議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成18年第24回臨時会(第1号10月30日)




平成18年第24回臨時会(第1号10月30日)





議  事  日  程  ( 第 一 号 )





第二十四回延岡市議会(臨時会)第一日


平成十八年十月三十日(月)午前十時開会





 



第一日(平成十八年十月三十日)


 議事日程


 本日の会議に付した事件


 出席議員


 欠席議員


 説明のための出席者


 事務局職員出席者


 開  会


 会期の決定


 議案第七五号(延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について)ほか五件


  提案理由の説明(市長)


  質  疑


  議案の委員会付託


  広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


  都市建設委員会委員長(平田信広君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


  福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


 報告第一六号 (専決処分の報告)ほか二件


  報告(市長)


  質  疑


 閉  会





第一    会期の決定





第二   1議案第七五号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について


     2議案第七六号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う財産の処分に関


             する協議について


     3議案第七七号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う農業委員会の委


             員の在任に関する協議について


     4議案第七八号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区の設


             置等に関する協議について


     5議案第七九号 工事請負契約の締結(大瀬橋橋梁整備工事(上部工架設))


     6議案第八〇号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市一般会計補正予算)





第三   1報告第一六号 専決処分の報告


     2報告第一七号 専決処分の報告


     3報告第一八号 専決処分の報告





本日の会議に付した事件





日程第一   会期の決定


日程第二   1議案第七五号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について


       2議案第七六号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う財産の処分


               に関する協議について


       3議案第七七号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う農業委員会


               の委員の在任に関する協議について


       4議案第七八号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区


               の設置等に関する協議について


       5議案第七九号 工事請負契約の締結(大瀬橋橋梁整備工事(上部工架設


               ))


       6議案第八〇号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市一般会計補正予算)


日程第三   1報告第一六号 専決処分の報告


       2報告第一七号 専決処分の報告


       3報告第一八号 専決処分の報告








◎午前十時十分 開会





○議長(稲田和利君)  これより第二十四回延岡市議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 この際、今期臨時会における会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に七番 河野広美議員と五一番 山田良市議員を指名いたします。





◎日程第一 会期の決定





○議長(稲田和利君)  日程第一 会期の決定についてお諮りいたします。


 会期は本日一日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、会期は本日一日限りと決定いたしました。





◎日程第二 1議案第七五号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について


      2議案第七六号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う財産の処分に


              関する協議について


      3議案第七七号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う農業委員会の


              委員の在任に関する協議について


      4議案第七八号 延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区の


              設置等に関する協議について


      5議案第七九号 工事請負契約の締結(大瀬橋橋梁整備工事(上部工架設))


      6議案第八〇号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市一般会計補正予算)





○議長(稲田和利君)  日程第二 議案第七五号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について外五件を一括議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案の概要について御説明を申し上げます。


 議案第七五号から議案第七八号までは、延岡市及び北川町の合併に関連する議案でございます。


 御案内のとおり、本市と北川町は八月一日に合併協議会を設置いたしまして、これまで合併協議を行ってまいりました。


 この合併協議につきましては、一市三町における任意合併協議会及び法定合併協議会の経過を踏まえ、本年二月に合併をしました一市二町の合併協議の基本方針を引き継ぎ、新市基本計画の作成や合併協議項目についての協議を行い、合併により新たなまちづくりを展開していくことで合意をしたところでございます。


 議決をいただきましたならば、合併協定書の調印を行い、宮崎県知事に対して合併の申請を行うことになります。


 まず、議案第七五号は、延岡市及び延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合についてであります。


 本案は、平成十九年三月三十一日から北川町を廃し、延岡市に編入することを宮崎県知事に申請するに当たり、地方自治法の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。


 議案第七六号は、延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う財産の処分に関する協議についてであります。


 本案は、北川町との合併に伴い、北川町の財産及び債務をすべて延岡市に引き継ぐことにつきまして、地方自治法の規定に基づき、協議するものであります。


 議案第七七号は、延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う農業委員会の委員の在任に関する協議についてであります。


