議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 えびの市

平成19年 6月定例会(第 1号 6月 1日) 開会




平成19年 6月定例会(第 1号 6月 1日) 開会





 



                        平成十九年六月一日 午前十時開会





第  一 会議録署名議員の指名


第  二 会期の決定


第  三 報告第  二号 専決処分したえびの市税条例の一部を改正する条例の承認に


             ついて


第  四 報告第  三号 専決処分したえびの市国民健康保険税条例の一部を改正する


             条例の承認について


第  五 報告第  四号 専決処分の報告について


第  六 報告第  五号 継続費繰越計算書について


第  七 報告第  六号 繰越明許費繰越計算書について


第  八 議案第四十三号 動産の買入れについて


第  九 議案第四十四号 宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数


             の減少について


第 十  議案第四十五号 えびの市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


             関する条例の一部改正について


第 十一 議案第四十六号 えびの市使用料及び手数料条例の一部改正について


第 十二 議案第四十七号 えびの市寡婦医療費助成に関する条例の一部改正について


第 十三 議案第四十八号 えびの市国際交流センターの設置及び管理に関する条例の一


             部改正について


第 十四 議案第四十九号 えびの市固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につ


             いて


第 十五 議案第五十 号 えびの市土地開発基金条例の廃止について


第 十六 議案第五十一号 平成十九年度一般会計予算の補正について


第 十七 議案第五十二号 平成十九年度老人保健特別会計予算の補正について


第 十八 議案第五十三号 平成十九年度介護保険特別会計予算の補正について


第 十九 議案第五十四号 平成十九年度観光特別会計予算の補正について





          本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件





   一 会議録署名議員の指名


   二 会期の決定


   三 報告第  二号 専決処分したえびの市税条例の一部を改正する条例の承認に


             ついて


   四 報告第  三号 専決処分したえびの市国民健康保険税条例の一部を改正する


             条例の承認について


   五 報告第  四号 専決処分の報告について


   六 報告第  五号 継続費繰越計算書について


   七 報告第  六号 繰越明許費繰越計算書について


   八 議案第四十三号 動産の買入れについて


   九 議案第四十四号 宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数


             の減少について


  十  議案第四十五号 えびの市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


             関する条例の一部改正について


  十一 議案第四十六号 えびの市使用料及び手数料条例の一部改正について


  十二 議案第四十七号 えびの市寡婦医療費助成に関する条例の一部改正について


  十三 議案第四十八号 えびの市国際交流センターの設置及び管理に関する条例の一


             部改正について


  十四 議案第四十九号 えびの市固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につ


             いて


  十五 議案第五十 号 えびの市土地開発基金条例の廃止について


  十六 議案第五十一号 平成十九年度一般会計予算の補正について


  十七 議案第五十二号 平成十九年度老人保健特別会計予算の補正について


  十八 議案第五十三号 平成十九年度介護保険特別会計予算の補正について


  十九 議案第五十四号 平成十九年度観光特別会計予算の補正について





出 席 議 員(十九名)


     一番   宮 崎 和 宏  君    一一番   押 川 秀 齢  君


     二番   西 原 義 文  君    一二番   高牟禮 宏 邦  君


     三番   谷 口   勲  君    一三番   中 間 從 郎  君


     四番   栗 下 軍 治  君    一四番   宮 野 重 敏  君


     五番   外 園 秀 雄  君    一五番   外 園 三千男  君


     六番   村 岡 隆 明  君    一六番   栗 下 政 雄  君


     七番   西 原 政 文  君    一七番   宮 浦 佳 紀  君


     八番   井川原 志庫男  君    一八番   有 馬 正 雪  君


     九番   溝 辺 一 男  君    一九番   蕨 南 善 之  君


    一〇番   蔵 園 晴 美  君





欠 席 議 員(なし)





