議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 串間市

平成17年第5回定例会(第8号 9月28日)




平成17年第5回定例会(第8号 9月28日)




                      平成17年9月28日(水曜日)午後1時開議





第 1  議案第72号平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)から議案第91


     号市道の路線の廃止について


     請願・陳情


     (委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決)


第 2  議案第92号号育委員会委員の任命につき議会の同意を求めることについて


     (討論、採決)





〇本日の会議に付した事件


 1.議案第72号 平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)


 2.議案第73号 平成17年度串間市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(


          第2号)


 3.議案第74号 平成17年度串間市簡易水道特別会計補正予算(第2号)


 4.議案第75号 平成17年度串間市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2


          号)


 5 議案第76号 平成17年度串間市市木診療所特別会計補正予算(第1号)


 6.議案第77号 串間市串間温泉いこいの里条例


 7.議案第78号 串間市ふれあいセンター条例


 8.議案第79号 串間市市木デイサービスセンター条例


 9.議案第80号 串間市老人福祉センター条例


10.議案第81号 串間市立養護老人ホーム条例


11.議案第82号 串間市立図書館条例


12.議案第83号 串間市火災予防条例の一部を改正する条例


13.議案第84号 串間市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例


14.議案第85号 串間市水防協議会条例の一部を改正する条例


15.議案第86号 市有財産の減額譲渡について


16.議案第87号 訴えの提起について


17.議案第88号 訴えの提起について


18.議案第89号 訴えの提起について


19.議案第90号 公有水面の埋め立てに関する意見書について


20.議案第91号 市道の路線の廃止について


21.議案第92号 教育委員会委員の任命につき議会の同意を求めることについて


22.請願第 4号 「教育基本法の早期改正を求める意見書」提出を求める請願


23.請願第 9号 温水プールの建設について


24.陳情第35号 市木から串間市の中心地に行ける直線道路の整備について


25.陳情第37号 テニス練習用「壁」の設置について


26.陳情第38号 市有地の減額譲渡について


27.陳情第39号 建築工事発注に関する陳情書


28.陳情第40号 永住外国人住民の地方参政権確立のための意見書採択を求める陳情


          書


29.議案第93号 平成17年度串間市一般会計補正予算(第5号)


30.議員提出議案第20号 自治体病院の医師確保対策を求める意見書


31.議員提出議案第21号 森林環境税の早期創設に関する決議





〇出席議員(20名)


     1番  上 村 久 三 君      2番   中 村 利 春 君


     3番  山 口 直 嗣 君      5番   英   聡 子 君


     6番  門 田 国 光 君      7番   岩 下 幸 良 君


     8番  渡 辺 郁 郎 君      9番   右 松 重 博 君


    10番  津 曲 保 夫 君     11番   福 添 忠 義 君


    12番  竹 下 主 之 君     14番   田 上 俊 光 君


    15番  木 代 幸 一 君     16番   武 田 政 英 君


    17番  田 中   勝 君     18番   児 玉 征 威 君


    19番  黒 水 憲一郎 君     20番   末 海 重 俊 君


    21番  内 田 浩 幹 君     22番   森   光 昭 君





〇欠席議員(0名)


  な し





〇説明のため出席した者の職氏名


 市   長     鈴 木 重 格 君   助   役       酒 井 親 則 君


 教 育 長     五 島 千穗子 君   収 入 役       坂 口 正二郎 君


 監査委員      高 山 暉 男 君   消 防 長       岩 下 五 男 君


 総合政策課長    野 下 賢 良 君   総務課長        武 田 憲 昭 君


 財務課長      佐 藤 強 一 君   会計課長        坂 中 喜 博 君


 税務課長      山 口 義 人 君   市民生活課長      清 水 秀 人 君


 福祉保健課長    牧 野 准 郎 君   総合産業課長      川 野 敏 昭 君


 都市建設課長    深 江 健 輔 君   水道課長        小 笠 峰 夫 君


 教育委員会事務局長 田 中 卓 良 君   監査委員会事務局長   立 本 伊佐男 君


 農業委員会事務局長 山 口 文 男 君   選挙管理委員会事務局長 古 川 真 澄 君


 市民病院事務長   福 満 芳 子 君





〇議会事務局職員出席者


 局長        前 田 宜 良 君   次長          武 田   宏 君


 庶務係長      吉 田 成 子 君   議事調査係長      門 川 勇一郎 君


 書記        川 野 寿 春 君





 (午後 1時00分開会)


