議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

平成 20年第1回定例会( 3月) 03月10日−02号




平成 20年第1回定例会( 3月) − 03月10日−02号









平成 20年第1回定例会( 3月)


平成20年第1回(3月)綾町議会(定例会)会議録
平成20年3月10日再開    
   平成20年第1回綾町議会(定例会)が平成20年3月10日午前10時綾町役場議場に招集された。
    出 席 議 員                                    
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   永   宏   文  │6    │大   隈       寛  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │日   ?   憲   治  │7    │福   田   正   照  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   高   幸   一  │8    │入   船   康   紀  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │押   田   和   義  │9    │畠   中   征   郎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │太   田   善   一  │10   │橋   本   由   里  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘
    事 務 局                                      
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │田   中   敏   彦  │書 記  │外   山   和   恵  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘
    説 明 員                                      
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町       長│前 田    穰  │副   町   長│横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│収入役      │吉 野  重 春  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │畠 中  純 一  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │増 田  俊 男  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │山 口  一 徳  │町民生活課長   │前 田  栄 一  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │向 井  好 美  │社会教育課長   │松 本  淳 資  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農林振興課長   │松 田  典 久  │教育総務課長   │黒 木  政 則  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農業委員会事務局長│谷 口  俊 彦  │監査委員     │中 村  桂太郎  │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘

平成20年第1回(3月)綾町議会(定例会)議事日程
平成20年3月10日再開   
     開    議
   日程第1 議案第1号 綾町後期高齢者医療に関する条例
   日程第2 議案第2号 職員の自己啓発等休業に関する条例
   日程第3 議案第3号 綾町税条例の一部を改正する条例
   日程第4 議案第4号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第5 議案第5号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
   日程第6 議案第6号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   日程第7 議案第7号 綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例
   日程第8 議案第8号 綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
   日程第9 議案第9号 綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
   日程第10 議案第10号 綾町介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例
   日程第11 議案第11号 綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例
   日程第12 議案第12号 町道の認定及び廃止について
   日程第13 議案第13号 町道の路線変更について
   日程第14 議案第14号 平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)
   日程第15 議案第15号 平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
   日程第16 議案第16号 平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)
   日程第17 議案第17号 平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)
   日程第18 議案第18号 平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第19 議案第19号 平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
   日程第20 議案第20号 平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)
   日程第21 議案第21号 平成20年度綾町一般会計予算
   日程第22 議案第22号 平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算
   日程第23 議案第23号 平成20年度綾町老人保健特別会計予算
   日程第24 議案第24号 平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算
   日程第25 議案第25号 平成20年度綾町介護保険特別会計予算
   日程第26 議案第26号 平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算
   日程第27 議案第27号 平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算
   日程第28 議案第28号 平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算
   日程第29 議案第29号 平成20年度綾町水道事業会計予算

会議に付した事件・議事日程と同じである。




──────────────────────────────

(再開午前10時00分)



○議長(畠中征郎君) おはようございます。本日の議事日程は、議案に対する質疑、委員会付託となっております。議事進行につきましては、御協力をお願いをいたしたいと思います。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第1号



○議長(畠中征郎君) 日程第1、議案第1号綾町後期高齢者医療に関する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) おはようございます。この議案は、多分私ども所管のところに付託される、文教福祉委員会に付託されることになると思いますので、詳細については委員会で伺いたいと思いますけど、町長のお考えを数点伺いたいと思っています。

 今、この後期高齢者医療制度の問題につきましては、町内でも関心が高い問題ではないかと思っております。ただ、75歳以上の方の中でも、「後期何とかってのはあるげなが」みたいな話も、数日前も伺いまして、その方にも該当者なのよっていう話をしました。でも、なんかほとんど内容はわかっておられないような状況でした。

 これまでも後期高齢者の医療制度につきましては、該当者はもちろんですけれども、十分その広報に努めてほしいという要望もしてきたのですけれども、今現在町内でどの程度この制度について情報が浸透してるとお考えなのか。また、町民の思いなどについて町長が把握されておりましたら、伺っておきたいと思います。

 それから、特別徴収は年金から天引きされることになっておりますので、年6回ということになると、6期に分けてということになると思うんですが、今回この条例の中で、普通徴収の方の納期が8期になっているようです。その8期にした、県内統一だということなんですけれども、どういう理由があるのか。

 それから、附則の第3条の1、2に、「当分の間」という表現があるんですけれども、当分の間っていうのはどのように理解すればよろしいのか、伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) ただいまこの後期高齢者医療制度の関係について、関係者、被保険者でございますが、どれぐらいこれ十分理解いただいてるのかということで御質問でございますが、私どもは機会あるごとにそのようなことで、お話は申し上げておったつもりではございますけども、今おっしゃいますように、まだまだこの関係者、被保険者に対しますそこら辺のこの制度に対します理解が、十二分に行き渡っておる、あるいはまた深まっておるということは、なかなか難しいことではないかなと、このように考えておるわけでございますが、私どもとしては、この発足がいたしますということは、座談会を通じ、いろんな機会を通じてお話はしておりましたんですけど、それがしっかり受けとめていらっしゃるかどうか、やっぱり切羽詰まって実質的にそのことが執行されていくっちゅうことになると、十分そこ辺のそしゃくを十二分していただけるんではないかなという思いもしてございますが、いずれにいたしましても、この趣旨、目的等については、それなりに私どもとしては、やはり今後の特別会計医療関係の国保、あるいは老人保健特別会計等々、従前のままではどうしてもこの保険料というものだけで賄っていけないような、あるいはまた、持続可能な国民皆保険制度というものを維持できないと、こういう話はしてきたつもりではございます。

 不自由な面もあるとは思いますが、今後なお一層いよいよ発足していくわけでございますから、具体的にはまたいろんな機会を通じて、被保険者の皆さん方に御理解をいただきますように、また懸命な広報活動に努めたいというふうに考えておる次第でございます。

 なおかつ、今後においては、徴収関係を8期っていうように、これはやっぱり従前、やっぱり負担のある面では6期よりか8期の方がいいわけでございますから、そのような面でのやっぱり対応をすべきだという判断に立ったんだと、私はそのようにとらえておるわけでございます。

 この附則というのは、ちょっと内容的にこの8期のことで附則ということになってるのか、ちょっと私も今質問を受けながら、そこの内容ちょっとわからない面もあるんですが、私どもはこの関係についてこれでスタートして、いろいろな問題が生じた場合は全体的にまた見直せる分があれば見直していく必要性はある。しかし、根本的なことは、なかなか厳しいと。もう現実的にこのような形の制度が発足したわけでありますから、やっぱそのようなとらえ方の中で取り組んでまいりたいと、このように考えております。

 以上であります。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 附則の点ですけれども、附則のところは延滞金と還付加算金の割合の特例っていうところになるんですけれども、担当課長にもし御答弁いただければお願いします。



○議長(畠中征郎君) 山口福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 地方税法の定めにもよりますが、それを準用してるということで、当分の間というのは、期日がいつまでというのは決まっておらないので、当分の間は当分の間でございます。



◆議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◆議員(太田善一君) この後期高齢者医療制度も新しく始まった……。



○議長(畠中征郎君) 太田議員、マイクを使ってください。



◆議員(太田善一君) 始まるわけですが、目的はさっき町長が言われたとおり、今から高齢化がどんどん進んでいきます。もうとんでもないぐらい早く進んでいくと思うわけですが、それによって現在の医療制度っていうのが壊れると。せっかく立派な医療制度が壊れる。これではいけないということで、この条例ができたわけですけれども、これで国が5割、それから現役世代が4割、高齢者の方で1割負担というふうになっております。

 聞きたいのは、65歳以上っていうのもある、これに対してどういう65歳以上というのは、どういう人がこれに当てはまるのかお聞きしたいんですが。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 一応65歳以上という方については、一定の障害のある方が対象だと、こういうことに私は受けとめております。



◆議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◆議員(太田善一君) 一定の障害というのが、僕もわかってるんですが、一定の障害というのが詳しく、例えば1級からとか2級からという決まりがあるのかどうか伺います。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 介護保険でいう一定の障害と健康保険でいう一定の障害は大体同じでございまして、多分1、2級ぐらいだったと思います。また詳しくは、またここに資料ございませんので、太田議員さんの方にお渡ししたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第1号は、文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第1号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第2号



○議長(畠中征郎君) 日程第2、議案第2号職員の自己啓発等休業に関する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 数点伺います。

 まず、この条例の中身なんですけれども、例えば公務への支障がない場合っていうような表現があるわけですけれども、「公務の運営に支障がなく」っていうふうになっておりますけれども、公務への支障があるかないかっていうのは、職種ももちろんあると思うんですけれども、人の配置、いわゆる人の配置に余裕があるかどうかっていうところもあると思うんですね。その補う部分については、後から出てくるわけですけれども、その公務への支障のあるなしの判断っていうのは、どういうところが基準になるのか。

 それから、公務に関する能力向上に資するかしないかという判断、どういう基準があるのか。

 それから、第3条関係ですけれども、休業の期間っていうのがありますが、この休業の期間っていうのは、その休業をする当初において、もう既に期間を決定するのか。後で延ばしたりするっていうことが手続上あり得るのかどうかですね。これらの条件を満たして、その自己啓発のこの休業を受けられる例えば履修科目っていうのは、どういうものが考えられるのか。

 例えば、放送大学っていうのもありますよね。放送大学は日常的には通学しなくてもいいわけですけれども、実際学校に日向の方にあると思うんですが、行って受けることもあると思うんですね。そういうことも含まれているのかどうか。いわゆるその県内──県内でっていうか、県内だと大学がかなり限られてしまうわけですけれども、そういう放送大学の適用もあり得るのかどうか、伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◆町長(前田穰君) この公務の支障の関係につきましては、それぞれ職員の皆さん方は役割分担をしながら、服務規定等に基づきながら所管事項についてかかわられて、それぞれそれに基づいて仕事しているわけですが、その面に対する支障が来さないように、それを補完できる体制等をしっかり補いができるということになれば、私は公務支障ということにはなり得ない。そういう面をまた補うこともできるようなこの条例になっておるというふうに受けとめておるわけでございます。

 休業の期間等については、それぞれこの規定に基づきながら判断をしていくということになるわけでありますが、いずれにいたしましても、基本的にはこの目的がやはり人材を専門的な人材っていいますか、そういうものをしっかり要請していけるような、そういうチャンスを与えていくということは、非常にこれからは大事な面があるんではないかと、このようにも考えておるわけでございまして、ケース・バイ・ケースの中で、基本的には公務支障というものを起こさない体制整備をすることで、住民サービスがそのために低下しないと、こういう方向の基本的なスタンスの中で私はとらえていきたいと思いますが、具体的なことについては、課長の方で答弁をさせますから、よろしくお願いします。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◆総務税政課長(畠中純一君) 公務の支障というようなことでは、特別な技術職の方とかいうことには、代替職員等の問題等もあって発生するかと思いますが、極力申請は承認するという方向の条例と思っております。

 それと、3条の研修期間ですけれども、これは最初から2年ないし3年という必要はありません。第7条によって、延長ということが自己啓発休業等の期間の延長ということが認められておりますので、最初からその期間を2年ないし3年を取得するという必要はないと思っております。

 それと、単なる大学、これでは承認されない。もちろん、大学以上の学習、研修ということになります。したがいまして、第4条で大学等教育施設とはということで、第4条に入れてるんですけれども、独立行政法人大学評価学位授与機構が大学の博士課程、大学院の修士及び博士課程に相当する水準のものと、そういう認定した機関でありますから、放送大学等一般的な学習の大学ではできないと。

 例を挙げますと、気象大学、国立看護大学、防衛大、こういった認定された機関でなければ認められないということになっております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第2号は、総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第2号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第3号



○議長(畠中征郎君) 日程第3、議案第3号綾町税条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 質問いたします。

 提案理由のときに、入浴料金が800円と600円っていうふうになっているというふうに伺ったような気がしております。ちょっとメモが正しくないかもしれません。それで、その酒泉の杜のその入浴料はいつから、私は1,000円だったと記憶しておりました。それで、いろんな高齢者の方とか、それから免許証のゴールドカードっていうんですか、を提示すると安くなるとか、カード会社の指定されたカードを出すと700円になるとかっていうことは、お聞きしていたと思うんですが、まずそのことを伺いたいと思います。

 それから、入浴客も減って非常に経営が大変だというようなことだったと思うんですけれども、酒泉の杜の温泉の入浴客の推移がわかっておりましたら、御報告を願いたいと思います。

 それから、この入湯税というのは、いわゆる宿泊をされて入浴する方からも徴収しているのかどうか、伺いたいと思います。

 それから、全国的にやっぱりこの入湯税というのは、90%ぐらいが150円になっているということで、余り100円になっているところは、私が調べた限りではありませんでした。

 ただ、いろんな自治体で減免している例もあるというふうな表記も見つけておりますけれども、県内の入浴料を大体見てみますと、酒泉の杜はもともと高かったと思いますね。私もいろんなとこ行って見ますけど、500円、600円っていうと、もう高いなっていう感じがしまして、西米良あたりでも400円だったと思いますし、日之影も400円ぐらいだったと思います。町外と町内、村内、村外で多少差をつけてるところもあるようですけれども、もともと日常的に利用するには高過ぎる入浴料ではないかと思っております。

 今回入湯税を引き下げるということであれば、逆にもう思い切って入浴料を安くしていただいて集客に努める方が、その町民側からしても、温泉というのはあそこだけしかありませんので、もともとその設定金額が高過ぎて、余り町民みんな楽しむ施設にはなっていないっていうところあるのではないかと思ってるんですけれども、町長の考え方を伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◆町長(前田穰君) この関係につきましては、私ども従来1,050円であったものを、酒泉の杜といたしましては、今お話しもありましたが、少しでもお客さんにサービスを強化したいということと、他の温泉地との比較等も確かにあったんだと思ってますが、いずれにいたしましても、少しでもこの現状の厳しい経済状況、そういう中からしますと、入浴料を下げるべきだという最終的な判断に立たれまして、はっきり記憶してませんが、1月に入って入浴料は下げられたということで現在に至っておるということで、私どもにもそういう要望もまいりましたので、この現実的に入浴料のその背景は、どこをもとにして決めるかということでありますが、もう今非常にこの温泉関係を取り巻く経営実態は、厳しいものがございます。

 しかし、幸いにいたしまして、酒泉の杜は総合的な取り組みの中で、あれだけの温泉といいますか、それを構えていただいておるわけでありますし、設備、それから温泉のこのいろんな面でのお風呂がたくさん構えてあるわけで、備えてあるわけでございますが、そんな面からすると、お客さんニーズからすると、ある程度グレードが高いと、こういうとらえ方をいたしますと、それなりの単価かなという思いはいたしておりましたけど、しかし全体的にそれぞれ入湯料が安い中においては、私たちも今回そのような面で、一体的な中での取り組みというのも必要だと。

