議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 門川町

平成 16年 第1回定例会(3月) 03月16日−04号




平成 16年 第1回定例会(3月) − 03月16日−04号









平成 16年 第1回定例会(3月)


──────────────────────────────────────
平成16年 第1回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第4日)
                        平成16年3月16日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第4号)
                    平成16年3月16日 午前9時58分開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議案第2号 門川町の非常勤の特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第3 議案第3号 門川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第4 議案第4号 門川町教育長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第5 議案第5号 門川町手数料徴収条例の一部を改正する条例について
 日程第6 議案第6号 門川町立児童館設置条例の一部を改正する条例について
 日程第7 議案第7号 門川町町道路線の認定及び廃止について
            ※ 一括上程、質疑、討論、採決
 日程第8 議案第8号 平成15年度門川町一般会計補正予算(第4号)について
 日程第9 議案第9号 平成15年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
 日程第10 議案第10号 平成15年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について
 日程第11 議案第11号 平成15年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
 日程第12 議案第12号 平成15年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について
 日程第13 議案第13号 平成15年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、質疑、討論、採決
 日程第14 議案第14号 平成16年度門川町一般会計予算について
 日程第15 議案第15号 平成16年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について
 日程第16 議案第16号 平成16年度門川町老人保健特別会計予算について
 日程第17 議案第17号 平成16年度門川町介護保険事業特別会計予算について
 日程第18 議案第18号 平成16年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について
 日程第19 議案第19号 平成16年度門川町簡易水道事業特別会計予算について
 日程第20 議案第20号 平成16年度門川町水道事業会計予算について
            ※ 一括上程、質疑、所管の常任委員会に付託
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議案第2号 門川町の非常勤の特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第3 議案第3号 門川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第4 議案第4号 門川町教育長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 日程第5 議案第5号 門川町手数料徴収条例の一部を改正する条例について
 日程第6 議案第6号 門川町立児童館設置条例の一部を改正する条例について
 日程第7 議案第7号 門川町町道路線の認定及び廃止について
            ※ 一括上程、質疑、討論、採決
 日程第8 議案第8号 平成15年度門川町一般会計補正予算(第4号)について
 日程第9 議案第9号 平成15年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
 日程第10 議案第10号 平成15年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について
 日程第11 議案第11号 平成15年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
 日程第12 議案第12号 平成15年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について
 日程第13 議案第13号 平成15年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について
            ※ 一括上程、質疑、討論、採決
 日程第14 議案第14号 平成16年度門川町一般会計予算について
 日程第15 議案第15号 平成16年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について
 日程第16 議案第16号 平成16年度門川町老人保健特別会計予算について
 日程第17 議案第17号 平成16年度門川町介護保険事業特別会計予算について
 日程第18 議案第18号 平成16年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について
 日程第19 議案第19号 平成16年度門川町簡易水道事業特別会計予算について
 日程第20 議案第20号 平成16年度門川町水道事業会計予算について
            ※ 一括上程、質疑、所管の常任委員会に付託
──────────────────────────────
出席議員(16名)
1番 平田 真文君       2番 黒木  裕君
3番 小林 芳彦君       4番 内山田善信君
5番 安田  修君       6番 黒木 義秋君
7番 朝倉 利文君       8番 猪倉 照央君
9番 寺原 速美君       10番 長友幸太郎君
11番 浜田 作男君       12番 黒田 利治君
13番 安田  新君       14番 浜口  惇君
15番 安田 茂明君       16番 米良 昭平君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 長谷川義明君     書記 安田 周平君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
町長          米良 成志君  助役          黒田 和弘君
収入役         金丸 一弘君  教育長         樋口  駿君
総務財政課長      甲斐 勝美君  企画商工水産課長    吉田 博之君
社会教育課長      金丸 隆康君  教育次長        山下  勲君
福祉課長        松岡敬一郎君  税務課長        金丸  收君
都市建設課長      小野 幹男君  健康管理課長      原田 敬蔵君
水道課長        神戸 雅徳君  農林課長        曽川  傳君
生活環境課長      中城 広美君  農業委員会局長     小林 正春君
会計課長        中田 幸人君  代表監査委員      小林 作市君


──────────────────────────────

午前9時58分開議



○議長(米良昭平君)  ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(米良昭平君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、12番、黒田利治君、13番、安田新君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第2号