○議長(森 光昭君)  これより、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は20名であります。


 本日の会議はお手元に配付しております議事日程第8号によって進めることにいたします。


 直ちに日程に入ります。


────────────────────────────────────────





◎日程第1 議案第72号平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)から議案第


      91号市道の路線の廃止について


      請願・陳情


      (委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決)





○議長(森 光昭君)  日程第1、議案第72号から議案第91号、今期受理いたしました請願第9号、陳情第38号から陳情第40号並びに閉会中の継続審査となっておりました請願第4号、陳情第35号及び陳情第37号までの議案20件、請願2件、陳情5件、以上27件を一括して議題といたします。


 この際、本27件について、各常任委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長の報告を求めます。


○総務常任委員長(黒水憲一郎君)  (登壇)今定例会におきまして、当総務常任委員会に付託を受けておりました議案5件、陳情3件につきまして、審査いたしました結果を御報告申し上げます。


 まず議案第72号平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)中、当総務常任委員会に分割付託を受けました関係部分、議案第86号市有財産の減額譲渡については、原案のとおり全会一致をもって可決することに決しました。以下、意見等がありましたので申し上げます。


 まず、七ツ橋区の自治公民館建設に伴う建設用地の市有財産減額譲渡についてでありますが、当該自治公民館建設用地につきましては、賃貸借及び譲渡について区との協議を重ねてきたところであるが、今般減額譲渡の方向で区との協議が整ったため、131.38平方メートルを50%減額した額で譲渡するとの説明であります。当該公民館は既に竣工済みであり、このような減額譲渡については公民館建設前に提案すべきではなかったのか、またこのような施設は地域住民の活動拠点として地域の活性化に寄与するものであり、全額を譲渡してもよいのではないかとの意見がありました。


 次に総務費中修繕料70万円については、庁舎の雨漏り、空調機等にかかわる修繕料との説明でありますが、今回の台風14号の影響によるものではないかとの指摘があり、災害保険の適用も視野に入れて対処すべきではないかとの意見がありました。


 また、今問題となっているアスベスト対策について質疑がありましたが、現在庁舎の設計書で調査中であり、その結果を見て正式に調査を依頼するとの説明であります。アスベストは人体に影響を及ぼすと言われていることであり、緊急に調査されたいとの要望がありました。


 次に議案第83号串間市火災予防条例の一部を改正する条例、議案第84号串間市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例、議案第85号串間市水防協議会条例の一部を改正する条例につきましては、別段異議なく、全会一致をもちまして原案どおり可決することに決しました。


 次に、陳情についてであります。


 まず、陳情第38号市有地の減額譲渡につきましては、七ツ橋区の自治公民館建設に伴う建設用地の市有財産減額譲渡の陳情でありますが、当該自治公民館建設は地域住民の活動拠点として地域の活性化に寄与するものと判断し、願意を了とし、全会一致をもって採択した次第であります。


 次に、陳情第39号建築工事発注に関する陳情書及び陳情第40号永住外国人住民の地方参政権確立のための意見書採択を求める陳情書については、結論を得るに至らず、閉会中の継続審査の申し出をいたした次第であります。


 以上で総務常任委員会の報告を終わりますが、議員各位の賛同方、よろしくお願いいたします。


 以上をもちまして、総務常任委員会の報告を終わります。(降壇)


○議長(森 光昭君)  次に、文教厚生常任委員長の報告を求めます。


○文教厚生常任委員長(福添忠義君)  (登壇)今定例会におきまして、当文教厚生常任委員会に付託を受けました議案9件、請願2件につきまして、審査いたしました結果を御報告申し上げます。


 議案第72号平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)の分割付託を受けました関係部分につきましては、賛成多数で原案どおり可決しましたが、次のような意見がありました。


 第9款教育費、第5項社会教育費中、第15節工事請負費において、旧吉松邸保存改修工事費として、163万円が計上してあります。今後の旧吉松邸の維持改修については多額の経費が予想され、先行きに危惧の念を抱くものであり、教育委員会において十分論議されるべきであるとの意見がありました。


