議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 えびの市

平成20年 3月定例会(第 2号 3月 7日) 質疑




平成20年 3月定例会(第 2号 3月 7日) 質疑





 



                        平成二十年三月七日 午前十時開議





第  一 諮問第一号


     議案第二号〜議案第三十六号





          本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件





   一 諮問第一号


     議案第二号〜議案第三十六号





出 席 議 員(十五名)


     一番   高牟禮 宏 邦  君     九番   西 原 政 文  君


     二番   上 原 康 雄  君 一〇番   井川原 志庫男  君


     三番   池 田 孝 一  君 一一番   溝 辺 一 男  君


     四番   竹 中 雪 宏  君 一二番   蔵 園 晴 美  君


     五番   竹 畑 澄 明  君 一三番   宮 崎 和 宏  君


     六番   本 石 長 永  君 一四番   外 園 三千男  君


     七番   西 原 義 文  君 一五番   栗 下 政 雄  君


     八番   村 岡 隆 明  君





欠 席 議 員(なし)





議会事務局職員出席者


  事務局長    柳 田 和 幸 君    議事運営係   西 原 邦 浩 君


  事務局次長   福 田 孝 正 君    議事運営係   篠 原 亜矢子 君


  議事運営係長  萩 原 博 幸 君





地方自治法第一二一条による説明のための出席を求められた者


  市長     宮 ? 道 公 君   学校教育課長    山 下 寿 男 君


  教育長    上 野 兼 寛 君   財産管理課長    若 松 秀 一 君


  総務課長   坂 本 謙太郎 君   福祉事務所長    浜 松 政 弘 君


  企画政策課長 小 崎 久美子 君   健康保険課長    竹 下 京 一 君


  行政管理課長 木 村 政 一 君   環境業務課長    便 元 益 男 君


  財政課長   上加世田 章人 君   観光商工課長    松 永 康 二 君


  建設課長   下別府 敏 則 君   税務課長      藤 嶋   勉 君


  畜産農林課長 伊 藤 保 也 君   水道課長      新屋敷   久 君


  農村整備課長 境 田 次 男 君   病院事務長     坂 本 健一郎 君


                     農業委員会事務局長 向 原 雄 二 君


                     会計管理者     泊   秀 智 君


                     監査委員事務局長  平 野 浩 二 君





                    開議 午前 十時  〇分


○議長(高牟禮宏邦君)  ただいまから、本日の会議を開きます。


 本日の会議は、お手元に配付いたしております議事日程第二号によって進めます。


 これより、本日の日程に入ります。


 日程第一、諮問第一号人権擁護委員候補者の推薦について、議案第二号えびの市後期高齢者医療に関する条例の制定についてから、議案第三十六号平成二十年度病院事業会計予算についてまで、以上、一括議題といたします。


 これより質疑に入ります。質疑通告のため、そのまま休憩いたします。


                    休憩 午前 十時  二分


                    開議 午前 十時  二分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 なお、施政方針にかかわる質疑も許します。質疑の通告がありますので、順次、発言を許します。


 まず、十番井川原志庫男議員の発言を許します。井川原志庫男議員。


○十番(井川原志庫男君)  皆さん、おはようございます。


 それでは、ただいまより私の質疑を行ってまいりたいと思います。ただいま市長の施政方針もということで、議長から許可をいただきましたので、質疑をしてまいりたいと思います。


 まず、最初に二ページの関係について、お尋ねをしていきたいと思います。上から三行目の関係で、企業の振興並びに観光振興など、就業の場を創出・拡大し、また市民所得の向上、人口の定住化、そして交流人口の増大を図って、市内経済の活性化と地域振興に努めてまいりますということでございますが、これについて、具体的にどのようなお考えを持って進めていかれるのかお尋ねを申し上げます。


○市長(宮?道公君)  ただいまの井川原議員の質疑でありますけれども、何と言いましても、えびのの基幹産業は、農業であります。その農業を発展させ、またえびの市は厳しい財政事情の中でも、ほ場整備を着々と進めております。ですから、このほ場整備につきまして、米づくりだけではなく、裏作等も十分考えていただき、その方面につきましても、農協と連携しながら、農家の所得向上のために、頑張っていきたいというふうに考えておるところであります。


 観光の振興につきましては、えびの市には、霧島屋久国立公園の中に、えびの高原があります。そして、えびの高原の中に、ノカイドウという日本でも唯一の珍しい植物が自生をいたしております。そのようなものを大いにPRをしながら、そして観光の方面にも邁進していきたいというふうに考えておるところでもあります。


 それに、何といいましても、えびの市には、働くところが少のうございますので、まず、企業誘致を図りながら、働く場をつくり、そして所得が上がるような形にしていきたいと思っておるところでもあります。また、企業誘致することによって、その企業で働く人たちの定住につきましても、心配しないような形に持っていきたいというふうに考えておるところでもあります。


 そのようなことで、えびの市の活性化のために、市民一丸となって頑張っていきたいものだというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  ただいま市長の方から、説明がございましたが、一問一答ということでございますから、まず一点ずつやってまいりたいと思います。


 最初に、基幹産業でございます農業の関係について市長の方からいろいろ説明があって、その中で今、農業も非常に格差社会というか、非常に厳しい状況に立たされております。いろいろ事業を即進めていかないと市長もあと二年間任期があるわけでございますが、その中で今、市長はこの関係について、所得向上について、まだほかに考えていらっしゃることがあれば、急務だと思いますが、その点についてどのようにお考えなのかお聞きします。


○議長(高牟禮宏邦君)  今は質疑でありますので、内容に一般質問調にならないように協力をお願いします。


○市長(宮?道公君)  えびのの基幹産業であります農業について、大変全体を見ますとき、また日本全体を考えますときに、非常に厳しい面があります。しかし、何と言っても、その農業の中でも、えびの市の特色を出さなければいけないというふうに考えてもおります。そのためには、えびの市産ヒノヒカリ、そしてまたえびの産イチゴというような形で、所得の向上に持っていきたいものだというふうに考えておるところであります。


○十番(井川原志庫男君)  えびの産イチゴということでございますけれども、先ほど裏作の関係について、市長から所得向上に向けて進めていくということでございましたが、具体的には、裏作については、どのようなものを考えていらっしゃるのか、その点お尋ねしたいと思います。


○市長(宮?道公君)  裏作につきましては、酒造メーカーとの契約栽培等も現在やっておるところでございますが、いわゆる酒造のカライモとか、芋焼酎というような形で、麦とかカライモとか、そういうものを考えてはおります。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、観光関係について、市長の方から観光振興ということで、霧島国立公園の関係でノカイドウが自生している、だから、これに対してPRしながら、いろいろ推進、まい進していくという御説明がございましたが。ノカイドウというものを、ただこれ一本だけで、観光振興を図っていかれるのか。観光振興に対する取り組み方を具体的に中身について、もう一回お尋ねしておきます。


○市長(宮?道公君)  ノカイドウは、全国的に非常に珍しいところでもあります。また、ノカイドウが自生しておるところは、宮崎県えびの高原内だけであります。ですから、それは有効にPRしながら、そしてまた、宮崎県の唯一の温泉郷であります京町温泉もどうにかしなければいけないというふうには考えておるところであります。


 このような白鳥温泉上湯とかそういう資源がありますので、そういうのを活用しながらやっていきたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、その下の少子化・高齢化に対応するため子供を安心して産み育てることのできる環境づくり、そしてまた、高齢期になっても、住み慣れた地域で、暮らし慣れた住まいで、市民が安心して暮らせるまりづくりの推進ということで、生涯にわたる健康保持・増進を図り地域福祉の充実を進めていくということでございますが、これについて、具体的な説明をお願いいたします。


○市長(宮?道公君)  子供を安心して産み育てることのできる環境づくり、高齢期になっても、住み慣れた地域で、暮らし慣れた住まいで、市民が安心して暮らせるまちづくりを推進しますということでございます。


 少子化対策、福祉対策等につきましては、担当課の方で説明させますが、市民が安心して暮らせるまちづくりを推進しますというふうに書いておりますけれども、今回、議案の中に、飯野中央公民館、つまりコミュニティセンターの改築をお願いいたしておるところでございます。これなども、地域住民の皆様方がえびの市で生まれ、えびの市を愛し、そしてえびの市に住んで一生を歩みきりたいという人たちに、ぜひこの施設を利用しながらやっていきたいというような形でお願いをいたしておるところでございますので、そのようなことを考えながら、市民福祉向上のために、頑張っていくというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  子供を安心して産み育てることのできる環境づくりとは、どのような環境でしょうか。


○市長(宮?道公君)  ただいまの質問に対しましては、具体的に詳しくは担当課長をして答弁をいたさせます。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  ただいまの御質疑でございますけれども、少子化対策につきまして、子供を安心して産み育てることのできる環境づくりということで、国の施策に伴いまして、えびの市におきましても、次世代育成支援行動計画というものを平成十七年三月に策定をいたしております。


 これに基づいてその事業を進めておりますが、その事業の内容等について申し上げますと、延長保育事業、一時保育事業、障害児保育事業、放課後児童クラブ事業、地域子育て支援センター事業、このようなことを重点を置きながら、現在進めておるところでございます。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  それと、地域福祉の充実を図るということですが、この件について具体的にはどのようなことをお考えなのか、お尋ねいたします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  地域福祉を充実して、温かな地域社会の形成に努めますということでございます。


 これにつきましては、平成十七年、十八年度にかけまして策定いたしました、えびの市地域福祉計画に基づいて、平成十九年度よりその具体的な事業を実践してまいっております。平成十九年度は、各校区ごとに、全地域から区長、民生委員、地域から推薦していただいております地域推進委員、自治公民館長、そういう人に全地域で集まっていただきまして、まず地域の支え合い、助け合いというのが、この計画の大きな各校区ごとのスローガンでございます。特に、えびの市は、超高齢化社会に入っておりますので、この高齢者対策というのが特に重点を置かれております。今、進めております事業につきましては、諸地域の守り体制といったものを地図に落としながら実践しているところでございます。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、三ページの中ほどのぷらいど21の関係についてお尋ねいたしますが、平成二十年度から助成率を見直して、PRや啓発を積極的に行っていくということでございますが、その点について、助成率をどういう形で、どのように見直すのか、その点についてお尋ねします。


○企画政策課長(小崎久美子君)  ぷらいど21助成事業でございますが、これまで、助成率が二分の一以内ということで、その負担が大きいという声があったところでございます。


 この内容につきましては、その項目に応じまして二分の一の助成というのは、基本的に残ることでございますが、その内容によりましては、例えば、まちづくりを始めるための立ち上がりの経費、それから基盤整備をする経費、そういったもう少し活動そのものではなくて、活動に至る前段の部分にもう少し厚い助成をしていけたらということで検討をいたしたところでございます。


 そして、自立の力を養いながら、三年間でみずから運営する力をつけていただこうということで、その力をつけるための費目といたしましては、会議の費用とか、広報の費用、看板等をつくったり、チラシをつくったりする費用、それから、皆さんが手づくりでいろんなものをされる場合の原材料費、そういったもの等につきましては、助成率を上げていきたいということで、もう少し、最終の詰めを今年度三月いっぱいには、決定をしていきたいと思っておりますが、その辺を住民の皆さんが、取り組みやすい形でというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  見直しについては、内容によってはいろいろ助成をすると、立ち上がりのときという方面で助成をし、または基盤づくりにおいて助成するということでございますが、金額の上限については、どのようにお考えでしょうか。


○企画政策課長(小崎久美子君)  金額の上限につきましては、一応百万円ということで、これは変わりはないということに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、四ページ中ほどにございます。中山間地の活性化のため、農村環境保全に努め、グリーン・ツーリズム等により都市と農村の交流を推進いたしますというように説明がなされておりますが、具体的には、どのような形でされるのか、この点についてお尋ねします。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  現在、グリーンネットえびの学舎等で、六の個人、団体等が取り組んでおりますけれども、これらを中心としまして、中山間の私どもが事業しております棚田等の活用によりまして、都市の方々に農村に来ていただきまして、体験農業等をお願いしたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  体験農業をするということでございますが、これについての具体的な方向性というか、方針については、ちゃんと決まっていますか、どういう方向ですかね。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  現在まで取り組んでおりますグリーンネットえびの学舎につきましては、日帰りツーリズムということになっております。当分の間は日帰りツーリズムということにしておりますけれども、今、北きりしまの方の協議会等の中では、民泊ということで現在進められておりまして、将来的には民泊等に進みたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、六ページ福祉タクシーの件についてお尋ねいたしたいと思います。


 この点については、平成二十年度から対象者が福祉タクシーは減少したわけでございますが。高齢者と障害者の交通手段の新たな確保対策として、市民の足を地域で守る考え方に立ち、平成二十年度から地域で乗り合いタクシー制を整えるため、地域福祉乗り合いタクシーに係る報償金制度を立ち上げるということですが、これはいつからこれについて取り組まれる考えなんですか、実施時期はいつなのかお聞きします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  ただいまの御質疑につきましては、平成二十年四月一日より実施するつもりでございます。


○十番(井川原志庫男君)  この件について、一応乗り合いタクシーとなると、皆さんがいろいろ協力して利用されると思いますけれども、定員とかについては、何名から以上とか限度があるんです。効率的な形でやらないと、合理性がないと思うんですが、その点については、どうでしょう。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  この制度につきましては、先ほど御説明いたしました地域福祉計画の中でも、さまざまな意見が出ております。各校区ごとに、全地域からの意見を今集約しております。その意見もかなりいろいろな意見が出されましたので、この意見を集約しておるわけですが、例えば、この制度の運用につきましては、タクシー一台につきまして、大体四名乗れるということで、この地域の方々が、乗り合いタクシーの制度をできないかという意見も多くございましたので、そういうことを検討したわけです。


 例えば二十人一組でグループを作っていただきますと、そのお世話役をしていただく方に報奨金をやるという考え方でおるわけですが、例えば買い物に行きたいということになりますと、タクシーで一人で行かれますと、それ相当の経費を要するわけですが、お世話役にまとめ役をしていただきまして、四人で行かれれば、四分の一で済むといった考え方です。ですから、乗り合いタクシーといいますのは、あくまでも業者が使うタクシーを使いまして、そのまとめ役をするということでございます。


○十番(井川原志庫男君)  福祉タクシーの件も、予算化されてますよね。その中で、例えば福祉タクシーを利用される方も、そしてまた別にこの乗り合いタクシーを利用される、これは、どちらも合わせて利用できるんですか。一方を利用すれば、片方はできないんですか。その点については、どうでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  今、御質疑いただきました意見等もまさしく出ております。現況としましても、タクシー券を使われる方と、いわゆる持っておらない方も一緒に乗っておられる現状でもございますので、臨機応変に利用しやすいような形でしていきたい、また、そういうふうに要望もございますので、臨機応変に運用していきたいというふうに考えておるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  それと、先ほどグループを組んでいただくということで、できるだけ四人体制で利用していただくということですが、お世話役の方々に対しては、どのような形で、例えば利用された申告というかそういう点についてのちゃんとした把握については、どのような形でされるのですか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これにつきましては、実績書の様式を作成しまして、出していただくようには考えております。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  これは予算的には、出ていましたかね。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  当初予算にお願いをしておるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、議案第二十九号、平成二十年度一般会計予算について、お尋ねをしてまいりたいと思いますが、この件については、私の所管の関係については、委員会の中で質疑をさせていただきたいと思いますけれども、主なものについて、まずお尋ねいたします。


 市長は、平成二十年度の予算の策定に当たられて、施政方針の中でもいろいろ示されておりますが、この予算編成をされる上で、市長はどこの部門を重点的に置かれて、予算編成をされたのか、これをまず市長にお尋ねいたします。


○市長(宮?道公君)  平成二十年度の地方財政対策につきましては、地方財政計画において地方再生対策費が創設されたところでありますが、国は基本方針二〇〇六、及び基本方針二〇〇七に沿って地方歳出の抑制基調を今後も堅持することとしております。


