議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 日向市

平成15年  5月 臨時会(第3回) 05月13日−01号




平成15年  5月 臨時会(第3回) − 05月13日−01号







平成15年  5月 臨時会(第3回)



  議案日程                            第一号

                    平成十五年五月十三日午前十時二分開会

日程第一 議長の選挙

日程第二 会期の決定

日程第三 副議長の選挙

日程第四 議席の指定

日程第五 会議録署名議員の指名

日程第六 各常任委員会委員の選任

日程第七 議会運営委員会委員の選任

日程第八 議会運営委員会閉会中の継続審査事件

日程第九 各特別委員会設置並びに委員の選任

日程第十 一部事務組合議会等議員の選挙

日程第十一 各種委員の推薦

日程第十二 市長提出議案第四八号審議(上程、提案理由説明、質疑、討論)

追加日程第十三 会期の延長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 一、臨時議長の決定

 二、仮議席の指定

 三、議長の選挙

 四、会期の決定

 五、副議長の選挙

 六、議席の指定

 七、会議録署名議員の指名

 八、各常任委員会委員の選任

 九、議会運営委員会委員の選任

 十、議会運営委員会閉会中の継続審査事件

十一、各特別委員会設置並びに委員の選任

十二、一部事務組合議会議員等の選挙

十三、各種委員の推薦

十四、市長提出議案第四八号

十五、会期の延長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              出席議員(二十六名)

                  一番  甲斐敏彦君

                  二番  日高博之君

                  三番  柏田公和君

                  四番  黒木末人君

                  五番  溝口 孝君

                  六番  松葉通明君

                  七番  鈴木三郎君

                  八番  日高一直君

                  九番  黒木円治君

                  十番  片田正人君

                 十一番  鈴木富士男君

                 十二番  河野有義君

                 十三番  岩崎寿男君

                 十四番  甲斐誠二君

                 十五番  岩切 裕君

                 十六番  赤木紀男君

                 十七番  黒木敏雄君

                 十八番  黒木 優君

                 十九番  西村豪武君

                 二十番  松木良和君

                二十一番  松本弘志君

                二十二番  江並 孝君

                二十三番  坂口英治君

                二十四番  荻原紘一君

                二十五番  那須和代君

                二十六番  黒木万治君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        説明のための当局出席者

             市長       山本孫春君

             助役       弓削哲郎君

             収入役      黒木國衛君

             総務課長     黒木久典君

             職員課長     鈴木一治君

             企画課長     後藤 明君

             財政課長     林 雄治君

             契約管理課長   萩原義仁君

             建設課長     田辺英雄君

             福祉事務所長   富山栄子君

             監査委員     西澤司瓏君

             監査委員

                      村田育生君

             事務局長

             教育長      宮副正克君

             教育次長     土工冨志夫君

             社会教育課長   山本正志君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        議会事務局出席者

             局長       日高利夫君

             局長補佐     中里光男君

             議事係長     大久保雅登君

             主査       柏田武浩君

             主査       藤本一三君

             主事       東原留美子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一、臨時議長の決定



◎議会事務局長(日高利夫君) おはようございます。一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第百七条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。出席議員中、黒木敏雄議員が年長の議員でありますので御紹介申し上げます。黒木敏雄議員、議長席にどうぞ。



○臨時議長(黒木敏雄君) おはようございます。ただいま紹介されました黒木敏雄でございます。地方自治法百七条の規定により、臨時に議長の職務を行います。もとより議長選挙が終わるまでの限られた時間でありますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前十時二分



○臨時議長(黒木敏雄君) ただいまから平成十五年第三回日向市議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△二、仮議席の指定



○臨時議長(黒木敏雄君) 議事の進行上、仮議席を指定します。仮議席は、ただいま着席の議席を指定します。

 ここで、御了解を得ておきたいと存じます。本日の議事は、最初に議会構成の決定をしなければなりませんので、議会構成が終わるまでの間、市当局の出席は御遠慮願った方がよろしいかと思いますので、御了解を願います。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午前十時三分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前十時三分



○臨時議長(黒木敏雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 議長選挙



○臨時議長(黒木敏雄君) 日程第一、議長の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法は投票、指名推選のいずれの方法で行いますか。