 そして、いろんなところを調べてみますと、やっぱり現状の中では、やっぱり特別な減税措置をとっておったりする等々もございますから、私はやっぱり今回お互い企業努力もしていただいておりますし、また民の力であれだけの備えをしていただいておるわけでありますから、財源の厳しい中においては、ちょっと私たちとしては苦しい面もございますけども、しかしこれはもうタイアップして、少しでも利用客をふやしていくと、こういうことにつなげていくべきだと、このように考えております。

 なお、宿泊者の関係は、それは入湯税はとってないと。あそこに入っていただく皆さん方が、お風呂だけに入っていただく方が、入湯税としてカウントされておるというふうに私は受けとめておるわけでございます。

 そのような状況でございますので、また特に高齢者に対するサービス等についても、これに伴ってまた引き下げていくと、こういうことにさせてサービスをさらに強化してまいりたいと、このような考え方で、まさに民と官が一体的な中で、この酒泉の杜の温泉に対します取り組みを強化させていただくという方向で御理解いただけるとありがたいと、このように思っております。

 以上であります。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◎総務税政課長(畠中純一君) 入湯客の推移ですけれども、平成15年から調査しておりますが、平成15年が2万7,474、平成16年2万5,659、平成17年2万6,738、平成18年2万7,964、平成19年が2万6,950と今のとこ見込んでおります。平成20年は、2万5,000人台まで落ちるだろうということを見込んでおるところであります。

 それと、150円という入湯税ですけれども、これは標準税率が150円ということになっております。どこの町村も標準税率で条例等は定めておりますけれども、実際の徴収っていうことになると、いろいろばらつきがあるようであります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第3号は、総務委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第3号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第4号



○議長(畠中征郎君) 日程第4、議案第4号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 普通だと町長提案をいただいてから、質疑の日までの間に平日があるもんですから、わからないことは課長に伺いに行ったりしてるんですけれど、今回金曜日で、土日を挟んで今日ということで、所管じゃない部分について少し伺いたいことが多くて、私だけなんかお聞きしてて申しわけないような気もしておりますけど、よろしくお願いいたします。

 これまで綾町の育児休業の状況ですね、どのぐらいこの制度が利用されているのかという実績について伺いたいと思います。

 それから、今回この条例を改正することによって、どのぐらい制度が活用されるんだろうか。また、町長としては積極的に育児休業の制度を利用して子育てに当たってほしいという考え方なのかどうか。

 今、世の中の流れがこういうことをきちんと制度を整備して、制度がもっと活用されるようにすべきだという状況の中での提案なのかなと思ったりもしてるんですが、町長の見解としてはどうなのか。

 あと制度的なこと──制度っていうか、内容的なことですけれども、任期付職員っていうのがあって、私が理解が正しくないかもしれませんが、その条例文の読んでいくと、任用短時間勤務職員とか、再任用短時間勤務職員とか、再任用職員とかいう表記があるんですけれども、これらの違いについて御説明をいただけたらと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 町長の見解はっていうことでありますが、少子高齢化社会の中でございます。これはもう職員に限らず、もう一般的に私どもはやっぱり次代を担う子供たちを健やかに生み育てるということは、非常に大事な分野でございますし、またこれが世代を担う者としての大きな役割と責任だと、私はそのように受けとめておりますので、職員の皆さん方も、このような条例が今回制定をさせていただくということに、改正をさせていただくということになれば、もう今も育児休暇その他でも、それをしっかり受けとめてやっていただいておると、とっていただいておるという面もございますし、またこれは拒めるものではございませんし、大人の責任、職場の責任者として当然これは積極的にといいますか、私どもとしては十分受けとめながら、これを活用していただいて、次の世代の子供たちをしっかり育てていただくと、こういうスタンスはもう当然あるべきだと、このように考えておる次第でございます。

 それぞれの勤務の関係の内容については、担当課長から説明させたいと思いますから、よろしくお願いします。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◎総務税政課長(畠中純一君) 育児休業のこれまでの取得状況っていうことですけれども、ほとんどの女性職員の場合、産前産後の休暇に続いて育児休業を取得いたしております。年数は1年ないし3年ということですけれども、中には3年休業する人もおります。また、正確な人数は御報告いたしたいと思います。

 今後の活用は、今町長が述べましたように、積極的にっていうことでありますので、職員の任期付職員、任期付育児短時間の任期付職員というのは、育児短時間勤務をする職員、この方が実際に子供を面倒見なきゃならなくて休む職員、これを育児短時間勤務職員と言います。この人にかわって臨時的に雇う任期付、この人が1年休むなら、1年間の任期をつけて代替の職員ですね。育児短時間勤務で休暇する人の代替の職員を任期付短時間勤務職員と言っております。

 それに、再任用職員、これは定年後の雇用で再任用職員制度がございますので、それによって雇用した職員を再任用職員というふうに上げております。

 あとここの中に第9条関係に特にそういう言葉が出てくるんですけれども、非常勤職員、臨時的任用職員。臨時的職員というのは、一般的にパートであるとか、いろいろ雇っておりますが、臨時的任用職員、1級任期付職員、育児休暇のためにその任期に付いた職員とか、勤務延長職員と、こういう職員は今ちょっとおりませんけれども、そんなふうに育児休暇のとれない職員というのが数名上げてあります。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第4号は、総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第4号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案第5号



○議長(畠中征郎君) 日程第5、議案第5号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第5号は、総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第6.議案第6号



○議長(畠中征郎君) 日程第6、議案第6号一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) この点についても、1点伺いたいと思います。

 いわゆるそのさっきの条例改正に伴う問題だと思うんですけれども、今回新しく制度改正になった中で育児休業をとった職員の、いわゆるその給与のことなんだと思うんですけど、なかなかこの文章を読んで理解できないんですね。端的に言うとどういうことになるのか。これまでとどう違うのかっていうところを説明いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◎総務税政課長(畠中純一君) 今までの給与条例の中では、育児休業だけそこ文言が入ってませんでしたけれども、これからは育児短時間勤務っていう文言が見出し等に加えられたと。

 それと、ここのこの第6号では、そういう条文が出た条項のずれ、第4条中の4条の2の第11項を第9項にとか、第2項を第3項に改めるというような条項のずれだけです。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第6号は、総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第6号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第7号



○議長(畠中征郎君) 日程第7、議案第7号綾町国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第7号は、文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第7号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第8.議案第8号



○議長(畠中征郎君) 日程第8、議案第8号綾町寡婦等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第8号は、文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第8号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第9.議案第9号



○議長(畠中征郎君) 日程第9、議案第9号綾町重度障害者(児)医療費助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 1点伺います。

 先ほど太田議員の60、要するに前期高齢者と後期高齢者医療制度の関係の質問がありましたけれども、障害をお持ちの方の場合、後期高齢者医療制度への加入っていうのは、私の記憶では強制ではないんではないかなと思っているところなんですが、要するに任意でどちらを選ぶか、またこれもちょっと記憶違いかもしれません。

 浅い知識の中であれですが、いわゆるその後期高齢者医療制度の方を選んだ後でも、そこを脱会といいますか、できることの自由も認められていたのではなかったかなと思ってるんですけれども、ちょっと制度の説明をもう少し詳しくしていただけたらと思います。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 橋本議員のおっしゃるとおりで、一定程度以上の障害のある方は、その障害がある旨を申し出ていただいて認定を受けると。

 また、それを取りやめたいときには、取りやめたい旨を申し出ていただいて、脱会できるというふうに制度上はなっております。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) すいません。今ちょっと課長の答弁が気になるんですが、制度上は認められているということですけれども、例えばその障害をお持ちの方たちに、そういうその制度的には認められて、私が例えば障害をもってるものとすれば、制度的には認められてるっていう言い方は、すごく気になるんですね。

 制度として認められてるってことであれば、常に自由にできるような気がするんですけれども、制度としては認めるけれども、実際は無理なのかとかね、いうところの問題が非常に微妙なところだなと、もしそういうふうに受けとめずに、素直に受けとめたら、後でその制度はそうなんだけれども、実際はなかなか難しいんですよということになることはないのかどうか。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) そういうことはございません。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。



◆議員(太田善一君) 議長。太田。



○議長(畠中征郎君) 太田議員。



◆議員(太田善一君) 今橋本議員のあれですけれども、いわゆるこれは障害者が、いわゆる後期高齢者の方に入った方が税金が安く、保険料が安くて済むと。または、一方に入った方が安くつく、それはもうもちろん障害者は安い方がいいわけですから、いわゆるそこを指導する立場として、ちゃんとそこはやっていただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 今回は、対象する方については、すべて連絡をいたして、保険料等についてもこうなりますよという御説明をした上で、どちらを選ばれるか、担当の方で調査して行っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第9号は、文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第9号は文教福祉委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第10.議案第10号



○議長(畠中征郎君) 日程第10、議案第10号綾町介護保条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 町長の提案理由の中で激変緩和措置が20年度も実施されるっていうことだったと思うんですが、町内の該当者が303人ということの説明だったと思っております。

 激変緩和措置って、だから19年もあったわけですけれども、その条項っていうんですか、に載った、今回載るっていうことは、その激変緩和措置がさっきの当分の間じゃないですけれども、続くということにはならないのかどうか。

 激変緩和措置を延期をしなければならないような状況に今あると思うんですね。介護保険料の問題でいうと。ですから、その激変緩和措置っていうのは、本当に一時的な問題だと思うんですけれども、激変を緩和する、要するに激変にならないようにってことであれば、一般的には一、二年とかってことだと思うんですけれども、それこそ当分の間続く見通しがあるのかどうか、見解伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) この激変緩和措置っていうのは、高齢者の税の控除金額が変わったことに伴う激変緩和措置っていうことで、当初19年までの2カ年間について行うというふうに法律で政令で定められておりましたので、そのように激変緩和措置を設けておりましたが、政令の改正によりまして、20年度もできるということが定められましたので、綾町においても20年度を実施すると。

 県内においては、2、3町村がこの対策をとらないということでございますが、ほかの町村については、この緩和措置を20年度も継続するということにしております。

 それから、この人数につきましては、19年度の実績でございまして、20年度につきましては、今度収入等が確定しました段階ではっきりすると思います。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第10号は、文教福祉委員会に付託することで御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号は文教福祉委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第11.議案第11号



○議長(畠中征郎君) 日程第11、議案第11号綾町照葉の里景観条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 1点だけお伺いをいたしますけれども、この制度の16条、届け出を要しない行為としてということの改正で、新たに届け出を必要としない行為の中に、林業を営むために行う木竹の伐採と、これは届け出は要りませんよというような、新たな制度になったのかなと思っているところでございますけれども、やっぱり私個人の考えですけれども、やっぱり届け出そのものは、もちろんこれで、こういうことで林業を主体にやっている方なんかは、生計にかかわることでございますけれども、届け出そのものは、やっぱりしてもらって、判断をするということにした方がいいんじゃないかと。

 これを外すと、今非常に問題になっているのが、杉の木でも、あるいは竹なんかでも、切った後が非常に放置されたままと申しますか、新たな植樹もされてない、裸地のままでずっと置くというようなことが、非常に問題になっていると思うんですよ。

 だから、届け出をしてもらって、許可をして、その後の処理を適切にしてほしいというような要望をするということを考えると、これはやっぱり届け出をしてもらった方がいいんじゃないかというような気もいたしたところでございますが、町長の見解をお願いいたします。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) この景観条例の関係で、この追加をいたしましたのは、景観形成に支障を及ぼす恐れのある行為として木竹の伐採を追加させていただいたわけであります。

 今福田議員さんがおっしゃいますようなことを、一応念頭に置いたわけでございますけども、ただその中に、届け出を必要としない行為として、林業を営むために行う木竹の伐採ということを定めたっていうのは、やっぱりそれぞれの財産権といいますか、それだけの生活権等もあるわけでございまして、そういう面からこのようなことをやっぱり、これはそこまでは私たちの条例で規制することは厳しいんじゃないかと。

 ただ、この景観上を支障を期すっていうことを追加させていただきましたから、そこら辺で行政指導といいますか、そういうものを踏まえながら対応して、そこら辺との整合性を図っていくと、こういうことにしていかなきゃならない。

 ですから、我々としては、この全体の開発行為というものを全地域に及ぼすということにいたしましたので、そこら辺で整合性に伴いながら、景観に支障のないような対応の仕方ということで御理解をいただきまして、我々としては、そういう生活権、財産権といいますか、そういうものまで特に条例の中にうたいこむというのは、ちょっとやっぱりそこまでは立ち入ることができないんじゃないかということで、このような考え方で整理いたしましたが、基本的な考え方については、よく理解できるものですから、運用の面で対処してまいりたいとは思っております。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 福田議員の質問とも重なる部分があると思うんですけれども、最近町内──最近だけでもなく、あちらこちらで木材の伐採が行われているようです。同僚議員ともそんな話もこの前されてたのをお聞きしたんですけれども、今は重機を入れるために、下に生えてる小さな木も全部押し倒してしまうということで、どうしても山が荒廃した印象を受けるということがあると思います。

 それで、先ほどの町長が答弁された林業を営むための生活権とか、財産権の問題でいくと、その山の持ち主の方が個人で自分の力で切るということはほとんどないと思うんですね。その林業をされてるところにお願いして切ってもらう。ということになると、そういう山の切り方も林業を営むためだっていう形になっていくと、余りなかなか伐採に制約はかからないんじゃないかっていう不安があります。

 昨年私のところの近くの、いわゆるどういうふうに言えばいいんでしょうか。高原木工所側から見たら山の上ですけれども、かなり切られました。で、崩れる心配はないのだろうかということと、道路から間違って突っ切っちゃったらがけの下に落ちるというところだったもんですから、建設課の方にお願いしてロープを張っていただいて、車が落ちない手立てをしていただいたんですけれども、最近そこに大きな木の根っことか──ちょっと中断します。──済みません。それで、近所で仕事してる方が見てるとリースの車で運んでくるんです。最初連絡があったときには、木の根っこはかなり大きいのが落ちて見えてたんですけれども、数日して行って見たらキャタピラの跡があって、もう木は全部下に落とされてました。前田課長の方に、またお話をしたので、建設課の方とも話して見に行ってくださるということだったんですけれども、そこは最初お尋ねしたら、町内の方が町外の方に売ってしまわれた山だったらしくて、いわゆる何の規制もかけられない状況になっておりました。

 だから、山の持ち主が自分で切る分についてはいろいろ話もできるんですけれども、そうやって業者に、専門業者、林業されてる方に委託して切ってもらった場合も、林業営むためのというところに入ってしまうと、先ほど申し上げたように、ほとんど規制はかけられない、まして切った山に、それは産業廃棄物にはならないんだそうです、見ていただいたら。私はちょっと水道パイプみたいなのもあったと思ったんですけれども、なかなか産廃だというふうにして規制するのは難しいということでした。

