議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 西都市

平成26年  5月 臨時会(第2回) 05月01日−01号




平成26年  5月 臨時会(第2回) − 05月01日−01号









平成26年  5月 臨時会(第2回)



         平成26年第2回西都市議会(臨時会)

●会期並びに審議経過

                         5月1日 (1日間)



月日

種別
内容


5月1日

本会議
開会
仮議席の指定
議長の選挙
副議長の選挙
議席の指定
会議録署名議員の指名
会期の決定
議員提出議案(第5号)上程
提案理由説明
議員提出議案(第5号)質疑・委員会付託省略・討論・採決
常任委員の選任
議会運営委員の選任
西都児湯環境整備事務組合議会議員の選挙
一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選挙
特別委員会の設置
常任委員会への付託について
議案(第53号〜第57号)及び報告(第1号)上程
提案理由及び趣旨説明
議案(第53号〜第57号)及び報告(第1号)質疑・委員会付託省略・討論・採決
※報告(第1号)終了
議案(第58号)上程
提案理由説明
議案(第58号)質疑・委員会付託省略・討論・採決
常任委員会の所管事務調査について
議会運営委員会の所管事務調査について
閉会



●付議事件並びに審議結果

〔議員提出議案〕



議案番号
件名
議決月日
審議結果


議案第5号
西都市議会委員会条例の一部改正について
5月1日
原案可決



〔市長提出議案〕



議案番号
件名
議決月日
審議結果


議案第53号
専決処分の承認を求めることについて
5月1日
承認


議案第54号
専決処分の承認を求めることについて




議案第55号
専決処分の承認を求めることについて




議案第56号
固定資産評価員の選任について

同意


議案第57号
平成26年度西都市一般会計予算補正(第2号)について

原案可決


議案第58号
監査委員の選任について

同意



〔報告〕



議案番号
件名
議決月日
審議結果


報告第1号
専決処分の報告について
5月1日
終了



             平成26年5月1日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議事日程(第1号)

                      平成26年5月1日(木曜日)

                           午前10時00分開議

第1 議長の選挙

第2 副議長の選挙

第3 議席の指定

第4 会議録署名議員の指名

第5 会期の決定

第6 常任委員の選任

第7 議会運営委員の選任

第8 西都児湯環境整備事務組合議会議員の選挙

第9 一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選挙

第10 特別委員会の設置

第11 常任委員会への付託について

第12 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて

第13 議案第54号 専決処分の承認を求めることについて

第14 議案第55号 専決処分の承認を求めることについて

第15 議案第56号 固定資産評価員の選任について

第16 議案第57号 平成25年度西都市一般会計予算補正(第2号)について

第17 報告第1号 専決処分の報告について

第18 議案第58号 監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●本日の会議に付した事件

 議事日程(第1号)に同じ

 議員提出議案第5号 西都市議会委員会条例の一部改正について

 常任委員会の所管事務調査について

 議会運営委員会の所管事務調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(18名)

       1番  井上久昭君    2番  曽我部貴博君

       3番  楠瀬寿彦君    4番  岩切一夫君

       5番  恒吉政憲君    6番  荒川昭英君

       7番  太田寛文君    8番  田爪淑子君

       9番  荒川敏満君    10番  中武邦美君

       11番  兼松道男君    12番  北岡四郎君

       13番  井上 司君    14番  中野 勝君

       15番  河野方州君    16番  黒木正善君

       17番  狩野保夫君    18番  黒木吉彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●当局出席者

市長        橋田和実君   副市長       三輪公洋君

総務課長      大西秀邦君   財政課長      阿萬 浩君

総合政策課長    中武久充君   危機管理課長    冨山喜市君

市民協働推進課長  浜砂 磐君   税務課長      鈴木俊文君

商工観光課長    吉野弘人君   スポーツ振興課長  橋口智俊君

建設課長      横山真一君   建築住宅課長    清  隆君

農政課長      大坪立芳君   農地林政課長    緒方一男君

生活環境課長    藤代武司君   市民課長      黒木政博君

健康管理課長    大西良和君   地域医療対策室長  中武康哲君

会計管理者     甲斐祐子君   福祉事務所長    渡邊 敏君

上下水道課長    児玉宗聖君   教育長       竹之下 悟君

教育政策課長    黒木郁夫君   社会教育課長    大河内敏雄君

監査委員      神田 守君   監査事務局長    今井愛子君

農業委員会会長   緒方一美君   農業委員会事務局長 本部定澄君

消防長       川崎貞生君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会事務局出席者

事務局長      片岡昌宏君   事務局次長     中武資貴君

議事係長      江川知成君   議事係       橋口 慎君

議事係       杉尾博之君

                          午前10時00分 開会



△臨時議長の紹介



◎事務局長(片岡昌宏君) 本日は一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定に基づきまして、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、河野方州議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。

