議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成19年第 2回定例会(第5号 6月22日)




平成19年第 2回定例会(第5号 6月22日)





議  事  日  程  ( 第 五 号 )


 第二回延岡市議会(定例会)第十八日


平成十九年六月二十二日(金)午前十時開議





 



第一    議案の撤回(議案第五〇号 工事請負契約の締結(高機能消防指令装置設置


      工事))





第二    議案第五七号 固定資産評価審査委員会委員の選任





第三   1議案第四二号 延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定


     2議案第四三号 延岡市特別職職員給与条例の一部を改正する条例の制定


     3議案第四四号 政治倫理の確立のための延岡市長の資産等の公開に関する条


             例の一部を改正する条例の制定


     4議案第四五号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定


     5議案第四八号 財産の取得


     6議案第四九号 宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び宮崎県北部広域行政事務組合規約の変更について


     7議案第五六号 延岡市過疎地域自立促進計画の変更について


             (総務財政委員会審査報告)





第四   1議案第四六号 延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例


             の一部を改正する条例の制定


     2議案第四七号 延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部


             を改正する条例の制定


     3議案第五一号 市道の路線廃止(三路線)


     4議案第五二号 市道の路線認定(三十三路線)


     5議案第五三号 工事委託契約の締結(平成十九年度北川広域基幹河川改修事


             業に伴う市道山瀬白石線白石橋架替工事)


             (都市建設委員会審査報告)





第五   1議案第五四号 宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数


             の減少について


     2議案第五五号 専決処分の承認(平成十九年度延岡市老人保健特別会計補正


             予算)


             (経済環境委員会審査報告)





第六   1報告第 三号 平成十八年度延岡市繰越明許費繰越計算書の報告


     2報告第 四号 平成十八年度延岡市水道事業会計予算繰越計算書の報告





第七   1意見書第一号 異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求


             める意見書(案)


     2意見書第二号 教育予算の拡充を求める意見書(案)





第八    決議第 一号 銃器犯罪根絶に関する決議(案)





第九    陳情の処理





           本日の会議に付した事件





日程第一  議案の撤回(議案第五〇号 工事請負契約の締結(高機能消防指令装置設置


      工事))


日程第二  議案第五七号 固定資産評価審査委員会委員の選任


日程第三 1議案第四二号 延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定


     2議案第四三号 延岡市特別職職員給与条例の一部を改正する条例の制定


     3議案第四四号 政治倫理の確立のための延岡市長の資産等の公開に関する条


             例の一部を改正する条例の制定


     4議案第四五号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定


     5議案第四八号 財産の取得


     6議案第四九号 宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び宮崎県北部広域行政事務組合規約の変更について


     7議案第五六号 延岡市過疎地域自立促進計画の変更について


             (総務財政委員会審査報告)


日程第四 1議案第四六号 延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例


             の一部を改正する条例の制定


     2議案第四七号 延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部


             を改正する条例の制定


     3議案第五一号 市道の路線廃止(三路線)


     4議案第五二号 市道の路線認定(三十三路線)


     5議案第五三号 工事委託契約の締結(平成十九年度北川広域基幹河川改修事


             業に伴う市道山瀬白石線白石橋架替工事)


             (都市建設委員会審査報告)


日程第五 1議案第五四号 宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数


             の減少について


     2議案第五五号 専決処分の承認(平成十九年度延岡市老人保健特別会計補正


             予算)


             (経済環境委員会審査報告)


日程第六 1報告第 三号 平成十八年度延岡市繰越明許費繰越計算書の報告


     2報告第 四号 平成十八年度延岡市水道事業会計予算繰越計算書の報告


日程第七 1意見書第一号 異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求


             める意見書(案)


     2意見書第二号 教育予算の拡充を求める意見書(案)


日程第八  決議第 一号 銃器犯罪根絶に関する決議(案)


日程第九  陳情の処理








◎午前十時 零分


     全国市議会議長会表彰伝達式


○副議長(後藤哲朗君) 開会に先立ちまして、去る六月十九日に開催されました第八十三回全国市議会議長会定期総会におきまして、新名種歳議長、甲斐英孝様の二名の方々が全国市議会議長会表彰を受けられました。


