議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成19年第 4回定例会(第5号 9月25日)




平成19年第 4回定例会(第5号 9月25日)





議  事  日  程  ( 第 五 号 )


 第四回延岡市議会(定例会)第二十二日


平成十九年九月二十五日(火)午前十時開議





 



第一   議案第八九号 延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の


            制定





第二   議案第九〇号 教育委員会委員の選任





第三  1議案第七五号 平成十九年度延岡市一般会計補正予算


    2議案第七六号 平成十九年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算


    3議案第七七号 平成十九年度延岡市介護保険特別会計補正予算


    4議案第七八号 平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算


                 (予算審査特別委員会審査報告)





第四  1議案第七九号 延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定


    2議案第八〇号 延岡市国民保護協議会条例の一部を改正する条例の制定


    3議案第八一号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定


    4議案第八五号 工事請負契約の締結(延岡市北川町情報基盤整備工事)


    5議案第八六号 財産の取得(救助工作車の購入)


            (総務財政委員会審査報告)





第五  1議案第八二号 延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域の面


            積の特例を定める条例を廃止する条例の制定


    2議案第八三号 延岡市手数料条例の一部を改正する条例の制定


    3議案第八七号 公有水面埋立てに係る意見書の提出


    4議案第八八号 訴えの提起


            (都市建設委員会審査報告)





第六   議案第八四号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整


            理に関する条例の制定


            (福祉教育委員会審査報告)





第七  1報告第 五号 延岡市土地開発公社の経営状況に関する書類の提出


    2報告第 六号 財団法人延岡総合文化センターの経営状況に関する書類の提出


    3報告第 七号 財団法人延岡市高齢者福祉協会の経営状況に関する書類の提出


    4報告第 八号 株式会社ヘルストピア延岡の経営状況に関する書類の提出


    5報告第 九号 株式会社延岡地区有機肥料センターの経営状況に関する書類の


            提出


    6報告第一〇号 有限会社延岡市リサイクルプラザゲン丸館の経営状況に関する


            書類の提出


    7報告第一一号 財団法人速日の峰振興事業団の経営状況に関する書類の提出


    8報告第一二号 財団法人北浦町農業公社の経営状況に関する書類の提出


    9報告第一三号 北浦総合産業株式会社の経営状況に関する書類の提出


   10報告第一四号 株式会社北川はゆまの経営状況に関する書類の提出


   11報告第一五号 社団法人北川町畜産公社の経営状況に関する書類の提出


   12報告第一六号 専決処分の報告(市道における幼児負傷事故に伴う和解及び損


            害賠償額の決定)


   13報告第一七号 専決処分の報告(市道における車両損傷事故に伴う和解及び損


            害賠償額の決定)


   14報告第一八号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う和解


            及び損害賠償額の決定)


   15報告第一九号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う和解


            及び損害賠償額の決定)





第八   意見書第三号 JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)





第九   意見書第四号 割賦販売法の改正を求める意見書(案)





第十   請願及び陳情の処理





本日の会議に付した事件





日程第一   議案第八九号 延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条


              例の制定


日程第二   議案第九〇号 教育委員会委員の選任


日程第三  1議案第七五号 平成十九年度延岡市一般会計補正予算


      2議案第七六号 平成十九年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算


      3議案第七七号 平成十九年度延岡市介護保険特別会計補正予算


      4議案第七八号 平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算


              (予算審査特別委員会審査報告)


日程第四  1議案第七九号 延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定


      2議案第八〇号 延岡市国民保護協議会条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第八一号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定


      4議案第八五号 工事請負契約の締結(延岡市北川町情報基盤整備工事)


      5議案第八六号 財産の取得(救助工作車の購入)


              (総務財政委員会審査報告)


日程第五  1議案第八二号 延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域


              の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定


      2議案第八三号 延岡市手数料条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第八七号 公有水面埋立てに係る意見書の提出


      4議案第八八号 訴えの提起


              (都市建設委員会審査報告)


日程第六   議案第八四号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例


              の整理に関する条例の制定


              (福祉教育委員会審査報告)


