議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

平成 22年第1回定例会( 3月) 03月05日−01号




平成 22年第1回定例会( 3月) − 03月05日−01号









平成 22年第1回定例会( 3月)


平成22年第1回(3月)綾町議会(定例会)会議録
平成22年3月5日開会    
   平成22年第1回綾町議会(定例会)が平成22年3月5日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員                                    
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   永   宏   文  │6    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   ?   憲   治  │7    │福   田   正   照  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   高   幸   一  │8    │入   船   康   紀  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │太   田   善   一  │10   │橋   本   由   里  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    事 務 局                                      
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │前   田   栄   一  │書 記  │阪   元   裕   一  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘

    説 明 員                                      
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │向 井  好 美  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │畠 中  純 一  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │松 田  典 久  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │松 本  淳 資  │町民生活課長   │山 口  一 徳  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│社会教育課長   │谷 口  俊 彦  │農林振興課長   │中 薗  兼 次  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│教育総務課長   │黒 木  政 則  │会計管理者    │田 中  敏 彦  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│監査委員     │中 村  桂太郎  │         │          │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘




平成22年第1回(3月)綾町議会(定例会)議事日程

平成22年3月5日開会   

     開    議

   日程第1 会議録署名議員の指名

   日程第2 会期の決定

   日程第3 議案第1号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

   日程第4 議案第2号 公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

   日程第5 議案第3号 綾町設置型合併処理浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

   日程第6 議案第4号 綾町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例

   日程第7 議案第5号 綾町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例

   日程第8 議案第6号 工場事業場設置奨励条例の一部を改正する条例

   日程第9 議案第7号 平成21年度綾町一般会計補正予算(第6号)

   日程第10 議案第8号 平成21年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

   日程第11 議案第9号 平成21年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)

   日程第12 議案第10号 平成21年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)

   日程第13 議案第11号 平成21年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)

   日程第14 議案第12号 平成21年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

   日程第15 議案第13号 平成21年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)

   日程第16 議案第14号 平成21年度綾町水道事業会計補正予算(第4号)

   日程第17 議案第15号 平成22年度綾町一般会計予算

   日程第18 議案第16号 平成22年度綾町国民健康保険特別会計予算

   日程第19 議案第17号 平成22年度綾町老人保健特別会計予算

   日程第20 議案第18号 平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計予算

   日程第21 議案第19号 平成22年度綾町介護保険特別会計予算

   日程第22 議案第20号 平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計予算

   日程第23 議案第21号 平成22年度綾町公共下水道事業特別会計予算

   日程第24 議案第22号 平成22年度綾町浄化槽事業特別会計予算

   日程第25 議案第23号 平成22年度綾町水道事業会計予算

   日程第26 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

   日程第27 意見書案第1号 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取組みを求める意見書

   日程第28 平成22年陳情第1号 労働者派遣法の抜本改正を求める陳情書

   日程第29 平成22年陳情第2号 くらし支える行政サービスの拡充を求める陳情書



会議に付した事件・議事日程と同じである。

──────────────────────────────

(開会午前10時00分)



○議長(畠中征郎君) おはようございます。本日、平成22年第1回綾町議会定例会が招集されました。本定例会には、平成22年度一般会計予算を初め各特別会計予算、条例など多くの議案が提出されておりますが、議員各位におかれましては十分なる御審議をいただきますようにお願いを申し上げたいと思います。

 ただいまから、平成22年第1回綾町議会定例会を開会いたします。

 12月定例会以降の議長の諸般の事項につきましては、お手元に配付をいたしておりますとおりでございます。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の会議日程は、手元に配付のとおりでございます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(畠中征郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 平成22年第1回綾町議会定例会の会議録署名議員の指名は、綾町議会会議規則第111条の規定によりまして、議長において福田議員、福永議員を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(畠中征郎君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期は、3月5日から3月26日までの22日間といたしたいと思いますが、異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、会期は、3月5日から3月26日までの22日間とすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第1号



△日程第4.議案第2号



△日程第5.議案第3号



△日程第6.議案第4号



△日程第7.議案第5号



△日程第8.議案第6号



△日程第9.議案第7号



△日程第10.議案第8号



△日程第11.議案第9号



△日程第12.議案第10号



△日程第13.議案第11号



△日程第14.議案第12号



△日程第15.議案第13号



△日程第16.議案第14号



△日程第17.議案第15号



△日程第18.議案第16号



△日程第19.議案第17号



△日程第20.議案第18号



△日程第21.議案第19号



△日程第22.議案第20号



△日程第23.議案第21号



△日程第24.議案第22号



△日程第25.議案第23号



△日程第26.諮問第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第3、議案第1号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から、日程第26、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき同意を求めることについてまでを一括議題といたします。

 当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) おはようございます。それでは、提案理由の説明を申し上げますが、その前に町長の動向について、お手元に配付されてます資料について、お目通しをいただきますが、一言だけ御報告を申し上げたいと思いますが。

 1月5日に、我が綾町の名誉町民でありました中島勝美氏がお亡くなりまして、議長とともどもに五ヶ瀬のほうに、実は葬儀の参列ということで参席をさせていただきました。

 なおかつまた、その後2月の9日の日に、雲海酒造株式会社の社葬として市内のほうでお葬式がございましたので、これは副議長が参列いただきまして、ともどもそのような形で名誉町民であります中島社長さんの葬儀に参列をしますと同時に哀悼の意を表させていただいた次第でありますことをあわせまして御報告を申し上げさせていただきたいと思います。

 あとはお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、引き続きまして、予算関係の説明を申し上げますが、その前に、先ほどございましたとおり3月定例議会は予算議会でもございますから、私の所信並びに施策方針について述べさせていただきたいと思います。これもお手元にございますから、これをお目通しをいただきまして、これについてまず施策方針を私なりに述べさせていただきます。

 平成22年3月定例議会開会に当たり、所信並びに施策方針を申し述べさせていただきます。

 昨年、日本の政治は大きな転換期を迎えました。依然として続く世界経済不況から抜け出すことができぬまま、また、地方と都市との格差を招いた小泉改革の是正を図ることができぬまま政権交代が実現しました。新政権が掲げた国民主権、地域主権、コンクリートから人へ等の政策転換は望むべくところでありますが、これらの政策等が安定した財源に裏打ちされた施策として町村におりてくるのか不透明な点があり、今後の方向が見出せない状況にもあります。

 このような状況下にあって、綾町の産業経済の分野等は、地域に根差した産業経済構造を目指してまいりましたので、多少の影響を生じるものの、決定的なダメージを受けることはないと思っております。

 しかしながら、雇用状況と全体の景気の厳しさは避けて通ることはできませんが、先人先輩が培ってきました、我が町独自のまちづくりには、この困難な時代をしっかり乗り越える基盤が備わっていると確信をいたしており、町民の生活と暮らしを守るため、この難局に対し積極的に取り組む決意であります。

 私は、町長就任以来、町民の皆さんがこぞって親子3世代で楽しい暮らしのできるまちづくりを推進してまいりました。親、子、孫がその町でともに生活し、親は子の成長を喜び、子は親の生き方を学び、さらには親は子に夢を託し、信頼し、子は親を敬愛し、親子のあるべき健全な姿を確立することが最も大事であると思っております。

 そして、次の世代の孫の成長を励みとし、孫は祖父母の深い愛情を受け、心身ともに健やかに成長していくこと、このことが家庭家族の最も喜びとすることであると思います。

 人づくりの始まりは、家庭であると思います。今日、地域コミュニティーや人間関係の希薄化が進む中、今こそこの家庭づくりが望まれている時代であると思います。家庭家族のきずな、地域社会での人間性豊かなぬくもりのある、心のきずなを深める社会をつくることが、真の人間社会であると思います。

 これらの地域社会の実現に向けて、本年も若者がもっと、もっと定住でき、子供を健やかに産み育て、しっかりした幼保小中の地域連携の教育文化の向上が図れる文教のまちづくりを強力に推し進めていきたいと思います。

 さらには、町民皆様の安全安心の町づくりを推進する中で、自治消防団の充実強化は大切なことであると同時に、次世代を担う人材として、社会教育の場として生かしていくことが肝要であり、次世代を担う人材育成を含め、郷土愛護の精神を尊重した自治消防団活動を積極的に支援してまいりたいと思います。

 また、町が元気であるためには、町民こぞって健康で生活を営んでいただくことは最も大切であり、健康づくり、福祉づくりの積極的な取り組みと、このすばらしい綾町を築いていただきました高齢者の皆様が健康で長生きしていただくために、健康長寿社会の建設に全力で取り組んでまいりたいと思います。

 地方自治体、役場は規模の大小ではなく、いかに町民の暮らしと生活を守り、将来に自信と誇りを持って次世代に引き継ぐことができるかであると思います。我が町は、歴史と伝統文化にはぐくまれたすばらしいものがたくさんございます。これからも温故知新のコンセプトで、古きを温め、古きをたずね、将来を見据えた新たな展望を図っていきたいと思います。自治公民館で培ってまいりました地域力のもとに自治力を強め、真の住民自治を確立するため、本年も最善の努力をいたしてまいります。

 町民の皆さんを初め議員各位におかれましても格別の御支援と御協力をお願い申し上げ、所信といたします。

 平成22年3月5日、綾町長前田穰。

 以上の施策方針に基づきながら、22年度の予算編成に臨みましたことを申し添えさせていただきます。

 それでは、早速でありますが提案理由の説明に入らせていただきます。

 まず、議案書のほうをおめくりをいただきたいと思います。1ページのほうをおめくりいただきますが、議案第1号一般職の給与に関する条例の一部を改正する条例を御提案申し上げます。

 近年、社会経済構造の変化が要因となり、労働者の長時間労働が社会問題化するとともに、就労意識が多様化してることに対応して、時間外労働の割り増し賃金率の引き上げ等を内容とする、労働基準法の一部改正する法律が平成22年4月1日に施行されます。地方公務員については、労働基準法が適用されることから労基法の改正に準じ、平成22年4月1日を施行日とする一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を御提案するものでございます。

 それでは、1ページのほうをお目通しをいただきますが、2ページのほうになりますが、これをごらんください。第4条第5項につきましては、労基法の改正によるものでございますが、55歳を超えた職員の昇給の取り扱いについて改正するものでございます。

 これまで、55歳に達した時点で昇給抑制をしていたものを、55歳に達した翌日以降の最初の4月1日以降の昇給から、通常4号給の昇給を半分の2号給の昇給とする改正規定でございます。

 また、第14条第3項につきましては、労基法の改正に合わせて月60時間を超えて時間外勤務を命じた場合、60時間を超えた時点から1時間の時間単価を100分の150に、午後10時から午前5時までの深夜に及ぶ場合には100分の175に引き上げるものでございます。

 なお、同条の第1項につきましては、字句の訂正等でございます。

 以上、議案第1号の提案理由の説明にかえさせていただきますので御審議をいただきたいと思います。

 それでは、議案第2号公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の提案理由について御説明申し上げます。本議案は、公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正するものでございます。今回の改正は、平成21年10月から着工してまいりました、綾町地域資源活用総合交流促進施設が3月末に完成し、4月下旬オープンに伴いまして条例の一部改正を行うものでございます。

 これは、5ページのほうの別紙ということで、5ページをお開きください。別表第1綾町てるはふれあい広場の項の下に、名称として綾町地域資源活用総合交流促進施設てるはの森の宿を、位置として綾町大字北俣3765番地を、設置の目的として町内外者の研修及び休養の場としての活用を図り、あわせて地域産業の発展に寄与する項目を加えるものでございます。

 次に、別紙2をごらんください。別表第2綾町デイサービスセンターの項の下に、種類として綾町地域資源活用総合交流促進施設てるはの森の宿を加えるものであります。この項は、条例第8条の使用料を規定するものであり、客室の使用料を大人2,300円、中・高校生1,800円、小学生1,500円、浴場の使用料を大人350円、中・高校生300円、小学生250円を規定とするものであります。客室使用料では、綾川荘、サイクリングターミナル、てるはの森別館と同額にあり、浴場については、綾川荘の使用料よりそれぞれ50円高くなっているものでございます。

