議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮崎県 都城市

平成20年第2回臨時会(第1号 2月14日)




平成20年第2回臨時会(第1号 2月14日)





 
平成二十年第二回都城市議会臨時会議事日程(第一号)


                   二月十四日(木曜日)  午前十時開議





第一 会議録署名議員の指名


第二 会期の決定





 ※ 議案の審議(提案理由説明・質疑)





第三 報告第五号 専決処分した事件の報告について





 ※ 議会内組織事項





第四 常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任








本日の会議に付した事件


日程 第一 会議録署名議員の指名 から、日程 第四 常任委員会委員及び議会運営委


      員会委員の選任 まで





出 席 議 員


本仮屋   勉 君       山 田 裕 一 君


神 脇 清 照 君       福 留   明 君


永 井 弘 美 君       今 村 美 子 君


荒 神   稔 君       坂 下 邦 男 君


竹之下 一 美 君       岩 切 正 一 君


末 永 悦 男 君       西ノ村   清 君


相 葉 一 夫 君       下 山 隆 史 君


江内谷 満 義 君       東 口 良 仲 君


美 原 純 裕 君       福 留 一 郎 君


宮 元 正 文 君       藤 井 八十夫 君


中 田   悟 君       竹 森 隆 雄 君


坂 元 良 之 君       徳 留 八 郎 君


大 浦   覚 君       黒 木 優 一 君


楡 田   勉 君       植 村 浩 三 君


永 田 照 明 君       村 吉 昭 一 君


榎 木 智 幸 君       永 田 浩 一 君


西 川 洋 史 君       橋之口   明 君


蔵 屋   保 君       児 玉 優 一 君


上 杉 順 市 君       森 重 政 名 君


永 山   透 君       来 住 一 人 君


橋 口 浩太郎 君





欠  席  議  員


な し





説明のための出席者


市長          長 峯   誠 君


副市長(総括担当)   池 田 宜 永 君


副市長(事業担当)   前 田 公 友 君


山之口町自治区長    轟 木 休 五 君


高城町自治区長     上 東 正 治 君


山田町自治区長     蔵 満   勇 君


高崎町自治区長     佐 藤 忠 房 君


総務部長        亀 沢 幸 治 君


企画部長        二 見 重 弘 君


環境森林部長      松 元 清 光 君


健康福祉部長      横 山 成 保 君


農政部長        長谷川 慈 弘 君


商工部長        高田橋 厚 男 君


土木部長        日 高 邦 晴 君


会計管理者       神 田 資 治 君


水道局長        八十島 行 範 君


消防局長        明 利 敏 博 君


大学設置推進事務局長  松 尾 久 丸 君


総務課長        田 爪 邦 士 君


教育委員会委員長    内 田 國 昭 君


教育長         玉 利   讓 君


教育部長        岩 崎   透 君


農業委員会会長     穂之上   満 君


選挙管理委員会委員長  中 川 興 二 君


監査委員        宮 原 忠 人 君





事務局職員出席者


局長          日 高 裕 文 君


次長          坂 元 昭 夫 君


補佐兼総務担当主幹   常 盤 公 生 君


議事担当主幹      稲 吉   稔 君


議事担当副主幹     藤 崎 雄 三 君


議事担当副主幹     川 島 和 之 君


議事担当主査      福 留   知 君


議事担当主査      穂 満 康 秀 君





=開会 十時〇〇分=


○議 長(下山隆史君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は定足数に達しております。


 これより平成二十年第二回都城市議会臨時会を開会いたします。





=開議 十時〇〇分=


○議 長(下山隆史君) 本日の会議は、お手元に配付いたしております議事日程第一号によって進めることにいたします。





◎日程第一 会議録署名議員の指名





○議 長(下山隆史君) 次に、日程第一 「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員に、中田悟議員と永田浩一議員を指名いたします。





◎日程第二 会期の決定





○議 長(下山隆史君) 次に、日程第二 「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、お手元に配付いたしております会期日程のとおり、本日一日といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(下山隆史君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日一日と決定いたしました。





