議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 綾町

平成 17年第6回定例会( 9月) 09月09日−01号




平成 17年第6回定例会( 9月) − 09月09日−01号









平成 17年第6回定例会( 9月)


平成17年第6回(9月)綾町議会(定例会)会議録
平成17年9月9日開会    
   平成17年第6回綾町議会(定例会)が平成17年9月9日午前10時綾町役場議場に招集された。

    出 席 議 員                                  
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│議席番号 │氏        名     │議席番号 │氏        名     │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│1    │福   田   正   照  │8    │岡   元   克   彦  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│2    │大   隈       寛  │9    │吉   野   与   一  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│3    │日   ?   憲   治  │10   │継   松   敏   夫  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│4    │太   田   善   一  │11   │橋   本   由   里  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│5    │押   田   和   義  │12   │小   原   重   兎  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│6    │入   船   康   紀  │13   │押   川       勝  │
├─────┼───────────────┼─────┼───────────────┤
│7    │英       健 二 郎  │14   │畠   中   征   郎  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘



    事 務 局                                    
┌─────┬───────────────┬─────┬───────────────┐
│局 長  │田   中   敏   彦  │書 記  │野   村   美   樹  │
└─────┴───────────────┴─────┴───────────────┘



    説 明 員                                  
┌─────────┬──────────┬─────────┬──────────┐
│町長       │前 田    穰  │助役       │横 山  文 也  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│総務税政課長   │畠 中  純 一  │教育長      │玉 田  清 人  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│企画財政課長   │増 田  俊 男  │教育委員長    │福 山  茂 男  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│福祉保健課長   │山 口  一 徳  │建設課長     │清 水  正 信  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│産業観光課長   │向 井  好 美  │町民生活課長   │前 田  栄 一  │
├─────────┼──────────┼─────────┼──────────┤
│農林振興課長   │松 田  典 久  │社会教育課長   │          │
├─────────┼──────────┤         │松 本  淳 資  │
│農業委員会事務局長│谷 口  俊 彦  │兼教育総務課長  │          │
└─────────┴──────────┴─────────┴──────────┘




平成17年第6回(9月)綾町議会(定例会)議事日程

平成17年9月9日開会   

     開    議

   日程第1 会議録署名議員の指名

   日程第2 会期の決定

   日程第3 議案第33号 公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

   日程第4 議案第34号 宮崎東諸県地域介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び宮崎東諸県地域介護認定審査会共同設置規約の一部変更に関する協議について

   日程第5 議案第35号 宮崎東諸県広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎東諸県広域市町村圏協議会規約の一部変更に関する協議について

   日程第6 議案第36号 宮崎公立大学事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎公立大学事務組合規約の一部変更に関する協議について

   日程第7 議案第37号 字の区域変更について

   日程第8 議案第38号 大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の委託の廃止に関する協議について

   日程第9 議案第39号 大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の委託に関する協議について

   日程第10 議案第40号 平成17年度綾町一般会計補正予算(第3号)

   日程第11 議案第41号 平成17年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   日程第12 議案第42号 平成17年度綾町老人保健特別会計補正予算(第1号)

   日程第13 議案第43号 平成17年度綾町介護保険特別会計補正予算(第1号)

   日程第14 認定第1号 平成16年度綾町一般会計決算

   日程第15 認定第2号 平成16年度綾町国民健康保険特別会計決算

   日程第16 認定第3号 平成16年度綾町老人保健特別会計決算

   日程第17 認定第4号 平成16年度綾町介護保険特別会計決算

   日程第18 認定第5号 平成16年度綾町農業集落排水事業特別会計決算

   日程第19 認定第6号 平成16年度綾町公共下水道事業特別会計決算

   日程第20 認定第7号 平成16年度綾町水道事業会計決算

   日程第21 承認第3号 専決処分の承認について(平成17年度綾町一般会計補正予算(第2号))

   日程第22 報告第4号 平成16年度綾町一般会計継続費精算報告書について

   日程第23 報告第5号 平成16年度綾町水道事業会計継続費精算報告書について

   日程第24 平成17年請願第4号 安愚楽共済牧場綾町進出反対に関する請願書

   日程第25 平成17年請願第5号 義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書提出を求める請願書

   日程第26 平成17年請願第6号 葬祭場の設置を求める請願書

   日程第27 平成17年陳情第4号 (有)安愚楽宮崎二反野原地区牧場開発計画推進協力に関する陳情書



会議に付した事件・議事日程と同じである。



──────────────────────────────

(開会午前10時00分)



○議長(押川勝君) おはようございます。本日平成17年第6回綾町議会定例会が招集されました。本定例会には、公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例ほか平成16年度の各会計の決算などの議案等が提出されています。議員各位には十分なる御審議をいただきますようお願いをいたします。

 なお、ここでこのたびの大型台風14号の風水害により被害を受けられた皆様に心からのお見舞いを申し上げます。また、復旧作業に際しましてはくれぐれも健康に留意されまして、一日も早く復旧されますことを心からお祈りを申し上げます。

 それでは、ただいまから平成17年第6回綾町議会定例会を開会いたします。

 6月定例会以降の議長の諸般の事項につきましては、お手元に配付のとおりであります。

 直ちにに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(押川勝君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 平成17年第6回綾町議会定例会の会議録署名議員の指名は、綾町議会会議規則第111条の規定により、議長において岡元議員、太田議員を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(押川勝君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、9月9日から9月28日までの20日間といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

(異議なし)



○議長(押川勝君) 異議なしと認めます。よって、会期は9月9日から9月28日までの20日間とすることに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第33号



△日程第4.議案第34号



△日程第5.議案第35号



△日程第6.議案第36号



△日程第7.議案第37号



△日程第8.議案第38号



△日程第9.議案第39号



△日程第10.議案第40号



△日程第11.議案第41号



△日程第12.議案第42号



△日程第13.議案第43号



△日程第14.認定第1号



△日程第15.認定第2号



△日程第16.認定第3号



△日程第17.認定第4号



△日程第18.認定第5号



△日程第19.認定第6号



△日程第20.認定第7号



△日程第21.承認第3号



△日程第22.報告第4号



△日程第23.報告第5号



○議長(押川勝君) 日程第3、議案第33号公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第23、報告第5号平成16年度綾町水道事業会計継続費精算報告書についてまでを一括議題といたします。

 当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) おはようございます。まず最初に、9月定例議会を開催いたしまして、皆様方常日ごろから町政発展のために御活躍なり御尽力いただいておりますことにまずは敬意を表したいと思います。

 ただいま議長の方からお話がございましたように、台風14号の襲来に伴いまして、大変な御苦労なり御心配をおかけしたと、このように考えていますが、被災者の皆さん方に心からなるお見舞いを申し上げますと同時に、一日も早い復旧について全力を尽くしたいと、このように考えておりますので、御支援、御指導賜りますようよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 それで、せっかくきょう議会が開会いたしましたので、現況の台風被害状況についての概況を報告させていただきたいと思う次第でございます。

 まず、道路関係、公共土木の関係で、今私たちが把握いたしておりますのは、道路関係を含めまして、特に小田爪久木野線等々25カ所ございまして、約2億円の災害と、このように踏まえておるわけでございます。それから、農業施設関係が、農道が8カ所の1,600万円、それから農地が5カ所の700万円、それから林道が6カ所ということで1,000万円、この公共土木から農業施設、林業、林道等含めますトータルが2億3,300万円の被害状況ということで、一応現在把握をさせていただいておるところでございます。

 それから、農作物でございますが、これは施設キュウリを初め日向夏、その他の水稲を含めまして、まず施設キュウリが定植生育期に冠水、倒伏ということを含めますと8.49ヘクタールということで、一応金額に換算しますと3,590万円、約3,600万円程度であろうと。それから、路地キュウリがございまして、0.3アール程度でございますが、これが370万円程度の被害状況ではないかと。それから、普通水稲につきましては、ちょうど出穂期の関係、倒伏、冠水等を含めまして3.75ヘクタールぐらいで、330万円程度の被害状況ではないかと踏まえております。それから、路地関係でニンジン等が0.91ヘクタール程度あるそうでありますが、これも250万円程度の損害を生じておる。それから、日向夏関係がございますが、これはまだ傷がどの程度入っておるかというのがちょっとわかりませんが、今の状況では2.61ヘクタールの約200万円程度の被害状況ではないかと、一応試算をいたしておるわけでございます。その他ということで、これ白ネギやキュウイフルーツ等々があるわけですが、トータルすると260万円程度と。こういうことで、まず農作物関係が5,000万円。それから、今度は農業用施設のビニールハウスが28件破損その他はがれたと、こういうことを含めますと、これが28件で760万円程度の損害額ではないかと、このように大体農業関係で5,760万円程度と。こういう状況であります。

 それから、住宅関係で、特に南麓町営住宅が一番大きいんですが、これが公営住宅として22戸、民家は1戸だけ床上浸水がございました。合わせますと23戸が床上浸水と、こういう状況になりました。それから、床下浸水の家屋が60戸程度であったと、こういうふうに踏まえております。これは損害額は一応はじいてませんが。それから、罹災証明請求が3戸あったと、これは9月8日現在でございます。

 こういう被害状況で、金額的にはおおむね今の段階では2億9,060万円、約3億円弱と、2億9,060万円と、こういう状況でありますことを御報告を申し上げたいと思う次第でございます。今後災害調査その他いろいろ早急に取り組まなきゃならない状況でございますから、また議会にも御相談申し上げて、一日も早い復旧に全力を挙げたいと、このように考えています。

 全体的に、トータル的にこれだけの大きな風、それから雨、こう考えますときに、本当に綾町の場合は被害が最小限度にとどまったと、これは先人の皆さん方初め町民の皆さん方の常日ごろの防災に対する取り組みの成果ではないかと、他の町村の状況を見ますときには本当に大変な状況でございます。今現在我々高岡の方には給水応援といいますか、そういう対応をさせていただいておるところでございます。今後そのような形で連携を取りながら、お互い助け合いという形の中で援助もさせていただこうと、このように考えていますが、私どもといたしましては地元の町民の皆さん方の災害復旧に全力で取り組んで、また必要な処分等については議会にも御相談を申し上げたいと思いますから、そういうことでよろしくお願いを申し上げまして、概要についての御報告にさせていただきたいと思います。

 それから、次に進ませていただきますが、町長の動向については皆さんのお手元にございますようなことで、6月定例議会後このようなことで取り組まさせていただきましたことを御報告申し上げて、お目通しをいただきたいと思います。

 それでは、早速でありますが、議案提案の方に移らさせていただきます。

 まず、議案第33号、これは議案書の1ページをお開きをいただきたいと思います。提案理由の説明を申し上げます。

 議案第33号公の施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、本条例は、平成15年9月2日に地方自治法の一部を改正する法律が施行され、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理運営に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上と経費の削減とを図ることを目的に指定管理者制度が導入され、これまでの公の施設の管理運営は自治体自身から自治体の出資法人としか認められなかったものが、NPOを含む民間事業者の参入が可能となり、平成18年9月完全実施されたことに伴い改正するものでございます。

 それでは、条項に沿って御説明申し上げますから、2ページの方をごらんをいただきたいと思います。

 第8条は、別表第2で使用料を定め、第9条から第9条の8までには新たな条項を設けるものであります。したがって、第9条は、指定管理者制度の導入に当たり、別表第3で指定管理者に委託できる施設を定め、第9条の2第1項から第3項は、指定管理者として指定を受けようとする者の事業計画書の提出、あるいは町長が指定管理者の候補を選定する基準を規定し、それから9条の3は、下の方ですが、9条の3は、指定管理者の選定特例として公募の結果、申請がない、あるいはまた適当な団体がない場合は、公募によらないで指定管理者の候補選定ができる規定でございます。

 次のページを開いてください。3ページの方です。9条の4は、指定管理者の行う業務、第9条の5は、指定管理者の行う管理基準を規定いたしております。次に、9条の6で、中ほどのちょっと上になりますが、9条の6は、別表第4で利用料金の基準額と利用料金の収受決定減額等を規定し、第9条の7は、読みかえ規定で利用者のあるべき事項を規定した第4条第4号中「その他町長において指示した事項」とあるのを「その他指定管理者において指示した事項」と読みかえ、また利用の制限を規定した第7条中「町長において公益上必要とあると認めるとき」とあるものを「指定管理者において公益上必要があると認めたとき」に読みかえる規定であります。さらには、9条の8、下の方でありますが、指定管理者の指定あるいは取り消し等の場合は告示することを規定をいたしております。なお、使用料は8条で規定し、利用料は第9条の6で新たに規定しましたので、旧条例の第9条及び第9条の2は削除し、条文整理を行うものです。

 最後に、この条例は平成18年4月1日から施行いたします。

 以上、議案第33号の提案理由の説明にかえさせていただきますが、それぞれ別冊についてはここにとじてございますから、お目通しをいただきたいと思っております。

 以上、簡単でありますが、議案第33号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 続きまして、議案第34号について提案理由の説明を申し上げます。

 議案第34号宮崎東諸県地域介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び宮崎東諸県地域介護認定審査会共同設置規約の一部変更に関する協議について、地方自治法第252条の7第2項の規定により平成18年1月1日から宮崎県東諸県地域介護認定審査会から田野町、佐土原町及び高岡町を脱退せしめ、宮崎東諸県地域介護認定審査会共同設置規約の一部を別紙のとおり変更することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 この提案理由について説明申し上げますが、第34号の提案理由について、宮崎東諸県地域介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び宮崎東諸県地域介護認定審査会共同設置規約の一部の変更に関する協議について、市町村合併にこれは伴いまして、宮崎東諸県地域介護認定審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び同審査会共同設置規約の一部を変更することについて、地方自治法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。来年1月1日より構成団体が7市町から4市町になるということであります。

 以上、簡単でありますが、第34号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 続きまして、議案第35号宮崎東諸県広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎東諸県広域市町村圏協議会規約の一部変更に関する協議について、地方自治法第252条の6の規定により平成18年1月1日から宮崎東諸県広域市町村協議会から田野町、佐土原町及び高岡町を脱退せしめ、宮崎東諸広域市町村協議会の規約の一部を次のとおり変更することについて、同条の規定において明示することとされる同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。これも市町村合併に伴う宮崎東諸県広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び同協議会の規約の一部を変更することについて、地方自治法第252条の2の第3項の規定により議会の議決を求めるもので、構成団体が7市町から4市町に、これ委員が6人から3人になるものでございます。

 簡単でありますが、議案第35号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 次に、議案第36号宮崎公立大学事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎公立大学事務組合規約の一部変更に関する協議について、地方自治法第286条第1項の規定により、平成18年1月1日から宮崎公立大学事務組合から田野町、佐土原町及び高岡町を脱退せしめ、宮崎公立大学事務組合規約の一部を次のとおり変更することについて、同法第209条の規定により議会の議決を求めるものでございます。これも市町村合併に伴います、この市町合併に伴う宮崎公立大学事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の一部を変更することについて、地方自治法第209条の規定により議会の議決を求めるもので、構成団体が7市町から4市町に、宮崎市の組合議員の数が6人から9人になるものでございます。

