議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 日南市

平成19年第3回定例会(第7号) 本文




2007年07月02日:平成19年第3回定例会(第7号) 本文

                     =開議 午後一時零分=
*開 議
影山一雄議長 ただいままでの出席議員二十一名、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、お手元の議事日程第七号により進めることにいたします。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第一 議案第三五号から日程第一二 議案第三三号まで


影山一雄議長 それではこれより日程に入ります。
 日程第一議案第三五号から日程第一二議案第三三号までの以上十二件を一括議題といたします。
 ただいま議題に供しました議案及び請願、陳情について付託をしておりました特別及び各常任委員会の委員長の審査結果の報告を求めます。
○総務文教委員長審査結果報告


影山一雄議長 最初に、総務文教委員会に審査を付託しておりました日程第一議案第三五号から日程第六陳情第二四号までの以上六件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


田中重信総務文教委員長(登壇) 私ども総務文教委員会に付託を受けました議案四件、陳情二件について、審査した結果等を報告いたします。
 初めに、議案第三五号日南市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律が施行され、投票管理者等の報酬額が引き下げされたことに伴い、本市条例についてもこれに応ずる改正を行うため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第三六号日南市税条例の一部を改正する条例です。
 本案は、住民の福祉向上や健康増進を図るため、日帰りの入湯客について入湯税率の改正を行うため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第三七号日南市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例です。
 本案は、非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の一部を改正する政令が施行され、補償基礎額の扶養親族に係る加算額が引き上げられたことに伴い、本市条例についてもこれに応ずる改正を行うため提案されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第四〇号日南総合運動公園陸上競技場全天候型施設改修工事の請負契約の締結についてです。
 本案は、日南総合運動公園陸上競技場全天候型施設改修工事の請負契約を締結するため、地方自治法第九十六条第一項第五号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第二条の規定により提案されたものです。
 採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、陳情第二三号「青少年の健全育成に関する基本法」の制定を求める意見書提出についての陳情書ですが、引き続き慎重な審査が必要との判断から、閉会中の継続審査が妥当ということに意見の一致を見た次第です。
 次に、陳情第二四号「教育予算の拡充を求める意見書」提出に関する陳情書ですが、引き続き慎重な審査が必要との判断から閉会中の継続審査にすべきとの意見と、今委員会において採決すべきとの意見がそれぞれ出され、双方の意見に対する賛成者が三対三の同数となり、委員長の裁決権を行使し、閉会中の継続審査とすることに決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの総務文教委員長の報告に対して質疑を許します。


二十三番(中島欽也議員) 議案第四〇号ですが、委員長の報告では賛成多数ということでございました。どのような形の話の中で賛成されなかったのか。中身について、でき得ればお答え願いたいと思います。


田中重信総務文教委員長 はい、お答えをいたします。
 端的に申し上げますならば、当初予算そのものに対し、現行の日南市財政状況から全天候型の予算編成に反対であるとの委員の意見がありまして、その方が反対をされたものであります。


影山一雄議長 ほかにございませんか。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決いたします。
 議案第三五号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三五号は原案のとおり可決することに決定しました。
 次に、議案第三六号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三六号は原案のとおり可決することに決定しました。
 次に、議案第三七号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三七号は原案のとおり可決することに決定しました。
 次に、議案第四〇号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議案第四〇号は原案のとおり可決することに決定しました。
 次に、陳情第二三号に対する委員長の報告は継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、陳情第二三号は継続審査とすることに決定しました。
 次に、陳情第二四号は起立により採決いたします。
 なお、起立されない方は反対とみなします。
 陳情第二十四号に対する委員長の報告は継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の起立を求めます。
                         [賛成者起立]


影山一雄議長 賛成少数です。
 よって、陳情第二四号の継続審査の申し出は否決されました。
 暫時休憩します。
                     =休憩 午後一時八分=
                     =開議 午後一時十分=


影山一雄議長 再開いたします。
 お諮りいたします。
 継続審査の申し出が否決されたことに伴い、総務文教委員会の再審査については、本日の午後三時までに審査が終わるよう期限をつけることにいたしたいと思いますが御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、総務文教委員会においては、全案件終了後に再審査に入っていただき、午後三時までに審査結果を議長までに御報告願います。
○環境福祉委員長審査結果報告


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、環境福祉委員会に付託しておりました日程第七議案第三四号及び日程第八議案第三八号の以上二件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


坂口義弘環境福祉委員長(登壇) 私ども環境福祉委員会に付託を受けました議案二件につきまして、審査しました結果等について御報告を申し上げます。
 まず、議案第三四号平成十九年度日南市老人保健特別会計補正予算についてであります。
 今回の補正は、平成十八年度老人保健医療費交付金等の精算に伴う支払基金交付金及び県への返納金のほか、後期高齢者医療制度に伴う経費の追加であります。補正額は九百万円で、補正後の予算総額は六十億七千二百万円となります。歳入につきましては、繰越金を追加計上しているものです。
 次に、議案第三八号宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。
 本案は、平成十九年三月三十一日に北川町が延岡市と合併したことに伴い、宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について、同広域連合を組織する地方公共団体と協議するため、地方自治法第二百九十一条の十一の規定により議会の議決を経るものであります。いずれの議案も採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの環境福祉委員長の報告に対して質疑を許します。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決します。
 議案第三四号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三四号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第三八号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三八号は原案のとおり可決されました。
○産業経済委員長審査結果報告