△日程第3.議案第3号



△日程第4.議案第4号



△日程第5.議案第5号



△日程第6.議案第6号



△日程第7.議案第7号



○議長(米良昭平君)  日程第2、議案第2号門川町の非常勤の特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第3、議案第3号門川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、日程第4、議案第4号門川町教育長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、日程第5、議案第5号門川町手数料徴収条例の一部を改正する条例について、日程第6、議案第6号門川町立児童館設置条例の一部を改正する条例について、日程第7、議案第7号門川町町道路線の認定及び廃止について、以上を一括議題とします。

 以上の議案について、これから一括して質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  質疑なしと認めます。議案第2号から議案第7号については、会議規則第39条第2項の規定により委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  異議なしと認めます。したがって、議案第2号から議案第7号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから、逐次討論、採決を行います。

 討論を行います。議案第2号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第2号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第2号門川町の非常勤の特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例は、原案のとおり可決されました。

 議案第3号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第3号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第3号門川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例は原案のとおり可決されました。

 議案第4号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第4号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第4号門川町教育長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例は原案のとおり可決されました。

 議案第5号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第5号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第5号門川町手数料徴収条例の一部を改正する条例は原案のとおり可決されました。

 議案第6号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第6号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員賛成であります。したがって、議案第6号門川町立児童館設置条例の一部を改正する条例は原案のとおり可決されました。

 議案第7号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第7号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第7号門川町町道路線の認定及び廃止については原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第8号



△日程第9.議案第9号



△日程第10.議案第10号



△日程第11.議案第11号



△日程第12.議案第12号



△日程第13.議案第13号



○議長(米良昭平君)  日程第8、議案第8号平成15年度門川町一般会計補正予算(第4号)について、日程第9、議案第9号平成15年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、日程第10、議案第10号平成15年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、日程第11、議案第11号平成15年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、日程第12、議案第12号平成15年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、日程第13、議案第13号平成15年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)について、以上を一括議題とします。

 以上の議案については、これから一括して質疑を行います。質疑ありませんか。浜口惇君。



◆議員(浜口惇君) 1つだけ聞いておきたいと思いますが、国保会計と老人保健の会計についてですけれども、老人会計の方で1億円多くなっているわけですわね。これと国保会計の中ではほとんど補てんがなされてませんし、高額医療等もふえてないし、減額の方向ですから、この理由がですねどういうことなのか一体、わかっておれば説明を願いたいというふうに思います。



○議長(米良昭平君)  健康管理課長。



◎健康管理課長(原田敬蔵君) 老人保健会計の1億円の補正について御説明をいたしたいと思います。

 今回の主な補正は15年度の医療費の給付費、1割の医療費自己負担分なんですが、この1割の自己負担が発生したことや制度改正等と、それと受給者の減少を踏まえまして当初予算で16億2,000万円ほど見込んでおりましたが、現在予想を大きく上回る医療費の給付状況になっておりまして、今回1億2,600万円の医療給付費の増額補正を行うものです。

 原因は、ちょっと高額医療費が伸んでるということが言えてます。それと、制度改正によりまして高額療養費の支給を4,000万円程度見込んでおりましたが、この高額の給付費については減額補正を行う予定にしております。

 それから、歳入の補正につきましてですが、これは医療費の伸びに伴いまして、その額を、額の負担割合に応じまして増額補正を行うものであります。

 医療費が伸んだ原因等につきましてはまだ把握しておりませんけども、1億2,600万円、ほんと医療費が大きく伸んでおりますが、これは昨年の医療費より7,500万円程度伸びる状況にありまして増額補正を行うものです。で、回答になるかならないかもしれませんから、以上で終わります。(テープ中断)



◆議員(浜口惇君) (テープ中断)なかなかわかってないというのが実態なんですけれども、今いろいろ言うことに1割負担になったから、実際なら1割負担ちゅうことになると高額者が余計負担せなならんわけですわね。そういう中で1割負担になったからふえたということもおかしいわけですが、1割負担になろうが少額の場合は低くなりますわね。そういうことで医療回数がふえたのかなあというふうにも思いますけれども、なかなかこうつかみにくいというのが実態だと思うんですね。

 で、さっき老人の高額医療の方がふえたというのはこっちちょっと言ってましたけれども、実態としてはここの中で高額療養費にして給付は減らしているわけですわね。そういうことで高額医療がふえたということではないんでしょうね。まずどういうことなのかちょっと、その点がわかりにくいわけですが、今のところわかってない、つかんでないというのが実態だということなんで、わかっていないならばいいと思うんですが、さっき、今聞いたようなことについてわかっておれば一応回答をお願いしておきます。