 以上、議案第36号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 議案第37号字の区域変更についてを御提案申し上げます。

 土地改良法第85条第1項の規定による県営中山間地域総合整備事業で古屋地区圃場整備と二反野地区の圃場整備を施行したことに伴い、従来の字界が原型をとどめなくなったため、地方自治法第206条の第1項の規定により字の区域の変更を行うものでございます。本議案は、土地改良法第85条第1項の規定により県営中山間地域総合整備事業古屋、二反野地区の土地改良事業を施行したことに伴い、従来の字界が原型をとどめなくなったため新字界を定めるものでございます。

 本施設は、綾町、高岡町、宮崎市、野尻町の1市3町にまたがる受益面積が1,664ヘクタールと広域的で公共、広域性の機能が高い施設であり、広沢ダム等の基幹水利施設については一体的な基幹施設であり、大規模なものとなっております。基幹水利施設管理事業の概要につきましては、総事業費が1,288万8,000円で、1市3町の受益面積が1,664ヘクタールの用水を確保するため貴重な水資源のある広沢ダム等の基幹水利施設の適正な効用、発源を図るものでございます。このようなことで、字区域の変更についてでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 以上をもちまして、議案第37号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 続きまして、議案第38号大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の委託の廃止に関する協議について、地方自治法第252条の14第2項の規定により、平成17年12月31日をもって高岡町への大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の委託を廃止することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2の第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 本議案は、平成16年12月議会におきまして、高岡町への事務委託を承認されておりますが、御承知のとおり平成18年1月1日から高岡町が宮崎と合併することから、高岡町への事務の委託を廃止するものでございます。事務の委託を廃止することについては、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2の第3項の規定により高岡町との協議をすることになります。

 以上、簡単でございますが、これにつきましても簡単でありますが、提案理由の説明にかえさせていただきます。よろしく御審議、御決定を賜りますようお願いいたします。

 続きまして、議案第39号大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の委託に関する協議について、地方自治法第252条の14の第1項の規定により次のとおり規約を定め、平成18年1月1日から宮崎市に大淀川左岸地区基幹水利施設管理事業の事務の一部を委託することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 本議案は、平成16年12月議会におきまして、高岡町への事務委託を承認されておりますが、御承知のとおり平成18年1月1日から高岡町が宮崎市と合併することから事務の委託先を宮崎市とするものでございます。また、委託事務の詳細につきましては、地方自治法第252条の14の第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により別途のとおり規約を定め宮崎市と協議することになります。規約についての内容については、恐れ入りますが、お目通しをいただきたいと思っております。

 以上、簡単でございますが、提案理由の説明にかえさせていただきます。御審議、御決定を賜りますようお願いいたします。

 それでは、続きまして、補正予算関係に入らさせていただきます。

 まずは、議案第40号平成17年度綾町一般会計補正予算(第3号)、平成17年度綾町の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出をそれぞれ2億2,853万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ41億9,198万円といたします。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 債務負担行為の補正、第2条、債務負担行為の変更は、「第2表債務負担行為補正」によります。

 地方債の補正、第3条、地方債の追加及び変更は、「第3表地方債補正」によります。

 それでは、2ページ、3ページを、この議案書の2ページ、3ページをおあけください。このページは、歳入の款項の補正額が規定されておりますが、後のページの事項別明細で説明しますので、これはひとつお目通しをいただきたいと思います。

 次に、4ページの方をお開きください。これも事項別明細で後ほど説明申し上げますから、これもお目通しをいただきまして、今度は次の6ページの方をおめくりください。

 6ページは、第2表債務負担行為の補正であります。国営大淀左岸土地改良事業償還金は分割による償還の予定でございましたが、地方債借り入れにより一括償還を行うことといたしましたので、この債務負担行為がなくなるものでございます。そういうことの補正でございます。

 それから、次の下の方の7ページの下の方でありますが、第3表地方債補正であります。追加の一般公共事業債は、先ほど債務負担行為補正で説明いたしましたが、大淀川左岸土地改良事業償還金に充てるもので、変更の減税補てん債と臨時財政対策債は地方交付税算定の結果によるものでございます。このようなことで、地方債の補正をさせていただくということであります。

 それでは、8ページから事項別明細書になっておりますので、主なものを説明申し上げますから、10ページをお開きください、10ページを。10ページをお開きをいただきますと歳入でございます。補正額のところをお目通しをいただけると、説明がわかりやすいんではないかと思ってますので、そのようにまた説明を申し上げますから、お目通しをいただきたいと思います。

 まず、町税の1,110万円の追加は、個人町民税賦課決定によるものであるということであります。次に下の方で、これ主だったものだけですからお許しをいただきたいと思います。

 11ページの方でありますが、地方特例交付金、これが483万8,000円、それから地方交付税が8,165万3,000円、これは交付税算定により確定したものでございます。それから、下の国庫支出金で、これは節の欄の社会福祉負担金441万6,000円の減額は、老人保護措置費が一般財源されたことによるものであります。ここは以上であります。

 それでは、12ページをお開きください。12ページの下の方でありますが、県支出金というのが、それから県負担金、この節の欄を見ていただきますと、節の欄に社会福祉費負担金老人保護措置費負担金220万8,000円の減ということで△がついています。これも同じでございます。一般財源化されたためでございます。

 それから、そのすぐ下の県支出金、県補助金、これも節の方を見ていただきますと、農業費補助金で、これは元気のいいふるさとづくり事業補助金として175万円、これは竹野地区の飲雑用水調査をやって、将来水源確保を図りたいという設計補助を今回いただいたわけであります。

 それから、下の方の13ページの繰入金、特別会計繰入金は16年度決算に基づく繰入金で、その下の基金繰入金では減債基金繰入金を8,300万円、これを減じました。これは地域福祉基金繰入金は16年度寄附のありました1,000万円のうち300万円を、これを繰り入れして、シルバーワークプラザに調理室を整備するものに充てたいということで、今回繰り入れをさせていただくということであります。そのようにごらんをいただきたいと思います。

 それでは、14ページの方をお開きください。これは繰越金は7,357万7,000円は16年度決算に基づくものでございます。その下の諸収入のコミュニティー助成事業補助金100万円は、これは防災用備品整備に係る補助金でございます。その他の42万1,000円は市郡医師会緩和ケア病棟運営費負担金ほか1件の16年度精算による返還金でございます。

 それから、一番下の方の町債につきましては、地方債補正で説明いたしましたようなことでございますから、お目通しをいただきたいと思います。

 以上が歳入関係であります。

 16ページをお開きください。16ページから歳出であります。これも主なものだけ説明させていただきますからよろしくお願いしたいと思います。

 まず16ページでありますが、総務費、徴税費の100万円は、これは法人町民税の還付見込みによるもので100万円計上させていただきました。

 それから、今度は民生費の社会福祉費の繰出金378万8,000円は、介護保険制度改正に伴うシステム改修などに係る一般会計負担分でございます。その下の扶助費の減額の102万9,000円は、老人保護措置費者が2名減じたことによって減額ということであります。その下の繰出金の4,669万1,000円は、老人保健医療費が伸びるということで、現在伸びているわけでありますが、これを増額させていただくということでございます。

 次に、下の方の17ページの老人福祉費の300万円は、先ほども説明申し上げましたが、シルバーワークプラザに調理室を整備するものとしてこのように計上を300万円させていただきました。

 その下の衛生費の保健対策費の128万2,000円は、小児診療所及び総合発展支援センター運営費の16年度精算による追加でございます。

 次に、18ページの方をあけてください。18ページの農林水産業費のこれは目の欄を見ていただきます。目の欄の農業施設振興費の委託料240万円は、育苗センターの16年度実績による委託料の追加でございます。

 それから、農地費の需用費、これは説明欄を含めて見ていただきますが、農地費の需用費15万円、役務費の2万5,000円、委託料のこの332万5,000円、説明欄の方をちょっと見ていただけると、節の欄と説明書きを見ていただくとここに書いてあるわけでございますが、これは竹野地区の、先ほど歳入の際に申し上げましたが、飲雑用水の調査設計のための経費でございます。そういうことで予算を計上させていただきました。水不足、水源確保ということを念頭に置いてるわけであります。

 その下の償還金利及び割引料の1億5,225万7,000円は、これは地方債の際にも申し上げましたが、国営大淀川左岸土地改良事業の償還金を一括償還するものでございます。

 それから、下の方の今度は19ページの林業費の負担金補助及び交付金の100万円であります。これは本町が森林セラピー基地及びウオーキングロードの候補地に選ばれましたので、その予備調査をするための負担金でございます。

 それから、その下の土木費の委託料600万円は、これは道路台帳整備のための補正であります。

 それから、消防費の消防施設費105万円の追加はコミュニティー助成事業補助金による防災トランシーバーなどの備品購入等を追加するもので、各部各団との連携をさらに密にしたいと、こういうことでございます。

 それから、今度は20ページをお開きください。20ページの教育費については、今いろいろ問題になってますが、アスベスト調査のための委託料でございます。とりあえず教育関係施設についてのアスベストの調査をやっていきたいと、こういう考え方でございます。

 予備費につきまして、一番下でありますが、405万5,000円の追加でございます。

 以上、主だった点だけでございまして、説明が疎漏であったと思いますが、議案第40号の平成17年度綾町一般会計補正予算(第3号)の提案理由の説明にかえさせていただきます。よろしくお願いをしたいと思います。

 それでは、議案第41号平成17年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、平成17年度綾町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,351万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億7,039万3,000円とする。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものといたします。

 それでは、内容について説明を申し上げます。これも5ページまでお目通しをいただきまして、事項別明細で説明申し上げますから、6ページの方をお開きをいただけるとありがたいと思います。6ページをよろしくお願いいたします。

 まず、歳入について説明申し上げます。一番上の目のところを見ていただきますと、要給付費交付金の過年度分を190万8,000円増額するものでございます。これは16年度分の退職被保険者にかかわります医療費を精算した結果追加交付を受けるものでございます。

 次に、下の方ですが、そして目のところでありますが、共同事業交付金385万5,000円を増額するものでございます。これは国保連合会を事務局として高額医療の共同事業を実施しておりますが、これの臨時交付金でございます。

 それから、次の3の款の繰入金、その下の目の財政調整基金繰入金で、これは3,427万8,000円を減額するものでございます。これは歳入の不足分を基金繰り入れで賄うことしておったわけでございますが、繰越金が充当することで繰り入れを中止するというか、繰り入れをやらないということで、今回減額をさせていただくということであります。

 次に、繰越金がその下にございます。これは6,168万6,000円増ということでございます。これはもう16年度決算に伴います剰余金を17年度受け入れるものでございます。

 最後に、下の方の雑入が34万6,000円ということであります。これも増ということでありますが、これは国保連合会が各保険者への融資基金を持っておりましたが、今回これを精算することになりまして、それに伴います資金等の返還金ということでございます。34万6,000円でございます。

 それでは、今度は次のページをあけてください。8ページ、9ページを見ていただきますと、歳出の関係でございます。

 まず一般被保険者療養給付費1,003万円の増額でございます。これは一般被保険者の医療費が予想を超えて伸びておりますので、1,003万円の増額をさせていただくと、こういうことであります。

 次に、下の方で、款の2であります。その下の目の中でありますが、一般被保険者高額療養費880万円を増額いたします。これは一般被保険者の高額医療費が伸びておりますので、880万円の増額の補正をさせていただきたいと思います。

 次に、償還金であります。303万2,000円の増額であります。これは16年度の一般被保険者の国庫負担金を精算いたしましたところ、303万2,000円の超過交付がありましたので返還するものでございます。

 最後に、予備費1,165万5,000円でありますが、今後医療費の伸びが予想されますので、それに備えて予備費をこれだけ確保させていただくということで補正をさせていただきました。

 以上、議案第41号の国民健康保険特別会計補正予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、次に、一方的で恐縮でありますが、議案第42号平成17年度綾町の老人保健特別会計補正予算(第1号)、平成17年度綾町老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出をそれぞれ1億1,222万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億1,522万7,000円とするものであります。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものであります。

 それでは、内容について説明申し上げますが、これも今のような要領で説明させていただきますから、5ページまではお目通しをいただきまして、6ページから事項別明細で説明申し上げますから、6ページをお開きをいただけるとありがたいと思います。

 6ページと7ページについては関連がいたしておりますので一括して説明申し上げますが、今回の補正は、平成16年度老人医療費の精算に伴います補正と、それと平成17年度の医療費が増加の傾向にありますので、それに伴います医療費増額の補正であります。

 まずちょっと説明申し上げますが、この支払基金交付金の医療費交付金を5,631万7,000円、上の方の補正額を見ていただきますと5,631万7,000円の増額について、この内容について説明申し上げます。

 歳出につきましては後で詳しく説明いたしますが、8ページの歳出の医療費諸費の医療給付費を今回1億円の増額を見込みを立てております。したがって、その歳出見込み額が増額したことによる追加交付分と、それと平成16年度老人保健医療費の精算に伴います576万3,000円の精算追加交付がございますので、その分も上乗せをいたしております。また、当初予算においても支払基金交付金は、既定の交付金に対しまして100%の交付決定があるものとして予算を計上しておりましたが、現時点での交付決定額は所要額の97.7%であるために、その不足分を含んで計上いたしたと、こういうことで、ここに5,631万7,000円の医療費交付金として計上させていただいたということであります。

 それから、今度はその下の目の2でありますが、審査支払手数料交付金、29万6,000円の減額につきましては、現時点での交付金が当初の見込みを下回っておりますので減額させていただきました。

 次に、今度は国庫支出金、その下です、国庫支出金の医療費負担金338万8,000円の増額につきましては、これは支払基金交付金の医療費交付金と同様に歳出医療費見込み額が増額したことによる追加交付分と、もう一つは、平成16年の精算に伴います540万4,000円の精算追加交付がございます。その分を上乗せをいたしております。なお、国庫支出金同様にこれも交付率を当初100%で見込んでおりましたが、現時点での交付率は89.4%の決定しかないために、その不足分を含めて計上させていただいたということでございます。

 次に、今度は県支出金の577万5,000円の増額についてであります。医療費負担金でありますが、県は当初の計画どおり交付率はほぼ100%にて交付決定を受けておりますので、今回の補正は医療費支出見込み額が増額したことによっての歳入増の補正ということにさせていただきました。

 それで、今度は下の方に入りますが、7ページの上の方で、一般会計繰入金につきましては、これは医療費見込み額の増額による町の負担分の増額と、先ほど申し上げました支払基金及び国の交付見込み額は当初予算ほど見込まれてないことから、それに伴います歳入不足を補うために増額分として4,669万1,000円の増額補正ということにさせていただいた次第でございます。