 次に、別紙3をごらんください。別表第3綾町産業観光案内所の項の下に、綾町地域資源活用総合交流促進施設てるはの森の宿を加え、指定管理者が管理を行う公の施設として規定するものであります。

 次に、別表4をごらんください。別表第4綾町デイサービスセンターの項の下に、種類として綾町資源活用総合交流促進施設てるはの森の宿を加えるものであります。この項は、条例第9条の6の利用料を規定するものであり、客室、浴場の利用料を公の施設と指定管理者に収入として収受させることができる利用料を規定するものであります。この規定については、綾川荘、サイクリングターミナルと同額であります。また浴場については、綾川荘の利用料よりそれぞれ50円高くなっているものであります。金額等については、それぞれお目通しをいただきたいと思います。

 これが、議案第2号の提案理由の説明でございますのでどうぞよろしく御審議を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、議案第3号、これ、7ページを、議案書の7ページをお開きください。議案第3号の綾町設置型合併処理浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例は、条例11条第2項に70歳以上のみの世帯について設置工事負担を免除することができるという規定を設けることにより、高齢者世帯の福祉の充実を図る上で生活環境の改善とあわせてトイレの水洗化を普及するため、個人負担の軽減を図るための改正でございます。ほかの部分についての改正は、字句の修正を行うものでございます。

 以上、簡単でございますが提案理由の説明にかえさせていただきます。議案第3号の提案理由の説明でございます。

 それでは、続きまして議案第4号綾町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の一部を次のように改正するものでございます。今回の改正は、第2条の占用料の額の改正であります。本案は、近年地価下落等経済情勢が変化したことにより、国、県とともに占用料の額の改定を行うことにより、均衡を図るため本条例について所要の改正をするものでございます。

 改正案の占用料が、別表、これは11、12ページをお開きください。議案書の11、12ページ。それから、また、別にお手元に配付してございます新旧対照表の概要もございますので説明させていただきますと、これは21項目の占用物件が24項目へ細分化されてございます。また、占用料につきましては、第1種電柱においては現行では1本当たり820円となっておりますが、この改正案では1本当たり630円ということになり、190円の減額となります。

 以下、23項目のうち21項目の改正が対象となっておりますが、これは時間の都合でございますが、この説明については省略をさせていただきますので、後ほどお目通しをいただきたいと思います。減額幅の大きいもので500円、一番小さいもので1円ということになってございます。

 以上、議案第4号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第5号綾町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の提案について御説明申し上げます。これは、14ページをお開きください。本議案は、綾町法定外公共物管理条例の一部を次のように改正するものでございます。今回の改正は、第11条の使用料の額の改正であります。

 本案は、綾町道路占用料金徴収条例の一部を改正を行うことに伴い、均衡を図るため法定外公共物の使用料についても道路占用料の単価に準じて改正を行うものでございます。改正案の概要につきましては、別表、配付の新旧対照表をごらんをいただき、個々の説明を省かせていただきたいと思いますが、法定外公共物の使用料の改正に当たりましては、認定外の道路や水路等の公共物への使用であるため、使用料等の均衡を図るため必要であることから、道路占用料徴集条例の別表に示してあります改正案の金額と同額にさせていただきたいと思っている次第でございます。

 以上、議案第5号の提案理由の説明にかえさせていただきますのでどうぞよろしく御審議を賜りますようよろしくお願いいたします。

 それでは、17ページをお開きください。議案第6号工場事業場設置奨励条例の一部を改正する条例の提案理由について説明を申し上げます。本議案は、工場事業場設置奨励条例の一部を次のとおり改正するものでございます。

 これ、18ページのほうをお目通しをいただきますが、今回の改正は、第1条及び第3条中、「、倉庫業」を「及び倉庫業」に改正する字句の訂正であり、第3条中の「3千万円」を、これを「3,000万円」については漢字の表記から算用数字に訂正するものであります。さらに、第3条中の指定基準の次の1項に新たに加えるものでございます。それから、第2項、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第14条第3項に規定する承認企業立地計画に従って新設された場合及び増設の場合は指定を受けることができる。この項目を新たに加えることによりまして、企業立地協定を提携していない企業を指定することができるようになります。以前の誘致企業は、企業立地協定を提携していない企業がありましたので、今回指定基準に追加したものでございます。立地企業が設置する施設に関する固定資産税については、課税免除または不均一課税を行う自治体に対し、その徴収額の75%を普通交付税で補てんされるものであり、固定資産税の課税免除措置を導入することにより、さらに立地環境の充実を図り、企業誘致を促進させるものでございます。

 以上、第6号の提案理由の説明にかえさせていただきますが、そのようなことでございますからよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 それでは、今度は一般会計の補正予算に移らせていただきます。別途の資料がございますから、議案書と違う資料でお願いをしたいと思います。

 それでは、議案第7号平成21年度綾町一般会計補正予算(第6号)、平成21年度の綾町一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれを5,842万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ47億5,299万2,000円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。繰越明許費の補正、第2条、繰越明許費の追加は、「第2表繰越明許費補正」によります。債務負担行為の補正、第3条、債務負担行為の変更は、「第3表債務負担行為補正」によります。地方債の補正、第4条、地方債の変更は、「第4表地方債補正」によります。

 それでは、これは2ページから5ページにかけましてお目通しをいただきまして、6ページのほうに飛ばせていただきます。6ページをおめくりください。

 6ページの第2表繰越明許費補正でございます。民生費の地域介護福祉空間整備事業は、やすらぎの里の増床工事に伴います橋のかけかえ工事800万円の工事費でありますが、この800万円の工事費であり、衛生費の予防接種は380万円、それから新型インフルエンザの予防接種、商工費の千尋公園整備地域活性化経済危機臨時交付金、これは2億5,280万円ということで、電源立地交付金によります大つり橋のかけかえでございます。また、この土木費の地域活性化きめ細やかな臨時交付金8,580万円でありますが、これは広域農道南麓三本松線ほか4路線、同じ土木費の地域活性基盤整備事業、これは5,710万円ですが、岩下法華嶽線改良工事と桑下線のやはず薬局の買収補償であります。それから消防費、この555万円の防火用機材導入は、瞬時防災情報システムのJアラートの設置費用ということで、システム、そういうものの設置費用でございます。

 それでは、次の7ページのほうの下のほうでありますが、債務負担行為であります。これは追加としてですね、原油家畜飼料価格高騰対策農業緊急支援資金利子補給、これは41万3,000円ですが、21年度から27年度まで実施し、変更としてこれまで取り組んでまいりました養豚経営活性化資金利子補給と養豚特別支援資金利子補給を平成21年度で終了し、養豚経営改善支援資金利子補給の限度額を60万3,000円から58万1,000円に変更するものでございます。

 それでは、次のページに移らせていただきます。8ページのほうをお目通しをいただきます。これは第4表の地方債補正でございます。地方債の補正は、都市再生整備事業産業会館建設用地補償交渉、21年度にずれ込むことから、一般補助施設整備等事業債を2,350万円を減額し、1億4,100万円とするものでございます。

 それから、下の9ページのほうからの事項別明細となってますけれども、今度は11ページからですね、主なものだけを説明させていただきますから11ページに飛んでください。

 11ページをお開きをいただきたいと思います。まず、歳入の町税でございますが、個人町民税では、経済不況の中、所得の落ち込みと前年分収納率の低下で、これは150万円の減額としますが、滞納分の収納率が県との併任人事交流等の成果として伸びたことから、これは210万円の増額補正といたしました。

 また、法人町民税におきましては、2、3の法人は減少しましたけど、1、2の法人においては業績が好調であった結果、これは265万円の増額補正とさせていただきました。

 それから、固定資産税におきましては、経済不況の中での設備投資が進まず、償却資産と価格の見込み違いによって、これは400万円の減額ということとさせていただきました。それから、軽自動車税に関しましては、現年分の課税保留や課税取り消し等により70万円の減ということでございます。

 次に、12ページをお願いします。それでは次に、たばこ税と入湯税は、当初見込みほどの落ち込みがなくてですね、それぞれ50万円と90万円の、これは増額補正ということで計上させていただきました。それから、次の自動車取得税交付金720万円の減は、自動車取得税がエコ減税等により減税されたため交付実績見込みによる減額補正でございます。

 次に、下のほうの13ページをごらんいただきますが、これは商工使用料、これは1,291万円の減額補正ということでございます。これは、今の景気厳しい中ですべての産業活性化施設の使用料が減に伴うものでございます。

 それでは、次の14ページのほうにお目通しをいただきます。お開きください。中ほどの国庫補助金の社会福祉費補助金で、地域介護福祉空間整備事業補助金300万円は、これはグループホームコスモス苑のスプリンクラー設置補助でございます。それから、住宅建設補助金の500万円の減額補正は、これは西中坪住宅等のリニューアル工事に伴うものでございます。それから、地域住宅交付金900万円は、公共下水道事業に伴うものでございます。さらに、農業費補助金の3,200万円の減額補正は、これは農山漁村活性化プロジェクト支援交付金で、ひむか食品の事業中止によるものでございます。

 それでは、次の下の15ページに移らせていただきますが、地域活性化公共投資臨時交付金1,140万円は、公共施設整備等の整備基金に積み立てて、地域活性化きめ細かな臨時交付金8,411万9,000円は、繰越明許費のところでも御説明申し上げましたとおり、広域農道南麓三本松線ほか4路線を整備するものであります。下の表の県負担金で節の保険基盤安定負担金1,119万6,000円の減額は、説明欄のほうをお目通しいただきますが、国保基盤安定制度負担金1,252万5,000円の減額となり、後期高齢者保険基盤安定負担金132万9,000円増ということになったためであります。

 それではですね、次の、今度は16ページに入ります。16ページのほうの電源立地地域対策交付金219万4,000円の減額は、交付決定によるものでございます。また、農業補助金の401万円の減額は、県単土地改良事業の浦ノ田水路測量設計が350万円の減額と割付水路工事50万円の減額が主なものでございます。また、さらに、林業費補助金500万円の減額は、協栄木材の事業中止に伴うものでございます。

 それでは、17ページのほうに移りますが、減債基金繰入金の3,000万円の減額と財政調整基金繰入金の4,900万円の減額は、国の新たな交付金制度による町費充当や事業費圧縮によるものでございます。

 次に、18ページをおめくりください。これは、雑入の説明欄で、町村有建物損害共済金、こっちの右のほうを見ていただきますと1,180万8,000円ございますが、これは宮原住宅火災に伴います共済保険金でございます。これが1,180万8,000円ということでございます。また、共済のうちですね、一般補助施設整備等事業債2,350万円の減額は、これは都市再生整備事業の産業会館建設工事に伴います補償買収等を22年度に実施することとしたための減額でございます。

 以上が、歳入関係でございます。

 次にですね、下の19ページのほうの歳出について説明申し上げますのでごらんをいただきますが、これまた歳出の減額というものがございますけども、歳出の減額はほとんどは執行残によるものでございますので、これも増減の大きいものだけ説明申し上げますのでそのように御理解いただきたいと思います。

 まず、総務管理費でですね、広報広聴費の委託料、これは節の欄の下のほうを見ていただきますが400万円の減額でありますが、これは条例の内容を精査するための委託料でありましたが、一たん通常の保守料の中で精査したために新たな専門的な精査が格安で執行できた結果でございます。

 さらにですね、同じ総務管理費の財政管理費1,140万円の増額は、地域活性化公共投資臨時交付金を公共施設等整備基金に積み立てるものでございます。そのようなことで計上させていただきました。

 それから、次のページお願いいたします。20ページのほうに移ります。徴税費賦課徴収費の積立金111万円はふるさと納税によるもので、ことしは去年よか上回りまして、トータル的には340万円の積み立てが見込めると、こういうことで、毎年300万円以上の積み立てをいただくということでございます。大変ありがたいことでございます。