◎日程第三 報告第五号





○議 長(下山隆史君) 次に、日程第三 報告第五号「専決処分した事件の報告について」を議題といたします。





◎提案理由説明





○議 長(下山隆史君) 議題に対する市長の提案理由の説明を求めます。


○市 長(長峯 誠君) (登壇)おはようございます。


 ただいま上程されました報告第五号「専決処分した事件の報告について」御説明申し上げます。


 本件は、平成十九年十一月七日午後一時四十五分ごろ、宮崎県小林市大字南西方八千七百七十五番地二十五先県道において、公用車と乗用車がカーブですれ違う際に接触し、互いの車両を損傷させた事故に係る和解の成立及び賠償金額の決定について、地方自治法第百八十条第一項の規定に基づき、専決処分いたしましたので、同条第二項の規定により御報告申し上げるものであります。


 以上で、本件報告の説明を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。(降壇)


○議 長(下山隆史君) 本件につきましては、質疑の通告を省略することにいたします。


 議案熟読のため、午前十時三十五分まで休憩いたします。


=休憩 十時  二分=





=開議 十時三十五分=


○議 長(下山隆史君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎質 疑





○議 長(下山隆史君) これより質疑に入ります。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(下山隆史君) 質疑はないようですので、質疑を終結いたします。


 以上で、報告第五号の審議を終了いたします。


 議長交代のため、午前十時四十五分まで休憩いたします。


=休憩 十時四十五分=





=開議 十時四十五分=


○副議長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





 日程追加 議長の辞職の件


○副議長(村吉昭一君) ただいま、下山隆史議長から議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 この際、「議長の辞職の件」を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長の辞職の件を議題とすることにいたします。





◎除 斥





○副議長(村吉昭一君) 本件につきましては、地方自治法第百十七条の規定により、下山隆史議員の退席を求めます。


〔下山隆史議員退席〕


 まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。


○事務局長(日高裕文君) それでは、辞職願を朗読いたします。


 辞職願 このたび、一身上の都合により、都城市議会議長の職を辞したいので、許可くださるようお願いいたします。


 平成二十年二月十四日 都城市議会議長 下山隆史


 都城市議会副議長 村吉昭一様


 以上でございます。


○副議長(村吉昭一君) お諮りいたします。


 下山隆史議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、下山隆史議員の議長の辞職を許可いたしました。





◎除斥の解除





○副議長(村吉昭一君) 除斥を解除いたします。





 日程追加 議長の選挙


○副議長(村吉昭一君) ただいま、議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、「議長の選挙」を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、「議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行うことにいたします。


 お諮りいたします。


 この選挙は、投票による方法を用いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、この選挙は投票によって行うことにいたします。


 しばらく休憩をいたします。


=休憩 十時四十八分=





=開議 十時 五十分=


○副議長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎議場閉鎖





○副議長(村吉昭一君) 議場の閉鎖を命じます。


〔議場閉鎖〕





◎投票用紙配付





○副議長(村吉昭一君) ただいまの出席議員は四十一名であります。投票用紙を配付いたします。


〔投票用紙配付〕


○副議長(村吉昭一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 配付漏れなしと認めます。





◎投票箱点検





○副議長(村吉昭一君) 投票箱を改めさせます。


〔投票箱点検〕


○副議長(村吉昭一君) 異状なしと認めます。


 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票をお願いします。





◎事務局長点呼・議員投票





○副議長(村吉昭一君) 点呼を命じます。


○事務局長(日高裕文君) 順次、氏名を読み上げますので、前方の記載所において記載の上、投票箱に投票をお願いいたします。


 読み上げる順序としましては、議場の左前列議席から順次読み上げます。


 本仮屋勉議員、神脇清照議員、永井弘美議員、荒神稔議員、竹之下一美議員、末永悦男議員、相葉一夫議員、江内谷満義議員、美原純裕議員、宮元正文議員、中田悟議員、坂元良之議員、大浦覚議員、楡田勉議員、永田照明議員、榎木智幸議員、西川洋史議員、蔵屋保議員、上杉順市議員、永山透議員、橋口浩太郎議員、山田裕一議員、福留明議員、今村美子議員、坂下邦男議員、岩切正一議員、西ノ村清議員、下山隆史議員、東口良仲議員、福留一郎議員、藤井八十夫議員、竹森隆雄議員、徳留八郎議員、黒木優一議員、植村浩三議員、永田浩一議員、橋之口明議員、児玉優一議員、森重政名議員、来住一人議員。


