議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

平成 21年第1回定例会( 3月) 03月06日−01号




平成 21年第1回定例会( 3月) − 03月06日−01号









平成 21年第1回定例会( 3月)


平成21年第1回(3月)綾町議会(定例会)会議録
平成21年3月6日開会    
   平成21年第1回綾町議会(定例会)が平成21年3月6日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員                                    
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   永   宏   文  │6    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   ?   憲   治  │7    │福   田   正   照  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   高   幸   一  │8    │入   船   康   紀  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │太   田   善   一  │10   │橋   本   由   里  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘


    事 務 局                                      
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │田   中   敏   彦  │書 記  │外   山   和   恵  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘
    説 明 員                                      
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │畠 中  純 一  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │増 田  俊 男  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │山 口  一 徳  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │向 井  好 美  │町民生活課長   │前 田  栄 一  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│社会教育課長   │松 本  淳 資  │農林振興課長   │松 田  典 久  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農業委員会    │谷 口  俊 彦  │教育総務課長   │黒 木  政 則  │
│事務局長     │          │         │          │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│監査委員     │中 村  桂太郎  │         │          │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘

平成21年第1回(3月)綾町議会(定例会)議事日程
平成21年3月6日開会   
     開    議
   日程第1 会議録署名議員の指名
   日程第2 会期の決定
   日程第3 議案第1号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第4 議案第2号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第5 議案第3号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   日程第6 議案第4号 綾町課設置条例の一部を改正する条例
   日程第7 議案第5号 綾町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第8 議案第6号 綾町職員定数条例の一部を改正する条例
   日程第9 議案第7号 公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
   日程第10 議案第8号 綾町自然生態系農業の推進に関する条例の一部を改正する条例
   日程第11 議案第9号 綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
   日程第12 議案第10号 綾町介護保険条例の一部を改正する条例
   日程第13 議案第11号 綾町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例
   日程第14 議案第12号 倉輪辺地に係る総合整備計画の策定について
   日程第15 議案第13号 指定管理者の指定について
   日程第16 議案第14号 平成20年度綾町一般会計補正予算(第5号)
   日程第17 議案第15号 平成20年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
   日程第18 議案第16号 平成20年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)
   日程第19 議案第17号 平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
   日程第20 議案第18号 平成20年度綾町介護保険特別会計補正予算(第3号)
   日程第21 議案第19号 平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
   日程第22 議案第20号 平成20年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第23 議案第21号 平成20年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第24 議案第22号 平成20年度綾町水道事業会計補正予算(第2号)
   日程第25 議案第23号 平成21年度綾町一般会計予算
   日程第26 議案第24号 平成21年度綾町国民健康保険特別会計予算
   日程第27 議案第25号 平成21年度綾町老人保健特別会計予算
   日程第28 議案第26号 平成21年度綾町後期高齢者医療特別会計予算
   日程第29 議案第27号 平成21年度綾町介護保険特別会計予算
   日程第30 議案第28号 平成21年度綾町農業集落排水事業特別会計予算
   日程第31 議案第29号 平成21年度綾町公共下水道事業特別会計予算
   日程第32 議案第30号 平成21年度綾町浄化槽事業特別会計予算
   日程第33 議案第31号 平成21年度綾町水道事業会計予算
   日程第34 平成21年陳情第1号 地方における消費者行政の充実に関する意見書採択のお願い
   日程第35 平成21年陳情第2号 消費税によらない「最低保障年金制度」の創設を求める陳情書
   日程第36 平成21年陳情第3号 物価に見合う年金引き上げを求める陳情
   日程第37 平成21年陳情第4号 国民生活の「安心・安全」の確立を求め、地方の切り捨てに繋がる容易な地
                  方分権・道州制に反対する陳情

会議に付した事件・議事日程と同じである。




──────────────────────────────

(開会午前10時00分)



○議長(畠中征郎君) おはようございます。本日、平成21年第1回綾町議会定例会が招集されました。本定例会には、平成21年度一般会計予算を初め各特別会計予算、条例など多くの議案が出されております。議員各位におかれましては十分なる御審議をいただきますようにお願いしたいと思います。

 ただいまから、平成21年第1回綾町議会定例会を開催いたします。

 12月定例会以降の議長の諸般の事項につきましては、お手元に配付のとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の会議日程は、お手元に配付のとおりでございます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(畠中征郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 平成21年第1回綾町議会定例会の会議録署名議員の指名は、綾町議会会議規則第111条の規定により、議長において橋本議員、福永議員を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(畠中征郎君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、3月6日から3月24日までの19日間といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、会期は、3月6日から3月24日までの19日間とすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第1号



△日程第4.議案第2号



△日程第5.議案第3号



△日程第6.議案第4号



△日程第7.議案第5号



△日程第8.議案第6号



△日程第9.議案第7号



△日程第10.議案第8号



△日程第11.議案第9号



△日程第12.議案第10号



△日程第13.議案第11号



△日程第14.議案第12号



△日程第15.議案第13号



△日程第16.議案第14号



△日程第17.議案第15号



△日程第18.議案第16号



△日程第19.議案第17号



△日程第20.議案第18号



△日程第21.議案第19号



△日程第22.議案第20号



△日程第23.議案第21号



△日程第24.議案第22号



△日程第25.議案第23号



△日程第26.議案第24号



△日程第27.議案第25号



△日程第28.議案第26号



△日程第29.議案第27号



△日程第30.議案第28号



△日程第31.議案第29号



△日程第32.議案第30号



△日程第33.議案第31号



○議長(畠中征郎君) 日程第3、議案第1号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例から、日程第33、議案第31号平成21年度綾町水道事業会計予算までを一括議題といたします。

 当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) おはようございます。それでは、3月の定例議会でございますから、ただいまから提案理由の説明を申し上げますが、その前に町長の動向につきましては、お手元の、皆さん方のほうへ資料が配付されてございますから、これをお目通しをいただきたいと思います。

 なおかつまた、正月明けからこっち、町勢発展のためにいろんな立場で御尽力いただいておりますことに敬意を表させていただきたいと思います。

 それでは、早速でありますが、21年の3月の定例議会の開会に当たりまして、所信並びに施策方針をまずは述べさせていただきたいと思います。

 皆さんのお手元に配付してございますからお目通しをいただきたいと思いますが、世界の同時不況のあらしが吹き荒れる中、雇用不安は拡大の一途をたどり、先行きの見えない状況下のもと、町民は大きな不安を感じておられます。町民の暮らしと生活を守ることが町に課せられた責務であり、この厳しい経済状況の中にあって、町民生活を支えつつ、いかに町勢の発展を図っていくか、まさに行政の真価が問われているときであると自覚し、認識を深め、日々心して取り組まなければならんと決意を新たにいたしております。

 日本の現状は、都市と地方との格差が、産業経済、医療福祉等あらゆる分野に生じており、看過できるものではありません。地方の健全な発展なくして日本の発展はあり得ないと思います。今、国はようやく改革のひずみ、政策の行き過ぎに反省を加えることに気づいてまいりました。そして、おくればせながら、政策の転換を図るべき動きがかいま見られるようになりました。この局面をとらえ、地方自治体としてどう対処すべきか、英知を結集し最善を尽くしてまいりたいと思います。

 21世紀の町づくりは、若者が定住でき、子供を健やかに産み育て、しっかりした教育が確立できる町づくりであります。申すまでもなく子供は町の宝であります。子供が自信と誇りを持ち、将来を担う有為の人材をはぐくむため、発達段階に応じたしつけ等社会的規範の形成に努め、幼保小中との連携を強めながら、学力向上と人間性豊かな人格形成を醸成する機運を高めていきたいと思います。

 家庭に人材ありとよく言われますが、子供の成長のもとは家庭であることは言うまでもありません。子を慈しみ責任を持って育てることが最も大切なことであると考えます。家庭教育の大切さを確かめ合い、関係団体、地域の人々の協力や支援もいただきながら、家庭教育、学校教育、社会教育の充実を図り、町民と協働して立派な青少年が育つ環境を整え、自然と調和した豊かで活力に満ちた教育文化都市を目指し、なお一層の取り組みを強化してまいりたいと思います。

 また、今日の綾町を築いてこられた高齢者の方々が、健康で生きがいを持って、長生きできる健康長寿社会の建設に取り組み、親子3世代がともに楽しく暮すことのできる思いやりとぬくもりのある社会福祉の実現を目指してまいります。

 平成21年度予算は、100年に1度と言われる経済不況の中、地方自治体の財政環境も極めて厳しい状況でありますが、町民生活の安定と町内における産業経済活力の低下を来さぬよう配慮した予算を編成いたしました。まだまだ不十分だとは思いますが、町民あっての行政を理念に、予算執行には意を注ぎながら、町民の負託にこたえるため、新たな決意で最善を尽くしてまいります。

 町民の皆さんを初め議員各位におかれましても格別の御支援と御協力をお願い申し上げまして、所信といたします。

 それでは、議案について説明を申し上げます。

 議案第1号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、議案第2号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例及び議案第3号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、一括提案理由を申し上げます。

 まず、議案書の1ページ、2ページをお開きください。議案第1号の職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例は、人事院規則10号14、職員の勤務時間、休日及び休暇の一部を改正する人事院規則が平成18年4月1日から施行されることに伴い、これまで公務員に認められていた有給の休息時間30分が、民間企業においてはほとんど普及していないことを理由に、廃止されました。したがって、国公準拠の立場から、本町でも30分の休息時間を廃止するため、職員の勤務時間、休暇時に関する条例第7条の休息時間の条文を削除し、さらに国の一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(平成20年法律第94号)が平成20年12月19日可決成立し、平成21年4月1日から施行されることに伴い、民間の労働時間との均衡を図るため、職員の勤務時間を15分短縮し、1日8時間を7時間45分、1週間40時間を38時間45分に改正するものでございます。

 次に、議案書の3、4ページをお開きください。議案第2号の職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、議案第1号に関連し、職員の勤務時間が1日につき15分、1週につき75分短縮されることに伴い、育児短時間勤務職員の勤務時間をそれぞれ1日4時間勤務と5時間勤務の場合は5分短縮、1日勤務の場合は15分短縮する改正であります。

 さらには、議案書の5ページ、6ページをおめくりください。議案第3号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げますが、第17条第2項の改正は、議案第1号、議案第2号と同様、職員の1日の執務時間がこれまでより15分短縮され7時間45分になったことから、一般職の職員の給与に関する条例第17条第2項の再任用短時間勤務職員の時間外勤務手当を支給する場合、8時間を7時間45分を超える場合と改正し、第24条は、これまで職員給の支払い方法を現金通貨払いとしておりましたが、昨年10月20日をもって収入役制度を完全廃止し、また議案第4号で御提案申し上げます事務の効率化や人件費削減を視野に入れた今回の機構改革案に伴い、職員廃止等を考慮した上で、職員給与の口座振込みが可能とする条文の追加でございます。

 なお、施行日は4月1日としますが、施行日後も綾町役場の出務時間は昼間の休息時間を60分確保することから、8時半から17時15分までとなり、これまでの業務時間とは変更はありません。

 以上、提案理由の説明にかえさせていただきますので、御審議した上で御決定賜りますようよろしくお願いいたします。

 それでは、7ページのほうをお目通しください。議案第4号綾町課設置条例の一部を改正する条例及び議案第5号綾町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、関連がございますので、これも一括提案理由の説明を申し上げさせていただきます。

 まず、議案第4号綾町課設置条例の一部を改正する条例は、町民の利便性と現場主義に徹した事務の効率化並びに人件費削減を目的とした庁内機構改革に伴う改正であります。町民生活課の上下水道係を建設課上下水道係とし、農業委員会事務局を農林振興課に移し、農林振興課農政係として農業委員会事務局を兼務する改革でありますが、町民生活課上下水道係で所管いたしておりました農業集落排水事業と町設置型及び個人設置型の浄化槽事業に関する業務はこれまでどおり町民生活課で所管することとし、新たに規則で定める交通・防犯の業務を加え、町民生活課の生活環境係に移行いたします。