 続きまして、今度は次のページをあけてください。歳出の方を説明申し上げます。

 8ページの方でございますが、医療諸費の医療給付費、これは1億円の増額補正であります。この増額につきましては再三説明を申し上げておりますが、当初予算において老人医療受給者数を1,250名ということで、受給者数を1,250名で、1人当たりの医療費の額を62万2,543円で計画しておりました。62万2,543円で計画しておりましたが、しかし、高血圧性疾患や糖尿病、脳梗塞など生活習慣病にかかわる疾患が医療費の上位を占めまして、1人当たりの医療費では、これは69万9,523円と1人当たりが7万6,980円増加いたしましております。区分別に見ますと、当初予算と決算見込み額を比べますと、入院が6,216万円の増と、入院関係が6,216万円の増で、調剤が2,825万4,000円の増と、このように大きく伸びる傾向がありますので、今回増額の補正をいたした次第でございます。

 それから、今度は下の方で、諸支出金の関係の償還金割引料103万1,000円の追加につきましては、平成16年度において県より超過交付を受けた分を返還するものでございます。その下の一般会計繰り出し金1,111万6,000円の追加につきましては歳入で補正を申し上げましたが、支払基金交付金及び国庫支出金等の前年度追加交付金がございましたので、その分を一般会計に返すための補正でございます。

 以上、簡単でございますが、17年度老人保健特別会計補正予算の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして、議案第43号平成17年度綾町介護保険特別会計補正予算(第1号)、平成17年度綾町の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出をそれぞれ2,153万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億577万2,000円とするものであります。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によります。

 それでは、補正の内容について説明申し上げますが、これも同じような要領で説明をさせていただきますので、5ページまでお目通しをいただきまして、6ページをおめくりをいただけるとありがたいと思います。

 6ページの方の上の方から、目から説明申し上げます。介護給付費負担金90万5,000円の追加につきましては、平成16年度不足分の追加交付分でございます。

 それから、今度は下の方の事務交付金の60万4,000円の追加は、介護保険制度改正に伴いますシステム改修費等に係る交付金であります。

 それから、その下で、介護給付費交付金の143万3,000円の追加は、平成16年度不足分の追加交付でございます。

 それから、この補正額のところをずっと下におりていただきますと、一番下でありますが、県支出金の介護給付費負担金69万1,000円の追加は16年度分の追加交付分でございます。

 下の7ページの方を見ていただきます。繰入金でありますが、その他一般会計繰入金378万8,000円の追加は、これは、378万8,000円の追加は、介護保険制度改正に伴うシステム改修費等の町負担分でございます。

 それから、一番下が繰越金でございますが、平成16年度決算繰り越しが1,410万円ありましたので、これを1,409万9,000円追加するものでございます。

 以上が歳入関係でございます。

 次に、8ページをお開きください。8ページ、9ページの方をお目通しをいただきますが、まず総務費の一部管理費420万円の追加につきましては、制度改正に伴う電算システム改修費であります。これが420万円であります。そういうことで、これは認定調査等費につきましては、要介護認定を行う際の1次判定ソフトが改定され、それに伴いますこのパソコン買いかえのための費用ということでございます。

 それから、下の方の予備費を見てください。予備費、補正額のところの1,704万1,000円の追加は、給付費の高騰と過年度保険料還付等に備えて予備財源として確保させていただくということでございます。

 下の諸支出金、下の9ページでありますが、8万7,000円、他会計繰出金の追加は、これは16年度事務費繰り入れの精算に伴う返還金が発生いたしまして、これは一般会計に繰り出すものでございます。

 これも簡単でありますが、以上をもちまして議案第43号の提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(押川勝君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩午前10時50分)

………………………………………………………………………………

(再開午前11時07分)



○議長(押川勝君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 暑くなってまいりましたので、暑い人は上着をとってもらって結構でございます。

 引き続き当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) それでは、引き続きまして、認定第1号平成16年度綾町一般会計歳入歳出決算を地方自治法第233条第3項の規定により議会の認定を求めるものでございます。

 平成16年度におきましては、極めて厳しい地方財政の現状のもとに、本町の財政運営に当たっては税収入の確保、受益者負担の適正化等財源の確保に努める一方、各種施策の優先順位について厳しい選択を行い、限られた財源の重点的配分と効率化に努め、節度ある財政運営に心がけてまいりました。また、平成16年度は地域特性を生かした生きがいと活力のあるまちづくり、人と自然に優しく安心して暮らせるまちづくり、知性と心身とも調和のとれた人材の養成に取り組み、「照葉樹林都市・綾を基調とし自然と調和した豊かで活力に満ちた教育文化都市」を基本理念として、町づくり実現に向かい推進してまいりました。

 16年度に実施いたしました主な事業といたしましては、継続事業で14市町村が委託事業で取り組んでおります廃棄物総合処理センター整備事業は、17年11月の全面供用開始の予定で工事が進められており、16年6月からは一部供用開始がされております。

 それから、農業関係では経営構造対策事業で、15戸、3万776平方メートルの改良補強型ハウスを整備し、またプラスワン村づくり実践事業で古屋・國廣営農研修施設を整備しております。

 林業振興では、16年度から取り組んでおりました林道尾堂線が全線開通いたしました。

 町道関係では、地方道路整備臨時交付金事業で、錦原小田爪線新設整備事業を13年度から引き継ぎ実施してまいりました。

 教育費関係では、中心市街地活性化対策事業で、多目的屋内練習場てるはドーム、てるは図書館、セントラルパーク、てるはふれあい広場が完成をいたしまして、17年4月にてるは文化公園としてグランドオープンをいたしました。

 災害復旧費では、公共土木施設災害19件、農業施設災害15件の災害復旧事業を実施いたしております。

 16年度の決算額でありますが、これは決算書の方の1ページ、この決算書ですね、説明書の方でない方であります。この1ページを見ていただきますと、歳入合計が53億8,529万8,617円で、歳出合計が52億3,953万9,664円で、歳入歳出差し引き額が1億4,575万8,953円ということになります。これから翌年度へ繰り越すべき財源といたしまして、継続費逓次繰越財源充当額が845万6,991円、それから繰越明許費財源充当額が1,372万4,000円を引きますと、準残額実質収支額は1億2,357万7,962円ということになります。

 それでは、歳入では4ページ、5ページをちょっとお開きください。

 4ページ、5ページの中で、予算額、下の方でありますが、55億9,322万2,991円に対しまして、調定額が56億6,000万3,228円で、収入済額が53億8,529万8,617円ということになっております。

 それから、不納欠損額が606万2,363円で、内訳は、これちょっと内訳を申し上げますと、町民税が173万7,849円、固定資産税が403万4,754円、軽自動車税が28万9,760円であります。こういう不納決算処分でございます。決算額でございます。

 それから、収入未済額の関係は、2億6,860万2,248円で、これも一番下を見ていただきますが、その内訳は、町税が4,797万5,350円、分担金及び負担金が229万5,050円、それから使用料及び手数料が1,701万6,848円、それから国庫支出金が1億1,754万5,000円、それから財産収入が3,000円、それから諸収入が220万7,000円、町債が8億1,600万円ということになっております。国庫支出金、町債、いずれも17年度に繰り越されるものでございます。したがいまして、これを除いた収入未済額は6,949万7,248円となりまして、15年度と比較いたしますと3.1%の減ということになりました。

 16年度中、もう歳入確保を図ることとあわせて公平適正課税に基づいて町税の徴収を初め、分担金及び負担金使用料及び手数料の納入について、15年度に引き継ぎ特例指導を行ってきましたが、思うように成果が上がってない状況でもございますが、今後とも引き続き強く指導して徴収に全力を挙げていきたいと思っている次第でございます。

 次に、歳出の関係でございますが、ちょっと飛びまして8ページ、9ページの最後のところを見ていただきたいと思います。

 予算額が55億9,322万2,991円に対しまして支出済額が52億3,953万9,664円で、翌年度繰越額が2億2,132万5,991円を除いて、執行率がこれは97.5%ということになりました。執行率は15年度と比較いたしますと、0.2%増ということでございます。

 次に、不用額でございます。この不用額については1億3,235万7,336円ということになっておりますが、主な内容につきましては別冊の決算説明書の方に記載してございますから、そのときに説明をさせていただきたいと思います。

 それで、実質収支に関する調書につきましては、今度はこれの一番最後を開いていただきますと、これ124ページであります。この決算書の124ページに、ここに記載してございますが、平成16年度歳入歳出差し引き額、先ほど申し上げました歳入歳出の歳出額は、引きますと1億4,575万8,000円で、継続費逓次繰越額は845万7,000円、繰越明許費繰越額は1,372万4,000円を差し引きますと、この下の方にあります実質収支額は1億2,357万7,000円ということになります。

 なお、歳入歳出決算事項別明細につきましては、この決算書の14ページからごらんをいただきたいと思いますが、決算の概要につきましては別冊のこれから説明申し上げますが、決算説明書の方で説明を申し上げますので、今度はこの決算説明書の方をお開きをいただきたいと思います。こちらの方で今度は説明をさせていただきますから、よろしくお願いいたします。

 まず、決算説明書の1ページをお開きをいただきたいと思いますが、平成16年度地方財政対策の概要でございます。内容についてはお目通しをいただきたいと思いますが、この概要については後でお目通しを賜りたいと思います。

 次に、平成16年度一般会計決算の状況の概要だけを説明いたします。若干重複する面もございますので、お許しをいただきたいと思います。決算収支の、形式収支の下の方を見てください。歳入歳出差し引き額は1億4,575万8,000円の黒字であります。実質収支額は1億2,357万7,000円で、前年度対比で1,103万4,000円の増加ということになっております。

 それでは、続きまして、今度はこの決算書の2ページをお開きください。財政指標等についてのものだけを説明申し上げます。これ16年度欄を、区分の16年度欄を見ていただきたいと思います。財政力指数は0.229と、財政力の乏しい中ではございますけども若干上がっております。

 それから、起債制限比率が、次のとこにありますが、8.7でございまして、0.3ポイントふえておるという状況でございます。

 それから、今度はその下の公債費比率は16.3で前年度と変わらず、それから経常収支比率が89.9%で15年度と比べますと3.6%ふえております。

 それから、ずっと今度は下に下がっていただきます。下の方の地方債現在高は2億7,953万9,000円ふえまして、この16年度のところを見ていただきますと、ここに数字がございますが、76億9,105万4,000円ということになっておりますが、これは中心市街地活性化対策事業のための過疎債及び地域整備総合事業債の借り入れ等によるものでございます。

 それから、その下の方の基金であります。基金につきましては、1億6,426万2,000円繰り入れをいたしましたので、この残がございますように、9億6,646万1,000円ということの残高ということになっております。

 以上が財政指標等の主なものでございます。

 次に、3ページの方をちょっとお目通しをいただきたいと思います。3ページの方の決算規模の歳入の状況でございます。これも主なものだけを説明申し上げますので、お目通しをいただきたいと思います。

 収入済額で、対前年度増減率の大きいものといたしましては、地方譲与税の26.2%、これは対前年度増減率のは収入済額のところで書いてございます。中ほどのこの率の方をちょっと見ていただきます。この大きいものだけ、主なものだけを説明申し上げますから。

 利子割交付金、これは今申し上げますように地方譲与税は26.2%の増ということで、これは所得譲与税の新設が主な要因であります。それから、その下の利子割交付金18.3%の減は、定額郵便貯金等の満期者の減によるものであります。

 それから、今度はずっと13番目のところ、区分の13を見ていただきますと、国庫支出金の48.8%の減は、多目的屋内練習場建設補助金の減と保育所運営負担金の一部財源化等によるものであります。

 それから、今度は財産収入であります。15番。これが69.3%の減は、宅地分譲と町有林立木売払収入減によるものであります。そういうことで、前年からするとこれだけ減ということであります。

 それから、寄附金でありますが、これは1,000万円と200万円の2件が寄附にあったことによるものでございます。

 それから、次に繰入金の関係であります。これは582.4%の増ということで、これは公共施設整備基金を1億7,500万円繰り入れたことによるものであります。

 それから、今度は繰越金、18番のところであります、区分の。197.3%増は繰越事業が多かったため15年度決算によるものであります。

 それから、町債の関係、一番下の20でありますが、28.8%の減は多目的屋内練習場建設による一般事業債の借り入れの減が主なものでございます。

 次に、今度は収入未済額の方を見てください。収入未済額、右から左の方であります、上の図の。町税が4,797万6,000円のこの内訳でございますが、これだけ未済額の内訳でありますが、町民税が1,504万2,000円、固定資産税が3,152万7,000円、軽自動車税が140万7,000円と、このように、この内容はそういうことでございます。

 それから、今度は11番のところを見てください。分担金及び負担金の229万5,000円は、これは保育料の未納ということでございます。

 それから、その下の使用料及び手数料の1,701万7,000円は、これはほとんどが公営住宅の使用料でございます。

 それから、国庫支出金の関係で、この1億1,750万5,000円は、錦原小田爪線の開設事業と災害復旧事業の繰り越しに伴うものでございます。

 それから、諸収入の関係の220万7,000円、下から、19のとこです。区分の19のところでございますが、220万7,000円の主なものは、高年者居室整備資金貸付金であります。

 それから、町債の8,160万円は、これは錦原小田爪線開設事業と災害復旧事業の繰り越しに伴うものでございます。

 それから、次に、一番右の予算現額と収入済額との比較でございます。一番右の欄を見てください。地方譲与税は自動車重量譲与税及び地方道路譲与税が見込みより多く譲与されたものであります。

 それから、地方交付税のところを見ていただきますと、これは6,563万円は、これは特別交付税の増ということであります。

 それから、国庫支出金と町債のマイナスは、先ほど説明申し上げましたとおり、繰り越し事業によるものでございます。

 それから、繰入金6,798万2,000円の減は、減債基金及び財政調整基金からの繰り入れをしないことによるものでございます。

 以上が、歳入関係の主だった状況でございます。

 次に、今度は下の方の歳出の状況というのが3ページの中から下の方に書いてございますから、これを説明を申し上げます。

 これは総務費の前年度増減率のところを見ていただきますと、総務費の19.3%の減は、15年度にカヌー艇庫整備や統一地方選挙、県知事選挙が行われたことによるものであります。

 それから、その下の衛生費というのがございます、4番目。これは38.3%の増は、これは広域で建設をいたしておりました廃棄物総合処理センター建設委託金の増ということでございます。

 それから、土木費の38.4%の減は、錦原小田爪線開設事業の17年度へこれは繰越明許によるもので減ということになったわけでございます。

 次に、今度は不用額、一番右の方を見てください。これは4ページの方に起債してございますから、次のページをちょっと見ていただきますと、4ページをちょっとおめくりください。ここに、不用額の主なものの内訳を事業項目ごとに起債しておりますが、これも大きな金額だけを4ページの方、説明申し上げたいと思います。

