議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 19年 第3回定例会(9月) 09月11日−01号




平成 19年 第3回定例会(9月) − 09月11日−01号









平成 19年 第3回定例会(9月)


門川町告示第37号
 平成19年門川町議会第3回定例会を次のとおり招集する
    平成19年8月13日
                           門川町長 曽川  泉
1 期 日  平成19年9月11日
2 場 所  門川町役場議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
安田 厚生君          安藤 福松君
千草 力生君          水永 正継君
小林 芳彦君          安田  修君
黒木 義秋君          神?千香子君
朝倉 利文君          猪倉 照央君
安田 茂明君          米良 昭平君
黒木  裕君          内山田善信君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
        なし
────────────────────────────── 
──────────────────────────────────────
平成19年 第3回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第1日)
                        平成19年9月11日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                    平成19年9月11日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸般の報告 1.議員派遣及び議長の動静について
            2.日向東臼杵南部広域連合議会について
            3.例月現金出納検査について
 日程第4 委員長報告 1.議会広報編集特別委員会について
 日程第5 同意第5号 門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
 日程第6 同意第6号 門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
 日程第7 同意第7号 門川町教育委員会委員の任命同意について
 日程第8 議案第34号 日向東臼杵南部広域連合の規約の変更について
            ※ 提案理由説明
 日程第9 議案第35号 平成19年度門川町一般会計補正予算(第2号)について
 日程第10 議案第36号 平成19年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第11 議案第37号 平成19年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第12 議案第38号 平成19年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第13 議案第39号 平成19年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第14 認定第1号 平成18年度門川町一般会計歳入歳出決算認定について
 日程第15 認定第2号 平成18年度門川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第16 認定第3号 平成18年度門川町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第17 認定第4号 平成18年度門川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第18 認定第5号 平成18年度門川町草川土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第19 認定第6号 平成18年度門川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第20 認定第7号 平成18年度門川町水道事業会計決算認定について
            ※ 一括上程、提案理由説明
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸般の報告 1.議員派遣及び議長の動静について
            2.日向東臼杵南部広域連合議会について
            3.例月現金出納検査について
 日程第4 委員長報告 1.議会広報編集特別委員会について
 日程第5 同意第5号 門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
 日程第6 同意第6号 門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
 日程第7 同意第7号 門川町教育委員会委員の任命同意について
 日程第8 議案第34号 日向東臼杵南部広域連合の規約の変更について
            ※ 提案理由説明
 日程第9 議案第35号 平成19年度門川町一般会計補正予算(第2号)について
 日程第10 議案第36号 平成19年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第11 議案第37号 平成19年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第12 議案第38号 平成19年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第13 議案第39号 平成19年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第14 認定第1号 平成18年度門川町一般会計歳入歳出決算認定について
 日程第15 認定第2号 平成18年度門川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第16 認定第3号 平成18年度門川町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第17 認定第4号 平成18年度門川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第18 認定第5号 平成18年度門川町草川土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第19 認定第6号 平成18年度門川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
 日程第20 認定第7号 平成18年度門川町水道事業会計決算認定について
            ※ 一括上程、提案理由説明
──────────────────────────────
出席議員(14名)
1番 安田 厚生君       2番 安藤 福松君
3番 千草 力生君       4番 水永 正継君
5番 小林 芳彦君       6番 安田  修君
7番 黒木 義秋君       8番 神?千香子君
9番 朝倉 利文君       10番 猪倉 照央君
11番 安田 茂明君       12番 米良 昭平君
13番 黒木  裕君       14番 内山田善信君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
議会事務局長 金丸 隆康君     議会事務局長補佐 太田 民雄君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          曽川  泉君  副町長         村上 昭夫君
会計管理者会計課長   今西 志郎君  教育長         斉藤 義輝君
総務企画課長      小野 康文君  財政課長        安田 精一君
産業振興課長      小野 幹男君  社会教育課長      山本 道明君
福祉課長        松岡敬一郎君  教育総務課長      田中 豊彦君
税務課長        中城 廣美君  環境建設課長      岩佐  誠君
町民課長        柳田 隆晴君  水道課長        緒方 節夫君
代表監査委員      黒木 元吉君