 そのため、地方財政計画の規模は、地方再生対策費を除けば、七年連続して縮小されており、地方交付税に大きく依存しておりますえびの市の財政運営は、依然として厳しい状況でありますが、行財政改革を推進することにより捻出できた財源等により、予算編成につきましては、厳しい中にも、私の三大公約を極力反映させた予算の計上に努めたところであります。後年度の安定的財政運営の確保にも留保したところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、今回の二十年度編成予算に当たりまして、歳出の構成比の関係、いわゆる義務的経費、そしてまた物件費、そして投資的経費、こういう状況の中身について、どうなっているのかお聞きします。


○財政課長(上加世田章人君)  二十年度一般会計予算の歳出につきまして、性質別でお答えいたします。


 まず、人件費でございますけれども、二十二億三千二百十二万六千円、構成比率が、二三・八%でございます。続きまして、扶助費が、十七億四百六十五万七千円、構成比が一八・二%でございます。公債費、十三億六千七百九十一万八千円、構成比が一四・六%でございます。義務的経費の合計額が五十三億四百七十万一千円でございます。構成比が五六・五%となっております。


 続きまして物件費でございますが、十一億四千五百三十六万八千円、構成比が一二・二%。維持補修費、一億五千八百二十万五千円、構成比が一・七%。補助費等、六億三千八百四十九万六千円、構成比が六・八%。積立金、百七十万二千円、構成比が〇%台でございます。投資出資貸付金、二億百四十八万二千円、構成比二・一%です。繰出金、十億七千四百四万三千円、構成比が一一・四%。投資的経費でございますが、八億三千四百四十六万一千円、構成比が八・九%。内訳を申し上げますと、普通建設事業費、七億四千五十三万八千円、構成比が七・九%。災害復旧事業費、九千三百九十二万三千円、構成比が一・〇%。予備費、三千百五十四万二千円、構成比〇・三%。総額九十三億九千万円でございます。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  義務的経費の中で、人件費、扶助費の関係については、前年度対比はどのようになりますか。


○財政課長(上加世田章人君)  まず、人件費でございますが、十九年度当初予算と比較いたしますと、一億二千六百八十四万三千円の減となっております。対前年度、五・四%の減でございます。


 続きまして、扶助費でございますが、対前年度、三千八百三十万二千円の減でございます。二・二%の減となっております。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、十ページの歳出についてお尋ねいたしますが、まず款の衛生費の関係、三千百三十六万七千円この増の原因は何だったのか、お尋ねします。


○財政課長(上加世田章人君)  衛生費は三千百三十六万七千円の増額、対前年度四・〇%増であります。


 まず、平成二十年度から始まります特定健診、特定保健指導事業費が、二千九百九十六万一千円増加しております。さらに健康増進事業費が、一千七十二万一千円、環境センター修繕料が八百万、美化センター修繕料が一千万増加しているところでございます。


 減額要因は、水道事業会計出資金が、十九年度で終わりましたので、三千八百三十七万九千円減額になっておりまして、総額では三千百三十六万七千円の増となったところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  それと十ページの同じ六番の款の農林水産業費、この関係についてお聞きします。二千三百三十四万八千円減になっております。その主な原因は何でしょうか。


○財政課長(上加世田章人君)  農林水産業費につきましては、昨年度は当初予算でバイオマスの環づくり事業補助金、六千四百四十二万一千円が計上されましたが、本年度はございませんでした。飼料稲生産拡大緊急対策事業補助金などの増もあり、また、ほ場整備事業負担金が、一千六百六万五千円という増要因もございますけれども、トータル的には三・七%の減となったところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、二十二ページ、二十三ページの款の使用料及び手数料、その中で五番の商工使用料の関係ですが、オートキャンプ場の施設使用料についてお尋ねをしてまいりたいと思います。


 まず最初に、前年の分、まだ終わっていませんが、十九年度の見込み額使用料について、現状はどのようになっているのか、この点についてお尋ねいたします。


○観光商工課長(松永康二君)  十九年度見込みでございますけれども、七十三万八千三百五十円を見込んでおり、ほぼ確定でございます。


○十番(井川原志庫男君)  毎年毎年、非常に減っておりまして、今年度につきましては、七十三万八千円ということで計上がなされておりますが、減少している状況にずっとあると思うんです。そういう中で、これに対する歯どめ策として、何か考えていらっしゃることがあれば、お尋ねいたします。


○観光商工課長(松永康二君)  歯どめ策ということでございますけれども、現状ではなかなか条件的に厳しいところがございます。


 しかし、アンケート等をお願いしまして、陰が欲しいとか道路状況をよくしていただきたいというのがございますので、引き続き、県あたりへの道路整備、そしてまた、いろいろな事業を通じまして、木陰ができるような、くつろげるような環境整備やイベント等とを組み合わせて、連携したものができないかということで、取り組みしていきたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  市長にお尋ねいたしたいと思いますが、これについては、非常に厳しい財政運営状況だろうと思います。これに対して、今後市長は、運営上、どのような運営をオートキャンプ場について考えているのか、その点についてあれば。


○市長(宮?道公君)  オートキャンプ場につきましては、過去民間団体の方々で、この矢岳高原に桜を植えて、そしてオートキャンプ場の活性化を図ろうということで、民間団体の方々に御協力いただいたこともあります。そのようなことにおきまして、オートキャンプ場の運営につきましては、大変苦慮いたしております。


 これは、建設当時から、いろいろと問題になった施設でありますので、しかし、せっかくできておるものを利用しなければいけないというような形で、担当課の方もいろいろと工面をしながらやっておるところでございますが、大変厳しいというのが実情であります。議員の方からも何か提言がありましたら、おっしゃっていただきたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  この件については、横ばいじゃなくして下降線をたどっているようですね。だから、いり込みの状況等を含めて、資料を皆さんに、ここ何年か分の提出をお願いします。


 それから、次の七の教育使用料、そして節の社会教育使用料について、二百八十六万八千円、前年度対比増になっていますが、その主な原因は何ですかお尋ねします。


○社会教育課長(白坂良二君)  予算書二十三ページの社会教育使用料二百八十六万八千円でございますが、公民館使用料につきましては、昨年度と同じ金額を上げさせていただきました。文化センター使用料につきまして、若干五十万円弱の使用料増を見込んでおります。


 十二月補正でも十九年度について、お願いいたしたところでございますが、現在、大きい自動車会社等が月に二、三回、南九州の職員研修ということで、一昨日の二階の会議室、全部使用とか、月に二、三回使っていらっしゃる大きい企業が、職員研修として使われる機会が多く、今後もそれが見込まれるものでございますので、今回、増でお願いをしたところでございます。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、二十四ページ、二十五ページの項の手数料の関係、そして節の戸籍住民基本台帳手数料の関係で諸証明手数料の関係についてお尋ねをしてまいりたいと思います。


 この関係については、本庁並びに支所関係において、やはり図面の閲覧とか、そういう中でコピーをしているわけで、これも含まれていると思うんです。これについて、図面が非常に整理をする必要があるということで、前に私もそのように法務局に行って、いろいろ調査したところ合致しなかったということでございますが。この整理については、どのようになっているのか、この点についてお尋ねいたします。


○税務課長(藤嶋 勉君)  各両出張所等で保管をいたしております、いわゆる固定資産関係の図面についてのお尋ねであったかと思います。


 おっしゃいますように、保管しております図面につきましては、明治年間等に作成された図面等でございまして、非常に登記所の字図、図面と突合しない部分等が多分に見受けられます。さらには、年数を相当経過いたしておりまして、品質そのものも劣悪な状態にあるわけでございまして、これらの整備等につきまして、大変苦慮いたしておるところでございます。御承知のように、相当予算もかかるということでございまして、なかなか整備が進んでいないところでございますが、極力、登記所等の図面と一致するような形の図面整備を検討してまいりたいというふうに考えておるところでございます。以上でございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、市長にお尋ねしたいと思います。


 行政は、的確な情報を市民の方々に与えるということが、一つの行政としての責任だと思います。こういう図面等について、昔の図面で今の法務局の図面と全然一致しないというような状況で、市民に確かな情報を伝えていないという状況が発生しています。これについては、早急に図面について、やはり修正の必要があると思うんです。市長はどのようにお考えですか。


○市長(宮?道公君)  担当課と十分検討しながら、直すべきところは直し、正しい情報のもとに、市民の皆様方にそのような、正式に指導ができるような形にしていきたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  いつごろからされますか。


○市長(宮?道公君)  ここで、いつごろからというふうに明言はできませんけれども、早い時点でそのような形にしていきたいと思っております。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、三十二、三十三ページについて、お尋ねをしてまいります。県補助金の関係について、そして三の目の衛生費県補助金、節の保健衛生費県補助金の中の浄化槽について、お尋ねをしていきたいと思います。


 まず、この浄化槽については、毎年毎年建設がなされておりますが、今現在でどれぐらいの浄化槽設置がなされておるのか、この点についてお尋ねいたします。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらくそのまま休憩します。


                    休憩 午前 十時五十八分


                    開議 午前 十時五十九分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○市民課長(西田 健君)  平成三年度から補助事業を開始いたしておりまして、十九年度末現在で、ちょうど千八百基を設置しておるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  ただいま千八百基ということでございますが、予算の関係もあると思いますけれども、これからの計画については、どのようになっているものか、今年度は予算の枠組みが組んでありますけれども、どのようになっているのかお尋ねいたします。


○市民課長(西田 健君)  既に、国の補助金が昨年度から交付金という形になりましたが、交付金になった時点から十年間は、交付金をいただけるということで、私どももそのような見方で計画を立てておりますが、大体一年で百五十から百六十基のペースで、今後さらに設置補助を継続していきたいというふうに考えております。


○十番(井川原志庫男君)  今市民の方々からの、いろんな設置要望に対して、その分について全部予算化されて事業が実施されているものか。その点についてはどうですか。


○市民課長(西田 健君)  ちなみに、今年度の状況を申し上げますと、若干まだ余裕があると。これは、新聞等でも一部報道されましたが、新築住宅の建設状況が、耐震構造等の計算表の改定に伴いまして、確認申請書の審査が、非常に審査期間が長くなったというふうなこともあって、今のところ、新築住宅そのものが同年月で、昨年比で一七%というふうに報道されたと思いますが、そういうふうな状況にあるようでございます。


 今後ですが、ほぼ毎年過去を見てみますと、予算通り消化をしているというのが現状であります。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩いたします。


                    休憩 午前十一時  一分


                    開議 午前十一時 十一分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○十番(井川原志庫男君)  三十四、三十五ページの県補助金関係について、目の農林水産業費県補助金の中の節の六、林業費県補助金についてお尋ねをしてまいりたいと思います。


 まず、森林整備地域活動支援事業費県補助金、この関係についてお尋ねしますが、この事業についての利用の関係、事業利用についての申請、これはどのようにされますか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  森林整備地域活動支援事業の申請についてということですけれども、これにつきましては、市がそれぞれの林家の団体をつくりまして、その上で、申請を始めております。


○十番(井川原志庫男君)  団体を上げて申請をとっているということでございますが、申請に当たっては、小林の西諸森林組合の方に申請をしていくと思いますが、個人的に非常に遠い関係で、合併した関係で、問題が発生しておりますが、この点については、申請はすべて自己申請という形で申請をするんでしょうか。その点については、どのようになっていますか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  森林組合が、代表になっているものにつきましては、森林組合では、私が記憶しているところでは、それぞれの支所で林家の皆様方に対応しておりますけれども、そういうことで便宜上は、森林組合関係につきましても、えびの市が直接やる分とそう変らないと思っております。


○十番(井川原志庫男君)  それぞれの支所で行っているようですけれども、支所は空っぽですよね。だから空っぽで、どこにどうやっていいのか。その取り扱いについては、この事業の事務がスムーズに進行するように、何か対策を考えていらっしゃいますか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  済みませんでした。支所と申し上げましたが、えびの市の方に来ていただいて、支所を開けまして受付をしているということでございまして、担当につきましては、それぞれの支所の担当がございまして、その方々が、対応しておるというふうに思っておりますけれども、スムーズにいきますように、十分指導等をしてまいりたいというふうに思っております。


○十番(井川原志庫男君)  この事業についての予算関係については、森林環境税を主とした中で予算づけがなされているというように理解していいわけですかね。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  この事業につきましては、ヘクタールあたり五千円ということで、これは県の環境税が出る前からいただいておりますけれども、ヘクタールあたり五千円ということで、四分の三が国と県の補助金、そして四分の一が市の補助ということになっております。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、五十八、五十九ページの項の総務管理費の目の文書広報費、その中で、節の報酬の関係については、今その中で印刷業務嘱託員報酬というのがありますが、非常に高度な仕事でございますけれども、これを民間関係とか、そういうところに委託した場合、まず今嘱託員でやっていらっしゃいますが、どのような額になるのか、この点についてお尋ねします。


○総務課長(坂本謙太郎君)  今、現在、印刷業務につきましては、嘱託員さんをお願いいたしまして行っておりますが、民間にお願いしたらどうなるかというお尋ねでございますけれども、現在、民間にお願いした場合の試算は行っていないところでございます。当然、経費的にも嘱託員さんでお願いするという経緯の中では、民間にお願いするよりも安くつくという観点の中から、こういう取り組みをいたしているところでございまして、現時点で民間の方にお願いするという考え方は、持っていないところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  民間に委託しなさいということで、私は申し上げたわけではございませんけれども、一応この件については、経費的にも印刷業務については緊急性が出る場合とか、非常に重要な仕事じゃないかと思います。そういう中で、やはり今後の嘱託員の育成については、何か考えていらっしゃいますか。その点についてお尋ねします。


○総務課長(坂本謙太郎君)  確かに今、お願いしている嘱託員さんにつきましては、高齢という問題がございます。これにつきましては、私たちの方も、後継者という形では今考えているところでございます。早急に後継者育成を図っていきたいというふうにお願いしておるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、九十二、九十三ページについてお尋ねをしてまいりたいと思います。


 項の社会福祉費の中の目の社会福祉費総務費の中で、節の説明欄の上から十二行目、日中一時支援事業の中身について、どういう理解をすればいいか、ちょっとこの説明をお願いします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これは障害者のデイサービス事業であります。


○十番(井川原志庫男君)  この関係で、前年度は九名に対して百二十万円の予算額であると思います。しかし、二十年度については、十一名に対して百九十二万という形になっておりますが、かなり人数割にみて非常に増になっています。何か改定があってこういう状況となったものか、その点について、まずお尋ねします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  この制度に当たりまして、家族が介護できないという状態でふえたものでございます。


○十番(井川原志庫男君)  昨年に比較して、いろいろ金額がかわっているんですよね。一人当たりを計算してみたら、かなりの増額ですよね。だから、何の要因があってこういう状態になったのか、何か改正でもあってこういう形になったのか、その点についてお尋ねします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  昨年度比、六万円の増となっておりますけれども、これは月々の利用者がふえたということで、このような増になったところであります。


○十番(井川原志庫男君)  月々の利用者が増えたということですけれども、人数は九名と限定されていますよね。今年度が十一名という形ですが、その点についてはどうなんでしょう。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  結局、月々の単価の増につきましては、利用者増に伴って、一人、単価そのものの、いわゆる面倒費といいますか、それが増えたということでございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、説明資料を見た中で間違いじゃないかと思いますけれども、身体障害者の関係、身体障害者居宅介護事業費で、説明資料の中では、五歳未満の心身障害者のタクシー利用料金助成、これは七十五歳じゃないですか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  大変、申しわけございません。おっしゃる通りでございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、九十四、九十五ページについてお尋ねしてまいります。この社会福祉費の中の節、高齢者クラブ活動費の補助金の関係についてお尋ねをしてまいりたいと思います。


 まず、単位高齢者クラブが六十一クラブあるということで、二百八十四万百六十円ということで予算を組んであります。これは、どのようなものですか。団体配分になっていますか。団体に対して金額はどうなっているか。どういう状況で予算がされているか、お尋ねしたいと思います。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これは、団体数と会員数によります。