 次に、議案第5号綾町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例は、議案第4号と同じく、庁内機構改革に伴うもので、綾町水道事業の設置等に関する条例第4条中、水道管理者の権限に属する事務は町民生活課で処理するとあるものを、建設課に改正するものでございます。

 なお、施行日は、これも4月1日といたします。

 以上、議案第4号、5号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それから、次は11ページのほうをお願いいたします。議案第6号綾町職員定数条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し上げます。

 議案第6号綾町職員定数条例の一部を改正する条例は、議案第4号の綾町課設置条例の一部を改正する条例案で御説明申し上げましたとおり、事務の効率化並びに人件費削減を目的とした庁内機構改革に伴う改正及び条例で定めている職員定数100人を現在の状況や集中改革プランに沿った将来的な職員の体制80人前後を目指していることが今回の職員定数を100人から90人に改正するものでございます。これも施行日は4月1日ということにさせていただきたいと思っております。

 以上が議案第6号の提案理由の説明ということでございますから、十分御審議の上、御決定いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 次に、13ページから14ページをお目通しいただきますが、議案第7号公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の提案理由の説明を申し上げます。

 平成8年度より休園しておりました東保育所につきましては、財産処分制限期間を経過いたしましたので、県に対しまして届け出を行いまして承認を得ることができましたので、別表第1から削除するものであります。平成21年度に取り壊しを行いまして、神下地区の公園として利用していただく予定でございます。

 以上、簡単でありますが、提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは次に、議案書の15ページをお開きください。議案第8号綾町自然生態系農業の推進に関する条例の一部を改正する条例は、綾町自然生態系農業の推進に関する条例を次のとおり改正するものであります。

 綾町では自然の摂理を尊重した農業を推進するため、昭和63年、全国初の自然生態系農業の推進に関する条例を制定いただきました。この条例の前文に規定されている化学肥料、農薬などの合成化学物質の利用を排除すること等については、現在各県で設定されている食の安全・安心条例の先駆け的な内容となっています。

 その後、自然環境、農業、食を取り巻く状況は大きく変化してきており、有機農業推進法等の設定により遺伝子組み換え作物の取り扱いは有機農業に関する規定の必須事項となってきました。そのため、綾町の自然生態系農業の推進に関する条例についても、新たな恐怖として登場してきた遺伝子組み換え作物については、前文中の農法を推進することの次に16ページの文面をこの条例の中に盛り込むものでございます。

 それから、続きまして附則でございますが、この改正条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上で、綾町自然生態系農業の推進に関する条例の一部を改正する条例の提案理由の説明にかえさせていただきますので、これは今説明申し上げましたとおり、前文中の中に挿入させていただくということの提案でございますから、内容については16ページのほうに、ここに遺伝子組み換え作物栽培を行わないことをつけ加えるものでございます。

 以上で、提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それから、17ページのほうをおめくりいただきます。17、18のほうをお目通しいただきますが、議案第9号綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例(昭和61年綾町条例第6号)の一部を次のとおり改正するものでございます。

 本議案は、別表第1表の表中、昭和ふれあい公園の変更を申請するための位置の変更をするものであります。変更前の位置が城山の垂水城跡地である綾町大字入野2775番地1でありましたが、変更を申請した位置が昭和公民館裏手の綾町大字入野2841番地1と、綾町大字入野2841番地4、そして綾町大字入野2841番地5と複数地番にまたがりますので、綾町大字入野2841番地1外と表示変更するものであります。

 さらに、同表尾立ふれあい公園も同じように、綾町大字北俣4926番地5と、綾町大字北俣4927番地1と複数地番にまたがりますので、綾町大字北俣4926番地5外と表示変更するものでございます。

 次に、別表第2の西中坪ふれあい公園につきましては、平成17年3月議会に提出しました綾町ふれあい公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する際に漏れていましたので、今回削除するものでございます。

 以上、議案第9号の提案理由の説明にかえさせていただきますので、よろしく御審議、御決定を賜りますようお願いを申し上げます。

 それでは、議案第10号綾町介護保険条例の一部を改正する条例の提案理由の説明を申し上げますが、これも議案書の19から20ページをお目通しをいただきたいと思います。第4期介護保険事業計画、これは21年度から23年度に基づきまして1号被保険者の保険料を改正するものでございます。1号被保険者見込み数は6,770名、それから標準給付見込み額が約19億400万円及び介護保険給付準備基金からの繰り入れ3,500万円を基礎数値として保険料を算定した結果、基準保険料の額を年額4万9,900円とし、第3期より600円の増となりましたが、次に提案いたします綾町介護従事者処遇改善臨時特例基金の活用により、年額4万9,200円となり、第3期より100円の減としたものであります。

 なお、条例の条項、内容につきましてはお目通しをいただきまして、御審議した上で可決をいただきますようお願いを申し上げたいと思います。

 これ議案書の内容を見ていただきたいと思います。

 それから続きまして、今申し上げましたとおり、議案第11号綾町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を次のとおり設定するものであります。

 議案書の21、22ページのほうを、これをお目通しをいただきますが、基金設置の目的は、介護従事者の処遇改善を図るため、平成21年度から介護報酬が引き上げられますが、それに伴います介護保険料の上昇を押さえるため本基金を設けるものでございます。基金は462万4,000円で、全額これは国費となっております。これは公布の日から施行し、平成20年3月31日までとしております。

 なお、条例の条項、内容につきましては、これはお目通しをいただきまして、御審議の上、御可決をいただければありがたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 それでは、次の24ページのほうをお開きいただきますが、議案第12号倉輪辺地に係ります総合整備計画の策定についてでございます。

 倉輪辺地に係ります総合整備計画を次の25ページのとおり策定するものでございます。25ページをお目通しいただきます。辺地計画とは、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財産上の特別措置等に関する法律に基づき、交通条件及び地理条件、経済条件に恵まれず、他の地域に比較して住民の生活の利便性が著しく低い山間地、離島等の地域で、政令で定める要件に該当している地域での公共的施設を総合的かつ計画的に整備するため必要な財政上の特別措置等を行うことにより、その他の地域との生活水準の格差を是正することを目的で策定するもので、その施策を実施するため、辺地対策事業債の支援措置であります。

 今回、倉輪地区の辺地計画を策定しましたので、法律第3条第1項に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 ここの25ページを見ていただきますと、3公共的施設の整備計画は平成21年度から5年計画でありますが、今回は広沢の飲用水供給施設整備だけの計画でございます。事業費などにつきましては計画書を見ていただきたいと存じますが、このようなことで今回広沢地区の飲料水の供給施設整備をするために、このようなことで総合整備計画を策定するものでございますので、御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げまして、議案第12号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第13号指定管理者の指定について説明をいたします。

 これは議案書の26ページのほうでございますが、本議案は農業等の利用施設であります育苗センター乾燥調整施設、農産物冷温貯蔵施設、農機具格納庫、農業機械整備施設、地場産業開発センターの6施設につきましては、綾町農業協同組合を指定管理者に指定し管理運営を行ってまいりましたが、平成21年3月31日をもちまして3年間の指定期間の満了を迎えますために、今回改めて指定管理者の指定を行うものでございます。応募者1件に関しまして、平成21年2月26日に選考委員会を開催しました。その結果、6施設の指定管理者につきましては綾町農業協同組合が適当と選定されましたので、平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3年間、改めて指定管理者として指定をしたく、農業等の両施設の設置及び管理に関する条例の第9条の2第3項により議会の議決を求めるものでございます。

 以上、甚だ簡単でございますが、御審議の上御決定賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、続きまして、議案第14号平成20年度綾町一般会計補正予算(第5号)を提案理由の説明を申し上げます。

 これは別紙の補正予算書がございますから、それをお目通しをいただきますが、まずおめくりをいただきまして、平成20年度綾町の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億1,370万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ44億6,354万5,000円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。繰越明許費の補正、第2条、繰越明許費の追加は、「第2表繰越明許費補正」によります。債務負担行為の補正、第3条、債務負担行為の変更は、「第3表債務負担行為補正」によります。地方債の補正、第4条、地方債の変更は、「第4表地方債補正」によります。

 それでは、2ページから5ページにかけましてはお目通しをいただきまして、6ページ、7ページをお開きいただきます。6ページ、7ページのほうをおめくりください。

 それでは、この第2繰越明許費補正でございますが、民生費の定額給付金事業と子育て応援特別手当給付金事業は、国の第2次補正に伴うもので、事業費の大部分を繰り越しをいたします。商工費、農山漁村活性化プロジェクト支援給付金事業と企業誘致促進事業は、農産加工体験施設建設の着工がおくれていることで、これも全額繰り越すものでございます。同じく商工費のプレミアムつきの商品券発行事業は、定額給付金事業とあわせて商工会が発行する商品券事業のため繰り越すものでございます。土木費の交通安全施設等整備事業は、岩下〜法華嶽線、古屋池本通り線改良工事及び桑下通り線の測量設計を実施しておりますが、20年度事業費7,070万円のうち4,200万円を繰り越しをいたします。また、地域活性化生活対策臨時交付金事業は、国の第2次補正に基づくもので、立町排水路改修工事など11路線の工事を行うもので、9,150万円を繰り越させていただきます。最後に、宮原町営住宅火災復旧工事は、現在、復旧工事を実施しておりますが、予算額の1,200万円のうち670万円を繰り越しをさせていただくものでございます。

 それでは、7ページの下のほうですが、第3表債務負担行為の補正でございますが、農業近代化資金利子補給で限度額の変更でございます。お目通しいただきます。

 次に、今度は8ページをお開きください。8ページの第4表地方債補正でございますが、災害復旧事業の事業費等に確定したことによりまして、これは150万円の減額ということでございます。

 それから、9ページのほうの事項明細ということになっておりますが、主なものだけを説明をさせていただきますが、今度は飛ばして11ページからのほうをお開きください。

 それでは、まず歳入からでございます。11ページの歳入のほうから説明申し上げます。町民税については、個人町民税の滞納繰り越し分は、徴収実績によるもので200万円の増でございます。法人町民税は、大きな伸びとなっておりますが、これは法人数の増加と、大口納税企業が通常の業績に戻ったことによるもので、2,130万円、これだけふえたわけでございます。中ほどの固定資産税は、滞納繰越分の徴収実績によるもので、後納付金の決定によるものでございます。これは300万円ということであります。下のほうの軽自動車税については、徴収率が見込みより下がったことで減額の60万円。

 次に、今度は12ページを開いてください。市町村たばこ税、これは消費本数が見込みより下がったための減で280万円の減を補正させていただきました。次に、分担金及び負担金の保育料負担金の781万6,000円の減額は、保育料の第2子からの軽減措置によるものと、所得階層区分の変更に伴う減額でございます。

 それから、下から13ページにかけて、商工使用料の減額は、これは活性化協会施設使用料収入実績見込みの減額ということで1,356万2,000円の減額を見込まさせていただきました。それから、土木使用料町営住宅の特定賃貸住宅使用料の減でございます。これは130万円であります。下のほうから14ページにかけてお目通しをいただきますが、ここに国庫支出金、国庫負担金につきましては、20年度の補助事業実績による補助金決定による増減でございますから、そのようにお目通しをいただきまして14ページのほうに移ります。

 この14ページの国庫補助金の説明欄を見ていただきますと、減額についての補正、補助決定によるものでございますから、見ていただきますが、この中で定額給付金事業費補助金1億2,827万円は、これは先ほどから申し上げておりますように、国の第2次補正に伴うものでございます。そのすぐ下の子育て応援特別手当交付金の354万円も、国の第2次補正に伴うものでございます。その下の地域活性化生活対策臨時交付金、これも1億2,804万円も、国の第2次補正によります綾町に割り当てられました交付金でございます。

