議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 21年12月定例会(第4回) 12月18日−04号




平成 21年12月定例会(第4回) − 12月18日−04号









平成 21年12月定例会(第4回)


平成21年 第4回(定例)杵築市議会会議録(第4号)
平成21年12月18日(金曜日)

〇議事日程(第4号)
平成21年12月18日午前10時開議
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
 追加日程第1 杵築市選挙管理委員及び補充員の選挙について
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(22名)
 1番 渡 辺 雄 爾 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 3番 阿 部 長 夫 君      4番 加 来   喬 君
 5番 吉 田 正 信 君      6番 井 門 仙 一 君
 7番 上 野 辰 治 君      8番 中山田 昭 徳 君
 9番 西   紀 子 君     10番 堀   寿 満 君
11番 河 野 有二郎 君     12番 河 野 正 治 君
13番 田 邉 公 一 君     14番 田 辺 節 士 君
15番 小 春   稔 君     16番 富 来 征 一 君
17番 神 鳥 修 行 君     18番 鈴 木 六 朗 君
19番 真 砂 矩 男 君     20番 有 田 昭 二 君
21番 阿 部 幸 市 君     22番 上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(なし)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  宮 脇 正 直 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   秘書広報課長……河 野 盛 壽 君
税務課長…………渡 邊 次比古 君   市民課長…………阿 部 晃 喜 君
生活環境課長……三 河 伸 治 君   上下水道課長……荷 宮 一 郎 君
商工観光課長……真 鍋 公 博 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   山香振興課長……金 高 英 俊 君
大田振興課長……小 林   茂 君   会計課長…………大 村 政 信 君
教育委員会管理課長…………………………………………………田 邉 利 一 君
学校教育課長……松 木 教 生 君   生涯学習課長……伊 東   猛 君
文化・スポーツ振興課長……………………………………………井 村 哲 士 君
福祉課長…………古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……吉 広 和 男 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………佐 藤   剛 君   総務課係長………井 門 裕 司 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―






────────────

午前10時開議

────────────



○議長(上杉健治君) 皆さん、おはようございます。これより本日の会議を開きます。

 直ちに日程に入ります。

────────────



△日程第1各委員長審査報告

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第1、議案第103号から第136号まで、請願・陳情第8号から第13号までを一括議題といたします。

 各常任委員長の審査報告を求めます。

 それでは、総務常任委員会の審査報告を求めます。河野正治委員長。



◎総務常任委員長(河野正治君) 皆さん、おはようございます。総務常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る16日の午前9時から付託案件に関する現地調査を行い、午前10時より市長をはじめ関係職員出席のもと、予算議案2件、条例議案6件、請願・陳情1件について慎重審議し、審査を終えましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 最初に、予算議案について御報告いたします。

 まず、議案第103号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第7号)でありますが、当委員会に付託されました案件は、歳入全款及び債務負担行為並びに地方債、歳出では2款総務費、8款消防費であります。

 質疑において、委員より、「北杵築地区の駐車場の整備について」の質問があり、担当課長より答弁がありました。

 その他に特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第107号平成21年度杵築市ケーブルテレビ事業特別会計補正予算(第3号)については、委員より質疑があり、担当課長より答弁がありました。

 その他特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、条例議案について御報告いたします。

 まず、議案第110号杵築市行政組織条例の一部改正については、委員より、「総務課に秘書広報課の所管事務である電算、ケーブルテレビ、広報に関する事務を集中させることで職員の負担が大きくなるのでは」との質問があり、担当課長より、「事務については協議の結果、総務課の所管とした。しかし、課長がすべての事務を掌握することは困難である。電算、ケーブルテレビの専門的な知識を持つ課長補佐級の専任職員を配置する体制をとり、事務の過重を分散していきたい」との答弁がありました。

 また、別の委員より、「電算機器等のリースの切りかえにより、担当職員の時間外勤務がふえているのではないのか」との質問があり、担当課長より、「時間外勤務もあるが、以前ほど多くはない。現在、市独自でホストコンピューターを抱えているが、近い将来、国が推奨しているシステムを他の自治体と共同利用していこうという話がある」との答弁がありました。

 その他に、「業務負担が多過ぎる課がある。組織の人員体制の充実を図ってもらいたい」との要望がありました。

 その他に質疑等もありましたが、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第111号杵築市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正については、特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第112号杵築市特別職の職員及び杵築市教育委員会教育長の給料月額の臨時特例措置に関する条例の一部改正については、特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第114号杵築市後期高齢者医療に関する条例の一部改正については、特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第115号杵築市介護保険条例の一部改正については、特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第120号杵築市消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、特に質疑・意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 最後に、請願・陳情について御報告いたします。

