議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 19年 第2回定例会(6月) 06月15日−02号




平成 19年 第2回定例会(6月) − 06月15日−02号









平成 19年 第2回定例会(6月)


──────────────────────────────────────
平成19年 第2回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第2日)
                        平成19年6月15日(金曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                    平成19年6月15日 午前10時00分開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 一般質問
──────────────────────────────
出席議員(14名)
1番 安田 厚生君       2番 安藤 福松君
3番 千草 力生君       4番 水永 正継君
5番 小林 芳彦君       6番 安田  修君
7番 黒木 義秋君       8番 神?千香子君
9番 朝倉 利文君       10番 猪倉 照央君
11番 安田 茂明君       12番 米良 昭平君
13番 黒木  裕君       14番 内山田善信君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
議会事務局長 金丸 隆康君     議会事務局長補佐 太田 民雄君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          曽川  泉君  副町長         村上 昭夫君
会計管理者会計課長   今西 志郎君  教育長         斉藤 義輝君
総務企画課長      小野 康文君  財政課長        安田 精一君
産業振興課長      小野 幹男君  社会教育課長      山本 道明君
福祉課長        松岡敬一郎君  教育総務課長      田中 豊彦君
税務課長        中城 廣美君  環境建設課長      岩佐  誠君
町民課長        柳田 隆晴君  水道課長        緒方 節夫君
代表監査委員      黒木 元吉君




──────────────────────────────

午前10時00分開議



◎議会事務局長(金丸隆康君) 一同、礼。



○議長(内山田善信君)  ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(内山田善信君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、2番、安藤福松君、3番、千草力生君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.一般質問



○議長(内山田善信君)  日程第2、一般質問を行います。

 一般質問は通告順に行います。

 なお、執行部との議論及び内容を深めるため、通告されていない質問がある場合は、執行部に答弁を求めないことがありますので御注意ください。

 質問第1、年金記録問題について、7番、黒木義秋君の登壇を求めます。



◆議員(黒木義秋君) おはようございます。通告に従いまして一般質問を行います。

 年金記録問題について、宙に浮いた年金5,000万件の問題が国会で審議中であるが、今やこの動向は国民の最大の関心である。門川町民の中にも過去、現在において該当者がいる可能性は十分に考えられ、このような方の相談窓口は、国の出先機関である社会保険事務所になると思うが、町においても年金の徴収事務を行ったこともあり、担当課に相談コーナーなるものを設けてはどうかと思う。町長の考えを伺いたい。

 壇上からの質問を、簡単でございますが、これで終わります。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) おはようございます。それでは、黒木議員の質問にお答えいたします。

 まず、公的年金保険料の納付記録漏れなどの問題に関する質問でございます。町内にも対象者や御心配な方がたくさんいらっしゃるだろうというふうに私も認識しております。この年金業務自体は、これは町の管轄ではございませんので、例えば町に相談窓口を開いてもデータがないとか、あるいはパソコン、端末がつながってないとかいうようなことで、直接の御返事とかいろんな御相談ができかねるということがございます。それで、延岡にある社会保険事務所が専用窓口を開設して、いろいろな相談とか問い合わせ、こういうことに対応してるというふうに伺っております。

 門川町としましても、町民課の医療年金係というところに社会保険事務所のOBの方に臨時職員として来ていただいております。そういうことで、大変こういうことに詳しい方を臨時職員として配置しておりますので、おいでになった方はここでいろいろと御相談をいただくということはできるようにいたしております。過去もこれまでにやっぱり40人ぐらいの人たちがいろいろな御相談をなさってかえっているというふうに聞いておりますので、国保窓口にできる範囲の御相談は受けていきたいというふうに考えてるところでございます。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  7番、黒木義秋君。



◆議員(黒木義秋君) さっき町長はデータがないとかおっしゃいましたけど、きのうの国会で多分、僕はラジオで聞いていたわけですが、市町村にもそういう国民年金とか障害者年金とかいろいろなあれがあって市町村にもあるんじゃないかというような、ラジオの番組で僕は聞いたわけですが、やはりそういう年金は、恐らくちょうど、今団塊の世代の人が多いわけですが、その前に昭和三十四、五年の人が、例えば企業に働いた、そしてやめて結婚したとか、もう女の人でいえば。それと、男の人では都会に行っちょって帰ってきた、そういう人たちはそのままふらかしたというのが、大体宙に浮いたそういう5,000万件の回数じゃないかと僕は思っているわけですが、それをやっぱり町の窓口としてみんなが相談しやすい、そういう窓口を今後つくってもらいたいということを僕は思いますが、町長の、今延岡に行けば、それは社会保険事務所ですかね、あそこに行けばデータがない人も、中には紛失した人もおるわけです。これを調べるには大変だと思いますけど、国は1年間で何とかやろうという勢いで、今国会はもう野党を問わずにもう全体で考えなくちゃいかないというような問題になってますけど、その件についてひとつ町長にどういう考えがあるかお伺いをいたします。



○議長(内山田善信君)  町長。



◎町長(曽川泉君) 門川町でいろいろと収納業務なんかをやっていた時期が、当然町があるわけですね。そういうときのデータが、もう5年間保存という義務期間を残して破棄をされてる市町村がたしか1割ぐらいあるというような報道がございました。その件につきましては、門川町はちゃんと保存してありますので心配ないんですが、そういうデータでいろいろ御相談に来て、わかる範囲はこの人たち、さっき言いましたような社会保険事務所のOBが窓口におりますので御相談可能でございます。そのほかの本格的な捜査となりますと、これはもう調査システムからの立ち上げということで国はやっておりますから、門川町でできる範囲というのは限られてくるというふうに考えております。できる範囲はしっかりやっていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  7番、黒木義秋君。



◆議員(黒木義秋君) 今、町長の言われたように、やはりそういう窓口を設けてやって、少しでも問題を解決するようにひとつ要望いたします。

 もうこれで僕の一般質問を終わります。



○議長(内山田善信君)  以上で、黒木義秋君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第2、学校給食に地元産米利用について、質問第3、桜並木通りの遊歩道設置について、6番、安田修君の登壇を求めます。



◆議員(安田修君) おはようございます。通告しました2件につきまして、順次質問させていただきます。

 まず第1点、学校給食に地元産米利用についてでありますが、ちょうど4年前の6月定例会で同じ質問をしていますが、いま一度お尋ねをさせていただきます。

 児童・生徒の食育事業が今日ほど重要視されている現在において、食を通じ生きる力をはぐくみ、あわせて学ぶ力と心身ともに健やかな学校生活を送ってもらうことを目的に学校給食は実施されているのでしょう。その一助として、SAPの会員や農協青年部の部員たちがSAP農園を開園をし、「食農教育プロジェクト」を実施したり、あるいはまた地域の高齢者と一緒に実習田で「稲作教室」を開いたりして、食・農の持つ大切さを教えてあげています。また、先日からは町の食生活改善推進協議会の方々が朝食レストランを開催し、食の大切さや食の自立を促す食育事業を展開をしています。

 こんな中、地元産米を利用し、そこから食・農の持つ教育をするならば、地域と学校、そして児童・生徒を結ぶきずなとなり、給食を身近に感じ、また食に対する意識を高めることができると思うのでありますが、いかがでしょうか。

 また、そこには学校給食会から納入する納入米と地元産米を使用したときとに差額が生じます。例えば、日向市は昨年の9月1日からこの地元産米を利用しているわけでありますが、現在JAを通して納入しているそうです。年間約63トンを、30キロの袋にして2,700袋納入しているそうですが、大体キロ単価338円だそうであります。現在、19年度給食会からの納入価格が、19年度は321円でありますので、そこに約17円、20円近くの差額が生じるようであります。この御時勢、給食費を上げるわけにはございません。そこで、それに伴う差額の助成はできないものでしょうか。

 次に、桜並木通りの遊歩道設置についてお尋ねをいたします。平成17年2月、広く整備され、補強された五十鈴川堤防沿いに門川町町制施行70周年を記念し、約2キロメートルにわたり桜を植栽し、その景観づくりに一役買っているところであります。2年余りたちますと、土壌のよいところは大きく育ち、青く生い茂っています。以前からその周辺を散策しながら健康づくりに努めてきた町民は少なくありませんでしたが、最近では以前にも増して多くなってきています。

 そこで、この間に遊歩道を設置し、整備すると、また一段と楽しみが増し、名所づくりと花とみどりのまちづくりにも貢献できるのではと思うのでありますが、お伺いをいたします。

 以上で、壇上からの質問といたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。教育長。



◎教育長(斉藤義輝君) おはようございます。ただいまの議員御質問の教育に関する点についてお答えいたします。質問の趣旨は、地元産米を利用することにより、食と農が持つ大切さや地域と学校、児童・生徒を結ぶきずなになるのでは、との御質問であろうかと存じます。

 議員御承知のように、地元で生産された農産物を児童・生徒に提供する考えは、食育基本法に基づいた国や県における食育推進基本計画でも位置づけられており、このことから、本町におきましてはキュウリ、ミニトマトなど地元で生産された青果物等について既に学校給食で取り入れております。そのほか地域に根差した特色ある学校づくりの観点から、ことしも町内の全小学校でSAP会員や農協青年部の御協力をいただきながら、総合的な学習の時間の中で水稲、スイートコーン、タマネギ、イチゴ等の農業体験を実施しているところでございます。この取り組みは、真に郷土を愛し、農業の大切さを学習するとともに、食に関する指導の生きた教材として活用することで、子供たちが食材を通じて地域の自然や文化、産業等に関する理解を深め、あわせて生産者に対しての感謝の心をはぐくむなど、教育活動上においても重要な位置づけがなされていると十分に認識をいたしております。

 したがいまして、これからの学校給食には地元産米を使用していきたいと考えていますが、実施に当たりましては解決しなければならない課題等もあるようでございますので、早急に担当課や関係諸機関等と協議してまいりたいと存じます。よろしくお願いします。



○議長(内山田善信君)  町長。



◎町長(曽川泉君) それでは、私の方からもお答えいたします。

 ただいま教育長が答弁しましたように、給食の問題でありますが、門川町はそういう食育の面ということでは大変力を入れてるということは皆さん御理解いただけると思います。

 地元産米の学校給食への利用については、それぞれの関係者の皆さんがやろうやろうというふうに、大変前向きにいろんなところで話が出ております。なぜやれないのかなということが不思議でしようがなかったんですが、いろいろ調べてみますと宮崎県学校給食会などの規定で、100%安全だということは当たり前なんですが、その後に、米のできふできにかかわらず、1等級の上質米を同一価格で、年間を通じて安定した供給ができることというような規定もございます。そういうことで、その生産状況とかいろんなことの突き合わせというのができていなかったんじゃないかと思っております。最近、議員おっしゃいますように、日向市がJA日向とタイアップしながら、いろんな人の協力のもとに実施されておるということは聞いておりますので、日向でできるんであれば門川もできないはずはないと私も考えております。

 そういうことで、新米ができた後の1年間通じてということでなくても、例えば何カ月か期限を切ってでも、とにかく門川町の米を使った、学校給食に米を使うということが試験的にでもできないかということを考えまして、ぜひこれは近いうちに関係機関の方々、宮崎県学校給食会の方にもお集まりいただいていろいろと協議して、前向きにこれが実施できるように早急な検討を行いたいと思いますので、その節は関係者の皆さん、よろしくお願いいたしたいと思います。

 それから、五十鈴川堤防沿いの桜並木の遊歩道としての質問でございますが、この五十鈴川堤防沿いにつきましては、町といたしましても以前から県事業等による、いわゆる管理用道路として舗装を要望してまいっておったわけでありますが、なかなか、いわゆる管理用道路としての舗装は困難であるということで、今まで行われていないのが現状であります。おっしゃるように、最近は大変ウォーキングブームでありまして、私の近所でもたくさんの人たちが歩いておられます。そういう意味では、このコースも大変いいウォーキングコースであるというふうに私も認識しておりますが、雨上がりの水たまりとかそういうので、大変そういう方には使いにくいという状況であろうと思います。

 今、遠見山の方を、遠見山といいますか、牧山のコースというのをひとつ町のウォーキングのモデルコースというような形で、標識などを設置して、ひとつ指定して実行してみようじゃないかということを本年度計画いたしております。こういうことで、いろんな門川町のあちこちに心をいやすようなそういういい地域は、皆さんでウォーキングコースとして設定しながら整備していくということは大変いいことであると思っておりますので、そういう中の一環としても考えていきたいと思っております。

 この堤防は、議員おっしゃいますように、地域の皆さんが桜を植え、そしてアジサイを植えて、ボランティアで草刈りなどをされて大変立派に管理していただいておるということも認識しております。そういう皆さんと力を合わせながらその実現に努めてまいりたいと思いますが、この、いわゆる防災管理上の問題もありますもんですから、遊歩道ということも常に念頭に入れながら、この堤防整備については日向土木事務所としっかりとした話し合いを続けていきたいと思っておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  6番、安田修君。



◆議員(安田修君) 1問目につきましては、一番問題になるのが安心、そして安全な面でありましょう。しかし、今はいろいろと農家の方も苦労いたしまして、農薬もポジティブディスト制度等もありまして、非常に残留農薬等には気を使っております。まして日向市が、先ほど言いましたように60トン余りの米を供給していますし、うちが大体2,000食ぐらいだそうであります、全体で。大体約17.4トン、約18トンの給食米を利用しているそうであります。非常にこの給食、先ほども言いましたように給食米、地元産米を使いますと、そこに差額等もありますが、いろいろと解決しなければならない問題もあり、これから前向きに検討するということでございますので見守っていきたいと思います。

 次の2問目でありますけれども、実は、一般質問の通告締め切りは6日でありました。その日は通告したとおりの質問しか思い浮かばなかったんでありますけれども、ところが6日の夕刊デイリーと7日の宮日新聞を見ましたら、牧山の、あの遠見半島の広大な広場にアジサイが咲き誇っているという記事を見ましたので、10日の日曜日に行ってみました。それはもう大変な人出と見事な花園でございました。

 そこで、ふと思いついたのが、そうした花園と牧山沿線にある桜並木や五十鈴川沿いの桜並木、そしてまた、昨年でしたか、昨年の3月、心の杜の裏山にミカン山を造成しまして、イペというお花を植えたんでありますが、何日か前に行ってみましたら、もうほとんどがかっちゃくをしていまして、大きいところは背丈ほどにもなっております。多分一、二年もしたら、きっときれいな花が咲き誇るんではないかと思っております。こうしたそれぞれの花の名所を観光コースといいますか、そういうもので結びまして、線で結びまして、そして最後はそうした疲れた体を温泉に入っていやしてもらい、そしてまた帰りには地場産品を買ってもらうと。何かこう考えると、一朝一夕でなく、二夕も三夕もあるような気がするのであります。それにはどうしても、あの五十鈴川沿いの桜並木に、県とも相談をしながら遊歩道を設置するならば、また、今知事が提唱しています観光客5%の増とか、そういうのにも一役買えるのではないかなと思っております。

 多分全舗装は無理でありましょうが、遊歩道ならば1メーター50か2メーターぐらいつくると、そんなに金額もかからないであろうし、県と相談をしながら、町長前向きにお願いをしまして、私の質問を終わらせていただきます。答弁は要りません。



○議長(内山田善信君)  以上で、安田修君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第4、保育料並びに給食費の滞納について、質問第5、議会の公開について、13番、黒木裕君の登壇を求めます。



◆議員(黒木裕君) 通告に従い、保育料並びに給食費の滞納についてと、議会の公開についての2点、要旨の内容を補足説明して質問いたします。

 最近、ジャーナリズム、マスコミをにぎやかせていることに、保育料並びに給食費の滞納があります。先月の新聞によりますと、自治体の認可保育園で2005年度に滞納された保育料が、全国の主要都市だけで年間34億円近くに上るとの記事が掲載されていました。宮崎市を例にとると、6,396万円あったとのことです。給食費については、全国の公立小学校で2005年度に18億円を超える金額が滞納されていたようです。宮崎県全体では1,433万円の滞納総額であったとのことです。払えるのに払わない人が増加している傾向にあり、経済的に余裕がありながら払わない保護者が存在するということであります。高級外国車に乗り、保育料を払わない夫婦だとか、徴収担当が面会を約束した日に訪問しても、子供に居留守を使わせる母親が存在するとか、悪質な滞納者の例を挙げていました。給食費の滞納にしても同様のことがあるのではないかと考えられます。生活の苦しい人の中には1,000円ずつでも払ってくれる人がいるのに、このような人がいること自体残念だと、ある徴収員が語っていたとのことであります。自治体側は頭を悩ませて、保護者を相手取り法的手段に訴えるところまで事態は深刻化しているという記事までありました。もしかしたら本町でも滞納があるのではと思い、質問します。

 1番目、それぞれ完全回収が最善なのですが、回収実績の把握はできていますか。2、今までの回収状況はどのようなものだったのですか。3、今後の完全回収への方策はどうとるつもりですか。

 次に、議会の公開について質問いたします。

 昨年6月議会において、議会のテレビ中継について質問したとき、町長はケーブルテレビの普及活用が求められるので、18年度中にはぜひ試験放送を一遍やってみたいと答弁されています。まだ記憶に新しいと思われます。1年経過したのに何の行動も起こらないし、今年度の主な事業及び新規事業にもこの試験放送は入っていません。一体どうなったのでしょうか。どのようにお考えでしょうか。

