議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

目次 03月23日−05号




平成 23年第3回定例会( 3月) − 03月23日−05号









平成 23年第3回定例会( 3月)


平成23年第3回(3月)綾町議会(定例会)会議録
平成23年3月23日再開    
   平成23年第3回綾町議会(定例会)が平成23年3月23日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   永   宏   文  │6    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   ?   憲   治  │7    │福   田   正   照  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   高   幸   一  │8    │入   船   康   紀  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │太   田   善   一  │10   │橋   本   由   里  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    事 務 局
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │前   田   栄   一  │書 記  │阪   元   裕   一  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    説 明 員
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │向 井  好 美  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │畠 中  純 一  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │松 田  典 久  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │松 本  淳 資  │町民生活課長   │田 中  敏 彦  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│社会教育課長   │谷 口  俊 彦  │農林振興課長   │中 薗  兼 次  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│教育総務課長   │黒 木  政 則  │会計管理者    │山 口  一 徳  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│監査委員     │中 村  桂太郎  │         │          │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘




平成23年第3回(3月)綾町議会(定例会)議事日程

平成23年3月23日再開   

     開    議

   日程第1議案第3号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

   日程第2議案第4号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例

   日程第3議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

   日程第4議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定について

   日程第5議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定について

   日程第6議案第8号宮崎公立大学事務組合規約の変更に関する協議について

   日程第7議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定について

   日程第8議案第10号福祉施設の指定管理者の指定について

   日程第9議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)

   日程第10議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

   日程第11議案第13号平成22年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)

   日程第12議案第14号平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)

   日程第13議案第15号平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)

   日程第14議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

   日程第15議案第17号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

   日程第16議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)

   日程第17議案第19号平成23年度綾町一般会計予算

   日程第18議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算

   日程第19議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算

   日程第20議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算

   日程第21議案第23号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算

   日程第22議案第24号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計予算

   日程第23議案第25号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算

   日程第24議案第26号平成23年度綾町水道事業会計予算

   日程第25議案第27号平成22年度綾町一般会計補正予算(第7号)

   日程第26意見書案第1号森林・林業・木材産業施策の積極的な推進を求める意見書

   日程第27意見書案第2号高病原性鳥インフルエンザ対策を求める意見書

   日程第28意見書案第3号新燃岳の噴火災害対策に関する意見書

   日程第29平成22年請願第3号所得税法56条の廃止を求める請願書

   日程第30平成22年請願第4号米価の大暴落に歯止めをかけるための請願

   日程第31平成22年請願第5号免税軽油制度の継続を求める請願

   日程第32平成22年陳情第9号司法修習生給費制存続の意見書提出を求める陳情

   日程第33平成23年陳情第1号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書の採択を求める陳情

                  書

   日程第34議員派遣の件について

   日程第35各常任委員会の閉会中の審査及び調査について

   日程第36議会運営委員会の閉会中の審査について

追加日程第1 意見書案第4号 350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書



会議に付した事件・議事日程と同じである。

──────────────────────────────

(再開午前10時00分)



◎事務局長(前田栄一君) 御起立ください。一同、礼。着席ください。



○議長(畠中征郎君) おはようございます。本日の議事日程は、委員長報告、討論、採決となっております。議事進行につきましては、御協力をお願いいたします。

 ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第3号



○議長(畠中征郎君) 日程第1、議案第3号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) おはようございます。総務委員会に付託されました案件について、ただいまから審査の経過及び結果を報告してまいります。

 議案第3号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例。審査期日が3月9日から18日。説明者が向井課長。

 内容としまして、地方公務員の育児休業等に関する法律の改正によって、非常勤職員に対する仕事と育児の両立を図るため、非常勤職員の育児休業について詳細を定めるものであります。

 質疑、臨時職員数は74名、委託職員数は28名、条件面は一般職員と同等。今のところ該当者はいません。

 意見として、現在のところ該当者はいない。特に異論はない。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第3号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) おはようございます。このたび、東北地方を襲った日本の歴史上かつてない地震、津波、死者行方不明の人は2万人とも報道されています。この被災された人たちと同じ苦しみはできませんが、せめてもの被災者への気持ちとして、この議会に参加している私たちで1人5,000円か1万円、見舞金として送ることはできないか。提案ではありませんが、私の希望です。畠中議長、音頭をよろしくお願いします。

 では、議案第3号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例、賛成の立場で討論いたします。

 当議案は、さきの法律の改正により公務員の育児休業が4月1日から執行されることにより、非常勤職員等にも同様の権利を与えるとのことで賛成です。

 公明党が野党時代、児童手当法案を提案した当時、各党もマスコミもばらまきではないかといって反対していましたが、公明党の少子化に対する情熱が最終的には勝ちました。今、お父さんお母さんたちが働きやすいよう、利用しやすいように、地方では考えられませんが、保育所を駅の近くにつくることを提案し、これも実現してきました。公明党は、この法案のような少子化対策にはもろ手を挙げて賛成します。

 討論、終わります。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第3号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第3号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第4号



△日程第3.議案第5号



○議長(畠中征郎君) 日程第2、議案第4号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例から日程第3、議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第4号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例。審査の経過及び結果、期日が3月9日より18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、平成21年10月1日から平成23年3月31日まで出産育児一時金の支給額が35万円から39万円に暫定的に引き上げられていたものが、平成23年4月1日から恒久化されるための条例を改正するものであります。

 質疑です。暫定の形だったのはなぜか。育児の部分も含み出産費用の高騰に考慮したものである。出生数のうち国保加入者は何名か。20年度が72名出生中13名、21年度が65名中18名であります。支給方法は現金か。現金である。全額で42万円、個人支払い分との差額を役場窓口で受け取る。産婦人科医院の出産費用の差は。施設やサービスの差で異なる。

 主な意見、賛成、引き上げにより少子化対策や子供を産み育てる条件が整うと考え期待をする。出産育児手当であれば十分育児に回せる額にしてほしい。

 審査の結果、可決であります。

 次に議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例。審査の経過及び結果、期日が3月9日から18日、説明者、谷口社会教育課長。

 主な内容、公園整備に伴って尾原ふれあい公園を新たに追加するもの。大字入野1455番地1が別表に加わります。

 質疑、公園化に向けての現状は。現在整地のみ、次年度芝を張り整備する。それから、訂正お願いいたします。次の質問、依然とありますが、前からの以前といいますか、今よりも前の意味の以前に訂正をお願いしたいと思います。以前、現地調査時に数本の自然木を生かしてほしいと希望したが。奥のほうの大木は残し生かしていく。

 主な意見、管理を委託する側として現状を見ていく必要があると思う。地区民の使い勝手のよい公園として整備してほしい。地域のふれあいの場となることを望む。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第4号から第5号までを日程に従い、質疑、討論、採決を行ないます。

 日程第2、議案第4号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◆議員(大隈寛君) 委員長に一つだけお聞きしますが、出生数のことなんですが、22年度、もしわかっておられれば教示いただくとありがたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 私もうっかりしておりましたが、22年度がなぜないのかなというふうに。今、福祉保健課長のほうから答えをいただきましたが、15名だそうです。よろしくお願いします。



◆議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◆議員(大隈寛君) 今言われた15名は、これは国保加入者ですか。っていうことでいいんですか。全体では、見込み。(「54」と呼ぶ者あり)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第4号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第4号であります、綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例について賛成の立場で討論を行ないます。

 この条例改正は、委員長報告にもありましたように平成21年10月1日から平成23年3月31日までの出産育児一時金の支給額が35万円から39万円に暫定的に引き上げられたものが、本年4月1日から恒久化されるための改正であります。

 現在、出産費用についても担当課長によりますと、高いところで41万円ぐらい、低いところでも25万円の費用が要るとのことであります。少子化が進行する中で、近年では働きながらの出産、子育てなど大変な状況であります。安心して子供を産み育てられる環境を整備し地域社会が一体となって子育てを支援していく体制づくりを期待し、討論といたします。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第4号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第4号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第3、議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第5号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例に賛成の立場で討論を行ないます。

 今回の改正は、町内にあるふれあい公園の中に尾原ふれあい公園を追加し、これを古屋自治公民館が管理するというものであります。住民の使い勝手のよい公園となるように期待をいたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第5号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第5号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第6号



△日程第5.議案第7号



○議長(畠中征郎君) 日程第4、議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定についてから日程第5、議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定についてまでを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定について。期日が3月16日、説明者が畠中課長に向井課長であります。

 内容は、綾町総合長期計画第6次の基本構想を作成したもので地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 審査は、連合審査を行っております。これまで第5次計画の経過について、現状について、そして基本構想についてであります。

 質疑、産業の振興策とは。6次化に向けて、いわゆる生産から加工、販売までの取り組みを行う。人づくり、学力向上ですが。これは、幅広い学校教育、社会教育を推し進めていくと。保健福祉、いわゆる健康長寿でありますが。これは、保健医療の充実を図ると。真の人間関係とは。地域コミュニティーの発展、社会のきずな、3世代交流の推進により構築をする。人口目標。基本構想の77ページを参照ということであります。

 要望、だれが見ても見やすいようにすべき。

 意見として、基本構想、まちづくりの理念に沿って絵にかいた餅にならぬよう、ぜひ実現していただきたい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 続きまして、第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定について。審査期日が3月9日から18日、説明者が畠中課長。

 内容としまして、財政上の特別措置により尾立養豚団地の施設整備や尿処理システムの整備をするため、尾立辺地に係る総合整備計画を作成するものです。期間が平成23年から27年度、5年間であります。

 質疑、JAが事業主体だが、事業計画などの町への提出は。提出してある。減価償却残があるが、具体的な説明を。これは、もう既に皆さん方の手元にありますとおり。内訳は。事業費が3億円、町が1億8,000万円、そのうち辺地債を1億5,000万円、残り3,000万円は単独費と80%が財源補てん、つまり交付税措置があるということであります。

 意見として、財源補てん80%で後年度負担軽減につながる。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第6号から議案第7号までを日程に従いまして、質疑、討論、採決を行います。

 日程第4、議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定についてを議題といたします。本議案につきましては、連合審査といたしましたので質疑を省略し直ちに討論を行ないます。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 済みません。発言を許可いただきましたので、総合審査のときに私は自分の意見を申し上げたんですけれども、担当課からは基本構想案を議会に提出しているので、この中身は提案したものとして変更できないというふうに伺いました。

 今、委員長報告の中に、人づくりということで「学力向上など」というふうに書いてあるんですけれども、提案では「など」という文言はないというふうに考えるんですけど。私が、今手元に持っているものでもないんですけれども、この「など」が入るのと入らないのでは、私は大きな違いがあると思っているんですけれども、そこの取り扱いはどのようになるんでしょうか。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 今、橋本議員のほうからありましたとおり、これは、ここに書いてあるとおり非常に幅広いことでありますから、人づくり、括弧して学力向上ということでなってると思っております。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 私は、この提案書を読んだときに、人づくりを学力向上っていうふうに狭く制限してることに疑問を持ちましたので、審査のときにも課長にその思いと考え方を述べて、また伺ったつもりなんですけれども。厳しくいえば、私、健康長寿っていう書き方も本当は違和感を持っています。健康長寿っていう言葉そのものには、だれもあこがれを持ち自分もそうなりたいものだと思っているわけですけれども、生まれたときから健康を持ち合わせなかった人に対しては、ある意味差別的な用語にもなるというふうに思っておりますので。保健福祉、人づくりっていう形で括弧書きは、私は外されることが、討論の中でもそういうふうに書いてるんですけれども。細かい計画書のほうに、私たち意見を申し上げる立場にはないということで、あくまでもこの構想案で、「議会に提案したものです」っていうふうに言われましたので。私は、そこは私の中ではかなりこだわりを持って読んだとこなので、「など」を入れるっていうことになると社会教育までいくと思うんですけど、学力向上で社会教育をっていうふうには、私はどうしても思えませんので、「など」ということについてはどうしても引っかかるんですけど、「など」を含めた提案だというふうに思っていいのかどうかなんですけど。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 橋本委員と、私、総務委員長としては若干見解が違います。そういったことで、ここに書いてあるとおりっていうことで御理解をいただくとありがたいと思っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第6号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定について、意見を述べて賛成をしたいと思います。