 請願・陳情第13号杵築市立田原小学校小野分校の廃校に伴う利活用については、委員会開会前に現地にて調査を行い、請願者からの御説明もいただきました。

 委員会審議においても特に質疑・意見等もなく、本請願は採択すべきものと決しました。

 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(上杉健治君) 次に、厚生文教常任委員会の審査報告を求めます。田辺節士委員長。



◎厚生文教常任委員長(田辺節士君) 厚生文教常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る15日午前10時より、市長以下関係職員の出席を求め、付託されました予算議案5件、条例議案14件、請願・陳情2件、継続審査中の請願・陳情1件について審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第103号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第7号)でありますが、当委員会に付託を受けましたのは、歳出2款総務費の戸籍住民登録費、3款民生費、4款衛生費、9款教育費であります。

 議案に対しての質疑・意見もなく、原案を可決することに決しましたが、委員より、「新聞報道で轟地蔵の地蔵が盗難にあったとのことであるが、文化財保護の関係で防犯対策はどのようになっているのか」との質疑があり、担当課長等より、「今後、地元と十分協議して防犯対策を検討していきたい」との答弁がありましたことを申し添えます。

 次に、議案第104号平成21年度杵築市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、委員より、「高額療養費の払い戻しで、市民にどの程度広報周知しているか」との質疑があり、担当課長より、「市報等で広報している」との答弁がありましたが、委員より、「まだ承知していない市民の方が多いので、くまなく広報するように」との意見がありました。

 その他質疑・意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第105号平成21年度杵築市老人保健特別会計補正予算(第2号)、及び議案第106号平成21年度杵築市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、質疑・意見等もなく、2議案とも原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第109号平成21年度杵築市立山香病院事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員より、「病院に蛍光灯は何本あるのか」との質疑がありました。担当事務長より答弁があり、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第113号杵築市行政財産使用料条例の一部改正についてでありますが、特に質疑・意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第121号杵築市小学校設置条例の一部改正について、並びに議案第122号杵築市中学校設置条例の一部改正についてでありますが、特に質疑・意見等もなく、2議案とも原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第123号杵築市公民館条例の一部改正について、並びに議案第124号杵築市立図書館及び杵築市立民俗資料館条例の一部改正についてでありますが、委員より、「公民館移設に伴い、現在の山香中央公民館は閉鎖するのか」との質疑があり、担当課長より、「来年3月をもって閉鎖いたします」との答弁がありました。その他に質疑・意見等もなく、2議案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第125号杵築市杵築十王教育文化会館条例の一部改正について並びに議案第126号杵築市立山香工房(夢楽房)条例の一部改正についてでありますが、特に質疑・意見等もなく、2議案とも原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第127号杵築市きつき城下町資料館条例の一部改正について、議案第128号杵築市杵築城条例の一部改正について、議案第129号杵築市大原邸条例の一部改正について、議案第130号杵築市佐野家条例の一部改正について、議案第131号杵築市重光家条例の一部改正について、議案第132号杵築市磯矢邸条例の一部改正についての6議案について一括して審議をいたしました。

 委員より、「共通観覧券を買う観光客が多いのか」また「今まで無料の施設を有料にすれば、新たな経費が生ずるのか」との質疑がありましたが、担当課長より、詳しい答弁がありました。

 その他に質疑・意見等もなく、6議案を原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第133号杵築市スポーツ施設条例の一部改正についてでありますが、質疑・意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、請願・陳情第9号山香地区にサッカー場建設についての請願でありますが、休憩を挟み各委員と協議いたしました。

 その内容は、今回の請願は、山香中学校に併設してサッカー場を建設してもらいたいとのことであります。それに関していろいろ議論を重ねてきましたところであるが、学校に隣接して建設することは、教育施設に非常に影響を与えるだろうということであり、山香町の活性化のために建設するという趣旨は十分理解できるので、他のふさわしい場所に建設するほうが最良であろうとの意見や、継続審査とすべきではないかとの意見もありました。

