議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

平成 20年第1回定例会( 3月) 03月26日−04号




平成 20年第1回定例会( 3月) − 03月26日−04号









平成 20年第1回定例会( 3月)


平成20年第1回(3月)綾町議会(定例会)会議録
平成20年3月26日再開    
   平成20年第1回綾町議会(定例会)が平成20年3月26日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員                                    
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   永   宏   文  │6    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   ?   憲   治  │7    │福   田   正   照  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   高   幸   一  │8    │入   船   康   紀  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │太   田   善   一  │10   │橋   本   由   里  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘
    事 務 局                                      
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │田   中   敏   彦  │書 記  │外   山   和   恵  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘
    説 明 員                                      
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│収入役      │吉 野  重 春  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │畠 中  純 一  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │増 田  俊 男  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │山 口  一 徳  │町民生活課長   │前 田  栄 一  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │向 井  好 美  │社会教育課長   │松 本  淳 資  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農林振興課長   │松 田  典 久  │教育総務課長   │黒 木  政 則  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農業委員会事務局長│谷 口  俊 彦  │監査委員     │中 村  桂太郎  │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘

平成20年第1回(3月)綾町議会(定例会)議事日程
平成20年3月26日再開   
     開    議
   日程第1 議案第1号 綾町後期高齢者医療に関する条例
   日程第2 議案第2号 職員の自己啓発等休業に関する条例
   日程第3 議案第3号 綾町税条例の一部を改正する条例
   日程第4 議案第4号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第5 議案第5号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第6 議案第6号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   日程第7 議案第7号 綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例
   日程第8 議案第8号 綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
   日程第9 議案第9号 綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
   日程第10 議案第10号 綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例
   日程第11 議案第11号 綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例
   日程第12 議案第12号 町道の認定及び廃止について
   日程第13 議案第13号 町道の路線変更について
   日程第14 議案第14号 平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)
   日程第15 議案第15号 平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
   日程第16 議案第16号 平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)
   日程第17 議案第17号 平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)
   日程第18 議案第18号 平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第19 議案第19号 平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第20 議案第20号 平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)
   日程第21 議案第21号 平成20年度綾町一般会計予算
   日程第22 議案第22号 平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算
   日程第23 議案第23号 平成20年度綾町老人保健特別会計予算
   日程第24 議案第24号 平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算
   日程第25 議案第25号 平成20年度綾町介護保険特別会計予算
   日程第26 議案第26号 平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算
   日程第27 議案第27号 平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算
   日程第28 議案第28号 平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算
   日程第29 議案第29号 平成20年度綾町水道事業会計予算
   日程第30 各常任委員会の閉会中の審査及び調査について
   日程第31 議会運営委員会の閉会中の審査について

会議に付した事件・議事日程と同じである。




──────────────────────────────

(再開午前10時00分)



○議長(畠中征郎君) おはようございます。本日の議事日程は、委員長報告、討論、採決となっております。議事進行については御協力をお願いいたします。

 ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第1、議案第1号綾町後期高齢者医療に関する条例を議題といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) おはようございます。それでは、議案番号第1号、付託案件名、綾町後期高齢者医療に関する条例。審査の経過及び結果。期日、3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容といたしまして、平成20年4月から始まる後期高齢者医療制度に向け、綾町が行う事務及び保険料の普通徴収に関するもの。

 対象者は1,230名、年金からの徴収者(特別徴収)でありますが900人、そのうち7割軽減者が616人の見込みであります。自己負担額は、医療機関の窓口で1割、現役並みの所得者は3割ということであります。

 主な意見といたしまして、条例そのものに反対。高齢者にふさわしい制度を望む。

 採決の結果、否決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第1号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第1号綾町後期高齢者医療に関する条例につきまして反対の討論を行います。

 この制度につきましては、これまでも私どもの見解を申し上げてまいりましたが、長寿を祝うかけらさえ見られない、こうした制度は廃止するしかないという立場です。

 先日23日に、麓地区で高年者クラブの総会が開かれました。その中でも、まず後期高齢者という呼び方は非常に失礼だという意見が出され、また、まさに人生の後半にしがみついて生きているといった印象だという声がありました。

 豊かな福祉の行政を、またお年寄りを敬う社会を、と言いながら、高齢者の医療の負担は増し、また医療での差別、健診でも差をつける、滞納したら正規の保険証は交付しないなど、どれ一つとっても長生きを祝う精神は見られないと思っております。

 もともとこの世代の方々は、税金を納めるということについては意識の高い方々であり、普通徴収の対象となるのは極めて年金が少ないか無年金者の方々だと思います。せめてこのような制裁に対しては国にも異議を申し立てたり、資格証明書の発行などに対しては広域連合議会で十分な論議をしてほしいと思うところです。しかし、これまで3回開かれました連合議会では、制度に対しての質疑や討論は全くなく、形式的議会だと言わざるを得ません。

 町長は、事前に議員の皆さんには十分な説明をしているからだと答弁されましたが、こうした答弁をすること自体、広域連合議会が形骸化していることを容認しているものだと思っております。

 3回開かれた3回目の連合議会の中で、今綾町議会に提出されております、この第1号議案のもとになっているのだと思いますけれども、宮崎県後期高齢者医療広域連合、後期高齢者医療に関する条例制定という議案が提案されており、その中で連合議会の議員の一人から、「事前には目を通しましたが、非常に枚数も量も多いので重要なポイントを絞って説明して欲しい」。これが唯一の質疑です。これに対して、事務局長が、葬祭費の件、はり・きゅう・マッサージなどの件、保険料の説明などをして終了しています。

 一般質問でも述べましたが、他の都道府県では一般質問をしている議員の皆さんや意見書を提出されている議会もあり、制度の矛盾点や不十分な点について、それなりに指摘もされております。連合会副会長でもある前田町長をしても、現状の中ではやむを得ないのかなと言わせるこのような制度は廃止されるよう強く求めまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第1号綾町後期高齢者医療に関する条例について賛成の立場で討論を行います。

 まず、後期高齢者医療制度につきましては、平成15年3月の閣議決定において、医療制度改革に係る国会審議により平成20年4月に施行となったわけであります。今回の条例は、綾町で行う窓口事務、保険料の徴収などを条例において規定されたものであります。この条例が施行できなくなると、被保険者からの受け付けなどを市町村ができなくなるため、本人が直接広域連合へ申請書などを提出を行い、さらに保険料の普通徴収に係る事務ができなくなることになり、高齢者への負担増につながっていきます。この制度については、国会において議論がなされておりますが、特に後期高齢者の心身の特性に配慮した報酬体系の確立など、不安をなくす見直しも必要であります。

 この医療改革は、国民皆保険を維持する上で必要なものでありますが、これらを進めていくためには、特定健診、特定保健指導の実施のための保健師の十分な人材確保や住民の皆様に対する新たな制度の適切な広報活動も含めた諸準備が確実に推進されるように要望します。

 なお、12月議会の意見書に賛成したのは、高齢者に負担増とならない財政措置を求めることで同意をしました。

 以上、申し上げ、討論といたします。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 反対の討論はありませんか。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 反対の討論をいたします。

 この制度が閣議決定されたために、末端の地方行政がその制度に向けて準備をするということは、ある意味、至極当然なことであります。しかしながら、私が前回の資格証明書発行の件でも申し上げましたとおり、多大な苦労をされました75歳以上の人たちにまで、あえてこの制度を取り入れなければならないものかという疑念がどうしてもはらい去ることができません。

 財源が不足していると申しますけれども、皆さん御案内のように、最近の報道では防衛省なり、国土交通省なりの天下り人事による各関係機関のずさんな会計の処理というのは目に余ります。こういうことを改正していくならば、75歳以上の方々の1割負担ぐらいはどうにかなるんではなかろうかと、そういう思いがどうしてもぬぐい去ることができません。準備をすることの必要性も認めながらでございますけれども、私はこの制度はどうしても容認することはできません。したがって反対といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論はありませんか。



◎議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◎議員(大隈寛君) 議案第1号です。綾町後期高齢者医療に関する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 超高齢化社会を迎える中、老人医療も年々増加の一途をたどっている今日、これまでの制度ではとてもこの状況に対応できない。そこで、分担のルールをより明確にし、負担する方にも非常にわかりやすい仕組みにして、高齢者の皆さんが将来にわたって安心して医療が受けられる、そういった新しく今回の国の法律によって4月より実施されることに伴って、綾町として行う後期高齢者医療事務について定めるものであります。

 もし、この条例が可決されないとなりますと、条文にもあるように、葬祭の支給、あるいははり・きゅうサービス等の申請受付事務はもちろんのこと、最も重要な保険料の徴収、納期の決定すらできないことは、納付書の発行もままならないなど、法律で定められた事務処理がなされないことは、多くの町民に大変な負担と迷惑をかけると同時に、さきの議会でも可決し、成立しました広域連合の運営に多大の影響を与えることは明白であります。また、これらに関連した平成20年度一般会計予算並びに20年度後期高齢者医療特別会計予算も不可分な、非常に密接な関係でもありますし、そしてまた、議案第7号、第8号、第9号もこのような医療制度の施行に伴う条例の一部改正でお互いリンクしているものであります。最後に議員各位の賢明な判断をお願いして討論といたします。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 当条例に賛成の討論をいたします。

 高齢者の負担が増加することが懸念されています。当議会でも委員会で今否決されたとのことです。同僚議員から、これは公明党がつくったものではないかというふうな言い方をされましたが、公明党がつくったのではありません。このことをかんがみ、公明党はお年寄りの負担を考え、それの激変緩和策として公明党がとったのは、75歳以上の高齢者が負担する予定であった保険料を4月から9月の半年間は免除するということを公明党はつくったのであります。また、その後の半年間も9割軽減する、また70歳から74歳の窓口負担を来年3月まで1年間は現行の1割負担のまま据え置くことにしたのであります。これが公明党のとった策であります。

 以上をもちまして、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第1号に対する文教福祉委員長の報告は否決であります。したがって、原案について採決します。議案第1号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 5名)



