議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 延岡市

平成18年第21回定例会(第1号 6月 5日)




平成18年第21回定例会(第1号 6月 5日)





議  事  日  程  ( 第 一 号 )





第二十一回延岡市議会(定例会)


平成十八年六月五日(月) 午前十時開会





 



第一日(平成十八年六月五日)


 議事日程


 本日の会議に付した事件


 出席議員


 欠席議員


 説明のための出席者


 事務局職員出席者


 全国市議会議長会表彰伝達式


 副議長お祝いの言葉


 市長お祝いの言葉


 受賞者お礼の言葉


 開  会


 会期の決定


 議案第七号(平成十八年度延岡市一般会計補正予算)ほか十六件


  提案理由の説明(市長)


 散  会





議事日程


第一   会期の決定





第二   1議案第 八号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


     2議案第 九号 延岡市行財政改革推進委員会条例の制定


     3議案第一〇号 延岡市地域振興基金条例の制定


     4議案第一一号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条


             例の一部を改正する


             条例の制定


     5議案第一二号 延岡市一般職職員給与条例の一部を改正する条例の制定


     6議案第一三号 延岡市職員等の旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正


             する条例の制定


     7議案第一四号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定


     8議案第一五号 延岡市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する


             条例の制定


     9議案第一六号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定


    10議案第一七号 延岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定


    11議案第一八号 延岡市浜木綿村条例の一部を改正する条例の制定


    12議案第一九号 市道の路線廃止(九路線)


    13議案第二〇号 市道の路線認定(二十八路線)


    14議案第二一号 新たに生じた土地の確認


    15議案第二二号 町の区域の変更


    16議案第二三号 訴えの提起


    17議案第二四号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市老人保健特別会計補正


             予算)





本日の会議に付した事件


日程第一    会期の決定


日程第二    1議案第 八号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


        2議案第 九号 延岡市行財政改革推進委員会条例の制定


        3議案第一〇号 延岡市地域振興基金条例の制定


        4議案第一一号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関


                する条例の一部を改正する条例の制定


        5議案第一二号 延岡市一般職職員給与条例の一部を改正する条例の制


                定


        6議案第一三号 延岡市職員等の旅費及び費用弁償に関する条例の一部


                を改正する条例の制定


        7議案第一四号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の


                制定


        8議案第一五号 延岡市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改


                正する条例の制定


        9議案第一六号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定


       10議案第一七号 延岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制


                定


       11議案第一八号 延岡市浜木綿村条例の一部を改正する条例の制定


       12議案第一九号 市道の路線廃止(九路線)


       13議案第二〇号 市道の路線認定(二十八路線)


       14議案第二一号 新たに生じた土地の確認


       15議案第二二号 町の区域の変更


       16議案第二三号 訴えの提起


       17議案第二四号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市老人保健特別会


                計補正予算)








◎午前十時九分 開会


     全国市議会議長会表彰伝達式


○副議長(甲斐英孝君)  開会に先立ちまして、去る五月二十四日に開催されました第八十二回全国市議会議長会定期総会におきまして、稲田和利議員、新井敏文議員、湯浅啓祐議員、山田良市議員、甲斐勝吉議員の五名の方々が全国市議会議長会表彰を受けられました。


 これより表彰状の伝達式並びに市長からの感謝状の贈呈を行います。受賞される五名の方々は前方の席へ御着席ください。


○事務局長(楠葉秀三君)  ただいまから全国市議会議長会表彰の伝達並びに市長からの感謝状贈呈を行います。


 初めに、議長会表彰の伝達を行います。


 受賞者の皆様を順次お呼びいたしますので、御登壇いただきまして、副議長から表彰状をお受け取りください。


 全国市議会議長会表彰


   十五年勤続議員表彰 稲田和利議員


     〔稲田和利君 登壇〕


○副議長(甲斐英孝君)


