議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 14年 第1回定例会(3月) 03月12日−01号




平成 14年 第1回定例会(3月) − 03月12日−01号









平成 14年 第1回定例会(3月)


門川町告示第2号
 平成14年門川町議会第1回定例会を次のとおり招集する
    平成14年2月25日
                           門川町長 金丸 親治
1 期 日  平成14年3月12日
2 場 所  門川町役場議事堂
──────────────────────────────
開会日に応招した議員
猪倉 照央君          朝倉 利文君
安田 茂明君          寺原 速美君
請関 勝廣君          長友幸太郎君
中武  淳君          黒田 利治君
河村 甚白君          安田  新君
米良 昭平君          黒木 敬次君
児玉 広士君          米沢 八郎君
浜口  惇君          浜田 作男君
米良 成志君                
──────────────────────────────
応招しなかった議員
        なし
────────────────────────────── 
──────────────────────────────────────
平成14年 第1回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第1日)
                        平成14年3月12日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
                    平成14年3月12日 午前10時09分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸 報 告 議員辞職の件について
 日程第4 文教厚生常任委員会副委員長の選任について
 日程第5 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
            ※ 一括上程、提案理由説明、一括質疑
 日程第7 同意第1号 門川町教育委員会委員の任命同意について
            ※ 提案理由説明、質疑、討論、採決
 日程第8 議案第1号 門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について
 日程第9 議案第2号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第10 議案第3号 門川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第11 議案第4号 門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の制定について
 日程第12 議案第5号 門川町ふるさとの森管理条例の制定について
 日程第13 議案第6号 門川町立図書館の装置及び管理に関する条例の制定について
 日程第14 議案第7号 宮崎県町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び宮崎県町村総合事務組合の規約の変更に関する協議について
 日程第15 議案第8号 門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第16 議案第9号 平成13年度門川町一般会計補正予算(第4号)について
 日程第17 議案第10号 平成13年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
 日程第18 議案第11号 平成13年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について
 日程第19 議案第12号 平成13年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
 日程第20 議案第13号 平成13年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第21 議案第14号 平成14年度門川町一般会計予算について
 日程第22 議案第15号 平成14年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について
 日程第23 議案第16号 平成14年度門川町老人保健特別会計予算について
 日程第24 議案第17号 平成14年度門川町介護保険事業特別会計予算について
 日程第25 議案第18号 平成14年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について
 日程第26 議案第19号 平成14年度門川町企業誘致特別会計予算について
 日程第27 議案第20号 平成14年度門川町簡易水道事業特別会計予算について
 日程第28 議案第21号 平成14年度門川町水道事業会計予算について
            ※ 一括上程、提案理由説明
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸 報 告 議員辞職の件について
 日程第4 文教厚生常任委員会副委員長の選任について
 日程第5 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 日程第6 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
            ※ 一括上程、提案理由説明、一括質疑
 日程第7 同意第1号 門川町教育委員会委員の任命同意について
            ※ 提案理由説明、質疑、討論、採決
 日程第8 議案第1号 門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について
 日程第9 議案第2号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第10 議案第3号 門川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第11 議案第4号 門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の制定について
 日程第12 議案第5号 門川町ふるさとの森管理条例の制定について
 日程第13 議案第6号 門川町立図書館の装置及び管理に関する条例の制定について
 日程第14 議案第7号 宮崎県町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び宮崎県町村総合事務組合の規約の変更に関する協議について
 日程第15 議案第8号 門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第16 議案第9号 平成13年度門川町一般会計補正予算(第4号)について
 日程第17 議案第10号 平成13年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
 日程第18 議案第11号 平成13年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について
 日程第19 議案第12号 平成13年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
 日程第20 議案第13号 平成13年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、提案理由説明
 日程第21 議案第14号 平成14年度門川町一般会計予算について
 日程第22 議案第15号 平成14年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について
 日程第23 議案第16号 平成14年度門川町老人保健特別会計予算について
 日程第24 議案第17号 平成14年度門川町介護保険事業特別会計予算について
 日程第25 議案第18号 平成14年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について
 日程第26 議案第19号 平成14年度門川町企業誘致特別会計予算について
 日程第27 議案第20号 平成14年度門川町簡易水道事業特別会計予算について
 日程第28 議案第21号 平成14年度門川町水道事業会計予算について
            ※ 一括上程、提案理由説明
──────────────────────────────
出席議員(17名)
1番 猪倉 照央君       2番 朝倉 利文君
4番 安田 茂明君       5番 寺原 速美君
6番 請関 勝廣君       7番 長友幸太郎君
8番 中武  淳君       9番 黒田 利治君
10番 河村 甚白君       11番 安田  新君
12番 米良 昭平君       13番 黒木 敬次君
14番 児玉 広士君       15番 米沢 八郎君
16番 浜口  惇君       17番 浜田 作男君
18番 米良 成志君                
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 吉田 博之君     書記 安田 周平君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          金丸 親治君  助役          黒田 和弘君
収入役         金丸 一弘君  教育長         柿並 武利君
総務課長        安藤 福松君  財政課長        山本 道彦君
企画開発課長      田中 千久君  社会教育課長      曽川  傳君
教育総務課長      本田 和巳君  商工水産課長      松岡敬一郎君
福祉課長        松本 英毅君  建設課長        中村  認君
健康管理課長      山下  勲君  都市計画課長      長谷川義明君
水道課長        金丸  収君  農林課長        井川 邦人君
生活環境課長      甲斐 勝美君  農業委員会局長     田中 豊彦君
会計課長        中田 幸人君  教育総務課長補佐    岩佐  誠君