    〔「投票」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(黒木敏雄君) それでは選挙の方法は投票で行います。議場を閉鎖します。

    〔議場閉鎖〕



○臨時議長(黒木敏雄君) ただいまの出席議員数は二十六人であります。投票用紙を配付します。

    〔投票用紙配付〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。

    〔投票箱点検〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 異常なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。事務局長に点呼を命じます。



◎議会事務局長(日高利夫君) それでは点呼いたします。

 お名前を仮議席順に呼び上げますので、順次御投票願います。

 二番岩崎寿男議員、三番黒木円治議員、四番甲斐誠二議員、五番片田正人議員、六番鈴木富士男議員、七番鈴木三郎議員、八番柏田公和議員、九番日高一直議員、十番河野有義議員、十一番黒木末人議員、十二番赤木紀男議員、十三番岩切裕議員、十四番日高博之議員、十五番松葉通明議員、十六番甲斐敏彦議員、十七番黒木優議員、十八番溝口孝議員、十九番西村豪武議員、二十番松木良和議員、二十一番松本弘志議員、二十二番江並孝議員、二十三番坂口英治議員、二十四番荻原紘一議員、二十五番那須和代議員、二十六番黒木万治議員、最後は臨時議長であります一番黒木敏雄議員。以上でございます。



○臨時議長(黒木敏雄君) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。

    〔投票箱閉鎖〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場閉鎖解除〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 開票を行います。

 会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に岩崎寿男議員、甲斐誠二議員を指名します。立ち会いを願います。

    〔開票〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 選挙の結果を報告します。

 投票総数二十六票、これは先ほどの出席議員数に符号しております。

 そのうち、有効投票二十六票、無効投票ゼロ票。有効投票中、甲斐敏彦議員十六票、松木良和議員七票、荻原紘一議員三票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は七票であります。したがって、甲斐敏彦議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました甲斐敏彦議員が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定による当選の告知をします。

 それでは、議長に当選されました甲斐敏彦議員のごあいさつをお受けしたいと思います。御登壇を願います。



◆十六番(甲斐敏彦君) 〔登壇〕ただいま議員各位の多数の御支持によりまして、不肖私が議長の席に着くことになりました。身に余る光栄であります。と同時に、身の引き締まる思いであります。もともと浅学非才でありまして、その大役を全うするに危惧を抱いておりますが、自分なりに一生懸命頑張りまして、その任を果たす覚悟であります。皆様の御支持をよろしくお願いいたしたいと思います。

 地方の時代であります。そして、地方の行政、議会、非常に重要な時期であることは今さら論をまたないところであります。市政の発展のために、また行政の皆さんとともに、議会の円滑な運営に市民の立場で努力をいたしたいと思っております。皆様の御指導と御叱正、御鞭撻をお願いいたしまして、議長就任のあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。〔拍手〕〔降壇〕



○臨時議長(黒木敏雄君) 以上をもちまして、臨時議長の職務をすべて終了しました。皆様の御協力、まことにありがとうございました。

 甲斐敏彦議長、議長席に着席願います。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午前十時二十分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前十時三十一分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第二 会期の決定



○議長(甲斐敏彦君) 日程第二、会期の決定を議題とします。お手元に会期及び議事日程案が配付されておりますが、議会運営委員会が未設置でありますので、事務局長に説明させます。



◎議会事務局長(日高利夫君) それでは、御説明申し上げます。

 議会の会期及び議事日程につきましては、本来、議会運営委員長が審査の経過と結果について御報告申し上げるわけでございますが、先ほど議長からお話のありましたように、議会運営委員会が未設置でございますので、私からお手元に配付いたしております会期及び議事日程案に基づきまして御説明申し上げます。

 本臨時会の日程は、まず、日程第一が既に選挙が行われました議長の選挙でございますので、日程第二から御説明を申し上げます。

 日程第二、会期の決定でございます。一応、案にお示ししておりますように、会期を本日一日間といたしております。

 次は、日程第三、副議長の選挙でございます。

 次は、日程第四、議席の指定でございます。議席の指定は、議長に専属する権限事項でございますので、後ほど議長が指定いたします。

 次は、日程第五、会議録署名議員の指名でございます。この指名は二人となっておりますが、従来、議会ごと交互に、例えば二番と二十六番、三番と二十五番という指名が慣例となっております。

