議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 日南市

平成19年第5回定例会(第7号) 本文




2007年12月13日:平成19年第5回定例会(第7号) 本文

*開議前の諸報告
影山一雄議長 開議に先立ち御報告いたします。
 監査委員事務局より日監発第二十二号にて例月出納検査の結果報告を受けましたので、あらかじめその写しを配付いたしております。
─────────────── ○ ───────────────
                   =開議 午前十時二十九分=
*開 議


影山一雄議長 ただいままでの出席議員二十一名、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、お手元の議事日程第七号により進めることにいたします。
─────────────── ○ ───────────────
*日程追加の件


影山一雄議長 お諮りいたします。
 日程第一に入ります前に、磯江純一議員より発言取り消しの申し出がありましたので、日程に追加し、直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定いたしました。


影山一雄議長 しばらく休憩いたします。
                    =休憩 午前十時三十分=
                    =開議 午前十時三十分=


影山一雄議長 再開いたします。
─────────────── ○ ───────────────
*発言取消許可申し出の件


影山一雄議長 磯江純一議員から十二月六日の会議における一般質問における発言について、会議規則第六十五条の規定によりお手元に配付してあります「発言取り消し申出書」に記載した部分を取り消したいとの申し出がありました。
 お諮りいたします。
 これを許可することに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、発言取り消しの申し出を許可することに決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                   =休憩 午前十時三十一分=
                   =開議 午前十時三十一分=


影山一雄議長 再開いたします。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第一 議案第六三号から日程第二六 議案第六八号まで


影山一雄議長 日程第一議案第六三号から日程第二六議案第六八号までの二十六件を一括議題といたします。
 ただいま議題に供しました議案等につきまして、その付託をしておりました特別及び各常任委員会の委員長の審査結果の報告を求めます。
○総務文教委員長審査結果報告


影山一雄議長 最初に、総務文教委員会に審査を付託しておりました日程第一議案第六三号から日程第五陳情第三二号までの以上五件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


田中重信総務文教委員長(登壇) 私ども総務文教委員会に付託を受けました議案三件、陳情二件について、審査した結果等を報告いたします。
 初めに、議案第六三号日南市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、日本年金機構法が公布され、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行日が改められたことに伴い、本市条例についてもこれに応ずる改正を行う必要があるため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六四号日南市公園条例の一部を改正する条例です。
 本案は、天福公園及び日南総合運動公園陸上競技場の改修に伴い、施設等の使用料について所要の改正を行う必要があるため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、次の意見要望が付言されましたので申し添えます。
 陸上競技場の使用料金設定について、個人利用者においては回数券で配慮している旨の説明を受けたが、委員会としては不十分であるとの意見が多い。施設改修の際の理由の一つであった市民の体力及び健康増進のためにも、高齢者や、早朝にジョギング、ウオーキングで施設を利用される方などに配慮し、再度、検討されるよう要望する。
 次に、議案第七六号日南市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じて、本市一般職の職員の給料月額等について所要の改正を行う必要があるため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、陳情第三二号陳情書「学校施設の整備の要望について」ですが、採決の結果、全員賛成をもって採択すべきものと決しました。
 最後に、閉会中の継続審査となっておりました、陳情第二十三号「青少年の健全育成に関する基本法」の制定を求める意見書提出についての陳情書ですが、さらに調査・検討を要するとの意見が多数を占め、閉会中の継続審査と決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの総務文教委員長の報告に対して質疑を許します。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。


九番(井福秀子議員) 議案第六四号日南市公園条例の一部を改正する条例について反対討論を行います。
 使用料の改正の考え方として、陸上競技場はジョギングや短時間使用の個人使用が多いことから新たに個人の区分の使用を設定した。また、夜間の使用も多いことから照明施設の充実により新たに夜間時間帯を設定したとあります。市民はジョギングをしたりウオーキングをしたりと健康増進のために毎日のように励んでいる方がおられます。安心・安全に運動できるためにもわざわざ運動公園まで出かけられる方がたくさんおられます。
 きのうの吾田区長会の懇談会のときもその意見が出て、ほとんどの区長さんが無料から有料になることに異議があるようでした。有料になることによって気軽に運動もできないということになるのではないでしょうか。今までどおり市民のグラウンドとして無料で市民に開放するように訴えまして討論を終わります。