日程第七  1報告第 五号 延岡市土地開発公社の経営状況に関する書類の提出


      2報告第 六号 財団法人延岡総合文化センターの経営状況に関する書類の


              提出


      3報告第 七号 財団法人延岡市高齢者福祉協会の経営状況に関する書類の


              提出


      4報告第 八号 株式会社ヘルストピア延岡の経営状況に関する書類の提出


      5報告第 九号 株式会社延岡地区有機肥料センターの経営状況に関する書


              類の提出告


      6報告第一〇号 有限会社延岡市リサイクルプラザゲン丸館の経営状況に関


              する書類の提出


      7報告第一一号 財団法人速日の峰振興事業団の経営状況に関する書類の提


              出


      8報告第一二号 財団法人北浦町農業公社の経営状況に関する書類の提出


      9報告第一三号 北浦総合産業株式会社の経営状況に関する書類の提出


     10報告第一四号 株式会社北川はゆまの経営状況に関する書類の提出


     11報告第一五号 社団法人北川町畜産公社の経営状況に関する書類の提出


     12報告第一六号 専決処分の報告(市道における幼児負傷事故に伴う和解及


              び損害賠償額の決定)


     13報告第一七号 専決処分の報告(市道における車両損傷事故に伴う和解及


              び損害賠償額の決定)


     14報告第一八号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う


              和解及び損害賠償額の決定)


     15報告第一九号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う


              和解及び損害賠償額の決定)


日程第八   意見書第三号 JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)


日程第九   意見書第四号 割賦販売法の改正を求める意見書(案)


日程第十   請願及び陳情の処理








◎午前十時零分 開議





○議長(新名種歳君)  これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおりであります。





◎日程第一 議案第八九号 延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定





○議長(新名種歳君)  日程第一 議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定を議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案につきまして御説明申し上げます。


 議案第八九号は、延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部改正でございます。


 本案は、収入役を廃止することに伴いまして、収入役について規定しております条例について、所要の改正を行うものでございます。


 よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 ただいま議題となっております議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定につきましては、総務財政委員会に付託いたします。


 委員会審査のため、しばらく休憩いたします。


午前十時二分 休憩


午後二時零分 再開


○議長(新名種歳君)  休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定について、総務財政委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)  総務財政委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております、議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定の一件であります。


 委員会といたしましては、本日、本会議休憩中に委員会を開き、関係当局の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより、審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本案は、収入役を廃止することに伴い、収入役について規定している条例について、所要の改正を行うものであります。


 審査において、委員より「三つの条例の改正であるが、このほかに収入役を廃止するという条例改正が必要ではないか」との質疑がなされ、当局より「本年三月三十一日をもって地方自治法が改正され、収入役必置規定がなくなったが、経過措置として任期内は収入役を置くこととするとなっていたものであり、収入役が辞任した時点で本市の収入役制度はなくなることになる」との答弁があったのであります。


 また、委員より「収入役が廃止されることにより、給与等、節減される経費は、年間どのくらいになるのか」との質疑がなされ、当局より「退職手当を含めたものを、一年当たりにすると一千三百万円になる。これに社会保険料の関係を若干上乗せした額が節減される額になる」との答弁があったのであります。


 また、委員より「収入役廃止後の体制と、そのための事務手続は期間的に支障はないのか」との質疑がなされ、当局より「まず、収入役廃止後の体制は、地方自治法に基づく会計管理者を置くことになるが、会計システムの充実をしっかりとやらなければならない時期であることから、十分な体制がとれる人事配置を考えている。既に、県内の六市においても、収入役から会計管理者に移行されており、会計管理者であっても、会計処理においては収入役と同様の監視体制はとれると判断しているところである。いずれにしても収入役を廃止した後に混乱があってはならないので十分配慮していきたい。今後、金融機関、県への届出、通知、財務システムの改修、例規の見直し等の事務手続があるが、それらは可決後直ちに行い、十月八日までにはそれらの手続を完了したい」との答弁があったのであります。


 さらに、委員より「収入役を廃止する案件が、なぜこの時期となったのか」との質疑がなされ、当局より「本来ならば、本議会当初に上程し、十分議論をする時間を設けなければならなかったとを反省しており、心からおわびしたい。今後は、このようなことのないよう十分に注意していきたい」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、総務財政委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第八九号延岡市特別職職員報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の制定を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第二 議案第九〇号 教育委員会委員の選任





○議長(新名種歳君)  日程第二 議案第九〇号教育委員会委員の選任を議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案につきまして御説明申し上げます。


 議案第九〇号は、教育委員会委員の選任でございます。


 本案は、教育委員会委員の牧野哲久氏が十月八日をもって任期満了となりますので、その後任に町田訓久氏を選任するものでございます。


 町田氏は、昭和四十八年に大学を卒業後、同年四月に延岡市役所に入庁され、総務部長を経て平成十八年三月に収入役に就任しておられます。


 人格、識見ともに教育委員会委員として適任であると考えますので、選任に御同意いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第九〇号については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第九〇号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第九〇号教育委員会委員の選任を採決いたします。