○十番(井川原志庫男君)  団体数と人数によるということで、御説明がございましたが。これに対して、人数の少ないところ、多いところということで、上下があると思うんです。その点についての取り扱いというのは、どのように考えていらっしゃるのか、その点についてお尋ねいたします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  運用上は、会員数が大体二十名ぐらいとしておりますけれども、十名以上のところも、臨機応変に補助をしているという現状でございます。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、その下の高齢者クラブ活性化促進モデル事業補助金についてお尋ねしますが、今、二つのクラブということで、事業がされていらっしゃると思いますが、このクラブの選定に当たっての啓発とか、申し込みがいろいろとあると思いますけれども、それについては、どういう対応をしておられますか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  この啓発につきましては、老人クラブの総会等で説明をして、募集をしているところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  事業内容について、説明をお願いします。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  この事業内容でございますが、高齢者クラブ活動の先進地的事業といたしまして、世代間交流事業とか、地域のボランティア活動とかといったものが、主な事業となっているようでございます。


○十番(井川原志庫男君)  この事業について、何年からなのか、同じところが何年間かやれるとか、そういう基準はあるんですか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これは期限を二年と定めております。


○十番(井川原志庫男君)  続きまして、百四ページ、百五ページの生活保護費の関係について、款の民生費、項の生活保護費の関係についてお尋ねしますが、真ん中ほどの医療費補助費についてお尋ねいたします。


 昨年から比較すると、かなり多くの追加、増となっておりますが、これは、最終的に十九年度の見込みがふえたからこういう状況になったのか、この点についてお尋ねしておきます。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これにつきましては、法改正は特にございませんので、あくまでも見込みということで、出しているところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  百十四ページ、百十五ページについて、お尋ねいたします。


 款の衛生費、項の清掃費、目の塵芥処理費についてお尋ねします。この中で、中ほどよりちょっと下、ごみ収集運搬業務委託料というものがあります。これについては、非常に厳しい予算の中で委託業者に三名、三カ所ほどお願いされておりますが、この業務については、今、ガソリンとかの状況等、非常に厳しい中でございますけれども、そのような中で、受ける側が非常に大変な状況ということで、厳しいんじゃないかと、だから、それについての若干の燃料関係とかを含めて、見直しは検討されているんでしょうか、その点についてお尋ねします。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩いたします。


                    休憩 午前十一時三十四分


                    開議 午前十一時三十六分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○環境業務課長(便元益男君)  燃料等の高騰によりまして、大変厳しい状況等もございまして、この点につきましては、軽油などの燃料につきまして、上がったと言いますか、その算定をいたしております。


○十番(井川原志庫男君)  燃料費については、増でやっておるということでよろしいですね。


 それでは、続きまして、百二十四ページ、百二十五ページについて聞いてまいりたいと思いますが、まず、農林水産業費の関係、項の農業費、目の農業振興費の中の負担金及び補助の関係として、これに対しての有機堆肥利用促進事業補助金についてお尋ねいたしますが、説明資料の中では、十アール当たり二トンを入れるということでございますけれども、この説明資料では、一ヘクタール当たり二十万とかこういう状況でございますけれども、これは十アール当たり二トンということで理解してよろしかったですね。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  はい。十アール当たり二トンでございます。


○十番(井川原志庫男君)  それで、前年度も二百四十万円程度の予算は組まれておりますが、実際この二百四十万程度の予算が組まれた、いわゆる実績、効果はどのようになっていますか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  現在集計中でございますけれども、平成十八年度では、ほぼ予定どおりの数量が利用されたというふうに思っております。


○十番(井川原志庫男君)  私は、予定どおりの量を確保したから、それが効果として云々ということを聞いているわけではございません。ただ、使ったからそれが実績ということではなくして、どういう農家がどういう形で使っていらっしゃって、例えば所得にどういう向上があったのか、販売が戦略として、どういう拡大がなされたのか、だから、そういうところについて聞いておるわけでございます。その点について、再度お尋ねいたします。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  失礼いたしました。


 これにつきましては、それぞれグループを組んでもらいまして、利用してもらうわけなんですけれども、えびの市は、だいたい六十カ所ぐらいの畜産農家が、それぞれの処理をしまして、肥料取締法に基づく届出をしております。これを有効活用しようということで、この事業をお願いしているところなんですけれども、なかなかチェック等が非常に厳しいものですから個別というのは、利用の範囲に入っておりません。それぞれ団体をつくっていただきまして、利用してもらうということでしております。


 効果としましては、有機に結びつく農業ということで、取り組んでおりますし、また、畜産農家もこの事業と耕畜連携の事業と二つありますけれども、それらの事業によりまして、堆肥をつくったものが、流通にのしてもらうということになっているようでございます。


 園芸農家並びに直売所等で販売される方々についても、組織化されて、この分については利用されているようでございます。


○十番(井川原志庫男君)  何年もこうして、補助事業をされているわけですよね。そういう中で、やはりこういう一つの目的というのは、所得が上がったのか、販売戦略として、例えばブランド化されたとか、そういうことを一つの目的としてやっていかなければいけない。


 だから、この件について、どのようにお考えなのか。効果について、そういうところをもう少し詰めてやっていかなければ、せっかく予算を組むわけですから、この件については、どうですか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  先ほど申し上げましたように、この事業につきましては、平成十一年度の家畜排泄物法に基づきました施策ということで考えております。


 畜産農家につきましては、非常に効果が現在のところ上がっております。議員御指摘の通り、これが野菜等のブランド化につながれば、非常に願っているわけなんですけれども、それぞれ、ちゃんとした基準によって堆肥を利用したものについて、安心・安全ということでは、確立されたというふうに判断しております。


○十番(井川原志庫男君)  その下の、いちごブランド産地確立推進事業について、六十六万一千円計上されていますが、まず、いちごの生産農家の戸数、全体で幾らですか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  六十戸で約十町歩栽培されております。


○十番(井川原志庫男君)  十町歩で確保されているということですけれども、ブランド化ということでございますから、であればやはり量の関係が出てきます。今後、これに対する推進はどのようにお考えですか、量確保について。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  イチゴの件につきましては、御存じの方も多いと思いますけれども、えびの高原イチゴということで、山あげイチゴを推進しまして、非常にブランド化に取り組んだところでございますが、現在のところ、品種等もそれぞれかわりまして、新しく取り組まなければならないということになっておりまして、平成十九年度にプロジェクトを組んで対応したところでございます。


 その結果、今の新しい品種でいきますと、「さがほのか」という品種でございますが、ウィルスフリーの苗、それから新しい肥料等の取り扱い、それから、先ほど議員さんからも御指摘がありましたように、市場の研修、また販売の促進に向けて、情報強化が必要ではなかろうかというふうに思っているところでございます。


 それらと非常に栽培する農家が高齢化しておりまして、ビニールハウスを毎年張りかえなければならないということで、これらについては、後継者を中心とした方々にお願いできないかということで取り組んでいるところでございます。


 新規のものを含めまして、推進をしたいというふうに考えておるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  次に、下から七行目、えびの新鮮野菜供給確立対策事業補助金ということで三十万二千円、今までのこの事業に対しての実績はどのようなものでしょうか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  これにつきましては、前回の議会の中でも御説明しましたように、平成十四年度から東急ストアという福岡の筑紫野の方で販売してまいりました。昨年の三月で店の都合によりまして、東急ストアが九州から撤退するということになりまして、現在はタイヨースーパーのえびの店の方で販売しております。


 実績につきましては、そういうことで、前回よりも若干人数は減っておりますけれども、販売額については、かなり上がっている、手取りは上がっているということになっています。


 また、この契約栽培がもとで何回も御報告申し上げておりますけれども、タケノコを中心とする加工の企業も、えびの市に進出したいというような要望もございますが、量の問題で、若干今のところ足踏み状態といいますか、進んでおりませんけれども、これらにつきましては、今十分とは申しませんけれども、かなり対応しております。


 この予算につきましては、イベント等ができればということで、予算をお願いしているところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  この事業推進に当たられて、当初の目的というのは、いわゆる契約栽培も含めて、高齢者の方々に組合をという形でなされて、そこの前でされた経緯があると思います。


 販売できる体制というのは、生産体制、これについては、今ちゃんとできているんですか、どのような状況ですか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  先ほども申し上げましたが、福岡で販売する場合は、高齢者を中心ということで進んでまいりました。それで、指導等も十分しなければならなかったわけなんですけれども、現在、タイヨー等で出している場合は、それぞれ個人が持っていって販売するというような形になっておりまして、売れ残りの場合は、個人の責任ということになるわけです。


 そういうところで、連携はとってやっておりますけれども、今、現在の段階では、約九名ということで進んでおります。


 また、この関係で、先ほども市長の方からもありましたように、麦栽培等については、ほかの団体になりますけれども、組織化をしておりまして、酒造メーカーとの契約も取り組んでおります。市の方が中心になってやっているものについてはそのようなことで取り組んでいるところでございます。


○十番(井川原志庫男君)  これは市長の公約として、今まで実践されてきたわけですよね。そうしたときに、入り口に、あそこに施設ができましたよね。この利用については、今後どうなんですか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  先ほど申し上げましたタケノコの集荷につきまして、ことしは二百トンほどお願いしたいということで、まいっております。これらにつきましては、どうしても集荷場を利用させていただかなければならないということで、保冷庫等も準備してございますけれども。時期的なものでございまして、これらの対応については、精力的にやって、できるだけ早く企業に来てもらいたいというようなことで、目標の二百トンに達成できるように、努力するためには、当然、この施設は必要だというふうに思っております。


○十番(井川原志庫男君)  組織が解体したと、私は聞いたんですよね。だから、解体して皆さんが、生産しないという状況であったということを聞いたわけですが、この復活とか、そういうことについて、どのようにお考えですか。また、解体した原因は何であったか、その点については、どうですか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  一時は三十戸程度の方々が、契約栽培に取り組んでおったわけなんですけれども、先ほど言いましたように、福岡の場合は、すべて買い上げということでございましたので、私どもとしましては、組織をつくりまして、そのチェックをしなければならなかったということはございます。


 現在は、その方々に東急ストアの方が、閉めるという段階になりまして、新しい販売先として、タイヨー等について、御説明申し上げたわけなんですけれども。最終的には九名が出荷するというような形になったということでございまして、現在まで、まだ新しい販売先も検討しておりますけれども、現段階ではなかなか受け入れ先が十分でないのと、先ほども申し上げましたように、高齢者等でございまして、幾分、高齢になられた方もいらっしゃるということで、現在はそういうことになっておるというふうに思っております。


 まだ、解散はしておりませんので、これらにつきましては、近いうちに総会を開きまして、タケノコの出荷等について、お願いする予定でございます。


○十番(井川原志庫男君)  それでは、次に百二十八ページ、百二十九ページについてお尋ねいたします。


 款の農林水産業費の中の項の農業費の中の上から七行目、繁殖牛生産性向上対策牧場事業については、まず、事業内容については百万ということですけれども、市の方では六百五十円の中で二百円、支払いするということで、二百五十日において二十頭の頭数ということで事業がされておりますね。


 ただ、昨年、今年度の見込み、現在を含めて実績については、どうなっているのかお尋ねいたします。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  実績については、ただ今集計をしておりますけれども、当初の目的としましては、受胎しにくい牛について運動して種つけをするという仕組みで対応したところでございますが、一部補助と、それからほとんどが受精士部会が中心になった取り組みになっております。


 実績につきましては、先ほど言いました、集計しておりますけれども、一部、収容頭数が二十頭ということになっておるものですから、場合によっては、育成牛の高齢者等が導入した場合に、種つけまでの間、預かるようなシステムをつくりながら今運営しているところでございます。


 それらのことで、受胎率につきましても、八〇%を超えるような数字にはなっているということでございます。


○十番(井川原志庫男君)  受胎率が八〇%を超えるということを私、申し上げておるわけでございませんから、年間に事業費の中で、二十頭を受け入れると、その中で、どういう状況で受胎率がどうであったのか、パーセントがどうであったのか、そういうことを私はお尋ねしているわけですから、だから、全体で何頭受け入れて、結果としてどうだったのか、そういうところを初めて検証しながら、次の予算が生かされるわけですから、その点についてお尋ねいたします。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  数字が手元になく、申しわけございませんけれども、平成十九年度については、今まとめておりまして、対応しておりますが、先ほど言いましたように、受胎率を上げるというのが、一つの大きな目的でもございますので、それらについては、目的を達成できてるというふうに思っております。


○十番(井川原志庫男君)  この点については、事業実施以後、実績について資料を求めます。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩いたします。


                    休憩 午前十一時五十五分


                    開議 午後 一時  〇分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、八番村岡隆明議員の発言を許します。村岡隆明議員。


○八番(村岡隆明君)  それでは、通告に従いまして、議案第七号、十号、十二号、十八号、二十九号について質疑をさせていただきます。議案第七号と議案第十号につきましては、所管の委員会ですので、大まかな点のみ質疑をさせていただきたいと思います。


 まず、議案第七号えびの市青少年問題協議会設置条例の一部改正についてであります。今回、担当の構成する委員のメンバーの担当課がかわったということなんですが、そもそも、えびの市青少年問題協議会の設置の目的というのを教えていただきたいと思います。


○社会教育課長(白坂良二君)  えびの市の青少年問題協議会は、国の地方青少年問題協議会法によりまして、各市町村に設置することができるということを踏まえまして、青少年の指導、育成、保護及び矯正に関する総合的な施策の樹立につき、必要な事項を調査審議し、また、青少年の指導、育成、保護及び矯正に関する総合的施策の適切な実施を期するために、必要な関係行政機関相互との連絡調整を図るというようなことで設置しているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  今、設置することができるという答弁だったと思うんですが、法的設置義務がない協議会をえびの市として、置かれているわけですから、政策に反映される意見とか、それを徴集するために目的を持って設置されていると思うんですが、新年度の予算にも、この協議会と同様に意見交換会の日当等もでてると思うんですが、意見交換会と、この青少年問題協議会との違いというのは、どういったところにあるのでしょうか。


○社会教育課長(白坂良二君)  青少年問題協議会につきましては、条例に定まった委員の中で、協議を行っていただいているところでございますが、もう一つの青少年育成関係者等情報交換会も、年に一回お願いしているところでございますが、これにつきましては、任意に設置したものでございまして、各団体の皆様方にお集まりいただきまして、意見交換いたしておるところでございます。青少年問題協議会とこの関係者情報交換会に若干の構成メンバーが違っているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  こちらの情報交換会というのは、必要に迫られて、それこそ独自につくられた交換会だと思うんですが、二つの構成メンバーが重なっている部分もあると思うんですけれども、どちらも年に一回開催されているということですが。今回、担当課をかえるに当たって、設置することができるという文言でありますので、この条例をなくして、交換会を二回行うといった検討はなされなかったのでしょうか。


○社会教育課長(白坂良二君)  条例を廃止して、情報交換会に一本化ということは、検討はいたしませんでした。


 青少年問題協議会につきましては、西諸でもございます小林市、高原町、野尻町あわせまして、えびの市がそれぞれ持っておりまして、またその中で西諸を一本化いたしまして、西諸県地区青少年問題協議会。そして、県におきましては、県の青少年問題協議会がございますので、私どもといたしましては、やはり青少年問題協議会は、設置してあわせて一方では意見交換会等を持つという方が、いいのではないかというふうなことで、今回、予算をお願いしたところでございます。


○八番(村岡隆明君)  青少年問題協議会は、年に一回ということなんですが、有害図書の状況であるとかということが、この協議会で報告されたりしている現状だと思うんですが。この協議会は会長を市長が務めて、自治体に向けて意見を言うことができると。法的にも少し矛盾がある協議会だと、私は思っているんですけれども、協議会の中で、具体的な政策まで至ったような意見とか出た経緯はあるんでしょうか。


○社会教育課長(白坂良二君)  昨年、十九年度に行いました青少年問題協議会の中で、特に今回新しく十九年度行いましたものが、市PTA連絡協議会、並びにえびの市育成会連絡協議会、この二つの団体がさきの議員さんおっしゃいました有害図書等の三ナイ運動についての署名活動をやりたいということが、協議会の中でも出ました。えびの市青少年問題協議会、それからえびの市青少年育成市民会議をあわせまして、全面的に三ナイ運動をバックアップしていくということを決めまして、十九年度に取り組みまして、それを宮崎県知事あてに要望書として出した経緯がございます。