影山一雄議長 ほかにございませんか。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決いたします。
 議案第六三号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六三号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六四号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手をお願いします。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議案第六四号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七六号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七六号は原案のとおり可決されました。
 次に、陳情第二三号に対する委員長の報告は閉会中の継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、陳情第二三号は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
 次に、陳情第三二号に対する委員長の報告は採択とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、陳情第三二号は採択することに決定いたしました。
○環境福祉委員長審査結果報告


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、環境福祉委員会に付託しておりました日程第六議案第五七号から日程第一五陳情第三一号までの以上十件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


坂口義弘環境福祉委員長(登壇) 私ども環境福祉委員会に付託を受けました議案八件、陳情二件につきまして、審査しました結果について御報告を申し上げます。
 まず、議案第五七号平成十九年度日南市国民健康保険特別会計補正予算であります。
 今回の補正は、一般被保険者の保険税還付金及び予備費を追加計上しているものです。
 補正額は二千三百二十万三千円で、補正後の予算総額は六十億六千四百五十八万三千円となります。
 歳入につきましては、後期高齢者医療の創設準備にかかわる事務費補助金及び一般会計繰入金の追加などが主なものです。
 次に、議案第五八号平成十九年度日南市老人保健特別会計補正予算についてであります。
 今回の補正は、予算科目内の組みかえで、補正後の予算総額に変更はありません。
 歳入につきましては、平成十八年度医療費精算による国庫負担金の追加及び一般会計繰入金の減額が主なもので、そのほか後期高齢者医療の創設準備に係る事務費補助金を減額計上しているものです。
 次に、議案第五九号平成十九年度日南市介護保険特別会計補正予算であります。
 今回の補正は、保険給付費の追加及び介護保険運営基金積立金の減額を計上しているものです。
 補正額は一億四千三百六十九万八千円で、補正後の予算総額は三十五億五千七百二十六万四千円となります。
 歳入につきましては、保険給付費に係る国県支出金及び支払基金交付金等を追加計上しているものです。
 いずれの議案も、採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六五号日南市ごみのぽい捨て及び犬等のふんの放置の防止並びに公共の場所における喫煙の制限に関する条例についてであります。
 本案は、市民等が協働して地域の美化を推進し、清潔で快適な生活環境を維持するため、ごみのぽい捨て等を制限する条例を制定するものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、次の意見要望が付言されましたので申し添えます。
 観光都市日南にふさわしい環境を確保するため、野良猫対策について検討するなど、市民の道徳意識の向上と条例の実効性が図られるよう努力していただきたい。
 次に、議案第六六号日南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例でありますが、国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が公布され、国民健康保険税の特別徴収に関する措置が講じられることに伴い、本市条例についてもこれに応ずる改正を行うものであります。
 採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、追加付託を受けました議案第六九号平成十九年度日南市国民健康保険特別会計補正予算、議案第七〇号平成十九年度日南市老人保健特別会計補正予算、及び議案第七一号平成十九年度日南市介護保険特別会計補正予算であります。
 今回の補正は、人事院の給与勧告に準じ、給与等の改定や職員の人事異動に伴う調整を行うものです。
 議案第六九号平成十九年度日南市国民健康保険特別会計の補正額は、二百四万九千円の減額で、補正後の予算総額は六十億六千二百五十三万四千円となります。
 議案第七〇号平成十九年度日南市老人保健特別会計の補正額は百二十万五千円の減額で、補正後の予算総額は六十億七千七十九万五千円となります。
 議案第七一号平成十九年度日南市介護保険特別会計の補正額は四百九十三万四千円の追加で、補正後の予算総額は三十五億六千二百十九万八千円となります。
 いずれの議案も、採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、陳情第三〇号身近な地域で安心して出産できる助産所の存続を求める意見書の提出を求める陳情書につきましては、採決の結果、全員賛成をもって採択すべきものと決しました。
 次に、陳情第三一号後期高齢者医療制度の充実を求める陳情につきましては、今後、さらに調査・検討を要するとの意見が多数を占め、閉会中の継続審査とするものと決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの環境福祉委員長の報告に対して質疑を許します。


二十番(磯江純一議員) 陳情第三〇号でありますけれども、だんだん出産が少なくなってきているこの時代に、これが必要であったのかどうか。その審議がされたのかお伺いします。