 以上で、壇上からの質問は終わり、再質問は自席にて行います。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) まず、保育料及び給食費の滞納の問題についてお答えいたします。

 まず、保育料の問題から答弁いたしますが、全国的に問題になっておりますこの保育料の滞納問題でありますが、まず保育料についてでありますが、町内には2つの町立保育所と4つの民間の保育園がございます。町立、民間を問わず、すべての保育所への入退所並びに保育料の決定、徴収は門川町が行っております。

 平成17年度の収納状況でございますが、保育料が約1億700万円、滞納額が250万円、収納率は97.6%でありました。これが17年度であります。18年度は、保育料の合計が約9,800万円、滞納額が約260万円であります。収納率は97.3%でありました。

 滞納額の内訳につきまして、18年度分について申し上げますと、園児数558名のうち40名の園児分が滞納になっております。滞納者へは個別の納付指導を行っているところでありますが、滞納の理由を分析しますと、約8割が多重債務や収入の減少により生活が困窮している世帯であるというふうに聞いております。残りの約2割が払える状態にありながら滞納している世帯であるというふうに判断しております。今後は、引き続きこの滞納者へ督促状や催告状を発送するとともに、きめ細やかな家庭訪問、夜間徴収等を実施し、収納率の向上を図ってまいります。

 保育所の入所につきましては、児童福祉法に基づいて入所要件がそろっている児童については措置しなければならないということになっておりますので、滞納を理由に退園などの措置をとることはできないことになっております。

 国におきましても、この全国的な問題になっていることから、厚生労働省を主管として、保育料滞納の実態調査を6月から7月にかけて全国一斉に行うことにしており、今後この調査結果を踏まえて県とも協議しながら、悪質な滞納者への財産差し押さえ等の強制措置も視野に入れながら徴収率の向上に努めるということにしております。

 それから、次に給食費の滞納の問題でありますが、これは教育長の方がお答えした方がいいかと思いますが、数字の問題ですので引き続き私の方でお答えいたします。

 この給食費は、保育料と違い、学校経営の一環であり、保護者やPTA役員の御理解と御協力によりまして、それぞれの地区でPTAの給食委員などにお願いして集金をいただいているというふうに聞いております。

 御質問の、いわゆる回収実績でございますが、西門川小中学校は100%集金をされておりますが、ほかの4校では若干の未収金があるというふうに伺っております。今までの未回収状況ですが、平成18年度に限って申し上げますと、門川小学校が5世帯で約22万円、草川小学校が4世帯で約12万円、五十鈴小学校が3世帯で約6万円となっております。それで、小学校は合計しますと12世帯で約40万円というのが18年度の未回収金額であります。また、門川中学校が9世帯で約31万円ありますので、総計しますと21世帯で約71万円余りということになっております。未納世帯の中には生活が厳しいと思われる家庭も確かに見受けられますものの、中にはそうでもない家庭も約半分ほどはあると伺っております。各学校においては、未収金に対する給食費は、学校長や教頭等がPTA役員と連携しながら、電話や個別面談、さらには督促状の発送、自宅訪問などを行いながら100%を目指して集金に努めておられるようでございます。

 今後の回収方策でございますが、学校給食法の規定でも食材費は保護者が負担することと定められておりますので、今後とも学校、PTA役員が連携をとりながら未収金が発生しないように努力されておられますので、関係者の御理解をお願いしたいと思っております。

 それから、議会の公開の件でございます。

 ケーブルテレビの議会中継につきましてでありますが、昨年の議員の質問から、おっしゃるとおり大変時間がかかって申しわけないと思っております。いろいろ調整してまいりましたが、9月の定例議会で試験放送をできるという見通しが立ったところでございますので、現在業者と詳細に調整中であります。試験放送ですので、放映時間の制限など決まりごとがたくさんありますので、9月議会の日程が決まり次第、議員の皆さんとも御相談することにしたいというふうに考えておりますので、その節は御協力をよろしくお願いします。

 なお、実際の議会中継導入になりますと、現在撮影機器や音声機器のいろいろな費用の問題あるいは撮影方法の問題等、いろんな手法がございますが、これについて詳細な検討を今詰めているところでございます。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  13番、黒木裕君。



◆議員(黒木裕君) 保育料の件ですけども、いろいろ答弁お聞きしまして思ったことですが、滞納している人の理由をいろいろと把握しておられますけども、そして今から調査して、また法的措置といったことをとると言われてますけど、今までに督促状を送付したり、また強硬措置に踏み切ったことはなかったのかを1点お聞きします。

 それと、給食費についてですが、ある新聞を例に挙げさせてもらいますと、次のように載ってました。滞納があった分だけ、今まではリンゴ半分を出していたところが4分の1に減ってしまったと。いわゆる食材に影響を及ぼしたことがあったということが載っていました。そういったことがあったのかなかったのか。

 また、校長先生だとか担任の先生が滞納している給食費を立てかえて、まだその回収もできてないということも載ってましたけど、そういった事例はないのか。

 あと給食費の徴収方法ですけども、口座振替だとは思うんですが、これを切りかえて集金袋を発行して現金徴収にするとか、そういった徴収方法の見直し、そういったものはできないものかを聞いてみたいと思います。

 また、議会中継は9月で実施するということでありますけども、全部が全部じゃなくても、一般質問だけでも放映すると、生中継でもいいし、皆さんが落ち着いたときに見られる7時、8時とかそういったときに放送されるのもよかろうかと思います。

 それはお願いであって、あと給食費と保育料についての質問にお答えください。お願いします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。福祉課長。



◎福祉課長(松岡敬一郎君) 今までに督促状とか処分はしたのかということ、御質問でございますが、先ほどから、町長の方から申し上げましたとおり、本町の保育料は国が定めた基準額、いわゆるこれ7段階あるんですが、これをさらに細かく21段階に階層に区切りまして、母子世帯とか父子世帯、それから障害者のいる世帯の軽減措置を設けまして、前年度分の世帯収入に応じて決定がなされております。

 そして、保育料の滞納者につきましては、まず電話を入れて催促をいたします。その中で督促状を発送いたします。夜間、それでもなかなかお支払い、納入していただけないという方がいらっしゃいます。こういう方々につきましては、夜間自宅を2名1組で、夜7時ごろから9時ごろまで自宅を訪問いたしまして、そして徴収並びに納付についての指導を行いまして、それでもなおかつ納入できない、納入していただかないという方々につきましては、繰り返し繰り返し夜間に個別の訪問をしまして徴収に当たっております。今までに強制措置とか、このようにしたことはまだありません。

 ただ、先ほどから町長が申し上げましたが、今度、国の方において全国的な一斉の調査が行われます。その段階を見て、県とも協議しながら、各市町村の動向を見ながら検討してまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  教育長。



◎教育長(斉藤義輝君) 先ほど食材への影響、未納の分が食材への影響はないかと、それから校長、教頭あるいは職員の立てかえはないか、それから集金の方法について、3点御質問ございましたので、これについてお答えいたします。

 食材への影響、立てかえの件につきましてはございません。過年度納めてない分について追っかけて、卒業しても集金を行うというような、で、それが徐々にお金が入ってきておりますので、補てんについてはそれを使っております。PTA会費その他で使うことはできませんので、そういう過年度の納まった分について、それを補てんして使っておりますので、1、2点の問題についてはございません。

 それから、3点目でございますが、銀振、銀行振り込み等については町内ございません。それで、地区の役員がおりまして、それぞれ月ごとに集金をいたしておりますので、議員御指摘の件についてはございません。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  13番、黒木裕君。



◆議員(黒木裕君) 先ほど6番議員が言われましたが、食育ですね、食を通じ、生きる力をはぐくみ、あわせて学ぶ力と心身ともに健やかな学校生活を送ってもらう、こういうことを目的に学校給食が始まったという食育が最近うたわれています。

 私が、最後の質問ですけども、こういう滞納が続くとその食育というものが壊れると思います。私が記憶してるのは、戦後食べ物が行き渡らず、栄養のバランスが悪く、偏った食生活の改善で給食が始まったような記憶をしております。我が家1軒だけ支払って大勢に影響はないと、そういう自分のことしか考えない人がふえ、保護者のモラルが低下し、払わなければならないという意識が薄れてきて、この食育という意識の薄さがあらわれてきてるのだと思います。極論過ぎるかもしれませんが、学校給食をやめる、やめて母親の手づくりの弁当を食べてみると、そういったことも考えてはどうだろうかと、極論ですけども、そういうことを思ったこともありますけども、教育長としてはそういった極論についてはどうお考えか、最後の質問といたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。教育長。



◎教育長(斉藤義輝君) お答えいたします。

 全国的にもいろんな給食費の問題が取りざたされまして、現在の給食をやめて、今議員おっしゃったような弁当にというようなことでございますが、やはりこれは今日的な家庭の状況が昔と変わりまして、非常に母親が外に出て働くというような状況もございます。そういうようなことから、給食費の問題につきましては学校経営の一環として、平成17年に国の食育法が成立いたしまして、食育に関しましては非常に重要視されておりますが、学校給食の中で給食につきまして、その中で食の教育を行っているという上からも、これをやめて弁当にするということは現在困難であるというふうに私は考えております。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で、黒木裕君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第6、横領問題について、質問第7、選挙について、質問第8、人事について、質問第9、西部のゴルフ場について、質問第10、公募について、質問第11、環境問題について、8番、神?千香子君の登壇を求めます。



◆議員(神?千香子君) 質問の前に、ちょっと議長にちょっと質問があるんですけど、答弁者がちょっと私、選挙管理委員長をちょっと要請した予定だったんですけど、きょうちょっと出席してないんですけど、別途手続が要ったのか、それともきょうの答弁者はどなたになるのか。組織体がやっぱ議会選出に選挙はなってますので、ちょっとやっぱ、ちょっと議場に入ってちょっとびっくりしたんですけど、そこのところちょっとお願いいたします。質問の前に。



○議長(内山田善信君)  休憩します。

午前10時46分休憩

                              

午前10時47分再開



○議長(内山田善信君)  先ほどの神?千香子君の質問について協議いたしました。

 選挙管理委員長、副委員長が体調不良のため、きょう欠席だそうです。それで、町長がかわって答弁するということだそうです。よろしいでしょうか。



◆議員(神?千香子君) はい、了解しました。



○議長(内山田善信君)  それでは、8番、神?千香子君の登壇を求めます。



◆議員(神?千香子君) 今回の一般質問は、非常に自分の力量も考えなくて多岐にわたりますので、少し通告の中で、文章の中でちょっとはしょるところがありますので御了解お願いいたします。

 それと、通告書の西部ゴルフのところの、私、決算が、税収が450万、500万円の間違いですので、皆さん、訂正方よろしくお願い申し上げます。

 では、始めます。まず、横領問題です。

 昨年発覚した1,000万円の新たな横領金に対して、3月議会で町長は前町長時代の中部の検討委員会を見届ける。今は調査委員会はつくらないっていうことで、原因究明もなく、問題点も具体的に町民に説明してません。行政ではできないっていうことは、私たち普通の感覚からすると、門川の行政はお金の管理ができませんということで解釈するしかないような気がするんですけど、町民の、これでは信頼どころか、根本のところで、皆さんが抱えてる町政の闇を増大させ、町長や職員への信頼回復につながっていないのではないでしょうか。再発防止も町が出した絵に書いたもちに過ぎないという受け取り方を私たちはしております。調査委員会は今つくらなくて、いつつくるんでしょうか。本来なら昨年発覚時に速やかにすべきことだと私は考えます。調査委員会をつくるのかつくらないのか、つくらないなら具体的理由を伺います。

 2番目に、門川町の職員懲戒処分に関する基準を定める要綱が、17年度、25町村策定済みでしたが、ことし4月、ようやく門川町もできました。町民に公表すべきではないでしょうか。

 次に、選挙です。

 参議院選挙が7月にありますが、投票率を上げるためにどのような方策を講じていくのかお伺いいたします。

 また、選挙事務は万全なのかお尋ねいたします。

 人事です。

 今年度は、役場の組織機能の枠組みが大幅に変わりました。特に、ことし4月の組織改革は、曽川町政2年目にして出た町長のカラーであろうと私たちは期待しております。特に、分権時代は役場の職員の企画力、総合力、自治能力が非常に問われます。役場の、町民の皆さんの事務所として、全体の奉仕者として住民サービスの徹底、マネージメント力が必要になってきています。地方交付税も減らされ、非常に厳しい現状の中で、町民の皆様の力をどれだけお借りして町政に反映させ得るのか、これからの町づくりのかぎであろうと私は思っております。そのための町づくり公募予算も今回の予算の目玉であろうと私は思います。

 しかし、器や制度が整って見ばえがよくなっても、職員の働く意欲、姿勢が一番であります。また、人事が町民の職員の信頼に足り得るのか、適所適材かで住民自治能力、組織能力の発揮が全く違ったものになってきます。そこで、今回の人事異動の基本的な考えを伺います。

 西部ゴルフにつきまして、西部ゴルフは、当初は1,000万円近くあったゴルフ利用税も、本年度予算は350万円に減りました。ことし3月には、やよい住建株式会社に売り渡されたとのこと。このゴルフ場は遠見半島総合開発の柱として、町が政策の柱として進めてきました。現経営者の具体的内容と雇用問題や公害防止協定などはどうなるのか伺います。

 公募と松瀬分校につきましては、3月の町報で松瀬分校跡地の活用団体を公募し、5月に締め切りましたが、現在の申請状況と審査方法、メンバーをお尋ねいたします。

 また、地元松瀬地区は、五十鈴川の上流で過疎化、高齢化が進んでいます。廃校になっても分校は、生徒がいようがいまいが、松瀬の方々にとっては心のふるさとであり、地区の中心であることに変わりありません。町は公募までに地区にどのように対応してきたのか伺います。

 下水処理計画について。

 今般3月議会で、今年度じゅうに下水道にするのか、合併浄化槽にするのか方針を決めるとのことでしたが、生活排水対策総合基本計画は、昨年8月に、既に下水道はゼロ、そして8月、一応町長も決裁しているということ伺いました。そうなれば、今年度じゅうの仕事の内容はかなり変わってくると思います。もう合併浄化槽でいくっていうことになったら中身が大事だと思っております。また、3月議会、合併浄化槽、下水道で見直すということだったんでしょう、町長答弁だったんですが、もしかしたらまた、去年下水道がこれではゼロになってますね。が、下水道がことしまた出てくるのか、ちょっと心配になります。もう一度そこのところを確認いたします。

 また、抜本的な見直し、検討をするなら、水産、漁業、農業、畜産などの産業排水もあわせて総合的に考えていくべきだと考えますが、町長の考えを伺います。

 以上、再質問を自席からいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) まず、不祥事の問題からお答えいたしますが、前回の議会でも答弁しましたように、内部調査の限界ということを申し上げましたが、これは、一つは着服金、その金額を明確化するための調査として平成17年の7月からスタートしてるわけでありますが、その後に本人を告訴し、逮捕されておりますし、証拠書類とか、あるいは本人が司直の手にわたってしまっているという中で、残りの金額を調べ上げるには限界があったということであったということを追加しておきます。その結果、司直の手を借りて最後の1,000万円余りというのが明らかになったわけであります。

 この問題の原因究明などにつきましては、この問題は、最後のいわゆる新たな1,000万円のみならず、最初から合わせまして3,000万円余りに至る一連の事件でありますので、1,000万円に対して、最後の1,000万円に対して原因究明とか、そういうことをやっても問題ではないかということで、一連の原因究明などを行うために17年の7月から実務者7課9名による、いわゆる公金等収納管理検討委員会というのを設置しまして、ここで原因や背景などの分析がなされて、同年9月に委員会報告書が提出されております。いわゆるこれが一つの調査委員会にかわるものというふうに私は受け取っております。これを受けまして、会計課長を中心に、公金等収納管理検討関係課長会というものでさらに検討を加えまして、原因の究明改善を取りまとめて、同年11月末に町長に改善策が提示され、12月議会で報告されたところでありますので、このことについては御案内のとおりであります。ですので、最後の1,000万円の判明時期にかかわりなく、一連の事件の原因究明と対策は町民に通知しながら取り組んでいるということであります。私が町長に就任しましてからは、最後の1,000万円の判明したその経緯などを町民に町報、チラシなどで詳しくお知らせしつつ取り組んでおります。

 これまでの再発防止策は絵に書いたもちというふうにもおっしゃっておられますが、職員は厳しい中でそういう検討委員会などで、厳しい批判の中で懸命に取り組んでいたわけであります。私はこの働きを否定しようとは思っておりません。むしろそれはそれで努力として認め、評価すべきは評価して、そしてさらにこれで十分だというふうには私も思いませんでしたので、私自身で考えたいろいろな再発防止策、すなわち職員の意識改革とか職場の風土の改善、こういうことに取り組まなくてはいけないということで、具体的には職場そのものを明るいものにしていこうとか、職場の対話の推進とか、あるいは管理者研修、そういうものを含めての教育研修の徹底、それに機構改革、こういうことを再発防止として実行してきたところであります。このことについては、行政報告会や議会等にもお話して、町行政への信頼回復に努めてるとこであります。よって、新たな調査委員会の設置については、今は考えておりませんということは前回申し上げてきたとおりであります。