○副議長(村吉昭一君) 投票漏れはありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(村吉昭一君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。





◎議場開鎖





○副議長(村吉昭一君) 議場の閉鎖を解きます。


〔議場開鎖〕





◎立会人指名





○副議長(村吉昭一君) これより開票を行います。


 都城市議会会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に上杉順市議員と森重政名議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。





◎開 票





○副議長(村吉昭一君) 開票いたします。


〔開 票〕





◎選挙結果報告





○副議長(村吉昭一君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数四十一票。これは先ほどの出席議員数に符合いたします。そのうち、有効投票四十一票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、


 村吉 昭一議員 十六票


 東口 良仲議員 十二票


 植村 浩三議員  七票


 来住 一人議員  三票


 徳留 八郎議員  一票


 森重 政名議員  一票


 黒木 優一議員  一票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は十一票であります。


 よって、私、村吉昭一が議長に当選いたしました。


 都城市議会会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。





◎議長当選承諾のあいさつ





○副議長(村吉昭一君) それでは、議長当選承諾のあいさつをさせていただきます。


○(村吉昭一君) (登壇)大変お疲れさまでございます。


 本会議中でございますが、貴重な時間を拝借いたしまして、一市四町が合併して初代の下山議長のすばらしい議長の後に、つい先ほど議長辞職に伴い新しい議長選出が行われ、不肖私が議長に皆さん方の温かい御理解をいただきまして、拝命することになりましたことを心から厚く御礼を申し上げます。また、この重責に身の引き締まる思いとともに、死ぬ気で遂行しなくてはならないという覚悟をいたしたところでございます。


 皆さん御承知のとおり、昨今の社会情勢は大変厳しいものがございます。行財政ともに厳しい中、この都城市も一市四町合併して、長峯市政の中で、「まっすぐ、改革」、そういうキャッチフレーズのもとに、新都城市が今出発しておりますが、我々は選ばれた議員として、あるときは行政のチェック機関として厳しい目でチェックしながら、あるときはまた、執行部の提案される議題において、お互いに議論をして、あるときはまた、市の執行部と我々議会が一体となって、車の両輪のごとく、明るく住みよい、安心・安全なまちづくりのために全力投球していく所存でございます。至らない部分があろうかと思いますが、皆さん方の忌憚のない意見をどんどん出していただき、この議会が活性化することを心からお願いいたしまして、私の所信の表明とさせていただきます。(降壇)





◎前議長辞任のあいさつ





○議 長(村吉昭一君) 引き続き、前議長下山隆史議員のごあいさつを受けることといたします。


○(下山隆史君) (登壇)一言、退任のあいさつを申し上げます。


 平成十八年の二月から本日まで二年間、未熟でありましたが、皆様の御協力をもちまして、何とか議会運営を進めさせていただきました。この間、去年から始まりました議会改革検討協議会においては、政務調査費の見直し、そして倫理要項、さらに議員定数の適正化、ひととおりの成果をおさめていただきました。そしてまだこれから、市民との意見交換とか、さまざまな課題が残っておりますが、これからも議員一緒になって改革に進んでいただきたいと思います。


 残念なことは、平成十八年の五月から平成十九年の四月まで、志半ばにして三人の同僚議員が亡くなられました。この亡くなられた方々の意をむだにせず、我々はまた、非常に今、厳しいエネルギー問題、環境問題、そして、介護保険に初まる福祉の問題、医療の問題、いろいろ取り巻く問題がございますが、都城市民が笑顔と元気が出るような市政を、今後、皆さんと、正々堂々と誠実に行ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 最後に私の身を引き締める意味でも、一言、中国の大指導者周恩来総理の言葉をお話しさせていただいて、最後にしたいと思います。