 次に、議案第73号平成17年度串間市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)、議案第75号平成17年度串間市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)、議案第76号平成17年度串間市市木診療所特別会計補正予算(第1号)、以上3件につきましては、別段異議なく、全会一致で原案どおり可決されました。


 次に、議案第78号串間市ふれあいセンター条例、議案第79号串間市市木デイサービスセンター条例、議案第80号串間市老人福祉センター条例、議案第81号串間市立養護老人ホーム条例、以上4件につきましては、全会一致で原案どおり可決されましたが、行政改革市町村合併調査特別委員会の中間報告を十分踏まえるようにとの意見がありました。


 次に、議案第82号串間市立図書館条例につきましては、賛成多数で、原案どおり可決しましたが、次のような意見がありました。


 指定管理者の指定につき、条例第15条及び第16条に関し、実績のある団体等がなく、急ぐ必要はないのではないか。教育委員会内部での論議をさらに深めてほしい。図書館法等による図書館設置目的から見ても、公の社会教育施設として指定管理者の導入には無理がある。サービスが低下しないよう、より以上の図書館の利活用をさらに検討してほしい。図書購入に関しては、教育委員会内でチェック体制を強化し、図書館協議会等の意見を十分取り入れるべきであるなどの意見がありました。


 次に、請願第9号温水プールの建設については、願意を了とし、全会一致により採択することに決しました。


 次に、閉会中の継続審査となっておりました請願第4号「教育基本法の早期改正を求める意見書」提出を求める請願につきましては、改正の趣旨など、国民レベルでの論議が不十分であることにつき、継続審査の申し出をいたした次第であります。


 以上をもちまして、文教厚生常任委員会の報告を終わります。(降壇)


○議長(森 光昭君)  次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。


○産業建設常任委員長(門田国光君)  (登壇)今定例会におきまして、当産業建設常任委員会に付託を受けていました議案8件、陳情2件、計10件につきまして、審査いたしました結果を御報告いたします。


 最初に、議案第72号平成17年度串間市一般会計補正予算(第4号)中、当産業建設常任委員会に付託を受けました関係部分につきましては、採決の結果、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決しましたが、次のような意見がありました。


 農業費中、畜産業費の負担金補助及び交付金の堆肥散布補助につきましては、計画する段階で組合等と十分協議し、申請者等のチェックを行い、補助するようにとの意見がありました。


 また、都市計画費中、土地区画整理費の通信運搬費26万4,000円につきましては、当初予算に計上するべきであり、今後このような行政執行が行われないようにとの指摘がありました。


 次に、議案第74号平成17年度串間市簡易水道特別会計補正予算(第2号)については、採決の結果、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決しましたが、次のような意見がありました。


 水道料金納入についての過誤納付がないよう、督促、催告状の期間及び金融機関との連携を図り、改善していくべきであるとの意見がありました。


 次に、議案第77号串間市串間温泉いこいの里条例でありますが、採決の結果、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決しましたが、行政改革市町村合併調査特別委員会の中間報告を踏まえ、条例の第14条利用料金の免除及び利益の配分等を協定書の中に入れるべきであるとの意見がありました。


 次に、議案第87号、88号、89号訴えの提起についてでありますが、採決の結果、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決しましたが、提訴についてはやむを得ないが、提訴に至るまでの経緯については、もう一度努力をお願いしたいとの意見がありました。


 次に、議案第90号公有水面の埋め立てに関する意見書及び議案第91号市道の路線の廃止についてでありますが、採決の結果、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決しました。


 次に、閉会中の継続審査について報告いたします。


 まず最初に、陳情第37号テニス練習用「壁」設置についての陳情書でありますが、採決の結果、提出者の願意を了とし、全会一致をもちまして採択することに決しました。


 次に陳情第35号市木から串間市の中心地に行ける直線道路の整備についての陳情書でありますが、現在、県道改良工事等の進捗状況を踏まえて検討していくべきとの意見があり、閉会中の継続審査の申し出をいたした次第であります。


 以上をもちまして、産業建設常任委員会の報告を終わりますが、議員各位の御賛同方をよろしくお願いをいたします。(降壇)





