議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 17年 第2回定例会(6月) 06月15日−03号




平成 17年 第2回定例会(6月) − 06月15日−03号









平成 17年 第2回定例会(6月)


──────────────────────────────────────
平成17年 第2回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第3日)
                        平成17年6月15日(水曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第3号)
                    平成17年6月15日 午前10時00分開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議案第25号 門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第3 議案第26号 門川町町税条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第4 議案第28号 門川町農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第5 議案第29号 門川町監査委員条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第6 議案第30号 平成17年度門川町一般会計補正予算(第1号)について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第7 議案第31号 平成17年度門川町老人保健特別会計補正予算(第1号)について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第8 議案第32号 門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第9 門川町農業委員会委員の推薦について
 日程第10 陳情第3号 「青少年の健全育成に関する基本法」の制定を求める意見書提出についての陳情書
            ※ 所管の常任委員会付託
 日程第11 意見書第4号 道路特定財源制度に関する意見書
            ※ 提出者説明・質疑・討論・採決
 日程第12 各委員会の閉会中の継続審査及び調査の申出について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議案第25号 門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第3 議案第26号 門川町町税条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第4 議案第28号 門川町農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第5 議案第29号 門川町監査委員条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第6 議案第30号 平成17年度門川町一般会計補正予算(第1号)について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第7 議案第31号 平成17年度門川町老人保健特別会計補正予算(第1号)について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第8 議案第32号 門川町議会委員会条例の一部を改正する条例について
            ※ 質疑・討論・採決
 日程第9 門川町農業委員会委員の推薦について
 日程第10 陳情第3号 「青少年の健全育成に関する基本法」の制定を求める意見書提出についての陳情書
            ※ 所管の常任委員会付託
 日程第11 意見書第4号 道路特定財源制度に関する意見書
            ※ 提出者説明・質疑・討論・採決
 日程第12 各委員会の閉会中の継続審査及び調査の申出について
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 平田 真文君       2番 黒木  裕君
3番 小林 芳彦君       4番 内山田善信君
5番 安田  修君       6番 黒木 義秋君
7番 朝倉 利文君       8番 猪倉 照央君
9番 安田 茂明君       10番 長友幸太郎君
11番 黒田 利治君       12番 安田  新君
13番 米良 昭平君       14番 浜口  惇君
15番 寺原 速美君       16番 浜田 作男君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 柳田 隆晴君     書記 太田 民雄君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          米良 成志君  助役          金丸 一弘君
収入役職務代理者    山下  勲君  教育長         樋口  駿君
総務課長        曽川  傳君  財政課長        原田 敬蔵君
企画商工水産課長    小野 幹男君  社会教育課長      松岡敬一郎君
教育次長        長谷川義明君  福祉課長        田中 豊彦君
税務課長        中城 広美君  都市建設課長      神戸 雅徳君
健康管理課長      金丸 隆康君  水道課長        小林 正春君
農林課長        中田 幸人君  生活環境課長      小野 康文君
農業委員会局長     岩佐  誠君  代表監査委員      小林 作市君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(浜田作男君)  ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(浜田作男君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、13番、米良昭平君、14番、浜口惇君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第25号



○議長(浜田作男君)  日程第2、議案第25号門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第25号門川町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第26号



○議長(浜田作男君)  日程第3、議案第26号門川町町税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。浜口惇君。



◎議員(浜口惇君) 質疑は勉強会の中で一応やったわけですけれども、結局実例──きょうは私、自分のことを例に引きながら言ってみたいと思うんですけれども。

 この控除の変更によって私の税金分を考えますと、昨年度、今年度の差が約3万円あるわけです。これは増税化されたという──控除がいかに町民にとって大きく影響を及ぼすかということは、この実例からもよくわかると思うんです。このことが国保税だとか、また、介護保険についてまでこれが及んでいくわけです。介護保険について言うならば、去年の段階が4がことしは最高の5段階になるわけです。

 こういうふうにして、個人の負担率というのは、一般的に見るならば我々議員は低所得者の範囲内と私は思うんですけれども、そういう段階でさえ最高のものがかかってくるというように町で見るならば約2,000万円余りの金額が住民から徴収されるわけですけれども、このことは町の財政にとっては一定のメリットはあるけれども、結局住民から見るならば、自分たちの生活の実態から見てそれほど所得が上がっているわけでもない。所得は上がらないけれどもそれだけ多く税金を納めなくてはならないということは非常に問題があるんじゃないか。

 住民から見れば──今後、私は税務課の人たちは大変な状況になるだろうと思うんです。苦情が必ずやってくるというふうに考えます。介護保険についても、次の2カ月後には大きく大変な状況が起こってくるんじゃないか。私はそういうふうに思うわけですけれども。

 このように国の施策が条例は法令の範囲内においてこれを条例をつくるということになっていますので、これはもう法律が決まった以上、つくらなくてはならないということは十分理解しております。しかしながら、住民を代表する議会が少なくとも国に対して、そのようなむちゃくちゃな増税に対する、控除を減らす等についての意見決議等を──やるなというような意見決議等をするならば、これは理解できるわけですけれども、なかなか本議会においてはそういうことも皆さん考えておられないようだし、ということを含めて、私はあえて裁量権のない条例であるけれども、この点について住民を代表して私は反対したい。そのために反対を行います。