 次に、21ページのほうをごらんをいただきたいと思います。社会福祉費の繰出金2,177万円の減額は、説明欄のとおり国保特別会計、国保基盤安定化介護特別会計の繰出金実績に基づくものの減額でございます。

 それでは、次の22ページへお移りください。これは扶助費のですね、説明欄をごらんをいただきますが、重度障害者医療費助成事業183万5,000円は、医療費の増加によるもの、または障害者自立支援医療費100万円は、対象者が、これは42名ですね、増加したものでございます。次にですね、老人福祉費の負担金補助及び交付金でありますが、これも説明欄の地域介護福祉空間整備事業補助金は、グループホームコスモス苑が設置するスプリンクラー設置補助でございます。その下の扶助費の180万円の減額は、これは老人施設入所者1名がお亡くなりになり措置費を減額するものでございます。それから、繰出金の278万4,000円の減額は、老人特会に繰り出すもので、医療費給付費等の減によるものでございます。それから、一番下のですね、後期高齢者医療費の負担金補助及び交付金の、この315万7,000円の減額は、医療費減少が見込まれることによるものでございます。

 それでは、下のほうの今度は23ページに移りますので、児童対策費の委託料299万3,000円は、これは子ども手当導入に伴うシステム改修費ということでございます。

 それでは、あと、次に移らせていただきます。24ページをお開きください。24ページのほうを見ていただきますが、これも母子福祉費の扶助費説明欄のほうで説明申し上げますからこっちをごらんください。

 まずですね、母子家庭医療費扶助は対象者が61名増の568名となり、1人当たりの医療費が417円増の6,301円となることから、これは61万9,000円の増額とさせていただきました。また、乳幼児医療費扶助では、3歳以上の外来分が当初予算で計上漏れとなっていたため、これは400万円の追加するものでございます。

 それでは、今度は26ページのほうにまためくっていただきたいと思います。これもですね、農業振興費の原材料費、この欄を見ていただきますが、98万9,000円、節のところに98万9,000円は有機農業推進大会関係が7万5,000円減額し、加工用大豆購入費として106万4,000円増額したため、差し引き98万9,000円となった次第でございます。

 次にですね、次に、負担金補助及び交付金、次の負担金補助及び交付金188万1,000円の減額は、ほとんどがこれは執行残ということでございます。それから、説明欄の4段目は、山間地域農業活性化支援基金負担金156万2,000円は、県単事業のきらり輝く山間地域農業活性化プロジェクト事業で、農業法人福富農産が農産加工施設及び販売システム構築等の事業に取り組むため、総事業費1,875万円の10分の1を山間地域活性化支援基金として県へ積み立てするものでございます。

 それでは、次のですね、27ページ、下のほうに移りますが、農地費の委託料の350万円の減額は、県単の土地改良事業測量設計委託執行残であります。

 次に、林業費に移りまして負担金補助及び交付金の421万2,000円の減額は、森林セラピー基地のグランドオープン記念行事運営費として、森林セラピー推進協議会の補助金78万8,000円を追加し、協栄木材の素材生産木材加工施設等の整備事業中止による補助金500万円を減額するものでございます。

 それでは、次のページに移らせていただきます。28ページのほうで、商工費への工事請負4,800万円の減額、これは節のとこを見ていただきますが、サイクリングターミナルの増設工事の執行残と、こういうことでございます。

 次に、29ページに移りますが、委託料の437万4,000円の減額は、工事請負費の1,573万5,000円減額、備品購入費の157万5,000円の減額、ほとんどサイクリングターミナルの厨房改修工事と食堂増築工事に伴います執行残でございます。なお、積立金228万6,000円の減額は、電源立地地域交付金の減によるものでございます。そのようなことでお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、30ページのほうに移らせていただきます。道路新設改良費は需用費の60万円から役務費の20万円、委託料の695万円、工事請負費の7,665万円、公有財産購入費の60万円、補償補てん及び賠償金80万円まですべて地域活性化きめ細かな臨時交付金によるもので、歳入で申し上げましたとおり広域農道南麓三本松線ほか4路線の整備を22年度に繰り越して実施させていただきたいというものでございます。

 それでは、31ページの都市計画の繰出金の245万7,000円の減額は、公共下水道事業特別会計が消費税還付金245万8,000円を受けるため、一般会計からの繰出金が減額となったものでございます。

 次に、中ほどの住宅の工事請負費500万円の減額は、西中坪住宅リニューアル工事の執行残でございます。また、一番下の都市再生整備費の工事請負費680万円の減額は、公有財産購入費840万円の減額、補償補てん及び賠償金1,600万円の減額は、すべて都市再生整備事業産業会館建設に伴います買収補修等を22年度実施することにしたための減額でございます。

 それから、32ページのほうをお目通しいただきますが、消防費の工事請負費500万円の減額は、麓地区に防火水槽設置を予定しておりましたけど、用地確保が困難なため減額するものでございます。

 最後に、小学校管理費の備品購入の134万8,000円の減額は、地デジ対応テレビ購入の執行残と、こういうことで。

 以上、主なものだけ説明させていただきましたが、議案第7号のですね、平成21年度の綾町一般会計補正予算(第6号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして、議案第8号平成21年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、平成21年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めることによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,217万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億3,457万3,000円とします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 これは、補正書の2ページのほうで説明申し上げますので、まず、2ページをお開きください。

 第1表歳入歳出予算補正については、まず歳入から説明申し上げますが、款の1の国民健康保険税は、収納見込み増に伴います、これは522万4,000円の増額といたします。

 款の4のですね、国庫支出金につきましては、当初予算にしては厳しく算定すべきところでございましたが、国庫支出金の変更申請に伴いまして、これは3,610万3,000円の減額補正ということにいたした次第でございます。

 内訳といたしましては、国庫負担金が1,369万1,000円の減額と国庫補助金の2,241万2,000円の減額、こういうことで当初、ある面では厳しく算定をすべきでしたが、ちょっとこのような状況になってしまったわけであります。

 それから、款の5の医療給付費交付金は、退職医療にかかわります交付金の確定に伴います934万2,000円の増額でございます。

 款の7の県支出金の37万4,000円の減額です。内訳は、高額医療費共同事業負担金が18万5,000円の減額、特定健康診査等負担金が18万9,000円の減額と、こういうことで37万4,000円。

 それから、款の8の共同事業交付金561万円の減額です。これも減額ですが、内訳は、高額医療費共同事業交付金が36万円の減額と、また保険財政共同安定化事業交付金525万円の減額。こういうことで内訳はなってございます。

 それから、款の10の繰入金は、576万7,000円の増額であります。これは他会計への繰入金のうち、保険基盤安定繰入金を1,923万2,000円の減額、そして財政調整基金繰入金を2,499万9,000円の増額といたして最終的にこのような金額ということでございます。

 款の12の諸収入でありますが、本年中の延滞金の収入が今後見込めませんので、これは43万7,000円の減額ということにさせていただきました。

 以上が、歳入の説明でございまして、続きまして、歳出に移りさせていきますが、下のほうのを見て、3ページのほうをごらんいただきますが。これは、款の2の保険給付費ですが、医療費が増加していますので今後の不足分の1,855万円を増額補正といたします。

 これも主な内訳は、入院、外来等にかかわります療養給付費が1,300万円の増額、補装具等にかかわります医療費が65万円の増額、高額医療にかかわります高額療養費が490万円の増額ということになっております。

 それから、款の7の共同事業拠出金は、拠出の確定による158万2,000円の減額であります。これは、レセプト1件当たり80万円以上の高額療養費の財政補てんを行う事業に対する高額医療費共同事業拠出金が74万3,000円の減額、それから、レセプト1件当たりの30万円以上の高額医療費の財政の補てんを行う事業に対する保険財政共同安定化事業拠出金が83万9,000円の減額ということで、合わせますと158万2,000円ということであります。

 款の9の基金積立金医療費の高騰に伴うものでございますが、医療費等の増額補正でありますので3,000万円の減額をいたします。これにより、年度末の基金残高がですね、1億7,551万2,000円ということになるわけでございます。そういうことで、現在の基金充足率は52.4%ということで3,000万円を減額せざるを得ないと、積立金を減らさなければならない状況であるということでございます。

 それから、款の12の予備費ですが、医療費等の増額補正によりまして913万9,000円の減額いたしまして、1,710万2,000円ということで、こういうことでございます。

 以上が、歳出の説明で、これが21年度の国民健康保険特別会計の補正予算の内容でございます。

 以上、提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして、議案第9号平成21年度綾町老人保健特別会計補正予算(第2号)、平成21年度綾町の老人保健特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出をそれぞれ270万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ628万6,000円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、補正内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正にて御説明申し上げますが、老人保健特別会計につきましては、まず、先にですね、歳出より説明させていただきますので、3ページのほうをごらんください。3ページのほうの歳出でありますが、款の2の医療諸費につきましては、支出見込み額が当初予算よりも減額になるために、270万円の減額補正と、こういうことでございます。これが歳出の内容でございます。

 続きまして、歳入の説明に移りますと、これは上のほうの2ページをごらんいただきますが、款の1の支払い基金交付金7万8,000円につきましては、老人医療交付金が増額になったものでございます。

 次に、款の4の繰入金の278万4,000円につきましては、歳出の医療費の減少に伴う減額補正ということでございます。

 それから、款の6の諸収入6,000円につきましては、診療報酬の返還金でございます。

 もう、簡単でありますが、これが議案第9号の提案理由の説明でございます。

 それでは、議案第10号に移らせていただきます。平成21年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)、平成21年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ12万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,485万8,000円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、補正の内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正にて説明を申し上げますので、2ページのほうをお開きをいただきたいと思います。

 2ページのほうを見ていただきますが、款の1、後期高齢者医療保険料83万7,000円につきましては、低所得者の保険料が軽減されることや所得の減少により保険料が減額となったため、これは減額補正ということで83万7,000円ということでございます。

 次に、款の4の繰入金94万5,000円につきましては、事務費及び職員給与等の繰入金の減額補正と宮崎県後期高齢者医療広域連合へ支払う保険基盤安定負担金が保険料軽減対象者の増加による増額となったことにより増額補正をするものでございます。

 次に、款の6の諸収入1万8,000円につきましては、後期高齢者医療広域連合から保険料通知にかかわります通信運搬費の補助金にかかわります増額補正と、こういうことがございます。

 歳入については、以上でございます。

 続きまして、下のほうを、3ページのほうで下のほうを見てください。款の1の総務費、△の80万9,000円につきましては、職員給与費等が、これ育児休暇により当初予算額よりも算出見込み額が少ないため減額補正するものでございます。

 次に、款の2の後期高齢者医療広域連合納付金93万5,000円につきましては、歳入で説明しましたとおり、後期高齢者医療保険料の減額及びそれに伴います基盤安定負担金の増額によるものでございます。

 以上が、歳出でございます。これも簡単でございますけれども議案第10号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして議案第11号綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)、平成21年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出をそれぞれ1,474万6,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ6億9,233万7,000円とするものであります。2、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、補正の内容につきまして説明を申し上げますが、詳細につきましては、綾町介護保険特別会計補正予算書(第4号)の歳入歳出補正予算事項別明細書の2ページより説明申し上げますので、2ページのほうをお開きをいただきたいと思います。

 それでは、まず、歳入についてでございますが、第1号被保険者の保険料でありますが、見込みによります補正をしております。296万4,000円を減額し、保険料全体では9,392万円と見込まさせていただきます。

 国庫支出金の509万9,000円の支払い基金交付金447万4,000円、県支出金242万円につきましては、介護給付費及び地域支援事業費の減少によるものであり、それぞれ減額するものでございます。

 それから、繰入金の一般会計繰入金につきましては、介護給付費及び地域支援事業費の減少によるものと、事務費の今年度見込みにより252万3,000円減額するものでございます。

 なお、介護給付費負担金及び交付金、または地域支援事業費交付金については、翌年度に精算するということになってございます。

 それから、基金繰入金につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金が繰り入れられるものでありまして、3年間の保険料を補うためのものでありまして273万4,000円を追加いたしております。