○八番(村岡隆明君)  それでは、続きまして、議案十号について質疑をさせていただきたいと思います。


 議案第十号は、えびの市区長、分区長の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてですが、これが四月一日の世帯数に準じるという改正になったと思うんですが、四月一日の世帯数というのは、何世帯を考えていらっしゃるのでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  四月一日の世帯数というものは、三月末までに、各区の世帯数調査を行います。それの届出に基づいた世帯数を基本といたしておるところでございます。


○八番(村岡隆明君)  今、届出に準じた数ということだったんですが、これは、えびの市の世帯数というのは、もう決まっていると思うんですが、その世帯数を届け出るというのは、どういったことなんでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  区に加入をしている世帯数を基本といたしております。


○八番(村岡隆明君)  区の設置に関しましては、行政事務連絡を目的として設置されていると思うんですが、この区、分区というのは、どこが設置しているのでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  条例の中にも行政区に、区、分区を置くという形になっておりますので、行政事務連絡を含めまして、行政区の設置については、市の方で行っているというふうに考えております。


○八番(村岡隆明君)  あくまでも、この中に出てくる区というのは、コミュニティの範囲の中の区と言うよりも、行政の事務連絡の中の区ということを指してあると私は理解しているのですが、この条例の中には、市民はすべての区に所属するという文言があるのですが、先ほど答弁いただいたように、区に所属しない市民というのが、あり得るのでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  現在どこの区でも問題になっている未加入世帯というのはございます。そこにつきましては、強制的に自治会活動との関係もございまして、強制的に加入できないという部分もございます。


 しかしながら、市としましては、積極的にそういう区の加入の促進の取り組みもいたしておりますので、原則的には、市民の皆さんの区、分区の加入というのをお願いをいたしているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  今の話は、自治会としての区に入っていない人がいるというお話だと思うのですが、条例を見ると、市民はすべて区に所属すると書いてありまして、行政事務連絡の中では、すべての市民が行政事務の連絡を受けるといった条例になっているのではないかと思うんですが、区に入る、入らないは、申請するというような文言はどこにもないんですけれども、その整合性についてはどうでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  地域に根差した自治会活動というもの、それと、市がお願いをしておりますそういう区、分区制度に基づく、行政事務連絡という部分、ここの部分につきましては、市としましては、やはり理想的な形として、一体となった加入の実態があるのがいいというふうには考えておりますが、現実として、そういう未加入世帯があるということは、認識をいたしております。ただ、行政としては、行政事務連絡もしくは行政文書の配付は、すべての住民に配付するというスタンスの中で、いろいろ対策を講じているところでもございます。その辺のところにつきまして、若干の矛盾点というものは、あるという認識はいたしておるところでございます、


○八番(村岡隆明君)  市民の皆さんが、行政事務連絡としての区と、自治会としての区を混同されているというのは、よくわかるんですが。行政としては、今、一万弱ぐらいの世帯があるとするならば、その加入・未加入ではなくて、すべての世帯に対して、分区長さんに手当てを支払って、情報というのはすべての市民に行き渡るべきだと思うのですが、その点については、どうでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  今、言われている部分につきましては、すべての市民が、区、分区という加入の中でそういう状況があれば、それが一番理想的な形だろうというふうには思います。ですから、行政文書もしくは、市民との情報の共有ということからいけば、平等に情報を伝えなければいけないという中で、対応はいたしているところでございますけれども、行政の視点としては、すべて住民という形ですけれども、地域という中では、区、分区加入という問題について、それぞれ市民、特に未加入者の方の考え方というのもございます。その辺がうまく地域と行政と連携をとる形の中でスムーズな形ができ上がれば一番いいとは思いますが、そこが最大の課題といってもおかしくなかろうかと思います。


 ですから、行政としましても、行政事務連絡の部分につきましては、今後、積極的に地域と話し合いをしながら、納得いく形で改革をやっていくという考えでおります。よろしくお願いしたいと思います。


○八番(村岡隆明君)  どうも自治公民館活動、自治会の区というのと、行政事務の区というのが、どうも一緒になっているような気がして、矛盾を感じているんですが、確かに、行政区に自治会に入らない方がいらっしゃって、地域の活動に支障を来たしているというのは、事実だと思いますし、それはそちらでまた問題は解決していかなければいけないと思うのですが、逆に、それでは広報などで、自治会への加入を勧めるにしても、今自治会に入っていないと皆さんが判断されている方には、その文章が行かないわけであって、自治会の区と行政区の区は、きちんと区分けして考えるべきだと思うんですけれども、今は行政区と自治会の区が、一緒になっているという判断を、行政サイドの方も、市民と一緒の視点で判断されているんではないかなと思うのですが、行政連絡としての区と、自治会としての区、これは別だと思うのですが、その点については、どうでしょうか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  当然、行政事務連絡の見直しの中で、過去にそういう案を示した経過の中では、確かにその区分けが明確にできないというところがございます。手法としまして、各自治体の中で、それを明確にするために、全世帯にメール便で、行政文書を配付するという対策もされておるところもございます。


 しかしながら、やはり地域の問題も明確に行政としても意識をしながら、行政事務連絡と行政区の自治会活動は違うんですよという説明もしていきながら、そこら辺の区分けをしっかりと納得した上で、さあどうしましょうかという部分を整理をしていきたいというふうに考えております。


 当然、自治会活動、今言われる自治公民館活動は、地域に根差した活動であって、行政の活動とは、明確に切り離すという考え方は、基本的には持っているところでございます。


 そういう中で、なかなかその切り分けの説明、もしくは納得、その部分について、なかなか了解がいただけない部分が確かにございます。これにつきましては、行政としても、今後、積極的に、その部分について説明に入りながら、切り分けをやっていただくという部分について取り組んでいきたいというふうに考えておるところです。


○八番(村岡隆明君)  それでは、第十号につきましては、所管というところで、課長大体のお考えはいただきましたので、第十二号えびの市観光施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、十八号も質疑の内容は一緒です。下湯のことと上湯のことで、使用料の増額の件で質疑をさせていただきたいと思います。


 提案理由の中に、使用料の改正というのが、経営の安定化ということが理由で、改定するということだったんですが、これは、現在指定管理者が管理運営を行っていると思うのですが、使用料というのは、市に入ってくることになっていると思うのですが、使用料を上げることによって、経営の安定化というのは、施設の経営の安定化というよりも、行政の経営の安定化というふうに理解していいのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  ただいまございましたように、指定管理者制度を導入しております。使用料につきましては、市の方に当然入ってくるようになっております。この施設そのものが、上湯に関しましては、平成八年リニューアル、下湯につきましても、平成三年のリニューアルオープンということで、ある程度経年しております。近い将来、大規模改修というようなことも考えられますので、そういう点も踏まえまして、経営の安定化ということで、大規模改修に備えた特別会計で言えば、基金の創出、一般会計の場合は、とりあえず一般財源化ということになってくるんですけれども、そういう将来的なものも踏まえて、お願いしたものでございます。


○八番(村岡隆明君)  ということは、単年度の予算だけで見ると、施設の利用者には還元されないのかなという気はするのですが、長期でみると、指定管理者には、委託料としては計上されないが、施設の改修、そのほかに将来的に使うために、値上げをするという考え方でよろしいのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  今、おっしゃいましたように、私どもの方では、そういう考え方も含めて、今回お願いしたものでございます。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、議案第二十九号平成二十年度一般会計予算について、自分の所管外について、何点かお聞きしたいと思います。


 まず、予算書の二十一ページ、労働使用料の中の労働使用料、勤労青少年ホーム使用料、これが勤労青少年ホームの使用料ということで、予算が上がっているのですが、昨年度の当初予算と比べましても、半額ぐらいになっている使用料なのですが、同時に飯野地区公民館の建てかえに際しまして、飯野公民館を五月に解体される予定だと思うのですが、それの代替として、勤労青少年ホームも使うというようなお話も聞いているのですが、そういったお話が勤労青少年ホームの方にも来ているのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  正式な話ではございませんけれども、非公式という形でお伺いしているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  ということは、約十カ月ぐらいだったと思うのですが、現在の飯野地区公民館が使用できない期間ができると思うのですが、それに関しましては、予算的な変動はないと、勤労青少年ホームの使用料の増額なども見込んでいないということなんですが、予算的な変動はないというふうに考えてよろしいでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  まだ正式に話をお伺いしておりませんので、使用料をどういう形で徴収するかということで、関係課とも協議をしながらということになりますので、その協議の過程で使用料徴収云々という結論が出れば、補正なりでお願いしたいというふうには考えておるところでございます。


○八番(村岡隆明君)  解体の予定が、五月だったと思うのですが、六月の補正の前に解体が進むことになると思うのですが、それは大丈夫でしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  建設予定で、ただいま言われましたように、五月ということもありますけれども、国の補助金とかそういう関係で若干ずれ込むというようなお話も聞いておりますので、そのときに対応したいというふうに考えております。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、同じく予算書の二十九ページ、衛生費国庫補助金の中の衛生費国庫補助金、その中の次世代育成支援対策交付金が昨年と比べると、事業費そのものも大分上がっているようなのですが、この説明資料によりますと、五十八万五千六百円の事業に対する半額の補助というのは、国からの補助金として上がってきているのですが、この五十八万五千六百円の事業というのは、支出しているのはどこで、どういった形で出てきているのでしょうか。


○議長(高牟禮宏邦君)  そのまま休憩いたします。


                    休憩 午後 一時二十八分


                    開議 午後 一時 三十分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○健康保険課長(竹下京一君)  大変失礼いたしました。


 御質問の支出はどこであるのかということでございます。


 予算書の百七ページでございます。この中の育児等健康支援事業費の中に充当するものでございます。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、予算書四十九ページの雑入の中の子育て支援事業費補助金ということで、これは国保連合会からの補助金ということなんですが、これは新規の補助金なのでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  これにつきましては、三カ年の補助を受けて行うものでございますが、今年度からの事業でございます。


○八番(村岡隆明君)  定額ということなのですが、あと三年間ずっとこの定額を受けられる見込みなのでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  現在のところ、その予定でおります。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、予算書の八十九ページ、先ほども出たのですが、社会福祉総務費の福祉事業費の中の報償金九十六万円、地域福祉事業報償金、乗り合いタクシーの活動報償金ということで、四月一日からスタートするというお話だったのですが、乗り合いタクシーをコーディネートする役の人を二十カ所設定するということで、議会が終わったらすぐにスタートするんだと思うのですが、二十カ所の選定というのは、現時点で決まっているのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  ただいま地域福祉協議会をそれぞれ、終了しましたので、今そのまとめをやっておりますので、まだ決定はしておりませんが、今そのまとめをしているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  二十カ所ということなのですが、これは二十人と認識していいのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  この二十カ所は、地区をおおむね二十カ所と考えておるところでございます。


○八番(村岡隆明君)  ということは、二十人ではなくて、十五人とか、二カ所持ったりする人も、出てくる可能性があるということでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  一つの自治公民館を単位としまして、その中におおむね二十人程度をまとめていただくと。したがいまして、地区によっては、二つの自治公民館を単位とする場合もあるかもしれませんというふうに解釈しています。


○八番(村岡隆明君)  最大二十人だと思うのですが、これはもう大体めどが立っているのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これも地域福祉協議会の中で、ワークショップ等を開きながら、いろいろな意見をいただきました。その中で、大体の予想は、つくところでございます。


○八番(村岡隆明君)  乗り合いタクシーを利用される対象者というのは、どういった方になるのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  高齢者を対象としますので、六十五歳以上の高齢者ということになります。


○八番(村岡隆明君)  福祉タクシーの方は、いろいろ縛りがあると思うのですが、各地区二十人ぐらいを対象にということなのですが、その二十人対象というのは、六十五歳以上の方にも、車がないであるとか、そういった条件がつくのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  福祉タクシーの対象者ももとよりですけれども、これはもう限定せずに、六十五歳以上であれば、特に限定をしないつもりでおります。


○八番(村岡隆明君)  先ほど、自治公民館単位をもとに、対象者が二十人くらいのところを一カ所とするということだったのですが、六十五歳以上となると、かなりの数になると思うのですが、先ほど福祉事務所長の方から言われた二十人ぐらいの単位というのは、どういう方たちを指しているのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  乗り合いタクシーという制度でございますので、一地区イコール一自治公民館の中の、六十五歳以上のおおむね二十名程度を一グループとするという考え方でございます。


○八番(村岡隆明君)  一つの自治公民館単位で二グループできたりすることもあるということでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  はい。そこら辺は、臨機応変にいきたいと思っております。


○八番(村岡隆明君)  同じ福祉事業費の中の地域福祉活動事業補助金、八十九ページの一番最後に六百万円というのが出ているのですが、この地域福祉コーディネーターという方は、どんな役割を担われるのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  今回、策定いたしました地域福祉計画に基づいて、社会福祉協議会と連携をとって、この事業を推進しておりますが、社会福祉協議会の現在の職員、ボランティアセンターに携わっている職員、あるいは地域福祉に携わっている職員が、現状としては、一人でやっておるような状況でございます。この地域福祉の計画を実現化していくためには、相当、労力が要るということで理解しておりまして、社会福祉協議会といろいろ議論を重ねた結果、社会福祉協議会の人件費に相当する額を、大体五百六十万円程度、考えております。


 したがいまして、これを専門化して、特にボランティア活動、地域福祉の事業を進めるための専属職員を充実して、地域福祉の事業を進めていきたいと考えておるところであります。


○八番(村岡隆明君)  これまでは、ボランティアセンター運営事業補助金、今回も五十万円の予算が上がっているのですが、これもボランティアセンターの、社会福祉協議会の方の、人件費の補助ということだったのですが、今回、地域福祉コーディネーターの人件費の補助によって、これに携わる方の人数がふえるということなのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  そのように考えておるところでございます。


○八番(村岡隆明君)  今まで一人で、社会福祉協議会でボランティアを担当されていた方が、二人になる、人数は何人になるんでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これは、社会福祉協議会の運用の中で、決めていただきたいと考えておりますが、予算補助によって、考えられるものと考えております。


○八番(村岡隆明君)  人件費の補助ということに、社会福祉協議会に対する人件費の補助の額としては、これまで以上になってきていると思うのですが、実際にサービスを提供される方がふえるということでないと、市民のサービスは充実しないと思うのですが、これは充実するというふうに考えていいのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  はい、そのように御理解いただいて結構です。


○八番(村岡隆明君)  同じく予算書の九十三ページ、社会福祉施設費の中の老人ホーム運営費、これも指定管理者になって、予定どおりことしも指定管理者に管理を委託されると思うのですが、この管理の中で、施設の管理におきまして、ある程度、管理者側が行う施設の修繕などと、行政が大きな改修については責任を負っていると思いますのですが、これのすみ分けというのは、十分できていますでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  はい、これは、協定書の中でできております。


○八番(村岡隆明君)  協定書の中には、漠然とした協定書で、管理者側から言えば、ここは行政がやってくれと、行政側からすると、ここは管理者でやるべきじゃないかというのは、指定管理者制度に移ってから、えびの市だけにかかわらず、そういった問題が出ているという話もよく聞くのですが、この老人ホームについては、その点は、大丈夫でしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  現時点では、スムーズに運営をしていると思っております。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、百一ページ、保育所費の中の委託料の中の一時的保育事業委託料なのですが、毎年、ここの委託料が上がってきてまして、サービスが充実しているということは、よくわかるのですが、対象者が非常に飛躍的に伸びてきているのですが、これは本来、保育所に入っていらっしゃらない方が一時的に預けられると思うのですが、これは委託料が上がってきていることに対して、どのような判断をされるのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  これは、利用者の増でございます。


○八番(村岡隆明君)  その時代背景みたいなものまでは、分析はされていないということですかね。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  就労される方が増加してきたというのが、一番の理由だと思っております。