──────────────────────────────

午前10時09分開会



○議長(米良成志君)  ただいまから平成14年門川町議会第1回定例会を開会します。

 ただいまの出席議員は17名で定足数に達しています。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(米良成志君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、8番、中武淳君及び9番黒田利治君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(米良成志君)  日程第2、会期の決定の件を議題にします。

 会期の決定について、議会運営委員会委員長の説明を求めます。議会運営委員会委員長、11番、安田新君の登壇を求めます。



◎議会運営委員長(安田新君) 会期日程について、さきの委員会の決定に基づいて御説明いたします。

 議案については、諮問1号、2号で2件、同意1件、条例一部改正3件、条例制定3件、規約の変更及び追記の変更1件、補正予算については、平成13年度一般会計を含めて5件であります。平成14年度当初予算については、特別会計も含めて8議案であります。陳情、要望等については、さきの全員協議会で示したとおりであります。

 会期については、本日12日から今月19日までの8日間といたします。日程と議案審議方法については、議会事務局長をして説明をさせますので、審議をよろしくお願いして説明を終わります。



○議長(米良成志君)  局長。



◎事務局長(吉田博之君) 会期日程につきまして説明いたします。

 会期は本日12日より19日の8日間であります。本日はまず諸報告、議員辞職の件について、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、以上を一括上程、提案理由説明、一括質疑であります。次に、同意第1号門川町教育委員会の任命同意について、以上を提案理由説明、質疑、討論、採決であります。次に、議案第1号門川町教育委員会委員の任命同意について、議案第2号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第3号門川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第4号門川町非常勤消防団員に係る退職報奨金の支給に関する条例の制定について、議案第5号門川町ふるさとの森管理条例の制定について、議案第6号門川町立図書館の設置及び管理に関する条例の制定について、議案第7号宮崎県町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び宮崎県総合事務組合の規約の変更に関する協議について、議案第8号門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更について、以上を一括議題にいたします。

 次に、議案第9号平成13年度門川町一般会計補正予算(第4号)について、議案第10号平成13年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、議案第11号平成13年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、議案第12号平成13年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、議案第13号平成13年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について、以上を一括上程、提案理由説明であります。

 次に、議案第14号平成14年度門川町一般会計予算について、議案第15号平成14年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について、議案第16号平成14年度門川町老人保健特別会計予算について、議案第17号平成14年度門川町介護保険事業特別会計予算について、議案第18号平成14年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について、議案第19号平成14年度門川町企業誘致特別会計予算について、議案第20号平成14年度門川町簡易水道事業特別会計予算について、議案第21号平成14年度門川町水道事業会計予算について、以上を一括上程、提案理由説明であります。

 次に13日でありますが、本会議で一般質問であります。一般質問終了後、時間調整いたしますが、勉強会ということになっております。

 14日、本会議であります。議案第1号から第3号について、総括質疑のあと、逐次討論、採決であります。議案第4号から6号について、総括質疑のあと、関係常任委員会に付託。議案第7号から8号について、総括質疑のあと、逐次討論、採決。議案第9号から13号について、総括質疑のあと、逐次討論、採決。議案第14号から21号について、総括質疑のあと、所管の常任委員会に付託。本会議終了後、直ちに委員会ということになります。

 15日は委員会であります。

 16日は休会。当日は中学校卒業式が挙行される予定であります。

 17日休会。

 18日は委員会です。

 19日が本会議最終日であります。諮問第1号から第2号について、意見の答申であります。議案第4号から6号について、関係常任委員長報告、報告に対する質疑のあと、逐次討論、採決。議案第14号から21号、所管の常任委員長報告、報告に対する質疑のあと、逐次討論、採決であります。要望書の提出が予定されております。

 最後に、閉会中の所管事務調査等について、委員長の報告並びに諸報告であります。

 以上で会期日程の説明を終わります。



○議長(米良成志君)  お諮りします。本定例会の会期は、本日から3月19日までの8日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良成志君)  御異議なしと認めます。したがって、会期は本日から3月19日までの8日間に決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸報告



○議長(米良成志君)  日程第3、議員辞職の件についてを議題にします。

 去る3月5日神崎千香子議員より、一身上の都合により、3月8日をもって議員を辞職したいとの辞職願が提出されました。議会閉会中のため、議長の許可により、辞職願のとおり許可いたしましたので報告いたします。

────────────・────・────────────



△日程第4.文教厚生常任委員会副委員長の選任について



○議長(米良成志君)  日程第4、文教厚生常任委員会副委員長の選任についてを議題にします。

 文教厚生常任委員会副委員長が欠けておりますので、文教厚生常任委員会副委員長の選任を行います。

 しばらく休憩します。

午前10時21分休憩

                              

午前10時22分再開



○議長(米良成志君)  休憩前に引き続き開議します。

 文教厚生常任委員会副委員長が選任されましたので、報告いたします。

 文教厚生常任委員会副委員長に9番、黒田利治君が選任されました。

────────────・────・────────────



△日程第5.諮問第1号



△日程第6.諮問第2号



○議長(米良成志君)  日程第5、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、日程第6、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを一括議題にします。