 以上であります。



○議長(浜田作男君)  賛成討論の方。寺原速美君。



◎議員(寺原速美君) 今回の議案第26号門川町町税条例の一部を改正する条例につきましては、執行当局から詳しく説明がありましたとおり地方税法、所得税法、中小企業経営革新支援法等の上位法による改正により、町税条例を改正するものであります。

 その目的は大きくは当内閣が進めていますところの三位一体改革の政府税制調査会の答申により、税制上の改正として行われたもので、国と地方の健全で安定した財政の確保と低迷していた経済を再生し、活性化に向かうための税制上からの措置、さらに台風災害や地震、または火山噴火等で被災した方々の住宅や生活の再生のための税制上からの支援措置が主なものであります。

 国内の経済を再生し、活性化することで国民に就労の機会を提供し、所得の向上を図るとともに、国や地方の財政の健全化と安定化を目指しながら、今後急速に進む少子高齢化社会と、人口の減少対策や多様化する環境、医療、福祉分野における財源確保として、中期長期的視点から必要であり、今回の条例改正については賛成するものであります。



○議長(浜田作男君)  ほかに反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手多数であります。したがって、議案第26号門川町町税条例の一部を改正する条例については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第28号



○議長(浜田作男君)  日程第4、議案第28号門川町農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第28号門川町農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案第29号



○議長(浜田作男君)  日程第5、議案第29号門川町監査委員条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第29号門川町監査委員条例の一部を改正する条例については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案第30号



○議長(浜田作男君)  日程第6、議案第30号平成17年度門川町一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 質疑を行います。平田真文君。



◆議員(平田真文君) 一般会計の補正予算の中で心の杜の上のミカン園についての整備の予算が出ていたと思うんですが、これは「花とみどりのまちづくり」の構想に関して整備されるということなんですけど、以前から遊歩道を整備したり、あそこには門川町の資金が投入されたという経緯があると思うんですけれども、今後雑木を伐採したり、ミカン園を伐採したりということで、今後どうしていきたいのかという構想を具体的にお聞かせ願いたいと思います。



○議長(浜田作男君)  企画商工水産課長。



◎企画商工水産課長(小野幹男君) お答えしたいと思います。

 企画費の中の賃金12万円が計上されております。これにつきましては、議員御承知のとおり町長が提唱しております「人にやさしい町づくり町民運動」の一環として企画課が担当となりまして、「花とみどりのまちづくり」を推進しているところでございます。これにつきましては、議員御指摘のふれあい広場を含めた公園あるいは公共施設等に花木を植栽することによりまして、町民に潤いと活力を与えるとともに花の名所づくりを計画しているところでございます。このようなことから、植栽可能な区域の調査の樹木の伐採費用等にかかわる分につきまして今回は補正を上げております。

 議員御指摘の広場あるいは遊歩道等を、今後、将来どのように整備していくのかというようなことがございます。これにつきましては、一応役場内の関係各課の責任者でありますそれぞれのプロジェクトチームを編成いたしまして、今後どのような整備を進めるか、今から作業を進める段階でございます。御理解をいただきたいと思います。



○議長(浜田作男君)  よろしいですか。ほかにありませんか。黒木義秋君。



◆議員(黒木義秋君) 枇榔島のカンムリウミスズメの対策に292万4,000円という計上がなされてます。これは非常によいことと僕は感じていますが、この前ふるさと歌自慢にちょっと僕は行ってみたわけですが、カンムリウミスズメのコマーシャルが、門川のPRが非常によくて感心いたしました。

 これに対しまして、僕は庵川漁協があそこ辺に建て網を立てるわけですが、今、建て網に非常にカンムリウミスズメが魚がかかったやつをそれをねらってかかるといったような感じで、もう全滅をするんじゃないかという漁師の意見でございます。これは実際聞いた問題ですけど。それをなくすには、やっぱり建て網を昔のそういう、枇榔島あたりにはテグスじゃなくてかすみ網のようなものですけど、今は。そういう昔の形の建て網を代替をしたらどうかという案を、僕の将来の考えですけど。それをひとつお伺いします。



○議長(浜田作男君)  企画商工水産課長。



◎企画商工水産課長(小野幹男君) 企画商工水産の立場で申し上げますと、漁業権をいわゆる侵害するような保護啓発ではないと思っております。

 したがいまして、釣り客や船の方にできる限り商工水産課としては漁協と一体となりまして保護啓発に努めてまいりたいと思っております。



○議長(浜田作男君)  ちょっと休憩します。

午前10時15分休憩

                              

午前10時16分再開



○議長(浜田作男君)  引き続き開議します。

 企画商工水産課長。



◎企画商工水産課長(小野幹男君) 建て網の件でございますが、これについては両漁協さん、門川漁協、庵川漁協さんと十分協議をとりながら慎重に研究したいと思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(浜田作男君)  黒木義秋君。