○八番(村岡隆明君)  あと、予算書の下の地域子育て支援センターの事業委託料が、今真幸で一カ所委託されていると思うのですが、予定では、来年度から、もう一カ所ふやす予定だったと思うのですが、その検討云々の予算というのは、今回の予算書には上がっていないのですが、その次年度に向けての動きというのは、本年度どのようなお考えなのでしょうか。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  御質疑のとおり、次世代育成支援行動計画では、二十一年度から二カ所という計画を立てております。したがいまして、現時点では、まだ検討しておりませんが、これからまた協議会なるものも開きますので、その中で、検討していきたいと思っております。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、同じく百七ページの育児等健康支援事業費の中の、先ほど収入に対する支出のところで説明していただいたのですが、助産師の賃金というのが上がっておるのですが、育児支援のための助産師が家庭訪問するということが、説明資料の方には説明してあるのですが、これはどういった活動をされるのでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  母子の健康指導に際しまして、専門家の立場からの支援をしていきたいという考え方で、二十年度から新たに取り入れる事業でございます。


○八番(村岡隆明君)  といいますと、今、健康指導ということだったので、先ほどの支援センターの事業とは、また健康の面に重きを置いた取り組みということで理解してよろしいでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  はい、現在までの母子保健指導につきましては、基本的に保健センターで実施をいたしております。この助産師の保健指導につきましては、気になる母子につきまして、戸別訪問による指導を考えているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  同じく百九ページの子育て支援事業費の中の心理カウンセラー報償金というのが上がっているのですが、これも新規の事業なのでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  これは、十九年度から取り入れた事業でございまして、通常、保健師、栄養士が母子に関する子育て支援といいますか、保健指導を行っているところでございますが、これに発達段階でちょっと気になる子供さん、こういった方々についての指導というものを専門家の立場でお願いをしたいということで、市内に専門家の方がいらっしゃいますので、お願いをしているところでございます。


○八番(村岡隆明君)  説明資料の中には、十三回という講師の報償金として、上がっているのですが、これは保健センターかどこかで、そういった対象と思われる方を集めてカウンセラーの方にカウンセリングしていただくという事業なのでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  はい、年間を通じまして十三回を予定いたしておりますが、保健センターで検診等がございます。それから、いろんな育児等支援事業の中で、もぐもぐ教室とか、のびのび広場といったことをやっておりますが、いわゆる気になる方だけが、対象ではございません。そこにおいでになるお母さん方に対する指導ということになります。


○八番(村岡隆明君)  同じく百十五ページの、塵芥処理費の中の委託料の中のごみ収集運搬業務委託料、これが説明資料によるとプラスチック製容器包装処理委託料というのが、新たに加わっているのですが、今まで、これは資源ごみは、直営で回収されていたものが、民間に委託されるというふうな認識でよろしいでしょうか。


○議長(高牟禮宏邦君)  そのまま休憩します。


                    休憩 午後 一時四十八分


                    開議 午後 一時 五十分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○環境業務課長(便元益男君)  これまで直営でやっていたものを今回、委託でお願いするものであります。


○八番(村岡隆明君)  今まで資源ごみを回収されていて、直営で賃金が発生していた方々というのは、民間委託によってどこかに異動されたりしているのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  資源ごみにつきましては、これまでどおり直営でやってまいります。


○議長(高牟禮宏邦君)  そのまま休憩します。


                    休憩 午後 一時五十一分


                    開議 午後 一時五十一分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○環境業務課長(便元益男君)  運転手と車も減になります。また、それに伴いましては、運転手等も減になるものでございます。


○八番(村岡隆明君)  プラスチック製容器包装・空き缶びんのごみ収集運搬業務に関する委託料というのは、直営のときと比べると、委託の方が安くなっているのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  安くなります。


○八番(村岡隆明君)  委託料の上の方の賃金で、臨時・パート賃金というのが上がっているのですが、これまではここは作業員賃金で上がっていたと思うのですが、これは何か中身が、契約の形とかがかわったのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  中身的には、かわるものではございませんけれども、不法投棄の監視を強化していくという考え方でございます。


○八番(村岡隆明君)  同じく百十七ページの美化センター運営費の中の需用費の燃料費なのですが、先ほど、契約の中での燃料費高騰による分に関しては、試算しているということだったのですが、ごみを焼却するにおいて、重油等が必要だと思うのですが、これの値上げ分というのは試算されているのでしょうか。


 説明書を見ますと、昨年よりは、同じリットル数なのですが、安く上がっているようなのですが、この重油が安くなっているというのは、何かあるのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  安くなっているといいますか、協定単価を使用しております。


○八番(村岡隆明君)  ということは、市場で重油の単価が上がっても、この金額で予算執行ができるというふうに考えてよろしいでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  これは一番新しい協定の単価でございまして、これに伴いまして、上下変動があった場合には、それなりの対応も必要だという考えでおります。


○八番(村岡隆明君)  となりますと、少し予算書としては逆戻りになるのですが、四十七ページには衛生費受託事業収入ということで、清掃費の受託事業収入が入っているのですが。小林、西諸から入ってくる受託の単価というのは、昨年と変わっていないのですけれども、受託の単価という点については、変更しなくても予算上は大丈夫なのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  これは西諸の旧須木村、それから野尻町、そして高原町、えびの市ということで、協議をいたしておりまして、二年ごとに単価の見直しはしていくということで進めております。


○八番(村岡隆明君)  次の見直しの時期というのは、いつでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  今回は、二十年度まででございまして、次は、二十一年度の計画でございます。


○八番(村岡隆明君)  同じく百十七ページの美化センター運営費の中の委託料、運転管理等委託料、この中で直接、日立の方に運転の管理を委託されていると思うのですが、日立さんとの運転手管理委託料は、どういった中身で、委託料は決まっているのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  この件につきましては、ほとんどが人件費でございます。


○八番(村岡隆明君)  これは、日立さんの人件費の基準か何かに応じて、委託料が決まるということなのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  見積もりをとりまして、それから市の方で単価等をチェックいたしまして、設計して、その額でお願いするものでございます。


○八番(村岡隆明君)  これは、最終処分場運営費の中の施設管理費等委託料、運転管理業務委託料も同じような考え方で委託料が決まっているのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  これも人件費でございまして、同じようなことで計算いたしております。


○八番(村岡隆明君)  美化センターの運転管理委託に関しては、事実上一社しか今のところ管理ができない状況だと思うのですが、そういった管理の中身について、行政の方から提言なり、そういったことができるような環境にはあるのでしょうか。


○環境業務課長(便元益男君)  今その会社の方にお願いしているわけでございますが、その経営の中身については、口出しできないところであります。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、百三十五ページ、グリーンツーリズム推進事業費についてお伺いしたいと思うのですが、なかなかここの予算が削減され続けていまして、心配しているのですが、その旅費の中の普通旅費、グリーンツーリズムシンポジウムに参加するということなのですが、これは、だれが参加されるのでしょうか。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩いたします。


                    休憩 午後 二時  二分


                    開議 午後 二時 十二分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○環境業務課長(便元益男君)  先ほど、村岡議員さんの質疑に対しまして、会社名を日立と申しましたけれども、日立ではなくて、ニチゾウ九州サービスでございますので御訂正をお願いしたいと思います。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  百三十五ページの関係で、グリーンツーリズムの推進事業費の普通旅費について、だれが行くのかということでございますが、今年度もえびの市の職員が行っておりまして、担当者を予定しております。ちなみに、今年度につきましては、十一月一日にグリーンツーリズムシンポジウムが都城市でございましたので、県内でございましたのでそちらに行っております。以上でございます。


○八番(村岡隆明君)  グリーンツーリズム推進事業費なのですが、予算上かなり縮小されてきているのですが、これまで高田先生などを交えて受け皿ということに関しては、ある程度、先ほど課長の方からもグリーンネットえびの学舎といった組織もできているのですが、実際に交流人口を、これは施政方針の中にもあったのですが、この予算で担当課の方がシンポジウムに参加して、実際、この予算で交流人口がふえると、課長はそういった思いがあるのでしょうか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  グリーンツーリズムのシンポジウムにつきましては、先ほど申し上げましたが、都城市でございまして、そのあとことしの二月七日にグリーンツーリズムネットワーク交流会というものがございました。これには、先ほど申し上げました、関係します個人等も出席されておりまして、それぞれ交流会等で意見交換をしてまいったところでございますが、質疑の中で、若干申し上げましたように、今後は、民泊的な対応がしたいということで、考えていらっしゃる方もいらっしゃいます。


 現在のところ、北きりしま地域観光促進協議会というもので、一緒に取り組んだらどうかということで、広域的な考え方で、今までは、えびの市独自で、村岡議員さんもおっしゃるように、進んだ経緯もございますけれども、北きりしま地区一帯ということになれば、また幅広く民泊等ができるのではなかろうかというように考えているところであります。


○八番(村岡隆明君)  同じく百三十九ページ、郷土の森整備事業費についてお伺いしたいと思います。


 これも十九年度、歩道整備に伴う原材料費とかが予算化されていたと思うのですが、新年度も作業員賃金とか、ある程度、遊歩道の整備に向けた予算が組まれているのですが、二十年度は、実際に市民の方が中に入れるところまで行きそうなのでしょうか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  郷土の森につきましては、平成十八年度だったと思いますが、条例等をつくりまして、整備をしてまいったところでございますが、平成十九年度でルートも決まりまして、実は昨日、看板等も取りつけたところでございます。せんだって行われました、林業振興審議会においては、えびのでも森林セラピーみたいな取り組みが必要じゃないかという意見も出ましたので、学校等も通じまして、対応しようということで検討を重ねたところでございます。


○八番(村岡隆明君)  実際にPRする時期というのは、いつごろを考えていらっしゃるのでしょうか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  PRの時期については、現在、まだ検討中でございますが、早い時期にさせていただきたいと思いますし、また春先になりますと、クマタカの繁殖期に当たると思いますので、当初の段階では、避けながら対応したいと思っております。


○八番(村岡隆明君)  ということは、時期はまだ不明確だということなのですが、今年度中に、遊歩道の整備ができて、その活用ができるというふうに考えてよろしいでしょうか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  今年度からさせていただきたいということで進めております。


○八番(村岡隆明君)  同じく予算書の百四十一ページ商工総務費の中の企業誘致対策費の中の旅費の中の普通旅費、ここに今回、新しく進出情報収集活動の予算を上げていただきまして、動きが出てきて非常に期待しているのですが、説明資料によりますと、県の事務所の方に出向かれるような試算がなされているのですが、具体的には、どういったことを視野に入れた予算になっているのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  今回、旅費を要求をさせていただきます中で、企業側の進出情報等を積極的に収集しようということで、県あたりとの情報や連携を密にしようということで、お願いしたものでございます。


○八番(村岡隆明君)  当然、情報収集というよりも、人が動かれるわけですので、インターネット等では、収集し切れないような情報とか、人間のネットワークをつくってこられると思うんですが、そういうところまで、具体的に考えていらっしゃるのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  ただいまおっしゃいますように、単なる情報収集だけであれば、インターネット等である程度は、情報収集ができますけれども、直接お会いして、誘致への熱意等も伝えられるということでお願いをしたものでございます。


○八番(村岡隆明君)  続きまして、同じ予算書の百四十三ページ、商工振興費の中の負担金、補助及び交付金の中に、今回、企業設置奨励金というのが予算化されているのですが、これは、どういった中身になるのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  これは、企業設置奨励条例に基づきまして、十九年度に認定されたところの条例に基づく奨励金ということでございます。


○八番(村岡隆明君)  対象になる企業というのは、何社を想定されているのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  十九年度に認定された企業は、一社でございます。


○八番(村岡隆明君)  同じく百四十三ページの観光費の中の負担金、補助及び交付金の一番最後なのですが、日本の森・滝・渚全国協議会負担金というのが、今回新たに予算化されているのですが、これは、どういった目的で協議会に参加されるのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  負担金につきましては、十九年度まで、森林浴の森全国協議会というものが組織をされておりまして、これが移行したものでございます。


○八番(村岡隆明君)  同じく予算書百四十五ページの矢岳高原オートキャンプ場管理費の中の、先ほども質疑が出たんですが、修繕費ですけれども、セントラルハウスの窓枠の修理代ということなのですが、これは、使用による破損というよりも、経年の劣化による破損というふうに考えてよろしいでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  今、言われますように、経年による劣化による修繕ということでございます。


○八番(村岡隆明君)  キャンプ場のいろんな施設が、予想以上に早く壊れている現状だと思うのですが、今回は、五十七万五千円の修繕料というのは、当初の予算で上げられているのですが、今後、オートキャンプ場の施設の修繕費というのは、額が大きくなってくるのではないかなと思うのですが、そういった見通しというのは、立てていらっしゃるのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  おっしゃいますように、セントラルハウスにつきましては、木造の部分が多く使われております。


 当然、メンテナンス等をしていかなければ、傷んでいくのも早いということで、今回は早目にお願いしたものでございますけれども、将来的にも、当然、年数がたつにつれて、修繕は必要になってこようかというふうに考えております。


○八番(村岡隆明君)  同じく百四十五ページの白鳥温泉下湯の管理費なのですが、去年、下湯の方に消防防災器具を設置したと思うのですが、これは、保守点検とかいったものは、今後、発生する予定はないのでしょうか。


○観光商工課長(松永康二君)  昨年の予算でお願いした分については、当面、必要ないというふうに考えております。


○八番(村岡隆明君)  最後の質疑になりますが、百五十三ページ、河川総務費の中の報償費、水辺の楽校推進協議会委員報償金というのが、ことしも予算化されているのですが、これは、川内川工事事務所との協議の中で話が進んでいると思うのですが、この水辺の楽校整備については、二十年度は、どこまで進む予定なのでしょうか。


○建設課長(下別府敏則君)  水辺の楽校についての質疑でありますが、現在、平成十九年度におきまして、市が計画しました構想図に基づいて、国土交通省、川内川河川事務所が、現在用地測量を含めた測量に入っております。この関係で、具体的に詳細設計等がされたときに事業費等が出てまいります。そういう中から、来年度ぐらいからは、一部構想に基づいた事業がされるということを聞いております。


○八番(村岡隆明君)  二十一年度から、具体的な動きが出てくるのではないかということだったのですが、今年度の二回の推進協議会の中では、ある程度、予算化というものはできているようなのですが、今年度での協議会での協議の中身というのは、どういったものになるのでしょうか。


○建設課長(下別府敏則君)  市の方の体制といたしまして、施設ができたときの管理のあり方、そういった形の中で、建設省から移管された後、トイレとかいろんなものができるのではないかということを考えております。


 ですから、協議会の中では、水辺の楽校の利用的なものの体制を整える、それと、管理の面が出てきますので、協議会の中で、地域としての受け皿をどうするかというのが、今後、協議会の中で十分詰めていく必要があるということで、予算的なものをお願いしているものであります。


○議長(高牟禮宏邦君)  次に、九番西原政文議員の発言を許します。西原政文議員。


○九番(西原政文君)  それでは、平成二十年度三月議会に提案されました議案、並びに市長がお示しをされました施政方針について、あわせてお尋ねをいたしますので、よろしくお願いいたします。


 市長は、これまで多くの施策を行われてくる中で今議会で施政方針を示されました。最初に見てみますと、施政方針を申し述べ、議員の皆様を初め、市民の皆様方の深い御理解とより一層の御協力をお願い申し上げる次第でございますと、冒頭からなされました。その後に、私は、市民が主役の元気なえびの市をつくり発展させることを政治信条としてと述べられています。私は、市長のこの政治信条を信じて、これからお尋ねをしてまいりたいと思います。


 まず、一ページ目でありますが、この中に三つの目標、えびの市第四次総合長期計画について、また九つの対策を盛り込まれております。これによって、市民が主役のまちづくりを進めるんだと言われました。


 次に、見てみますと、国の経済情勢などによって大きく変動するかもしれない、そういう心配もされている模様であります。私もこれについては、国の動向によって、地方の自治体が大きく左右することを危惧する者でありますが。市長は、国の進めた三位一体改革によって、この三位一体改革は、この施政方針でも触れられておりますが、えびの市民の側から見た時に、どのような影響を与えると考えて、政策を立てられているものかお聞かせいただきたいと思います。


○市長(宮?道公君)  三位一体の改革は、前小泉首相が打ち出された政策であります。一番最初にこの三位一体改革というのを、東京で小泉首相が打ち出されましたときに、三位一体改革とは何かなと正直言いました思いましたが、わかりませんでしたけれども、三位一体というふうに書いてありました。後で調べてみますと、私自身、これは地方切り捨てになっていくんじゃないかなと、だから、慎重にやっていかなければならないというふうに考えさせられたことであります。