 委員会としては苦渋の結論となりましたが、採決の結果、不採択という結論を得て文教常任委員会で御報告し、再度、各委員に確認した結果、本請願は不採択と決しました。

 次に、請願・陳情第10号山香幼稚園放課後児童クラブの移転についてでありますが、特に質疑・意見等もなく、採択すべきものと決しました。

 最後に、継続審査中の請願・陳情第8号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書提出の請願についてでありますが、各委員と協議し、前回に引き続き継続審査とすることに決しました。

 以上で、厚生文教常任委員会の報告を終わります。



○議長(上杉健治君) 次に、産業建設常任委員会の審査報告を求めます。井門仙一委員長。



◎産業建設常任委員長(井門仙一君) 産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る14日午前9時より、付託されています請願について現地視察を行い、引き続いて市長以下関係職員の出席を求め、委員会を開会いたしました。

 当委員会に付託されました案件は、予算議案2件、条例議案4件、一般議案3件、請願・陳情2件の計11件であり、その審査を終えましたので経過と結果を報告いたします。

 最初に、議案第103号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第7号)についてでありますが、本委員会に付託されました案件は、歳出2款総務費の統計調査費、5款農林水産業費、7款土木費であります。

 委員より、「一般農道整備事業(藤ノ川・茅場地区)計画資料作成委託で民主党の事業仕分けで削減という中で進めるというようだが、なぜ新年度になってではだめなのか」との質疑があり、担当課長より「平成22年度に国の事業の採択を得るために21年度中に申請書を作成し、国に提出しなければならない。民主党の事業仕分けの中では農道整備事業として包括してとらえているが、一般農道なのか基幹農道なのかなど、詳細についてはまだ判明していない状況であるが、杵築市といたしましては、現状を見る限り、早く整備しなければならないという判断し、今年度中に計画をいたしたい」との答弁がありました。

 また、委員より、「地域活力基盤創造交付金事業(錦江橋)の予算計上について」「耐震改修促進計画策定委託料の内容について」、「城下町地区町並みづくり建築審査委員会委員報酬の増額の理由は」等の質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁がありました。

 そのほか委員より、「農村漁村活性化プロジェクト支援事業補助金で農事法人としてやられるのだろうが、相当な規模の投資を今後続ける計画なのか」との質疑がありました。

 執行部より、「県南50ヘクタール、県北50ヘクタール、計100ヘクタールだけ計画しているが、一法人の広さを限定しなければならないと思っているし、県にも伝えている」との答弁がありました。

 討論では、委員より、「民主党の事業仕分けで廃止というような方向性が出ている。一般農道整備事業の関係で1年遅らせて、状況を判断して計画をすべきではなかろうか。もし廃止になれば、一般財源より支出しなければならないので反対である」との意見がありました。

 採決の結果、賛成多数で原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第108号平成21年度杵築市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 特に質疑・意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第116号山香町新規就農者実習教育資金貸与条例の廃止についてであります。

 委員より、「実際、どのような運用をしていたのか」、「申請した人はいるのか」等の質疑がありましたが、担当課長より答弁があり、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第117号杵築市農業集落排水施設条例の一部改正についてであります。

 特に質疑・意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第118号杵築市火入れに関する条例の一部改正についてであります。

 委員より、「条例の拘束力及び罰則等はあるのか」との質疑があり、担当課長より答弁があり、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第119号杵築市道路占用料徴収条例の一部改正についてであります。

 委員より質疑がありましたが、担当課長より答弁があり、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第134号並びに議案第135号土地改良事業の施行についてであります。

 特に質疑・意見等もなく、2議案とも原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第136号市道の路線認定についてであります。

 特に質疑・意見等もなく、原案を認定することに決しました。

 続きまして、請願・陳情についてであります。

 請願・陳情第11号市道小学校線の拡幅工事についてであります。

 委員より、「道路取りつけにあたる民家との用地買収の話はできているのか」との質疑があり、担当課長より、「採択されれば、用地買収の検討をいたしたい」との説明がありました。

 また、委員より、「用地買収検討にあたり、以前の買収価格等を参考するように」との意見がありました。そのほか「体育館の入り口、駐車場でもあり交通量もあるので、どのような取りつけ道路を施工するのか」との質疑がありましたが、担当課長より、「駐車場につながっていることから、交通事故が起こらないよう道路とは分離するように対策をとっていきたい」との説明がありました。

 また、委員より、「取りつけ道の民有地の合意ができるまで継続審査にしては」との意見がありましたが、採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。