──────────────────────────────

午前10時00分開会



○議長(内山田善信君)  ただいまから、平成19年門川町議会第3回定例会を開会します。

 これから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(内山田善信君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、6番、安田修君、7番、黒木義秋君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(内山田善信君)  日程第2、会期の決定を議題とします。

 会期の日程については、議会運営委員会委員長の報告を求めます。米良昭平君。



◎議会運営委員長(米良昭平君) 議会運営委員会の報告を行います。

 本日、招集されました平成19年門川町議会第3回定例会の会期及び会期の日程につきましては、去る9月4日、議会運営委員会を開催いたしましたので、委員会における審査の経過並びに結果について申し上げます。

 本定例会に提案されます議案は、同意3件、補正予算5件、認定7件、その他1件であります。

 以上の議案につきまして、副町長、担当課長より概要の説明を受け、審査した結果、会期を本日11日から28日までの18日間とし、会期日程につきましては、お手元に配付してあります案のとおり決定いたしました。

 会期の内容につきましては、議会事務局長をして説明させますので、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上で報告を終わります。



○議長(内山田善信君)  局長。



◎議会事務局長(金丸隆康君) それでは、平成19年第3回定例会の会期日程案について御説明いたします。

 会期は、本日11日より28日までの18日間であります。

 本日は、諸般の報告3件、委員長報告1件であります。次に、同意第5号、同意第6号門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、一括上程、提案理由説明、総括質疑、逐次討論、採決、同意第7号門川町教育委員会委員の任命同意について、提案理由説明、質疑、討論、採決であります。次に、議案第34号日向東臼杵南部広域連合の規約の変更についての提案理由の説明であります。次に、議案第35号から議案第39号までの補正予算5件を一括上程、提案理由説明であります。次に、認定第1号から認定第7号までの決算認定案件7件を一括上程、提案理由説明であります。次に、監査委員の決算審査意見書の説明であります。

 12日は本会議で一般質問、6名の議員が質問を行います。

 13日、14日は個人審議ですが、14日に議案第35号から議案第39号までの補正議案と認定第1号から認定第7号までの決算についての勉強会を午前10時から本議場で行います。

 15日、16日、17日は休会。

 18日は個人審議となります。

 19日は本会議で議案第34号について、質疑、討論、採決であります。次に、議案第35号から議案第39号について、総括質疑、逐次討論、採決であります。次に、認定第1号から認定第7号について総括質疑の後、所管の常任委員会に付託となります。本会議終了後、委員会であります。

 20日、21日は委員会。

 22日、23日、24日は休会。

 25日、26日、27日は委員会となります。

 28日は本会議で総務財政、文教厚生、産業建設常任委員会の各委員長の報告、委員長の報告に対する質疑、逐次討論、採決であります。最後に、議会運営委員会、各常任委員会、特別委員会の閉会中の調査の申し出の採択となります。

 以上で、会期日程案の説明を終わります。



○議長(内山田善信君)  お諮りします。本定例会の会期は、本日11日から28日までの18日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  異議なしと認めます。したがって、会期は本日から28日までの18日間と決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(内山田善信君)  日程第3、諸般の報告を行います。

 まず、議員派遣及び議長の動静について報告します。

 本件につきましては、お手元に配付しております議員派遣及び閉会中の議長の動静についてのとおりであります。

 次に、日向東臼杵南部広域連合議会の平成19年第2回定例会が6月29日に開催されております。本件につきましては、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。