 今基本構想案は、長期とはいえ5年間ですから先が見通せるという意味では具体的にされやすく、町民にとっても非常に見えやすい期間だと考えております。そういう点では、これまでの10年間の長期計画のように理想論的なものとは異なり、より具体的で一年一年評価できるものだと思って期待をしているところでございます。

 今も申し上げましたように、その第1章の中に、町長がさまざまな機会のあいさつや祝辞の中で言われる5つのまちづくりについて述べている文章の中ですけれども、「人づくり(学力向上)、保健福祉(健康長寿)のまちづくり」という文言が入っております。私は、ただいま申し上げましたように、括弧書きは削除されるよう要望いたします。責任を持っておられます総務委員長の報告の中にも「など」という言葉をわざわざ入れたのには、総務委員長の思いがあるというふうに理解いたしました。ただ、出されました構想案はそうはなっておりませんので、ぜひこの点については執行部において再検討されるよう求めるものです。第1章は基本理念ですから、もっとおおらかにして幅広く、狭い意味で限定をされるべきではないとの見解です。

 次に、加えてほしいものとして、町民の中に起きております不安の一つである入院できる医療機関が町内1カ所になってしまったことに対する考え方について、ぜひともこの計画の中に加えていただきたいと思っております。さらに、今回の東北関東大震災の教訓をより具体的にするために、ダムの安全対策や備蓄なども含めてきめ細かな防災対策の具体化も求めます。

 長期計画は、これはやりませんというものでは決してなく、住民の方々の思いにこたえていこうというものであるという立場から賛成をいたします。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定について賛成の立場で討論いたします。

 宮崎においては、口蹄疫、鳥インフルエンザ、東北の大地震、大津波、原子力の問題、今、何が起こるかわからないと思うのは私一人ではないと思います。このようなとき、長期計画の10周年期を5年に決断されたことに賛同いたします。

 この総合計画の第3章の教育関係ですが、「ふるさと綾のよさ、魅力を発見する、教育を推進する」とあります。私は、以前から照葉樹林はもとよりですが、綾には大きな清流が2つあり、これも大きな綾の宝だと思います。また、教育の推進で、現在塾に通う生徒に援助をしています。それにより成績がよくなっている実績も出ているとのことで、大変うれしく思います。他の町村では聞いたことがありません。モンゴルの言葉に、「教育は宝なり」との格言もあります。子供のときは、学べば学ぶほど砂地が水を吸うように頭に入っていくようです。同じ3章の?に教育環境の充実を掲げて、今、綾町では建設中のつり橋、産業会館が完成すれば、あとは中学校だけが残ります。この長期構想計画の中に、耐震構造の中学校の設計図が盛り込まれることを望みます。

 最後に、教育関係しか触れませんでしたが、この長期計画の基本構想、すばらしい計画内容だと感じました。執行部においては、この構想、目標に向かって前進されるよう願って、討論とします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第6号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第6号綾町総合長期計画の基本構想の策定については、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第5、議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定についてを議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第7号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定について反対討論をします。

 このたび、公共的施設の整備計画として、養豚団地施設整備として総事業費3億円という莫大な事業費が組まれています。公共的施設として、どれだけの町民がかかわりがあるのでしょうか。主たる利用農家は2軒、そのほか小規模な豚舎を入れても雇用数は家族入れても20名ぐらいと聞いております。平成元年度から豚舎整備として22年度まで、農協が単独事業も含め3億1,751万6,000円、家畜ふん尿処理施設整備においては、何と、平成元年度からほぼ2年おきに、事業費として合計3億8,102万1,000円の多額な尿処理施設改善ということで予算化されてきました。今回JA負担を除いて1億8,000万円もの公的補助になるわけであります。豚舎の立地条件として、これから先どれだけ公費をかけ続けなければならないのかわかりませんが、今回の整備ですら「ハイテクという意味では十分でない」と答えが返ってきました。公から民へ託すべきときがとっくに来てるのではないでしょうか。何よりほかに、個人経営の養豚者からすればただただうらやましい限りで、不公平感がぬぐい切れないと思います。

 昨年度から宮崎は特に災害続きで、被災に遭った援助もまだまだ手が届いておらず、あすをどう乗り切っていこうかと必死に頑張っておられます。それは、JAの皆様が一番感じておられることだと思いますが、とにかく優先順位として、もうしばらく本当に援助の手を差し伸べてる人に先行すべきではないでしょうか。

 今回の養豚団地施設整備事業に関しては、時期尚早ということで反対とします。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定について反対討論を行います。

 反対の理由は、今議案の尾立辺地に係る総合整備計画の策定の根拠となる辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の第1条にうたわれている目的に照らし、その目的に合った事業だとは思えないということです。取り組もうとしている施設が、その目的に合った公共的施設であるとの見解には立たないという立場です。

 この法律は、目的第1条で、「この法律は、辺地を包括する市町村について、当分の間、当該辺地に係る公共的施設の総合的かつ計画的な整備を促進するために必要な財政上の特別措置等を定め、辺地とその他の地域との間における住民の生活文化水準の著しい格差の是正を図ることを目的とする」とされております。さらに、定義第2条の1では、「この法律において、辺地とは交通条件及び自然的、経済的、文化的諸条件に恵まれず、他の地域に比較して住民の生活文化水準が著しく低い山間地、離島、その他のへんぴな地域で、住民の数その他について政令で定める要件に該当しているものをいう」となっております。また、さらにその第2では、「公共的施設としては、辺地その他の地域との間における住民の生活文化水準の著しい格差の是正を図るため最低限度必要なものとされ、1、電灯用電気供給施設、2、道路及び渡船施設、3、小学校もしくは中学校または中等教育学校の前期課程の児童または生徒の通学を容易にするための自動車、渡船施設または寄宿舎、4、診療施設、5、飲料用水供給施設、6、前号に掲げるもののほか政令で定める施設」となっております。これでいきますと、その最後の「その他」ということになるのだと思います。

 要は、あくまで今回でいえば尾立の住民の皆さんの生活文化水準向上のための公共施設こそが目的でなければならないものであり、今計画は尾立の住民の皆さんが置かれている生活環境を口実にして養豚センターをつくり、たった2法人にそれを提供しようとするものだと思います。このような多額の公費を投入することは、不公平不平等という点でも認めることはできません。少なくとも、地域住民への説明こそ優先されるべきではないでしょうか。事業主体がJA綾であり、その事業主体者が説明すべきであるという考えは、この計画を国に上げ起債をする自治体として無責任だと考えます。事業費3億円のうち町は1億8,000万円を負担し、そのうち1億5,000万円が辺地債であり、80%の交付税措置がなされるということでありますけれども、それでも合わせて6,000万円は町の持ち出しになります。その6,000万円が2法人のみのために使われるという事実は、到底、町民合意が得られるとは思えません。ごみの集積場の借地料や安全確保のための街灯の電気代さえ住民負担を強いている中で、不公平不平等なこの計画を認めることはできません。

 以上述べまして、反対討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定について賛成の討論いたします。

 この整備計画の作成に当たり、尾立養豚団地は20数年経過しいろいろなところに不備が出てきてます。あの口蹄疫の対策時、十分な対策もできなかったとのことです。また、この養豚事業には20名以上の雇用で、辺地の尾立地域の活性化にもなります。この計画には、委員長の報告どおり1億5,000万円の辺地対策事業債で養豚事業者が優位に事業が進められます。一番の問題は、近隣への悪臭です。1歩でも2歩でも改善しなければならないと思います。また、ふん尿処理ですが、綾のブランドといえるような完全な肥料をつくって、循環式リサイクルを完成していただきたいと思います。

 最後に、養豚業に携わる人たち、作業は悪臭の中での作業で大変ですが、国民の食料基地を自分たちが支えているとの誇りを持って作業されることです。

 以上、討論を終わります。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第7号に賛成の立場で討論いたします。

 この案件には、非常に、私個人、どう結論するのか、正直申し上げまして悩んだところでございます。

 一つは、やっぱりいい面としては、養豚業者が年々減っていくと。それに対して、こういう施設をつくることによって減った分をカバーできると。規模を拡大することができるというような面でございます。それから、今の綾豚会が少なくともJA綾に対する貢献度は非常に大きいものがある。これも事実でございます。

 しかし、一方では先ほどから言われますように、どうしても不公平感がぬぐい切れないという思いは率直にいたします。先ほど、同僚議員が申されましたように、確かに貢献度もあるわけですけれども、その分はJAも行政も、もう何回となくふん尿、し尿処理に困っているといえば手を打つ、火災に遭ったといえば手を打つというようなことを繰り返したわけでございます。

 最初つくったときは、5農家かもしくは6農家が対象だったと思うんですけれども、今回は2法人と申されますけれども2戸でございます。その辺を考えると、どうしようかなと正直迷ったところでございますけれども。これから先の綾の農業、すなわち養豚農家の経営という面からいたしましてモデルとなるような事業をやってもらいたいという期待感も含めて賛成とするところでございますが。今後、またさらなる、こういう施設をつくってもふん尿処理がうまくいかないと、またこの対策をということになると、もうこれは2法人でやってもらうべきだと。これ以上の助成はすべきでないと。そういうとらえ方をいたしております。

 終わります。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第7号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 7名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第7号尾立辺地に係る総合整備計画の策定については、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案第8号



○議長(畠中征郎君) 日程第6、議案第8号宮崎公立大学事務組合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第8号宮崎公立大学事務組合規約の変更に関する協議について。審査の経過及び結果、期日が3月9日から18日。

 主な内容としまして、宮崎公立大学事務組合開催に伴う事務の継承等の条文追加について宮崎市、国富町と協議をするものであります。

 主な意見、綾、国富が脱退する規約の変更であり賛成する。大学運営上やむを得ない。向こう10年間、入学金の一部免除が約束されており賛成。地元企業への優秀な人材育成の場として今後も期待する。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第8号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第8号宮崎公立大学事務組合規約の変更に関する協議について賛成討論します。

 委員長報告のとおりでありますが、本年3月31日をもって宮崎市と国富町及び綾町で構成する宮崎公立大学事務組合を解散いたしまして、宮崎市が単独で公立大学法人の設立団体となるものであり賛成といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第8号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第8号宮崎公立大学事務組合規約の変更に関する協議については、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第9号



○議長(畠中征郎君) 日程第7、議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定について。期日が3月9日から18日、説明者が松本課長。

 内容、綾町自然休養村公園ほか18の産業観光施設の指定管理者を綾町産業活性化協会に、綾手づくりほんものセンターの指定管理者を綾町商工振興会とするものです。期間が平成23年4月1日から平成28年3月31日の5年間であります。

