議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 鹿児島県

平成20年行財政改革特別委員会 本文




七、審査経過

◯堂込主幹兼委員会第一係長 本日の委員会は、委員会構成後最初の委員会ですので、委員長が決まっておりません。
 従いまして、鹿児島県議会委員会条例第八条第二項の規定により、出席委員中年長の委員が委員長互選の職務を行うことになっております。
 出席委員中の最年長委員は、徳留委員でございます。
 徳留委員よろしくお願いいたします。
   [徳留委員委員長席に着く]
      …………………………
      午前十一時五十分開会
      …………………………


◯徳留委員 只今から、行財政改革特別委員会を開会いたします。
 それでは、委員会条例の規定により、委員長の互選に関する職務を行います。
 委員長の互選は、委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定ですが、くしげ委員にお願いしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員 御異議なしと認めます。
 よって、指名者は、くしげ委員に決定いたしました。
 それでは、くしげ委員お願いいたします。


◯くしげ委員 委員長に、徳留委員を指名いたします。


◯徳留委員 只今、委員長に私が指名されましたが、そのように決することに、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員 御異議なしと認めます。
 御異議ありませんので、委員長はそのように決定いたしました。
 委員長が決まりましたので、委員長の互選に関する職務を終わります。
 御協力ありがとうございました。(拍手)


◯徳留委員長 ただ今委員各位の御推挙によりまして、行財政改革特別委員長を拝命いたしました。
 この一年間皆様方の御指導を頂きながら、委員長の職務を全うしてまいりたいと思いますので、よろしく御協力をお願いいたします。(拍手)
 それでは、次に、副委員長の互選であります。
 副委員長の互選につきましても、委員会条例及び地方自治法第百十八条第二項の例により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員長 御異議なしと認めます。
 よって、指名推選の方法によることに決定いたしました。
 次に、指名者の決定ですが、川原委員にお願いしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員長 御異議なしと認めます。
 よって、指名者は、川原委員に決定いたしました。
 それでは、川原委員、お願いいたします。


◯川原委員 副委員長に、持冨委員を指名いたします。


◯徳留委員長 只今、副委員長に、持冨委員が指名されましたが、そのように決定することに御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員長 御異議なしと認めます。
 よって、副委員長は、持冨委員に決定いたしました。
 持冨副委員長、一言就任の挨拶をお願いいたします。


◯持冨副委員長 皆様方の御推挙によりまして、副委員長に就任させて頂きました。
 一年間、委員長を補佐し、活発な議論が行われるとともに、行財政改革が進みますようしっかりと努めてまいりたいと思います。委員各位の御協力をよろしくお願いいたします。(拍手)


◯徳留委員長 以上で、正・副委員長の互選は、終了いたしました。
 次に、閉会中の委員会行事などにつきましては、当席に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
   [「異議なし」という者あり]


◯徳留委員長 御異議なしと認めます。
 よって、そのように取り計らいます。
 これをもちまして、行財政改革特別委員会を閉会いたします。
        午前十一時五十五分閉会