 以上が、こういうことで、詳細はですね、6ページ以降をお目通しいただきたいと思います。以上が、歳入関係の主なものでございます。

 次に、歳出について、下のほうの3ページをお目通しをいただきますが、総務費につきましては職員給与等の事務費の今年度見込みにより15万3,000円を減額するものでございます。

 保険給付費1,300万円、地域支援事業費444万3,000円につきましては、これまでの実績と今後の見込みによってそれぞれ減額するものでございます。

 基金積立金につきましては、給付費の急激な増加に対応するため準備基金として積み立てるものであります。介護従事者の処遇改善等で給付費の増加に対応するため260万円を追加いたしております。

 諸支出金の繰出金25万円の追加につきましては、過年度介護保険給付に保険料還付に伴い一般会計より繰り入れた分を一般会計に繰り出すものでございます。

 詳細についても、これも、9ページ以降に書いてございますからお目通しをいただきたいと思います。甚だ簡単でございますが、議案第11号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第12号平成21年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明申し上げます。

 別冊の平成21年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)の1ページのほうをごらんをいただきますが、第1条、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、次のページをお開きください。まず歳入でありますが、繰入金の一般会計繰入金がありますが、補正前の額7,240万4,000円、補正予定額減額の、△の245万7,000円、計6,994万7,000円となります。

 諸収入の雑入でありますが、補正前の額の1,000円、補正後の予定額の245万7,000円、計245万8,000円となりまして、歳入合計が2億4,493万8,000円ということになります。

 今回の補正は、諸収入の雑入に消費税還付が245万7,000円ありましたので、一般会計繰入金が245万7,000円減額となり、補正額合計では、これはプラス・マイナス・ゼロということでございますので、歳入のみの提案理由の説明ということでございますから、ということで御理解をいただきたいと思います。

 以上、簡単ですが、議案第12号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第13号平成21年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ51万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,555万9,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。

 それでは、2ページ、3ページをお目通しをいただきますが、これは事項別明細でこの面はちょっと説明させていただきますので、では、2ページ、3ページをお目通していただきまして、6ページのほうに移らせていただきます。まず、歳入でございますが、浄化槽負担金の減額3万6,000円でありますが、今年度設置いたしました5人槽が17基、それから7人槽が8基で合計25基ということで、負担金確定に伴うものでございます。

 それから、次に、使用料及び手数料の減額の23万円は、使用料開始時期に伴う減額でございます。本年度まで、ちなみにですね、設置数は80基ということになります。

 次に、繰入金25万円の減額につきましては、浄化槽維持管理委託料の減に伴う一般会計繰入金の減額でございます。

 それでは、下のほうの今度は7ページのほうの歳出を説明申し上げますが、浄化槽事業費50万円の減額は、今年度設置した浄化槽分の清掃を次年度に実施することにより、維持管理委託料の減額でございます。

 予備費の1万6,000円は、端数の調整でございます。

 これも簡単でありますが、議案第13号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第14号であります。議案第14号平成21年度綾町水道事業会計補正予算(第4号)について提案理由の説明を申し上げます。

 まず、第1条、平成21年度綾町水道事業会計の補正予算(第4号)は、次に定めるところによります。第2条、平成21年度綾町水道事業会計は、予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正いたします。これは支出でありますが、第1項の営業費用の既決予定額7,353万8,000円、補正予定額200万円、計7,553万8,000円となりまして、第1款水道事業費用の予定額が9,501万1,000円ということになります。

 今回の補正は、流量計水位計等の計装関係修繕と塩素消毒機器修繕の費用として200万円を補正するものでございます。

 以上が内容でございますので、もうここだけで説明終わらせますが、事項別明細等についてはですね、お目通しをいただきたいと思っております。

 以上、簡単ではありますけども、議案第14号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 ちょっと修正して、議案第7号の一般会計補正予算であります。ちょっと間違って説明申し上げております。14ページをお開きください。14ページ、一般会計補正予算でございます。14ページのですね、款の6の農林水産業費国庫補助金の欄で、減額の3,200万円ということでございますが、これは、私は先ほど農山漁村活性化プロジェクト支援交付金ということでここにも掲載してございますが、これはターミナルのですね、僕はこれのあれだと申し上げたんですが、これは間違いでございまして、さっきの説明はターミナル増設工事の事業量の減ということに修正させていただきますから、そういうことでお許しを賜りたいと思います。

 訂正をいたしまして、おわびを申し上げたいと思います。



○議長(畠中征郎君) ここで、暫時休憩をいたします。

(休憩午前11時05分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時23分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 町長の説明をお願いします。町長。



◎町長(前田穰君) それでは、22年度一般会計予算について説明を、提案理由の説明を申し上げます。

 議案第15号平成22年度綾町一般会計予算、これは、議案第23号の平成22年度綾町水道事業会計予算まで一括して提案理由の説明を申し上げますが、まずは、議案第15号平成22年度綾町一般会計予算に定めることによります。

 この横書きのこの資料を見てください。1ページのほうをおめくりいただきますが。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額はそれぞれ40億1,340万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。地方債、第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表地方債」によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の繰入額の最高額は3億円と定めます。歳出予算の流用、第4条、地方自治法第220条第2項のただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することのできる場合は次のとおりと定めます。(1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費──賃金に係ります共済費を除く──にかかわる予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用であります。

 それでは、22年度の一般会計予算額は21年度と比較いたしまして、これは2億9,660万円、6.9%の減額の40億1,340万円となりました。前年度は大きな事業がございましたので、今回、若干の減額ということでございます。

 国におきましては、平成22年度予算編成方針において国民の生活が第一の基本理念に立って、政策や予算の旧来の優先順位を一新し、無駄遣いの根絶や不要不急な事業の徹底的な見直しを行い、新しい優先順位に基づいてすべての予算を組み替えて財源を抽出し、マニフェストに掲げた子育て、教育、年金、医療、介護、雇用などの地域活性化に重点を置き、国民の一人一人に直接手を差し伸べることによって、生活の安定を図り、希望を生み出していく予算といたしております。

 本町におきましても、平成22年度の予算編成に当たっては、先ほど施策方針なり考え方について申し述べさせていただきましたが、この国の予算編成状況等も念頭に置き、これまで推進してきた照葉樹林都市・綾を基調とし、自然と調和した豊かで活力ある教育文化都市を基本理念とし、地域の特性を最大限に活用し、若者の定住促進と親子3世代が楽しく暮らすことのできる、思いやりとぬくもりのある社会福祉の実現。自治公民館や各種団体、消防団等の活力を生かした安全・安心な地域づくりを一層促進いたします。また、子供たちを健やかに産み育てることのできる環境の整備と、スポーツを通じた教育の振興を図るとともに、健康長寿社会を目指した安心して暮らせる福祉の町づくりを主眼に置き、恒久的に持続可能な行財政基盤の確立に向けた取り組み、経済の振興と住民福祉の実現に資する生活密着型の積極予算といたしました。

 それでは、予算内容を説明させていただきますので、2ページから7ページの第1表歳入歳出予算は、後ほど別冊の予算資料により説明させていただきますので、まずは、この8ページをお開きください。

 8ページのほうの、この予算書のほうの横書きのほうであります。8ページであります。第2表地方債でありますが、臨時財政対策債は、これは普通交付税振りかえ分の人口基礎方式に、新たな財源不足額基礎方式を加えた、これは3億8,430万円を計上いたしておりますが、これは、いつも申し上げておりますとおり、後年度において、全額地方交付税で算入される。ですから、これはすべて交付税で算入される。財源補てん、償還財源は100%だということであります。これは算入するものであります。この起債を説明申し上げて、あとは予算資料で説明申し上げますので、今度はこの予算資料のほうを、こちらのほうのピンク色というんですか、こっちのほうをおめくりください。

 まず、1ページのほうから説明申し上げますから、歳入の性質別のほうで説明申し上げます。一般財源の中ほどの小計を見ていただきますと、これは26億3,781万7,000円で、構成比は65.7%となっておりまして、21年度と比較いたしますと、右のほうにずっと移っていただきますと1億500万8,000円、つまり4.1%の増ということになってございます。

 この表の一番上の1の町税につきまして、右のほうを見ていただきますが、1,777万9,000円の減は、この減の5億2,722万円ということになっておりますが、この内訳については、この後ろの4ページから7ページにかけて詳しく記載してございますから、後ほどお目通しをいただきたいと思っております。町税の内訳が書いてございます。

 それから次に、3の地方譲与税をごらんいただきますが、1,980万7,000円の増の7,520万7,000円ということになってございますが、これは自動車重量譲与税と地方揮発油譲与税、それに地方道路譲与税の増によるものでございます。

 それから、主なものだけ説明申し上げますが、次の11、地方交付税の欄をごらんください。区分の11のほうを見ていただきますが、11の地方交付税は、地域雇用創出推進費の廃止によりまして、これは5,400万円の減となりますが、地域活性化雇用等臨時特例費1,549万円の増額と、さらには交付税単位費用額の見直し等によって、これは、1億900万円の増と、こういうことで19億5,900万円、これを計上させていただきました。なお、この中には特別交付税があるわけですが、これは前年同様ということで、1億円見込まさせていただいて、19億5,900万円ということにさせていただきました。

 次に、今度は、下のほうの17、17の欄を見ていただきます。今度は、その他の分の17で使用料及び手数料をごらんください。使用料及び手数料は9.6%、2,205万8,000円減じておりますが、主な要因は商工使用料において、22年度に大吊橋の大規模補修補強工事を考えてございますので、その間の入園料の1,901万6,000円が減収ということで見込まさせていただきました。

 それから、19の国庫支出金と21の県支出金をごらんいただきますが、それぞれ1億1,224万7,000円と2,971万8,000円の減額となっていますが、これは児童手当にかわります子ども手当として1億1,334万2,000円の増額の要素に対し、これは、農業農村活性化プロジェクト事業や、広沢地区の飲雑用水整備事業等の完了によって差し引きますと、減額ということになってございます。

 次に、27の繰入金であります。大型事業の完了に伴いまして、基金からの繰り入れを1億9,089万9,000円の、これは64.7%減少いたしまして、1億410万2,000円ということになってございます。繰入金を減少させることを、減少することにいたしました。

 31の諸収入で、4,364万円、これは33.6%減少は、小田爪陸上競技場天然芝工事サッカーくじ助成を受けた21年度中に完成したために、これは減額ということになったのでございます。

 それから、33の町債は、21年度より6,300万円、1.6%減額した3億8,430万円を計上いたしました。これは、先ほど申し上げました臨時財政対策債でございます。

 次に、2ページのほうへ移らさせていただきます。今度は、歳出の性質別について掲載されてございますが、これも、増減の大きいものを説明させていただきます。

 まず、義務的経費の2、扶助費でありますが、前年比較で1億2,015万円31.2%の伸びで、5億531万6,000円ということになってございますが、これは、児童手当にかわる子ども手当の創設ほか、障害者医療費助成の伸び等によるもので、また、3の公債費は、6,847万4,000円、8.2%減少しています。

 次に、行政費の中の物件費でありますが、1億1,077万7,000円の17.6%の伸びを示しておりますが、これの主なものは、電算処理委託費町長選挙、知事選挙、参議院選挙の選挙費の緊急雇用事業等に伴うものでございます。

 それから、6の補助費等では、5,515万4,000円の13.5%の増となっていますが、これは新規の太陽光発電システム設置補助、綾産木材利用推進補助、それから中小企業退職金共済加入助成補助等制度の創設によるものと、若者定住住宅料補助など実績の伸びによるものと、さらには農山漁村活性化プロジェクト支援交付金返還金等が含まれてございます。

 それから、7の積立金でございますが、1,158万円の77.6%減少しておりますが、これは17年度から積み立ててまいりました電源立地地域交付金による千尋自然公園整備基金積み立てが、21年度で完了するためでございます。