 質疑、選考委員は。6名であります。副町長、商工会副会長、議会総務委員長、公民館連協長。次、ちょっと訂正をお願いします。観光協会副会長。それと農協長を消していただいて、産業観光課長。施設単独受託はできないのか。できない、募集要項に基づいて行っているので。

 意見として、特にない。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行ないます。議案第9号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定について賛成の立場で討論いたします。

 この9号議案は、活性化協会の理事長、トップを決めるに、公募によって募集し6人の選考委員会で決定することになっています。今回においても、申し出は前田町長以外なかったとのことです。ちなみに、この活性化協会のことを一番よく知っておられるのも町長なのではないかと思い、適任だと感じます。

 22年度はいろいろな出来事があったとはいえ、一般会計から活性化協会に1,800万円が持ち出されています。この持ち出しが少なくなるよう御努力されることを望み、賛成の討論とします。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定につきまして、意見と要望を申し上げて賛成の討論を行います。

 この産業観光関係の施設が指定管理者の指定を受けた平成18年6月議会で、日本共産党は意見と要望を述べ賛成をいたしました。その当時の討論の要旨は、その時点では、町が多額の委託料を支出してやっと運営している中での民間委託は難しいであろうことが予測されることから、サービス業としての改善を求め、特に観光分野については、次の更新時には実質町運営ではない形となることを求めております。しかし、その後約5年を経過した今日でも、相変わらず多額の委託料を払う状況は改善されておりません。

 しかし、ことし大きな被害をもたらした口蹄疫や鳥インフルエンザ、新燃岳の降灰など相次ぐ悪影響も考慮し、賛成をすることといたしました。これからの5年間で、民間への委託が、移管ができるように改善を求めるものです。

 また、手づくりほんものセンターにつきましても、本当に今の形がいいのか。出品者の運営などもぜひ検討してほしいという要望を述べまして、討論といたします。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定について賛成の立場で討論いたします。

 平成22年度から相次ぐ災難続きで、何もかも消費は減じております。私も、綾手づくりほんものセンター、綾町振興商工会役員として、何とか乗り切っていかねばとあの手この手と駆使し、またイベント等を組み、出品者の協力あってのことですが、それでも数千万円の売り上げ減になるのではと案じております。事あるごとに、3役員初め店長を挟んで打開策を練っているのですが、次から次へと降りかかる災難に戸惑っているのが現状であります。

 また、綾町産業活性化協会にしましても、少数でのスタッフ対応で限界かと思いますが、何といっても綾町の顔でありホスピタリティーっていう意味で笑顔はゼロ円であります。何とかこの荒波に乗り切っていただき、また役員一同頑張っていただきたいと願っており、賛成といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第9号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第9号産業観光関連施設の指定管理者の指定については、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第10号



○議長(畠中征郎君) 日程第8、議案第10号福祉施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第10号福祉施設の指定管理者の指定について。審査の経過及び結果、期日が3月9日から18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、綾町ケアハウスうるおいの里、綾町児童館、綾町デイ・サービスセンターの3施設の指定管理者を社会福祉法人綾町社会福祉協議会とするものであります。期間が平成23年4月1日から平成28年3月31日までの5年間であります。

 主な意見、社協が運営することに反対はないが、財政的なメリットがあるとは思えない。形式的な公募に思える。それから、デイ・サービスの部分でありますが、弁当宅配時に一声かける、特に独居老人等の安否確認を含めた気配りがほしいということであります。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第10号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第10号福祉施設の指定管理者の指定について賛成の立場で討論を行ないます。

 福祉施設の指定管理者を、社会福祉法人綾町社会福祉協議会とするものであります。それぞれの施設のさらなる充実を求めまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行ないます。議案第10号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第10号福祉施設の指定管理者の指定については、委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩いたします。

(休憩午前10時55分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時03分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第9.議案第11号



○議長(畠中征郎君) 日程第9、議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 最初に、文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)。審査の経過及び結果。期日が3月9日から18日。説明者、黒木教育総務課長、谷口社会教育課長、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、まず教育、小学校体育館耐震補助の減で92万4,000円、学力向上支援事業82万円の減、口蹄疫発生のため回数、参加人数が減じたということであります。

 あと、事務費から数字の部分、ごらんをいただきたいと思います。

 質疑、小学校体育館耐震工事とは。壁に筋交いを入れ、内壁を張りかえるもの。学校支援地域協議会とは。地域の方々に手伝いを求める。放課後学習教室の効果は。生徒を指名して居残りさせ、学習させ、指導をした。担当が講師の先生、アルバイトであります。下位レベルの生徒──生徒「が」を入れてください──下位レベルの生徒が伸びる手ごたえを先生が感じてきている。町が昴塾を依頼したことで、個人で塾に行く生徒が減ったか。実態調査はしていないが減ったと思う。昴塾の効果は。成績は徐々に上がってきている。

 福祉の分、数字的に項目が多く書き出しておりますけれども、ごらんをいただきたいと思います。

 質疑。1,000円単位まで細かく補正が出ているが。見込みであるが、ほぼ確定の数字であります。介護予防サービス給付が減じたが利用がなかったのか。在宅介護重点の考えで当初予算を大目に組んだためです。保育士の途中退職があったが、子供の対応は。未満児の入所を待ってもらった。歩行浴プールが狭いとの声を聞くが対応は。利用者の歩行スピードが違い、狭くて追い越せないが、現状では改修は難しい。利用時間の調整でお願いをしたい。子供医療費が減額だが。見込みの基礎がなかった。不妊治療を知らないとの声があるが。予算にかかわらず広報をしていく。子ども手当が減じたが。住基上での求めた数字であり、公務員転出分も入っていたためであります。

 主な意見。社会福祉費対策費の減額が気になる。利用したい人が十分に活用できたのか疑問である。実績がないと減額補正が多い。もっと早く精査できればほかの事業にいかせるのではないか。参加者減による学力向上支援事業の減額が気になる。手だてはできなかったかと考える。図書館利用率アップにつながる取り組みのシステム導入を検討してほしい。子ども手当の使われ方。実際、町内消費が伸びたのか、効果を精査してほしい。南俣保育所入札残は評価をする。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)、審査の期日が3月9日から18日。説明者が向井課長、畠中課長、田中課長、松本課長、清水課長、樋口主幹、中薗課長。

 今回の補正額は3,146万4,000円です。補正予算書、所管課の資料、現地調査などによって審査を行っております。

 質疑です。ケーブルテレビの接続箇所は。公営住宅分。軽自動車税についての減額は。見込み、取り消しなど。繰越明許は。2月、3月の内示のおくれなど。永田分譲地の今後は。再評価をしてみたい。交付税の22年度見通しは。20億4,200万円、これは当初予算に比べると4.2%の増であります。飼料ラッピング実績は。大きいロールで1個3,000円の1,574個、小さいロールで1個1,500円で190個、四角い乾燥草でございますが、これが1個126円、1,168円のトータルの約3,000個。耕作放棄地実績は。21年度で5ヘクタール、22年度が1.2ヘク、4年間で20ヘクタール。畜産伝染病は。白血病、血液感染だそうです、1頭分。繁殖メス牛保留対策の減額は。今は競りが高い。これも一時的なもので、今後は自家保留していく必要がある。黄化えそ病について効果はどうだったのか。防虫ネット、耕種農家個々の温度差も以前とすると意識は高まってきている。116戸中54戸が発生ということであります。

 商工関係です。収入減の圧縮は。つり橋の貢献が高い。いかにつり橋に依存する部分が多いかということであります。支配人の役割は時代に即した営業力、企画力などの能力が求められるのでは。公募でやるとか。これに対して、資質向上に向けて研修、アドバイザーからの経営診断などに努めていくと。建設、地元の要望意見を聞いて施工してもらいたい。きめ細かく事業を執行してもらいたい。要望であります。

 意見として、繰り越し箇所も早急に発注し、地域経済の活性化になるようにしてほしい。農業関係、費用対効果など、本当に事業の目的に沿って達成できたのか検証して、次につながるようにすべき。若者定住対策もかなりの成果も上がっております。次の手だても考えていくべき、活性化協会委託料1,800万円ですか、これの圧縮に努めるべき。永田分譲地は再評価して、あらゆる手段を講じて販売に努めること。

 採決の結果、全員賛成、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 各委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 大隈委員長に1点お伺いをいたしますけれども、先ほど意見としてというところで、若者定住対策もそれなりに効果もあり、次の手だてを考えていくべきとありますが、次の手だてというのはどういうことが議論されたのでしょうか。次の手だてと書いてあるんですけれども、例えば若者定住対策を今後どうにかしていくべきだということになろうと思うんですけれども、行政側で勝手に考えてくれというところだけで終わったのか、ほかに話し合いがあったのか。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) ここに書いてあるのは、意見はあくまでも個人的な見解でありまして、特段これこういうところにこういうことをやってほしいとか、具体的なことまでは話はなかったんですが、総務委員長としては、来年度23年度もありますように、この若者定住子育て支援ということでストック事業、国の方からお金を9割もらって、空き家対策としてそれを改修して、そういった事業もあります。こういったことも含んでの意見だったと思っております。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◆議員(入船康紀君) 1点だけ、総務委員長にお伺いいたします。

 黄化えそについては大変心配しているところでありますけれども、ここに書いてありますように、数でありますけど116戸中54戸が発生しているということでありますが、系統外あわせて116かなという考えでありますが、農家系統だけの数か、あるいは54戸というのは後作、ことし1月から、それの数か、そこをはっきりしていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) これは全体ということでとらえておるんですが、この54戸発生というのは、今まで発生から今日に至るまでの件数だろうということでお聞きしております。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◆議員(入船康紀君) あの農協、私もこれは気をつけておるから心配するわけでありますけども、農協での指導、委員会報告では、何か八十何名というようなことを聞くわけです。そこ辺が具体的に農協から農林振興課のほうに報告が間違っているんじゃないかと危惧するわけでありますけども。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 詳細については、担当課長の方から後ほど報告いたします。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を終わります。

 討論を行います。議案第11号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)につきまして反対の討論を行います。

 所管の委員会の部分については同意をいたしました。今年度の最終補正ということで、多くは減額補正ですけれども、そのことも含めて検討した結果、同意しないことといたしました。

 その理由は、今補正から2011年度に繰り越す2,000万円についてです。あとの新年度の一般会計予算に出てくる前年度からの繰越金、つまり今補正の中にあるであろう2,000万円が、どう計算されて、予備費ではなく繰越金とされるのか理解ができないところでございます。

 また、予備費と今補正で70万6,000円追加し、1,959万3,000円となっております。これも多くは新年度予算に結果として入っていくものと思っております。新年度の一般会計予算に対する討論でも述べるつもりでおりますが、町民の皆さんの暮らしはますます大変になっております。

 先日──先日だけではありませんが、農協の金融のところで座っておりますと、農家の方々がお金のやりくりが大変だという話を日常的に耳にいたします。日本共産党綾支部で今お願いしておりますアンケートの回答でも、子供の仕事が見つからない。正規の雇用でなく困っている。給料が安い。体調が悪いなどなど、生活への不安がたくさん寄せられています。

 こうした中で、大まかなつかみの数字で2,000万円余りそうです。予備費も約2,000万円翌年に回せそうですということではなく、町民の暮らしのために役立ててほしいと考えております。

 公営住宅の修理代が不足しているのか、緊急に必要な要望をしても補修に手がつけられておりません。古い中川原の住宅やふもとの住宅など、ぜひ回っていただきたいと思っております。そういったところにこの予備費だったり、繰り越されるお金が使われるべきではないでしょうか。