 それから次に、15ページのほうの県支出金、県負担金は、実績による負担金決定額に伴うものでございますから、お目通しをいただきます。下のほうの県補助金も補助決定見込みによる増減でございますが、この中で説明欄を見ていただきますと、社会福祉費補助金の介護従事者処遇改善臨時特例交付金462万4,000円は、介護報酬改定に伴う保険料の上昇を抑えるための補助金で、これも全額基金に積み立てるものでございます。これは全額基金に積み立てるものでございます。

 次に、おめくりください。16ページでございますが、商工費補助金の生涯スポーツ拠点施設整備促進事業補助金108万円の追加は、陸上競技場改善に伴う補助金額が決定によるもので、増でございます。合計いたしますと3,108万円の補助金ということになります。

 それから、17ページの上のほうの財産収入、財産売り払い収入の減額は、これは永田分譲住宅の1区画の分譲を予定しておりましたが、当初、仮契約までいったんですが、最終的に契約に至らなかったための減額ということで、923万5,000円を減額させていただくということでございます。中ほどの寄附金では、一般寄附金は、立元診療所、立元祐保氏からの寄附金で、これは商工会が発行するプレミアムつきの商品券事業に充てることといたしております。また、ふるさと納税寄附金は、実績による増額で、これも100万円また増額ということでございます。それから、下の繰入金につきましては、減債基金繰入金を、これは2,700万円圧縮するということで、減ずるものでございます。

 次に、18ページのほうをお目通しください。18ページの雑入につきましては、事業実績等による増減で、説明欄の宝くじ交付金は交付決定によるもので、町有建物損害共済金は宮原町営住宅の工事費に伴う共済保険金の増であります。宝くじが208万2,000円、それから200万円等でございます。これはお目通しをいただきます。

 それでは、19ページのほうから歳出を説明申し上げますから、今までは歳入でございますので、今度は一番下の歳入の借入金関係は、地方債につきましては、減額を150万円させていただきました。これは国県負担金の決定に伴うものでございますので、150万円減額ということで、地方債はそういうことでございます。

 それでは、19ページから歳出について説明を申し上げさせていただきますので。まず19ページのほうの中ほどにあります財産管理費の積立金は、先ほど歳入で説明いたしましたが、国庫補助金の地域活性化生活対策臨時交付金1億2,804万円のうち3,800万円を公共施設等の整備基金に積み立てて、21年度に全額取り崩して投資的事業に充てるものでございます。

 それでは、次に20ページのほうをおめくりください。下のほうから21ページにかけての社会福祉総務費の節の給料から共済費までの減額は、職員の退職に伴うもので職員手当の時間外勤務手当と、旅費から負担金補助及び交付金まで、定額給付金に関する予算措置でございまして、綾町での定額給付金の支給見込み額は、今のところ1億2,020万円ということでございます。それで、その下の繰り出し金では、介護保険特別会計繰り出し金の減額は介護サービス実績によるもので、減額の542万4,000円ということで、実績に基づくものでございます。それから、国保基盤安定繰り出し金は、交付決定に基づくものの繰り出し金の減額で、これは1,602万9,000円ということでございます。

 次に、22ページのほうに移らせていただきます。社会福祉対策費の負担金補助及び交付金の100万円の減額は、障害者住宅改造助成事業の申し込みがなかったことによるものでございます。それから扶助費の重度障害者医療費助成は、医療費の伸びにより225万7,000円の増額で、障害者介護給付費訓練等給付費及び障害者地域支援事業の減額は、当初見込みより利用者が減ったことによるものでございまして、696万円と119万7,000円等でございます。

 次に、23ページの方にお目通しいただきますが、福祉費でございます。老人福祉費でございますが、節の8の報償費から28の繰り出し金までの減額は事業実績による執行残等でございますので、お目通しください。

 それから、節の積立金の462万5,000円は、県補助金の介護従事者処遇改善臨時特例交付金を全額を介護従事者処遇改善臨時特例基金に積み立てて、介護報酬改定に伴う保険料上昇を抑えるために平成21年度から23年度までの3年間で介護保険特別会計に繰り入れ使用するものでございます。

 次に、24ページのほうをお目通しいただきます。24ページをおめくりください。この24ページの目の補助額のところの地域包括支援センター事業実績による減90万円、それから後期高齢者医療費の減額につきましては保険軽減者が見込みより少なかったことによる減額が463万1,000円と、こういうことになっております。その下の児童福祉費の児童対策費の384万円の増額は、報償費の出産祝金30万円以外の354万円は、国の第2次補正に伴う緊急措置としての子育て応援特別手当給付事業で、対象者は18歳以下の子供が2人以上いる家庭で、そのうちの3歳から就学前の子供が対象で、子供1人当たりにつき3万6,000円を子育て応援特別手当として支給するもので、全額21年度に繰り越して執行するものでございます。それから、児童運営費の追加は、綾保育園の入所児童の増加によるものでございまして、これは1,340万円ということでございます。母子福祉は、乳幼児医療費の伸びによるものでございます。これは160万円。

 27ページのほうにかけての衛生費の27ページをおめくりください。27ページにかけて衛生費の減額は、事業実績に基づく執行残などでございます。それから、26ページから目の母子保健対策費の160万円の減額は、妊婦検診、乳児健康診査が県医師会との協議によってこれは検診内容費用額が変わったことによるものでございます。

 次に、27ページの農林水産業費については、事業実績に基づく増減でございますが、節の負担金補助及び交付金の説明欄の山間地域農業活性化支援基金原資負担金100万円は、県と市町村が3分の1の割合で基金を造成し、地域集落が実施する農業振興を機軸とする集落活性化に向けた取り組みを支援するもので、基金管理者は宮崎県農業振興公社でございます。

 28ページのほうに移ります。28ページの中ほどの商工費でございます。これは商工振興費のプレミアムつきの商品券発行事業補助300万円は、生活支援及び景気対策として10%のプレミアムの商品券を商工会が発行するもので、1人当たり5万円を限度とするものでございます。この財源のうち100万円は立元医師からの寄附金を充てるもので、充てさせてもらってございます。それから、観光費の増額は、元気感動宮崎観光地づくり事業の追加で、クラフトの城の展示台改修工事を専門業者に委託するための工事費から委託料に組み替えた増で386万円ということで増額しております。

 次に、今度は29ページのほうにお目通しいただきますが、土木費の道路新設改良費の9,274万円の追加でございますが、これは地域活性化生活対策臨時交付金事業は、国の第2次補正を受けての事業で、立町排水路改修工事など11路線を9,150万円の事業費で実施いたします。また、交通安全施設等の整備事業は150万円の追加でございます。

 次に、30ページのほうをお目通しください。30ページ中ほどの公共下水道費の繰り出し金の減額は、公共下水道事業会計の消費税還付などによる減額で、385万3,000円減額するものでございます。その下の住宅管理費の減額は、中坪団地壁等の改修工事の執行残でございまして、220万円と。

 次に、31ページの上のほうの消防費の51万円の追加は、21年4月から消防団福祉共済保険料を3月中に支払う必要があるため追加するものでございます。

 次に、34ページのほうに、飛んで恐縮ですが、34ページにかけて教育費に、34ページのほうの教育費は、事業内容の変更や、事業執行残及び補助申請がなかったためによる減額の408万3,000円ということでございます。それから次に、34ページの下のほうの災害復旧費の事業費の確定に伴う減、これは事業費の確定に伴います減額でございます。

 それから、35ページのほうの、これも公債費の減額でございます。237万3,000円は。借り入れ利率が見込みより低であったことによる減額ということでございます。

 以上、主なものだけ説明いたしましたが、議案第14号の平成20年度の一般会計補正予算(第5号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(畠中征郎君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩午前10時47分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時01分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 当局の説明をお願いします。町長。



◎町長(前田穰君) それでは、引き続きまして議案第15号平成20年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、平成20年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7,345万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億3,345万1,000円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、内容につきまして説明申し上げますが、初めに歳出の、歳出のほうから説明ということにさせていただきますので、まず歳出を説明してから歳入のほうにいきますので、それでこれは歳出のほうを見てください。

 3ページのほうの下のほうの歳出のほうから説明申し上げます。ここで説明申し上げますので、款の1の総務費でございますが、これは職員旅費や、手当、国保税の口座振替手数料及び国保運営協議会の委員報酬等の不用額として合計で30万円の減額ということであります。

 それから、款の2の療養諸費でございますが、これ比較的に大きな費用のかかる前期高齢者60ないし74歳の医療費が今年度急激に下がりまして、当初の予算額に対して多額の不用額が生じているため、療養給付費として8,000万円、それから療養諸費として40万円、合計8,040万円の減額を行っております。

 それから、款の7の共同事業拠出金でございますが、国保連合会に支払う今年度の高額医療共同事業に対します拠出金が確定しましたので、1,090万8,000円の減額を行ってございます。

 それから、款の8の項の1の特定健康診査等の事業費については、検診受診後の保健指導に携わります栄養士の報酬費と健康づくり協会に支払う保健指導に係ります委託料費として、これは69万7,000円増額ということで行ってございます。項の2の保健事業費は、在宅で家族から介護を受ける方に対して紙おむつ支給をしている事業の紙おむつ代の不用額としてこれは30万円の減額ということでございます。

 それから、款の12ですが、予備費については今後の医療費や医療制度改正にかかります経費を補てんするため端数の1,777万4,000円を予備費として充当いたしてございます。

 それでは続きまして、今のが歳出でございますが、今度は2ページの上のほうからお目通しをいただきますが、歳入について説明をします。

 款の1の国民健康保険税については、滞納繰越にかかります保険税の補正として一般、退職合計で、これは334万円の増額としております。

 款の4の項の1の国庫負担金は、一般被保険者の医療費に対する国の定率負担分として2,720万円の減額、それから項の2の国庫補助金は、同じく一般被保険者の医療費にかかります財政調整交付金といたしまして1,002万円の減額をいたしております。

 それから款の5の療養給付交付金は、退職被保険者の医療費に係ります支払い基金からの交付金で、1,152万4,000円の増額ということでございます。

 それから、款の7、項の1の県負担金については、高額医療共同事業負担金と特定健診診査等の負担金として59万2,000円の減額ということにいたしております。項の1の県補助金は、国の補助金と同じく一般被保険者の医療費に係ります財政調整交付金として427万6,000円の減額を行っております。

 それから、款の8の共同事業交付金ですが、歳出の共同事業から高額医療費に対する交付金で、3,217万3,000円の減額を行っております。項の10の他会計繰入金は、一般会計からの繰入金で、保険税の軽減補てんとなる保険基盤安定基金繰入金として1,602万9,000円、それから職員給与等の繰入金として20万1,000円の合計で1,623万円の減額をいたしております。

 款の12、項の1の延滞金、加算金及び過料については、保険税を滞納していた被保険者からの延滞金収入として67万円を増額しました。それから、項の4の雑入は、一般被保険者の第三者納付金収入として150万円の増額ということで行ってございます。

 甚だ簡単ではございますけれども、これで国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の説明にかえさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それでは、次にいきまして、議案第16号平成20年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)、平成20年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出をそれぞれ899万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億1,143万9,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、補正内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正にて説明申し上げます。老人保健特別会計につきましては、先に歳出より説明いたしますので、これも歳出のほうから説明申し上げますから、3ページをお目通しください。これは簡単でございますので。まず、款の1の総務費及び款の2の医療諸費については、支出見込み額が当初予算よりも減額になるため、おのおの35万円及び860万7,000円を減額補正するものでございます。