○議長(畠中征郎君) 賛成多数。よって、議案第1号綾町後期高齢者医療に関する条例は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第2号



○議長(畠中征郎君) 日程第2、議案第2号職員の自己啓発等休業に関する条例を議題といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第2号です。職員の自己啓発等休業に関する条例。審査の経過及び結果であります。期日が3月11日、そして18日。説明者が総務税政課長。

 内容といたしまして、大学等における修学や国際貢献活動を希望する常勤の職員を対象に、職員としての身分を保有したまま職務に従事しないことを認める自己啓発等休業制度を条例で定めるものであります。施行日が平成20年4月1日からであります。

 質疑としまして、申請(申し出)はと、自己申請、公務に支障がなく、能率向上と認めたとき。休業期間中の給与は無給。職務復帰後は号給の調整をします。職務に特に有用であると認められる者は原則100%、それ以外は50%勤務したものとします。普通の大学もそうなのか、直接仕事に関わるもの、大学院など、いわゆる博士課程ですね。無給活用するものが果たしているのか。国際貢献活動(ジャイカ)などといった機構から何らかの手立てはあるのではと。自治大学などは、任命権者が命令で今回はこのようなものは該当しないと。

 主な意見としまして、職員の資質の向上を図る目的から、この制度を積極的に活用し、行政マンとして広い視野を広げ、町民の負託にこたえていただきたい。賛成です。職員にしっかり説明し、広く活用してもらいたい。賛成。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第2号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第2号職員の自己啓発等休業に関する条例につきまして見解を述べて賛成をしたいと思います。

 ただいま委員長からも報告がありましたように、大学院など業務に貢献できる内容というふうに限られたことにはなっております。また、この制度が綾町の職員にとって現実的運用がなされるのかという不安を持っているのも事実です。しかし、学ぶ機会をふやし、その意欲を高めることを目的としているという点では評価をしたいと思っております。この制度の利用を望む職員があらわれた場合に、不安を持たずに学ぶことができるよう万全の対策をとっていただくように希望をいたしまして、賛成討論といたします。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第2号職員の自己啓発等休業に関する条例に賛成の立場で討論いたします。

 当条例は、自己を限りなく高めるため、例えば博士号を取ったり、またそれによって国のため、町のためになっていく、また発展途上国等に行って難民のためにボランティア活動等をする人等に休業を認可する条例であります。

 将来、この綾町からも一人でもそういうすばらしい人材が出ることを希望し、賛成の討論とします。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第2号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第2号職員の自己啓発等休業に関する条例は委員長の報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第3号



△日程第4.議案第4号



△日程第5.議案第5号



△日程第6.議案第6号



○議長(畠中征郎君) 日程第3、議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例から日程第6、議案第6号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例までを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案番号は3号であります。綾町税条例の一部を改正する条例。審査の経過及び結果であります。期日が3月11日、18日。説明者が総務税政課長。

 内容としまして、入湯税150円を100円に改正し、平成20年4月1日から施行するものであります。

 質疑、徴収する側でまちまちだが、あくまで条例では150円と定めておりますが、入湯税を改正することは可能(目的税、一次預かり的なもの)であります。この標準税率が150円、それを100円とする。影響です。18年度が419万5,000円、2万7,964名であります。19年度が見込みで404万円、2万6,950人、20年度見込みで253万円、2万5,000人を見込んでおります。

 主な意見として、昨今の入り込み客の減少で町内企業も大変な状況なので、これもやむを得ない。賛成。大半を占める酒泉の杜の集客を図る意味からも、利用しやすい料金体系も必要なことで、今後町の産業観光の再生になればと思っている。賛成。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 続きまして、第4号であります。職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例。期日が3月11日、そして18日。説明者が総務税政課長。

 内容としまして、少子化対策が求められる中で、公務員においても長期にわたる育児と仕事の両立が可能となるよう、小学校就学の始期に達するまでの子供を養育する常勤職員が次の勤務形態から選択して勤務できる短時間勤務制度の導入に伴い、条例の一部改正をするものであります。1番から4番までございます。お目通しをいただきたいと思います。

 質疑としまして、育児休暇取得状況は3歳までとれる。現在まで約10名、うち男性職員が1人、対象子供が21名、期間の最長で1人で1年10カ月、そして10カ月、8カ月、5カ月、4カ月、0.5カ月。女性については産前産後8週間。何歳までか、6歳まで(小学校就学日前日まで)延長される。短時間勤務の4パターンがある。そのうちから選択して休める。原則1年で切りかえをする。

 主な意見としましては、より環境が整っているが、公務員でその恩恵、特権をフルに活用してもらいたい。賛成。確かにそういった面では恵まれているので、少子化対策の一環に率先して取り組むことは大事なことであります。賛成であります。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次、第5号であります。職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例。期日が3月11日、18日。説明者は総務税政課長。

 内容としまして、育児のため、短時間勤務制度の導入に伴い、短時間勤務職員の勤務時間及び週休日(月曜日から金曜日の間に休みを設ける)の規定を追加するものであります。施行日は20年4月1日。

 主な意見としまして、賛成、育児休業で休暇をとった職員の補充職員も一般職員同様、週休を与えることはもっともなことだ。賛成、条例に従って的確な運用が実施されるよう要望する。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 最後になります。第6号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。期日が3月11日、18日。説明者が総務税政課長。

 内容としまして、育児のための短時間勤務制度の導入に伴い、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正がなされたため、給与に関する条例の各条番号、項番号を整理するもの。施行日が平成20年4月1日より。

 意見としまして、賛成、条項の変更が主で内容に大きな変化があるものではない。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 以上であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第3号から議案第6号までを日程に従い、質疑、討論、採決を行います。

 日程第3、議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第3号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例につきまして、賛成の討論を行います。

 今改正の酒泉の杜の入浴客に課せられる入湯税を1人当たり150円から100円に引き下げようとするものですが、私もいろいろなところの情報を収集して調べてみました。また担当課からも説明も受けたところです。

 酒泉の杜の入浴料金は、県内の温泉と比べても高く設定してあり、霧島などの天然かけ流しに比べれば魅力がないという町民の声もあります。思い切って入湯税を免除し、町民の利用に寄与することも必要ではないかと考えるところです。町内唯一の温泉ですから、もっと町民に親しまれ、喜ばれる温泉施設となるように強く望みまして、討論といたします。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例に賛成の立場で討論いたします。

 当条例は、入湯税現行150円を100円に下げるものです。現在、全体的に入り込み客数も減少し、企業も1,050円を800円に入湯費を下げるなど、努力はしています。しかし、昨今の燃料費等の値上げも重なり、経営が厳しくなってきているとのことです。入湯税を下げることも致し方ないと判断し、当条例を賛成とするものです。

 また、隣の高岡ではレジオネラ菌が出て、ただいま営業を中止しています。当企業におかれましては、お客さん第一、安全第一を目標に営業されることを要望し、討論とします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第3号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第4、議案第4号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長の報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第4号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第4号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、賛成の討論を行います。

 少子化対策の一つとして、職員の育児環境をよくすることにつながってほしいと望むものです。

 報道によりますと、ドイツでは、親が育児休業を取得した場合、14カ月間は給与の67%を保障している。また片親だけが育児休業をとる場合には12カ月間を同じように保障し、残りの2カ月間は両親とも育児休業をとることを条件としているようです。このことで父親の育児参加を促し、出生率がアップしていると報道されておりました。

 こうした先進国の取り組みからすれば、まだまだおくれていますし、非正規雇用の人たちに対しての育児休業についても不十分であることから、日本共産党は6カ月以上の雇用実績のある、すべての有期、期限のある雇用労働者に育休を求めることや分割取得を可能にするよう抜本改正を求めているところです。

 今回、少し条件が緩和されたという点を評価して賛成することにいたしました。

 なお、関連のあることから、第5号、第6号につきましても賛成するものです。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第4号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例に賛成の立場で討論いたします。

 なお、第5号、第6号も関連しておりますので、まとめて討論いたします。

 当条例は、少子化対策でもあります。詳しくは委員長の報告どおりです。

 政府は、今までいろいろな子育て支援をとってきました。児童手当を初め、産前産後の休暇、出産一時金、妊婦の5回まで無料健診等々、この中の産前産後の有給休暇のことを以前初めて聞いたとき、民間企業ではどれだけ運用されるようになるだろうかと思いました。今は多くの企業で実施されているようです。

 児童は、小学校に就学するまでは病気に対する免疫力もなく、体力もなく、病気にかかりやすく、小児科病院とは親戚のように通わねばなりません。当条例は、子育てされる親御さんにはありがたく喜ばれることだと思います。

 執行部におかれましては、当条例の規約にのっとり運用されることを望み、討論とします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第4号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第4号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第5、議案第5号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第5号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第5号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第5号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例は委員長の報告のとおり可決されました。

 日程第6、議案第6号職員の一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第6号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第6号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第6号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第7号



△日程第8.議案第8号



△日程第9.議案第9号



△日程第10.議案第10号



○議長(畠中征郎君) 日程第7、議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例から日程第10、議案第10号綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例。審査の経過及び結果。期日、3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容といたしまして、平成20年4月から実施される医療制度改正に係るもので70歳から74歳の自己負担割合が1割から2割(1年間凍結)に変更となることと、乳幼児の自己負担割合が2割となるものの範囲を3歳に達する日の属する月の翌月から6歳に達する日以後の最初の3月31日に改める。

 後期高齢者医療制度によって葬祭費の支給を受けた者は、国民健康保険法による葬祭費の支給を行わないなど。平成20年4月1日より施行。

 主な意見としまして、3歳未満までの自己負担割合が2割だったのが小学校入学前までに拡大されたのは認めるが、70歳から74歳までの自己負担割合が1割から2割に増加することに関しては認めない。高齢者の負担増は保険の財源を考えたときには致し方ない。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例。期日、3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容としまして、老人保険制度を廃止し、後期高齢者医療制度が開始されることから、綾町寡婦等医療費助成に関する条例の文言を改めるものである。平成20年4月1日より施行。