◎質 疑


○議長(森 光昭君)  以上で、各委員長の報告は終了いたしました。


 これより、各委員長の報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、質疑を終結いたします。





◎討 論


○議長(森 光昭君)  これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。児玉議員。


○18番(児玉征威君)  (登壇)私は議案第82号、議案第72号について、関連がありますので一括して反対討論をいたします。


 議案第82号は串間市立図書館条例でありますが、今回の条例は地方自治法244条2項第3項に基づいて提案されているところであります。この条文は公の施設の設置目的を効果的に達成するために必要があると認めるときに、指定管理者制度を適用するとしております。


 地方自治法は公の施設の管理は直営を原則としており、例外として指定管理者制度を利用する場合、それぞれの公の施設の設置目的達成に限っているわけであります。図書館は御存じのように教育機関であり、図書館法で設置目的が明確にされております。住民の資料や情報の要求にこたえる教育機関として、その目的は明快であります。


 政府が昨年7月、これまで個別法が優先するとして、指定管理者制度になじまないとしていた態度を、見解を変えました。このとき、日本図書館協会はこの見解に対して批判的な見解を表明しております。


 またこの9月、公立図書館の指定管理者制度についての見解を発表しておりますが、この見解では地方公共団体と公立図書館への指定管理者制度の適用について、公立図書館の目的達成に有効とは言えず、基本的になじまないものと考えるという結論をつけております。その中身をさらに見ますと、特に1つは図書館の連携、協力の整備が不可欠であるが、競争関係に立つ民間企業でこのことを達成することは難しいという、こういう見解が1つであります。委員会の審議でも指定管理者に委託した場合、図書館長会議などには出席が困難であるという見解が表明されております。


 現在、指定管理者に図書館を移行した自治体は、私の知る範囲では全国で4つの自治体であります。こういう中で、公立図書館を民間に委託するということは、これは問題があるわけであります。


 2つ目は、図書館による学校へのサービス、地域とのつながりによる活動などが、民間業者が行うことには当然疑問があるわけであります。


 また、公立図書館事業はいわゆる事業収益が見込めない公共サービスであり、営利を目的とする団体が管理を行うことはおのずと無理があります。現に民間経営の実例やノウハウの蓄積は、ほとんどまだないのが今の現時点の現状であります。こういう点から見ますと、図書館の使命、図書館のサービスの質的向上、継続的な発展性の確保などから見て、指定管理者制度は本質的になじまないということは明らかだと思います。


 今回提案された条例第16条の3、いわゆるこの条例が議会で可決された場合に、公募によって業者を選ぶことになりますが、この3でその公募に申し込んだ業者の選定に当たって、16条の3は管理を安定的かつ確実に行う能力を有していることとあります。これは2003年7月、総務省行政局長通知が管理を安定して行う物的能力、人的能力を有していること、こういう通知を出しております。これから見ましても、現にそういう実績、実例やノウハウの蓄積がないそういう団体や民間企業がない中で、16条3のこの条例を適用して、実際上具体的にこの評定、評価をどうするのか。実績、専門性の質、内容、提供しているサービス、質など、さらに継続性、安定性が図るそういう指標、こういうものについてどういう支障があるのか、こういう点については委員会の審議でもほとんど答弁できない、こういう状況であります。


 もう一つは、今回債務負担行為として3年間の経費として、7,033万2,000円が提案されております。年2,344万4,000円であります。民間委託すればサービス向上が図られる、また当初購入費などに当てられる、こういう説明がされましたが、実際図書購入費は450万円という説明がありました。人件費の節約が約500万円、こういうことも言われているわけでありますが、しかし議会の討論を通じまして、実際に民間を委託して、それを請け負う業者団体が果たして図書館の目的を受ける能力を持っているかどうか、この点はその能力を引き継ぐことは困難であるという点が説明として、また議会答弁でもされております。その結果として、この図書館を委託後も監督指導する職員の配置が必要だと、こういう説明がされております。そうなりますと、当然この人件費は新たな負担増になるわけでありますが、このことは含まれておりません。こういう点から見たときに、私は今回の指定管理者の指定の図書館条例については、まさに図書館の設置目的から見て、これは困難、無理があることは明らかだと思うわけであります。


