議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 西都市

平成24年 12月 定例会(第5回) 12月19日−05号




平成24年 12月 定例会(第5回) − 12月19日−05号









平成24年 12月 定例会(第5回)



            平成24年12月19日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議事日程(第5号)

                      平成24年12月19日(水曜日)

                           午前10時00分開議

第1 議案第90号 西都市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

第2 議案第91号 西都市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定について

第3 議案第92号 西都市指定地域密着型サービス事業者等の指定等に関する基準を定める条例の制定について

第4 議案第93号 西都市道路の構造に関する基準等を定める条例の制定について

第5 議案第94号 西都市道路標識の寸法を定める条例の制定について

第6 議案第95号 西都市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例の制定について

第7 議案第96号 西都市準用河川に設ける河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例の制定について

第8 議案第97号 西都市営住宅等の整備基準を定める条例の制定について

第9 議案第98号 西都市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定について

第10 議案第99号 西都市公共下水道の構造、終末処理場の維持管理並びに都市下水路の構造及び維持管理に関する基準を定める条例の制定について

第11 議案第100号 西都市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準を定める条例の制定について

第12 議案第102号 西都市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び西都市重度障害者の医療費助成に関する条例の一部改正について

第13 議案第103号 西都市職員の給与に関する条例の一部改正について

第14 議案第104号 西都市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例の一部改正について

第15 議案第105号 西都市暴力団排除条例の一部改正について

第16 議案第106号 西都市道路占用料に関する条例の一部改正について

第17 議案第107号 西都市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について

第18 議案第108号 西都市都市公園条例の一部改正について

第19 議案第109号 平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)について

第20 議案第110号 平成24年度西都市国民健康保険事業特別会計予算補正(第3号)について

第21 議案第111号 平成24年度西都市簡易水道事業特別会計予算補正(第1号)について

第22 議案第112号 平成24年度西都市下水道事業特別会計予算補正(第1号)について

第23 議案第113号 平成24年度西都市営住宅事業特別会計予算補正(第1号)について

第24 議案第114号 平成24年度西都市農業集落排水事業特別会計予算補正(第1号)について

第25 議案第115号 平成24年度西都市介護保険事業特別会計予算補正(第3号)について

第26 議案第116号 平成24年度西都市西米良村介護認定審査会特別会計予算補正(第1号)について

第27 議案第117号 平成24年度西都児湯障害認定審査会特別会計予算補正(第1号)について

第28 議案第118号 平成24年度西都市後期高齢者医療特別会計予算補正(第2号)について

第29 議案第119号 平成24年度西都市水道事業会計予算補正(第1号)について

第30 議案第120号 指定管理者の指定について

第31 議案第121号 綾川雑用水管理事業の事務の委託について

第32 議案第122号 平成24年度西都市一般会計予算補正(第8号)について

第33 議案の継続について(平成23年議案第76号〜第87号)

第34 議案第123号 平成24年度西都市一般会計予算補正(第9号)について

第35 議員提出議案第10号 西都市議会委員会条例及び西都市議会情報公開条例の一部改正について

第36 議員提出議案第11号 西都市議会会議規則の一部改正について

第37 常任委員会の所管事務調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●本日の会議に付した事件

 議事日程(第5号)に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(18名)

       1番  井上 司君    2番  橋口登志郎君

       3番  岩切一夫君    4番  恒吉政憲君

       5番  荒川昭英君    6番  太田寛文君

       7番  黒木吉彦君    8番  中武邦美君

       9番  兼松道男君    10番  北岡四郎君

       11番  吉野和博君    12番  中野 勝君

       13番  吉野元近君    14番  井上久昭君

       15番  河野方州君    16番  黒木正善君

       17番  狩野保夫君    18番  荒川敏満君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●当局出席者

