議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 22年 6月定例会(第2回) 06月10日−01号




平成 22年 6月定例会(第2回) − 06月10日−01号









平成 22年 6月定例会(第2回)


杵築市告示第38号
 平成22年第2回杵築市議会定例会を次のとおり招集する
平成22年6月3日
杵築市長 八 坂 恭 介
1.期 日   平成22年6月10日   午前10時
2.場 所   杵築市議会議事堂
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇開会日に応召した議員
河 野 正 治 君         岩 尾 育 郎 君
阿 部 長 夫 君         加 来   喬 君
吉 田 正 信 君         井 門 仙 一 君
渡 辺 雄 爾 君         上 野 辰 治 君
中山田 昭 徳 君         西   紀 子 君
堀   寿 満 君         河 野 有二郎 君
田 邉 公 一 君         田 辺 節 士 君
小 春   稔 君         富 来 征 一 君
神 鳥 修 行 君         上 杉 健 治 君
真 砂 矩 男 君         有 田 昭 二 君
阿 部 幸 市 君         鈴 木 六 朗 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇6月16日に応召した議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇6月17日に応召した議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇6月25日に応召した議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇応召しなかった議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

平成22年 第2回(定例)杵築市議会会議録(第1号)
平成22年 6月10日(木曜日)

〇議事日程(第1号)
平成22年 6月10日午前10時開会
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第55号について
         (上程・提案理由説明・常任委員会審査付託省略・質疑・討論・採決)
  日程第4  議案第56号から議案第63号までについて
         (一括上程・提案理由説明)
  日程第5  報告第6号 専決処分の承認を求めることについて及び報告第7号から報告第
16号までについて
         (一括上程・提案理由説明・常任委員会審査付託省略・質疑・討論・採決・
         報告)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第55号について
         (上程・提案理由説明・常任委員会審査付託省略・質疑・討論・採決)
  日程第4  議案第56号から議案第63号までについて
         (一括上程・提案理由説明)
  日程第5  報告第6号 専決処分の承認を求めることについて及び報告第7号から報告第
16号までについて
         (一括上程・提案理由説明・常任委員会審査付託省略・質疑・討論・採決・
         報告)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(21名)
 1番 河 野 正 治 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 3番 阿 部 長 夫 君      4番 加 来   喬 君
 5番 吉 田 正 信 君      6番 井 門 仙 一 君
 7番 渡 辺 雄 爾 君      8番 上 野 辰 治 君
 9番 中山田 昭 徳 君     10番 西   紀 子 君
11番 堀   寿 満 君     12番 河 野 有二郎 君
13番 田 邉 公 一 君     14番 田 辺 節 士 君
16番 富 来 征 一 君     17番 神 鳥 修 行 君
18番 上 杉 健 治 君     19番 真 砂 矩 男 君
20番 有 田 昭 二 君     21番 阿 部 幸 市 君
22番 鈴 木 六 朗 君                  
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(1名)
15番 小 春   稔 君                  
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  三 河 伸 治 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   山香病院長………内 納 正 一 君
総務課長…………伊 藤 淳 一 君   企画財政課長……泥 谷   修 君
市長政策室長……真 鍋 公 博 君   税務課長…………渡 邊 次比古 君
市民課長…………安 倍 公 彦 君   生活環境課長……田 邉 利 一 君
上下水道課長……宮 崎 弥 栄 君   商工観光課長……阿 部 敬 一 君
農林水産課長……田 邉 貞 夫 君   建設課長…………阿 部 光 孝 君
山香振興課長……兼 高 萬壽夫 君   大田振興課長……吉 広 和 男 君
会計課長…………大 村 政 信 君                    
教育委員会管理課長…………………………………………………長 井 美 文 君
学校教育課長……糸 長 啓 二 君   生涯学習課長……松 縄 英 孝 君
スポーツ振興課長……………………………………………………河 野 盛 壽 君
福祉事務所長……古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……阿 部 晃 喜 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………井 門 裕 司 君   総務課係長………堀   和 朗 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―






────────────

午前10時15分開会

────────────



○議長(鈴木六朗君) おはようございます。開会にあたりまして、一言だけごあいさつ申し上げたいと思いますが、6月に入りまして、杵築の田んぼも水が張り、光景が変わってきております。どうか台風等なくて秋の実りを待ちたいと、こういうふうに思っております。

 そういう中で、本日より25日までの16日間、第2回の定例会を開会いたしますが、私も初めての運営でありますが、議員皆さん方の御協力を得まして、最終日を迎えたいと思いますので、何とぞ御協力をよろしくお願いしたいと思います。(拍手)