 提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(金丸親治君) ただいま御諮問申し上げました諮問第1号、同第2号について、その概要を申し上げます。

 人権擁護委員法の規定に基づき設置されております委員の任期が平成14年6月30日をもって満了となりますので、次期委員を推薦いたしたく、同法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。

 委員の推薦につきましては、法の趣旨にかんがみ、人格識見はもとより、広く社会の実情に精通し、地域住民の信望も厚く、人権擁護について深い理解のある方を基準に考慮し、御推薦申し上げる次第であります。

 御提案申し上げております2名の方々について、簡単に御紹介しますと、柴田重喜氏については、昭和55年より人権擁護委員として7期21年間勤められ、また民生委員・児童委員としても昭和40年より12期36年間、平成9年より門川町社会福祉協議会会長、平成13年に日向人権擁護委員協議会会長並びに宮崎県人権擁護委員連合会理事に就任し、現在も御活躍されておられる方であります。

 米良育夫氏につきましては、昭和29年門川町に奉職され、社会教育課長、財政課長、総務課長等を歴任され、退職後は平成6年より門川町商工会事務局長1年間、平成8年より延岡保護司会(保護司)委嘱、平成10年から2年間、東栄町地区会長、平成11年より人権擁護委員を1期3年間勤められ、現在も地域福祉活動に取り組み活動されておられる方であります。

 各氏におかれましては、社会奉仕の精神をもって人権擁護を初め、保護指導等に当たり、地域住民の福祉向上のため各分野において献身的に御尽力をされておられる方々であります。

 以上のとおり、人権擁護委員として御推薦を申し上げたいので、御意見を賜りたくよろしくお願いを申し上げます。



○議長(米良成志君)  一括して質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良成志君)  質疑なしと認めます。本案については、今会期中に意見の調整を行い答申したいと思います。

────────────・────・────────────



△日程第7.同意第1号



○議長(米良成志君)  日程第7、同意第1号門川町教育委員会委員の任命同意について、提案理由の説明を求めます。──総務課長の退席を求めます。

〔総務課長退席〕



◎町長(金丸親治君) 同意第1号門川町教育委員会委員の任命同意についての提案理由を申し上げます。

 本町教育委員であります柿並武利氏が、一身上の都合により、来る平成14年3月31日をもって辞職されますので、その後任の教育委員として安藤福松氏の任命について同意をいただきたく御提案を申し上げます。

 安藤福松氏は現在門川町加草に居住されておりますが、昭和36年3月に宮崎県立富島高等学校を卒業され、民間の会社に勤務された後、昭和45年7月から門川町役場に奉職されております。役場においては、保健課、財政課を経験され、平成2年から社会教育課長、企画開発課長そして現在総務課長として長年の経験と識見のもと、卓越した手腕を発揮していただいておるところであります。またこの間、門川町中学校及び宮崎県立富島高等学校のPTA会長を歴任され、学校教育、社会教育の振興に御尽力いただいた方であります。御本人の人柄については、既に御承知のとおり誠実公正な人柄であり、信念と責任感旺盛、常に先見性をもって取り組み、ことに当たっては決断と実行の方であり、町民の信望も厚く、さらに教育文化、スポーツ全般の豊富な経験と執権を有しておられるなど、教育委員として最適任者であると考えられますので、御同意をいただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(米良成志君)  質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良成志君)  質疑なしと認めます。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良成志君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良成志君)  全員賛成であります。したがって、同意第1号門川町教育委員会委員の任命同意については、原案のとおり同意することに決定しました。

 総務課長の入場を許可します。

〔総務課長入席〕

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第1号



△日程第9.議案第2号



△日程第10.議案第3号



△日程第11.議案第4号



△日程第12.議案第5号



△日程第13.議案第6号



△日程第14.議案第7号



△日程第15.議案第8号



○議長(米良成志君)  日程第8、議案第1号門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について、日程第9、議案第2号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第10、議案第3号門川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第11、議案第4号門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の制定について、日程第12、議案第5号門川町ふるさとの森管理条例の制定について、日程第13、議案第6号門川町立図書館の設置及び管理に関する条例の制定について、日程第14、議案第7号宮崎県町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び宮崎県町村総合事務組合の規約の変更に関する協議について、日程第15、議案第8号門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更について、以上を一括議題にします。

 提案理由の説明を求めます。11番、安田新君。



◎議員(安田新君) 議案第1号門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について、その提案理由を御説明いたします。

 既に平成13年第4回定例会におきまして、「門川町課設置条例の一部改正する条例について」議決されたところであります。総務課と財政課が統合され「総務財政課」に、商工水産課と企画開発課が統合され「企画商工水産課」に、建設課と都市計画課が統合され「都市建設課」に、課の再編成が行われたことに伴うものであります。それぞれの所管事項の一部に変更が生じたもので、改正するものであります。

 以上、御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(米良成志君)  町長。



◎町長(金丸親治君) ただいま御提案を申し上げました議案第2号ないし議案第8号、各号議案について、その提案理由を申し上げます。

 まず議案第2号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、その概要を説明申し上げます。

 このことにつきましては、平成14年4月1日から施行されます「育児休業、介護休業等、育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律」に基づく、育児または介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限並びに介護休暇について条例の一部を改正するものであります。よろしく御審議のほどをお願いいたします。