 それから、処分基準について公表すべきではないかというお話でございますが、門川町職員の懲戒処分に関する基準を定める要綱というものを19年の3月31日に制定いたしまして告示し、19年4月1日より施行しているところであります。

 御質問の本要綱の公表につきましては、役場内の掲示場において掲載しまして公表を行っております。告示行為がいわゆる公表に当たるものでありまして、具体的には役場掲示板に2週間提示をいたしておりますので、御理解いただきたいと思います。内容については、いつでも担当課でごらんいただけるようになっております。

 参議院の選挙のことでございます。

 投票率の低下につきましては、全国的な傾向であろうと思いますが、門川町におけるこれまでの投票率も決して高いものではありません。1月の知事選挙が63.76%、2月の町議会議員選挙が67.74%、また4月の県議会議員選挙が59.93%でありました。今回の参議院議員選挙では、県の計画に基づく広報テープ、ポスター、チラシによる啓発を実施するほか、町として懸垂幕の掲示とか広報紙への記事掲載及び街頭啓発活動を通じて投票率の向上に努めてまいります。

 また、今後の問題として、今回の選挙には間に合いませんが、投票区や投票所の区割りの問題、こういうことも検討する必要があるというふうに認識しております。

 選挙事務は万全かという質問でございますが、最近の選挙におきましては全員が、いわゆる全職員が選挙前に、いわゆる事務の改善策について全員の説明会、教育を行っております。そこで知識とか意識の高揚というものを図るようにしております。そういうことで、期日前投票箱の設置漏れとか不在者投票用紙の投函漏れなどのような管理執行上のミスを防止するということで、さらに各種チェックリストを活用して万全を期しているところであります。

 ただ、今回の参議院選挙は、1月から選挙が連続して執行されておりますので、職員の慣れとか、そういう思い込みというものが心配されますので、参議院選挙前には改めて全職員に徹底した事前説明会と研修を実行して、これに臨みたいというふうに考えておるところでございます。

 人事の問題でございます。

 私は、就任前から「総合的に行政力を高める」という言葉で申しておりますが、これは職員の能力とやる気を高めるということが一番の力だというふうに認識してるということも申し上げております。いわゆる民間でいえば、社員1人当たりの生産性をいかに高めていくかということに苦慮しているわけでありますが、全く同じであります。

 仕事の成果というのは、その一人一人の能力と意欲の掛け算でありますから、職員の能力と意欲の向上を図るために、まず、職場の風通しをよくするために職員との対話の推進あるいは、まず明るい職場にしようということで、あいさつの励行とか、そういうことからスタートしております。それから、やはり管理職のマネージメント教育、これが非常に大事だということで、職員の意識改革に向けた取り組みを行っているとこです。さらに、今年度は一人一人の職員の意欲向上を図るために、係長以上の職員を対象に、年間の各自の業務目標を設定して、自分が取り組む重要な業務を、重要事項3項目を上げてもらって、目標の達成に向けてそれぞれ取り組んでいただいているとこであります。これは、半年後並びに1年後には自分自身で自己評価をまずしてもらうということで、課長とその係長あたりのいろいろなコミュニケーションの一つのツールにもなっております。

 こういうことで、組織全体のレベルアップの観点から、特に課長あたりには、部下の育成指導ということに注意しているかどうかということもこの目標管理の中でしっかりと見ているところであります。組織機構の改革については、一係一人ということをできるだけなくして、二、三人のチームによる、制ということを考えてまいりました。それから、窓口業務のワンストップ化、それから総務企画課に直轄の企画制作グループを編成しまして、いわゆる縦割り行政を解消するために、各課にまたがる諸問題についてはここで調整していくというふうにしております。

 町民には利便性、そして庁舎内では効率性、役場の中をわかりやすくしていくと、情報をどんどん公開していくと、それから町民のニーズにスピード感を持ってこたえるというようなことで、機能的な組織を目指した改革を行ったところであります。これに沿いまして適材適所の人事配置をしたところでありますが、このことにつきましては不祥事を二度と起こしてはならないという再発防止策としても念頭に入れながら行っているとこであります。

 続きまして、西部のゴルフ場のことでありますが、西部からやよい住建株式会社への経営譲渡については、昨年の3月に新聞報道がありまして、西部プリンス本社から町に対しても説明がございました。正式な経営譲渡につきましては、その後、何か新会社の都合で6月というふうに承っておりましたが、9月に延びたということを最近承っております。新会社に営業を譲渡するということについては、雇用の問題とか、あるいはさっき言われましたいろいろな町との約束事とか、そういうことについては、すべて今までの西部のとおりに引き継ぐということが条件であるというふうに承っておりますので、新しい会社があいさつに来たらその辺はしっかりと確認しておきたいというふうに思っております。

 ゴルフ利用税につきましては、レジャーの多様化やゴルフ人口の減少などで、当初年間4万人ほどの利用者がありましたが、現在3万人ぐらいに減っております。利用料金の変更に伴う課税額の減額や70歳以上の非課税ということも出てきておりますので、そういうことでゴルフ利用税は減ってるという状況にあります。

 それから、公募についてでございますが、松瀬分校の校舎跡、これを有効活用するために地域またはNPO法人の団体の公募の状況は、今2団体であります。選考の方法等でありますが、6月1日に副町長、関係各課長の7名で選考委員会を設置しました。選定基準に沿って、二、三回の選考委員会、必要があればプレゼンテーションを経て、8月中旬には有効活用団体を選定する予定にしております。松瀬地区とのこれまでのことでありますが、廃校となった18年4月1日から普通財産となりまして、財政課管理係で管理するようになっておりますが、そのため平成18年5月1日から19年3月31日までの間、いわゆる松瀬地区の皆さんに委託料ということでお払いしまして、敷地内の草刈り作業ということを主とした管理委託を松瀬区長と契約して行ってるとこであります。そういうことで適正に管理をしていただきました。有効活用については、農林課が、18年11月に松瀬地区の方々と有効活用について協議した経緯があります。そして、18年の12月に松瀬地区より旧校舎、学校の土地を借りて、校舎2棟をできたら無償で使わせていただきたいという申し出がありました。そして、その1棟で農林産加工所として改修していきたいと。もう1棟は合宿所などで利用したいと。それから、運動場はキャンプ場や駐車場として利用したいと。農林産物や加工品は国道沿いで簡易直売所をつくってやりたいというような申し出が、要望書が町長に提出されておりました。ほかにも借りたいという声がありましたもんですから、今回の公募に踏み切ったわけであります。

 それから、最後に環境問題でありますが、水質汚濁の主な原因は生活排水でありますから、家庭からそういうものを直接河川などに排水されておりますが、これを浄化設備を利用することにより何とか環境改善に取り組みたいということで、現在、合併処理浄化槽を中心に、皆さんに補助をしながら推進しているとこであります。

 3月議会で答弁しましたように、公共下水道にするのか合併浄化槽にするのかについては、現在、中長期的な観点で方向性を見極めようということで、いろいろな調査などもしておるところであります。今後は専門家を含めて整備手法等方向性を今年度中に決定したいということは、3月に言ったとおりであります。

 議員質問の生活排水対策総合計画の中で、公共下水道をゼロとしているのは、これは計画策定において公共下水道を実施するかどうかが未定であるという意味でゼロを記載しておるところであります。また、農畜産の産業排水あるいは漁協関係の排水、こういうこともあわせて、それぞれに検討して総合的な排水計画として、こういうものも取り組んだ排水計画をつくっていかなくちゃいけないというふうに認識しております。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) 今回はちょっと質問が多岐にわたりますので、再質問、今回は絞って質問したいと思います。

 まず、不祥事の調査委員会の問題ですが、町長は当初の提案理由で、何とかせんばいかんって、県のやっぱ東国原知事の言葉を受けてそういう意思表明をして、私たちは非常に心強く思ったんですが、県は113万円の裏金で即座に調査委員会をして、外部の調査委員会までもつくって、そして原因究明をきちっと中の、もう即座にやってるんですよ。

 加えて本町はどういう実態ですか。まず、今町長答弁で、17年度に実務者の検討委員会をして、そこできちっとやってるって、それをもとにして今いろんな防止策はあるわけですよ。17年度っておっしゃいましたけど。17年度は2,000万円、そして、私は1,000万円だけ調査しようって言ってるわけじゃないんですよ。全庁調査をきちっとしなさいって、お金の流れを、するべきじゃないかと言ってるんですよ。なぜかというと、その役場の実務者が調査した後に1,000万円、また出てきてるんですよ。

 しかも、私ここに資料を持ってきておりますが、警察の実況見分調書です。昨年6月に検察庁に行って調べました。島田元係長が自分で供述してるんですよ。読みましょうか。これは12月に検察庁が記録しているものです。はしょって要旨だけ抜粋します。「とうとう本当のことを言い出せず、残りの1,000万円については黙り通すしかありませんでした。結局、役場の聞き取り調査で、私が隠してきた1,000万円、横領がばれることなく、私は役場の調査で判明した」っていうことを言ってるんですよ。

 役場は調査してないんですよ。それをもとに防止策をつくったって、これは本当にもう茶番としか言いようのないような受け取り方なんですね、私たちにとっては。17年ですよ、町長が去年赴任して、多くの町民はこのお金の流れをきちんと解明して、そこから役場がきれいになるということを期待したと思います。私もしました。それを隠して、調査委員会はしません、これ町民の皆さんが納得しますかね。県の姿勢と全く違いますよね、町長。役場の職員を信頼されるのは大切かもしれませんが、具体的に数字を追ってするっていうのが、公僕としての一番の責務じゃないですか。何があってももうこのままでいくという町長の姿勢は非常に残念です。もう一度お伺いします。きちっと調査委員会をつくって、町民の信頼をきちっと回復するようにするのかしないのか。

 それから、懲戒の基準は掲示板に公表してると言いますが、何人の町民の方が見たでしょうか。町民が怒ったのは2,000万円は隠ぺい隠ぺい、その上1,000万円も隠ぺいしていたことです。規定って、立派な懲戒の基準ができました、そういうことがしたらどうなるか。インターネット等、町広報に私はきちっと載せるべきじゃないかと思いますが、この点もお伺いいたします。

 それと、選挙ですがね、さまざまな投票率のアップの努力をしていることはわかります。問題点は、極端に低い須賀崎ですよね。1月19日の町議選の候補者の説明会でも指摘がありました。そして議会でも指摘がありました。町議選の第5投票区須賀崎の人たちが庵川東に行くとこですね、町議選は53.47%、県議選は50.80%、町の投票率の全体よりも極端に低いんです。

 そして、それに対して、1月の説明会のときにも私も質問しました。隣にいる黒木議員からも質問がありましたが、行政区ごとにしてますっていうことで、できないような雰囲気だったんで法的根拠があるのかっていうと、その場で答えなくて後で封書でお知らせしますっていうことだったんですが、封書が来たのが6月1日です。6月1日です、1月のことが。ここに封書があります。当面はこのままでいくというような答弁で。そして、役場の、3月議会の、議会の委員会の委員長報告の中で、こう答えてるんですよ、行政は。選挙人の規模を基本に投票所を設けている。選挙で、選管で検討しますっていう答えをしてるんですよね。議会でも出たんですよね、結局。選挙人の規模で、第1点は、なぜ半年もおくれたのか、3月議会で指摘されながら。そして、なぜ私だけに封書が6月に来たのか。3点目は、選挙人名簿で検討をやってますということでしたが、ここは行政区単位でこの紙が来ております。住民基本台帳をもとに構築された行政システムを稼動させる上で適当であることも理由の一つでありますとしてるんですよ。検討する余地がないんですよ、この返答では。選挙管理委員会が返答を出してます。当然3月議会で私は指摘しました。行政と一緒に考えて出た答えでしょうけど。ちくはぐなんですよ、やってることとすることが。本議会の答弁って何でしょうかね、選挙区ごとにしていますって。これでは行政区、ここの食い違いをお尋ねいたします。

 そして、松瀬分校の問題ですが、私も3月の町報を見て、やっぱり松瀬分校大好きな人たちが何人か、門川の町の中にもおりますので、本当に通わせていただきました。その中で、松瀬地区との話し合いの中で正式に候補が町からは、正式にはちょっと来なかったって、そういう加工所のことを知ってたんですけど。そして、4月に一たんは、もう自分たちは過疎化でできませんっていうことだったんですよ。ところが、5月の半ば、また新聞報道されて、そして一転してこの委員会の中に当然担当の管財安田課長、そして松尾課長ですね、出かけておりますよね、5月中ぐらいに。以前の加工部会、先頭に立ってしてた住民の皆さんのところに。そして、町が協力をしますっていうことを裏づけにあったので、私たちは公募しますということでした。

 まず、第1点、2つ出てるということは、そのあと1団体に対しての公平性はどうなのか。2点目は、のこのこ出かけて、課長が、公募した後に。地区にどういうことを言ったのか。私は地元の人から何回も裏づけを、きのうもとりにいって聞いております。もともとそういう地元との話し合いっていうのは公募する前にきちんとすべきことじゃなかったんですか。しかも過疎地で大変なところなんです。手順がめちゃくちゃですよね。これはきちっとしとかないと町民の信頼ないですよ。200万円の、今度公募の町づくり予算が出てます。こんなことで本当に公平に審査するっちゃろうかい、役場の職員は、っていうことになります。この2点、お伺いいたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 調査の、その不祥事の問題で、まずありますが、残りの1,000万円というのを、いわゆる調査、オープンにできなかった、町の調査で、内部の調査でできなかったというのはそのとおりであります。だから、そこにはやっぱり庁内、庁舎内の調査では限界があると、強制力を持って、必要な証拠書類も押さえて、本人からもそういう司直の手によってやっとわかったわけでありますので、庁舎内のそういうことを調べ上げるには庁舎内でそういうことをやっても限界があるということを私はもともとから感じておりましたし、そのとおりであったと結果的には、と思っております。それと、問題の原因をはっきりさせて、それに対する背景とか原因をしっかりと分析して再発防止策につなげるというのは、また別な次元でありますので、それはそれで一つの、17年ですか、の7月からその不祥事が発覚した、オープンになったらすぐそういうものを、いわゆる検討委員会というのをつくって対応はしているということも事実であります。そして、それなりの対策も立てて実行しております。

 だから、実行してることは、それは職員は一生懸命やっておりますので、それはそれでしっかり応援して、それが完全に実行できてるかどうかというのも四半期ごとに検証しながら今進めてる。だから、再発防止策を今徹底的にやっているという段階でありますので御理解いただきたいと思います。

 公開の問題は、いわゆる掲示板に公開してるわけでありますから、公開をしてるわけでありますが、ホームページとか町報とかに公開しろということでございますが、どの部分までを全部町のホームページとか町報に載っけるかというのはスペースの問題もあるので難しいことでありますが、これは、一つは公務員の、いわゆる酒酔い運転による事故が全国的に大きな問題になった後で、それぞれの市町村がこういうやっぱり公務員に対する刑というものをきちっとつくり直そうということで始まった流れの一環でありますので、それに合わせて門川町もまた見直したところであります。必要に応じて町民の皆さんにわかるようにしていきたいと思っております。

 選挙の問題については、少々わかりにくかったんですが、須賀崎の問題についてはいつも聞いておりますので、今回の参議院議員選挙には間に合いませんが、これは検討課題であるということで先ほど言ったとおりであります。詳しいことは選挙関係の職員から報告させます。

 松瀬分校の件につきましては、これは松瀬の地区の皆さんからいろいろ相談を受けておりましたから、職員の加工所として使いたいということで相談を受けておりましたから、それは農林課の方できっちりと対応しておりましたし、御相談にも乗っておりました。そして、具体的に町有財産となったわけでありますので、町有財産を使いたいということになりますと、まだほかにも使いたいという団体の声もありましたから、一応公募の形はとらせてもらいますよと。ですから皆さんもその公募にきちっとやっぱり出してくださいと、公募してくださいと。その中で相談しながら進めていきますということにしておりますので、公平性を期すために公募にかけたということであります。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  総務課長。



◎総務企画課長(小野康文君) 投票区につきましての基本的なことでございますが、投票区につきましては公職選挙法の第17条で投票区の規定がされております。それの規定に基づきまして、昭和44年に投票区の増設指針ということで通達が来ておるわけですが、その中で遠距離地区の解消、これは投票所から選挙の、選挙人の住所までの距離、これが3キロ以上ということで……。



◆議員(神?千香子君) 議長、済みません。答弁中ですが、私の質問とはちょっと違います。



○議長(内山田善信君)  8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) いいですか。まだ2問です、(「はい、いいです」と呼ぶ者あり)3問じゃありません。

 私は、6カ月おくれたはなぜなのか。それと議会の答弁と、ここに、私のところに来た答弁とが中身が違うから、その理由を教えてくれって、この2点を質問してます。全くちょっと答弁が違うようですので、整理してお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  執行部の方は質問に応じて答弁してください。



◆議員(神?千香子君) ちょっと休憩してください。待ってます。整理してください。



○議長(内山田善信君)  休憩します。

午前11時25分休憩

                              