 次は、日程第六、常任委員会委員の選任でございます。所属委員の選任決定後、休憩をとりまして、各常任委員会で正副委員長の互選ということになります。

 次は、日程第七、議会運営委員会委員の選任でございます。選任の決定がございましたら休憩をとりまして、議会運営委員会で正副委員長の互選ということになります。

 次は、日程第八、議会運営委員会閉会中の継続審査事件でございますが、本件は、議会運営委員会が定例会または臨時会の会期及び議事日程に関する審査を閉会中も行えるよう会期不継続の原則の例外として議決をしておくものであります。

 次は、日程第九、特別委員会設置並びに委員の選任でございます。特別委員会の設置議決後、委員の選任を行い、休憩をとりまして各特別委員会で正副委員長の互選ということになります。

 次は、日程第十、一部事務組合議会等議員の選挙でございます。これは宮崎県北部広域行政事務組合の理事会代表理事及び日向東臼杵南部広域連合の連合長から、組合議会議員・連合議会議員を規約に定めるところにより、選挙してほしいとの要請に基づくものであります。

 次は、日程第十一、各種委員の推薦でございます。各種委員は、市長から推薦依頼がありました民生委員推薦会委員二人、環境保全審議会委員二人、企業立地促進審議会委員二人、農村婦人の家運営審議会委員一人、都市計画審議会委員五人、福祉のまちづくりバリアフリー懇話会委員一人、介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画策定委員会委員二人、個人情報保護審議会委員二人、日向市・門川町・東郷町任意合併協議会委員二人、教育長から推薦依頼のありました日向市立小中学校通学区域審議会委員四人、伝統的建造物群保存地区保存審議会委員一人、伝統的建造物群保存地区施設運営審議会委員一人、公民館運営審議会委員一人、学校給食共同調理場運営審議会委員一人、土地開発公社理事長から推薦依頼のありました公社役員の理事六人、監事一人、社会福祉協議会会長から推薦依頼のありました評議員二人であります。

 次は、日程第十二、市長提出議案第四八号監査委員の選任についての審議でございます。

 本件につきましては、先例によりまして、委員会付託を省略し、一審議で採決まで行う予定にいたしております。

 以上、本臨時会の会期及び議事日程につきましてその概要を申し上げましたが、議事の都合によりましては、時間の延長、または会期の延長もあり得るものと存じます。よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。以上でございます。



○議長(甲斐敏彦君) ただいま事務局長に説明させました会期及び議事日程案につきまして質疑を許します。質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 質疑を終わります。

 お諮りします。本臨時会の会期は、ただいま事務局長の説明のとおり、本日一日間とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、会期は本日一日間と決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第三 副議長選挙



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第三、副議長の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法は投票、指名推選のいずれの方法で行いますか。

    〔「投票」と呼ぶものあり〕



○議長(甲斐敏彦君) それでは選挙は投票の方法で行います。議場を閉鎖します。

    〔議場閉鎖〕



○議長(甲斐敏彦君) ただいまの出席議員は二十六人であります。投票用紙を配付します。

    〔投票用紙配付〕



○議長(甲斐敏彦君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。

    〔投票箱点検〕



○議長(甲斐敏彦君) 異常なしと認めます。念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。事務局長に点呼を命じます。



◎議会事務局長(日高利夫君) それでは点呼いたします。

 お名前を仮議席順に呼び上げますので、順次御投票願います。

 一番黒木敏雄議員、二番岩崎寿男議員、三番黒木円治議員、四番甲斐誠二議員。五番片田正人議員、六番鈴木富士男議員、七番鈴木三郎議員、八番柏田公和議員、九番日高一直議員、十番河野有義議員、十一番黒木末人議員、十二番赤木紀男議員、十三番岩切裕議員、十四番日高博之議員、十五番松葉通明議員、十七番黒木優議員、十八番溝口孝議員、十九番西村豪武議員、二十番松木良和議員、二十一番松本弘志議員、二十二番江並孝議員、二十三番坂口英治議員、二十四番荻原紘一議員、二十五番那須和代議員、二十六番黒木万治議員、最後は議長であります十六番甲斐敏彦議員。以上でございます。