 なお、永田分譲地の売り払い収入の減額につきましては、売却に至らない理由、原因を追究されるよう求めます。西中坪住宅前の道路に多くの路上駐車がされていることは要因にはなっていないでしょうか。再評価や環境も含めて調査し、売却に努められるよう求め、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算に賛成し、討論いたします。

 まず、繰越明許費補正が5事業ありますが、町内の経済活性化のため、繰り越し案件につきましては、年度当初に発注していただき、切れ目のない事業発注の措置としていただきたいと思っています。

 農業予算につきましては、取り組み事業項目が多岐にわたっておりますが、費用対効果を検証していただき、事業を精査し、選択と集中を持って実行性を抱くよう事業の見直しの必要性が感じられます。

 また、若者定住促進事業は大変好評であり、転入増につながっているようでありますが、6年目以降の定住を見据えたその手だてが肝要だと思っているところでございます。

 商工費では、活性化協会施設管理委託料が1,800万円の増額補正されております。これは地方経済の低迷と口蹄疫が蔓延し、県の非常事態宣言による不急不要の外出の自粛等の要請の影響によるものと思われます。しかし、平成19年以来、利用料の減少が続いているのですから、接遇のあり方を含めたサービス全般を見直し、外郭団体特有のぬるま湯体質を一掃し、体質改善を図り、地域経済を牽引する役割を担ってほしいと要望いたします。

 また、永田分譲地は地価公示価格が下落している現状を踏まえ、再評価していただき、販売促進に努めていただきたいと思っているところでございます。

 町税につきましては、町税収入がここ数年減少傾向にあります。これはとりもなおさず町民の課税対象者等が落ち込んでいることによるものですが、なかんずく農業所得の落ち込みが著しいようです。

 綾町農産物のブランド化と生産性向上による農業の振興と町内経済活性化へのさらなる充実強化策を講じていただきますよう要望いたしまして討論といたします。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算について賛成討論いたします。

 所管のみの討論になるわけですが、昨年から相次ぐ災難に宮崎県は被災に遭い、当初の予算計画にのった執行ができなかった年でありました。宮崎県下一円に響いていると思います。我が町とて例外ではなく、それは数字として判断できますが、部分的には、例えば社会福祉費でいえば、実績見込みによる減額が目立つわけであります。もし執行残という部分があるとするならば、控除という関連から、次年度へ反映させていただきたいと思います。

 東北の地震により、これから先、本当に不安なのですが、平穏な暮らし、平穏な新年度予算執行ができることを願って、補正予算について賛成といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第11号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第11号平成22年度綾町一般会計補正予算(第6号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩をいたします。午後は1時半から開会いたします。

(休憩午前11時23分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時27分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第10.議案第12号



△日程第11.議案第13号



△日程第12.議案第14号



△日程第13.議案第15号



○議長(畠中征郎君) 日程第10、議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)から、日程第13、議案第15号平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)。

 審査の経過及び結果、期日3月9日から18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、高額医療費が一般被保険者、退職被保険者、ともに当初見込みより増加しているための補正が主なものでありました。一般被保険者療養給付費214万円の増、一般被保険者高額療養費124万円の増、いずれも当初見込みより増加をしております。

 質疑。レセプトの電子化の補正予算は。12月議会でも出されたが、今回は国保連合会のシステム変更154万8,000円分である。ちなみに、綾町のレセプト点検件数は3万9,996件であります。

 医療費は、どれぐらい伸びているのか。県内では、26市町村中23位である、それほど高くない。

 障がい者は、一度認定すると、認定等級は変わらないのか。身体障害者認定基準に基づき、審査をされ認定される。

 退職者医療分は、どこからくるのか。被保険者制度、全国健康保険協会、組合健康保険、共済組合などから支払い基金に集めて、国保特会に配分をされる。

 主な意見。難しいとは思うが、以前の議会では医療費の伸びがあれば分析の資料の提供があった。もっと掘り下げられないのか。特に、退職者医療の伸びが著しい。多少なり、国保会計に影響もある。できる限りの分析が必要である。国保事業には、限界を感じている。昨年からの災害続きの今こそ、国の負担割合を上げる要求をすべきである。町としても、いろんな健康事業に取り組んでいるが、果たして機能しているのか疑問もある。さらなる担当者の努力も望む。

 審査の結果、可決であります。

 続きまして、議案第13号平成22年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)。

 審査の経過及び結果。期日が3月9日から18日。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容。委託料、扶助費とも、実績見込みによる減額補正が主である。平成20年3月診療分で老人保健制度が終了し、後期高齢者医療制度となったため、平成23年3月までは過誤レセプトで誤った請求の修正など、請求遅延分の処理をしている。

 質疑。3年間も過誤請求があるものなのか。第三者の関係、交通事故などを加味で、3年間の余裕を見ていた。

 主な意見はなく、審査の結果、可決であります。

 次に、議案第14号平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)。

 審査の経過及び結果。期日が3月9日から18日。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容。所得の減少や低所得者の保険料軽減による保険料の減額補正が主なものである。

 歳入歳出の主なものを上げております。ごらんをいただきたいと思います。

 質疑。普通徴収者の滞納状況は。滞納者7人、滞納額が52万3,700円です。

 検診事業、それにしても受診者が少ないが。通院されている人を受診の対象から外していた。

 県の指導監査で指摘を受けたが。その後取り組んだが間に合わなかった。

 所得の減による保険料減額補正となるが、年金受給者に大きな変動があるのか。見込み違いであった、予想以上に年金の額が少なかった。

 主な意見。低所得者が多くて保険料が減ったとか、軽減対象者がふえたとかあるが、3月補正ではなく、もっと早くやるべきだ。見込みも、もっと正確にしてほしい。75歳以上の高齢者でありますから、負担増にならないように。軽減世帯の増加は時代を象徴した減少である。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第15号平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)。

 審査の経過及び結果。期日3月9日から18日。説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容。介護サービス、介護計画、介護予防、ともに実績見込みによる減額が主なものである。利用者の立場になり審査をしました。

 減額の給付費等の減額の数字を出しております。ごらんをいただきたいと思います。

 質疑。歳出の高額介護サービス費以外は減額予算だが。施設利用は増えて在宅、地域密着サービス利用は減じた。

 ケアマネージャーは何人か。5人である。

 やすらぎの待機者は何人か。申し込みは、現在50人ぐらいである。

 包括支援センターの看板は設置したか。早目に設置をする。

 主な意見。減額補正の裏に何があるのかつかむべきである。介護保険は、制度そのものに問題が多い。第5期計画に向けて、綾町の実態に即した制度を望む。受けたくても受けられない現状にある。改革の時期が来ている。施設介護だけが伸びている現状も調査すべきである。介護度が進まないように、しっかりと予防事業に取り組んでほしい。

 審査の結果、可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより議案第12号から議案第15号までを、日程に従いまして、質疑、討論、採決を行います。

 日程第10、議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第12号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論を行います。

 今回の補正は、減額補正でありますが、歳出においては保険給付費、一般及び退職者の医療費の増額であり、当初より増加しております。この医療費の引き下げに努力を願うものであります。国民健康保険の中で行う、特定検診や保健指導の受診率を高め、病気などの早期発見や健康対策を積極的に推進することが重要な課題であります。医療費の高騰が国保税に影響します。なお、現在も社会経済情勢は不安定であります。収納率向上が大きな課題であります。

 以上を申し上げ討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第12号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第12号平成22年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第11、議案第13号平成22年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第13号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第13号平成22年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)の賛成討論を行います。

 今回の補正は、無くなった制度の残務処理であります。

 賛成といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第13号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第13号平成22年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第12、議案第14号平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第14号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第14号平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について、賛成討論をいたします。

 特別徴収保険料にしても、普通徴収保険料にしても、低所得者の保険料軽減や所得の減少による保険料の減額ということで、軽減対象者が増加したというのが、ますます高齢化社会のひずみがあらわれているような気がします。とにかく、高齢者に優しい新しい改革案を願って、補正に対し賛成とします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第14号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第14号平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第13、議案第15号平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第15号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第15号であります、平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論を行います。

 今回の補正については、すべての事業が減額でありますが、高額介護サービスのみ実績見込みによる増額であります。介護保険事業として、高齢者が要介護状態にならないように、また要介護状態がさらに悪化しないように介護予防事業が大事であります。収納については、収納率向上を図るとともに、住みなれた地域や家庭で引き続き生活できるよう、介護サービスの充実を図るとともに、介護保険事業の円滑な運営を推進する。また、家庭で介護される方の負担が軽減できるよう、相談事業等に力を入れていただくよう要望して討論といたします。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第15号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第15号平成22年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)は、委員長報告のとおり決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第14.議案第16号



△日程第15.議案第17号



△日程第16.議案第18号



○議長(畠中征郎君) 日程第14、議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)から日程第16、議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)までを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)。審査の期日は3月9日から18日。説明者が清水課長、樋口主幹。

 内容は、収支がゼロです。補正予算書によって審査を行っております。

 質疑であります。滞納状況は。今年度2月末、調定額が2,124万1,000円、収納額が2,053万7,000円、未納が70万4,000円、過年度分が60万4,000円、つなぎ込み戸数は619戸、49.2%。

 意見として、今から加入促進に努めること。そうでないと、後年度負担が生じる。特に、処理場の運転経費など。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 続きまして、議案第17号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)。審査の期日は3月9日から18日。説明者が田中課長。

 補正額が△の110万円。補正予算書にて審査を行っております。

 意見としては、特段ありません。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 続きまして、議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)。期日が3月9日から18日。説明者が田中課長。

 補正額が△の1,136万8,000円。

 補正予算にて審査を行っております。

 五人槽が25基から14基、11基の減であります。

 質疑。減となった理由は。口蹄疫、経済不況など。

 70歳以上の負担金の現状。1件。

 意見として、水質環境整備が事業の目的であるので、もっと普及促進に努める必要がある。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第16号から議案第18号までを、日程に従いまして質疑、討論、採決を行います。

 日程第14、議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第16号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)に賛成して討論をいたします。

 今回の補正は、例年どおり消費税の還付による一般会計からの繰入金の減額補正であり、財政負担の軽減につながるものであり賛成いたします。

 公共下水道の工事進捗率も、全体計画の70%は22年度末で完了しており、28年度完工予定が2年程度早期完工となる可能性があるとのことであります。また、総工事費も60億円から10億円程度圧縮される見通しであるようです。

 執行部、あるいは所管課の努力が評価されるものと思われます。

 下水道加入率が22年度末で49.2%で、昨年同期より若干下回っております。加入率が上がることが、町民の利用生活環境や河川環境の向上につながる事業でございますから、加入促進に努力をしていただきたいと思っております。

 特定の方とは思われますが、滞納金が発生しておるようです。利用者負担の公平性からも、未納解消に尽力されることを希望し討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第16号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第16号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第15、議案第17号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 1点気になることがあるんですけれども、綾の森の宿排水の件なんですけれども、議案に対する質疑の中で、水そのものが処理しなくても済むということで、そちらに今農業集落排水のほうには入れていないというような答弁をいただいたんですけれども、主に合宿においでになるお客さんが多いということから考えますと、私、自分の家族もそうですが、今の若い人はシャンプーでも、いわゆる石けん類の使用というのが結構多いんですね。一方では、水の浄化を水質環境整備、次の議案にも出てくるんですけれども、水質環境整備ということもあって公共下水道だったり、合併浄化槽だったり、農業集落排水事業にも取り組んでいるという点から言うと、やはりちょっと矛盾するような気がしております。綾の森の宿から出る水質は心配ないんだというのは、どういう基準で当局が言われているのか、審査されているかどうか伺いたいと思います。