市長           橋田和実君  副市長          三輪公洋君

総務課長         大西秀邦君  財政課長         井下敬三君

総合政策課長       阿萬 浩君  市民協働推進課長     齋藤美利君

税務課長         黒木治定君  商工観光課長       吉野弘人君

まちづくり推進室長    緒方久己君  スポーツ振興課長     奥野拓美君

建設課長         横山真一君  建築住宅課長       清  隆君

農林振興課長       本部定澄君  生活環境課長       江藤義郎君

市民課長         橋口真由美君 健康管理課長       中武久充君

会計管理者        甲斐祐子君  福祉事務所長       黒木郁夫君

上下水道課長       児玉宗聖君  教育長          綾 寛光君

教育総務課長       齊藤敦弘君  学校教育課長       米村公俊君

社会教育課長       伊達博敏君  監査委員         神田 守君

監査事務局長       大西良和君  農業委員会事務局長    片岡昌宏君

消防次長         松浦 透君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会事務局出席者

事務局長         蓑毛幸一君  事務局次長        中武資貴君

議事係長         重永浩樹君  議事係          橋口 慎君

議事係          中武雅博君

                          午前10時00分 開議



○議長(井上司君) これより本日の会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第5号によって進めることにいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第90号〜第100号・第102号〜第122号)常任委員長報告



○議長(井上司君) 日程第1、議案第90号から日程第32、議案第122号までの議案32件を一括して議題といたします。

 これより各常任委員長の報告に入ります。

 まず、総務常任委員長の報告を求めます。



◆12番(中野勝君) (登壇)総務常任委員長報告をいたします。

 今期定例会において、総務常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 議案第103号西都市職員の給与に関する条例の一部改正について

 議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)について、第1表歳入全款、歳出、議会費、総務費(開発推進費を除く)、民生費中国民年金費、消防費、第2表債務負担行為補正、第3表地方債補正

 議案第122号平成24年度西都市一般会計予算補正(第8号)について、第1表歳入全款であります。この3件の議案については、いずれも別段異議なく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。終わります。(降壇)



○議長(井上司君) 次に、文教厚生常任委員長の報告を求めます。



◆7番(黒木吉彦君) (登壇)今期定例会において、文教厚生常任委員会に付託を受けました議案について、その審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第90号西都市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について

 議案第91号西都市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定について

 議案第92号西都市指定地域密着型サービス事業者等の指定等に関する基準を定める条例の制定についてでありますが、この3件の議案につきましては、関連する議案であり、一括して議題としたところであります。種々質疑の後、ある委員より、「本3件の条例制定については、そのほとんどが国の基準を用いて市の基準としており、市民への影響についても、『特段の影響はない』との回答であり、賛成したい。地方自治体の一番の仕事は、住民の暮らしや福祉、命と健康を守ることにあるので、制度の現状と市民の実情をよく踏まえた上で、運用されることを強く要望しておきたい。」との意見、要望を含めた賛成討論がなされたところであります。この3件の議案につきましては、採決の結果、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 次に、議案第102号西都市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び西都市重度障害者の医療費助成に関する条例の一部改正について

 議案第104号西都市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例の一部改正について

 議案第105号西都市暴力団排除条例の一部改正についてでありますが、この3件の議案につきましては、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)について、第1表歳出、民生費(国民年金費を除く)、衛生費(上水道費を除く)、教育費、第2表債務負担行為補正でありますが、種々質疑の後、ある委員より、「札の元保育所民営化に伴う合同保育実施のための補助金には、公立保育所の民営化には一貫して反対をしてきた立場から賛成できない。」また、「宮崎県より25年度から移譲される『社会福祉法人監査事務』に伴う予算が補正されているが、市に社会福祉法人を監査できるような体制ができていないもとでの予算補正には賛成できない。」との反対討論がなされましたが、採決の結果、多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、教育費、教育総務費、教育振興費の審査に当たりまして、ある委員より、「学校において、いじめ相談など子どもたちへのさまざまな支援を行う『スクールアシスタント』については、県に配置を求めるとともに、市独自で配置していただきたい。」との意見、要望がなされました。

 また、民生費、社会福祉費、社会福祉総務費の審査に当たりまして、ある委員より、「福祉事務所の窓口に『窓口用仕切り』を設置するということだが、通路にも仕切りの壁を設置するなど、相談者のプライバシー保護に努めていただきたい。」との意見、要望がなされました。

 次に、議案第110号平成24年度西都市国民健康保険事業特別会計予算補正(第3号)について

 議案第115号平成24年度西都市介護保険事業特別会計予算補正(第3号)について

 議案第116号平成24年度西都市西米良村介護認定審査会特別会計予算補正(第1号)について

 議案第117号平成24年度西都児湯障害認定審査会特別会計予算補正(第1号)について

 議案第118号平成24年度西都市後期高齢者医療特別会計予算補正(第2号)についてでありますが、この5件の議案につきましては、採決の結果、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。よろしく御審議をいただきますようお願い申し上げます。(降壇)