○議長(甲斐敏彦君) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。

    〔投票箱閉鎖〕



○議長(甲斐敏彦君) 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場閉鎖解除〕



○議長(甲斐敏彦君) 開票を行います。

 会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に柏田公和議員、河野有義議員を指名します。立ち会いを願います。

    〔開票〕



○議長(甲斐敏彦君) 選挙の結果を報告します。投票総数二十六票、これは先ほどの出席議員数に符号しております。そのうち、有効投票二十六票、無効投票ゼロ票。有効投票中、西村豪武議員十六票、坂口英治議員七票、黒木万治議員三票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は七票であります。したがって、西村豪武議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました西村豪武議員が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定による当選の告知をします。

 それでは副議長に当選されました西村豪武議員のごあいさつをお受けしたいと思います。御登壇を願います。



◆十九番(西村豪武君) 〔登壇〕ただいま行われました副議長の選挙におきまして多くの皆さんの御推挙をいただきまして、不肖私、西村豪武が副議長ということで、任期中、精いっぱい私なりに頑張って、会の進行を議長を補佐していきたいと思いますので、議員の皆さんの今後の叱咤激励、そしてまた、日向市を取り巻く政治的な環境、未解決の事項について一緒に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。〔拍手〕〔降壇〕



○議長(甲斐敏彦君) ここでしばらく休憩します。



△休憩 午前十時五十三分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後十二時四分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第四 議席の指定



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第四、議席の指定を行います。議席は、会議規則第四条第一項の規定により、議長において指定します。

 議員の氏名とその議席の番号を事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(日高利夫君) それでは朗読いたします。

 一番甲斐敏彦議員、二番日高博之議員、三番柏田公和議員、四番黒木末人議員、五番溝口孝議員、六番松葉通明議員、七番鈴木三郎議員、八番日高一直議員、九番黒木円治議員、十番片田正人議員、十一番鈴木富士男議員、十二番河野有義議員、十三番岩崎寿男議員、十四番甲斐誠二議員、十五番岩切裕議員、十六番赤木紀男議員、十七番黒木敏雄議員、十八番黒木優議員、十九番西村東武議員、二十番松木良和議員、二十一番松本弘志議員、二十二番江並孝議員、二十三番坂口英治議員、二十四番荻原紘一議員、二十五番那須和代議員、二十六番黒木万治議員。以上でございます。



○議長(甲斐敏彦君) ただいま事務局長が朗読したとおり、議席を指定します。議席の移動をお願いします。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後十二時七分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後一時十分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第五 会議録署名議員の指名



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第五、会議録署名議員の指名を行います。本臨時会の会議録署名議員は会議規則第八十一条の規定により二番日高博之議員と二十六番黒木万治議員を指名します。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後一時十一分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後一時二十四分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第六 各常任委員会委員の選任



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第六、各常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により、総務常任委員会委員に黒木末人議員、黒木優議員、鈴木富士男議員、岩切裕議員、黒木万治議員、河野有義議員、甲斐敏彦君、以上七人を、文教厚生常任委員会委員に日高博之議員、柏田公和議員、黒木円治議員、西村豪武議員、江並孝議員、赤木紀男議員、荻原紘一議員、以上七人を、経済常任委員会委員に松葉通明議員、溝口孝議員、片田正人議員、黒木敏雄議員、那須和代議員、松本弘志議員、以上六人を、建設常任委員会委員に鈴木三郎議員、日高一直議員、岩崎寿男議員、坂口英治議員、甲斐誠二議員、松木良和議員、以上六人をそれぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員を各常任委員会委員に選任することに決定しました。各常任委員会は委員会条例第九条第一項の規定により、直ちに委員会を開き正副委員長の互選を行い、互選の結果を議長まで御報告願います。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後一時二十七分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後一時四十七分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員会から正副委員長の互選の結果の通知がありましたので報告します。総務常任委員会委員長岩切裕議員、副委員長鈴木富士男議員。文教厚生常任委員会委員長江並孝議員、副委員長赤木紀男議員。経済常任委員会委員長松本弘志議員、副委員長片田正人議員。建設常任委員会委員長、日高一直議員、副委員長岩崎寿男議員。以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第七 議会運営委員会委員の選任