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、産業経済委員会に付託しておりました日程第九議案第三九号から日程第一一請願第一八号までの以上三件について、委員長の審査結果の報告を求めます。


長友昭三郎産業経済委員長(登壇) 私ども産業経済委員会に付託を受けました議案二件、請願一件について、審査した結果等を報告いたします。
 初めに、議案第三九号日南市中山間地域活性化推進基金条例を廃止する条例です。
 本案は、特定農山村地域活動支援事業の終了に伴い、日南市中山間地域活性化推進基金条例を廃止するものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第四一号訴えの提起についてです。
 本案は、市営住宅家賃を長期滞納している市営住宅の入居者に対して、市営住宅の明け渡し等について訴えを提起するため、地方自治法第九十六条第一項第十二号の規定により提出されたものです。
 採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、次の意見・要望が付言されましたので、申し添えます。
 市営住宅に入居する条件として、連帯保証人をつけることが義務づけられていますが、連帯保証人に対し役割を十分理解してもらえるよう、なお一層の周知徹底をしていただきたい。
 最後に、閉会中の継続審査となっておりました請願第一八号予備調査「山村境界保全」事業の実施についての請願ですが、さらに調査検討を要するとの意見が多数を占め、閉会中の継続審査と決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの産業経済委員長の報告に対して質疑を許します。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決します。
 議案第三九号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三九号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第四一号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第四一号は原案のとおり可決されました。
 次に、請願第一八号に対する委員長の報告は閉会中の継続審査とするものです。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、請願第一八号は閉会中の継続審査とすることに決定しました。
○予算審査特別委員長審査結果報告


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、予算審査特別委員会に付託しておりました日程第一二議案第三三号について、特別委員長の審査結果の報告を求めます。


豊倉照光予算審査特別委員長(登壇) 私ども予算審査特別委員会に審査を付託されました議案第三三号平成十九年度日南市一般会計補正予算(第一号)について、審査した結果等について御報告を申し上げます。
 まず、審査の方法としては、各常任委員会を単位とする三つの分科会を設け、本案を分割付託し、それぞれ関係ある分科会において、休会中、関係課長等の説明を求め、慎重に審査を行ったところです。
 なお、本日、予算審査特別委員会の全体会議を開き、各分科会長の報告を求め審査しましたが、その各分科会長の報告及び各分科会長に対する質疑並びに予算の内容については、議員各位も特別委員会の委員として本案の審査に当たられたことでもあり、ここでは省略します。
 また、討論については、日南市議会の先例により本会議で行うものとし、採決の結果、議案第三三号について、全員賛成をもって原案のとおり可決することに決した次第です。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。(降壇)
○質疑省略の件


影山一雄議長 この際、お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案については、議長を除く全議員をもって構成する特別委員会で審査した案件ですので、質疑を省略して審議したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、質疑を省略して審議することに決定いたしました。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようでございますので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより挙手により採決します。
 議案第三三号に対する委員長の報告は原案可決です。
 これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第三三号は原案のとおり可決されました。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第一三 諮問第一号及び日程第一四 議案第四二号


影山一雄議長 次に移ります。
 日程第一三諮問第一号及び日程第一四議案第四二号の以上二件を一括議題といたします。
○提案理由説明


影山一雄議長  市長の提案理由の説明を求めます。


谷口義幸市長(登壇) ただいま議題とされました諮問第一号及び議案第四二号について提案理由の説明を申し上げます。
 まず、諮問第一号は人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。
 人権擁護委員西村育子氏の任期が平成十九年九月三十日で満了することになりますが、引き続き同委員として推薦したいと存じますので意見を求めるものであります。
 次に、議案第四二号は日南市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてであります。
 固定資産評価審査委員会の委員鈴本美保氏の任期が平成十九年七月三十一日で満了することになりますが、引き続き同委員として選任したいと存じますので、議会の同意を求めるものであります。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。(降壇)
○質疑及び委員会付託並びに討論省略の件


影山一雄議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております人事案件につきましては、申しあわせのとおり質疑及び委員会付託並びに討論を省略して審議したいと思いますがこれに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定しました。
○採 決


影山一雄議長 これより日程の順序に従い挙手により採決いたします。
 諮問第一号については原案のとおり同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、諮問第一号は原案のとおり同意されました。
 次に、議案第四二号について原案のとおり同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 全員賛成です。
 よって、議案第四二号は原案のとおり同意されました。
─────────────── ○ ───────────────
*日程第一五 議員派遣について


影山一雄議長 次に移ります。
 次は、日程第十五議員派遣についてを議題といたします。
 お諮りいたします。お手元の資料にお示ししていますとおり地方自治法第百条第十二項及び会議規則第百五十九条の規定に基づき、議員派遣につきましては、閉会中に議員派遣を行うこととし、諸般の事情により変更が生じた場合は議長に御一任していただくことに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、ただいまお諮りしたとおり決定しました。
 それでは、ここで総務文教委員会の再審査のため休憩いたします。
                   =休憩 午後一時二十六分=
                   =開議 午後二時二十九分=
*日程追加の件


