議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 21年 9月定例会(第3回) 09月18日−04号




平成 21年 9月定例会(第3回) − 09月18日−04号









平成 21年 9月定例会(第3回)


平成21年 第3回(定例)杵築市議会会議録(第4号)
平成21年 9月18日(金曜日)

〇議事日程(第4号)
平成21年 9月18日午前10時開議
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
 追加日程第1 杵築市農業委員会委員の推薦について
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(22名)
 1番 渡 辺 雄 爾 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 3番 阿 部 長 夫 君      4番 加 来   喬 君
 5番 吉 田 正 信 君      6番 井 門 仙 一 君
 7番 上 野 辰 治 君      8番 中山田 昭 徳 君
 9番 西   紀 子 君     10番 堀   寿 満 君
11番 河 野 有二郎 君     12番 河 野 正 治 君
13番 田 邉 公 一 君     14番 田 辺 節 士 君
15番 小 春   稔 君     16番 富 来 征 一 君
17番 神 鳥 修 行 君     18番 鈴 木 六 朗 君
19番 真 砂 矩 男 君     20番 有 田 昭 二 君
21番 阿 部 幸 市 君     22番 上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(なし)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  宮 脇 正 直 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   秘書広報課長……河 野 盛 壽 君
税務課長…………渡 邊 次比古 君   市民課長…………阿 部 晃 喜 君
生活環境課長……三 河 伸 治 君   上下水道課長……荷 宮 一 郎 君
商工観光課長……真 鍋 公 博 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   山香振興課長……金 高 英 俊 君
大田振興課長……小 林   茂 君   会計課長…………大 村 政 信 君
教育委員会管理課長…………………………………………………田 邉 利 一 君
学校教育課長……松 木 教 生 君   生涯学習課長……伊 東   猛 君
文化・スポーツ振興課長……………………………………………井 村 哲 士 君
福祉課長…………古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……吉 広 和 男 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………佐 藤   剛 君   総務課係長………井 門 裕 司 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―




────────────

午前10時開議

────────────



○議長(上杉健治君) 皆さんおはようございます。これより本日の会議を開きます。

 直ちに日程に入ります。

────────────



△日程第1各委員長審査報告

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第1、議案第59号から議案第91号まで、請願陳情第8号を一括議題といたします。

 特別委員長及び各常任委員長の審査報告を求めます。

 それでは、まず決算特別委員会の審査報告を求めます。渡辺雄爾委員長。



◎決算特別委員長(渡辺雄爾君) 決算特別委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る9日、10日の2日間、午前10時より、市長以下関係職員の出席を求め、委員会を開催いたしました。審査に先立ち、正副委員長の互選を行い、委員長に私、副委員長に河野正治氏をそれぞれ選任し、付託された議案について慎重に審査いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第59号から議案第73号までの平成20年度の各会計歳入歳出決算認定についての15議案であります。本会議での市長の提案理由もあり、西原代表監査委員の審査意見も受け、委員会では企画財政課長や担当課長の詳細な説明もありました。

 まず、議案第59号平成20年度杵築市一般会計歳入歳出決算認定についてであります。各委員より、「固定資産税の半島振興法、農工法による減免額は。」「財政安定化支援事業の繰入金の算定額は。」「学校管理費の内容について。」「合併振興基金の積立金は合併特例債からの積み立てなのか、使い道は。」等の質疑があり、各担当課長より答弁がありました。

 また、「総合運動公園整備事業の関係で、公園整備をしているが、交差点の混雑解消のための工事ではなかったのか。」との質疑があり、担当課長より「公園整備のための補助金であるため道路改良はできませんが、将来的には整備していきたい。」との答弁があり、委員より「税金の無駄遣いと言われないような計画をしていただきたい。」との意見がありました。

 また、「交通安全対策のガードレールの設置について。」「職員の定数削減の目標は。」「防火水槽と耐震性貯水槽について。」「給食費の滞納について。」その他質疑、意見等もありそれぞれ担当課長より答弁がありました。

 また委員より、「大企業に関して固定資産税の減免がなされていること。解放新聞等の機関紙を税金で支払うべきでない。また、特定健康診査委託料の関係で、一般会計より国民健康保険特別会計へ繰り入れるべきであるので反対。」との意見がありましたが、採決の結果、賛成多数で原案を認定すべきものと決しました。

 次に、議案第60号平成20年度杵築市国民健康保険特別会計歳入歳出決算検定についてから議案第64号平成20年度杵築市地域包括支援センター事業特別会計歳入歳出決算認定についてまでの各特別会計5議案に対する質疑を順次行い、審議しました。

 「各議案に関連する国民健康保険税、後期高齢者の保険料、介護保険の未収金、不納欠損で滞納世帯の所得状況、負担割合はどうなっているのか。」「包括支援センターの職員体制は大丈夫なのか。」等の質疑があり、担当課より答弁がありました。

 議案第60号を除く議案第61号から議案第64号までにつきましては、全会一致で原案を認定することと決しました。議案第60号につきましては、委員より、「特定健康診査委託料の関係で一般会計より国民健康保険特別会計へ繰り入れするべきだ。」との反対意見があり、採決の結果、賛成多数で原案を認定すべきものと決しました。

