議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成20年第 7回臨時会(第1号 5月 2日)




平成20年第 7回臨時会(第1号 5月 2日)





議  事  日  程  ( 第 一 号 )


 第七回延岡市議会(臨時会)第一日


平成二十年五月二日(金)午前十時開会





 



第一    会期の決定





第二    議案第一号 公平委員会委員の選任





第三   1議案第二号 平成二十年度延岡市一般会計補正予算


     2議案第三号 専決処分の承認(延岡市国民健康保険税条例の一部を改正する


            条例の制定)


     3議案第四号 専決処分の承認(延岡市税条例の一部を改正する条例の制定)





第四    常任委員会委員の選任





第五    議会運営委員会委員の選任





第六   1報告第一号 専決処分の報告


     2報告第二号 専決処分の報告


     3報告第二号 専決処分の報告








本日の会議に付した事件





日程第一   会期の決定


日程第二   議案第一号 公平委員会委員の選任


日程第三  1議案第二号 平成二十年度延岡市一般会計補正予算


      2議案第三号 専決処分の承認(延岡市国民健康保険税条例の一部を改正す


             る条例の制定)


      3議案第四号 専決処分の承認(延岡市税条例の一部を改正する条例の制定


             )


日程追加   副議長辞職の件


日程追加   副議長の選挙


日程追加   議案第五号 監査委員の選任


日程第四   常任委員会委員の選任


日程追加   議長の常任委員会委員の辞任


日程第五   議会運営委員会委員の選任


日程追加   特別委員会委員の定数変更


日程追加   特別委員会委員の補充選任


日程追加   特別委員会の設置及び委員の選任


日程追加   宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の選挙


日程第六  1報告第一号 専決処分の報告


      2報告第二号 専決処分の報告


      3報告第二号 専決処分の報告








◎午前十時三十分 開会





○議長(新名種歳君)  これより第七回延岡市議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しております日程表のとおりであります。


 この際、今期臨時会における会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に七番 内田理佐議員と二六番 三宅為二議員を指名いたします。





◎日程第一 会期の決定





○議長(新名種歳君)  日程第一 会期の決定についてお諮りいたします。


 会期は、本日一日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、会期は本日一日限りと決定いたしました。





◎日程第二 議案第一号 公平委員会委員の選任





○議長(新名種歳君)  日程第二 議案第一号公平委員会委員の選任を議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案につきまして御説明申し上げます。


 議案第一号は、公平委員会委員の選任でございます。


 本案は、公平委員会委員の山内健弘氏が本年五月十七日をもって任期満了となりますので、その後任に笹野健一氏を選任するものでございます。


 笹野氏は、昭和三十九年に大学を卒業後、教職につかれ、西階中学校教頭や日南市立細田小学校校長等を歴任され、平成十四年三月、恒富小学校校長を最後に退職されております。


 人格、識見ともに公平委員会委員として適任であると考えますので、選任に御同意いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第一号については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第一号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第一号公平委員会委員の選任を採決いたします。


 本案は、原案のとおり選任に同意することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり選任に同意することに決定いたしました。





◎日程第三 1議案第二号 平成二十年度延岡市一般会計補正予算


      2議案第三号 専決処分の承認(延岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第四号 専決処分の承認(延岡市税条例の一部を改正する条例の制定)





○議長(新名種歳君)  日程第三 議案第二号平成二十年度延岡市一般会計補正予算外二件を一括議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案の概要につきまして御説明を申し上げます。


 議案第二号は、平成二十年度延岡市一般会計補正予算でございます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ百万円を追加し、予算総額を五百四十一億四千百万円といたしました。


 補正予算の内容は、大相撲の行司の最高位である木村庄之助を襲名した、舞野町出身の内田順一氏に延岡市民栄誉賞を贈り、これに伴う功労金を贈呈するための予算を計上するもので、財源として市税を追加計上するものでございます。


 議案第三号及び議案第四号は、専決処分の承認でございます。


 この二議案は、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、これを報告し、その承認を求めるものでございます。


 まず、議案第三号は、高齢者の医療の確保に関する法律が本年四月一日に施行されたことに伴い、延岡市国民健康保険税条例を改正したもので、主な改正は、基礎課税額と介護納付金課税額で構成されている国民健康保険税額につきまして、後期高齢者医療制度を支援する後期高齢者支援金等課税額を新設することに伴い、賦課限度額の改定を行うなど、必要な事項を定めております。