○議長(井上司君) 次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。



◆9番(兼松道男君) (登壇)今期定例会において、産業建設常任委員会に付託を受けました議案について、その審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 議案第93号西都市道路の構造に関する基準等を定める条例の制定について

 議案第94号西都市道路標識の寸法を定める条例の制定について

 議案第95号西都市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例の制定について

 議案第96号西都市準用河川に設ける河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例の制定について

 議案第97号西都市営住宅等の整備基準を定める条例の制定について

 議案第98号西都市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定について

 議案第99号西都市公共下水道の構造、終末処理場の維持管理並びに都市下水路の構造及び維持管理に関する基準を定める条例の制定について

 議案第100号西都市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準を定める条例の制定について

 議案第106号西都市道路占用料に関する条例の一部改正について

 議案第107号西都市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 議案第108号西都市都市公園条例の一部改正について

 議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)について、第1表歳出、総務費中開発推進費、衛生費中上水道費、農林水産業費、商工費、土木費、災害復旧費、第2表債務負担行為補正

 議案第111号平成24年度西都市簡易水道事業特別会計予算補正(第1号)について

 議案第112号平成24年度西都市下水道事業特別会計予算補正(第1号)について

 議案第113号平成24年度西都市営住宅事業特別会計予算補正(第1号)について

 議案第114号平成24年度西都市農業集落排水事業特別会計予算補正(第1号)について

 議案第119号平成24年度西都市水道事業会計予算補正(第1号)について

 議案第120号指定管理者の指定について

 議案第121号綾川雑用水管理事業の事務の委託について

 議案第122号平成24年度西都市一般会計予算補正(第8号)について、第1表歳出、土木費でありますが、以上の20件の議案については、いずれも別段異議なく、採決の結果、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 なお、議案第97号西都市営住宅等の整備基準を定める条例の制定についての審査の過程において、ある委員より、「今回の条例制定において、市独自の基準として宮崎県産木材を活用した市営住宅の建設が盛り込まれているが、県産材、ひいては本市の木材利用促進を図る観点からも新規の木造市営住宅の建設構想、計画について検討いただくことを強く要望する。」との意見、要望がありました。

 また、議案第95号西都市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例の制定について及び議案第98号西都市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定についての審査の過程において、ある委員より、「本市においても本条例の適用基準が求められる道路、公園及び付帯施設等が幾つかあるものと認識しているが、障がい者等をはじめとするユニバーサルデザインに配慮した環境整備を充実させるとともに、さらなる福祉向上に資するためにも、耐用年数にとらわれず柔軟な取り組みを進めていただくようお願いしたい。」との要望がなされました。

 また、議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)の審査の過程において、土木費、都市計画費、公園費における清水台総合公園調整池浚渫工事について、工事予定箇所の現地に赴き、確認、調査を行ったところであるが、ある委員より、「本工事においては500万円の事業費が計上されているが、市民の生命、財産を守る上において、また、『市民の安全・安心』が確保されるためにも十分な予算措置に努めていただくようお願いしたい。なお、当該箇所のみならず市内各所には同様に防災上の改善を要する箇所が存在することも考えられるので、平成25年度当初予算においても十分な予算措置に努めていただくよう重ねてお願いしたい。」との要望もありましたので、あわせて申し上げておきます。

 以上で報告を終わります。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。(降壇)



○議長(井上司君) 以上で委員長の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(井上司君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 まず、総務常任委員長報告に対する質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。

 次に、文教厚生常任委員長報告に対する質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長報告に対する質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。

 これをもって委員長報告に対する質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上司君) これより一括して討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。

 17番狩野保夫君の発言を許します。



◆17番(狩野保夫君) (登壇)私は、ただいま議題となっている議案のうち、議案第109号については反対の立場から、議案第90号から議案第100号まで、議案第107号及び108号、議案第120号の14件の議案については賛成の立場から、その主な理由と若干の意見を申し上げ、討論を行います。