 次に議案第3号門川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、その概要を御説明申し上げます。

 このことにつきましては、育児休業の対象となる子の年齢を「1歳未満」から「3歳未満」に引き上げる等、育児を行う職員の負担を軽減するための措置の拡充を図ることを目的とする平成14年4月1日から施行されます「地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律」に基づいて、条例の一部を改正するものであります。よろしくお願いいたします。

 次に議案第4号門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例を制定するに当たり、その提案理由を御説明申し上げます。

 消防団員はご存じのとおり、自分たちの町は自分で守るという精神のもと、日夜消防団活動に邁進しているところであります。

 消防団員の退職報償金につきましては、5年以上の団員につきまして消防団等公務災害補償等共済基金が定めます額が支給されているところでありますが、近年消防団員の処遇の改善が強く要望されてきておりました。このようなことから、退職報償金につきまして県内の自治体に調査を行ったところ、いくつか自治体におきまして、自治体独自の上乗せを行っているという回答を得ることができました。

 この結果を踏まえ、慎重に検討した結果、本町におきましても在職10年以上の団員に対し、退職報償金を上乗せすることが必要であるという考えにいたり、そのため条例を制定するものであります。よろしくお願いをいたします。

 次に議案第5号門川町ふるさとの森管理条例を制定するにあたり、その提案理由を御説明申し上げます。

 この「ふるさとの森」につきましては、先ほど平成14年度予算提案の中で申し上げましたとおり、これから町民の貴重な財産として、その名とともに後世に長く残すこととし、今後さらに大きく育て、「人と森林が共存」する環境保全、水資源涵養林として間伐などを積極的に実施し、町民の恒久的な財産として管理するため、この条例を提案するものであります。よろしくお願いいたします。

 議案第6号門川町立図書館の設置及び管理に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 門川町の図書館については、町民の皆様、議会の皆様方に絶大なる御支援のもと、他市町村の図書館にも引けをとらない立派な図書館が3月末の完成に向けてでき上がりつつあります。今後の予定といたしましては、3月をもって落成となり、7月上旬にオープンするスケジュールで現在鋭意努力しているところであります。

 図書館の意義は今さら申し上げるまでもありませんが、情報化社会にあっては、図書館の果たす役割はますます大きいものがあると考えます。町立図書館が町民の自発的な学習意欲を支援する施設として幅広く利活用されることにより、情報の摂取、自己研鑽等が図られることを期待するものであります。このようなことから、今般設置した図書館が門川町立図書館として管理運営していかなければなりません。「図書館法」第10条により、「公立図書館の設置に関する事項は、当該図書館を設置する地方公共団体の条例を定めなければならない」となっております。

 以上のことから、今般門川町立図書館の設置及び管理に関する条例を御提案申し上げるものであります。

 詳細につきましては、担当課長をもって説明させますので、よろしく御審議のお願いを申し上げます。

 次に議案第7号宮崎県町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び宮崎県町村総合事務組合の規約の変更に関する協議についての概要を御説明いたします。

 このことについては、平成14年4月1日から施行されますが、「公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する法律の一部を改正する法律」に基づいて、共同処理している宮崎県町村総合事務組合が学校医等の公務災害補償を実施するに当たり、規約の一部を改正することについて地方自治法第290条の規定により、議決を求めるものであります。よろしくお願いを申し上げます。

 最後に議案第8号門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更につきまして、その概要を説明いたします。

 現在、土地区画整理法第3条第2項の規定により、門川駅前土地区画整理組合におきまして、門川町駅前土地区画整備事業を施工中でありますが、当事業の施工によりまして、区域内の従前地の区画形状が変更されることにより、当地区内の東栄町3丁目と4丁目の町界が原形をとどめなくなります。つきましては、新たな町界を当事業により新設された区画道路駅前通り1号線沿いに変更するとともに、事業施工地区内に取り組まれた大字門川尾末字尻無川の一部を東栄町3丁目及び4丁目編入するため、地方自治法第260条第1項の規定により提案するものであります。

 なお、詳細につきましては、担当課長をして説明させますのでよろしくお願いを申し上げます。



○議長(米良成志君)  補足説明を求めます。社会教育課長。



◎社会教育課長(曽川傳君) ただいま町長の方から提案理由が読み上げられましたけど、私の方からは内容について若干説明させていただきたいと思います。

 まず、要所だけ説明をさせていただきたいと思います。第2条でありますが、名称が門川町立図書館。位置が門川町大字門川尾末字1611番地ということになります。それから4条の管理でありますが、これは地方自治法244条の2項の3、第2の3項の規定により、その管理の一部を委託することができるという条項を設けております。それから第6条でありますが、図書館の協議会を設置する、これは図書館法に基づきまして設置をするということになります。協議会の委員等は5名以内といたします。任期は2年ということでございます。よろしく御審議いただきますように。



○議長(米良成志君)  都市計画課長。



◎都市計画課長(長谷川義明君) 門川町駅前土地区画整理事業に伴う町の区域の変更について、補足説明をさせていただきます。

 町の区域の変更につきましては、先ほど町長の方から提案されましたとおり、昭和44年度に宮ケ原土地区画整理事業で町界町名地番変更いたしました東栄町3丁目と東栄町4丁目との境界を、今回の駅前土地区画整理事業により、一部の変更と新たに大字門川尾末字尻無川の一部の区域を編入するため、地方自治法第260条の規定により提案するものであります。

