議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

目次 09月25日−04号




平成 24年第3回定例会( 9月) − 09月25日−04号









平成 24年第3回定例会( 9月)


平成24年第3回(9月)綾町議会(定例会)会議録
平成24年9月25日再開    
   平成24年第3回綾町議会(定例会)が平成24年9月25日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │相   星   義   廣  │6    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   高   幸   一  │7    │日   ?   憲   治  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │福   田   正   照  │8    │橋   本   由   里  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │入   船   康   紀  │10   │押   川       勝  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    事 務 局
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │松   本   淳   資  │書 記  │丸   田   信   也  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    説 明 員
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │向 井  好 美  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │黒 木  政 則  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │松 田  典 久  │建設課長     │宮 原  義 久  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │蓮 子  浩 一  │町民生活課長   │橋 口    正  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│社会教育課長   │谷 口  俊 彦  │農林振興課長   │中 薗  兼 次  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│教育総務課長   │吉 川  直 毅  │監査委員     │中 村  桂太郎  │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘




平成24年第3回(9月)綾町議会(定例会)議事日程

平成24年9月25日再開   

     開    議

   日程第1議案第31号綾町税条例の一部を改正する条例

   日程第2議案第32号綾町高額療養費資金貸付基金条例を廃止する条例

   日程第3議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

   日程第4議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)

   日程第5議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   日程第6議案第36号平成24年度綾町介護保険特別会計補正予算(第2号)

   日程第7議案第37号平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

   日程第8認定第1号平成23年度綾町一般会計決算

   日程第9認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算

   日程第10認定第3号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算

   日程第11認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算

   日程第12認定第5号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計決算

   日程第13認定第6号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算

   日程第14認定第7号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計決算

   日程第15認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算

   日程第16発議第1号綾町議会会議規則の一部を改正する規則

   日程第17平成24年請願第2号所得税法56条の廃止を求める請願書

   日程第18平成24年請願第3号国に「治安維持法犠牲者への国家賠償法(仮称)制定」を求める請願

   日程第19平成24年陳情第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書の採択について

   日程第20議員派遣の件について

   日程第21各常任委員会の閉会中の審査及び調査について

   日程第22議会運営委員会の閉会中の審査について

   追加日程第1 平成24年意見書第5号 地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書



会議に付した事件・議事日程と同じである。

──────────────────────────────

(再開午前9時58分)



◎事務局長(松本淳資君) 御起立ください。一同、礼。着席ください。



○議長(大隈寛君) おはようございます。

 本日の議事日程は、委員長報告、討論、採決となっております。

 なお、議事進行については、格段の御協力をお願いいたします。

 ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第31号



○議長(大隈寛君) 日程第1、議案第31号綾町税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 まず、総務委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) おはようございます。

 議案番号第31号、付託案件名綾町税条例の一部を改正する条例であります。

 審査の経過及び結果は、9月12日から20日、説明者は、総務税政課向井課長であります。

 内容としまして、平成25年から市町村に提出される公的年金等支払報告書に、寡婦あるいは寡夫の記載が追加されることで、申告手続不要となるため、条文から削除するものであります。

 質疑としまして、寡婦とは、また特別寡婦とは何か。寡婦とは、配偶者と死別または離婚してから結婚をしていない人、または所得税38万円以下の親族がいる人。また、特別寡婦とは何か。夫と死別または離婚した後、結婚をしていない人、扶養親族である子供がいる人、?、その方自身の合計所得金額が500万円以下であること。綾町に7人おられるということであります、この特別寡婦という方が。それから、綾町に対象者は何人いるのか。女性が209人、男性が8人ということであります。

 主な意見としまして、納税者にとって申告手続が省けて非常にありがたい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 以上です。



○議長(大隈寛君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第31号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(畠中征郎君) 議長。畠中。



○議長(大隈寛君) 畠中議員。



◎議員(畠中征郎君) おはようございます。

 議案第31号綾町税条例の一部を改正する条例につきまして、討論を行いたいと思います。

 この議案は、地方税法の改正によるものでありまして、第36条の2の中の寡婦控除の文言を削除するものでございます。特別に、住民、町民が不利益をこうむることではありません。むしろ、町民が、217人の人が、町民税の申告が不要となるということでありまして、本議案に賛成でございます。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第31号に対する委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第31号綾町税条例の一部を改正する条例は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第32号



△日程第3.議案第33号



○議長(大隈寛君) 日程第2、議案第32号綾町高額療養費資金貸付基金条例を廃止する条例から日程第3、議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてまでを一括議題といたします。

 なお、委員長報告の後に、各議案ごとに質疑、討論、採決を行います。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第32号綾町高額療養費資金貸付基金条例を廃止する条例。

 期日が、9月12日から20日であります。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、平成24年4月1日から、入院だけでなく外来診療でも限度額適用認定証を提示すれば、自己負担限度額を超える部分を窓口で支払う必要がなくなり、貸付手続自体が不要となったため、条例を廃止するものであります。

 主な質疑であります。この制度は余り周知されていないと思うが。今は医療機関が知らせてくれている。限度額は、被保険者、皆同じか。個人ごとに限度額は違うため、役場窓口で証明が必要である。それと、月がまたがると限度額に該当しないこともある。月内であれば、個人合算、世帯員合算で超えても該当をする。

 主な意見、以前から、窓口支払いの軽減を求めてきたので、賛成。情報が町民に十分周知されるよう望む。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次に、議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について。

 審査の経過及び結果、期日が9月12日から20日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、住民基本台帳法の一部改正に伴い、平成24年7月9日付で外国人登録法が廃止され外国人登録原票そのものがなくなったことから、規約の中の「外国人登録原票」の記載を削除するため、規約の変更を協議するものであります。

 主な質疑、文言の削除のみで制度の変更はないのか。6月議会に住基法改正の修正が出されたものと同じである。

 主な意見としまして、本来6月に出されるべき協議であり、広域連合との連携がとれていない例だと考える。国際的な観点に立った改正であると考えられる。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 以上です。



○議長(大隈寛君) 最初に、日程第2、議案第32号綾町高額療養費資金貸付基金条例を廃止する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第32号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(押川勝君) 議長。押川。



○議長(大隈寛君) 押川議員。



◎議員(押川勝君) おはようございます。最終日でございますので、慎重なる御審議をよろしくお願いしたいと思います。

 それでは、議案第32号綾町高額医療費資金貸付基金条例を廃止する条例につき、賛成の立場で討論を行います。

 本議案は、平成3年4月1日付で施行されました表題の条例を廃止するものであります。近年、医療技術の進歩や医療費の高額化等に伴い、従来、入院手術を余儀なくされておりました手術などが、日帰り手術、つまり外来診療でできるようになってまいりました。

 平成24年4月1日から入院だけでなく外来診療についても限度額適用認定証を窓口に提示すれば、自己負担限度額を超える分については、窓口で支払われなくてもよくなりました。つまり、貸し付け手続自体が不要となったためであります。よって、本条例廃止後は、高額療養費については、外来も入院も限度額適用認定証を提示すればよいことになります。所得と年齢によって限度額は異なりますが、対象者、つまり被保険者にとっては大変ありがたいことであると認識し、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第32号に対する委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第32号綾町高額療養費資金貸付基金条例を廃止する条例は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第3、議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてに対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第33号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(大隈寛君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) それでは、議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合会の規約の変更に関する協議について、賛成の立場で討論いたします。

 今回の規約の変更につきましては、住民基本台帳法の一部改正に伴い、外国人登録法が廃止され、それにより外国人登録原票がなくなったため、宮崎県後期高齢者医療広域連合に対する構成市町村が負担する共通経費の高齢者人口割及び人口割に係る規定に改めるものであります。規約の中の別表第2の備考の1及び2の「及び外国人登録原票」を削除するもので、後期高齢者の人口等には何ら問題なく賛成するものであります。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第33号に対する委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第33号宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議については委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第34号



○議長(大隈寛君) 日程第4、議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 初めに、文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)。

 審査の経過及び結果、期日が9月12日から20日であります。説明者、谷口社会教育課長、吉川教育総務課長、松田福祉保健課長。

 主な内容、まずは教育の部分でありますが、公民館費、コミュニティー事業残金4万8,000円。手押し芝刈り機3台、テント4張、プロジェクター1式を購入した残であります。体育レクリエーション費、てるはドーム雨漏り補修24万8,000円、バスケットコートライン変更4面分で96万6,000円。

 主な質疑、今回購入した備品は、各自治公民館に貸し出すのか。公民館事業の利用のみ貸し出す。芝刈り機の料金は。1回800円、燃料は満タンで返すということであります。館長会からの要望か。育苗センターでの対応が難しくなってきたためである。てるはドームの雨漏りは早すぎるが、築何年か。保証期間はないのか。平成16年、シューリングは消耗品のため、保証はないということであります。

 福祉、歳入の部分、歳出の部分列記しております。数字の部分とあわせてごらんをいただきたいと思います。

 主な意見、てるはドームのコートライン変更はルール変更で仕方がないが、それにしても高いと思う。舗装工事や木の伐採等で多額の費用が発生する。今後、町の施設に木を植えるときには、樹木と舗装の関係を十分検討してほしい。所管の部分には賛成。今回6月議会に出されるべきものが今回に出されるなど、ミスが多い。今回、90歳以上のデイサービスの食事無料は評価をする。歩行用プールや高年者センターの修理が計画されているが、あの一帯の公共施設は耐震的にどうなのか心配である。芝刈り機の1回800円は高い。燃料代を含むと1,000円以上になる。果たして利用があるのか心配である。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(大隈寛君) 続きまして、総務委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 議案番号第34号平成24年度綾町一般会計補正予算。