 ですから、せっかく町内全体を網羅するような条例に改正されても、実質なかなか効力は上がらないのではないかという意味では、非常に不安な見解を持っておりますので、改めて伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 一応基本的には、やっぱりそういう法律を超えて経営権なり、財産権なりというのはなかなか現実的には厳しいものがございますが、今後この条例に基づきながら、また要綱なり規則なりというのも、これからまた議論の中でつけ加えていかなきゃいけないと思っておりますので、その意見をしっかり受けとめながら、次のステップの段階にそこら辺のことがどう整合性が保てるのかということについては、十分審議をさしていただきたいと、このように考えておりますので、そういう面の懸念がないように、ただ、今非常に林業関係についてはもう御案内のとおり非常に厳しい状況がございまして、伐採をして、そして今回幸いにして県も中山間地域の放置林に対する対応というのを、いろんな角度から施策を講じておりますから、そこら辺も含めながら、民有林として放置されるということであれば、それをまた我々としては景観を創出する立場の中で対応ができるように、これも県の行政と相まって対応していかなきゃならないと、このように考えておりますので、私どもとしては、こういう一方では規制を加えながら、一方ではそういう財産権を保持しながらという難しい面もございますけども、今両名の議員さんからおっしゃいましたことは、十分受けとめながら今後の運用並びに要綱、規則の中で十分検討さしていただきたいと、このように思っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第11号は総務委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第12.議案第12号



○議長(畠中征郎君) 日程第12、議案第12号町道の認定及び廃止についてを議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 町長の考え方なりをちょっとお伺いしたいんですけれども、この町道の認定、廃止と、廃止の方は、あんまり必要性がないから廃止になるんだということでおおむね理解できるんですけれども、新たに認定をするということに対して、今回も数件出てきましたけれども、これでは実質私たちにはわかりませんです、やっぱりこれは後で建設課長かなんかで説明をいただこうと思っているんですけれども、町長にお伺いしたいのは、近ごろどこの自治体も、町長もよく言われますように、それぞれの公民館で、やっぱり昔のいわゆる集落道というのは自分たちの手でやろうと、そのために資材は提供しますよというようなことに近ごろちょっと昔に返ってみようというような動きがどこもあるわけですけれども、今回の認定の箇所が、今回認定するに当たって、これはそういうことに対応してもらうというような路線はないのか、これは絶対やっぱり町道と認定して、町でしっかり責任もってやらなければならないという思いでされたんだと思いますけれども、あんまり細かいところまでやるといかがなもんかなというような気もいたしておりますが、町長の見解をお伺いいたします。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) これ基本的には、やっぱり町道として町民が公道として十分利活用ができるというとこは、責任もって町の方で維持管理をしていくということが当然のことでございますから、今おっしゃいますように地域の必要な、ある程度全体にかかわらない、あるいはまたこれは当然もう地域道としての方向で検討しなきゃならないとこは、今おっしゃいますように、みんなでその道路維持管理を図っていただくという形の中で、それこそ民と官がそういう面での理解を深めあうということは非常に大事なことでございますが、今回提案いたしましたのは、当然町道として認定すべきものをお願いをしたわけでありまして、おっしゃいますような意向についてはありがたいことでありますから、私たちは何もかも町で抱え込むという考えじゃなくて、これは基本的に今回提案したものは町道として当然認定をお願いをして、維持管理に責任を負うと、こういう形に持っていくべきだという判断で提案さしていただきました。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) この路線名というのがなかなかわかりにくいので、もしかすると私の質問が当を得てないかも知れませんが、先ほど福田議員は廃止される道路というのは必要性が低くなったというような表現もあったんですが、私はその廃止する路線2つと、認定する路線というのが、廃止される路線すべてが新しく認定される路線の中に組み込まれている部分なのかどうかというのが、図面がないのでわからないんですけれども、今回錦原小田爪線が新設されたということに伴うというふうな提案理由の中だったと思うんですけれども、廃止する路線の中に、私が住んでる地域の岩下におりていく道がもし入っているんだとすると、私たちが普段言ってる名前と正式な名前が違うもんですからよくわからないんですけれども、以前から新しい道路の話がある前から、非常にがけ崩れとか、水の、何ていうんでしょうか、湧水があって道路の管理が難しいところだったんですけれども、その割には利用もされてる道路で、以前阿久根清見さんが建設課長のときに、道路の管理のことでお願いにいったら、とにかく雨が降ったり風が吹いたりしたときには、一番先にあそこの道路を確認に行くと、安全をというふうに言われたことで、地元も安心していた部分もあるんですけれども、今回新しく道路がつくられたことによって、あそこがもし町道から廃止される2つの路線に入っているとすれば、非常に地元の不安が大きなと思ってるところですけれども、廃止される路線のすべてが認定される路線の中に組み込まれているものだけが廃止されているのかどうか確認したいと思います。



○議長(畠中征郎君) 建設課長。



◎建設課長(清水正信君) 岩下におりていく道については、別名で町道として認定はそのままになっております。

 今回の廃止しております路線につきましては、ちょうど麓の方から杢道に抜ける元の軌道敷きですけれども、軌道敷きのところで今回の錦原小田爪線との重複をして重なってなくなったところ、その区間と錦原小田爪線の区間から杢道よりの元の軌道敷きの部分が急傾斜の災害等で県の工事がしてあるところがあります。その間が通れない状況にありますので、機能は果たしてないということで、その部分を廃止ということでさしていただいております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 申しわけありません。次からはぴしゃっと路線道の位置がわかるように、各議員さんに配付をしたいと思いますからお許しください。失礼しました。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 今回新しい道路ができたということで、私も何回か歩いてみたり車で通ってみたりしてみましたけれども、上から下におりるときに右斜面がかなり水が、私工法をよく知らないんですが、のり面に金網を張った上に何かを吹き付けたりする工法になってると思うんですけれど、はがれてもう針金の部分がむき出しになってるところが2カ所ぐらいあったんですけれども、ああいうのは完成して間もない時期ですから、工事の補償とか、そういう形で改修するということはできないのかどうか、私どもの集落の人たちは結構歩いてるんですねあの道を、もうできあがったばかりで崩れているのよねと話がありまして、私も行って見たら針金の格子の部分がもう出てるとこがあるんですけれども、そういうのはどのように工事の補償との関係でいくとどう管理されるのか、申しわけないんですが、直接議案と関係ないんですけれども伺います。



○議長(畠中征郎君) 建設課長。



◎建設課長(清水正信君) 今の部分につきましては、再度確認しまして、現場の方で対応さしていただきたいと思いますので、そういうことでよろしくお願いいたします。



○議長(畠中征郎君) 建設課長。



◎建設課長(清水正信君) 先ほどの岩下法ケ岳線の方で廃止したものについて、一部は次の錦原小田爪線の方に追加ということで上げてありますので、そういったことで御理解いただきたいと思っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第12号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第13.議案第13号



○議長(畠中征郎君) 日程第13、議案第13号町道の路線変更についてを議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第13号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第14.議案第14号



○議長(畠中征郎君) 日程第14、議案第14号平成19年度綾町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 数点伺いたいと思っております。ページの順番通りにいくかどうかちょっと自信がないんですけれども、まず初めに、繰越明許費の補正が出ております。6ページだと思います。5番の用地取得のおくれということで、提案理由で述べられたと思うんですけれども、どういう状況になっているのか御報告を求めたいと思います。

 それから、7ページに債務負担行為の補正が出ているんですけれども、この5番と6番、町長いつも申し上げて申しわけないんですが、早口なもんですから、ちょっと1件限度額の変更としかメモできなかったんですけれども、この5番と6番というのは同一件数というんでしょうか、同じ状況というんでしょうか、該当する農家が1件だとすれば同じ人になるのかどうかという聞き方でいいでしょうか、1件というのがどういう意味だったのかがよくわかりませんでしたので、説明を改めて伺います。

 それから、歳入の法人町民税の説明の中で、大口企業の実績が大きく予算を下回ったというふうな説明を受けたと思うんですけれども、もう少し詳しい説明を求めます。

 それから、14ページの活性化協会関係の補正、減額補正になってると思うんですが、すべて減額補正だったと思いますが、商工使用料の方ですね、今回新年度でターミナルの増改築の問題が出てきているわけですけれども、これは予測していうのは変なんですが、施設が古いからとか、施設が傷んできているので使用料が減ってるんだという言い方になると増改築という話に結びつくんだとは思うんですけれども、ターミナル以外でも使用料の予算を下回ってきているわけですから、私は単なる施設だけの問題というふうな形では片づけられないのではないかと思っておりますが、そこ辺の町長の考え方について伺いたいと思います。

 それから、雲海の中島社長から500万円の寄附をいただいたということで、観光協会の方に、観光に使ってほしいという寄附をされた方の意志を反映して、観光協会にということになってると思うんですけれども、私はあんまり観光協会の存在というのを普段あんまり認識していなかったもんですから、観光協会の組織そのものについて少し説明を求めたいと思います。

 それと今回の補正と直接関係ないんですが、お金とは直接関係ないんですけれども、最近町民の方から電話がありまして、いわゆる旧なちゅえんすの問題なんですけれども、農協のJAの、いわゆる貸し付けの話なんですけれども、組合員の方で、いわゆるなかなか農協の債務が減らないと、減らないというか戻ってこないと、誘致企業であるために、やはり町の後ろ盾があって農協も信頼して貸したんだろうと思うと、お金は自分たち組合員が働いたものの一部であり、農協にももちろん責任は求めたいんだけれども、その後全然その問題については何も明らかにされないではないかという話がありました。

 で、いろんな意見がありまして、農協がきちんと担保取ってなかった問題があるとか、本当に回収のために努力してるんだろうかという問題はあると思うんですけれども、そういった町民の不安に対して、私も町として責任がないとはいえないと思うんです。具体的にはその方にも組合員であるわけだから、きちんと農協にもそういう意見を言ってほしいというふうに申し上げたんですが、今なかなか総代制になってるために、いろんな問題が下の組合員まで情報が流れてこないという状況もありまして、それと農協に対する情熱、組合員の熱意がちょっと薄れてるというのは、私も含めてちょっとあるなという気もしておりまして、ただ今回ここでお尋ねしたいのは、町としてそこ辺は、これまでも質問があって町長のお考えを伺ったことはあるわけですけれども、今現在どのような状況になっていて、町としてどう考えていらっしゃるのか、誘致企業として認めた責任についてもう一度伺っておきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) まず、この繰越明許の関係でございますが、これ昭和地区の公民館建設の関係で、現在私ども報告をいただいておりますのは、現在の公民館用地が個人のものであるというようなことでございまして、そういう面で売買の交渉が時間がかかっておると、こういうことで承っておるわけであります。売り手買い手の関係もありますし、また公民館建設という面では、館長さんが議員さんでもあるわけですし、地元には3名の議員さんもいらっしゃるわけでございまして、そういう面でみんなで力を合わせてなんとかとかやっぱり御理解いただける方策をとっていただくためには、性急に我々の方としてタイムリミットを決めるわけにもまいりませんので、十分な話し合いをいただいた上で、円満に譲渡いただけるという面で、私どもとしては今回繰越明許ということはやむを得ない措置だと、このように考えて今交渉をいただいておるというふうに承っておるところでございます。

 それから、先ほど債務負担行為の関係は、早口でいつもおしかりというか、申しわけないんですが、指摘を受けて申しわけないんですが、近代化資金利子補給ほか1件ということで、今回44万9,000円と7万9,000円の、この私は2件という考え方で──ごめんなさい。これが2件ということで、内容はまた詳しくまた報告させますので、内容までちょっと把握しておりませんでしたので、ほか1件と、これが2つ出てますから、ほか1件というとらえ方で提案理由の説明をさしていただいたものでございます。

 それから、大口法人税の関係は、もう大口といえばどこだというのは推察できると思いますので、そういうふうに御理解をいただけるとありがたいと思っております。

 それから、活性化協会の関係は、もう御案内のとおり、今非常に地域経済が冷え込んでおる中で、もう本当に私どもも従前の形の中で取り組んでおるんですが、今入込み客等々についていろんなイベント開催等もやって、ただ通常の恒久的な泊まり客というのが、依然これがちょっと入込みからして落ちたというのは、FHPがあそこ増設やるときには、工事のときにずっと滞在をしておりまして、そういう宿泊することが非常に委託料、ごめんなさい、町からすれば委託料なんですが、活性化協議会する委託料というものが、ごめんなさい、活性化協会からの利用料といいますか、使用料といいますか、それを受けとめていくわけですけども、そういう面での関係で売り上げがちょっと厳しく差が出てきたという面で、このような減額補正ということになってきたわけであります。

 それで、そういうものをさらに抜本的に、現在いつも申し上げてますように、町に及ぼす、特に商工会に及ぼす影響は非常に大きいものがありますし、まさに名前のとおり活性化ということを図るという分野でございますから、これを恒常的にやっぱり滞在型交流人口確保するという面で、私どもとしては施設のやっぱり老朽化も出てきましたし、増改築もやらないと、これは今後経営的な状況の中では厳しい面がまた出てくるということが想定されますので、私たちはこの際、いろんな国の制度事業というのをうまく活用しながら、そういう面での増改築を組み込んでいかないと、今幸いいたしまして御理解いただきまして、スポーツ合宿というものが、あるいは教育合宿というものがある程度軌道に乗ってまいりましたので、これを充実強化することでその面をカバーしながらやっていきたいと、こういうふうに考えておるわけでございまして、施設もかなり老朽化しておりますし、そういう面で綾川荘に引けをとらないような増改築をやっぱり図っていくべきである。そして、恒久的な滞在型交流人口を確保することによって、綾町の地域産業経済、特に商工会に対する貢献度を高めると、こういう方向づけをしていくべきだと、このように考えている次第でございます。

 それから、今回多額の寄附をいただいたわけでございます。観光協会は、綾町の産業観光を浮揚するために、あるいはまた観光行政をさらにフォローするために、観光協会としてのいろんな事業展開いたしております。これ一口にはPR活動を含め、いろんな観光行政をフォローするための観光協会として、協会長としては私が会長でありますが、それぞれの団体の皆さん方を理事にお願いし、そして綾町の産業観光に携わる皆さん方が会員として、民の活力を引き出していくと、こういう取り組み等々をしているわけでございます。これはまた十分それを把握されてないという面がございますならば、この観光協会の1年間の事業計画なり、決算の状況については御報告をさせたいと思いますから、そのように御理解をいただきたいと思います。

 それから、なちゅえんすの関係は、これも本当に私ども決して責任を転嫁するつもりもございませんし、責任を放棄するつもりもございません。今回、綾加工館として幸い立派な会社がまたそれを存続していただけるということになってまいりましたから、向こうの農協の執行部の皆さん方、組合長さん以下、これ債務、つまり農協からすれば債権でありますが、債権回収は、それはやっぱりそれだけの取引の中で発生することでございますから、それはやっぱり債権者がそれなりのやっぱり取り組みというものを強化してもらわないと、そこまですべて町が誘致企業だからということで、全面的に責任を負えるということにはなり得ないわけであります。

