯吉永委員 ただいま、委員長に園田委員が指名されましたが、そのように決定することに、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、委員長は園田委員に決定いたしました。
 委員長が決定いたしましたので、私の委員長互選に関する職務を終わります。
 御協力ありがとうございました。(拍手)


◯園田委員長 みなさん、お疲れ様でございます。
 ただいま、委員皆様方の御推挙によりまして、今回、委員長を仰せつかりました園田でございます。私もちょうど今から六年ほど前に、南さつま市議会におりました時に第一回目の総務委員長を仰せつかった経験がございます。ただ市議会と県議会とは、さまざまな部分で大きく違ってきていると思います。どうか今年一年、皆様方のお力、御助言、御協力のほどをよろしくお願い申し上げまして、当総務委員会が県民の付託にこたえ、そして、円滑な委員会運営ができますことを心よりお願い申し上げまして、委員長としての御挨拶とさせていただきます。
 今年一年よろしくお願い申し上げます。
 (拍手)
 それでは引き続き、副委員長の互選でございます。
 副委員長の互選につきましても、委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯園田委員長 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定でございますが、指名者を吉永委員にお願いしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯園田委員長 御異議なしと認めます。
 御異議なしと認めます。
 よって、指名者は吉永委員に決定いたしました。
 吉永委員、お願いいたします。


◯吉永委員 副委員長に西高委員を指名いたします。


◯園田委員長 ただいま、副委員長に西高委員が指名されましたが、そのように決定することに、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯園田委員長 御異議なしと認めます。
 よって、副委員長は西高委員に決定いたしました。
 それでは、副委員長に一言御挨拶をお願いいたします。


◯西高副委員長 みなさん、こんにちは。ただいま、御推挙いただきました西高でございます。
 一期生でございまして、なにぶん不慣れでございますけれども、園田委員長を補佐して、各委員の先輩方に本当に御助言をいただきながら、この一年、総務委員会のスムーズな運営が進みますようにしっかりと頑張ってまいりたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
 (拍手)


◯園田委員長 以上で、正・副委員長の選任は終了いたしました。
 次に、当委員会での審査日程についてでございますが、総務部につきましては、部内局として県民生活局が設置されており、同時に審査することが一番良いのですが、県民生活局が設置されました際に、いろいろと御議論をいただき、総務部と県民生活局は、分けて審査を行うことで御了解をいただいております。
 ついては、本年度も引き続き、分けて審査を行うこととさせていただき、県政順に従い、はじめに、知事公室及び県民生活局を除く総務部、並びに危機管理局を審査することとし、次に県民生活局及び出納局並びに人事委員会・監査委員会を審査し、最後に議会事務局を審査したいと考えております。
 なお、審査日程の正式な決定につきましては、毎定例会ごとに、当席が日程案をお配りして、ご協議いただくこととしておりますのでよろしくお願いします。
 次に、各種審議会委員などの人選に移りたいと思います。
 お手元に配布いたしております「各種審議会委員等就任希望調書」を御覧ください。
 当委員会から推薦する審議会委員等は、委員長等の職指定を除き、三つの審議会等でございます。
 調書に、委員名と、どの審議会を希望されるか、第一希望から第三希望まで、番号を御記入ください。記入が終わりましたら、書記が回収いたします。
 なお、希望が重複することも考えられますので、人選の調整につきましては、当席に御一任いただき、期数及び年齢の若い委員を優先的に推薦させていただきたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯園田委員長 御異議ありませんので、そのように取り計らいます。
 ただいまから、希望調書を回収させます。
 次に閉会中における委員会行事等につきましては、当席に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]
 御異議ありませんのでそのように取り計らいます。
 これをもちまして、本日の委員会を閉会いたします。
        午前十一時五十五分閉会