議会事務局職員出席者


  事務局長    柳 田 和 幸 君    議事運営係   西 原 邦 浩 君


  事務局次長   福 田 孝 正 君    議事運営係   篠 原 亜矢子 君


  議事運営係長  萩 原 博 幸 君





地方自治法第一二一条による説明のための出席を求められた者


 市   長  宮 ? 道 公 君  学校教育課長      山 下 寿 男 君


 副 市 長  冨 岡   務 君  社会教育課長      白 坂 良 二 君


 教 育 長  上 野 兼 寛 君  財産管理課長      若 松 秀 一 君


 総務課長   坂 本 謙太郎 君  福祉事務所長      浜 松 政 弘 君


 企画政策課長 小 崎 久美子 君  健康保険課長      竹 下 京 一 君


 行政管理課長 木 村 政 一 君  環境業務課長      下別府 敏 則 君


 財政課長   上加世田 章人 君  観光商工課長      松 永 康 二 君


 建設課長   新屋敷   久 君  税務課長        藤 嶋   勉 君


 畜産農林課長 伊 藤 保 也 君  市民課長        西 田   健 君


 農村整備課長 境 田 次 男 君  選挙管理委員会事務局長 今 村 隆 一 君


                   会計管理者       泊   秀 智 君





                    開会 午前 十時  〇分


○議長(宮崎和宏君)  ただいまから、平成十九年六月えびの市議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は全員で定足数に達しております。


 よって、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の会議は、お手元に配付いたしております議事日程第一号によって進めます。


 この際、諸般の報告をいたします。


 監査委員から、平成十九年三月二十九日付え監発第百二十号及び平成十九年四月二十五日付え監発第十六号をもって例月現金出納検査結果報告書が提出されましたので、閉会中各議員に配付いたしておきましたから御了承願います。


 また、地方自治法第二百四十三条の三第二項の規定により、えびの市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出がありました。この書類については、議案書などと一緒にお手元に配付いたしておりますので御了承願います。


 これより、本日の日程に入ります。


 日程第一、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第八十一条の規定より、議長において、八番井川原志庫男議員、十二番高牟禮宏邦議員及び十三番中間從郎議員の三名を指名いたします。


 日程第二、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の日程は、お手元に配付いたしております会期日程案のとおり、本日から二十七日までの二十七日間とする旨、議会運営委員長から報告がありました。


 お諮りいたします。


 議会運営委員長から報告のとおり、今期定例会の会期は二十七日間とすることに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(宮崎和宏君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、議会運営委員長から報告のとおり、本日から二十七日間とすることに決定いたしました。


 日程第三、報告第二号専決処分したえびの市税条例の一部を改正する条例の承認についてから、日程第七、報告第六号繰越明許費繰越計算書についてまで、日程第八、議案第四十三号動産の買入れについてから、日程第十九、議案第五十四号平成十九年度観光特別会計予算の補正についてまで、以上一括議題といたします。


 市長から、提案理由の説明を求めます。宮?市長。


○市長(宮?道公君)  皆さん、おはようございます。


 平成十九年六月定例会に提案いたします議案の提案理由説明をさせていただきます。


 報告第二号について、御説明申し上げます。


 地方税法の一部を改正する法律(平成十九年法律第四号)が平成十九年三月三十日に公布され、同年四月一日から施行されることになりました。


 これに伴い、えびの市税条例の一部を改正する必要が生じましたが、議会の議決すべき事件について特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認め、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をしましたので、同条第三項の規定により、これを報告し、議会の承認を求めるものであります。


 今回の改正の主なものは、?住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減額措置の創設、?鉄軌道用地の評価方法の変更、?たばこ税の特例税率を廃止し、当該税率を本則税率とする、?保険料に係る個人の市民税の課税特例の創設などであります。


 報告第三号について、御説明申し上げます。


 地方税法施行令の一部を改正する政令の規定による要件を備えるためのえびの市国民健康保険税条例の一部改正については、同改正政令が平成十九年三月三十日の公布、平成十九年四月一日施行であったため、議会の議決すべき事件について特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認め、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をしましたので、同条第三項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。