 それでは、これが歳出でございまして、続きまして、歳入の説明をさせていただきますので、上のほうの2ページをお目通しください。款の1の支払い基金交付金566万4,000円、款の2の国庫支出金294万2,000円、款の3の県支出金160万8,000円につきましては、歳出の医療諸費の減額補正によるものでございます。

 次に、款の4の繰入金222万1,000円につきましては、歳出の医療費及び事務費の減額補正によるものでございます。

 次に、款の6の諸収入343万8,000円につきましては、第三者行為求償事務に係ります納付金及び平成20年3月診療分、以前に支払った医療費及び事務費に係ります返納金でございます。

 これも簡単でございまして申しわけないんですが、平成20年度老人保健特別会計の補正予算の内容の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは続きまして、議案第17号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、平成20年度綾町の後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ885万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,010万6,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。繰越明許費の補正、第2条、繰越明許費の追加は、「第2表繰越明許費補正」によります。

 これも補正の内容につきましては、第1表歳入歳出補正予算にて説明を申し上げますので、これは補正予算書の2ページをお開きください。これは上から順序よく説明します。

 款の1後期高齢者医療保険料517万7,000円につきましては、年度途中での制度の見直しによって、低所得者の保険料が軽減されたことにより保険料が減額となったため、減額補正するものでございます。

 次に、款の4の繰入金353万円につきましては、宮崎県後期高齢者医療広域連合に支払う保険基盤安定負担金が減額となったこと及び制度改正に伴うシステム改修に対し、国より全額補助を受けることになったことにより減額補正するものでございます。

 次に、款の6、諸収入、127万3,000円につきましては、後期高齢者検診受診者数が、当初、広域連合が見込んでいた数より少なかったための減額補正によるものでございます。

 次に、款の7の国庫支出金111万円につきましては、先ほど繰入金でも述べましたとおり、システム改修に対し国より全額補助を受けることになったことにより、これは増額補正とするものでございます。

 以上が歳入の説明でございますので、今度は歳出の説明、下のほうの3ページをお目通しください。款の1の総務費14万3,000円につきましては、当初予算額より歳出見込み額が少ないための減額補正するものでございます。

 次に、款の2の後期高齢者医療広域連合納付金746万8,000円につきましては、歳入でも御説明いたしましたとおり、後期高齢者医療保険料の減額及びそれに伴います基盤安定負担金の減額によるものでございます。

 次に、款の3、保健事業費124万円につきましては、歳入で御説明しましたとおり、後期高齢者健診受診者数が当初広域連合が見込んでいた数よりも少なかったため減額補正するものでございます。

 以上が歳出の説明でございまして、続きまして、繰越明許費について説明いたしますので、これは次のページの4ページをちょっとお開きください。款の5の総務費です。4ページのほう、済みません。款の5の総務費の109万2,000円につきましては、後期高齢者医療制度の改正に伴いまして、年度途中のシステム改修が必要になったわけでございまして、システムの改修作業及び評価の終了が7月になるため、これは繰り越しさせていただくものでございますから、そのように御理解いただきたいと思います。

 20年度の、これも簡単でございますけれども後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして議案第18号綾町介護保険特別会計補正予算(第3号)、平成20年度綾町介護保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出をそれぞれ4,670万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億1,094万4,000円とするものであります。2、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。

 それでは、補正の内容について説明を申し上げます。詳細につきましては、綾町の介護保険特別会計補正予算書(第3号)の歳入歳出補正予算書、事項別明細書の2ページより説明を申し上げます。

 それでは、これも2ページのほうをお目通しいただきます。まず、第1号被保険者の保険料でありますが、見込みによっての補正をいたしております。357万4,000円他を減額し、保険料全体では9,545万2,000円見込んでございます。

 それから、国庫支出金731万円、支払い基金交付金1,019万9,000円、県支出金521万3,000円につきましては、介護給付費及び地域支援事業費の減少によるものであり、それぞれこれは減額するものでございます。

 繰入金の一般会計繰入金につきましては、介護給付費及び地域支援事業の減少によるものと、事務費の本年度見込みによります542万4,000円を減額するものでございます。

 なお、介護給付費負担金及び交付金、または地域支援事業費交付金については、翌年度精算するということになってございます。

 介護保険給付費準備基金繰入金につきましては、給付費の急激な増加に対応するため、準備基金として積み立てたものでありますが、見込みより増加の幅が少なく、保険料収入で十分対応できるために1,498万4,000円の減額といたしております。

 歳入の詳細についてはこれはまだ、この尚一層の具体的なものは6ページより掲載してございますから、お目通しをいただきたいと思っております。それで、歳入の関係は以上で説明を終わらせていただきまして、次に、歳出についての説明をさせていただきます。

 3ページのほうをお目通しいただきますが、総務費の総務管理費の135万9,000円の追加につきましては、介護保険の制度改正に伴いますシステム改修の委託料分でございます。それから、計画策定委員会会費の200万円の減額ですが、第4期介護保険事業計画の作成を委託せずに自前で作成いたしましたので、その委託料分でございます。

 保険給付費3,210万円は地域支援事業費へ、8万円につきましては、これまでの実績と今後の見込みにそれぞれ減額するものでございます。

 それから介護給付費準備基金積立金につきましては、給付費の急激な増加に対応するため準備基金として積み立てるものでありますが、見込みより増加の幅が少なく、保険料にて対応できるために907万3,000円の減額をいたしております。

 それから、予備費の関係でございますが、給付費の増加に対応するため、予備財源として確保しておりましたが、見込みより増加の幅が少ないために、409万円を減額してございます。これも歳出の詳細につきましては9ページより掲載してございますから、お目通しをいただきたいと思って、説明を省略させていただきます。

 甚だ簡単でございますが、綾町介護保険特別会計補正予算(第3号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして議案第19号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第19号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ69万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1,309万7,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。

 それから、2ページから3ページにつきましては事項別明細書で説明させていただきますので、これは6ページのほうをお開きをいただくということでお願いします。6ページのほうの歳入でございますが、これは繰入金の減額を69万円は、汚泥処理委託料の減額に伴います一般会計からの繰入金の減額でございます。

 それから7ページのほうの歳出でございますが、これは需用費の減額6万円は、消耗品費の減額でございます。続きまして、委託料の減額63万円は、処理施設の汚泥処理委託料の減額ということであります。

 これも簡単でありますが、綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして、議案第20号綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)、平成20年度綾町の公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ121万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億3,476万7,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。

 これも6ページ、7ページのほうで説明申し上げますので、お開きいただきたいと思います。まず歳入について説明申し上げますが、款の2の使用料及び手数料の手数料についてでありますが、これは指定店登録手数料及び責任技術者登録手数料によります6万9,000円の増額であります。

 次に、款の6、繰入金の一般会計繰入金につきましては、委託料等の減額及び平成19年度の建設費の消費税の還付等による一般会計の繰り出しが385万3,000円減額となりました。

 次に、款の10、諸収入、雑入257万4,000円でありますが、これは平成19年度の建設費に対する消費税の還付金ということになってございます。

 それでは、次に7ページのほうにお目通しをいただきます。歳出について説明申し上げます。款の1の下水道事業費でありますが、まず節の12役務費の手数料が5万7,000円の減額、それから13の委託料としましては汚泥処理委託費、委託等において委託料が115万3,000円の減額となり、合計で121万円の減額とさせていただいたものでございます。

 これも簡単でございますが、提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第21号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)、議案第21号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出をそれぞれ264万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,712万5,000円とするものでございます。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。地方債の補正、第2条、地方債の変更は、「第2表地方債補正」によるものといたします。

 それでは、2ページ、3ページにつきまして事項別明細書で説明させていただきますから、これは2ページ、3ページのほうをお目通しをいただきます。その中で、4ページのほうの第2表の地方債補正でございますが、これは4ページをちょっと見ていただきますが、浄化槽の設置基数の変更によります減額補正でございまして、限度額が1,460万円を、110万円減額して1,350万円とするものでございます。

 それでは、今度は7ページのほうに移らせていただきます。7ページをお開きください。まず歳入でございますが、浄化槽負担金の減額24万円でありますが、内訳としては、5人槽が4基の34万4,000円の減額、7人槽が1基の10万4,000円の増額で、差し引き24万円の減額ということでございます。

 次に、使用料及び手数料の減額5万円は、浄化槽設置基数の減に伴います浄化槽使用料の減額でございます。

 次に、国庫支出金の59万3,000円の減額につきましては、浄化槽設置基数の3基の減によります補助金の減額でございます。

 次に、県支出金の22万5,000円の減額も同様でございます。

 それでは、次の8ページのほうをお開きください。繰入金の67万9,000円の減額は、これは工事費の減額や消費税還付金に伴います一般会計繰入金の減額でございます。

 次に、諸収入23万8,000円の増額につきましては、平成19年度分の消費税の還付金でございます。

 それから町債ですが、110万円の減額につきましては浄化槽設置工事費の減額によるものでございます。

 それから、9ページのほうにお移りいただきます。9ページのほうを見ていただきますが、歳出でございますが、浄化槽事業費253万6,000円の減額でございます。内訳でございますが、委託料が29万1,000円の減額につきましては、これは設置基数の減に伴います維持管理委託料の減額ということでございます。

 それから工事請負費の202万円の減額につきましては、設置工事費172万円の減額、放流管工事費の30万円の減額でございます。

 それから、積立金の22万5,000円の減額につきましては、これは県補助金が減額によるものでございます。

 以上、簡単でありますけれども、綾町浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第22号平成20年度綾町水道事業会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。

 第1条、平成20年度綾町水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによります。第2条、平成20年度綾町水道事業会計予算は、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正いたします。収入でありますが、第2項の営業外収益につきましては、既決予定額1,000円、補正予定額36万円、計36万1,000円となりまして、第1款水道事業収益の予定額が9,598万3,000円ということになります。

 次に、支出でありますが、第1項の営業費用の既決予定額7,115万5,000円、補正予定額86万円、計7,201万5,000円となりまして、第1款水道事業費用の予定額が9,290万4,000円ということになります。

 今回の補正は、立町地区での配水管漏水により発生した損害賠償事故に関し、日本水道協会水道賠償責任保険より支払いがありました保険金を雑収益として36万円追加し、それに伴います営業費用の補償費を36万円補正するものであります。また、配水管等の修繕にかかります費用が当初見込みより増加したことから、営業費用が修繕費を50万円補正するものでございます。

 これも詳細につきましては次のページの事項別明細をごらんをいただきますと詳しく載ってございますから、お目通しをいただくということにお願いいたしまして、簡単ではございますが、議案第22号の提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(畠中征郎君) ここで、暫時休憩をいたします。午後は1時半から開催いたします。

(休憩午前11時29分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時30分)



○議長(畠中征郎君) 休会前に引き続き会議を開きます。

 執行部の説明をお願いします。町長。



◎町長(前田穰君) それでは、午前中に引き続きまして提案理由の説明を申し上げたいと思います。

 これからは一般会計の当初予算でございますので、それからそれぞれ特別会計まで一括して提案、御説明申し上げます。

 まず、議案第23号平成21年度綾町一般会計予算は次に定めることによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出をそれぞれ43億1,000万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。地方債、第2条、地方自治法230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表地方債」によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の繰り入れ額の最高額は3億円と定めます。歳出予算の流用、第4条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することのできる場合は次のとおりと定めます。(1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金にかかります共済費を除く)にかかわる予算額に過不足を生じた場合における同一管内でのこれらの経費の各項間の流用であります。

 21年度の一般会計予算額を20年度と比較いたしますと、4億3,600万円、つまり4億3,600万円増の11.3%の増でございます。

 国におきます平成21年度地方財政対策は、安定的な財政運営に必要な地方交付税及び一般財源の総額を確保することを基本として、地方六団体の要望を踏まえた地方財政計画の歳入歳出の適切な積み上げに取り組み、生活防衛のための緊急対策を踏まえ、雇用創出等のための地方交付税を1兆円増額するとともに、地方財政計画の歳出を増額することとしております。