 60歳から69歳までの間、3割負担であったものが2割負担とするものであります。該当者は町内で2名、町の負担としまして10万円となっております。

 主な意見としまして、負担軽減の取り組みであり評価をするということであります。

 審査の結果、可決であります。

 続きまして、議案第9号綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例。期日が3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容としまして、老人保健制度を廃止し、後期高齢者医療制度が開始されることに伴い、綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の文言を改めるものである。平成20年4月1日より施行。

 主な意見、医療費助成を加えることなので賛成する。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第10号綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例。審査の経過及び結果。期間、3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容といたしまして、介護保険料の激変緩和措置が20年度も実施できるように政令が改正されたことに伴い、附則の改正を行うものである。平成20年4月1日より施行。

 対象者としまして、303人、125万円以下の所得者は非課税。

 主な意見としまして、減額免除などを評価する。平成19年度同様の措置であり認める。

 審査の結果、可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより議案第7号から議案第10号までを、日程に従って質疑、討論、採決を行います。

 日程第7、議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第7号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして、反対の討論を行います。

 今回の改定によりまして、3歳未満までであった2割の医療費負担を6歳児まで引き上げる措置に対しては、反対するものではありません。しかし、70歳から74歳までの医療費の個人負担、これを1割から2割に引き上げることには賛成できません。

 綾町での70歳から74歳までの1人当たりの医療費負担は、平成18年度実績で39万円7,958円となっており、そのうちの1割負担は、年間4万円4,218円となります。これが2割に引き上げられますと、さらに4万4,218円の負担増となります。1年間の据え置きにはなりますが、1年後にはこの負担が、今申し上げた数字に倍増することは避けられません。到底認めることはできないのであります。

 高齢者の皆さんが安心して受診できる制度こそ、確立されるべきであり、皆さんが求めているのではないかと思います。こうした立場から、議案第7号には反対いたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例、賛成の立場で討論を行います。

 本条例は、平成20年4月より実施される医療制度改正にかかるもので、70歳から74歳の自己負担割合が1割から2割に変更となりますけれども、1年間は国の公費負担により補てんされるものであり、認めるところであります。

 また、現行乳幼児の自己負担割合2割が、3歳に達した翌月からを6歳に達した3月31日に改めるもので、子育て支援として歓迎するものであります。適切な健康指導が行われることを強く望み、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 反対の討論はありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第7号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第8、議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第8号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例につきまして、反対の討論を行います。

 委員会では、この寡婦等医療費助成が綾町独自の取り組みであるということから、このことを評価し、同意をいたしましたが、後期高齢者医療制度との関係での一部改正であり、同意すべきでないと判断し、反対することといたしました。

 なお、議案第9号につきましても、同様の立場で同意できないことを申し上げまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論をいたします。

この条例は、4月1日から施行される後期高齢者医療制度が開始されることに伴い、老人医療に関する文言を「後期高齢者医療」に改めるとすることが主な内容であります。対象者が一部負担金を支払った場合において、総額支払額から高齢者医療各法に規定する療養の給付費相当額を控除した額を助成するものとするということで、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第8号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決いたしました。

 日程第9、議案第9号綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第9号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第9号綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 この条例改正は、老人保健制度を廃止され、後期高齢者医療制度が開始されることに伴う老人医療に関する文言を、「後期高齢者医療」に改めるとすることが主な内容です。

 障害のある人たちが地域で安心してくらせるような、相互的な自立支援を行い、利用者負担のさらなる軽減と、所得保障の確立、就労支援と生活支援の充実を願うものであります。

 以上を申し上げ、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第9号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第9号綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第10、議案第10号綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第10号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例に対し、賛成の討論を行います。

 本条例は、平成18年度綾町条例第5号の附則の改正であります。政令に従い、激変緩和措置を1年間先延ばしたものであります。さらなる介護保険の充実を求めまして、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第10号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第10号綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第11.議案第11号



△日程第12.議案第12号



△日程第13.議案第13号



○議長(畠中征郎君) 日程第11、議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例から、日程第13、議案第13号町道の路線変更についてまでを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例、期日が3月11日、18日。説明者が中薗主幹。

 内容としましては、綾町景観形成計画策定内容と条例との整合性を図るための一部改正であります。

 届け事項の範囲を景観重点地区から町内全域に、また木竹の伐採に関する行為も届け出事項として追加するものであります。

 皆さんお手元に、今朝ほどお配りしました計画書の48ページをごらんいただきたいと思います。なお、これは公布の日から施行ということであります。

 質疑、どこが、景観形成計画書、48ページのとおりです。一部つけ加えなどして、条文の整理をするもの。

 主な意見としまして、賛成。より内容の充実を図るための改正であります。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次、第12号町道の認定及び廃止について、期日が3月11日、18日。説明者が中薗主幹。

 内容としまして、イ、認定する路線6路線、分離、新規(圃場整備)、ロ、廃止する路線2路線、道路改良による統合分離。なお、調書及び図面によって説明を受け、審議を進めております。

 主な意見としまして、賛成。事業実施に伴うものが主で、場所によっては新設路線も完成したばかりで、今後維持管理に努めてほしい。

 賛成。廃止した路線も責任もって維持管理をお願いしたい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次、13号です。町道の路線変更について、期日が3月11、18。説明者が中薗主幹。

 内容が、変更、宮ノ谷柿ケ野線、延長増、延長は△548.9mです。大平山地区圃場整備。錦原小田爪線、統合であります。延長が455.1m。

 主な意見、12号と同様であります。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第11号から議案第13号までを、日程に従って質疑、討論、採決を行います。

 日程第11、議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第11号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例、賛成の立場で討論いたします。

 当条例が制定されて間もないですが、内容の充実を図り、景観条例を町内全域にするものです。

 私が先日提言いたしました里山を紅葉にするのは、この景観条例に花を添えることになると思います。

 以上、討論を終わります。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 賛成の立場で討論をいたします。

 都市型の景観条例とは異なった本町の条例にふさわしい改正ではありますが、伐採後の速やかな対策が必要であります。早目の植樹が大切です。できることなら、一部分広葉樹植えつけも地権者の理解が得られるように努められることを希望いたしまして、賛成の討論といたします。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例につきまして、1点御意見を申し上げて、要望を申し上げて賛成したいと思います。

 木や竹の伐採に関する行為が届け出になるということですけれども、地域によっては届け出制だけでは不十分な箇所もあるのではないかと不安を持っております。個人の財産であり、また林業を営む方々の経営の問題もあると町長は見解を述べられましたけれども、木や竹などの多くは傾斜地に植えられており、伐採によってその周辺の方々の生活が脅かされることも懸念されることから、景観だけで判断されることへの不安を持つものです。

 伐採後の植栽の指導なども含め、地域によっては許認可制を導入することも検討されることを求めるものです。

 以上、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第11号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第12、議案第12号町道の認定及び廃止についてを議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) すいません、総務委員長に2点お伺いをしたいと思います。

 賛成のところの意見でも、廃止した路線に対しての責任、維持管理の責任をお願いしたいというふうに書いてありますけれども、私も町道から廃止になったものですね、町道から外れたものの今後のその道路の管理については、不安を持っているものです。この点について執行部から考えを伺っていれば御報告をお願いしたいと思っております。

 それから、今回新たに町道として認定される道路が数件出てるわけですけれども、この町道に認定されたり、町道から外れたりという基準っていうんでしょうか、条件っていうんでしょうか、そういうことについて審査されておりましたら、御報告いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) まず、1番目のことなんですが、これについては、やはり常に担当課も中心になってやっていただくんですが、特に台風とか、そういった災害の跡地、後の処理についても、率先的にやっていただいております。確かに、そういった面でいろんなことで心配もされるんですけど、特に今後高齢化、そういったことも背景にあるんじゃないかと思ってます。

 そういうことも含めて、私ども委員会としましても、強くそういったことには全力で取り組んでほしいということで、申し入れをいたしておきました。

 次に、この町道のいわゆる関係、路線の認定であるとか、変更であるについては、やはり私どもでいろいろと論議した中では、やはり町道としてのメリット、ここあたりを考えてみますと、やはりいわゆる町づくりをするためのいわゆる確認申請であるとか、後の維持管理が容易にできると、そういったことでのメリットもあるということで、内部ではそういった話もしたところであります。

 以上です。ちょっと答えになるかどうかわかりませんが、そういったことであります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第12号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◎議員(太田善一君) 議案第12号町道の認定及び廃止について、次の13号町道の路線変更についてでもありますが、あわせて賛成の討論をいたします。

 現在、綾の町道は他の市町村の道路と比べ整備されている方だと思います。また、新しい道路ができたことで、地元の住民は大変喜んでおられることと思います。

 また、この工事も今話題になっています特定財源でできたものです。なお、廃止になった町道も、行政で管理、整備を行うとのことです。

 以上で、第12号、第13号議案の討論とします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第12号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第12号町道の認定及び廃止については、委員長報告のとおり可決されました。

 日程第13、議案第13号町道の路線変更についてを議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第13号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第13号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第13号町道の路線変更については、委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩をいたします。

(休憩午前11時07分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時20分)



○議長(畠中征郎君) 休憩以前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第14.議案第14号



○議長(畠中征郎君) 日程第14、議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 最初に、文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)、教育福祉所管の部分の審査経過及び結果を報告いたします。

 期日が3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長、黒木教育総務課長、松本社会教育課長。

 主な内容としまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,530万4,000円を減額し、歳入歳出37億8,317万7,000円とするものであります。

 主な内容を上げております。お目通しをお願いいたします。

 主な意見としまして、学力向上対策で教育委員会が行うことに対して疑問である。学力向上対策については、参加者が少ない。計画が甘いのではないか。

 配食サービスの減は、メニュー等の改善を望むものである。

 障害者住宅改造の利用促進を図ること。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案番号が14号です。平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)です。