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第七、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により黒木円治議員、片田正人議員、岩切裕議員、黒木優議員、松本弘志議員、江並孝議員、荻原紘一議員、以上七人を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました七人の議員を議会運営委員会委員に選任することに決定しました。

 議会運営委員会は、委員会条例第九条第一項の規定により、直ちに委員会を開き、正副委員長の互選を行い、互選の結果を議長まで御報告願います。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後一時五十分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後二時七分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議会運営委員会から正副委員長の互選の結果の通知がありましたので報告します。議会運営委員会委員長黒木優議員、副委員長岩切裕議員。以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第八 議会運営委員会の閉会中の継続審査事件



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第八、議会運営委員会の閉会中の継続審査事件を議題とします。

 お諮りします。議会運営委員会の定例会、または臨時会の会期及び議事日程に関する審査については、ただいま選任された委員の任期中、これを閉会中の継続審査事件とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議会運営委員会の定例会、または臨時会の会期及び議事日程については、ただいま選任された委員の任期中、これを閉会中の継続審査事件とすることに決定しました。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後二時八分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後四時五十分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△時間の延長



○議長(甲斐敏彦君) 本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめ延長します。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後四時五十一分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後七時四十六分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第九 各特別委員会の設置並びに委員の選任



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第九、各特別委員会の設置並びに委員の選任についてを議題とします。

 お諮りします。まず、駅前周辺整備及び中心市街地の活性化問題の調査・研究を行い対策を検討するため、六人の委員をもって構成する都市整備問題対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本件については、六人の委員をもって構成する都市整備問題対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 それでは委員の選任を行います。お諮りします。委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により、黒木万治議員、赤木紀男議員、松木良和議員、坂口英治議員、溝口孝議員、黒木優議員、以上六人を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員を都市整備問題対策特別委員会委員に選任することに決定しました。

 次は、ごみ問題、水問題、公害問題及び自然環境の保全並びに日向サンパーク温泉施設「お舟出の湯」の再生問題について調査・研究を行い対策を検討するため、六人の委員をもって構成する環境問題対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本件については、六人の委員をもって構成する環境問題対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 それでは委員の選任を行います。お諮りします。委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により、那須和代議員、甲斐誠二議員、日高博之議員、黒木円治議員、黒木敏雄議員、松葉通明議員、以上六人を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員を環境問題対策特別委員会委員に選任することに決定しました。

 次は、地方分権の推進及び自治権の拡大など地方自治制度に関する問題、並びに市町村合併問題等について調査・研究を行い対策を検討するため、六人の委員をもって構成する広域行政対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本件については六人の委員をもって構成する広域行政対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 それでは委員の選任を行います。お諮りします。委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により、荻原紘一議員、岩切裕議員、片田正人議員、江並孝議員、鈴木三郎議員、黒木末人議員、以上六人を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員を広域行政対策特別委員会委員に選任することに決定しました。

 次は、高速交通、港湾整備及び細島臨海工業地域の有効活用問題、並びに雇用及び失業問題について調査・研究を行い対策を検討するため、六人の委員をもって構成する交通・物流問題等対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本件については、六人の委員をもって構成する交通・物流問題等対策特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 それでは委員の選任を行います。お諮りします。委員の選任については、委員会条例第七条第一項の規定により、鈴木富士男議員、柏田公和議員、日高一直議員、河野有義議員、松本弘志議員、岩崎寿男議員、以上六人を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員を交通・物流問題等対策特別委員会委員に選任することに決定しました。

 各特別委員会は委員会条例第九条第一項の規定により、直ちに委員会を開き、正副委員長の互選を行い、議長まで報告願います。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後七時五十五分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後八時十八分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各特別委員会から正副委員長の互選の結果の通知がありましたので報告します。

 都市整備問題対策特別委員会委員長赤本紀男議員、副委員長溝口孝議員。環境問題対策特別委員会委員長黒木円治議員、副委員長甲斐誠二議員。広域行政対策特別委員会委員長片田正人議員、副委員長黒木末人議員。交通・物流問題等対策特別委員会委員長鈴木富士男議員、副委員長河野有義議員。以上です。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後八時十九分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後九時一分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十 一部事務組合議会等議員の選挙