 これより表彰状の伝達式並びに市長からの感謝状の贈呈を行います。受賞される二名の方々は前方の席へ御着席ください。


○事務局長(楠葉秀三君)  ただいまから全国市議会議長会表彰の伝達並びに市長からの感謝状贈呈を行います。


 初めに、議長会表彰の伝達を行います。


 受賞者の皆様を順次お呼びいたしますので、御登壇いただきまして、副議長から表彰状をお受け取りください。


 全国市議会議長会表彰


   二十年勤続議員表彰 新名種歳議長


     〔新名種歳君 登壇〕


○副議長(後藤哲朗君)


       表 彰 状


                   延岡市  新 名 種 歳 殿


 あなたは、市議会議員として二十年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第八十三回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰いたします。


  平成十九年六月十九日


            全国市議会議長会  会長  藤 田 博 之


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  同じく、


   二十年勤続議員表彰 甲斐英孝様


     〔甲斐英孝君 登壇〕


○副議長(後藤哲朗君)


       表 彰 状


                   延岡市  甲 斐 英 孝 殿


 あなたは、市議会議員として二十年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第八十三回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰いたします。


  平成十九年六月十九日


            全国市議会議長会  会長  藤 田 博 之


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  以上で、表彰状の伝達を終わります。


 続きまして、首藤市長から感謝状及び記念品の贈呈を行います。


 最初に、新名種歳議長


     〔新名種歳君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        新 名 種 歳 様


 あなたは、市議会議員として二十年の長きにわたり、豊富な見識と卓越した手腕をもって市民福祉の向上に鋭意努力され、市政の発展に多大の貢献をされました。


 よって、ここに記念品を贈り、深く感謝の意を表します。


  平成十九年六月二十二日


                     延岡市長 首 藤 正 治


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  甲斐英孝様


     〔甲斐英孝君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        甲 斐 英 孝 様


 あなたは、市議会議員として二十年の長きにわたり、豊富な見識と卓越した手腕をもって市民福祉の向上に鋭意努力され、市政の発展に多大の貢献をされました。


 よって、ここに記念品を贈り、深く感謝の意を表します。


  平成十九年六月二十二日


                     延岡市長 首 藤 正 治


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  以上で、感謝状及び記念品の贈呈を終わります。


 ここで、後藤哲朗副議長よりお祝いの言葉をいただきたいと存じます。


 よろしくお願いいたします。


○副議長(後藤哲朗君)  議会を代表いたしまして、一言お祝いのごあいさつを申し上げます。


 このたび全国市議会議長会より、お二人が二十年の永年勤続の表彰を受けられました。今回の表彰を議員の皆様とともに心からお祝いを申し上げます。おめでとうございます。


 振り返ってみますと、お二人が初当選されました当時の国内状況は、経済状況では、第二次石油ショックや円高不況などにより、低経済成長を余儀なくされ、また、第二次臨時行政調査会が最終答申を出し、国が行政改革と財政再建に着手したり、旧国鉄が民営化されJR七社が発足するなど、我が国にとりまして変革に着手した時代でありました。


 そうした中にあって、延岡市におきましては、中小企業振興センターや新清掃工場及び粗大ごみ処理施設の完成、また、延岡総合文化センターの新築落成など、まさに延岡市が新しいまちづくりに向けて歩み出した時期でもありました。以来、お二人は五期二十年の長きにわたり、市政の発展と住民福祉の向上に終始一貫して御努力を賜りました。その御功績に対し、深甚なる敬意を表するものであります。


 今、延岡市は合併という大事業を経て、これから新生延岡市のまちづくりの真価が問われる大きな節目の時期を迎えております。市民との協働によるまちづくりが強調される中にあって、市民の意思を行政に反映させるために、議会、そして議員の役割はこれまで以上に重要になるものと思われます。


 お二人におかれましては、現在、立場は違っておられますが、延岡市民のだれもが、生き生きと輝くような新しい延岡市を築くために、ぜひともその豊富な経験と見識を存分に生かしていただきたいと思います。


 市政発展のために、今後とも健康に十分留意され、御尽力いただきますよう心から御祈念を申し上げ、簡単ではございますが、お祝いの言葉とさせていただきます。


 本日は、まことにおめでとうございました。


(拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  続きまして、首藤市長よりお祝いの言葉をいただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。