 本案は、北川町との合併に伴い、北川町の農業委員会の選挙による委員の任期につきまして、市町村の合併の特例等に関する法律の規定による在任特例を適用するため、同法の規定に基づき、協議するものであります。


 議案第七八号は、延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区の設置等に関する協議についてであります。


 本案は、北川町との合併に伴い、合併前の北川町の区域に地域自治区を設置すること等につきまして、市町村の合併の特例等に関する法律の規定に基づき、協議するものであります。


 次に、議案第七九号は、大瀬橋橋梁整備工事の請負契約の締結であります。


 この工事は、交通安全の確保及び交通の円滑化を図るための大瀬橋橋梁整備に伴い、上部工を架設するものであります。


 七建設工事共同企業体によります条件つき一般競争入札を行いました結果、ピーシー・野脇・西田建設工事共同企業体が落札いたしましたので、九億三千八百十九万七百五十円で同企業体と契約を締結するものであります。


 議案第八〇号は、平成十八年度延岡市一般会計補正予算に係る専決処分の承認であります。


 本案は、議会を招集するいとまがないため、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 今回の一般会計補正予算は、歳入歳出それぞれ四億一千六百三十三万三千円を追加し、予算総額を五百十九億九千四百三十三万四千円といたしました。


 内容といたしましては、竜巻災害の被災者の生活を緊急に支援するため、災害救助費等を追加したものであり、財源につきましては、県支出金、繰入金及び諸収入を計上いたしております。


 以上が議案の概要でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。以上で質疑を終わります。


 これより、ただいま議題となっております六件の議案について、委員会への付託を行います。


 お諮りいたします。


 議案第七五号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合についてから議案第七八号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区の設置等に関する協議についてまでの合併関連議案四件については、広域行政・合併調査特別委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、議案第七五号から議案第七八号までの計四件につきましては、広域行政・合併調査特別委員会に付託の上、審査することに決定いたしました。


 次に、議案第七九号工事請負契約の締結については都市建設委員会に、議案第八〇号専決処分の承認については福祉教育委員会に、それぞれ付託いたします。


 委員会審査のため、しばらく休憩いたします。


                        午前十時二十分 休憩


                        午後三時 零分 再開


○議長(稲田和利君)  休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 これより、まず議案第七五号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について外三件について、広域行政・合併調査特別委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)登壇〕


○広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)  広域行政・合併調査特別委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期臨時会におきまして、本特別委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第七五号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合について外三件であります。


 まず、議案第七五号は、平成十九年三月三十一日をもって北川町を廃し、延岡市に編入することを宮崎県知事に申請するものであります。


 また、議案第七六号から議案第七八号までは、その廃置分合に伴う財産の処分、農業委員会委員の在任、地域自治区の設置等に関する協議を行うものであります。


 委員会といたしましては、本日、本会議休憩中に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも全員何ら異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、簡単でございますが、広域行政・合併調査特別委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより、議案第七五号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合についてから議案第七八号延岡市及び東臼杵郡北川町の廃置分合に伴う地域自治区の設置等に関する協議についてまでの計四件を一括採決いたします。


 本四件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本四件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本四件は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第七九号工事請負契約の締結について、都市建設委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔都市建設委員会委員長(平田信広君)登壇〕


○都市建設委員会委員長(平田信広君)  都市建設委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 今期臨時会におきまして、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第七九号工事請負契約の締結の一件であります。


 委員会といたしましては、本日、委員会を開き、関係当局の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 議案第七九号大瀬橋橋梁整備工事の請負契約の締結についてでありますが、この工事は交通安全の確保及び交通の円滑化を図るための大瀬橋橋梁整備に伴い、上部工を架設するものであります。


 本件につきましては、七建設工事共同企業体による条件つき一般競争入札を行いました結果、ピーシー・野脇・西田建設工事共同企業体が九億三千八百十九万七百五十円で落札いたしましたので、同企業体と契約を締結するものであります。


 審査において、委員より「さきの福岡市の交通事故を契機として、ガードレールの仕様変更などの影響は出ていないのか」との質疑がなされ、当局より「正常な運転をしていただくことを前提に、歩道用、歩行者用のガードレールとなっており、橋の下に道路、人家がないことからも、この仕様に変更はない」との答弁があったのであります。