 本町においても、これまでの三位一体改革に基づく地方交付税の削減等で厳しい予算編成が続いております。本年度も前年度同様に経費の節減、合理化を行い、健全財政運営に努めてまいりたいと考えておりますが、21年度につきましては所信並びに施策方針で述べましたように、町民主役のもと、公民協働の力で町民参画の事業の推進を図り、人づくり、健康づくり、福祉づくりを柱とした中で、今年度は地域活性化対策を含め積極的な予算を計上させていただきました。

 それでは、予算を説明させていただきたいと思います。

 2ページから7ページまでの第1表歳入歳出予算は、後ほど別冊の予算資料により説明させていただきますので、この予算書の8ページを開いてください。

 8ページのほうの上のほうであります。第2表、地方債でありますが、本年度は、辺地対策事業債、これは先ほども説明申し上げましたが、広沢飲料供給施設整備に充てるもので2,400万円、それから一般公共事業債、これはサイクリングターミナル建設に充てるもので1億2,450万円、それから、一般補助施設整備等事業債は、これは都市再生事業に充てるもので4,000万円、それに実質的な地方交付税であります、これは臨時財政対策債を2億210万円を計上してございます。臨時財政対策債は、もういつも申し上げているんですが、これは後年度ともに全額地方税で算入するというもので交付されたものでございます。

 それでは、これからは別冊の青い予算資料で説明申し上げますから、これのほうがやわかりやすいですから、こっちのほうに移らせていただきますので、これはこっちに置いとってください。

 では、まず予算資料の1ページをお開きいただきたいと思いますが、まず歳入の性質別でございます。表の左側の一般財源の小計を見ていただきますと、中間とちょっと上ですが、25億3,280万9,000円で、構成比は58.8%となっておりまして、20年度と比較しますと、2,563万2,000円、つまり1%の増ということになってございます。

 それでは、上のほうを見ていただきますと、まず1の町税につきましては1,837万8,000円の減の5億4,499万9,000円を見込んでおりますが、内訳につきましては、この資料の、後ほど見ていただきますが4ページから7ページにかけてくわしく記載してございますので、後ほどお目通しを、この地方税の内訳はそこに書いてございますから見ていただきたいと思います。

 それから、今度は11の、大きいものでありますが、11の地方交付税は、地域雇用創出推進費が新設されましたので、5,000万円増の18億5,000万円を計上してございます。

 なお、特別交付税は、これはもう前年度と同じこの中に1億円を見ております。

 それから今度は19の欄を見てください。この国庫支出金は、比較の欄を見ていただきますと3,194万円、つまり8.3%の伸びでございますが、これは新規事業の都市再生整備事業等によるものでございます。

 それから、今度は21の県支出金は、1,145万円は5%増で、これは経営構造対策事業補助金等によるものでございます。

 それから、27番目の繰入金は、これは新規投資的事業等のため基金から9,500万円増の2億9,500万1,000円の繰入金を計上いたしました。

 それから、31の諸収入であります。これは4,911万2,000円の増は、小田爪陸上競技場を天然芝の整備のためのサッカーくじ助成等によるものでございます。

 それから33、下のほうの町債は、起債内容につきましては先ほど予算書のほうで説明申し上げましたが、これは161.3%増、3億9,060万円計上させていただきました。

 それでは、次に今度は2ページのほうに、これが今説明申し上げましたのが性質別でございます。今度は2ページの歳出のほうを性質別で見ていただきたいと思います。これも大きな増減だけを説明させていただきますので。

 まず、義務的経費は4,412万円、2.3%の減でございます。1の人件費につきましては20年度中、退職者が4人おります関係での減でございます。2番目の扶助費、これの増は、ケアハウスの管理運営費を6の補助費等から扶助費に移したことによるものであります。こういうことでございますから、そのように御理解ください。それから、3番目の公債費は、ごみ焼却施設の一般廃棄物処理事業債や過疎対策事業債等の償還が終了したことなどで8,583万1,000円、つまり9.3%の減の、ことしは8億3,229万6,000円ということになってございます。

 それでは、中ほどのその他の行政費の中で、4というところに物件費ですが、これは衆議院議員選挙費等の臨時的経費により1,561万7,000円、つまり2.5%の増であります。その他の行政費全体でとらえてみますと、1,211万7,000円で、これは0.9%の増ということでございます。

 それから、下のほうの投資的経費です。これは普通建設事業費4億6,704万8,000円、これは85.1%の増と、大きな伸びとなっておりますが、その要因といたしましては、補助事業では農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業や、交通安全施設整備事業、それから都市再生整備事業、経営構造対策事業等で3億7,766万1,000円、つまり121.4%の増ということでこんなに大きく伸びるわけであります。

 それからまた、単独事業では、広沢地区水道施設整備の元気のいいふるさとづくり事業や、元気みやざき園芸産地確立事業、あるいはまたサイクリングターミナルの旧館の改修等で8,938万7,000円、つまりこれも37.6%増ということになっているわけであります。

 それでは、次のページの3ページのほうに移らさせていただきます。これは目的の状況について、ここに記載してございますので、これも主なものだけ、増減の大きいものだけ説明させて頂きます。

 まず、民生費はやすらぎの里が20床増床することに対する補助や東保育所跡地公園化事業等で、3,856万8,000円の増で、つまり4.3%の増であります。

それから衛生費はエコクリーンプラザみやざきの運営管理費等で1,274万4,000円の8%の増とそれから、農林水産業費では広沢地区水道、育苗センター拡張整備事業など1億2,723万8,000円の、つまりこれは56%の増ということであります。

 それから商工費です。6番目の商工費は、農産業漁村活性化プロジェクト支援交付金事業でのサイクリングターミナルの増築及び旧館改修事業、それから小田爪陸上競技場の天然芝整備事業等で1億7,398万9,000円の30.4%の増ということであります。

 それから、7番の土木費では、都市再生整備事業、交通安全施設整備事業等で1億7,287万4,000円の70%の増ということであります。

 それから教育費は、これは大平山地区公民館建設が終了したことなどで955万6,000円、つまり2.8%の減ということになってございます。

 それから、4ページから8ページまでが歳入に伴います算定資料でありますので、これは今私が説明申し上げました歳入関係の算定資料ということですからお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、今度は9ページに飛ばしていただきます。それでは、9ページから新規事業を中心に説明させていただきますので、そのようにお目通しをいただくとありがたいと思います。まず、この9ページの下のほうでありますが、韓国交流事業は姉妹都市等を念頭に置きながら、この韓国との交流を活発にするために訪問団を形成して、鎮安郡がもう再三綾町においでになって、綾町と同じような都市であるような思いがいたしております。そのようなことで、今回、民間も含めて訪問団を結成して、交流をさせていただくとありがたいということで予算を計上させていただきました。

 次に、10ページをお願いします。10ページの上のほうの2)若者定住促進住宅料補助は、補助対象者は民間アパートや借家に新しく居住される方で、結婚して5年以内もしくは未就学児のいる家庭で月額2万円を限度として最長5年間を補助するものでございます。これは若者定住とあわせて親子3世代住める町、若い人たちが綾町に定住できるように、そして民間活力をまた促進できるように、そういうことで新規事業で組ましていただきました。

 それから、下のほうの選挙費につきましては、本年度は衆議院選挙と土地改良区総代選挙が予定されてございます。

 では、次のページをお願いします。途中の中で11ページ、介護保険の民生費の介護保険特別会計繰り出し金等々、ここにそれぞれの繰り出し金が計上してございますから、これは大きい金額ですからお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、12ページのほうをお目通しください。12ページの老人福祉費の2)の敬老会、ことしは74歳以上の方を対象とさせていただいておりまして、ここに書いてありますように、1,388人を見込ませていただいております。

 それから11)です。下のほうの。地域介護・福祉空間整備事業、これは、再三申し上げておりますように、やすらぎの里の20床増床に対する補助でございます。

 それから、下のほうの児童対策費の2)の次世代育成支援事業は、次世代育成支援行動計画を平成16年度に前期5カ年計画を策定いたしておりますが、今年度は22年度から後期5カ年行動計画を策定させていただきます。

 それから、今度は右のほうの13ページのほうの中ほどの6)のすくすく保育支援事業、これは20年度からの事業ですが、本年度も未就学児のいる家庭を対象に、商工会が発行する商品券の15%を補助いたします。子育てに対する支援でございます。そして地域の商工会の活性化にもつなげるということであります。

 その下の7)の東保育所跡地公園化事業は、東保育所を解体して公園化に結びつけたいということでございます。

 次に、14ページのほうをめくってください。上のほうの老人保健対策費の5)のフレッシュ健康診査は、20歳から39歳の方で、特定健診、特定保健指導の対象とならない方に対する健診でございます。このようなことで、しっかり健康づくりということで、それから6)のほうを見ていただきますと、がん検診事業ということでこれだけの多くの方を対象にまた推進をしてまいりたいと思っています。

 それから、今度は中ほどの母子保健対策費の7)です。妊婦・乳児健康診査では、公費負担の妊婦一般健康診査を20年度には2回から5回にふやしましたが、これはもう21年度からはさらに14回まで補助することといたしました。

 それから、15ページのほうをお目通しください。15ページの6)の綾ぶとう豚導入事業は、ワイン製造で出るブドウの絞りかすを飼料に配合して、肉質を改善する事業でございます。

 それから11)が、これは農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業でございまして、今年度は、これは宮原地区の営農研修施設建設に対する補助金で、宮原地区の営農施設を、自治公民館活動の拠点にもなっているわけですが、それの施設を今回建設することで補助金を計上させていただきました。

 それから、12)であります。元気みやざき園芸産地確立事業、これはマンゴーの中期展張型のハウス建設補助で、事業主体は綾町照葉マンゴー生産組合、代表者は杉田隼人さんほか2名で、43アールのハウスを建設するものでございます。

 それから20)のほうが、これは育苗センターの拡張整備事業、今非常に育苗センターも利用が多くなりました。育苗センターの東側に育苗ハウス4連の2棟の建設、養生室の増設、それと接ぎ木のロボットが大分老朽化しておりますから、これを購入するもので、それに伴います用地費とか補修費などを5,256万3,000円で整備するものでございます。

 それから、今度は次の16ページに入ります。上のほうですが、上の40)であります。地域農産加工推進モデル事業、これは加工開発推進体制の整備と加工場整備に対する補助事業でございます。

 それから、50)の販路拡充事業は、宮崎にあります農協直販センターに新しく配置をしていこうと思っているんですが、販売促進アドバイザーに対する補助などでございまして、宮崎直販所の販売力を高めていきたいというねらいのもとで、このようなことで予算を組ませていただきました。

 中ほどの農地費、1)県単独土地改良事業は、古屋地区の農道舗装、これは885メートルをやらせていただきまして、それから杢道地区の浦田用水路の550メートルの整備調査計画費でございます。

 それから、3)の広沢地区営農飲雑用水施設整備事業は、県の補助事業を導入して水源地及び導水管、これは1,000メートルを整備するものでございます。かなり高さがございまして、大きな事業になりますが、しかし水は大事なものでございますから、今回、最終的にここでおおむね遠隔地も上水道の整備は終わりそうでございます。

 それから、下のほうの林業振興費、2)のわが町営農いきいき森林づくり推進事業は、里山づくりのための三本松の山林、2万平方メートルを購入させていただこうということで、里山づくりということで里山復元ということをねらっているわけでございます。

 それから、今度は17ページのほうをお目通しください。上のほうの8)森林セラピー基地整備事業は、本年度秋にはセラピー基地としてのグラウンドオープンをいたしますので、遊歩道整備などそれに伴う予算を計上させていただきました。