 内容につきましては、国民健康保険税の基礎課税の限度額を「五十三万円」から「五十六万円」に引き上げるものであります。


 報告第四号について、御説明申し上げます。


 平成十九年四月二十六日木曜日午後三時ごろ、建設課職員木村美生が土木作業時にえびの市大字浦三六五番地の五七、宮本哲夫さん所有の引込線(電線)を誤って、公用車ダンプ積載部分に接触させる物損事故を起こしました。


 今回の事故については、過失割合市一〇〇%、相手方〇%の判定に基づき示談が成立し、損害賠償額が決定しましたので、地方自治法第百八十条第一項の規定より専決処分いたしました。


 よって、同条第二項の規定により報告するものであります。


 報告第五号について、御説明申し上げます。


 平成十八年度予算から継続費として平成十九年度へ逓次繰越を行った市勢要覧作成事業に係る繰越計算書を地方自治法施行令第百四十五条第一項の規定により、報告するものであります。


 報告第六号について、御説明申し上げます。


 平成十八年度予算から繰越明許費として平成十九年度へ繰り越した治山事業ほか三事業に係る繰越計算書を地方自治法施行令第百四十六条第二項の規定により、報告するものであります。


 議案第四十三号について、御説明申し上げます。


 小型動力ポンプ付積載車の購入に当たり、えびの市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第三条の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 議案第四十四号について、御説明申し上げます。


 さきの平成十八年十二月定例会において、「宮崎県後期高齢者医療広域連合の設立について」の議案で、標記広域連合を設立するため議決をいただき、平成十九年三月三十日に標記広域連合が設立されましたが、その後、延岡市と北川町が平成十九年三月三十一日合併をいたしました。


 よって、「市町村の合併の特例等に関する法律」第十四条の規定により、関係市町村が合併した場合は、合併の日から起算して六月を経過しない期間は、当該広域連合の事務を行うものとされ、その後は、地方自治法第二百九十一条の三の規定により、当該広域連合を組織する地方公共団体の数の減少があった場合においては、当該広域連合を組織する地方公共団体の協議によりこれを定め、県知事の許可を受けなければならないため、地方自治法第二百九十一条の十一の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 議案第四十五号について、御説明申し上げます。


 最近における公務員給与の改定、物価の変動及び地方公共団体における選挙執行の状況等を踏まえ、関係基準額等について、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律が改正されたことに伴い、えびの市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものであります。


 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部改正法は、平成十九年三月三十一日に公布、施行されております。


 議案第四十六号について、御説明申し上げます。


 えびの市鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行細則で従前の「鳥獣飼養許可証」を「鳥獣飼養登録票」に改めたため、えびの市使用料及び手数料条例の鳥獣保護関係の中の「鳥獣飼養許可証」を「鳥獣飼養登録票」に改めるものであります。


 議案第四十七号について、御説明申し上げます。


 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律(平成十八年法律第百六号)が公布され、平成十九年四月一日より施行されたことに伴い、本条例についても一部改正を行う必要があるため、「えびの市寡婦医療費助成に関する条例」の改正をお願いするものであります。


 議案第四十八号について、御説明申し上げます。


 使用料の減免対象として掲げている「えびの市留学生支援連絡協議会」が平成十九年四月一日より「えびの市留学生交流推進協議会」として新たに発足したことに伴い、条例中の名称を改めるものであります。


 議案第四十九号について、御説明申し上げます。


 本案は、所得税法等の一部を改正する法律(平成十九年法律第六号)による租税特別措置法の一部改正が平成十九年三月三十日に公布、同年四月一日から施行され、あわせて過疎地域自立促進特別措置法第三十一条の地方税の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部が改正されたことに伴い、引用条項の整備が必要となりましたので、えびの市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正するものであります。