坂口義弘環境福祉委員長 ちょっと一部聞き取れないところがありましたけれども。子供が少なくなって必要があるのかというお話でありますが、議論の中では、この助産院というのが日南市にある程度存続をすれば、さらに医療の安心といいますか、医者もこんなにたくさんは要らなくてそんなに医師不足を騒がなくてもいい。助産院がふえることによって安心して地域で出産ができる体制が整うということであります。
 現実問題としては、日南市には助産院が一カ所しか現在ありません。県南、南那珂地区を見た場合に、病院といいますか、先生がいらっしゃるところは県南に四カ所、日南市に三カ所であります。そういう面では、母子の安全・安心ということを考えますと、ぜひとも今後とも増加する方向が望ましいのではないかという環境福祉委員会の結論であります。


影山一雄議長 いいですか。ほかにございませんか。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。


九番(井福秀子議員) 議案第六六号日南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について反対討論を行います。
 この条例は年金給付を受けている六十五歳以上の国民健康保険の被保険者についても保険税を特別徴収の方法によって徴収するというものです。つまり、年金から保険税を天引きするということです。どのくらいの人が年金天引きされるのかは三月末でないとわからないということですが、日南市の六十五歳から七十四歳までの前期高齢者は九月末現在六千四百二十四人おられます。この中には社会保険の方もおられるでしょうし、年金をまだ受けていない方もおられると思います。
 国保加入世帯の所得状況は、平成十九年度で所得税が課税されない所得三十三万円以下の世帯が五千百九十七世帯で四六・一五%を占めています。そのうち所得ゼロは四千七十世帯で三六・一四%あります。この数字を見てもいかに国保世帯の皆さんの生活が大変な方が多いのかということがわかります。どうしても保険税が納められない世帯も一千世帯を超えており、税務課と相談をされ、短期保険証の交付を受けておられる世帯も平成十八年度で七百五十五世帯となっています。これが年間十八万円以上の収入があると年金から天引きされるというのですから大変なことです。
 今でも六十五歳以上は介護保険料が年金天引きとなっていますので、介護と国保合わせると相当の金額になります。相談もできないということになり、毎日の生活がますます大変になってまいります。若いうちは元気でも高齢になりますといつ体調を崩すかわかりません。医者にもかかれなくなってしまいます。本当に苦しい人が苦しめられる条例ですので、反対いたします。


影山一雄議長 ほかにございませんか。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決いたします。
 議案第五七号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第五七号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第五八号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第五八号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第五九号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第五九号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六五号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六五号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六六号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議案第六六号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六九号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六九号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七〇号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七〇号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七一号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七一号は原案のとおり可決されました。
 次に、陳情第三〇号に対する委員長の報告は採択とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、陳情第三〇号は採択することに決定いたしました。
 次に、陳情第三一号に対する委員長の報告は閉会中の継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、陳情第三一号は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
○産業経済委員長審査結果報告


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、産業経済委員会に付託しておりました日程第一六議案第六〇号から日程第二四陳情第二九号までの以上九件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


長友昭三郎産業経済委員長(登壇) 私ども産業経済委員会に付託を受けました議案八件、陳情一件について、審査した結果等を報告いたします。
 初めに、議案第六〇号平成十九年度日南市漁業集落排水特別会計補正予算です。
 今回の補正は予算科目内の組みかえで、補正後の予算総額に変更はありません。補正の内容は、一般会計繰入金の減額及び前年度繰越金の追加計上です。また、漁業集落排水処理施設及びポンプ場維持管理業務に係る債務負担行為を計上しています。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六一号平成十九年度日南市水道事業会計補正予算です。
 資本的収入の補正額は一千五百五十万円の減額で、補正後の予算総額は一億九千四百九十万円、資本的支出の補正額は二千百九十万円で、補正後の予算総額は五億四千九百万円となります。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六二号平成十九年度日南市下水道事業会計補正予算です。
 資本的収入の補正額は八億九千七十八万九千円で、補正後の予算総額は十六億三千八百二十二万三千円、資本的支出の補正額は八億九千七十八万九千円で、補正後の予算総額は十八億六千四百七十八万九千円となります。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六七号日南市美しいまちづくり景観基本条例の一部を改正する条例です。
 本案は、港町油津景観計画の策定に伴い、特定届け出対象行為等を定めるため所要の改正を行うものであります。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第七二号平成十九年度日南市簡易水道特別会計補正予算、議案第七三号平成十九年度日南市漁業集落排水特別会計補正予算、議案第七四号平成十九年度日南市水道事業会計補正予算、議案第七五号平成十九年度日南市下水道事業会計補正予算です。
 今回の補正は、人事院の給与勧告に準じ、給与等の改定や職員の人事異動に伴う調整を行うものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、陳情第二九号JR不採用問題の早期解決に関する意見書提出を求める陳情書ですが、さらに調査・検討を要するとの意見が多数を占め、閉会中の継続審査と決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの産業経済委員長の報告に対して質疑を許します。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決いたします。
 議案第六〇号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六〇号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六一号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六一号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六二号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六二号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第六七号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第六七号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七二号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七二号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七三号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七三号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七四号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七四号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第七五号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七五号は原案のとおり可決されました。
 次に、陳情第二九号に対する委員長の報告は閉会中の継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、陳情第二九号は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
○予算審査特別委員長審査結果報告