 それから、商工費につきましては、これは予算は少ないんですけれども、新規事業として4)男山祭りは、第1回男山祭りが5月1日から10日まで開催されますので、事業費補助等出させていただこうと思っております。

 5)の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業は、サイクリングターミナルの増築、RC3階建て1,188.67平方メートルの増築工事等を3億4,899万3,000円の予算で建設をいたします。この増築にあわせて次の18ページのほうを見ていただきますと、6)にありますように、旧館部分の改修と備品購入予算として6,921万2,000円を計上してございます。

 それから、18ページの方でありますが、7)小田爪多目的広場整備は、これはスポーツ振興くじ助成金を受けて400メートルトラック陸上競技場の中に天然芝を張って、グラウンドゴルフ場を初めいろんな面で多目的広場に活用するために天然芝を張るものでございます。

 それから、11)照葉樹林文化館展示リニューアル事業は、市民協働によりますリニューアルをいたさせていただこうということでございます。

 それから15)のアースライブは、これは4月の25日から26日にかけて、民間企画者が主催の環境ワークショップ・絵本コンテストやアースライブなど、これはもうそういうことで開催されますので、それに伴います職員の時間外手当、いろいろお世話をさせていただくということで時間外手当が必要になってくると思っておりますので、そういうことでございます。

 それから25)公共スポーツ施設等活性化助成事業は、スポーツ施設11施設と宿泊施設3施設をこの3つの施設をインターネットで結ぶ効率的な予約システムを整備させていただこうということでございます。

 それから29)でありますが、個性と工夫で頑張る地域づくり事業は、湧水2カ所の水辺環境整備と、おとなの長旅、これは新しい長期滞在型観光プログラム事業委託と、看板作製費でございます。

 次に、土木費ですが、これは19ページの上のほうを見ていただきますと、道路新設改良費の3)の交通安全施設整備等の事業は、歩道の設置や交差点改良等を行うもので、今年度は前年に引き続き3路線の改良及び用地買収等を行わせていただきます。

 それから4の橋梁維持修繕費でありますが、これは照葉大吊橋の耐久性調査を行わせていただきたいと思っております。

 それから下のほうの今度は12のところを見てください。12の住宅管理費では、中坪住宅リニューアル工事など4件の工事を行わせていただきます。その下の13であります。都市再生整備費は、平成21年度から25年までの5カ年計画、総額4億4,000万円、この事業で、今年度は町道灰原線改良、綾城下の錦原森林緑地公園の一部整備、それから産業会館用地取得、ほんものセンター駐車場用地取得を行うもので、予算額におきましては8,920万円で事業を進めさせていただきたいと思います。

 次に、20ページのほうをおめくりください。消防施設費では、救助用ボート2艇を購入させていただきます。これは新規事業で、2艇、また何かあるといけませんので2艇を購入させていただくということであります。

 それでは、次には今度は教育費でございますが、2の事務局費の3)の外国語指導助手を9月からはALTからの民間事業者に委託することといたしております。民間委託するとまたなお一層いい外国語指導助手が見つかるということでもございますから、今回そういうことにさせていただこうと思っております。

 11)学力向上総合支援事業は、19年度から取り組んでいる事業でありますが、今年度は20年度以上にさらに充実した内容で取り組んでまいらさせていただきたいと思います。

 下のほうの1)の小学校管理総務費では、新たに校内にLANの構築と地上デジタル放送対応テレビ購入を行います。また小学校体育館の耐力度調査を行います。

 それから中学校では、これは21ページのほうにお目通しいただきますが、中ほどにありますように、特別教室等の耐力度調査を行わさせていただきたいと思っております。

 それでは、次のページをお願いいたします。22ページになりますが、中ほどのこの22ページのちょっと自治公民館関係の12)のところをちょっと説明させていただきますが、自治公民館活動の関係は、自治公民館活動補助金は1,860万円、これは従前と同じようなことで予算を計上させていただきまして、自治公民館活動の地域力を高め、自治力に結びつけるために自治公民館活動を従前以上にまた頑張っていただくような方向でフォローアップしたいということであります。

 それから17)の図書館管理では、新しく図書館祭りというのを今回開催をさせていただくということで、今準備を進めさせていただいておりますから、またぜひ御参会をいただきたいと思います。

 それから、一番下の13)全国スポーツレクリエーション祭は、10月17日から21日まで、宮崎市を中心に県内各地で開催されますが、綾町では壮年サッカーとフォークダンスの2種目が開催されます。これはもう大規模なものでございますから、しっかり対応してまいらなきゃならんと思っております。

 それから23ページのほうになります。14)の柔道AYAカップと15)の柔道国際交流事業は、今回柔道の畳600枚活用させた形の中で新規事業でこのような大会等の交流事業等を開催させていただくということで、新規事業で取り組ませていただこうと思っております。

 それから最後になりますが、一応いつも申し上げていますように、25ページのほうに歳出予算については説明申し上げますが、25ページのほうの、いつもこれは説明を申し上げておりますが、町債の償還計画表を見ていただきたいと思っております。表の、表の下のほうの合計というところから1、2、3、4つ上です。合計で書いてございますが、これを見ていただきますと、償還額は、19年度が、前も申し上げましたが、ピークで、平成20年度までは高い償還額となっておりましたが、21年度はここに書いてもございますが、8億3,199万6,000円で、20年度からすると8,583万1,000円減少いたしております。また、地方債の借り入れ残高も年々減ってまいりまして、平成21年度では55億8,729万1,000円で、25年度末には、見ていただきますように、44億5,558万2,000円程度になる見込みでございまして、この中でまた償還額の中には、その全体のうちに、その中に財源補てん措置が、いつもこれも申し上げているんですが70%ございますので、実質負担額は一番下の記載してございますような数字であることを御理解をいただくために再度説明をさせていただきました。もう十分釈迦に説法だと思いますけれども、説明させていただきました。

 21年度はこのような財政計画、地方債計画に基づきながら、積極的な予算を編成してまいりましたことを御報告申し上げまして、議案第23号平成21年度綾町一般会計予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、もうこの資料が全部でありますから、今度はこれに基づきまして説明申し上げますので、今度は特別会計に入らさせていただきます。

 これは国民健康保険の特別会計ということで入ってございます、国保って書いてある、このところをお開きください。いいですか。

 それでは、議案第24号平成21年度綾町国民健康保険特別会計予算、平成21年度綾町国民健康保険特別会計予算は次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出をそれぞれ10億5,000万円といたします。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により一時借入金の借り入れの最高額は4,000万円といたします。歳出予算の流用、第3条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することのできる場合は次のとおりと定めます。(1)保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用といたします。

 それでは、まず概要について説明申し上げますから、メモしていただけるとありがたいと思いますが、これは補正予算でも説明をしましたとおり、医療費が急激に下がっているために、20年度当初予算と比べますと6,800万円の減額予算計上をさせていただきました。つまり6.1%の減額予算ということで計上させていただきました。それに伴います、微増傾向にあった1人当たりの保険税額については、医療費減少に比例をいたしまして、若干下げられますが、近年の景気の悪化等を踏まえて、財政調整基金の活用によってさらに大きく保険税を下げて予算を計上させていただきましたので、後ほど詳細については詳しく説明申し上げます。

 それでは、概要としてはそういうことで予算を編成したということで御理解をいただきたいと思いますが、それでは、順を追って説明申し上げますので、初めに歳出の説明をさせていただきましてから歳入といたしますので、これは4ページをお開きください。この予算書の4ページです。

 歳出がどれぐらい発生するかということで歳出のほうを先に説明させていただきます。4ページのほうの歳出でございますが、款の1の総務費は、国保事業に係る物件費や職員算入の人件費、保険税の収納に係ります徴税費及び国保運営協議会に係ります事務費として2,580万円を計上させていただきました。

 それから、款の2の保険給付費についてですが、まず項の1の療養諸費は、主に医療機関に支払います医療費であります。前期高齢者70歳から74歳の1人当たりの医療費が急激に下がってることや、高額医療費の件数が少なかったこと等により、今年度予算は約7,200万円減の5億7,640万1,000円ということになってございます。それから、項の2の高額療養費の6,390万2,000円ですが、過去5年間の実績をもとに、1人当たりの額を推計して予算を立てさせていただきました。それから、項の4の出産育児諸費については、1人当たりの支給額を昨年10月に35万円から38万円に引き上げる改正を行っておりますが、ことし10月には緊急少子化対策としてさらに4万円を加算して42万円とする法改正が行われる予定ということですので、予算としては14人分の532万円を計上させていただきました。それから、項の5です。葬祭費は14人分の28万円を計上してございます。項の3の後期高齢者支援金等の1億3,000万3,000円は、款の5の老人保健拠出金にかわります後期高齢者医療制度への支援金で被保険者1人当たりの後期高齢者支援金額は4万3,251円と、被保険者1人当たりは4万3,251円ということになってございます。

 それから款の4の前期高齢者納付金等の38万4,000円は、歳入の前期高齢者交付金の負担調整対象額及び事務費に係るものでございます。

 それから款の5の老人保健拠出金については、19年度精算に係ります拠出金で、3,193万円を計上させていただきました。

 それから款の6であります。介護納付金は5,808万2,000円は、介護保険制度の納付金で、被保険者1人当たりの介護納付金額は5万300円と、こういうことになっております。

 それから、款の7の共同事業拠出金は、高額医療の共同事業及びオレンジタイムに係ります共同事業の拠出金ですが、昨年とほぼ同額の1億3,258万7,000円を計上させていただきました。

 続けて、5ページのほうの下のほうに移ります。款8の項の1の特定健診診査等事業費については、1,156万3,000円を計上しておりますが、今年度も特定健診は10月で終了しており、受診率の実績は37.3%となりました。これは近隣市町村に比べますと約10%程度は高い報告を受けておるところでございます。

 なお、現在は結果が悪かった方に対して特定保健指導を行っておりますが、21年度からは特定保健指導のうちに動機づけ支援について健康づくり協会の委託から自治法での実施に切りかえて、よりきめ細かな指導といいますか、そういうことの保健指導をやってまいりたいということでございます。

 それから項の2の保健事業費は、医療費分析や医療費通知等に係るような経費として206万8,000円を計上させていただきました。

 それから款の9から11までについては、もうお目通しをいただきます。省略を、割愛させていただきます。

 それから、款の10の予備費は1,067万1,000円を計上させていただきました。このようなことで今回10億5,000万円という歳出予算を計上させていただきました。

 それでは、今度は歳入について説明を申し上げますので、今度は2ページのほうに、上のほうから説明します。2ページ、3ページのほうをお目通しをいただきます。

 まず、款の1の保険税について説明申し上げます。これは保険税について冒頭でも御説明申し上げましたとおり、1人当たりの賦課額を大きく下げました。具体的に説明申し上げますと、現在の国保の保険税は医療分、後期高齢者分、介護分の3本立ての保険税を賦課しております。20年度の1人当たりの賦課額は、合計すると9万1,701円でございました。21年度は昨年と比べますと、年間賦課額で1人当たりは3,617円、つまり率にして3.9%の減ということで、8万8,084円といたしたわけでございます。この賦課額は20年度の賦課額により、近隣市町村と比較いたしますと、国富町より約1万3,400円安くて、宮崎市からしましても約5,400円安い金額ということでございます。

 なお、収納率をどれだけ見込んだかといでありますが、これは96.4%を見込んでおりますが、収納率の高い高齢者の方が後期高齢者医療制度に移ったことや、さらには最近の景気の悪化の影響等もございまして、厳しい状況になっていくんではないかと心配いたしておりますが、今後ともなお一層収納対策の強化を図ってまいりたいと思います。