 最後に、請願・陳情第12号杵築市道北浜北線の拡幅に関する請願・陳情でありますが、委員より、「つくることに問題はないが、地元が地権者との協議をしていないようである」また、「拡幅しても建物が建っており、どうにかしなきゃならないだろう」などの意見がありました。継続審査にしたらという意見がありました。

 採決の結果、継続審査にするように決しました。

 以上で、産業建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(上杉健治君) これより質疑に入ります。ただいまの各常任委員長の審査報告に対する御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありますのでこれを許可します。4番、加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。議案第103号、議案第112号に対し反対をし、請願・陳情第11号については継続審議とすべき立場から討論をいたします。

 まず、議案第103号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第7号)についてです。

 5款農林水産業費1項農業費5目農地費の一般農道整備事業計画資料作成委託料について、新政権の事業仕分けの中ででは廃止と判断されています。駆け込みで事業申請をし、事業がなくなり一般財源の支出がふえるよりも、方向性が決まってから、3月の補正もしくは来年度の予算に計上すべきと考えます。

 また、9款教育費1項教育総務費2目の工事負担費並びに備品購入費の119万円につきましては、現在の小中学校の事務職員を山香中学校に統合するための費用で、公立化を名目に小中学校の事務職員を現場から引き上げ、職員削減を行う費用であるために反対をいたします。

 続きまして、議案第112号杵築市特別職の職員及び杵築市教育委員会教育長の給料月額の臨時特例措置に関する条例の一部改正についてです。

 市長、副市長、教育長は、これまで住民サービス削減や職員給料並びに議員報酬削減などの痛みを伴う行財政改革を断行する姿勢を示すために、市長給与10%、副市長、教育長の給料は5%削減するというトップの姿勢を示してきました。

 今回の条例改正の内容というものは、この削減率を縮小し、市長5%、副市長4%、教育長3%の削減とするものです。これによって市長給料は4万1,000円の増額、副市長は6,600円、教育長は1万1,600円の増額になります。

 私は、現在の社会情勢やこれまでの行財政改革の内容、そしていまだ5%削減とされている職員給料などを考慮するならば、削減率を前回同様とし、期間延長することがトップのあるべき姿と考えます。

 仮に、削減率を縮小するのであれば、少なくとも職員の削減率を市長、副市長、教育長より縮小することや、また住民サービスを充実させることが先決だと考えます。

 行政のトップがみずからの身を削るという姿勢を一番最初に放棄するこの条例改正は、認めるわけにはいきません。

 最後に、請願・陳情第11号市道小学校線の拡幅工事についてです。

 この請願書の市道小学校線の拡幅工事について反対をするものではありません。しかし、市道拡幅にかかる民家買収に関して了承が得られていないという説明がありました。関係者、地域住民の了承を得た上で、万全の体制で進めるべきとの立場から、請願・陳情第11号は継続審査にすべきと考えます。

 以上です。



○議長(上杉健治君) 21番、阿部幸市議員。



◎21番(阿部幸市君) 21番。請願・陳情第9号山香地区にサッカー場建設について、委員長報告に対して反対。理由、本件については、ただサッカー場の収支、位置等だけではなく、今後の山香町が過疎化に歯どめをかける事業の一環として取り組む必要がある。

 サッカー場西側を正面玄関とし、駐車場、宅地造成等の開発をすることにより、特にこの場所は日照時間も長く、中学校の横にもあたり、宿舎及び分譲住宅地等にも適している。利便性が非常に高く、近い将来、貫井小谷地区がサッカー場ともに山香町の利益及びさらなる発展をもたらすとともに、合併後の大きな礎となることを確信する。

 心配されている交通網については、学校の玄関、校舎内を車両等が通行することは危険性、環境衛生面を十分配慮した上で、最小の経費で最大限の効果を上げる位置に新設の道路を考えれば解決するものである。請願の趣旨には賛成するものです。

 以上。



○議長(上杉健治君) 8番、中山田昭徳議員。



◎8番(中山田昭徳君) 8番、中山田昭徳です。厚生文教常任委員会に付託された、山香地区にサッカー場建設についての請願・陳情第9号を不採択としたことについて賛成いたします。

 9月議会、12月議会の一般質問でも、執行部からの納得できる答弁はなく、山香中学横にサッカー場建設をしたいとの一点張りで、議会での説明、審議も形式に終わっている。教育環境への対応や運営計画、収支計画書も、全くずさんとしか言いようのない代物である。