午前11時30分再開



○議長(内山田善信君)  休憩前に引き続き会議します。

 先ほど8番、神?千香子君の質問に対し、執行部の方が答弁がなっていないという御指摘だったんですが、通告された質問に対しては答弁を行っているというふうに考えます。

 ただし、須賀崎地区の投票区のことに関しては通告をされておりませんので、後日改めて質問をしていただきたいというふうに考えております。

 8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) 私は、須賀崎地区に限って言ってるわけじゃありません。選挙全般で通告しております。半年以上、半年以上じゃない、何カ月もたって文書が来たのはなぜなのか。これは選挙事務全般にかかわる問題でございます。一応4カ月も、そして私だけに来てるっていうことで、やっぱ議員の皆さん、あれっていう形でおったんですよ。だから選挙全般についてです、私が聞きたいのは。それ、これ事務でとても大切な仕事です。職務怠慢じゃないかっていう受け取られますよ、きちんと説明しないと。須賀崎地区に限って私は質問しておるわけじゃありません、再質問は。選挙事務全般です。



○議長(内山田善信君)  そのことにつきましては、先ほども申し上げましたように通告されておりませんので、この場で答弁できる準備がしてありませんので、後日改めて答弁するということでよろしいでしょうか。



◆議員(神?千香子君) わかりやすいんですけど、議事録とこれを見ればわかるんですよ、自分たちがやってきたことだから。ここはもう大事な問題ですから……。



○議長(内山田善信君)  休憩します。

午前11時31分休憩

                              

午前11時32分再開



○議長(内山田善信君)  休憩前に引きつづき会議します。この件に関しましては通告されておりませんので、この質問に関しては答弁を求めません。ですから、後日改めてこの件に関しては質問をしてください。



◆議員(神?千香子君) 休憩中ですか、議長。



○議長(内山田善信君)  会議中です。



◆議員(神?千香子君) 会議中ですか。



○議長(内山田善信君)  それでは、総務課長、答弁の続きをお願いします。財政課長。



◎財政課長(安田精一君) 5月に、私を含め財政課の職員が松瀬の方に出向いたということで、公募の件で御質問があったわけですが、その件につきましては、内容につきまして、応募しようとしているもう一つ、実際的には2つに団体になったわけですが、結果的には。もう一つの方の団体の方から水道の状況は今どうなってるのかということが問い合わせが来ております、担当の方で。それで、私も財政課長になりまして、4月から一回も松瀬の方に行ってませんでしたので、その現場を見ることと、それから水道の状況を松瀬の方に聞けばわかるということで、前の区長さんの方が作業しておりましたので、そのことで伺った次第でございます。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  8番、神?千香子君。神?千香子君に申し上げます。質問時間が残り10分となりました。簡潔にお願いします。



◆議員(神?千香子君) まず、この不祥事の横領の問題ですが、町長にしては、普通の公金を扱う公僕の姿勢としては納得しないものがあります。これは元係長一人の問題じゃないと私は言ってるんですよ、さっきから。1円たりとも、役場の玄関に滞納は許さないという垂れ幕がありますよね。1円たりとも不当、むだなお金は許さないということを同時に書かれたらどうでしょうか。これは私の、本当にそこまでせんとわからんとじゃないかなって、行政わっていう気がいたします、町長の答弁を聞いても。

 それと、懲戒基準の公表は、交通飲酒運転が多いからできたということですが、内容に隠ぺいをしたらきちっとこういうふうにするとか、非常に今回の横領に対しての防止策が入っております。町民の皆さんに安心、安全に公金を扱ってもらうためにも、本当に町長がどのような状態から選挙に出て、町民の付託を受けたかを真剣に考えたら、やっぱりすべきことはした方がいいんじゃないかなって私は思います。これはもう町民の皆さんが判断されることでしょうから、この件は今回はこれで終わります。

 それと、選挙の問題ですが、私からすると運営委員長、議長は、助け船を行政に出したのかなという感触を今受けておりますが、私は選挙全般の事務について通告しております。事務をきちっとチェックするのは議員の務めです。4カ月も返事を再三私は催促しました、議会でも、議会中にも。それが6月1日に私だけに来る。役場の組織的な機能はどうなっているのか。本当に基礎ができてるのかと本当に不思議なんですよ。選挙っていうのは役場の事務の中でも非常に厳しい、厳格な事務のはずです。職務怠慢じゃないかと私思います。もう返事がないから仕方がないので言いますが。

 それと、ここに返答してる3月議会の答弁と文書に食い違いがありますけど、これはどっちが正しいのかお尋ねいたします。議会はいい加減に時間をかけてやっているわけじゃありません。食い違いがある答弁をされたら全く困ります。どっちが正しいのかお尋ねいたします。

 それと、下水処理計画については、私は建設環境課で確認したんですよね、下水道一本になった方針だっていうことを。ちょっと町長答弁と違いますが、そこだけ指摘をしておきます。

 2問お願いいたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。



◆議員(神?千香子君) 失礼、ちょっと今下水道って言いましたが、合併浄化槽に訂正いたします。済みません。



○議長(内山田善信君)  休憩します。

午前11時38分休憩

                              

午前11時45分再開



○議長(内山田善信君)  神?議員の質問時間の途中でありますが、ここで一たん暫時休憩をいたします。

午前11時45分休憩

                              

午後1時10分再開



○議長(内山田善信君)  休憩前に引き続き会議します。

 神?千香子君の質問が残り7分となっております。続けて質問をどうぞ。8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) 先ほどに続き、再々質問いたします。

 この投票区についての文書は、4カ月もして何度も指摘しながらくるということは、非常に私は職務怠慢じゃないかと受け取っております。選挙事務はスピードと正確さが非常に大切です。通常事務よりも非常に厳しい事務です。不在者投票の教訓が本当に生かされてるのかどうか、ちょっと今回考えてしまいました。これからはきちっとした正確な事務とスピードを行うように要望いたします。

 それと、私にしかこれは来てませんので、3月議会でもきちっと取り上げたことですので、投票区のアップについての答えですね。で、みんなの前で文書を配付しますっていうことで出したので、議会を初め、当該関係者にきちんとこの返事は出すように要請いたしますが、答弁お願いします。

 それと、3月議会で、選挙人規模を基本に投票所を設けてるっていうことで、私はちょっと驚いたっていうことでして、その後訂正もなかったんですけど、これでは全然実態と違いますので、行政区で現在していて、3月議会の一応議事をきちっと検証したいと思いますけど、今後選挙人規模でこの3月議会の委員長報告に対して見直す投票率アップのために、そういうふうに理解していいのか、2点ですね、これはやっぱ整理をしなきゃいけないのは行政区で区割りしているって、これからもそうしますっていう返答なんですよね。だから、3月議会と答弁が食い違いますので、私は選挙人、まずここを訂正、一応確認します。それと、選挙人規模で見直すっていうことで、2点質問いたします。

 それと、松瀬分校は担当課長が2人でして松瀬に行くっていうことは、公平公正から見て非常に町民に誤解を与える。それから、非常にしないっていうことだったのが、松瀬の人たちが急に元気が出たんですよね。水道のことで話してることですから、町民、あそこで区民の話とはちょっと食い違いがあります。次の200万円のプレーリダーの件がありますので、今審査状況を聞いたら役場内だけでしてる状況ですけど、外部の人も入れて交互に審査を設けたらどうかと。もう非常に公平性が信頼が損なわれるような町の方針だと私は思いますので、きちんと信頼を取り戻すためにももう一度審査委員会とか整理するとか、やっぱ現に慎むべきだと私は思います。それと担当課ですね、公募っていう非常に大切なこれは町づくりの第一歩ですので、大きくは5点ですね、4点です。



○議長(内山田善信君)  神?千香子君に確認をします。(「はい」と呼ぶ者あり)第1番目の質問に答弁は必要ですか。文書を出すか出さないかという件についてなんですが。



◆議員(神?千香子君) そうですね。やっぱり議会全部、町民、やっぱみんなにかかわることですので。



○議長(内山田善信君)  要望ではないんですか。



◆議員(神?千香子君) 要請ですけど、この場で確認できたらした方がいいとちょっと思いましたので。



○議長(内山田善信君)  要望でいいですね、1番目の質問に対しては。要望でいいですね。



◆議員(神?千香子君) いいです。執行部が答えると思います。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 返事が大変おそくなったということは、ということでおしかりでございますが、怠慢だ怠慢だということでありますが、選挙事務は大変ことしは選挙が多うございまして、選挙管理委員会も一生懸命いろいろやっておりましたので、その辺もいいとこ頑張ってるなというふうに是非みていただいてやっていただくとますます励みになると思いますので、ぜひその辺をあわせてよろしくお願いしたいと思います。

 それから、選挙区の見直しということにつきましては、今後の課題だということで、先ほど当初の答弁で申し上げたとおり、区割り、その辺の問題については、今度の選挙には間に合いませんが、今後の課題として検討してまいりたいというふうに答えたところであります。

 それから、松瀬分校の件につきましては、財政課の管轄になっておりますので、そこの管轄の案件に対しまして町の職員がその地区に出向くのは当然でありまして、私はできるだけ現場に行けというふうに言っております。現地の人の話を聞いたり、わからないところはちゃんと現場を見届けるようにということを常々言っておりますので、その審査に影響するような問題じゃないというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で、神?千香子君の質問を終わります。

 なお、ただいま神?千香子君の発言の中で、議長、議運の委員長が執行に助け船を出した感があるという発言がありました。この発言は議会の権威を損なうおそれがあると認めますので注意をします。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第12、大迫・加草の浸水対策について、質問第13、松瀬地区の道路改良について、質問第14、松瀬地区の急傾斜建設について、11番、安田茂明君の登壇を求めます。



◆議員(安田茂明君) 通告に従いまして、3問ほど御質問いたします。

 まず初めに、大迫・加草の浸水対策についてであります。

 毎年、台風の時期になりますと、この地区の住民の方々は丸バエ川の増水に大変心配しているようですが、町としてはどのような対策を考えているのかお尋ねいたします。

 今まで一般質問で、丸バエ川の水門に強制排水施設を設けることはできないかとの質問等がありましたが、丸バエ川の上流の右側の谷に集水ダムを建設することにより、丸バエ川の水門との調整により満潮時の対応もできると考えるが、町長のお考えをお聞きしたいと思います。

 2番目に、松瀬地区の道路改良についてであります。

 松瀬の国道388号線より右に右折しますと松瀬川水流線ですが、300メーター間は道幅も広く安全ですが、集落に入る手前をまた右、右折しますと、道路が狭くなり、地区住民の方は大型車との離合が怖いとの声を聞きます。町としては道路改良し、道幅を広くする計画はないかお尋ねいたします。

 3番目に、同じ松瀬なんですが、松瀬地区の急傾斜建設についてであります。

 次に、松瀬大田内地区ですけども、家の裏山より今にも落ちそうな岩が幾つもあるが、災害が起きる前に急傾斜をつくり、安心して住むことができるように考えるが、町としては施工する考えはないかお尋ねいたします。

 以上、3問、再質問につきましては自席から行います。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) まず、丸バエ川の件でございますが、実は先日、県の日向土木事務所の皆さん、それから県議会とか地元の区長さんたち、議員の皆さんたちと一緒に、あそこの上流の方の土砂で埋まってる、堆積土砂がたまってるとこなどを見ていただいて、とりあえず10号線の下とか、あるいは奥の住宅の前とか、あの辺の土砂を取り除いてくれというようなことからいろいろ要望していたわけであります。

 御案内のように、この丸バエ川流域につきましては、近年の台風の集中豪雨で草川地区の国道10号線を初めとする幹線道路が冠水したり、通行不能になったり、家屋の一部が浸水するなど、確かに豪雨時には樋門管理に万全を期すなどして対策してるとこでありますが、大変浸水しやすい地区であります。それに、この河川一帯は区画整理が完了しまして、改修済みで、2次改修はまだ不可能ということでありますので、河口部における、いわゆる強制排水、ポンプアップの方法が最も有効な手段と考えてこれまで事業採択に向けていろいろ県の方には働きかけをしているわけであります。

 議員がおっしゃいますように、丸バエ川の上流の方の大迫の谷の方に、いわゆる集水ダムを建設したら流れ込む水の調整ができて、それが防げるんではないかということでありますが、この流域は非常に流域そのものが広いということで、流域にわっと集中的に雨が降りますと水上がりするという状況があります。それから、上流の谷の1カ所にダムを設置した場合の、いわゆる費用対効果ですね、それで期待できるような本当に水の調整ができるのかということについては、まだ十分な検討もなされておりませんので、ちょっとまだ疑問な点が多いということもありまして、これまでずっと強制排水ということを県に対してもお願いしてきましたので、余りああだこうだというよりか当面のやっぱり強制排水ということで、今後も働きかけを続けていった方がいいんじゃないかなと思って、そのようにしたいと考えておりますので、御了解をお願いしたいと思います。

 それから、松瀬地区の道路の問題であります。

 これは、延岡市、北方町側と門川町松瀬川水流線の、いわゆる市町間をつなぐ約2.3キロが、いわゆる未改修地間になっております。急カーブや狭隘なところが多いですね。門川区間が約1,500メートル、北方、いわゆる延岡市、北方区間が約800メートルがまだ未改修ということになっております。最近は高千穂方面から、門川通って日向方面に行くサーフィンの人たちとか、そういう車が結構多くなってるようですね。もちろんダンプカーなんかもかなり多くなっております。

 そういうことでありますが、これは平成16年に旧北方町と協議を行いまして改良に向けて合意を図って、16年度概略設計を実施した経緯があります。その後、延岡市と北方町の合併もありまして、引き続き、これは国の交付金事業採択に向けて一緒に取り組んでいこうということで、延岡市、北方町と歩調を合わせながら協議を進めておりますので、これに向けて対策を練っていきたいというふうに考えております。

 それから、同じく松瀬地区に急傾斜地区があるということであります。

 本町の危険箇所についての対策でありますが、地域防災計画での、いわゆる土砂災害危険箇所いわく、土木関係では55カ所、それから林務関係で35カ所、これまで被害状況及び危険度によっていろいろな指定をしてるわけであります。これに対しまして、国及び県の補助を導入しながら整備を進めてきたところであります。

 御質問の松瀬の大田内の裏山の問題でありますが、これは整備の手法としましては県単独補助の自然災害防止治山事業が考えられますが、採択要件がいろいろありますので、これいつも今の時期に県の関係者とか、あるいは消防関係、こういう人たちの出席をいただいて門川町の災害危険箇所の調査を行っております。このときに、近々行われると思いますので、ぜひ現地に赴いて防災計画点の位置づけを計画して、今後事業導入の可能性について検討していきたいなというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  11番、安田茂明君。



◆議員(安田茂明君) 今、3問について答弁をいただいたわけですけれども、強制排水につきましては、過去に2度ほど質問等がなされております。その中で強制排水設備につきましては、聞くところによりますと40億円から50億円かかるということですので、それは莫大な費用がかかると思います。それで私が思いついたのが集水ダム、貯水ダムのことだったわけなんですけれども、この中で16年度の台風災害のときに床上が14棟、それから床下浸水が34戸ほど加草地区で起こっております。その中で、国の採択基準が大変厳しいようで、過去10年間の河川はんらんの場合に、床上浸水であれば50戸、床下浸水等であれば200戸以上ということが、前の質問された方の答弁の中でうたわれているようであります。

 そうすると、毎年台風が来て、6年間浸らんとこの緊急災害が受けられないということですので、この6年間をその地区の住民たちが毎年台風の来る時期に心配して、またその地点を立ち退きをして、別のところに家をつくろうという、考える人もいるかもしれないと。そういう心配をさせるんじゃなくて、少しでも、安心安全の町づくりを目指す町長のことですから十分考えているとは思いますけれども、実際大迫地区を、現地を見て回りますと、町長が言われましたように米田地区、米田ですかね、それからいろいろな小さい谷がたくさんあります。その丸バエ川の県の管理は、大迫の二また地点までは県の管理ですけども、その二また地点から両谷が門川町の管理ということですが、その左の谷の方に傾斜がございます。すると、傾斜の裏の方の谷は大変割れておって、大雨の場合にはその土砂が下流の方に流出するということがわかっておりますし、そして二またの左の方の地点に土砂がたまりまして、もう川の中からタケノコが出てると、竹が生えてるというような状況でございました。右の谷は砂防がございますけれども、砂防を実際見ますと、もうつくって20年近くあの砂防はなると思いますけれども、堆積した土砂がほとんどないということもわかりましたし、だったら排水、砂防に排水口が6カ所ほどありましたけども、詰まっているのは1カ所だけなんですね。それも右側の方が。左側の方があいております。このあいてる3カ所を、土砂が流れてとまらないと、ただ水だけであれば、その排水口を、本当はこういうことはするといけないわけですけれども、ふたをして、その台風の時期にそこに水をためることによって少しは下に流れる水が防げるとじゃないかなと、その現場で考えたわけですけれども、砂防という意味がなくなるからそういうことはできないという答弁があるだろうと思いますけど、そういうことも考えてもいいんじゃなかろうかなと、その現地調査したときに思うたわけなんです。