 それから款の2及び款の3については説明を割愛させていただきます。

 それでは、款の4です。4のほうに入ります。国庫支出金につきましては、主に一般被保険者に係ります医療費に係る国の定率負担金で、合計3億1,745万円を計上してございます。

 それから、款の5の療養給付費交付金は、1,798万1,000円、これは退職被保険者に係ります支払い基金からの交付金でございます。

 それから、款の6の前期高齢者交付金は、前期高齢者の医療費補てんとして1億7,623万2,000円が交付される見込みでございます。

 それから、款の7の県支出金については、主に一般被保険者に係ります医療費に係る県の定率負担金でございまして、合計6,296万7,000円計上させていただきました。

 款の8の共同事業交付金は、高額医療に対します共同事業から交付される交付金で、1億3,010万円で計上させていただきました。

 款の9については割愛させていただきます。

 款の10の繰入金ですが、目の1の他会計繰入金は、一般会計からの繰入金で、保険税の軽減の補てんに係る保険基盤安定繰入金、職員等の人件費に係ります繰入金、出産育児一時金に係る繰入金、財政安定化繰入金を合わせて合計しますと8,563万4,000円計上させていただきました。また、目の2の基金繰入金については、保険税を下げるために繰入金として1,812万円の繰り入れを行うことといたしました。

 款11の繰越金については、2,000万円計上させていただきました。

 款の12の諸収入については、これはお目通しをいただきたいと思います。

 以上、簡単で恐縮でございますが、21年度国民健康保険特別会計の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、次は老人保健特別会計の当初予算でありますが、次の老人保健のところを見てください。議案第25号平成21年度綾町老人保健特別会計予算、平成21年度綾町の老人保健特別会計予算は次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ350万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 それでは、予算説明に移りますが、これもまず歳出により説明いたしますので、今度は3ページのほうをおめくりください。同じところであります。3ページのほうのを見てください。款の1の総務費につきましては、昨年度に続き、老人医療に関する事務が大幅に縮小されたため、そのほとんどが国保連合会の事務委託料となりまして、17万7,000円計画しております。

 次に、款の2の医療諸費については、平成20年3月診療分までの医療費及び診査支払い事務委託料として330万7,000円を計画をさせていただきました。

 以上が歳出の説明でございます。今度は2ページのほうの上のほうの歳入を説明申し上げます。上のほうを見てください。款の1の支払い基金交付金3,000円、それから款の2の国庫支出金2,000円、款の3の県支出金2,000円は21年度解散で交付がなく、20年度交付分の精算のみとなります。

 次に、款の4の繰入金でございますが、支払い基金の交付金や国、県の負担金の概要で、交付がないため繰入金にて立てかえるといった形ということになります。したがいまして、本来の町負担金負担分及び事務費と合わせまして348万6,000円を計上させていただきました。

 以上、簡単でございますが、平成21年度老人保健特別会計の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、お疲れだろうと思いますが、次に移らせていただきます。

 議案第26号平成21年度後期高齢者医療特別会計予算、平成21年度綾町後期高齢者医療特別会計予算は次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出をそれぞれ6,890万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により、一時借入金の借り入れの最高額は500万円と定めます。

 当初予算の内容に入る前に、後期高齢者医療制度の現状について説明申し上げたいと思います。それで、後期高齢者医療制度は高齢者の方々が安心して医療を受け続けられる持続的な医療制度とするために、長い議論を経て、昨年4月から導入されました。制度開始後も、さまざまな意見を踏まえまして、低所得者の方の保険料の軽減、それから被用者保険被扶養者の方の保険料の軽減、それから特別徴収者の保険料の納付方法を口座振替の変更も可能とする等の改善策が実施されてまいりました。

 これによりまして、綾町の被保険者も約55%の方が保険料の軽減を受けることができました。今後も、より安定した制度となるよう、広域連合と連携し、制度の運用を図ってまいります。

 なお、平成21年度2月現在、特別徴収対象者は1,076名、普通徴収対象者は317名というふうになっております。そのうち併用して徴収される方は148名ということになっております。

 また、平成21年度の平均被保険者数は1,186名を見込まさせていただいております。

 それでは、予算の説明に移りますが、予算書の第1表、歳入歳出で御説明いたしますので、まずこの欄の2ページのほうをお開きください。款の1、後期高齢者医療保険は、昨年と同じ所得率及び均等割額を用いて算定し、特別徴収3,270万3,000円と普通徴収818万6,000円の合計4,092万9,000円を計上いたしました。特別徴収と普通徴収の割合は8対2、予定保険収納率は98.5ということを見込まさせていただきました。

 次に、款の4、繰入金でございますが、事務費繰入金及び保険基盤安定繰入金として合計2,695万1,000円を計上いたしました。

 続いて款の6、諸収入の受託事業収入は市町村が広域連合により委託を受ける後期高齢者の検診に係る事務費と検診委託金で、100万9,000円を計上いたしました。受診者20名を予定をしてございます。事務費分は定額検診委託金は全額広域連合負担ということでございます。

 簡単ですが、以上が歳入の説明でございまして、今度は3ページのほうをごらんください。款の1の総務費550万7,000円は後期高齢者医療制度における市町村の窓口事務及び保険料の徴収に係るものでございます。

 次に、款の2、後期高齢者広域連合納付金6,188万5,000円は広域連合へ納付する後期高齢者医療保険料及び保険基盤安定負担金でございます。

 続いて、款の3の保健事業費113万円は、後期高齢者の検診に係るものでございます。本町では広域連合しての利便性等を考え、21年度も町内の医療機関で個別検診を計画をいたしてございます。

 これも簡単でございますが、以上をもちまして平成21年度後期高齢者医療特別会計当初予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、議案第27号平成21年度綾町介護保険特別会計予算、平成21年度綾町介護保険特別会計予算は次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額はそれぞれ6億9,373万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により、一時借入金の最高額は3,000万円といたします。

 歳出予算の流用、第3条、地方自治法第220条第2項のただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は次のとおりといたします。

 (1)保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の款の流用といたします。

 それでは、当初予算の内容につきまして説明申し上げます。詳細は介護保険特別会計予算書の2ページより説明申し上げますので、これも2ページのほうをお開きください。

 まず、保険料の説明をいたします。介護保険第1号被保険者、これは65歳以上の方の保険料の徴収方法は、年金天引きによる特別徴収と口座振替または納付書で納めていただく普通徴収の2通りでございます。

 第1号被保険者の65歳以上の標準保険料は今年度は第4期事業計画を作成するに当たり、在宅サービス、施設サービス等の介護保険給付費を推計に基づき算定したものでございます。また、来年度介護保険の制度改正により介護報酬が3%引き上げられますので、その分も含めて算定してございます。平成21年度第4期介護保険事業計画の1年目となります平成21年度からの3カ年の第1号被保険者の標準保険料は年額4万9,900円でございまして、月に割りますと、月額にしますと約4,161円ということになります。第3期事業計画の保険料は年額では4万9,300円、月でいたしまして、月額に割りますと4,108円でありましたので、年額で600円、月額で53円、率にいたしますと1.22%上がったことになりますが、しかしこれには政府が決定した追加経済対策による介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付され、保険料上昇分に充てることとなっております。そうしますと、平成21年度から3カ年の第1号被保険者、65歳以上の標準保険料は、年額でいたしますと4万9,200円ということになります。月額にいたしますと約4,103円と、第3期事業計画の保険料とほぼ同額ということになる見通しでございます。

 また、第1号被保険者の数は65歳以上でございますが、3月1日現在で2,169人であり、昨年同月から2,161名でありましたので、同月で見ますと。おおむね8人ほどふえておりますが、まあ大体同じぐらいということになってございます。

 それから、第1号被保険者保険料の約90%程度が特別徴収になると思われ、残りが普通徴収となり、これに滞納繰越分を合わせて、第1号被保険者保険料といたしまして9,688万4,000円を計上させていただきました。

 次いで、国庫支出金でありますが、介護給付費負担金、調整交付金、地域支援事業交付金といたしまして1億6,673万9,000円を計上してございます。支払い基金交付金につきましては、第2号被保険者、これは40歳から64歳以下でございますが、この保険料でありますが、1億8,697万7,000円で計上させていただきました。

 次に、県支出金につきましては、介護給付費県費負担金、地域支援事業交付金といたしまして9,339万7,000円を計上してございます。

 繰入金の一般会計繰入金につきましては、介護給付費繰入金、地域支援事業繰入金その他一般会計繰入金といたしまして1億1,468万5,000円を計上させていただきました。

 それから、基金繰入金につきましては、介護給付費準備基金積立金として積み立てたものを繰り入れるものでありまして、3,500万円を計上してございます。

 それから諸収入でありますが、第1号被保険者の延滞金と加算金及び過料、雑入といたしまして5,000円を計上してございます。財産収入につきましては、利子及び配当金として介護給付費準備基金に係りますもので4万円を計上してございます。それぞれの内訳については、8ページよりから書いてございますからお目通しをいただいて、一応歳入については以上でございます。

 それから歳出について説明を申し上げます。これも主なものだけ説明いたしますので、今度は4ページをお開きください。

 総務費について説明をいたします。総務管理費については、介護保険支弁職員の給与等の電算システム委託料等で2,151万1,000円で計上してございます。徴収費につきましては、保険料の賦課徴収に係ります経費で168万8,000円を計上してございます。介護認定審査会費につきましては、介護保険認定調査及び1市3町で共同設置しております介護認定審査会費として1,097万3,000円を計上しております。地域密着型サービス運営協議会費につきましては、委員報酬として9万3,000円を計上してございます。

 次に、保険給付費について説明申し上げます。この介護サービス等の諸費につきまして、要介護1ないし5に認定された被保険者がそれぞれサービスを受けた際、費用の9割分を給付するものでございまして、これを5億3,174万6,000円を計上させていただきました。介護予防サービス等の諸費につきましては、要支援1または要支援2と認定された被保険者がそれぞれのサービスを受けた際の費用の9割を給付するものでありまして、4,807万7,000円を計上させていただきました。

 その他の支出といたしまして75万4,000円高額介護サービス等費といたしまして1,100万円、特定入所者介護サービス費等といたしまして2,800万円を計上してございます。

 次に、地域支援事業費につきまして説明申し上げますが、介護予防事業費につきましては、特定高齢者の把握や特定高齢者に対する機能訓練生活機能検査及び高齢者に対する介護予防の普及啓発に関する費用でありまして、375万円を計上させていただきました。

 包括的支援事業、任意事業費につきましては、介護予防ケアマネージメント事業や総合相談事業、家族介護支援事業に係ります費用でありまして、これは1,150万8,000円計上してございます。

 次に、基金積立金について説明申し上げますが、基金積立金については、事業計画期間内で翌年度に繰り越すものであり、平成20年度につきましては2,443万9,000円計上してございます。

 次に、予備費でありますが、9万円計上してございます。

 諸支出金については、5ページをごらんいただきまして、第1号被保険者過年度分保険料還付のため10万円を、繰り出し金に1,000円をそれぞれ計上いたしております。この内訳は13ページより掲載してございますから、これはお目通しをいただきまして、簡単ではございますが、平成21年度介護保険特別会計当初予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(畠中征郎君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩午後2時30分)

………………………………………………………………………………

(再開午後2時41分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 町長。



◎町長(前田穰君) それでは、大変お疲れだろうと思いますが、引き続きまして議案第28号平成21年度綾町農業集落排水事業特別会計予算、平成21年度綾町農業集落排水事業特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算、第1条歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ1,376万9,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。一時借入金、第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は500万と定めます。

 それでは、これもできるだけ簡潔に、歳入歳出予算のものだけを説明申し上げますので、これは6ページ、7ページのほうをお開きをいただきたいと思います。まず、歳入でございますが、繰入金といたしまして一般会計繰入金600万円、前年度繰越金1,000円、使用料として776万8,000円、この内訳は、右のほうにも書いてございますが、説明欄を見ていただきたいと思いますが、公共施設が2カ所、それから事業所が2カ所、一般家庭で37戸ということで予算計上させていただきました。