       表 彰 状


                   延岡市  稲 田 和 利 殿


 あなたは、市議会議員として十五年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第八十二回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。


  平成十八年五月二十四日


            全国市議会議長会  会長  国 松   誠


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  同じく、


   十五年勤続議員表彰 新井敏文議員


     〔新井敏文君 登壇〕


○副議長(甲斐英孝君)


       表 彰 状


                   延岡市  新 井 敏 文 殿


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  同じく、


   十五年勤続議員表彰 湯浅啓祐議員


     〔湯浅啓祐君 登壇〕


○副議長(甲斐英孝君)


       表 彰 状


                   延岡市  湯 浅 啓 祐 殿


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  同じく、


   十五年勤続議員表彰 山田良市議員


     〔山田良市君 登壇〕


○副議長(甲斐英孝君)


       表 彰 状


                   延岡市  山 田 良 市 殿


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  同じく、


   十五年勤続議員表彰 甲斐勝吉議員


     〔甲斐勝吉君 登壇〕


○副議長(甲斐英孝君)


       表 彰 状


                   延岡市  甲 斐 勝 吉 殿


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  以上で表彰状の伝達を終わります。


 続きまして、首藤市長から感謝状及び記念品の贈呈を行います。


 最初に、稲田和利議員


     〔稲田和利君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        稲 田 和 利 様


 あなたは、市議会議員として十五年の長きにわたり、豊富な見識と卓越した手腕をもって市民福祉の向上に鋭意努力され、市政の発展に多大の貢献をされました。


 よって、ここに記念品を贈り、深く感謝の意を表します。


  平成十八年六月五日


                     延岡市長 首 藤 正 治


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  新井敏文議員


     〔新井敏文君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        新 井 敏 文 様


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  湯浅啓祐議員


     〔湯浅啓祐君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        湯 浅 啓 祐 様


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  山田良市議員


     〔山田良市君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        山 田 良 市 様


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  甲斐勝吉議員


     〔甲斐勝吉君 登壇〕


○市長(首藤正治君)


       感 謝 状


                        甲 斐 勝 吉 様


 以下、同文でございます。


     〔拍 手〕


○事務局長(楠葉秀三君)  以上で、感謝状及び記念品の贈呈を終わります。


 ここで、甲斐英孝副議長よりお祝いの言葉をいただきたいと存じます。


 よろしくお願いいたします。


○副議長(甲斐英孝君)  議会を代表いたしまして、一言お祝いのごあいさつを申し上げたいと存じます。


 このたびの全国市議会議長会により、五名の皆さん方が十五年永年勤続の表彰を受けられました。議場の議員の皆さんともどもに心からお祝いを申し上げます。おめでとうございます。


 皆さん方が初当選をされました平成三年当時は、ちょうど国際的には湾岸戦争の勃発、国内ではバブル経済の崩壊と、経済情勢の悪化の中、国内外とも混迷を深めていた時期だと思っております。そういう中で、延岡市はケーブルメディアワイワイの開局、あるいは南道路の開通を初め、本格的な高速交通網の整備がされ始めた時期でもあります。延岡市の新しいまちづくりに向けてスタートをした時期でもあったと思っております。以来、皆さん方は四期十五年の長きにわたり、市政の発展のために終始一貫御努力を賜り、その御功績に対し、心から感謝を申し上げたいと思います。


 今、延岡市は合併という大事業を経て、新生延岡市のまちづくりの真価が問われようとしております。そのような中にあって、これから議会、議員の役割は大変大きなものがあると感じております。延岡市民だれしもが生き生きと輝く新しい延岡づくりを始めなければなりません。そういった中で、皆さん方は、これからも健康には十分留意され、その豊富な経験と見識をもって、さらなる延岡市の発展、御貢献を賜りたいと思っております。どうぞ、これからもよき議員としての御活躍を心から御祈念を申し上げ、大変簡単で要を得ませんけれども、お喜びのごあいさつとさせていただきます。