 次に、監査委員から9月3日付で平成19年5月分から平成19年7月分までの例月現金出納検査についての報告がありましたので、その写しをお手元に配付しております。

 以上で、諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.委員長報告



○議長(内山田善信君)  日程第4、委員長報告、議会広報編集特別委員会の報告についてを議題とします。

 議会広報編集特例委員長の報告については、お手元に配付しているとおりであります。

 以上で、委員長報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.同意第5号



△日程第6.同意第6号



○議長(内山田善信君)  日程第5、同意第5号門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について。日程第6、同意第6号門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、以上の2件を一括議題とします。

 説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 同意第5号、第6号についてでございます。

 門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、提案理由を説明いたします。

 固定資産評価審査委員会は、地方税法第423条の規定により設置されております。委員3名をもって構成し、任期は3年であります。

 この固定資産評価審査委員会は、公平中立的な立場から固定資産の価格に対する納税義務者からの不服を審査をする機関であります。このたび、固定資産評価審査委員会委員2名の方の任期が満了しますので、その後の委員につきましては慎重に人選した結果、原田良一氏、本田和己氏の両氏を選任いたしたく提案いたします。

 原田良一氏は門川町加草2区に居住されており、元日向市職員で農林水産課、税務課勤務を経て、細島支所長、都市計画課主幹を歴任され、平成16年3月に退職後、現在は同地区において農業を営まれております。

 本田和己氏は、門川町三ケ瀬に居住されており、元町職員で農業委員会事務局長、福祉保健課長、企画開発課長、教育総務課長を歴任され、平成14年3月に退職後、平成16年12月から1期3年間固定資産評価審査委員を務められております。

 両氏ともに温厚誠実なお人柄で地域における信望も厚く、経験も豊富でありますし、学識等兼ね備えられております。最適任者であると確信いたしておりますので、ご審議のほどよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

 以上の2件について一括して質疑を行います。質疑ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから、逐次討論、採決を行います。

 まず、同意第5号について討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本件に賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  全員賛成であります。したがって、同意第5号門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。

 次に、同意第6号について討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本件に賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、同意第6号門川町固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.同意第7号



○議長(内山田善信君)  日程第7、同意第7号門川町教育委員会委員の任命同意についてを議題とします。

 説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 同意第7号を御説明申し上げます。

 今回の同意案件につきましては、教育委員会委員であります岩切真之氏の任期が平成19年9月30日をもって任期満了となりますが、引き続き同氏を任命いたしたく議会の同意をお願いするものであります。

 岩切氏は昭和36年旭化成高等工科学院を卒業後、旭化成株式会社延岡市ベンベルグ工場に入社し、約40年間勤務され、平成15年7月同工場管理課課長を最後に定年退職されております。その間、九州ソフトボール協会理事、宮崎県体育協会評議員、宮崎県ソフトボール協会理事長代行等の要職を歴任され、特に本町の社会教育にご尽力いただいている方であります。また、現在、門川町環境審議会副会長もお願いいたしているところであります。

 以上、同氏は住民の信頼も厚く、その人柄と識見から本町教育委員として最適任者であると考えますので、再任について御同意いただきますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから、討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本件に賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、同意第7号門川町教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第34号



○議長(内山田善信君)  日程第8、議案第34号日向東臼杵南部広域連合の規約の変更についてを議題とします。

 説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 議案第34号日向東臼杵南部広域連合の規約の変更についてでございます。

 地方自治法第291条の3第1項に基づき、日向東臼杵南部広域連合の規約の変更について提案理由を説明いたします。

 今回の規約の変更は、旧日向市と旧東郷町が合併後、日向市において選挙すべき広域連合の定数は在任特例の間、平成19年5月12日までありますが、この間は旧日向市において2人を加えた9人とすることで決定されており、在任特例期間満了後の議員の定数については、在任特例期間満了後に協議することになっていました。

 このたび、日向市において選挙すべき広域連合議員の定数を9人から8人に変更し、広域連合議会の議員の定数を19人から18人に変更するものです。

 地方自治法第291条の11の規定により提案いたします。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第9.議案第35号