○議長(米良昭平君)  健康管理課長。



◎健康管理課長(原田敬蔵君) 原因はわかってないんですけども、当初予算で1割の負担が発生したということで、当初予算の見積もりを少なく見てたというのが原因だろうと思ってます。

 それから、余談になりますが、国保会計の高額医療費についてはかなり伸んできております。国保の関係につきましては月額、昨年に比較しますと毎月1,000万円程度の医療費が伸んでる状況にあります。

 以上です。(テープ中断)



◆議員(浜口惇君) (テープ中断)かりますけども、ただ、そういう中で、とにかく来年度のいわゆる保険料の算定方向としてですね、繰り越しを減らしながら、小銭については上げないというような方向をとっておることについてはそれなりに評価して、私の質疑を終わりたいと思います。



○議長(米良昭平君)  ほかにありませんか。長友幸太郎君。



◆議員(長友幸太郎君) 小さいことでありますけれども、15ページの使用料及び手数料の町営墓地宮ケ原霊園使用料55万9,000円が計上されておりますけれども、私の感覚ではもう全部完売──完売ちゅうと悪いですけれども、全その区画消化済みといいますか、そのことと思っておったところでありましたが、今回またこういうように使用料が上がってきたと。あと何区画残っておるのかですね。そこ辺も含めて説明いただきたいと思います。



○議長(米良昭平君)  生活環境課長。



◎生活環境課長(中城広美君) 町営墓地につきましては御案内のとおり西又霊園、それから宮ケ原霊園2つございます。で、これは今回その補正の中でいわゆる使用料が計上されてるわけでありますが、これは一たんですね墓地がもう要らないということで一回返還をいただきます。これは条例に基づいて返還をいただきまして、そして、その返還されたものを再度、今度は新たな人に使用権を与えるというふうなことでですね、返還されたものであります。

 で、宮ケ原霊園につきましては造成を終わりまして、全体もう完売を一たんいたしておったんですが、また返還をされた人がおられるというふうなことで2基分計上をさしていただいております。そういうふうな理由で、返還されたものをまた使用権を与えるというふうなことで計上さしていただきました。

 以上です。



○議長(米良昭平君)  ほかにありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  質疑なしと認めます。

 議案第8号から議案第13号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  異議なしと認めます。したがって、議案第8号から議案第13号については委員会に付託することを省略することに決定しました。

 これから逐次討論を行います。議案第8号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第8号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第8号平成15年度門川町一般会計補正予算(第4号)は原案のとおり可決しました。

 議案第9号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第9号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第9号平成15年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)は原案のとおり可決しました。

 議案第10号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第10号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第10号平成15年度門川町老人保健特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決しました。

 議案第11号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第11号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第11号平成15年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)は原案のとおり可決しました。

 議案第12号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第12号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第12号平成15年度門川町草川土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決しました。

 議案第13号について討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  討論なしと認めます。

 採決を行います。議案第13号を原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。

〔賛成者挙手〕



○議長(米良昭平君)  全員挙手であります。したがって、議案第13号平成15年度門川町水道事業会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第14.議案第14号



△日程第15.議案第15号



△日程第16.議案第16号



△日程第17.議案第17号



△日程第18.議案第18号



△日程第19.議案第19号



△日程第20.議案第20号



○議長(米良昭平君)  日程第14、議案第14号平成16年度門川町一般会計補正予算について──失礼しました。16年度門川町一般会計予算について、日程第15、議案第15号平成16年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について、日程第16、議案第16号平成16年度門川町老人保健特別会計予算について、日程第17、議案第17号平成16年度門川町介護保険事業特別会計予算について、日程第18、議案第18号平成16年度門川町草川土地区画整理事業特別会計予算について、日程第19、議案第19号平成16年度門川町簡易水道事業特別会計予算について、日程第20、議案第20号平成16年度門川町水道事業会計予算について、以上を一括議題とします。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。小林芳彦君。



◆議員(小林芳彦君) 16年度の一般会計、特別会計の予算書の中から3点ほど質問したいと思います。

 まず、20ページの地方交付税の特別交付税が1億5,000万円とありますが、去年は1億円だったのに、なぜことしは5,000万円上がって1億5,000万円なのかということをお伺いしたいということと、49ページの補助金1億6,000万円、これの財源の内訳を教えてもらいたいと思うんですけど。

 続きまして、3点目です。3点目は52ページの委託料なんですけど、この財源が厳しい中、去年と比べて700万円弱ですかね上がってるみたいなんですけど、これはどういうことかということ、以上、3点をお伺いします。