 よって、このことに関連する議案について反対するものであります。


 次に、議案第72号にもう一つ関係して、今回、旧吉松邸の保存改修費として171万4,000円が提案されております。しかしこの問題は昨年設計等の調査をされておりまして、18年度から修理改修に取りかかるというこういう議会答弁がされております。委員会でも18年度のその補修費として、約4,200万円が見込まれているということであります。そしてその後の維持管理費に約1,000万円、最低必要とも記載されているわけであります。


 しかし目的を迎賓館などとしても利用する、こういうことが言われておりますが、長時間利用するためには、果たしてこの旧吉松邸が耐震構造が十分であるかどうか、この点は委員会の質問等では明らかにされておりません。したがって、今後どの程度この旧吉松邸に補修等が必要になるのかは、今回の委員会のところでは具体的にはそれ以上はされませんでした。


 また、利用の今後の見込み、また財源計画、こういう点ではほとんど説明がされない状況でありました。この点は温水プールなどで財源問題を論議し、当初の計画を2次計画に見送るそういう決断をされたそういう施設の状況と、また行財政改革で今回これまで行われてきた財源の厳しいチェックなどから見ますと、この旧吉松邸の今後の改修、保存の今後の見通しについては、きわめて不十分であると言わなければならないと思うわけであります。


 私はこういう点では、この82号のこういう民間委託がやられる一方で、一方でこういう旧吉松邸に対する多額の財政支出が見込まれる、こういうやり方については強く反対するものであり、議員各位の賛同を心から訴えるものであります。(降壇)


○議長(森 光昭君)  ほかにありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、討論を終結いたします。





◎採 決


○議長(森 光昭君)  これより、採決に入ります。


 まず、議案第72号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は原案可決であります。


 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


    (賛成者起立)


○議長(森 光昭君)  起立多数であります。よって本件は可決されました。


 次に、議案第82号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は原案可決であります。


 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


    (賛成者起立)


○議長(森 光昭君)  起立多数であります。よって本件は可決されました。


 次に、議案第73号から議案第81号、議案第83号から議案第91号までの、以上18件を一括して採決いたします。


 本18件に対する委員長の報告は原案可決であります。


 本18件は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よって本18件は原案のとおり可決されました。


 次に、請願第9号、陳情第37号及び陳情第38号の3件を一括して採決いたします。


 本3件に対する委員長の報告は採択であります。


 本3件は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よって本3件は採択されました。


 お諮りいたします。


 請願第4号については会議規則第104条の規定により、お手元に配付しておりますように閉会中の継続審査の申し出があります。


 本件は委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに賛成の議員の起立を求めます。


    (賛成者起立)


○議長(森 光昭君)  起立多数であります。よって本件は委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


 続いて、お諮りいたします。


 陳情第35号、陳情第39号、陳情第40号の3件については、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しておりますように閉会中の継続審査の申し出があります。


 本3件は委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よって本3件は委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


────────────────────────────────────────





◎日程第2 議案第92号教育委員会委員の任命につき会議の同意を求めることについて


     (討論、採決)





○議長(森 光昭君)  次に日程第2、議案第92号を議題といたします。





◎討 論


○議長(森 光昭君)  これより本件に対する討論に入ります。


 討論はありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、討論を終結いたします。





◎採 決


○議長(森 光昭君)  これより、採決いたします。


 本件は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


    (賛成者起立)


○議長(森 光昭君)  起立多数であります。よって本件は同意されました。


 しばらく休憩をいたします。


 (午後 1時32分休憩)


 ──────────────


 (午後 2時01分開議)





────────────────────────────────────────





◎日程追加 議案第93号平成17年度串間市一般会計補正予算(第5号)


      (上程、提案理由説明、質疑、委員会付託、討論、採決)





○議長(森 光昭君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 お諮りいたします。


 ただいま市長より、議案第93号が提出されました。


 この際、本件を日程に追加し、議題としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よってこの際、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 議案第93号を議題といたします。


 これより本件に対する市長の提案理由の説明を求めます。


○市長(鈴木重格君)  (登壇)本日、追加提案いたしました議案について、その提案理由を御説明申し上げます。


 議案第93号は、平成17年度串間市一般会計補正予算(第5号)であります。今回の補正予算は台風14号に伴う災害復旧経費等を緊急に予算措置する必要から提案するものであります。