 といいますのも、この大船地区の方々が今、一生懸命協議会をつくっていろいろな活動をしております。そして、今蛍でも、この大迫地区にいっぱい蛍がまうようにしようということで今、一生懸命取り組んでいるようですので、そういう人たちのためにも蛍が住むような河川に戻してあげたいという、それもどうしても地域住民の方々がやってもできないことを、町当局の方で手助けをするということを、今後この地区の人たちのためにもやってほしいと思いますし、また今、話ちょっと変わりますけど、10号線の方も、この台風の後に丸バエ川から日高石油までかさ上げを行いましてつからないようになっております。そうすることによって今まで10号線にたまっておった水が、結局量が、人家に入るということも考えられます。ですので、金を持ってる人はそういう対策ができるけど、個人ではできないということもございますので、そういうことを十分、町長は本当に地域住民の格差、大迫地区の人たちのためにも一日も早い対策を県の方にお願いしまして、40億円かかろうと50億円かかろうと、少しでも安心安全の町のためにも、そういう金がかかってもいいじゃないかという気持ちを県の方に持ってもらうためにも、一生懸命にお願いをしてもらいたいと思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 それから、松瀬川水流線の件ですけれども、前、町長がおっしゃいましたように2,300メーター、私もはかりまして2,300メーター、門川町の方が1,700メーターやったですよね、ありました。その中で、車で通ってみますと、私の車がミラーとミラーの間で約2メーターあります、1メーター80ですか、ありますけど、普通車同士であれば一番狭いところでも、きのうも再確認のために行ってみたんですけど、車をとめちょってわざと離合するように待っちょって、車を離合してもらったんですが、普通車同士であれば離合できます。ただし、地元の人たちが言うには、松瀬地区の免許を持ってる、取得してる人たちが高齢化してるということで、怖くてわざわざ388号線を通って黒木の方から回ってるんですよという声もございましたし、その中で、もう一つ心配事がありますと。何ですかと聞きますと、山の下の方に側溝がは入れてあります。その側溝にタイヤを落とし込むと。落とし込むと側溝が深いもんでなかなか上げられないと。道路が広くならないようであれば、せめてこの側溝のふたをして、山沿いにごっとり入れるようにはできないだろうかという声も聞きました。それから、今一番狭い道幅が4メーター30、広いところで4メーター70ほどありました。ただし、その4メーター70プラス1メーターから1メーター50は、その松瀬地区の人たちが黙って通してる、車寄せに。そういうことです。松瀬地区の人たちに言わせますと、我々はいつでもこの道を広くするためには土地の提供はいたしますと。それよりも一日も早く道路を広くしてほしいということでありました。いろいろと財政的にも大変でしょうけども、やはり町長が言われますように、合併等を考えてみますと、この松瀬地区が取り残されるということも大変心配してるようでございます。ですから、過疎であれば過疎であるほど、やはりそういう厚い手を町の方がとっていただきたいなということを強く感じましたので、ぜひこの道路改良につきましても十分に地元の人たちが安心して通れる道幅を確保していただきたいと思っております。

 それから、もう1点の急傾斜についてでございますけれども、急傾斜、どういうか、いろいろ基準がございます。3軒以上とか5軒以上とか、そういうことがございますので、その場合、1軒と小屋が2軒ほどございますけれども、それにするとちょっと規模的にちょっと無理かなとは思いますけれども、急傾斜が無理であれば防護ネット、防護ネットを張っていただきまして、それで防ぐと金額的にも大分違うんじゃないかなということが考えられます。それで、やはり県といろいろと調査した上で、防護ネット等でも安心して生活ができますように心遣いをしていただくといいんじゃないかなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 あと、もし町長の方で答弁等がございましたらお伺いしたいんですが。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 例の加草・大迫地区の問題につきましては、強制排水ポンプの導入ということについては、大変やっぱり厳しい条件があるということも承知しておりますし、また近年のあちこちの被害で、やはり優先的にそういうのを設置していく場所なのかどうかという意味で、あちこちで大きな被害が出てるもんですから、優先順位がだんだん下がってくるといかんなというふうに心配してるとこであります。これは粘り強くやっぱりやっていかなくちゃいけないなと思っております。

 それから、船越の奥の方に、米田団地の前あたりまでは、これは県の管理する、いわゆる河川ですが、その奥の方になりますと、これはもう町の方になりますので、あの三角地帯の前あたりに、確かに町の管理するところに砂利が大分たまっております。これについての取り除きとかはちょっと検討してみようということで、この前も現地を見させているところであります。

 それから、その砂防ダムを、おっしゃるようになるのかなというのはちょっと議員詳しゅうございますでしょうから、またいろいろとお知恵をお借りして検討してみたいと思っております。

 それから、北方との道路の問題、おっしゃるとおりなんですが、いずれにしてもやっぱりこの北方と歩調を合わせて一遍にこれはやっていかないと、片方だけやっても片方が取り残されると部分的な形になりますので、ぜひまた北方の方と、延岡市と歩調を合わせながら話を進めていきたいなと思ってるところでございます。

 それから、急傾斜の問題については、さっき言いましたように近々危険箇所の視察がありますので、そのときに相談はしてもらいます。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  11番、安田茂明君。



◆議員(安田茂明君) 町長の答弁はよくわかるんですけれども、せめて北方と松瀬の川水流線の件ですけども、協議は長引くといけませんので、せめて町側でできる側溝の上のふただけでもしていただくと余り金はかからないって思うんですけれども、せめて年寄りがタイヤを落とし込んで、家まで帰って丸太を抱えてきてから、それを下に引き込んでせにゃいかんとですわ、安田さんということを聞きまして、それは大変ですねと。もう、なんなら丸太をそこに置いちょったらいいじゃないですかって、いつもそんとするならっていう冗談も言ってかえったわけですけれども、そういうことじゃなくて、やっぱ町道でございますので、そこに側溝ぶたをかぶせれば自分たちでも安心だということ聞いておりますので、一日も早い、道路拡張をする前にできることからやっていただきたいと思っておりますので、ぜひこの側溝ぶたの方は急いでいただきたいと思います。これはあくまでも私というよりも地区住民、松瀬地区住民の願いでございますので、一日も早いそういう施工の方をよろしくお願いして私の一般質問は終わりたいと思います。どうもありがとうございました。



○議長(内山田善信君)  以上で、安田茂明君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第15、「サテライト宮崎」問題について、質問第16、町内巡回バスの実現について、質問第17、門川神社一帯の公園化と同時に津波等の緊急避難場所としての確保について、4番、水永正継君の登壇を求めます。



◆議員(水永正継君) 1つ目は、サテライト宮崎のギャンブル施設が門川町にできることに対して、町長はこれまで加草地域の住民の意向を尊重したいと言われるだけで、門川町民は町長御自身のお考えは全く聞いていません。きょうは、このギャンブル問題について、他人任せでない町長御自身のお考えを町民の前に明らかにしてほしいと思います。

 まず、ギャンブル施設が児童、生徒、青少年に与える影響については、どのようにお考えておられるのか伺います。この点は、門川町の教育の責任者でもあられる教育長に同じように伺いたいと思います。

 次に、ギャンブル施設が門川町の将来に与える影響についてどのように考えておられるのか、町長に伺います。

 さらに、経済産業省がどのような判断のもとに許可を出したのか、町長は町民の前に明らかにしてほしいと思います。

 2つ目は、町内巡回バスの実現についてです。このことについて3月議会で取り上げましたが、再び町長に伺います。

 3月議会の町長答弁では、廃止代替バスが日向市から門川町本町を経由して、美郷町北郷区間を走っていること。また、リフト車等の福祉車両を使用した外出支援事業を社会福祉協議会へ委託して実施していること。平成17年度、130万円支出。それから、介護タクシー1事業者とともに、高齢者や身体障害者等の公共交通機関利用困難者の外出支援を行う福祉有償運送事業登録団体が3団体あるので、門川町では巡回バスの必要はないということでした。

 しかし、これでは一般の高齢者や交通弱者の立場に置かれている人たちは利用できません。町の中心部から離れた地域に住んでいる人たちにとっては、買い物、病院に行くにも自分では行けないという状態に置かれたままです。したがって、一般の人たちが利用できるバスの実現について、調査研究を含む前向きな取り組みの意思はないでしょうか、伺います。

 3番目は、門川神社一帯の公園化と同時に津波等の緊急避難場所としての確保についてです。この提案も町民から寄せられましたので、町長に質問いたします。

 まず、門川神社一帯を公園化し、町民憩いの場所として開発することはできないかです。門川神社は門川町のほぼ中心部に位置し、周りに人口密集地域を抱えています。それだけにここは多くの町民が足を運びやすい場所ではないでしょうか。門川神社は、神殿、境内がだんだん整備され、以前に比べよくなってきています。境内や周りの町道の桜も大きくなり、春にここを訪れた人は桜の花を楽しむことができます。そこで、もっと門川神社一帯の山を計画的に開発し、より多くの町民が行ってみたくなる憩いの場所として開発することはできないでしょうか。門川町だけでなく、他の市町村からも人々が来るようになれば、門川町の活性化の一助になるのではと思います。今、門川町の人々は自分たちの町で憩うよりも他の市町村に出かけていくことが多いのではないでしょうか。残念ながら門川町にはまだ、町民が進んで何度でも行きたくなるような公園などはまだないように思います。休日など日常的に気軽に、また花の季節、木の実の季節など、親子連れや高齢者の方々などが身近な場所でゆっくり楽しむことができたらなあと思います。門川神社の東の方には米田の池があります。ここにはショウブやコモなどの植物が豊かです。以前は夏になるとギンヤンマやシオカラトンボも見られました。現在も生き残ってるかもしれません。水の中にはザリガニ、コイなどが住んでいます。したがって、この池も関連づけて、自然を大事にしながら開発すれば、人々が憩うすばらしい場所になるのではないかと思います。高鍋町には高鍋湿原があり、観光客が訪れるとともに、自然が大事にされています。

 次に、門川神社一帯を公園化と同時に津波等の緊急避難場所にすることはできないかです。門川神社一帯は小高い山になっています。そして、先ほども言いましたように、門川神社の周りは多くの人家を抱えています。津波などの災害の緊急雛場所としては最適の場所ではないでしょうか。そこで、人々が避難しやすいように開発、整備をしておくと安心ではないかと思います。以前、中須、上町地区が台風で増水したとき、ここの地区の人々が車を門川神社の近くの道路に避難させたので、車が並んだということを聞きました。人々にとって、ここ門川神社付近は避難しやすい場所と言えるのではないでしょうか。

 また、元老人ホーム松寿園の跡地も町民憩いの場所として開発整備することはできないでしょうか。この場所も門川町の中心にあり、場所的には一等地であります。開発整備すれば町民にとって訪れやすい場所になると思います。さらに、門川神社の山と関連づけて開発をすれば、町民にとってより価値のある憩いの場所となるのではないでしょうか。また、津波などの災害の緊急避難場所としてもその価値が大きいと思います。現在、ここは門川町所有の土地だと思うのですが、もし門川町がここを財政難から売却でもすれば、何ができるかわからない、環境的にも心配が出てくることも予想されます。町民にとって貴重な財産を失うことになるのではないでしょうか。したがって、ここ老人ホーム跡地も町民みんなが憩える場所として開発整備できたらと思います。いろいろな願いが私のところに来るのですが、この老人ホームの跡地利用の問題も町民の声です。

 以上、長くなりましたが、門川神社一帯の山から老人ホームまで含めた地域を町民憩いの場所として、また津波等の緊急避難場所として開発整備をしていくことが門川町の住民の幸せにつながるのではないかと思います。したがって、町でプロジェクトチームなどをつくって真剣に考えてほしい問題だと思います。町長のお考えを伺います。

 これで壇上からの質問を終わります。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) まず、サテライト宮崎の問題でございます。サテライト宮崎について町長はどう考えるのかということを盛んにおっしゃいますが、私はもともとサテライト宮崎が当地にできることについては、事業主体の武雄市や、あるいはサテライト宮崎会社自体に対してもウェルカムではありませんよと申し上げております。それは、地域の皆さんと同じように、いろいろな心配もなきにしもあらずということであります。しかし、地域の皆さんはそういう心配な面を解消するために、会社としっかりとした話し合いを申し入れ、会社も誠意を持ってこれに対応しようということで対策を講じるということで話が進められております。そういうことで、そういう心配事を解消するということに対して対策を打つということでありましたので、地域の皆さんはこの工事の着工というのを了承されたわけであります。今後も関係者による協議会をつくって、それぞれのいろんな立場の人が協議会に入っていただいて、心配するようなことがないように対策を十分な話し合いをしながら対応されるということでありますので、この加草の皆さんの懸命な対応を尊重していくということを言ってるわけであります。

 続いて、サテライト宮崎が児童、生徒、青少年に与える影響についてどう考えるかということでありますが、いろいろな影響は考えられますが、いわゆる悪い影響がないように極力関係者同士が話し合っていろんな対策を講じようとしておりますので、この対策はきちっと立てているというところであると認識しております。

 それから、門川町の将来に与える影響はという質問でありますが、先ほど申し上げたとおり、当施設が営業するに当りましては、地元加草地区と事業者が協議を重ねまして、今後の周辺環境や青少年健全育成、そういうことに対して悪影響がないようにそれぞれ努力をいたしております。近く加草区においては協議会を設けて、今後についても協議会などでしっかりと対応していくということでありますので、将来に対する悪い影響がないようにということで、私はその行方をしっかりと見守っているという状況であります。

 それから、経済産業省の許可についてでありますが、これは自転車競技法による設置許可のことであり、申請にかかわる設置の位置、構造及び設備が経済産業省で定める基準に適合している場合には許可ができるというふうになっておりますから、今回のことについては法に基づいての許可が出されたものと認識しております。町は、経済産業省に対して地区の要望を提出した際にも、許可については経済産業省の事案であるとの返答でありまして、町としてはそれ以上の説明は受けておりません。

 続いて、巡回バスの件でございます。町内巡回バスにつきましては、ことしの3月の定例議会においても答弁申し上げましたので繰り返しの部分があろうかと存じますが、再度答弁申し上げます。

 自治会バスの運行に関しましては、それぞれの自治体の交通状況や集落状況あるいは公共施設や集客施設等の配置によりまして、大分事情が異なってくるというふうに思われます。国県の補助は、車両購入や初期の運行助成等はございますが、助成終了後の運行収益や乗車率の確保あるいは費用対効果等が今各地で大きな問題にもなっております。本町においては、日向市から本町を経由して美郷町北郷区への路線を廃止代替バスとして委託し、西門川地区住民の交通手段を確保しているわけであります。つまり西門川の方から参りますと、小園を通りまして五十鈴小学校の前をバスが通ります。それから栄ケ丘を右折しまして門川中学校の前、それから門川駅、それからスーパーさのとかマルショク、田中病院のところを通ります。そして10号線を通るということで、特に西門川地区の皆さんにとっては、この利便性というのは確保されてるというふうに、最低には思います。また、延岡細島間の定期路線バスを、日向病院をぐるっと経由させて日向病院の玄関口に、いわゆる門のところにバス停があるという形で、さきの代替バスとあわせて通院者の利便性の向上を図っているところであります。これらは、そのほかに、さっき申しましたように、福祉車両による外出支援事業の委託も行っておりますし、これらにより高齢者や交通弱者の交通手段もある程度確保できております。そのほかに町内の民間事業者において高齢者等の外出支援事業に積極的に取り組みが図られており、これらの活動とあわせて町民のニーズに対応した効率的な地域交通の確立に努めてまいりたいというふうに考えているところであります。

 次に、門川神社一帯の公園化という御質問で、まことに前向きで結構な御質問だと思います。ただ、この中心になります門川神社、門川神社の境内そのものがもう既に憩いの場として活用されてるということも事実であります。その下に駐車場がございますが、これは町の土地であります。この周りに桜の木なんかも植えて、桜の時期にはいろいろと皆さん、たくさん憩われているということもそのとおりであります。また、地区内にさっき言われました調整池があります。これも町の土地としては地域になってるかと思います。私は、これは大きな財産でありますので、いわゆるビオトープとして活用できないだろうかという話をいろいろなところでしていたところであります。最近、ここで遊びながら育った昔の子供たち、こういう人たちとか地域の人たちが、そういう意味で地域の環境教育として優れたこれは教材だと、宝物だということに十分認識されて、何とかこれ活用したいというような声も上がってきておりますので、そういう人たちとも相談しながらこれはやっぱり整備していくようなところだろうと思っております。皆さんと地域の皆さんと協力しながら、この辺の整備は進めていきたいというふうに考えております。

 それから、元老人ホームであった松寿園跡地の有効利用についてでありますが、面積も広くて非常に高台なもんですから、これは今非常に利用しにくいという点もあります。そして、確かにおっしゃるとおり町にとりましては大きな財産でもあります。これについては、将来的に本当にどういうふうに利用するのかというのをじっくり考えて方向性を出さなくちゃいけないと思っておりますので、今の状況では一部ゲートボール場として使っていただいたりとか、いろいろなことやりますが、以前は青少年のちょっとたまり場になったりとかいうようなことで管理の面でも問題なんかがあります。当地を憩いの場所として利用するのは、そういうことで一定程度の整備が必要と思われますが、公共施設としての今後の有効活用を含めて検討してまいりたいというふうに考えております。現状のままでちょっと使いたいというようなことについては、それは大いに利用していただければいいと思いますので御相談に応じたいと思っております。