 また、水の量も、おふろの水の量を制限しているということも、前報告いただいているんですが、その点は今は制限されていないのかどうか。もし審査していたら、お答えいただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 前段のほうの水質検査については、定期にやっておるということで聞いております。

 それと、てるはの森のお湯については、現在調整をしていると。そして、お湯については次年度以降改善するということで聞いております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第17号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第17号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)に賛成し討論いたします。

 今回の減額補正110万円は、汚泥処理委託料の実績見込みによる65万円の減額と予備費45万円の不要による減額だということですので、何ら異論はありません。

 この事業は、水質浄化システムを良好に稼働し、使用料滞納も一切もなく、極めて円滑に運営されているようです。今後とも、小田爪地区集落農村生活環境と綾北川水質の向上に貢献する事業であり続けるよう努力をしていただくことをお願いし討論いたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第17号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第17号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第16、議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 済みません。これも1点伺いたいんですが、今回半分とまではいきませんけれども、25基中11基の減額になっているんですけれども、その予算を減額することになった理由として、口蹄疫、経済不況などというふうに委員長報告がされておりますが、ことし、また新年度予算でも25基なんですね。計画は。それで、その口蹄疫の影響というのは、この合併浄化槽事業に具体的に、例えば11基中申し込みがあったんだけれども、口蹄疫の発生以後、そのことを理由に事業を取りやめたとかいう、具体的な例があったのかどうか。経済不況、口蹄疫の影響が新年度に同じ25基計画していて影響がないものかどうかという不安がありますので、もしその点審査しておられたら御報告をお願いします。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 特段、深い審査はしておりませんが、こういったことで減額するということで、この2つについて聞いております。

 ちょっと、議長いいですか。

 それから、来年度については、私ども委員会としても、やっぱり当初25基で進んでいくということでありますれば、来年度は25基プラス11基ということで、極力補正でも組んでやってほしいということで申し入れはしております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第18号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)に賛成し討論いたします。

 減額補正のほとんどが、浄化槽の11基の設置減によるもののようです。昨年は、地方経済が低迷している上に口蹄疫の影響も重なり、設置減であったのであると思われますが、公共下水道の加入率とあわせて浄化槽の設置促進を図ることが住民の生活環境や居住性の向上、河川の水質浄化につながるものでありますから、指定業者との連携を密にして、設置促進になお一層の努力を傾注してもらうことをお願いいたしまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第18号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第18号平成22年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第17.議案第19号



○議長(畠中征郎君) 日程第17、議案第19号平成23年度綾町一般会計予算を議題といたします。

 最初に、文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第19号平成23年度綾町一般会計予算。

 審査の経過及び結果。期日3月9日から18日。説明者、黒木教育総務課長。谷口社会教育課長。松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、まず教育の部分、小学校の学力向上対策補助教員1名が363万7,000円、中学校体力度調査359万9,000円。それから、3つほど下がりまして、国際交流事業70万3,000円、さらに1つ飛びまして、立町自治公民館建設補助金1,397万円。あと、主なものを列記をしております。ごらんいただきたいと思います。

 質疑。学校給食の米は、すべて町内産か。100%町内産である。

 小学校の学力向上でぐんぐんチャレンジ、がっちり教室は、学年ごとで分けているのか。答えとして、分けてはいないということであります。そして、開催日が違うので複数の教室に来る子供も要る。

 次に、育英会は「依然」とありますが、これも前からの「以前」に修正をお願いしたいと思います。育英会は、以前は500万円だったが、財政的な問題か。資金繰りが楽になったので、300万円にした。

 育英会の償還状況は。近年、滞納はない。昔の分が残っている。請求は続けている。

 中学校校舎、耐力度調査費は、23年度基準を満たさなければ再度調査費が必要になるのでは。四、五年前の簡易的な調査から見ると大丈夫だと思う。

 体育館内部の補修も計画があるのか。これは、町の体育館のことであります。現在計画中である。

 教育長が図書館長兼務だが、館長の職務はできるのか。随時、図書館には行っている。

 続いて福祉の部分です。

 5段目になりますか。子ども手当対象者951人、1億6,307万3,000円の予算であります。それから、その下のがん検診事業1,294万2,000円。

 質疑。人工透析患者のうち70歳以上は何人か。患者30名中、半数という答えであります。

 新規事業タクシー料金補助の5歳の年齢差は何か。十分わかるが、検討した結果である。

 宮交タクシーとの金額の交渉はしなかったのか。していない。必要だったと思う。

 すくすく保育支援事業は商品券の分か。実績は。口蹄疫、プレミアム商品券の発行で実績が落ちた。

 フッ素洗口を幼児は早くからやっているのか。保育所で保護者の了解を得て行っている。

 精神障がい者の数は把握しているのか。認定者の把握はしている。非認定者も多い。

 主な意見。学力支援事業は回数、参加者の減にならないように努めてほしい。中学校校舎、耐力度調査は国の補助はあるとのことだが、なければ次年度に延ばすべきだと考える。ブルガリア民族舞踊団の公演は目的趣旨がわからない。てるはドームトレーニング機具は利用者等の調査をし、報告も欲しい。がん検診は医療費の抑制につながる大事な事業である。受診者増を強く望む。私塾を公費で取り組むことには反対である。図書館長の教育長兼務はやめて手だてを考えるべきだ。酒泉の杜の入浴券予算、前年と変わらない予算組がされているが、利用時間と実態に即したほうがいいのでは。人工透析の交通費補助の年齢制限はやめてほしい。タクシー料金補助の年齢、料金の差があるのは二重差別である。ブルガリア公演は文化的活動では評価するが、なぜブルガリアなのか。支援バスの巡回コース、時間帯等の改善を望む。

 審査の結果可決であります。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第19号平成23年度綾町一般会計予算。

 審査の期日が3月9日から18日。説明者が向井課長に畠中課長、田中課長、松本課長、清水課長。樋口主幹、中園課長。

 平成23年度予算額は43億3,000万円、前年度比7.9%増。予算書、予算資料、所管からの資料、現地調査などで審査を行っております。

 質疑であります。マラソン経費が高い。自前で行うべきだ。UMK主催、内容について今後検討する。

 公共料金徴収員は。有元、西憲二。入湯税は酒泉の杜、軽自動車税の増は基準日が4月1日に普通車からの買いかえなどにより増額を見込む。新春懇話会のあり方は目的を定めたものにしている。若者分野とか、分野ごとにやっているということであります。民間借家改修の家賃設定基準は250万円を限度に改修、要綱をつくる。

 住宅ストック事業の今後は。27年度まで提案事業、借家改修事業も対象となる。

 育苗センターの出荷体制の補助は農協が指定管理者として、もっと努力すべきだ。今後、苗代に影響があると。

 販売促進事業アドバイザーの役割をもっと指導すべきだ。企画、営業をしている。一時期、農協が労務者として使用していた。

 外部専門員はだれ。イデアパートナーズ社長。これは福岡の方だそうです。

 馬事公苑の町有馬は活躍しているのか、使えるのか。使える、6頭。ほかに、ポニー、道産子あわせて10頭と。

 スポーツキャンプの実績は。21年度実績で351団体の1万9,878名。

 エコクリーンプラザ下水道接続委託金は165万7,000円。総事業費が4億3,600万円。焼却場の取り壊しは。これは湯の谷です。費用がかかる。犬の登録頭数は。現在670頭。

 横町・栄町線の道路計画は。まずは、調査をして通常の改良とは違う。

 錦原野球場の屋根整備は。ダッグアウトの上、ベンチも設置する。

 尾立養豚センターについて。現地調査及び話し合いを行っております。

 3月の14日午後からJA組合長ほか2名から施設の改修予定箇所の説明を受けております。そのときにあったことは、団地のこれまでの経緯、整備状況、平成元年から22年度までJAとしての今後の取り組み、投資効果利用者2法人の負担及び経営状況、地元対策など、その他資料によって説明を受けております。これは、もちろん文教委員の皆さんも一緒でありました。

 主な意見として、商工関係の赤字が気になる。活性化協会は、指定管理者として従来の殻を打ち破って新たな経営をすべき。養豚センターの町費負担1億8,000万円、うち辺地債1億5,000万円について、より具体的に事業計画などを提出を求めないと、今の農協の考え方は納得いくような話ではない。黄化壊疸病に対する取り組みについても、今までの実績、効果はどうだったのか、全く疑問も覚える。一生懸命取り組んでいる農家、補助に頼らない農家が一番大事であって、もっと農協としての指導力を強めるべきだ。販路開拓について、どこに行ってどうだったのか。総合して実績効果をわかりやすく示すべき。マラソン大会など、もっと検討の余地がある。送迎バスなど、もっと効果が上がるよう経費の節減、削減なども努めてほしい。馬事公苑は閑古鳥が鳴いている。これは、月曜日に行った関係もあるんでしょう。馬場馬術が本来の姿であって、馬の更新をすることで活性化になっていく。つり橋調査委託について、当事者の責任を明確にすべきだ。全体予算を通して、口蹄疫、降灰、鳥フル、地震など、非常に厳しい状況が予測される。必要なものには、メリハリのある予算執行にしないと町の活性化にはならない。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) それぞれ、委員長の報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。



◆議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?憲治議員。



◆議員(日?憲治君) 50ページの新規事業タクシー料金の補助の5歳の年齢差はそのままでいいんですが、5地区から13地区に拡大されましたが、その他の地区のひとり暮らしですね。また、障がい者、その他の事情のある人については検討されなかったのかとお伺いいたします。



○議長(畠中征郎君) 押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) その部分につきましては、そういった障がい者、あるいは高齢者の支援タクシー、町が巡回をしております。その部分で対応できないかということで審査を深めたところであります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第19号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第19号平成23年度綾町一般会計予算につきまして反対の討論を行います。

 要望しておりました、南麓や麓の公営住宅への公共下水道の接続の予算が計上されていること。また、新たに育英会の中で就学援助の入学支度金が入学に間に合うよう貸しつけられるなど、評価できる予算だと思っております。このほかにも、これまで取り組んでこられた子供の医療費の無料化の年齢が入院だけではありますが、中学生まであること。また、公営保育所の運営を続けていること。小中学校への町費教員の配置がされていることなども、他自治体と比べても評価される取り組みだと思っております。

 次に、改善を求めたい点について申し上げます。

 1つは、人工透析の方への交通費の助成です。車の運転ができない方は、年齢で差別をせず助成されるよう求めます。また、タクシー券補助制度は、地域を拡大されたことについては評価できますが、既存の地域との間に金額と年齢の二重の格差があります。距離の配慮をし、年齢の差はやめるよう求めるものです。

 次に、同意できない点について申し上げます。

 第1は、議案第7号に関する予算が組まれていることです。さらには、教育費の昴塾関係の予算。また、スポーツ施設の維持管理に要する多額の費用は認められないという立場です。

 続いて、要望を数点申し上げます。

 今回の防災対策として、今回の大震災でも大いに役に立ったと、きのう、きょう、評価されてきております避難訓練を、ぜひ綾町でも計画されるよう求めます。さらに、備蓄についても自治体としての備蓄、地域住民、それぞれの備蓄の呼びかけも具体かされるよう求めるものです。東北・関東大震災の経験から、綾町内でも綾は津波の心配はないが、山の水が心配だとの声を聞きました。つまり、ダムの崩壊に対する不安です。万が一の場合のシミュレーションも行い、対策を立ててください。