 審査の経過は、9月12日から20日までであります。説明者は、総務税政課向井課長初め6人の方々にお聞きしました。

 内容は、今回、1億7,411万6,000円を追加し、総額44億9,821万1,000円とする。補正予算書及び所管からの資料などで審査を行う。

 質疑としまして、まず総務税政課、企画財政課であります。町税、固定資産税が歳入としてふえているが、それはなぜか。九電の送電施設による課税標準額の特例が3分の2に変わったため。そして、雲海酒造の償却資産の申告増によるもの、1,270万円ということで。地域力磨き上げ応援事業として、競技艇備品購入と聞いているが、メリットはあるのか。綾町広沢地区周辺の地域での活性化につなげ、利用促進にさらに進めたい。立木売り払い収入として割付町有林立木売り払い収入は何に使うのか。中学校の改築に使う予定で、10ヘクタール分の立木である。600万円。

 産業観光課としまして、航空機活用PR事業、どのようなPRをするのか。機体外部にユネスコエコパーク綾町の文字を張りつけ、ラッピングをする費用として130万円、機内PRパンフレット印刷150万円、合わせて280万円の補正であります。給料、職員手当等を減じているが。一般職退職によるもの。△152万6,000円。

 建設課であります。災害復旧費、何カ所発生しているのか、工事費は幾らか。まず、農業施設災害復旧費としまして、古屋地区、釜牟田地区、崎ノ田地区で150万円。農地災害復旧費として、古屋地区の30万円。林業施設災害復旧費として、尾堂林道95万円、計の5カ所の1,130万円であります。土木施設災害復旧費として、尾原田ノ平線、野首原割付線、小田爪久木野々線、3カ所の計の450万円であります。小水力等地域資源利活用促進事業、北俣岩下地区に装置計画されていますが、発電の目的は何か。売電収入が年間32万8,368円で、今後どのように活用したらいいのか、これから検討したいが、岩下公園トイレ電力、街灯などにも活用したい。1,010万円であります。

 町民生活課、職員給与の補正は何か。職員の住居手当で家を購入されたということであります。1万4,000円。

 農林振興課、新規就農総合支援事業として、給付対象者は何人いるのか。まず、150万円が11人、75万円が2人、計の13人。所得が250万円以下の人が対象である。1,800万円の補正であります。甘藷育苗ハウス整備事業、今現在、甘藷部会は何人いるのか。11人であるが、将来的には農家30戸の生産者を望みたい、が、500万円。

 主な意見としまして、備品購入、競技艇に当たり、その管理運営を明確に。新規就農支援1,800万円、その後の経営指導を農協と連携して取り組むよう願う。航空機活用PRについてさらに効果ができるよう、使えるツールはフルに活用すべきである。施設ハウス整備補助事業で密集したハウス団地の一角だが、伝染病の関係で、もう少し離れたところのほうがいいのでは。甘藷ハウス新たな産業として、育苗センター棟、さらなる有効利用を願う。小水力発電事業、まずは第一歩であるが、将来的には大きな発電を期待。尾堂林道の路面整地、50万円。完全なる復旧にならないのでは。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(大隈寛君) 各委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 総務委員長に数点お伺いをいたします。

 委員会審査の中で、1つは、ソラシドエアの問題なんですけれども、審査の中でもまた主な意見の中でも効果が期待できるようにというような文言がありまして、その前後がありますから、捉え方がそこだけ読み上げていいかどうかはわかりませんけれども。

 いわゆるその費用対効果っていう部分でいうと、どのような数字が委員会で示されたのか。それから、6月に50万円の補正がありましたけれども、その金額も合わせて、今回の補正は280万円ですが、6月補正の50万円も入れて、この事業の事業費としては330万円という捉え方で間違いはないかどうか、確認したいと思います。

 それから、九州電力の送電施設による固定資産税の増加ですけれども、以前3分の1だったものが今回3分の2になったと。で、将来3分の3になるっていうことだそうですけれども。3分の2に今回なったのは、9月議会前にわかったことなのか、9月議会前に何かの改正が行われて3分の2になったのかっていう点について、どのような理由で標準額が変わったのか。もし、審議されていれば伺いたいと思います。

 それから、備品購入の水上スキーの競技艇の件ですけれども。町の税金の中からこうした物を購入するわけですから、質疑の中では、水上スキーの協会に貸し出すというようなことだろうと思うんですけれども。備品としての管理としては、町の責任はどのようにされているのか。この競技艇に関するものでなくても、町の備品として購入して貸し出してる物っていうのはたくさんあると思うんですけれども、そういったものの管理はどうなるのか。水上スキーで使うっていうことになると、それなりに消耗もすると思うんですけれども。そのあたりの管理というのはどのようになっているのか、委員会で示されていればお答えいただきたいと思います。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) まず、航空機活用PR事業なんですが。費用対効果はあるのかということですけれども。これからそういった効果があるように期待しなきゃいけないというふうに私も思ってますけれども。一応、8月の搭乗者としまして19万4,000人搭乗されてるということであります。全体からいいましたら63.6%ということで、そのほか機内のパンフレットそれからラッピングをするということでありますが、そのほかに機内でエプロンをつくったり、またCDのテープを流してイメージソングを流したりというようなことをされる予定であります。期待したいなと思っております。

 それから、九電の送電施設の課税標準額はいつからなったかというような、3分の2に変わったかということでありますが。いつからという、この何月からということでは聞いておりませんけれども、委員会ではそういう話は出てませんが。5年間の償却資産の価格がということですから、5年間が過ぎた時期においてはちょっとわかりませんが、そのようなことで5年間の償却資産、または今からまた5年間というふうに始まるのかなと思っております。

 それから、備品購入につきましては、管理においては、確かに、距離が距離だけに、当然、備品購入として台帳にも載せなきゃいけないだろうし、今後の課題かなと思ってますけれども。実際に、その投資が、その運用がうまいぐあいに効果あるものになればいいかなと思っております。そういったものも今後の課題かと思っております。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) もう一点、ソラシドエアの6月補正の50万円については、合わせて330万円の事業ということでいいかどうか、確認をしたいと思います。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 済いません。そのような認識でよろしいんではないかなと思っております。調査費も含めていいということでありますから。



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第34号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)につきまして、反対の立場で討論を行います。

 今回の補正に、マスコミでもたびたび取り上げられ、エネルギー自給のまちとして名高い高知県梼原町に、私ども議員を派遣していただく旅費等の計上があります。議会では、木質バイオマス発電所の件以前から梼原町への視察要望の声がありましたので、評価したいと思っております。

 次に、小水力発電について申し上げます。

 小水力発電の導入は、私どもが長年要望してきたことであり、その第一歩を踏み出すということでは評価できると思っております。ただ、8月1日の全員協議会で町長が明らかにされていますが、この事業は、米良電機との関係での導入となっています。木質バイオマス発電もソラシドエア機による町のPRも、そして今回の小水力発電も、全て米良電機との関係で進められていることに違和感を感じております。米良電機との関係でこの小水力発電に取り組むということになりますと、既に発電機のメーカーも決まっているものと思っております。

 善は急げという言葉はありますが、こうした事業の進め方は極めて性急で、議会での論議がついていっていないと感じることが多々あります。もっと町民にも呼びかけ、一緒に自然エネルギー導入を進めてほしいと思っています。

 今回、エコパークの登録を検討している只見町というところのニュースをお聞きいたしました。この只見町では、2年間をかけて、綾のエコパーク登録と同じようなものを目指していきたいと思っているそうです。しかし、そこの協議会は、全て町民に公開をされ、町民がエコパークの登録をかなえるまでの間に、エコパークについて十分理解してもらおうというふうな形で進めていると聞いております。

 ぜひとも、町民も一緒になって、こうした自然エネルギーの導入、進めていただきたいと思っております。

 ソラシドエア機を使っての綾町のPRも、もっと具体的に費用対効果を示してほしいと思っています。6月議会で既に決まっていた機体への広告を明確に示さないままという手法は、やはり議会軽視だと思っております。また、水上スキー用の競技艇の購入については、説明不足で理解できません。また、プレミアム商品券につきましては、口蹄疫復興関連商品券のときにも出されました町民の声を十分反映し、使うほうも商店も納得できる方法について、十分協議されるよう要望いたしまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(畠中征郎君) 議長。畠中。



○議長(大隈寛君) 畠中議員。



◎議員(畠中征郎君) 議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)について、討論を行いたいと思います。

 本議案に賛成であります。委員長報告と重複をいたしますけれども、若干意見を述べたいと思いますが。

 総務費の広沢ダムのダム湖にかかわる競技用の艇の購入につきましては、補助事業ではありますけれども、先ほど来話が出ておりますように、この管理責任については明確にするということを、ひとつお願いをしたいと思っております。

 さらに、農業補助金として各種の予算が計上されておりますが、特に、ハウス整備補助金や甘藷の育苗ハウス等につきましては、そういう施設の効果あるいは実績、こういうものがどのようになるのか、こういうことも明確にしてほしいと思っております。