 なお、この件につきましては、関係地権者、地元区長を初め、役場関係課並びに県地方課、法務局それぞれの関係機関において十分審議検討され、成案を得たところであります。

 それではお手元に配付しております資料にて御説明をいたします。

 資料1は変更を行う地域の平面図でございます。また資料2は変更後に東栄町3丁目と4丁目に編入する区域の平面図であります。

 まず資料1をご覧ください。この図の青色の点線は変更前の東栄町3丁目と隣接する地域との境界を示しています。次に赤色の線は変更後の境界を示しています。また中央の道路は町道本町加草線でございます。この町道を境に西側は宮ケ原土地区画整理事業が行われた地域であり、また東側は現在駅前土地区画整理事業を行われている区域であります。変更前の区域は青色の点線で示してありますとおり、西側は既に面整備されている道路を東栄町3丁目と4丁目の境界といたしておりますが、東側は土地区画整理がなされていない関係で、西側道路に沿って東が筆境東栄町3丁目と4丁目との境界といたしているところであります。したがいまして、今回の変更では、赤色の線で示してありますとおり、駅前土地区画整理事業区域内に新設いたしました道路を東栄町3丁目と4丁目との境界に変更するものであります。この道路は12月の定例議会で町道として認定いたしました駅前区画1号線であります。

 次に資料2をご覧ください。資料2は変更に伴って東栄町3丁目並びに東栄町4丁目に編入する区域を表しております。紫色で示していますのが、東栄町3丁目から4丁目に編入される区域と大字門川尾末字尻無川の一部であります。さらに黄色で示してありますのが、駅前土地区画整理事業区域内にありました大字門川尾末字尻無川の一部であります。これは換地とともに新たに東栄町3丁目に編入するものでございます。

 以上で補足説明を終わらせていただきます。よろしく御審議方お願いいたします。



○議長(米良成志君)  以上の議案については、勉強会及び個人審議となりますので、よろしく御審議願います。

────────────・────・────────────



△日程第16.議案第9号



△日程第17.議案第10号



△日程第18.議案第11号



△日程第19.議案第12号



△日程第20.議案第13号



○議長(米良成志君)  日程第16、議案第9号平成13年度門川町一般会計補正予算(第4号)について、日程第17、議案第10号平成13年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、日程第18、議案第11号平成13年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、日程第19、議案第12号平成13年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、日程第20、議案第13号平成13年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について、以上を一括議題にします。

 提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(金丸親治君) ただいま御提案を申し上げました議案第9号ないし第13号、各号議案について御説明を申し上げます。

 始めに、議案第9号平成13年度門川町一般会計補正予算につきましては、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ2億8,029万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ72億2,732万円とするものであります。

 今回の補正は、年度末を控えての予算調整を含んでおります。

 補正の主な内容は、まず歳入では、町税2,678万1,000円、利子割交付金1,700万円、地方交付税2億3,009万2,000円、使用料及び手数料1,457万7,000円、県支出金9,014万3,000円と追加し、地方消費税交付金700万円、繰入金3,091万3,000円、町債7,080万円と減額補正するものであります。

 また歳出の主な内容は、地域・行政IT推進事業費1億3,160万9,000円、老人保健特別会計等繰出金8,821万7,000円、障害福祉1,266万5,000円、町債元金償還金1億8,100万円、翌年度繰越等配慮した予備費に8,585万円を追加し、人件費6,024万円、じんかい処理費2,298万1,000円、土地区画整理事業費2,167万円、道路橋梁及び河川災害復旧費1,526万4,000円等については減額補正するものであります。

 次に平成13年度予算の翌年度への繰り越しについてでありますが、地域・行政IT推進事業費1億3,160万9,000円、道路橋梁及び災害復旧事業費525万5,000円の事業につきましては、年度内に執行ができないことから、地方自治法の規定に基づく繰越明許費の措置をとらせていただき、翌年度へ繰り越して執行するものであります。

 次に議案第10号平成13年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算について申し上げます。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額から歳入歳出それぞれ2,410万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ18億3,668万1,000円とするものであります。

 補正予算の主な内容については、まず歳入では、連合会補助金687万2,000円を追加し、国庫支出金2,257万8,000円、一般会計繰入金840万円を減額補正するものであります。

 歳出では、人件費840万円、予備費1,570万6,000円を減額補正するものであります。

 次に、議案第11号平成13年度門川町老人保健特別会計補正予算について申し上げます。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額歳入歳出それぞれ6,680万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ18億2,317万1,000円とするものであります。

 補正予算の主な内容については、まず歳入では、県医療費負担金331万5,000円の追加補正と支払基金交付金326万2,000円、国庫医療費負担金2,176万6,000円を減額補正いたしましたが、この減額の中には支払基金等において、前年度と同様、負担金の保留措置がとられ、歳入に不足を生じるようになりましたので、一般会計より繰り入れのを措置をとらせていただき、事務費等を含め繰入金8,851万7,000円の追加補正をするものであります。

 歳出では、医療費給付費6,724万2,000円等を追加し、高額療養費100万円を減額補正するものであります。

 次に、議案第12号平成13年度門川町介護保険事業特別会計補正予算について申し上げます。

 今回の補正予算は、既定の予算の総額から歳入歳出それぞれ30万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億4,416万5,000円とするものであります。