 それからその下の、今度は、投資的経費の補助事業では、22年度都市再生整備事業による産業会館建設や東中坪住宅のリニューアル、さらには消防積載車のポンプ6台の更新等に取り組みますが、21年度で農業農村活性化プロジェクト支援交付金によりますサイクリングターミナルの増築工事や、宮原営農研修施設建設工事その他、地域介護空間整備事業によるやすらぎの里増床工事、育苗センターの増設工事、交通安全施設整備事業等大型事業が完了したことにより、3億7,110万8,000円、53.9%の減ということになってございます。また、単独事業でもサイクリングターミナルに太陽熱温水ヒーター設置工事や、小学校体育館耐震補強工事、尾原公民館建かえ工事、北俣保育所の乳児保育室増設工事など積極的に取り組みますが、21年度中に広沢地区の飲雑用水施設整備やサイクリングターミナル厨房、宿坊改修工事、さらには小田爪多目的広場整備工事等が完了したことによって1億2,894万6,000円、つまり39.4%の減少ということになってございます。

 それでは、次に3ページのほうを、お目通しを、右のほうですが。お目通しをいただきますが、3ページのほうに移らせていただきます。これを見ていただきますが、今度は目的別に分析してございますから、この内容について説明申し上げます。

 まず、総務費は職員給与費、給与や徴税システム改修委託費、それに参院選、知事選、町長選の選挙費等の増加に伴って9,445万9,000円の27.7%の増であります。

 また、区分の3の民生費では、児童手当にかわって子ども手当が創設されこと等に伴い、7,733万6,000円の、これは8.4%の増ということになります。

 それから、農林水産業費では、広沢地区飲雑用水整備や育苗センター増設等が21年度で完了したことによりまして、9,176万円の25.6%の減ということでございます。

 それから、商工費でもサイクリングターミナルの増設及び改修工事や、小田爪多目的広場の整備工事が完了したことから、これは4億2,281万6,000円の56.7%と大きく減じてございます。

 土木費では、都市再生整備事業による産業会館建設や、公営住宅のリニューアル及びケーブルテレビ接続工事費等で、4,761万1,000円で11.3%の増ということになっております。

 教育費では、小学校体育館耐震工事や尾原公民館建設工事等で、4,553万1,000円の13.7%の増ということでございます。

 次に、4ページから8ページまでは、歳入に伴います算定資料がありますので、お目通しをいただきまして、あとは9ページから重立った面なり、米印のついてる分について説明を、新規事業等も含めて説明申し上げますので、今度は9ページのほう移ってください。あっ、9ページのほうで後ほど、新規のほうで説明しますが、9ページのほうにおめくりください、9ページ。9ページに移ります。

 9ページのほうで、まずは重立ったものと米印のついたものや、新規考え方についての内容をちょっと補足しながら説明申し上げますが。

 まず、財産、5の財産管理費、下のほうに入ります。5の財産管理費。これは2)の町有財産情報整備業務委託は、公の公会計制度に基づく財産管理システムの構築ということで、今回予算を計上させていただきました。そういうことで420万円ということで、ごらんをいただきたいと思います。

 それから、今度は、次のページに移らせていただきます。10ページのほうをおめくりください。7)の、これも米印がついてございますが、これは、総合長期計画策定事業は平成18年3月に策定いたしましたが、第5次総合長期計画後期基本計画に引き続き、第6次総合長期計画を策定するものでございます。

 それから、米印が日本で最も美しい村連合参加事業も米印がついてございますが、その下の13)太陽光発電システム設置事業は低炭素社会構築に対応し、クリーンエネルギー推進のために、太陽光パネルを設置した個人家に対します1キロワット当たり3万円、最高12万円を補助する制度でございます。

 それから、米印はついておりませんが、11の賦課徴収費の中の、中ほど、賦課徴収費の中の4)のシステム改修費の3,417万2,000円は、法改正及び電子申告等に対応するための改修でございます。

 それから、5)でございますが、固定資産評価システムは土地のさらなる適正評価、及び賦課の構築であります。

 これも、米印はついてございませんけども、15、16、17、18、19の選挙費は、22年度中、もしくは23年度早々に実施が予定されている選挙費用でございます。

 次に、右のほうの11ページのほうへお目通しをいただきますが、21の統計調査費の4)の国勢調査は、これは22年度10月1日を基準日で実施されます。

 それから、今度は民生費に入りますが、2の社会福祉対策費の1)の社会福祉対策総務費、地域福祉計画策定は、これまでの福祉プランがそれぞれ対象者別で独立した領域であるのに対して、地域の生活家庭に対応する町民、住民全体を包括し、すべての計画を横断的に支援する、住民参画の新たな支援サービス体制を策定いたすものでございます。

 それから、下のほうに入りますが、町単独障害者扶助で、11)です。下ほどでありますが、新規に、これは、70歳以上の透析患者の方がいらっしゃるんですが、これは、この方々については、70歳以上の皆さん方に対する交通費の一部助成をやらせていただくと、こういうことでございます。

 それから、次に、今度は12ページのほうに移らしていただきます。12ページに移りまして、12)でシルバー人材センター運営補助でありますが、これは町内の耕作放棄地をシルバー農園として管理をお願いしていこうということの予算を計上させていただきました。

 今度は、中ほどの児童対策費の8)子供医療費、これは、いろいろ御意見をいただいておりましたが、7歳から15歳までの入院に係ります、医療費助成を行わせていただくということでございます。中学校まで入院医療費の助成を行わせていただくということで、新たに設けさせていただきました。

 それから、9ですね、児童運営費。これは南俣保育所は22年度に設計をして、23年度に建てかえる予定でございます。

 それから、これも米印がついてますが、6)北俣保育所乳児保育施設の増設工事、これは22年度中に設計から工事まで実施させていただくということで、今、乳幼児の保育の関係が多くなってきておるということでございますから、そのための増設工事をやらせていただこうということであります。

 それから、今度は13ページのほうに移らせていただきますが、11の児童措置費であります。これは子ども手当の支給で、中学生までの児童に月額1万3,000円ということで実施されるものであります。

 次に、今度は、衛生費に入ります。

 下のほうの6番、老人保健対策費、これにつきましては、6)のがん検診事業の中で、特に女性特有のがん検診ということで、子宮がん、子宮頸がんと乳がんの検診に取り組まさせていただきます。そういうことで予算を計上させていただきました。

 次に、14ページのほうをお目通しをいただきます。これは、米印はちょっとついていませんが、8であります。上から2段目のじん芥処理費でありますが、生ごみ収集をパッカー車による収集に切りかえまして、住民の利便性を図るとともに良質堆肥の生産に取り組まさせていただこうということで、今度は、パッカー車をリースで借りさせていただこうということであります。

 それから、次に、農林水産業費に入らさせていただきます。1の農業委員会費では新規事業として、耕作放棄地再生利用緊急対策事業と、5)の農業年金加入推進事業、6)の農地制度実施円滑化事業に取り組まさせていただきます。

 それから、今度は、3の農業振興費では、畜産振興のために、9)のほうを見ていただきますが、自給飼料生産技術確立事業で飼料用トウモロコシをサイレージに貯蔵する実証実験を行わさせていただきまして、自給飼料の確保、そしてコストの低減化を図るための、このような実証実験を行わせていただこうと思ってます。

 それから、10)の飼料高騰対策として発酵祖飼料梱包ビニール代の、牧草1巻き当たり800円程度補助させていただきまして、これまた、コスト軽減を図らせていただこうということでございます。

 一番下の13、農畜産物商品力販売力強化事業は、農畜産物の販売額を5年間で30%アップを目標に、県内外の消費地において、積極的な販売促進活動を展開しようというものでございますので、販売なくして生産は高まらない、農家の経営安定を目指したい、農家の振興を図りたい、こういうことの考え方で、5年後には30%アップを目指した取り組みをやらせていただくということでございます。

 続いて、15ページのほうをお目通しください。15ページの米印の宮崎県原油・家畜飼料価格高騰対策農業緊急支援資金利子補給は、利息年2.95%のうち1.25%を利子補給するものでございます。

 それから、その下の米印のついてます48)施設ハウス省力化推進事業は、施設ハウスには自動開閉装置を取りつけたものでありまですが、もう古くなったので、更新も含めて反当60万円の3分の2を限度に、5反分をことしは予算計上させていただいてございます。

 それから、54)機械利用組合活動推進事業の715万円は、これは機械利用組合の農機具倉庫増設工事とトラックを購入に3分の2の補助を行わさせていただきます。機械化のコストダウンにつなげていくように取り組ませていただくということでございます。

 それから、その下の、これは米印はついていませんが、農畜産物総合価格安定事業の補助金といたしまして、従前は1,000万円でしたが、ことしは価格の厳しい状況でございますから、1,300万円計上させていただきました。300万円増ということにさせていただきました。かなりの発動金額も生じておることでもございます。

 それから、米印の57、自然生態系農産物等販売促進支援事業686万3,000円は、これは、JA直販センターに販売促進アドバイザーとして、ふるさと雇用制度によって1人雇用するものであります。また、直販センター改修工事に2分の1の補助を計上させていただきまして、駐車場の拡充強化と、もっと位置づけを明確にしていきたいと、こういうことで、農協とタイアップして取り組まさせていただくということでございます。

 16ページのほうをお開きください。16ページのほうですが、これは米印ついてませんが、この農地費の7)大平山地区農道舗装、これは大淀川左岸事業でやりましたが、古屋地区が終わりましたから、今度は大平山地区農道舗装を計画をさせていただきました。

 それから、8の林業費のほうへ移らさせていただきます。

 11番、下のほうですが、米印ついてございますが、11)、これは綾産木材利用推進事業、これは林業の振興と町内商工業の振興を図るために、町内産材を利用した建築主と、山を伐採した山主に、それぞれ50万円を限度に補助するものでございます。林業の振興とあわせて、町内の産材を利用してもらう建築主に対しますそういうことの補助をすることによって林業の活性化を図っていきたいという考え方でございます。これは、新規事業でございます。

 それから、17ページのほうに移らさせていただきます。17ページの上のほうですが、商工振興費の4)の活力ある商店街づくり助成事業では、ほんものセンターに現在導入しているポスシステムをさらに充実させ、出荷者に商品の売れ行き状況を、電話やファクスでリアルタイムに知らせる、システム構築をいたしたいと思っております。品切れその他等々もございますから、こういうリニューアルタイプで、その辺の在庫管理ができるシステムを、生産農家とタイアップしてつくろうという考え方でございます。

 なお、6)の米印ですが、これも中小企業退職金共済新規加入助成事業は、町民の皆さん方の安心な生活を保障するために、共済掛金の一部として町内在住社員、職員を対象に、年3万円を助成させていただくと、こういうことでございまして、働く人たちの立場に立って、町内雇用者に対する、そういう取り組みを、今回新規事業としてやらしていただくということでございます。

 この、米印はついておりませんが、7)の農山漁村活性化プロジェクト支援金924万2,000円は、これは、ひむか食品の事業中止に伴います国庫補助金の返還金でございます。

 それから、米印の17)ふるさと雇用事業の地域ブランド商品等販路開拓支援事業は商工会、地域資源を生かした産業・観光受け入れ促進事業は産業観光課、綾町産業活性化強化支援事業サイクリングターミナル、それぞれ1名雇用してございます。

 なお、18の緊急雇用事業は森林組合に委託して、創造の森の管理を行います。

 次に、3の観光費のスポーツ合宿誘致事業旅費でありますが、これは県内外の実業団や大学等を対象に、合宿誘致活動を展開するための旅費でございます。

 さらに、8)地域資源エネルギー等の導入促進事業は、サイクリングターミナルの増築部分に太陽熱温水ヒーターを設置する予算でございます。

 それでは、18ページをお願いいたします。18ページの方は、お目通しをいただきまして、19ページのほうを説明申し上げます。

 これも、米印はついてございませんが、12の住宅管理費でございますが、東中坪の住宅のリニューアル工事と3階、4階建ての住宅のケーブルテレビの接続工事と、平屋建ての住宅の火災警報器設置工事を行います。