 それから、水力発電につきましては、今回が初めての発電施設でありますが、将来とも綾町の立地を生かした施設として、年次的に計画をされるように要望しておきたいと思います。

 さらに、航空機の活用につきましては、先ほども出ておりますが、PR事業でございますけれども、実効ある予算執行になりますように強く要望いたしまして、賛成の討論といたします。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(大隈寛君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)、所管の部分に賛成の立場で討論を行います。

 今回の補正額の大きなものとして、民生費、歳出のほうで、老人保護施設措置591万円があります。これは入居者増による増額の補正でございます。また、工事請負費として、高年者センター前の側溝改修舗装修理の250万円が同じく増額補正として上がってきております。

 減額のほうといたしましては、工事請負費300万円があります。これは、健康センターの外壁防水塗装工事を次年度に実施するということにしたためであります。

 教育関係では、ドームのコートライン変更は、バスケットルールの改正に伴うものであり、いたし方ありません。雨漏り修繕費は、施設そのものは決して古いものではございません。その原因をしっかりと申しますか、シューリング自体が築15年ぐらいの間で、なぜ消耗してしまうのか。なぜ、早期に消耗するようなものを使用されたのか。あるいは、ほかに、そのシューリングを取りつけているような箇所はないのか。そういうこところをしっかりと検証され、突きとめられますように要望いたしまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第34号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、議案第34号平成24年度綾町一般会計補正予算(第2号)は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案第35号



△日程第6.議案第36号



△日程第7.議案第37号



○議長(大隈寛君) 日程第5、議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)から日程第7、議案第37号平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)までを一括議題といたします。

 なお、委員長報告の後に、各議案ごとに質疑、討論、採決を行います。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。

 審査の経過及び結果、9月12日から20日までであります。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、歳入、歳出それぞれお目通しをいただきたいと思います。

 主な意見としまして、今回の補正は、23年度決算及び24年度の金額の決定がほとんどであり、適正であると認め、賛成をする。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次に、議案番号第36号平成24年度綾町介護保険特別会計補正予算(第2号)。

 審査の経過及び結果、期日、9月12日から20日まで、説明者は、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、ほとんどが23年度決算に伴う追加交付や返還金であります。歳入、歳出、金額示しております。ごらんをいただきたいと思います。

 質疑としまして、半年もたって追加交付されているが、報告のおくれなのか。答えとしまして、基本実績報告を前年度が終わり、4月の下旬に報告すると、今、この9月になるということであります。

 主な意見、23年度決算に伴うものがほとんどであるが、繰入金と予備費で860万円ほどになる。介護給付費の減との報告だが、介護現場で抑制がなければよいなという意見であります。この介護制度は、救済される人のための制度であるべきものが、事業所の利益追求に見えてならない。内容の充実を図り、ぬくもりのある介護を望む。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 議案第37号平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。

 審査の経過及び結果、期日、9月12日から20日、説明者、松田福祉保健課長。

 主なものを書き出しております。ごらんをいただきたいと思います。

 質疑、健康診査の受診者が300人から200人増だが、既に300人を超えたのか。答え、現在300人弱である。保険税の徴収はどのようになっているのか。特別徴収は、2か月に1回、年間の6回。普通徴収は、7月から2月までの年8回で徴収している。葬祭費はどうなっているのか。後期高齢者医療広域連合より支払われる。

 主な意見、200人受診者増の見込みの増額だが、ぜひ、目標達成に努力をしてほしい。以前は、医療機関に通院している人には健康診査の案内をしていなかったのを変更したため、ふえてきている。診査項目も整っている。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(大隈寛君) これより議案第35号から議案第37号までを日程に従い、質疑、討論、採決を行います。

 最初に、日程第5、議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第35号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(押川勝君) 議長。押川。



○議長(大隈寛君) 押川議員。



◎議員(押川勝君) 議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に対し、賛成の討論を行います。

 今回の補正は、歳入歳出予算総額にそれぞれ709万7,000円を追加し、歳入歳出予算総額をそれぞれ11億1,005万円とするものであります。各項目のほとんどが23年度の実績や決算及び24年度の金額の確定による増減額であります。保険税の軽減を図り、被保険者の負担をいかに抑えるかが、国保運営の大きな課題であろうと思います。さらに、1人当たりの医療費の圧縮も大きな課題の一端を担っていると理解をいたします。

 それには、健診の充実も大きな要因の一つであろうと思います。現時点での諸健診や特別検診の結果から努力の跡は認められますが、福祉に終わりはなく、満点の結果はないと思います。さらなる努力に期待し、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第35号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第35号平成24年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第6、議案第36号平成24年度綾町介護保険特別会計補正予算(第2号)に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第36号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(大隈寛君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) 議案第36号平成24年度綾町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、賛成の立場で討論いたします。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,125万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億7,699万3,000円とするものであります。

 歳入の主なものとしては、前年度決算による繰越額1,803万8,000円が確定したもので、介護給付交付率が1%減じたことによる支払基金交付金696万7,000円の減額によるものです。

 歳出では、前年度決算額による基金積立に752万9,000円を積み立てるものであります。また、国、県等の前年度負担金の額の確定による償還金295万5,000円を増額するものであります。

 今回の補正は、23年度決算に伴いますものであり、何ら問題はないと思いますので、賛成といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第36号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第36号平成24年度綾町介護保険特別会計補正予算(第2号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第7、議案第37号平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第37号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(大隈寛君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の討論を行います。

 今回、健康診査費の増額補正が示されました。大切なことであります。目標達成に向け努力されますように要望いたしまして、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第37号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、議案第37号平成24年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第8.認定第1号



○議長(大隈寛君) 日程第8、認定第1号平成23年度綾町一般会計決算を議題といたします。

 最初に、文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 認定第1号平成23年度綾町一般会計決算。

 診査の経過及び結果、期日、9月12日から20日、説明者、谷口社会教育課長、吉川教育総務課長、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、教育事業名なり金額、載しております。ごらんをいただきたいと思います。

 質疑、町体育協会会長の年俸は。答え、無報酬である。スポーツ少年団の認定指導者とは。答え、指導者養成講習会を受講した者である。柔道国際交流に参加した22チームの宿泊はどうなっているのか。答え、綾町内に2泊された。公民館講座の講師料は。答え、町内4,000円、旧東諸4,000円、市内からは7,000円である。ALTはどこからの派遣か。答え、民間の業務委託により配置している。スクールバスは、二反野だけか。答え、僻地に対応、今は二反野だけである。

 福祉の部分も、事業、金額、載しております。ごらんをいただきたいと思います。

 主な意見、予算に反対した立場なので反対。反対の一番は、教育費の中の昴塾への委託料、約を入れてください、約470万円だ。教育に対する基本的な考え方が間違っている。スポーツ関連の多額の備品、てるはドームの人工芝、ふれあい広場の利用や建設の目的や購入の目的と現状が一致しない点をきちんと示すべきである。民生費では、データはよく収集してあるが、どこに原因があるのか解析が不十分である。配食サービスが減っているのは、単に高齢者が減ったのか、配食している給食に問題がないのか検討すべきである。執行残は、よい面も悪い面もある中で、衛生費の残が気になる。やり方を努力すれば、残らないのではないか。国際柔道大会では、国外から複数国の参加が望めないなら、大会名の変更を検討するべきである。

 採決の結果、賛成多数で可決であります。



○議長(大隈寛君) 総務委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 議案番号認定第1号、付託案件名平成23年度綾町一般会計決算。

 審査の経過は、9月12日から20日であります。説明者は、総務税政課向井課長を初め5人の方々であります。

 内容としまして、歳入総額49億4,578万5,000円、歳出総額47億6,304万7,000円、差し引きの1億8,273万8,000円、繰越額は6,578万6,000円、実質収支は1億1,695万2,000円。主に、決算説明書によって審査を進めた。

 まず、質疑としまして、総務税政課、企画財政課であります。町税、収納率92.3%、前年度収納率からすると0.8%改善されているが、要因は何か。滞納解消のために、担当職員、嘱託徴収員を中心に尽力され、また滞納者に対して催告通知を重ね、子ども手当からも滞納税の徴収を行った。また、コンビニでも納税できるように推進した。不用額は昨年より減少しているが、それでも1億2,460万4,000円となり、その要因は何か。経費節減に努力したことも要因であるが、補助事業や給付の申請件数の減などが考えられ、そして決定から発注までの時間が短縮、態勢を早く取り組むことも必要ではないか。職員削減の影響で職務の手が足りないのでは。現在、84人の職員とパート職員で対応しているが、コンサルに依頼することもあり、仕事面での分散など、今後検討してみたい。公用車の管理が悪いのでは。一層改善に努めたいが、また努めたい、掃除の徹底をやりたい。繰越の要因は何か。交付決定の遅延や天候等自然的要因による場合があり、とにかく事業がスタートできるか否かが課題である。ユネスコエコパーク登録によって、今後の河野専門監の仕事は何をやるのか。今後は、今までどおり自然保護協会とともに自然、生物調査を続け、また照葉樹林の復元保護を基盤に進み、綾町の組織体制面で保全管理していくための管理運営体制を整える。