 補正予算の主な内容は、まず歳入では、一般会計繰入金30万円を減額補正するものであります。

 歳出では、介護認定審査会費40万円を追加し、一般管理費30万円、予備費40万円を減額補正するものであります。

 次に、議案第13号平成13年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ1,475万2,000円を減額。歳入歳出予算の総額をそれぞれ8,155万6,000円とするものであります。

 補正の主な内容は、歳入では前年度繰越金1,395万9,000円等を追加し、区画整理事業収入2,871万1,000円の減額補正であります。

 歳出では、区画整理1,320万円と予備費155万2,000円を減額補正するものであります。

 以上、補正予算につきまして御審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(米良成志君)  以上の議案については、勉強会及び個人審議となりますので、よろしく御審議願います。

────────────・────・────────────



△日程第21.議案第14号



△日程第22.議案第15号



△日程第23.議案第16号



△日程第24.議案第17号



△日程第25.議案第18号



△日程第26.議案第19号



△日程第27.議案第20号



△日程第28.議案第21号



○議長(米良成志君)  日程第21、議案第14号平成14年度門川町一般会計予算について、日程第22、議案第15号平成14年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について、日程第23、議案第16号平成14年度門川町老人保健特別会計予算について、日程第24、議案第17号平成14年度門川町介護保険事業特別会計予算について、日程第25、議案第18号平成14年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について、日程第26、議案第19号平成14年度門川町企業誘致特別会計予算について、日程第27、議案第20号平成14年度門川町簡易水道事業特別会計予算について、日程第28、議案第21号平成14年度門川町水道事業会計予算について、以上を一括議題にします。

 提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(金丸親治君) 平成14年度3月定例町議会の開会に当たりまして、平成14年度の予算案について、その概要の御説明を申し上げたいと存じますが、その前に私は来る4月の任期満了をもって町長の職を辞任いたしたいと存じますので、町議会をつうじ、町民の皆様に衷心よりお礼を申し上げたいと存じます。

 私が町長に就任いたしましたのは、昭和57年4月で以来今日まで5期20年間経過をいたしました。20年間の歳月は決して短い期間ではありません。しかし、過ぎ去った過去は短いといいますが、私の町長としての、これまでの20年間は決して長いと考えることのない、いやまさにあっという間に過ぎた感の20年間でありました。

 この間、常に町長としての使命と責任を自覚し、町政の振興発展、町民の福祉向上に微力ではありますが、誠心誠意取り組ませていただきました。いろいろな厳しい困難な道でもありましたが、しかしあわせて、この上もない意義深い、かつ光栄な道でありました。もとより浅学非才、微力でまことに至らない私でありましたが、町民の皆さん、町議会の皆さんに多年にわたり深い御理解と御協力をいただいたことは身に余る感激の極みであり、ここに改めて深甚なる謝意を表したいと存じます。

 これまで5期20年間の町長在職を振り返りますとき、20年間の町政発展すべての事業に深い思いがいっぱいでありますが、中でも特に私の心に深く、強く刻み込まれているものをいくつかについて考えますと、まず何といっても第1が遠見半島の総合開発であります。遠見半島の総合開発は、町政の将来発展の新しい展望を開くことを大命題、その手法は開発と自然環境の保全との調和を図ることを基本に、民間活力の導入等による観光レクリエーション施設や福祉健康の拠点づくりの町政発展に新たな大きな意義を有する総合開発であります。

 しかしながら、本事業の実施に当たっては、一部反対の町民から住民監査の請求及び住民訴訟が提起されるなど、まことに厳しい、苦しい道のりでありましたが、多くの町民の御支援のもと、屈することなく関係職員の開発発展にかけるひたむきな情熱と最大の努力によりなし遂げた新しい町政発展を開く一大事業でありました。

 その内容は、西武のゴルフ場、福祉健康交流研修センター「心の杜」、及び総合的な老人福祉施設等、いずれも県下トップクラスの有意義なすばらしい施設として、町外からも高く評価をいただいております。

 平成10年4月西武ゴルフ場オープンの町長あいさつでは、感動を込めて次のように申し上げました。「顧みますと、いろいろなことがありました、多くの厳しい断面の連続で、経済はバブルが崩壊した時代でもありました。激しい、厳しい困難な道のりを乗り越えて迎えてオープン、どんなにかこの日を待ち望んでいたか、ただただ胸いっぱい、感無量であります。」とまさに万感迫る思いであいさつをいたしました。

 次に「ふるさとの森造成事業」の解決であります。

 昭和56年当時マンモス化した門川小学校の分立は、町の緊急かつ重要な課題でありました。しかしながら、当時本町財政は極めて厳しく、頼みとなる適正伐期樹齢に達する町有林もほとんどなく、そのような状況の中で、国が以前からモデル実験事業として実施しておりました特定分収契約設定事業が市町村でも実施可能となりました。