 しかし、私どもはしっかりフォローするための一体的な取り組みについては努力、あるいはまた協力は惜しまないという形で今までもやってきましたし、これからもそういう形でやっていくということは変わりません。

 ですから、そういう面で、やっぱり債権者としての役割を果たして、その中で十分こなし得ない状況が出てくるならば、我々は誘致企業としての責任上の関係で会社の方にお願いをしていくというのは当然であります。

 そういうことで、そのようなことで、先だっても現在の加工館の方でなんとか債権に対する理解をいただいて、割賦でもいいから、あるいはまた何らかの形で引き継ぎ、償還については、債権については何とか検討いただきたいと、こういうことは強くお願いをしたし、それをフォローしておるということでございますので、そのように御理解をいただきまして、私たちは決して誘致企業だから、それに対してもうあとは責任を負えないということではなくて、一緒になってやっていくということは当然でありますが、しかしそれは限界があるわけでありますので、ある程度は債権者としての役割と責任を担うということも当然あって、その中で担いきれない分は我々に相談してもらえれば、それなりの助言、指導しながら取り組んでいくというのが、当然でありますから、そういうスタンスの中でやってるということをひとつ御理解をいただきたいと思います。

 以上であります。



○議長(畠中征郎君) 農業委員会局長。



◎農業委員会事務局長(谷口俊彦君) 債務負担行為の補正のところで、ちょっと御説明したいと思います。

 債務負担につきましては変更ということで、5番、6番の2件ということで上がってるところでございます。

 内容につきましては、5番の農業近代化資金の利子補給が7件、それから、6番の農業基盤強化資金利子補給が1件という内容でございます。

 以上です。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船副議長。



◆議員(入船康紀君) 1点だけお聞きしたいんですけれど、錦原の整備がちょっと出ていますけれども、馬場の造成のことでありましたけども、綾競馬が大変、綾町の大イベントでありますけれども、昨年ですか末吉清和君があそこで落馬いたしましてけがをいたしましたけれども、いろいろとあそこの従業員に聞きますと、やはり通常の競馬場といたすとカーブがきついというようなことで、ああいう事故があったというようなことも聞きますし、また砂の下が硬いというようなことを聞きましたけれども、そこの整備をされる施設の補正かお聞きいたしますけれども。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 今、入船議員さんがおっしゃったのは何ページの方のあれですか、18ページですね、これは財産収入の中で18ページの方の収入の関係でしょう。これはあそこに実はいろんな競馬、軽種馬関係者の皆さん方から、いろんな施設利用の面で十二分に利用をいただいたという面で、歳入で実は上がってきたものでございます。

 それで、こういうことで補正をさしていただいたわけですが、今おっしゃいますようなことについての内容については、今後競馬運営協議会等で協議しながら、おっしゃいますようにカーブの面が、あるいは全体的にやっぱり下を同じぐらいならしていかないと、その面で硬いとこがあったりするとああいうような落馬事故にもつながるというようなこともございますから、その面はまた別の角度からちょっと検討さしていただくということで、今担当課長とは打ち合わせをいたしておるわけでございます。そういうことで御理解いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第14号は総務委員会に付託し、あわせて所管事項は文教福祉委員会の審議といたしたいと思いますが御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第14号は総務委員会に付託し、あわせて所管事項は文教福祉委員会に委任することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第15.議案第15号



○議長(畠中征郎君) 日程第15、議案第15号平成19年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第15号は文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第15号は文教福祉委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第16.議案第16号



○議長(畠中征郎君) 日程第16、議案第16号平成19年度綾町老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第16号は文教福祉委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第17.議案第17号



○議長(畠中征郎君) 日程第17、議案第17号平成19年度綾町介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第17号は文教福祉委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第17号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第18.議案第18号



○議長(畠中征郎君) 日程第18、議案第18号平成19年度綾町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第18号は総務委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第19.議案第19号



○議長(畠中征郎君) 日程第19、議案第19号平成19年度綾町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第19号は総務委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第20.議案第20号



○議長(畠中征郎君) 日程第20、議案第20号平成19年度綾町水道事業会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第20号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第20号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第21.議案第21号



○議長(畠中征郎君) 日程第21、議案第21号平成20年度綾町一般会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高幸一議員。



◆議員(日高幸一君) 商工費、平成20年度、平成19年度からすると本年度は約3億3,000万円ほどの増予算となっております。その理由としまして数点お伺いしたいと思います。

 平成20年度の所信並びに施策方針を町長より申し述べられました。まちづくりの理念とか、さらなる飛躍を図るため、前進していかなければならないという気持ちが予算数字にあらわれているとは思います。ハードからソフト事業へということでありましたが、完全には修理するところがあれば修理しなきゃいけないというようなことで、なかなかうまくいかないんだなというふうに思っております。その点で数点お伺いしたいと思います。

 先ほど橋本議員からも質問がありましたが、サイクリングターミナルの増改築等が行われるというようなことで、綾川荘の改築等も行われてもう何年かなるわけですが、今完成した時点でいろいろと不便な点、こうすればよかった、ああすればよかったというようなことをお聞きしております。そのようなことを踏まえて、先ほど町長から言われましたが、綾川荘に負けないぐらいの利便性のあるものをつくりたいんだということをおっしゃいました。そのようなことで、どういうところがこうすればよかったというようなことを十分配慮しながらやっていただきたいなと思っております。

 それから、小田爪陸上競技場の整備ということで、300メーターから400メーターということで、町民にとりましてはまだそういうグラウンドが必要なのかというような意見も聞いております。なぜ300メーターから400メーターなのかというようなことを、老朽化とか、それから、それではなかなか合宿ができないとか、今いろんな町民にわかりやすい説明でお願いしたいなと思っております。そしてラバーの耐久年数といいますか、できてからそんなにたってないような気もするんですけれども、じゃあ、400メーターになって、またさらに何年後にまた張りかえなきゃいけないというようなことになるんであれば、これもまたどうなのかなと思っておりますので、そういう年数においてもまたお聞きしたいなと思っております。

 もう一つ、活性化協会施設の管理でなかなか赤字経営が続いている施設であります。7カ所あるわけですが、国際クラフトの城にしても、馬事公苑にしても、やはり経営者の立場からしまして、やはり民間であればとっくにつぶれてるんでありまして、なんとか黒字というまでもいかなくても、財政面からしても持ち出しがなくてもいいような、もっと必死に経営の方面で頑張っていっていただきたいなと思っております。クラフトにおいては、私は中に入っていますので、一生懸命頑張りたいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 工芸コミュニティー事業の中で、黒木国昭さんが75万のヴェネチア・琳派展いうんですか、出席し、手づくり工芸の里綾をPRすると書いてあります。ヴェネチアといったらイタリアだと思うんですが、イタリアで綾町のPRを、どのようなPRをされるのかちょっと悩むとこなんですけども、口答でこういう企画をされるということではないかと思いますが、いろんな計画書類なり、こういうPRをしますからというようなことで申請があろうかと思いますけれども、そこ辺のところももしそういう申請書類があれば見せていただきたいなと、そしてPRにおいては我々だって、工芸者みんなそれなりに東京じゃ、大阪じゃといって1人で行っております。その中に経費として何ぼというようなことはまずあり得ないんでありまして、それといろんな規約がありましてイベント対策事業というのがありますけれども、3人以上じゃないとできないとか、1人では経費とみなされませんよとか、それから、宿泊はだめだとか、イベント対策でそういうような規約があるんですが、黒木さんの場合にはなぜそういうことが行われるのか、そこ辺のところも踏まえてよろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 御理解いただきながら御質問いただきまして恐縮に存じておるんですが、1つはサイクリングターミナルの関係につきましては、これは今から20年度は実施設計をするということで、計画づくりでございます。21年度本格的に建設を始めるということで、ことしは実施設計関係の費用を計上さしていただいたわけであります。綾川荘つくり変えて、私どもとしては結果としてはよかったなと、いい時期にタイミングよくつくり変えさしていただいたと、こう思っているわけであります。

 今後においては、もう今どこも収支を取っていかなきゃいけない時代をいわれておるような形の中で、我々は持続可能な活性化協会の運営管理をしっかりやっていけるような、そのことによって綾町の産業、特に商工会の活性化につなげると、こういう努力をしていくためには、この建設もあるいは以前、いうならば突貫的な急に仕事を進められたということも、それはいろんなそのときの事情があるわけでありますから、そんな面からするとかなり老朽化して、地盤低下等もございますから、この際リニューアルしていくということも必要だし、それとその時点と今の、あの当時は通常のサイクリング関係者の宿泊施設としての位置づけがあったわけでありますが、今はもうずっと考え方が変わりまして、ある面では通常の入込み客ということではなくて、ある程度大きく考えなきゃいけませんのは、スポーツ教育合宿的な位置づけと、地元の皆さん方の利用しやすい環境というものをやっていかなきゃいけない。

 そういうこと等を踏まえながら、現在のニーズにこたえるための施設整備というものを、どう増改築したらいいか、それから、浴場の関係も今の段階ではもう手薄になってる状況でもございますから、そんなこと等を踏まえながら、今後また知恵もいただきながら、しっかり実施設計の中でレイアウトをしながら、綾川荘で建設したことをまた一つの糧として生かしながら、今回20年度計画を立案さしていただきたいと、このように考えてますから、またいろいろお知恵をいただけるとありがいたいと思ってるわけであります。

 それから、小田爪陸上競技場の関係につきましては、今16年たっておるわけでございます。これは大体おおむね普通からいえば対応年数というのは10年ぐらいが、宗監督等々にお話を聞くと、これが実質的に使える、我々も当初からそういう面でその時点ではまた更新をということも考えておったわけでありますし、財政計画の中でまたいろいろ検討しながら、しかし今回300から400ということに置きかえるということは、やっぱりそういうニーズにも、せっかくやり変えるならば、あれを発展的に、さらに利用が深まるような方向というものを、もちろん町民の皆さんのため、あるいはまたスポーツ合宿なり、そういうものがフォローできるような施設整備をすべきじゃないかと。これは、いずれにしても更新をしていかなきゃいけない時期に来ておる。

 そして、またグラウンドは400メートルになりますと、中の活用というのが、今まではあそこで私たち300メートルに位置づけたというのは町民体育大会やら、いろんなイベントやるのは300が限度だということでございましたが、町民のイベント等はもうてるはふれあい広場等で活用できるようになりましたから、あれはそういう面でもっと多面的に利用できる体系を一方ではつくる必要もあると。こういう考え方に基づいて、今回、300を400にして、将来においては中の方もまた改修ができる方向というものを踏まえながらやっていかなきゃいけないと、このように考えておるわけであります。

 そのような面で、私どもとしましては、今回またいろんな面で町民の皆様方に御理解いただきますように、その必要性というのをしっかり町民の皆さん方に、この考え方を達しできますように努力をしてまいりたいと、このように考えておりますので、今のままでは生かされないという面もございますので、今回、県の事業を何とか取り入れることができると思ってますので、そういう判断のもとで、今まで単独でやることはなかなか難儀なことでございましたので、県の事業を入れることによって、そういう多面的な利活用がさらに深まると、こういう考え方でやらせていただく。

 それと併用して、また一方ではサイクリングターミナルも時代にマッチした宿泊施設としてのリニューアルと同時に総改築も含まえたいと、このように考えておるわけでありまして、このことをまた一生懸命町民の皆さんに理解を深める努力をしてまいりたいと思っております。

 それから、活性化協会全体の、特にクラフトの城とか、馬事公苑、おっしゃいますように、もうここで独立採算制がとれるならばベストといいますか、おおむね方向としてはよくなるわけでありますが、いろんな考え方は持ってるんですが、例えば馬事公苑については、私は将来はパークゴルフ場的な公園的な整備をやって、その中で収支が取れるような方向というのを検討するべきだと、こういう思いもいたしておりますが、いかんせん、しかし今のままではそういう形にはなかなか成り得ませんので、財政計画とにらみ合わせながら、将来、そこでペイといいますか、収支が取れる方向というのを見出していかなきゃならない。このような考え方には置きながら、今のところ、トータル的な活性化協会での収支だけは堅持するよという形の中で、あのまた馬事公苑が、あそこがあることによって綾町の入り込み客もかなりやっぱりいらっしゃるということでございます。

 近々、桜まつり等もやるんですが、まずいろんなイベントのときにはあの空間というのは非常に大事だし、そういう面で馬事公苑としても経費節減をしながら、あの機能をさらに発揮できるようにやっていかなきゃいけない。ただ、残念なことに、預託馬というのが年々厳しさが増してきてるという面で、そういう面でなかなか改修ができないと。しかし、施設管理とか何かについてはかなり運用がよくなりつつございますから、そういう面での収支を取れるようにやっていきたい。

 クラフトの城については、ことしリニューアルさせていただいて、また知恵を借りて、ここ今刺繍協会、日本刺繍協会の方で展示もやっていただいておるんですが、いろんなイベントを駆使しながら収支が取れるように努力をしていかなきゃならない。委託料と入場料とペイできるような取り組みをしなきゃならんという面で、経営の内容等、運営上の人事管理等も今後検討していきたいと思っておりますので、またこの面については、一体的に町民の皆さん方の参画をお願いして取り組んでいかなきゃならんと、このように考えておりますので、トータル的な面で何とか今はカバーできとる状況でありますから、これに甘んずることなく独立採算制がとれるような方向は目指してまいりたいと思います。

 それから、黒木国昭さんのベネチアでの今回個展を開かれるということで、これは私か、職員かの出張旅費として、実は黒木国昭さんに直接に出すものでございません。これは、やっぱり宮崎県の観光協会としても式典に行かれるということでありますし、地元の首長として参加せざるを得ないという思いもいたしておりますから予算に上げさせていただきまして、やはり世界に発信される。こういうことでもございますから、そういう面で地元の首長として敬意を表しながら、そのことがまた町民につながっていけるような、世界に発信できる体制というものをやっぱり見せるべきじゃないかと、こういう考え方で、一応予算を量子的に計上させていただいたわけであります。この面については、私も非常に思い悩む面もありますけど、しかし、首長としての責任で行くべきじゃないかなあと、こういう思いもいたしまして、予算を計上させて、オープン式典に参加をするという前提の中で予算を計上させていただいたものでございまして、工芸家の皆さん方がそれぞれ努力いただいてることも十分承知をいたしております。そんな面で、私としても地元の首長としての役割を果たすべきだと、そのことが将来につなげると、こういう判断に基づいてるということを御理解をいただけたらありがたいと思います。

 以上であります。



◆議員(日高幸一君) 議長。日高。



○議長(畠中征郎君) 日高議員。



◆議員(日高幸一君) 最後の工芸コミュニティー事業の75万円という件なんですが、どうせ行かれるなら、やはり何せ場所がイタリアですから、今まで国昭さんのパンフレットは、御自分のパンフレットは見たことあります。英字で書かれたものは見たことありますが、どうせ行かれるならイタリア語で書かれた、余りお金をかけずに、そういったものも何百部か持って行って、どうぞ、日本へ、どうぞ宮崎綾町へというようなことで一生懸命宣伝していただきたいなあと思っております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) ここで暫時休憩をいたします。午後は、1時半から開会をさせていただきます。