影山一雄議長 次は、予算審査特別委員会に付託しておりました日程第二五議案第五六号及び日程第二六議案第六八号につきまして、特別委員長の審査結果の報告を求めます。


豊倉照光予算審査特別委員長(登壇) 私ども予算審査特別委員会に審査を付託されました議案第五六号平成十九年度日南市一般会計補正予算及び議案第六八号平成十九年度日南市一般会計補正予算について、審査した結果等について御報告申し上げます。
 まず、審査の方法としては、各常任委員会を単位とする三つの分科会を設け、本案を分割付託し、それぞれ関係ある分科会において、休会中、関係課長等の説明を求め、慎重に審査を行ったところです。
 なお、本日、予算審査特別委員会の全体会議を開き、各分科会長の報告を求め審査しましたが、その各分科会長の報告及び各分科会長に対する質疑並びに予算の内容等については、議員各位も特別委員会の委員として本案の審査に当たられたことでもあり、ここでは省略します。
 また、討論については、日南市議会の先例に従い本会議で行うことに決定しました。
 それではまず、議案第五六号についてですが、採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第六八号についてですが、採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で審査結果等の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質疑省略の件


影山一雄議長 この際、お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案につきましては、議長を除く全議員をもって構成する特別委員会で審査した案件ですので、質疑を省略して審議したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、質疑を省略して審議することに決定しました。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより議案第五六号及び議案第六八号について一括して採決いたします。
 議案第五六号及び議案第六八号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第五六号及び議案第六八号は原案のとおり可決されました。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第二七 議案第七七号


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、日程第二七議案第七七号を議題といたします。
○提案理由説明


影山一雄議長 市長の提案理由の説明を求めます。


谷口義幸市長(登壇) ただいま議題とされました議案第七七号について提案理由の説明を申し上げます。
 議案第七七号は、日南市公平委員会の委員の選任についてであります。
 公平委員会の委員小玉十八子氏の任期が、平成十九年十二月二十二日で満了することになりますが、引き続き同委員として選任したいと存じますので、議会の同意をお願いするものであります。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。(降壇)
○質疑及び委員会付託並びに討論省略の件


影山一雄議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております人事案件につきましては、申し合わせのとおり質疑、委員会付託及び討論を省略して採決したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定しました。
○採 決


影山一雄議長 これより挙手により採決いたします。
 議案第七七号について同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第七七号は原案のとおり同意されました。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第二八 議員提出議案第一六号及び日程第二九 議員提出議案第一七号


影山一雄議長 次に移ります。
 日程第二八議員提出議案第一六号及び日程第二九議員提出議案第一七号の二件を一括議題といたします。
○質疑及び委員会付託省略の件


影山一雄議長 お諮りいたします。
 ただいま議題といたしました議案二件につきましては、申し合わせにより質疑、委員会付託を省略して審議したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、質疑、委員会付託を省略して審議することに決定いたしました。
○提出者趣旨説明


