議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 22年12月定例会(第4回) 12月03日−01号




平成 22年12月定例会(第4回) − 12月03日−01号









平成 22年12月定例会(第4回)


杵築市告示第66号
 平成22年第4回杵築市議会定例会を次のとおり招集する
平成22年11月26日
杵築市長 八 坂 恭 介
1.期 日   平成22年12月3日   午前10時
2.場 所   杵築市議会議事堂
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇開会日に応召した議員
河 野 正 治 君         岩 尾 育 郎 君
阿 部 長 夫 君         加 来   喬 君
吉 田 正 信 君         井 門 仙 一 君
渡 辺 雄 爾 君         上 野 辰 治 君
中山田 昭 徳 君         西   紀 子 君
堀   寿 満 君         河 野 有二郎 君
田 邉 公 一 君         田 辺 節 士 君
小 春   稔 君         富 来 征 一 君
神 鳥 修 行 君         上 杉 健 治 君
真 砂 矩 男 君         有 田 昭 二 君
阿 部 幸 市 君         鈴 木 六 朗 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇12月8日に応召した議員

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇12月9日に応召した議員

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇12月17日に応召した議員

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇応召しなかった議員

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 
平成22年 第4回(定例)杵築市議会会議録(第1号)
平成22年12月 3日(金曜日)

〇議事日程(第1号)
平成22年12月 3日午前10時開会
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第109号から議案第132号までについて
         (一括上程・提案理由説明)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第109号から議案第132号までについて
         (一括上程・提案理由説明)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(22名)
 1番 河 野 正 治 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 3番 阿 部 長 夫 君      4番 加 来   喬 君
 5番 吉 田 正 信 君      6番 井 門 仙 一 君
 7番 渡 辺 雄 爾 君      8番 上 野 辰 治 君
 9番 中山田 昭 徳 君     10番 西   紀 子 君
11番 堀   寿 満 君     12番 河 野 有二郎 君
13番 田 邉 公 一 君     14番 田 辺 節 士 君
15番 小 春   稔 君     16番 富 来 征 一 君
17番 神 鳥 修 行 君     18番 上 杉 健 治 君
19番 真 砂 矩 男 君     20番 有 田 昭 二 君
21番 阿 部 幸 市 君     22番 鈴 木 六 朗 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(なし)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  三 河 伸 治 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   市長政策室長……真 鍋 公 博 君
税務課長…………渡 邊 次比古 君   市民課長…………安 倍 公 彦 君
生活環境課長……田 邉 利 一 君   上下水道課長……宮 崎 弥 栄 君
商工観光課長……阿 部 敬 一 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   山香振興課長……兼 高 萬壽夫 君
大田振興課長……吉 広 和 男 君   会計課長…………大 村 政 信 君
教育委員会管理課長…………………………………………………長 井 美 文 君
学校教育課長……糸 長 啓 二 君   生涯学習課長……松 縄 英 孝 君
スポーツ振興課長……………………………………………………河 野 盛 壽 君
福祉事務所長……古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……阿 部 晃 喜 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………井 門 裕 司 君   総務課係長………堀   和 朗 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―




────────────

午前10時12分開会

────────────



○議長(鈴木六朗君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は22名でありますので、本会議は成立いたしました。

 これより、平成22年第4回杵築市議会定例会を開会いたします。

 この際、諸般の報告をいたします。

 お手元に配付してあります事務報告書のとおりですが、詳細にわたりましては、事務局に備えつけの書類により御承知いただきたいと存じます。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 これより本日の会議を開きます。

 会議の議事は、お手元に配付いたしております議事日程により行います。

 これより日程に入ります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第84条の規定により、議長において、2番、岩尾育郎議員、3番、阿部長夫議員、4番、加来喬議員の3名を指名いたします。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期につきましては、さきの議会運営委員会におきまして、本日から12月17日までの15日間と決定を見ておりますが、これに御異議ございませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から12月17日までの15日間とすることに決定いたしました。

────────────



△日程第3議案第109号〜議案第132号

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第3、議案第109号から議案第132号までを一括議題といたします。

 逐次、提案理由の説明を求めます。市長、八坂恭介君。



◎市長(八坂恭介君) 平成22年第4回杵築市議会定例会の開会にあたり、冒頭一言ごあいさつ申し上げます。

 杵築市は、本年10月1日をもって、合併5周年を迎えました。議員各位におかれましては、合併以来、市政の堅実な発展のために御尽力をいただいている中、今後とも将来の展望を見据えながら、当市のさらなる飛躍・発展のため、御指導、御協力を賜りますよう切にお願い申し上げる次第であります。