(休憩午前11時35分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時30分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 質疑を許可します。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) 1点だけお伺いいたします。本年度の予算の照葉樹林プロジェクト関係でございますけれども、374万1,000円と予算額がなっております。予算書をちょっと見てみたんですけれども、いわゆるプロジェクト業務人件費でしょうか、262万円。

 それから照葉樹林シンポジウム補助金30万円、これはわかったんですけれども、後に、この予算の中に含まれているものがあるとすればどういうものになるんでしょうかお伺いいたします。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 今おっしゃいました関係につきましては、先日もちょっと具体的に説明を申し上げたんですが、この今おっしゃいます照葉樹林プロジェクトの推進等々、それから森林セラピーもございますし、現在、いろんな面で森林セラピーの環境自然体験学習なり、また綾町の、私が一番考えていた──思ってますのは、今まで綾町は照葉樹林文化というのを非常に大事にしてきて、現在の綾町がなされてきてるわけでございまして、照葉樹林都市綾町として、これを基調とした中で自然と調和した豊かで活力のある教育文化都市づくりをさらに充実強化をし、そしてこれからはやっぱりソフトということをよく申し上げておるんですが、そういう文化というものを大事にしていきたい。そのやっぱり底流は照葉樹林文化だと、このように思ってるわけでございます。

 そんなことを考えましたときに、今回、いい人材がいらっしゃいましたので、照葉樹林文化推進専門官として、1人推進専門官を採用させていただきたいということを含めた中で、これだけの予算を計上させていただいた次第でございますので、そのように御理解をいただけるとありがたいと思います。

 以上であります。



◆議員(福田正照君) 議長。福田。



○議長(畠中征郎君) 福田議員。



◆議員(福田正照君) となりますと、いわゆる人件費、河野先生の人件費とシンポジウムの30万円を足して残った分が、いわゆる森林セラピーだとか、体験学習とか、もろもろの費用と申しますか、それに充てると、そういうことでよろしいんでしょうか。



○議長(畠中征郎君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(増田俊男君) お答えしますが、予算書の40ページに書いてあります以外ですけども、これに今福田議員が言われてなかった町有林の復元に伴う基礎調査が50万円、これに書いてあります。それと、環境教育講座が小中学校で5万円です。そのほかに、新しくふれあい調査というのを、一応、これは日本自然保護協会の方で行います分があるんですが、それの町が補助するという意味で、町の予算で一応5万円です。

 それと、東京で行われますみどりの感謝祭というのがあるんですけど、緑の森の市、これは九州森林管理局の方が出展をしております。てるはの森の会も一緒に行きますので、綾町からも一緒に行く旅費、それとそのときに配る報償関係の費用が一応9万円です。それと職員の時間外が8万1,000円ということでございます。これに書いてない分、もう一回繰り返しますと、ふれあい調査が5万円、それと緑の森の市が5万円、その他の報償費として9万円、時間外手当が8万1,000円、合計の374万1,000円でございます。



○議長(畠中征郎君) ほかにありませんか。



◆議員(大隈寛君) 議長。大隈。



○議長(畠中征郎君) 大隈議員。



◆議員(大隈寛君) 2つだけお尋ねをしたいと思います。

 まず一つは、ことし、来年度の予算には今のところ反映してないんですが、今国会で成立が見込まれていく、いわゆるふるさと納税制度、これに関してでありますが、ここあたりもやはり今後のことを考えれば、何らかの綾町出身者に対しての何らかの、いわゆるシステムといいますか、仕掛けといいますか、そこあたりはどうなのか。

 それともう一つは、教育長にちょっとお尋ねしますが、この学校総務費の中に、この聞きなれない言葉があるんですが、もちろん報償費なんですよ、費目はですね。地域コーディネーター、私は、この学校関係ですから、今学力向上問題が私も心配している一人として、そういったことなのか。もしくは、地域コーディネーターですから、いわゆるコーディネーターをこうひもといてみますと、調整をする人とか、そういったことで訳するわけですが、いわゆる役割、ここあたりも含めて一つ教えてもらうといいがなあと思って、その2点です。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◎総務税政課長(畠中純一君) ふるさと納税制度についてお答えいたします。 ふるさと納税制度は、20年から募集を始めて21年度から控除というような段取りになろうかと思っておりますけれども、今回の改正でこれが決定するならば、我々は、ふるさと納税制度、納税勧誘という意味でパンフレットを作成したり、あるいはインターネットによるホームページを立ち上げたりして、できる限り町内出身者、あるいは町内出身者でなくてもいいんですけれども、綾町のまちづくりに共鳴する人、こういう人たちに呼びかけてまいりたいと、そのように思っております。



○議長(畠中征郎君) 教育長。



◎教育長(玉田清人君) お答えをいたします。

 教育総務の事務局費の中で、地域コーディネーターというのが報償費で上がっております。これは、20年度から文部科学省の補助事業としまして、学校支援地域本部事業というのがございます。これは、いろいろな学校の支援をしていこうということで、教員の負担軽減とか、そういう手だてをしていこうということで、そして、教員に余裕を持たして、子供一人一人に対するきめ細かな指導をしてほしいというようなことで、文部科学省がこのような事業を立ち上げたところです。

 大隈議員もおっしゃいましたように、いろいろとそういう手だてをする人をコーディネーターということで我々はとらえておるんですが、これともう一つは、今度社会教育の方で放課後子供プランというのがございますけども、これもコーディネーターを当たっていいということで、両方あわせました総合的なコーディネーターとして1人人物ということでとらえております。

 具体的に申しますと、放課後に、例えば中学生を対象に英語の補習みたいな形をやるとか。それから小学校、ことしから始めましたけども、小学校低学年、1年生から3年生までを集めて、夕方、これもやるというようなことを大まかなこうやってプランをつくっていただいて、実際指導できるような人にもお願いをしたいというふうに思っております。

 それからもう一つは、去年地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正がございまして、市町村の教育委員会には、指導主事を置くように努めなければならないというふうな改正がなされました。そういう意味合いも含めて、指導主事的な立場でもまたこのコーディネーターの人に学校、または学校の先生たちの指導を行っていただきたいというふうに今のところ考えておるところです。

 以上です。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 済いません。私は少しじゃなく、たくさん伺いたいことがあります。

 まず、町長の所信並びに施策方針についてですけれども、一つは自治消防団のさらなる充実発展ということでうたってあります。今、国の方は消防団じゃございませんけれども、消防の広域化について広域化するようにという指導をというか、方針ですので、県の方にも伺いましたら、今年度中、3月までの間に試案というのを出すことになってるんだそうですけれども、県の方がなかなか協議がうまく進んでなくて、国からの指導では3月いっぱいということなんだけれども、今のところまだお示しできるものはありませんということでした。電話でお尋ねいたしました。

 綾町は今、西部出張所というんでしょうか、嵐田のところが綾を管轄にしてくださってるわけですけれども、以前から消防署に支払う交付金の部分が多過ぎるということで意見を言ってまいりました。その今広域化について、まだ県の方がきちんとした方針示しておりませんのでなかなか難しいんだとは思うんですけれども、うちの自治消防団との関係でいうと、ますます自治消防団の責任が大きくなるんではないかなと思っておりますので、その広域化に対する町長の見解を伺いたいと思います。

 それから、先ほどもちょっとほかの議員の方の質問にありましたけれども、今回、陸上競技場のリニューアル化、サイクリングターミナルの増改築に伴う設計でしょうか、そういうものが出てきております。先ほど、町長答弁の中で、例えば陸上競技場だと、400メートルにした後に、その中心部分の、中央部分のいずれ改修もというようなことも話されました。これまで、町のその町債の支払いというんでしょうか、19年度がピークということで、これからはだんだん減っていくんだというふうに町長は言っておられます。

 私今宮崎大学の先生で、自治体の財政分析を研究されてる先生の講義が5回にわたってあるということで、先日4回目があったんですけれども、今決算カードを使って、私にどこまでそれが読めるかどうかという問題はあるんですけれども、いわゆる分析について講義を受けてるところなんですが、どこの自治体も多くがやっぱり20年、19年当たりがピークになってるようでした。かなりの人数の方が、議員だけじゃなくて一般住民の方も参加されてるんですけれども、せっかくピークを過ぎて少し楽になるのなあというふうに町民にも説明してきてるわけですけれども、新たにこういうことに取り組まれるということになると、なかなか新年度の予算から借金を返す分を先に差し引くわけですから、住民のところにはなかなか回ってこない状況は延々と続くのではないかという心配をしているところですので、そことの関係でどうなのか伺いたいと思います。

 それから、今回大平山の公民館とか、大平山は集会所というんでしょうか、公民館とは言わないのかもしれませんけれども、あと尾立の公民館、また昭和地区の公民館、これからも宮原とか、古くなってるところがあると思うんですが、最近になって、私は、公民館の整備が本当に必要なんだろうかという御意見いただきました。

 高齢化が進んで、高齢者の人はなかなか公民館の活用もしなくなってると。高齢者世帯の方が、公民館とか、集会所をつくるために負担するものが重くなってきてると。自分たちが若くて公民館でも活用するならまだそういう気にもなれるんだけれども、もう公民館に行くことももうないだろうと思われる高齢者の世帯の方たちの負担を考えると、本当にその公民館が住民の負担を強いてまで必要なんだろうかという考えを伺いました。そういうことも含めると、年次的な整備というのが本当にその地域、自治公民で必要なのかということでいえば、もう少し検討の必要があるのではないかなあというふうに思っているところですけれども、町長の見解を伺いたいと思います。

 それから予算に関してですけれども、今回、町税収入のところでいくと、ほとんどが減ってるんですね、昨年と。ただ個人町民税だけが上昇の予算になってるんですけれども、どういう見通しがあって個人町民税がふえるということになってるのか伺いたいと思います。

 それから、てるはふれあい公園に遊具を設置するということでしたけれども、今保育所の運動会とか、町民体育大会でも使われてるわけですけれども、どこに遊具が設置されるとそういう利用に支障がないのか、ちょっとイメージできませんので伺いたいと思います。

 それから、これも以前から町民の方から御意見いただいてたことなんですが、今回、まだ新年度予算にもニューマイホーム推進の予算が組まれております。昨年の議会でうまくこう何というんですかね、婚姻にたどり着いたというんですか、婚姻ができたというのが、何か町長の答弁か何かであったときに、何年かぶりという言葉があったような気がしたんですね。これまでの本当に今この時代にそういう仲人役というんでしょうか、そういうことが若い人たちにうけるんだろうかという御意見もあって、実績をきちんと聞かせてほしいと今回また町民の方から御連絡いただきましたので、これまでの、もし実績、今この場で御報告いただければこの場で。後で資料をということであれば、それで結構ですのでお願いいたします。

 それから先ほどのちょっと公民館と関係あるんですが、集会所と公民館の違いかと思うんですが、建設するたびにこう事業名が変わりますよね。それは、より負担が少ないという意味で選ばれていくのかもしれないんですけれども、取り組む事業が変わらなければ、変わらなければというか、補助率とかが一緒であれば、どれか一番低いのに絞れないんだろうかと。そのたびに事業名が変わることの意味、なぜそういうことになるのかということを伺いたいと思います。

 それから、照葉樹林関係で、先ほど福田議員が質問したことと視点は違うんですけれども、金曜日、開会日に町長が提案をされました。そのときテレビカメラが入ってましたね。私たちの町長の私たちに対する説明では、先ほど福田議員は河野先生というふうに言われましたけれども、そういう説明はありませんでしたね、全体の予算資料を見ての説明でしたから。そのお昼には、もう名前が出て、給与というんでしょうか──まで発表されてました。

 もう夜のインターネットでは、もう勤務体制まで出てるんですね。もう今ここにそのコピーがあるんですけれども、もう雇用は決まってるんですね、文章でいくと。だから、あと4月1日付で採用される予定というふうにはなってるんですけれども、もう嘱託職員で雇用するというふうになってるんです。私たちは、議会では少なくともそういう説明聞いておりませんでしたので、町民の方から問い合わせがありました。私知らなかったもんですから、だれが専門官になるのか知らないと言ったら、そのもうニュースで言ってると。夜見たら、インターネットでももう出てるんですね。もちろん宮日にも載りました。こういうことっていうのは、私としては非常に議会を軽視してると思いました。もう雇用決まったというふうに宮日に載り、インターネットにも載り、顔写真も載ってることについて、町長はどのようにお考えなのか伺いたいと思います。

 先ほど畠中課長は、大隈議員の質問に対してでしたかね。さっきのふるさとのあれですね、税金を自分が育ったところにやるという中で、国会が通ってないからという質問に対して、課長も、そういうことになるんだろうかと思ってると。要するに、決まってないからそういう言い方されるんですよね。でも、綾町議会では、提案の中で説明もされないことが、その日のお昼には、金額も、勤務体制週5日でしょ、載るということについてどのようにお考えなのか。私は非常に、町民の方からも言われましたけど、議員の人たちは随分ばかにされてるんだねというふうに言われましたので、そのことについて町長の見解を求めたいと思います。

 それから、ひな山まつり、ことしも随分盛況で、私も初めて1日ボランティアに伺ってみました。多くのお客さんが喜んでくださったというふうに感じました。ことし130万円の予算の中で71万5,000円が町からというふうになってると思うんですけれども、金額多少間違ってるかもしれません。ひな山まつりに対して、町が補助する部分というのは、どの部分に使われている部分というか、どういうところに出してどういうことに使われていることになるのか伺いたいと思います。

 それから、これはひな山まつりとの関係があるのだろうかと内心思ってみたんですけれども、観光費の中で花桃を500本植えるという新しい予算が出ておりますけれども、これはどのような目的でどういうところに植栽されるのか伺います。

 それから、綾牛の親善大使というのがありまして、今までは関西だけだったけれども、今度は関東の方にもということでした。どういう方に委嘱されて、今現在はされてて、新年度関東の方でどういう方に委嘱されるのか伺います。

 それから、妊婦健診が長年の要望もかないまして、ことしから2回から5回にふえることになっておりますけれども、この妊婦健診の1回当たり、1人1回当たりに町が補助する補助額について伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 御答弁申し上げます。

 まず、自治消防団の関係の含めて広域行政の関係ですが、私はこの施策所信表明の中で施策方針の中で、自治消防団のことを特にここに掲載させていただいたんですが、やはり私は、これからの本当の地域づくり、まちづくりというのは、自治消防団の精神というのは非常に大事だと、そういう面で自治消防団という非常備消防でありますが、これを大事にしたいと。その中で次の担い手を形成すべきであると、こういう思いもございまして、また郷土愛護の精神を一つの自治消防の目標といいますか、理念にされてるわけでありますから非常にありがたいことでございます。