 河野方州議員、議長席にお着きをお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(河野方州君) ただいま御紹介いただきました河野方州でございます。

 地方自治法第107条の規定により臨時に議長の職を行います。どうぞよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(河野方州君) これより平成26年第2回西都市議会臨時議会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第1号によって進めることにいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△仮議席の指定



○臨時議長(河野方州君) この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。

 仮議席はただいま御着席の議席を指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○臨時議長(河野方州君) 日程第1、これより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○臨時議長(河野方州君) ただいまの出席議員は18名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○臨時議長(河野方州君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(河野方州君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○臨時議長(河野方州君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

     (事務局長点呼・投票)



◎事務局長(片岡昌宏君) それでは点呼いたします。

 1番曽我部貴博君、2番楠瀬寿彦君、3番岩切一夫君、4番恒吉政憲君、5番荒川昭英君、6番太田寛文君、7番田爪淑子君、8番荒川敏満君、9番黒木吉彦君、10番中武邦美君、11番兼松道男君、12番北岡四郎君、13番井上司君、14番中野勝君、15番井上久昭君、17番黒木正善君、18番狩野保夫君、16番河野方州君。

 以上であります。



○臨時議長(河野方州君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(河野方州君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○臨時議長(河野方州君) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に荒川敏満君並びに黒木吉彦君を指名いたします。よって、両君の立ち会いを願います。

     (開票)



○臨時議長(河野方州君) 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票14票、無効投票4票。

 有効投票中、井上久昭君14票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であります。よって、井上久昭君が議長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△当選の告知



○臨時議長(河野方州君) ただいま議長に当選されました井上久昭君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長挨拶



○臨時議長(河野方州君) それでは、井上久昭議長には御登壇の上、御挨拶を願います。



○議長(井上久昭君) (登壇)ただいま議長に当選をさせていただいた井上でございます。

 これからは市民の皆様方の福祉向上に向けて、一同の皆さん方とともに一生懸命努力してまいりたい、そのように考えておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。(降壇)



○臨時議長(河野方州君) 以上をもちまして、臨時議長の職務を全て終了いたしました。

 議長、議長席にお着きを願います。

 暫時休憩いたします。

                          午前10時12分 休憩

                          午前10時14分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(井上久昭君) 日程第2、これより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(井上久昭君) ただいまの出席議員は18名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○議長(井上久昭君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(井上久昭君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

     (事務局長点呼・投票)



◎事務局長(片岡昌宏君) それでは点呼を行います。

 1番曽我部貴博君、2番楠瀬寿彦君、3番岩切一夫君、4番恒吉政憲君、5番荒川昭英君、6番太田寛文君、7番田爪淑子君、8番荒川敏満君、9番黒木吉彦君、10番中武邦美君、11番兼松道男君、12番北岡四郎君、13番井上司君、14番中野勝君、16番河野方州君、17番黒木正善君、18番狩野保夫君、15番井上久昭君。

 以上であります。



○議長(井上久昭君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(井上久昭君) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田爪淑子君並びに中武邦美君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(井上久昭君) 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票13票、無効投票5票。

 有効投票中、黒木吉彦君13票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であります。よって、黒木吉彦君が副議長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△当選の告知



○議長(井上久昭君) ただいま副議長に当選されました黒木吉彦君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長挨拶



○議長(井上久昭君) それでは、副議長には御登壇の上、御挨拶をお願いいたします。



◆副議長(黒木吉彦君) (登壇)議員の皆様から支持をいただきまして、このたび副議長に当選させていただきました黒木吉彦でございます。

 副議長という大役を仰せつかり大変光栄に思っているところでありますが、責任の重大さを痛感しているところであります。これから井上久昭議長を補佐するとともに、市民の皆様の意思を尊重し、開かれた議会をこれから目指していき、スムーズな議会運営ができるよう職務を全うしたいと考えております。

 皆様の御協力、御支援、そして御指導のほどよろしくお願いを申し上げ、就任の御挨拶とさせていただきます。よろしくお願いします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の指定



○議長(井上久昭君) 日程第3、議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。

 議員諸君の氏名と議席の番号を事務局長に朗読いたさせます。

(事務局長朗読)