 また、先ほど一般会計補正予算でも申し上げましたが、古い公営住宅の修理は現状を調査し、住民の声や相談には丁寧で思いやりのある対応を求めるものです。この古い公営住宅の現状は、最低限度の文化的生活を保障する立場からも緊急なものだと考えております。中でも、生活保護を受けたいという方の相談には、親身になって対応されるよう望みます。小さな町ですから、苦しい生活の救助を役場に訴えるのは、よくよくのことだと察してください。生活保護の対象とならなければ、他の課とも連携し、今あるあらゆる制度を駆使してください。希望に添えないことになっても、職員の応対一つで行政を信頼することができます。住民こそ主人公の精神で、町職員の皆さんが仕事に取り組まれるよう、切にお願い申し上げまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第19号平成23年度綾町一般会計予算、所管の部分について賛成の討論を行います。

 全体的に賛成といたします。若干、気をつけてほしい点を申し述べます。

 教育費の中の学力向上総合支援事業は、できるだけ参加者を多くすることを望みます。

 それから、福祉対策費の中の人工透析の交通補助は70歳以上の人となっておりますが、これは年齢を制限すべきではありません。改善を求めます。

 老人福祉費の中の、高齢者が通院のためのタクシー料金の一部を補助する事業は、地域間において年齢の差別があるのはおかしいと思います。今後、検討されることを望みます。

 以上、要望を述べまして賛成の討論いたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?議員。



◎議員(日?憲治君) 議案第19号平成23年度綾町一般会計予算について賛成の討論をいたします。

 本会議別冊予定書にて、町長提案説明のとおり、本年度の予算は昨年より3億1,660万円の7.9の伸びで、本年23年度は43億3,300万円になっており、新しい新規事業等も21事業組み込まれております。総務委員会に付託された13の原案を、数日にかけて審議し、総務委員長の報告どおりでありますが、私なりに意見を述べたいと思います。

 付託された中で、主な事業の中で、JA養豚センター設備事業へ事業費3億円が示されており、財源の内訳等は一般財源より3,000万円、起債が1億5,000万円、計の1億8,000万円を補助をするものでありますが、この養豚場は今まで数億円の補助投資をしていますが、今ひとつ投資した効果が見えていない。今後、JAを補助するに当たって、もっと投資の効果、また経営状況、利用者負担、その他など、明確な説明を必要と求めます。また、既存は内部利息免除額については、もっと具体的な説明が必要と思われました。

 また、地域対策、特に周辺の対話説明等は十分行い、トラブルのない事業にしてほしいと思っております。

 農業振興費の中では、昨年22年度と同様、継続事業が多くあり、追跡調査を必要とするものについては、削減も考え、他の事業に回すことも検討する必要があると思われます。

 商工費の中で、企業誘致補助金がわずかではありますが、キムチ工場へ100分の0.8で16万円が計上されていますが、地元雇用はもちろん、材料の調達の計画等はどうなっているのか。もっと、農林振興課等々とも打ち合わせを行っていただきたい。

 次に、観光費の中で、今年も照葉樹林マラソン大会25回目が予定されており、1,800万円の予算が組まれていますが、毎回委員会の中で審議、議論になっており、UMK主体の内容について、もっと協議する必要があると思われます。特に、送迎等については考える必要がある。マラソン大会でなく、綾競馬の送迎、有機農業推進大会の送迎等をしないと人集めができないのか。今後、もっと内部で検討をしていただきたい。

 それから、観光関連施設については、特に指定管理者募集要項規定等の見直し等も含めて、新しい発想、考えのもとで赤字解消のため営業収益を上げていただきたい。

 また、綾酒泉の杜への営業不振は綾町にとっては、いろいろな面で影響が出ており、十分話し合い等もなされているようだが、支援をしてでも活気ある施設になるよう検討を加えていただきたい。

 施設管理の馬事公苑、乗馬飼育について、軽種馬6頭、ポニー、どさんこ4頭を飼育しているが、平成元年に購入した馬等も見られ、十分運用ができる馬なのか。通常の管理も含めて、再度1頭1頭の能力を、再度調査を検討する必要があると思われます。

 以上、いろいろと意見を述べましたが、経済状況の厳しい中、昨年は口蹄疫、今年は鳥インフル、新燃岳の噴火、そうして東日本の大震災が起こり、甚大な被害をこうむる中で、地方財源の確保等が先行く不透明の要素が大であり、行政長、職員の今後の努力に期待するところであります。

 また、先ほども申し上げました委員長の報告どおり、所管各課で事業内容等については説明不足、不十分な点もあり、また見直し等も含めて十分検討する事業等もありますので、所管各課で審議していただくことを強く求めておきます。

 以上を述べて、議案第19号平成23年度綾町一般会計予算の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第19号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第19号平成23年度綾町一般会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩をいたします。

(休憩午後2時23分)

………………………………………………………………………………

(再開午後2時34分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第18.議案第20号



△日程第19.議案第21号



△日程第20.議案第22号



○議長(畠中征郎君) 日程第18、議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算から日程第20、議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告をお願いします。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算、審査の経過及び結果、期日が3月9日から18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容としまして、平成23年度の予算総額は10億7,800万円、前年度より2,800万円の増であります。被保険者数は2,925名。平成23年度も、医療費の増加が見込まれます。保険税上昇を緩和するため、財政調整基金6,000万円を繰り入れをいたします。以下、税額なり、1人当たりの賦課額を記しております。ごらんください。

 質疑。保険税に係る徴税費とは、事務費、職員旅費、国保税の賦課徴収システムの保守料である。財政調整基金の6,000万円を入れた後の前年比6.3%増加と、お願いいたします。「増」を入れてください。入れた中での比較である。

 医療費通知は役に立っていると思うか。抑制、認識してもらうことがもともとのねらいだと思う。

 主な意見。反対。国保制度そのものが行き詰っている。短期保険証、資格証の発行は正しくない。国の負担割合をふやす要望を強めていく必要がある。基金を繰り入れても負担は大きい。行政、議会として、国に制度の改善を求めるほかはない。国民健康保険法第44条の要綱、窓口の一部負担金の減額、免除。実態に即して、絵に描いたもちにならないように施策を。昨年から災害続きで疲弊している。こんなときこそ財政上やれることを全力で取り組むべきだ。医療費抑制に何をすべきか考え、健診・啓発に努めてほしい。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算、審査の経過及び結果、期日、3月9日から18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容。平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算額は7,090万3,000円であります。綾町においては、被保険者が安心して利用できるように、丁寧な窓口対応に努めるとともに、国や県の動向を見ながら、新制度への移行に向けた準備を行っている。保険料以下、載せております。ごらんください。

 質疑。健診者数は1,200名中187名、率にして15.6%であります。通院者を除き計画をした。県の指導で、全員の1,200名に通知は出しております。後期高齢者医療特別会計で医療費が高騰したとき、国保に与える影響は。若干はある。国保からの支援金1億2,830万円が、国保から後期高齢者を通らずに広域連合へ支払われる分です。後期高齢者医療保険の滞納は。滞納者7名、滞納額が52万3,700円です。

 主な意見。健診の受信者目標187名は低過ぎるが、せめて3割には設定すべきである。1,200名が健康で、安心して暮らせる医療制度にしてほしい。この制度は、年齢によって医療の差別をするもの。また、医療費が上がるほど保険料が上がる仕組みになっている。国の負担を減らすため以外の何物でもない。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算、審査の経過及び結果、期日、3月9日から18日、説明者、松田福祉保健課長。

 主な内容。歳入歳出予算の総額は7億3,265万3,000円であります。第1号被保険者数は、3月1日現在2,163名、第1号被保険者のうち約90%程度が特別徴収であります。一般会計より1億2,531万2,000円の繰り入れであります。基金繰り入れとして、2,528万5,000円。22年度末の基金残高は、3,199万2,000円で、23年度繰り入れますと670万8,000円が繰入後の残高であります。

 質疑。4期から5期への事業期を超えて基金持ち越しはできるのか。次期の保険料を抑えるため、残しておくことは認められている。第5期の保険料がどうなるかわかっているのか。時間がかかる。若干上がる予想をしている。督促手数料が少ないが。9割が特別徴収なためである。介護認定調査会費と審査会費とあるが。認定調査会費は介護認定を受けるための事前の調査費。審査会費は、調査結果をもとに判定する費用である。

 主な意見。反対。国の対応が一番悪い。ことしは、来年から始まる第5期の計画を立てる年度に入る。いろんな利用が減っている。実態、分析がきちんと行われていない。受けたくても受けられない現状を考えれば、改善策が当然必要である。8割が年金天引きの中でも、滞納者が出るということであり、そのわけを調べることが大事である。以下、要支援、要介護者数の表を示しております。ごらんください。

 審査の結果、可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより議案第20号から議案第22号までを日程に従いまして質疑、討論、採決を行います。

 日程第18、議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第20号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算について、反対の討論を行います。

 今や国民健康保険税の重税感は限度を超えています。機会あるごとに訴えてまいりましたが、税負担は改善されるどころか、さらに悪化しているのが現状です。12月議会で、担当課から具体的に上げていただいた3つの例のうちの平均でも、所得の約15%が国保税となっています。その上、せっかくできた国民健康保険法第44条に基づく要綱は、まさに絵に描いたもちで、1例の相談も実施もないとの答弁です。

 町民の方から、町内に住むひとり暮らしの方ががんになり、手術をされたそうです。抗がん剤の治療が続いており、脱毛や吐き気などの副作用も強く、仕事に行けないため、治療の必要な間だけでも生活保護を受けたいと役場に出向いたそうです。担当から、隠している現金があるかないか、たんすの中まで調べられますよと。それでもいいですかと言われたそうです。みじめな思いと失望で、二度と役場には行きたくない、餓死しても、もう頼みには行きたくと言っているという話を伺いました。結局、申請もできなかったために、1回の注射で約8,000円ぐらいかかるそうですけれども、その抗がん剤の治療もままならないため、やめようかという話もされていたそうです。

 私に話をされた方が、ときどき食べ物を届けていると言っておられました。こうした方が、なぜこの44条の要綱の適用なり、医療扶助の対象になれないのでしょうか。国は2010年、昨年9月に、国民健康保険法第44条に基づいて、自治体が独自減免を行った場合、その費用として約2分の1を補助することを決めています。私も、1月に政府交渉の席で、国の基準を超える要綱をつくり減免をした場合、特別調整交付金などでペナルティを科すことがあるかどうかという質問をいたしました。担当は、それはないと明確に答えております。

 北海道の旭川市では、2010年の4月から、減免基準を生活保護基準の1.2倍以内に改正し、制度の説明文を医療機関や薬局、さらにハローワークにも置き、非自発的失業者へも制度の活用を呼びかけ、2009年度の実績はゼロ件から2010年度は既に90件を超えているというマスコミ報道がありました。綾町でも要綱の緩和をされ、この制度が実効あるものにされるよう求めます。

 国民健康保険税は、2013年度から、旧ただし書き方式に1本化されることも決まりました。負担が、さらにふえることが予想されます。住民の暮らしを守る責任のある自治体として、国民健康保険税滞納者への強権的な取り立て、差し押さえ、また資格証明書や短期保険証の交付は直ちにやめるようあわせて求めまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算について、賛成討論をいたします。