影山一雄議長 それでは、まず、議員提出議案第一六号につきまして提出者の趣旨説明を求めます。


川口敏治議会運営委員長 意見書案の朗読で趣旨説明といたします。
 道路特定財源制度に関する意見書案
 東九州地域は、鉄道等の公共交通機関の整備が不十分な中で、道路交通への依存度が極めて高いにもかかわらず、東九州自動車道を初めとする道路交通網の整備が立ちおくれております。
 道路は、活力ある地域社会を形成し、真に豊かで潤いのある生活空間の実現を図る上で最も基本的な社会資本であります。
 少子高齢化や地方分権が進められている中、地域に豊かな生活や活力ある経済・社会活動を支えるためには、体系的な道路交通網の整備が不可欠であり、高速道路、国道、県道、市町村道に至るまで、道路網の整備推進は緊急かつ最重要課題となっております。
 これまで道路特定財源は、緊急かつ計画的に道路を整備するための財源としての使命を担い、着実な道路整備が進められてきたところであります。
 今般、昨年末の道路特定財源の見直しに関する具体策に基づき、道路の中期計画の素案が示されたところでありますが、国におかれましては、地方の道路整備の重要性を深く認識され、真に必要な道路整備が着実に進められるように、次の事項について特段の御配慮を強く要望するものであります。
                記
 一、中期計画において、真に必要な道路の整備に必要な事業量を確保
すること。
 二、道路特定財源については、暫定税率の維持を図るとともに、受益
者負担趣旨にそぐわない一般財源化や転用をすることなく、すべて道路
整備に充当すること。
 三、東九州自動車道の整備に当たっては、道路特定財源の重点的配分
を行い、整備計画区間の早期完成を図るとともに、基本計画区間につい
ては早急に整備計画に格上げを図ること。
 四、安心・安全な生活を確保し、地域経済の発展を支えるため、幹線
道路である一般国道や生活基盤の根幹をなす県道、市町村道の整備を着
実に推進すること。
 以上、地方自治法第九十九条の規定により、意見書を提出する。
平成十九年十二月十三日
                     宮崎県日南市議会
 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、国土交通大臣、
総務大臣、財務大臣、経済財政政策担当大臣。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 それでは、挙手により採決いたします。
 議員提出議案第一六号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議員提出議案第一六号は原案のとおり可決されました。
○提出者趣旨説明


影山一雄議長 次に、議員提出議案第一七号につきまして提出者の趣旨説明を求めます。


川口敏治議会運営委員長 意見書案を朗読することによって趣旨説明といたします。
 漁業調整及び漁業管理体制の推進に関する意見書案
 日本漁船によるカツオの漁獲量は年間三十万トン程度で推移しています。従来は、沿岸、近海、遠洋の一本釣り漁船が主体でカツオを漁獲していましたが、一九九〇年代初頭を境として、巻き網漁船の漁獲量が釣り漁船をしのぐようになってきました。
 このままの状態が続けば、総漁獲割当量制度の導入がなされていないカツオ資源は、巻き網漁船がさらに漁獲量を伸ばし、やがては資源が枯渇していくと危惧しております。
 専門家等によるカツオに対する資源量の判断は高位であるとされておりますが、近海カツオ一本釣り漁船の大多数が操業する北西太平洋海域においては、魚体の小型化、釣獲率の低下など現実的な問題が多く寄せられ、あわせて資源の枯渇を懸念する声が年々増加しております。
 こうした状況を踏まえ、近海カツオ一本釣り漁業関係者は、カツオ資源を漁獲対象とする日本漁船の大多数が操業する北西太平洋海域のカツオ資源の枯渇を未然に防止するため、下記の対策の実現を強く陳情いたします。
                記
 一、漁業調整の推進
 北西太平洋海域におけるカツオ資源について、日本漁船による漁業調
整の円滑な推進を図るため、資源状況及び地域的な回遊経路に関する科
学的知見を基礎として、国が必要に応じて当事者間の話し合いの場の設
定、あっせん、仲介を行うことにより、農林水産大臣が管理する漁業間
の相互理解や協議を推進すること。
 二、大中型巻き網漁船への衛星船位測定送信機(VMS)の設置及び
位置報告の義務化
 カツオ・マグロ類を漁獲対象とする農林水産大臣の管理漁業のうち、
大中型巻き網漁業の漁獲量は全体の四二%を占めているにもかかわらず、
VMSの搭載及び位置の報告義務が全船を対象としていないことは、国
際的な資源管理を進める中にあって極めて重大な問題になると考える。
 よって、大中型巻き網漁船の全船を対象に、指定省令第二十四条の二
の規定に基づくVMSによる船舶の位置報告の義務化、もしくは、VM
Sを搭載しない大中型巻き網漁船はカツオ・マグロ類を漁獲対象としな
い措置を導入すること。
 以上、地方自治法第九十九条の規定に基づき、意見書を提出する。
平成十九年十二月十三日
                     宮崎県日南市議会
 提出先は、衆議院議長、参議院議長、農林水産大臣、水産庁長官。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 それでは、挙手により採決いたします。
 議員提出議案第一七号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を願います。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議員提出議案第一七号は原案のとおり可決されました。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第三〇 議員派遣について