 1番井上久昭君、2番曽我部貴博君、3番楠瀬寿彦君、4番岩切一夫君、5番恒吉政憲君、6番荒川昭英君、7番太田寛文君、8番田爪淑子君、9番荒川敏満君、10番中武邦美君、11番兼松道男君、12番北岡四郎君、13番井上司君、14番中野勝君、15番河野方州君、16番黒木正善君、17番狩野保夫君、18番黒木吉彦君。

 以上であります。



○議長(井上久昭君) ただいま朗読しましたとおり、議席を指定いたしました。

 それでは、ただいま指定いたしました議席にそれぞれお着きをお願いいたします。

 暫時休憩をいたします。

                          午前10時26分 休憩

                          午前10時36分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告



○議長(井上久昭君) この際、御報告をいたします。

 監査委員から、平成26年3月26日付で定期監査結果1件、並びに4月1日付で例月出納検査結果1件の報告があり、写しを自席に送付いたしておりますので、御了承願います。

 次に、このたび議会事務局の人事異動について御報告いたします。

 議会事務局長の蓑毛幸一君及び議事係の中武雅博君に市長部局への出向を命じました。

 また、市長部局から片岡昌宏君及び杉尾博之君が出向してまいりましたので、片岡昌宏君を議会事務局長に、杉尾博之君を議事係主任主事に任命いたしましたので御了解をお願いいたします。

 以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(井上久昭君) 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、7番太田寛文君並びに11番兼松道男君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(井上久昭君) 日程第5、会期の決定を議題といたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議員提出議案第5号)



○議長(井上久昭君) 12番北岡四郎君から所定の賛成を得て、議案の提出がありました。

 お諮りいたします。

 この際、議員提出議案第5号西都市議会委員会条例の一部改正についてを急施事件と認め、日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第5号)上程



○議長(井上久昭君) 議員提出議案第5号を議題といたします。

 まず、事務局長に朗読いたさせます。

 議案は自席に配付を終わっております。

(事務局長朗読)

 議員提出議案第5号

 西都市議会委員会条例の一部改正について

 標記のことについて、別紙のとおり会議規則第14条第1項の規定により提出いたします。

 平成26年5月1日

 西都市議会議長 井上久昭様

 提出者 西都市議会議員 北岡四郎

 賛成者    〃    荒川敏満

  〃     〃    兼松道男

  〃     〃    狩野保夫

  〃     〃    中野 勝

  〃     〃    田爪淑子

  〃     〃    荒川昭英

  〃     〃    恒吉政憲

  〃     〃    楠瀬寿彦

  〃     〃    曽我部貴博

(提案理由)

 議会運営委員会の委員定数を変更することに伴い、条例の一部を改正しようとするものである。



○議長(井上久昭君) 議案の朗読は省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(井上久昭君) 提出者に提案理由の説明を求めます。



◆12番(北岡四郎君) (登壇)議員提出議案第5号西都市議会委員会条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

 本案は、議会運営委員会の委員の定数を変更することに伴い、第4条議会運営委員会の設置について、同条第2項中「6人」を「5人」に改めるものであります。

 なお、附則についてでありますが、本条例の施行期日を公布の日からとするものであります。

 以上、簡単に御説明を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願いいたします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第5号)質疑



○議長(井上久昭君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第5号)委員会付託省略



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第5号については、会議規則第37条第3項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は常任委員会への付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上久昭君) これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上久昭君) これより議員提出議案第5号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

                          午前10時40分 休憩

                          午前10時41分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選任



○議長(井上久昭君) 日程第6、常任委員の選任を行います。

 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、井上久昭君、曽我部貴博君、楠瀬寿彦君、岩切一夫君、北岡四郎君、黒木正善君、以上6名を総務常任委員に、荒川昭英君、荒川敏満君、兼松道男君、河野方州君、狩野保夫君、黒木吉彦君、以上6名を文教厚生常任委員に、恒吉政憲君、太田寛文君、田爪淑子君、中武邦美君、井上司君、中野勝君、以上6名を産業建設常任委員に、以上のとおりそれぞれ指名いたします。

 直ちに別室において各常任委員会を開き、正副委員長を互選願います。

 暫時休憩いたします。

                          午前10時42分 休憩

                          午前10時52分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長の互選結果報告



○議長(井上久昭君) ただいま開催の各常任委員会において正副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。

 総務常任委員長に岩切一夫君、副委員長に黒木正善君。

 文教厚生常任委員長に荒川昭英君、副委員長に兼松道男君。

 産業建設常任委員長に中武邦美君、副委員長に恒吉政憲君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(井上久昭君) 日程第7、議会運営委員の選任を行います。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、岩切一夫君、太田寛文君、荒川敏満君、中武邦美君、北岡四郎君、以上5名を議会運営委員に指名いたします。