 本案は、原案のとおり選任に同意することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり選任に同意することに決定いたしました。





◎日程第三 1議案第七五号 平成十九年度延岡市一般会計補正予算


      2議案第七六号 平成十九年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算


      3議案第七七号 平成十九年度延岡市介護保険特別会計補正予算


      4議案第七八号 平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算





○議長(新名種歳君)  日程第三 議案第七五号平成十九年度延岡市一般会計補正予算外三件を一括議題といたします。


 予算審査特別委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔予算審査特別委員会委員長(後藤哲朗君)登壇〕


○予算審査特別委員会委員長(後藤哲朗君)  予算審査特別委員会における審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。


 ただいま議題となっております議案第七五号平成十九年度延岡市一般会計補正予算、議案第七六号平成十九年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算、議案第七七号平成十九年度延岡市介護保険特別会計補正予算及び議案第七八号平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算の合計四件につきましては、議長を除く全議員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに審査を付託されたのであります。


 委員会といたしましては、九月十四日に委員会を開き、市長を初め関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより、審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第七五号平成十九年度延岡市一般会計補正予算についてでありますが、本案は、台風四号及び台風五号に伴う災害復旧関係費や旧警察署跡地取得事業、補助事業の内示調整などのほか、事業の緊急性や必要性を考慮したものであり、その財源として、地方交付税、国庫支出金、県支出金、繰越金、市債等を計上するものであります。


 審査の過程で、委員より「旧警察署跡地取得事業について財源は何か」との質疑がなされ、当局より「庁舎建設整備基金繰入金ということで、庁舎建設整備基金を活用したいと考えている」との説明がなされたのであります。


 次に、委員より「小中学校の施設補修事業の内容は何か。また、この事業は、今後の学校再編と関連があるのか」との質疑がなされ、当局より「島野浦小学校の教職員住宅、美々地小学校の浄化槽の改修、南中の屋根の防水工事が大きなものである。また、施設の補修は学校再編との関連はなく、緊急に工事の必要性が発生したことによるものである」との説明がなされたのであります。


 次に、委員より「地方交付税は当初予算に対して若干ふえているが、十八年度と比べると約三億七千万円減っている。合併などでふえるのではという印象を持っていたが、減った理由は何か」との質疑がなされ、当局より「交付税は基準財政需要額と収入額との差であるが、収入額で七千八百万円増加し、基準財政需要額の中の公債費が約四億円増加したが、その他の経費で三億円減額となったことによる」との説明がなされたのであります。


 次に、委員より「台風の災害復旧事業について、今回の補正で復旧作業はすべて終了するのか」との質疑がなされ、当局より「今回の補正では、被災箇所の全部の復旧にはならない。十月中旬に災害査定を受けることになっているが、このほかにも災害箇所があり、事前の測量調査や河川災害との調整が必要であることから一部の計上になっている。今後、十二月議会等で災害復旧についての追加補正を考えている」との説明がなされたのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましては、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第七六号平成十九年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算と議案第七七号平成十九年度延岡市介護保険特別会計補正予算につきましては、ともに平成十八年度事業の精算に伴うものであります。


 採決の結果、両案とも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第七八号平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算につきましては、公共下水道事業の事業費調整及びそれに伴う財源調整を行うものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、簡単ではございますが、予算審査特別委員会の審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより、議案第七五号平成十九年度延岡市一般会計補正予算から、議案第七八号平成十九年度延岡市下水道事業会計補正予算までの計四件を一括採決いたします。


 本四件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本四件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本四件は原案のとおり可決されました。





◎日程第四 1議案第七九号 延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定


      2議案第八〇号 延岡市国民保護協議会条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第八一号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定


      4議案第八五号 工事請負契約の締結(延岡市北川町情報基盤整備工事)


      5議案第八六号 財産の取得(救助工作車の購入)





○議長(新名種歳君)  日程第四 議案第七九号延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定外四件を一括議題といたします。


 総務財政委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)  総務財政委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、議案第七九号延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定の外四件であります。


 委員会といたしましては、九月十八日に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第七九号は、延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定についてであります。


 本案は、旧延岡市における携帯電話のエリア未整備地区である安井町及び神戸町について、国の情報通信格差是正事業に基づき携帯電話のエリア整備を行うことにつきまして、電気通信事業者から徴収する分担金について、必要な事項を定めるものであります。