○九番(西原政文君)  そうですね、多くの地方の方々が、そのように感じられた方も少なくない。また実際にそう言われています。そういった中で、市長は、さまざまな改革を市民の皆さんの犠牲も含めて進めてこられたと思うのですが、これについて、全国の市長会、また県内の市長会では、どのようなことが語られているものか、また、三位一体改革について、どのように触れられているものか、お聞かせいただきたいと思います。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  では次に、市長は施政方針の二ページの冒頭に、本市の持つ地域特性や地域資源を有効に生かしながらと示されましたが、この地域特性というのは何か、地域資源というのは、何を有効と考えておられるのかお聞かせください。


○市長(宮?道公君)  本市の持つ地域特性や、地域資源を有効に生かしながらというふうに、私は思っておりますが、本市の持つ地域特性というのは、鹿児島、熊本、宮崎の三県にまたがるところにありまして、交通の便も高速道路を通じまして、非常に利便性がよくなってきておりますので、その特性を生かすということでございまして、地域資源は、宮崎県唯一の温泉を有効に生かしていかなければいけないというふうに考えておるところであります。


○九番(西原政文君)  本当にその通りだと思うのですが、地域性、いわゆる南九州においては、中心地であって、交通の要所だと。本心では宮崎においては、西の玄関だというふうに思っているのですが、この地域性を出して、今後、何をするんだということが、これから問題ではないかと思うんですけれども、市長は、今、二つ目の資源を有効にということで、宮崎県唯一の温泉があるんだと言われました。今、えびの市の古くからありますこの温泉が観光として、地域性として、資源の有効として、運用がなされていると思っておられるか、お尋ねをしたいと思います。


○市長(宮?道公君)  宮崎県の新しい知事が誕生されましてから、私は何回となく、知事にも宮崎県唯一の温泉郷京町温泉をどうにか活性化したいので、協力を願いたいということを陳情いたしております。


 今、大きな声では言えませんけれども、京町温泉がそのような形で有効にPRしながら、えびのの観光のために生かされておるかということになりますと、大手を振って、その通りですということは、言えないところもありますけれども、とにかく、この温泉を有効に生かさなければ、えびの市は、観光の浮上には、大変苦慮するのではないかと思っておるところであります。


 今まで、旅館関係の皆様方にも、いろいろと私の方からも話をしておるのでございますけれども、なかなかその通りにできないのが、非常に残念であります。


 知事におかれましても、知事も一抹の不安を感じていらっしゃいますので、それを一掃するようなふうにしていかなければいけないと考えておるところであります。


○九番(西原政文君)  今、言葉はかわっていますが、私は市長からその言葉を、知事が云々を除いて、この六年間聞いてきたと思います。私は、地域資源はえびの市は、観光資源的には、本当にすばらしいものを至るところで持っています。これを、本当にどうするんだというビジョンを市長はお持ちかどうか、そして、そのビジョンをお持ちになって、この項目が有効に生かしながら、基幹産業である農林水産業を初め、企業誘致を考え、企業の振興開発、環境振興、また就業の場を拡大して、市民所得の向上と人口の定住化、交流人口の増大を図っていくと書かれました。この裏づけや対策は、どのように考えて進められようとしているのか、お聞かせください。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  市長は、今述べられたお言葉をこの冒頭の中で有効に生かしてもろもろの増大を図って、市内経済の活性化と地域振興に努めてまいりますと書かれています。これを具体的にお示しください。


○市長(宮?道公君)  とにかく、えびの市の基幹産業は、農業であります。その農業につきましても、えびの産ヒノヒカリ、えびの産いちご、それにえびの牛というような形で、基幹産業であります農業については、そのような方向で進めていきますし、また、宮崎県唯一の温泉郷につきましては、私が幾ら叫んでも、相手の方がそのような形で前向きに進んでくれなければ、旧態依然としてかわらないのでありますが。少しでもかわるような形にお願いをし、持っていきたいというふうに考えておるところであります。


○九番(西原政文君)  それをみんなの総意をもって、具体化をされることを期待して、この問題については終わりたいと思います。


 次の子育て支援についてこの中で書かれています。加速する少子・高齢化に対応するため、子供を安心して産み育てることのできる環境づくりをとここに書いておられます。そして、先ほどの質問の中で、一時保育や延長保育をするんだというふうに書かれているのですが、市長は、これは子育て支援として受けとめていいですか。


○市長(宮?道公君)  子育て支援の一環として考えていただいて結構です。詳細につきましては、福祉事務所また健康保険課の方で、詳しく説明はいたさせます。


○九番(西原政文君)  それでは、続けさせていただきますが、これは子育て支援策の一環として打ち出したということで、お尋ねをいたしますが、今回、この施政方針をもとに、条例や予算案などがつくられていると思いますが、この予算案の中で、子育て支援策として、変化があった条例や予算化がされていれば、お示しください。


○市長(宮?道公君)  ただいまの質問に対しましては、担当課をして説明をいたさせます。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  ただいま御質疑の中の項目そのものも子育て支援につながる事業でございますが、その効果ですけれども、例えば、一時保育事業、延長保育事業などにつきましては、以前は三園でしか行われておりませんでしたが、事業拡大されまして、現在全園七園で実施しているということは、そのニーズが高まっておるし、その事業拡大に踏み切っているものと考えております。


○健康保険課長(竹下京一君)  私どもの方で、子育て支援といいますか、少子化対策という観点で行っておるものといたしまして、健康保険事業の一環として行っておるところでございます。


 妊婦健診、乳幼児健診、これらに合わせまして、各種の健康相談、子育て相談といったものを行いながら母子のサポートに当たっているところでございます。


○九番(西原政文君)  新年度予算の中で、また、事業計画の中で変化があるものがあれば、教えてください。


 条例も出ているんですが、後ほどこの条例については触れる予定でありますが、あればお示しください。


○健康保険課長(竹下京一君)  新しく始める事業はございませんが、先ほどの質疑の中でもありましたように、助産師とか、こういった強化する意味での事業は取り入れているところでございます。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  福祉事務所としましては、直接予算には反映しておりませんけれども、地域福祉推進事業の中で、地域での子供たちの見守り体制などを充実していきたいと考えております。


○九番(西原政文君)  今、子育て支援策だということで、安心して産み育てられる環境づくりを、また高齢期になっても、住み慣れた地域で暮らし慣れた住まいで、安心して暮らせるまちづくりをといいますが、安心して産み育てることのできる環境づくりについては、市長、どのように考えておられるのですか。


 安心して、産んで育てる、延長保育をすることだけで、果たして間に合うのか。安心して産むのには、では、健康管理はどうなんだと、そういった施策は、考えられていなんですか。一部に国民健康保険条例の改正もこの中にありますので、年齢が三歳から六歳まで引き上げられた条例文もありましたが、そういった施策というのは、考えられて、この施政方針をつくられたのじゃないんですか。(発言する者あり)


○市長(宮?道公君)  えびの市、次世代育成支援行動計画に基づきまして、二十一世紀を担う子供たちが、健やかに生まれ育つ環境づくりに努めます。


 保育所入所者負担金を低い基準で維持いたしてきております。さらに、母子保健事業では、妊婦健康診査公費負担をふやすなど、出産子育て支援の充実に努めてまいります。あわせて未婚率の上昇を抑制するため、若者たちのふれあいの場をつくり、支援をしてまいるということでございます。


○九番(西原政文君)  市長は、これについて、方針を述べられたんですが、妊婦の公費負担の回数をふやすと言われました。これは予算化が、今年度出されておりました。なぜその答弁が出てこないんですか。


○健康保険課長(竹下京一君)  ただいまの妊婦健診の回数をふやすかどうかということは、予算の中で上げているところでございます。


○九番(西原政文君)  私は、この施政方針を見て、議案書の六号を見たとき、また一歩、子育て支援は進んだんだなというふうに思ったのですが、施政方針の中で、また後ほど議案の方については、お聞きする予定ですけれども、まず先に、議案六号をお尋ねいたします。


 この条例が制定、施行されたとき、えびの市の子供を育てる方にどのように影響を与えるものか、お聞かせください。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  議長、私は、子育て支援策でどのような変化が起きたかということをお尋ねしているんですが、これが出てこなかったんですね。本来ならば、こういう条例を出しているということが出てくるのではないかと思うんですが、出てこないものですから、お尋ねしているんですけれども。


 本当に子育て支援策をしないと、少子・高齢化が進みます。ですから、市長は、こういった提案をされていると思うんですけれども、この充実が、少子化対策を大きく左右すると思っておられるから、このようなことをされていると思いますので、これについて、今後、市長は、どのようにされようとしているものか、ちょっと整理をして、もう一回お聞かせください、重要なことです。


○議長(高牟禮宏邦君)  そのまま休憩いたします。


                    休憩 午後 二時五十五分


                    開議 午後 二時五十六分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○九番(西原政文君)  続きまして、高齢期になっても、住み慣れた地域で暮らし慣れた住まいを、市民が安心して暮らせるまちづくりを推進しますと市長は述べられております。この施策は、どのようなものを考えられておられるのか、お尋ねいたします。


○市長(宮?道公君)  高齢期になりましても、住み慣れた地域で暮らし慣れた住まいで、市民が安心して暮らせるまちづくりを推進しますというふうに書いておりますけれども。えびの市で生まれ、えびの市で育ち、えびの市を愛し、これからも一生をえびの市で歩み切りたいという人たちのために、えびの市民のために、今回、飯野中央公民館のコミュニティセンターを建てかえまして、それを大いに利用していただいて、市民が安心して暮らし、いろいろなことについて、他の施設を利用して、市民がいろいろと語り合いながら、お互いに助け合いながら、暮らしていくようなまちづくりを推進いたします。


 先ほど、中央公民館と言いましたけれども、地区公民館でございますので、そのように訂正をさせていただきます。


○九番(西原政文君)  高齢者対策が地区公民館を造りかえるんだということで、何となく集約されているようですが、えびの市には、高齢者の方々は、全市にもおられますので、そういった方々の対策は考えておられないものか、全般的なもので考えておられないのか、ほかに考えているものはないものかお聞かせいただければ、この辺で終わりたいと思います。


○市長(宮?道公君)  飯野地区公民館につきましては、先ほどお答えいたしましたが、また西部地区におきましては、老人保健センターの温泉等もございますので、そのようなところを大いに利用していただくような形にこれからもさらに進めながら、高齢者の皆様方が安心して暮らせるような環境づくりはしてまいります。


 京町温泉は、老人福祉センターであります。


○九番(西原政文君)  続きまして、二ページの中段になりますが、陸上自衛隊えびの駐屯地、霧島練習場、市街地戦闘訓練場、海上自衛隊えびの送信所と多くの防衛施設が存在する中でとあります。そして、同駐屯地の存続増強に向けた取り組みを強化するなど、一層の基地対策の推進に努めてまいりますとあります。


 これは、何が目的でこのように盛り込まれたものか、真意をお聞かせください。


○市長(宮?道公君)  税収の増収でもあります。


○九番(西原政文君)  税収の増が目的だと言われるのですね。それは、ここに海上自衛隊えびの送信所にも触れられています。これには、交付税もなければ、固定資産税にかわるものもないわけですが、これの対策は、どのように考えておられますか。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  これについては、検討をされた経過があるのかお聞かせください。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  これについては、各先輩方も多くの援助をしていただいていますので、これについては、予算化がされておられるものか、お聞かせください。


○企画政策課長(小崎久美子君)  えびの駐屯地の存続増強に向けた取り組みを強化するという内容につきましては、ことしのお正月明けから、市長の方でも要望活動等を行っているところでございますけれども、えびの自衛隊後援会という協力団体がございますが、こちらの市内のほとんどの団体が加入されております。


 こういった市民関係団体との連携を図りながら、存続、増強の取り組みをさらに広く展開していくという意味で、この自衛隊後援会補助金の増額を新年度でお願いしておるところでございます。


 今年度予算の金額といたしましては。(発言する者あり)


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩いたします。


                    休憩 午後 三時  四分


                    開議 午後 三時 十五分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○九番(西原政文君)  先ほども、質疑があったようですが、ぷらいど21についてお尋ねいたします。


 市長は、創設六年目を迎えるぷらいど21助成事業について、まだこれからも進めていくんだということで、先ほどの答弁では、助成率の見直しを行うと、上限は百万円だと。そのハードルを下げた形で、もっとみんなに頑張ってもらうんだということなんですが、これについて、今後の見通し、これによってどのようなグループや、どのようなソフト事業が立ち上がっていくと予想されているのか、お聞かせください。


○企画政策課長(小崎久美子君)  ぷらいど21助成金につきましては、基金条例で、その目的が規定されております。二十一世紀、市民が本市のもつ豊かな歴史、文化、産業をしっかり見詰め、誇りと自信を持って、生き生きとしたまちづくりを進める活動の財源に充てるということになっております。


 分野といたしましては、豊かな生活環境の創出につながる活動、市民文化の向上につながる活動、産業の振興につながる活動、その他、市長が決める活動ということで、これまで、過去五年間、今年度末で約二十一団体の活動が展開されておりますが、今後、こういった助成率の見直し等によりまして、さらに活動の取り組み、立ち上がりが、地域に根差した活動として、立ち上がりがもう少し広がっていき、そして、定着していき、継続していくというようなものを期待をいたしております。


 このことが、なぜ必要かといいますと、分権型社会の中で地域の助け合いといいますか、互助に基づく地域づくりというものが、進展していきませんと、本当の意味での自主自立というものが達成できないと言われております。そういった地域づくりの根幹にかかわる基盤を形成していく一つの事業として、今後、ぷらいど21助成事業を発展的に展開をしていただきたいという期待を持っております。


○九番(西原政文君)  続きまして、同じく三ページになりますが、下から二行目、農村整備課の畑地基盤整備対策室を中心に、尾八重野地区の県営畑地帯総合整備事業を実施しておりますが、今後も畑かん事業の推進を図ると書かれています。そこで、お尋ねをいたしますが、尾八重野地区の、これはもう深く聞きませんから、尾八重野地区の県営事業の進捗、この完成は、ボーリングとタンクの完成時期を教えてください。


○農村整備課長(境田次男君)  尾八重野地区におきますボーリングと完成の時期ということでございます。県営事業で尾八重野地区を行っておりますが、完成は、十八年から始まりましたので、二十三年という目標を持っております。


 それと、ボーリングということでありますが、暫定水源の計画であります。まだ、それにつきましては、実施するには、まだ当初、ボーリングいたしましたけれども、水が出ないということでありましたので、再度、ボーリングするという形で、今計画をされているところであります。


○九番(西原政文君)  ボーリングをしたが、水が出なかったということですね。


 この畑かん事業の、国・県を合わせての総事業費というのは、私は、一千億円になっていると思っていたんですが、これは、間違いでしょうか。


○農村整備課長(境田次男君)  国営畑かん事業等におきます事業費でございますけれども、国営の分と県営の分と合わせまして、一千億円程度ということは聞いております。以上でございます。


○九番(西原政文君)  これが、まだ変化ないということですが、もう十年以上もたって、畑かんの運営協議会の中では、そういった検討もなされていると思いますので、またお尋ねしていきたいと思います。


 最後に、畑かん事業で、えびの市内で水の必要トン数、一日当たりもしくは月間、年間で統計が出されていれば、トン数と、つくる作物名が決まっていれば、予定が立って、また指導する予定があれば、教えてください。


○農村整備課長(境田次男君)  水使用の一日当たり、水使用の反当たりと、もう一つ作物別ということでありますか。


 おっしゃいますように、平成八年当時の施工同意関係に基づきまして、国営の方で設計等をされておりまして、えびの市の方にも、九地区の県営畑地帯総合整備事業を立ち上げまして、その地区で利用形態等はかわってきます。全体的な流れの中で、今のところで、一日当たりの水使用量等は、出てきていないと思っております。ただ、全体的な中で、水位等がございますので、ダムの取水口と送れる範囲とかございますので、そういう形のもので、ファームポンド等をつくって、おろすようにしております。今の段階では、一日の水量は出していないです。