 議案第四号は、本年四月三十日に地方税法の一部が改正され、特定中小会社が発行した株式に係る譲渡所得等の課税の特例が廃止されたことに伴い、延岡市税条例の一部を改正したものであります。


 以上が議案第二号から議案第四号までの概要でございます。


 よろしく御審議くださいますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第二号から議案第四号までの三件については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第二号から議案第四号までの三件については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより、まず議案第二号平成二十年度延岡市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第三号専決処分の承認及び議案第四号専決処分の承認の二件を一括採決いたします。


 本二件は、これを承認することに御異議ありませんか。


     〔「議案第三号に異議あり」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議がありますので、これより、まず議案第三号専決処分の承認を採決いたします。


 本案は、これを承認することに賛成の皆さんの起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(新名種歳君)  起立多数であります。よって、本案はこれを承認することに決定いたしました。


 次に、議案第四号専決処分の承認を採決いたします。


 本案は、これを承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案はこれを承認することに決定いたしました。


 議事の都合により、しばらく休憩いたします。


午前十時三十九分 休憩


午後一時二十八分 再開


○議長(新名種歳君)  休憩前に引き続き会議を再開いたします。





◎日程追加 副議長辞職の件





○議長(新名種歳君)後藤哲朗副議長より、副議長の辞職願が提出されております。


 お諮りいたします。


 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


○議長(新名種歳君)  副議長辞職の件を議題といたします。


 地方自治法第百十七条の規定により、後藤哲朗副議長の退席を求めます。


     〔副議長(後藤哲朗君)退席〕


○議長(新名種歳君)  まず、その辞職願を職員に朗読させます。


     〔職員朗読〕


      辞 職 願


 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。


                  平成二十年五月二日


                    延岡市議会副議長 後藤哲朗


   延岡市議会議長 新名種歳様


○議長(新名種歳君)  お諮りいたします。


 後藤哲朗副議長の副議長辞職を許可することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、後藤哲朗副議長の副議長辞職を許可することに決定いたしました。


 後藤哲朗議員の出席を求めます。


     〔後藤哲朗議員出席〕





◎日程追加 副議長の選挙





○議長(新名種歳君)  ただいま副議長が欠員となりましたので、この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を行うことに決定いたしました。


 これより副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


     〔議場閉鎖〕


○議長(新名種歳君)  ただいまの出席議員数は三十二名であります。


 投票用紙を配付させます。


     〔投票用紙配付〕


○議長(新名種歳君)  投票用紙の配付漏れはございませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


     〔投票箱点検〕


○議長(新名種歳君)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 点呼を命じます。


     〔職員氏名点呼〕


     〔各議員投票〕


○議長(新名種歳君)  投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 議場の閉鎖を解きます。


     〔議場開鎖〕


○議長(新名種歳君)  開票を行います。


 会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に五番 大金賢二議員と六番 松田満男議員を指名いたします。


 両議員の立ち会いをお願いいたします。


     〔投票点検〕


○議長(新名種歳君)  選挙の結果を報告いたします。


   投票総数  三十二票


      有効投票  三十一票


      無効投票    一票


         有効投票中


            松田和己議員   十七票


            佐藤 勉議員   十四票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は八票であります。よって、松田和己議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました松田和己議員が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定による告知をいたします。


 御承諾のごあいさつをお願いいたします。


○副議長(松田和己君)  一言ごあいさつを申し上げます。


 先ほどの副議長選挙におきまして、多くの議員の皆様方の御支持をいただき、当選人となりましたことは、まことに光栄に存じております。と同時に、その責任の重さを痛感しているところであります。


 本市も、昨年策定いたしました第五次の長期総合計画による新しいまちづくりがスタートしたばかりでありますし、また、議会運営におきましても、大きな変革が求められている大事な時期に差しかかっていると認識しております。浅学非才な私でありますし、この副議長の重責を担うに際して頑張れるかどうか、非常に一抹の不安がございますが、体力には自信がございますので、新名議長をサポートしながら、議会の公正かつ円滑な運営に向けて全力投球で頑張る所存でございます。