 まず、2番目の総務費であります。これ一般管理費が144万2,000円が時間外手当等によるものでございます。それだけ不用額が発生したということであります。

 それから、次の民生費では、介護保険特別会計繰り出し金1,162万円は、事業計画によりまして給付費が減少したことによるものであります。

 それから、この欄をちょっと説明申し上げますが、障害者・障害児でありますが、支援事業の344万円は入所者及びサービス減によるものでございます。

 それから、配食サービスの関係が233万3,000円は、配食数の減によるものであります。

 それから、今度はケアハウスの運営補助というのがありますが、353万7,000円は、これは入所者数及び経費節約による委託料の減というものであります。

 それから、老人保健特別会計繰出金2,696万9,000円は、医療費給付費が見込みより減少したことと、支払基金交付金が見込みより多く収入があったことによるものであります。

 それから、保育所の運営費367万円は時差出勤及び振りかえ休みで賃金等が、振りかえ休をやったために賃金等が見込みより減ったということでございます。

 今度はちょっと飛びまして、商工費の関係に説明申し上げます。商工費の活性化協会施設管理845万円は、スポーツ合宿の増及び各施設の経費節減に努めたことによる、これは委託料の減ということでございます。

 それから、土木費の道路新設改良事業750万2,000円は、時間外手当及び事業執行残でございます。

 それから、公共下水道事業会計繰出金の191万6,000円は、事業費の執行残に伴う繰出金の減でございます。

 それから、住宅管理の166万2,000円は、強制退去のための弁護士委託等が、行うということでございましたが、それがなかったことによるものでございます。

 そういうことで、今度は教育費の方を大きなものを説明申し上げます。教育費では、図書館建設と図書館開設準備について472万1,000円と106万8,000円、これは事業執行残でございます。

 今度は右の方の5ページの方を見てください。以上が今不用額の関係でございます。次に、5ページの上で見ていただきますと、繰越額の状況でございます。17年度に繰り越しました事業は4件のこの2億2,132万6,000円ということであります。それで、内容については下の表をお目通しをいただきたいと思います。こういう状況でございます。

 それから、歳入の状況でありますが、下の方の歳入決算構成比というのがございますが、これは自主財源が、これ見ていただきますと26.5%、こういうことであります。依存財源が75.3%ということで、地方交付税から町債その他ということで、この占める割合が大きいということであります。

 次に、徴税についてでありますが、下の表の一番下の合計欄を見ていただきますと、収納率は、これは中ほどの収納率のところで見ていただきますと90.2%で、前年の収納率とおおむね同じということでございますが、これも引き続き収納率の向上に努力をしてまいる所存でございます。

 それでは、次のページをお目通しをいただきたいと思います。6ページでございます。

 6ページの方は、地方譲与税から分担金及び負担金の内容でありますが、普通交付税につきましては、前年と比較しますと、この普通交付税、地方交付税の欄を見ていただきますと、地方交付税がどれだけ減じたかということでありますが、前年と比較すると1.5%、2,475万8,000円の減、それから特別交付税は9.7%の減で、2,650万5,000円の減ということになっております。

 その他項目についてはお目通しをこれはいただきたいと思います。

 その下の使用料及び手数料の関係を説明申し上げますが、この使用料の関係で前年と比較いたしますと、合計で2,030万6,000円減じております、前年からしますと。これは産業活性化施設使用料の減が主な要因でありますが、これは昨年度はたび重なる台風が襲来いたしましたことが原因ではないかと思っております。

 次に、7ページの今度は手数料の関係、上の方を見ていただきますが、これはもうひとつお目通しをいただきまして、手数料はこういうことで収入を受けたということでございます。

 それから、その下の国庫支出金につきましては、収入済額は4億1,970万9,000円でございます。内訳は、その下にずっと国庫負担金から国庫補助金、国庫委託金と記載してありますから、これはずっとお目通しを内訳は見てください。

 次に、8ページの方をお目通しをいただきますが、県支出金でございます。4億911万5,000円の収入済額になっておりますが、これも今国庫支出金と同様に記載してございますから、これもお目通しをいただきまして。

 今度は9ページの方の財産収入、ちょっと下の方であります。9ページの下の方を見ていただきますと、財産運用収入、これは10ページの財産売払収入と詳しく記載がしてあります。9ページから10ページをちょっと見ていただきますと、これも詳しく書いてございますから、お目通しをいただきたいと思います。財産収入としてはこういう状況でございました。

 それから、今度は寄附金の関係は2人から1,200万円いただいたということでございます。

 それから、繰入金、繰越金、諸収入、これもお目通しをいただきたいと思います。

 今度は11ページの町債の関係をちょっと説明申し上げます。そこに書いてございますように、社会資本の充実を図るため後年度に負担をかけないよう起債の抑制に努めるとともに、質的に良好な起債の確保を基本に町債を発行してまいりました。16年度は多目的屋内練習場建設の一般事業債が減っておりますので、前年度と比較しますと4億2,200円の減と。ですから、10億4,110万円の借り入れということになったわけでございます。こういう状況でありますけど。ずっとこれ見てみますと、交付税措置がどれだけしてあるかというのは右側の方に、見ていただきますとそのようなことで書いてございますから、お目通しをいただきたいと思います。

 それから、その下の歳出の状況であります。多目的屋内練習場建設事業費の減少で、前年度と単純には比較できませんが、その内容についてはこのような状況に割合がなっておるということについて見ていただきたいと思います。

 その下の性質別歳出の状況であります。一番右の経常収支比率を見ていただきますと、これが下に書いてありますが、右側の下でありますが、89.9で15年度より3.6ポイント高くなっておりますが、これは経常一般財源の普通交付税と臨時財政対策債とあわせて1億1,265万8,000円減っているのが主な要因でございます。そういうことであります。

 それから、12ページをお開きください。12ページの人件費でありますが、合計ではこれは6.5%減ということになっております。国庫補助事業の減少で一般財源で、前年度よりも640万5,000円上がっておりますが、一般財源ではそんなとこで全体的には6.5%減じております。職員数は一般会計では79名と、こういうことでございます。

 次に、下の2番目の扶助費であります。3.1%の減でございます。

 それから、今度は3番目の公債費の内訳は下の表のとおりでございますから、これはもう公債費は先ほど申し上げましたような内容も含めてございますからお目通しください。

 次に、今度は13ページ、今度は横に行ってください。13ページの地方債現在高の状況でございます。

 16年度末現在で、これは16年度、右の方から3番目の欄を見てください、16年度現在高ということで。下の方を見ていただきますと、76億9,105万4,000円で、前年からすると2億8,067万7,000円ふえておるということでございます。起債ごとの借入額は表のとおりでございますから、ごらんをいただきたいと思います。それから、その下の借入先別、利率別も表に記載してありますので、お目通しをいただきたいと思います。このような状況が地方債の現在高の状況でございます。

 それでは、14ページ、今度はもとに戻してください。14ページの投資的経費、一番上でありますが、これは普通建設事業費は補助事業の減少によりまして、12.8%の減ということになりました。

 その下の災害復旧事業につきましては、9.8%の減ということになっております。増減率を見ていただくとそういうことになっております。

 その他の行政費物件費でありますが、賃金が伸びておりますので、保育所臨時等の賃金を扶助費から組み替えたことによるものであります。

 それから、備品購入費の伸びは、てるは図書館図書購入によるものでございます。

 それから、需用費が中ほどにありますが、その他経費が減っておりますので、全体で見ますと、1.8%増ということで、この一番下を物件費は全体で見ると1.8%の増と、需用費は減りましたけど1.8%の増ということになりました。

 次に、維持補修費ですが、償却施設補修費の経費が多くなりまして、これは11.1%、償却費の維持管理が非常に多くなってきたということであります。

 それから、次に、右の方に15ページの補助費等であります。一番上の方を見ていただきますと、これは事業運営補助の一律削減と後継者住宅利子補給対象の減少によって10.4%の減ということになりました。積立金から投資及び出資金貸付金、繰り出し金についてはお目通しをいただきたいと思います。

 そして、その下の行政費、財源内訳の表には、物件費から繰出金まで決算及び国庫支出金など財源内訳が記載してありますので、これをお目通しをいただきたいと思っております。このようなことで決算額を見ていただきたいと思います。

 それでは、19ページの方、今度はちょっと飛びまして、19ページ以降からずっと見ていただきますと、これは款別事業費内訳はこれが詳しく記載してありますから、ずっとこれはお目通しをいただきまして、ひとつごらんをいただきますように、説明は割愛させていただきますから、よろしくお願いをしたいと思います。

 大変疎漏であったんですが、これが16年度の綾町一般会計の決算報告ということで、概要だけを主だった点だけを説明申し上げましたので、よろしくお願いを申し上げまして、認定第1号の提案理由の説明にかえさせていただきます。よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 それでは、引き続きまして、認定第2号平成16年度綾町国民健康保険特別会計歳入歳出決算を地方自治法233条第3項の規定により議会の承認を求めるものでございます。

 平成16年度決算は、歳入総額9億7,651万6,278円に対しまして、歳出総額9億1,482万8,479円で、6,168万7,799円の黒字決算ということになりました。

 ちょっと概要について説明申し上げますが、被保険者の状況は年間平均で4,175人ということになり、昨年度からいたしますと4,173人でありましたから、2人の増ということになっております。

 それから、医療費の状況では、1人当たりの費用額が34万8,315円と昨年よりも、これは昨年よりも4,319円の増額ということになっております。ちなみに、県内の順位は33位と、昨年が33位でありましたから一つは下がっておると、こういう状況であります。

 それでは、16年度の国民健康保険特別会計決算の内容について説明申し上げますが、これも事項別明細で説明させていただきますから、5ページまでお目通しをいただきまして、10ページから説明を申し上げたいと思いますので、10ページの方をお目通しをいただきたいと思います。

 10ページをお開きください。10ページ、11ページの内容を見ていただきますと、まず最初に国民健康保険税で款から説明申し上げますが、国民健康保険税は、全体合計が予算額で2億9,250万円に対しまして調定額が3億7,222万7,680円、そして収入済額が2億8,957万740円、不納欠損額が638万6,900円で、収入未済額が7,626万9,040円の決算ということになったわけであります。

 不納欠損額の638万6,900円は、地方税法第15条の7により滞納処分の執行停止者に係る納入義務削減によるもので、この該当者については31名ということになっております。

 収入未済額の内訳でありますが、現年度分が1,405万4,280円で、滞納繰越分が6,221万4,760円で、収納率は現年分が95.3%、昨年度よりも0.7%の上昇と、若干は上昇しました。ただ、滞納繰越分が7.6%ということで、これも若干0.2%上昇ということになっております。ただ、現年分と滞納繰越分の合計でいたしますと77.8%でありますから、まあ滞納繰越分のウエートが高いですが、これは全体的にも77.8ということで1.1%の低下ということになってしまいました。

 それでは、次の款の一部負担金については説明を割愛させていただきます。

 款の3番目の使用料及び手数料の収入、保険税のこれは督促手数料でございます。

 それから、4番目、下の方でありますが、国庫支出金は予算額が2億9,817万2,000円に対しまして調定額が3億3,453万7,167円で、収入済額が3億3,453万7,167円ということに国庫支出金はなりました。

 次の12ページをお開きください。これは一番上の、今度は目のとこもちょっと、目のとこを見てください。目の療養給付費負担金は収入が予算を上回っておりますが、主として前年の精算で追加交付があったもので2億4,169万4,844円と、こういうことが収入済額であります。

 それから、今度は国庫補助金、項の2でありますが、財政調整交付金は収入額が8,870万3,000円と、予算額は5,543万8,000円と大きく上回っておりますが、これは普通調整交付金の算定率が上がったと、算定率が上がったということで、ちなみに綾町は12.8%交付いただいたということであります。

 それから、5番目です。款の5番目の療養給付費交付金、これは退職被保険者の医療費にかかわります社会保険診療報酬支払基金からの交付金で1億2,637万7,000円であります。

 共同事業交付金、これは1件70万円の医療の高額療養費について、その60%が交付されるものであります。これは16年度では81件と、共同交付金81件ということでありまして、2,383万356円と。

 それから、財産収入は、これは財政調整基金の利息であります。

 それから、8の繰入金であります。繰入金は予算額が9,416万4,000円に対しまして、調定額と収入額は9,227万942円ということになりました。

 内訳のこの保険基盤安定繰入金保険税の軽減措置に伴う減収分を補うものということで、保険安定の繰入金がここにあります、これは区分のところから収入済額を見ていただきますとありますように、4,920万3,645円ということになりました。

 それから、下の方のこれは目でありますが、職員給与等繰入金は国保会計運営に伴う給与や事務費を一般会計から繰り入れるもので、3,202万7,297円ということになるものであります。

 次に、14ページをお開きください。14ページが目の3のところを見てください。出産育児諸費繰入金は14件、420万円の支給でしたが、その3分の2の280万円が繰り入れされております。

 それから、一般会計4の関係で、目の4ですが、一般会計繰入金、国保財政安定化の一般会計から824万円を繰り入れるものであります。基金繰り入れは今回は繰り入れをいたしておりません。そういうことで、行われませんでしたから、基金残高はちなみに1億1,457万6,046円ありますということでございます。

 それから、繰越金、9の、款の9でありますが、1億454万5,438円は、これは15年度決算に伴って16年度の繰越金であります。

 10が諸収入、これは説明はもういたしませんからお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、次の16ページをお開きください。雑入の関係を説明申し上げますが、一般被保険者第三者納付金は、交通事故による国保が立てかえた医療費を加害者より徴収したものでございます。16年度は14件の30万8,701円で、退職被保険者分は16件の75万1,719円、こういうことになりました。これが雑入でございます。

 20の県支出金、これは、高額医療費共同事業の町負担金の4分の1が交付されるもので413万9,323円。それから、21の連合支出金、連合会支出金については、これはお目通しをいただきたいと思います。

 こういうことで、歳入合計が、下の方を見ていただきますと、予算現額は9億4,298万1,000円から収入済額は9億7,651万6,278円ということになったものでございます。

 それでは、今度は歳出の方を説明申し上げますから、20ページの方をお開きください。今度は歳出であります。総務費の関係は、人件費、事務費でございますが、不用額が、これは一番右を見ていただきますと259万2,617円生じております。これは、主なものとして事務費でございまして、詳細は決算書の備考欄のとおりでございますから、お目通しをいただきたいと思います。

 それでは次に、あとはお目通しをいただきまして、22ページをお開きください。22ページの大きなものでありますが、款の2です。保険給付費、保険給付費全体として予算額が5億9,127万1,000円に対しまして支出済額が5億8,023万4,336円となり、これは、執行率は98.1%ということであります。右の方を見ていただきますと不用額が出ておりますが、1,103万6,664円ということが生じております。

