議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成18年第22回臨時会(第1号 7月31日)




平成18年第22回臨時会(第1号 7月31日)





議  事  日  程  ( 第 一 号 )





第二十二回延岡市議会(臨時会)第一日


平成十八年七月三十一日(月)午前十時開会





 



第一日(平成十八年七月三十一日)





 議事日程


 本日の会議に付した事件


 出席議員


 欠席議員


 説明のための出席者


 事務局職員出席者


 開  会


 会期の決定


 議案第二七号(平成十八年度延岡市一般会計補正予算)ほか六件


  提案理由の説明(市長)


  質  疑


  議案の委員会付託


  広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


  総務財政委員会委員長(内田喜基君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


  都市建設委員会委員長(平田信広君)報告


  質  疑


  討  論


  採  決


  福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)報告


  質  疑


  採  決


  報告第四号 専決処分の報告


  報告(市長)


  質  疑 (河野広美君)


   消防長答弁


 閉  会





議事日程


第一   会期の決定





第二  1議案第二七号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


    2議案第二八号 延岡市・北川町合併協議会の設置について


    3議案第二九号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(


            第一工区))


    4議案第三〇号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(


            第二工区))


    5議案第三一号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(


            第三工区))


    6議案第三二号 工事請負契約の締結(北浦小学校南校舎新増改築建築主体工事


            )


    7議案第三三号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市水道事業会計補正予算)





第三   専決処分の報告





本日の会議に付した事件





日程第一 会期の決定


日程第二 1議案第二七号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


     2議案第二八号 延岡市・北川町合併協議会の設置について


     3議案第二九号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業


             (第一工区))


     4議案第三〇号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業


             (第二工区))


     5議案第三一号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業


             (第三工区))


     6議案第三二号 工事請負契約の締結(北浦小学校南校舎新増改築建築主体工


             事)


     7議案第三三号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市水道事業会計補正予算)


日程第三 専決処分の報告








◎午前十時十三分 開会





○議長(稲田和利君)  これより第二十二回延岡市議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 この際、今期臨時会における会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に四番 三宅為二議員と五三番 小川善太郎議員を指名いたします。





◎日程第一 会期の決定





○議長(稲田和利君)  日程第一 会期の決定についてお諮りいたします。


 会期は本日一日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、会期は本日一日限りと決定いたしました。





◎日程第二 1議案第二七号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


      2議案第二八号 延岡市・北川町合併協議会の設置について


      3議案第二九号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(第一工区))


      4議案第三〇号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(第二工区))


      5議案第三一号 工事請負契約の締結(延岡市ケーブルテレビエリア拡大事業(第三工区))


      6議案第三二号 工事請負契約の締結(北浦小学校南校舎新増改築建築主体工事)


      7議案第三三号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市水道事業会計補正予算)





○議長(稲田和利君)  日程第二 議案第二七号平成十八年度延岡市一般会計補正予算外六件を一括議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案の概要について御説明を申し上げます。


 議案第二七号及び第二八号は、平成十八年度延岡市一般会計補正予算及び延岡市・北川町合併協議会の設置についてであります。


 延岡市と北川町の合併問題につきましては、皆様御承知のとおり、北川町が法定合併協議会から離脱し、実現しなかったという経緯がございますが、このたび北川町長並びに北川町議会議長により、早急に本市との合併協議を行いたいという申し入れがございました。こうしたことから、延岡市と北川町の合併協議を行うため、地方自治法第二百五十二条の二第一項及び市町村の合併の特例等に関する法律第三条第一項の規定に基づき、合併協議会を設置するものでございます。


 また、補正予算につきましては、合併協議会の設置に伴う経費を計上するもので、歳入歳出それぞれ五百二十五万円を追加し、予算総額を五百十二億七千四百三十六万四千円といたしました。


 内容につきましは、合併協議会に対する負担金を追加するもので、その財源として、地方交付税及び県支出金を計上いたしております。


 議案第二九号から議案第三一号までは、ケーブルテレビエリア拡大工事の請負契約の締結であります。


 この工事は、島浦地区を除く本市の未配信地域にケーブルテレビのエリアを拡大するものであります。


 まず、旧延岡市の未配信地域及び北浦町総合支所までを対象とします第一工区につきましては、七建設工事共同企業体による指名競争入札を行いました結果、電興・十電建設工事共同企業体が落札いたしましたので、五億二千四百七十九万円で同企業体と契約を締結するものであります。


 旧北方町地域の周辺部を対象とします第二工区につきましては、六建設工事共同企業体による指名競争入札を行いました結果、九電工・三桜電設建設工事共同企業体が落札いたしましたので、四億一千百二十八万五千円で同企業体と契約を締結するものであります。