 産業観光課。アドバイザー、外部専門家を雇用されているが、営業力強化、従業員の資質、サービスの向上など効果のほどは。今回は、企画・販売・営業の強化とホスピタリティーの向上に力を入れたが、接遇面等は引き続き強化していきたい。綾の夢楽人の会で取り組んでいる綾旅札は、現在何枚売れているのか。1万枚中約800枚で、換金率は8割である。男山、ひな山祭りの際、旅人のための歩道にベンチ、椅子などを準備はできないか。検討してみたい。花火大会、協賛金は幾らか。昨年は210万円ほど協賛いただき、打ち上げ料は400万円の委託である。照葉樹林マラソンの催事費用がかかり過ぎるのでは。事業費が年々大きくなり注目するところであるが、活動経費として特別交付税に算入されている。

 建設課。社会資本整備総合交付金事業で、橋梁点検業で、町内何カ所の点検をするのか。平成23年から平成24年にかけて、町内81橋を長寿命化修繕計画である。社会資本整備総合交付金事業で、横町栄町線の今後の整備促進について伺う。工期は、平成20年度から平成25年度と計画され、現在は用地補償交渉中である。桑下線はどうなのか。1件だけ、相続の関係で用地補償ほか、時間がかかっている。

 農林振興課。機械利用組合活動推進事業の実績は。最近は、新規就農者の利用が多い。綾産木材の利用推進事業の実績が少ないが。PR不足なのか、申請がなかった。ホウレンソウ、作付戸数、少ないのはなぜか。基礎データをもとに、再度見直し、検討し、雑草処理等の解決が課題である。耕作放棄地再生利用緊急対策事業で、町内にどのくらいの面積があるのか。約40ヘクタールあると思うが、まず、20ヘクタールを4年間で解消したい。施設野菜病害虫防除対策事業、ことしも同じように対策補助としてあるのか。まず、粘着シート・防虫ネットを引き続きやりたい。ふれあい加工事業、大豆の栽培量は町内で足りているのか。現在、6戸で対応しているが。

 町民生活課。エコクリーンプラザ、綾町からの利用人数は。把握できていない。ヘルスセンターの収入、バランスは、その後どうなのか。利用者がもう少しふえるといいのだが、課題である。公園墓地の管理は、どこが現在やっているのか。町で管理して、シルバーに委託し、主に草刈り等である。

 主な意見としまして、職員あっての行政、健康管理に特段の配慮をお願いする。税の徴収、さらに全庁挙げてあらゆる手段を講じて取り組んでほしい。活性化協会施設、特に支配人を中心にプロ意識を持って姿勢を示すべきだ。物、車、ほかですが、もう少し大事に、管理面での強化を願う。事業予算計上の段階において、もっと精査をすべきではないか。照葉樹林マラソン、このあたりで町独自のイベントにしたらどうか。黄化エソ病等、防除対策、町の取り組みがよい効果としてありがたい。綾産材の利用拡大を願って、工務店との連携が弱いのではないか。建設、災害復旧など、地元要望など、即対応措置をされ、今後も願うところである。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(大隈寛君) 各委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 総務委員長に数点伺いたいと思います。

 滞納者の問題ですけれども、子ども手当からの納税の徴収を行ったというふうに書いてありますが、こうした件数はどのぐらいで、その子ども手当からの徴収額は幾らになっているのか。委員会で明らかにされていれば、答弁お願いしたいと思います。

 また、23年度からコンビニでの納税ができるようになったわけですけれども、そのことで滞納額が減ってきたというふうに評価もされておりますけれど。納税額全体で、どのぐらいがコンビニで納められているのかということにつきましても、委員会で数字で示されていたら、答弁をいただきたいと思っています。

 それから、ふれあい加工事業の大豆の栽培量についてですけれども、地域の女性の方々を中心に、自宅用のみそづくりは盛んに行われているわけですけれども。済いません、ここのQ&Aでは、その町内6戸の農家の大豆栽培で消費量が足りているのかというところが明確に示されていないのですけれども、その点についても答弁をいただけたらと思っております。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) まず、子ども手当から納税を勧めたということでありますが。今まで3回の給付がされてるわけでありますが、まず、125名と聞いております。そして、徴収額は205万9,000円というふうに聞いております。

 それから、コンビニでの納税ができるようになったということでありますが、その金額においては、委員会では報告がないように思います。

 全体で、このような、催告通知を初め、一斉通知をしたということで、その効果のほどは605万7,000円と聞いております。

 それから、大豆の件なんですが、ここに通われてる人からも話がありまして、ほんとにあれだけの量が足りるのかというようなことも、私も聞いております。担当課の課長の説明だと、足りているのではないかというようなことの返答でありました。現在のところ、6人の農家の方が栽培してるということであります。

 以上であります。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(大隈寛君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 1点だけ、お伺いいたします。

 耕作放棄地の再生利用緊急対策事業の件でございますが、まず20ヘクタールを4年間で解消したいということになっておりますけれども。その事業に対する取り組み方と申しますか。例えば、その取り組む人たちはどういう人たちを対象にしているのか。例えば、農地保有合理化事業で、農協が取り組んでおりますが、そういう人たちなのか、あるいは町内全般に声をかけてやるのか。ひょっとして、こういうものを、解消の対策の事業の中で、作付はこういうものが望ましいとか、そこ辺まで話が煮詰まっていたら、お教えいただきたいと思います。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 七千何百筆だったと思いますけれども、筆数が。一筆地調査ということで、今始まっているようであります。それで、青地が基本でありまして……



○議長(大隈寛君) 日高委員長、ちょっと今の質問に対する内容が違うんじゃないですか。



◎総務委員長(日高幸一君) いや、今から言います。いいですよね。

 青地を基本に調査されてるということであります。そして、アドバイザーを、開発センターですか、の担当の方を今雇用されて、一筆、一筆、第一種農地それから第二種農地というようなものがありまして、第一種農地は密集したところ、第二種農地はちょっと離れた、ばらばらっていいますか、点在してる、飛び地といいますか、そういったところが現況と変わっている、要するに現況把握ですから、一筆、一筆をそのような調査をされてるというようなことを聞いております。

 以上でいいですか。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(大隈寛君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 済みません。私が聞きたいのは、そういう調査を現段階でやっているということは理解できるんですけれども。その耕作放棄地を再生させるために、どういう形で取り組むのかということなんです。

 例えば、それに取り組む人たちは、今、盛んにやってるのが、農協を中心とした農地保有合理化事業でやっておりますけれども、面積が限られております。そういう形で取り組むのか、あるいは一般に町内の人たちに、もう少しこういうことを活用してくださいと、取り組む人たちを探すというか。町内で、今、現在農業されている人たちに取り組んでくださいと言うのか。

 取り組みに当たっては、今までは放棄地ですからかなり荒れているところもあるわけで、その辺を解消するのに、例えばどういう作物がいいですよと、そういう細かいことまで詰めてあるのかということをお伺いしたとこでございます。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 調査した上で、結論的にはそういうふうになるんじゃないかなと思ってます。そういうことがないと、また目的も達成、何をやってるかわからないと思いますので。まず、調査をして、現況はどうなのか。そして、ここは何に使えるかというところまでやっていただかないと、何の意味もないんじゃないかなと私は思っておりますんで、そのようなもので期待したいと思います。



○議長(大隈寛君) 福田議員、詳細については、また後日、改めて答弁を申し上げます。



◆議員(福田正照君) 結構です。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(大隈寛君) 入船議員。



◆議員(入船康紀君) 一点だけ、押田委員長のほうにお伺いいたします。

 28ページの主な意見でありますけれども、昴塾へのことが書いてあります。これは、教育委員会一体となって学力向上のためにするわけでありますが。教育に対する基本的な考え方が間違っているということでありまして、これ、個人的なことでありますが。

 委員会の中で、やっぱり、教育問題が大変重要なことでありますから、委員長の見解でもいいわけでありますが、どういったことがいかんのか、昴塾に対する。委員長の見解でもいいから、お聞かせを願いたいと思います。



○議長(大隈寛君) 押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) まさに、委員の1人の意見でありまして、考え方の、まさに個人的な違いだと受けとめております。

 私の見解といいますか、この委員の意見を詳しくまだ説明するならば、やっぱり、塾として取り組むよりも本来の目的である学校現場をしっかりとサポートするべきだというふうに言われているというふうに、私は受けとめたところであります。

 以上です。



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第1号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第1号平成23年度綾町一般会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 議会での審議に当たり、私は議員必携を読み直すことにしています。議員必携は、議員各位御存じのとおり、全国町村議会議長会が発行している議員のバイブルのようなものだと思っています。昭和29年に初版が刊行されたと、本の冒頭に書いてあります。私も長年議員を務めさせていただいておりますが、時には自分の活動に自身が持てなくなったり、若干疲れて手を抜こうとしたりすることもあります。それを意識したときに、この必携が戒めてくれる大きな力になっています。

 前置きが長くなりましたが、この議員必携にある決算認定の精神を学びたいと思っています。この中にある「決算審査は、ややもすれば執行済みのものとして軽んじられる傾向にあるが、議会が決定した予算が適正に執行されたかどうかを審査するとともに、各種資料に基づいてその行政効果や経済効果を測定し、住民にかわって行政効果を評価する極めて重要な意味があることを再認識すべきである」と書いております。この言葉を肝に銘じ、具体的な点について申し上げます。

 先ほど、入船議員から文教福祉委員長に質問があった点についても、若干、不十分ではありますが触れております。

 まず、町単独高齢者福祉事業としてのタクシー料金の一部補助の地域枠拡大や民間借家改修工事などにも取り組み、高齢者福祉の拡大、定住人口の増加のための新しい事業に取り組まれたことは評価できると思っております。