 委員より「なぜNTTドコモが電気通信事業者として参入を決めたのか」との質疑がなされ、当局より「NTTドコモについては、全国で携帯電話網のサービスを展開中であるものの、安井、神戸のような世帯の少ない地区、あるいは使用者が余り見込めないところでは、採算性がないということで進出に消極的であるが、本市が国の制度を使って施設の一部を提供するということと、昨年実施したケーブルテレビエリア拡大事業で整備した光ケーブルを活用した簡易型の鉄塔であるので、メンテナンスがかなり安価であるという二つのメリットから判断されたものと思われる」との説明があったのであります。


 また、委員より「本市管内で、まだエリア未整備地区はあるのか」との質疑がなされ、当局より「北方町については二股地区、三ヶ村地区、板上地区、藤の木地区があり、北川町については、松瀬地区の一部、下塚地区の一部、葛葉地区がある。北浦町については、現在、未整備地区はなく、旧延岡市については、今回の安井町、神戸町の事業により、ほぼ未整備地区はなくなることになる」との説明があったのであります。


 さらに、委員より「市内において電波・電磁波障害と思われる健康被害の訴えが起きていることから、鉄塔の設置場所については配慮が必要ではないか」との質疑がなされ、当局より「今回の安井町、神戸町については、事業を始める前に住民の皆さんに対する説明を行い、市内においての健康被害による訴えがあるというケースと、それに対する総務省及びWHOの考え方を説明した結果、やはり建設をお願いしたいという希望があった」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましては、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第八〇号は、延岡市国民保護協議会条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、北川町との合併に伴い、延岡市国民保護協議会委員の定数を変更することについて、所要の改正を行うものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第八一号は、延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、雇用保険法等の改正に伴い、失業者の退職手当に関する部分について、所要の改正を行うものであります。


 委員より「退職手当が支給される勤続期間は、決まっているのか」との質疑がなされ、当局より「勤続期間六月の場合に退職手当が支給されることになる」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましても、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第八五号は、延岡市北川町情報基盤整備工事の請負契約の締結でありますが、この工事はケーブルテレビ未配信地域である北川町にケーブルテレビのエリアを拡大するものであります。


 本件につきましては、七社による条件つき一般競争入札が行われた結果、九電工・三桜電設建設工事共同企業体が四億七千二十四万八千八百円で落札したことから、同企業体と契約を締結するものであります。


 委員より「この事業は合併前から調整があったとのことだが、その内容は何か」との質疑がなされ、当局より「合併前から新市建設計画に基づき情報ネットワークの構築への取り組みとして旧北川町と調整し、計画をしてきたものである」との説明があったのであります。


 また、委員より「今回導入する農産物直売所販売促進システムと今までのシステムとの違いは何か」との質疑がなされ、当局より「農産物直営所での売り上げが、今までと違い、生産者別に品目・数量などを時間ごとに細かく集計できることから、生産者が在庫状況や売り上げの動きをつかめ、計画的な生産と販売戦略が可能になる」との説明があったのであります。


 さらに、委員より「この落札額で施工は可能か」との質疑がなされ、当局より「落札業者と施工についての調整を行っている。施工監理については、昨年の事業と同様に、株式会社ケーブルメディアワイワイにお願いし、三者で協議し、今回の設計書にて検討しているところであるが、この金額の施工は可能であると判断している」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましても、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 最後に、議案第八六号は財産の取得であります。


 本案は、現在、消防署に配備されている救助工作車の老朽化に伴い、車両整備計画に基づき、最新の機材を搭載した救助工作車一台を取得し、救助活動の充実強化を図るものであります。


 本件につきましては、八社による指名競争入札が行われた結果、株式会社武田ポンプ店が七千八百十二万円で落札したことから、同社と契約を締結するものであります。


 委員より「予定価格は公表しているのか。また、最低制限価格は設定しているのか」との質疑がなされ、当局より「予定価格は公表していない。また、最低制限価格については、物品であることから設定していない」との説明があったのであります。


 また、委員より「この救助工作車?型を製造しているメーカーは、外国製を含めて何社あるのか。また、メーカーの指定をしていたのか」との質疑がなされ、当局より「全国的にも外国製品を導入しているところはなく、日本機械工業株式会社と株式会社モリタの二社のシェアが多く、特にモリタ製が多いようである。メーカー指定については、仕様書に一つのメーカーの能力等を参考品として提示はしたが、入札した製品の能力・性能が参考品と同等以上であれば、いずれのメーカーの物を装備しても構わないとしていた」との説明があったのであります。