 また、サッカー協会の助成金7,500万円をもらうことで、永久的に5分の4はサッカー協会が使用権を持つことになり、一般市民の使用はほとんどないと考えられる。

 一方、維持管理経費は、杵築市がこの先ずっと負担していくことになり、その中には、高額な人工芝の張りかえも含まれることになる。

 さらに、先般、議会に配付された杵築市スポーツ振興計画案の中での総合型地域スポーツクラブ推進事業、平成22年度から平成31年度までの10カ年計画であります。においても、サッカーの「サ」の字も出てこないのに、なぜサッカー場建設が優先するのか理解できません。

 今回の厚生文教委員会委員長報告にあるように、不採択の理由の核心部分に新設山香中学校に隣接するサッカー場建設は、教育環境に非常に影響するとある。教育委員会教育長は、学校サイド、PTAの不安・困惑にもっと耳を傾け、この委員長報告について真摯に受けとめ、ただ、市執行部の建設計画を安易に追認するのではなく、再度、教育委員会でしっかりした再審議をし、できれば審議結果を広く市民に公表していただきたい。

 以上、請願・陳情第9号の不採択について委員会の判断に敬意を表し、賛成討論といたします。



○議長(上杉健治君) 12番、河野正治議員。



◎12番(河野正治君) 請願・陳情第9号を不採択とした委員長報告に対し採択すべきであるという立場から反対討論を行います。

 委員長報告の中では、議会でもいろいろと議論を重ねてきたところであるが、サッカー場の建設は隣接する教育施設に非常に影響を与える可能性がある。山香地区の活性化のために建設するという趣旨については十分理解できるが、他のふさわしい場所に建設するほうが最良であるとの意見もあり、委員会としては苦渋の選択をしたという内容でありましたが、私は、周辺部の活性化のため、また、杵築市における均衡ある地域発展のためにも、山香地区にサッカー場が建設されることを歓迎し、1日も早く建設を強く望むものであります。

 私は、去る9月28日、議会会派研修で唐津市のサッカー場及び中津市本耶馬渓町の禅海ふれあい広場サッカー場を視察研修をしてまいりました。

 特に、本耶馬渓町サッカー場について申し上げますと、この施設は、平成18年度に中津市が合併後の周辺対策事業の一環として人工芝サッカー場を整備をしております。

 利用者は平成19年度で月平均2,300人、平成21年度、これは途中見込み等でございますが、月平均2,900人で毎日のように利用者があり、本耶馬渓町の活性化に大きく貢献しているとのことでありました。

 また、利用時間帯はおおむね平日で、16時から21時、もしくは18時から21時までであります。また、土日等の休日は、8時から17日までの時間帯での利用であります。

 教育施設の隣接地に建設が計画されておりますが、現在での中学校の学習時間は8時から16時までと聞いております。競技時間と余り重複しないと思われます。

 しかしながら、学校環境への影響や生徒の安全面の確保等の対策は、最大限講じなければなりません。このことは、既に議会内で議論されたところでもありますが、重ねて万全を期すよう要望する次第でもあります。

 この請願書の要旨にもありますように、サッカー愛好者の利便性の向上を図ることはもとより、交流人口の増加等による山香地域の活性化、サッカー等のスポーツを通じ、青少年の健全育成が図れる場の提供、また、市有財産の有効利用の促進等であります。ぜひとも請願者山香地区区長会の皆様の真意をお酌み取りいただきたく、伏してお願いを申し上げる次第であります。

 既に、12月10日に、日本サッカー協会から補助金の支出について市のほうへ内示が来ております。今後、事業を進めていく上でのさまざまな問題に対する条件整備については、地域住民や学校関係者等々と十分に協議を行っていただきながら、山香地区の活性化というだけではなく、施設の整備を待ち望んでいる方々のためにも、夢と希望を与える施設となるように事業を進めていただきたいと思います。

 本請願については、ぜひとも採択していただきますようお願い申し上げ、討論を終わります。



○議長(上杉健治君) 3番、阿部長夫議員。



◎3番(阿部長夫君) 3番、阿部長夫でございます。サッカー場建設推進の請願・陳情に対する厚生文教委員会の不採択に賛成の立場から討論をさせていただきます。

 サッカー場建設については、杵築市総合計画が3月に議員に報告がされました。その中に、サッカーグラウンドとして約3億5,000万円で計画が載せられておりました。

 これにつきまして、6月議会で吉田議員が質問を行い、さらには9月議会では5人の議員が質問を行うということで集中審議が行われました。また、今議会でも2名の議員が一般質問を行っているところであります。