 それと、作物等でございますけれども、えびの市内でも地区によりまして、作物体系が違っております。そのところところによって、今つくっていらっしゃる作物と、もし県営総合整備事業が進めて、この畑かんを進める中で、いかにしてどういうふうにして収益を上げるかとなったとき、今の路地栽培なら路地栽培をしていて、例えばホウレンソウをつくっていらっしゃる方がいれば、それだけで収益が上がるかと、水を利用したときに、上がるかといいますと、それ以上の収益を持たれるように、水を有効に利用していただくというように考えておりますので、今の段階での各地区ごとにある作物体系を畑かんがきて、水を使っていただいた後で、どういうふうに変るかということも、今後、地区に入った段階で、地区の皆さん方と話し合う中で、市の行政としても、普及所を交え、いろんな関係団体と協議しながら協議していかないといけないんじゃないかと思っています。


○九番(西原政文君)  今から話し合って、今から協議してするんだという考えで間違いないですか。


○農村整備課長(境田次男君)  作物体系につきましては、尾八重野地区では行っていますけれども、全体的なところでは、先ほど申しましたように、地区地区に入りましたときの営農形態等が違いますので、それぞれで地区に入った段階で協議しながら進めていくという考えでございます。以上です。


○九番(西原政文君)  わかりました。この計画は、いよいよ本格的に計画がなされ、具体化してからも十二年、十三年たとうとしているのですが、推進協議会の中では、数値目標や、また。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  次に、二ページにあります下から八行目になりますが、自治基本条例の制定について、お尋ねをしたいと思います。


 この条例は、市民とともにと言われていますが、主体的にはどこが中心になってつくるものか、お聞かせください。


○企画政策課長(小崎久美子君)  現在、自治基本条例、いわゆるまちづくり条例のことでございますけれども、これを市民研究会というのがえびの市元気なまちづくり市民会議の中でできまして、精力的な協議を行っていただいております。


 この研究会は、市民公募によりまして、現在、十八名で協議されておりますが、この自治基本条例に盛り込む基本的な内容については、市民主体で、市民の目線でということで、今その内容等についてとりまとめをされているところでございます。


○九番(西原政文君)  この基本条例の制定について、現在、十八名で協議とありますが、この十八名は、どのようなメンバーだったですかね。ちょっと聞いていたと思いますが、再度教えてください。(発言する者あり)


○九番(西原政文君)  ちょっと聞き落としたようです。公募でということですが、これはいつごろ立ち上げられる予定ですか。


○企画政策課長(小崎久美子君)  市民研究会は、平成十九年三月に立ち上がっております。そのときに、公募されまして、これまで一年間、取り組み、議論をしていただいているところでございます。公募をされた構成につきましては、年齢層も幅広く、それから、今ちょっと名簿を。去年の三月から活動を開始されております。


○九番(西原政文君)  その件につきましては、また名簿は後ほど、資料でもいただければいいかと思います。


 次に、四ページになりますが、市長は施政方針の中で、本市の企業立地の優位性をという具体的に優位性と言われます。これについては、どのような点が優位性とお考えか、お聞かせください。


○市長(宮?道公君)  えびの市の企業立地の優位性というのは、いわゆる交通の利便性と豊かな自然ということであります。


○九番(西原政文君)  優位性があると、新たな起業発掘の環境を整えるとともに、周辺高校との連携を図りながら人材確保の取り組みを行うと言われますけれども、周辺高校との連携だとか、またどれぐらいの人材があるかというのは、どのように把握されるのか、どのような見通しを立てておられるのか、そういったものがあれば教えてください。


○市長(宮?道公君)  実は、二月の初めでしたか、異業種間の会合をしていただきまして、そしてまた高校の先生たちにもおいでいただきまして、人材確保の件についても、御相談をし、説明をしたところであります。


○九番(西原政文君)  次に、下から五行目になりますが、情報発信や融資制度及び利子補給助成などの支援を行ってまいりますと書いておられますが、現在ある制度で臨むものか、または制度の改善を考えておられるものか、お聞かせください。


○市長(宮?道公君)  融資制度におきましては、現在行っておるところでございます。


 また、情報発信ということでございますけれども、えびの市の空き地の工業立地ができるような場所も、企業についてはPRをしながら。


 大変失礼いたしました。市内商工業者の経営安定化につきましては、現在も融資制度を行っておるところでございます。商工会を通じまして、各商工会員の方で、有効に使ってもらっておるところでございます。


○九番(西原政文君)  今現在ある制度を使っているからこのまま行くんだということですが、再度、より一層の制度の実現というのは考えておられないものか、お尋ねいたします。


○観光商工課長(松永康二君)  この融資制度につきましては、平成十九年に新たにえびの市小口零細企業融資預託金ということで、責任共有制度の発足ということで、新たに新設はされておりますけれども、これまでございました小規模事業特別融資と同じ原資の中で取り組んでまいりますので、これ以上の新たな融資制度ということは、考えていないところでございます。


○九番(西原政文君)  次に、七ページの環境対策でお尋ねいたしますが、環境対策で、えびの市環境基本条例、えびの市地域省エネルギービジョンをもとに、えびの市環境基本計画を策定し、平成二十年度から計画の具体的な推進を始めるとあります。


 このえびの市環境基本計画というのは、この骨子はどのように考えておられるのか、お示しをいただきたいと思います。


○議長(高牟禮宏邦君)  そのまま休憩いたします。


                    休憩 午後 三時三十九分


                    開議 午後 三時 四十分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○市民課長(西田 健君)  足かけ三年にわたりまして、一部観光商工課の省エネビジョンの計画とも抱き合わせながら、一年間、期間は延びましたけれども、今月、最終的に審議会を開催させていただきまして、原案については、御承認を得る運びになっておりまして、今月末、市長の方に会長から答申をしていただくことになっております。


 なお、骨子といたしましては、基本的な計画の考え方ということで、目的、位置づけ、役割、そして施策の範囲、さらには計画の対象区域、計画の期間といったものを掲げておりますが、基本的な姿勢としては、環境の保全を行政と市民と業者が一体となって、今後は取り組んでいくということを基本ベースにいたしております。以上です。


○九番(西原政文君)  続きまして、一般会計補正予算について、お尋ねいたします。


 款の総務費、項の総務管理費の中の目、財政調整基金についてお尋ねいたしますけれども、この説明資料を見てみますと、土地・建物売払収入を積み立てるものとして一千四百一万五千円とありますが、これは、何を売り払って、どの部分、この詳細をお願いします。


○財政課長(上加世田章人君)  今回の財政調整基金の積立でございますけれども、一件目は、財政調整基金の預金利子が十七万四千六円ございます。またそれと、土地・建物売払収入といたしまして、旧留学生会館の建物と土地を売却いたしましたので、その分が一千四百一万五千円でございます。以上でございます。


○九番(西原政文君)  続きまして、平成二十年度一般会計予算について、お尋ねをいたします。


 まず、七ページについて、お尋ねいたしますが、第三表債務負担行為について、自動車借上料、二百六十二万四千円、説明資料でいくと、別項目になってますかね、ちょっと見つけられませんでしたが、これは、なぜ債務負担行為なのか、教えてください。


○財産管理課長(若松秀一君)  この債務負担でございますが、普通乗用車が老朽化したために、今回、更新することにいたしたわけですけれども、今回、初めてのケースではございますけれども、リース会社とのリース契約により、更新することとしたために、平成二十一年度から二十五年度までの債務負担行為が発生いたしましたので、計上しているところでございます。


○九番(西原政文君)  普通自動車の老朽化に伴いということで、説明資料の一番最後に書かれているわけなんですが、どの部分で、何に使っている車が老朽化したものか、教えていただきたいと思います。


○財産管理課長(若松秀一君)  これは主として、市長が乗っておられた車を更新しようとしているものでございます。


○九番(西原政文君)  市長が黒塗りの公用車に乗っていなくて、今は白い車に最近乗っておられるのを見かけるんですが、あれが老朽化したということですか。車番まで覚えていませんが、そういうことですか。


○財産管理課長(若松秀一君)  そのとおりでございます。最近でございますけれども、発電機といいますか、ダイナモが壊れて、取りかえております。


 それから、一昨年でございますけれども、ディストリビューターと申しまして、エンジンにそれぞれ電気を送っている部品がございますけれども、これが故障したために、取りかえなければいけなかったということでございます。これにつきましては、部品がなかなか手に入らないということで、会社等から部品を調達しないと入手できないというような事情がございまして、今回、車の更新に至ったものでございます。


○九番(西原政文君)  続きまして、二十四ページに移りますが、款の使用料及び手数料、項の手数料、四の土木手数料、諸証明手数料というのがありますが、先ほども、井川原議員の方から、この項目でお尋ねになっていた模様ですが、それぞれの支所では、従来の図面というか、地籍図というものを保管しているわけなんですが、これについては、先ほど質問を聞いていて心配になったのは、この保管が十分に管理をされていないと、後々困るんじゃないかなというふうに思ったのですが、管理については、現在どうなっているのか、実際に使われて、コピーしてくださいというお願いなどもあるものか、お聞かせください。


○税務課長(藤嶋 勉君)  両出張所等で保管をいたしております旧字図でございますが、これにつきましては、住民の皆さん方の利便性を考慮しまして、飯野、真幸の図面等につきましては、それぞれ両出張所にお願いをいたしております。字図の閲覧等におみえになる場合も、多々あるわけでございまして、その写しの申請をされる場合もございます。


 証明手数料といたしまして、三百円をちょうだいいたしまして、証明をして差し上げておるわけでございますが、古い図面になりますと、年数を相当経過いたしておりまして、極めて劣悪な状態にある図面等もあるわけでございます。


 一応分合筆等につきましては、私ども税務課の方から出向きまして、図面の修正等、手を加えておるわけでございますけれども、中には、先ほども申し上げましたように、登記所等の図面と、私どもが保管をいたしております図面との不突合の部分が見受けられたりいたしておりまして、やはり固定資産税に関する付属書類といたしましての整備を急ぐ必要があるのではないかというふうに、痛感をいたしておるところでございます。


 地籍が済みました地籍図等につきましては、私ども税務課の方で、保管をいたしておるところでございまして、そこら辺の管理のあり方がまちまちという状態での管理ということになっておりますが、できれば、早く地籍測量が完了することが望ましいわけでございますけれども、そうもまいりませんで、そういった古い図面等につきましては、なるだけ登記所等の図面と突合するような整備のあり方が望ましいのではなかろうかというふうに考えておるところでございます。ですから、そういったことで、今後、検討してまいらなければいけないというふうに思っておるところでございます。以上でございます。


○九番(西原政文君)  続きまして、五十九ページの款の総務費、項の総務管理費の中で、目の一般管理費の区長会補助金並びに目の文書広報費の中でお尋ねをいたしますが、先ほども、これについて質疑がありました。この確認をしますが、えびの市の世帯数、また文書の広報紙など文書発送の数を教えてください。


○総務課長(坂本謙太郎君)  現在の世帯数ということでございますけれども、資料を持ち合わせしておりませんので、世帯数及び広報紙の発行部数につきましては、後日、資料を差し上げたいと思います。よろしいでしょうか。


○九番(西原政文君)  正確な数については、後ほどで構いませんが、おおむねで構いません。恐らく九千世帯また発行部数というのは、正確ではないかと思いますが、おおむね七千五百と認識しているのですが、大体その前後でしょうか。多少、百、二百違っても構わないですが、そういう数ですか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  だいたい七千部前後というふうに考えております。


○九番(西原政文君)  問題はその差なんですね。先ほども、質疑の中であったんですが、いわゆる一人分区や、まだ区に入っておられない方々もおられる。ところが、文書発送数が世帯数に大幅に見合わない。先ほどは、自治公民館に入っていないからというふうに、答弁もあったようなんですけれども、自治公民館に入っている、入っていないというのと、文書発送の数が違うというのは、これは違うのではないかなというふうに思うのですが、自治法との関係、またえびの市条例との関係でこれが違うのはなぜなのか、今のままでいいものか、お聞かせください。


○総務課長(坂本謙太郎君)  住民基本台帳上の世帯数、現住人口上の世帯数、現実の世帯数が非常に違います。その中で、広報紙等の配付部数といいますのは、現住人口に近い範囲の世帯数という考え方を持っておりますし、その中で、未加入世帯の問題につきましては、両出張所及びいろんなコンビニにも広報紙を置くような形の中で対応はいたしているところでございますが、現実に、その数字が一致しないという状況は、確かにございます。


○九番(西原政文君)  それぞれ区で分区に入っておられない方々、現実に現存するんですが、この方々に対する区長手当てとの関係は、分区に入っておられない世帯もこの中に加味されているんですか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  現実には世帯数調査を行います。それを基本として、報酬等の方は支払っているところでございます。


 先ほどの御質問の中で、区の加入世帯については、三月現在でございますが、七千四百四十五世帯、それと市の世帯数これは現住人口でいきますと、九千百三十九、住基でいきますと、一万百五十五という形になっております。


○九番(西原政文君)  分区に加入されておられない方々が多い地域もあります。そういった方の、先ほどの質問では、世帯数に応じて、区長手当や分区長手当を支給しているということだと思いますが、分区に入っていない世帯数もこの中に入っているのですか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  区の方から調査をお願いして上がってきている分につきましては、未加入世帯の数字は入っていないと認識をいたしております。


○九番(西原政文君)  そこでお尋ねいたしますが、未加入世帯への、どうしても発送しなければいけない文書なんかもありますよね。これの対応はどのようにされているんですか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  個人文書につきましては、郵送で配付をいたしております。


○九番(西原政文君)  次に、六十三ページについて、お尋ねいたしますが、中段の自動車損害保険料、道路賠償責任保険料というのがあります。この中に、道路賠償責任保険料九十七万三千円。次に、建物火災保険料三百五十五万六千円あります。この保険の契約に当たって、契約先というのは、例年どのように選定をされているものか、お聞かせください。


○総務課長(坂本謙太郎君)  お尋ねの部分につきましては、消防施設費の中というふうに考えておりますが、建物損害保険料については、支払いはいたしておりません。


 自動車損害保険料につきましては、消防自動車の車検に伴いまして、自賠責及び自動車損害共済基金保険料という形の中で、各消防自動車が、各地区にありますけれども、地区に近いところの業者さんに車検をお願いしているという関係がございまして、そのための経費でございます。


 建物については、含まれておりません。


○九番(西原政文君)  同じく、財産管理費の中でお尋ねいたしますが、建物火災保険料というのが、三百五十五万六千円あります。この契約は、どこの担当課がしているのか。


○財産管理課長(若松秀一君)  建物火災保険の契約は、私ども財産管理課でやっております。


 それと、先ほど出ました建物の火災保険料の相手先でございますが、全国市有物件災害共済会というところがございまして、そこと毎年契約をしているところでございます。


○九番(西原政文君)  同じく六十三ページの中で、道路賠償責任保険料というのが、九十七万三千円というのは、これの保険先というのはどこですか。


○財産管理課長(若松秀一君)  先ほどと同じでございます。


○九番(西原政文君)  次に、七十三ページでお尋ねしたいと思いますが、款の総務費、項の総務管理費、十三番目の目の国際交流事業費の中で、この国際交流員報酬並びに国際事業費の関係ですが、国際交流員というのは、今、どこに配属になっているものか、お聞かせください。


○企画政策課長(小崎久美子君)  国際交流員は、現在、企画政策課の方に所属しております。


○九番(西原政文君)  当初は、国際交流センターの方におられたと思いますが、当初から、企画政策課の中で、市役所本庁におられますかね。


○企画政策課長(小崎久美子君)  国際交流員は、指定管理者制度に、国際交流センターを導入いたしましたときに、国際交流員の主な事業といいますか、それは、国際交流センターで行って、出向いてやっておりますが、交流員そのものは、えびの市が嘱託員として、直接雇用いたしておりますので、出勤等につきましては、企画政策課の方に所属して出勤いたします。しかしながら、仕事の活動は、交流センターを主体にやっております。


○九番(西原政文君)  今の勤務形態の中で支障はないものかどうか、このままの現状で続けられるものか、お聞かせください。


○企画政策課長(小崎久美子君)  これまでも支障のないようにということでなるべく努めてまいりましたが、新年度におきましては、国際交流員は、四月から七月までの雇用ということで、八月の新しい更新は行わないと、そして、第二期の指定管理者制度で、二十年度から始まります第二期につきましては、指定管理者の方で、国際交流員にかわる役割の外国人の方を雇っていただくような形で計画いたしております。