 それから、この門川神社一帯を含めまして津波の避難場所としてということでありますが、現在、町内の避難場所としましては、地震やその他の災害に対して17カ所、津波や高潮に対して13カ所を指定しておるところであります。しかし、津波等の場合には単時間に高台に避難しなければならないということでありますので、御質問の場所については緊急に避難すべき高台として御利用いただくようにお願いしたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  教育長。



◎教育長(斉藤義輝君) ギャンブル施設が児童、生徒、青少年に与える影響についてどのように考えているか、門川町における教育行政としての考え方を教育長にお尋ねでございますのでお答えいたします。

 児童、生徒、青少年の健全育成の観点から、子どもを取り巻く正常な教育環境を維持できるかどうかの問題は、常に重要な課題と考えています。このような考え方に立って、お尋ねのことにつきましては、今後とも町教育行政の立場から本町の教育基本法に基づいて、町長もさきに申し上げましたが、町行政部局を初め、当該企業を含めた関係諸機関や学校等とも連携を図りながら、将来の門川町を担う子供に影響が出ないように慎重な審議や最大の配慮等を行って、正常な教育環境の維持増進に努めてまいりたいと存じます。どうぞ御理解を賜りたいと思います。



○議長(内山田善信君)  4番、水永正継君。



◆議員(水永正継君) ギャンブル問題は、もう終わったのではないかと思われるかもしれませんが、これは、この問題は今から始まりです。ギャンブル施設がいざできてみると、青少年にとっては大きな問題がやはり心配されます。その一つが、大人も含めてですけれども、例えばギャンブルに行って、お金をいっぱいつぎ込んで、年金だとか、しかしそのときにギャンブルに行って負けた方が悪いのだと、そういう風潮ですね、そういうものの考え方、これ自体が個人に押しつける、個人のせいにする、これがやはり恐ろしいと思います。したがって、門川町の大人たちがこのギャンブル施設を受け入れてしまったということは重大な影響が今後あると思います。子供たち、それから子供たちはやがて大人になりますけども、そういう環境の中で育っていくということは非常に心配です。ですから、このギャンブル問題はもっと真剣に考えてほしい問題です。これからも続くと思います。先ほど町長は、このギャンブルはウェルカムではないとおっしゃられましたけども、その態度はそのようには見えませんでした。多くの町民もそのようには感じておりません。もしそのようにお考えであったならば、もう少し大きな声で堂々と言うべきだったと思います。そうしたらこのギャンブルを受け入れるという状況もかなり違ってきたのではないかと思います。以前の議会でも申しましたように、ほかの自治体では市長、町長みずからがこのギャンブル問題に対しては反対しているところが多いのです。真剣に子供たち、大人たちのことを心配するならば、将来のことを考えるならばもっと大きな声で言ってほしかったと思います。

 それから、経済産業省が許可を出したということについては、私は昨年の6月、共産党の議員団として政府交渉に行きました。そのとき、経済産業省の係が言ったことは、学校などの文教施設、それから病院などの医療施設に影響があるときは許可をしないと、きっぱりと言われました。実際あそこの場所は、今度できるところは、小学生、中学生、高校生の通学路であります。影響がないとなぜ判断したのか、そのあたりをやはり町長としてしっかり経済産業省に、国に問い合わせて町民の前に明らかにしてほしいと思います。これは納得がいきません。草川小学校からは約1キロの距離です。門川中の生徒も行き来をします。それから、もちろん草川小の子供たちもですけども、やはり一番やっぱりギャンブルに興味を持ちそうな高校生、門川高校ですね、この生徒たちも毎朝自転車であのあたりを通ります。門川から延岡に通う子供たちも毎朝、夕方往復します。だから、これは影響がないとはいえないと思います。だから、そのあたりをしっかり町民が納得いくように国に聞いてきてほしいと思います。

 それから、巡回バスの問題ですが、なかなか財政的にもお金がかかることなので難しいのですけれども、このことはやはり門川町民の、特に中心部から離れてるところに住んでおられる高齢者、それから車が使えない人たちにとっては大変なことです。病院に行くにもなかなか行けない、買い物に行くにも1週間にまとめて買うとか、そういう状況が起きています。これは西門川でも幹線から外れたところに住んでいる人たちは本当に困っています。これ西門川だけではありません。牧山とか中村とかいろいろあります。ですから、将来、ここであきらめずにやはりこの問題は生活、困ってる人の生活を支援するというやはりそこが大事だと思います。ですから、あきらめずに財政面でも追求しながら頑張ってほしいと思います。これ私の願いではなくて町民の願いです。

 そこで、いろいろ調べてみたんですが、都農町の場合を調べてみました。ここは、昨年度は515万円で運営してます。これタクシー会社に委託して、この515万円という金額で運営できてます。利用者が、平成17年度まで大体年間1万人、これは中学生とか、病院に行くお年寄りとか高齢者の方々、全部あわせて年間1万人。これで推移しているようです。それから13路線を走らせてる。中心の幹線は宮交のバスがまだ走ってますけれども、山間部はもう宮交の代替廃止バスをもう廃止して、この町の独自の方法でやっています。これいつから始めたかと申しますと、平成13年度からです。当初、バスを購入しました。このバスの購入代が  、ちょっとメモ、ちょっとし忘れましたが、当初29人乗りぐらいののバスを買いました。これでずっと運営してきて、そして昨年の4月から、今度は小型のバスを買いまして、この値段が、車両価格が306万円、それから中をちょっと改装した費用が120万円。だから、400万円ちょっとで、2台のバスで、当初購入した大型のバスと、今度こういった、買った小型のバス2台で対応しているようです。地域の人々のためにやってるわけですけれども、こういう自治体がありますので、やはり門川町も研究をして、調べて積極的に対応していただきたいと思います。県内でも自治体バスを走らせてるのはたくさんあります。三股町だとか高千穂町だとか日向市もあります。そのほかにもあるんじゃないかと思います。ですから、そのあたりのところの長所をどんどん取り入れて、今後お願いしたいと思います。

 門川町で考えられるのは、現在温泉バスが1台走ってますので、このバスと関連させてもう1台小型を走らせるとか、それから温泉バスのコースにちょっと病院とか郵便局とか、その辺で乗り降りできる、そういう工夫とか、できるところから始めていくと町民も助かるのではないかと思います。今、高齢者の方がやっぱりこのような遠くに住んでおられる方は、社会参加の機会もなかなか少ないわけですね。ですから、やっぱり自分の力でいろんなところに出かけていく、こういうことがお年寄りにとってはやはり大事ではないでしょうか。そうすると元気も出てきて、生きがいも出てきて、結局は医療費の負担も下がると。こういう積極さ、積極的な面も非常にありますので、ぜひお願いしたいと思います。

 それから、門川神社の一帯の公園化と、それから緊急の避難場所についてですが、やはりとても大事な町民の場所でありますので、ここを大事にして長期的な目で開発を進めてほしいと願います。老人ホーム跡地ですけども、これはもしどこかに売ってしまえば、そこを買ったところはもう自由にできますので、町民の余り喜ばしくないこのような状況も十分考えられます。あそこはやはり1等地ですから、町民にとって本当に喜ばれる土地にしてほしいと思います。

 それから、避難場所としても、老人跡地も門川神社一帯も非常に適した場所だと思います。

 それで、いろいろ長期的な目で整備を進めて、計画をして、ことをお願いしたいんですが、具体的に今上がってきている例として、例えば門川神社あたりでは道幅の狭いところがあるのでそこの整備ですね。例えば、下コモ田踏み切りがありますけども、あのコモ田池に通じるあの踏み切りですが、あそこが狭いです。あそこの近くの住民の方は、車のあそこの通行が非常に狭いので、今大変危険です。ですから、あのあたりの踏み切りをJRと、やっぱり関係機関と相談をして、将来広げるとか、そのようなことがあります。それから門川神社もいろいろ何か有名になってるところがあって、神社に大型バスで観光客が見えることがあるそうです。でも、先ほど町長が申された門川町が所有している駐車場、あそこに大型バスが入らないそうです。ですから、あそこに入るように、あそこのちょうど、やっぱりカーブのところが狭かったりとかしてますので、そこのあたりの整備ができるなら早目にお願いしたいと、そういうふうに思います。

 それから、同じように観光客が門川神社に来るときに、門川神社がどこにあるかわからない人がやはりいるということです。ですから、そのあたりの看板の設置、これは神社がどこでもできるというわけではないと思いますので、そのあたりの門川神社がここにありますよ、この方向ですよと、そういう看板設置をしてもらったらと思います。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) サテライト宮崎の問題については、負けて金をつぎ込んでどうのこうのというような話がありますが、ギャンブルについてはいろいろな考え方の人がおられますし、また、この少ない金で楽しみにしてるんだという人がおられることも事実であります。いろんな考え方があろうと思います。経済産業省がどうして許可を出したんだろうかということは、経済産業省に行かれたそうですがお聞きにならなかったんでしょうか。これは、さっきも言いましたように省令で決まっていまして、例えば学校とか病院から悪影響のない、一定の距離を要することとか、そういう規定がありますね、ごらんになったと思いますが。それに沿って許可をしておりますので、だからそれは経済産業省の人たちが現地を見られてそういう規定に、いわゆる許可基準に合ってるかどうかということを見られたと思います。許可基準に合ってれば当然許可をするものとなっておりますので、しなければ行政の怠慢になりますから、これは許可されたんだろうと思います。それについて一々説明は受けておりませんし、またする必要もないというふうに、経済産業省の方も許可については私どもに任せてくださいということでありましたので、その基準に沿って許可されたんだというふうに認識しております。

 バスにつきましては、おっしゃるとおり、確かに本当にあちこちもう満遍なくバスを走らせれば一番便利であろうと思いますが、費用対効果の面もございます。500何十万円で都農が、都農だったですか、走らせてるということでありますが、日向も1,500万円ぐらいかけております、毎年。そういうことで、本当にこの門川町という地域を考えてた場合に、それだけのものが本当に費用対効果として優先すべき事項だろうかということを考えますと、今そういう優先的に取り組むようなという感じではないということであります。特に、さっき言いましたように、西門川から町中を通っていく代替バスについては走っておりますし、西門川の中でも、確かに三ケ瀬の奥の方とか、あるいは私が住んでおる庵川から牧山方面、この辺が一番不便なところになろうかと思いますけど、この辺についてはまた地域の皆さんともいろいろお話をしながらこれから対応していきたいと思います。

 それから、温泉バスをということでありますが、これ温泉バスはもう基準が全然違いますので、こういう形態にはちょっとなりかねないというふうに判断しております。

 あと、松寿園跡の問題とか門川神社の跡の問題なんですが、いきなり道を広げろとか、踏み切りを広げろと言われても、本当にそれがいいのかどうか。バスがどんどん入ってくるような、あるいは車がどんどん入ってくるようなのが本当に町民の憩いの場としてとおっしゃる基準に合うのかどうかっていうこともありますので、整備というのは、特に危険箇所なんかについては必要だと思いますが、その辺の本当に憩いの場所として求められているのか。その辺は地域の人たちともよく相談しながら、また検討していきたいと、取り組んでいきたいと思っております。

 松寿園跡についての売却の問題ですが、これは町の財産、大事な財産ですので、本当にどのようにこれを活用していこうかということをまだ決定しておりません。しっかりとした議論のもとに方向性を出していかなくちゃいけないと思っておりますので、今のところそういう状況であります。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  4番、水永正継君。



◆議員(水永正継君) バスのことについては、もうここでストップするんじゃなくて、将来も考えて研究課題としていくと、そういうふうに受け取ってよろしいでしょうか。

 それから、ギャンブル問題の経済産業省の態度というか、判断ですけれども、これはやはり本当にどのようにして調べたのか、その辺の確認ができたらお願いしたいと思います。会社側が出す書類の中に地図の提出が義務づけられてますね。あれはやはり学校とかを調べるためですけれども、実際に草川小学校の距離など足で、目で確かめたのか。地図上だけで一方的に判断して済ませていないか。それから、この前も申しましたけれども、通行量ですね、車の。あの時間帯で一番多い時間帯の通行量はないんですよ。もう既に子供たちが登校してしまった後の時間帯の通行量しかありませんでした。ですから、そのあたりがやはりわからなければ、経済産業省、ああ、子供たちには影響がないんだなと判断するんじゃないかと思います。だから、明確に判断した、その基準をやはりしっかりしてもらいたいと思います。これから影響を受けるのは、ここで生活していく子供たち、大人たちですから、して、今まで多くの住民の方が反対してきました。でも、その反対も押し切られてしまったんですから、これはやはり経済産業省とか会社だとか、それから町の態度とか、そういうのは大きな責任があると思います。



○議長(内山田善信君)  水永君に申し上げます。制限時間が残り5分になりました。質問は簡潔にお願いします。



◆議員(水永正継君) はい。じゃ、その点を伺いたいと思います。



○議長(内山田善信君)  町長。



◎町長(曽川泉君) その許可の問題ですが、これは自転車競技法の法律の中の省令で許可基準がきちっと決まっております。それに沿って許可を出しております。経済産業省は自分で調べた上で許可を出すと言っておりました。だから、調査に来られたと思います。

 以上です。



◆議員(水永正継君) もうできないですか。



○議長(内山田善信君)  水永君の質問は既に3回となりましたので、質問は、会議規則63条の規定によって質問はできません。

 以上で、水永正継君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第18……。(発言する者あり)

 暫時休憩いたします。

午後2時25分休憩

                              

午後2時33分再開



○議長(内山田善信君)  休憩前に引き続き会議します。

 次は、質問第18、松寿園跡地の土地有効利用について、質問第19、高齢者にタクシー券発行の実現について、1番、安田厚生君の登壇を求めます。



◆議員(安田厚生君) こんにちは。通告しております2問について町長の方にお伺いをいたします。

 今回、文教厚生常任委員会にて東京世田谷区にありますプレーパークせたがや及び長野県下條村に行政調査視察をいたしました。その調査の中から私なりに感じ、本町にとって経済を含めた生活の便利、また老人福祉の充実を図るために、今回土地有効利用について、また高齢者にタクシー券の割引券の発行について提案し、お伺いをいたします。

 まず、松寿園跡地の有効利用について質問いたします。

 老人ホーム松寿園が地球館に移行後、立ち入り禁止になっている跡地がありますが、高齢者のグラウンドゴルフ、ゲートボールやスポーツ少年団などの利用要望がありますが、また子育て真っ最中の保護者からは、安心して子供を遊ばせる場所がないとよく聞きます。将来どのような利用計画があるのか、まず町としての考えをお伺いしたいと思います。

 全議員が同じ質問をしていますが、つまり災害など避難所として利用も考えてありますが、私はこの土地に、地域に見合った利用の仕方が大切と考えております。平城地区、城ケ丘、本町、上町、五十鈴地区など中心地にあり、子供から高齢者までが利用できる触れ合いの場所づくりが考えてあります。整地は既に行われてありますが、石であるためグラウンドとしての利用はできず、土による整地を望むものであります。また、トイレの設備をしていただければ多くの方々に利用されると思われます。暴走族や少年少女などたまり場になるという危険性もありますが、車両進入禁止にしたり、目の前には3階建ての町営住宅があり、見通しがよく、監視ができるものと思われます。まずは町民がスポーツなどに触れ合い、安心して子供を遊ばせる場所づくりが必要だと思われますが、私の提案といたしまして、まずは町としての考えをお伺いしたいと思います。

 次に、高齢者にタクシーの割引券の発行についてでありますが、高齢者の病院への通院や公共施設など移動の際、タクシーを利用し、自己負担が大きく、苦労している状況があります。高齢者や障害者の移動手段としてタクシー券の発行をすることはできないかお伺いをしたいと思います。

 以上でございます。壇上から質問を終わらせていただきます。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) お答えいたします。

 まず、松寿園跡地の利用でありますが、平成15年にこれは、15年の7月ですが、福祉や教育等の中核的な公共施設を効率的に配備するため、門川町公共施設建設検討委員会というのが設置されたようであります。その中でこの土地の有効利用について検討した経緯があるというふうに聞いております。内容につきましては、保健センターや町民体育館、中央保育所などの総合福祉施設の検討もしましたが、進入道路の問題があり見送られたということを聞いております。

 これまでの土地利用の状況としましては、さきの水永議員の質問にお答えしたとおり、一部を高齢者クラブのゲートボールとして使用を許可しており、また防犯対策として入り口に立ち入り禁止の門扉を設置しております。以上のような経緯でございますが、当該土地が町の、御承知のとおり中心部にあり、一定の面積を有しておりますので、将来これは有効に、どう活用するかということを考えていかなくちゃいけない土地であります。この有効利用につきましては、本当に皆さんと真剣に考えていかないといけないと考えておりますので、ぜひこれはまた皆さんの御意見もどんどんいただきたいと思っております。