 これほど同じ問題に対し質問が行われるということは、市民の同意を十分に得ることは難しいのではないでしょうか。

 今回の計画には大きく次のような2つの問題があると思っています。

 1つに、中学校の真横であるために、教育環境に与える悪影響を排除できていない。次に、サッカー協会の助成金が7,500万円つくとはいえ、予算が約3億5,000万円と大き過ぎるのではないか。まだ、進入路の問題等、これからまだ予算がふえるということも考えられるのではないかというふうに思います。

 私たちの会派は、9月に唐津市と中津市のサッカー場を見学に行ってまいりました。いずれも立派な施設でありましたが、中津市は、サッカー協会の助成を受けずに、8,800万円という予算で公式の認定を受けておる立派なサッカー場をつくっておりました。

 スポーツの振興は市民にとりましても望むところであります。それによってサッカー場が必要であるというのなら、このようなさまざまな問題点を十分に協議し、市民の理解を十分に得られるような計画を策定するべきと考えております。

 以上の点から、厚生文教委員会付託の請願・陳情第9号不採択について賛成の討論とさせていただきます。



○議長(上杉健治君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 ほかに御意見ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 まず、議案第104号から議案第111号まで、議案第113号から議案第136号まで、請願・陳情第第8号、請願・陳情第10号、請願・陳情第12号及び請願・陳情第13号を一括として採決いたします。

 各議案に対する各委員長の報告は、議案第104号から議案第111号まで、議案第113号から議案第136号までは可決並びに承認、請願・陳情第8号、継続審査、請願・陳情第10号は採択、請願・陳情第12号は継続審査、請願・陳情第13号は採択であります。

 議案第104号から議案第111号まで、議案第113号から議案第136号まで、請願・陳情第8号、請願・陳情第10号、請願・陳情第12号及び請願・陳情第13号は、各委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第104号から議案第111号まで、議案第113号から議案第136号まで、請願・陳情第8号、請願・陳情第10号、請願・陳情第12号及び請願・陳情第13号は、委員長報告のとおり決しました。

 次に、議案第103号を採決いたします。

 御異議がありますので、挙手により採決いたします。議案第103号に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第103号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第112号を採決いたします。

 御異議がありますので、挙手により採決いたします。議案第112号に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第112号は原案のとおり可決されました。

 次に、請願・陳情第9号を採決いたします。

 御異議がありますので、起立によって採決いたします。請願・陳情第9号に対する委員長の報告は不採択であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(上杉健治君) 着席お願いします。賛成者11名です。(発言する者あり)賛成者多数でありますので、委員長の報告のとおりであります。

 次に、請願・陳情第11号を採決いたします。

 御異議がありますので、挙手により採決いたします。請願・陳情第11号に対する委員長の報告は採択であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、委員長の報告のとおり決しました。

────────────



△日程第2追加議案

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第2、追加議案を上程いたします。

 議案第137号から議案第141号まで一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 平成21年第4回杵築市議会定例会に提出いたしました追加議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 初めに、議案第137号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第8号)につきましては、昨年来の不況が長引く中で地域経済の活性化を図るべく、再度、杵築市商工会お買い物券事業を実施するものであり、商工費に500万円を計上し、補正後の予算の総額を185億6,824万8,000円といたしました。

 財源は地方交付税であります。

 議案第138号から議案第140号までの財産の取得につきましては、市内全小学校のコンピューター教室のパソコンの更新、並びに教員が個人所有のパソコンで執務対応することにより危惧される個人情報の漏洩等のセキュリティーの問題を解消するため、教員に個別にパソコンを導入すること、及び教育委員会、学校及び教職員間のネットワークを構築するためのシステム及び機器の購入契約につきまして、杵築市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第141号杵築速見消防組合規約の変更につきましては、平成22年度から杵築市及び日出町が火薬取締法にかかる事務を大分県から移譲されるにあたり、杵築速見消防組合において共同処理することが、他の許認可事務の関係からも市民の便宜を図ることにつながるため、組合規約に火薬取締法の事務を追加することを日出町と協議することについて、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第137号から議案第141号までは、会議規則第40条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議案第137号から議案第141号までは委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案の質疑に入ります。質疑の通告がありますのでこれを許可します。4番、加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 議案第139号財産取得について、教師用ノート型コンピューター一式の購入について質問をいたします。