 それから、これは米印はありませんが、この消防費のほうの2の非常備消防費で、この中ほどの町操法大会の上の上に、消防団活動補助金ということでございますが、これは米印をつけるべきだったんですが、ついてございませんが、これは消防団員の社会教育活動を強化して、郷土愛護の精神の高揚を図るために団員当たり1人1万円の活動補助を計上させていただきまして、そういう面での施策方針でも申し上げましたとおり、消防団活動の充実強化を図るということで、それぞれの各部に対して、団員当たり1万円の活動補助を計上させていただいて、安全・安心の町づくりはもとよりですが、今後の綾町を担う郷土愛護の精神をさらに高めるための活動を強化していただくための予算として計上させていただきました。

 それから、3の消防施設費の、前後いたして済いませんが、この防災用機材導入では、積載用ポンプ車の更新6台を行わさせていただきます。そういうことで、こういう予算を計上させていただきました。

 それから次に、今度は、20ページの教育費に入りますが、その前に、19ページの下のほうの、この11、下のほうに教育費の11、これは学力向上総合支援事業、この取り組みを強化して、ことしもすばる塾等々の積極的な学力向上に向けての取り組みをさせていただくということでございます。

 それでは、次のページに移っていただきたいと思います。20ページのほうの学校管理費についてでございますが、小学校体育館の耐力度調査と耐震補強工事を行います。

 それから7の、下のほうに入りますが、7の社会教育総務費の中で、尾原公園の整備を行います。

 次に、21ページのほうにお目通しをいただきたいと思います。21ページのほうの、これは、11のほうに自治公民館活動の関係は、もういつも、新規事業ではございませんけども、いつも申し上げてますように、綾町の地域づくり、町づくりの一番の根本をなします住民自治というものを確立するためには、この活動は大事でありますから、ことしも従前どおり予算を計上させていただきました。

 それから、その下の米印がございますが、公民館費の11、自治公民館活動予算では、尾原公民館建設と中堂公民館の設計を行わせていただきます。

 それから、10の体育レクリエーション施設費では、てるはドーム空調、これは下のほうになるんですが、下のほうの米印を見てください。10の、下のほうの米印、4)でありますが、実は、この体育レクリエーション施設費の中で、てるはドームの空調設備の設置調査を委託をして、どのような、夏場非常に温度が上がりますから、脱水症状を起こす場合もございますので、空調整備の調査をした上で設置をさせていただこうということでございますので、その予算を計上させていただきました。

 それから、もう最後になりますが、ちょっと24ページのほうを、毎年説明申し上げますから、これをごらんをいただきたいと思います。24ページのほうは、いつも説明申し上げますが、町債の償還計画でございます。これは下の4行目の合計欄をごらんをいただきますと、償還額は、平成19年度が、こう見ていただきますように、9億7,381万1,000円をピークに、19年度が一番多かったんですが、今は、どんどん年々と減少しておりまして、22年度の欄をちょっと見ていただきますと、ここにありますように、7億6,370万1,000円ということで、前年からすると6,847万4,000円ということの減ということになるわけでございます。

 それから、地方債の残高もずうっと見ていただきますと、これも年々減少してございまして、21年度年度末の残高は55億8,817万9,000円で、これも26年度末には、一番右のほうを見てください。これは、39億9,502万9,000円となる見込みでございます。また、今、申し上げましたとおり地方債の借入残高も年々減少してございまして、このような形になっておりまして、その中でも特に、下のパーセンテージを見ていただきますとおわかりだと思いますが、償還額の70%の財政補てん措置でございますが、実質的な、最終的なことしの起債も、御案内のとおり臨時財政対策債等々で100%財源補てん措置がしてございます等々の起債を活用させていただくこと等もございまして、最終的26年度等になりますと実質負担率は20.5%と、こういうことになることも御理解いただけたら、ありがたいと思ってるわけであります。

 先ほど、説明でもう1つ残してた、産業会館の予算の計上もいたしておりますが、ちょっとそこのとこを飛ばしたようでありますが、まあ、そのようなことで、ことしの予算編成に当たりましては、当初、施策方針なり等々で申し述べましたことを踏まえながら、積極予算として、町民の暮らしと生活を守るための予算を計上させていただきましたことを含めて、22年度の綾町一般会計予算の提案理由説明にかえさせていただきます。よろしく御審議、御検討をいただきますようよろしくお願いいたします。



○議長(畠中征郎君) ここで、暫時休憩をいたします。午後は1時半から開会いたします。

(休憩午後0時04分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時30分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) この予算書のほうで、この後ろのほうに刷ってございますから、後ろのほうをめくってください。これの中ほどのあれで。連チャンで、あの、通し番号でページ数は打ってございませんので、一応、一応じゃございませんが、議案第16号ということで、中ほどにございますから、おめくりをいただきたいと思います。

 それでは、議案第16号平成22年度綾町国民健康保険特別会計予算、平成22年度綾町国民健康保険特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億5,000万円といたします。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により一時借入金の借り入れの最高額は4,000万円といたします。歳出予算の流用、第3条、地方自治法第220条第2項のただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することのできる場合は次のとおり定めます。(1)保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用といたします。

 それでは、ちょっと、まず概要について御説明申し上げますので、お聞きをいただけるとありがたいと思います。歳入歳出総額は前年度当初予算と同額の10億5,000万円と計上しております。医療費のうち入院費用が増加傾向であるのと、診療報酬の改定で、これが0.19%の引き上げが行われていますので、保険給付費は前年比0.56%増の6億4,952万9,000円を計上させていただいております。それに伴い保険税が上昇しますが、上昇を緩和するために、財政調整基金の繰り入れを計上してございます。まあ、そのような概要でございますから、それを頭に置いて、私が今から説明申し上げますので、そのようなことで、お目通しいただけるとありがたいと思います。

 それでは、今回は、まず最初には歳出の説明いたしますので、この4ページのほうをめくりをいただきたいと思います。歳出のほうがどうなるかということから先に説明申し上げますので、4ページのほうの上段のほうから説明申し上げます。

 まず、款の1の総務費ですが、これは職員の人件費やら国保連合会への負担金、保険税の収納に係る徴税費及び国保運営協議会に係る費用といたしまして、2,698万9,000円を計上してございます。

 それから、款の2の保険給付費は、前年度より362万4,000円増の6億4,952万9,000円を計上してあります。この内訳の説明をいたしますと、項の1でございますが、療養諸費ですけれども、主に医療機関に支払う医療費でございます。これは増加傾向ですので、100万円増の5億7,740万1,000円を計上してあります。項の2の高額療養費は6,500万2,000円は、入院による高額医療費の増加が見込まれますので、前年度より110万円の増ということになっております。それから、項の4の出産育児諸費は、1件につき42万円を支給しております。これは、16件を見込まさせていただきまして672万4,000円、このうちの4,000円は、連合会手数料を計上してございます。それから、項の5の葬祭費は、1件につき2万円を支給しておりますので、これは20件を見込まさせて、40万円を計上させていただいておるということであります。

 それでは、款の3の後期高齢者支援金等の1億3,090万円は、これは後期高齢者医療制度への支援金で、被保険者1人当たりの後期高齢者支援金額は、4万4,297円ということになっております。1人当たりの高齢者の支援金額でございます。4万4,297円でございます。

 それから次の、款の4の前期高齢者納付金等の30万円は、歳入の前期高齢者交付金の負担調整対象額、及び事務費の係るものでございます。

 それから、款の5の老人保健拠出金は、過誤、再審査に係る拠出金で、251万円を計上しております。平成22年度までの拠出となります。

 款の6の介護納付金の6,123万円は、介護保険制度の納付金で、被保険者1人当たりの介護納付金額は、4万9,379円ということになってございます。

 それから、款の7の共同事業拠出金は、高額医療費共同事業、保険財政共同安定化事業及びオレンジタイムに係る拠出金ですが、入院による高額医療費が増加しておりますので、これは1,769万1,000円増の1億5,027万8,000円計上してございます。

 それでは、下のほうに移りますが、款の8の保健事業費は、220万8,000円増の1,583万9,000円を計上しております。この内訳について、項の1の特定健診審査等事業費が1,348万6,000円ということになっております。平成21年度の特定健診は10月で終了してございまして、受診率は平成20年度受診率より、プラス2.3%の41.8%となりました。さらに受診率向上を目指しまして、生活習慣病の予防に努めてまいりたいと思います。それから、項の2の保健事業費は、医療費分析や医療費通知等に係ります経費として、235万3,000円を計上しております。

 款の9から11については、これはお目通しをいただきますが、款の12の予備費は1,141万8,000円を計上してございます。これが歳出の状況でございます。

 続けて今度は、もとに戻ってください。2ページのほうに歳入のほう、このような支出に見合って、歳入をどのように計画したかということでございます。

 まず、款の1の保険税について説明いたしますと、これも基本的な考え方を、内容についてちょっと説明申し上げますが、保険税については、冒頭でも説明申し上げておりますが、医療費の上昇に伴いまして、保険税も上昇しておるわけでございますが、具体的に説明申し上げますと、保険税をどうしても若干上げなきゃいけないということでございます。保険税は医療分、後期高齢者分、介護の3本立てで賦課しておりますが、平成22年度の1人当たりの賦課額は、医療分が5万1,254円、後期高齢者分が2万1,874円、介護分が2万2,560円で、これを合わせますと合計9万5,688円ということになっておりまして、これを前年と、21年と比べてみますと1万4,965円、率にして18.5%の上昇ということで、なっておるわけでございまして、どうしてもこういうことにせざるを得ないという状況になったことについて、御報告を申し上げたいと思いますが、ちなみに、平成22年度の賦課額で比較して、国富町と比較して僭越でございますけど、国富町は21年度の賦課額は10万3,858円でございまして、8,170円はまだ綾町が安いと、宮崎市からすると若干でありますが、2,810円高い金額ということで、こういう形で計画をさせていただきました。

 なお、この収納率については、93.5%ということで見込んでございます。さらに昨今の景気の悪化の影響もありますので、厳しい状況でございますので、私どもといたしましては収納の関係についても強化を図ってまいりたいと思っておるとこでございます。

 それでは次の、款の2及び款の3、これは内容はわずかでございますからお目通しいただきますが、款の4の国庫支出金につきましては、一般被保険者の医療費に係る国の定率負担金で、2億8,777万9,000円を計上してございます。

 款の5の療養給付費交付金は退職被保険者に係る支払い基金からの交付金で1,520万1,000円を計上しております。

 款の6の前期高齢者交付金は、前期高齢者の医療費補てんとして1億8,700万1,000円を計上してございます。

 款の7の県支出金につきましては、主に一般被保険者の医療費に係る県の負担金で、合計6,118万円を計上してございます。

 款の8の共同事業交付金は、高額医療に対する共同事業から交付される交付金で、1億1,700万円を計上してございます。

 款の9については、お目通しいただきますが。

 款の10の繰入金。ここに繰入金を1億4,281万1,000円を計上しておりまして、内訳といたしまして、目の1の他会計繰入金は、一般会計からの繰入金で、保険税軽減の補てんに係る保険基盤安定繰入金、職員等の人件費に係る繰入金、出産育児一時金に係ります繰入金、財政安定化繰入金と合わせまして、これを6,781万1,000円を計上しております。それから、次の目の2の基金繰入金については、保険税上昇を緩和するために、今回は財政調整基金から7,500万円、この多くの基金の繰り入れをさせていただいて、先ほどのような保険税の額になったということを御理解いただきたいと思います。

 款の11の繰越金は、平成22年度において繰越金が見込めませんので、1,000円予算を計上させていただきました。

 款の12の諸収入については、割愛をさせていただきたいと思います。

 簡単に、この歳入歳出予算について説明申し上げましたが、こういう状況でありますことを御理解をいただきまして、議案第16号平成22年度綾町国民健康保険特別会計予算の概要についての説明にかえさせていただきます。御審議、御決定を賜りますようお願いいたします。