影山一雄議長 再開いたします。
 お諮りいたします。
 さきの本会議において総務文教委員会に再付託しておりました陳情第二四号を日程に追加し、直ちに議題とすることにしたいと思いますがこれに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定しました。
─────────────── ○ ───────────────
*陳情第二四号


影山一雄議長 それでは、陳情第二四号を議題といたします。
○総務文教委員長審査結果報告
 この際、総務文教委員長の審査結果の報告を求めます。


田中重信総務文教委員長(登壇) 私ども総務文教委員会に再度審査の付託を受けました陳情一件について、審査した結果等を報告いたします。
 陳情第二四号教育予算の拡充を求める意見書提出に関する陳情書ですが、採決の結果、賛成多数により採択すべきものと決しました。
 以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。(降壇)
○質 疑


影山一雄議長 ただいまの総務文教委員長の報告に対して質疑を許します。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]
○討 論


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結し討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 これより採決します。
 陳情第二四号については挙手により採決します。
 陳情第二四号に対する委員長の報告は採択とするものです。これに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、陳情第二四号は採択とすることに決定しました。
 暫時休憩いたします。
                   =休憩 午後二時 三十分=
                   =開議 午後二時三十一分=
*日程追加の件


影山一雄議長 再開いたします。
 さきの日程、陳情第二四号が採択されたことに伴い、ただいまお配りいたしました議員提出議案第一三号を直ちに日程に追加し、議題にしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、お諮りしましたとおり決定しました。
─────────────── ○ ───────────────
*議員提出議案第一三号


影山一雄議長 この際、お諮りいたします。
○委員会付託省略の件
 ただいま議題といたしました議員提出議案第一三号につきましては申し合わせにより委員会付託を省略して審議したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 異議なしと認めます。
 よって、委員会付託を省略して審議することに決定いたしました。
○提出者趣旨説明


影山一雄議長 それでは、議員提出議案第一三号について提出者の趣旨説明を求めます。


田中重信総務文教委員長 それでは自席より意見書を読み上げまして提案にかえさせていただきます。
 教育予算の拡充を求める意見書
 子供たちに豊かな教育を保障することは社会の基盤づくりにとって極めて重要です。現在、多くの都道府県で児童・生徒の実態に応じたきめ細やかな対応ができるようにするために、少人数教育を推進するには限界があります。
 教育予算が十分確保できる自治体と、財政的に厳しい自治体とでは学校の施設なども含めて教育条件の地域間格差が広がってしまうことは必至です。一方、就学援助受給者の増加に見られるように低所得者層の拡大、固定化が進み、教育格差も深刻な状況にあります。
 自治体の財政力や保護者の収入の違いによって子供たちが受ける教育水準に格差があってはなりません。
 日本の教育予算はGDP比に占める教育費の割合で見ると、OECD加盟国平均は三・五%に対し、日本は二・七%にすぎません。また、児童・生徒千人当たりの今日職員数を比べると、OECD加盟国は百七・四人に対し、日本は八十二人にとどまり、他国と比較し脆弱と言わざるを得ません。教育は未来への先行投資であり、子供たちがどこに生まれ育ったとしても、等しく良質な教育が受けられる必要があります。そのためには、教育予算を国全体としてしっかり確保し、教育条件を充実させる必要があります。
 以上の理由から、下記の事項の実現に御努力いただきますよう強く要望いたします。
                記
一、教育の質の向上のために、義務制第八次、高校第七次教職員数定数
改善計画を実施すること
二、義務教育費国庫負担制度について、国の負担率を二分の一に復元す
ること
三、学校施設整備費、就学援助・奨学金など教育予算の充実のため、地
方交付税を含む国の予算を拡充すること
四、教職員の人材を確保するため、教職員給与の財源を確保・充実する
こと
 以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。
平成十九年七月二日
                     宮崎県日南市議会
 提出先  衆議院議長、参議院議長、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣
○質 疑


影山一雄議長 これより質疑に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、質疑を終結します。
○討 論


影山一雄議長 これより討論に入ります。
                    [「なし」と呼ぶ者あり]


影山一雄議長 ないようですので、討論を終結します。
○採 決


影山一雄議長 議員提出議案第一三号は挙手にて採決いたします。
 議員提出議案第一三号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
                         [賛成者挙手]


影山一雄議長 賛成多数です。
 よって、議員提出議案第十三号は原案のとおり可決されました。
─────────────── ○ ───────────────
*閉 会


影山一雄議長 以上をもちまして、本定例会に提出されました全案件の審議を終了しました。
 これをもちまして、平成十九年第三回日南市議会定例会を閉会いたします。
                   =閉会 午後二時三十六分=


     署 名 議 員


       日南市議会議長  影 山  一 雄


       日南市議会副議長 豊 倉  照 光


       日南市議会議員  磯 江  純 一


       日南市議会議員  井 上    進