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第十、一部事務組合議会等議員の選挙を行います。宮崎県北部広域行政事務組合議会議員及び日向東臼杵南部広域連合議会議員の選挙であります。宮崎県北部広域行政事務組合理事会代表理事から宮崎県北部広域行政事務組合議会議員三人、日向東臼杵南部広域連合長から日向東臼杵南部広域連合議会議員七人を、いずれも規約の定めるところにより、選挙することの依頼が参っております。

 お諮りします。選挙の方法につきましては、地方自治法第百十八条第二項の規定により、指名推選の方法によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選の方法によることに決定しました。

 お諮りします。指名は議長がすることにしたいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 まず、宮崎県北部広域行政事務組合議会議員に江並孝議員、岩切裕議員、黒木末人議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました議員を宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の当選人とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員が宮崎県北部広域行政事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま宮崎県北部広域行政事務組合議会議員に当選されました三人の議員が議場におられますので、全員に本席から会議規則第三十二条第二項の規定により、当選の告知をします。

 次に、日向東臼杵南部広域連合議会議員に鈴木三郎議員、片田正人議員、黒木優議員、岩切裕議員、松本弘志議員、江並孝議員、甲斐敏彦議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました議員を日向東臼杵南部広域連合流会議員の当選人とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました議員が日向東臼杵南部広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま日向東臼杵南部広域連合議会議員に当選されました七人の議員が議場におられますので、全員に本席から会議規則第三十二条第二項の規定により、当選の告知をします。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後九時五分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後十時四十九分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十一 各種委員の推薦



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第十一、各種委員の推薦であります。

 市長から推薦依頼のありました民生委員推薦会委員二人、環境保全審議会委員二人、企業立地促進審議会委員二人、農村婦人の家運営審議会委員一人、都市計画審議会委員五人、福祉のまちづくりバリアフリー懇話会委員一人、介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画策定委員会委員二人、個人情報保護審議会委員二人、日向市・門川町・東郷町任意合併協議会委員二人、及び教育長から推薦依頼のありました日向市立小中学校通学区域審議会委員四人、伝統的建造物群保存地区保存審議会委員一人、伝統的建造物群保存地区施設運営審議会委員一人、公民館運営審議会委員一人、学校給食共同調理場運営審議会委員一人、並びに土地開発公社理事長から推薦依頼のありました公社役員の理事六人、監事一人、さらに社会福祉協議会会長から推薦依頼のありました評議員二人の推薦についてであります。

 お諮りします。各種委員の推薦については、議長が指名したいと思います。御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議長において指名することに決定しました。それでは指名します。

 まず、民生委員推薦会委員に江並孝議員、赤木紀男議員を、次に、環境保全審議会委員に黒木円治議員、松葉通明議員を、次に、企業立地促進審議会委員に甲斐敏彦議員、松本弘志議員を、次に、農村婦人の家運営審議会委員に松本弘志議員を、次に、都市計画審議会委員に甲斐誠二議員、坂口英治議員、那須和代議員、黒木末人議員、河野有義議員を、次に、福祉のまちづくりバリアフリー懇話会委員に柏田公和議員を、次に、介護保険事業計画及び高齢者保健福祉計画策定委員会委員に江並孝議員、赤木紀男議員を、次に、個人情報保護審議会委員に鈴木富士男議員、河野有義議員を、次に、日向市・門川町・東郷町任意合併協議会委員に甲斐敏彦議員、片田正人議員を、次に、日向市立小中学校通学区域審議会委員に日高博之議員、黒木円治議員、柏田公和議員、赤木紀男議員を、次に、伝統的建造物群保存地区保存審議会委員に西村豪武議員を、次に、伝統的建造物群保存地区施設運営審議会委員に荻原紘一議員を、次に、公民館運営審議会委員に西村豪武議員を、次に、学校給食共同調理場運営審議会委員に荻原紘一議員を、次に、土地開発公社役員の理事に赤木紀男議員、荻原紘一議員、黒木優議員、日高博之議員、柏田公和議員、甲斐敏彦議員、監事に西村豪武議員を、次に、社会福祉協議会評議員に江並孝議員、赤木紀男議員を指名します。

 お諮りします。ただいま指名しました議員をそれぞれ推薦することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しましたとおり推薦することに決定しました。