○市長(首藤正治君)  一言お祝いを申し述べさせていただきたいと思います。


 全国市議会議長会から、市議会議員として二十年というはえある勤続表彰を受けられました新名種歳様、そして甲斐英孝様、本当におめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。


 これまで、お二方におかれましては、実に長きにわたりまして多くの市民の皆様の負託を受け、市議会議員として在職され、その豊富な見識と、そして卓越した手腕をもって本市の市政発展に御尽力をいただいてきております。そのお二方のこれまでの御貢献に対しまして、深く敬意を表しますとともに、市民を代表して厚く御礼を申し上げます。


 これからも御自愛いただきまして、そして新名種歳様におかれましては、市議会議長として、そして甲斐英孝様におかれましては、市民という立場から、ぜひこれまで以上に私どもに対しまして御指導、御支援をいただければと思います。延岡市の合併後の新しいまちづくりに対しまして、そして、これからこの延岡市が東九州の中で中核となる都市としてさらに発展できますように、お二方の御指導、御支援を重ねてお願い申し上げまして、甚だ簡単でございますが、本日のお祝いの言葉とさせていただきます。


 まことにおめでとうございます。


(拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  それでは、ここで受賞者を代表されまして甲斐英孝様から謝辞がございます。


○(甲斐英孝氏)  久しぶりにこの議場に入りまして、大変緊張しております。新名議長にかわりまして、一言お礼のごあいさつをさせていただきたいと存じます。


 ただいま全国市議会議長会の二十年勤続という伝達を賜りました。そして、首藤市長よりは、心温まる感謝状をちょうだいし、そして後藤副議長、首藤市長より、身に余るお言葉をちょうだいいたしました。本当に心の引き締まる、ありがたく感謝申し上げる次第でございます。


 私どもが二十年間務めて、果たして市民の負託にどれだけこたえることができたのかなと自分ながら疑問を感じており、また、反省をしているところであります。にもかかわらず、この二十年間、無事務めることができましたのも、歴代の市長、早生、櫻井、そして首藤市長を初め、行政当局、そして先輩議員、議員同僚各位の心温まる御協力のたまものと感じております。そして二十年間、御支援を賜りました市民の皆様の御協力と、心から深く感謝申し上げる次第でございます。


 振り返ってみますと、新名議長が昭和五十八年、私が昭和六十二年に初めて当選をさせていただき、この議会人としてスタートいたしました。今、後藤副議長からお話がありましたように、大変困難な改革の時期でもございました。その当時の昭和六十二年の延岡の人口は、約十三万五千人、延岡が一番人口が多かったのが十三万九千人、昭和五十七年であります。それをピークに減少傾向に入ってまいりました。


 当時六十二年の予算を見てみますと、二百五十三億円、そして特別会計、水道事業を入れまして、約四百億円、現在の一般会計当初予算五百五十億円、そして特別会計、企業会計含めて一千億円を超す今の予算規模からして、隔世の感がいたしております。この中に、やはり住民サービス、あるいはそういった大きな変革が来ておるなと感じております。


 きょうは、合併後、初めての厳しい選挙を勝ち抜かれました議員の皆さん方がこの議場にいらっしゃいます。そして、この六月議会の新人の議員さん方の熱い思いをテレビ、傍聴席で聞かせてもらいました。本当に、その熱い市民に対する思いを今後ともぜひ持ち続け、新しい延岡の建設に向けて頑張っていただきたいと考えておりますし、行政におかれましては、大変変革が大きな年でもあります。住民の福祉向上のために十分こたえていただきますよう心からお願い申し上げたいと存じます。


 先ほどもお話がありましたように、新名議長は議会のかなめとして、今後活躍をしていただきますが、私は立場を異にして、一人の延岡市民として、また御協力できることは十分努力してまいりたいと考えております。


 どうか、今後とも変わらぬ御指導と御鞭撻をよろしくお願いを申し上げ、措辞でございますけれども、本日の感謝の言葉にかえさせていただきます。


 本日は、まことにありがとうございました。


(拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  以上をもちまして、表彰状の伝達及び感謝状の贈呈を終わります。