 それでは、続きまして下のほうの歳出でございます。7ページのほうに目をお通しください。需用費を306万円、この主なものは修繕料の120万円、それと光熱水費、電気水道料の156万円でございます。

 委託料の316万3,000円は、施設管理委託として、汚泥処理委託が主なものでございます。それから、公債費につきましては償還元金が435万8,000円、償還金利子が264万7,000円ということになってございます。このように予算計上をさせていただきました。

 以上、簡単でありますが、議案第28号平成21年度綾町農業集落排水事業特別会計予算の説明にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして議案第29号平成21年度綾町公共下水道事業特別会計予算、平成21年度綾町公共下水道事業特別会計予算は、次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ2億4,250万円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。地方債、第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表、地方債によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額を5,000万円と定めます。

 それでは、まず平成21年度の事業概要でございますが、これについて説明申し上げますと、面整備の下水管埋設等の建設事業関連費が1億5,668万9,000円、それから浄化センターの維持管理費が1,738万円、それに起債償還費が5,943万7,000円及びそのほかに人件費や諸経費といたしまして891万4,000円を予定させていただきます。

 それでは、これもできるだけ簡潔に歳入歳出予算の事項別明細で主なものだけ説明申し上げますから、これも7ページをお開きください。この分の7ページです。

 まず歳入であります。款の2、使用料及び手数料を計上いたしております。これは下水道の使用料といたしましては2,204万円を見込まさせていただきました。算定につきまして、一般家庭で平成20年度までの加入者見込み数を530戸、それに平成20年度の加入者見込み数を120戸といたしまして合計で650戸の1,628万4,000円を見込まさせていただきました。公共施設が17カ所で532万4,000円と見込ませていただいて、現年分といたしまして2,160万8,000円、それに滞納分といたしまして43万2,000円を合わせますと合計の2,204万円ということになっております。

 次に、款の3、国庫支出金ですが、下水道事業補助金といたしまして6,500万円を計上させていただきました。これは下水道管埋設工事及び終末処理場の設計委託費の補助対象事業費分を1億3,000万円見込んでおりまして、この国の補助率が50%ということになっているのでございます。

 次に、款の4の県支出金の下水道事業補助金といたしましては429万円を計上させていただきました。これは補助対象事業費1億3,000万円の3.3%に相当する分を県から公共下水道整備交付金として交付を受けるものでございます。

 それでは、次の8ページに移らせていただきます。めくってください。款の6の繰入金でございますが、一般会計からの繰入金を7,036万6,000円計上させていただきました。これは建設費の補助対象分の1億3,000万円、単独分2,000万円に対する国庫補助金と起債を除いた町費分が430万円、それに処理場の維持管理費、起債、償還金や事務費等の合計額から使用料等の収入を除いた6,606万6,000円を合わせて7,036万6,000円を計上してございます。

 次に、款の9の町債でありますが、これは8,070万円計上してございます。これは町債として充当できる分が建設費に対し国庫補助金を除いた町負担分の95%ということになっておりますので、この分が8,070万円ということになっております。

 それでは、続きまして歳出のほうに移らせていただきますので、10から12ページのほうの歳出のほうを説明申し上げますから、これも主なものだけ説明申し上げますからおめくりをいただきたいと思います。10ページのほうを見ていただきますが、款の1の下水道費でございますが、まず、節の2から9ありますが、これは説明欄にありますように職員の人件費や旅費等を計上させていただきました。

 それから節の11、需用費ですが、処理場の維持管理に伴います薬品代、電気料等、それに下水道推進となるようなパンフレット作成費を含めた724万4,000円を計上してございます。

 次に、節13、委託料ですが、これは5,644万2,000円であります。これは処理場の管理委託費や下水道台帳整備事業実施箇所の調査設計費等に伴います委託費として計上させていただきました。

 次に、節の15、工事請負費でありますが、これは面整備の工事請負費といたしまして補助対象事業分と単独事業費事業分として1億19万8,000円を計上いたしております。工事料といたしましては、管渠敷設としまして、主に麓、立町、揚町地区の一部で約1,550メートルを予定してございます。

 次に、節の22、補償補てん及び賠償金の100万円でありますが、工事に当たり、上水道管の布設がえの補償費でございます。

 次に、節の25、積立金の439万円でございますが、公共下水道事業減債基金として県から交付金429万円及び利息10万円を計上するものでございます。

 それから次に、款の3、公債費の節23、償還金利子及び割引料でございますが、地方債の元金の返済として4,301万5,000円を利子として、地方債償還金利子の1,642万2,000円を計上して、11ページになりますが、合計の5,943万7,000円を計上させていただきまして、このような予算を計上させていただきました。

 簡単ではございますが、議案第29号平成21年度綾町公共下水道事業特別会計予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 それでは、議案第30号平成21年度綾町浄化槽事業特別会計予算、平成21年度綾町浄化槽事業特別会計予算は次に定めるところによります。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ2,742万7,000円と定めます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 地方債第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は第2表地方債によります。一時借入金、第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は1,000万円といたします。

 それでは、これもできるだけ簡潔に、歳入歳出予算の主なものだけを説明申し上げますので、7ページをお開きください。まず、歳入についてであります。負担金といたしまして224万円、内訳として5人槽を8万6,000円の20基、7人槽の10万4,000円の5基で予算計上しております。これの設置費用の個人負担分でございます。

 それから、使用料といたしましては254万1,000円、内訳といたしまして、19年度接続分として105万円、20年度の接続分として105万6,000円、それから21年度の新規接続分として43万5,000円で予算計上をいたしております。

 次に、国庫支出金といたしまして621万円、次の8ページをお開きください。県支出金といたしまして242万5,000円、繰入金といたしまして一般会計繰入金を140万円、それから今度は9ページのほうに移らせていただきます。町債といたしまして1,260万円の予算計上をさせていただきました。

 続きまして、10ページのほうをお願いします。10ページの歳出でございますが、浄化槽事業費といたしまして2,675万2,000円を計上しております。主なものだけ説明をさせていただきますが、委託料240万9,000円につきましては、浄化槽の維持管理委託料であります。それから、工事請負費用2,050万円の内訳といたしまして、浄化槽本体工事費1,800万円、放流管工事費250万円でございます。積立金243万4,000円は、県補助金242万5,000円の基金積立金と利息分でございます。

 続きまして、公債費の58万4,000円につきましては、地方債償還金の利子でございます。

 以上、議案第30号平成21年度綾町浄化槽特別会計予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、最後になりました。議案第31号、町水道事業会計予算を説明申し上げます。

 それでは、まず、この町水道事業会計の1ページをお開きください。議案第31号平成21年度綾町水道事業会計予算、第1条、平成21年度水道事業会計の予算は次に定めるところによります。第2条、業務の予定量は次のとおりとします。1、給水戸数は2,770戸、年間総給水量76万トン、3、1日平均給水量2,082トンといたしまして年間総給水量を1,000トン程度の増と見込まさせていただきました。

 第3条、収益的収入及び支出の予定額は次のとおりと定めます。まず、収入でありますが、営業収益を9,536万2,000円、営業外収益を1,000円、合計9,536万3,000円の水道事業収益ということで計上させていただきました。次に、支出でございますが、営業費用7,289万円、営業外費用1,849万9,000円、予備費を97万4,000円で、合計いたしますと9,236万3,000円が水道事業費用ということになります。

 それで、収益的収支につきましては、これは引き算をすると300万円の黒字予算ということで予算計上をさせていただきました。これについては後ほど説明を申し上げますが、次に第4条、資本的収入及び支出の予定額は次のとおりと定めます。

 じゃ、2ページのほうをお開きください。資本的収入を1,000円、資本的支出を3,768万8,000円、資本的収入に不足します3,768万7,000円は、過年度分損益勘定留保資金3,691万5,000円、当年度分損益勘定留保資金77万2,000円で補てんをさせていただきます。

 第5条でございますが、一時借入金の限度額は500万円といたします。

 第6条、予定支出の各項の経費の金額流用のできる場合は次のとおりと定めます。1、営業費用と営業外費用の間、2、建設改良費と企業償還金の間となります。

 第7条、議会の議決がなければ流用することのできない経費を職員給与費1,439万4,000円といたします。

 第8条、棚卸資産の購入限度額を60万円と定めます。具体的なものにつきましては事項別明細で説明いたしますので、今度は17ページをお開きをいただきます。

 今度は右欄の説明欄のほうを主に説明申し上げますから、説明欄のほうにお目通しをいただきますが、水道事業収益の給水収益でございますが、8トン以下の使用を790戸で見させていただきまして711万円、それから9トン以上、9トン以上使用を1,980戸で8,054万6,000円、また、メーター使用料が166万2,000円ということで、消費税を含めまして総額9,378万3,000円が水道使用料ということでございます。

 それから、受託工事収益1,000円、その他営業収益を157万8,000円、それに営業外収益の預金利子1,000円、以上を水道事業収益ということで計上いたしました。

 次に、今度は水道事業費用でございます。これは水道事業費用については、18ページのほうに目を移してください。20ページまで見ていただきますが、まず、原水浄水及び配水費の大きな費用といたしまして委託料391万4,000円、動力費を1,308万円、修繕費を1,300万円でございます。委託料につきましては、電算業務委託のほか、各施設の保守点検業務委託が主なものでございますが、動力につきましては水源地ほか中継ポンプ等の電気料となっております。また、修繕費につきましては前年並みといたしております。

 今度は20ページのほうに移らせていただきます。20ページのほうになりますが、減価償却費を2,133万6,000円でございます。その他の費用につきましては、ほぼ前年並みということでお目通しをいただきたいと思いますが、最後に21ページをお目通しいただきますが、21ページのほうに資本的支出3,768万8,000円の内訳で御説明申し上げますと、配水管への仕切り弁の取りつけ2カ所、水源地電気整備費、それから古屋配水池タンク、宮ノ谷中継ポンプの各施設整備の更新、それから量水器購入22戸分、公用車の買いかえなどを合わせまして建設改良費を1,627万円、それから企業債償還金を2,141万8,000円ということでございます。

 冒頭に申し上げましたとおり、収益的収支で300万円の黒字ということになっておりますが、全体的には水道事業会計をとらえてみますと、今後、施設や管の老朽化による修繕費及び施設更新費用の増加が見込まれますが、今現在では資金繰り上、問題はないと、このように考えているところでございます。

 以上、簡単でございまして恐縮でございますが、以上申し上げまして議案第31号平成21年度綾町水道事業会計予算の提案理由の説明をさせていただきます。

 以上で31議案、全部説明をさせていただきました。長い時間御静聴いただきましてありがとうございました。よろしくお願いいたします。

────────────・────・────────────



△日程第34.平成21年陳情第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第34、平成21年陳情第1号地方における消費者行政の充実に関する意見書採択のお願いを議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり総務委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第35.平成21年陳情第2号



○議長(畠中征郎君) 日程第35、平成21年陳情第2号消費税によらない「最低保障年金制度」の創設を求める陳情書を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり文教福祉委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第36.平成21年陳情第3号



○議長(畠中征郎君) 日程第36、平成21年陳情第3号物価に見合う年金引き上げを求める陳情を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり文教福祉委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第37.平成21年陳情第4号



○議長(畠中征郎君) 日程第37、平成21年陳情第4号国民生活の「安心・安全」の確立を求め、地方の切り捨てに繋がる安易な地方分権・道州制に反対する陳情を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり総務委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



○議長(畠中征郎君) 以上で、本日の議事日程の全部を終了いたしました。

 これをもちまして、本日の会議を散会いたします。

(散会午後3時03分)

──────────────────────────────