△日程第10.議案第36号



△日程第11.議案第37号



△日程第12.議案第38号



△日程第13.議案第39号



○議長(内山田善信君)  日程第9、議案第35号平成19年度門川町一般会計補正予算(第2号)について、日程第10、議案第36号平成19年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第11、議案第37号平成19年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第12、議案第38号平成19年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第13、議案第39号平成19年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について、以上の5件を一括議題とします。

 説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 議案第35号から議案第39号でございます。

 議案第35号平成19年度門川町一般会計補正予算(第2号)並びに議案第36号から第39号の各特別会計補正予算について、各号順に提案理由を説明いたします。

 初めに、議案第35号平成19年度門川町一般会計補正予算(第2号)について説明いたします。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,984万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ57億2,428万7,000円とするものであります。

 補正予算の主なものを申し上げます。歳入では町税5,300万円、使用料及び手数料82万円、県支出金5,339万円、繰入金2,814万4,000円、繰越金3,479万9,000円、諸収入149万円及び町債1,820万円を追加補正するものであります。

 一方、歳出については、人事異動に伴う人件費の組み替えを行うもののほか、電算整備事業3,992万円、税務総務事業525万円、障害福祉事業545万4,000円、児童措置事業1,307万3,000円、農業振興事業162万6,000円、宮崎ウッドテクノにかかわる損失補償事業2,525万円、治山林道事業318万3,000円、漁業振興特別対策事業1,627万7,000円、砂防事業360万円、都市下水路事業300万円、小学校管理事業540万7,000円及び公共土木施設災害復旧事業4,463万9,000円等を追加補正するものであります。

 次に、議案第36号平成19年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ977万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ24億6,016万7,000円とするものであります。

 補正の主な内容は、平成18年度事業精算に伴うものであり、歳入では国庫支出金10万2,000円、県支出金1万8,000円及び繰越金965万6,000円を追加補正するものであります。

 一方、歳出については、老人保健拠出金30万5,000円、償還金2,453万7,000円及び一般会計繰出金250万円を追加し、予備費1,756万6,000円を減額補正するものであります。

 次に、議案第37号平成19年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ9,045万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億1,355万9,000円とするものであります。

 補正の内容は、平成18年度事業精算が主なものであります。歳入では、支払い基金交付金330万8,000円、繰越金8,714万3,000円を追加補正するものであります。

 一方、歳出については、介護給付費準備基金積立金987万円、償還金5,487万3,000円及び一般会計繰出金2,564万4,000円等を追加補正するものであります。

 次に、議案第38号平成19年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1,320万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,211万6,000円とするものであります。

 補正の内容は、平成18年度事業精算に伴うものであります。歳入では、繰越金1,320万4,000円を追加補正するものであり、歳出については同額を予備費に追加補正するものであります。

 最後に、議案第39号平成19年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について説明いたします。

 今回の補正は収益的支出予算の総額に変更なく、総係費の組み替えのみであります。

 以上が補正予算の概要であります。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第14.認定第1号



△日程第15.認定第2号



△日程第16.認定第3号



△日程第17.認定第4号



△日程第18.認定第5号



△日程第19.認定第6号



△日程第20.認定第7号



○議長(内山田善信君)  日程第14、認定第1号平成18年度門川町一般会計歳入歳出決算認定について、日程第15、認定第2号平成18年度門川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第16、認定第3号平成18年度門川町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、日程第17、認定第4号平成18年度門川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第18、認定第5号平成18年度門川町草川土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第19、認定第6号平成18年度門川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第20、認定第7号平成18年度門川町水道事業会計決算認定について、以上の7件を一括議題とします。

 説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 認定第1号から第7号でございます。

 認定第1号から第7号までの平成18年度門川町一般会計、特別会計の歳入歳出決算及び水道事業会計の決算を議会の認定に付するに当たり、その概要を説明いたします。

 地方財政は、我が国経済が一部回復傾向にあるとはいえ、地方税収等が低迷し、収入が伸び悩む一方、平成18年度末には国と地方の長期債務の残高が742兆円程度になるなど、極めて厳しい状況にあります。