 審査の経過及び結果であります。期日が3月11、12、13、18日。説明者が総務税政課長以下のとおりであります。

 内容については、予算減額が38億1,848万1,000円、今回補正額が、△の3,530万4,000円。補正後の合計が37億8,317万7,000円。

 歳入の主なもの、そして歳出の主なものについては、お目通しをいただきたいと思います。

 なお、補正予算書の所管事項について、各課長より説明を受け、そして質疑によって審査を進めております。

 質疑についても、お目通しをいただきたいと思います。

 次、34ページをお開きください。意見といたしまして、賛成、実績見込みに伴う減が主であるが、もっと各部署でいま一度事業の目的をしっかりとらえてほしい。

 賛成、商工使用料、利用料の減、いくつかの要因もあると思うが、内部的に改善するものがあるのでは。特に、接客、利用券など、もっと利用者の立場での議論が必要。施設の老朽化はわかるが、もっと清掃面などできることはしっかりしていくなど、今回寄付500万円も観光協会にということだが、協会の中での適切な運用を望む。

 賛成、法人税の減額、町内企業も非常に厳しい状況。今後町内の経済浮揚活性化につなげるよう、十分なる対策を。

 賛成、各種事業の検証をして、本当にその効果があったのか、ぜひそのことを次年度に反映してほしい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) 各委員長の報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 総務委員長に1点だけ伺いたいんですけれども、質疑の中でホウレンソウ工場の排水の問題に触れられているんですけれども、改善を申し入れて、今2月上旬に協議をしたということですので、何かがあったのだろうというふうに思ってるんですけれども、そのことについて御報告いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) この問題は、あそこが稼動した段階で、いわゆるホウレンソウの絞りかすというか、洗浄水ですかね、これが河川に流れてると。もちろん、色がついてたんですが、そういったことで多分綾の漁協等々から、そういったことが上がって、そして2月の上旬に三者ないし四者で現地調査をして、そしてまたここのため槽の改善等を申し入れたということで聞いております。その結果については、まだ承っておりません。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第14号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)につきまして、意見を述べて賛成討論を行います。

 指摘したいまず1点は、繰越明許費を補正に出している農産漁村活性化プロジェクト支援交付金事業の問題です。

 昭和地区の公民館の用地取得が難航しているという説明でした。用地取得のめどが立たないうちに予算化された点については、問題があったのではないかと考えるものです。関連して新年度予算の昭和地区ふれあい公園整備費との関係では、公民館用地とふれあい公園を交換すると言う話も聞かれ、こうした土地の問題を解決していないことに疑問を感じるものです。一日でも早い解決を望んでおります。次に、配食サービス事業の120万円の減額補正についてです。予算を下回った要因を調査検討し、明らかにしてほしいものです。

 以前から要望しておりましたけれども、画一的な味つけではなく、十分調査した上で健康な人には食欲の減退や利用中止につながらない工夫、検討を求めるものです。

 次に、社会福祉対策費の障害者住宅改造事業の100万円の減額補正についてです。

 情報が十分伝わっていないために、制度を知らずに改造してしまったということもあるようです。この事業に限らず、事前に住民が活用できる制度の一覧表を毎年つくるなどして、十分活用してもらう工夫が必要ではないでしょうか。

 また、ただいま大隈委員長の報告にもありましたように、大隈委員長や押田委員長の報告にもありましたように、委員会で指摘された問題については、改善されるよう求めまして、討論といたします。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)、意見を述べて賛成をしたいと思います。

 歳入歳出それぞれ3,530万4,000円を減額し、総額をそれぞれ37億8,317万7,000円とするものであります。所管、文教福祉委員会審査の中で、教育費821万4,000円の不用額ということで御説明がありました。執行残または節約によるものとしては、敬意を表したいと思うのですが、また反面、事業、そして活動の低下が数字にあらわれているとするならば、さらなる活発な活動を要望するところであります。

 委員会の中で出ました一つに、学力向上総合支援事業、なかなか成果が数字として上がってこないと言われましたが、児童としての成長は着実に伸びていることと思います。頑張っていただきたいと思います。

 また、社会福祉対策費としまして、障害者住宅改造事業100万円減じていますが、支援事業またはサービスのPRを重ねて要望するものであります。賛成討論といたします。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算に賛成し、討論いたします。

 今回の補正予算は、3,530万4,000円が減額されております。歳入減の主因は、町民法人税の減額のようです。貴重な自主財源からの2,000万円を上回る減収でありますから、大きな痛手と思われます。

 しかしながら、3,500万円超の歳出削減が行われており、その影響を最小限に抑え込んだ努力は大きく評価できると思います。

 地方経済は、バブル崩壊後の経済効率重視の行き過ぎた改革のその遺産を、今なお引きずり、停滞し、疲弊しています。引き続き財政健全化に向けた取り組みを堅持しながら、同時に町内経済の活性化を喚起する行財政運営を一体とした取り組みを取り組まなければ得ないと、大変厳しい局面が続くと思われます。なお一層の当局の奮起をお願いいたします。

 また、歳入で使用料、手数料も減額補正が計上されておりますが、一つには外的要因によるものであるということでありますが、同時に施設設備の老朽化も起因しているということであります。20年度以降、各施設の改修が暫時行われていくということでございますけれども、今後すべての改善が図られるよう期待いたしまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第14号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)は、委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第15.議案第15号



△日程第16.議案第16号



△日程第17.議案第17号



○議長(畠中征郎君) 日程第15、議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)から、日程第17、議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、審査経過及び結果、期日が3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容としまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,178万円を追加し、歳入歳出それぞれ11億7,749万円とするものであります。

 歳出歳入主なものにつきましては、お目通しを願います。

 主な意見としまして、医療費の増であり仕方がない。

 各種保健活動の効果を分析してほしい。

 心臓、脳梗塞がふえている。健康センターの指導強化を望む。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第16号平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)、審査の経過及び結果、期日、3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容が、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,954万円を追加し、歳入歳出それぞれ10億7,214万5,000円とするものであります。

 これもまた歳出歳入部分はごらんください。

 主な意見としまして、いずれ老人保健特別会計はなくなり、後期高齢者医療制度に進む上では仕方がないということで、審査の経過、可決であります。

 続きまして、議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)、審査の経過及び結果、期日が3月11日から18日。説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,760万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ5億9,993万4,000円とするものであります。

 これもまた歳入歳出につきましては、ごらんください。

 主な意見としまして、サービスを受けたいけど受けられない人がいないのか、実態調査をしてほしい。

 介護住宅改修費が減じているが、規定が厳しいのではないか。

 各事業をしっかり知らせ、受給者に親身になって対応してほしいということであります。

 審査の結果、可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより議案第15号から議案第17号までを日程に従い、質疑、討論、採決を行います。

 日程第15、議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第15号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論を行います。

 今回の補正は、3,178万円を追加し、総額を11億7,749万円とするものであります。

 なお、第3号補正においても5,300万円の増額補正をしましたが、そのときの予想よりも医療費が高く推移をしております。現在の決算見込みから推計すると、3号補正後の予算でも不足するような見込みとなっておりますので、インフルエンザなどの流行などによる医療費の高騰に備え、さらに2,000万円の増額補正であります。

 要因といたしましてはいろいろと考えられますが、高額な治療を要する成人三大病の患者が多くなったのではないかと思います。医療費を下げるには、早期発見、早期治療、定期的な基本健診などを受診することが重要であります。高齢化が進んでおります。今後の保健事業の推進を図り、町民の健康管理に心がけていただき、健全な国保運営を願い、討論といたします。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第15号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第16、議案第16号平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第16号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第16号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第16号平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第17、議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第17号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高幸一。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出に3,760万5,000円を減額し、総額をそれぞれ5億9,993万4,000円とするものであります。歳入について、介護保険料77万円が増額補正になっているのみで、そのほかはすべて歳入歳出減額、減少になっています。だれもが介護が必要になっても、安心して自分らしく暮らせる老後を望んでいるかと思いますが、ますます高齢社会を向かえ、介護が必要な高齢者がふえ、進んできています。共稼ぎ等家族だけで介護することは難しくなっております。住みなれた自宅で自立した生活ができるよう援助していくことを目的とする介護保険、医療、福祉サービスとの連携を密にして、ケアプランを柱に一層のサービス提供を要望して、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第17号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第18.議案第18号



△日程第19.議案第19号



△日程第20.議案第20号



○議長(畠中征郎君) 日程第18、議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)から、日程第20、議案第20号平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)までを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)、期日が、3月の11日、18日、説明者が、町民生活課長。

 内容としまして、歳入歳出それぞれ△100万円を減額し、総額1,317万円とする。歳入は、一般会計繰入100万円の減、歳出が、需用額、△61万円、それに委託料が△39万円です。そういったことで説明を受け、質疑によって審査を進めております。

 質疑です。水質検査はしております。

 意見、100万円減額、歳出減(修繕料ほか)に伴い、「一般会計への」とありますが、恐れ入りますが、「への」を「から」に訂正をしていただきたいと思います。先ほど前田課長の方から厳しく指摘を受けております。繰入を減じたものであり、一応おおむね順調に推移している。賛成であります。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次、19号平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)、期日が、3月の11日、18日、説明者が同じく町民生活課長。

 内容、歳入歳出を107万3,000円減額し、総額1億6,586万2,000円とするもの。歳入は、使用料△90万円、当初144戸から89戸減の最終的に55戸見込みであります。ちなみに、2月末現在で451件、これは公共を含むものであります。一般会計繰入が△17万3,000円。歳出についてはお目通しをいただきたいと思います。

 質疑に入ります。加入状況は、当初見込み144戸から55戸(89戸の減)、加入率が38%。全体2月末が451件です。滞納状況は、住宅入居者が主で、23世帯、一般世帯が7戸。

 意見として、賛成、順調に進んでいるが、年度見込みが50%を割り込んでいるが、アップに努めてほしい。滞納についても同様である。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次、20号です。平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)です。

 期日が、3月11日、18日、説明者は、前田町民生活課長。

 内容については、収益的支出、以下であります。お目通しをいただきたいと思います。営業費用についても、ここに書いてあるとおりであります。

 質疑です。経費の削減はわかるが、研修といったものは積極的に行くべきであるが、今回はもう既に終わっていたということであります。

 意見としまして、賛成、おおむね順調に推移している。なお(使用料)滞納の徴収に努めてほしい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第18号から議案第20号までを日程に従い、質疑、討論、採決を行います。

