議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 19年 第2回臨時会(6月) 06月08日−01号




平成 19年 第2回臨時会(6月) − 06月08日−01号









平成 19年 第2回臨時会(6月)


門川町告示第27号
 平成19年門川町議会第2回臨時会を次のとおり招集する
    平成19年5月9日
                           門川町長 曽川  泉
1 期 日  平成19年6月8日
2 場 所  門川町役場議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
安田 厚生君          安藤 福松君
千草 力生君          水永 正継君
小林 芳彦君          安田  修君
黒木 義秋君          神?千香子君
朝倉 利文君          猪倉 照央君
安田 茂明君          米良 昭平君
黒木  裕君          内山田善信君
──────────────────────────────
応招しなかった議員
        なし
────────────────────────────── 
──────────────────────────────────────
平成19年 第2回(臨時)門 川 町 議 会 会 議 録(第1日)
                        平成19年6月8日(金曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                    平成19年6月8日 午前10時00分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸般の報告 平成18年度門川町繰越明許費繰越計算書について
 日程第4 承認第1号 門川町町税条例の一部を改正する条例の専決について
 日程第5 承認第2号 門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決について
 日程第6 承認第3号 平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決について
            ※ 一括上程・提案理由説明・総括質疑・逐次討論・採決
 日程第7 議案第28号 門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
            ※ 提案理由説明・休憩後質疑・討論・採決
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸般の報告 平成18年度門川町繰越明許費繰越計算書について
 日程第4 承認第1号 門川町町税条例の一部を改正する条例の専決について
 日程第5 承認第2号 門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決について
 日程第6 承認第3号 平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決について
            ※ 一括上程・提案理由説明・総括質疑・逐次討論・採決
 日程第7 議案第28号 門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
            ※ 提案理由説明・休憩後質疑・討論・採決
──────────────────────────────
出席議員(14名)
1番 安田 厚生君       2番 安藤 福松君
3番 千草 力生君       4番 水永 正継君
5番 小林 芳彦君       6番 安田  修君
7番 黒木 義秋君       8番 神?千香子君
9番 朝倉 利文君       10番 猪倉 照央君
11番 安田 茂明君       12番 米良 昭平君
13番 黒木  裕君       14番 内山田善信君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
議会事務局長 金丸 隆康君     議会事務局長補佐 太田 民雄君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          曽川  泉君  副町長         村上 昭夫君
会計管理者会計課長   今西 志郎君  教育長         斉藤 義輝君
総務企画課長      小野 康文君  財政課長        安田 精一君
産業振興課長      小野 幹男君  社会教育課長      山本 道明君
福祉課長        松岡敬一郎君  教育総務課長      田中 豊彦君
税務課長        中城 廣美君  環境建設課長      岩佐  誠君
町民課長        柳田 隆晴君  水道課長        緒方 節夫君
代表監査委員      黒木 元吉君




──────────────────────────────

午前10時00分開会



◎議会事務局長(金丸隆康君) 一同、礼。



○議長(内山田善信君)  ただいまから平成19年門川町議会第2回臨時会を開会します。

 これから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(内山田善信君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、11番、安田茂明君、12番、米良昭平君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(内山田善信君)  日程第2、会期の決定を議題とします。

 会期の日程については、議会運営委員会委員長の報告を求めます。米良昭平君。



◎議会運営委員長(米良昭平君) 議会運営委員会の報告を行います。

 本日招集されました平成19年門川町議会第2回臨時議会の会期及び会期日程につきましては、去る6月1日、議会運営委員会を開催いたしましたので、委員会における審査の経過並びに結果について申し上げます。

 本臨時議会に提案されます議案は、承認3件、条例1件であります。

 以上の議案につきましては、副町長、担当課長より概要の説明を受け、審議した結果、会期は本日1日限りと決定いたしました。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(内山田善信君)  お諮りします。本臨時会は、本日1日限りにしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  異議なしと認めます。したがって、本臨時会は本日1日限りと決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(内山田善信君)  日程第3、諸般の報告を行います。

 平成18年度門川町繰越明許費繰越計算書についての報告を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) おはようございます。諸報告からいたします。