 まず、歳出について御説明申し上げます。


 第5款農林水産業費において、600万円を追加いたしましたが、これは小規模市土地改良事業及び市単独土地改良事業を追加したものであります。


 第7款土木費において、74万6,000円を減額いたしましたが、その主なものは公営住宅補修工事・運動公園施設補修工事等を追加し、職員給与を減額したものであります。


 第10款災害復旧費において、4億2,109万5,000円を追加いたしましたが、これは台風14号に伴う農林水産施設災害復旧費及び土木災害復旧費を追加したものであります。


 次に、歳入について御説明申し上げます。


 第10款地方交付税において、3,623万6,000円を追加いたしましたが、これは特別交付税を追加したものであります。


 第14款国庫支出金において、公共土木施設災害復旧費負担金を1億1,319万5,000円追加し、第15款県支出金において、農林水産施設災害復旧費負担金を1億5,401万8,000円追加したものであります。


 また、第21款市債において、農林水産施設災害復旧債及び公共土木施設災害復旧債を1億2,290万円追加したものであります。


 この結果、予算の規模は104億6,592万4,000円となっております。


 以上、本日追加提案いたしました議案について、その提案理由を御説明申し上げましたが、御審議賜りますようお願いを申し上げます。


 以上であります。(降壇)


○議長(森 光昭君)  市長の提案理由の説明は、お聞きのとおりであります。


 しばらく休憩いたします。


 (午後 2時04分休憩)


 ──────────────


 (午後 2時07分開議)





◎質 疑


○議長(森 光昭君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 議案第93号に対する質疑に入りますが、本件に対する質疑通告はないようでありますので、質疑を終結いたします。





◎委員会付託


○議長(森 光昭君)  ただいま議題となっております議案第93号については、お手元に配付しております議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。


 各常任委員会は、直ちに審査をお願いいたします。


 それでは、委員会審査のため、しばらく休憩をいたします。


 (午後 2時08分休憩)


 ──────────────


 (午後 3時28分開議)





◎委員長報告


○議長(森 光昭君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより議案第93号に対する各委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長の報告を求めます。


○総務常任委員長(黒水憲一郎君)  (登壇)本日、当総務常任委員会に付託を受けました議案第93号平成17年度串間市一般会計補正予算(第5号)中、歳入につきまして、審査いたしました結果を御報告申し上げます。


 本件は台風14号にかかわる災害復旧費に伴う地方交付税、国県負担金等を予算措置したものであり、別段異議なく、全会一致をもちまして原案どおり可決することに決しました。


 以上をもちまして総務常任委員会の報告を終わります。(降壇)


○議長(森 光昭君)  次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。


○産業建設常任委員長(門田国光君)  (登壇)本日、当産業建設常任委員会に追加付託を受けました議案につきまして、審査いたしました結果を御報告いたします。


 議案第93号平成17年度串間市一般会計補正予算(第5号)中、歳出関係につきましては、台風14号の災害復旧工事に伴う予算措置をしたものであり、原案のとおり全会一致をもちまして可決することに決したところでありますが、次のような意見がありました。


 耕地災害につきましては、作付状況を見きわめ、農家の立場に立った復旧作業に取り組むよう、また災害対応については各課連携して対応するようにとの意見がありました。


 以上をもちまして産業建設常任委員会の報告を終わりますが、議員各位の御賛同方をよろしくお願いをいたします。(降壇)





◎質 疑


○議長(森 光昭君)  以上で、各委員長の報告は終了いたしました。


 これより、各委員長の報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、質疑を終結いたします。





◎討 論


○議長(森 光昭君)  これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、討論を終結いたします。





◎採 決


○議長(森 光昭君)  これより、採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は原案可決であります。


 本件は委員長の報告のどおり決することに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────





◎日程追加 議員提出議案第20号自治体病院の医師確保対策を求める意見書及び議員提出議案第21号森林環境税の早期創設に関する決議


 (上程、提案理由説明(20号省略)、質疑、委員会付託省略、討論、採決)