 それでは、続きまして、議案第17号で説明申し上げます。平成22年度綾町老人保健特別会計当初予算案について、平成22年度綾町老人保健特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ139万5,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 当初予算に入る前に、これは老人保健特別会計について説明いたしますが、平成20年4月から後期高齢者医療保険制度が始まりましたので、老人保健については20年3月の診療分までの、医療給付費等の過誤及び遅延分請求処理を、平成22年度まで行うとするものでございます。ですから、ことしまでの予算でございます。

 それでは、予算説明に移りますので、まず、これも歳出のほうから説明申し上げますから、この3ページのほうをお目通しください。まず、歳出のほうでございますが、款の1の総務費につきましては、昨年度に続き老人医療に関する事務は大幅に縮小されるため、そのほとんどが国保連合会の事務委託料となりまして、17万4,000円を計画しております。次に、款の2の医療諸費については、平成20年3月診療分まで、医療費及び審査支払い事務委託料として120万7,000円を計画をいたしておるわけでございます。これが歳出の状況でございます。

 今度は上のほうの、2ページのほうの上のほうを見てください。款の1の歳入について説明申し上げます。款の1の支払い基金交付金、これは3,000円。款の2の国庫支出金、2,000円。款の3の県支出金、2,000円。22年度も概算での交付がなく、20年度までの精算での交付ということになります。次に、款の4の繰入金でございますが、支払い基金の交付金や、国・県の負担金の概算での交付がないために、繰入金に立てかえするという形になりますので、したがいまして、本来の町負担分及び事務費と合わせまして、138万5,000円を計上したわけでございます。

 以上、簡単でありますが、22年度老人保健特別会計当初予算の提案理由の説明にかえさせていただきますが、先ほど申し上げましたように、本年度でこの特別会計は終わるということでございます。

 それでは続きまして、議案第18号後期高齢者医療特別会計当初予算、平成22年度綾町後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1表、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出をそれぞれ7,556万1,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により、一時借入金の借り入れの最高額は500万円と定めます。

 これも、当初予算の内容の説明をする前に、後期高齢者医療制度の現状について説明をさせていただきます。この後期高齢者医療制度は、高齢者の方々が安心して医療を受け続けられる持続的な医療制度とするため、長い議論を経て、平成20年4月から導入されました。制度発足からさまざまな意見により、低所得者の方の保険料の軽減、被用者保険被扶養者の方の保険料の軽減などの、改善策を実施してまいりましたが、御存じのとおり平成24年度をもって廃止され、25年度より新たな制度となる予定で、現在検討なされておられます。

 綾町においては、被保険者が安心して利用できるよう広域連合と連携し、制度の運営を図ってまいります。

 なお、平成22年2月現在、特別徴収対象者は1,079名、普通徴収対象者は796名ということになっておりまして、うち併徴者が605名ございます。

 また、平成22年度の平均被保険者数は1,186名と見込んでございます。

 それでは、予算の説明に移りますので、これは2ページのほうをお開きください。上から順に今度は説明申し上げますが、款の1、後期高齢者医療保険料は、所得割率7.95%から7.5%に改正され、均等割額も4万2,800円から4万2,500円に減額されて、合計の4,250万4,000円を計上いたしました。

 次に款の4、下のほうに飛びますが、款の4の繰入金でございますが、事務費繰入金及び保険基盤安定繰入金として、合計3,091万3,000円を計上しております。

 続いて、款の6の諸収入の受託事業収入は、市町村が広域連合により委託を受ける後期高齢者の検診に係る事務費と検診委託金で、195万5,000円を計上しております。受診者は130名を予定、事務費は定額検診委託金は全額広域連合負担ということでございます。

 簡単ですが、以上が歳入の説明で、続いて下のほうを見てください。

 3ページのほうの歳出のほうを説明申し上げます。款の1の総務費302万3,000円は、後期高齢者医療制度における市町村の窓口事務、及び保険料の徴収に係るものでございます。

 次に、款の2の後期高齢者医療広域連合納付金6,984万5,000円は、広域連合への納付する後期高齢者医療保険料及び保険基盤安定負担金でございます。

 続いて、款の3の保健事業費207万6,000円は、後期高齢者の検診に係るものでございます。

 本町では高齢者の利便性を考え、22年度も町内の医療機関での個別検診を計画をいたしておるところでございます。

 簡単でございますが、これも22年度の後期高齢者医療特別会計の当初予算の提案理由の説明にかえさせていただきたいと思います。

 それでは、議案第19号綾町介護保険特別会計予算、平成22年度綾町介護保険特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、それぞれ6億7,660万3,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による、一時借入金の最高額は3,000万円といたします。歳出予算の流用、第3条、地方自治法第220条第2項のただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は次のとおりといたします。

(1)保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内での、これらの経費の各項の間の流用といたします。

 それでは、当初予算の内容について説明申し上げますが、詳細は介護保険特別会計予算書の2ページより説明申し上げますので、それでは、この2ページのほうをちょっと、これも歳入から説明申し上げますので、2ページのほうをお開きください。

 まず、2ページの上のほうですが、保険料の説明をいたしますが、介護保険第1号被保険者、これは65歳以上の方ですが、の保険料の徴収方法は、年金天引きによる特別徴収と、口座振替または納付書で納めていただく普通徴収の2通りあるわけでありますが、平成22年度は第4期介護保険事業計画の2年目ということになります。平成21年度から3カ年の第1号被保険者、今、65歳以上ということでございますが、この標準保険料は、年額で4万9,200円ということになり、月額にしますと約4,103円、年額では4万9,200円ですが、月額にしますと4,103円ということになります。これは、政府が決定した追加経済対策による、介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されることによるもので、保険料上昇分に充てるよう基金の繰り入れを行うことで、第3期事業計画期間の保険料は、ほぼ同額ということになっております。また、第1号被保険者の方の数でございますが、3月1日現在で2,176人ございまして、昨年同月が2,169名でありましたので、ほぼ同じくらいということになっております。第1号被保険者保険料のうち約90%が、これは特別徴収になると思われ、残りが普通徴収ということになりまして、これに滞納繰越分を合わせて、この第1号被保険者保険料といたしまして、ここに掲げてございますように9,541万5,000円を計上してございます。なお、手数料としては2,000円を計上してございます。

 次いで、その下の3ですが、国庫支出金でありますが、介護給付費負担金、調整交付金、地域支援事業交付金といたしまして、1億6,372万8,000円計上させていただきました。それから、4でありますが、この款の、支払い基金交付金につきましては第2号被保険者、これは40歳から64歳まででございます、の保険料でございますが、これを1億8,455万3,000円計上してございます。

 それから、下の県支出金、款の5です。これにつきましては介護給付費県費負担金、地域支援事業交付金といたしまして、9,196万7,000円を計上しております。

 それから、繰入金の一般会計繰入金につきましては、介護給付費繰入金、地域支援事業繰入金、その他一般会計繰入金といたしまして1億1,506万4,000円を計上させていただきました。

 それから、基金繰入金につきましては、保険給付費に対しまして保険料で足りない分を、介護給付費準備基金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金からの繰り入れするものでありまして、これを2,582万8,000円計上させていただきました。合わせますと、1億4,089万2,000円ということでございます。

 それから、繰越金及び諸収入でありますが、第1号被保険者の延滞金と加算金及び過料、雑入といたしまして6,000円を計上してございます。財産収入につきましては、利子及び配当金といたしまして、介護給付費準備基金に係るもので4万円を計上させていただきました。それぞれの内訳は8ページよりお目通しをいただきたいと、歳入の内容は、また、具体的には8ページよりお目通しいただければ、おわかりかと思いますから、よろしくお願いしたいと思います。

 次に歳出で、4ページのほうをお願いします。

 まず、総務費について説明申し上げます。総務管理費については、介護保険支弁職員の給与等を電算システム委託料等でございまして、これを2,187万4,000円、これは項の欄の中で説明申し上げてますから、そのように見てください。それから、徴収費につきましては、保険料の賦課徴収に係ります経費で156万4,000円。右のほうの数字を見てください。それから、介護認定審査会費につきましては、介護保険の認定調査及び1市3町で共同設置しております介護認定審査会費として、1,264万2,000円を計上してございます。それから、地域密着型サービス運営協議会費につきましては、委員報酬として9万3,000円を計上してございます。

 それから、保険給付費、款の2の保険給付費について説明いたしますが、これは項の欄を見てください、右のほうの。介護サービス等諸費につきましては、要介護1ないし5に認定された被保険者が、それぞれのサービスを受けた際の費用の9割分を給付するものでありまして、5億3,437万6,000円計上させております。介護予防サービス等諸費につきましては、要支援1または要支援2と認定された被保険者が、それぞれのサービスを受けた際の費用の9割分を給付するものでございまして、これは3,470万9,000円を計上しております。

 その他諸費といたしまして75万4,000円、高額介護サービス等費といたしまして1,500万円、特定入所者介護サービス費等といたしまして2,800万円を計上しておりまして、これの款の全体を見ていただきますと6億1,283万9,000円ということでございます。

 次に、款の4の、そして項の欄の介護予防事業費につきましては、特定高齢者の把握や特定高齢者に対する機能訓練生活機能検査及び高齢者に対する介護予防の普及啓発に関する費用でありまして、241万2,000円を計上してございます。

 それから、包括的支援事業費と任意事業費につきましては、介護予防ケアマネジメント事業や総合相談事業、家庭介護支援事業に関する費用でありまして、これは940万6,000円計上してございまして、この地域支援事業費全体が1,181万8,000円ということでございます。

 次に、基金積立金について説明いたします。基金積立金につきましては、事業計画期間内で翌年度に繰り越すものであり、1,538万2,000円を計上してございます。

 予備費につきましては、9万円を計上してございます。

 あとは、諸支出金につきましては、下のほうでありますが、第1号被保険者過年度分保険料還付のため30万円、繰出金に1,000円、それぞれ計上してございます。それから、内訳については先ほども歳入の際に申し上げました、14ページより歳出の関係は書いてございますからお目通しをいただきまして、簡単でございますが、平成22年度介護保険特別会計の、当初予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第20号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計予算、平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,386万2,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れ額は、最高500万円といたします。

 それでは、これもできるだけ簡潔に、歳入歳出予算のものだけを説明申し上げますが、これ、6ページ、7ページのほうで説明申し上げます。6ページ、7ページをおめくりください。

 まず、歳入についてでありますが、繰入金といたしまして一般会計繰入金を600万円、前年度繰越金を1,000円、使用料として786万1,000円、内訳は節の欄を見ていただきたいと思いますが、公共施設が2カ所、事業所が2カ所、一般家庭は43戸を計上してございます。

 それから、次の下の歳出を説明申し上げますが、需用費の306万円の主なものは修繕料の120万円、それと、光熱水費156万円でございます。委託料の311万3,000円は、施設管理委託と汚泥処理委託が主なものでございます。公債費につきましては、償還元金448万1,000円、償還金利子が252万4,000円ということになってございます。

 議案第20号平成22年度綾町農業集落排水事業特別会計予算の説明にさせていただきます。簡単でありますが、以上で議案第20号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第21号平成22年度綾町公共下水道事業特別会計予算、まず1ページのほうをお目通しいただきますが、平成22年度綾町公共下水道事業特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億9,614万7,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。地方債、第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表地方債によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額を5,000万円と定めます。

 それでは、まず平成22年度の、これも事業概要について御説明を申し上げますが、面整備の下水管埋設工事及び浄化センター等の建設工事関連費が、これが1億9,417万円でございます。浄化センターの維持管理費が1,705万1,000円、それに起債償還額が6,606万8,000円及びそのほか人件費や諸経費といたしまして、1,885万8,000円を予定してございます。

 それでは、できるだけこれも簡潔に歳入歳出予算の説明申し上げますが、事項別明細で説明申し上げますから、これは7ページのほうをお開きいただきたいと思います。7ページのほうに飛んでください。