 改めまして、皆さん、おはようございます。

 開会に先立ちまして、5月26日に東京都日比谷公会堂で開会されました全国市議会議長会において、議員在職15年表彰を阿部幸市議員さんが、議員在職10年表彰を上野辰治議員さんが受けられましたので、この席をお借りしまして表彰状の伝達を行います。阿部議員、上野議員は、演台の前にお願いいたします。

 表彰状、杵築市阿部幸市殿。あなたは市議会議員として15年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第86回定期総会にあたり、今回表彰規定により表彰いたします。平成22年5月26日、全国市議会議長会会長五本幸正。(拍手)

 表彰状、杵築市上野辰治殿。あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められました。その功績は著しいものがあります。以下、同文であります。(拍手)

 ただいまの出席議員は21名でありますので、本会議は成立いたしました。

 これより平成22年第2回杵築市議会定例会を開会いたしたいと思います。

 日程に入る前に、執行部から報告の申し出がありますので、これを許可します。総務課長、伊藤淳一君。



◎総務課長(伊藤淳一君) おはようございます。お許しをいただきましたので、先般、4月の第2回臨時会で異動しました管理職の紹介をさせていただきましたが、市立山香病院の内納院長は手術のため欠席しております。本日、出席することができましたので、本人よりあいさつをさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木六朗君) 病院長、内納正一君。



◎山香病院長(内納正一君) おはようございます。4月1日付で坂本前院長の後任として院長に就任した内納です。全国的にも地域医療崩壊と厳しい状況のもとではありますが、坂本前院長の構築した地域包括ケアシステムと私の専門でもあります「せぼねセンター」をさらに充実させたいと思っています。

 杵築市民の皆さんに信頼され、愛される病院づくりを目指して職員一同努力していきたいと思います。今まで以上の御指導と御支援のほど、何とぞよろしくお願いします。(拍手)



○議長(鈴木六朗君) この際、諸般の報告をいたします。

 お手元に配付してあります事務報告書のとおりですが、詳細にわたりましては事務局に備えつけの書類により御承知いただきたいと存じます。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 これより本日の会議を開きます。会議の議事はお手元に配付しております議事日程により行います。

 これより日程に入ります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第84条の規定により議長において行います。11番、堀寿満議員、12番、河野有二郎議員、13番、田邉公一議員の3名を指名いたしたいと思います。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期につきましては、さきの議会運営委員会におきまして、本日から6月25日までの16日間と決定を見ておりますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から6月25日までの16日間とすることに決定をいたしました。

────────────



△日程第3議案第55号

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第3、議案第55号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長八坂恭介君。



◎市長(八坂恭介君) 平成22年第2回杵築市議会定例会の開会にあたり、一言ごあいさつ申し上げます。

 市議会におかれましては、さきの臨時会において鈴木新議長、河野正治新副議長が誕生されました。本日、新体制による初の定例会を開会する運びとなりましたことは、誠に御同慶にたえない次第であります。今後とも議員各位とともに、市民の福祉増進と市政の進展のため、執行部も新たな気構えで渾身の努力を傾ける決意であります。

 さて、新年度も始まり、はや2カ月余りが過ぎました。さきのゴールデンウイークも好天気に恵まれ、市内におきましても恒例の「ツール・ド・国東」、また「やまが温泉エビネ祭り」や「きつきお城まつり」などのイベントが開催され、例年以上の人出で賑わいを見せたようであります。

 また、この間、市内の各種団体においては、新年度の総会が開催されたようであります。それぞれ新しい執行体制で新年度を迎えられたことと存じます。このような中、これからの時代の「新しい公共」の構造を構築すべく取り組んでまいりました「地区住民自治協議会」につきましても、地元住民、区長会をはじめ、地元各方面、各団体の御努力と御協力をいただき組織を立ち上げることができました。

 新しい時代の地域づくりの基盤として行政との「協働」による課題の解決に向けた取り組みに、なお一層の期待を申し上げる次第であります。

 また、先月5月13日には、佐賀県嬉野市において九州市長会の定期総会が行われました。九州市長会では、「道州制」実現のための「九州府構想」が策定されておりましたが、今回、これを研究するための機関として「九州府推進機構準備検討委員会」が設置されるなど、こちらの方面の論議も今後活発化していくことが予想されます。地方分権の担い手である市や町村の果たすべき役割や位置づけも、ますます議論されてくるのではと考えております。

 今回の九州市長会では、隣県の宮崎県で発生し、過去最悪の被害となった「口蹄疫」の感染問題について、特に取り上げ、畜産関連のみならず、九州の経済全体に大きな影響を与える非常事態であることから、「口蹄疫への迅速かつ的確な対応を求める緊急決議」を採択し、国に対してその対策を強く要請いたしました。

