議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島県

平成22年行財政改革特別委員会 本文




七、審査経過
◯原主幹兼委員会第一係長 本日の委員会は、委員会構成後最初の委員会でございますので、委員長が決まっておりません。
 従いまして、鹿児島県議会委員会条例第八条第二項の規定によりまして、出席委員中の年長の委員が委員長互選の職務を行うことになっております。
 当委員会出席委員の中で最年長委員は、吉永委員でございます。
 吉永委員よろしくお願いいたします。
   [吉永委員委員長席に着く]
       ………………………………
        午前十一時五十分開会
       ………………………………


◯吉永委員 ただいまから、行財政改革特別委員会を開会いたします。
 私が、当委員会の最年長委員でございますので、鹿児島県議会委員会条例の規定により、委員長の互選に関する職務を行います。
 よろしく御協力を御願いいたします。
 委員長の互選は、同委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法で行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定でございます。
 指名者を上村委員にお願いいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名者は上村委員に決定いたしました。
 上村委員お願いいたします。


◯上村委員 委員長に山田国治委員を指名いたします。


◯吉永委員 ただいま、委員長に山田国治委員が指名されましたが、そのように決定することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯吉永委員 御異議なしと認めます。
 よって、委員長は山田国治委員に決定いたしました。
 委員長が決定いたしましたので、私の委員長互選に関する職務を終わります。
 御協力ありがとうございました。


◯山田委員長 委員長に御推挙いただきましてありがとうございます。
 政権が変わりまして、国の方ではなかなか厳しい状況が続いておりますが、我々は、それぞれ県民から選ばれた県議会議員であります。
 もちろん国と連動する部分もあろうかと思いますけれども、鹿児島県の予算的なものを振り返って見ますと、平成十三年度の決算の時点では一兆円を超えるような予算編成ができたわけですが、国の国債の発行残高は相当な規模になっており、県の方も一兆円を超える大きな借金を抱えている状況にありますが、一兆円を一万円札で積み重なると十キロメートルになるわけです。
 しかし、県民の要望というものは、自分たちがどれだけの税金を納めているのかとは関係なく、ただ、国、県、市町村がどれだけ自分たちの要望をかなえてくれるのかが、一般的な県民の皆さん方の考え方だと思っております。
 しかし、我々は県議会という立場で、しかもこのような委員会を置いていただいて、議論をする場があるわけですので、先程申し上げた原点に返りますけれども、いろいろな意見の相違はありましても、それぞれ県民が幸せになるということが共通の目的であります。
 私も委員長にならせていただきましたので、できるだけ皆様方の御意見等を出していただいて、そしてスムーズな審議をしていただき、その延長線上には必ず県民の幸せにつながるという一つの大きな目的があるような、そのような審議がなされればよいと思っております。
 私も一生懸命努力をいたしますので、皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。(拍手)
 それでは引き続き、副委員長の互選に入りたいと思います。
 副委員長の互選につきましては、委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法によりたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯山田委員長 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定でございます。
 指名者を中村委員にお願いいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯山田委員長 異議なしと認めます。
 よって、指名者は、中村委員に決定いたしました。
 中村委員、お願いいたします。


◯中村委員 副委員長に上村委員を指名いたします。


◯山田委員長 ただいま、副委員長に上村委員が指名されましたが、そのように決定することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯山田委員長 御異議なしと認めます。
 よって、副委員長は上村委員に決定いたしました。
 それでは、副委員長に一言御挨拶をお願いいたします。


◯上村副委員長 ただいま、行財政改革特別委員会の副委員長に御選任をいただきました上村勝行でございます。
 委員長が先程ご挨拶されましたような方向で、所期の目的を達成できますように、全力で委員長を補佐し、頑張ってまいりますので、どうぞ皆様よろしくお願い申し上げます。(拍手)


◯山田委員長 次に、閉会中における委員会行事等につきましては、当席に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯山田委員長 御異議ありませんので、そのように取り計らいます。
 これをもちまして、本日の委員会を閉会いたします。
        午前十一時五十五分閉会