 なお、討論の順番ですが、本来なら議案順に行うべきですが、関連した議案がたくさんありますので、最初に反対する議案を行い、次に賛成する議案について行いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、討論を行います。

 まず、議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)についてであります。

 今回提案されている予算の補正の多くは、当然の補正であると理解をしています。その上で賛成できない第1の理由は、札の元保育所民営化に伴う合同保育実施のための補助金が補正されているからであります。私は、この間の議会において、公立保育所の民営化には一貫して反対をし、関連する条例改正等に反対をしてきました。予算補正ということもありますので、細かい理由は省略いたしますが、これまでの経緯からして、金額的にはわずかでありますけれども、賛成できないことを申し上げておきます。

 第2の理由は、宮崎県より25年度から移譲される社会福祉法人監査事務に伴う予算が補正されているからであります。このことについては、委員会の審査の中でも議論いたしましたが、現在、市には社会福祉法人を監査できるような体制はできていないと思います。監査を保障された監査体制もないのに、こういう困難な事務の移譲を受け入れるべきではないと思います。体制も能力もないのに、その道の専門家が作成した法人決算が監査できないということになりますと、行政への信頼を損ないかねません。仮に受け入れるのであれば、県の予算において専門の職員を配置するだけの補助金をつけるべきであり、それができないのであれば安易に移譲を受け入れるべきではないと思いますので、社会福祉法人監査事務の移譲及び体制の確保については、再度検討されることを強く要望しておきたいと思います。

 次に、議案第90号から議案第100号までの議案、それに議案第107号及び108号の13件の議案についてであります。この議案は、関連する議案でありますので、一括して討論を行います。

 これらの議案は、地域主権改革に係る一括法成立に伴い11件の条例の制定、2件の条例の一部改正をするものでありますが、そのほとんどが国の基準を用いて市の基準としていること、その影響についても、提出された資料説明においても「特段の影響はない」との回答であり、賛成をするものであります。その上で若干の意見、要望を申し上げておきたいと思います。

 地域主権改革に係る一括法は、地域のことは地域に住む住民が責任を持って決めることができる活気に満ちた地域社会をつくっていくことを目指すという大義のもと、自治体は国の基準、省令を踏まえて、従うべき基準・標準、参酌すべき基準に沿って条例を制定することとなりました。これは一見自治権の拡充、拡大につながるものと考えがちですけれども、地域のための改革ではないということであります。

 本質的には、構造改革路線と結びついた自公政権時代の地方分権改革推進委員会の勧告を推進するものであります。そのねらいは、国の責任で守るべきナショナルミニマム、すなわち国民生活の最低保障を社会保障をはじめ各分野で放棄し、国民生活を支える行政サービスを後退させることにあります。このことは、自治体の地域特性や政策や理念などを踏まえて独自の基準を設定するとしながらも、その対応によっては基準の改悪にもつながりかねないということになります。

 言うまでもなく、地方自治体の一番の仕事は住民の暮らしや福祉、命と健康を守ることにあります。その実現のために本市の自主性が問われる条例づくりが必要だと考えています。自公政権が復活いたしますので、構造改革路線がさらに推進されるおそれがあります。それだけに、今後の運用に当たっては、制度の現状と市民の実情をよく踏まえた上で市民の福祉生活を守るべき立場で運用されることを強く要望しておきたいと思います。

 次に、議案第120号指定管理者の指定についてであります。

 本案は、西都市文化ホール、西都市働く婦人の家及び西都市勤労青少年ホームの指定管理者について、議会の議決を求めるものでありますが、これらの施設が目的に沿って有効に活用されることを条件に賛成するものであります。

 3つの施設の指定管理者となる団体は、「シティサイト株式会社」であります。指定の期間は平成25年4月1日から平成30年3月31日までの5年間です。そのために、議案第109号平成24年度西都市一般会計予算補正(第7号)において5年間の指定管理料として1億6,511万5,000円の債務負担行為補正が提案されています。議案質疑において、選考基準や選考の結果等について伺いましたが、選考委員長を務められた副市長は、「管理者の選定において最も重視した点は地元商店街との連携、協力関係及び中心市街地の活性化の観点であること、シティサイトの25年以上に及ぶまちづくりへの取り組みの実績を含め効果的な施設の活用、ひいては中心市街地の活性化が見込める」ということでありました。このことはだれもが期待することだと思っています。