 平成18年度門川町繰越明許費の繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、その結果を報告いたします。

 4件の事業につきましては、すべて3月の門川町議会定例会で繰越明許費として議決をいただいたものであります。

 内容でありますが、機構改革に伴う庁舎改修事業に1,300万円、後期高齢者医療制度創設準備事業に一般会計で1,760万円、国民健康保険事業特別会計で264万円、医療保険制度改正に伴うシステム改修事業に介護保険事業特別会計で360万円を平成19年度へ繰越明許費として所要の繰越措置を行いました。

 なお、未収入特定財源は、いずれも国庫補助金であります。

 以上が報告の概要であります。よろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  以上で諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.承認第1号



△日程第5.承認第2号



△日程第6.承認第3号



○議長(内山田善信君)  日程第4、承認第1号門川町町税条例の一部を改正する条例の専決について、日程第5、承認第2号門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決について、日程第6、承認第3号平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決について、以上3件を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 承認第1号から承認第3号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 承認第1号門川町町税条例の一部を改正する条例の専決についてから、第3号平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決についてまでの3承認案件について、各号ごとに提案理由を説明いたします。

 上程いたしました3承認案件につきましては、議会を招集する時間的余裕がなく、緊急を要したので、地方自治法第179条第1項の規定により、平成19年3月30日付をもって専決処分の措置をとらせていただき、平成19年4月1日から施行しております。

 初めに、承認第1号門川町町税条例の一部を改正する条例の専決についてですが、今回の一部改正は平成19年度税制改正に伴う地方税法の改正によるものであります。

 主な内容は、株式証券等に関する特例措置の延長、租税条約関係の整備、たばこ税の本則化、特別土地保有税の非課税措置の延長、鉄軌道用地の評価の改正、安全安心対策からの税制上の措置として既存住宅のバリアフリー改修を行った場合の固定資産税の減額措置であります。

 なお、詳細については税務課長に説明させます。

 次に、承認第2号門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決についてですが、今回の一部改正は、地方税法の改正に伴い、国民健康保険税の課税限度額を53万円から56万円としたものであります。

 次に、承認第3号平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決についてですが、補正予算の内容は、歳入につきましては、地方消費税交付金1,200万円、普通交付税800万円、特別交付税4,400万円を追加補正し、町債200万円を減額補正いたしました。

 一方、歳出につきましては、繰越金等を十分配慮するとともに、今後の財政基盤の強化を図るべき措置として、財政調整基金に2億4,000万円を積立金として追加補正し、予備費1億7,800万円を減額補正しました。

 この結果、平成18年度一般会計歳入歳出の予算総額は59億1,657万6,000円となりました。

 以上、3承認案を地方自治法第179条第3項の規定により議会の承認を求めるものであります。よろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  詳細説明を求めます。税務課長。



◎税務課長(中城廣美君) ただいま町長が提案をいたしました承認第1号門川町町税条例の一部を改正する条例の改正内容の詳細説明をいたします。

 初めに、上場株式等の配当割及び譲渡所得等に関する税率の特例措置で、附則第19条の3関係であります。これは上場株式等の配当を受けた場合や譲渡を行った場合の措置で、通常、金融商品等では税率が住民税5%、所得税15%の合計20%でありますが、これを特例として住民税3%、所得税7%の合計10%とし、措置期間を配当割、利子割は平成21年3月31日まで、また譲渡所得割は平成20年12月31日まで、それぞれ1年延長するものであります。

 次に、エンゼル税制の特定中小企業の特定株式に係る譲渡所得等の課税の特例の延長で、附則第20条関係であります。

 これはベンチャー企業による個人投資家、いわゆるエンゼルからの投資資金調達を税制上からサポートするため、平成12年、税制で創設されたもので、特例措置として、投資した事業が失敗して損失が出た場合は、その損失を翌年度以降、3年間繰越控除を行い、事業が成功し、株式等の譲渡益が発生した場合は、税負担を2分の1に軽減するもので、この特例期間を平成21年3月31日まで2年間延長するものであります。