 どうか議員の皆様方、そして当局の皆様方、そしてマスコミ関係の方々の変わらぬ御支援、御鞭撻をお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


(拍手)


○議長(新名種歳君)  この際、前副議長の後藤哲朗議員から発言を求められておりますので、これを許可したいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。二九番 後藤哲朗議員の発言を許可いたします。


○二九番(後藤哲朗君)  皆さん、こんにちは。大切なお時間をいただき、恐縮でございますが、一言、退任のごあいさつを申し上げます。


 このたび一年間という期間でございましたが、市長を初め、当局の皆様、そして議員の皆様、何かとお世話になりました。御支援、そして御協力に心より感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。


 顧みますと、合併後、初めての選挙、そして初めての議会構成、そして先ほどもお話ししましたように第五次長期総合計画策定など、大変大きな節目の時期に副議長という大役を務めさせていただきまして、ありがたく光栄に存じているところでございます。


 また、本日からは一議員として、市政発展、元気なまちづくり、そして議会改革、議会活性化に鋭意努力してまいりたいと思います。どうぞ今後とも皆様方の御厚情、御指導のほどをよろしくお願い申し上げまして、簡単措辞でございますが、退任のごあいさつとさせていただきます。


 お世話になりました。ありがとうございました。


(拍手)


○議長(新名種歳君)  議事の都合により、しばらく休憩いたします。


午後一時四十五分 休憩


午後三時四十九分 再開


○議長(新名種歳君)  休憩前に引き続き会議を再開いたします。





◎日程追加 議案第五号 監査委員の選任





○議長(新名種歳君)  この際、議案第五号監査委員の選任を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、この際、議案第五号監査委員の選任を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 議案第五号監査委員の選任を議題といたします。


 地方自治法第百十七条の規定により、内田喜基議員の退席を求めます。


     〔内田喜基議員退席〕


○議長(新名種歳君)  当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案につきまして御説明を申し上げます。


 議案第五号は、監査委員の選任でございます。


 議員のうちから選任いたしております監査委員に内田喜基氏を選任するものでございます。


 内田氏は、平成十一年、市議会議員に初当選され、以来、現在まで連続三期市議会議員を務めておられます。この間、経済環境委員会委員長や総務財政委員会委員長、議会運営委員会委員長等を歴任されるなど、市政発展のため御活躍いただいているところでございます。


 人格、識見とも監査委員として適任であると考えておりますので、選任に御同意いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第五号については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第五号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第五号監査委員の選任を採決いたします。


 本案は、原案のとおり選任に同意することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり選任に同意することに決定いたしました。


 内田喜基議員の出席を求めます。


     〔内田喜基議員出席〕





◎日程第四 常任委員会委員の選任





○議長(新名種歳君)  日程第四 常任委員会委員の選任を行います。


 各常任委員会の委員の任期は五月九日までとなっておりますので、この際、常任委員会の選任を行います。


 常任委員会委員の選任については、委員会条例第五条第一項の規定により、議長において指名することとなっております。


 選任する委員の氏名を職員に朗読させます。


     〔職員朗読〕


 総務財政委員会委員


     新名種歳議員    本部仁俊議員


     甲斐正幸議員    佐藤大志議員


     稲田雅之議員    猪股秀明議員


     熊本貞司議員    小田忠良議員


     西原茂樹議員


 都市建設委員会委員


     大金賢二議員    ?木益夫議員


     上田美利議員    酒井一孝議員


     湯浅啓祐議員    稲田和利議員


     後藤哲朗議員    内田喜基議員


 経済環境委員会委員


     早?賢一議員    佐藤 誠議員


     太田 龍議員    松田和己議員


     吉井茂廣議員    平田信広議員


     佐藤 勉議員    河野治満議員


 福祉教育委員会委員


     葛城隆信議員    松田満男議員


     内田理佐議員    矢野戦一郎議員


     矢野仁祺議員    白石武仁議員


     三宅為二議員    中城あかね議員


○議長(新名種歳君)  議長において選任する委員は、ただいま指名いたしましたとおり決定いたします。


 この際、議長を副議長と交代いたします。


     〔議長交代〕





◎日程追加 議長の常任委員会委員の辞任





○副議長(松田和己君)  議長を交代いたしました。


 お諮りいたします。


 この際、議長の常任委員会委員の辞任を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(松田和己君)  御異議なしと認めます。よって、この際、議長の常任委員会委員の辞任を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