 本日は、まことにおめでとうございました。         (拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  続きまして、首藤市長よりお祝いの言葉をいただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。


○市長(首藤正治君)  一言お祝いを申し上げたいと思います。


 今回、全国市議会議長会より、はえあるこの十五年間という長きにわたる勤続表彰を受けられました稲田和利様、新井敏文様、湯浅啓祐様、山田良市様、そして甲斐勝吉様、本当におめでとうございます。心よりお祝いを申し上げたいと思います。


 皆様方は、これまで長きにわたりまして市民の皆様の負託にこたえられて、延岡市議会議員として在職をされて、そして豊富な経験、そして卓越した手腕、そしてまた深い見識のもとに延岡市政のために御尽力をいただいてきております。これまでの皆様方の多大のその御貢献に対しまして、市民を代表して、改めてでございますが御礼を申し上げたいと思います。


 今お話もございましたとおり、これからこの延岡、また新しい形で合併の後のまちづくりに取り組んでいかなければなりません。まだ新しいまちづくりがスタートしたばかりでもございます。これから、また皆様方、将来の延岡がますます素晴らしい地域になりますように、なお一層の御指導と御協力等を賜りますようにお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、お祝いの言葉とさせていただきます。


 受賞、まことにおめでとうございました。          (拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  それでは、ここで受賞者を代表されまして湯浅啓祐議員から謝辞がございます。


○(湯浅啓祐議員)  年長者ということで、受賞者を代表いたしまして、私の方から一言お礼の言葉を述べさせていただきます。


 市議会議員十五年勤続ということで、先ほど全国市議会議長会の表彰伝達と、そして、また市長からは心温まる感謝状をいただきまして、私ども本当に光栄のきわみでございます。これもひとえに長い間御指導いただきました市当局の皆様を初め、同僚議員の皆様、そしてまた支援をしてきていただきました多くの市民の皆様のおかげであると感謝を申し上げる次第でございます。


 顧みますと、私ども五名が議員に初当選させていただきましたのは、平成三年、ちょうど今副議長からお話がございましたが、私の記憶の中では延岡市と門川町の境に位置する遠見半島開発、この大きな課題が延岡市にとっては最も重要な課題だったと記憶をしているところでございます。


 光陰矢のごとしと申しますけれども、この十五年の間に延岡市も大きく様変わりをいたしました。ことしの二月、一市二町の合併がございましたが、延岡市の歴史の中では、このことはまことに大きな歴史の一こまではないかと思っております。


 私どもは、今日の日の感激を胸に、これからも市民の皆様の負託にこたえまして、懸命に市政発展のために全力を尽くしてまいる所存でございます。どうか皆様方には、今後とも御指導と御鞭撻を賜りますように心からお願いを申し上げまして、意を尽くしませんけども、簡単措辞ではございますが、お礼の言葉にかえさせていただきます。


 ありがとうございました。                 (拍手)


○事務局長(楠葉秀三君)  以上をもちまして、表彰状の伝達及び感謝状の贈呈を終わります。


 本日は、まことにおめでとうございました。         (拍手)








◎午前十時二十八分 開会





○議長(稲田和利君)  これより第二十一回延岡市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 この際、今期定例会における会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に三番 中城あかね議員と五五番 新名種歳議員を指名いたします。





◎日程第一 会期の決定





○議長(稲田和利君)  日程第一 会期の決定についてお諮りいたします。


 会期は、本日から六月二十六日までの二十二日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、会期は本日から六月二十六日までの二十二日間と決定いたしました。