 それでは、項目の内容について説明を申し上げますから、そのような見方で見てください。1番の療養費の目の段から入っていきます。療養給付費の一般被保険者に係る支払いは3億8,499万3,267円で、執行率は98.4%。次に、目の2であります。退職被保険者分は1億3,007万2,432円、これは、執行率は100ということでございます。

 それから、3であります、目の。療養費の一般被保険者の支払いは317万7,673円、執行率は86.4%、今度は目の4、退職被保険者分の支払いは81万9,794円、執行率が89.1%。それから、審査支払い手数料が223万7,445円であります。一般と退職被保険者のレセプト審査手数料ということであります、これは。

 それから、項の今度は2になりますが、高額療養費の目の1の一般被保険者の支払いは3,817万3,218円で、執行率は91.5%と、こういうことであります。今度は、目の2の退職被保険者の1,506万507円の執行率は、これは97.1%と、こういうことになっておりますことを報告申し上げたいと思います。

 それでは、24ページをお開きください。移送費、これは項の3でありますが、移送費は、患者の移送の経費であります。支出はございませんでした。

 今度は項の4です。出産育児一時金は、国保加入者の出産1件につきまして30万円を支給しておりますが、14件分の420万円を支出をいたしております。14件分であります。葬祭費は1件につき2万円の支給をいたしておりますが、これは75件、150万円支出をいたしました。項の5でございます。

 それから、款の3の老人保健拠出金。老人保健拠出金は、社会診療報酬支払基金を通じて老人保健へ拠出するものでございます。これは1億5,921万9,188円を支出しておりますが、歳出総額の全体的から見ますと17.4%を占めておると、こういうことであります。20%台でありましたが、17.4%ということで本年度はなった次第であります、決算におきましては。

 それから、款の4、共同事業拠出金であります。1,693万5,753円の支出済みの額でありますが、これは、共同事業拠出金のうち目の2、その他共同事業拠出金、広報共同事業として、テレビのオレンジタイムに係る費用で42万1,000円。

 それから、目の3であります。高額医療費拠出金は、国保連合会を事務局として県内市町村が拠出し、1件70万円以上の医療費に対しまして交付金を支給する事業で、16年度におきましては1,651万4,753円拠出をいたしまして、交付を受けた金額は2,383万356円受けておるということでございます。なお、町の拠出金には、国、県から4分の1ずつの補助を受けております。

 それでは、次の26ページをお開きください。26ページの款の5、保健事業費。保健事業費は、健康向上、疾病予防の事業を行っておりますが、予算額は599万6,000円に対しまして支出済額は305万5,725円で、不用額は294万275円生じておりますが、これは、自宅介護の紙おむつ支給や脳ドック補助、医療費分析の国保連合会委託料の執行予算が下回ったということで予算額が下回ったということであります。

 それから、款の6の基金積立金、財政調整基金の積み立てを5,000万円行いました。この結果、残高といたしましては1億1,457万6,048円ということになったわけであります。それから、7番目の公債費は、これは、内容は移動がございませんから、お目通しをいただきます。

 それから、8番目です。諸支出金の964万9,745円の支出済みの額の内訳については、目の1の保険税の還付金、資格喪失の届け出により過年度分の保険税の還付をしたものでございます。48万7,100円。それから、目の3の償還金は、15年度の退職被保険者にかかわります療養給付交付金の精算と、一般被保険者にかかわります国庫負担金調整交付金を返還したもので、905万3,845円であります。

 28ページ、最後でありますが、予備費でございます。年度中に1,958万9,000円を充当させていただき、1,135万5,000円が不用額ということで生じたものでございます。

 それから、最後の款の11、介護納付金、介護納付金としては5,751万8,349円を支出しておりますが、介護保険制度の国保加入の2号被保険者、これは40歳以上から65歳未満は、16年度平均で昨年度より1人増の1,368人でありました。1人当たりの納付金の昨年度は6,932円増の4万2,046円ということになったわけであります。

 以上が歳出関係で、最後に30ページをお開きいただきますと、ここに実質収支に関する調書、最終的に実質収支額は6,168万8,000円ということでございます。

 大変疎漏でありますが、16年度の国民健康保険特別会計歳入歳出決算の提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(押川勝君) ここで、暫時休憩いたします。午後は1時半から開会いたします。

(休憩午前11時58分)

………………………………………………………………………………

(再開午後1時30分)



○議長(押川勝君) 休憩以前に引き続き会議を開きます。

 当局の説明を求めます。町長。



◎町長(前田穰君) それでは、お疲れさまです。引き続きまして説明をさせていただきます。

 それでは、認定第3号、平成16年度綾町老人保健特別会計歳入歳出決算を、地方自治法第233条第3項の規定により議会の認定を求めるものでございます。

 平成16年度の綾町老人保健特別会計歳入歳出決算は、歳入総額8億2,427万5,934円に対し歳出総額8億2,392万2,104円で、歳入歳出の差し引き額は35万3,830円の決算となりました。

 平成16年度の老人医療受給者数は年間平均で1,292名ということであります。1,292名。前年度年間平均と比較いたしますと32名の減少ということになりました。平成16年度の医療費総額は8億749万2,277円となり、対前年比で7.2%の減少、金額にして6,256万1,000円の減額ということになり、平成15年度で一度増額になりましたが、平成12年度から14年度及び平成16年度は減額で推移をいたしております。

 減額となった主な理由といたしまして、入院による医療費が平成15年度と比べますと5,701万8,000円の減額ということでございます。これは、入院による減額は5,701万8,000円の減額、対前年比13.3%の減と、それに伴います食事療養費が357万2,000円の減額、対前年対比10.9%の減ということになっておりますから、入院に伴う医療費の減額が主な要因として上げられます。

 また、綾町における老人医療費の疾病別の費用額の順位でありますが、1位が、一番多いのが高血圧性疾患で、全体費用額の14.7%、高血圧性疾患であります。14.7%。2位が脳梗塞であります。9.6%、2位が脳梗塞。3位が虚血性心疾患で6.8%ということになっております。それから、生活習慣病にかかわる疾患が、医療費の上位を占める状況ということであります。

 なお、1人当たりの医療費の県内44市町村に占める順位は36位ということで、平成15年は17位ということになっておりますが、今回は36位ということで下がっております。

 それでは、詳細については、これも事項別明細で40ページから説明申し上げますから、40ページを開いて、その款はお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、歳入につきまして説明申し上げます。これも款項目という形の中で説明申し上げますから、そこをごらんをいただきながらお目通しをいただけるとありがたいと思います。

 まず、町からの医療費の交付金、医療費の支払い額に対し、一定の負担率につき支払基金が県負担金として交付されるわけでございまして、残り額につきましては一般会計へ繰り入れし、老人医療費を賄うものでございますが、平成10年10月の制度改正によりまして負担率が改正され、ここ5年間で、国、県、町の持ち出しが年々増加することになっております。

 支払基金交付金が70から50%に、それから、国庫負担金が20%から約33.4%へ、それから、県費負担金と町の負担が5%から約8.3%ということになります。平成16年度の支払金国庫負担金が、医療費の精算に伴い次年度に追加交付を受ける形となりましたので、来年算定し繰り入れすべき額と、次年度追加交付分を加算した額にて一般会計より繰り入れをいたしております。

 また、平成16年度第1号補正にて説明しておりますが、支払基金交付金の平成15年度の返還金を平成16年度の交付金に相殺しておりますので、その分と事務の必要経費と合わせて繰り入れをいたしております。

 それでは、まず最初の支払基金交付金の医療費交付金は4億8,243万2,061円の収入済額ということになりました。その下の、次の目ので、その下の審査支払手数料交付金は338万1,171円の収入済額となりまして、この中には前年度追加交付分の12万7,170円も含まれておるということであります。

 それから、今度は款の国庫支出金、2番目であります。事務費負担金40万3,000円の収入済額の内訳は、これは備考欄の方に書いてございますからお目通しをいただきますが、老人医療費適正化対策事業補助金で、診療報酬明細書等の点検及び臨時職員の事務費補助であります。

 次に、医療費、今度は目の2ということでありますが、医療費負担金は2億1,322万7,964円の収入済額ということになりました。この中には前年度追加交付分の780万4,567円も含まれておるということであります。

 それから、款の県支出金、これについて、今度は節の区分の医療費負担金をちょっと説明申し上げますが、医療費負担金は5,383万7,513円の収入済額となりました。その下の区分の節の中の区分の事務負担金の17万5,000円は、医療費の適正化を図るための医療費通知を年間7回行った事務費補助であります。

 それから、款の4ですが、繰入金です。この一般会計繰入金につきましては、医療費の精算に伴いまして次年度に追加交付を受ける形となりましたので、本年算定し繰り入れすべき額と、年次年度の追加交付分を加算した額にして一般会計より繰り入れいたしております。

 ごらんのとおり、これは医療費分で見ていただきますと6,579万9,307円、事務費等の分で472万401円で、これは、トータルした形で、ここにありますように収入済額は7,051万9,708円ということの繰り入れになったということであります。それから、繰越金は、これは29万9,517円は、15年度の老人会計繰越金でございます。

 以上が歳入関係でございまして、46ページの方を今度はごらんください。今度は、上の方から総務費の関係につきまして主な事務的経費について説明を申し上げます。

 今度は、節のとこの賃金の7というとこにありますが154万9,167円、これは、レセプト点検事務の2名分の賃金であります。それから、その下の節の区分で13委託料、これが、支出済額が245万2,033円、これは国保共同電算処理委託料等に係る分であります。国保連合会及び支払基金の支払い分となっております。

 それから、款の医療諸費の関係で、目の1の医療給付費は、病院等で受診され一部負担金を差し引いた分の支払額でございます。ちなみに1人当たりの医療費は、61万5,680円で、受診件数は2万9,991件となりまして、これが支払済額が、ここにありますように7億9,545万8,314円ということになりました。

 診療区分ごとに調剤のみ前年度と比較して比べてみますと支出額が上回りましたが、そのほかの入院外来歯科、訪問介護歯科、医科、及び歯科食事療養費は前年度を下回り、その前年度の実績額は6,055万3,000円の減額ということになっております。

 それから、医療費支給費、2です、目の。補装具作製や柔道整復師の施術、老人高額医療費支出額や入院時食事代等の差額等の支払い額でございます。これは、1人当たりの医療費は、これは9,314円で、支給件数は1,667件ということになり、支出済額が、ここに書いてありますように1,203万3,963円ということになりました。

 区分ごとに見ますと、高額療養費、柔道整復師、施術、入院食事代差額の支払いが前年を下回りましたが、補装具及び、あんま・マッサージ施術料の前年を上回っておりまして、前年度の実績額は200万8,000円の減額と、こういうことでなっております。

 それから、その下の3の目の支払手数料は328万1,628円でございまして、受診件数は2万9,991件で、これは国保連合会及び支払基金に審査していただいた分の委託料でございます。

 それから今度は、3の款の諸支出金の目の1とありますが、償還金利子及び割引料136万4,031円は、15年度精算に伴う県費負担金の返還金と、こういうことでございます。それから、繰り出し金につきましては、15年度の老人医療費の精算分ということでございますから、そのようにお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、最後に48ページが実質収支に関する調書ということで、ここに最終的に実質収支額が35万3,000円ということになった次第でございます。

 甚だ簡単でございますが、以上をもちまして、平成16年度綾町老人保健特別会計歳入歳出の決算報告にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして、認定第4号、平成16年度綾町介護保険特別会計歳入歳出決算を、地方自治法233条第3項の規定により議会の認定を求めるものでございます。

 平成16年度綾町介護保険特別会計決算は、歳入総額5億7,005万2,196円に対し歳出総額は5億5,595万1,680円で、歳入歳出差し引き額は1,410万516円の黒字決算ということになりました。

 第1号被保険者数、これは65歳以上の状況でありますが、月平均で2,070人ということになっております。認定者数は月平均で295人ということになっております。295人。そのうちの居宅サービス利用者が、月平均では162名、施設サービス利用者が、月年間平均84人と、施設サービス利用者が月年間では平均84人と。

 なお、居宅と施設の人数の合計が合わないのは、医療入院等により介護の実績が上がらないためでございますから、そのように御理解をいただきたいと思います。

 それから、保険給付費の状況でありますが、給付費の総額が5億2,014万7,462円で、事業計画では5億3,258万2,000円見込んでおり、実給付割合は97.6%、ほぼ事業計画どおりに進んでいるものと思われます。利用者1人当たりの年間費用換算額は、居宅サービス費では129万円であります。それから、施設サービス費は442万円ということで、313万円程度施設サービスが多いということであります。

 では、平成16年度綾町介護保険特別会計決算の内容につきまして説明を申し上げますが、詳細については、これも事項別明細で説明申し上げますから、58ページをお開きをいただきまして、57ページまではお目通しをいただきたいと思います。

 では、58ページを開いていただきますが、まず款の1であります。款の1の保険料であります。第1号被保険者の介護保険は、調定額9,137万1,700円に対しまして収入済額は8,742万9,300円で、収納率は95.69%であります。

 そのうち、ちょっと内訳を申し上げますが、そのうち特別徴収の収納率は100%ということであります。普通徴収は、現年分の収納率が89.33%、現年分の収納率、普通徴収であります。89.3%。滞納繰越分は17.48%ということになっておりまして、この普通徴収全体の収納率は78.80%ということになっております。

 それから、次の款の2の使用料及び手数料は、これは督促手数料でございます。

 それから、款の3の国庫支出金であります。介護給付費負担金は、給付に対する国庫負担が20%分でありまして、収入済額は、現年度が1億309万3,000円、過年度分の追加交付が35万3,451円ということになっております。

 それから、今度は目の1です。調整交付金3,975万円は給付に対する5%分の国庫負担であります。年齢別被保険者数等に算出され、綾町の交付率は7.45%ということになりました。

 それから、次の目の3は、保険者機能強化特別対策給付金159万8,000円、これは山村振興地域等への給付金であります。平成15年と16年の2カ年に限り交付されるものでございます。

 それでは、次の款の4であります。支払基金交付金でありますが、介護給付費交付金1億6,496万5,000円は、給付費にかかわります第2号被保険者、45歳から65歳の負担分の32%でありまして、これは支払基金より交付を受けるものでございます。

 次に、款の5でございます。県支出金であります。介護給付費負担金6,430万8,000円は、給付費に対する県費負担、これは12.5%であります。

 それでは、次の60ページを開いてください。これも今のような説明を申し上げますが、款の6の繰入金、そして、目の1ということに見ていただきますと、介護給付費繰入金6,499万9,354円は、給付費に対する町負担12.5%分であります。それから、目の2、その他一般会計繰入金3,102万167円は、職員給与費や事務費にかかわります繰入金であります。