 そのような面で、自治消防団が常備消防にまさるとも劣らないような活躍をいただけておるということは、これは敬意に値するし、尊重しながら、また次の世代の皆さん方をやっぱり構築する努力をすることが私どもに求められたことであるという認識をいたしておるわけでありまして、その中で、その中でといいますか、今後広域化されるということは国の指導でございます。

 私は、この広域化というのが、今2つの案が検討されておるわけでございまして、その辺がまだまとまってないということで、今、その広域消防の検討委員会というんですかね、この中で私も町村会代表で一応委員として入らせていただいておるわけでありますが、県の立場からいたしますと、県の立場というか、国の指導、県の立場、いろいろな面で総合的に今案が煮詰まってきておりますのは、県を一本化した中での広域消防という仕組みをつくったらどうかと。その方が非常に命令系統、また全体的に一体的な取り組みができるんじゃないかと、こういう案が一つと。

 しかし、30万都市を一つの核としてやるべきじゃないかという、その案も国が示しておりますから、今宮崎市を中心とし、都城市を中心として県南を、県北は延岡を中心として、この3つの広域化というのも案として出されておるわけでございます。これが、まだ一つにまだまとまってないところに、まだいろいろ県もはっきりしたことが言えない立場にあるんだと思っておるわけでありまして、今後、20年度の中でそれを明確にしていくということで、私は、私の見解からすれば、理想的には全県下一本がいいかとは思いますけれども、しかし、そんなに非常備消防と、そして広域消防の常備化と一体的にやっていくという面になれば、余りにも広域化することが本当にきめ細かなそういう消防体制というのがとれるのかどうかというのが。

 だから、ステップアップする段階で、まずは第一段階を踏まえた上で、将来一元化と、一本化という方向に行くべきじゃないかということを私は意見として申し上げておるわけでございまして、しかし、全体的な流れの中では、宮崎市消防局を中心とした中では、今私の案と大体話が一致するわけですけども、ほかの地域は一本化してほしいという意見等があるということがあるわけでございまして、これから議論をしていかなきゃならないということでございます。そのようなことに今なってることをあわせて報告を申し上げたいと思います。

 それから、先ほど、日高議員からも質問がございましたが、今後、陸上競技なり、ターミナルなりの改修と、財政的な面はどうかと。もう私たちも起債というものをできるだけ軽減させていくということは当然の目標でございます。その中で、ことしの一般会計の予算を見ていただきますと、臨時財政対策債しか借りておりません。そういう面で起債残高というのをもうできるだけ減じていくと。

 提案理由の中でも説明申し上げましたように、これから年々減じていくという方向になりますが、その中で整備すべきものは整備をしていかないと、もう起債を全くゼロというわけにはまいりません。財政運営上、支障のない範囲内で、財政計画に盛り込みながらそういうものをきちっきちっと、その計画をしっかり達成をさせていきながら今後の財政運営を考えていくという面で、当然、これを織り込んでおるわけでございまして、いつも申し上げますように、綾町の起債というのは7割は財源補てん措置がなされておるということでありまして、ほかのとこからすると、内容的なものは御案内のとおり、公債負担比率等は宮崎県下では一番低いわけでございますから、そのようなことを御理解をいただければ、何ら財政的な面で心配を町民にかけることはないと。その中で、今後そういう計画を立案させていただいたという面で、私はそういう考え方で、やっぱり将来の綾町のまちづくりというのも視野に入れながら、そして一方では健全財政をどう担保しながらやっていくかということは、これは我々の財政運営ということで、町民の生活と暮らしを守り、将来のまちづくりを検討しながら、一方では、財政というものを健全化していくと。これが私どもに課せられた大きな役割であるという立場の中で取り組んでおるということを御理解いただきたいと思います。

 それから公民館建設の関係でありますが、私は今橋本議員さんがおっしゃることとはちょっと考え方が違うわけでございまして、もう今後においては地域コミュニティーというものをしっかり構築していくべきだし、また高齢化社会であれば、なかなか遠くには行けないけど、今お達者クラブ等についても地元であれば、そういうものにはどんどん活動ができると。そのためには、今までの公民館、あるいは集会所にしては、今の実態からすると、水洗トイレでもないし、冷暖房装置もないし、そういう面では使い勝手が悪いと。

 そして、これから生涯学習という面で、本当に自己実現を目指し、いろんな面で人間味豊かな地域社会をつくっていくためには、そういう活動も積極的に展開する。これはもうやっぱり自治公民館がこの所信表明の中でも出しておりますように、私は公民館活動が、この地域づくり、まちづくりの原点だと、このように住民自治というものはそうあるべきだと、こういう認識で、今後についてはそのような取り組みをさらに踏まえながら、これからこそがそういう自治公民館の役割と、その取り組みの必要性というのはますます深まってくると。現在宮崎市でもいろいろ論議がなされてるのは、そういう面が希薄になりつつあるところに問題提起がなされておるんだと私は認識をいたしておるわけでございます。

 それから、できるだけ公民館を改修する際に、地元負担、地域によっては非常に戸数の少ないとこで、例えば尾立地区なんかについては、戸数が少ないし、高齢化比率も高いわけでありますから、これはできるだけ公の立場で援助すると。そういう面で、地元の負担をできるだけ軽減しながら、しかしみずからの公民館だと──自治公民館だという立場もある程度は堅持しなきゃならないという面で、私たちはそういう負担軽減を図る意味で、そしてまた時代の流れの中で国政、県政の中で、いろんな事業が展開されるわけでございますから、そのような事業を取り入れることによって負担軽減を図るという面で、だから事業名がそれぞれそのときの状況によって、また制度導入を、どれが一番地域住民のため、公民館員のためにはどれがいいかという面で取り組んでおりますから、そういう面での事業名が変わってくることも御理解をいただきたいと、このように考えておる次第でございます。

 税収の関係については、固定資産税等々がふえるわけでございますが、法人税は現在の現行の中小企業の厳しい状況からするとなかなかふえてこないと。こういうことで、町税については固定資産税がふえると。具体的なことは、また課長の方で答弁させたいと思っております。

 それから、てるは公園の遊具施設については、あそこはてるはふれあい広場でありますし、綾町も子育て、健全に子育てができる、子供たちを健やかに生み育てる。そういう環境をつくっていくためには、あそこが、今てるは公園全体がふれあい広場でもございますから、あそこに子供の遊具を設けることで、また子育てが容易にでき、健全なまた子供たちの育成ができる場にしたいと、こういうことで、今ちょうど、東側の方の入り口の右側の方に芝生が張ってございますが、あの芝生の一帯に遊具を取りそろえたいと、こういう考え方で今回予算を上げさせていただいた次第でございます。

 将来において、あそことの整合性を図りながら危なくないように、そして駐車場の確保もある程度していけるような体制の中で取り組んでいかなきゃなりませんが、芝生の一帯に東側の北側の方でありますが、あそこに芝生がしてございますから、あそこに遊具施設を備えたいという考え方でございます。

 それからニューマイホーム推進の予算も、今回も計上させていただきましたが、できるだけこれは理解をいただいて、どちらかというとボランティア的な面でもお願いをしてるようなことで、わずかな予算を計上させていただきました。私は、今こそ、これはもう実績として、完全にこことここはでき上がったということにはなりませんけれども、やっぱりその事前のやっぱり取り組みの中で結果的には成就するという形になっていくわけでございまして、私は今こそ、このような体制が必要な時代はまだほかにないというほど、やっぱりこれは適任者がおるならば継続していくべきだと。しかし、高齢者という面もございますから、それ相当の気持ちだけの報酬でお願いをしていくということで。実績等について、あるいはまた見合いの件数、その他については、また資料を持って委員会で報告をさせたいと思いますから、そのように御理解をいただきたいと思います。

 それから、先ほど、御質問ございました議会軽視ではないかということでございますが、そんなつもりで私たち提案しているつもりは毛頭ございませんので、それは御理解をいただきたいと思いますが、今回、私どもやっぱり綾町の基本的なまちづくりをさらに推進していくために、そのような先生が今回退職をされるということでありますから、事前にいろいろ相談をし、そして提案をしていく。その中で、今知る権利等々、その他もございまして、なかなか私たちもどこで発表すべきか迷うわけでございますけれども、しかし、少なくとも議会に提案をした上でないと、私どもとしてはそんな報道してもらっては困るんだと。それは、議会がやっぱり何といっても、議会が承認いただかないことにはこれは実行には移せないわけでありますから、いろんなこと等で、やっぱり報道が、これは国の予算関係についても、もうまだ議決もない前にどんどん報道されていく。どこでそれだけの情報をとるのかと、私たちも不思議な面もございますが、私たちも綾町のこの存在をアピールする面で、どこまで内容を知らしめていいのかどうか、非常に難儀をするわけでありますけれども、しかし一方では、そういう面を評価いただけるという面では、ある程度はやっぱり報告をしなきゃならないし、内容を知らしめなきゃならない。

 そういう面で、私は具体的に、名前こそ挙げませんでしたけど、そのような提案をさせていただいたわけでございまして、名前まで言えばよかったんですが、そこまで言うべきか迷ったわけでありますけれども、そのような考え方に立ち及んで、そういうことで、今回そのようなことを御理解をいただいて提案をさせていただいたと、こういうことでございまして、橋本議員さんおっしゃるように、そんな議会軽視とか、そんなことをもう考えた上で行動した、あのような報道につながったということでは決してございませんから、それは御理解をいただきたいと思ってる次第でございます。今後については、なお一層、そこら辺は私どもとしては、議会を尊重する、結果的にはそういう形になっていけるように、さらに努力をしてまいりたいと思ってる次第でございます。

 それからひな山まつりの関係については具体的には課長の方で答弁させますが、この花桃を500本植えるというのは、桃源郷というか、桃の節句がこれだけ盛んになってきたわけだし、綾町のこの花いっぱい運動の今度は木をもって、樹をもってそういうことの取り組みをやって、本当に心いやせる、そして風景が、あるいは景観が、よくなっていけるような形の中で、各この公民館単位でお願いをしたり、あるいは公共用地に植えたり、場合によっては、町並みのそれぞれ希望者によりましては、家庭に植えられる方は家庭に配布したり、そういうこと等を今後考えて、またひとつの綾町の彩を添えたいと、こういう考え方でございます。それから、親善大使の関係については、今関西方面でこれは基本的には綾牛が非常にうまいと、これを中心に自分たちはこの今後消費拡大を図りたいと、そういう方々が特に綾町にこだわり、綾牛のよさを知っていらっしゃる方にお願いをしていくということで、関西方面に一人、今お願いをしておりますから、関東でも綾牛しか売らない、綾牛が一番おいしいんだと、こういう方に親善大使の称号を与えることによって消費拡大につなげたいし、ブランドを確立したいと、こういう考え方でございますから、そのような面で取り組んでいきたいと思ってる次第でございます。

 あと不十分な面等々については、所管課の方からまた説明をさせたいと思いますから、一応全体的にはそのような考え方で、今回予算を計上させていただいたということで御理解をいただきたいと思ってる次第でございます。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 総務税政課長。



◎総務税政課長(畠中純一君) 町税の中で町民税がふえてるっていうことでありますが、その理由といたしましては、19年度の4月、5月の町民税の中には、従前の──ああ、19年度からフラット化が始まったんですけど、10%税率っていうのが始まったんですけれど──18年度の定率で課税した特徴分が4月、5月に含まれてると。特徴は12カ月で納めることになってて、4月、5月が、19年度、18年度定率で課税したものが、19年度に入ってるというのが大きな要因でございます。



○議長(畠中征郎君) 産業観光課長。



◎産業観光課長(向井好美君) ひな山まつりの助成の補助ですが、130万円支出をいたしております。まあ、そのうちの約60万円が県費補助ということで、県費をいただいてるところでございます。内容としましては、ひな山の製作、それからポスター、パンフレット等の製作、それからスタンプラリー、放送であるとか、ぼんぼり、それから開会行事の看板、それから警備等に使用をいたしております。費用といたしましては、130万円を超える費用の支出があるようでございますが、商工女性部が中心となってやっておりますので、まあ、商工女性部の予算も一部使いながら、今、ひな山まつりをやってるところです。

 ただ、最近では商工女性部だけではなくて、壮年部、それからJA綾町、それから地域婦人連絡協議会、ま、それぞれの団体が中心となったひな山まつりの実行委員会を組織いたしまして、ま、それぞれの協力をいただきながら開催をいたしてるところでございます。

 まあ、おかげをもちまして、昨年よりもことしはふえたということで、ま、特に警備等についていろいろと支出がふえてるようでございます。

 以上でございます。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 妊婦検診の関係でございますけど、今のところ5回で2万9,700円という金額を予定しております。ま、それぞれ検査項目が違いますので、初回につきましては、大体1万1,000円、2回目、3回目につきましては2,690円、4回目、5回目につきましては6,630円を現在のとこ予定しております。料金が違うのは、高いところはエコーの検査が入ってるということで御理解いただきたいと思います。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 委員会の所管の部分とか、また、委員会でお尋ねしたいと思うんですが、町長、先ほど、照葉樹林の関係で議会を軽視したつもりはないっていうことでした。そのようにおっしゃるだろうと思ってます。

 ただ、起きてる事は、そうですよね。私、町長にも先ほど早口でなかなか書けませんって言いましたけど、ここの説明をされるときには、名前を、その、言うかどうか迷ったっておっしゃいましたけど、記者の方には言ってるわけですよね。町長が言ったかどうか別としても。そんなに大したこと言っていらっしゃないと思うんですよ。提案理由のときはね。

 でも、新聞記事は、すごく細かいですよね。週5日……、原則として週5日勤務し、1年ごとに更新する。町企画財政課に籍を置きって。もう、全部書いてあるんですよ。で、もう、とにかく雇用するっていうふうに書いてあるわけですから、町長はそういうつもりはなかったっておっしゃると思ってましたけど、起きてる事はそうだと思うんですよ。名前を言うかどうか迷ったどこの話じゃないですよね。名前から、で、もう先生のコメントまで書いてあるわけですから。だから、その先生のコメントは町の責任じゃないっておっしゃるんでしょうけど、どう見たって起きてる事は議会軽視ですよ。

 ですから、だれかが情報をちゃんと提供してるわけですよね。だから、起きてる事について、町長のつもりはそうであったとしても、起きてる事は議会軽視なわけですから、私としては、きちんと、こういう情報はどこから漏れたのか、また、その漏れる、漏れないの話ではないわけですよ。本当はね。何も悪いことをするんじゃないって言えばそうですけど。でも、議会っていうのは、そういうとこじゃないと思うんですよ。だから、議会に説明して、まだ、質問も議員から受けてない時点で、提案されたから公表していいんだと、金額もきちんと書いてありますよ。262万円って。