 日程第18、議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第18号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)に賛成し、討論いたします。

 歳入歳出をそれぞれ100万円を減額し、総額を1,317万円とする補正であります。この事業は極めて円滑に運営されており、施設稼働状況、料金収納等ともに良好であるようでございます。今後さらに所期の目的である農村の生活環境と綾北川の水質向上に資するような事業運営に努めていただくようお願いを申し上げまして、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第18号に対する総務委員長の報告は可決であります。総務委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第19、議案第19号平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 1点だけお伺いをいたします。

 加入状況でございますが、当初計画、当初見込みに対しまして38%というようなことを質疑の中に書いてあります。当然使用料の減ということになるわけですけれども、達成率の低さというのはどこに要因があるのか、お伺いをいたしたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 確かにこの数字だけを見て判断すれば、そうかと思うんです。私の見解として2つほどそういった背景、要因があると思うんです。

 一つは、まずこの整備率、いわゆる埋管することの進捗状況ということになりますと、どうしても分母の方が大きくなる。したがって、それに伴って分子の方も、いわゆる逆に小さくなると、そういったことも考えられるんじゃないかと思っております。

 もう一つは、下水道法で言う、いわゆる水洗化は3年以内にやりなさいということが、まず頭に来るものですから、当然、例えば、ことしやるにしても、まあいいかと、まああと2年ぐらいあるからいいかと、そういったことも、また一つの考え方じゃないかと、いわゆる利用者側の立場に立って考えればですね。そういったことで、これじゃいかんということで、私ども委員会としましても、引き続き加入促進に全力を注いでほしいということは申し入れておきました。

 以上であります。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 今、福田議員の質問と関連するんですけれども、私もその点について伺いたいと思っておりました。今委員長が委員長の見解ということで2点述べられましたけれども、私はやっぱり費用負担の大きさではないかなと思っているんですけれども、委員会審査の中で、例えば、担当課から推進に回っておられると思いますので、実際の住民の声としてどういうことが上げられているかという報告を受けていらっしゃれば、ぜひお聞きしたいと思って、質問で手を挙げたところでした。もし、そういった声が委員会の中に報告がありましたら、この場でお聞きしたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 確かにそういったことは聞いておりますが、特にこの次の項目で上がります20年度の予算の中でも、審議の段階で、議員それぞれの立場からいろんな意見等も聴しております。そういったことで、そこあたりもひとつごらんいただくとありがたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第19号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第19号平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして意見を申し上げ、賛成討論を行いたいと思います。

 ただいま委員長に対する質問でも申し上げましたように、加入率の少なさというのはやはり個人負担の大きさにあるのではないかと思っております。私は、新年度予算でも申し上げますけれども、合併浄化槽であっても、公共下水道事業であっても、個人の負担は余りそう変わらないのではないかと思っております。

 例えば、工夫の一つとして、私も今回合併浄化槽に取り組みましたけれども、非常に水洗化をするということでは、トイレそのものの値段の高いのに驚いた次第です。工事費もさることながら、水洗化にはこうした費用の負担がどうしても伴ってくると思いますので、一括、町としてまとめて買って安くするとかいう工夫もできるのではないかと思っております。

 公共下水道事業そのものには、私ども日本共産党は反対をしております。新年度予算でも反対をいたしますけれども、補正の内容についてはこの時点でこうした補正が行われることについては認めたいと思っております。ぜひとも負担軽減のための取り組みを検討してほしいと思っております。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に賛成し、討論いたします。

 歳入歳出それぞれ107万3,000円を減額し、総額1億6,580万2,000円とするものであるということでございますけども、総体的には運営は順調であるようでございます。

 しかし、特に、先ほどもありましたけども、本年度の加入率の低下が懸念されます。当初見込み加入世帯144戸が55戸にとどまっておりますし、また、全体接続可能数999戸が、そのうち451戸の加入でありますから、単年度、あるいはまた累積とも5割を切っております。この事業の成否は、第一義的には加入率の高低であると思われますが、ただ、接続には経済的負担が伴いますので、今後計画的に、あるいは段階的な加入がふえてくると、段階的な加入が想定されると思われます。より一層の推進を図ることで、加入率を上げることができるのではないかと思っております。山紫水明、名水百選の里にふさわしい環境整備が加入率のアップによってできると思いますから、さらなる努力を傾注していただきますように望みます。

 なお、料金徴収体系が水道使用料と連動しておりますから、当初から若干の未収の発生は予測されたと思っております。今後万全の対策を講じていただきますことを要望いたしまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第19号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第19号平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第20、議案第20号平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第20号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福永宏文君) 議長。福永。



○議長(畠中征郎君) 福永議員。



◎議員(福永宏文君) 議案第20号平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)に賛成をし、討論をいたします。

 水道事業は、おおむね良好に推移しておるということでございます。使用料も30市町村中、4番目に安い低廉な価格で、12年間ほど据え置かれておるということでございます。しかし、送配水管などが老朽化しており、今後補修工事の頻度も多くなることが予想されます。命をはぐくむ飲料水でありますから、今後とも施設設備の維持管理に万全を期していただき、良質な飲料水を安定供給していただきますよう磐石の体制の構築をお願いしたいと思います。未収金も段階的に引き下げられるよう積極的な措置を講じていただければ幸いだと思っておりますが、なお一層の奮起をお願いいたしまして、賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第20号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第20号平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)は委員長報告のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩いたします。午後は1時半から再開いたします。

(休憩午後0時00分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時30分)



○議長(畠中征郎君) 休憩以前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第21.議案第21号



○議長(畠中征郎君) 日程第21、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算を議題といたします。

 最初に、文教福祉委員長の報告を求めます。文教福祉委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) それでは、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算、審査の経過及び結果、期日、3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長、黒木教育総務課長、松本社会教育課長。

 主な内容につきましては、教育、福祉の平成20年度予算、特に新事業の説明を受けたものであります。内容につきましては主なものを上げております。ごらんいただきたいと思います。

 主な意見といたしまして、妊婦検診については、2回から5回へ、さらに無料、あるいは一部助成の措置を行い評価をする。学力向上対策については、早目の結果を出してもらいたい。生涯学習の発表の場をふやしてほしい。すくすく子育て支援対策は、町も商工会も積極的なPR活動を行っていただきたい。各店舗も品ぞろえを豊富にお願いしたい。各事業について、計画をしっかりと立て、執行残のないようにしていただきたい。

 以上です。

 審査の結果、可決であります。



○議長(畠中征郎君) 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案第21号平成20年度綾町一般会計予算、期日であります。3月の12、13、18日。説明者は、それぞれ所管課長であります。

 歳入歳出総額は38億7,400万円、前年度比は7.4%増であります。予算書及び予算資料で、それぞれ担当課長の説明を受け、質疑によって審査を行っております。

 次、質疑ですが、ここ辺のところはひとつお目通しをいただきたいと思います。

 次の52ページもそうです。

 53ページに移ります。主な意見としまして、開発センター、時代の流れに沿った高度な技術を持った的確な指導のできる人材の登用(採用)も大事ではと。臨時職員、嘱託職員の定年はわかりやすくしなければ。新品目推進、スプリンクラーなどどこに重きを置くのか、もっと議論をすべき(ただ要望があるからでは)と。こういった厳しい、辛い意見等もあります。ヘルスセンター、将来とも続けていかれるのか、真に町民の要望にこたえるべき。学力向上対策で本年も約1,000万円、既に三、四年、その成果がなかなか見えてこない。どこに問題があるのか、宮崎管内でも下位、毎年毎年これだけの予算を注ぐのであれば、実効性あるものにしなくては、もっとこのことについて真剣に、具体的に議論をすべきだ。全体的な底上げをということでありましょう。

 次、54ページです。県内外に綾町を売るのだから、もっと販売強化に全力を注ぐべき。有利販売をして、その恩恵を還元するそのために三者一体となって取り組むべきだ。綾は、農業、農家の皆さんが元気でなければだめで、そのために専従の営業マンが欲しい。安定した収入が得られるのでは。客を迎える立場から(ターミナル改築)計画の段階から、多くの意見を取り入れるべきだ。活性化協会も自前での経営ができるよう頑張っていただきたい。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。



○議長(畠中征郎君) それぞれの委員長の報告に対する質疑を許します。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◆議員(入船康紀君) 総務委員長に1点だけ伺いますけれども、54ページの販売強化でありますけれども、これにつきましてはいろいろと綾町の農産物の有利販売というようなことでありますし、その中で、営業マンというようなことが書いてありますけれども、具体的に総務委員会の中でどのような分野といいますか、農家組織代表か、そういった人選といいますか、そういう人がおればというような意見が出たならば、聞かせてほしいと思いますけど。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 今のことについては、今農協自体がなかなか人材の関係もあるんでしょう。そういったことで、体制が整ってないということを考えると、やはり指導的な立場で、いわゆる行政が旗振り役じゃないといかんのじゃないかと。そういう中にあっても、ただ1人町長だけをトップセールスということにしても、なかなか365日やっていただくのも大変だと。そういうことにおいては、今言われたように専従の販売員といいますか、ここらあたりは行政主導型でやっていくべきだと、そういうことで周知したんです。

 以上であります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第21号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第21号平成20年度綾町一般会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 今予算には、すくすく保育支援事業や5歳児健康診査など、子育ての支援や町内商店の売り上げ増加にも貢献しようとする姿勢があり、評価したいと思います。

 しかし、次のような問題点もあると思います。

 第1には、今予算に後期高齢者医療制度の特別会計への繰出金が2,847万円、広域連合療養給付費の負担金が約7,500万円計上されております。後期高齢者医療制度につきましては、一方的に75歳で線引きをし、既存の保険制度から締め出し、重い負担と差別医療を持ち込むものであり、認めることができません。