◎午前十時十七分 開議





○議長(新名種歳君)  これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 この際、会議録署名議員の指名を行います。本日、会議録署名議員として指名いたしておりました内田喜基議員が出席しておりませんので、本日の会議録署名議員に三二番 河野治満議員を指名いたします。





◎日程第一 議案の撤回(議案第五〇号 工事請負契約の締結(高機能消防指令装置設置工事))





○議長(新名種歳君)  日程第一 議案第五〇号工事請負契約の締結の撤回を議題といたします。


 当局の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  今期定例会に提案いたしておりました議案のうち、議案第五〇号工事請負契約の締結につきまして、契約の相手方であります株式会社富士通ゼネラル九州情報通信ネットワーク営業部長 坂口晋氏より、契約を辞退したい旨の申し出がありましたので、本議案の撤回をお願いするものでございます。


 今回の入札につきましては、工事内容が同様のケースにつきまして、他の複数の消防本部で契約が確実に履行されている実績にかんがみまして、本市におきましても履行が十分に可能であると判断したものでございまして、市の示した仕様書を十分に理解の上、技術面及び費用面からも工事を完成することが可能であると判断して六社が入札に応じたものであり、市といたしましては、どの業者が落札しても、工事を完成させていただけるものと考えておりました。


 しかしながら、落札業者であります株式会社富士通ゼネラルが既設業者である日本電気株式会社に工事への協力を申し出たところ、日本電気株式会社の協力を得る段階に至らず、株式会社富士通ゼネラルより、本件契約の履行が望めなくなったことを理由として、辞退届が昨日付で提出されました。


 議員の皆様におかれましては、慎重に御審議いただいたところではありますが、このような結果に至り、深くおわび申し上げる次第でございます。


 何とぞ御承認いただきますように、よろしくお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第五〇号工事請負契約の締結の撤回については、これを承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第五〇号工事請負契約の締結の撤回については、これを承認することに決定いたしました。





◎日程第二 議案第五七号 固定資産評価審査委員会委員の選任





○議長(新名種歳君)  日程第二 議案第五七号固定資産評価審査委員会委員の選任を議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案につきまして御説明申し上げます。


 議案第五七号は、固定資産評価審査委員会委員の選任でございます。


 本案は、固定資産評価審査委員会委員の志田松枝氏が六月二十一日に任期満了となりましたので、その後任に大濱美智子氏を選任するものでございます。


 大濱氏は、昭和三十九年に大学を卒業後、西小学校や北川小学校などで教壇に立たれ、平成十四年三月、伊形小学校勤務を最後に退職されております。


 また、平成十五年十月から本年三月まで、本市のスクーリングサポートセンター指導員を務めていただいたところでございます。


 人格、識見ともに固定資産評価審査委員会委員として適任であると考えますので、選任に御同意いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第五七号については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、議案第五七号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第五七号固定資産評価審査委員会委員の選任を採決いたします。


 本案は、原案のとおり選任に同意することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり選任に同意することに決定いたしました。





◎日程第三 1議案第四二号 延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定


      2議案第四三号 延岡市特別職職員給与条例の一部を改正する条例の制定


      3議案第四四号 政治倫理の確立のための延岡市長の資産等の公開に関する


              条例の一部を改正する条例の制定


      4議案第四五号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定


      5議案第四八号 財産の取得


      6議案第四九号 宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数


              の減少及び宮崎県北部広域行政事務組合規約の変更について


      7議案第五六号 延岡市過疎地域自立促進計画の変更について





○議長(新名種歳君)  日程第三 議案第四二号延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定外六件を一括議題といたします。


 総務財政委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(湯浅啓祐君)  総務財政委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、議案第四二号延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定の外七件でありますが、議案第五〇号工事請負契約の締結については、先ほど撤回が承認されたところであります。


 委員会といたしましては、六月十五日、二十日及び二十一日の三日間で委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、撤回された議案第五〇号を除く七件の議案は、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第四二号延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本案は、執行官法が改正されたことに伴い、同法を引用する部分について、所要の改正をするものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四三号は、延岡市特別職職員給与条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律が改正されたことに伴い、本市の投票管理者や投票立会人、開票立会人等の報酬額についても国の基準に基づいて引き下げるための改正をするものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四四号は、政治倫理の確立のための延岡市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、証券取引法が改正され、法律の題名が金融商品取引法に改正されることに伴い、同法を引用する部分について、所要の改正を行うものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四五号は、延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、建築基準法施行令が改正されたことに伴い、同施行令を引用する部分について、所要の改正を行うものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四八号は、財産の取得であります。