自分が頭がよいと思う人によい結末があるわけがない。世の中で最も聡明な人とは、最も誠実な人である。誠実な人こそ、事実と歴史の試練に耐えうる。


 ありがとうございました。(降壇)


○議 長(村吉昭一君) 大変御苦労さまでございました。


 それでは、しばらく休憩いたします。


=休憩 十一時二十分=





=開議 十一時三十分=


○議 長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





 日程追加 副議長の選挙


○議 長(村吉昭一君) ただいま、副議長であった私が議長に当選し、副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、「副議長の選挙」を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、「副議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行うことにいたします。


 お諮りいたします。


 この選挙は、投票による方法を用いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、この選挙は投票によって行うことにいたします。


 午前十一時四十五分まで休憩いたします。


=休憩 十一時三十四分=





=開議 十一時四十五分=


○議 長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎議場閉鎖





○議 長(村吉昭一君) 議場の閉鎖を命じます。


〔議場閉鎖〕





◎投票用紙配付





○議 長(村吉昭一君) ただいまの出席議員は四十一名であります。投票用紙を配付いたします。


〔投票用紙配付〕


○議 長(村吉昭一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 配付漏れなしと認めます。





◎投票箱点検





○議 長(村吉昭一君) 投票箱を改めさせます。


〔投票箱点検〕


○議 長(村吉昭一君) 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票を願います。





◎事務局長点呼・議員投票





○議 長(村吉昭一君) 点呼を命じます。


○事務局長(日高裕文君) 順次、氏名を読み上げますので、前方の記載所において記載の上、投票箱に投票をお願いいたします。


 読み上げる順序といたしましては、議場の左前列議席から順次読み上げます。


 本仮屋勉議員、神脇清照議員、永井弘美議員、荒神稔議員、竹之下一美議員、末永悦男議員、相葉一夫議員、江内谷満義議員、美原純裕議員、宮元正文議員、中田悟議員、坂元良之議員、大浦覚議員、楡田勉議員、永田照明議員、榎木智幸議員、西川洋史議員、蔵屋保議員、上杉順市議員、永山透議員、橋口浩太郎議員、山田裕一議員、福留明議員、今村美子議員、坂下邦男議員、岩切正一議員、西ノ村清議員、下山隆史議員、東口良仲議員、福留一郎議員、藤井八十夫議員、竹森隆雄議員、徳留八郎議員、黒木優一議員、植村浩三議員、永田浩一議員、橋之口明議員、児玉優一議員、森重政名議員、来住一人議員、村吉昭一議員。


○議 長(村吉昭一君) 投票漏れはありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。





◎議場開鎖





○議 長(村吉昭一君) 議場の閉鎖を解きます。


〔議場開鎖〕





◎立会人指名





○議 長(村吉昭一君) これより開票を行います。


 都城市議会会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に坂下邦男議員と宮元正文議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。





◎開 票





○議 長(村吉昭一君) 開票いたします。


〔開 票〕





◎選挙結果報告





○議 長(村吉昭一君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数四十一票。これは先ほどの出席議員数に符合いたします。そのうち、有効投票四十一票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、


 蔵屋  保議員 十八票


 児玉 優一議員 十二票


 竹森 隆雄議員  五票


 西ノ村 清議員  三票


 橋之口 明議員  一票


 東口 良仲議員  一票


 黒木 優一議員  一票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は十一票であります。


 よって、蔵屋保議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました蔵屋保議員が議席におられますので、本席から都城市議会会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。





◎副議長当選承諾のあいさつ





○議 長(村吉昭一君) それでは、副議長当選承諾のごあいさつを求めることにいたします。


○(蔵屋 保君) (登壇)ただいま都城市議会副議長に選任されました蔵屋でございます。


 合併して二年が経過いたしました。今後、ますます議会運営も難しくなっていくだろうというふうに覚悟いたしております。すばらしい議長のもとに副議長という立場はあくまで補佐でございますが、誠心誠意、真心もって職務を遂行したいと思います。どうか、議員の皆様方、執行部の皆様方、協力をお願い申し上げまして、甚だ簡単ですが、ごあいさつといたします。(降壇)