     〔議長(新名種歳君)退席〕


○副議長(松田和己君)  議長の常任委員会委員の辞任を議題といたします。


 ただいま新名種歳議長から、議長としての職務上、特に常任委員会委員を辞任したい旨の申し出があっております。


 お諮りいたします。


 新名種歳議長の常任委員会委員の辞任を許可することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(松田和己君)  御異議なしと認めます。よって、新名種歳議長の常任委員会委員の辞任を許可すること決定いたしました。


 議長を交代いたします。


     〔議長交代〕


     〔議長(新名種歳君)出席〕





◎日程第五 議会運営委員会委員の選任





○議長(新名種歳君)議長を交代いたしました。


 日程第五 議会運営委員会委員の選任を行います。


 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第五条第一項の規定により、議長において指名することになっております。


 選任する委員の氏名を職員に朗読させます。


     〔職員朗読〕


 議会運営委員会委員


     矢野戦一郎議員   上田美利議員


     酒井一孝議員    矢野仁祺議員


     平田信広議員    湯浅啓祐議員


     熊本貞司議員    小田忠良議員


     後藤哲朗議員    河野治満議員


○議長(新名種歳君)  議長において選任する委員は、ただいま指名いたしましたとおり決定いたします。





◎日程追加 特別委員会の定数変更





○議長(新名種歳君)  この際、御報告いたします。


 議会改革特別委員会委員であります湯浅啓祐議員から、また、広域行政対策特別委員会委員であります白石武仁議員から、それぞれ当該委員を辞任したい旨の申し出がありましたので、議長においてこれを許可いたしました。


 お諮りいたします。


 この際、特別委員会委員の定数変更を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、特別委員会委員の定数変更を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 これより特別委員会委員の定数変更を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本市議会に設置されております広域行政対策特別委員会については、定数十名と定めておりますが、一名欠員となっていることから、この際、定数を九名に変更いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、広域行政対策特別委員会の委員の定数は、九名とすることに決定いたしました。





◎日程追加 特別委員会委員の補充選任





○議長(新名種歳君)  お諮りいたします。


 ただいま議会改革特別委員会においては、一名が欠員となっておりますので、この際、特別委員会委員の補充選任を日程に追加し、直ちに選任を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、特別委員会委員の補充選任を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 これより特別委員会委員の補充選任を行います。


 委員の選任については、委員会条例第五条第一項の規定に基づき、議長において指名いたします。


 議会改革特別委員会委員の選任については、佐藤大志議員を指名いたします。





◎日程追加 特別委員会の設置及び委員の選任





○議長(新名種歳君)  お諮りいたします。


 この際、議員定数検討特別委員会の設置を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、この際、議員定数検討特別委員会の設置を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 議員定数検討特別委員会の設置を議題といたします。


 お諮りいたします。


 この際、本議会に議員定数に関する調査研究を行うため、九名の委員をもって構成する議員定数検討特別委員会を設置したいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本議会に九名の委員をもって構成する議員定数検討特別委員会を設置することに決定いたしました。


 これより本特別委員会の委員の選任を行います。


 本特別委員会の委員の選任については、委員会条例第五条第一項の規定により、議長において指名いたします。


 選任する委員の氏名を職員に朗読させます。


     〔職員朗読〕


 議員定数検討特別委員会委員


     葛城隆信議員    本部仁俊議員


     稲田雅之議員    酒井一孝議員


     白石武仁議員    湯浅啓祐議員


     小田忠良議員    佐藤 勉議員


     内田喜基議員


○議長(新名種歳君)  議長において選任する委員は、ただいま指名いたしました九名の皆さんとすることに決定いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま設置いたしました議員定数検討特別委員会につきましては、特に調査終了まで存続することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま設置いたしました議員定数検討特別委員会につきましては、調査終了まで存続することに決定いたしました。


 各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会の正副委員長互選のため、しばらく休憩いたします。


午後四時  二分 休憩


午後四時二十八分 再開


○議長(新名種歳君)  休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 御報告申し上げます。


 委員会条例第六条第二項の規定により、各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会において正副委員長の互選が行われましたので、その氏名を職員に報告させます。