 また、広域連合の組織のあり方についても民主的な見直しを認めるべきです。

 第2には、陸上競技場の整備についてです。事業費約8,610万円、そのうち一般財源が5,610万円となっております。この事業は公の事業の設置目的であります、町民の福祉を増進するものとは思えません。町長は、経済効果があると言われておりますけれども、もっと町民の声を聴いて欲しいものだと思います。あわせて、サイクリングターミナルの増築設計委託費1千万円の計上につきましても、同様の考えであります。

 さらに、私どもが行いました、新年度予算への要望との関係では、肺炎ワクチンの接種や、綾城周辺の整備など、さっそく取り組まれるであろうと思っていた予算の計上がありませんでした。

 もう一点は、これまで再三申し上げてまいりました、私どもから見れば前田町政中での、もっとも不公平な施策であったと思われます後継者住宅利子補給制度です。今年度が最終年度ということですが、今年も83万3,000円の計上がされております。町民の暮らしがますます厳しくなっている現状からすれば、不必要な基金は取り崩し、町民の要望にこたえる努力が必要ではないでしょうか。

 また、補助事業に関しては、特に農業関係では、予算編成時に補助をする人を特定して計上するのではなく、該当農家すべてにその情報を伝えて希望者を募ること、また、これも再三申し上げますが、臨時職員の雇用に当たっては公募を原則とするよう求めるものです。

 さらに、仲人事業、ニューマイホームの事業につきましては、私どもの知らないところで担当職員が御苦労をいただいているということは報告いただきましたが、町民合意は得られにくい事業になっていると思いますので、ぜひ見直しをしてほしいと思います。

 以上、反対の討論といたします。

 なお、一つ要望ですけれども、先日の本会議で、中島雲海社長からの寄附金500万円の件に関して観光協会関係の資料を求めたのに対して、町長から提出すると答弁いただきましたけれども、本日役員名簿のみの提出がありました。事業や財政的なものについても、資料を提出されるよう求めます。



○議長(畠中征郎君) ほかに反対の討論希望はありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) それでは、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算の所管事項について、賛成の立場で討論を行います。

 20年度の教育、福祉関係の事業予算については、所信・施策方針にありますように人づくり、健康づくり、福祉づくりの3つの事業が盛り込んであると思います。

 まずは、人づくりは教育であります。いかに子供たちに基礎学力を向上させるかであります。学力低下についてはいろんな問題点があると思いますが、一つは、文部省指導でのゆとり教育での弊害、勉強時間が少なくなったからとの専門家の意見もあるようです。綾町においては、町単独での学力向上、さらには新年度より支援事業として、地域コーディネーターとして基礎学力、応用教室などきめ細かな取り組みがなされますから、期待をするものであります。中学生での全国学力調査において、県内でも悪い方だと聞いておりましたが、今回の高校入試の合格者を見ると、学力向上の一定の成果が出たのではないかと感じるところであります。

 福祉関係では、昨年と変わらない予算措置がしてあると思います。中でも20年度から後期高齢者医療費の一般会計負担金、新規事業のすくすく保育支援事業、子育てをしながら地元の購買力を高めることを目的にした事業でありますから、趣旨を理解していただき、商店街の活性化へつなげてほしいと思います。

 以上申し上げ、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) ほかに。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?議員。



◎議員(日?憲治君) それでは、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算について、討論いたします。

 歳入歳出の総額は別冊一般会計予算書のとおりであり、歳入歳出それぞれ38億7,400万円と定めてあり、07年度より7.4%の増になっております。本年度の主な新規事業は11品目上がっており、ゆば製造体験施設、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金へ2億2,750万円、小田爪陸上競技場整備費へ8,610万円計上してありますが、1周400m、4レーンと外周整備も含め、もっと内部検討を求めます。

 それから、原油高の高騰対策費に100万円とありますが、その他別冊一般予算上程どおりでありますが、補助金支援をするだけでなく、本当に有効運用、使用されているか追跡調査も必要であると求めて、議案第21号の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) ほかに討論の希望はありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第21号に対する各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第22.議案第22号



△日程第23.議案第23号



△日程第24.議案第24号



△日程第25.議案第25号



○議長(畠中征郎君) 日程第22、議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算から、日程第25、議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算までを一括報告といたします。

 文教福祉委員長の報告を求めます。押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) 議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算、審査の経過及び結果、期日が、3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容、歳入歳出予算の総額を11億1,800万円とするものである。平成20年度医療給付費は、前年度決算見込みの1.82%増を見込んでいる。75歳以上の被保険者は、後期高齢者医療へ移行。国保の被保険者は1,000人の減。65歳以上は4月から一般被保険者へ移行する。特定健康診査等事業費用として712万円。3歳から小学校入学前までの子供の自己負担割合が3割から2割に変更。前期高齢者自己負担割合が引き上げられる。1割から2割、ただし、1年間は凍結。前期高齢者自己負担限度額が引き上げられる。

 歳入歳出のそれぞれの額についてはお目通しを願います。

 主な意見、国民健康保険いずれは行き詰る。税負担が大き過ぎる。不公平感があるということです。特定健診は、予防につながる事業にはなり得ない。特定健診の500円の自己負担は妥当性がある。受診率の向上に努力をしていただきたい。

 審査の結果、可決であります。

 次に、議案第23号平成20年度綾町老人保健特別会計予算、審査の経過及び結果、期日が、3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容としまして、歳入歳出予算の総額を1億710万円とするものである。平成20年4月より後期高齢者医療へ移行する。平成20年3月診療分のみの支払いとなる。

 歳入歳出の分につきましてはお目通しください。

 主な意見、入院による医療費を22.8%増で見込んでいる。医療の高度化に伴い医療費が高騰している。背景に社会的な入院もあるのでは。予防事業に力を入れてほしい。

 採決の結果、可決であります。

 続きまして、第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算、審査の経過及び結果、期日が、3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容、歳入歳出予算の総額を7,770万円とするものである。平成20年4月より実施。

 数字はごらんください。

 主な内容、主な意見、制度そのものに反対。なぜ75歳を境目にするのか。この年代は厳しい生活をしてきた。国の責任で守るべきだ。今後発生してくる問題については、見直しを十分行い問題のないように対処してほしい。

 審査の結果、否決であります。

 最後に、議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算。

 審査の経過及び結果、期日が3月11日から18日、説明者、山口福祉保健課長。

 主な内容、歳入歳出予算の総額を6億4,420万1,000円とするものである。第3期最後の年である。

 歳入歳出数字はごらんください。

 主な意見、この制度の創設から反対、制度の矛盾を感じる、サービスを受けられない人もいる。今後さらに高齢化が進むので、地域に密着したサービスにより充実を図ってほしい。

 審査の経過、可決であります。

 以上であります。



○議長(畠中征郎君) これより議案第22号から議案第25号までを日程に従って、質疑、討論、採決を行います。

 日程第22、議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第22号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 国民健康保険税は6月議会で確定するわけですけれども、今議会に提案されている平成20年度予算案では1,265万9,000円の基金の繰入れを行い、国保税の引き上げを抑制しようとされていることは評価いたします。

 しかし、これまでの国保制度の改悪が──これまで国の国保制度の改悪が続き認めることができません。

 税金の税の滞納について申し上げます。

 税の滞納者の多くは払いたくても払えない人たちです。毎回申し上げますが、この国保制度そのものが国のかなりの財政負担があってこそ成り立つ制度なのに、国の無責任な改悪で滞納を出さざるを得ないほど保険税が高くなっています。所得の少ない被保険者に重い負担を強いることが皆保険制度を守ることだと言われても、既に短期保険証や資格証の交付などがされており、実質的には皆保険制度は、国みずからが崩してしまっております。

 4月から医療制度が大きく変わります、という国民健康保険中央会が出したパンフレットがあります。4ページにわたるこのパンフレットには、子供からお年寄りまで、すべてのページに笑顔のイラストが載っています。

 しかし、内容は理解しにくく、複雑極まりない制度改悪で、事態は深刻だと思っています。国民皆保険制度にふさわしく、だれもが安心して医療、医者にかかる制度こそ確立していかなければならないと考えます。

 特定健診について一言申し上げます。

 この特定健診は、高齢者をこの健診から締め出し、治療や指導効果のある人、ない人を選別するためのものであると考えております。

 また、自治体にとっても財政負担増につながるものだと考え同意できません。

 以上、反対討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許可します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算に賛成の立場で討論を行います。

 20年度予算は、さまざまな制度改正の影響もある中で、自主的には前年度決算見込みの1.82%の増となっております。予算としてはなかなかはっきりとした見通しが立てにくいところではありますが、近ごろの医療費の伸びというのは心配であります。町民に対して健康に対する啓発活動を強く望み討論といたします。



○議長(畠中征郎君) ほかに討論の希望ありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第22号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第23、議案第23号平成20年度綾町老人保健特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第23号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) 議案第23号平成20年度綾町老人保健特別会計予算(第4号)の賛成の立場で討論をいたします。

 4月1日より、老人保健制度にかわる後期高齢者医療制度が始まります関係で、歳入歳出予算の総額はそれぞれ1億710万円と定め、1カ月のみの予算となっております。

 老人保健制度から新たに後期高齢者医療制度が創設されるわけですが、保険料納入に関しては、原則として年金からの天引きであります。所得に応じて均等割額が軽減される内訳になっておりますけれども、高齢者の医療費が年々増加し、医療保険財政を圧迫していく得策として、高齢者から少ない年金からの天引きという政府の方針には大変心配しております。後期高齢者医療制度の創設に関しての意見であります。

 議案第23号の予算につきましては賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第23号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第23号平成20年度綾町老人保健特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第24、議案第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◆議員(大隈寛君) 委員長に一つだけ、質問というよりもお聞かせいただきたいと思うんです。委員長の見解でもいいんですが。

 この審査の報告書を見てみますと、この主な意見の中に2つほど。上、次。どうも私が考える中に、この入り口だけで終わってて、本来の各論のところは──これ見る限りですよ、何もそのしてないというふうなふうに私はとれるんですよ。と申しますのも、実はこの前の前の一般会計、ここからもこの分野に繰入れがしてあるんですよね。そういったことで、常に私としてはリンクしてる。予算の関係もそうなんです。それと冒頭にありましたこの条例についてもそうです。