 まず第1点、指名競争入札となっていますが、指名業者それぞれどういった業者を指名したのかお答えを願います。

 第2点目、指名業者の選定基準はどのようなものなのかお答えを願います。

 それから3点目、落札業者がこれまでパソコンを取り扱った経緯があるのかどうなのか、この3点について答弁を求めます。



○議長(上杉健治君) 田邉管理課長。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 教員用のノートパソコンの入札については、10社が入札に参加いたしました。基本的に景気対策でありますので、杵築市内の業者ということで、パソコンについて取り扱える業者ということで応募をいただき、入札をしたとこであります。

 業者については、市内の10社の中でヒアリングをしながら、パソコン単体でありますので、パソコンだけの導入ができるということで、そういった中での業者の指名をいたしました。

 入札については、この10社の業者の中で入札をして、一番安いところというところということで落札をしたところであります。

 以上であります。



○議長(上杉健治君) 加来議員さん、わかりましたか。(「いやいや、質問のあと2点の答えがありません」と呼ぶ者あり)

 田邉管理課長。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 選定理由につきましては、市内の文具店、それから事務機器の取扱店というところで、指名をいたしたとこであります。

 それから、事務機器なり市内の文具店で、過去、パソコン等を取り扱ったことがあるかという実績については、私のほうは詳しいことについては承知しておりません。



○議長(上杉健治君) 加来議員。



◆4番(加来喬君) 実は、私のほうに今、この入札がちょっとおかしいんじゃないかという話がありまして、改めてこういった場所でちょっと質問をするわけですけれど、この議案のとおり下村時計店ですが、先ほど指名選定基準はどういったところが基準になっているかというのがありましたけれど、文具店、事務機器店ということですね。文具店と事務機器店とどちらも当てはまらないような気もしますけれど、要するに、パソコンの入札に関して、金額も1,564万5,000円、膨大な金額になっていますけれど、こういった208台のパソコンを一手に仕入れて、学校に配備することができる業者が、もちろん市内の業者に選定していただきたいし、そこがとっていただきたいのは、もう重々わかっていますけれど、そういった業者の中に、これまでパソコンを取り扱ったことがない。そういったところが入って、それも7割で落札をしている。おかしいんじゃないかということが言われているんです。

 そこで、まず再度、質問をします。

 指名業者、それぞれどことどことどこが指名されたのか答弁を求めます。指名選定基準というものがあると思いますが、これはどこで決められたのか、だれが決めたのかということ、答弁を求めます。

 それから、指名業者というものが、一番最初に10社それぞれ答えていただきたかったんですが、その10社を入れた理由ですね、選定基準とも重なると思いますけれど、その理由をそれぞれまたお願いをいたします。



○議長(上杉健治君) 管理課長、わからないときはちょっと休憩とっていいですけどわかりますか。その業者の名前わかりますか。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 業者名だけ。



○議長(上杉健治君) わかりますか。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) はい。



○議長(上杉健治君) 管理課長。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 業者名については、まず、有限会社中野俊彦商店(発言する者あり)(「私の質問時間なので私の質問に答えていただきたいのですが」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) ここで暫時休憩します。

────────────

午前10時58分休憩

午前11時05分再開

────────────



○議長(上杉健治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 堀田副市長。



◎副市長(堀田幸一君) ただいまの加来議員さんの質問に答えたいと思いますけども、この案件につきましては、予定価格は2,000万円以上の契約については議会の承認が要るということで、今、議会のほうへ提案しているわけですから、落札業者の決定についての採択か不採択かを審査していただくことでありますから、これに伴う指名をされた業者の公表についてはお許し願いたいと思います。

 ただし、選定基準につきましては、今、質問ありましたように、これは担当課長のほうから答弁いたしますので、御了解お願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(上杉健治君) 田邉管理課長。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 今回の入札に対する指名でありますけども、物品ということで、市内業者のほうからこういった景気対策という事業の中で、各市町村とも、いろんな形で学校のパソコン等の整備事業をしているということで、ぜひ入札に参加したいと、そういった中、ヒアリングする中で、過去、実績のないとこについては、県内のそういったパソコンのほうで、業者間との提携の中でぜひ入札に参加したいということで、そういった希望の中でのうちが資格があるというふうに認識しまして、その中での物品の入札ということであります。  今回、教員ノートのパソコンについては、もう単体、パソコンそのものでありますので、あとソフトとかいろんなことについてはなかなか難しいところもあるかと思いますけども、そういった教員用のノートパソコン単体ということで参加していただいたとこであります。