○議長(森 光昭君)  お諮りいたします。


 ただいま内田浩幹議員ほか18名から議員提出議案第20号、門田国光議員ほか17名から議員提出議案第21号が提出されました。


 この際、本2件を日程に追加し、議題としたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。よってこの際、議員提出議案第20号及び議員提出議案第21号の2件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 議員提出議案第20号及び議員提出議案第21号の2件を、一括して議題といたします。


 お諮りいたします。


 議案第20号に対する提案理由の説明については、会議規則第37条第2項の規定により省略したいと思います。


 これに御異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。


 よって議案第20号に対する提案理由の説明については省略することに決しました。


 それでは、議員提出議案第21号に対する門田国光議員の提案理由の説明を求めます。


○6番(門田国光君)  (登壇)ただいま議題となりました議員提出議案第21号森林環境税の早期創設に関する決議について、会議規則第14条の規定により提出いたします。


 提案理由の説明につきましては、お手元の議案書をもって説明にかえさせていただきます。御賛同方、よろしくお願いします。(降壇)


○議長(森 光昭君)  提案理由の説明はお聞きのとおりであります。





◎質 疑


○議長(森 光昭君)  これより、本2件に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


○18番(児玉征威君)  私はこれ自身は幾つかの問題点があると思いますので、賛同者には加わらなかったわけであります。


 それで、問題は現在の森林の林業の状況ですね、これのやっぱり原因という点で見ますと、やはり今までの政治のあり方や税金等の使い方、こういう点が私は原因としてあると思います。


 したがって、やっぱり国の施策としてそういう問題を抜本的に解決を図るということが基本的な考え方ではないかというふうに思います。


 それからもう一点は、そういう税制としては、あり方としてやはりこれは能力等に応じて税の負担がされるべきだというふうに考えております。


 そういう点では、今回この決議として提案されております森林環境税、県税という形、県民税というような形がこの趣旨のようでありますが、私はここの最後に言われている県民全体で守り育てるために森林環境税ということですが、これが果たしてそういうものに結びつくのかどうかというのは、税制のあり方として問題点があるというふうに思いますが、その辺、この提案者のこの税に対する基本的な考え方、それから森林の荒廃の現状についての認識、この点についてちょっとお尋ねいたします。


○6番(門田国光君)  ただいまの質問にお答えいたしておきます。


 まず現在森林、林業につきましては、御存じのとおり危機的状況にあることは否めない事実でございます。そういった森林を守るということは、それぞれの今問題になっておりますCO2とか問題がございますので、そういった環境的に山の重要性、森林の重要性が叫ばれておりますので、そういった充実のためにこの税は使われるものと思います。そういって使わなければならないと思いますので、ぜひこの環境税の創設を望むものであります。


 以上です。


○18番(児玉征威君)  私はこれをやって森林環境税として大した税収じゃないと思うんですね。だからこれを取ったからといって、今の森林の荒廃の解決にはやっぱり私は当たらないと、税そのものはですね。


 そうなりますと、やはり国全体がこの問題にどう取り組むかというこれの問題の解決なくして、今の森林の荒廃の解決はないんじゃないかというふうに私は思います。


 だからそういう点では、この環境税は問題が私はあると思いますので、答弁は要りませんが、そういう立場で私はこの決議案には反対をしたいと思います。


 以上です。


○議長(森 光昭君)  ほかにありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  ないようでありますので、質疑を終結いたします。





◎委員会付託省略


○議長(森 光昭君)  お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第20号及び議員提出議案第21号の2件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。


 よって本2件については委員会の付託を省略することに決しました。





◎討 論


○議長(森 光昭君)  これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


 ないようでありますので、討論を終結いたします。





◎採 決


○議長(森 光昭君)  これより、採決いたします。


 まず、議員提出議案第20号を採決いたします。


 本件は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(森 光昭君)  御異議なしと認めます。


 よって本件は原案のとおり可決されました。


 次に、議員提出議案第21号を採決いたします。


 本件は原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


    (賛成者起立)


○議長(森 光昭君)  起立多数であります。


 よって本件は可決されました。





○議長(森 光昭君)  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 これにて、平成17年第5回串間市議会定例会を閉会いたします。


(午後 3時41分閉会)