 一方、尾立の養豚センター整備事業は、辺地債を活用した事業であるのに、尾立地域住民への説明はされずに、事業は繰り越され、長い時間を要しました。しかし、今現在も地域住民の方にお聞きしますと、悪臭が改善されたという実感は持てないという声があります。そもそもの事業目的と辺地債の目的の整合性を考えれば、地元への説明は不可欠だとの立場で説明会を求めましたが、受け入れられませんでした。

 また、補助金について申し上げます。

 特に、農業関係の補助金は多種多額に上りますが、その効果についての説明が不足しています。団体活動補助金等は、その効果を数字であらわすことが難しいものもあるとは思いますが、多くの農業関係補助の中には、その成果を数字であらわせるものもたくさんあると考えます。補助金の効果が上がっているか否かの判断は、決算に同意するかどうかの判断にも大きく影響するものであり、数字で表記できるものは、ぜひとも決算説明書に記載されるよう要望いたします。

 次に、この決算の中には、土地開発公社への2,000万円を超える貸し付けがあります。決算年度末現在高は7,360万円になっていると記載されております。昨年12月の議会だったと思いますが、その中でも申し上げましたが、農地の高騰、土地の高騰が続いた時代に、公用地の確保が困難となることを前提としてつくられましたこの開発公社については、もう見直しが必要だと考えております。

 次に、教育費の委託料について申し上げます。

 教育委員会を初め、多くの町民そして議会も、子供たちの学力向上を望んでいると思っています。学力が低くてよいと思っている町民はいないと思います。しかし、手段は何でもよいというわけにはいきません。一朝一夕にはいかない子供の学力向上を外部業者に委託するという綾町のやり方は、教師と生徒、教師と行政の間の関係を決して良好にはしないと思っております。

 最後に、繰越明許について申し上げます。

 この点につきましては、決算審査意見書にも記載されていますが、一つ一つ繰り越しをした事業について、その理由を事実に基づいて明確にすべきです。23年度でいえば、養豚センターの整備では、初歩的ミスというずさんな工事が行われていました。今回、平成24年度の役場庁舎耐震化工事も年度内完成は難しいと、先日、質疑に対する答弁でありました。国の交付決定の遅延が大きな要因であれば、国に対し遅延の理由を明らかにするよう求め、議会にも示されるべきだと思っています。

 最後に、総務委員長の報告にありました滞納者への対応ですが、子ども手当から滞納分の税の一部として徴収するというやり方は、手当の支給目的に反するもので、絶対にやめるべきだと思っています。お聞きすれば、話し合いの上でやっているときっと言われると思いますが、滞納している人が、役場を通じて受ける手当を目の前に、その相談を拒否できるでしょうか。それを納得とは言わないと思っております。滞納のもとには何があるのか、他町では、そうした相談にも乗り、徴収効果を上げているという事例もありますので、行政と民間の間に壁をつくるような手法は、ぜひともやめていただくように求めまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(大隈寛君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 認定第1号平成23年度綾町一般会計決算について、賛成の立場で討論を行います。

 平成23年度も依然として厳しい地方財政の現状及び現下の経済情勢の中、本町においては15の新規事業を取り入れるなど既定の事業を含め積極的に執行されており、おおむね初期の目標を達成していると監査意見書の中で述べられております。

 決算の内容は、決算収支は1億8,273万8,000円の黒字となっており、実質収支は1億1,695万2,000円で、前年度に対し42.2%の減少となり、金額として8,526万4,000円の減額となっております。現在も震災の影響、そして、また、たび重なる災害などにより、さらに厳しい財政状況が続くことが予想されます。自主自立のまちとして、財政健全への取り組みを積極的に行い、今後ともその方向性を維持して財政運営に努めていただきたい。

 それでは、意見、要望を交えて申し上げたいと思います。

 まずは、農林についてであります。

 基幹産業を守り安定させるために、きめ細かな補助事業が行われました。キュウリ、黄化エソについては、農家の危機意識も高まり、現在作付されているキュウリにも余り被害が見受けられない状況であります。委員会審査の中で議論になるのが、補助事業の効果検証をすることと、毎回話が出ます。キュウリ黄化エソの資材補助については、効果があったと私自身思っているところであります。

 商販協については、現在5名の女性の方で、綾の農畜産物や加工品まで幅広く販売を行っておられます。実績売り上げとして4,000万円であります。5年間で30%アップは難しいと委員会ではありましたが、目標は高く持ち、今後、女性の粘り強さで、全国に販路拡大を、今以上に強力に推し進めていただくように期待をするところであります。

 農業後継者育成については、現在SAP会員はいますが、新規就農者の青年就農者を増加させる必要があると思います。県からの支援もありますから、技術の習得や所得の向上など指導、補助などを指導していただき、就農の定着を願うものであります。

 次に、建設であります。農地土木については、地域の要望に応えていただき、工事事業など計画どおりできたと思っております。しかし、事業の繰り越し箇所については、早急に対応をしていただきたいと思っております。

 観光については、近年の災害の影響もあり、観光客の減少など厳しい状況でありました。現在では吊橋のリニューアルなどにより回復傾向でありますが、綾町はスポーツ合宿に今まで力を入れてきてました。ここに傾注していただきたいと思います。このことにより、綾川荘、綾の森の経営改善につながると思っております。接客に心がけ、また来ていただくようにサービスの向上に取り組んでいただきたい。

 町民生活については、町民が生活していく中で一番大事な分野であります。生ごみ、燃えるごみなど、毎日のように家庭から出るわけであります。分別をしっかりして、収集される皆さんの負担にならないように、心がけたいと思っております。

 最後に、税の滞納解消については、納税者が厳しい生活環境でありますが、収納に向け全庁挙げて取り組み、強化をしていただき、自主財源の確保に努めていただくように申し上げ、討論といたします。

 以上で終わります。



◎議員(押川勝君) 議長。押川。



○議長(大隈寛君) 押川議員。



◎議員(押川勝君) 認定第1号平成23年度綾町一般会計決算に対し、賛成の討論を行いたいと思います。

 委員長報告並びに同僚議員の反対・賛成討論の中で詳しく述べられておりますので、簡単に意見を述べて、討論を行ってみたいと思います。

 決算において注視すべき点は、収納率と執行率の向上だと思います。本年度の収納率は95.5%と例年並みでほぼ横ばい状態であろうかと思いますが、滞納繰り越し分も同様の傾向にあります。いかに収納率で頑張って上げても、滞納繰り越し分を下げなければ、それはバランスがとれている状況にあるとは言い難いと思っております。滞納繰り越し分を下げ、収納率を上げ、さらに執行率の向上を図ることが、よい決算を生む要因だと思っております。

 なお、不用額の増幅は、計画の甘さなのか、節約のたまものなのか、微妙な判断の材料になりかねない要素を含みます。それぞれの担当職員のさらなる尽力に期待し、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第1号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第1号平成23年度綾町一般会計決算は委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩いたします。

(休憩午前11時19分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時30分)



○議長(大隈寛君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第9.認定第2号



△日程第10.認定第3号



△日程第11.認定第4号



○議長(大隈寛君) 日程第9、認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算から、日程第11、認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算までを一括議題といたします。

 なお、委員長報告の後に、各認定ごとに質疑、討論、採決を行います。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算。

 審査の経過及び結果。期日が9月の12日から20日まで。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、23年度の1人当たりの医療費は29万5,498円で、26市町村中23位でありました。一般被保険者1人当たり28万8,631円の25位。退職被保険者39万9,365円の9位であります。国民健康保険特別会計決算を不用額の内容も含めて、審査をいたしました。

 不用額の主なもの。保険給付費18万3,060円、特定健康診査等事業費が93万457円、保健衛生費が31万8,093円の不用額を出しております。

 主な意見としまして、綾町は保険証の未交付はないが、短期保険証や資格証明証の発行をしている。ぜひやめてほしい。滞納者にペナルティを与えても滞納は減らない。滞納者が家も土地も売って、町外に転出し今も払っている人がいる。一般会計からの繰り入れと交付金の関係は、県を通じての間接的ではなく、国に直接相談し現状も訴えてほしい。特定健康診査の受診率がやや減じている。担当課は再三受診を促しているようだが、さらに効果的な対策を望む。退職被保険者は県内26市町村中9位だが、老後住みやすい綾町へと移住してくる方も要因かもしれないが、調査、分析が必要である。

 採決の結果、賛成多数で可決であります。

 次に、議案番号認定3号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算。

 審査の経過及び結果。期日9月の12日から20日まで。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、歳入は調定額7,366万9,149円に対して、収入済額7,294万649円であります。収納率は99%でありました。歳出、予算減額7,270万8,000円、支出済額7,224万621円。不用額が46万7,379円で執行率が99.4%でありました。差し引きの70万28円の黒字決算でありました。

 1人当たりの医療費は74万6,312円であります。保険料の収納率は、特別徴収が100.1%、普通徴収が97.7%でありました。

 主な意見としまして、この制度も25年までには新たな制度となる予定だが、不透明な状況である。また、広域連合も情報の報告もなく、十分な審査もされていない状況である。各自治体から1人は代表者が出て、意見が言えない状況だけは避けるべきである。