 昨年から、宮崎は特に災難続きで、直接所得に響いています。本当に、払いたくても払えないのです。現実味として感じています。こんなときこそ手厚い控除が必要ではと思います。6,000万円もの基金崩しのやりくりには、大変ありがたいと思いますが、それでも負担増は避けられなく、地方にできることは限りがあります。

 また、健診等で受診者がアップが医療費抑制につながるものであれば、努力しなければならないのですが、やはりこんな時代、特に東日本大震災に見舞われた被災者に対しての、国保に対しての控除も大変気になるところで、大幅な国庫負担増を願って、予算に対しては賛成といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第20号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第20号平成23年度綾町国民健康保険特別会計予算は、委員長報告のとおり可決いたしました。

 日程第19、議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第21号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算について、反対の討論を行います。

 民主党政権は公約を破り、高齢者を年齢で差別する今制度を続けています。新制度施行も、2013年度4月からを2014年度4月に延期するという見通しになっているようです。その上、75歳以上のうちの大半は国民健康保険に加入をさせ、一部は被用者保険に移した上、国民健康保険制度の中で、現役世代と75歳以上を別会計にし、都道府県単位で運営をさせるという計画を立てております。

 また、70歳から74歳の窓口負担を2013年度に、70歳になる人から順次2割負担に引き上げる。75歳以上の低所得者への保険料軽減は縮小する。現役世代の拠出金は総報酬割にするなど、国に負担をさらに減らすものとなっています。つまり、現制度はなくなるのではなく、さらに負担を強いるものに変化していくのです。

 なお、75歳以上の高齢者の健診については、医療機関に通院している人も含めて、その対象にするよう県から指導されたということですので、綾町でも、一人でも多くの人が受診できるよう努めていかれるように求めるものです。

 高齢者差別のこの制度、廃止以外にはないとの立場であることを述べて、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算について、賛成の立場で討論を行います。

 平成20年度から導入されたこの制度も、平成25年度での移行予定に向けての法整備が行われていく予定であります。綾町においては、被保険者が安心して利用できるように、国県の動向を見ながら、新制度への移行準備を行っているとのことであります。

 今後とも、1,200名の被保険者が、安心して安定した医療が受けられるように、適正な運営を周知に十分留意されるように要望いたしまして、討論をいたします。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第21号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第21号平成23年度綾町後期高齢者医療特別会計予算は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第20、議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第22号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 今議会で前田町長から、施設の必要性を実感を持って感じたという内容の感想が述べられました。町営の特別養護老人ホームの建設もあり得るとの発言は、大いに評価し、期待をするものです。介護保険制度が始まって12年になろうとしています。家族に負担のかかる介護を社会で支える制度、受けたいサービス、入所する施設は、みずからが自由に選択できる制度など、所期の目的は達成されているでしょうか。重い介護保険料や利用料負担、入所の希望をしても入れない施設入所、まさに保険あって介護なし、このさまざまな問題が、利用者のみならず支える家族サービスを提供する事業所や施設の経営にも、さらにそこで働いている職員にも及んでいます。今制度の抜本的改革を求めるものです。

 介護サービスや施設をみずから選択できるという点で言えば、綾町も日本一の福祉のまちを目指す町として、24時間の介護をささえる制度や入浴サービスなど、現状では、綾町の規模では、事業所が綾町内での事業所で賄うことができません。介護サービスは、何もハード面だけではないことは承知しておりますが。この制度を充実させる施策が整っているとは、言えないと思います。

 少なくとも、受ける必要があるのに、利用料の支払いを考えるとあきらめるしかないとか、このサービスを受けたら幾らなのだろうと、懐と相談しなければならない制度は、結局、思い余った挙句の無理心中や殺人事件が起きてしまう現状につながっていると思っております。

 日本共産党が、昨年4月から5月にかけて実施した調査でも、7割を超すサービス利用の抑制や居住サービスが足りなくて我慢を強いられている人が6割近くいることも明らかになっています。

 国に対してはもちろん、介護保険料や利用料の減免を国の制度として確立するよう求めております。町内で起きている問題や、老老介護の実態調査、経済的な理由で受けるサービスを制限している人の調査と、援助は急務だと思っております。

 利用料の独自減免を行っている自治体、また食費、居住費の軽減を実施している自治体も、少なからずあります。綾町でも、このような取り組みをされるよう求めまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算に対しまして、賛成の立場で討論を行います。

 今年度予算は7億3,265万3,000円であります。歳出の保険給付費は、前年度より6,737万6,000円の増額となっております。高齢化の比率が高まるに従い、この傾向は避けられないと思われます。

 そのためにも、地域支援事業は大切であります。事業費も、前年度より155万8,000円増額となっております。介護を受ける人の介護度が進まないように、しっかりと取り組んでもらいたいと思います。

 また、来年から、第5期計画がなされますが、介護を受ける人が安心してサービスを利用できる制度となることを望みまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第22号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第22号平成23年度綾町介護保険特別会計予算は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第21.議案第23号



△日程第22.議案第24号



△日程第23.議案第25号



△日程第24.議案第26号



△日程第25.議案第27号



○議長(畠中征郎君) 日程第21、議案第23号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算から日程第25、議案第27号平成22年度綾町一般会計補正予算(第7号)までを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案番号の23号であります。執行部の皆さんは大変お疲れでしょうが、もう最後の項目になっております。

 平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算、審査の経過及び結果であります。期日が3月9日から18日、説明者が田中課長。

 平成23年度予算額が1,384万9,000円、前年度比△0.1%。

 質疑であります。水質検査は定期に行っていて問題はない。

 意見として、事業については順調に行っているか。いつ何どき何が起こるかわからないので、特に汚れが出ないように、定期的に検査をすべき。てるはの森の宿の風呂の湯についても、早急に処理方法の改善をすべきである。これも、先ほど私のほうから申し上げたとおり、今年度で計画がなされているようであります。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 続きまして、24号平成23年度綾町公共下水道特別会計予算。審査期日が3月の9日から18日、説明者が樋口主幹。

 内容は、今年度予算額が3億1,555万円、前年度比6.6%増。予算書、現地調査にて、審査を行っております。処理場の完成は24年度、面整備は管渠の2.6キロ、加入促進はパンフなどによって加入率向上に努める。業者への指導は、呼びかけもしようと思っている。

 意見として、事業は順調に推移しているが、加入率50%であり、滞納も発生している。あわせて加入率の促進、滞納圧縮に努めてほしい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 25号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算、審査期日が3月9日から18日、説明者が田中課長であります。

 23年度予算額は2,825万1,000円、前年度比2.3%増。予算書にて審査を行っております。

 なお、5人槽が20基、うち70歳以上負担金免除が1基、7人槽が5基の合計25基であります。

 質疑。事業実績は19年から22年見込みでありますが、現在まで94基、23年度計画は25基。使用料について、5人槽が月の2,800円、7人槽が毎月3,300円。

 意見として、昨年11基の減、引き続き行政、業者と一体となって取り組み、推進に当たるべき。業者への内容説明も必要だ。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 26号平成23年度綾町水道事業会計予算、審査期日が3月9日から18日、説明者が樋口主幹。

 収益的収入が9,571万円、収益支出が8,771万円、差し引き800万円。資本的収入1,000円、資本的支出が5,037万5,000円、差し引き△5,037万4,000円。

 質疑であります。債務残が、22年度末4億720万8,000円、配水管未設置件数が22年度が3件行っております。発電機更新は、規模的には1時間当たり180トンの発電機を予定している。メーター器、耐用年数は8年。

 意見として、賛成。円滑に運営がなされているが、料金もここ数年据え置きだ。しかし、水道管が老朽化してきているので、今後の使用料の見直しも視野に入れるべき。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 27号平成22年度綾町一般会計補正予算(第7号)、3月11日から18日、審査をしております。説明者が畠中課長であります。

 内容は、地域資源エネルギー等導入事業、県単土地改良事業について、補助裏を一般事業債を予定していたものを無利子であります宮崎県元気市町村支援資金に変更するため、地方債の補正をするものであります。

 質疑は特別ありません。

 意見として、後年度負担軽減になる。賛成。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより議案第23号から議案第27号までを日程に従いまして、質疑、討論、採決を行います。

 日程第21、議案第23号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第23号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) それでは、討論に入る前に、先ほど一般会計補正予算が違っておりましたので、訂正方をお願いします。

 先ほどの一般会計補正予算本予算で、今年度予算43億3,300円と申し上げましたが、実際は43億3,000万円に訂正をお願いいたします。

 それでは、議案第23号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算について、賛成の討論をいたします。

 議案第23号については、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ1,384万9,000円となっており、現在も大幅な補修等もないと思われ、健全な運営が今年もなされると思われます。また、現在の使用料については、公共施設が2カ所、事業所が2カ所、一般家庭が43戸となっております。今後、継続して委託業者等と十分連携した保守点検に努めていただき、正常な機能の維持を求めます。

 また、てるはの森の排水については、先ほども意見が出ましたが、今後十分検討する必要があると思われることを述べ、議案第23号の賛成討論といたします。

 続いて、議案第24号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計予算について、賛成の討論をいたします。

 平成23年度の綾町の公共下水道事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億1,555万円になっております。公共下水道等も計画どおり進行しており、処理区間も拡大されており、事業推進に当たってはトラブルの発生のないよう業者を含む住民等、話し合いも十分配慮していただき、加入の増加につなげていただきたいと思います。現在の全加入率は1,257戸で、そのうち619戸の設置で49.2%の加入率になっております。

 また、一方では滞納が増加傾向にあり、22年度2月末で70万3,810円で、累計では130万8,770円になっていますので、経済状況の厳しい中での回収になると思われますが、日常業務の中で回収をしていただき、公共下水道の持つ役割、目的に向け努力していただきたい。

 以上、議案第24号の賛成討論といたします。

 続きまして、議案第25号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算について、賛成の討論をいたします。

 平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,825万1,000円となっております。内容についても、昨年と同様、大きく変わるところもなく、今年度計画予算では5人槽で20基、そのうち1基、71歳以上の方が負担金が免除をされます。そして、7人槽が5基で、合計で25基の計画になっておりますが、昨年はいろいろな事情等もあり11基の減額予算になっていましたが、今年は減額のないよう工務店その他にも呼びかけ、推進していただき、目標に向け日々努力をお願いし、議案第25号の賛成討論といたします。

 最後に、議案第26号平成23年度綾町水道事業会計予算について、賛成の討論をいたします。

 平成23年度の収入及び支出については、給水戸数が2,815戸になっており、水道収益が9,571万円で、水道費用が8,771万円になっており、差し引き800万円の黒字の見込みになっております。また、今年度の歳出の工事等では、工事請負費として2,257万5,000円で、バルブ新規設置、揚町の水源地非常発電設備更新配水管布設等であります。

 また、営業設備費では新規22個、検定満了メーター取りかえ1,000戸で、これは、計量法で定めた8年で交換することになっており、今年度は、昭和、古屋、宮原、神下、東中坪、西中坪が予定区域になっているとのことでございます。今後の課題として、水道配水管等も古くなってきており、破損の恐れが大であり、今後の準備金のために水道料金の見直しも検討する必要があると思われます。