 学校分立の大きな財源を必要とする事業を抱えた本町では、早速この事業を実施すべく町有林123ヘクタールを対象にした「ふるさとの森事業」に取り組んだのであります。

 門川町の厳しい財政事情の中にあって、立派な五十鈴小学校の建設を見ることができましたのは、一にかかって、この「ふるさとの森事業」に対する出資者の深い御理解と御協力による財源の確保があったからであります。しかし、契約期間の満了間近に控え大きな問題が起こりました。それは、今日の木材市況が契約当時には想像もつかない暴落であります。厳しい木材市況の中にあって、本事業に御理解、御協力いただいた出資者の方々に対し、どう対応していくかが大きな課題になってまいりました。このことについては、「ふるさとの森造成事業審議会」の長期にわたり慎重な御審議をいただき、その結果平成12年6月1日最終答申をいただきました。

 答申は、専門的意見、アンケートの意見等あらゆる角度から突っ込んだ御検討をいただき、合理的かつ大方の方々から御納得をいただく適切な内容と判断をいたし、審議会の答申を尊重することとし、平成12年6月議会において所要の予算措置等一連の措置をとったところであります。町民皆様に大変御心配をいただきました。対応いかんによっては門川町政と信頼と名誉にかかわる大きな課題でありましたが、町議会を初め関係者皆様の御理解を得て解決することができました。

 次に企業誘致に関してであります。

 私が町長に就任いたしました昭和57年当時は、雇用の確保、わけても男性雇用が大きな課題で、町としては企業誘致を町政の重点施策として取り組んだところで、県北地域では本町の企業立地は優位にあったと存じます。

 企業誘致で特に問題になりましたのは、平成元年宮崎部品の企業誘致であります。宮崎部品は雇用者600人、うち男性200人の雇用で雇用総数、また男性の大幅雇用という面から本企業の誘致は本町にとって、極めて大きな意義がありました。しかし、本企業の誘致に当たっては、地場産業の雇用関係に大きく影響が生じること、また誘致については所要の財政対策が必要であること等から、議会においても慎重論もあり、議会においては地区会長会、商工会、組合、団体等、町民を代表する10余名の方々を集め、意見を聞くなど、慎重に審議が行われ、紆余曲折をへてようやく企業立地の実現を見たところであります。この大型企業の誘致によって、本町の雇用需給、労働条件等、大きく変わったことも事実であります。

 次に草川土地区画整理事業であります。

 本事業は、施行年度昭和46年度から、施行面積97.8ヘクタール、総事業費約67億8,000万円で、事業規模は膨大、施工期間も約30年の長きにわたる大事業で大変な難事業でした。

 現在、事業施工に伴う諸問題もすべて解決し、今最終精算処理を進めているところであります。

 御案内のとおり、日本経済は大きく前進し、それに伴い町民の意識ニーズは高度化、多様化してまいりました。福祉問題もその一つであります。日本は今後急速に高齢化社会を迎えます。本町も例外ではなく、年々高齢化が進行し、福祉対策が大きな課題となってまいりましたので、特に福祉対策重視、遠見半島の開発を福祉の拠点とし、福祉施設の整備や町内福祉ネットワークの形成等、福祉の充実向上を図りました。

 さらに五十鈴小学校の新設及び草川小学校、門川小学校等の改築整備や総合文化会館、総合海浜公園、各体育館及び西門川活性化センターの整備等、高度化、多様化する町民ニーズに対応いたしました。

 また、まさに特異な案件といえるのは、昨年来のいわゆる図書館をめぐる問題であります。町民の一部の者から建設反対、白紙撤回を求め新聞広告やチラシ等、多くの宣伝が行われ、さらに住民監査請求、住民訴訟及び住民投票条例の制定請求等、一連の過激な反対運動が展開され町政をゆがしましたが、町監査委員、町議会においていずれも棄却または否決されました。

 このことについては、町内自治公民館連合会、商工会、漁業組合、婦人団体等、各界各層からなる「門川町の正しい民主町政をすすめる会」が組織され、平成13年10月28日に総決起大会が開かれ「これら一部の反対運動は議会制民主主義を否定するばかりか、町政を大きく混乱させ、町政運営上憂慮すべき許しがたい問題である。」とし、特に町政の執行に当たっては、正しい民主主義のもと強い信念と勇気をもって当たり、また行政改革を断行せよ、議会に対しては議院定数の削減等信頼と権威の確保を図り、さらに議会制民主主義を否定する一部町民及び議会議員の過激な言動については、これを許さず、厳しく対処するとの3つが大会決議されました。

 これら図書館建設をめぐる一連のことは、門川町政史上かってなかったことであると存じます。

 このほか、農業の圃場、農道等農業の基盤整備や林道・作業路等の林業基盤整備、漁港の整備等農林漁業の振興、商工コミュニティーの整備、企業誘致、観光対策等産業経済の振興や町内の一円道路の整備改良、草川、南町等都市計画事業の推進、五十鈴川、鳴子川等河川の改良整備、各地区の急傾斜崩壊防止事業、上水道、下水排水対策さらに老人、身体障害者その他福祉対策、各種健康診断、各保健事業や医療の確保等健康対策、ごみ・リサイクル等環境対策、消防・防災対策またソフト面においては、特に「住みよい地域づくり町民運動」の展開や門川大学の開講を図りました。

 以上、町長就任以来の町政の主な事業について振り返りましたが、これら町政発展のための事業や施設の整備を進めることができたのは、言うまでもなく一にかかって20年の長きにわたり町民のゆるぎない信頼と御支援、町議会の御理解と御協力があり、さらに行政能力等大きく向上した優秀な、有能なすばらしい多くの職員が、公正と誠実を基本とし、町政発展に意欲を燃やし、常に勉強と努力を怠らず、信念と責任をもって取り組んでいただいたからであります。