 旧北方町地域の中心部を対象とします第三工区につきましては、六建設工事共同企業体による指名競争入札を行いました結果、九電工・三桜電設建設工事共同企業体が落札いたしましたので、三億八千三百九十八万五千円で同企業体と契約を締結するものであります。


 議案第三二号は、北浦小学校南校舎新増改築建築主体工事の請負契約の締結であります。


 この工事は、老朽化の著しい既存の校舎を解体撤去し、新たに鉄筋コンクリート造一部鉄骨造二階建て、延べ床面積千八百十八平方メートルの南校舎を建設するものであります。


 八建設工事共同企業体による指名競争入札を行いました結果、児玉・増田・コジマ建設工事共同企業体が落札いたしましたので、三億一千六百八十九万円で同企業体と契約を締結するものであります。


 議案第三三号は、平成十八年度延岡市水道事業会計補正予算に係る専決処分の承認であります。


 本案は、議会を招集するいとまがないため、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 今回の水道事業会計補正予算は、既往債の一部を繰り上げ償還し、低金利の企業債に借りかえたのもで、収益的収支におきまして営業外費用を三百十八万八千円減額し、資本的収支におきまして企業債を一億八百六十万円、企業債償還金を一億一千五十七万二千円、それぞれ増額いたしました。


 以上が議案の概要でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。以上で質疑を終わります。


 これより、ただいま議題となっております七件の議案について、委員会への付託を行います。


 お諮りいたします。


 議案第二七号平成十八年度延岡市一般会計補正予算及び議案第二八号延岡市・北川町合併協議会の設置についての二件については、広域行政・合併調査特別委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、議案第二七号及び議案第二八号の二件につきましては、広域行政・合併調査特別委員会へ付託の上、審査することに決定いたしました。


 次に、議案第二九号から議案第三一号までの工事請負契約の締結三件については、総務財政委員会に、議案第三二号工事請負契約の締結については、福祉教育委員会に、議案第三三号専決処分の承認については、都市建設委員会に、それぞれ付託いたします。


 委員会審査のため、しばらく休憩いたします。


午前 十時二十分 休憩


午後 三時 零分 再開


○議長(稲田和利君)    休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 これより、まず議案第二七号平成十八年度延岡市一般会計補正予算外一件について、広域行政・合併調査特別委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)登壇〕


○広域行政・合併調査特別委員会委員長(高橋 勝君)  広域行政・合併調査特別委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期臨時会におきまして、本特別委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第二七号平成十八年度延岡市一般会計補正予算及び議案第二八号延岡市・北川町合併協議会の設置についての合計二件であります。


 両議案は、北川町からの申し出により、今後、合併を前提とした協議を行うため、延岡市及び北川町の一市一町において合併協議会を設置するものであります。それに伴い、補正予算として協議会設置のための経費を計上するものであります。


 委員会といたしましては、本日、本会議休憩中に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 委員より「合併協議会の体制と開催回数」について質疑がなされ、当局より「一市三町の法定合併協議会の段階で事務調整事項がかなり進んでおり、また、基本的には延岡市の状況に合わせていくということを大前提として北川町と確認をしているので、開催回数をできる限り少なくしていきたい。合併協議会の体制については、前回の協議会で設置した七つの部会を基本に、短期間で事務処理が進むように分割や統合などの方法を研究していきたい」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、両議案につきましては、採決の結果、全員何ら異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、簡単でございますが、広域行政・合併調査特別委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより、議案第二七号平成十八年度延岡市一般会計補正予算及び議案第二八号延岡市・北川町合併協議会の設置についての二件を一括採決いたします。


 本二件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本二件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本二件は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第二九号から議案第三一号までの工事請負契約の締結三件について、総務財政委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔総務財政委員会委員長(内田喜基君)登壇〕


○総務財政委員会委員長(内田喜基君)  総務財政委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期臨時会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第二九号工事請負契約の締結の外二件であります。


 委員会といたしましては、本日、本会議休憩中に委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 今回、付託されました本三件は、島浦地区を除く延岡市全域においてケーブルテレビが視聴可能となるよう、未配信地域へのエリア拡大工事を行うものであり、第一工区である議案第二九号は、電興・十電建設工事共同企業体と五億二千四百七十九万円で、第二工区である議案第三〇号につきましては、九電工・三桜電設建設工事共同企業体と四億一千百二十八万五千円で、また、第三工区である議案第三一号は、同じく九電工・三桜電設建設工事共同企業体と三億八千三百九十八万五千円で、それぞれ契約を締結するものであります。