 そういったことで、どうもそこあたりがこう御理解いただいてないんじゃないかというふうにこの感じ取れるんです。そこあたりも含めてもう少し深く、これ以上の議論をされたかどうかも含めて、もしよかったらお聞かせいただきたいと。

 先ほど申しましたとおり委員長の見解でも構いません。ひとつよろしくお願いを申し上げます。



○議長(畠中征郎君) 押田委員長。



◎文教福祉委員長(押田和義君) お答えをします。

 委員会の中で、結果的には賛成少数で否決になったわけであります。審議そのものを深くやらなかったのかっていうようなとられ方をしておりますけども、正直、意見、反対に対する意見等を余りいただいておりません。私の委員会進行の不手際もあったかと思いますけれども、これは言うべきではないかもありませんけども、委員会の後日それぞれ時間をとりまして、この問題について深く議論をした時間はとったところであります。その結果、内容については報告は控えたいと思います。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第24号の原案に反対の討論を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 議案第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算につきまして反対の討論を行います。

 後期高齢者医療制度は、申し上げるまでもなく、75歳以上の高齢者に重い負担と差別医療を持ち込むものであり認めることはできません。

 町内でも多くの75歳、多くの方々、75歳未満の方からも、「制度がわかりにくく、何で75歳で線引きされるのか」、「人生の残りのような言い方はされたくない」、「本当に年寄りが長生きすることが悪かのような制度だ」などなど、極めて不評です。

 全国で約3割を超える自治体から意見書が出されていることから見ても、制度の抜本的見直し、制度の中止が強く求められているものと考えます。このような立場から今議案に反対するものです。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許可します。



◎議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◎議員(入船康紀君) 議案第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算について、賛成の立場で討論を行います。

 少子高齢化によって医療費が増大する中で、現役世代と高齢者世代の費用負担関係をなくすため、また、財政運営上からも、老人保健制度にかわる新たな制度であり、老人保健での問題点を解消し、将来にわたって安心して医療を受けられる制度であります。

 保険料についても、一定以下の所得の人は、所得額に応じて均等割額を軽減されます。年金所得者は、軽減判定のとき、国保と同様に15万円の特別控除があります。また、保険料率は2年ごとに宮崎県後期高齢者医療広域連合で定めることとありますから、高齢者に理解ある保険料を期待するものであります。

 なお、後期高齢者医療特別会計予算を執行できない状況になりますと、各種事業や後期高齢者健診ができなくなることに加え、広域連合への保険料など各種納付金の納付も不可能となり、ひいては宮崎県後期高齢者医療広域連合での制度運営自体にも支障を来す恐れを生じます。

 以上申し上げ、討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 反対の討論ございませんか。



◎議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◎議員(日高幸一君) この議案に対しまして、反対の討論ということで私なりに整理してみました。

 一つ、75歳以上の高齢者は、全員新しい保険制度に、国保や健康保険や共済組合など加入していく人たち脱退させて、新たに後期高齢者だけの医療保険に組み入られる制度、または保険料は生活保護受給者を除いて75歳以上の高齢者全員から徴収する。または保険料は2年ごとに見直しされ、高い保険料を払えない人は保険証まで取り上げるとか、または後期高齢者医療制度では診療報酬が74歳以下と75歳以上の別建ての体系になる。75歳以上の人を診療したら報酬が少なくなり、75歳以上の人を多く診療すると病院経営も成り立たなくなる仕組み、または後期高齢者医療では、患者や病気ごとに、初めから医療費を決める包括定額型に、一人一人の医療上の必要性にきめ細かく対応するのではなく、高齢者には○○万円分の医療しか保険で面倒見ないというような病気ごとに治療費の上限を決め、その範囲内でしか保険の効く医療ができないなど、私なりに整理をしてみました。

 そして、政府の方針として、要望したいことは、そのような年金からの天引きではなくて、例えば法人税の大幅軽減とかまたは所得税の最高税率の引き下げとか、株取引への優遇是正とか、または軍事費や大型公共事業などの浪費などと、見直せば財源も生み出せるんじゃないかと考えます。

 よって、綾町が行う事務及び後期高齢者医療保険料の普通徴収に関するものであっても、条例そもそもの中止、廃止をすべきだと考えております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) ほかにありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第24号に対する文教福祉委員長の報告否決であります。したがって、原案について採決をしたいと思います。議案第24号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 5名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算は原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第25号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 この制度の最大の問題は、高過ぎる保険料、そして利用料です。国に対して制度の改善を求めるのは当然ですが、綾町独自の減免制度の拡充が絶対に必要だと考えています。利用者や被保険者の負担を軽くすることがこうした制度の目的であるべきです。国は、この制度導入のとき目的として、介護の負担を社会で支えるといううたい文句を上げ強行いたしました。

 しかし、現実は、まさに私どもが訴えてきたように、保険あって介護なしの状況です。介護を受ければ負担は重くのしかかり、だれにも支えてもらっているという実感は持てず、本人や家族が負担しているのが現実です。

 一般質問でも例を挙げましたように、法的には負担をしなくてもよい月2万円強の治療食であっても、それを主張できない制度がよい制度であるわけがありません。

 以上のような立場から今議案には反対するものです。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◎議員(福田正照君) 平成20年度綾町介護保険特別会計予算に賛成の討論を行います。

 サービスを受けられる人にとっての地域密着型の介護サービスは重要であります。介護度が進まないように、また介護を受けられる方が安心して暮らせる制度となりますように願いまして、賛成の討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第25号に対する文教福祉委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第26.議案第26号



△日程第27.議案第27号



△日程第28.議案第28号



△日程第29.議案第29号



○議長(畠中征郎君) 日程第26、議案第26号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算から、日程第29、議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算までを一括報告といたします。

 総務委員長の報告を求めます。大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 議案26号です。平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算。

 期日が3月の14日と18日です。説明者が町民生活課長、内容が、歳入歳出それぞれ1,378万7,000円とするものであります。

 公共施設2戸、これをまた前田課長の方から指摘がありました。訂正をお願いします。「戸」をそれぞれ「カ所」に訂正方お願いいたします。次の事業所についても同じであります。一般が37戸、以下、予算書で説明を受け、質疑によって審査を行っております。

 質疑です。加入戸数公共──ここも2カ所ほど訂正方にお願いします。──公共2カ所、事業所2カ所、一般37戸、公共下水との集落との負担金は、ということで使用料です。公共下水の場合は、この使用料を「使用水量」でやっております。集落は、集落排水については当時人数割で行っております。そういったことでいけば安いんじゃないかというふうな試算も過去においてしております。滞納は今のとこありません。未加入者の呼びかけは、と現在も引き続きしておると。

 意見、賛成。順調にうまく推移している。滞納もなく引き続き安定的に水質検査もまたお願いをしたいと。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次のページです。27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算。

 期日が3月の14日と18日、説明者は、同じく町民生活課長、そして建設課長、主幹であります。

 内容は、歳入歳出それぞれ2億3,557万7,000円、20年度が加入戸数が139件、うち19戸が立町住宅、トータルで606件、使用料が1,944万3,000円、予算書で説明を受け、質疑によって審査を行っております。

 質疑です。整備面積は、これまで87ヘク、全体認可区域が122ヘク、施行区域は立町、神下、麓の一部、そして調査区域は、次の次年度に向かっての調査をやると。23年から25年です。面積にして40ヘクタールを調査して、次期の工事に備えるということであります。

 久木の丸地区にこの工事と並行して上下水道の埋管をと。これ要望です。未収金のことですね。加入に伴い今後予想されるかと。拡大する中で今後こういったことが考えられるということですが、ここのところは考えていきますと。委託先、管理、産商オンリー、独占企業だがと。これは特別な指導があってるということであります。

 意見として、賛成。年々工事の広がりとあわせて、加入促進方、また使用料の未納対策もお願いをしたいと。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 次のページです。28号平成20年度綾町綾町浄化槽事業特別会計予算。

 期日が3月の14日と18日、説明者は、町民生活課長。

 内容は、歳入歳出予算総額2,626万円、負担金が5人槽8万6,000円の15基の129万円、7人槽が10万4,000円の5基の52万円、使用料が19年度分、5人槽23基、7人槽が7基の105万円、20年度予定が5人槽15基の2,800円掛けるの6カ月と7人槽の5基の3,300円の6カ月、35万1,000円。この6カ月は当然新年度から予算を可決したということでいきますと上期がその準備と、本格的に徴収作業は秋以降ということで6カ月ということで説明を受けております。

 次です。質疑に入ります。負担金は、今言ったようなことで5人槽が全部で129万円、7人槽が10万4,000円の52万円と、使用料については先ほど私が申し上げたとおり105万円と20年度が35万1,000円。

 参考までですが、個人設置型が──一般会計に載ってるところの個人型の従来型のため槽ですね。これが5人槽が33万2,000円、7人槽が41万4,000円、10人槽が54万8,000円、これは国・県・町、それぞれ3分の1でこういうことになります。あと残りを個人負担と。事業費はそれぞれ場所により、また条件によって違うと思います。これが全体で10基。

 意見です。賛成。川上に住む者として環境保全は大事な部分で、公共下水と並行して安定的に設置の推進、年数はかかります。かかるかもですね、粘り強く進めてほしいと。

 採決の結果、全員賛成。可決であります。

 29号です。平成20年度綾町水道事業会計予算。

 期日、3月の14日と18日、説明者は、同じく町民生活課長。

 内容についてはお目通しをいただきたいと思います。

 次の71ページです。これはもう昨年と同数──同戸であります。

 質疑に入ります。ここも、これは厳しく私の方に訂正をしてくれということであります。今から申し上げますが訂正方お願いします。「次亜塩素酸ソーダ」。「じ」は「次ぐ」ですね。次の「あ」は「アジアの亜」、次、「えんそ」は「塩素酸ソーダ」ということであります。いわゆるソーダ、塩素──塩素っていいますかね。これは水質に応じて検査をして、水道法に基づいて注入しておる。