○九番(西原政文君)  次に、九十一ページの中で、款の民生費、一項社会福祉費、目の社会福祉総務費の中でお尋ねをいたしますが、九十一ページの三番目に障害者福祉事業費というのがあります。


 昨年、障害者自立支援法が制定されて、さまざまな変化が起きておるわけなんですが、えびの市の障害者におきまして、障害者自立支援法ができる前と、また施行されて、今日まで経過しているわけなんですが、障害者の方に対して、マイナス面とプラス面については、どのように把握、掌握されているものか、お聞かせいただきたいと思います。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  障害者自立支援法の施行後のプラス面、マイナス面ということでございますが、当初心配されましたのは、利用者の負担がふえるのではないかということが心配されましたけれども、激変緩和ということで緩和されておりますので、その点は、施設利用される方、あるいは通所の方におきましても、利用者の人数等は減っていないのが現状でございます。


 一般的な見方としますれば、中には県内の運動も起こっておりますが、負担のあり方に対しまして改正する動きもあるようでございます。以上でございます。


○九番(西原政文君)  これが施行されて、さまざまな方面に影響があったかと思いますが、当面は激変緩和措置が講じられたから、心配された利用者やサービスの低下というのが見られなかったというのは、一つ一つお尋ねしても時間がかかりますから、総括的にお尋ねをするんですが、施設利用などで、これによって大きくは変化なかったということでいいんですけれども、今後の見通しとしてはどうでしょうか、この激変緩和は、いつごろまで続けられるものか、お尋ねしたいと思います。


○福祉事務所長(浜松政弘君)  障害者自立支援法が施行されてから三年目をめどに改正というふうになっておりますので、また三年後には見直しがあるかもしれませんということで、予測しております。


○九番(西原政文君)  次に、百五十九ページになりますが、款の土木費、項の住宅費、目の住宅管理費の中で補償、補てん及び賠償金というのがありまして、説明では補償金、市営住宅団地政策空家住宅の統廃合に基づく市営住宅入居者の移転補償費というのがあります。これは、どこの市営住宅を対象とされているものか、お聞かせください。


○財産管理課長(若松秀一君)  この補償金でございますけれども、耐用年数を経過して、老朽化している住宅が百六十六戸ありまして、そのうち五十一戸を、政策空家に指定しております。


 その中で、三団地につきまして、一棟に一世帯しか住んでいらっしゃらないところがございまして、そこのところを対象に考えておるところでございます。具体的に申し上げますと、黒田団地、中島A団地、栗下団地の簡易耐火構造の平屋建てでございますけれども、そこのところを対象に、まだ具体的に特定しているわけではございませんけれども、平成三年くらいから、ずっとえびの市の住宅団地が非常に多いということで、平均いたしますれば、一団地当たり十六戸しかないというのがえびの市の状況でございまして、政策目標の一番大きいところに、団地の統廃合というのを以前からずっと掲げているわけですけれども、それを少しずつでも推進しなければいけないと、またコンパクトで良好な住宅をつくっていきたいという考えで始めているものでございます。


○九番(西原政文君)  次に、百六十三ページの款の消防費、項の消防費、目の災害対策費の中で、宮崎県防災救急ヘリコプター運営連絡協議会負担金というのが百三十三万八千円予算化されている。これを見てみますと、均等割りで五十六万、人口割で七十七万八千円ということで、算定基準がなされていますが、この運営連絡協議会というのは、実際にはどれぐらいの頻度で会議が持たれているものか、昨年の実績で教えていただきたいと思います。十九年度の実績で教えていただきたいと思います。


○総務課長(坂本謙太郎君)  宮崎県防災救急ヘリコプター運営連絡協議会の負担金という中身につきましては、宮崎県下の市町村でヘリコプターの運航に係る経費負担を均等割りと人口割りで全市町村が負担をしているという状況です。


 はっきり申し上げまして、これは救急ヘリコプターを運航するための人件費を負担割りをしまして、各市町村が負担しているところでございます。ヘリコプター運営連絡協議会の会議の開催というものにつきましては、私どもの方では把握はいたしていないところでございます。ですから、協議会がどのくらい開催されて、どういう内容で協議会が行われていくかという部分につきましては、承知していないところでございます。


○議長(高牟禮宏邦君)  その前に、企画政策課長から、答弁の訂正の申し出がありますので、許します。


○企画政策課長(小崎久美子君)  先ほど、まちづくり条例市民研究会のメンバーは、公募で十八人と御説明申し上げましたが、正確には発足時は公募でメンバーを募り、その後、機会があるたびに市民の方々に研究会への自由な参加を呼びかけておりますので、大学の先生であるアドバイザーとサブアドバイザーを除いて、現在のところ十八名となっております。名簿につきましては、資料で提示いたしますが、流動的な部分がありますことを御理解いただきたいと思います。


○九番(西原政文君)  防災ヘリは、人件費だということですが、この指揮系統というのは、どのようになっていますか。


○総務課長(坂本謙太郎君)  一応各市町村にヘリポート等の調査等も既に済んでおります。そういう中で、各市町村で災害が発生した場合につきましては、県の危機管理室と連携をとりまして、出動態勢をとるということになっております。


○九番(西原政文君)  こうして見たときに、これの出動があるようなことが、あってはならないんだなというふうに思うんですけれども、これが実際には、どれくらいの頻度で昨年は運航されたという把握されておられますか。どんなときに出動したのか。えびの市が、どういうことがあったときに、出動してもらえるものか、お聞かせいただきたいと思います。


○総務課長(坂本謙太郎君)  当然、防災救急ヘリコプターということで、目的はしっかりしているところでございます。


 まず、人命救助がほとんど主であろうと思います。緊急性の中では、災害対策用に設けられたヘリコプターでございますので、県の危機管理室に必要があれば、要請して、その段階で整理をしながら、危機管理室と協議をしながら、出動が必要なケースという部分は、ケースバイケースで検討しながら出動していただくということになろうかと思います。


○議長(高牟禮宏邦君)  しばらく休憩します。


                    休憩 午後 四時二十一分


                    開議 午後 四時 三十分


○議長(高牟禮宏邦君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に十四番外園三千男議員の発言を許します。


○十四番(外園三千男君)  それでは、質疑をさせていただきますけれども、まず、平成二十年度の施政方針からお伺いをいたします。


 一ページの中ほどから少し下になると思いますが、「この結果、基金が即座に枯渇し、予算編成が困難になるという危機的な状況は当面回避することができました」ということでありますが、これは、どういうことをお考えになってといいますか、分析されて、こういう表現になっているのでしょうか。


○市長(宮?道公君)  ただいまの質疑に対しましては、財政課長をして詳しく答弁いたさせます。


○財政課長(上加世田章人君)  えびの市は、平成十四年度から財政改革で本格的に取り組んできたところでございます。平成十四年度には、財政健全化実施計画、平成十六年度からは、緊急財政改革推進計画、そして現在は、第四次行政改革推進計画に基づきまして、集中改革プラン及び第二次財政改革推進計画を実施中でございます。


 国が示しました類似の財政構造改革、特に、三位一体改革によりまして、普通交付税が激減する中、財政計画を推進することによりまして、市役所の組織のスリム化、事務事業の見直し等を行ってきたところでございます。その結果、十九年度末の財政効果の見込み額といたしましては、累積効果で約三十八億四千万程度の効果が出るものと、ただいま考えております。


 また、特にその中でも地方債残高の縮減、あるいは単年度の公債費の抑制が図られたことにより、また財政健全化を進めまして、財政調整基金の組み立てを行いまして、即座に平成十六年緊急財政改革推進計画を策定した時点におきましては、平成十八年度には、基金が枯渇し、予算編成が厳しいものと考えておりましたけれども、現在、平成二十年度予算を編成いたしまして、基金を一定額保有できるという状況になりましたので、「当面は」という表現ではございますけれども、危機的な状況を脱したというふうに考えているところでございます。


○十四番(外園三千男君)  よくわかりましたが、努力に努力を重ねていただいてこういう形になったと思うんですが。この当面の回避というのは、大体見通しとしては、どの辺までを当面の回避として見ておられるのでしょうか。今回はこういう形で出しておられるんですけれども、二十一年度からは、どんどん交付税の措置とかそういうのが、その辺はどうなるんでしょうか。


○財政課長(上加世田章人君)  平成二十年度以降の財政見通しということになろうかと思います。平成二十年度以降の財政見通しにつきましては、現在、三位一体改革等の類似の交付税改革の結果、生じた地方交付税の減額分の復元を、地方が強く求めてきたところでございます。


 その結果、平成二十年度から地方再生対策費が創設されることになりました。この分につきましては、普通交付税の増加要因としてとらえているところでございます。また一方、国は歳出歳入一体改革という従来の国・地方を合わせた財政改革を行うという方針は堅持しているところでございます。


 したがいまして、平成二十年度の地方財政計画では、普通交付税が、出口ベースで一・三%の増、臨時財政対策債がマイナス六・三%という数字が示されたところでございますけれども、この地方再生対策費を除きます部分につきましては、七年連続して減少につながっているところでございます。


 したがいまして、今後は地方再生対策費の増加分と歳出歳入一体改革によります一般財源の減少分の二つの構図に財政状況がなるのではないかというふうに考えております。この地方再生対策費につきましては、二十一年度以降につきましては、まだ不透明な状況ではございますけれども、これは地方の税財源の偏在分を財源としております。したがいまして、地方再生対策費は、今後はこの額を維持していくのが、見込むのが妥当ではないかと考えております。


 そこで、歳出歳入一体改革分の減少分がございますので、やはり地方の財政状況は厳しいと考えておりますので、これからも財政改革を進めまして、財源の捻出を図っていかなければならないという状況にかわりはないものと考えております。


○十四番(外園三千男君)  はい、わかりました。決して安心できる財政ではないということですよね。


 次に行きますが、施政方針の中で、自分の所管になりますが、少しお聞きします。


 まず、三ページの下から三、四行目になると思いますが、新規就農者対策として、平成二十年度に、新規就農支援事業補助金を新設いたしますということですが、内容を見ると三十六万円ほど組んでありますが、これは内容的には、どういうことを考えてされていくのか。


○畜産農林課長(伊藤保也君)  新規就農の支援事業につきましては、原則として五十五歳以下の方が、就農するために、その前段となる研修に行った場合に、六カ月以上一年以内を四分の一補助するものでございますが、それぞれJA、それから法人等も出しまして、生活費が主になりますけれども、月に十二万円程度の生活費を市町村が四分の一補助するものでございます。


○十四番(外園三千男君)  次に、六ページの下から十三行目あたりになると思いますが、母子保健事業で妊婦健康診査公費負担をふやすということで、出産、子育て支援の充実に努めてまいりますということで、先ほども質疑があったわけですが、これは、従来、妊産婦の健診は何回あったんでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  今年度までは、二回の公費負担を行っておるところでございます。


○十四番(外園三千男君)  今回からは、何回になるんでしょうか。


○健康保険課長(竹下京一君)  平成二十年度からは、五回の公費負担を考えておるところでございます。


○十四番(外園三千男君)  これについては、私はよくしていただいたと思っています。宮崎県でも各市町村ありますけれども、普通大体二回なんですね。これが五回にしていただいたということに対しては、そんなにないんですね、何市町村かぐらいしかありません。これは、本当にありがとうございました、お礼を言います。これはぜひ、今後も回数がふえるように、そして長続きさせていただけるように、お願いいたします。


 次に、議案第七号のえびの市青少年問題協議会設置条例の一部改正についてということで、先ほども協議会等を構成しているメンバーがかわるということでいろいろありました。これが。(発言する者あり)


 平成二十年度の一般会計予算書について御質問させていただきたいと思います。


 まず、この詳細に入る前に、二十年度の当初予算の編成に当たって、二十年度予算要求額は、幾らぐらいあったでしょうか。


○財政課長(上加世田章人君)  二十年度予算編成作業におけます各所管課からの要求額につきましては、歳入が八十四億九千三十六万四千円でございます。歳出が九十七億六千百七十二万六千円でございます。


○十四番(外園三千男君)  これで事業として、九十七億六千百七十二万六千円が要求だったと。その不足する分に対しては、財調からまた出されたと思うんですが、そこでこの出された予算額に対して、九十三億九千万になっていますね、これでいくと、かなり差が四億ぐらいありますね。この部分の事業については、どのように今後、予算化されていきますか。


○財政課長(上加世田章人君)  予算査定の段階におきまして、予算編成方針を基本といたしまして、予算査定を行っているところでございます。中でも、えびの市の財政状況を考えますときに、その事業の緊急度、優先度あるいは必要性等を十分考慮しながらの予算編成作業となるところでございます。


 したがいまして、事業内容におきまして、翌年度以降に対応できるものもございましたので、そういうものにつきましては、今回、予算計上はしなかったところでございます。また、そのようなものにつきましては、来年度の予算編成の段階で、また各担当課が事業内容を精査いたしまして、予算要求し、財源の状況を見ながら判断することになるかと考えております。


○十四番(外園三千男君)  これは結局は、九十七億の予算要求があって、九十三億九千万にしたと。結局は、この中には緊急度、必要度ということですかね、などを加味したら、今回の当初予算には当てはまらなかったという考え方でいいですか。


○財政課長(上加世田章人君)  一番考慮しなければいけないのは、財源の見通しでございます。当初予算段階で普通交付税を初め、現時点で見込める額をもとに、歳入を見積もっておりますので、そういった全体の収支を見る中での予算編成にならざるを得ないというふうに考えております。


○十四番(外園三千男君)  大体はわかりましたが、この予算要求に当たっては、二十年度の予算要求については、いつも抑制、抑制ということで、削減されてきているわけですが、二十年度の予算編成に当たっては、十九年度を一〇〇%としたときに、どのくらい削減をされての予算組みになっているものですか。


○財政課長(上加世田章人君)  二十年度の当初予算につきましては、九十三億九千万円でお願いをいたしておるところでございます。前年度が、九十七億九千九百万円でございましたので、対前年度四・二%というふうになっております。


 この要因を若干申し上げますと、歳出面で人件費が一億二千六百八十四万三千円、扶助費が三千八百三十万二千円、公債費が千七百九十二万一千円の減となりまして、義務的経費につきましては、一億八千三百六万六千円の減となったところでございます。


 また、昨年度の事業の中で、災害復旧事業の十八年度の災害でございますが。過年災分が、二億三千五百七十三万円減少しております。また水道事業会計出資金が十九年度まででございましたので、これが三千八百三十七万九千円。あと、選挙費でございますけれども、昨年度は参議院、県議選、市議会議員選等がございました。そういった経費が、ことしは農業委員会選挙が予定されておりますが、約五千六百万ほど減額となっております。そういった昨年度、特別に予算化しなければいけなかったものが、大幅に減少いたしましたことと、先ほどの義務的経費が減少したことによりまして、対前年度比が下がっているというふうに分析しております。


○議長(高牟禮宏邦君)  答弁の訂正がありますので、農村整備課長の発言を許します。農村整備課長。


○農村整備課長(境田次男君)  大変申しわけございませんけれども、先ほどの西原政文議員さんの施政方針三ページの一番下の西諸畑かん事業の質疑の中での一日当たりの水使用料が決まっているのかという御質疑につきまして、私が、「全体的な計画の中でまだない」というふうに御答弁をいたしたところです。そこのところを申しわけありませんけれども、「全体計画の中で、市内に七カ所のファームポンドをつくって、九地区六百三十ヘクタールに水を配る予定であり、一時間当たり約千四百トンの水をファームポンドの七カ所に運ぶ予定ということで、現在のところお聞きしております」に訂正方をお願いいたします。


○議長(高牟禮宏邦君)  お諮りいたします。本日の会議は、この程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(高牟禮宏邦君)  御異議なしと認めます。よって、本日はこれをもって延会することに決定いたしました。


 次の本会議は、十日午前十時から開き、議案等に対する質疑を続行します。


 本日はこれをもって、延会いたします。


                    延会 午後 四時五十七分