○議長(米良昭平君)  総務財政課長。



◎総務財政課長(甲斐勝美君) 地方交付税が昨年度よりも多いけどっていうことですけれども、来年地方交付税については大体12億円程度、二、三億円程度見込んでおるんですけれども、トータル的には27億円程度見込んでおるんですけれども、ことしの場合は交付税──臨時財政対策債等がかなり減らされておりましたので、一応見込まれる数字、全額ではありませんけれども可能な限りの数字を一応上げてみたというところであります。



○議長(米良昭平君)  企画商工水産課長。



◎企画商工水産課長(吉田博之君) 1億6,000万円の補助金でございますが、これにつきましては15年度の補正の中で御承認をいただきましたが、前回赤木地区の方から何市何町ということで、その解消するためのその事業ということで補正をさしていただいた経緯がございます。その中で今後地域の格差といいますか、情報の格差を是正するためにですね、やはりいろいろな御意見を地域からいただいとるわけでございます。その中でも今回、今審議をしていただきますが、ケーブルテレビの中て1基、2基の工事が現在も済んでおります。そして、そのエリア外につきましてそれぞれの地区の皆さんから、あるいは区長さんたちから、やはり我々の地区もこのケーブルテレビ的な情報はできないかと、こういうような御意見をたくさんいただきまして、再三、三役初めそれぞれまた地域の皆さん、事業所とも協議を重ねながら、今回その未整備地区、要するに西門川地区、それから牧山地区、それから谷ノ山地区、これを今後16年度の予算でその情報をすべての町内に行き渡るような整備をしていこうと、まあこういうことでただいまお願いをいたしてるところでございます。

 この事業費につきましては大体約2億円かかります。その中で国庫補助金が5,000万円、それから県補助金が2,500万円、町が8,500万円、そして事業所負担ということで4,000万円ということで合わせて2億円の──20億円の──2億円の事業費ということで今お願いをすることにいたしております。

 今回その16年度の予算の中で、この1億6,000万円がそれぞれの歳入を受けながら、そしてそれを町の持ち出しを含めまして1億6,000万円を補助するとこういうようなことになっております。

 それから、心の杜でございますが、御案内のとおり非常にこの杜の入館者も激減いたしてまいりまして、大変歳入、そういうものにつきましても運営に支障が来すんじゃあないかということで、日夜現場も、それから町の方もいろいろと見直しを含めながら検討さしていただいております。

 今回心の杜の保全会の方の委託料ということでございますが、若干ふえてまいっております。これやはり人件費と、まあこれ主にもう人件費でございます。あちらで雇用いたしております皆さんの人件費ということと、それからやはり保全会も法人組織といいますか、税務署等からの御指導もありまして、やはり法人という見方がされるわけですね。それに対する法課税等もかかってくるわけでございます。そういうもの含めまして若干委託料が増額、昨年に比べて増額になっておるとこういう経緯でございます。今後、賄い材料とかいろんな内容につきましても、再度また見直しながら、最小の経費でそしていい物を新鮮な物を提供しながら、心の杜の入館の促進といいますか、それを図ってまいりたいとこのように考えております。

 以上です。(「特別交付税は確定なんですかね、これは」と呼ぶ者あり)



◎総務財政課長(甲斐勝美君) 特別交付税はこれは確定じゃあございません。

 それから、先ほど交付税の件ですが、ことしは一応見積もりを17億円程度見込んでおりまして、昨年度の当初予算では18億9,000万円一応組んでおりました。で、ことしの場合は17億円の見積もりで15億7,200万円を予算化をしているというところであります。



○議長(米良昭平君)  いいですか。はい。ほかにありませんか。浜口惇君。



◆議員(浜口惇君) 歳入財源の問題で交付税の減額が2億7,300万円ですかね、こう当初予算の中でこういうふうになっております。

 で、特別の財政特別債等を考えますと、全部でこれは12%程度の減額になってきておるわけですよね。大変な状況でありますし、国としては三位一体の改革だとか言って言いながら、町に対するいわゆる譲与税について見ますと、ことしはやっぱ昨年と同じほどなんですけれども、7,500万円程度。ちょっと3億円ぐらい減らされて7,000万円程度ぐらいしかくれないっちゅう、これはどういうことになっていくのか。