 直ちに別室において議会運営委員会を開き、正副委員長を互選願います。

 暫時休憩いたします。

                          午前10時53分 休憩

                          午前10時58分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長の互選結果報告



○議長(井上久昭君) ただいま開催の議会運営委員会において、正副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。

 委員長に北岡四郎君、副委員長に荒川敏満君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙の通知



○議長(井上久昭君) 市長から、西都児湯環境整備事務組合議会議員の選挙について通知を受けておりますので、事務局長に朗読いたさせます。

(事務局長朗読)

 平成26年4月16日

 西都市議会議長殿

 西都市長 橋田和実

 西都児湯環境整備事務組合議会議員の選任について

 このことについて、西都児湯環境整備事務組合規約第5条に基づく西都児湯環境整備事務組合議員を西都市議会議員から御選任いただきたいので、よろしくお願いいたします。

                記

 1.人数 2名

 2.任期 平成26年4月27日から平成30年4月26日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△西都児湯環境整備事務組合議会議員の選挙



○議長(井上久昭君) 日程第8、これより西都児湯環境整備事務組合議会議員の選挙を行います。

 議員の定数は、市議会議員のうちから選挙される議員2名であります。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(井上久昭君) ただいまの出席議員は18名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○議長(井上久昭君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(井上久昭君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 当選人の決定は、法定得票者の中から得票順に当選人2名を定めます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

     (事務局長点呼・投票)



◎事務局長(片岡昌宏君) それでは点呼を行います。

 2番曽我部貴博君、3番楠瀬寿彦君、4番岩切一夫君、5番恒吉政憲君、6番荒川昭英君、7番太田寛文君、8番田爪淑子君、9番荒川敏満君、10番中武邦美君、11番兼松道男君、12番北岡四郎君、13番井上司君、14番中野勝君、15番河野方州君、16番黒木正善君、17番狩野保夫君、18番黒木吉彦君、1番井上久昭君。

 以上であります。



○議長(井上久昭君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(井上久昭君) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に6番荒川昭英君並びに12番北岡四郎君を指名いたします。よって、両君の立ち会いを願います。

     (開票)



○議長(井上久昭君) 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票17票、無効投票1票。

 有効投票中、井上久昭君9票、荒川昭英君8票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は3票であります。よって、井上久昭君並びに荒川昭英君が西都児湯環境整備事務組合議会議員に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△当選の告知



○議長(井上久昭君) ただいま当選されました、井上久昭君並びに荒川昭英君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙の通知



○議長(井上久昭君) 次に、市長から一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選挙について通知を受けておりますので、事務局長に朗読いたさせます。

(事務局長朗読)

 平成26年4月21日

 西都市議会議長殿

 西都市長 橋田和実

 一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選出について

 このことについて、一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団規約第7条第1項の規定により、西都市議会議員から御選出していただきますようお願いします。

                記

 1.選出議員 1名

 2.任期 平成26年4月27日から平成30年4月26日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選挙



○議長(井上久昭君) 日程第9、これより一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員の選挙を行います。

 議員の定数は、市議会議員のうちから選挙される議員1名であります。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(井上久昭君) ただいまの出席議員は18名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○議長(井上久昭君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(井上久昭君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 当選人の決定は、法定得票者の中から得票順に当選人1名を定めます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

     (事務局長点呼・投票)



◎事務局長(片岡昌宏君) それでは点呼を行います。

 2番曽我部貴博君、3番楠瀬寿彦君、4番岩切一夫君、5番恒吉政憲君、6番荒川昭英君、7番太田寛文君、8番田爪淑子君、9番荒川敏満君、10番中武邦美君、11番兼松道男君、12番北岡四郎君、13番井上司君、14番中野勝君、15番河野方州君、16番黒木正善君、17番狩野保夫君、18番黒木吉彦君、1番井上久昭君。

 以上であります。



○議長(井上久昭君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(井上久昭君) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番恒吉政憲君並びに13番井上司君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(井上久昭君) 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票16票、無効投票2票。

 有効投票中、井上久昭君16票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であります。よって、井上久昭君が一ツ瀬川営農飲雑用水広域水道企業団議会議員に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△当選の告知



○議長(井上久昭君) ただいま当選されました井上久昭君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会の設置



○議長(井上久昭君) 日程第10、特別委員会の設置を議題といたします。

 お諮りいたします。

 新田原基地の騒音に伴う住宅防音工事助成区域拡大、告示後住宅の取り扱いの見直し及び安全運航対策並びに防音施設整備促進を図るため調査活動をすることを目的に新田原基地対策調査特別委員会を設置し、これに付託の上、6名の委員をもって構成することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、6名の委員をもって構成する新田原基地対策調査特別委員会を設置し、これに付託の上、調査活動をすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会の調査期限