 ここでしばらく休憩します。



△休憩 午後十時五十四分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後十一時五分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十二 市長提出議案第四八号審議(上程・提案理由説明・質疑・討論)



○議長(甲斐敏彦君) 次は、日程第十二、市長提出議案第四八号監査委員の選任についてを議題とします。

 ここで地方自治法第百十七条の規定により、七番鈴木三郎議員の退席を求めます。

    〔七番鈴木三郎議員退場〕



○議長(甲斐敏彦君) 市長に提案理由の説明を求めます。



◎市長(山本孫春君) 〔登壇〕提案理由の御説明を申し上げる前に、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、先ほど来、今期の議会構成などにつき御審議をなされ、議長に甲斐敏彦さん、副議長に西村豪武さん、また、各常任委員会、特別委員会の委員さんの選任もされ、私どもの方からお願いいたしておりました各種委員の選出もなされた旨伺ったところでございます。

 さて、皆様におかれましては、今期の市議会議員として新たな第一歩を踏み出され、みずからの政治信念を貫き、市民の信頼と負託にこたえていただくことになりますが、「初心忘れるべからず」の格言のとおり、使命感に燃え、複雑多様化する市民ニーズに的確に対応され、市政のさらなる発展に御尽力をいただきたいと存じます。

 御承知のとおり、今、我が国を取り巻く情勢は、国際化、情報化の著しい進展が見られるものの、反面、経済環境は、バブル崩壊後立ち直ることなく混迷を続け、中でも雇用情勢は史上最悪の状態にございます。

 このような中にあって、人々の価値観も大きく様変わりをしており、政治に対する市民の期待は大なるものがございます。この市民の期待にこたえていくためには、六万市民みずからが「ふるさと日向」に自信と誇りを持ち、その可能性に挑戦することが大事であるとともに、行政と議会が切瑳琢磨しながら、第四次日向市総合計画の将来像であります「誰もが住んでみたくなるまち」を目指し、積極進取の気概で、力強く前進していくことが求められているところでございます。今後とも、議員各位の一層の御理解、御協力を切にお願い申し上げます。

 それでは、平成十五年第三回日向市議会臨時会に上程の議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 御審議いただきます案件は、議案第四八号監査委員の選任についての人事案件一件でございます。

 監査委員は、地方自治法第百九十六条第一項の規定により、お一人を議員のうちから選任することになっておりますので、鈴木三郎さんに御就任をお願いしたく、御同意方、お願いするものでございます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げて、提案理由の説明にかえさせていただきます。〔降壇〕



○議長(甲斐敏彦君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより本案に対する質疑を許します。質疑はありませんか。二十四番。



◆二十四番(荻原紘一君) 簡潔に重要な点に絞って山本市長の見解をお聞きしておきます。

 今日、日向市に生を受ける監査委員の果たさなければならない役割というのは非常に大きくなってきていると判断しているところです。

 その面で、厳正に、厳格に、ごまかしをしないで、そこのところをきちんと監査をしていくという、そういう姿勢というものが今日求められているんではないか。だから、そういう点については、やっぱり監査委員というのがどういうふうに、どんな基準で、どういうようなやり方で選ばれていくべきかということも問われると私どもは考えているわけであります。この基本的な点についてのみお聞きしておきます。



◎市長(山本孫春君) 二十四番議員の質問にお答えいたします。

 監査委員の選任についてでありますが、地方行政の民主的かつ効率的な運営を保障する責任は自治体にあるとして設けられたのが監査委員であります。昭和三十八年の地方自治法で、任意設置をされていた市町村でも必置するようになっております。二名の監査委員を置くことになっていますが、一名は議会選出の監査委員というこになりまして、ただいま鈴木三郎議員を提案をさせていただいたところでありますが、監査委員の任務といたしましては、もう御承知のように、一般監査、特別監査、決算、現金・物品等の出納、工事監査、住民監査請求に係る監査、職員賠償責任の監査、行政監査、機関委任事務等についても監査をすることになっております。そういった面で議会選出の議員さんにおかれましても、当然、これらの権限に基づく監査を適正に実施していただけるものと、このように考えております。以上です。