 そもそも文化ホールや働く婦人の家が大型商業施設とドッキングして建設されたのは、そのことによるまちづくりと活性化への効果を期待したものでありました。しかしながら、それ以後の相次ぐ郊外への大型店の進出など厳しい経済情勢のもとで、その効果が上がっているとは言えない状況で推移してきたと思います。また、シティサイトが25年に及ぶ管理運営において、まちづくりに寄与するために建設されたこれらの施設の有効活用を図られてきたのかというと、決して十分ではなかったと思います。それだけに、まちづくりと活性化のために建設されたこれらの施設の発展的運用が求められていると思います。

 また、勤労青少年ホームは、勤労青少年福祉法の規定に基づき設置されたものでありますが、本市において設置されるきっかけとなった一つは、当時若者が自由に交流できる場がなかったことであります。当時は若者たちのダンスパーティ等がたくさん開催されていましたが、広い会場がなくて、今では考えられないことかもしれませんが、学校の体育館を借りて行うこともありました。そうしたもとで、「職場で働く青年と農村で働く青年の交流の場をつくってほしい」という青年たちの強い願いを県や市に要望されるもとで、当時の中武市長がその要望を受けとめていただき建設されることになったものであります。建設後、既に33年が過ぎました。私も議員になる前から、また議員になってからも、強くその建設を求めてきた一人であります。その思いからも、この青少年ホームについても、その設置された目的に沿った発展的運用が求められていると思います。このことは、私がこの3つの施設の指定管理に賛成する大きな理由でもあります。

 指定管理料は5年間で1億6,511万5,000円、年間で3,302万3,000円です。市民会館は年間3,520万3,000円ですから、比較しても決して安くない金額であります。それだけに、今回の指定管理者による管理を行うことについては、行政としても、管理を行う会社側にも、その事業効果と成果が問われる問題であるということであります。ぜひそのことを肝に銘じていただき、管理者と行政が連携して、3つの施設が有効に活用され、文化事業と幅広い女性の活動、そして未来を担う若者たちの交流によって、まちづくりと本市の活性化に貢献されることを大いに期待するものであります。

 以上で討論を終わります。(降壇)



○議長(井上司君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上司君) これより議案第90号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第91号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第92号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第93号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第94号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第95号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第96号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第97号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第98号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第99号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第100号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第102号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第103号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第104号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第105号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第106号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第107号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第108号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第109号を起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(井上司君) 起立多数であります。よって、本案は可決されました。

 これより議案第110号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第111号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第112号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第113号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第114号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第115号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第116号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第117号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第118号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第119号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第120号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第121号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

 これより議案第122号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(平成23年第76号〜第87号)の継続について



○議長(井上司君) 日程第33、議案の継続の件を議題といたします。

 平成23年議案第76号から議案第87号までの議案12件については、決算審査特別委員会において目下審査中のため、自席に配付しておりますとおり、委員長からの閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 本件は委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本件は閉会中の継続審査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案の送付通知



○議長(井上司君) 市長から追加議案の送付通知を受けておりますので、事務局長に朗読をいたさせます。

 議案は自席に配付を終わっております。

(事務局長朗読)

 平成24年12月19日

 西都市議会議長 井上 司様

 西都市長 橋田和実

 平成24年第5回西都市議会(定例会)への追加議案の送付について

 平成24年第5回西都市議会(定例会)に追加して付議する下記の議案を別添のとおり送付します。

 議案第123号平成24年度西都市一般会計予算補正(第9号)について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第123号)上程



○議長(井上司君) 日程第34、議案第123号を議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(井上司君) 市長に提案理由の説明を求めます。



◎市長(橋田和実君) (登壇)本日、平成24年第5回西都市議会定例会に追加提案いたしました議案第123号平成24年度西都市一般会計予算補正(第9号)について提案理由を申し上げます。

 本案は、来る平成25年2月16日に開催の「伊東鈍満所」市民創作舞台劇宮崎公演に伴う負担金として、教育費に100万円を増額補正しようとするものであります。

 これにより一般会計予算規模は149億5,688万1,000円となります。

 以上、簡単に提案理由を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願いいたします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第123号)質疑