 政府は、構造改革基本方針、いわゆる骨太の方針2003により、平成15年度から平成18年度までの4年間、行財政改革を行いました。具体的には三位一体の改革の4年目として引き続き国庫補助負担金の削減、地方交付税の総額抑制等を行い、格差という現象が生じております。

 このような中、本町は16年12月に門川町行財政改革構想を策定し、行財政改革を具体的に実施し、限られた財源の重点的配分と支出の効率化に努めた財政運営を行いました。成果として幾つかの財政指数が好転しております。

 歳入については、基本となる町税や地方交付税を初め、国庫支出金や県支出金等の特定財源の積極的確保、臨時財政対策債の有効活用等に努める一方、歳出については電算整備事業、高齢者福祉事業、障害者福祉事業、児童福祉事業、環境衛生事業、ごみし尿処理事業、農林振興事業、水産業振興事業、商工振興事業、道路管理事業、公営住宅管理事業、消防防災事業、教育振興事業、門川中学校体育館改築事業、文化振興事業及び各種災害復旧事業等を行ってまいりました。

 平成18年度の一般会計を初め各特別会計の歳入歳出決算については、法定日の5月31日に出納閉鎖を行い、監査委員の審査に付し、ここに監査委員の審査意見書及び主要な施策の成果説明書、歳入歳出決算書附属書類を添えて地方自治法第233条の規定により認定に付すものであります。

 以下、各会計の歳入歳出決算の状況について説明します。

 初めに、認定第1号平成18年度門川町一般会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額62億8,739万8,434円、歳出総額60億7,583万4,753円で、歳入歳出差し引き額は2億1,156万3,681円であります。

 次に、認定第2号平成18年度門川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額23億6,105万8,916円、歳出総額22億6,265万5,211円で、歳入歳出差し引き額は9,840万3,705円であります。

 次に、認定第3号平成18年度門川町老人保健特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額19億4,213万6,058円、歳出総額19億1,830万1,662円で、歳入歳出差し引き額は2,383万4,396円であります。

 次に、認定第4号平成18年度門川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額12億4,118万9,890円、歳出総額11億5,055万9,259円で、歳入歳出差し引き額は9,063万631円であります。

 次に、認定第5号平成18年度門川町草川土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額4,290万9,869円、歳出総額170万5,327円で、歳入歳出差し引き額は4,120万4,542円であります。

 次に、認定第6号平成18年度門川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額1,161万9,795円、歳出総額857万8,256円で、歳入歳出差し引き額は304万1,539円であります。

 最後に、認定第7号平成18年度門川町水道事業会計決算についてであります。水道事業会計の決算につきましては、法定日の3月31日に出納閉鎖を行い、監査委員の決算監査に付し、ここに監査委員の審査意見書等を添えて認定に付すものであります。

 経営収支状況につきましては、税抜きで収益的収支の総収益が2億9,077万9,999円、支出総費用額3億78万8,751円で、当年度純損失は1,000万8,752円であります。

 次に、資本的収支状況につきましては、税込みで資本的収入総額354万4,750円、資本的支出総額8,329万6,507円であります。

 なお、資本的収入が資本的支出に不足する額7,975万1,757円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額118万4,035円並びに過年度分損益勘定留保資金7,856万7,722円で補てんいたしました。

 以上が、平成18年度の各会計決算の概要であります。

 なお、各会計の歳入歳出決算内容につきましては、配付いたしております主要な施策の成果報告書並びに歳入歳出決算附属書類のとおりであります。御審議のほどよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

 次に、決算審査意見書について、監査委員の説明を求めます。黒木代表監査委員。



◎代表監査委員(黒木元吉君) 町長へ提出しました平成18年度決算審査意見書の概要について説明いたします。

 一般会計、特別会計、基金運用状況については、7月23日から8月7日まで、水道会計については6月4日から5日まで、猪倉監査委員とともに審査に付されました決算書類について各課ごとに資料の説明を受け、係数の正確性、予算の執行状況、事務処理の適否などについて審査を行いました。