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、日程第三〇議員派遣についてを議題といたします。
 お手元に配付しております資料の九ページのとおり、第四回定例会閉会後、議員の派遣を要する会議等が開催され、議長において派遣を許可いたしましたので、御報告いたします。
 しばらく休憩をいたします。
                   =休憩 午前十一時十八分=
                   =開議 午前十一時十九分=


影山一雄議長 再開いたします。
─────────────── ○ ───────────────
*日程追加の件


影山一雄議長 お諮りいたします。
 さきに意見書の提出を求める陳情第三〇号が採択されたことに伴い、ただいまお配りいたしました議員提出議案第一八号を日程に追加し、直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定いたしました。
─────────────── ○ ───────────────
*議員提出議案第一八号
○委員会付託省略の件
 ただいま議題といたしました議員提出議案につきましては、会議規則第三十七条第二項の規定により、委員会付託を省略して審議したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定いたしました。
○提出者趣旨説明


影山一雄議長 それでは、議員提出議案第一八号について提出者の趣旨説明を求めます。


坂口義弘環境福祉委員長 自席からでありますが、意見書案を朗読し提案にかえさせていただきます。
 身近な地域で安心して出産ができる助産所の存続を求める意見書案
 二〇〇六年六月に成立した改正医療法第十九条によって、助産所の開設者が委託する医師と病院(または診療所)を定める規定が強化されました。改正は、出産の異常時等における母子の安全を確保することが趣旨です。しかし、現実には、産科医師や地域の産科病院や診療所が不足する中、助産所が嘱託する医師や病院を個人で確保することは極めて困難です。問題は、本来機能すべき地域医療体制や周産期医療システムの整備が不十分であるために妊産婦・新生児の緊急時搬送体制が整っていないことにあります。このまま法が施行されれば、二〇〇八年度以降、助産所は、新たな開業はもとより存続さえ困難になります。
 出産の八割は正常分娩であり、助産師が十分担えることは、日本の母子保健の歴史及び助産師を十分活用しているオランダ、ニュージーランド、英国などで証明されています。現在、出産は病院や診療所が主流となっていますが、助産所は妊産婦に寄り添った出産のみならず、その後の子育て支援を行うなど重要な役割を果たしており、身近な地域において、安心して出産できる助産所を失うことは、女性にとっても社会にとっても大きな損失です。
 全国の助産所が閉鎖の危機に瀕している緊急事態、及び産科医師、助産師、産科病院・診療所・助産所が不足し、お産難民が深刻化している現状に鑑み、以下について要望いたします。
                記
 一、改正医療法第十九条の施行を当分の間、凍結すること。
 (当分の間とは、産科医師や地域の産科病院等の不足の解消、または
下記二、三が整備されるまでの間をいう)
 二、参議院厚生労働委員会の附帯決議(二〇〇六年六月十三日)に基
づき、国及び地方自治体が責任を持って助産所の嘱託医・嘱託医療機関
を確保すること。
 三、国は、各都道府県の総合周産期母子医療センター、各地域の中核
病院や公的医療機関が助産所や診療所からの緊急搬送を円滑に受け入れ
られるよう適宜適切な支援を講ずること。
 四、国は、各都道府県における助産師養成枠の増加と、質の高い助産
師教育を促進すること。
 以上、地方自治法第九十九条の規定に基づき、意見書を提出する。
平成十九年十二月十三日
                     宮崎県日南市議会
 提出先  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣。
○質 疑


影山一雄議長 これより質疑に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結します。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより採決いたします。
 議員提出議案第一八号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議員提出議案第一八号は原案のとおり可決されました。
─────────────── ○ ───────────────
*閉 会


影山一雄議長 以上で、本定例会に提出されました全案件の審議を終了しました。
 これをもちまして、平成十九年第五回日南市議会定例会を閉会いたします。
                  =閉会 午前十一時二十五分=


     署 名 議 員


       日南市議会議長  影 山  一 雄


       日南市議会副議長 豊 倉  照 光


       日南市議会議員  川 口  和 也


       日南市議会議員  岩 永  憲 明