◆二十四番(荻原紘一君) では、関連いたしまして、市長の見解を求めますが、監査委員の果たす役割という点から、監査委員が、例えば議会には常任委員会が総務委員会を初め四つありますが、そういう常任委員会の委員長というものも兼務できると思われますか。その点をひとつ監査委員の果たす役割という、そういう面から市長の見解を求めます。



◎市長(山本孫春君) ただいまの質問でありますが、監査委員は、地方公共団体の長が議会の同意を得て、人格が高潔で、普通地方公共団体の財務管理、事業の経営管理、その他行政運営に関してすぐれた知識を有する者、及び議員のうちからこれを選任すると、この場合においては、議員のうちから選任する監査委員の数は、監査委員の定数が四人のときは二人、また三人のときは一人とすると、このような規定もあります。それらに基づいて今回、議会選出の監査委員をお願いしたところであります。以上です。



◆二十四番(荻原紘一君) 私がお聞きしているのは、具体的に関連して総務委員長をしながら、例えば、監査委員というものができるのかどうかと、その点について市長の見解を求めているわけです。



◎市長(山本孫春君) お答えいたします。

 常任委員会の委員長だから監査委員ができないと、そういう規定はないと思っています。



○議長(甲斐敏彦君) 以上で質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第四八号監査委員の選任については、会議規則第三十七条第二項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本案は委員会付託を省略することに決定しました。

 ただいまから討論に入ります。討論はありませんか。二十四番。



◆二十四番(荻原紘一君) それでは、今回の監査委員の選任について、簡潔に反対討論を行います。

 今回の監査委員の選任つきまして、問題にしておかなきゃいけないことがどうしてもあるわけです。それは具体的に言っておきますけれども、土地開発公社の理事を選任する場合に、今回からこの土地開発公社の監事は、これまでは議会選出の監査の方がそのまま監事に入るというようなことでありましたけれども、これから先は理事の中から監事を選任すると、そういうようなこともありまして、一連ずっときょう人事問題についてきちんとした形で、一応、だから筋道も立てて選任も行われてきた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この監査委員の選任は、市長も御存じのとおり、議会で一応だから筋道を立てて選出をする、その中に岩切裕議員が得票もされているわけです、中身には触れませんけど。我が党市議団も責任を持って監査委員をやはり今の日向の市政に責任を持つ監査委員を選任しようという立場から必要な対応をとっているわけであります。市長は、総務委員長をしていても監査委員をできるんだと、こういうふうに言われました、問題はないんだと。私は、監査委員の役割を果たすためには、総務委員長をしながら監査委員をするというようなことなどは到底これは任務を果たし切れないと。それほど日向市の監査というものは甘いもんじゃないと私は思うんです。いろんな問題が山積しているわけです。議会がもしそういうような総務委員長をしながら監査委員もやってもいいんだというような、そういうような立場をとってはおかしいと思う。だから、私は、関連してそういうことをお聞きしているわけです。私が言っている経過の中で、鈴木三郎議員が監査委員に選任されているわけですけれども、一連の経過から言って、今度の監査委員の選任ということに至る経過というのには問題点がやっぱりあると、そういうことを申し上げて、私の反対討論としておきたいと思います。

    〔「議事運営」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 十五番岩切裕議員。



◆十五番(岩切裕君) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    〔「議事運営」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 二十四番荻原紘一議員。



◆二十四番(荻原紘一君) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



○議長(甲斐敏彦君) 討論を終わります。

 ここでもばらく休憩します。



△休憩 午後十一時二十四分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後十一時二十五分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいまから議会運営委員会を開催します。

 ここでしばらく休憩をします。



△休憩 午後十一時二十六分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後十一時五十分



○議長(甲斐敏彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加について



○議長(甲斐敏彦君) 日程の途中ですがお諮りします。会期の延長を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。会期の延長を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第十三 会期の延長



○議長(甲斐敏彦君) 会期の延長を議題とします。本臨時会の会期は本日一日間と議決されておりますが、議事の都合により、明日五月十四日まで一日間延長したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、会期を一日間延長することに決定しました。

 お諮りします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。本日はこれをもって延会することに決定しました。

 明日は午前零時十分から本会議を開き、会議を続行したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(甲斐敏彦君) 御異議なしと認めます。したがって、そのように決定しました。

 本日はこれをもって延会します。



△延会 午後十一時五十三分