 この間を顧みますと、激動の世相でもあったように思います。昨年の衆議院選挙での民主党政権の発足、またアメリカの「リーマンショック」を引き金とした100年に一度の世界的大不況の波は、我が杵築市にも打ち寄せ、派遣社員の解雇問題や住宅関連、そして人口の減少やJA杵築市の金融債務問題など、大きな影響を受けました。また、民主党政権も鳩山政権から菅政権に、9月の代表選挙で第2次菅政権がスタートしました。

 このような中、先日、総務省は、すべての地方自治体が5年間の行政改革目標を掲げた「集中改革プラン」の実施結果をまとめ、その中で、地方公務員数が2005年4月以降、22万8,000人減少したことがわかりました。総務省によりますと、全自治体で純減率は7.5%となり、全体の目標値として設定された6.4%を1.1ポイント上回り、「自治体が努力を積み重ねた成果」と評価をしています。杵築市においても、集中改革プランの推進項目として定員管理の適正化に取り組み、一定の成果をみておりますが、これのみならず、第2次行政改革大綱のもと、今後とも市政全般にわたり、「行政改革」に取り組み、厳しい情勢の中においても、知恵を絞りながら、新しい段階へ進んでまいりたいと考えております。

 合併5年という節目に際し、今後ともさらなる努力、さらなる一体感の醸成のため、施策を遂行していく所存であります。

 それでは、今定例会に提出いたしました諸議案について御説明申し上げます。

 まず、議案第109号から議案第114号までの平成22年度各会計補正予算について御説明申し上げます。

 初めに、議案第109号平成22年度杵築市一般会計補正予算(第9号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、総務費、民生費などが主なもので、補正額は8億5,020万2,000円の追加とし、補正後の予算の総額を189億3,707万8,000円といたしました。主な補正の概要を歳出から款を追って御説明申し上げます。

 総務費では、財産管理費で普通交付税の確定などにより、財政調整基金等に約6億1,014万2,000円の積立金を計上いたしました。

 企画費では、デマンド交通導入に伴う調査業務委託料260万円を新たに計上いたしました。

 民生費では、障害者福祉費で、利用者負担の軽減や申請件数の増加等により、扶助費を4,097万4,000円追加計上し、あわせて平成22年4月より障害者自立支援法における新体系サービスに移行したことに伴う事業費の組み替えを行いました。

 また、生活保護総務費では、対象世帯の増加により扶助費を1億1,854万9,000円追加計上いたしました。

 衛生費では、保健衛生費の公害対策費で、平尾台住宅の老朽化した汚水処理施設を更新するための基本設計委託料269万6,000円を新たに計上いたしました。また、健康管理施設費では、保健福祉センター・プール建設に伴う福祉公園整備事業実施設計委託料2,263万円を新たに計上いたしました。

 農林水産業費では、農業費の農業委員会費で、耕作放棄地の解消を図るための農地再生経費支援補助金240万円を新たに計上いたしました。

 土木費では、都市計画費の公園管理費で、塩田用地を市民の軽スポーツや憩いの広場となる海浜公園(仮称)として整備するための測量設計委託料700万円を新たに計上いたしました。

 以上、歳出について申し上げましたが、その財源は地方交付税、国・県支出金、市債等であります。

 なお、今回の補正では、過疎法の延長に伴い、過疎債のソフト事業への拡充が認められたことにより、デマンド交通の導入や放課後児童健全育成事業、子ども医療費助成事業など、6事業に過疎債1億400万円を充当いたしました。

 補正予算第2条の債務負担行為の補正は、平成23年4月1日より施設管理等委託業務の発生する経費について、その契約事務を平成22年度中に実施するための債務負担行為や杵築市が杵築市土地開発公社に委託した各種事業に対し、同公社が金融機関から融資を受けることに伴う債務額の保証など、25件を追加いたしました。

 補正予算第3条の地方債の補正は、福祉公園整備事業や新たに過疎債の適用となったソフト事業への財源組み替えによる増額が主なものであり、補正後の限度額を31億8,180万4,000円といたしました。

 次に、議案第110号平成22年度杵築市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、保険財政共同安定化事業拠出金の減などにより2,118万4,000円減額いたしました。