 今後の地方の財政そのものが極端にこれはどうにかなっていかざるを得ないような状況なんですが、これはいわゆる憲法上のおける地方自治との関連から、地方自治に対する保障の問題から考えますと、国のやってることっていうのはどういうふうになっていくのか。こういうことに対して町長はなんかどのように国の施策を評価しているのか。私から見ると全くうそっぱちをやってですね、ただ減らすだけ減らしながら地方の財政を削っていってるっちゅうのが現在の実態ではないか。この基本としていつも私は言うように、経済の失敗、財政支出の失敗等をそのまま地方自治に、国民に負担をかけてくるというこのあり方についてですね、もう少なくとも町村長会やらですね議長会は多いにこの財政問題については厳しく追求をしておりますけれども、そういう方向で町長もおられるのであろうと思うんですけれども、そういうことについての一応町長の認識だけはこの際伺っておきたいというふうに思います。



○議長(米良昭平君)  町長。



◎町長(米良成志君) 御指摘のように、とにかくことしの16年度の予算につきましても、御承知のように3億円カットされて、そして所得譲与税が3,200万円程度予定はされておりますけれども、これはまだ確定ではありませんので予算計上いたしておりません。

 そういうことで、三位一体の改革がその税財源譲与につきましては、全体的な像が全然見えてないのが現実でありますし、大変予算の編成につきましても苦労したところでありますし、もう17年度以降につきましては全然まだ示唆がされておりません。そういう状況の中で町の予算の執行をしていくのは大変厳しい状況でありますので、大型の予算につきましてはいろんな形で繰り延べ等をさしていただいて、計画を変更をせざるを得ないような状況があると思います。大変厳しいことはもう十分承知しておりますので、町村会あたりとも連携をとりながら国には要望していきたいと思っていますし、5月の25日に6団体の総決起大会が東京で開催をされるように今計画がなされております。で十分、市町村長会、そして全国の町村長あたりもこの危機感については十分把握をしておりますし、そういうことでいろんな運動が起こりつつあるのは現実であります。すべての面でもう歳出の削減を努力をしながら、それに見合うなかなか収入がございませんので、その辺の厳しさはもう十分感じておるところでありますので、いろいろな施策を皆さんと協議をしながら続けていかなければならないと思っております。国には十分その分はいろんな形でお伝えをして要望をしていきたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(米良昭平君)  いいですか──企画商工水産課長。



◎企画商工水産課長(吉田博之君) 3番議員の御質問の中で、心の杜の委託料の内容がちょっと私自身も詳細にまで御説明が不足しておりましたが、8,424万円ということでございますが、この内訳はですね当然心の杜の管理、業務委託ということで、大方これが人件費になるわけでございますが、そのほかにエレベーター等の保守点検とか、それから自動制御のろ過等の保険、点検ですか、それの整備、あるいは消防設備等の点検、それから、ポンプとかタンク等がございますが、これのまた保守点検。それから、自動開閉装置等の保守点検並びに合併浄化槽等の維持管理、それから電気保安管理、それから、心の杜の上の方にあります多目的広場の管理とか、まあこういうものが含められまして8,424万円になるわけでございまして、心の杜の業務の委託については7,478万円ということでですね、それで、そのほかが今ただいま申し上げました、それぞれの設備の保守点検等の委託ということも含んでございますので、補足をして説明を終わります。



○議長(米良昭平君)  ほかにありませんか。黒木裕君。



◆議員(黒木裕君) 先日の一般質問で地方交付税が削減されるということで、この入湯税と教育施設の使用料、これの増加をお願いしたんですけども、これの見積書を見ますと入湯税は前年並み、教育使用料はわずか62万円の増で見てるだけなんですけども、PR方々これを上げるということも考えなければいけないと思うんですけども、そこのとこは何かこう対策は講じられているんでしょうか、聞かしてください。



○議長(米良昭平君)  町長。



◎町長(米良成志君) 考え方だけ御説明を申し上げまして、入湯税は当然入館者がいないと伸んでこないわけでありまして、なかなかそれを引き上げるということもできませんし、できるだけいろんな形でPRをしながら入館者増を目指したいと思いますし、また、サービス面の徹底をしまして入館者の増を目指していきたいと思います。

 それから、いろんな施設の使用料につきましては、どうしても町がやっていけないというような状況が出てきますだけは、なるべく住民サービスは上げていかないように努めてまいりたいと考えておりますので御理解を賜りたいと存じます。



○議長(米良昭平君)  いいんですかね、黒木さん。もう一つ、1個。いいですか。──浜田作男君。



◆議員(浜田作男君) 一般会計予算の中で、特に衛生費の中に関連することなんですが、公共下水道に関することなんですが、現在この合併の是非論の中で、論議の中で、公共下水道に対しての問題も取りざたされておるようでございますが、現在ことしの予算を見てみましても合併浄化槽に対しての予算は計上されておるようですが、公共下水道に対してのそういう関連する予算は見受けられないわけであります。