 さらに、委員より「艤装部分が四十一項目あるというが、使用する救助隊の意見は反映されているのか」との質疑がなされ、当局より「消防署内に救助隊を中心にした検討委員会を設置し、隊員の意見を酌み取り、検討した結果である」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましても、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、総務財政委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第七九号延岡市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例の制定から議案第八一号延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定までの三件、及び議案第八五号工事請負契約の締結並びに議案第八六号財産の取得までの計五件を一括採決いたします。


 本五件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本五件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本五件は原案のとおり可決されました。





◎日程第五 1議案第八二号 延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域


              の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定


      2議案第八三号 延岡市手数料条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第八七号 公有水面埋立てに係る意見書の提出


      4議案第八八号 訴えの提起





○議長(新名種歳君)  日程第五 議案第八二号延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定外三件を一括議題といたします。


 都市建設委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔都市建設委員会委員長(?木益夫君)登壇〕


○都市建設委員会委員長(?木益夫君)  都市建設委員会における審査結果について御報告いたします。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第八二号延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定外三件であります。


 委員会といたしましては、九月十八日に現地視察を行った後、関係部課長の出席を求め、委員会を開き、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第八二号は、延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定であります。


 本案は、都市計画法及び都市計画施行令が一部改正されたことにより、市街化調整区域における大規模開発に係る基準の廃止に伴い、条例を廃止するものであります。


 審査において、委員より「今後、市街化調整区域における開発にどう影響するのか」との質疑がなされ、当局より「市街化調整区域の開発行為は、今後、通常の大規模開発はできなくなる。開発は、地区計画または集落地区計画に定められた内容と適合する場合に限り、許可することができることになる」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第八三号は、延岡市手数料条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、建築基準法の一部改正に伴い、建築物の構造計算適合性判定や、三階以上の共同住宅において中間検査が義務づけられたことにより、手数料の一部改正を行うものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第八七号は、公有水面埋立てに係る意見書の提出であります。


 本案は、島浦町の宇津木地区の係留岸壁の整備に伴い、既存船揚場が埋め立てられるので、新たに漁港施設用地として公有水面を埋め立てることについて、公有水面埋立法に基づき、県知事に同意する旨の意見書提出を行うものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 続きまして、議案第八八号は、訴えの提起であります。


 本案は、市営住宅使用料の長期高額滞納者に対し、住宅の明け渡しと滞納家賃等の支払いを求める訴えを提起するものであります。


 審査において、委員より「連帯保証人の設定はどうなっているのか」との質疑がなされ、当局より「公営住宅法に基づき、入居時に市内在住者一名を含む二名の連帯保証人をつけている」との答弁があったのであります。


 また、委員より「指定管理者制度などの民間管理を行い、家賃の収納率を上げることは考えていないか」との質疑がなされ、当局より「入居者の管理システムの開発等の問題もあるが、より効率的、効果的な滞納整理・徴収ができるよう、指定管理者制度の導入も含めて検討していきたい」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、都市建設委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第八二号延岡市における市街化調整区域の開発行為に係る開発区域の面積の特例を定める条例を廃止する条例の制定と議案第八三号延岡市手数料条例の一部を改正する条例の制定の二件、及び議案第八七号公有水面埋立てに係る意見書の提出、並びに議案第八八号訴えの提起の計四件を一括採決いたします。


 本四件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本四件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本四件は原案のとおり可決されました。





◎日程第六 議案第八四号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の


             整理に関する条例の制定





○議長(新名種歳君)  日程第六 議案第八四号学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定を議題といたします。


 福祉教育委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔福祉教育委員会委員長(猪股秀明君)登壇〕


○福祉教育委員会委員長(猪股秀明君)  福祉教育委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第八四号学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の一件であります。


 委員会といたしましては、九月十九日に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 議案第八四号学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例は、学校教育法の改正に伴い、同法を引用する延岡市立幼稚園条例及び延岡市立小中学校設置条例について、所要の改正を行うものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、福祉教育委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第八四号学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第七 1報告第 五号 延岡市土地開発公社の経営状況に関する書類の提出