 本案は、(仮称)市民協働まちづくりセンターの施設として活用するため、元夜間急病センター跡地を社団法人延岡市医師会から二千三百二十一万九千円で取得するものであります。


 審査において、委員より「元夜間急病センター跡地を購入することとなった経緯は」との質疑がなされ、当局より「市長の公約でもある市民協働のまちづくりは、市長就任時から取り組んできたが、市の中央地区に平成元年ごろに建てられた同施設があったこともあり、県内の他市の状況等を見ながら検討した結果、この建物を使用することが非常によいのではという考えのもと、取得を決めたものである」との説明があったのであります。


 また、委員より「同施設の所在する土地も購入することとなっているが、建物の購入が先でよいのか」との質疑がなされ、当局より「建物が先になったのは、改修の必要があるためであり、土地の取得については、現在進められている旧医師会病院の取り壊し作業完了後に正式に行うが、実際には同時進行である」との説明があったのであります。


 さらに、委員より「市民との協議により、計画性のある整備が必要ではないか」との質疑がなされ、当局より「市民との協議ということについては、これからどういった取り組みをしていくのかということも、現在、並行して行っている」との説明があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましても、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四九号は、宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎県北部広域行政事務組合規約の変更についてであります。


 本案は、平成十九年三月三十一日の北川町との合併により、宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数を減少するもの及び宮崎県北部広域行政事務組合規約を変更するものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 最後に、議案第五六号は、延岡市過疎地域自立促進計画の変更についてであります。


 本案は、平成十九年三月三十一日の北川町との合併により、過疎地域自立促進特別措置法に基づき、延岡市過疎地域自立促進計画を変更するものであります。その内容については、合併後の人口や、面積を初めとした過疎地域自立促進計画の修正を初め、産業の振興や交通通信体系の整備等について、事業の追加を行っているものであります。


 本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、総務財政委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより、議案第四二号延岡市恩給条例の一部を改正する条例の制定から議案第四五号延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定までの四件、議案第四八号財産の取得及び議案第四九号宮崎県北部広域行政事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮崎県北部広域行政事務組合規約の変更についての二件、並びに議案第五六号延岡市過疎地域自立促進計画の変更についての計七件を一括して採決いたします。


 本七件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本七件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本七件は原案のとおり可決されました。





◎日程第四 1議案第四六号 延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条


              例の一部を改正する条例の制定


      2議案第四七号 延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一


              部を改正する条例の制定


      3議案第五一号 市道の路線廃止(三路線)


      4議案第五二号 市道の路線認定(三十三路線)


      5議案第五三号 工事委託契約の締結(平成十九年度北川広域基幹河川改修


              事業に伴う市道山瀬白石線白石橋架替工事)





○議長(新名種歳君)  日程第四 議案第四六号延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定外四件を一括議題といたします。


 都市建設委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔都市建設委員会委員長(?木益夫君)登壇〕


○都市建設委員会委員長(?木益夫君)  都市建設委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第四六号延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定外四件であります。


 委員会といたしましては、六月十五日に現地視察を行った後、関係部課長の出席を求め、委員会を開き、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第四六号は、延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、地区計画区域内における適正な都市機能を健全な都市環境を確保するため、塩浜地区において決定された地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正を行うものであります。


 審査において、委員より「地区計画区域は、市街化区域と隣接しなければならないのか」との質疑がなされ、当局より「必ずしも、市街化区域と隣接しなければならないことはないが、面積要件等の制限がある。また、農用地の青地での決定はできない」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第四七号は、延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、地域再生法の一部改正に伴い、この法律を引用する延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部改正を行うものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、議案第五一号は、市道の路線廃止であります。


 今回廃止する路線は、路線整備による小川一九号線など三路線、総延長七百・五メートルであります。


 また、議案第五二号は、市道の路線認定であります。


 今回認定する路線は、川島堤防線など三十三路線、総延長五千七百二・四メートルで、路線整備、地元からの要望、開発行為及び道路用地寄附によるもの等を市道として認定するものであります。