 次に、租税条約の税制上の整備で、附則第20条の4、第20条の5関係であります。日本と他の国との条約により、日本で就労している外国人の税の取り扱いについて、就労者が自国の社会保険制度に保険料を支払った場合、その保険料の一定額をその年の国内総所得から控除する制度であります。

 次に、たばこ税の特例税率の本則化で、第95条、附則第16条の2関係であります。昨年改正されたたぼこ税の税率を特例税率として附則で規定していたものを恒久条文として本則に変えた法制執務上の整備であります。

 次に、特別土地保有税の徴収猶予の延長で第131条関係であります。この特別土地保有税は、都市計画を有する市町村で所有面積が5,000平米以上の土地が該当しますが、土地取引の低迷により、平成15年度より課税停止され、その猶予期間の延長措置であります。

 次に、鉄軌道用地の評価基準の改正で、附則第11条の3関係であります。これは駅の中にある商店と、いわゆる駅中ビジネスの店舗等の固定資産税は、これまで鉄道同様、沿設土地評価の3分の1で評価をしていましたが、不公平ということで、このような商店等は沿設する土地と同じ評価を行うことの改正であります。

 次に、既存住宅のバリアフリーの改修を行った場合の固定資産税の特例で、附則第10条の2関係であります。これは住まいの安全を高めるため、65歳以上の者、または要介護認定、または支援を受けている者、障害者のいずれかの者が居住している家屋で、平成19年4月1日から平成22年3月31日までの間に、廊下の拡幅、階段勾配の緩和、浴室の改良、便所の改良、床の段差や滑りどめの改良等、いわゆるバリアフリー改修を行った場合で、この改修費の自己負担が30万円を超えた場合は、申請により当該家屋の固定資産税を3分の1に減額するものであります。

 この特例は、住宅1戸限りの適用で、新築住宅の固定資産税減額特例として軽減中のものは適用されません。

 以上が改正項目でございます。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

 以上の3件について、一括して質疑を行います。質疑ありませんか。11番、安田茂明君。



◆議員(安田茂明君) 今課長からの説明を受けたわけですけれども、内容が全然わからんとですよ。それで、何でしたら、今課長が申し上げましたことをコピーしていただくといいんじゃないかと私自身が思ったんですが、もしコピーができましたらよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  税務課長。



◎税務課長(中城廣美君) それでは、私の方で今度の専決項目に対する概要書をつくっておりますので、後ほど配付させていただきたいというふうに思います。



○議長(内山田善信君)  ほかにありませんか。8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) 私の探し間違いかなと思って、一生懸命探しているうちに説明が終わったんですよ。はっきり言って、これからは、もう一つ要望ですけど、今の説明資料、これと一緒につけてほしいんですけど。これをこの条例改正の中身をきちっと説明するんだったら、それは要りません、中城課長が説明したのは。これで資料で追ってきちんと私たちがわからないと、このぺらぺらで、もう即聞いて審議しろと言われても非常に難しい。だから、当初ちゃんと資料と一緒に、今の説明資料を議会につけていただくように私は要望いたしますが、どうでしょうかお尋ねいたします。



○議長(内山田善信君)  税務課長。



◎税務課長(中城廣美君) 御指摘のとおり、税制改正というのは非常にわかりにくい部分がございます。確かにそうなんですが、それで、内容につきましては、先ほどの安田議員からの質問がありましたが、いわゆる概要書について、添付書類としてつけたいというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(内山田善信君)  ほかにありませんか。



◆議員(神?千香子君) 済みません、今のちょっと理解できなかったんですよ。これからつけるということですか、お尋ねいたします。



○議長(内山田善信君)  もう一度お願いします。8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) じゃあこれからは、ちゃんと今の説明資料非常に、言っているときはわかりやすかったんですけど、どこにあるとか、たばこ条例があったとか、見ながら追っているうちに終わってしまった状況で、今からつけるということで確認していいですか。