 また、例月出納検査、定期監査も参考にするとともに、水道事業会計については事業の経営状況を把握するための係数の分析を行い、事業経営の面からも審査しました。

 審査の結果、係数に誤りはなく原簿、関係諸帳簿、証拠書類、預金通帳、物品と符合していることを確認しました。

 一般会計について説明いたします。

 本年度は門川中学校の校舎改築事業及び漁業振興特別対策事業の減により、歳入決算額62億8,739万8,000円、前年度対比8.8%、歳出決算額60億7,583万5,000円、前年度対比7.7%それぞれ減少しています。歳入歳出差し引き額は2億1,156万3,000円になり、実質収支額1億8,479万9,000円の黒字決算となっており、財政収支の面から見るとその健全性は保持されています。

 財政指標の面では前年度よりも公債費比率0.3%、起債制限比率0.6%低下したが、経常収支比率は1.3%上昇して88.3%となり財政の硬直化が進んでいます。歳入は調定額に対する収入率が98.6%で前年度より0.4%減であり、自主財源の22.9%を占める町税は町民税で収入額5,485万8,000円、11.4%増加しましたが、固定資産税は5,138万3,000円、6.8%減少しており、収入額で31万3,000円わずかにふえております。

 一方、収入未済額は本年度は5,165万6,000円で前年度より1,327万3,000円増加しており、また、特別会計においても国民健康保険税が443万円、介護保険料が825万2,000円それぞれ増加しています。今後においても徴収率の向上に一層の努力を望むものであります。

 歳出については、歳出における性質別決算額の伸び率は前年度よりも義務的経費2.7%増加していますが、投資的経費38.4%、その他の行政経費3.2%、それぞれ減少しており、集中管理により予算執行の効率化が図られています。

 特別会計は、各会計において財政運営が厳しい状況に置かれていますが、財政収支の健全性は保持されています。

 国民健康保険事業は、前年度より歳入5.7%、歳出9.3%増加していますが、被保険者数は2.0%減少しています。歳出では保険給付費と介護納付金が大幅にふえています。老人保健は受給者数が127人減少し、1人当たりの医療経費は4万5,939円、6.6%ふえています。

 介護保険事業は、歳出の89.3%を占める保険給付費が3,700万5,000円、3.6%増加しています。被保険者に対する認定者の割合が0.1%増の14.5%となっておりますが、県平均15.1%より1.1%低い状況にあります。

 基金は16の基金が法令、条例に基づいて運用され、係数は正確で預金証書、貸し付け証書、用品、現金と合致しており、安全かつ効率的な運用がなされています。

 次に、水道事業会計について説明いたします。審査に付された決算書及び財務諸票は、地方公営企業法等の関係法令に準拠して作成され、係数は正確で水道事業の経営成績及び財政状態を適切に表示しているものと認めました。

 経営状況は総収益29億77万9,000円、総費用30億78万8,000円となり、加入負担金は増加したものの、給水収益の減と減価償却費の大幅増により1,000万8,000円の損失となっています。水道料金の徴収率は前年度より0.9%減少しており、今後においては水道料金の改定も視野に入れ、徴収率の向上に努力を望むものであります。

 地方の経済は依然として回復の兆しが見えない状況にあります。さらに国の三位一体の改革により、本町財政を取り巻く環境は厳しい状況に置かれています。このような状況を踏まえ、今後は門川町行財政改革構想に基づく行財政改革を推進し、財源の確保と効率的な行政運営により、住民福祉の向上に努められることを望むものであります。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(内山田善信君)  以上で本日の日程はすべて終了しました。

 本日はこれで散会します。

午前10時43分散会

──────────────────────────────

 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




      平成19年9月11日


                 議  長 内山田善信


                 署名議員 安田  修


                 署名議員 黒木 義秋