 両議案につきましては、関連する議案でありますので、一括して審査を行い、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 続きまして、議案第五三号は、工事委託契約の締結であります。


 本案は、宮崎県が実施する北川広域基幹河川改修事業にあわせて、市道山瀬白石線白石橋のかけかえ工事の工事委託契約を二億六千二百六十六万五千円で宮崎県と締結するものであります。


 審査において、委員より「宮崎県は落札率が下がっているが、落札金額が委託契約金額より低額の場合、その差額はどうなるのか」との質疑がなされ、当局より「金額の変動があった場合、宮崎県と減額の変更協定を締結することになる」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましても、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、都市建設委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより議案第四六号延岡市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定及び議案第四七号 延岡市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定の二件、並びに議案第五一号市道の路線廃止から議案第五三号工事委託契約の締結までの三件、計五件を一括採決いたします。


 本五件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本五件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本五件は原案のとおり可決されました。





◎日程第五 1議案第五四号 宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について


      2議案第五五号 専決処分の承認(平成十九年度延岡市老人保健特別会計補正予算)





○議長(新名種歳君)  日程第五 議案第五四号宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について外一件を一括議題といたします。


 経済環境委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔経済環境委員会委員長(西原茂樹君)登壇〕


○経済環境委員会委員長(西原茂樹君)  経済環境委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 今期定例会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第五四号宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について外一件であります。


 委員会といたしましては、六月十八日に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案のとおり可決並びに承認すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 まず、議案第五四号は、宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。


 本案は、平成十九年三月三十一日の北川町との合併により、宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数を減少するものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 続きまして、議案第五五号は、平成十九年度延岡市老人保健特別会計補正予算に係る専決処分の承認であります。


 本案は、平成十八年度老人保健特別会計において、会計年度経過後に歳入が歳出に対し不足することとなったため、平成十九年度の歳入を繰り上げてその不足分に充てるもので、そのために必要な歳入歳出それぞれ一千七百八十一万三千円を追加し、予算総額を百三十九億九千六百九十六万二千円とするものであります。


 本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、経済環境委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより、まず議案第五四号宮崎県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第五五号専決処分の承認を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、承認であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は承認されました。





◎日程第六 1報告第三号 平成十八年度延岡市繰越明許費繰越計算書の報告


      2報告第四号 平成十八年度延岡市水道事業会計予算繰越計算書の報告





○議長(新名種歳君)  日程第六 報告第三号平成十八年度延岡市繰越明許費繰越計算書の報告外一件の報告を行います。


 市長の報告を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  平成十八年度事業の繰越計算書について御報告申し上げます。


 報告第三号は、平成十八年度延岡市繰越明許費繰越計算書の報告でございます。


 本件は、議会の御承認をいただきました平成十八年度事業の繰越明許費につきまして、地方自治法施行令第百四十六条第二項の規定に基づき、繰越計算書を調製し、報告いたすものであります。


 繰越額は、一般会計におきまして、戸籍電算システム導入事業ほか三十一件で、二十一億四千三百十三万七千七百九十一円、国民健康保険特別会計では、後期高齢者医療制度対応システム開発事業で二千百五十二万五千円、介護保険特別会計で同じく後期高齢者医療制度対応システム開発事業で九百九十七万六千円となっております。


 報告第四号は、平成十八年度延岡市水道事業会計予算繰越計算書の報告でございます。


 本件は、建設改良費のうち、他事業との関係等で年度内に完工することができなかった工事につきまして、地方公営企業法第二十六条第三項の規定に基づき、繰越計算書を調製し、報告するものであります。


 繰越額は、資本的支出におきまして、配水施設整備事業ほか二十二件で、六億四千三百五十一万六千円であります。


 以上が、繰越計算書の概要でございます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  ただいまの報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 以上で、報告を終わります。





◎日程第七 1意見書第一号 異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書(案)


      2意見書第二号 教育予算の拡充を求める意見書(案)





○議長(新名種歳君)  日程第七 意見書第一号異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書(案)外一件を一括議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


     〔議会運営委員会副委員長(稲田雅之君)登壇〕


○議会運営委員会副委員長(稲田雅之君)  ただいま議題となっております意見書第一号異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書(案)及び意見書第二号教育予算の拡充を求める意見書(案)の計二件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、意見書第一号は、異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書(案)であります。