 本三件につきましては、関連する議案でありますので、一括審査をいたしましたところ、委員より「ケーブルテレビ運用における本市と運用委託会社との関係」について質疑がなされ、当局より「延岡市は設備を提供して、運用については委託するものであるが、この方式であると放送や通信の事業免許は事業者が既に取得しているので、延岡市が改めて取得する必要がない。さらに、ケーブル事業者のノウハウを生かした効率的な運用ができると考えている。委託業者との関係は、指定管理者制度に非常に近い制度だが、基本的に違う点は最終的な運用内容の決定権が延岡市にあるとのことである」との答弁があったのであります。


 続いて、委員より「延岡市の周辺部に行くほど加入率を確保することが難しいと考えるが、対応をどのように考えているのか」との質疑がなされ、当局より「既にエリア拡大地域すべてにおいて加入希望のアンケートを行っており、テレビが六二%、インターネットが三三%と非常に高い加入希望となっており、アンケートどおり高い加入率が確保できるとすれば安定的な運用と発展的な技術革新に対応できると考えるので、工事着手と同時に加入促進の取り組みを行いたい」との答弁があったのであります。


 また、委員より「第一工区の入札予定価格と入札価格に一億円以上の差があるが、工事における品質管理体制はどうなっているのか」との質疑がなされ、当局より「既に落札業者とミーティングを行っており、品質管理については十分話をしている。また、工事管理については、既に市内の敷設をすべて行っている株式会社ケーブルメディアワイワイに委託しており、その実績からも適切に管理が行えるものと考えている」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、本三件につきましては、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、総務財政委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について一括質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより一括討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより議案第二九号から議案第三一号までの工事請負契約の締結三件を一括採決いたします。


 本三件に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。


 本三件は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本三件は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第三三号専決処分の承認について都市建設委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔都市建設委員会委員長(平田信広君)登壇〕


○都市建設委員会委員長(平田信広君)  都市建設委員会における審査結果について御報告申し上げます。


 本日、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第三三号専決処分の承認、平成十八年度延岡市水道事業会計補正予算の一件であります。


 委員会といたしましては、本日、委員会を開き、関係当局の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、本案につきましては、承認すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 本案は、臨時特例措置として高金利の既往債の一部を繰り上げ償還し、低金利の企業債に借りかえたもので、収益的収支におきまして営業外費用を三百十八万八千円減額し、資本的収支におきまして企業債を一億八百六十万円、企業債償還金を一億一千五十七万二千円、それぞれ増額したものであります。


 専決処分としたのは、県からの通知が七月十一日付であったこと、一月ごとに約五十万円の支払い利息が発生することから、節減のための措置であります。


 審査では、委員より「高金利分の起債残高はどうなっているのか」との質疑がなされ、当局より「七%以上の高金利分の償還未済額については、二十二億四千九百万円相当額となる」との答弁があったのであります。


 さらに、委員より「残りの高金利分についての借りかえはどうなっているのか」との質疑がなされ、当局より「この借換債というのは、公営企業金融公庫分に限り平成十七年度からが対象となったものであるが、政府資金分については制度的にまだ認められておらず、今後の課題である」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、付託されました案件につきましては、採決の結果、全員異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、都市建設委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより議案第三三号専決処分の承認を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、承認であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本案は承認されました。


 次に、議案第三二号工事請負契約の締結について、福祉教育委員会委員長の審査結果の報告を求めます。


     〔福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)登壇〕


○福祉教育委員会委員長(小川善太郎君)  福祉教育委員会における審査結果について御報告を申し上げます。


 今期臨時会において、本委員会に付託されました案件は、ただいま議題となっております議案第三二号北浦小学校南校舎新増改築建築主体工事の請負契約の締結一件であります。


 委員会といたしましては、本日、委員会を開き、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 これより審査の経過を簡単に御報告申し上げます。


 議案第三二号北浦小学校南校舎新増改築建築主体工事の請負契約の締結についてでありますが、この工事は、老朽化の著しい既存の校舎を解体撤去し、新たに鉄筋コンクリートづくり一部鉄骨づくり二階建て、延べ床面積一千八百十八平方メートルの南校舎を建設するものであります。


 本件につきましては、八建設工事共同企業体による指名競争入札を行いました結果、児玉・増田・コジマ建設工事共同企業体が三億一千六百八十九万円で落札いたしましたので、同企業体と契約を締結するものであります。


 審査において、委員より「耐震化についてはどう配慮しているのか。また、市の負担は幾らになるのか」との質疑がなされ、当局より「耐震性のあらわす数字については一・〇を上回ることが要求されているが、今回の建物は最低でも一・五である。市の負担については、今のところ一億一千四百万円ほどの負担になると考えている」との答弁があったのであります。