 そういうふうに、今この土地をどういうふうに使うという方向性が定まっておりませんので、例えばグラウンドとして相当額の金をつぎ込んで整備した場合に、違った方向に、例えばまた使うというようなことになりますと、それがまたむだ投資になったりということがありますので、ある程度の方向性が出るまでは相当まとまった投資というのはやはり控えるべきじゃないかというふうに考えているところなんですね。それで、今のところをそこそこ、ちょっと整備するだけで子供たちのそういうソフトボールや何やに使えるんだなとかいうようなことであれば、それはそれで検討していきたいと思いますが、当面は将来的にどういうふうに使うのかという方向性の議論と、今のところそんなに手をかけないで、うまくソフトボールとか少年たちのちょっとしたサッカーの練習場とか、そういうのにでも使えるように活用できないかという、両面からこれは検討していくべきだなというふうに考えておりますので、またいろいろな御意見をいただいて有効に活用していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 それから、高齢者にタクシーの割引券を発行したらどうだろうかということでございます。

 先ほどのバスの問題なども絡みますが、いわゆる高齢者とかそういう障害者に対する移動手段としていろんなことがなされております。先ほどのバスの問題は、いきなりそういう大きなシステムを導入するということは、なかなか費用対効果なども難しいということがあるので、本当に必要な人にはやはり必要な施策を講じていかなくちゃいけないというところからやっていこうと思っているところでありますが、まず、そのタクシーの利用券の発行は、例えば美郷町では70歳以上の方に、高齢者に対して1万円のタクシー利用券を発行しております。同じような制度をこれ門川町に導入しますと、約4,000万円ほどかかるというようなことが見込まれますので、財政上からもかなり無理が生じるかなという感じがしております。割引券ということになって、ある一定の人に渡したとしましても、タクシーに乗ったときの認定とか、本当にその人がそうなのかとか、いろんな難しい問題がありますので、少し検討が必要であろうと思います。

 現在、高齢者や障害者の移動時における支援制度は、先ほども申しましたように身体障害者手帳あるいは療育手帳を所持している障害者に対しましては、タクシーの乗車時に手帳を提示するということによって1割の割引する制度があります。また、バス、鉄道、航空等の公共交通機関の運賃に対しても割引制度があることは御存じのとおりでありますが、町内においては2つの民間団体を今、福祉有償運送事業の登録を行いまして、低料金で移動の外出支援を行っているところであります。さらに、本町においても、町の社会福祉協議会に委託しまして移動困難な高齢者や障害者への送迎などに外出支援サービス事業として行っております。タクシーの、これはおよそ半額程度の料金で実施しておりますが、今後は本当に必要な高齢者、必要な障害者の方々にきめ細やかなサービスができるような、そういうことを考えながら外出支援サービスなどの充実を図っていく必要があるだろうというふうに考えているところであります。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  1番、安田厚生君。



◆議員(安田厚生君) 松寿園跡地の有効利用についてですが、町長の言われたとおり、大変わかりやすい答弁でありがとうございます。現場は現状であれば使ってもよいということでありましたが、平城側からは立ち入り禁止となっておりますので、できれば平城の町民もあそこの松寿園跡地を使いたいというような声もありますので、町民の喜ぶ施設を前向きに考えていただいて、今後の課題としていただければと思っております。

 次に、タクシー券の発行についてでありますが、日向市などフラットバス、コミュニティーバスが巡回し、高齢者や障害者、通院や児童、生徒の通学などに運行していますが、運行委託料などに年間3,000万円前後の支出があるわけでございます。本町でもコミュニティーバスの運行が必要とする声も多く寄せられておりますが、財政状況が厳しく、大きな問題になります。

 そのような中、タクシー券の割引の発行はいかがでしょうか。私が考える割引券は、1回利用、100円か200円の割引です。高齢者や障害者の自宅から、病院や公共施設までの限定した割引の発行を行い、そのことに利用客数がふえればタクシー会社にも協賛をしていただき、初乗り料金の割引も一緒にしていただければ、高齢者の負担は少なく楽になるのではないでしょうか。

 こういう小さな町民の意見を大切にし、これからの町政に生かしていかなければならないと思います。福祉サービスとして初めから大きなことは望んでませんが、まずは本町ができる範囲で、できることをしていけばよいのではないでしょうか。我々が高齢化社会を迎えた日のことを考え、未来を見据えた行政改革を行い、門川町独自の福祉サービスの向上を図らなければならないと思います。

 再質問はいたしませんが、私の提案する質問の内容を前向きに検討していただいて、私の質問を終わります。



○議長(内山田善信君)  以上で、安田厚生君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第20、商工業の振興について、5番、小林芳彦君の登壇を求めます。



◆議員(小林芳彦君) 通告に従いまして質問いたします。

 商工業の振興について、我が国の経済情勢は、都市部では景気回復が見られるものの、依然として地方においては厳しい状況が続いており、本町の商工業の取り巻く環境も個人消費の低迷、公共事業の削減、近隣の大型店の進出、町外への企業移転などにより、門川町の商工業の振興は年々深刻な問題となっています。

 そこで、町長は今後の商工業の振興をどのように考えているのかお伺いします。

 ?商工業の今後の振興策をどのように考えているのか。?現在、町内にある企業の流出の防止、対策ですね、どのように考えているのか。?門川町内において商工業の実態を知る上で、全体の納税に対して商工業部門が何%納めているのか。

 以上、壇上からの質問をいたします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 商工業の振興策についての御質問でございます。

 よく言われますが、中央の方は景気が回復したんだけど、地方の方の景気はなかなか実感がないと、回復の実感がないと、おくれているということを前提に言われますが、私は、これは地方がおくれているんではなくて、もうこのまま格差としてそのまま続くんじゃないかなというふうな経済的な感じがしております。と申しますのは、今第3次的な大移動といいますか、中央に向けて人・金・物がどんどん移動してると、そういう時期だと言っているエコノミストもおります。その前は1985年ごろに、中曽根内閣がいわゆる地方の公共事業をどんどんぶった切ったときに、地方に金が行かなくてどんどんやっぱり中央の方に集まっていったと。その前が一番最初で、いわゆる1950年代、昭和30年台の、いわゆる経済が発展していた時期なんですが、そういう3回大きな流れが、地方に向かって流れていっていたと。今も第3次のそういう時期であろうということで、ますます経済的には中央の方との格差がついてきてるということが言われております。

 そういうことで、地方にとりましては門川町だけでなくて、やはりこの県北一円としてどういうふうな対策を講じていくのかということを考えていかないと、なかなか小さな単位での対策では、こういう格差とか、あるいは企業の流れ、産業構造の変化にはついていけないんじゃないかなというふうに考えているところであります。

 二、三日前の新聞でございましたが、延岡支社長の水永氏が、今、いわゆる自動車産業が九州内で150万台の生産を目指しておりましたが、これが1年早倒しで、2008年にはもう到達するだろうというような勢いで、特に北九州あたりを中心にどんどん振興してると。苅田町から、あるいは大分県寄りにもどんどん進出してる。それから久留米、それから大津町のホンダの問題ですね、こういうことでどんどん南下してきつつあると。そういう中で、この圏域としては何を今しとかなくちゃいけないのか。どういう準備が必要なんだろうかということを、やはり地域としてしっかり地域の強さ、弱さ、そういうものを分析しながら対応していかなくちゃいけないというようなことを言っておられました。その中で一番やっぱり問題になるのは、この地区では物流の問題というのが一番大きな問題であるということが言われております。これは高速道路がほぼ、この東九州自動車道も着工いたしましたので少しずつ見えてまいりました。この循環型の高速道路ができた場合には、どういうまた形に変わってくるのか、あるいは細島の活用というのがどうなるのかというようなことが、いろいろ県北でも県北物流学習会というようなものを立ち上げて研究しております。それから、やはり人の育成、こういうものをしっかりしておかないと、今からはだんだん北九州の方はやはり人が足りなくなるだろうというようなこともありまして、いろんな事業が南下してきたときに、しっかりした人を育成しておくということが大事だというようなことを言ってるんですが、まさにそのとおりだと思います。

 そういうことで、今地域として、さっき言いましたように県北の物流学習会とか、あるいは延岡工業振興ビジョンワーキングなどにもいろいろな活動があります。それから、県の商工観光、商工の方でやっておりました県北の10市町村による企業立地のいわゆる推進協議会、こういうものもあります。いろんなところに、やはり門川町も顔を出して、そういう人たちといろんな議論しながら企業誘致とか、あるいは企業立地そういうことをしっかり考えながら、全体のやっぱりかさ上げの中で門川町の産業もおくれないように、これに振興していかなくちゃいけないだろうというふうに考えております。

 そういう全体の流れはあるんですが、門川町そのものの、19年度のそういう商工業の振興策でありますが、今商工会あたりも中心に、いわゆるどういうところでものがつくられ、どういうところでどういうものが販売されてるのかというような商工マップをつくろうというような取り組みもなされております。こういうことにも一緒に取り組みながら事業を進めていると。あるいは頑張る店舗を支援していこうというようなことでやっておられます。こういうことで、具体的に、あるいは門川町小口融資制度、こういうものをもっと利用しやすいようにとか、いろいろなことがあります。それから、観光客にとりましては、さっきも言いましたように、やはり門川町の観光案内板というのもことしは立てようということで取り組んでいるわけでありますので、こういうことを緻密にやりながら全体の産業の流れというようなものをしっかりとやっていかなくちゃいけないというふうに思っております。

 町内にある企業が流出しているということも大きな問題であります。これは、流出するのは非常に町内でも優良な企業であります。要するに、企業形態を大きくしようと、もう少し工場を大きくしようというような人たちが、工場の増設とか、それをやろうとしたときに、適当なやっぱり土地がないというのが一番のネックであります。そういうことで、いろいろ門川町で工場などが建てられる用地がどのくらいあるのかというのは調査をしっかりやっておりますが、なかなか町自体がそういう土地を持ってないということもありまして、照会してもなかなか話がうまくまとまらないというようなとこもあります。これにつきましては、いわゆるこれからどっかいい、少しでもいいからやっぱりそういう土地を造成していくというようなことも考えながら取り組んでいかなくちゃいけないと思っております。

 それから、工業だけでなくて、いわゆる新新産業都市ということが言われておりまして、門川町は両市に挟まれたベッドタウンじゃないかというような議論は確かに言われてるんですが、ベッドタウンであれば人が集まるところでありますから、いわゆる商工、商業関係、こういう消費としてもう少し活発化するようなそういう施策も考えられるんじゃないかということを念頭に置きながら取り組んでいきたいというふうに考えてるところであります。

 それから、商工業者が、要するに門川町で税金を納めてもらってるんですが、その中の割合がどのくらいだろうか、商工業者が。どのくらい納めていただいてるんだろうかという御質問だろうと思います。門川町の商工業が納税によってどれだけ行財政に寄与していただいているかということですが、一般的に商工部門の産業分類は非常に多岐にわたっておりますもんですから、税においては細部における産業分類等の分析がなかなかしにくいんですね。

 したがって、工業、商業、建設、サービス業、こういうところにおける法人税あるいは給与所得、固定資産税の税目の中で該当するものを平成19年度の当初予算ベースでちょっと拾っております。そうしますと、町内の商工部門における法人町民税額は9,168万円ほど、それから固定資産税は2億1,365万円ほどあります。それから、給与所得、いわゆる特別徴収分は1億4,300万円ほどございます。そうしますと合計で約4億5,000万円ほどの納税になろうかと思います。これが19年度の当初予算における門川町の町税の予算が15億278万6,000円でありますので、その中にさっき言ったものが占める割合は29.8%ということになります。約30%を占めていただいてるというのが現状でございます。

 以上でございます。



○議長(内山田善信君)  5番、小林芳彦君。



◆議員(小林芳彦君) 私が質問しました商工業の振興については、3問ともわかりやすいような答弁をいただいたわけでありますが、この商工業の関係の深い、先ほど話も出ました門川商工会に私自体も、今入っておりまして、そういうわけではありませんが、この商工業の振興策というのは非常に今後大切な問題になってくると思います。そんな中でも私、会員の皆さんと多々話をする機会がありまして、町外に企業が移転する、この問題につきましてはよく話を聞きまして、皆さん大変将来に対して危惧をしているような話を聞きます。

 そういうことで今回はまたこういう質問をしたわけなんでありますが、私が記憶してる範囲でありますが、平成10年以降ですかね、門川町から町外に出た企業4社ありまして、移転先も延岡市、日向市、都農町、従業員数はこの4社を合計しますと120名以上になるわけです。それを考えても大変大きなマイナスにもなりますし、ましてこういった転出することによって法人税だとか従業員所得税、また地元雇用なる町としましても、また雇用対策としても大きなマイナスになるわけであります。だから、そういうことだからこそ、先ほどこういった対策というのは、今後、町長が用地の問題とかいろいろ話をしましたが、しっかりと今度対応をしていただきたいと思います。

 それと、私この対応も大切でありますが、先ほど町長も少しお話をしたかと思うんですが、やっぱ検証もしてみるのも大切であるし、やっぱ今後また出ていった企業が、門川町にとりましては優良の企業だという話が先ほどありましたが、今後また予想されるわけでありますから、そういった検証をする。何で門川町から出ていったのか、また出ていかなければいけないのか、そういったのをきちっと検証する必要があると思うんですが、そこで再質問で何ですが、地元企業が町外に移転した最大の原因は何だったのか。例えば、先ほど言いましたほとんどのとこが用地の確保なのか、また価格なのか、従業員の確保なのか、またそれだけなのか、町として確認をしてるのか再質問させていただきます。

 また、次に門川町の商工業が全体の伸びに対して何%納めているのかの質問でありますが、これはなかなか商工業部門に限ってパーセントを出すということは難しいということで、工業、建設業、サービス業含めた納税の話であったんですが、過去においてはこういった納税を寄与したのかというのを算出したことはあるかないかは私はわからないんですが、今回こういった算出をしてもらうことによって、現在の商工業の実態や商工業が門川町に対する納税額の貢献度がどれくらいなのかわかり、また、私はこの数字が今後の門川町の商工会の、先ほど話も出ましたが、組織運営の強化を図る上でも必要な資料になるのではないかと思うのです。

 それというのも、商工会は町やら県やら補助金で大分運用しているわけですが、またそれと同時にいろいろな事業も、県とか、また各機関に陳情とか要望に行くと聞いております。今まではそういった、ただ漠然として頑張っているからお願いしたいと。しかしながら、こういった数字が実際にありますと、門川町の商工業はこういうふうに頑張っている、だからこそこういった事業が必要であり、支援をお願いしたいと。そういう話ができると思うんですよ。だから、そういったことが今後の門川町の全体の地価、商工業だけの、今回商工業なんですけど、活性化につながると私は思うのです。

 そこで、再質問なんですが、今回は大枠ですが、商工業の納税の数字を出してみていただいたんですが、毎年このように納税額の数字を、商工業に限らず、例えば先ほど言いました建設業だとか、農林業だとか、水産業とか各部門に出してもらって、商工業だとか農協、漁協、森林組合などに配ってもらって、今後の門川町全体の活性化の資料として提供しても私はいいんではないかと思うんですが、町長はこのことに対してどのようにお考えなのか。

 この以上2点を再質問させていただきます。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) まず、町外に転出している企業の問題でありますが、私のところにも、私が就任してからも内々を含めまして2件ほど、もっと増設したいんだがとか、どっかいい場所はなかろうかとか、広い土地はないだろうかというような御相談があっております。今までもそうだったと思います。そういうときにいろいろ町としても相談に乗りながら、こういう土地がありますよとか、あるいはこの土地で相談してもらったらどうですかとかいうようなことはやるんですが、実際にはやはりなかなか価格が門川町の土地というのは高いと。特に日向あたりの、同じような工場なんか建てられるような土地と比べると、ほぼ2倍ぐらいの価格がするというようなことがありまして、いろんなところをそういう人たちは見て回られただろうと思いますが、そういう中でどうしても条件的に厳しいということがあります。ですので、少しでもそういうことを食いとめるための、いわゆる環境整備というのを急がなくちゃいけないなというふうに思ってるとこです。今ある、やっぱり工場なんかにつきましても、やっぱりいろんな問題はないかというような調査、こういうこともしっかりやっていきたいなというふうに考えてるとこであります。

 それから、税金の問題につきましては、さっきも言いましたようになかなか統計的にきちっとまとまった出し方というのが今までできておりませんので、少し研究してみたいなというふうに考えます。商工業のそれぞれの生産額、いろんな部門の生産額なんかは県単位でいろいろの各市町村と比較できるようにあるんですけど、税金がどれだけこの部門から入ってきてるかというのを、例えばほかの市町村と比較するとかいうようなこともなかなかデータとしてはないようであります。しかし、そういうことを含めまして、確かに大事な税金をいただいているわけでありますので、そういうところがどんどんやっぱり納税額が高く貢献していただけるような、励みになるようにまたお願いしなくちゃいけないわけでありますので、できるだけそういうことを明確にしながらデータの整理をしていきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  5番、小林芳彦君。



◆議員(小林芳彦君) 地元企業の町外に転出した最大の理由を今町長に伺ったら、用地やそういったことではないかという御答弁だったと思うんですが、私、本当にそれだけなのかという、先ほど最後の方につけ加えましたが、昭和46年から門川町は23社ですかね、企業誘致してる。その中の1社の社長さんだと思うんですけど、私、ことしの1月だったと思うんですけど、30分ほど話す機会がありまして、いろいろ話してるうちにこういう話も出たんですけど、その中で非常に門川町は誘致企業として誘致するまでは一生懸命だけど、もう誘致してしまったら後がない、つまりケアがない。このことに対して非常な怒りというか、不満を漏らしてましたので、本当にこれは、用地だけの問題じゃ私はないんじゃないかなと思ってこういうまた質問をさしていただいたんですけど、また今後とも変わらずそういうのを考えてやっていただきたいと思います。