 未収問題、公共下水にも関係するが、対策として給水停止が一番だが、前田課長いわく、担当者としてはそこまではしたくないと、そういうことがないように頑張ってやっていくということでありました。

 意見として、引き続き安全で安心な水を安定的に供給してもらいたい。県内でも先ほど同僚議員が言いましたとおり、4番目に安い。

 採決の結果、全員賛成で可決であります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) これより、議案第26号から議案第29号までを日程に従って、質疑、討論、採決を行います。

 日程第26、議案第26号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第26号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) それでは議案26号から29号まで、賛成討論をいたしたと思います。

 まず議案26号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算について、歳入歳出予算の総額はそれぞれ1,378万7,000円となり、現在大きな補修等も無く健全な運営がなされていると思います。今後は継続して保守点検により、正常な機能の維持を求めて、議案26号の賛成討論といたします。

 続きまして、議案27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算について、本年度の予算は、歳入歳出の総額は歳入歳出それぞれ2億3,557万7,000円と定めるものであります。公共下水道事業工事等も計画どおり進んでおり、処理区域が拡大されておりますので、事業推進に当たってはトラブルが発生しないよう、業者を含む住民との話し合いも十分行っていただき、加入率の低下につながらないことを強く求めます。

 下水道加入率については、公共ます設置数は731個で、対象戸数は999戸となっております。2月末現在、加入世帯数は451戸で加入率は45%となっております。新年度、20年度は139戸加入計画であります。

 本年度の管理運営については、一般会計への圧迫とならないよう健全な運営を求め、そこに未収金の回収に努め、公共下水道の持つ役割、目的が達成されることを求め、議案27号の賛成討論といたします。

 それから……。



○議長(畠中征郎君) 日?憲治議員。あと議案ごとに討論をしてください。

 ほかに討論の希望ありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第26号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって議案第26号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第27、議案第27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第27号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算につきまして、反対の討論を行います。

 町長は、提案に対する質疑の中で、公共下水道道事業は、持続可能な快適な暮らしを享受してもらう施策だと言われました。また、金にかえられない豊さを理解してもらいたいとも言われました。

 しかし、現実の加入状況を見れば、財政的負担に耐えられない町民の経済状況がまた見えてくると私は思っております。

 私は、トイレの水洗化や水の浄化に反対するものではありません。むしろよりよい、よりきれいな水を川に流す努力はすべきだと考えております。ただ、その方法が公共下水道事業の導入だという考えには同意できないのです。

 さらに町長は、全町合併浄化槽でやるのは難しいとも言われました。全国の自治体の中には公共下水道事業の計画を中止して、全地域で合併浄化槽事業に切りかえたところもあります。綾町でこれができないということはないと思っております。現段階まで事業を進めてきた結果として難しいという見解なら理解できなくはありません。合併浄化槽の機能的な──合併浄化槽事業に機能的な限界があるわけではないと考えます。町債につきましても、公共下水道導入を続ければ、今後長い間財政負担が強いられることになります。充当率が95%だとか、交付税措置が云々と言われますが、いずれにしても町民、国民の税金であり、工事費の安い合併浄化槽を進めることが必要だと思っております。

 加入する町民に対しては、負担が大きく加入率も50%に達していません。加入に対して決して強要することのないよう求めまして討論といたします。



○議長(畠中征郎君) ほかに討論の希望はありませんか。(発言する者あり)



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) じゃあ、日?議員。賛成討論をお願いします。



◎議員(日?憲治君) それでは、議案第27号を再度討論いたしたいと思います。

 平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算について、本年度の予算は、歳入歳出の総額は歳入歳出それぞれ2億3,557万7,000円と定めるものであります。公共下水道工事等も計画どおり進んでおり、処理区域が拡大されておりますので、事業推進に当たってはそのトラブルが発生しないよう、業者を含む住民との話し合いも十分行っていただき、加入率の低下につながらないことを強く求めます。

 下水道加入率については、公共ます設置数は731戸数で対象戸数は999戸になっております。2月末現在、加入世帯数は451戸で加入率は45%になっております。新年度、20年度は139の加入計画であります。

 本年度の管理運営については、一般会計への圧迫とならないよう健全な運営を求め、特に未収金の回収に努めていただき、公共下水道の持つ役割、目的が達成されることを求め、議案27号の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第27号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおりに決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第27号平成20年度(発言する者あり)ああ、そうですか。訂正します。起立全員。よって、議案第27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第28、議案第28号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 実は、委員長報告の中の参考というところなんですけれども、これが5人槽6基、7人槽3基っていうふうに、10人槽1基って書いてあるのは、これは何年の設置基数だったんでしょうか。新年度予算にこれが入っているっていうことではないっていうふうに理解してよろしいでしょうか。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 下の方にありますとおり全部で10基ということで表示しております。5人槽は6基、7人槽が3基、10人槽が1基ということで10基、ていうことで、そういうことであります。

 ただ、5人槽が33万2,000円ちゅうのが、今さっき私が前の方で報告したとおり、国・県・町、それぞれ3分の1をトータルしての5人槽が33万2,000円と、この裏負担は個人で出してくださいよと。ということになるんです。

 以上です。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) そうではなくて、この個人設置型っていうふうに書いてありますので、この個人設置型のここに書いていただいてる基数がこの特別会計に入っているということではないというふうに理解していいんでしょうかということなんですけど。



○議長(畠中征郎君) 大隈委員長。



◎総務委員長(大隈寛君) 今言われたとおりであります。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第28号の原案に反対の討論を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?議員。



◎議員(日?憲治君) 議案第28号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算について、歳入歳出の総額は歳入歳出それぞれ2,626万円と定め、内容等は昨年と大きく変わったところはありませんが、本年度の予算では合併浄化槽で個人設置が10基、町設置が20基の計画が上がっており、河川環境の整備のため浄化槽は必要であり、川上に住んでいる立場として河川保全していくには当然大事であり、今後安定した計画を立て推進をしていただくことを求め、議案28号の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第28号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 9名)



○議長(畠中征郎君) 起立全員。よって、議案第28号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) ちょっと私が混乱していましてあれですけど、今、先ほどの議案27号の公共下水道事業の特別会計予算につきまして、私反対討論をしております。で、採決のときに若干号数とあれを間違えて、立ちまでしなかった、立ちかけたので、議長が後から全員賛成っていうふうに言われたと思うんですけれども、反対しておりますので。



○議長(畠中征郎君) ああ、そうですか。



◎議員(橋本由里君) そこの訂正をよろしくお願いします。



○議長(畠中征郎君) 日程27、議案第27号について訂正をいたしますが、「起立多数」というふうに訂正をさしていただきます。

 討論を終わります。採決を行います。(笑声)(「混乱させて済みません」と呼ぶ者あり)はい。よって、議案第28号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

 日程第29、議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算を議題といたします。

 委員長報告に対する質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 討論を行います。議案第29号の原案に反対の討論を許します。



◎議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◎議員(橋本由里君) 議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算につきまして反対の討論を行います。

 新年度も水道料金の値上げを行わず努力されていることは評価いたします。また、少ない職員で24時間、365日、町民の暮らしに欠かせない水を守っていただいていることには敬意を表するものです。

 しかし、今予算の水道使用料には445万6,000円の消費税が上乗せされています。命の源である水にまで税金をかけることには同意できません。あわせて企業債償還金が新年度も2,000万円を超えています。繰上償還に対する努力も求めまして討論といたします。先ほどは大変失礼いたしました。



○議長(畠中征郎君) 賛成の討論を許可します。



◎議員(日?憲治君) 議長。日?。



○議長(畠中征郎君) 日?憲治議員。



◎議員(日?憲治君) 議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算について、20年度収入及び支出については、給水戸数が2,750戸で水道収益が9,510万8,000円、水道費用が9,150万8,000円で360万円の黒字が見込まれております。本年度の歳出の工事予算等では435万円計上してありますが、主にバルブ新規2カ所、水源地ポンプ1号機、これは揚町の中川原のポンプの更新であります。

 また、毎回であるが水道料の回収については、滞納、整理、回収に取り組んでいただきたいと思います。

 以上で議案29号の賛成討論といたします。



○議長(畠中征郎君) ほかに討論希望ありませんか。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 討論を終わります。

 採決を行います。議案第29号に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

(起立 8名)



○議長(畠中征郎君) 起立多数。よって、議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算は委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第30.各常任委員会の閉会中の審査及び調査について



○議長(畠中征郎君) 日程第30、各常任委員会の閉会中の審査及び調査についてを議題といたします。

 各常任委員長より各常任委員会の所管事項について、閉会中の審査及び調査事項にいたしたいとの申し出がありました。

 お諮りいたします。各委員長より申し出のとおり、閉会中の審査及び調査とすることに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の審査及び調査とすることに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第31.議会運営委員会の閉会中の審査について



○議長(畠中征郎君) 日程第31、議会運営委員会の閉会中の審査についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会期日程など、議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては閉会中の審査事項とすることにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の所管事項のうち、次期定例会及び臨時会の会期日程等、議会運営に関すること及び議長の諮問に関することについては閉会中の審査事項とすることに決定いたしました。

────────────・────・────────────



○議長(畠中征郎君) 以上で本日の議事日程の全部を終了いたしました。

 議員各位には会期中熱心なる御審議をいただきましてありがとうございました。また、執行部の皆様には誠意ある御説明、御答弁をいただきまことにありがとうございました。お疲れさまでした。

 ここで町長のあいさつをお願いいたします。

(町長挨拶)



○議長(畠中征郎君) これをもちまして、平成20年第1回定例会を閉会いたします。

(閉会午後2時47分)

──────────────────────────────



│                                         │
│                                         │
│                                         │
│   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。    │
│                                         │
│                                         │
│      平成20年 3月26日                        │
│                                         │
│                                         │
│                  議  長 畠中 征郎             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 日? 憲治             │
│                                         │
│                                         │
│                  署名議員 太田 善一             │
│                                         │
│                                         │
│                                         │