 さらに、委員より「今回の工事は、障害者などへの対応も考慮しているのか」との質疑がなされ、当局より「エレベーター設備がないので二階に行くのに難があるが、一階はすべてバリアフリーにしており、段差がなく、スロープを使って移動ができる。また、身障者トイレを各階に設け、車いすなどの利用に対応している。その他階段などには手すりを設置している」との答弁があったのであります。


 以上のような質疑応答を踏まえ、採決の結果、本案につきましては、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、福祉教育委員会における審査結果の御報告といたします。


 よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの委員長報告について質疑に入ります。質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  討論なしと認めます。以上で討論を終わります。


 これより議案第三二号工事請負契約の締結を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決するに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。





◎日程第三 報告第四号 専決処分の報告





○議長(稲田和利君)  日程第三 報告第四号専決処分の報告を行います。


 市長の報告を求めます。


     〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  専決処分の報告を申し上げます。


 報告第四号は、和解及び損害賠償の額を決定することにつきまして、地方自治法第百八十条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第二項の規定により、これを報告するものであります。


 本件は、延岡市消防署土々呂出張所のホース乾燥棟の金具の老朽化が原因でホースと滑車が落下し、付近に駐車中の自家用自動車に損害を与えたことにつきまして、相手方に対して十二万二千円の損害賠償金を支払ったものであります。


 なお、事故発生後、直ちにホース乾燥棟の点検・整備を行い、再発防止に努めているところでございます。


 以上で、報告を終わります。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいまの報告について質疑に入ります。


 通告がありますので、七番 河野広美議員の発言を許可いたします。


     〔七番(河野広美君)登壇〕


○七番(河野広美君)  報告第四号専決処分の報告について、お伺いいたします。


 ただいま事故発生後、直ちにホース乾燥棟の点検・整備を行い、再発防止に努めているという報告を受けたわけでございますが、延岡市消防署土々呂出張所のホース乾燥棟の場所は民家に隣接しており、頻繁に人の出入りがあると予想されます。また、風の向きで民家の方に落下する危険がありますので、この際、ホース乾燥棟を撤去するか、また、別の場所へ移動した方が再発防止につながると考えますので、消防長の御所見をお伺いいたします。


 また、これを機に他の地区のホース乾燥棟の点検は行ったのか、お伺いいたします。


(降壇)


     〔消防長(和田筆敏君)登壇〕


○消防長(和田筆敏君)  お答えいたします。


 消防署土々呂出張所のホース乾燥棟の移転と、その他の施設の点検についての御質問でございます。


 土々呂出張所のホース乾燥棟は、庁舎敷地駐車場内の一角に設置をしているものでございます。この乾燥棟は、市民に災害発生等を知らせる防災サイレンを兼ねておりまして、防災サイレンの設置場所としては適当ではないかと考えています。


 今回の事故は、つり下げ部分の鉄製丸型金具の腐食により落下したものでございまして、我々の保守管理、保安管理面の配慮不足であると考えておりまして、反省をいたしているところでございます。近々、腐食しにくい材質でのつり下げ金具一式に取りかえる予定にいたしておりますので、今後は定期的な点検等を行いながら、安全管理に努めたいと考えているところでございます。


 次に、ほかの施設の点検でございますけれども、ホース乾燥棟は、本署と土々呂出張所には設置をしておりますけれども、東海分署と南出張所には設置はいたしておりません。本署のホース乾燥棟は、四十本ほど乾燥できる本格的な専用の施設でございます。これにつきましては、過去に数回、設置業者による点検を行っております。この施設は、つり下げ部分等も職員により身近に目視点検ができるようになっておりますし、材質的にも腐食しにくいものになっております。今後とも、保守管理、安全管理に十分配慮しながら、対応してまいりたいと考えております。


 また、消防団各部にも土々呂出張所と似たような形式のホース乾燥棟が五十五基設置してございます。これにつきましては、自主的な管理をお願いしているところでございますけれども、近々、施設状況の報告を求めたいと考えております。


 以上でございます。


(降壇)


○議長(稲田和利君)  以上で、通告による質疑は終わりました。


 ほかに質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  質疑なしと認めます。質疑を終わります。


 以上で、報告を終わります。


 以上をもって、今期臨時会における付議事件の審議をすべて終了いたしました。


 これをもって第二十二回延岡市議会臨時会を閉会いたします。





午後三時二十五分 閉会





 署 名 議 員








   延岡市議会議長  稲 田 和 利





   延岡市議会議員  三 宅 為 二





   延岡市議会議員  小 川 善太郎