 それから、今度は款の7です、繰越金。8の諸収入については、お目通しをいただきたいと思います。

 では、次の62ページをお開きください。款の9の財産収入であります。これは、介護給付費準備基金利子ということで74万6,000円であります。

 それでは次に、66ページを今度はお開きください。歳出を説明申し上げます。まず、款の1の総務費でございます。主に職員給与費、賦課徴収や要介護認定等にかかわります事務的経費であります。予算現額は3,261万1,000円ということで、支出済額が3,082万5,889円ということになっております。

 それでは、今度は目の1の一般管理費の内容を、今トータルで総務費を款で説明申し上げましたが、今度は目の一般管理費の、これは職員給与費が主なものでございます。2,015万1,449円ということであります。

 それから、今度は項の2です。項の2の徴収費の賦課徴収費は、保険料賦課徴収にかかわります事務費で、主なものは電算システム委託料ということであります。これは119万1,247円ということでございます。

 それから、項の3の介護認定審査会費の認定調査費等につきましては、臨時事務職員の賃金、主治医意見書の作成料、認定調査委託料等でございまして、これが561万3,892円ということであります。目の2、審査会費につきましては、宮崎東諸県地域で運営しております介護認定審査会の共同設置負担金が主なものでございまして、385万1,124円ということであります。

 それでは、次の68ページをお願いします。これは、款の2の保険給付費であります。これが大きいんですが、款の2の保険給付費、介護サービス等諸費は、要介護1から要介護5の方の保険給付費であります。全体として予算額は4億8,742万6,000円に対しまして、支出済額は4億7,740万405円ということになっております。

 これも目ごとにちょっと説明申し上げますが、1の居宅介護サービス給付費は、訪問通所等のサービスに係る給付費であります。年間受給者数延べ1,294人で、一月の1人当たりの給付費は10万7,008円ということになっております。このトータルは1億3,846万8,033円ということであります。

 それから、2の施設介護サービス給付費は、施設入所に係る給付費で、年間受給者が延べ1,006人でございます。一月の1人当たりの給付費は32万3,310円ということでありまして、ここにありますように3億2,524万9,482円であります。

 それから、3の居宅介護福祉用具購入費は19件分であります。数字はお目通しをいただきたいと思います。4の居宅介護住宅改修費は11件分であります。それから、5の居宅介護サービス計画給付費の支出額は延べ1,219件であります。これは金額が多いんで、1,183万3,110円ということになっております。

 それでは、今度は項の2です。支援サービス等諸費は要支援の方の保険給付費であります。予算額は4,055万2,000円に対しまして3,789万5,322円の支出ということになっております。

 これも目ごとに説明いたしますと、1の居宅支援サービス給付費は訪問通所等のサービスに係る給付費でございまして、年間給付人数が延べ823名であります。月1人当たりの給付費は3万5,127円ということになっております。それから、2の居宅支援福祉用具購入費は、これは7件分、それから、その下の居宅支援住宅改修費は5件分。7件、5件であります。

 それでは、次の70ページをお開きください。4の居宅支援サービス計画給付費は、これは、延べでは842件分であります。これは820万4,040円ということでございます。

 項の3のその他諸費であります。これは、目の2というのを見ていただきますと、介護給付費請求書電算処理システム料、国保連合会に委託している請求事務等に係る委託料ということでありますから、金額はお目通しください。

 それから、項の4です。今度は高額介護サービス費、延べ、これは656件分の支出ということになっています。ここにありますように、実績としては、金額的には404万7,787円と。

 それでは、次に款の3ということでいきます。款の3、財政安定基金拠出金の50万958円、これは、保険料が不足する場合に借り入れる基金として県が積み立てるための拠出したものでございます。

 それでは、款の4ですが、款の4の基金積立金243万3,000円でありますが、第1号被保険者保険料を3年間で算出したため、平成16年で上回る分の積立金を基金として積み立てるものでございます。予備費はお目通しをいただきたいと思います。

 それでは、72ページを見ていただきますが、款の7であります。諸支出金であります。204万4,371円。これは、償還金及び還付加算金は、第1号被保険者への過年度分保険料還付金と、15年度分精算に伴う県の給付と、支払基金交付分の返還金でございます。

 それから、今度は項の3でありますが、1万3,300円は15年度精算に伴うものということでございまして、最終的に74ページは、実質収支に関する調書でごらんいただきますと、差し引き1,410万1,000円と、こういうことでございます。

 簡単でありますが、平成16年度の綾町介護保険特別会計歳入歳出決算報告にかえさせていただきます。

 それでは、今度は認定第5号、平成16年度綾町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算を、地方自治法233条第3項の規定により議会の認定を求めるものでございます。

 これは、75ページ後歳入歳出が掲載してございますが、ごらんをいただきますと、農業集落排水事業特別会計の決算は、歳入合計が1,561万2,467円、歳出合計が1,467万1,020円、歳入歳出差し引きが94万1,447円ということに、このような決算になりました。

 これも、76ページと77ページを開いてください。ここで簡単に説明申し上げますが、歳入についてでございますが、調定額、収入済額ともに他会計繰入金720万円、繰越金63万9,867円、使用料が777万2,600円、歳入合計が1,561万2,467円ということになりました。

 次の78ページ、79ページは、今度は歳出でございます。農業集落排水事業費として支出済が514万6,672円、公債費が952万4,348円、歳出合計1,467万1,020円と。

 こういう状況で、事項別明細は簡単に説明申し上げます。84ページ、85ページを開いてください。まず、収入でありますが、歳入であります。使用料が777万2,600円でございます。内訳は、公共施設が2カ所616万4,400円、事業所が2カ所で39万7,200円、一般家庭が、説明欄のところを見ていただきますとわかりますように、一般家庭では35戸、121万1,000円ということになっております。

 次に、88ページと89ページをお開きください。今度は歳出であります。これは、節の区分の11のところをちょっと見ていきますと需用費というのがありますが、歳出の節の区分の11、需用費のところから説明申し上げますので、光熱費が135万4,181円、これは終末処理場の電気料が主なものでございます。

 それから、その節の区分で13委託料につきましては、246万3,783円は、内訳といたしましては、終末処理場の管理委託が148万7,850円、それに汚泥処理委託が94万5,000円、環境整備委託が3万933円ということであります。

 それから、工事請負費です、15の。工事請負費は、ここにありますようにわずかでありますが、これは県改良工事に伴うマンホールの切り下げ工事ということで、綾法華嶽線でございます。それから、繰出金ですが、15年度決算に基づく一般会計の繰り出しでございます。数字はごらんください。

 次に、公債費でございます。款の3でありますが、元金が613万3,681円、利子が339万667円で、合計では952万4,348円ということになっております。

 以上でありまして、最後の実質収支の関係を見ていただきますと、先ほど冒頭に申し上げましたように、実質収支に関する調書で、実質収支額が94万1,000円の黒字決算、こういうことでございます。

 以上、認定第5号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、続きまして認定第6号、平成16年度綾町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算を、地方自治法の規定により議会の認定を求めるものでございます。

 それでは、これは91ページ、先ほどと一緒の説明でございますが、公共下水道事業特別会計の決算は、歳入合計が5億1,394万8,043円、歳出合計が5億469万7,984円で、歳入歳出差し引き額925万59円ということに、こういう決算になりました。この中には、平成17年度の繰越明許費として923万9,000円が含まれております。

 これも事項別明細で簡単に説明申し上げます。100ページと101ページをお開きください。まず歳入でございます。3月末の供用開始に伴いまして、款の2の使用料及び手数料が、指定工事店等の登録手数料として29万9,000円ということになっております。

 続きまして、款の3の国庫支出金ですが、下水道事業補助金として1億3,806万円ということであります。県支出金が公共下水道整備交付金として911万1,000円ということであります。それから、款の5であります。財産収入では、公共下水道事業減債基金利子として967円、それから、6の繰入金が、一般会計より繰入金として4,770万円ということで、前年度繰越金といたしまして1万380円。

 それから、町債、款の9でございますが、町債として3億1,180万円ということになっております。内訳としては、過疎債が1億5,590万円、下水道債が1億5,590万円ということになっております。そのトータルが先ほど申し上げました数字であります。また、目の2の雑入にしまして696万6,696円でございますが、これは消費税の還付金と、こういうことでございます。

 それでは、続きまして歳出を説明申し上げますから、106ページ、107ページをお開きください。まず歳出の関係で、今度は節の部分の委託料のとこから説明申し上げます。13であります。2,588万8,000円であります。これは、管渠の測量設計、施工管理、電算処理等の委託の費用でございます。

 節の区分の今度は15、次の工事請負費は2億6,629万3,000円でございますが、これは枝線管渠4,000メートル施工したものでございます。次に、供用開始に伴いまして浄化センター18の備品購入費でありますが、203万4,623円でございます。

 次に19です。節の区分の19は、負担金補助及び交付金でございますが、これは1億8,116万7,440円ということであります。これは交付金でございます。この中の過疎代行事業負担金の1億7,998万4,000円が含まれてございます。これは、県の代行事業費の5億3,610万円の負担金でございまして、事業の内容は、処理場維持管理、道路幹線管渠の建設費及び測量設計費ということになっているものでございます。

 次に、25です。節の区分の25、積立金の911万3,166円でございますが、これは公共下水道事業減債基金に積み立てをするものでございます。

 次に、公債費、款の3でありますが、区分の23の償還金利子及び割引料の413万730円は、すべて起債の償還金利子でございます。

 それで、最後の実質収支の関係について108ページを見ていただきますと、ここにありますように実質収支額1万1,000円ということで、このような決算になった次第でございます。

 甚だ簡単でありますが、認定第6号の提案理由の説明にかえさせていただきます。

 それでは、引き続きまして認定第7号、地方公営企業法第30条第4項の規定により、平成16年度綾町水道事業会計決算を、監査委員の意見をつけまして議会の認定に付するものでございます。

 まず、概要について説明を申し上げますが、事業運営に当たりましては、安全で安心して飲める水の安定供給に努めているところでございます。平成16年度は、前年度に比較いたしますと4,195トン、0.6%の増の73万9,091トンの給水実績ということになりました。また、建設改良工事は、入野橋かけかえに伴う布設がえ、崎ノ田地区配水管布設がえ工事、満了検定メーター交換を行いました。

 また、経理面でございますが、収益的収入及び支出でいいますと、税込みの総収益9,998万9,755円、総費用が9,758万9,556円で、差し引き240万199円の黒字決算ということになった次第でございます。

 それでは、決算書の109から110ページをお開きください。109ページを、これをちょっと説明申し上げますが、まず、平成16年度綾町水道事業会計決算の収益的収入及び支出の部でございます。事業収益が、予算額で9,724万4,000円に対しまして決算額では9,998万9,755円で、差し引き274万5,755円の増で、内訳といたしましては、営業収益が276万642円の増と、営業外収益が1万4,887円の減ということになりました。

 続きまして、水道事業費用でございます。予算額が1億313万5,000円に、15年度からマッピングシステム構築の繰越額62万7,000円、計1億376万2,000円に対しまして決算額は9,758万9,556円で、617万2,440円の不用額ということになった次第であります。

 その内訳でございますが、営業費用は、予算額に前年度繰越額を含めた8,254万円、決算額は7,705万1,465円で、不用額は548万8,535円ということで、営業外費用は、決算額が2,053万8,091円、4万3,909円の不用額、予備費は予算額64万円そのまま不用額ということになっております。

 また、備考の括弧書きで書いてございますが、これは、受取消費税ということでございますから、お目通しをいただきたいと思います。

 それでは、次のページの111ページから112ページをお開きをいただきたいと思います。ここは資本的収入及び支出でございます。資本的収入予算額は2,320万円、決算額は2,320万円、支出は、予算額4,916万2,000円に対しまして決算額は4,815万2,593円で、100万9,407円の不用額ということになりました。

 内訳でございますが、資本的収入は、入野橋かけかえに伴う起債として2,320万円の収入で、支出といたしましては、建設改良費が3,043万5,300円、企業債償還金が1,771万7,293円の決算額ということになっております。

 一番下の左側を見ていただきますと、資本的収入額は、資本的支出額に不足する額2,495万2,593円は、これは過年度損益勘定留保資金から2,350万3,293円を充てまして、当年度の損益勘定留保資金からは144万9,300円で補てんをさせていただくわけでございます。

 それで、次のページをお開きをいただきたいと思います。113ページでございますが、これは、今申し上げました資本的収入不足額の補てん財源の明細書でございますから、このようなことで補てんをさせていただくということでございますから、お目通しをいただきたいと思います。

 それから、114ページの損益計算書でございますが、これは大きな数字だけ説明申し上げます。まず、営業収益が9,526万66円、営業費用が7,514万6,004円で、差し引きますと2,011万4,062円の営業利益ということになったわけでございます。

 それから、営業外収益が1万6,228円、営業外費用が1,917万9,391円で、差し引きますと1,916万3,163円の赤字ということになりまして、営業利益の2,011万4,062円から営業外の赤字の1,916万3,163円を差し引きますと95万899円の経常利益ということになりまして、前年度繰越余剰金1,858万1,646円を合わせますと1,953万2,545円となりまして、当年度未処分利益余剰金になるわけでございます。

 次に、117ページ、118ページをお目通しください。貸借対照表でございます。これも大きな項目だけ説明いたしますと、資産の部で、有形固定資産合計が5億7,887万8,524円、流動資産合計が1億708万4,059円で、資産合計は6億8,596万2,583円ということになるわけでございます。

 それから次の、急いで恐縮でありますが、118ページをお目通しください。今度は負債の部でございます。未払金が69万3,100円、これは未払消費税ということでございます。それから、資本の部でありますが、自己資金が6,990万7,570円、借入資本金が5億341万2,368円で、資本金合計で5億7,331万9,938円ということになります。

 それから、剰余金でありますが、資本剰余金が7,881万7,000円、利益剰余金が3,313万2,545円で、剰余金合計が1億1,194万9,545円ということになります。これに負債合計69万3,100円足しまして資本合計が6億8,526万9,483円ということでございまして、これを合計いたしますと、負債資本の合計が6億8,596万2,583円となりまして、資産合計と一致するわけでございます。こういう内容でありますことをお目通しをいただきたいと思います。

 次に、120ページ、最後の説明を申し上げますが、これは、附属書類が添付されていますので、お目通しいただきまして、123ページをちょっと見てください。いつも説明申し上げるんですが、これを開いていきますと、これは業務量ということでございますが、一番下の供給単価と給水原価の関係ですが、ことしも給水原価の方が3円65銭高くなっている状況でございまして、原価が高いということでありますから、依然として水道事業会計が厳しい状況にはございますが、ただ、今のところは運営上資金繰りにも問題ございませんので、町民の皆さん方にいつどこでも安全で安心して水が届けられますように健全な財政運営を図っていかなければならないと、このように考えています。

 今後、この給水原価と給水単価を少なくともペイできるように努力をしなきゃいかんとは思っていますが、またしっかり取り組んでまいりたいと思いますから、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 それでは、承認第3号、専決処分の、今度は議案書に返ってください。今度は議案書に返っていただきます。この議案書の29ページです。承認第3号専決処分の承認についてでございます。