◆議員(黒木義秋君) 全滅しないような対策を今後とらなくては、やっぱりカンムリウミスズメの保護にはならないと、漁師の方も言っています。だから、そこら辺を今から検討しながら指導を行政の方は考えてもらいたい。このように思います。

 以上です。



○議長(浜田作男君)  ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第30号平成17年度門川町一般会計補正予算(第1号)については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第31号



○議長(浜田作男君)  日程第7、議案第31号平成17年度門川町老人保健特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第31号平成17年度門川町老人保健特別会計補正予算(第1号)については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第32号



○議長(浜田作男君)  日程第8、議案第32号門川町議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、議案第32号門川町委員会条例の一部を改正する条例については原案どおり可決しました。

────────────・────・────────────



△日程第9.門川町農業委員会委員の推薦について



○議長(浜田作男君)  日程第9、門川町農業委員会委員の推薦についてを議題とします。

 本件については、農業委員会に関する法律第12条第2号の規定により、議会が推薦し町長が選任した委員の任期が、来る7月19日に任期満了となることから、次期委員の推薦をするものであります。

 お諮りします。議会推薦の委員については、従来から2名を推進しておりますが、これに御異議ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  異議なしと認めます。したがって、議会推薦農業委員会委員は2名とすることに決定しました。

 お諮りします。議会推薦の2名については議長において指名したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  異議なしと認めます。したがって、農業委員会の委員は議長において指名することに決定しました。

 それでは、指名いたします。農業委員会委員に田中千久君と金丸幸子君の2名を推薦したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  異議なしと認めます。したがって、門川町町農業委員会委員に田中千久君と金丸幸子君の2名を推薦することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第10.陳情第3号



○議長(浜田作男君)  日程第10、陳情第3号青少年の健全育成に関する基本法の制定を求める意見書の提出についての陳情書につきましては、お手元に配付しております写しのとおりであります。

 お諮りします。この件につきましては会議規則第92条の規定により文教厚生常任委員会に付託したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  異議なしと認めます。したがって、陳情第3号文教厚生常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第11.意見書第4号



○議長(浜田作男君)  日程第11、意見書第4号道路特定財源制度に関する意見書についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。浜口惇君。



◎議員(浜口惇君) 道路特定財源制度に関する意見書(案)。道路特定財源制度に関する意見書(案)を朗読して提案理由の説明にかえさせていただきたいと思います。

 それでは、道路特定財源制度に関する意見書(案)を朗読いたします。

 道路特定財源制度は、昭和28年に創設されて以来、現在は地方における道路整備の中枢的財源をなす極めて重要な制度である。

 これまで12次にわたる5カ年計画の推進によって道路整備が進められ、大都市部を中心に一定のストックは形成されているとは言われているが、地方においては循環型高速道路ネットワークが未完成であるなど、幹線道路の不足、生活道路の未整備、狭隘屈曲道路の未改良、通学道路への歩道の未設置など、道路は質・量ともに十分ではなく、大都市と地方では道路の整備水準に大きな格差が生じてきており、特に本県町村の場合、主たる交通手段は自動車であり、道路への依存度は非常に高い状況にありながら、道路改良率及び舗装率ともに全国平均を大きく下回り、道路整備水準は依然として低い状況である。

 地方は豊かな自然を守り、食料を供給し、優秀な人材を送ることで大都市部の繁栄を支えてきた。大都市部に重点配分されてきた道路投資がようやく回ってきたこの時期に、採算性や効率性のみをもって地方の道路が不要であるかのような意見に対して強い怒りを感じざるを得ない。

 このような中、道路特定財源制度の見直しを行い、この財源を一般財源化する旨の意見が出ているが、これは地方にとって最も重要な社会資本である道路整備を遅延させるものであり、地理的、地形的にも不利な条件にある過疎地域が県内町村の半数以上を占める本県においては、産業振興発展等に大きな障害となるものである。

 ついては、地域の実情に十分配慮し、地方の道路整備を円滑に進めるため、道路特定財源については受益者負担の原則にのっとり、一般財源化など他に転用することなく、すべて国民の期待する道路整備に充てる制度を堅持されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 以上であります。



○議長(浜田作男君)  質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。

 討論を行います。反対討論の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  討論なしと認めます。討論を終わります。

 採決を行います。本案を可決することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(浜田作男君)  挙手全員であります。したがって、意見書第1号道路特定財源制度に関する意見書については採択されました。

────────────・────・────────────



△日程第12.各委員会の閉会中の継続審査及び調査の申出について



○議長(浜田作男君)  日程第12、各委員会の閉会中の継続審査及び調査についてを議題とします。

 議会運営委員会、常任委員会及び特別委員会の各委員長から委員会において審査及び調査中の事件については、会議規則第75条の規定によってお手元に配付した申し出書のとおり、閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(浜田作男君)  異議なしと認めます。したがって、それぞれの委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査及び調査とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



○議長(浜田作男君)  以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日の会議を閉じ、平成17年第2回定例会を閉会します。

午前10時28分閉会

──────────────────────────────

 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




      平成17年 6月15日

                 議  長 浜田 作男

                 署名議員 米良 昭平

                 署名議員 浜口  惇