 次に、議案第111号平成22年度杵築市ケーブルテレビ事業特別会計補正予算(第2号)、議案第112号杵築市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)並びに議案第113号杵築市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、3議案とも事業費の組み替えに伴う補正であり、予算額の変更はありません。

 次に、議案第114号平成22年度杵築市立山香病院事業会計補正予算(第1号)につきましては、債務負担行為の追加であり、清掃・機械設備管理委託業務の契約事務を平成22年度中に実施するために行うものであります。

 以上、平成22年度一般会計並びに各特別会計補正予算について、その概要を申し上げましたが、国においては、現在円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策を定め、景気対策を実施しているところであり、本市におきましても、その動向を注視しながら、適切な対応を図っていく所存であります。

 続きまして、議案第115号から議案第117号までの条例議案について御説明申し上げます。

 まず、議案第115号杵築市立図書館及び杵築市立民俗資料館条例の一部改正につきましては、図書館利用者の声を十分に反映した図書館の運営がなされるよう「図書館協議会」を設置するための所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第116号杵築市スポーツ施設条例の一部改正につきましては、サッカー場の建設に伴い、同施設をスポーツ施設として登録し、広く市民の利用に供すべく、またあわせて使用料を定めるなど、条例に所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第117号杵築市立山香病院事業の設置等に関する条例の制定についてでありますが、市立山香病院について、地方公営企業法のすべての規定を適用することにより、経営における権限と責任を明確にし、主体的に経営改善に取り組む体制を整備するためのものであります。

 病院事業はこれまで、地方公営企業法による財務規定のみが適用されていましたが、本条例議案は、同法の規定を全部適用するための根幹をなすためのものであり、従前の条例を全部改正し、病院事業管理者について規定するなど、来年4月1日の施行に向け、今定例会に提出するものであります。

 続きまして、一部事務組合関連の一般議案について御説明申し上げます。

 議案第118号別杵速見地域広域市町村圏事務組合規約の一部変更につきましては、同組合を構成する市及び町の議会の議員定数の減少や広域行政圏計画策定要綱の廃止等に伴い、同組合規約を変更することについて、地方自治法第286条第1項及び第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 続きまして、議案第119号から議案第130号までの杵築市公の施設の指定管理者の指定につきましては、指定管理者による施設の管理運営を行うため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 まず、議案第119号杵築市東山香地区グラウンドの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を東山香地区公民館運営協議会に指定するものであります。

 次に、議案第120号杵築市立立石地区グラウンドの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を立石地区グラウンド運営委員会に指定するものであります。

 次に、議案第121号杵築市山浦地区グラウンドの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を山浦地区まちづくり推進協議会に指定するものであります。

 次に、議案第122号杵築市向野地区グラウンドの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を向野地区公民館に指定するものであります。

 次に、議案第123号杵築市大田高齢者デイサービスセンターの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を社会福祉法人杵築市社会福祉協議会に指定するものであります。

 次に、議案第124号杵築ふるさと産業館及び杵築市農畜産物加工センターの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を財団法人杵築市産業振興センターに指定するものであります。

 次に、議案第125号杵築市山香温泉風の郷市場及び大分農業文化公園ふれあい市場の指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を大分県農業協同組合に指定するものであります。

 次に、議案第126号大田ふるさと茶屋「夢のぼり」の指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を株式会社夢のぼり工房に指定するものであります。

 次に、議案第127号波多方トンネル直販所「いちみらんかえ」の指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営をいちみらんかえに指定するものであります。

 次に、議案第128号風の郷パークゴルフ場の指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を特定非営利活動法人山香郷に指定するものであります。

 次に、議案第129号杵築市山香地域活性化センターの指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を社団法人杵築市地域活性化センターに指定するものであります。

 次に、議案第130号杵築市漁船漁業用作業保管施設の指定管理者の指定につきましては、同施設の管理運営を大分県漁業協同組合に指定するものであります。

 続きまして、議案第131号土地改良事業の施行につきましては、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業により、八幡森地区に農業用用排水施設を整備するため、土地改良法第96条の2第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 最後に、議案第132号市道の路線認定につきましては、潰ケ平線ほか1路線の市道認定をするために道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上、今定例会に提出いたしました予算議案6件、条例議案3件、一般議案15件について御説明申し上げました。何とぞ慎重審議の上、御可決くださいますようお願いを申し上げます。

────────────



○議長(鈴木六朗君) これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 再開は12月8日の水曜日、午前10時からです。

 本日はこれをもって散会いたします。大変御苦労でございました。

────────────

午前10時30分散会

────────────