 採決の結果、賛成多数で可決でありました。

 認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算。

 審査の経過及び結果。期日が9月の12日から20日まで。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、第4期介護保険事業計画の最終年であります。第1号被保険者数は2,212名、65歳以上であります。歳入歳出の内訳、お目通しをいただきたいと思います。

 主な意見としまして、反対、第4期の最後の年になる。確かに思ったような制度にもなっていないが、事業所も働く人も大変である。高齢者が必要な介護を重い負担を背負うことなく安心して受けられる制度を望む。数字の部分には賛成。制度が複雑で分かりにくい。介護される側の気持ちで、延命介護を目指してほしい。

 採決の結果、賛成多数で可決であります。



○議長(大隈寛君) 日程第9、認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第2号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 予算説明書の中に、被保険者数は失業による加入者数が増加している。一方で後期高齢者医療への移行や出生者数の減少で、全体的にはやや減少していると記載してあります。つまり、仕事を失い収入が極端に減った人たちがこの国民健康保険制度に加入しているということです。

 国民健康保険制度は、社会保険に加入している人以外のすべての人が加入する制度ですから、もともと被保険者同士の助け合いや相互扶助で運営されるべき制度ではなく、国が責任を持たなければ成り立たない制度です。滞納の増加を個々の責任とせず、この税の高騰を国に訴えることは重要だと思います。被保険者同士を敵対させたり、ペナルティとしか言いようのない滞納者への資格証明証や短期保険者証の交付は、直ちに中止されるよう求めます。

 綾町では、滞納への延滞料は徴収していないという点は評価をしたいと思っております。滞納者が生活をしながら納税できるように、プライバシーも守られる親身な納税相談を求めたいと思っております。合わせて、今国が進めようとしている国民健康保険制度の広域化は、国の責任放棄の拡大、さらなる制度の改悪に拍車をかけることになりますので、町長も反対の意思を明確に示し、また反対し続けられるよう求めまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(大隈寛君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) 認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算について、賛成の立場で討論いたします。

 本決算は、歳入総額11億6,038万6,323円、歳出総額10億9,355万3,417円、歳入歳出差額1,283万2,906円の黒字決算でありました。医療費は1人当たり29万5,498円となっていますが、県内ではワースト23位となっており、低い順位になっています。また特定健診については43.2%の受給率で、県内10位とほぼ中間に位置していますが、特定保健指導率では91.9%と高く、その保健指導率は高く評価したいと思っております。医療費を抑えるためには、特定健診の受診率向上が重要だと思っております。また、病気の早期発見、早期治療につながるものと思っております。

 さらに収納では、現年度分の収納率が94.8%と前年度より低く低下しているものの、滞納繰越分は前年度を大きく上回った収納率となっており、対策の効果が表れたものと思っております。町民の健康状況は年ごとに異なり、予測のつきがたいものがあります。早目早目の受診を促すことと、さも重要であると思われます。当局のさらなる努力を期待いたします。

 以上申し上げて、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第2号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第2号平成23年度綾町国民健康保険特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第10、認定第3号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第3号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第3号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 委員長報告にも載せていただきましたが、平成25年度に新制度に移行する日程を1年先延ばしにしましたが、その実現の見通しは全く立っていません。民主、自民、公明のいわゆる3党合意でもこの件については先送りされました。

 先日、文教福祉委員会でこの制度での普通徴収というのはどういうことだったかという質問が出されました。月額1万5,000円を超える年金の人からは保険料を年金から天引きする、これが特別徴収。それ以下の年金の人は年金からは天引きをせず、納付書や口座振替で払ってもらえるのが普通徴収です。改めて随分酷な制度であると再認識をいたしました。

 綾町では、普通徴収の中には税の申告の関係で月額1万5,000円を超える人でも申請をして普通徴収になっている人も数人おられると聞きました。月1万5,000円からの年金者からも保険料を徴収する制度は異常としか言いようがありません。大体、特別のほうが多数で普通が少数だというのも理解しにくい制度だと思います。広域連合に参加しているすべての自治体が運営に関わり、意見や要望を述べる機会が保障されていないという点でも合点がいかないものです。

 宮崎県の広域連合のホームページを見ますと、平成24年度はこれまで8月に1回議会が開かれております。その議事録はまだ更新されてはおりません。しかし、これまでの議事録から想像すると、大体議会自体は30分前後。事務局の説明以外には全く議員の発言はないものと想像いたします。この制度は1日も早く廃止されるよう求めまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(大隈寛君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算に賛成の討論を行います。

 決算では70万円の黒字決算でありました。実質収支も同額であります。ただ医療費は前年比2.76%の伸びを示しました。この制度は25年までに改正となっております。中には、悪いというわけではございませんが、ちょっと見直してほしいという点もございます。今後よりよい制度として見直しをされることを望むものであります。

 また、広域連合とは連携を密に取られますようにと要望いたしまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第3号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第3号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第11、認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第4号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 介護保険制度は被保険者にとっても、被介護者、また事業主、また福祉労働者にとっても負担の大きい制度です。40歳以上の綾町民も保険料を払って支えていますが、それでも関係者全体が苦しんでいる制度とはいえないと思います。

 介護保険法第1条は尊厳を保持し、その有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるとうたっています。しかし、現状は法の精神とはほど遠いものだと思います。綾町、そしてこの地域の包括ケアをどうつくり上げていくかは、非常に大事な問題だと思います。しかし、国の思惑は安上がり、効率化をどう実現するかという方向にしか向いておりません。そもそも介護保険制度は行き届いた介護を求める世論を背景に、社会保障の構造改革の牽引役として創設されてということになっています。その結果、国庫負担がそれまでの5割から2割に削減され、在宅事業への営利企業の参入を認めるなど、私たちのほうから見れば構造的欠陥という仕組みを最初から組み込んでつくられました。その欠陥がより増幅する形で次々と改悪されてきているのです。社会保障と税の一体改革は、さらにそれを進めるものとなっています。今決算に提示されました資料では、サービスの受給者は1号被保険者で3,208人、第2号被保険者で81人となっております。しかし、1号3,208人のうち居宅サービスは1,622人となっていますが、その中には有料老人ホームに入所している方もたくさんおられます。介護保険制度では、こうした有料老人ホームに入所している方も在宅介護ということでカウントされております。我が家で暮らしていない在宅という矛盾がたくさん生まれています。有料老人ホームの入居は多額の費用を要し、少しでも負担の少ない施設への入所を希望しても、新設も増設も認めず、施設入所はままなりません。介護は、医療、看護の下請けではなく、さらに介護問題を個人の責任ではなく社会問題としてとらえる視点と、人権を守るという視点が大切だと思います。委員会審査の中で、介護保険制度が事業者のためのものになっているとの意見が出されましたが、もしそれが事実なら、よほど人件費も含めて経費を削っている事業者だと思います。本当に利用者に寄り添ってよい介護に務めてきた事業者が、経営が立ちいかなくなって閉鎖をしたという実態が、県内でも起きています。

 綾町が名実ともに、日本一の福祉の町となれるよう、この制度の枠にとらわれることなく、先進的に取り組みを進めている自治体を手本として、他町村の先を行く町となる施策を求めまして、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(押川勝君) 議長。押川。



○議長(大隈寛君) 押川議員。



◎議員(押川勝君) 認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算の認定に対し、賛成の立場で討論を行います。

 本決算は、収納率が98.6%、執行率が97.6%と、ほぼバランスの取れた決算であろうと理解をいたします。この介護保険制度は、3年ごとに見直しをし、よりよい制度へと高めていく制度でもあります。

 本年度、つまり平成23年度は第4期の最終年となる年でもあります。過去の制度改正がすべてよい改正であったとはいえない面も多々ありましたが、一歩ずつの前進を期待するものであります。介護保険だから被保険者の立場に立った、ぬくもりのある気配り、目配りの整った制度であってほしいと願い、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第4号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第4号平成23年度綾町介護保険特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第12.認定第5号



△日程第13.認定第6号



△日程第14.認定第7号



△日程第15.認定第8号



○議長(大隈寛君) 日程第12、認定第5号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会決算から、日程第15、認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算までを一括議題といたします。

 なお、委員長報告の後に各認定ごとに質疑、討論、採決を行います。

 総務委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 認定第5号付託案件名平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計決算。

 審査の経過。9月12日から20日であります。説明者は町民生活課、橋口課長であります。

 内容としまして、歳入1,238万円、歳出1,238万円。主に決算説明書にて審査を進める。

 質疑としまして、計画水質検査の結果はどうだったか。良好で問題ない。年に何回水質検査をやっているのか。年に2回で、河川3箇所で水質検査をしている。

 主な意見としまして、水質検査は万全を期してやっていただきたい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 引き続き、認定第6号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算。

 期日は9月12日から20日。説明者は建設課、宮原課長であります。

 内容は、歳入総額3億2,347万8,000円、歳出総額3億2,334万1,000円、差し引きの13万7,000円であります。主に決算説明書にて審査を進める。

 質疑。面的整備計画平成28年度までと聞いているが、今現在何%の普及面積可。平成23年度実績として74%である。

 主な意見としまして、計画されてる地域の面整備を年次的に実施されるとともに、並行して加入促進と使用料の滞納解消に努めてほしい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 議案番号第7号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計決算。