○議長(内山田善信君)  税務課長。



◎税務課長(中城廣美君) そのようにしたいと思います。



◆議員(神?千香子君) お願いします。



○議長(内山田善信君)  ほかにありませんか。8番、神?千香子君。



◆議員(神?千香子君) 3問目になってしまったんですけど、ちょっと前提で。この専決が、急を要して、もう4月1日から施行しているんですよね。議会が終わったの何日だったですかね。やっぱり施行したことを後々承認することなんですけど、時間がなかったんでしょうか。これやっぱり当初議会できちっとした方がよかった、しなきゃいけなかった議案じゃなかったかなと思ったんですけど、そこ辺、4月1日前になぜ臨時議会を招集する時間がなかったのかお尋ねいたします。



○議長(内山田善信君)  税務課長。



◎税務課長(中城廣美君) 専決をした理由について、先ほど町長が申し上げましたが、税法の改正につきましては、第166通常国会で審議をされたわけであります。で、税法の可決は平成19年3月23日に可決をしています。そして、公布が平成19年3月30日に公布されております。公布されないと、私どもの条例改正はできません。したがいまして、3月30日公布というふうなことで同日に専決をして、4月1日から納税者の皆さんに適用される問題でございますので専決をさせていただいたというふうなことであります。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  ほかにはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから、逐次討論、採決を行います。

 承認第1号について討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本案を承認することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、承認第1号門川町町税条例の一部を改正する条例の専決については承認することに決定しました。

 次に、承認第2号について討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本案を承認することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、承認第2号門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決については承認することに決定しました。

 次に、承認第3号について討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本案を承認することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、承認第3号平成18年度門川町一般会計補正予算(第6号)の専決については承認することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第28号



○議長(内山田善信君)  日程第7、議案第28号門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(曽川泉君) 議案第28号でありますが、門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、その概要を説明いたします。

 今回の門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法による町税算定に伴う総所得金額等が確定しましたので、これに伴う国民健康保険税被保険者(医療分)の資産割額の税率、被保険者均等割額の改正と被保険者均等割額の軽減世帯に対する軽減額の改正であります。

 また、医療分と介護分の被保険者1人当たりの課税額につきましては、前年度並みに据え置きまして課税をいたしております。

 なお、詳細については議員勉強会において担当課長より説明させます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。

 しばらく休憩します。

 なお、休憩中議員勉強会を行います。議員勉強会終了後本会議を開催します。

午前10時27分休憩

                              

午前10時58分再開



○議長(内山田善信君)  休憩前に引き続き会議します。

 会議を開く前に、朝倉利文君より急用のため欠席届が提出されておりますので申し添えます。

 これから議案第28号について質疑を行います。質疑ありませんか。2番、安藤福松君。



◆議員(安藤福松君) 質疑ではありませんが、今の勉強会でも申し上げてきたわけでありますが、毎年医療費が5%ないし6%上がってきている。税金を下げていただくことについては、大変被保険者としては助かるわけでありますけれども、いざとなったときに2倍、3倍上がっていくような状況ではいけないので、今後やはり医療費が相当上がっていけば、それに見合うものは若干均等割でも平等割でも上げながら基金残を持っておくということを常に要望を先ほどしたところであります。そういうことを申し添えておきたいと思いますが、そのことについて、もう一回御所見がありましたら町長さんの御意見いただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(内山田善信君)  町長。



◎町長(曽川泉君) おっしゃるとおりだと思います。この会計につきましては、大変厳しい状況であるということは十分認識しているんですが、当初予算の設定の段階で、何とか19年度中はこの1人当たりの金額というものを据え置いて頑張っていこうということで方針として進めてまいりましたものですから、19年度は据え置くということでやっておりますが、いろんな状況の変化に応じて十分な検討をし、また被保険者の皆さんにもそれなりの応分の負担というものをお願いしなくてはいけないというときが来るというふうには認識しております。その節はよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(内山田善信君)  ほかにありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから採決を行います。本案に賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(内山田善信君)  挙手全員であります。したがって、議案第28号門川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(内山田善信君)  以上で本日の日程は全部終了しましたので、本日の会議を閉じ、平成19年門川町議会第2回臨時会を閉会します。



◎議会事務局長(金丸隆康君) 御起立願います。一同、礼。

午前11時02分閉会

──────────────────────────────

 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




      平成19年 6月 8日


                 議  長 内山田善信


                 署名議員 安田 茂明


                 署名議員 米良 昭平