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 ただいま設置されました特別委員会の調査期限は、平成27年3月末日とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員会の調査期限は平成27年3月末日とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会委員の選任



○議長(井上久昭君) ただいま設置されました特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、楠瀬寿彦君、恒吉政憲君、太田寛文君、兼松道男君、井上司君、河野方州君、以上6名を指名いたします。

 直ちに別室において委員会を開き、正副委員長を互選願います。

 暫時休憩をいたします。

                          午前11時21分 休憩

                          午前11時27分 開議



○議長(井上久昭君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長の互選結果報告



○議長(井上久昭君) ただいま開催の特別委員会において正副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。

 委員長に太田寛文君、副委員長に河野方州君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会への付託について



○議長(井上久昭君) 日程第11、常任委員会への付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 国県道の総合的な整備促進、高速道及びアクセス道路の早期整備並びに3市町村議会国道整備促進合同協議会への対応を図るため、産業建設常任委員会に付託の上、調査期限を平成28年4月26日までとし、閉会中も継続して調査活動を行うことといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件については産業建設常任委員会に付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案及び報告案件の送付通知



○議長(井上久昭君) 市長から議案及び報告案件の送付通知を受けておりますので、事務局長に朗読いたさせます。

 議案は自席に配付を終わっております。

(事務局長朗読)

 平成26年4月22日

 西都市議会議長 井上司様

 西都市長 橋田和実

 平成26年第2回西都市議会(臨時会)への議案及び報告案件の送付について

 平成26年第2回西都市議会(臨時会)に付議する下記の議案及び報告案件を別添のとおり送付します。

                記

 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて

 議案第54号 専決処分の承認を求めることについて

 議案第55号 専決処分の承認を求めることについて

 議案第56号 固定資産評価員の選任について

 議案第57号 平成26年度西都市一般会計予算補正(第2号)について

 議案第58号 監査委員の選任について

 報告第1号 専決処分の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第53号〜第57号)及び報告(第1号)上程



○議長(井上久昭君) 日程第12、議案第53号から日程第16、議案第57号までの議案5件及び日程第17、報告第1号を一括して議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由及び趣旨説明



○議長(井上久昭君) 市長に提案理由及び趣旨説明を求めます。



◎市長(橋田和実君) (登壇)本日、平成26年第2回西都市議会臨時会を招集いたしましたが、新しい議会構成後の初の議会でありますので、一言御挨拶を申し上げます。

 今回の選挙は大変厳しい選挙でありましたが、栄えある御当選を果たされました議員各位に対しまして、市民を代表して衷心からお喜びを申し上げ、今後の御活躍をお祈りいたします。

 では、本臨時会に提案いたしました議案6件及び報告案件1件のうち、まず議案5件の提案理由を申し上げます。

 議案第53号から議案第55号までの3件の議案は、いずれも地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したものであり、議会の承認を得ようとするものであります。

 まず、議案第53号専決処分の承認を求めることについてであります。

 本案は、地方税法等の一部が改正され、4月1日から施行されたことに伴い、西都市市税条例についてもこれを一部改正し4月1日から施行する必要があり、特に緊急を要しましたので専決処分したものであります。

 次に、議案第54号専決処分の承認を求めることについてであります。

 本案は、地方税法等の一部が改正され、4月1日から施行されたことに伴い、西都市国民健康保険税条例についてもこれを一部改正し4月1日から施行する必要があり、特に緊急を要しましたので専決処分したものであります。

 次に、議案第55号専決処分の承認を求めることについてであります。

 本案は、特別交付税及び市債の決定などに伴い、緊急に予算補正の必要が生じましたので専決処分したものであります。

 歳入につきまして主なものは、地方消費税交付金1,942万3,000円、特別交付税5億1,117万9,000円を増額補正し、国庫支出金7,006万9,000円、県支出金4,475万7,000円、市債6,510万円を減額補正したものであります。

 歳出につきましては、総務費に公共施設整備等基金積立金など2億2,226万3,000円、衛生費に環境整備事業基金積立金3億3,284万2,000円を増額補正し、災害復旧費から道路橋梁災害復旧事業費など1億9,027万8,000円を減額補正したものであります。