 平成17年度綾町一般会計補正予算(第2号)、地方自治法第179条第1項の規定により、平成17年度綾町一般会計補正予算(第2号)を別紙のとおり専決処分しましたので、同法同条第3号の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。

 専決処分の内容について説明申し上げますと、8月8日に衆議院が解散されまして、8月31日公示、9月11日選挙が執行される運びとなったので、選挙準備に早急に取り組む必要性から専決処分を行ったものであり、平成17年度綾町一般会計補正予算(第2号)において歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれに560万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ39億6,344万8,000円としたものでありますが、この内訳は、歳入におきまして、県委託金の総務費委託金として560万円増額し、歳出におきましても、選挙費の衆議院議員選挙費として、報酬88万円、職員手当305万3,000円、需用費38万円、委託料49万円で560万円の増額補正を行った次第でございます。

 簡単でありますが、以上、報告を申し上げいただきまして、状況を御賢察いただければありがたいと思います。

 それでは、報告第4号平成16年度綾町一般会計継続費精算報告について、平成16年度綾町一般会計継続費について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により別紙のとおり報告いたします。

 議案書の、これは31ページですが、平成16年度綾町一般会計継続費精算報告書を別紙のとおりということで、次のページを開いていただきたいと思います。地方自治法施行令第145条1号の規定により報告するものでございます。

 図書館建設事業は、平成15年度から平成16年度までの2年間の継続事業で、全体計画総額が2億7,886万2,000円で、実績額は2億7,389万4,137円で、精算残額は496万7,863円ということで、財源内訳は、この32ページをお目通しをいただきたいと思います。

 以上、一般会計継続費精算報告にかえさせていただきます。

 それから、報告第5号であります。平成16年度綾町水道事業会計継続費精算報告書について、平成16年度綾町水道事業会計継続費について、地方公営企業法施行令第18条の2第2項の規定により、別紙のとおり報告を申し上げます。

 これは、次のページを開いていただきますと、最後のページでありますが、配水管網図整備事業、通称マッピングと言っておりますが、この事業は平成14年度から3カ年の継続事業で、予算総額が2,000万円ということで行ってまいりました。支払い総額は1,890万円で、不用額は110万円、これで事業完了をいたしたということを報告申し上げさしていただきます。

 以上、継続費の報告であります。

 大変長くなりましたが、以上をもちまして、議案提案から報告まですべて終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(押川勝君) ここで、暫時休憩いたします。

(休憩午後2時20分)

………………………………………………………………………………

(再開午後2時35分)



○議長(押川勝君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 吉野議員は監査委員席にお着きください。

(吉野与一議員 監査委員席へ移動)

 ここで、監査委員の報告を求めます。中村監査委員。



◎監査委員(中村桂太郎君) 御説明に入ります前に、ちょっと数字の、本当に恐縮ですが、数字の訂正をさせていただきたいと思います。ただいまそういうことがわかりましたんで、訂正をさせていただきたいと思います。

 15ページをお開きください。歳入歳出決算審査意見書の方でございます。15ページの第12表という一番下に表がございますが、その年度の16年度分のところです。経常収支比率を「89.8」と書いておりますが、「89.9」と御訂正いただきたいと思います。それに伴いまして次のページは、文言の欄の2行目にございますが、平成16年度は「89.8%」と書いてございますが、それを「89.9%」に、それから、前年度86.3%を「3.5%」としてありますが、訂正して「3.6ポイント」上回っておるというふうに御訂正いただきたいと思います。

 以上でございます。

 それでは、ただいまから、監査委員を代表いたしまして決算審査報告を申し上げたいと思います。

 一般会計の方から5つの特別会計と企業会計の水道事業会計が合わせて7会計ございますので、できる限り簡潔に報告申し上げますので、よろしくお願い申し上げたいと思っております。

 地方自治法第233条第2項の規定により、平成16年度綾町一般会計及び特別会計歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び関係諸帳簿、証書類について8月4日から8月24日までの14日間、吉野監査委員とともに審査をいたしましたので、お手元の決算審査意見書によりまして、その結果を御報告申し上げます。

 審査の概要は、毎年度ほぼ同様でございますので、1ページから2ページは説明を省略させていただきますので、お目通しいただきたいと思います。

 3ページの審査の結果のところから入らせていただきたいと思います。平成16年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算額は第1表のとおりで、審査の基本方針に従い審査をいたしましたが、違法な点は見受けられず、各関係諸帳票及び証憑書類と合致しており、決算計数は正確であることを確認をいたしました。また、予算執行、収入支出事務の処理及び財産管理についてもおおむね適正であったことを認めました。

 なお、第1表から15表までにつきましては、特に必要のない限り数字は省略させていただきますので、あらかじめ御了承をいただきたいと思っております。

 次に、4ページをお願いしたいと思いますが、決算の概要でございますが、一般会計の歳入につきましては第2表のとおりで、53億8,529万8,617円で、第3表のとおり自主財源が26.5%、依存財源が73.5%で構成をされておりますが、それぞれの数値についてはお目通しいただきたいと思います。

 次に、6ページをお願いしたいと思います。歳出の方でございますが、決算額は第4表のとおり52億3,953万9,664円で、うち翌年度繰越額2億2,132万5,991円、不用額1億3,235万7,336円になっております。

 なお、性質別歳出決算額は第5表のとおりでございますので、お目通しいただきたいと思います。

 次は、8ページをお願いいたしたいと思います。ここでは、最近5カ年の収支の状況を第6表のとおり示しておりますので、お目通しいただきたいと思います。

 次に、9ページの方で、特別会計ですが、まず、国民健康保険特別会計に入らせていただきます。国民健康保険特別会計の歳入歳出決算は第7表のとおりで、歳入9億7,651万6,278円、歳出9億1,482万8,479円、差し引き6,168万7,799円、不用額2,815万2,521円となっております。

 それでは、次に11ページをお願いしたいと思います。老人保健特別会計でございますが、歳入歳出決算は、第8表のとおり歳入が8億2,427万5,934円、歳出8億2,392万2,104円、差し引き35万3,830円、不用額1,687万896円であります。

 次は、12ページお願いして、介護保険特別会計をお願いしたいと思います。介護保険特別会計の歳入歳出決算は、第9表のとおりで歳入5億7,005万2,196円、歳出5億5,595万1,680円、差し引き1,410万516円、不用額2,409万2,320円であります。

 次に、13ページの農業集落排水特別事業でございますが、第10表にございます。歳入が1,561万2,467円、歳出は1,467万1,020円、不用額は93万4,980円となっております。

 それでは、14ページをお願いしたいと思います。公共下水道の事業、特別会計ですが、歳入歳出は第11表にございますとおりで、歳入が5億1,394万8,043円、歳出が5億469万7,984円、不用額が243万8,016円でございます。

 それでは、次の15ページにお願いしますが、これからは審査意見を申し述べたいと思っております。

 審査の結果、予算の執行はその目的に沿って執行されており、それぞれの事務事業は厳しい財政状況を踏まえた努力がなされ、おおむね所期の目的を果たしていると認めました。

 現在政府は、国と地方の財政再建と地方分権の推進を図るためとして三位一体の改革を進めておりますが、財政力に乏しく課税客体の少ない地方においては、固有の財源である地方交付税の堅持こそが税制運営上の絶対条件とあると思います。しかし、現状は大変に厳しく、地方自治体の財政硬直化は一層進展するものと考えております。

 本町は、恵まれた自然資源を生かし、豊かで特色ある町づくりを目指し、自主自立の町としてスタートしたわけで、今こそ町民の協力を得て、職員が一丸となり積極的かつ計画的な行政改革を推進し、合理的、効率的な行財政システムを確立することが急務であると考えております。

 まず、財政運営について申し述べます。言うまでもなく財政運営の目標は、財政の健全化を確保し、さらに限られた財源を効率的に活用して住民福祉の向上を図ることにあると思います。この観点から、一般会計の財政運営について述べてみますと、本町の主な財政指数は第12表のとおりでございまして、財政の健全性確保の点から、まず実質収支額が黒字であることが必須要件でありますが、第12表にありますように、平成16年度実質収支は5.3%で、前年度4.8%よりは0.5%上昇はしております。数字的には標準値が3ないし5と言われておりますが、それより若干上回っておりますが、一応評価できると考えております。

 次に、16ページをお願いしたい。次に、財政構造の弾力性を確保することはもちろん課題でありまして、この弾力性を判断するのは経常収支比率であります。平成16年度は89.9%で、前年度86.3%からしますと3.5ポイント上回っておりまして、妥当な目安となる75%未満という数字から見れば、財政向上は硬直化しつつあると言えると思います。

 また、経常収支比率と公債費比率を合わせて判断することも必要だと思いますが、本町の平成16年度公債費比率は前年度と同じ16.3%で、この比率の目安として、15%以下という数字から見れば1ポイントを超えておりますので、一応留意していくべきだとは思いますが、第12表の数字の推移で見る限り、おおむね安定した数値となってきていると思います。

 他の自治体と同様、本町も標準財政規模が年々減少していることから、将来的にはかなり厳しい数値が予想されますが、この現状を踏まえ、義務的経費、投資的経費はもちろんのこと、その他の行政経費では特に物件費、扶助費等の削減が重要課題となってくるものと考えます。同時に、自主財源の確保であります少なくとも町税の徴収率の向上に最大限の努力が肝要であると思います。

 次に、財政力指数でありますが、地方公共団体の財政上の能力を示す指数、言いかえれば貧富の度合いをあらわすもので、この度合いが高いほど財政力が強く、積極的な行政活動をすることが可能となり、それだけ余裕のある財源を確保していると言えます。

 本町の財政力指数は、第12表にありますように0.229で、前年度よりも0.08ポイント上昇して、過去5年間では最高の数値を示しております。この数値は1に近いほど財政力があると言われております。平成12年から14年の数値ではございますが、県内最高の宮崎市が0.626であり、町村では、清武町が0.613で最高で、その次に佐土原町が0.534で続いております。

 東諸県郡内では、国富町が0.363、高岡町が0.334であり、町村の平均が0.252であることから、本町は県内で平均的な財政力を維持していると言えます。

 次に、起債許可制限比率でございますが、15%以上は要注意と言われておりますが、本町は平成16年度は8.7%、毎年度これを下回り、良好な数字で推移していることは評価したいと思っております。

 以上、財政指数で見る本町の財政運営を検討してみましたが、実質収支比率、経常収支比率、財政力指数、公債費比率、起債許可制限比率、起債の中では、起債許可制限比率を除き、良否の判断目安として設定された数字を上回っていることは事実であります。

 本町のみならず、地方自治体は財政構造の硬直化が急速に進みつつある現状を念頭に置き、徹底した行政改革の実行に真剣に取り組まなければならぬ正念場であることを認識し、その解消のため、改革の全体像を確認し推進するため、全知全能を傾注すべき時期と確信をいたしております。

 次に、予算の執行について検討をしてみました。一般会計ですが、歳入は、調定額に対して収納率95.15%であります。調定額に対する未収額につきましては、繰越事業分を除くと、町税に4,797万5,350円の未収があり、分担金及び負担金には、保育料の229万5,050円、使用料及び手数料には、公営住宅使用料の1,631万650円、ケアハウス使用料4万5,748円、育苗センター使用料66万450円、計1,931万1,898円があります。これに町税分を加えますと6,728万7,248円の滞納額となり、増加傾向が続いております。

 また、これに特別会計分を計上してみますと、国民健康保険税の7,626万9,040円、介護保険料の394万2,400円及び企業会計の水道料金滞納額2,798万6,238円がありまして、これらを加えてみますと1億819万7,678円となっております。一般会計分の6,728万7,248円と合算をしてみますと1億7,548万4,920円となり、膨大な未収金が計上されていることになり、厳しい財政状況下においては憂慮すべき事態であると認識をいたしております。

 収納につきましては、嘱託徴収員を含め、職員の努力で成果を上げつつあることは認めますが、町税を初め、貴重な自主財源の確保は全庁的な課題であり、平成7年からは、綾町税滞納整理対策本部設置要綱に基づき年2回の特別徴収も実施され、努力されていることは評価したいと思いますが、今後とも現在の収納実態を十分認識し、町民に不公平感を与えないよう厳しく収納業務に取り組んでほしいと思っております。

 なお、現在、町村会等で検討をされていると言われる広域的な債権回収機構の設立構想につきましては、早急に実現できるように努力していただきたいと思います。

 歳出につきましては、執行率が94%となっております。歳出については、各課各款ごとに審査をいたしましたが、おおむね適正な執行がなされたことを確認をいたしております。

 なお、不用額は1億3,235万7,336円計上されておりますが、その主なものは第12表のとおりでございます。この中で、民生費が6,551万1,073円と突出しておりますが、その主なものは、介護保険特別会計繰出金と老人保健特別会計繰出金が予算計上時の見込み減が生じ、調整減額したためで、問題ないと判断をいたしました。

 また、商工費の活性化協会施設管理は、それぞれの施設への経営改善努力によりまして委託料を減じたものであり、その成果は評価したいと思っております。今後とも町の産業活性化の拠点として従事する職員にも経営改革の意識を浸透させ、将来に向け自立し得る事業所として育成してほしいと思っております。

 その他につきましては、事務費等の経費削減や工事の入札残等によるものがほとんどであり、適正な執行残と認めました。

 ただ、量入制出の原則を踏まえ、徹底した予算査定を実施し不用額の減少を図ることは当然とあると考えていますし、事務事業を全般的に見直し、再点検して歳出削減を図ってほしいと考えております。

 次に、補助費等でございますが、第15表のとおり執行されております。本町は、以前より積極的に種々の事務事業を展開し、有機農業の推進、産業観光の確立、人材の育成、保健活動の充実等々、その実績は高く評価されております。

 しかし、現在の財政状況の中での補助事業の推進は、自主財源の乏しい本町におきましては厳しく、特に町単での実施はかなり制約されるものと考えます。その意味からも、抜本的な見直しは自主自立の町として出発する今が転機だと思います。第15表で見られるように、16年度は前年度より補助費等全体で10.4%減でありますが、この傾向は年度を負うごとに厳しくなるものと推測されます。

 この観点から、町民すべてに従来から当然視され慣行化されてきた補助依存体質からの脱却を啓発し、自立志向の人材を育てることが今後は必要であると考えております。これこそが町民と一体となって行う行政改革の一つでもあると思います。

 町単を初め、国、県すべての補助事業については、補助効果の確認を最優先し、実績報告も形式的ではなく、詳細な報告書を徴し、これを実施さし、その改廃を判断するという手順で進める助成策のあり方こそ今求められていると考える緊急課題であろうと考えております。