◎日程第二  1議案第 八号 平成十八年度延岡市一般会計補正予算


       2議案第 九号 延岡市行財政改革推進委員会条例の制定


       3議案第一〇号 延岡市地域振興基金条例の制定


       4議案第一一号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害


               補償等に関する条例の一部を改正する条例


               の制定


       5議案第一二号 延岡市一般職職員給与条例の一部を改正す


               る条例の制定


       6議案第一三号 延岡市職員等の旅費及び費用弁償に関する


               条例の一部を改正する条例の制定


       7議案第一四号 延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正


               する条例の制定


       8議案第一五号 延岡市非常勤消防団員退職報償金支給条例


               の一部を改正する条例の制定


       9議案第一六号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例


               の制定


      10議案第一七号 延岡市国民健康保険税条例の一部を改正す


               る条例の制定


      11議案第一八号 延岡市浜木綿村条例の一部を改正する条例


               の制定


      12議案第一九号 市道の路線廃止(九路線)


      13議案第二〇号 市道の路線認定(二十八路線)


      14議案第二一号 新たに生じた土地の確認


      15議案第二二号 町の区域の変更


      16議案第二三号 訴えの提起


      17議案第二四号 専決処分の承認(平成十八年度延岡市老人


               保健特別会計補正予算)


○議長(稲田和利君)  日程第二 議案第八号平成十八年度延岡市一般会計補正予算外十六件を一括議題といたします。


 当局の提案理由の説明を求めます。


      〔市長(首藤正治君)登壇〕


○市長(首藤正治君)  ただいま議題となりました議案の概要について御説明を申し上げます。


 まず初めに、補正予算についてでございます。


 議案第八号平成十八年度延岡市一般会計補正予算は、歳入歳出それぞれ五十八億六百十一万四千円を追加いたしまして、予算総額を五百十二億六千九百十一万四千円といたしました。


 今回の補正予算は、今年度当初予算を骨格予算として編成いたしました関係から、新規事業を中心として肉づけとなる予算を追加補正するものでございまして、防災関連事業でございますとか、新市建設計画に基づく事業に重点を置いて編成をいたしたところでございます。


 主な事業といたしまして、ケーブルテレビエリア拡大事業、消防庁舎建設事業、地域振興基金積立金等を追加計上いたしております。


 この補正財源として、国庫支出金、県支出金、基金繰入金、市債等を追加計上いたしております。


 また、債務負担行為の補正は、戸籍電算システム導入事業費ほか三件、限度額十八億七千三百十八万円を追加するものであります。


 議案第九号は、延岡市行財政改革推進委員会条例の制定でございます。


 本市の行財政改革につきましては、これまで規則に基づいて設置されました行政改革推進懇談会において、計画の策定及びその進行管理に幅広く市民の意見を求め、推進に努めてきたところでございますが、今日、市民参加のまちづくりが一段と強く求められておりますことから、市民と行政とが協働したまちづくりの取り組みの一つとして、当該懇談会を条例に基づく行財政改革推進委員会として、その位置づけの明確化と機能の充実を図るものでございます。


 議案第一〇号は、延岡市地域振興基金条例の制定であります。


 本案は、新市における一体感の醸成や地域の振興を図るため、合併特例債の活用によりまして地域振興基金を設置することに伴い、条例を制定するものであります。


 議案第一一号は、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、地方公務員災害補償法の改正に準じて、他の仕事を兼務している非常勤職員につきまして、その就業の場所から非常勤職員としての勤務場所への移動を通勤の範囲に加えるなど、所要の改正を行うものであります。


 議案第一二号は、延岡市一般職職員給与条例の一部を改正する条例の制定であります。


 国家公務員の給与について、人事院勧告に基づき、平成十八年度から給料表の水準を五%引き下げるなど抜本的な改革が行われましたことから、本市においても、国に準じて、給料表の水準の引き下げなど、所要の改正を行うものであります。


 議案第一三号は、延岡市職員等の旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、一般職職員及び特別職職員に支給する宿泊料について、条例で引用します人事院規則が国の給与構造改革で改正されたことに伴い、所要の改正を行うものでございます。