 杵築市におきましても、畜産農家への早急な支援が必要であると判断し、5月18日に口蹄疫緊急対策事業予算の専決処分をさせていただき、予防のための消石灰の無料配布や市場延期のため出荷できなかった畜産農家に飼料を無償提供するといった緊急の施策を講じたところであります。口蹄疫問題については、いまだ予断を許さない状況にあり、今後とも情勢を見極めながら対応していかなければならないと考えています。

 それでは、今定例会に提出いたしました諸議案について御説明申し上げます。

 はじめに、議案第55号平成22年度杵築市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、口蹄疫の緊急対策事業を継続するため、農業費の畜産業費に316万2,000円を追加計上いたしました。

 宮崎県で発生した口蹄疫は、依然として終息の気配を見せておらず、大分県内の牛の家畜市場が5月に続き6月も中止になったことから、引き続いて市内における発生を予防し、畜産農家の支援を実施するために行うものであります。

 何とぞ、対策の御趣旨を御理解いただき、御可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(鈴木六朗君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第55号につきましては、会議規則第40条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、議案第55号につきましては委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案第55号の議案質疑に入ります。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御質疑がないようでありますから、これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 意見もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第55号を採決いたします。議案第55号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、議案第55号は原案のとおり可決することに決しました。

────────────



△日程第4議案第56号〜議案第63号

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第4、議案第56号から議案第63号までを一括議題といたします。

 随時提案理由の説明を求めます。市長、八坂恭介君。



◎市長(八坂恭介君) 次に、議案第56号平成22年度杵築市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、農林水産業費、商工費、教育費等が主なもので、補正額を2億4,765万1,000円の追加とし、補正後の予算の総額を171億6,964万1,000円といたしました。

 主な補正の概要を歳出から款を追って御説明申し上げます。

 まず総務費でありますが、情報化推進費で、議会生中継及び録画中継を安定的に継続するための録画中継システム導入費550万円を新たに計上いたしました。

 民生費の隣保館運営費では、隣保館西側の隣接地を駐車場用地とするための購入費及び整備費として1,787万5,000円を新たに計上いたしました。

 児童福祉費では、北杵築小学校区に児童クラブを開設するための放課後児童健全育成事業費275万4,000円を追加計上いたしました。

 衛生費の母子衛生費では、現在未就学児までの医療費を無料としているところですが、今回、小学1年生から中学3年生までの入院医療費を無料にするための子ども医療費助成事業214万2,000円を追加計上いたしました。

 また健康管理施設費では、福祉公園整備事業の基本設計委託料1,218万円を新たに計上いたしました。

 農林水産業費の園芸振興費では、露地みかんのマルチ・灌水施設を整備するためのブランドを育む園芸産地整備事業補助金992万5,000円を新たに計上し、林業費では、森林の多面的機能の発揮を図るための森林整備地域活動支援事業交付金1,348万円を新たに計上いたしました。

 商工費では、緊急雇用創出事業として、民法ラジオを活用して、杵築市の観光情報を発信する観光情報番組ラジオ放送事業費1,522万5,000円を新たに計上いたしました。

 教育費の小学校費では、杵築小学校の駐車場整備に伴う土地・家屋の購入費等5,264万3,000円を計上し、中学校費では、杵築中学校の校舎・体育館等基本設計委託料や地質調査委託料、仮設校舎基礎杭設置費等9,162万3,000円を計上いたしました。

 以上、歳出について申し上げましたが、その財源は県支出金、基金繰入金、市債等であります。

 補正予算第2条の債務負担行為の補正は、杵築中学校仮設校舎の基礎杭設置に伴い、期間、限度額の変更をするものでございます。

 次に、議案第57号平成22年度杵築市介護保険特別会計補正予算(第1号)でありますが、高額医療・高額介護合算制度による高額医療合算介護サービス費等1,000万円を追加計上するものであります。

 以上、平成22年度一般会計並びに特別会計補正予算について、その概要を申し上げました。

 続きまして、議案第58号から議案第63号までの条例議案について御説明申し上げます。

 まず議案第58号杵築市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正につきましては、3歳未満の子どもを養育する職員に対し、公務の運営に支障がないと認められるときは、正規の勤務時間を超えた勤務をさせてはならない旨の規定を設けるための改正を行うものであります。

 次に、議案第59号杵築市職員の育児休業等に関する条例の一部改正につきましては、職員の配偶者が就業しているかどうかにかかわらず、職員本人の育児休業を可能にするなど、育児休業取得の制限を緩和するため所要の改正を行うものであります。