      2報告第 六号 財団法人延岡総合文化センターの経営状況に関する書類の提出


      3報告第 七号 財団法人延岡市高齢者福祉協会の経営状況に関する書類の提出


      4報告第 八号 株式会社ヘルストピア延岡の経営状況に関する書類の提出


      5報告第 九号 株式会社延岡地区有機肥料センターの経営状況に関する書類の提出


      6報告第一〇号 有限会社延岡市リサイクルプラザゲン丸館の経営状況に関する書類の提出


      7報告第一一号 財団法人速日の峰振興事業団の経営状況に関する書類の提出


      8報告第一二号 財団法人北浦町農業公社の経営状況に関する書類の提出


      9報告第一三号 北浦総合産業株式会社の経営状況に関する書類の提出


     10報告第一四号 株式会社北川はゆまの経営状況に関する書類の提出


     11報告第一五号 社団法人北川町畜産公社の経営状況に関する書類の提出


     12報告第一六号 専決処分の報告(市道における幼児負傷事故に伴う和解及


              び損害賠償額の決定)


     13報告第一七号 専決処分の報告(市道における車両損傷事故に伴う和解及


              び損害賠償額の決定)


     14報告第一八号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う


              和解及び損害賠償額の決定)


     15報告第一九号 専決処分の報告(市立小学校における車両損傷事故に伴う


              和解及び損害賠償額の決定)





○議長(新名種歳君)  日程第七 報告第五号延岡市土地開発公社の経営状況に関する書類の提出外十四件の報告を行います。


 市長の報告を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  報告第五号から報告第一五号までの十一件は、地方自治法第二百四十三条の三第二項の規定によりまして、同法第二百二十一条第三項の法人について、各法人から本市に提出された書類に基づき、その経営状況を報告するものでございます。


 まず、報告第五号は、延岡市土地開発公社の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、延岡道路用地や須崎中川原通線道路改良事業用地等の先行取得及び城山公園整備事業用地等の処分を行っております。


 平成十九年度につきましては、引き続き須崎中川原通線道路改良事業用地等の取得を計画いたしております。


 次に、報告第六号は、財団法人延岡総合文化センターの経営状況報告でございます。


 平成十八年度の延岡総合文化センターと野口記念館の年間合計入場者数は二十四万八千五百九十四人となっておりまして、自主文化事業としてミュージカル等の招聘型公演を十件、延岡第九演奏会等の住民参加型公演を四件、主催あるいは共催をいたしております。


 平成十九年度につきましては、すぐれた芸術鑑賞の機会の提供と芸術文化活動の支援を計画いたしております。


 次に、報告第七号は、財団法人延岡市高齢者福祉協会の経営状況報告でございます。


 当協会には、老人福祉センターや岡富地域包括支援センターの運営とともに、介護保険事業者として本市の福祉サービスの一翼を担っていただいております。


 平成十九年度につきましては、引き続き高齢者福祉及び介護保険事業を円滑に運営し、利用者のニーズに対応してまいる計画でございます。


 次に、報告第八号は、株式会社ヘルストピア延岡の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、重油の高騰や設備等の修繕費の増加等によりまして、財務諸表に示すとおり、七百五十三万四千五百六十七円の損失を計上いたしております。


 平成十九年度につきましては、利用者の安全管理と収支の改善に最優先に取り組み、市民の心と体の健康づくりを目指してまいる計画でございます。


 次に、報告第九号は、株式会社延岡地区有機肥料センターの経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、販売量の増加と売上原価の節減に努めた結果、財務諸表に示すとおり、百十一万二百七十七円の利益を計上しております。


 平成十九年度につきましては、営業努力と経費節減等にさらに努め、経営の安定化を図ってまいる計画でございます。


 次に、報告第一〇号は、有限会社延岡市リサイクルプラザゲン丸館の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、入荷資源量の増加と市場価格の上昇によりまして、財務諸表に示すとおり、六百八十一万四千二百五十六円の利益を計上いたしております。


 平成十九年度につきましては、分別収集をさらに徹底しつつ、搬入量の増加への対応を整備し、経営の安定化に努めてまいる計画でございます。


 次に、報告第一一号は、財団法人速日の峰振興事業団の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、農林産物直売所「よっちみろ屋」の来店者は約十八万人で、前年度に比べて約四千七百人増加いたしておりますが、ETOランドの入場者数は一万六百八十三人と、前年度に比べて三千五百七十六人減少いたしております。


 平成十九年度につきましては、観光協会等と連携し、効果的なイベントの開催やPRに努め、集客・増収を図ってまいる計画でございます。


 次に、報告第一二号は、財団法人北浦町農業公社の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、稲の刈り取りやモミの乾燥作業等の受託を推進するとともに、お茶の仕上げ加工による高付加価値化や北浦茶の銘柄確立に努めてまいりました。


 平成十九年度につきましては、経営の合理化・効率化を図り、経費の削減に努めた健全な運営を図ってまいる計画でございます。


 次に、報告第一三号は、北浦総合産業株式会社の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、利用者数は十万八千八百九十六人と、前年度に比べまして六千十二人減少いたしておりまして、財務諸表に示すとおり、二百五十三万六千九百一円の損失を計上いたしております。