 まず、歳入についてでありますが、款の2、この使用料及び手数料を計上してございます。この節の1の下水道使用料といたしまして2,242万1,000円を見込んでございます。この算定につきましては、一般家庭では平成21年度までの加入者見込み数を、この21年度までの加入者見込み数を602戸、それに平成22年度の加入者見込み数を100戸といたしまして、一般家庭の合計では702戸の1,654万円を見込んでございます。公共施設では18カ所の532万4,000円を見込まさせていただきました。現年分の合計といたしまして2,186万4,000円でございます。それに滞納分55万7,000円と合わせまして、合計ですね、ここに計上してございますように、2,242万1,000円ということになってございます。

 次に、款の3の国庫支出金ですが、これは下水道事業補助金といたしまして9,180万円を計上してございます。これは下水道管埋設工事及び浄化センターの増設工事委託の補助対象事業費分としまして、1億8,000万円を見込んでおります。国の補助率が下水道管埋設工事で50%、それから浄化センターの増設工事で55%ということに補助率がなってございます。

 次に、款の4の県支出金の下水道事業補助金といたしまして、594万円を計上してございます。これは補助対象事業費の1億8,000万円でありますが、これに対します3.3%に相当する分を、県から公共下水道整備交付金として交付を受けるものが594万円ということでございます。

 次に、8ページのほうに移ってください。款の6の繰入金でございますが、一般会計からの繰入金を7,324万5,000円を計上してございます。これは、建設費の補助対象分1億8,000万円、及び単独分2,000万円に対する国庫補助金と起債を除いた町費分が550万円、それに処理場の維持管理費、起債償還金や事務費等の合計額から使用料の収入を除いた6,774万5,000円を合わせまして、7,324万5,000円を計上させていただきました。

 次に、款の9ですね、一番下のほうの。町債でありますが、これを1億270万円計上してございます。これは、町債として充当できる分が、建設費に対する国庫補助金を除いた町負担分の95%ということになっておりますので、この分の1億270万円を計上させていただいたわけでございます。

 それでは、続きまして今度は、歳出のほうに移りますから、10ページ、11ページのほうをお目通しをいただきます。それでは、これも主なものだけを説明申し上げますが、10ページの款の1、下水道事業費でございます。まず、この節の欄を見てください。節の2から9ありますが、説明の欄にありますように、職員の人件費や旅費等を計上させてございます。この節の11需用費では事務用品等のほか浄化センターの維持管理に伴います薬品代や電気料等の670万5,000円を計上してございます。

 次に、節の13の委託料は6,162万2,000円でありますが、これは浄化センターの増設に伴います下水道事業団への委託費のほか、浄化センターの管理委託費や下水道台帳整備、工事箇所の調査設計費等の委託費として計上してございます。

 次に、節の15の工事請負費でありますが、これは面整備の工事請負費といたしまして補助対象事業分と単独事業分等として1億4,401万円を計上させていただきました。工事量といたしましては、管渠埋設工事を主に麓、立町、揚町、神下地区の一部で、約2,600メートルを予定してございます。

 次に、節の25、積立金の597万6,000円でございますが、公共下水道事業減債基金として県からの交付金594万円及び利息の3万6,000円を計上するものでございます。

 次に款の3の公債費の節23、償還金利子及び割引料でございますが、地方債の元金の返済といたしまして4,861万1,000円、利子として地方債償還金利子の1,745万7,000円を計上して、これは合計の6,606万8,000円を計上させていただいております。

 以上、簡単でございますが、議案第21号の平成22年度綾町公共下水道事業特別会計予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして、議案第22号浄化槽事業特別会計予算について説明させていただきます。平成22年度綾町浄化槽事業特別会計予算は、次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,762万9,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。地方債、第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表地方債によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は1,000万円と定めます。

 それでは、これも簡単に説明申し上げますが、これも7ページのほうに移らせていただきます。まず、歳入であります。負担金といたしまして215万4,000円ということで、これは内訳といたしまして5人槽、8万6,000円の分でありますが、これを19基、それから7人槽を、これ10万4,000円でありますが5基予算計上して、合計24基と予算計上させていただきました。

 それから、使用料といたしましては323万円、内訳といたしまして19年度から21年度の接続分として286万8,000円、22年度新規接続分として36万2,000円で予算計上してございます。

 次に、国庫支出金といたしまして621万円、それから次の8ページのほうを、今度は次のページをお開きください。県支出金といたしまして252万5,000円、繰入金といたしまして一般会計繰入金を140万円、次に9ページの下のほうでございますが、町債といたしまして1,210万円の予算計上をしてございます。これが、歳入でございます。

 続いて、歳出の10ページのほうでございますが、浄化槽事業費といたしまして2,678万9,000円を計上しております。主なものだけ説明いたしますと、委託料が279万円につきましては浄化槽の維持管理委託料でございます。工事請負費は2,000万円の、内訳といたしまして浄化槽本体工事費を1,800万円、放流管工事費が200万円でございます。積立金は253万3,000円、県補助金252万5,000円、基金積立金と利子分であります。

 続きまして、公債費の82万2,000円につきましては、地方債償還金の利子でございます。

 これまた簡単でございますが、議案第22号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それではですね、議案第23号平成22年度綾町水道事業会計予算を説明させていただきます。

 これは、1ページのほうをお目通しをいただきますが、議案第23号平成22年度綾町水道事業会計予算、第1条、平成22年度綾町水道事業会計の予算は、次に定めるところによります。第2条、業務の予定量は次のとおりといたします。1、給水戸数を2,810戸、2、年間総給水量75万トン、3、1日平均給水量2,055トンといたします。第3条、収益的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めます。まず、収入でありますが、営業収益を9,565万9,000円、営業外収益を1,000円、合計9,566万円の水道事業収益ということで見込まさせていただきました。次に、支出でございますが、営業費用7,615万8,000円、営業外費用1,753万8,000円、予備費としまして46万4,000円、合計9,416万円で水道事業費用となりますが、これが9,416万円が水道事業費用でございますが、これ収益的収支につきましては、150万円の黒字予算ということになります。これは、後ほど説明申し上げます。次に、第4条の資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定めます。

 2ページのほうに移らせていただきます。資本的収入を1,000円、資本的支出を3,794万円、資本的収入に不足します3,793万9,000円は、過年度分損益勘定留保資金3,723万円、当年度分損益勘定留保資金70万9,000円で補てんをさせていただきます。

 第5条でございますが、一時借入金の限度額を500万円といたします。

 第6条、予定支出の各項の経費の金額を流用することのできる場合は、次のとおりと定めます。1、営業費用と営業外費用の間、2、建設改良費と企業償還金の間となります。

 第7条、議会の議決がなければ流用することができない経費を職員給与費1,482万1,000円といたします。

 第8条、棚卸資産の購入限度額を60万円と定めます。具体的なものについては、事項別明細で説明いたしますので、今度は17ページのほうをお開きください。はい、17ページのほうをお願いします。これは、右側の説明欄を主に説明申し上げますので、そちらのほうをお目通しをいただきますが、水道事業収益の給水収益でございますが、8トン以下の使用を755戸で679万5,000円、それから9トン以上の使用、これが一番多いんですが2,055戸で7,940万5,000円、メーター使用料で168万6,000円ということで、消費税と含めまして総額9,228万円が水道使用料ということでございます。

 それから、受託工事収益180万円と、その他の営業収益を157万9,000円、それに営業外収益の預金利子1,000円、以上を水道事業収益ということで計上いたしました。

 次に、水道事業の費用でございますが、これは、18ページ、次のページをめくってください。18ページから20ページで掲載してございますから、ごらんをいただきたいと思いますが、まず、原水浄水及び配水費の大きな費用といたしまして委託料446万円、動力費1,308万円、修繕費を1,300万円でございます。委託料につきましては、電算業務委託のほか、各施設の保守点検業務委託が主なものとなっております。動力費につきましては水源地ほか、中継ポンプ等の電気料ということになってます。また、修繕費につきましては前年並みといたしております。このほか個人で高額な配水管の布設される場合に、個人負担分の町の一部助成を含めた費用等といたしてございまして、これを290万円委託工事費に計上してございます。

 それから、20ページの下のほうに、一つめくってください。20ページになりますが、減価償却費を2,047万5,000円でございます。その他の費用につきましては、ほぼ前年並みということでお目通しをいただきまして、下のほうの21ページのほうをお目通しいただきますが、資本的支出3,794万円の内訳で御説明申し上げますと、長期計画策定委託、配水管への仕切り弁取りつけ2カ所、水源地電気設備更新、下水道管の布設工事とあわせた配水管の延長工事、検定期間満了を迎えましたメーターの取りかえ1,000個分などを合わせまして、建設改良費が1,492万9,000円、それから企業債償還金が2,301万1,000円でございます。

 なお、冒頭に申し上げましたとおり、収益的収支で150万円の黒字ということになっておりますが、全体的に水道事業会計をとらえてみますと、今後は環境への関心とともに、節水意識も高まってくるということは、非常にありがたいことでございますが、逆に言いますと、水需要がこれまでの伸びが見込まれるかどうかという心配もございますが、さらにもう一つは、施設や管の老朽化による修繕費及び施設更新費用が発生するために、なお一層、やっぱり緊張を持って、健全な経営でなければならないと考えて、緊張感を持って取り組まなければならんと考えております。

 以上、簡単でございますが、議案第23号平成22年度綾町水道事業会計予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、最後になりましたが、議案書の最後のページを、19ページをおめくりをいただきたいと思います。

 それでは、議案書の19ページのほうをお目通しいただきますが、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、次の方を推薦いたしたいので議会の意見を求めるものでございます。

 人権擁護委員として引き続き川上和子さんをお願いしたいと考えております。

 ことし6月で3期9年の任期満了を迎えられますが、以前は人権擁護委員とともに家庭裁判所の調停委員など兼務を歴任されました。その御功績により最高裁判所長官賞を受けるなど、人権擁護委員としてはまさに適任者であると考えますので、以上の理由によりまして引き続き人権擁護委員をお願いしたいと思っておりますので、今回の推薦につきましては議会の意見をお伺いするものでございますので、よろしく御認定をいただけるとありがたいと思っておりますので、よろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。

 以上をもちまして、執行部からの提案理由のすべてを終わらせていただきます。

 御清聴ありがとうございました。

────────────・────・────────────



△日程第27.意見書案第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第27、意見書案第1号「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取組みを求める意見書を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。



◎議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◎議員(大隈寛君) それでは、意見書の提案を申し上げたいと思います。

 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT、核不拡散条約ということであります、への、採択に向けた取り組みを求める意見書でありまして、次の中をお開きいただきたいと思いますが、この内容については、一つ、お目通しをいただきたいと思います。 

 では、この提出理由について述べてみますと、昨年の4月の、オバマ米国大統領の核兵器のない世界に向けた演説以降、核兵器廃絶に向けた世界的な流れは加速をしております。核兵器廃絶を早期に実現するためには、明確な期限を定めて、核保有国を初め各国政府が核兵器廃絶に取り組む必要があります。

 そこで、国において2020年までに、核兵器を廃絶するための具体的な道筋を示した「ヒロシマ・ナガサキ議定書」を2010年の、これは、ことしの5月にニューヨークで開催される予定であります、その会議での採択に向け、核保有国を初めとする各国政府に働きかけていくように、強く要請するものであります。

 提出先については、以下のとおりであります。どうか、議会の最終日でありますから、どうか、皆様方の御賛同を切にお願いして、提案理由とさせていただきます。



○議長(畠中征郎君) 意見書案第1号につきましては、最終日に質疑、討論、採決を行いますので、十分なる御検討をお願いをいたしたいと思います。

────────────・────・────────────



△日程第28.平成22年陳情第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第28、平成22年陳情第1号労働者派遣法の抜本改正を求める陳情書を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり総務委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第29.平成22年陳情第2号



○議長(畠中征郎君) 日程第29、平成22年陳情第2号くらし支える行政サービスの拡充を求める陳情書を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり総務委員会に付託いたします。

────────────・────・────────────



○議長(畠中征郎君) 以上で、本日の議事日程の全部を終了いたしました。

 これをもちまして、本日の会議を散会いたします。

(散会午後2時28分)

──────────────────────────────