 だからね、そういう、その、町長の本意とは違ったことであっても、起きた事はどう考えても議会軽視で、もう雇用するって決まったように書いてあるわけですから、そんなつもりはないっていうことの答弁では、私は納得できません。で、きちんと情報の出どこも確認した上で議会にきちんと報告されるべきだと思っています。

 あと、答弁いただいた細かい点につきましては、また、委員会なりで聞いていきたいと思ってます。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 御指摘をいただいたわけでありますが、私たちもこれから情報のコントロールというのはおかしいんですけど、その面についてはしっかりやっていきたいと思っておりますが、まあ、そこら辺が具体的に提案をどこまですべきなのかっていうのが、私たちも、報道というのはあんまり先走るという面は、確かに心配をいたしております。しかし、報道は報道として、この積極的な報道を心がけていらっしゃるっていう面もあったりして、いろいろ思い悩むことがあるんですが、せめて最低でも議会が開議されない前にそんなことが出ていったら、それこそ大変な事になるっていう面もございまして、まあ、しかし、いずれにいたしましても、結果としてそのような捉え方をされることは、私も遺憾でありますから、今後についてはそういうことにできるだけならないように最善を尽くしたいと、こう思ってますので、そのようなことの立場を御理解をいただけたらありがたいと思ってます。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君)  私は、その、町長が提案される中で、どこまで個人名を出すか、出さないかっていうこととかね、報道の自由のことで、それをおさえようとかそういうつもりじゃないんですよ。

 どっからか情報が出てるわけですよ。確実に。少なくとも綾町の役場内から出ない限りは、勤務体制までわかるってことないと思うんですよね。だから、町長が、ここで公表して、だれだれで、勤務もこういう形で、人件費に関しては純粋に……。あの、予算書にはその部分って書いてありますよ。262万円。でも、その河野氏の雇用が認められてたら、262万円払ってこういう体制で企画財政課に籍を置くんですって、おしゃってないことがね、出ていくっていうのは、綾町の役場内から出ない限りは、絶対、その、何ていう……、記者が熱心に取材したとかね、報道の自由を、その、妨げるんだなんてこと、次元の話ではなくって、議会がまだ議決もしてない、質問もしてないときから、雇用が決まったって書かれるような情報を出してる事の方に問題があるんであってね、わたしは、その、記者の方がそこまで全部聞き出してね、議会で言ってないことまで聞いてきたとってのは、不思議なんだって言われれば、それだけかもしれませんけれども、少なくとも人事に関することであれば、議会の議決もないうちから雇用されるっていう報道のところにいくような情報を流すことの問題を言ってるんであって、決して、その、マスコミの人、記者の方たちのね、記事を書かれることとか、熱心に取材されることをとやかく言ってるんではないんです。

 ただ、こういうのが載れば、当然議員は知ってることとして、私以外の議員のところにも来ているんですよ。そういう連絡が。だから、起きてる事が議会軽視なわけですから、それはきちんと認めていただいて、そういう、その内容まで、どういうところを通じて情報が出ていってるのかってことは調べて報告してほしいってことなんです。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) そこら辺が、もう、私どもとして、何て言うんですかね、やっぱり我々としては議会の議決が前提でなければこのことにはなれないということは、しっかりそれは言ってるつもりだと思ってるんですけど、しかし、報道機関としては、やっぱ、書き方、あるいは捉え方っていうのがそんな面が出てくる可能性は、私は否定できないと、こう思っておるんです。

 まあ、しかし、いずれにいたしましても、今後においては、そういうことができるだけ発生しないように、まあ、そのような面で、これはやっぱり、こういう予算を提案をしたら、やっぱりそれを、これはもう、公に出したわけでありますから、内容をいろいろ聞かれる場合は、やっぱり知らしめなきゃならないという面もあったりして、そのようなことでなってしまったということであると思っておるわけでございまして、いずれいたしましても、私どもとして、指摘がありますことが、これを決してそういう誤解、あるいはまたそういう議会軽視的な捉え方をされるというのは、気持ちとしては私は心外な思いもいたしますから、今後については、そういうことがないようにしっかり努力をしたいと、こう思ってますので、そのようなことで御理解いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。



◆議員(入船康紀君) 議長。入船。



○議長(畠中征郎君) 入船議員。



◆議員(入船康紀君) 1点だけお伺いいたしますけれども、ま、省エネ対策が出ていますけど、まあ、今回の一般質問でも同僚議員が心配されておりますけれど、面積が5ヘクタールということでありまして、やはり、今大変、重油高騰の中で、ハウス農家、省エネっていいますか、いかにハウス内の気密度を守るかということで、必死でありますけれど、この資材というものがプチプチシートかなと思いますけれども、まあ、現在、それを使ってですね、大変機密性があるということも聞いておりますし、今回単年度かどうかわかりませんけれど、まあ、面積的に25、あの5ヘクタールってことは、面積的に2反してもですね、25名ぐらいのことで、今のハウス農家、これが実施されれば、すべての方がこれに飛びつくんじゃないかと考えておるわけでございまして、まあ、いいことはわかっちょるわけでありますから、まあ、来年度事業も、こう、ぜひともやっていただくようにお願いいたしますが。

 まあ、一つは、前、ハウスの防風対策ということで、防風網の補助があったわけでありますけれども、それも何名かそれをしたわけでありまして、そのときは経構の関係で単年度で終わったわけでありますけれども、まあ、そのときの担当の職員からすれば、やはり試験的にやってこれがよけりゃぁやるというようなことでありましたけれども、ま、単年度で終わったというようなことがありますから、できますならば、色々と予算的なこともありますし、面積的にどうかなということがございますし、まあ、その辺の考え方をお聞かせ願えたらと思っておりますけど。よろしくお願いします。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 今回は重油が高騰いたしまして、従前からすると倍以上上がってるということで、これは予算書に上がっておるわけでございますが、プチプチシートを3重張りにすれば、かなりの機密性が保てて省エネにつながっていくんではないかと、まあ、こういうことで一応当初予算では5ヘクタールということで計上さしていただきました。まあ、これはもう来年の冬に備えるわけでございますので、これからまた、それで園芸農家等々に意向を聞いて、万が一これだけの面積では足らないというようなことがある場合は、ま、財源のこともあわせて考えなきゃなりませんけど、必要に応じては、これは予算を補正でも、また追加補正でもお願いしていくという思いはしてございます。

 しかし、どれだけニーズがあるかというのが、まだ現時点ではなかなかつかめませんので、一応5ヘクタールをという考え方で今回一応予算を上げさしていただきました。

 それと、もう一つは、重油対策として、この基金関係については昨年同様基金造成をお願いするということで、維持したんですが、もうちょっとふやしたかったんですけども、まあ、今んところ、基金残高的な中で全体的にまだ動ける状況でもございましたので、価格保障制度の中で上限価格と下限価格をもっと幅を広げて一番の消費の需要期にはそれでできるだけ補てんをしていけるような、全体的にこれは系統・系外も含めた中で、そういうふうに対象を広げていかなきゃいけない。この制度にこのシートを導入されない方は、今度はそちらのほうでもカバーできるように、その2本立てで、今回私どもとしては予算措置っていいますか、考え方を整理をいたしてる次第でございます。まあ、そんな気持ちの中で今後取り組んで行きたいと思っております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第21号は総務委員会に付託し、あわせて所管事項については文教福祉委員会に審議委任したいと思いますが、御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号は総務委員会に付託し、あわせて所管事項については文教福祉委員会に審議委任することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第22.議案第22号



○議長(畠中征郎君) 日程第22、議案第22号平成20年度綾町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第22号は文教福祉委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第23.議案第23号



○議長(畠中征郎君) 日程第23、議案第23号平成20年度綾町老人保健特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 町長の提案のときに、綾町の本町の現状として急激な医療費の伸びがあるっていうことで言われました。まあ、後期高齢者の方でお聞きしてもいいのかも知れませんけれども、町民の方の中で、高齢者の方の中で、入所を希望されてきて、入所がかなわないために入院になっていると思われる例はないのかどうか伺いたいと思います。

 それから、町長も御存じかも知れませんが、綾町の役場の前に電気治療をするところが今ございまして、1日80名を超える方々が通っておられると聞きました。で、まあ、1年近くにもうなるのかなということで、何人か利用者がふえると1カ月ずつ、こう延びていくんだそうです。無料の期間が。で、今のところ3月いっぱいというふうになってるようですけれども、また数人ふえるとそれが延びるということで、ま、100人ぐらいいるとかなり恒常的に利用できるらしいんですね。で、みんながこうお互いに誘い合って少しでもふえて長く無料の期間が続いてほしいっていうふうにおっしゃる方もいらっしゃいます。

 で、これが非常に機械が高くて、小さい方、大きい方っていう言い方をするんですけれども、小さい方は、何かいろいろ入れると50万円ぐらい、大きい方が70万円ぐらいになるんだそうで、通っている方々のお話を伺いますと、綾町はお金持ちが多いらしくて売れるんだそうです。で、お金持ちが多いねっていうふうにそのお店の方が言われるそうで、かなり売れてるそうです。それで、中には年金暮らしの方で、30万円頭金を払って、残りを60回払いのローンを組んだっていう方もいらっしゃるそうで、年金暮らしの方が60回のローン組んでどうするんだろうと、まあ、不安に思ったりするんですけれども、とにかく、よく売れてるそうです。で、御主人が50万円のを買ったら、奥さんもほしいので、どうしても大きい方って70万円の方、また買ったという方もいるそうです。

 それで、なぜこういうこと言うかって言うと、お年寄りの方々は、1人30分ぐらいいすに座ってるだけだそうですけれども、それと、その8台ぐらいあるそうなんですね。そのいすが。そこでいろんな健康の話とか、まあ、世間話もされるんでしょうけれども、ひとつは、そういう、こうサロン的な役割もあるようで、私の知り合いの方も、もう8時、9時にはそそくさとリュックをからって出かけるんですけれどもね。

 で、以前、うち、委員会で空き店舗利用のサロンの視察もさせていただいて、ぜひ綾町でも取り組んでほしいっていうことも申し上げたことあるんですが、一応高年者研修センターの方でお茶を出したり、ま、1日過ごせるような状況もあるのでって町長もおっしゃたんですが、多分立地条件もすごくいいんだと思うんです。役場の、庁舎のまん前で。で、その医療費の問題とね、無理やり、何ていうんでしょうか、こじつけるつもりはないんですけれども、やっぱりそういうところに毎日行って、一定のまあ、治療効果もあると皆さんおっしゃるんですけれども、そういうこともできて、なおかつ健康の話も聞いて、世間話もできるっていうのがね、やっぱり、こう、高齢の方々の楽しみになってるっていうのも否めないと思ってるんですね。で、そこに行けば、病院に、じゃあ、行く回数が減るかっていうとね、病院にはきちんと行ってくださいっておっしゃるそうですので、医療費に直接結びつかないとこはあるとはいえ、やっぱりそういう場所が希望されてるっていうのは現実なんだろうと思ってるんですね。

 で、町長も、そこで、その、通ってらっしゃる方を御存じかも知れませんが、こういう現象をどのようにとらえていらっしゃるのか、伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 最初の御質問でありますが、なかなか実態として、介護保険と関係もあるんじゃないかと思ってるんですけど、そういう面では入院が、ある面では抑制されておるというか、そういうことがあるのかなという面もありますが、一方では、どうしても介護保険制度の中で在宅介護っていいますか、そういう面等々でできない分等が入院の方にまわる面もあったりして、私ちょっと、実態がちょっとまだ把握してない面もありますから、また、質問の趣旨がちょっとよくわからなかった面もございますので、もう1回担当課長からも答弁をさしたいと思ってますが。

 そのサロンの関係についてちょっと考え方を申し上げたいと思いますが、私も実は余り知らなかったですが、私のおばが行って調子がいいという話を聞いて、どんなあれかなと、そりゃあ、まあ、失礼な言い方ですがペテンにかからんようにせにゃいかんよという話等したわけですが、なかなか効果があったりして、どうだこうだっていうことで、まさか機器類がそんな形で売られておるというとこまでは実態は知りませんでした。

 ただ、さっきの高年者研修センターの関係をちょっと申し上げさしていただきますと、あそこはあそこで、私もこないだも、あそこ階段をこうつくってほしいということでありましたから、まあ、とりあえずその階段をつくって、そして温水プールとお風呂とこの利用があって、もう非常にサロンはにぎわっておると、こういうことで、サロンに来た人たちが、また図書館の方に行って1週間1回はいろんなビデオを見て楽しんでいただいておるとかっていう面で、そういう面をもうちょっと掘り起こしていけば、このサロン的な機能としては、高齢者研修センターは非常に今機能しておるんじゃないかなあと。まあ、そこら辺に行かれる方は、いろんなやっぱり口コミの中で行っていらっしゃるのかなと思ってるんですが、まあ、医療費の関係は先ほども報告申し上げましたように、伸び率では、まあ、12.4%、入院では22.38%も見込まなきゃならないような実体にあるということは、まあ、そこら辺の成果というのが上がってないのかな。前は老人医療どんどん、どんどん下がっておりましたけど、今回はどんどんどん上がってくるというのは、どこに問題があるか。これをしっかり分析をして、また、高齢者の皆さん方の健康づくりに、さらに、さらに取り組んでいかなければいけないと。実態的には入院が非常に伸んだっていうとこに、医療費が伸んできたんだなあと、このように思ってるわけですから、これ、一時的な現象なのか、恒常的な現象なのか、そこら辺を十分チェックをして、今後に備えなきゃならないと思ってるわけでございまして、その立町の関係については、そこら辺しか、私としては把握してませんが、まあ、うちのサロンの利用というものも、しっかりもうちょっとPRをして、うちの場合はバスで送迎をするということもあるわけでありますから、そのよさというものをもうちょっと高齢者の皆様方に知ってもらって、そこでどうしても満足いかない人は、まあ、こういうとこの民間もまた一つのそういう癒す場かも知れませんけれど、そんなことを踏まえながら今後取り組んでまいりたいと思っております。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 社会的入院が完全にないとは言い切れないんですけど、多少は社会的入院もあるかと思います。それと、やっぱり医療の高度化といいますか、心臓とかいろんな面で医療の高度化による経費の増というのが原因ではないかと考えております。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第23号は文教福祉委員会に付託することで御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号は文教福祉委員会に付託することに決定をいたしました。

 ここで暫時休憩をいたします。

(休憩午後2時29分)

………………………………………………………………………………

(再開午後2時43分)



○議長(畠中征郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第24.議案第24号



○議長(畠中征郎君) 日程第24、議案第24号平成20年度綾町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 今回、後期高齢者医療制度の問題につきましては、一般質問も通告しておりますので、またあと、所管の委員会でもお聞きできると思っておりますけれども、特定検診の、その、いわゆる歳出の3ページの保健事業費235万2,000円が計上されておりますけれども、その内容につきましてのみ質問をいたします。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 後期高齢者の対象者につきましては、検診は町内の各医療機関に委託することで、今調整をしておりますので、まあ、申し込みを受けまして、受診券っていうのを発行しまして、それを持って町内の医療機関──契約する医療機関──に行ってもらって、そこで検診を受けるということになります。検診内容については、腹囲の測定以外は一般の特定検診とあまり変わらなかったと記憶しております。