 また、毎回ではありますが、水道料金の滞納回収については、年間、年々増加しており、累積で3,258万7,000円になっており、回収に当たっては上司との協議の上、他の滞納を含めて回収に努めることを強く求めて、議案第26号の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第23号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第23号平成23年度綾町農業集落排水事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第22、議案第24号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 質疑の中で、業者への指導云々という形で書かれておりまして、かっこで営業というふうになっておりますが、これは、加入促進を業者の方にもやっていただくという意味なのかどうか確認したいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 営業は、橋本議員のほうで言われたとおりであります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第24号の原案に反対の討論を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 議案第24号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 公共下水道導入区域の皆さんは、財政的な負担を心配しつつも、精いっぱいのところで管接続をしておられる方々がおられます。このような中で、古い公営住宅の管接続を実施していなかったことを知り、要望をしてまいりました。新年度の一般会計予算でも申し上げましたが、その事業費が計上されていることは評価するものです。しかし、自治体にも住民にも負担を強いる今事業の実施区域が、計画当初より拡大されていることは認めることができません。これだけの事業費を投入しても、加入率は50%と、2分の1です。住民負担が重過ぎるということにほかならないと考えております。終末処理場の増設を行い、加入率が計画より少ないために、その終末処理場の能力に合わせる形で地域を広げるやり方は、自治体及び住民への負担をさらに大きくするだけで反対するものです。

 ただいま委員長報告にもありましたが、私は、業者の方々にこの加入の促進をゆだねるべきではないと思っております。自治体の責任で進めるよう求めます。少なくとも、当初計画区域以外にこの事業を拡大することはやめ、綾町浄化槽事業で対応されるよう求めて討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成討論の方、ほかにおられませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第24号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第24号平成23年度綾町公共下水道事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第23、議案第25号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) この事業の進め方なんですけれども、先ほど補正でも出ましたが、25基中11基、22年度は減らすことに結果としてなっておりますが、事業促進のためにどのような方法をとっておられるのか、委員会で審査されておりましたら御報告をお願いします。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◎総務委員長(大隈寛君) その推進には、特段、私どものほうでそういった審議はしておりませんが、要は、今3本立てでやっておる関係で、それを十分連携をとりながら、各課と推進に当たってほしいということであります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第25号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論ありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第25号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第25号平成23年度綾町浄化槽事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第24、議案第26号平成23年度綾町水道事業会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(押田和義君) 議長。押田。



○議長(畠中征郎君) 押田議員。



◆議員(押田和義君) 1点だけ。意見の中にもありますように、水道管の老朽化が、もう以前から心配されておりますけれども、これに対して積み立て、日?議員の賛成討論の中にもありました準備積立金ですか、そういったことへの考えはないのかと、そういった事業、もしある場合に、有利な起債といいますか、何か補助等があったなら教えていただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◎総務委員長(大隈寛君) 有利なっていうよりも、まずその前に毎年剰余金が発生しておりますが、それを、何ていう言い方、表現したらいいんですか、そういった、いわゆる消費税ですか、ここあたりも含めて何か積み立てをしておられます。もし、大きな事業が発生すると、この水道でいう企業債、ここあたりの活用も考えられるんじゃないかと思っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第26号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第26号平成23年度綾町水道事業会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 町民の皆さんへの安全な水道水の供給のために、24時間体制で取り組んでおられる担当職員に敬意を表するものです。また、22年度から取り組みました上水道未整備世帯への管工事についての工事費の一部補助をする制度につきましても、評価をするものです。しかし、生きるに欠かせない水に消費税をかけていることは認められません。消費税のさらなる増税もうわさされ、そうしたことに反対する立場からも、この水道会計に同意できないことを申し上げまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長、反対討論ですか。



◎総務委員長(大隈寛君) いやいや、そうじゃないです。先ほど、押田委員長の質疑の中で、今思い出したんですが、引当金ですが、積立金、いわゆる、そういったものを積み立てをしておるということであります。引当金です。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論の方、いらっしゃいませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第26号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第26号平成23年度綾町水道事業会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第25、議案第27号平成22年度綾町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第27号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第27号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第27号平成22年度綾町一般会計補正予算(第7号)は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第26.意見書案第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第26、意見書案第1号森林・林業・木材産業施策の積極的な推進を求める意見書を議題といたします。質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。意見書案第1号に対する反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。意見書案第1号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、意見書案第1号森林・林業・木材産業施策の積極的な推進を求める意見書は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第27.意見書案第2号



○議長(畠中征郎君) 日程第27、意見書案第2号高病原性鳥インフルエンザ対策を求める意見書を議題といたします。質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。意見書案第2号に対する反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。意見書案第2号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、意見書案第2号高病原性鳥インフルエンザ対策を求める意見書は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第28.意見書案第3号



○議長(畠中征郎君) 日程第28、意見書案第3号新燃岳の噴火災害対策に関する意見書を議題といたします。質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。意見書案第3号に対する反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。意見書案第3号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、意見書案第3号新燃岳の噴火災害対策に関する意見書は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第29.平成22年請願第3号



○議長(畠中征郎君) 日程第29、平成22年請願第3号所得税法56条の廃止を求める請願書を議題といたします。

 平成22年請願第3号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査にすることに異議ありませんか。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 請願がこの後、4つ継続審査ということになっておりますが、任期中、今議会が最後ですから、形としては、もうこの審査は行わないということになるのかどうかを確認したいと思います。所管委員長でよろしいんでしょうか。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 今の話のとおり、もう期間もありませんから、そういった審査は委員長としてはできないと思います。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 私は、この中で紹介議員になってるものもあるわけですけれども、12月議会でも継続審査となっておりましたので、事実上、委員会が開かれて閉会中の任期中に審査されることは今ないだろうという総務委員長からの回答でした。そのことについて、委員会で御意見はなかったのかどうか、この後のことも含めてで結構ですのでお願いいたします。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 意見も12月の段階とほぼ似通った意見であります。ちょっと、案件ごとに、請願ごとに、ちょっと読み上げてみますが、この第3号についても解釈や適用のあり方も、今後またいろんな形で検討する必要があるということであります。

 それと、4号についても、この本趣旨についても十分理解はできるんですが、政府の、また変わった今の所得補償のまた上乗せもあるということでありますから、今後の状況を、推移を見てみたいということであります。

 それと、免税軽油制度の継続です。5号です。これも、前回同様手続等が面倒と。それと、この制度自体の、本当に活用されているのかどうか、そういったことで今後の状況を見ていくということであります。

 それと、この9号の司法修習生の関係ですが、これも、もう既に昨年の11月から対応せいということで変更ではあるでしょうけど、状況としては、やはりこれも今後の推移を見ていく必要が十分あるということであります。



○議長(畠中征郎君) 閉会中の審査に付することに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、平成22年請願第3号所得税法56条の廃止を求める請願書は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第30.平成22年請願第4号



○議長(畠中征郎君) 日程第30、平成22年請願第4号米価の大暴落に歯止めをかけるための請願を議題といたします。

 平成22年請願第4号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、平成22年請願第4号米価の大暴落に歯止めをかけるための請願は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第31.平成22年請願第5号



○議長(畠中征郎君) 日程第31、平成22年請願第5号免税軽油制度の継続を求める請願を議題といたします。

 平成22年請願第5号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、平成22年請願第5号免税軽油制度の継続を求める請願は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第32.平成22年陳情第9号



○議長(畠中征郎君) 日程第32、平成22年陳情第9号司法修習生給費制存続の意見書提出を求める陳情を議題といたします。

 平成22年陳情第9号につきましては、委員長より閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、平成22年陳情第9号司法修習生給費制存続の意見書提出を求める陳情は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第33.平成23年陳情第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第33、平成23年陳情第1号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書の採択を求める陳情書を議題といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 平成23年陳情第1号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書の採択を求める陳情書。提出者が、「すべての肝炎患者の救済を求める宮崎の会」代表小倉悦子氏。審査の経過及び結果。期日が3月の18日、主な内容、我が国には、B型、C型肝炎患者が350万人いる。審査で明らかになったことであります。綾町での状況であります。検診受診者、19年が69人、うち精密ゼロ。20年度169人、うち精密ゼロ、21年114名、うち精密1人。14年度から40歳から65歳までの5年ごとの節目検診を実施している。20年、21年からは希望者のみである。22年度からは県の事業として実施されている。昭和58年以降生まれの方はワクチン接種をしているため、ほとんどないということであります。ここで、診療・疾病・治療中の方、21年11月診療分までで14名。意見が出されております。ウイルスは持っているけれど症状が出ていない患者に対しては、和解金が低額の現状でもあり、発症後20年を経過した人には救済されないこともある。本人の責任でもないので賛成である。国で予算措置ができれば、ぜひ救済したい。審査の結果、採択であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 採決を行います。平成23年陳情第1号に対する文教福祉委員長の報告は採択であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、平成23年陳情第1号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書の採択を求める陳情書は、委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第34.議員派遣の件について



○議長(畠中征郎君) 日程第34、議員派遣の件についてを議題といたします。議員派遣につきましては、綾町議会会議規則第113条の規定により、別紙のとおり派遣いたしたいと思います。また、計画の一部変更については議長に一任願いたいと思いますが、これに異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣の件につきましては別紙のとおり決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第35.各常任委員会の閉会中の審査及び調査について



○議長(畠中征郎君) 日程第35、各常任委員会の閉会中の審査及び調査についてを議題といたします。

 各常任委員長より各常任委員会の所管事項について、閉会中の審査及び調査事項にしたいとの申し出がありました。

 お諮りいたします。各委員長より申し出のとおり閉会中の審査及び調査とすることに異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の審査及び調査とすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第36.議会運営委員会の閉会中の審査について



○議長(畠中征郎君) 日程第36、議会運営委員会の閉会中の審査についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会期日程等、議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては、閉会中の審査事項とすることにいたしたいと思います。これに異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会期日程等、議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては、閉会中の審査事項とすることに決定いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。そのままお待ちください。

(休憩午後3時38分)

………………………………………………………………………………

(再開午後3時39分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 お諮りいたします。本日、ここに意見書案1件が提出されました。これを日程に追加して議題といたしたいと思いますが、異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。

────────────・────・────────────

追加日程第1.意見書案第4号



○議長(畠中征郎君) 追加日程第1、意見書案第4号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書を議題といたします。提出者の説明を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書案、意見書案の部分はお読みをいただきたいと思います。

 先ほど、綾町の実態といいますか、現状なりをお伝えをいたしましたが、ここに7項目挙げております。肝炎対策基本法をもとに患者救済に必要な法整備、予算化を進め、全患者の救済策を実行することを初め、治療費への支援、生活保障、それから死亡者に対する一時金あるいは健康管理手当など、支給に対する法整備を確立することなどを強く訴えております。ぜひ、御理解いただきまして、提出先としまして、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、各関係大臣あてに提出をいたすものであります。どうか、皆様方の御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。意見書案第4号に対する反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。意見書案第4号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、意見書案第4号350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書は、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(畠中征郎君) 以上で、本日の議事日程の全部を終了いたしました。

 議員各位におかれましては、会期中熱心なる御審議をいただき、まことにありがとうございました。また、執行部の皆様には、誠意ある御説明、御答弁をいただき、ありがとうございました。お疲れさまでございました。

(閉会午後3時42分)

──────────────────────────────






│                                         │
│                                         │
│                                         │
│   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。    │
│                                         │
│                                         │
│      平成23年 3月23日                        │
│                                         │
│                                         │
│                  議  長 畠中 征郎             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 入船 康紀             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 福永 宏文             │
│                                         │
│                                         │
│                                         │