 これにより、歳入歳出それぞれ3億6,482万7,000円を増額補正し、一般会計予算規模は166億1,923万7,000円となります。

 次に、議案第56号固定資産評価員の選任についてであります。

 御承知のとおり、固定資産評価員は固定資産を適正に評価し、市長が行う価格の決定を補助するため設置するものでありまして、専門的な知識を必要とすることから、従来、税務担当課長をこの職に充てているところであります。したがいまして、先般の職員定期異動により新たに税務課長になりました鈴木俊文君を今回固定資産評価員に選任することについて、議会の同意を得ようとするものであります。

 次に、議案第57号平成26年度西都市一般会計予算補正(第2号)についてであります。

 本案は、葉たばこ乾燥施設の増設に伴う葉たばこ生産振興対策事業補助金として、農林水産業費に300万円を増額補正しようとするものであります。

 これにより、一般会計予算規模は166億3,139万8,000円となります。

 最後に報告案件についてであります。

 報告第1号は専決処分の報告でありますが、平成26年2月26日に西都市有吉町において発生した事故に関する和解及び損害賠償の額の決定についてであり、地方自治法第180条第1項の規定により専決し、同条第2項の規定により議会に報告するものであります。

 以上、本臨時会に提案しました6件の議案のうち、5件の提案理由と1件の報告案件趣旨説明を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願いいたします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第53号〜第57号)質疑



○議長(井上久昭君) これより質疑に入ります。

 まず、議案第53号について質疑はありませんか。



◆17番(狩野保夫君) 2点お伺いをしておきたいと思います。

 今回の改正内容を見ますといろいろあるようでありますので、一審議で議決されるということもありますので、今回の改正の概要と、今回の改正によって市民への具体的な影響、いわゆるプラス面、マイナス面があれば、この際伺っておきたいと思います。

 2点目は、地方税法の改正では、自家用軽自動車に課せられる軽自動車税等の引き上げ改正が決定をされているようでありますけれども、今回の改正案を見ますとそれが提案されておりませんけれども、このことについてはどのように対応されるのか伺っておきたいというふうに思います。

 以上、2点よろしくお願いします。



◎税務課長(鈴木俊文君) お答えいたします。

 まず、今回の改正の概要でありますが、個人の市民税に関しては、肉用牛の売却による事業所得に係る課税の特例、いわゆる免税措置を平成30年度まで3年間延長しようとするものです。また、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る課税の特例を平成29年度まで3年間延長しようとするものです。

 次に、固定資産税に関しては、公害防止用設備、ノンフロン製品等に係る課税標準の特例措置を導入しようとするものです。また、耐震改修が行われた一定の既存建築物に係る税額の減額措置の創設であります。さらには、特例民法法人から一般社団法人または一般財団法人に移行した法人が設置する施設の非課税措置を社会福祉施設以外について廃止するものであります。

 以上が改正の概要であります。

 次に、今回の改正による市民への影響でありますが、個人の市民税に関しては特例措置の延長であり、特に影響はありません。また、固定資産税に関しては、税負担軽減措置について、現時点で対象となる建築物、設備の把握が困難であり、影響額の試算ができませんので、御理解を賜りたいかと思います。

 また、特例民法法人から一般社団法人または一般財団法人に移行した法人が設置する施設に関しては、西都市には該当する施設がございません。

 次に、軽自動車税の税率改正については、平成27年4月1日施行となりますので、専決処分ではなく6月議会に改正条例案を上程する予定であります。

 以上でございます。



○議長(井上久昭君) ほかにありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第54号について質疑はありませんか。



◆17番(狩野保夫君) 今回につきましても、大きく2点伺っておきたいというふうに思います。

 まず第1点目は、今回の改正内容を見ますと、国民健康保険税の後期高齢者支援金等課税額に係る課税限度額を現行14万円を16万円に引き上げる、介護納付金課税額に係る課税限度額を現行12万円を14万円に引き上げる改正がされているようであります。

 そこで、?として、25年度課税における課税限度額対象者数と課税総額について伺いたいと思います。

 ?として、今回の改正による課税限度額対象者数と課税総額の見込みについて伺っておきたいと思います。

 2点目は、もう一つ改正がされておりますけれども、国民健康保険税の軽減措置についてであります。

 5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定における被保険者数に世帯主を含め、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において被保険者の数に乗ずべき金額を現行35万円を45万円に引き上げる等の改正がされております。

 そこで、?として、現行制度による25年度の対象世帯数と軽減額について伺います。

 ?として、今回の改正による対象世帯数と軽減額の見込みについて伺っておきたいと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。



◎健康管理課長(大西良和君) お答えいたします。

 まず、25年度課税における課税限度額対象者数と課税額についての御質問でありますが、2月末現在におきまして、課税限度額対象世帯数は、後期高齢者支援金等課税に係る分が564世帯でありまして、課税総額が2億6,972万5,656円、また、介護納付金課税に係る分が374世帯ありまして、課税総額が1億3,816万9,164円となっております。