○議長(井上司君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第123号)委員会付託省略



○議長(井上司君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第123号については、会議規則第37条第3項の規定により常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、常任委員会への付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上司君) これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上司君) これより、議案第123号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第10号)提出



○議長(井上司君) 10番北岡四郎君から所定の賛成を得て議案の提出がありましたので、事務局長に朗読いたさせます。

 議案は自席に配付を終わっております。

(事務局長朗読)

 議員提出議案第10号 西都市議会委員会条例及び西都市議会情報公開条例の一部改正について

 標記のことについて、別紙のとおり会議規則第14条第1項の規定により提出いたします。

 平成24年12月19日

 西都市議会議長 井上 司殿

 提出者 西都市議会議員  北岡四郎

 賛成者    〃     中武邦美

  〃     〃     橋口登志郎

  〃     〃     荒川昭英

  〃     〃     太田寛文

  〃     〃     黒木吉彦

(提案理由)

 地方自治法の一部改正等に伴い、西都市議会委員会条例及び西都市議会情報公開条例の一部を改正しようとするものである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第10号)上程



○議長(井上司君) 日程第35、議員提出議案第10号を議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(井上司君) 提出者に提案理由の説明を求めます。



◆10番(北岡四郎君) (登壇)議員提出議案第10号西都市議会委員会条例及び西都市議会情報公開条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

 本条例改正案は、地方自治法の一部改正等に伴い、所要の整備を行うものであり、地方自治法に規定されていた委員会に関する事項について、簡素化されたこと等により、西都市議会委員会条例の一部改正をしようとするものであります。

 また、地方自治法の第100条の改正による項の繰り下がりにより、西都市議会情報公開条例の第14条について一部改正をしようとするものであります。

 以上、簡単に提案理由を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(井上司君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託省略



○議長(井上司君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第10号については、会議規則第37条第3項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は常任委員会への付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上司君) これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上司君) これより議員提出議案第10号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第11号)提出



○議長(井上司君) 10番北岡四郎君から所定の賛成を得て議案の提出がありましたので、事務局長に朗読いたさせます。

 議案は自席に配付を終わっております。

(事務局長朗読)

 議員提出議案第11号 西都市議会会議規則の一部改正について

 標記のことについて、別紙のとおり会議規則第14条第1項の規定により提出いたします。

 平成24年12月19日

 西都市議会議長 井上 司殿

 提出者 西都市議会議員  北岡四郎

 賛成者    〃     中武邦美

  〃     〃     橋口登志郎

  〃     〃     荒川昭英

  〃     〃     太田寛文

  〃     〃     黒木吉彦

(提案理由)

 地方自治法の一部改正等に伴い、西都市議会会議規則の一部を改正しようとするものである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案(第11号)上程



○議長(井上司君) 日程第36、議員提出議案第11号を議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



○議長(井上司君) 提出者に提案理由の説明を求めます。



◆10番(北岡四郎君) (登壇)議員提出議案第11号西都市議会会議規則の一部改正について提案理由を申し上げます。

 本規則改正案は、地方自治法の一部改正等に伴い、本会議での公聴会の開催、協議または調整を行うための場について、新たに会議規則に規定するとともに、目次、条ずれ等の所要の整備をする改正であります。

 以上、簡単に提案理由を申し上げましたが、よろしく御審議いただきますようお願いいたします。(降壇)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(井上司君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託省略



○議長(井上司君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第11号については、会議規則第37条第3項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は常任委員会への付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(井上司君) これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(井上司君) これより議員提出議案第11号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会の所管事務調査について



○議長(井上司君) 日程第37、常任委員会の所管事務調査の件を議題といたします。

 各常任委員長より、自席に配付しておりますとおり、所管事務調査のため次期定例会まで閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 本件は申し出のとおり許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上司君) 御異議なしと認めます。よって、本件はこれを許可することに決しました。

 以上で今期定例会の日程は全部終了いたしました。長期にわたり慎重なる御審議に対し深く感謝を申し上げます。

 これをもちまして平成24年第5回西都市議会定例会を閉会いたします。

                          午前10時44分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                      西都市議会議長  井上 司

                        〃  議員  恒吉政憲

                        〃  議員  河野方州