 本案は、近年、我が国においては、異常気象による洪水や土砂災害、さらには、集中豪雨や竜巻などにより、家屋や公共施設、農作物などに甚大な被害がもたらされていることから、国に対して、異常気象による災害対策と地球温暖化対策を強化・拡充するよう強く求めるものであります。


 次に、意見書第二号は、教育予算の拡充を求める意見書(案)であります。


 本案は、子供たちに豊な教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって極めて重要であり、子供たちがどこに生まれ育ったとしても、ひとしく良質な教育が受けられる環境を充実させるために、国に対して、教育予算の確保と拡充を強く要望するものであります。


 以上、意見書の案文及び送付先につきましては、お手元に配付しているとおりでございます。


 よろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願いいたします。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見書二件については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本二件については委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより意見書第一号異常気象による災害対策と地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書(案)及び意見書第二号教育予算の拡充を求める意見書(案)の計二件を一括採決いたします。


 本二件は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本二件は原案のとおり決定いたしました。





◎日程第八 決議第一号 銃器犯罪根絶に関する決議(案)





○議長(新名種歳君)  日程第八 決議第一号銃器犯罪根絶に関する決議(案)を議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


     〔議会運営委員会副委員長(稲田雅之君)登壇〕


○議会運営委員会副委員長(稲田雅之君)  ただいま議題となっております決議第一号銃器犯罪根絶に関する決議(案)につきましては、案文を朗読することにより、提案理由にかえたいと思います。


 銃器犯罪根絶に関する決議(案)


 このたびの選挙運動中の長崎市長殺害事件を初め、愛知県下における警察官の殉職を伴う人質立てこもり事件に見られる一連の銃器犯罪は、まさに民主主義と法治国家に対する重大な挑戦であり、強い怒りを憤りを禁じ得ない。


 延岡市議会としては、これまでも暴力追放などに関する決議を行うなど、市民が安心で安全に生活できる社会の実現を希求してきたところであり、我々は、これら銃器を使用した凶悪犯罪が身近で発生していることについて、深刻に受けとめなければならない。


 よって、本市議会は、けん銃が市民社会を恐怖に陥れる卑劣な凶器であることを強く認識し、市民・行政機関・各団体とともに一体となって、命と幸せを奪う「けん銃の摘発」に対する当局への協力など、銃器犯罪根絶に向けた啓発活動などを積極的に推進し、安全で安心な社会の実現に向け、全力を挙げて取り組むことをここに表明する。


 以上、決議する。


   平成十九年六月二十二日


                        延 岡 市 議 会


 以上、よろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(新名種歳君)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております決議第一号については、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案については委員会への付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  討論なしと認めます。討論を終わります。


 これより決議第一号銃器犯罪根絶に関する決議(案)を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。





◎日程第九 陳情の処理





○議長(新名種歳君)  日程第九 陳情の処理を行います。


 お諮りいたします。


 今期定例会において、総務財政委員会及び議会運営委員会に付託されております陳情二件につきましては、お手元に配付いたしております閉会中継続審査一覧表のとおり、委員長から閉会中継続して審査したい旨の申し出がありました。本二件については委員長の申し出のとおり承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本陳情二件につきましては、委員長の申し出のとおり承認されました。


 お諮りいたします。


 各常任委員会の委員長から特定の所管事務調査のため、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中継続調査の申し出がありました。本申し出を承認することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、本申し出は承認されました。


 次に、議員派遣についてお諮りいたします。


 地方自治法第百条及び会議規則第百六十一条の規定による今後予定されている議員派遣につきましては、お手元に配付しております議員派遣一覧表のとおり決定いたしたいと思います。


 なお、閉会中に議員派遣の必要が生じた場合には、議会運営委員会において協議し、議長において派遣の決定をしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(新名種歳君)  御異議なしと認めます。よって、お手元の議員派遣一覧表のとおり議員派遣を行うことに決定いたしました。


 以上で、今期定例会における付議事件の審議はすべて終了いたしました。


 これをもって第二回延岡市議会定例会を閉会いたします。


午前十時五十八分 閉会