 さらに、委員より「供用開始までの事業計画について、関係商店などへの説明会は予定しているのか、また、照明等を地元企業へ発注するなど、工業の地産地消を考えているのか」との質疑がなされ、当局より「周辺の方々への説明会は現在のところ考えていないが、委員御指摘のとおり、関係商店街及び区長に対しては、平成二十年十月末までに完成の説明は必要と考えており、今後、検討していきたい。また、照明等は亀井通りのものと同じ物を使用し、取りつけ道路の整備は地元企業でも可能であることから、可能な限り地元企業へお願いしたいと考えている」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本案につきましては、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、都市建設委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより議案第七九号工事請負契約の締結を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第八〇号専決処分の承認について、福祉教育委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)登壇〕


○福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)  福祉教育委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期臨時会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第八〇号平成十八年度延岡市一般会計補正予算に係る専決処分の承認一件であります。


 委員会といたしましては、本日、委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、承認すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 議案第八〇号平成十八年度延岡市一般会計補正予算に係る専決処分の承認は、竜巻災害の被災者の生活を緊急に支援するため、災害救助費などに四億一千六百三十三万三千円を増額補正したものであり、議会を招集するいとまがなく、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をしたため、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 審査では、委員より「災害救助費に約四億円計上されているが、この補正によって今回の竜巻被害はすべて対応できるのか」との質疑がなされ、当局より「世帯の調査などで今後判明する分を見込んで予算を計上しているので、今回の補正で対応できる」との答弁があったのであります。


 また、委員より「不在世帯を調査中とのことだが、災害を認める期間はどのくらいか」との質疑がなされ、当局より「各支援事業により申請期間はさまざまであるが、今後も申請漏れのないよう周知を図りたい」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本件につきましては、全員異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、福祉教育委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより議案第八〇号専決処分の承認を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、承認であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本案は承認されました。





◎日程第三 1報告第一六号 専決処分の報告


      2報告第一七号 専決処分の報告


      3報告第一八号 専決処分の報告





○議長(稲田和利君)  日程第三 報告第一六号専決処分の報告外二件の報告を行います。


 市長の報告を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  専決処分について御報告を申し上げます。


 報告第一六号から報告第一八号までは、和解及び損害賠償額を決定することにつきまして、地方自治法第百八十条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第二項の規定により、これを報告するものでございます。


 まず、報告第一六号は、本年五月二十七日午後七時五十分ごろ、本市消防団員が消防団車両で松山町の国道から五ヶ瀬河川敷に進入するために左折しようとしたところ、相手方車両と接触し、車両の一部に損害を与えたことにつきまして、相手方に対して四十五万六千百八十二円の損害賠償金を支払ったものでございます。


 報告第一七号は、本年六月二十二日午後九時四十三分ごろ、本小路の市道を本市消防団員が消防団車両で走行中、バイク転倒事故を発見したため、負傷者救助の目的で停車の上バックしたところ、後方に停車中の相手方車両に接触し、車両の一部に損害を与えたことにつきまして、相手方に対しまして七万三千五百円の損害賠償金を支払ったものでございます。


 報告第一八号は、本年八月十六日午後四時三十分ごろ、北浦町古江浜緑地公園内におきまして、本市職員が花火大会の準備作業のために公用車で走行中、駐車していた相手方車両に接触し、車両後部に損害を与えたことにつきまして、相手方に対し十三万七千六百六十六円の損害賠償金を支払ったものでございます。


 なお、事故を起こした職員及び消防団員に対しましては厳重注意を行うとともに、今後、同様の事故を起こさないように、すべての職員及び消防団員に対し、安全運転について指導を行っております。


 以上で、報告を終わります。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 以上で、報告を終わります。


 以上をもって、今期臨時会における付議事件の審議をすべて終了いたしました。


 これをもって第二十四回延岡市議会臨時会を閉会いたします。





午後二時三十分 閉会





 署 名 議 員








   延岡市議会議長  稲 田 和 利





   延岡市議会議員  河 野 広 美





   延岡市議会議員  山 田 良 市