 議案第一四号は、延岡市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定でございます。


 国家公務員の退職手当について、在職期間中の貢献度をより的確に反映したものとなるよう、支給率を見直し、職責に応じた調整額を新設するなどの改正が行われたことから、本市におきましても、国に準じて、所要の改正を行うものでございます。


 議案第一五号は、延岡市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、非常勤消防団員に支給する退職報償金について、国の基準が改正されたことに伴い、支給額を引き上げ、処遇の改善を図るとともに、延岡市北方消防団の団員に支給される退職報償金の加算額について、経過措置を設けるものでございます。


 議案第一六号は、延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、火災に関する警報の発令中に火災が発生するおそれが大きいと認められる場合において、市長が指定した区域内における喫煙を制限することができるよう、所要の改正を行うものでございます。


 議案第一七号は、延岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、保険給付費等の歳出が増加する中、国民健康保険事業を健全に運営するため、税率の改正など、所要の改正を行うものであります。


 議案第一八号は、延岡市浜木綿村条例の一部を改正する条例の制定であります。


 本案は、浜木綿村施設内にパークゴルフ場がオープンすることに伴い、使用時間や利用料金など、必要な事項を定めるものでございます。


 議案第一九号は、市道の路線廃止であります。


 今回廃止いたします路線は、路線整備による舞野時広線など九路線、総延長二千五百三十八メートルでございます。


 議案第二〇号は、市道の路線認定であります。


 今回認定いたします路線は、路線整備による時広橋二号線など十二路線、地元の要望による長浜二〇号線など五路線、開発行為及び道路用地寄附による伊形三九号線など十一路線、合わせて二十八路線、総延長四千百七十三・三メートルでございます。


 議案第二一号は、新たに生じた土地の確認であります。


 本案は、北浦漁港内の公有水面埋立地、及び、島野浦漁港内の公有水面埋立地について、地方自治法第九条の五に基づき、本市の区域に新たな土地が生じたことを確認するものであります。


 議案第二二号は、町の区域の変更でございます。


 本案は、北浦漁港内の公有水面埋立地六千九百二十三・二五平方メートルを北浦町市振に、島野浦漁港内の公有水面埋立地、計六千九百三十・五四平方メートルを島浦町に編入するものであります。


 議案第二三号は、訴えの提起であります。


 本案は、市営住宅の家賃を長期間滞納している入居者に対しまして、住宅の明け渡しと滞納家賃等の支払いを求める訴えを提起するものでございます。


 議案第二四号は、平成十八年度延岡市老人保健特別会計補正予算に係る専決処分の承認でございます。


 本案は、議会を招集するいとまがないため、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 今回の老人保健特別会計補正予算は、歳入・歳出それぞれ四千二百八十五万三千円を追加し、予算総額を百三十二億三千五百三十五万三千円といたしました。


 補正の内容は、平成十七年度老人保健特別会計におきまして、会計年度経過後に、歳入が歳出に対し不足することとなったため、地方自治法施行令第百六十六条の二の規定に基づき、平成十八年度の歳入を繰り上げてその不足分に充てるものであり、そのために必要な額を平成十八年度の歳入・歳出予算に編入するものであります。


 歳入では、平成十八年度に精算交付される過年度分の国庫支出金を計上し、歳出では、繰上充用金を計上いたしております。


 以上が、議案の概要でございます。よろしく御審議くださいますよう、お願い申し上げます。                     (降壇)


○議長(稲田和利君)  ただいま説明のありました議案十七件に対する質疑は、六月十三日から行われる総括質疑及び一般質問の中で行います。


 お諮りいたします。


 議事の都合により、明六月六日から六月十二日までの七日間、休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(稲田和利君)  御異議なしと認めます。よって、明六月六日から六月十二日までの七日間、休会することに決定いたしました。


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 次の会議は六月十三日午前十時に開き、総括質疑及び一般質問を行います。


 本日は、これをもって散会いたします。


午前十時四十一分 散会