 審査の経過。9月12日から20日。町民生活課、橋口課長による。

 内容は、歳入総額1,600万5千円、歳出総額1,600万4千円。設置基数は5人槽で12基、7人槽で2基。主に決算説明書にて審査を進める。

 質疑としまして、70歳以上の方の設置推進としてどのようなことを行っているのか。パンフレットを作成して町内に配付した。以前に個人設置されている町内の370基の方々の使用料をとって町で管理できないか、また環境保全のためにもつながるのでは。定期的な検査等、維持管理のバランス、経費面で負担が大きくなるのでは。当初計画からすると基数が減になっているがそれはなぜか、PR不足ではないか。PR不足である。

 主な意見。推進に努めてほしい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 引き続き、認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算。

 審査の経過。9月12日から20日まで。説明者は建設課、宮原課長であります。

 内容としまして、収益的収支、収入として9,429万2,000円、支出8,003万9,000円、差し引きの1,425万3,000円。資本的収支、収入はゼロで、支出は3,941万6,000円、差し引きの△の3,941万6,000円。配水管敷設替布、「ふ」っていうのが布というふうに変えていただきたいと思います。済いません。それからバルブ取り付け、それから水源地取水送水ポンプ電動弁取り替え、消火栓移設など。

 質疑としまして、有収率はということで、年間総排水量91万3,589立方、年間有収水量74万1,834立方、差としまして17万1,755立方、有収率は81.2%であります。

 主な意見としまして、水道料金徴収収納率96.2%で、350万7,000円の未納額があり、過年度分も含めると3,427万1,157円。また前年度より、134万2,889円増加していて、徴収不能等過年度分も含めて何らかの対策が必要では。職員の手の育成が、技術屋さんの育成が必要では。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(大隈寛君) 日程第12、認定第5号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第5号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(相星義廣君) 議長。相星。



○議長(大隈寛君) 相星議員。



◎議員(相星義廣君) 認定第5号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計決算について、賛成の立場で討論を行います。

 23年度につきましては、歳入決算額1,238万576円、支出済額1,238万253円で、執行率98.7%であります。使用料は全額徴収されており、良好な運営がなされております。

 水質検査も年に2回、3カ所で検査され異常ないということであります。今後も水質保全と生活環境の向上に万全をつくしていただくよう、要望し討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第5号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、認定第5号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第13、認定第6号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第6号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第6号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 公共下水道の菅の工事は日々広がっております。麓地区も綾城の下のところまで今工事が広がってきています。住民としては、何か追われているような感覚だと言われた方がいらっしゃいます。加入を強制されないとはいえ、隣近所が加入すれば自分のところだけ取り残されたようになるのだということでした。

 私は水質の浄化や生活環境の向上には何ら意義を唱えるものではありません。しかし、最終処分場の工事を中断して、その経費を面整備に充てるというのは行政側の都合であり、そのために公共下水道区域が広がり、使用中の合併浄化槽が使用できなくなったり、新たな合併浄化槽の設置に補助金が出なくなるというのは不合理だと思っています。先ほども申し上げましたように、水質の浄化と生活環境の改善に異論はありません。しかし、財政負担の小さな制度もたくさんあるわけですから、これ以上は公共下水道事業拡大しないように求めるものです。

 以上、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(大隈寛君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第6号であります。平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算について、賛成の立場で討論を行います。

 歳出につきましては、予算現額3億2,704万8,000円、支出済額3億2,334万1,000円であります。不用額370万6,000円、執行率98.9%であります。

 23年度主な事業は、浄化センター増設3,920万円。面整備1億7,717万5,000円であります。面整備につきましては、町内業者で行っております。

 公共下水道で一番の課題は、加入率の増加と健全な財政運営であります。現在面整備も進み、加入率は52%であります。加入された方々は快適で衛生的な生活を送られております。町政座談会などで未加入者に理解をしていただき、最終年度、28年度までには初期の目的が達成されるように、加入促進に力を入れていただきたいと思います。滞納額も増加していると聞いておりますことから、今後については使用料の見直し等も検討されるように要望して、賛成の討論といたします。

 以上です。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第6号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第6号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第14、認定第7号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計決算に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 1点だけ。1点だけ総務委員長に伺います。

 今回、質疑の中で、以前に個人に設置されている合併浄化槽についての管理のことに触れられているんですけれども、公共下水道事業が検討されている公共下水道と町設置型の合併浄化槽が検討されていた時期に、公共下水道区域外の町設置型の合併浄化槽が一定、設置された後に個人設置の合併浄化槽も町が買い取るということで無償という話ではありましたけれども、それを買い取ってそれを町の財産として管理をしていく方向だということが、以前協議会で示されたことがあるのですけれども、担当職員も異動などで変わっていますので、そこ辺についてのQアンドAを読ませていただくと、担当課での認識がそのようにはなっていないのではないかなというふうに思ってはいるんですけれども、その点について委員会の中で出されなかったかどうか伺っておきたいと思います。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 委員会の中では、一般質問の中でもありましたように、現に個人でつかれているところもそうで、管理はというようなことだったかと思います。そしてそのときに、その当時にそういうお約束というか、そういうような考えがあるということは委員会では話は出ませんでした。

 以上であります。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 私が以前、これは文教福祉委員会の所管だったんです、合併浄化槽やら水道関係は。その時期の委員長をした2年間のときにその検討委員会がありまして、その中でこのことについては触れられておりますので、ぜひ次の機会に委員会でその点把握していただけたらと思っております。



○議長(大隈寛君) 日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 町長の答弁もありましたように、極力検討したいというような返事でもありましたので、そういったところもお願いできたらというふうに、委員会の中でも話がありました。



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第7号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(大隈寛君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 先ほどの認定6号、私が「議案」と言ったそうでありますから、訂正してお詫びを申し上げます。

 それでは、認定第7号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計決算について、賛成の立場で討論行います。

 歳出につきましては、予算現額2,194万4,000円、支出済額1,600万4,000円。不用額593万9,000円。執行率72.9%で…(「ちょっと待って、数字が違う」と呼ぶ者あり)予算総額が1,600万5,000円。それと歳出総額が1,600万4,000円であります。執行率はいいですか、72.9%。後で訂正します。執行率は後で訂正します。

 事業開始以来108基設置されていましたが、本年度になって伸び悩んでいる高齢者に対して、設置負担免除も行ったが加入につながらない。原因はあると思うが、今後未加入者の調査を行い、粘り強く推進していただき、水、環境生活環境の改善のため必要な事業であります。最後に未加入者もいないことを申し上げ、討論といたします。大変、失礼申し上げました。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第7号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、認定第7号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第15、認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。認定第8号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算につきまして、反対の討論を行います。

 決算申請意見書によりますと、平成22年度まで2人だった職員が、平成23年度には1人となっています。議会では上下水道課を設けてはどうかとの意見もある中、厳しい条件の中で安全な水の供給に尽力されていることや、有収率も平成22年度と比べると、若干ではありますが向上していることなど評価するものです。

 反対の理由は、消費税の添加です。平成23年度分として、約444万円の消費税が水道料金に上乗せされています。生きるためになくてはならない水への消費税の添加は認められません。さらに消費税が増税になれば、平成23年度の水道事業収益で試算しますと、8%で710万円。10%になれば888万円にものぼり、町民の暮らしに大きな影響を与えると思っています。有収率の向上や老朽化している水道管の点検、改修への取り組みを要望し、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(相星義廣君) 議長。相星。



○議長(大隈寛君) 相星議員。



◎議員(相星義廣君) 認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算について、賛成の立場で討論いたします。

 平成23年度は給水戸数2,853戸であり、前年より49戸増加し、給水人口も前年度より30人増の7,147人となっております。また、年間給水量は7,474万1,834トンで、前年度より2,702トン減となっている。

 経営面では総収益が9,429万3,000円に対し、総費用8,004万円となり、差し引き1,425万3,000円の黒字決算となっております。

 水道料金収納状況については、平成23年度9,233万5,240円、収納済み額8,882万8,240円であり、収納率96.2%で350万7,000円の未納額がある。町民の水道使用量の公平化のためにも、収納率を上げてもらいたい。配水管老朽化に伴う、配水管布設替えや漏水検査などの工事により有収率も前年度より0.9%上がっている。今後も無駄な水を出さないため、また町民に安全安心な水を届けることを要望し、賛成の討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。認定第8号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(大隈寛君) 起立多数。よって、認定第8号平成23年度綾町水道事業会計決算は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第16.発議第1号



○議長(大隈寛君) 日程第16、発議第1号綾町議会会議規則の一部を改正する規則に対する質疑を許します。質疑ですか。(「質疑といいますか、ちょっと訂正をと思ってるんですけど」と呼ぶ者あり)はい、許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 委員長報告の主な内容のところに、法律改正によって協議の場合の出席は公務災害補償の対策にならないじゃなくて、なることになったというふうにすべきじゃないかと思っています。



◎総務委員長(日高幸一君) この文から、理解がちょっと苦しいかもしれませんけど、私のこの報告では主な内容としましては、ならないことから平成20年に議会会議規則の一部改正を行ったということであります。20年前のことであります。



○議長(大隈寛君) だからこの条文のとおりならないことから、綾町でも20年に改正を行い、このたびさらにということであります。だから文章はこれで…



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(大隈寛君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 判断が難しいですよ、だからこういう改正20年が認められるようになったんですから、この文章そのまま読んだらならないということになりませんか。法律改正によって20年からなるようになったわけですよね。そこはちょっと明確にしておかないといけないんじゃないかなと思うんですけど。