 また、今回の改正によります課税限度額対象世帯数と課税総額の見込みにつきましては、後期高齢者支援金等課税に係る分が465世帯で、課税総額2億7,554万2,000円、また、介護納付金課税に係る分が303世帯で、課税総額が1億4,287万6,000円となっております。

 次に、現行制度によります25年度の国民健康保険税の軽減対象世帯数と軽減額についてでありますが、軽減対象世帯数は、医療保険分が3,492世帯に対しまして軽減額が1億813万2,200円、後期高齢者支援金等課税に係る分が3,492世帯に対しまして軽減額が3,779万5,920円、また、介護納付金課税に係る分が1,677世帯に対しまして軽減額が1,587万1,100円となっております。

 また、今回の改正によります軽減対象世帯数と軽減額の見込みにつきましては、医療保険分が3,826世帯に対しまして軽減額1億2,079万5,000円、後期高齢者支援金等課税に係る分が3,826世帯に対しまして軽減額4,222万5,000円、また、介護納付金課税に係る分が1,872世帯に対しまして軽減額が1,790万2,000円となっております。

 以上でございます。



○議長(井上久昭君) ほかありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第55号について質疑はありませんか。



◆17番(狩野保夫君) 2点伺っておきたいと思います。

 補正後の25年度末基金保有額について提出された資料を参考に見ますと、71億9,660万3,000円となります。確かに、基金の内容としましては、元気交付金などもありますので、いろんな理由があろうかと思いますけれども、年度末においてこうした多額の基金を保有していることは事実であります。

 そこで、このような多額の基金を保有することについての見解を伺っておきたいと思います。

 2点目は、過去において国保基金、介護基金、土地開発基金を除いて71億9,000万円もの基金を保有した年度があるのか伺っておきたいと思います。あれば年度と金額を伺っておきたいと思います。

 以上、2点についてよろしくお願いします。



◎市長(橋田和実君) 平成25年度末の基金現在高71億9,000万円には、平成26年度の事業に充てるために全額取り崩す地域の元気臨時交付金基金4億8,600万円も含まれております。今、議員が御指摘のとおりでありますが、これを除くと基金現在高は昨年度と同程度になっております。

 基金につきましては、今後の財政需要を見据えて将来に備えるものでありますので、市政の継続的、安定的な運営上、ある程度の基金の保有は必要なものであります。特に今後、庁舎の耐震化など多額の財源を伴う事業も控えているところでありますので、基金の適切な運用に努めてまいりたいと考えております。

 また、基金現在高71億9,000万円以上の基金を保有した年度についてでありますが、過去にはございません。



○議長(井上久昭君) ほかにありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第56号について質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第57号について質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 次に、報告第1号について質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第53号〜第57号)委員会付託省略



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案5件については、会議規則第37条第3項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本議案5件については、常任委員会への付託を省略することに決しました。

 なお、報告第1号については、これをもって終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上久昭君) これより一括して討論に入ります。

 討論はありませんか。



◆17番(狩野保夫君) (登壇)私は、ただいま議題となっております議案第54号、議案第55号の2件の議案については賛成できません。

 そこで、理由と若干の意見を申し上げて討論を行いたいと思います。

 まず、議案第54号専決処分の承認を求めることについてであります。

 本案は地方税法の一部が改正されたことに伴い、本市の国民健康保険税条例の一部改正について専決したものであります。

 今回、国民健康保険税の軽減措置について、5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定における被保険者の数に世帯主を含め、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行35万円を45万円に引き上げる等の改正がされていることについては、負担軽減対策として賛成できることでありますが、しかしその一方で、国民健康保険税の後期高齢者支援金等課税額に係る課税限度額を現行14万円を16万円に引き上げ、介護納付金課税額に係る課税限度額を現行12万円を14万円に引き上げる改正については賛成できないことを申し上げておきたいと思います。

 次に、議案第55号専決処分の承認を求めることについてであります。

 本案は特別交付税及び市債の決定などに伴い、平成25年度西都市一般会計予算補正(第13号)について専決処分を行ったものであります。

 本案に賛成できない理由は、財政が厳しいとして市民の福祉予算やサービスを削減する行財政改革を推進してきた一方において、西都市財政でも例を見ない多額な基金の積み立てを行う補正となっているからであります。