 平成十九年度につきましては、サービスの向上や効率的なイベントの開催による集客に努め、一層の経営努力を行ってまいる計画でございます。


 次に、報告第一四号は、株式会社北川はゆまの経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、利用者数は十一万九千二百八十八人と、前年度に比べて約三千人増加いたしておりまして、財務諸表に示すとおり、百六十万七十九円の利益を計上いたしております。


 平成十九年度につきましては、売店への人気商品の導入やレストランでの地場産品を活用したメニューの開発等に取り組みつつ、集客に努めてまいる計画でございます。


 次に、報告第一五号は、社団法人北川町畜産公社の経営状況報告でございます。


 平成十八年度につきましては、財務諸表に示すとおり、百七十一万二千百五十円の利益を計上いたしております。


 平成十九年度につきましては、優良牛の生産に努めつつ、経費の節減を徹底し、飼料の自給率を高め、経営の安定を図ってまいる計画でございます。


 以上で、経営状況の報告を終わります。


 次に、専決処分について御報告申し上げます。


 報告第一六号から報告第一九号までは、和解及び損害賠償額を決定することにつきまして、地方自治法第百八十条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第二項の規定により、これを報告するものでございます。


 報告第一六号は、本年四月二十日午後三時三十分ごろ、相手方が桜小路の市道を歩行中、市道に設置されている落下防止用のかぎを欠いた車両進入防止ポールに触れた際、ポールが落下して指を挟み、右手の中指及び薬指を負傷した事故につきまして、本市に施設の管理瑕疵があったことから、相手方に対して二十万三千十三円の損害賠償金を支払ったものであります。


 なお、事故発生箇所につきまして、落下防止のかぎを取りつけるとともに、市内の車両進入防止ポールについて緊急点検を行い、不良箇所について補修を行ったところでございます。


 報告第一七号は、本年四月二十九日午後五時ごろ、北方町上鹿川において、相手方が対向車との離合のため自家用自動車をバックさせたところ、ふたのない雨水集水ます内に左後輪が落ち、タイヤ及びタイヤホイールを損傷した事故につきまして、本市に施設の管理瑕疵があったことから、相手方に対して三万七千四百八十五円の損害賠償金を支払ったものであります。


 なお、事故発生箇所につきましては、同様の事故が再発しないよう、ふたを設置いたしております。


 報告第一八号は、本年四月五日午後四時五十分ごろ、岡富小学校校舎三階ひさし部分のコンクリートが老朽化により剥離落下し、駐車場に駐車していた相手方の自家用自動車の左後部ドアを損傷した事故につきまして、本市に施設の管理瑕疵があったことから、相手方に対して五万九千七百円の損害賠償金を支払ったものであります。


 なお、事故発生箇所につきまして補修を行うとともに、市内の小中学校について点検を行い、不良箇所について補修を行ったところでございます。


 報告第一九号は、本年七月十七日午後四時四十分ごろ、学校職員が川島小学校の校舎周辺の除草作業中に刈払機が小石をはね上げ、駐車場に駐車中の相手方の自家用自動車の窓ガラスを損傷した事故につきまして、相手方に対して二万七百円の損害賠償金を支払ったものであります。


 今後は、作業に当たって安全確認を十分に行うよう、各学校に指示をしたところでございます。


 以上で、報告を終わります。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 以上で、報告を終わります。





◎日程第八 意見書第三号 JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)





○議長(新名種歳君)  日程第八 意見書第三号JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


     〔議会運営委員会委員長(内田喜基君)登壇〕


○議会運営委員会委員長(内田喜基君)  ただいま議題となっております意見書第三号JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、国鉄が分割・民営化され、JR各社が発足した際に発生した職員の不採用問題の解決に向けて、国に対して一層の努力を強く要望するものでございます。


 この問題は、未解決のまま既に二十年が経過し、この間、不採用になった当事者の高齢化が進み、また傷病者も多く、家族を含めて厳しい生活を余儀なくされている現況にあります。


 人道的見地からも、これ以上の長期化は避けなければならない状況であり、早期解決を求めるものであります。


 以上、意見書の案文及び送付先につきましては、お手元に配付しているとおりでございます。


 よろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願いいたします。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより意見書第三号JR不採用問題の早期解決を求める意見書(案)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。





◎日程第九 意見書第四号 割賦販売法の改正を求める意見書(案)