 議案第五十号について、御説明申し上げます。


 えびの市土地開発基金条例は、昭和四十五年に制定以来、各種公共用地等の先行取得や土地開発公社への貸付事業により、公共施設等の整備に多大な貢献をしてきました。


 しかし、かつての需要の多い時期は、高い機動性により有効な用地先行取得の手段でありましたが、平成十年以降の取得活動もなく休眠状態であります。


 このような状況の中、えびの市土地開発基金は、所有する十カ所の長期保有土地を解消する必要があり、今後も具体的な活動は見出せない状況であります。


 よって、えびの市土地開発基金の積極的な役割は終えたものと判断し、えびの市土地開発基金を廃止するものであります。


 議案第五十一号について、御説明申し上げます。


 平成十九年度一般会計予算の補正につきましては、歳入歳出それぞれ五億五千三百二十七万一千円を追加し、補正後の予算総額は、百三億五千二百二十七万一千円となります。


 歳出の主なものは、総務費には、土地購入費、財政調整基金積立金、公共施設等整備基金積立金、農林水産業費には、強い農業づくり交付金事業補助金、教育費には、小中高一貫教育カリキュラム編成委員報償金等であります。


 財源は、使用料及び手数料、県支出金、財産収入、繰入金、諸収入であります。


 なお、債務負担行為につきましては、農業経営基盤強化(スーパーL)資金利子助成補助をお願いするものであります。


 議案第五十二号について、御説明申し上げます。


 平成十九年度老人保健特別会計予算の補正につきましては、一千七十九万九千円を追加し、予算総額は、歳入歳出それぞれ三十五億百四万一千円となります。


 歳入につきましては、平成十八年度交付された支払基金交付金に対する償還金の財源として、繰越金見込額の一部一千七十九万九千円であります。


 歳出につきましては、前述の償還金として、歳入と同額の一千七十九万九千円であります。


 議案第五十三号について、御説明申し上げます。


 保険事業勘定につきましては、百七十五万六千円を追加し、歳入歳出それぞれ二十五億六千七百七十九万三千円、介護サービス事業勘定につきましては、十万五千円を追加し、歳入歳出それぞれ一千四百五十万七千円で、介護保険特別会計総額で百八十六万一千円を追加し、歳入歳出それぞれ二十五億八千二百三十万円となります。


 保険事業勘定の歳入につきましては、一般会計繰入金百七十五万六千円の増額であります。


 歳出につきましては、総務費百六十五万一千円、諸支出金十万五千円の増額をお願いするものであります。


 介護サービス事業勘定の歳入につきましては、保険事業勘定繰入金十万五千円の増額であります。歳出につきましては、総務費十万五千円の増額をお願いするものであります。


 議案第五十四号について、御説明申し上げます。


 平成十九年度観光特別会計予算の補正につきましては、十七万二千円を追加し、予算総額は歳入歳出それぞれ三千五百四十七万九千円となります。


 歳入につきましては、基金繰入金十七万二千円の増額を計上いたしました。


 歳出につきましては、平成十八年消費税確定額が増加の見込みであることから、公課費十七万二千円の増額を計上いたしました。


 以上、御提案申し上げましたが、何とぞ御賛同賜りますようにお願いをいたします。


○議長(宮崎和宏君)  説明が終わりました。


 ただいまより、議案第四十三号についての質疑を行います。


 質疑通告のため、そのまま休憩いたします。


                    休憩 午前 十時二十三分


                    開議 午前 十時二十四分


○議長(宮崎和宏君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 質疑の通告はありません。


 以上で質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、議題となっています議案第四十三号については、会議規則第三十六条第二項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(宮崎和宏君)  御異議なしと認めます。


 よって、本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(宮崎和宏君)  討論なしと認めます。


 以上で討論を終結いたします。


 これより採決に入ります。


 議案第四十三号動産の買入れについては、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(宮崎和宏君)  御異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 以上で本日の日程は、全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 四日から八日までは、諸般の都合により、休会といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(宮崎和宏君)  御異議なしと認めます。


 よって、四日から八日までは休会することに決定いたしました。


 次の本会議は、十一日午前十時から開き、議案等に対する質疑を行います。


 本日は、これをもって散会いたします。


                    散会 午前 十時二十六分