○議長(大隈寛君) ただいま委員長のほうからも話がありました。「この法律改正によって」から「ならないことから」を消してもらって、綾町でも云々ということで、あとは生きると。そういうことにいたします。「綾町でも」ということから、あと以下生きると。そのままということで。だから上のほうはもう訂正してください。削除してください。

 日程第16、発議第1号綾町議会会議規則の一部を改正する規則に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。(「議長、ちょっと手順確認したほうがいい」と呼ぶ者あり)



◎議員(押川勝君) 議長。押川。



○議長(大隈寛君) 押川議員。



◎議員(押川勝君) 今の議長の発言ですと、委員長の訂正は何もないんですよね。だから委員長が訂正しないことには、この委員長報告は成り立たないと思うんですが。



○議長(大隈寛君) 失礼しました。討論の前に委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 議案番号発議第1号付託案件名綾町議会会議規則の一部を改正する規則。

 審査の経過及び経過。9月12日20日であります。

 内容は、綾町議会会議規則の一部を改正する。規則案の提案書にて審査した。

 主な内容としまして、訂正をお願いしたいと思います。「法律改正によって協議の場合の出席は公務災害補償の対象にならないことから」というのを全部消していただいて、「主な内容としまして、綾町でも平成20年に綾町議会会議規則の一部を改正行い、このたびさらに、委員長会議、議会報編集委員会を加えることにより公務災害に備えるものです」ということに変えていただきたいと思います。

 主な意見としまして、いっそう充実した議会法を期待する。

 採決の結果、全員賛成で可決でありました。



○議長(大隈寛君) 委員長に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。発議第1号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(畠中征郎君) 議長。畠中。



○議長(大隈寛君) 畠中議員。



◎議員(畠中征郎君) 発議第1号綾町議会会議規則の一部を改正する規則に対する討論を行いたいと思いますが、この発議につきましては提案理由のとおり、綾町の議会会議規則に委員長会議、さらには議会報編集委員会を加えて公務災害の対象とするものでありまして、いいほうに改正されるわけでありますから同意するものであります。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。発議第1号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、発議第1号綾町議会会議規則の一部を改正する規則は委員長報告のとおり可決されました。

 ただいま可決されました議会広報編集委員会の選任及び構成を決定しますので、議員の皆さん方は全協室にお集まりください。

 ここで暫時休憩いたします。

(休憩午後0時24分)

………………………………………………………………………………

(再開午後0時30分)



○議長(大隈寛君) 休憩以前に引き続き、会議を開きます。

 議会報編集委員会委員の選任及び構成が決定されましたので、局長より報告をいたします。



◎事務局長(松本淳資君) 私のほうから報告を申し上げます。

 総務委員会から入船議員、相星議員、日高幸一議員。文教福祉委員会から橋本議員、福田議員、日?憲治議員。

 以上となっております。



○議長(大隈寛君) 以上のとおり、議会報編集委員会の選任及び構成について決定…



◎事務局長(松本淳資君) 構成につきましては、委員長が橋本議員、副委員長が入船議員でございます。

 以上です。



○議長(大隈寛君) 以上のとおり、議会報編集委員会委員の選任及び構成について決定いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、ただいま選任いたしました6名を議会報編集委員会委員に選任し、ただいま紹介しました2名の方をそれぞれ委員長、副委員長に選任することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第17.平成24年請願第2号



○議長(大隈寛君) 日程第17、平成24年請願第2号所得税法56条の廃止を求める請願書を議題といたします。

 平成24年請願第2号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、平成24年請願第2号所得税法56条の廃止を求める請願書は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第18.平成24年請願第3号



○議長(大隈寛君) 日程第18、平成24年請願第3号国に「治安維持法犠牲者への国家賠償法(仮称)制定」を求める請願を議題といたします。

 本請願は、平成24年請願第3号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、平成24年請願第3号国に「治安維持法犠牲者への国家賠償法(仮称)制定」を求める請願は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第19.平成24年陳情第5号



○議長(大隈寛君) 日程第19、平成24年陳情第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書の採択についてを議題といたします。

 総務委員長の報告を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 議案番号平成24年陳情第5号付託案件名地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書の採択について。

 提出者は全国森林環境税創設促進議員連盟会長、板垣一徳様。

 審査の結果及び経過は9月12日から20日。陳情書にて審査した。

 主な内容としまして、二酸化炭素を吸収源としてもっとも重要な機能を有する森林の整備、保全等を推進する市町村の役割を踏まえ、地球温暖化対策のための税の一定割合を森林面積に応じて譲与する地方財源の確保を充実する仕組みを早急に構築すること。

 主な意見としまして、林業従事者の高齢化、後継者不足など大変厳しい情勢にあり、また一方では再生可能エネルギーの活用などの取り組みも不可欠であることから、地方財源確保に同意したい。

 採決の結果、全員賛成で採択であります。



○議長(大隈寛君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 採決を行います。平成24年陳情第5号に対する総務委員長の報告は採択であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、平成24年請願第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書の採択については、委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第20.議員派遣の件について



○議長(大隈寛君) 日程第20、議会派遣の件についてを議題といたします。

 議員派遣につきましては、綾町議会会議規則第113条の規定により、別紙のとおり派遣致したいと思います。

 また、計画の一部変更等については、議長に委任願いたいと思いますが、これに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣につきましては、別紙のとおり決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第21.各常任委員会の閉会中の審査及び調査について



○議長(大隈寛君) 日程第21、各常任委員会の閉会中の審査及び調査についてを議題といたします。

 各常任委員長より各常任委員会の所管事項について、閉会中の審査及び調査事項にいたしたいとの申し出がありました。

 お諮りいたします。各委員長より申し出のとおり、閉会中の審査及び調査とすることに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の審査及び調査とすることに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第22.議会運営員会の閉会中の審査について



○議長(大隈寛君) 日程第22、議会運営委員会の閉会中の審査についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会期日程と議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては、閉会中の審査事項とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会議日程と、議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては、閉会中の審査事項とすることに決定いたしまいた。

 ここで暫時休憩いたします。そのままお待ちください。

(休憩午後0時37分)

………………………………………………………………………………

(再開午後0時39分)



○議長(大隈寛君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 お諮りいたします。本日ここに意見書案1件が提出されました。これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(大隈寛君) 異議なしと認めます。よって、意見書案1件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

────────────・────・────────────

追加日程第1.意見書案第5号



○議長(大隈寛君) 追加日程第1、意見書案第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。日高委員長。



◎総務委員長(日高幸一君) 意見書案第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書。

 上記の議案を別紙のとおり、会議規則13条の規定により提出するものであります。

 裏を開けてください。地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書案であります。

 地球温暖化防止のためのと、こう書いてありますが、ごらんいただけてればありがたいと思います。

 まとめとしまして、二酸化炭素吸収源としてもっとも重要な機能を有する森林の整備、保全等を推進する市町村の役割を踏まえ、地球温暖化対策のための税の一定割合を森林の面積に応じて譲与する地方財源の確保を充実する仕組みを早急に構築すること。

 以上、地方自治法99条の規定により意見書を提出するものであります。同僚議員の御賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(大隈寛君) 質疑を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 質疑を終わります。

 討論を行います。意見書案第5号に対する反対の討論を許します。

(なし)



○議長(大隈寛君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(大隈寛君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) それでは、意見書案第5号であります。地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書案の採択について、賛成の立場で討論を行います。

 この意見書については、地球温暖化防止をより確実にするために、森林の整備、保全など、山村対策の抜本的な強化を図るため、新たな税財源として全国森林環境税を創設することであります。

 宮崎県におきましては、県の条例により1世帯500円の森林環境税を、既に平成18年度から県税として納めております。前年につきましては、里山の復元、植樹祭などに充てられているということであります。県としては全国に先駆けて林業県としての取り組まれた事業だと思っております。林業、木材産業におきましては、木材の価格の長期低迷や林業従事者の高齢化、また依然として低水準にある住宅需要など厳しい経営環境になっており、将来の見通しも不透明な状況であります。今回の創設により、税の割合を森林面積に応じて譲与することは、森林面積の大きい宮崎県については大事なことであります。同僚議員の賛同をお願いし、討論といたします。



○議長(大隈寛君) 討論を終わります。

 採決を行います。意見書案第5号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(大隈寛君) 起立全員。よって、意見書案第5号地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書については、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(大隈寛君) 以上で、本日の議事日程のすべてを終了いたしました。

 議員各位には会期中熱心なる御審議をいただきありがとうございました。また、執行部の皆様には誠意ある御説明、答弁をいただき、ありがとうございました。議員各位の御協力に改めて感謝申し上げます。大変お疲れでありました。

 ここで、町長の挨拶をお願いいたします。

(町長挨拶)



○議長(大隈寛君) これをもちまして、平成24年第3回定例会を閉会いたします。お疲れでした。



◎事務局長(松本淳資君) 御起立ください。一同、礼。

(閉会午後0時49分)

──────────────────────────────












│                                         │
│                                         │
│                                         │
│   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。    │
│                                         │
│                                         │
│      平成24年 9月25日                        │
│                                         │
│                                         │
│                  議  長 大隈  寛             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 押川  勝             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 押田 和義             │
│                                         │
│                                         │
│                                         │