 以上です。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第24号は文教福祉委員会に付託することで御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号は文教福祉委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第25.議案第25号



○議長(畠中征郎君) 日程第25、議案第25号平成20年度綾町介護保険特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 2点だけ伺いたいと思います。

 平成20年度が第3期の最後の年になるということで、町長も提案理由でおっしゃっておられました。第4期事業の保険料も含めての見通しは現状から見てどうなのか。

 それから、特定高齢者の、いわゆる介護予防事業ですけれども、平成19年度に取り組まれたと思いますけれども、その19年度の取り組みと、20年度のその、特定高齢者の介護予防事業の取り組みの違いがあれば、確か19年度は3カ月間だったんじゃないかと思ってるんですけが、参加者も含めまして、20年度が19年度と比較してどう変わることを見越して予算計上されているのか伺います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) これで今回第3期が終わるということで御提案申し上げたわけでありますが、今までの状況を見てみますと、おおむね、大体想定している状況の中で推移をいたしておるということでございます。

 ただ、やっぱり年々認定者数は伸んできておるということでございまして、そんなようなことを考えたときに保険料が現状維持でいいのかどうか、そこら辺はちょっと第4期の中で十分検討していかなきゃならない。ただ、1期、2期、3期まではおおむね、当初計画しておった数字で大体移行しておるという状況でございますから、大きな変わりはそんなにないと。

 ま、ただ、今回ご案内のとおり、小規模多機能型在宅介護施設が整備されてくるということ等もございますから、そういう施設の拡充強化等も含めた中で、現状をずっと第3期目のような状況で移行するとはいまのところ、厳しい状況にあると、このように考えてますし、保険料率でも今回現実的には厳しい、この国保会計の中ではそういう説明を申し上げたわけでありますが、そんな状況等もございますので、今後の見通しとしては、まだ、はっきりは申し上げられませんが、一応私としてはそのようなことを踏まえながら、第4期計画に取り組んでいかなきゃならないと、このように思っておるところでございます。

 予防事業の内容等については、所管課から説明を申し上げると思いますんで、よろしくおねがいします。



○議長(畠中征郎君) 福祉保健課長。



◎福祉保健課長(山口一徳君) 第4期事業計画については、まだ国から数値目標とか、介護報酬がどのように変わるかというのが若干見えない部分がありますので、その辺を勘案しないと保険料どうなるかというのは難しいと思っております。介護予防事業につきましては、特定高齢者を見つけるというが重要でございますので、地域包括支援センターを中心として、特定高齢者の発掘に努めまして、努めるとともに、昨年いたしました、運動機能等の介護予防が非常に効果があるというふうに担当保健師等も言っておりますので、積極的に特定高齢者の掘り起こしをいたしまして、まあ、回数をことしよりも多くできるように調整いたしたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第25号は文教福祉委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号は文教福祉委員会に付託することで決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第26.議案第26号



○議長(畠中征郎君) 日程第26、議案第26号平成20年度綾町農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第26号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第27.議案第27号



○議長(畠中征郎君) 日程第27、議案第27号平成20年度綾町公共下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 数点伺いたいと思います。

 1点は、加入状況なんですけれども、平成19年度の3月末を迎えて、見通しはどうなのかということについて伺いたいと思います。

 それから、提案のときに8ページの一般会計の繰入金……、8ページでしたかね。繰入金の問題と、それから一番下にあります、8ページの下にあります、調査委員のところなんですけれども、町長のちょっと説明を聞き漏らしてるってか、ちょっと理解できない点がございましたので、その2つについて改めて説明を求めたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 加入状況はですね、ちょっと加入状況から先に申し上げたいと思いますが、現状の中では、提案理由の中でも申し上げましたとおり、この加入状況については、19年度までの一般家庭の加入見込み数が451件ということで、御報告を申し上げました。それから、この以外に公共施設加入数が16件ということでございます。それで、20年度の加入見込みは139件ということで見込まさして、提案をさしていただいたわけであります。ま、全体的な加入世帯の状況を見てみますと、当初の計画からすると、加入率がおおむね45%ちょっとだという状況でございます。

 まあ、当初の計画からすると、若干落ち込んではおりますけども、今のとこ、大体順調な方向の中で行ってるんではないかと、まあ、このようには考えてますが、一般住宅の関係の戸数をもうちょっとふやしていける努力をするということが大事であると思っておりますので、そのようなことで取り組んでまいりたいと。まあ、利用いただいた方々については非常によかったと、こういう評価もいただいておりますから、今後推進を強めていきたいと思っております。

 町債の内容、ちょっと、質問のちょっと意味わからない面があったのですが、起債充当率が95で、交付税算入が50%ということで、今回この起債を建設費として補助金を除いた分を8,070万円、今回町債費として上げさしていただいたわけでございます。充当率あるいは交付税算入は95と50と、まあ、こういうことで計画をさしていただきましたことを報告申し上げたいと思います。

 以上であります。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 戸数については、提案のときに、説明……、説明っいうか、明らかにされたわけですけれども、その45%で計画より若干少ない加入ではあるけど、おおむね計画通りということなん……、答弁だった思います。で、半分弱ということになると思うんですけれども、その、加入が計画より若干と言えども少ない、まあ、50%いっていないというの中で、まだ、加入されていない世帯の理由っていうのはどういうところにあるというふうに把握されているのか伺いたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) これ、いろいろあるんだと思っておるんですが、まあ、結果的には、やっぱりそれぞれの住宅の改修、水洗化への経費がやっぱり出てくるという面と、まだ、その必要性をなかなか実感されてないと。ま、こういうことが背景にあるのかなあと、このように考えてますが、制度の内容等の推進もまだ不十分な面もあるんではないかと。ま、このように考えておるわけでございまして、19年度が特に見込みからすると、非常に、この、ごらんのとおり90万円使用料を補正しなきゃならない状況になったということで、まだまだ、PR、あるいはまた推進が弱いという面もあるんじゃないかと。ま、その背景は、経済的な厳しさもあると、このように私は認識をしておりますので、その面はいろんな面での資金手当、その他で補いができるような方向で、また、理解を深めて加入率を高めるということでなければ、この事業の成果っていうは上がってこないわけでありますから、そういう考え方に基づいて取り組んでまいりたいと思っております。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 私のところに聞こえてくるのは、高齢者の世帯で家も古かったりすることもあると思いますけれども、自分たちの世代が、まあ、終わったら、後に、その、住む予定がない方はやはり取り組むっていうのは難しいと──もちろんその経済的な負担があるからですけれども──で、そういう方はやっぱり例えば借り入れの利子補給をするとしても取り組まないと思うんですよ。自分たちが住まなくなった家に後に住んでくれる予定がなければ、まして、手を入れてお貸しするような状況にもないということになればね。

 ですから、私は、公共下水道を取り組むことにずっと反対はしてきてるんですけれども、そういう、その、幾ら説明を受けても、その、先ほど言った、必要性が薄いってこともあるとおっしゃいましたけど、一定経済的な事情が許したり、後からその方がいれば、自分自身は我慢できるとしても、その必要性ってか、快適な方がいいっていうのはあると思うんですけれども、やはり、一番多くは自分たちが住まなくなった後に住む予定のないところにお金は入れられないっていうことだと思うんですよね。そういうことになると、なかなか、先ほど言った、利子補給するとか、借り入れに対して保証するとか言っても難しいんだろうと思うんですけれども、例えば、公共下水道の区域内での高齢単独世帯、例えば、高齢化世帯・高齢者世帯とかっていうのは、数値とかっていうのは把握されていらっしゃったら教えていただきたいと思うんですけども。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) 今、おっしゃいますように、その辺の実態調査をもうちょっと深めていかなきゃいかんとは思っております。ただ、今現状の中で生活環境を改善するということにもうちょっと重点を置かないとですね、せっかくの、この事業っていうのが生きてこないという、私は捉え方をしてるんです。それはもう、次を継ぐ人がいないとか、住む人がいないということもあるやもしれませんが、私どもは今の生活環境を、やっぱり改善努力を、改善環境を改善するという取り組みを、私たちの町の立場からすれば、公共事業を推進する立場からすれば、そのことに取り組んでいかなければ、それは、私はせっかくのこの事業が生かされないと。おっしゃるような問題点はありますけど、まあ、そこら辺をもうちょっときめ細かな方法が取れるとするならば、そういう面での理解を深めるということに取り組んでいくべきではないかと。確かに、ただ、中心市街地の関係が主体でありますから、まあ、しかし、そういう面での推進、まあ実態を把握した上でまた我々としては、そこ辺の推進に対する、どう構築するかということは検討しなきゃならんとは思っております。

 幸い、綾町全域の、この町村の設置型の合併処理浄化槽については、予想を上回る、やっぱり成果が出てきておるというふうに、私は見ておるわけでありますから、ま、そういう1回使った人、あるいはまた、厳しいけどもう高齢者になって足腰が痛いという皆さん方には、ぜひこれで福祉のサイドからも推進をしていかなきゃいかんと。私はそのような思いの中で、まあ、この必要性というのは実感してますし、私自身も親を抱えて、親を見てきた立場からすると、皆にその思いをやっぱり、この伝授というと失礼ですけど、まあ、そういう思いを抱いていただけるように行政としてはやっていくことが、我々の務めだなあと、こういうふうに思っております。

 以上です。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 多分、もともとの見解がね、町長と私では違うんだと思います。

 私は、そういう、その文化的な生活っていうふうに、それを言うとすれば文化的な生活なるわけですけれども、それを町民に共有してほしいとか、そういう水洗化の方向になるべくいってほしいというのはね、思いは一緒ですですけれども、方法として公共下水道でなければならなくはないというのが、私のもともとの主張ですから、取り組んだ公共下水道の、その加入率が50%切ってるという現状を打破するためにね、今みたいな思いを伝えても、私はかなわないと思ってるんですよね。

 それは、だから合併浄化槽でできるわけですから。うちもその町設置型の合併浄化槽しましたけど、私も予想外にお金がかかりました。私はなるべく安くやって、すごく、こんなに少ないお金でもできるっていうふうに本当は、それを自分でやりたかったんですけれども、思いのほかお金がかかりました。だから、公共下水道をやろうとなれば、住宅改修がどうしても伴いますので、今の暮らしを快適にする前に、今の暮らしが大変なわけですから、より快適にするところにお金を使えないという町民はたくさんいるってことの証だと思うんですよね。

 ですから、そもそものところで、その方法論がもう違ってますので、多分見解が違うんだろうとは思いますけれども、今の暮らしを快適にしてほしいっていうだけでは、私は加入は進まないんだろうと思ってますので、その公共下水道の区域内にいらっしゃる方々の、たとえば公共下水道に本来取り組むときに、あの、高齢化の世帯がどうなのかとか、同居世帯がどうなのかとかってことは、調べた上で採算ベースに乗るから、必ずしもそれは採算ベースってのは出した分と入ってくる分の整合性って意味じゃないですよ。自治体の負担をより少なくするって意味で、公共下水道にすべきか、合併浄化槽にすべきかっていう選択のときにね、本来それは調査されて、あの、今後10年なら10年の推移で見たときに高齢化率がどうなるのか、その地域の、ていうのはあるべきだったと思ってますので、そういう数字が出てるんであれば示してほしいという質問でした。



○議長(畠中征郎君) 町長。



◎町長(前田穰君) ちょっと、私も決して反論するつもりじゃないんですが、考え方の違いっていうのは、それぞれあることも承知をいたしておるんですが、私どもは、やっぱり町民の皆さん方により持続可能な中で、できるだけ提言した負担の中で持続可能な文化生活を営んでもらえるかという取り組みこそが、私たちの最たる今の重点的な課題だと、こう思っておるもんですから、精神論でそれが普及するかどうかっちゅうのは、それはもちろんわかりませんが、最重点的にそのことで町民の皆さん方に、結果として、それはそんとき苦しい・厳しい状況の中で投資をされ、改修され、環境整備された結果としては、ああよかったなと、こう思われるそういう思いを一人でも多くの皆さん方にやっぱり普及していく、この全町おっしゃいますように、町村型の合併処理浄化槽でいけるか、それはまた現実的には厳しいもんがあるわけですから、バランスよく、そしてみんなができるだけ速やかに早く入っていただいて、将来において持続可能なそういう文化施設を営んでもらう環境整備を図っていくことが、また、私たちの務めでもあるわけでもありますし、そういう面で長いスタンス……、スタンスというか、長いサイドの中でそういう面も深めていかないと、それはもう、やっぱりこれから将来において今から公共下水道をやる町村なんていうのは負担が非常に大きくなって大変な状況でありますが、私は、やっぱり適時的確にその時代にマッチした中で、そういう事業推進するというのは、多少のいろんな見解の相違があったとしても、それは乗り越えながら理解を深めていくということが大事だと。

 ま、そういう面で、今、厳しい厳しいって、そりゃあ、確かに大変だと、私も承知してますが、ですから、可能な限りの条件整備をしながら、これをやることによって、またお金にかえられない豊かさが生じてまいりますよと。こういうことを、やっぱり、理解を深めていきながら、それを重点的にそちらの方に投資を急いでやっていただくことの方に、やっぱりお願いをしていくことこそが、私は、務めだと思っておりますから、まあ、そのような見解であることもひとつ御理解いただきたいと思います。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第27号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第28.議案第28号



○議長(畠中征郎君) 日程第28、議案第28号平成20年度綾町浄化槽事業特別会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。

(なし)



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第28号は総務委員会に付託することに御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第29.議案第29号



○議長(畠中征郎君) 日程第29、議案第29号平成20年度綾町水道事業会計予算を議題といたします。

 質疑を許します。



◆議員(橋本由里君) 議長。橋本。



○議長(畠中征郎君) 橋本議員。



◆議員(橋本由里君) 1点だけ伺います。

 きょうのニュースでもあったんですけれども、古いコンクリート製の水道管の……、要するに老化っていう問題で、非常に、その、町として負担が大きくなって取り組めないという自治体の紹介があったんですけれども、綾町内にも、まだそうした時代の水道管というのは残ってるのでしょうか。



○議長(畠中征郎君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(前田栄一君) 現在の綾町の水道管については、そういった水道管はございません。



○議長(畠中征郎君) 質疑を終わります。

 付託を行います。議案第29号は総務委員会に付託することに御異議ございませんか。

(異議なし)



○議長(畠中征郎君) 異議なしと認めます。よって、議案第29号は総務委員会に付託することに決定をいたしました。

────────────・────・────────────



○議長(畠中征郎君) 以上で、本日の議事日程の全部を終了いたしました。

 これをもちまして本日の会議を散会をいたします。

(散会午後3時07分)

──────────────────────────────