 増額補正の主なものとしては、歳入では、地方揮発油譲与税が576万1,000円、株式等譲渡所得割交付金480万円、地方消費税交付金が1,942万3,000円、自動車取得税交付金が432万4,000円、特別交付税が5億1,117万9,000円増額補正されています。歳出では、総務費において環境整備基金へ3億3,284万2,000円の増額補正等が行われております。

 これによる補正後の平成25年度末基金現在高は、提出された資料によりますと71億9,660万3,000円となります。前年度は、平成24年度末基金現在高は66億8,304万7,000円でしたから、5億1,355万6,000円の増額となります。橋田市長が就任された初年度の平成17年度末基金現在高は56億4,601万6,000円でしたから、15億5,058万7,000円増額したことになります。昭和55年の基金は約10億5,000万円で、一般会計決算の約10%でした。しかし、25年度末の基金は補正予算の43.4%にもなります。

 財政運営のために一定の基金を保有することを否定するものではありません。財政が厳しいとして、行財政改革大綱を策定して市民の福祉、サービスを削減しながら、このようにも多額の基金を保有するということについては、市長の政治姿勢とともに、行財政運営の基本問題として賛成できないことを改めて申し上げておきたいと思います。

 市長は平成26年度の施政方針において、「財政状況の改善も見えてきたとの立場から、将来の西都市に向かって投資をしていくこと、いわゆる西都創生への具体化に向け、積極的な事業展開を図っていくこととした」との方針を示され、食の拠点整備事業や工業団地の整備を行うこと等を表明されていますが、このことは、市民の福祉や暮らしを削って生み出した財源を大規模開発や事業に使おうというものにほかならないと言わなければなりません。

 地方自治体の仕事は、これまでも何度も言いましたけれども、住民の福祉の増進を図ることが基本であり、行政はその役割を担う責務を負っていることを繰り返し指摘をしてきましたが、市長が本当に市民が主役の市政実現を願われるのであれば、市民犠牲の行財政改革の流れを転換して、これらの財源を有効に活用し、市民の暮らし、福祉優先の予算に使われることを改めて強く求めておきたいと思います。

 以上で討論を終わります。(降壇)



○議長(井上久昭君) ほかにありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上久昭君) これより議案第53号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案はこれを承認することに決しました。

 これより議案第54号を起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(井上久昭君) 起立多数であります。よって、本案はこれを承認することに決しました。

 これより議案第55号を起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(井上久昭君) 起立多数であります。よって、本案はこれを承認することに決しました。

 これより議案第56号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案はこれに同意することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。

 これより議案第57号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△地方自治法第117条の規定による除斥



○議長(井上久昭君) 地方自治法第117条の規定により、荒川敏満君の退席を求めます。

     (荒川敏満君退席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第58号)上程



○議長(井上久昭君) 日程第18、議案第58号監査委員の選任についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(井上久昭君) 市長に提案理由の説明を求めます。



◎市長(橋田和実君) (登壇)議案第58号監査委員の選任について、簡単に提案理由をご説明申し上げます。

 御承知のように、監査委員は地方公共団体の財務に関する事務が適正に執行されているか、あるいは地方公共団体の経営に係る事業の管理は適正かなどを監査する機関として、重要な責務を有しているものであります。今回、監査委員を選任することについて、議会の同意をお願いしたいとしております荒川敏満氏は監査委員として適任の方であると信じております。

 以上、簡単に提案理由を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願いいたします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第58号)質疑



○議長(井上久昭君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第58号)委員会付託省略



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第58号については、会議規則第37条第3項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は常任委員会への付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上久昭君) これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上久昭君) これより議案第58号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 監査委員の選任については、これに同意することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。

 荒川敏満君の出席を求めます。

     (荒川敏満君着席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(常任委員会の所管事務調査の件)



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 この際、各常任委員会の所管事務調査の件を急施事件と認め、日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会の所管事務調査について



○議長(井上久昭君) 各常任委員長より、自席に配付しておりますとおり、所管事務調査のため次期定例会まで閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 本件は申し出のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件はこれを許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議会運営委員会の所管事務調査の件)



○議長(井上久昭君) お諮りいたします。

 この際、議会運営委員会の所管事務調査の件を急施事件と認め、日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会の所管事務調査について



○議長(井上久昭君) 議会運営委員長より、自席に配付いたしておりますとおり、所管事務調査のため平成28年4月26日まで閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 本件は、申し出のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上久昭君) 御異議なしと認めます。よって、本件はこれを許可することに決しました。

 以上で今期臨時会の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、平成26年第2回西都市議会臨時会を閉会いたします。

                          午前11時57分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                      西都市議会議長  井上久昭

                       〃 臨時議長  河野方州

                        〃  議員  太田寛文

                        〃  議員  兼松道男