 したがって、今後どのような形で進めていくべきなのかという問題として、例えば国の金ができたら即やれるような状態まで詰めるような方向でいくのか。

 例えば基本計画なのは一応町としてもいろいろ案が出されてるようなんだけども、実際に公共下水道を運営、でき上がって運営しますと管理費を含めてそういう運転に伴う経費がかかるわけですね。それは、当然利用者に対しての負担という形で、実際に居住者というか住民にかかってくると。つまり水道と同じような企業会計によってやられて、運営されていくわけでありまして、どうしてもこういう環境問題に関することは総論の中では理解は得られても、各論の中に来たときにどうしても理解が得られにくいという問題があって、一朝一夕に金があるからとか、国からの予算が出るからとか出らないからということでなかなか決定づけられる問題ではないということからしますと、やはりある程度方向づけを、一定の方向づけというのを町としても考えるべきじゃあないだろうかという気がいたすわけであります。

 例えば例を上げますと、当初浄化槽というのが各家庭に普及をいたしまして、その後合併浄化槽に変わってくると。したがって、浄化槽から合併浄化槽に変わった時点で、浄化槽の本来の費用から合併浄化槽に変わるための、合併浄化槽に変わるための増加分を負担しましょうという形で補助をしておるわけでございます。そういう面で今回も補助がなされておるわけですが、もし公共下水道を導入するという計画になってきますと、当然じゃあ今までの合併浄化槽、それから普通の浄化槽、この方たちがどういう方向で進ん  まあそのままの形で進むのか、それともその時点で公共下水道に変わってくるのかということになりますと、当然個人は個人で判断をするということになってきた場合に、なかなかその辺の指針がないとですね、やっぱり今度のこれからのところの、例えば新築にあわせて合併浄化槽をしたとしても、また同じような形で公共下水道に切りかえたときに自己負担が伴うというようなこととの関連も出てくるわけですね。そういうことを含めて、この公共下水道に関して、やはり私はまだまだ住民の理解が得る、得るための必要があるというような気がいたすわけでありまして、そのような下準備の計画の中に今年度、要するにこの新年度は計画があるのかないのか、その辺の見通しについてわかる範囲内でお聞かせをいただきたいと思います。



○議長(米良昭平君)  町長。



◎町長(米良成志君) 公共下水道につきましては、もう本年度予算は上げておりませんけれども、公共下水道につきましては門川町の場合には見直しをいたしまして、大体総額で170億円から180億円をかけて20年間だったかと思いますが、計画を出てきておるところであります。

 で、ことしもうその準備を進めながら年次的な計画を十分検討いたしまして、そして住民説明会を行っていきたいと思ってます。議員おっしゃるように設備を始めまして供用開始しますと、住民の理解をいただいて加入をしていただいて使用料を納めてもらわないことには当然事業会計が回っていかないわけでございまして、それに至るまでの説明を十分行って熟度を高めていかなければならないと思ってますので、その年度にしたいと思ってます。

 それから、合併浄化槽につきましては、当然新築をしますともうそういう形で入っていくと思いますので、もう公共下水道を開設する場合には、公共下水道につなぐことを条件に補助を出しておるような状況でありますので、当然それは加入していただくことで補助を流していきたいと思いますし、それから、公共下水道につきましてはどうしても町の中心部だけになろうかと思いますので、農村部、それから山間部につきましては合併浄化槽をなるべく推進をしていきたいと考えております。

 足らざる点は、担当課長、ありましたら答えをいただきたいと思います。



○議長(米良昭平君)  いいですか。いいですか。



◆議員(浜田作男君) 了解しました。



○議長(米良昭平君)  ほかに質疑ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  質疑を終わります。

 ただいま議題となっています議案第14号から議案第20号までについては、それぞれ所管の常任委員会に付託したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(米良昭平君)  異議なしと認めます。したがって、議案第14号から議案第20号までについては、それぞれ所管の常任委員会に付託することに決定しました。

────────────・────・────────────



○議長(米良昭平君)  以上で、本日の日程は全部終了しました。本日はこれで散会します。

午前10時44分散会

──────────────────────────────



 







  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




      平成16年 3月16日

                 議  長 米良 昭平

                 署名議員 黒田 利治

                 署名議員 安田  新