○議長(新名種歳君)  日程第九 意見書第四号割賦販売法の改正を求める意見書(案)を議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)  ただいま議題となっております意見書第四号割賦販売法の改正を求める意見書(案)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 意見書第四号は、割賦販売法の改正を求める意見書(案)であります。


 本案は、近時、住宅リフォームや呉服、貴金属など高額商品の次々販売などに係る悪質商法の被害が大きな社会問題となっておりますので、その解決のため、国に対して強く要望するものであります。


 これまでにも、経済産業省は、割賦販売購入斡旋業者、いわゆるクレッジット会社に対して、加盟店の実態把握・管理の徹底、悪質な販売店の加盟店からの排除等を求める通達が数多く出されましたが、これらの通達が出された後も、アイディック事件、住宅リフォーム事件、呉服次々販売事件等、多数の消費者を被害者とする事件が多発しているところです。そうした被害者対策の一環として、クレジットの過剰与信等による被害の防止が重要でありますので、今まで以上にクレジットを利用した消費者被害の未然防止、または拡大防止のため、不適切な販売行為等を行う事業者にクレジットを利用させることのないよう、割賦販売法の抜本的な改正を強く求めるものであります。


 以上、意見書の案文及び送付先につきましては、お手元に配付しておりますとおりであります。


 よろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願いいたします。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより意見書第四号割賦販売法の改正を求める意見書(案)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。





◎日程第十 請願及び陳情の処理





○議長(新名種歳君)  日程第十 請願及び陳情の処理を行います。


 初めに、陳情第五号割賦販売法の改正を求める意見書の提出については、先ほど同一趣旨の意見書(案)が可決されましたので、本件につきましては採択されたものと決定いたします。


 次に、請願第一号台風四号による富美山町青葉台区の崩落部分の復旧に関する請願外二件が委員会審査を終了しておりますので、本三件を一括議題といたします。


 まず、総務財政委員会委員長の報告を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)  総務財政委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期定例会におきまして、本委員会で審査を終了しました案件のうち、ただいま議題となっております請願第一号台風四号による富美山町青葉台区の崩落部分の復旧に関する請願につきましては、九月十八日に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、お手元に配付しておりますとおり、趣旨妥当と認め、全員異議なく、採択すべきものと決定いたしました。


 以上、よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより請願第一号台風四号による富美山町青葉台区の崩落部分の復旧に関する請願を採決いたします。


 本請願に対する委員長報告は採択であります。


 本請願は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本請願は委員長の報告のとおり採択と決定いたしました。


 次に、経済環境委員会委員長の報告を求めます。


     〔経済環境委員会委員長(西原茂樹君)登壇〕


○経済環境委員会委員長(西原茂樹君)  経済環境委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 今期定例会におきまして、本委員会に付託されました案件につきましては、九月十九日に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、請願第三号一ヶ岡地区総合的交通安全対策の推進についての請願及び陳情第三号台風五号による養殖漁業被害に対する災害復旧支援措置についての二件につきましては、お手元の審査報告のとおり、いずれも趣旨妥当と認め、採択すべきものと決定いたしました。


 以上、よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより請願第三号一ヶ岡地区総合的交通安全対策の推進についての請願及び陳情第三号台風五号による養殖漁業被害に対する災害復旧支援措置についてを採決します。


 本二件に対する委員長報告は、いずれも採択であります。


 本二件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本二件は委員長の報告のとおり採択と決定いたしました。


 お諮りいたします。


 総務財政委員会に付託されております陳情第二号市営巡回バスの実現を求める陳情外四件の請願及び陳情につきましては、お手元に配付いたしております閉会中継続審査一覧表のとおり、それぞれ委員長から閉会中継続して審査したい旨の申し出がありました。


 本五件につきましては、委員長の申し出のとおり、これを承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本五件については、委員長の申し出のとおり承認されました。


 お諮りいたします。


 各常任委員会の委員長から特定の所管事務調査のため、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中継続調査の申し出がありました。


 本申し出を承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本申し出は承認されました。


 次に、議員派遣についてお諮りいたします。


 地方自治法第百条及び会議規則第百六十一条の規定による議員派遣につきましては、お手元に配付しております議員派遣一覧表のとおり決定いたしたいと思います。


 なお、閉会中に議員派遣の必要が生じた場合には、議会運営委員会において協議し、議長において派遣の決定をいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたします。


 以上で、今期定例会における付議事件の審議はすべて終了いたしました。


 これをもって、第四回延岡市議会定例会を閉会いたします。


午後三時三分 閉会