 また次に、なかなか数字を出すのも難しいわけですが、私は先ほど商工会や漁協やら農協に出したら喜ぶんじゃないかという話をしたんですが、私はこういった数字を何年間か出すことによって、門川町がどんどん景気、分野が悪くなってるのが自然とわかってくる。そういったときによっては、やっぱ私、各課のそれは政策にもなってくると思うんですよ、そういうことがある意味。何かそういったことも考えて、私はもう今後ぜひこういったものを出していただきたいと思います。

 2つとも要望になってしまうんですけどよろしくお願いしまして、私の今回の質問を終わらせていただきます。



○議長(内山田善信君)  以上で、小林芳彦君の質問を終わります。

                              



○議長(内山田善信君)  次は、質問第21、雇用対策について、12番、米良昭平君の登壇を求めます。



◆議員(米良昭平君) 通告に従いまして質問します。質問は雇用対策についてであります。

 その中の1番、企業誘致について、2番、町内事業所の町外への転出対策について、3番、町内事業所の活性化に向かっての町の支援について、以上の3問についてお尋ねしたいということであります。

 今回の質問につきましては、私、昨年末からことしの正月にかけまして、町内を歩いたわけでありますが、その中でいろんな人と、いろいろな人といろんな話をいたしました。その中で最も多かったのが町内の雇用の拡大をという声でありましたので取り上げた次第であります。

 また、取り上げたもう一つの理由としまして、町長は昨年の町長選挙の前に、記者会見で立候補に当たっての抱負を述べていますが、そのときの新聞記事でありますが、第一に役場の組織改革をやりたい、2番目、合併についてはもう少し時間が必要であると、そういうふうに述べておられます。

 役場の組織改革管理につきましては、町長が述べましたとおり、3月議会におきまして庁舎内の改革がなされており、また対応する職員が優しくなったとの声が町内のあちこちで耳にします。

 それから、3月議会の目玉でありました、私はそう思っておりますが、心の杜の決まりの改正であります。心の杜のことにつきましては、平成13年6月議会で、心の杜は企業経営を目指しているのか、一般質問があります。そのころから町民の声があったものと思われます。心の杜の経営改善については、いろいろな事柄と取り組みながら内部において努力が続けられていると聞いていましたが、今回は執行部が直接取り組んだということでありますから、庁舎の改革とあわせて評価している町民は多いと思います。私も評価する一人であります。

 次に、合併には時間が必要についても、当時の抱負のとおり、時間をかけるつもりだと思います。3月議会の所信表明の中に合併のことが出ませんでしたので、当面門川は自立の道を進む方向であると考えます。町長はここまで抱負で述べたとおりに進んでいることが理解できます。

 そこで、この門川町のことであります。門川町の活性化の一つの要素である雇用の場の確保について、町長の取り組みを伺いたいということであります。わかりやすい答弁をお願いします。

 それから、同僚の小林議員の質問にありました事業所の転出についての答弁については、追加する部分がなければ答弁は要りません。

 ただ、この転出についてはこんな新聞記事があります。これは門川町のある企業が日向市に転出したときの調印式の記事でありますが、写真入りであります。同社は、現在門川町の工場で操業中だが、生産規模の拡大を図り、日向市日知屋に本社工場を新設、移転する。生産額は平成19年、20年度が1億7,000万円、21年度は1億9,000万円を見込む。現在の従業員14名に加えて、20年度には6人の新規採用を計画している。調印式において黒木市長は、この部門の先導役として活躍していただきたい。進出した企業の社長は、一層の企業努力で町の活性化に貢献したいと、新聞記事あります、写真入りであります。やはりその転出した企業は、よその町の事業所になってしまうということであろうと思います。このことは十分に気合を入れて取り組むべき状況であると思っています。

 以上で壇上からの質問を終わります。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 雇用対策ということで、企業誘致の問題などが取り上げられておりますが、企業誘致につきましては、昭和46年以降、積極的な誘致を展開して23社の企業誘致が行ってこられたというふうに理解しています。しかし、平成8年以降は、立地場所等の条件や景気の低迷などによって企業誘致は成立してない状況であります。今後も企業誘致、これをしっかり推進しなければいけないと思っているとこでありますが、町内産業の活性化を図る必要があることは、もちろんまた一方では当然であります。

 本町の現状として、先ほども言いましたように、非常に広大で安い工業用地を有している日向市などと比べますと、用地等の条件が非常に厳しいということがあります。これらを踏まえまして企業誘致推進、これは庁内委員会なんですが、役場内にそういう委員会において、昨年に引き続きまして今後の企業誘致の方策とか用地確保等の環境整備あるいは町条例で定めている工場等設置奨励制度についての要件をもう少し緩和していくとかいうようなことを検討する必要があるということで取り組んでいるところであります。

 また、さきの答弁で申し上げましたが、町内の新たな雇用の場を創出する観点では、いわゆる通勤エリアである日向市や延岡市、こういうところを含めました県北一帯となった企業誘致あるいは産業の活性化ということが必要であろうと思っております。宮崎県北地域物流学習会とか宮崎北部地区企業立地促進協議会、こういうのがございますので、こういうところで積極的に取り組んでまいりたいと思っております。

 今後は役場庁内の推進委員会におきまして、企業調査や視察研修あるいは人脈を活用した企業訪問等を実施しながら、新たな企業立地の情報収集に努めて取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 転出の問題でありますが、これまでの状況から見ますと、いわゆる企業拡大に伴う新たな用地の確保ということ、それから先ほど指摘されましたようなことがいろいろあるだろうと思っております。誘致企業の立地を検討する上で、町内事業所のもう少し情報はしっかりと収集していくとか、工場用地を含めた、もう少しそういう環境問題をしっかりと調査研究して整備を図るというような取り組みに、町内事業所の転出対策を図っていきたいというふうに考えておるところであります。

 一方、今回、誘致企業の一つでありますメタルフォージでは工場の増設を行いまして、従業員の町内在住者16名を新規雇用しまして、今回の補正予算でお願いしております雇用促進奨励金を交付する予定としております。

 次に、町内事業所の活性化ということでありますが、基本的には県北地域全体の振興の中で、本町の特徴をとらえたようなそういう取り組みが必要と考えております。当面の直接的な取り組みとしましては、先ほど申し上げましたような事業所マップや観光案内板、そういうことによる利用客の掘り起こし、商工会と連携した店舗支援事業、そういうことの活用促進を図ってまいります。

 いずれにしましても、町内全体の雇用の対策としましては、これら企業誘致や事業所の活性化とあわせて、例えば農林業あるいは水産業の振興ということを含めまして担い手、若者が今農業がおもしろいというようなことで農業にもどんどんやっぱりついていただきたいというようなこともありまして、県北地域全体でそういう雇用の拡大にも念頭に置きながら取り組んでまいりたいと思っております。

 例えば、この前、去年から旭化成グループが10何年ぶりかに高校生の採用をことしから始めましたが、来年は、ことし、たしか40名ほどだったと思うんですが、来年はこれを60名にふやすという計画を発表しております。これは、新卒の高校生だけでなくて、いわゆる過年度卒業生の人たちも30歳ぐらいまでの人たちを対象にして募集するということで、近々新聞の方に発表されるというふうに聞いておりますので、こういうとこに対しましても、ぜひ門川からも採用してくださいよというようなことを声を大にしながら取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。



○議長(内山田善信君)  12番、米良昭平君。



◆議員(米良昭平君) 企業誘致につきましては努力をするということであります。それから、県北、県北というふうに町長言われますが、私は門川町の町会議員でありまして、門川町のことでお答えいただきたいと思っています。確かに県北も大切でありますし、言われていることも理解できますが、門川町についての質問であります。

 土地がないということがネックだということでありますが、乱暴な言い方かもしれませんが、門川町に農地は昔は1,000町歩、今でも700町ぐらいあるだろうと思うんですが、そこあたりのことは考えられないかなというふうにも思いますし、先ほど小林議員の言われました転出どうのこうのについてのこともちょっと町長から聞きましたけど、土地がないっていうのはもうちょっと考えられんもんかなというふうに思います。

 それから、6月12日の新聞でありますが、旭化成の支社長の水永社長が載っておりますが、さっき町長が言われたのと同じ記事だと思うんですが、この水永社長は、県工業会会長に就任をしておられる。ということは、旭化成が元気がいいということでもあろうかなと、旭化成も元気のいい会社だということもあろうかなと思うんですよ。そうすれば、これ、この方は門川町在住でもあるというふうに聞いておりますし、企業が、関連企業がどっかに行くということであれば、これはいろんな条件があるでしょうけども、そこはやっぱり厳正公平といいますと乱暴ですが、門川に在住しておられるし、町長とも懇意であろうというふうに思いますから、関連会社が門川に何とかできますように取り組みをしていただければなというふうに思います。

 それから、転出については、もう再三答弁をいただきましたので、それでよしておきます。

 町内の事業所の活性化についてであります。町内の、あくまでも事業所のことを目当てにしておるわけですが、活性化についてでありますけども、今の町長の答弁は、もうマクロ的なもんであったような気がしまして、小さい事例がありますので事例を述べて活性化の努力方をお願いしたいというふうに思います。

 門川町にもちっちゃい工場なんですけども、繊維関係の工場なんですが、そこが宮崎県産業支援財団というところから新製品開発費の補助金をもらっとる。これ、先月じゃったか、18年の3月に確定が上がってきたわけですね。で、お金をいただいております。一番喜んだのは社長であります。従業員も元気が出たということでありますが、これを、その財団から範疇に入りますよという認定を受けるまでに2年かかってるんですね。出した書類は、手でこうして握ってましたけど、握り切れないぐらい面倒な書類があります。どういうものが該当するかということをまず考えなきゃいけませんし、申請書を出さにゃいかんと。申請書を出した以上は、出したら今度は1カ月に一遍ずつ経過報告書を出すと。半年に一遍、パネルによる説明会も開く。そこに出席される方は審査員でしょうけども、大学の教授あたりもおいでになってやってるということだそうでございます。2年かかってようやく該当していただいたわけでありますが、それが人海戦術でつくろうということで当初は計画していましたけども、人海、人間の手ではどうもいかんということで機械を購入しました。その機械を今度は操作する人が必要ということで、操作する人を雇っております。だから、こういう新製品開発で補助金が来る。それは、できれば人も雇えりゃできるというふうに思うんですね。そこあたりのところが、どこからニュースが入ってきたかといいますと、門川町でもなければ門川町の商工会でもない。その手続の方法、いろいろあるんですが、それも独自でほとんど自力でやったという状況にあります。

 どうしてこういうことを言いますかといいますと、言うかといいますと、平成19年度当初予算説明書、これは門川町の説明書です。この中に商工総務費負担金補助及び交付金、その中のイ、宮崎県産業支援財団負担金8,000円、中みは県内企業の実態や企業経営の参考となる事項等、などですね、経済、業界、技術革新などの情報を、情報みやざきにより指導、啓蒙、普及を行う、その負担金であります。これは、私たちが産業の建設委員会で聞いたのは、産業振興課の中の係の人から聞きました。それは負担金ですから了解であります。ところが、これまで実際には広報紙がどこに来ているのかちゅうのが、私もちょっと勉強不足ですが、商工会に行ってるのか、あるいはこの企画に入ってるのかと思うんですよ。負担金を納めます。それはいいことです。雑誌は来ます。でも、この宮崎県産業支援財団とはどんなものかという把握はどこでしてるのかと。なかなかそこんとこのつながりが、これ今までは、平成18年度まではなかったように思う。だから、書類どうして書きましょうかと、どこに行ったらわかるでしょうかと。県に電話してみましょう。で、担当課を教えてもらいまして、そこに、人手が足らんかい、あんたもいかんかということで、ちょっと私も連絡係したことがあるから印象に残ってるんですけどね。その連携をやっぱりしっかりと進めていただきたいというふうに思っております。

 それから、これは、ことしの商工会の総代会に産建の議員として招待を受けまして行きました。副町長も行っておられたわけですが、議長は何か特別な用件で東京の方におられたんで出席がなかったと思います。この中に門川町からの補助金が商工会には流れているんですが、門川町が商工会に対して、あるいは商工業の振興に対して力を入れているということは一目瞭然でわかるわけの予算なんですが、実は県の補助金カットのところで、2項目、県からの補助金がカットされております。43万3,000円何がしと6万6,000円何がしが県の方がカットしてる。門川町は昨年対比100万円多く商工会の方に補助金が回っておりますので、昨年よりも幾らかなりとも門川町は商工会に頑張れということで予算を組まれたものといって適正と思うんですが、そういう状況にあります。で、商工会、事業の方をめくってみて、あのときも説明はしっかり聞けなかったし、私も勉強不足で足りないかもしれないんですが、そういう部分が、例えば財団について取り次ぐとかいうことの部分がなかなかない。金を借りる方法について手助けしましょうとかいうような状況のように思います。

 そんで、考えてることなんですが、それで、商工会のこれで活動費が、門川町がふやしてますから元気は出てると思いますが、十分かどうかちゅうのは私、また別問題であろうと思うんですが、門川町の商工会の現在会長がよく頑張っておられまして、県内の30区の商工会の中でも最もいろいろな情報が手に入る立場にあるんですから、町内の経営者から、役場はもっと商工会と連携を密にしながら、いろんな情報をきめ細かに町内の事業所に、あるいは同業者のグループに、全体にこんなのがありますが言うてもなかなか関係のないとこは、加工業の人は工業のことでこんなことありますっていう話聞いてもわからないですから、そこらあたりを流してほしいという要望が事業所のとこからあるんですね。それを今度は会議で出しましても、なかなか少数意見ということで次に研究しましょうでなかなかうまくいってないので、町と商工会と連絡をもっと密にとってやっていただく方向を検討していただきたいなということであります。その情報が手に入ることで、あるいは新製品開発をする気持ちのある事業所があった場合、申請書の書き方、経過報告書の書式あるいはパネル説明会の進め方、そういうことについて役場か商工会の方から指導をしていただきましたらどれだけ楽であったかというふうに思っておるわけでございます。そういうようなことについて、その説明していただけるっていうことでやっぱり事業所が元気が出るわけですから、結果的にはやってみれば役場も商工会も汗を流す価値があるというふうに思います。そのことがやっぱり企業、雇用の拡大にもつながる可能性がある、そういうふうに考えております。

 これだけ口角泡を飛ばしてお話しましたので、思いを込めた取り組みを役場はしてくれるものというふうに理解をして質問の原稿は終わるわけですが、町長、コメントがありましたらお願いします。



○議長(内山田善信君)  答弁を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 大変いろいろな方面からの御提言をいただきまして感謝申し上げます。企業誘致につきましては、その土地の問題、土地の問題ばっかり言ってないで、今まで本当にここのところ戦略的な企業誘致というものがこの門川町で取り組んできたかというと、決してそうでもないというとこもありますので、改めて総務企画の中の企画政策の中で、そういうことを少し、いろんな町の概要書とかそういうのも整備しながら取り組んでいこうということでやっておりますので、もう少し取り組んでいきたいというふうに思います。

 旭化成の方もいろいろと延岡の方が企業形態が変わりまして、メディカルとか医療関係、それから電子関係が工場が元気がよくて、そういうところが出てきておりますが、もとの繊維の跡地とかそういうところがいっぱいあるもんですから、なかなか用地には困ってないというのが、日向の用地も含めましてありまして、門川町につくるような何か工事はないかと、下請けでもいいからというようなことはしょっちゅう言ってるとこであります。引き続きやっていきます。

 それと、何とか人を頼めよと、雇用を頼めよという話は進めていきたいと思っております。

 それから、県の産業支援財団などの話がありましたが、県のそういう施策とか、あるいは当初予算何かが決まったときに、本当に門川町の会社が使えるような何かないだろうかということについて、やっぱり目を皿のようにして探っていかなくちゃいかんと。そして、そういうのが何かあったら、一つ一つやっぱ情報提供だけでもやっていかなくちゃいけないということでありますが、そういう職員の力量のアップ、そういうことも含めましてこれからしっかりと取り組んでいきたいと思っております。商工関係につきましては、現場の人たち以上に、私はやはり町の職員ももっともっと力をつけていかなくちゃいけないなというふうに考えておりますので、現場の人たちとそういうところにどんどん出向いて、いろんな話を聞いた上で、やっぱりそういうことがきちっと把握でき、理解でき、あるいは申請書の書き方もきちっと指導できるようなやっぱり力量っていうのを高めていかなくちゃいけないというふうに考えておりますので、一生懸命頑張らせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。



○議長(内山田善信君)  12番、米良昭平君。



◆議員(米良昭平君) 今後に期待をします。終わります。



○議長(内山田善信君)  以上で、米良昭平君の質問を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(内山田善信君)  以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。



◎議会事務局長(金丸隆康君) 御起立願います。一同、礼。

午後3時30分散会

──────────────────────────────

 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




      平成19年 6月15日


                 議  長 内山田善信


                 署名議員 安藤 福松


                 署名議員 千草 力生