 以上、2つの条例議案につきましては、「育児休業、介護休業等育児、または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律」の成立に伴うものであり、我が国における急速な少子化の進行等踏まえ、労働者が就業しつつ子どもの養育を行うための環境を整備するためのものであります。

 次に、議案第60号杵築市職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、職員の保険料や預貯金などについて、本人の給与からあらかじめ控除できる旨の規定を設けるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第61号杵築市職員の退職手当に関する条例の一部改正につきましては、国家公務員退職手当法の改正により、退職後に懲戒免職処分を受けるべき行為をした者に対し、退職手当の全部、または一部を返納させることができる制度が設けられ、これに伴い当市の条例も所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第62号杵築市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正につきましては、県の定める事業実施要綱が改正され、医療費の助成の対象が、これまでの乳幼児から小・中学生までに拡大されたほか、一月の助成額の上限が撤廃されたことに伴い所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第63号杵築市健康福祉センター条例の一部改正につきましては、同センター内の「温泉場」の休館日について、これまでの毎週月曜日のほか、12月29日から1月3日まで休館していたものを利用期間の延長を図るため、12月31日と1月1日の2日間を「休館」とするため、所要の改正を行うものであります。

 以上、提出いたしました予算議案2件、条例議案6件について御説明申し上げました。何とぞ、慎重審議の上、御可決くださいますようお願いを申し上げます。

────────────



△日程第5報告第6号・報告第7号〜報告第16号

────────────



○議長(鈴木六朗君) 日程第5、報告第6号専決処分の承認を求めることについて及び報告第7号から報告第16号までを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長、八坂恭介君。



◎市長(八坂恭介君) 続きまして、報告第6号平成22年度杵築市一般会計補正予算(第2号)の専決処分について御説明申し上げます。

 先ほども申し述べましたが、口蹄疫緊急対策事業予算として、市内における予防及び畜産農家への支援を早急に行うための必要な予算措置を講じたものであり、地方自治法第179条第1項の規定により、5月18日に専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。

 続きまして、報告第7号から報告第16号までについて御説明申し上げます。

 報告第7号及び報告第8号の専決処分の報告につきましては、いずれも市道管理瑕疵に係る車両破損事故につき、相手方に対する損害賠償額を確定したものであり、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第2項の規定により議会に報告するものであります。

 報告第9号から報告第12号までにつきましては、杵築市土地開発公社、財団法人杵築市産業振興センター、社団法人杵築市地域活性化センター及び社団法人大田村畜産公社の経営状況について、それぞれ平成22年度事業計画と平成21年度決算状況を地方自治法第243条の3第2項の規定により議会に提出するものであります。

 報告第13号から報告第15号までにつきましては、いずれも繰越明許費の報告であり、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき報告するものであります。

 まず、報告第13号の繰越明許費は、平成21年度杵築市一般会計繰越明許費のうち、18億9,087万9,000円を諸般の事情により平成22年度に繰越したものであります。

 次に、報告第14号の繰越明許費は、平成21年度杵築市公共下水道事業特別会計繰越明許費のうち、1億6,337万円を諸般の事情により平成22年度に繰越したものであります。

 次に、報告第15号の繰越明許費は、平成21年度杵築市特定環境保全公共下水道事業特別会計繰越明許費のうち、5,010万8,000円を諸般の事情により平成22年度に繰越したものであります。

 最後に、報告第16号について御説明申し上げます。報告第16号の予算繰越額は、平成21年度杵築市立山香病院事業会計予算のうち、756万円を諸般の事情により平成22年度に繰越したので、地方公営企業法第26条第3項の規定により議会に報告するものであります。

 何とぞ、よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木六朗君) お諮りいたします。ただいま議題となっております報告第6号につきましては、会議規則第40条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、報告第6号については委員会付託を省略することに決しました。

 これより報告第6号の議案質疑に入ります。御質疑ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御質疑がないようでありますから、これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 意見もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。

 これより報告第6号を採決いたします。報告第6号は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木六朗君) 御異議なしと認めます。よって、報告第6号は原案のとおり承認することに決しました。

 なお、報告第7号から報告第16号までは、議会に対する報告でありますので御了承ください。

────────────



○議長(鈴木六朗君) これをもちまして本日の日程は全部終了いたしました。

 再開は、6月16日の水曜日、午前10時からです。

 本日は、これをもって散会いたします。御苦労でございました。

 なお、10分後に、先ほど申し上げましたとおり議員全員協議会を開催したいと思いますので、委員会室に御参集願いたいと思います。

────────────

午前10時40分散会

────────────