     〔職員朗読〕


 総務財政委員会委員長     熊本貞司議員


       副委員長     稲田雅之議員


 都市建設委員会委員長     酒井一孝議員


       副委員長     上田美利議員


 経済環境委員会委員長     太田 龍議員


       副委員長     平田信広議員


 福祉教育委員会委員長     矢野仁祺議員


       副委員長     矢野戦一郎議員


 議会運営委員会委員長     河野治満議員


       副委員長     熊本貞司議員


 議員定数検討特別委員会委員長 湯浅啓祐議員


       副委員長     小田忠良議員


○議長(新名種歳君)  各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会の正副委員長は、ただいまの報告のとおりであります。


 お諮りいたします。


 各常任委員会の委員長から、今任期中の行政視察及び五月の所管事務調査のため、閉会中継続調査の申し出がありました。本申し出を承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本申し出は承認されました。


 次に、議会運営委員会の委員長から、今任期中、次期議会の会期、その他議会運営上の諸問題について審査を行うため、閉会中継続審査の申し出がありました。この申し出を承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、この申し出は承認されました。





◎日程追加 宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の選挙





○議長(新名種歳君)  お諮りいたします。


 この際、宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 宮崎県北部広域行政事務組合議会議員の補欠選挙を行います。


 本件は、内田喜基議員と佐藤 勉議員が宮崎県北部広域行政事務組合議会議員を辞職されましたので、二名の欠員が生じました。


 したがいまして、同事務組合規約第六条第二項の規定により、補欠選挙を行うものであります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第百十八条第二項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。


 宮崎県北部広域行政事務組合議会議員に、河野治満議員と上田美利議員を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました河野治満議員と上田美利議員を当選人と定めることに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました河野治満議員と上田美利議員が宮崎県北部広域行政事務組合議会議員として当選されました。


 ただいま当選されました二名の議員が議場におられますので、会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。


 御承諾をお願いいたします。





◎日程第六 1報告第一号 専決処分の報告


      2報告第二号 専決処分の報告


      3報告第三号 専決処分の報告





○議長(新名種歳君)  日程第六 報告第一号専決処分の報告外二件の報告を行います。


 市長の報告を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  専決処分について御報告申し上げます。


 報告第一号から報告第三号までは、和解及び損害賠償額を決定することにつきまして、地方自治法第百八十条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第二項の規定により、これを報告するものでございます。


 報告第一号は、平成二十年二月一日午後一時十分ごろ、相手方が所有する車両が北方町内の農道唐立一号線を走行中、路面が陥没して車輪を落とし込み同車両が損傷した事故につきまして、本市に農道の管理瑕疵があったことから、相手方に対して七万一千四百円の損害賠償金を支払い、和解したものであります。


 なお、事故発生箇所につきましては、早急に補修工事を行うとともに、同様の事故が再発しないよう、事故周辺箇所の空洞化調査を緊急に行ったところでございます。


 報告第二号は、平成十九年十月三十日午後三時ごろ、本市職員が公用車を運転中、相手方運転の原動機付自転車に接触したため、相手方が転倒し両膝を負傷した事故につきまして、相手方に対し、人的損害として二十七万九千十一円の損害賠償金を支払い、和解したものでございます。


 今後は、再発防止のため、職員に公用車の運転に当たって安全運転をより一層心がけるよう指導したところでございます。


 報告第三号は、平成二十年二月二十六日午前十時ごろ、相手方が野田町内の区画道路を歩行中、仮設マンホールのふたが外れ、そのすき間に左足が落ち込み負傷した事故につきまして、本市に道路の管理瑕疵があったことから、相手方に対して十四万一千七百七円の損害賠償金を支払い、和解したものであります。


 なお、事故発生箇所につきましては、原因となりましたマンホールのふたを固定するとともに、同様の事故が再発しないよう、進入を防止するさくを設置しており、五月には仮設マンホールを撤去する工事を予定しております。


 以上で、報告を終わります。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 以上で、報告を終わります。


 以上をもって、今期臨時会における付議事件の審議をすべて終了いたしました。


 これをもって第七回延岡市議会臨時会を閉会いたします。


午後四時三十六分 閉会