○議長(上杉健治君) 加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 最後の質問になると思いますが、今の答弁で多分、私は官製談合の疑いが非常に強いなと思ったんですけれど、要は、大手パソコン業者が自分のところの製品を入れたいがために、地元の業者に名前を貸せと。

 それで入れたい、そういうふうな形で、結局、7割もの低価格で入れることができた、そういう経緯も疑われるということですね。

 それを教育委員会が指名基準を示したのか、それとも指名委員長である副市長がそれを許したのか、そこはわかりませんけれど、そういう疑いがあると思います。

 もともと市内の業者を入れることについて反対をしているわけでもありませんし、安くパソコンを入れていただきたいというのもありますけれど、パソコンを扱っている業者から、なぜあそこが落とすのか、なぜあそこが指名に入るのかというふうに疑われるようなことはやってほしくないし、そういうことはあるべきではないと思います。

 最後、質問いたしたいと思います。

 指名の内容について、これは公表していただけるでしょうか。最後です。指名結果からすべての資料です。



○議長(上杉健治君) 堀田副市長。



◎副市長(堀田幸一君) 今、私どもの情報公開条例に基づいての申請があれば、審査いたしまして、公開できるものについては公表したいと思います。



○議長(上杉健治君) その他質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。議案第137号から議案第141号までは、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第137号から議案第141号までは原案のとおり可決されました。

────────────



△追加日程第1 杵築市選挙管理委員及び補

       充員の選挙について 

────────────



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ここで杵築市選挙管理委員及び補充員の選挙についてを日程に追加し議題といたします。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、杵築市選挙管理委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。

 杵築市選挙管理委員及び補充員は、平成21年11月16日をもって任期満了となる旨の通知を選挙管理委員長から受けましたので、地方自治法第182条第1項及び第2項の規定により、後任者の選挙を行いたいと思います。

 お諮りいたします。選挙の方法は、投票と指名推選とありますが、まず、選挙管理委員の選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。被選挙人の指名の方法については、議長において指名することにしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 それでは、選挙管理委員には西豊之輔氏、岡嶋吉治氏、菅原英二氏、本田知典氏の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました4氏を当選人と定めることに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました4氏が、選挙管理委員の当選人と決定いたしました。

 引き続き選挙管理委員補充員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。被選挙人の指名方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 それでは、選挙管理委員補充員には、第1位、井戸健一氏、第2位、甲斐清英氏、第3位、長谷雄菊美氏、第4位、東照寺征生氏の4氏を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいまの議長においての指名いたしました4氏を当選人と定めることに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました4氏が、指名の順序のとおり補充員の当選人と決定いたしました。

────────────



○議長(上杉健治君) 以上をもちまして、今期定例会に付議されました議事はすべて終了いたしました。

 ここで、八坂市長より発言の申し出がありますので許可します。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 先ほどの審議の中で、区長会からの請願がございまして、残念ながら皆さんから御承認はいただけませんでした。

 これにつきましては、予算の審議、具体的なものもございませんし、また、先ほどの討論の中にありましたとおり、十分環境に整備をするということも含めまして、PTAや皆さんにも改めてこの件について御説明をしてまいりたいと、このように思います。

 既に御承知のとおり、12月の10日、杵築市フットボールセンター整備事業の助成金交付の内示をいただきました。今後は、長い間、皆さんから議会の中で御討議をいただきましたけど、具体的な活性化の方法、並びに予算の詳細等々をもちまして、臨時議会でこの件について夏休みの工事等々もございます。

 そんな中で、不退転の決意で、これにつきましては、住民の方々の十分な御理解の中で進めてまいりたいとこのように思います。

 よりまして3月を待ちますと、議会で答弁しました夏休み中の工事等々に影響ができますので、そういった点で改めて臨時議会をさせていただいて、この点について改めて御提案を申し上げるつもりであります。

 そのような点で、ぜひ御理解をいただいて、地域の活性化のためにも御協力をいただきたい、このように思うところであります。

 以上であります。



○議長(上杉健治君) これにて平成21年第4回定例会を閉会いたします。御苦労でした。

────────────

午前11時15分閉会

────────────

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。




  平成21年12月18日

   議  長   上 杉 健 治

   署名議員   富 来 征 一

   署名議員   神 鳥 修 行

   署名議員   鈴 木 六 朗