 昨年度の意見書でも取り上げましたが、農林振興課の実施事業の達成度評価はその手法の一つになると思います。ただ、内容的に、例えばランクづけのいい事業のみが抽出されており、低いランク事業はなかったのかどうか、あるいは達成度重点の評価のみでいいのかどうか等々いろいろ検討の余地は多くあると思いますが、いわゆる実施した事業をランクづけするという方策は今後十分検討をされるべきだと考えております。

 次に、特別会計ですが、国民健康保険特別会計の歳入につきましては、調定額に対し92.26%となっておりますし、歳出は執行率97.01%になっておりまして、歳入歳出差し引き額6,168万7,799円の黒字決算になっております。

 前年度決算と比較して保険給付費全体では14.7%増の5億8,023万4,336円となっております。1人当たりの医療費は、一般被保険者では12.5%増の20万968円、退職被保険者では3.9%増の40万307円、国民健康保険加入の老人分では3.4%減の68万5,296円となっております。ワースト順位では、40市町村中一般が33位、退職者が9位、国保老人が36位、全体的には34位と、医療費は県内では低位に位置しておりますが、一般の医療費が若干増加したことが数字的に示されておるようです。

 保険税は、調定額3億7,222万6,680円、未済額が、前年度より184万6,360円増の7,626万9,040円となり、不納欠損額も638万6,900円が計上されております。このうち現年分は1,405万4,280円、滞納繰越分が6,221万4,760円と漸増傾向にあり、国保財政を圧迫する大きな要因となっております。

 このことは、本町のみならず全国的規模での実態の課題であると思いますが、先ほども申し上げましたように、善良な納税者に公平感と信頼感を損なうことのないよう収納強化に積極的に取り組んでほしいと考えております。

 現在、医療費抑制の施策として各種保険事業を推進し、数字的には確認できない効果も生じていると考えておりますので、この点は評価したいと思います。今後とも町民の健康意識の高揚と疾病の早期発見、早期治療による医療費の抑制を図り、あわせて保険税への意識を高める啓発活動も勧めてほしいと考えております。

 次に、老人保健特別会計ですが、歳入については、調定額、収入済額とも増額で、8億2,427万5,934円が適正に収入をされております。歳出につきましては、執行率97.99%で前年並みでございます。歳入歳出の差し引き残額は35万3,830円の黒字決算となっております。

 平成14年10月1日からの老人保健制度の改正によりまして、老人医療対象年齢が70歳から75歳に引き上げられ、年々老人医療受給者数は減少傾向にありますが、依然1人当たりの医療費は60万円台と高額で推移しております。1人当たりの医療費の県内44市町に占める順位は下がってまいりましたが、高血圧性疾病、糖尿病、脳梗塞など、生活習慣病関連の疾病が医療費の上位を占めておるようです。

 平成16年度の医療費は、対前年比7.19%減の8億749万2,277円となっております。1人当たりの医療費では、対前年度比4.89%の減の62万4,994円となりまして、平成12年から16年度の期間で、15年度を除き減額で推移しています。

 減額の主な理由としては、入院による医療費が平成15年度に比べ対前年比13.3%減じ、それに伴う食事療養費も対前年比10.9%減となっておりますので、入院による医療費の減額が主な要因として考えられます。

 また、医療支給費に関しては、前年度と比べ200万8,125円減の1,203万3,963円で、平成14年度から始まった外来の高額医療費も定着してきたと言えます。しかし、今後ますます増加するであろう医療費削減のために、老人の健康づくりの諸施策への参加を促し、健康への意識を回復し、生きがいある老後の構築に一層努力してほしいと思っております。

 次は、介護保険特別会計ですが、歳入につきましては収納率99.31%であります。歳出は執行率95.8%となっております。平成16年度の第1号被保険者数は2,086人で、介護保険料収納額は8,742万9,300円で、調定額9,137万1,700円に対する収納率は95.68%で、未済額は394万2,400円となっております。前年度より121万7,400円の増加となっています。

 また、平成17年3月末での居宅サービス受給者は177名で施設サービス受給者は82名となっています。

 保険給付費は、事業計画が5億3,298万5,000円に対しまして決算額は5億2,014万7,464円でありまして、97.59%とほぼ計画どおりの数字となっているようであります。今後とも要介護者の増加を可能な限り低く抑えられるように、町民の健康づくり施策の推進や介護予備者への対応など、積極的に推進してほしいと考えます。

 農業集落排水事業特別会計ですが、歳入につきましては、調定額、収入額とも1,561万2,467円であります。歳出につきましては、予算現額が1,560万6,000円で、支出済額は1,467万1,020円、不用額は93万4,980円と、執行率が94%であります。

 年度末現在の加入状況は、公共施設が2カ所、それから、事業所が2カ所、一般家庭が35戸でありまして、一応計画に入っております一般家庭の2戸が未加入でありますが、良好な運営がなされていると思います。

 最後に、公共下水道事業特別会計ですが、歳入につきましては収納率98.29%であります。歳出は執行率が96.08%であります。平成13年度から着工した本事業は、県代行事業による終末処理場綾浄化センターが完成し供用が開始されました。平成16年度建設費は4億7,334万8,440円で、管渠工事が約30ヘクタールの範囲について整備され、既に平成17年8月現在、個人住宅が45戸、町施設8カ所、その他2カ所、45戸と10カ所が使用されております。

 今後は、町民の協力を得て、加入率の向上に努め、実施地区内で、快適かつ衛生的な生活環境が実現するように推進してほしいと思います。

 財産に関する調書及び財産管理につきまして申し述べます。財産に関する調書は、台帳、諸帳簿の計数と一致して適正であることを認めました。なお、管理については、以下述べるとおりでございます。

 まず、土地につきましては、行政財産として綾浄化センター敷地を取得しまして、普通財産として公営住宅駐車場を取得、開元住宅、元町分譲地を払い下げ、その他の土地及び山林327平米を取得しております。

 建物は、行政財産のその他の施設として、非木造のてるはドーム、てるは図書館、浄化センター、計9,131.99平米を取得し、その開元住宅と同じく教員住宅、計107.75%を廃棄しております。山林につきましては327平米を取得し、揚町と北麓との部分林を取得しましたので、立木の推定蓄積量が887立方メートル増加いたしました。

 有価証券は、雲海酒造500円株100株を売却をしたため5万円の減で、決算年度末現在高は64万8,000円となっております。出資による権利は前年度より32万8,000円増加し、27万6,000円減じ、差し引きで5万2,000円の増となりました。そして、2,909万2,305円となりました。物品については、お目通しをいただきたいと思います。

 債権につきましては、高齢者居室整備資金貸付金がありまして、16年度171万2,271円の償還がございまして、決算残高は870万5,000円となっております。災害援護貸付金は、16年度も償還はなく、決算残高は32万2,000円で、前年どおりであります。土地開発公社貸付金は6,360万円で、前年度と同様、異動はございません。

 基金につきましては、財政調整基金を含め15の基金につきまして、通帳、帳簿等で確認した結果、財産に関する調書の年度末現在高のとおりで、いずれも法令、条例に基づいて適正な管理がなされていると認めました。

 次に、前年度より財産管理状況を抽出して実施しております特別調査ですけども、本年度は公用車の状況を調査いたしました。町有自動車44台のうち、当日使用されていない大型車1台、普通車9台、軽自動車10台、計20台を対象といたしました。

 公用車の洗車、室内清掃等の一般管理状況はおおむね良好でございました。しかし、各車ごとの使用簿につきましては、2課1委員会の1台ずつについては備えつけられておりましたが、記帳は不十分だと認めました。その他の各課所属分では、これらがないまま使用運行されておりました。

 また、健康センター、デイサービスセンター、ケアハウス所属の全車につきましては使用簿を備えつけ、行き先、用務等も正確に記録し運行されており、評価したいと思います。

 また、給油の際のカードの取り扱いにも差異が見られました。

 以上、調査結果でありますが、早急に公用車使用のマニュアルを作成し、適正に運行がされるよう改善方を要望いたします。

 以上、平成16年度綾町一般会計及び特別会計の決算審査の結果を御報告いたしました。

 それでは、お疲れのところまことに恐縮でございますが、別冊の平成16年度水道事業会計の審査意見書を御説明したいと思っております。

 地方公営企業法第30条第2項の規定によりまして、平成16年度綾町水道事業会計決算につきましては、平成17年8月4日、吉野監査委員とともに審査いたしましたので、その結果を御報告いたします。

 なお、1ページの審査概要につきましては例年どおりでございますので、お目通しをいただき、2ページの審査結果から御説明を申し上げます。

 審査結果についてですが、審査に付された決算諸表は、計数に誤りがなく、水道事業の経営成績及び財政状況をおおむね適正に表示していると認めました。

 次に、事業概要についてですが、事業概要は、別表1、事業概要推移表のとおりでございます。平成16年度の給水戸数は2,633戸であり、前年度の2,616戸より17戸の増加でありました。

 給水人口は、前年度より47人減の7,268人でありました。当初計画給水人口は7,300人ですが、これに対する普及率は99.6%となっております。年間有収水量は73万9,091トンで、前年に比較しますと0.6%増の4,195トンとなっております。

 次に、平成16年度の経営成績は、別表の2、水道事業会計決算報告書、別表3、補てん財源明細書、別表4、損益計算書、別表5、剰余金計算書、利益剰余金処分計算書、別表6、貸借対照表のとおりでございます。

 収益的収入及び支出につきましては、総収益9,998万9,755円に対し、総費用9,758万9,556円となり、差し引き240万199円の黒字決算となっております。資本的収入及び支出につきましては、総収入2,320万円に対し総費用が4,815万2,593円となり、水道事業運営による収益的収支及び資本的収支を総合しますと2,255万2,394円の赤字となっております。

 なお、資本的収入が資本的支出に不足する額は2,495万2,593円ですが、これは、別表3のとおり補てんをされております。

 別表4、損益計算の調書のとおり、平成16年度の営業利益は2,011万4,062円で、昨年度の1,793万2,935円より218万1,127円上回っております。

 別表5、剰余金計算書、利益剰余金処分計算書にあるように、減債積立金は1,360万円、前年度未処分利益剰余金1,858万1,646円があり、繰越利益剰余金年度末残高となっております。当年度純利益95万899円を加えた1,953万2,545円が当年度未処分利益剰余金であります。

 なお、減債積立金として10万円を処分いたしますので、翌年度繰越利益剰余金は1,943万2,545円となりました。

 別表6の貸借対照表を見てみますと、資産の部の固定資産の合計は5億7,887万8,524円であり、流動資産の計は1億708万4,059円となっております。

 以上、資産の部の計は6億8,596万2,583円で、負債の部に未払金の69万3,100円がございます。現時点ではありません。資本の部は、自己資本金借入金で5億7,331万9,938円となっております。

 次に、剰余金ですが、剰余金合計は1億1,194万9,545円となりまして、資本合計6億8,526万9,483円、負債資本合計は6億8,596万2,583円であります。

 以上、経営実績は安定し、おおむね健全な経営状態にあると判断をいたしました。

 それでは、審査の意見を申し述べます。平成16年度の水道事業運営の収益的収支と資本的収支の総合的な実績としましては、2,255万2,394円の赤字決算となっておりますが、前年度よりは475万3,100円減少をいたしております。

 これは、平成14年度より3カ年計画で実施しました配水管管網図整備事業の最終年度の事業、それから、入野橋かけかえに伴う布設がえ工事、崎ノ田地区配水管布設かえ工事、満了検定メーター交換、その他維持費、管理のための修繕等の建設改良費が増加したためでありまして、経営的には従来どおり安定しておりますので問題はないと考えます。

 ただ、懸念をしておりますのは、毎年度指摘をしております水道料金未収額の増でございます。

 平成16年度調定額の9,221万2,360円、収納額8,849万7,090円、未納額371万5,270円であります。前年度決算時未納額は2,639万3,878円でございましたが、本年度決算時未納額は、過年度分を含め2,798万6,238円と前年度より159万2,360円増加しております。

 この料金滞納解消につきましては各自治体とも苦慮しており、近隣市町村の状況を見てみますと、さまざまな方策が講じられております。例えば、未収金の削減時効、これは、2年とか5年がありますけれども、2年の対応、納付誓約書の分納、不納欠損処分の是非とその時期、給水停止につきましては、催告書、停止予告、停止通知、給水停止という手順を経て実施等々、未納金解消への取り組みが続けられております。

 本町でも、従来から前向きな回収努力はされてはおりますが、納得いく成果を上げるには至っていないのが実情であろうと思います。町民への公平性を保つためにも、他市町村の収納対策を十分検討し、町独自の対策を確立すべき積極的な取り組みを要望したいと考えます。

 なお、水道会計を左右する有収率は、前年度の81.5%を若干ですが上回って81.7%であり、年次的に向上しつつあることは評価したいと思います。今後とも、老朽化した配水管、性能劣化の量水器の交換を積極的に進め、有収水量の確保に努めてほしいと考えます。

 また、供給単価は118円82銭でほぼ前年並みでありますが、給水原価は122円47銭で、3円65銭給水原価が供給単価を上回っております。

 本町の水道料金は、県内でも低廉と言われておりますが、当面は、この逆鞘単価の料金への上乗せは考えておらず、経営努力によって、町民に安全・安心・安価な水供給を目標としたいとしておりまして、今後の水道事業の着実な歩みに期待をしておきたいと思います。

 以上、平成16年度一般会計、特別会計、企業会計の決算意見を御報告いたしましたが、最後に、平成16年度予算の執行につきまして、厳しい財政状況の中で、町長以下職員各位が最大限の努力をされましたことに対して心より敬意を表しますとともに、決算審査期間中に協力いただいた担当職員各位にも感謝を申し上げ、報告を終わらしていただきます。まことにありがとうございました。



○議長(押川勝君) 以上で、監査報告を終ります。

 吉野議員は自席へお戻りください。

────────────・────・────────────



△日程第24.平成17年請願第4号



○議長(押川勝君) 日程第24、平成17年請願第4号安愚楽共済牧場綾町進出反対に関する請願書を議題といたします。

 本請願は、請願文書表のとおり産業建設委員会に付託いたします。

────────────・────・────────────



△日程第25.平成17年請願第5号



○議長(押川勝君) 日程第25、平成17年請願第5号義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書提出を求める請願書を議題といたします。

 本請願は、請願文書表のとおり文教福祉委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第26.平成17年請願第6号



○議長(押川勝君) 日程第26、平成17年請願第6号葬祭場の設置を求める請願書を議題といたします。

 本請願は、請願文書表のとおり文教福祉委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



△日程第27.平成17年陳情第4号



○議長(押川勝君) 日程第27、平成17年陳情第4号(有)安愚楽宮崎二反野原地区牧場開発計画推進協力に関する陳情書を議題といたします。

 本陳情は、陳情文書表のとおり産業建設委員会に付託をいたします。

────────────・────・────────────



○議長(押川勝君) 以上で、本日の議事日程の全部を終了いたしました。これをもちまして、本日の会議を散会いたします。

(散会午後3時17分)

──────────────────────────────