 これまで20年の長きにわたりいただいた町民のゆるぎない信頼と御支援は、私も最も大きな感動で万感の思いがあり、私の生涯において私の人生において何ものにもかえがたく、かけがえのない最大の宝であり、最高の名誉であります。

 町民の皆さんに心から感謝を申し上げます。また町議会の皆さんには、町政発展のため御指導、御鞭撻と御理解、御協力をいただきました。厚く御礼を申し上げます。

 さらに町職員の皆さんは、20年間常に常に厳しい毎日の連続であったかと存じますが、すべて町政発展の思いからで御理解をいただきたいと存じます。20年間苦しみも楽しみも喜びも悲しみもともにし、ひたすら町政発展を願い、心と力をあわせ、今日の町政発展を築いていただいた職員の皆さんに心から限りない感謝を申し上げたいと存じます。本当にありがとうございました。

 時代は大きく変わります。町政も大きく変わります。今後厳しい環境の中にあって、これからの地方分権の時代の地方自治は、自主・自立・自己責任を命題とし、全町民、町議会及び町がさらに切磋琢磨し、理解と協力を高め、一体となり門川町輝かしい町政発展を衷心より祈念いたしたいと存じます。本当にありがとうございました。

 次に平成14年度の予算編成について申し上げます。

 御案内のとおり、4月に町長並びに町議会議員の任期満了に伴う選挙が執行されます。

 私はさきに申し上げましたように、任期満了をもって辞任いたしますので、骨格予算を基本に14年度予算編成に当たっては政策的なものを除き、年間必要な一般経常費等の予算を計上しました。

 その結果、次に申し上げるような各会計の予算案となりましたので、その概要を御説明申し上げます。

 一般会計49億6,500万円、国民健康保険事業特別会計16億7,000万円、老人保健特別会計19億5,716万6,000円、介護保険事業特別会計9億2,006万1,000円、草川土地区画整理事業特別会計8,203万4,000円、企業誘致特別会計4,000円、簡易水道事業特別会計729万1,000円、水道事業会計7億5,743万円。一般会計・特別会計の総額は、103億5,898万6,000円であります。昨年度と比較して、4.66%の減となっております。

 以下、各会計について御説明申し上げます。

 まず議案第14号平成14年度門川町一般会計予算は、昨年度予算に比較して11.7%の減となっております。

 歳出予算の内容としましては、人件費、扶助費、公債費等の義務的経費が28億9,143万1,000円で、継続的補助事業等の投資的経費が1億8,156万1,000円、その他物件費、繰出金等の一般行政経費が18億9,200万8,000円、その他単独事業については、継続事業などの必要最小限の範囲内にとどめ、政策的な経費は控えた骨格予算として編成いたしました。

 その他、歳入等詳細についての説明は、以下省略させていただきます。

 次に、議案第15号平成14年度門川町国民健康保険事業特別会計予算の予算総額は、16億7,000万円で前年度予算と比較して4.2%の減であります。

 内容といたしましては、保険給付費が10億189万7,000円、老人保健拠出金4億6,292万8,000円、介護納付金9,257万1,000円、共同事業拠出金1,314万2,000円、保健事業費1,162万7,000円などが主たるものであります。

 なお、保険税につきましては、据え置くことといたしました。

 次に、議案第16号平成14年度門川町老人保健特別会計の予算総額は、19億5,716万6,000円で、前年度と比較して14.1%の伸びであります。その主なものは、医療給付費の増であります。

 次に、議案第17号平成14年度門川町介護保険事業特別会計の総額は、9億2,006万1,000円で、前年度に比較して4.1%の伸びとなっております。その主たるものは、保険給付費の増であります。

 次に、議案第18号平成14年度門川町草川土地区画整理事業特別会計の予算総額は、8,203万4,000円で、前年度に比較して14.8%の減となっております。

 次に、議案第19号平成14年度門川町企業誘致特別会計については、費目のみの4,000円であります。

 次に、議案第20号平成14年度門川町簡易水道事業特別会計予算総額は、729万1,000円で、前年度に比較して17.1%の減となっております。

 最後に、議案第21号平成14年度門川町水道事業会計について申し上げます。

 本年度の予算総額は、7億5,743万円で前年度と比較して4.5%の減となっております。

 その内容は、維持管理費、人件費、動力費等の収益的支出2億8,283万6,000円、第四次拡張計画を含む建設改良費及び企業債償還元金等の資本的支出4億7,459万4,000円であります。

 歳入財源といたしましては、水道事業収益3億1,127万4,000円、企業債3億8,500万円、工事負担金336万2,000円等であります。

 なお、資本的収入額が、資本的支出額に対し不足する額8,623万1,000円については、内部留保資金等により補てんいたします。

 以上が、各会計の予算概要であります。御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(米良成志君)  以上の議案については、勉強会及び個人審議となりますので、よろしく御審議願います。

────────────・────・────────────



○議長(米良成志君)  以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。

午前11時16分散会

──────────────────────────────





 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。






      平成14年 3月12日


                 議  長 米良 成志


                 署名議員 中武  淳


                 署名議員 黒田 利治