○議 長(村吉昭一君) 午後二時まで休憩をいたします。


=休憩 十二時 九分=





=開議 十四時〇〇分=


○議 長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





 日程追加 議席の一部変更


○議 長(村吉昭一君) 先ほどの議長の選挙に伴い、議席の一部変更をする必要が生じました。


 お諮りいたします。


 この際、「議席の一部変更」を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、「議席の一部変更」を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることにいたします。


 お諮りいたします。


 議席の変更につきましては、会派代表者会にお諮りいたしました結果、お手元に配付いたしております議席配置図のとおりに変更したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま配付いたしました議席配置図のとおり、変更することにいたします。


 新しい議席には、次の本会議から御着席願います。





 日程第四 常任委員会及び議会運営委員会委員の選任


○議 長(村吉昭一君) 次に、日程第四 「常任委員会及び議会運営委員会委員の選任」を行います。


 お諮りいたします。


 本件については、都城市議会委員会条例第三条の規定により、改選することに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、お諮りいたしましたとおり、改選することに決定いたしました。


 委員の選任につきましては、委員会条例の規定により、まず、


 常任委員会の総務委員会委員に上杉順市議員、末永悦男議員、永田照明議員、楡田勉議員、中田悟議員、永井弘美議員、植村浩三議員、福留明議員、来住一人議員、坂下邦男議員、森重政名議員の以上十一名を、


 文教厚生委員会委員に荒神稔議員、相葉一夫議員、西川洋史議員、神脇清照議員、江内谷満義議員、竹森隆雄議員、橋之口明議員、坂元良之議員、山田裕一議員、岩切正一議員の以上十名を、


 建設委員会委員に蔵屋保議員、永山透議員、藤井八十夫議員、榎木智幸議員、下山隆史議員、宮元正文議員、永田浩一議員、美原純裕議員、今村美子議員、東口良仲議員の以上十名を、


 産業経済委員会委員に竹之下一美議員、福留一郎議員、黒木優一議員、徳留八郎議員、橋口浩太郎議員、大浦覚議員、村吉昭一議員、本仮屋勉議員、西ノ村清議員、児玉優一議員の以上十名を、


 議会運営委員会委員に、荒神稔議員、末永悦男議員、楡田勉議員、神脇清照議員、中田悟議員、永田浩一議員、橋口浩太郎議員、大浦覚議員、坂元良之議員、本仮屋勉議員、来住一人議員、児玉優一議員の以上十二名をそれぞれ指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議 長(村吉昭一君) 御異議なしと認めます。


 よって、お諮りいたしましたとおり、選任することに決定いたしました。


 それでは、各常任委員会及び議会運営委員会の正・副委員長を互選していただくため、しばらくの間休憩いたします。


=休憩 十四時  八分=





=開議 十四時五十五分=


○議 長(村吉昭一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎常任委員会及び議会運営委員会の正・副委員長の報告





○議 長(村吉昭一君) 各常任委員会及び議会運営委員会において正・副委員長互選の結果、次のとおり決定いたしましたので、報告いたします。


 総務委員会委員長に永井弘美議員、副委員長に末永悦男議員、


 文教厚生委員会委員長に江内谷満義議員、副委員長に相葉一夫議員、


 建設委員会委員長に今村美子議員、副委員長に宮元正文議員、


 産業経済委員会委員長に竹之下一美議員、副委員長に大浦覚議員、


 議会運営委員会委員長に橋口浩太郎議員、副委員長に中田悟議員、


 以上であります。





◎閉 会





○議 長(村吉昭一君) 以上で、本臨時会の付議事件はすべて議了いたしました。


 以上をもって、平成二十年第二回都城市議会臨時会を閉会いたします。


=閉会 十四時五十六分=