 次に、議案第65号平成20年度杵築市ケーブルテレビ事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。委員より「杵築市にこれから住む人に補助してほしい。」「ケーブルテレビの高齢者へのSTB料金の詳しい説明を。」との要望がありました。本議案につきましては、原案を認定すべきものと決しました。

 次に、議案第66号平成20年度杵築市城下町保存対策事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、質疑、意見等もなく、原案を認定すべきものと決しました。

 次に、議案第67号平成20年度杵築市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について及び議案第71号平成20年度杵築市水道事業会計決算認定について並びに議案第72号平成20年度杵築市工業用水道事業会計決算認定についての3議案を一括審議しました。質疑、意見等もなく、3議案は原案を認定すべきものと決しました。

 次に、議案第68号平成20年度杵築市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてから議案第70号平成20年度杵築市特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての3議案を一括審議しました。質疑、意見もなく、3議案については原案を認定することと決しました。

 最後に、議案第73号平成20年度杵築市立山香病院事業会計決算認定についてであります。委員より、「平成20年度末の未収金は前年度末に比べどうなったか。」「減価償却費の取り扱いは。」との質疑があり、事務長より答弁がありました。また、「インフルエンザ対策での医師等の対応は万全であるか、勤務状況は。」との質疑があり、病院長より答弁がありました。さらに、「医業収支の赤字の原因は・退職給与引当金には。」の質疑があり、事務長より答弁がありました。ほかにも質疑、意見等ありましたが、本議案につきましても全会一致で原案を認定すべきものと決しました。

 以上で、決算特別委員会の審査報告を終わります。



○議長(上杉健治君) 次に、総務常任委員会の審査報告を求めます。河野正治委員長。



◎総務常任委員長(河野正治君) おはようございます。総務常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る16日の午前10時から、市長初め関係職員出席のもと、予算議案2件、条例議案1件について慎重審議し、審査を終えましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 最初に、予算議案について御報告いたします。

 まず、議案第74号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第5号)でありますが、当委員会に付託されました案件は、歳入全款及び地方債、歳出では1款議会費、2款総務費、3款1項社会福祉費、8款消防費であります。

 質疑において、委員より「JR杵築駅前の土地購入の理由は。」との質問があり、担当課長より「土地所有者から購入についての申し出があり、月極での駐車場収入もかなり上がっていることから、市としても利用価値があると判断した。」との答弁がありました。また、他にも、「地方債の補正について。」や「消防庁舎について。」の質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁がありました。その他に特に意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第80号平成21年度杵築市ケーブルテレビ事業特別会計補正予算(第2号)については、特に質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 最後に、条例議案について御報告いたします。

 議案第86号杵築市地域雇用創出推進基金条例の制定については、質疑において、委員より「具体的にどのような取り扱いをしていくのか。」との質問があり、担当課長より「今年度、職を失った方を市が直接雇用し、さまざまな事業を実施している。今後も緊急雇用対策として引き続き積み立てた基金を活用していきたい。」との答弁がありました。また、他にも質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁がありました。そのほかに特に意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(上杉健治君) 次に、厚生文教常任委員会の審査報告を求めます。田辺節士委員長。



◎厚生文教常任委員長(田辺節士君) 厚生文教常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る15日午前10時より、市長以下関係職員の出席を求め、付託されました予算議案6件、条例議案4件、継続審査中の請願陳情1件について審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第74号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第5号)でありますが、当委員会に付託を受けましたのは、歳出2款総務費の戸籍住民登録費、3款民生費、4款衛生費、9款教育費であります。

 委員より、「民生費の特別養護施設管理費での賃金の補正は、臨時職員何名分で、採用基準は。」「杵築市環境対策基金の積み立てはどういう内容か。」等の質疑があり、各担当課長より詳しい答弁がありました。また、「学校の耐震補強工事で入札する業者の資格基準をよく検討するように。」との要望があり、執行部より、「事前に関係機関等に照会し、チェックをしていきたい。」との答弁がありました。

 その他にも質疑、意見等がありましたが、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第75号平成21年度杵築市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)並びに議案第76号杵築市老人保健特別会計補正予算(第1号)及び議案第77号平成21年度杵築市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第78号平成21年度杵築市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員より、「介護予防福祉用具購入費及び介護予防住宅改修費の内容について。」質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁があり、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第79号平成21年度杵築市地域包括支援センター事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、特に質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第87号杵築市環境対策基金条例の制定について並びに議案第88号杵築市墓地等の経営の許可等に関する条例の一部改正について及び議案第89号杵築市簡易水道事業補助金交付条例の廃止についてでありますが、一括説明を受け、各議案ごとに審議をしました。「杵築市環境対策基金は、いつ使うのか。」との質疑があり、担当課長より詳しい答弁がありました。その他にも質疑、意見等もありましたが、3議案とも、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第91号杵築市能見邸条例の制定についてでありますが、委員より、「年間利用見込みについて。」また、「観光客用案内板の設置について。」質疑もありましたが、担当課長より詳しい答弁があり、原案を可決すべきものと決しました。

 最後に、請願陳情第8号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書提出の請願についてでありますが、委員より、「政権がかわり、制度が変わる可能性もあるので、福祉採択にすべきや継続審査にすべき。」との意見があり、採決の結果、継続審査とすることに決しました。

 以上で、厚生文教常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(上杉健治君) 次に、産業建設常任委員会の審査報告を求めます。井門仙一委員長。



◎産業建設常任委員長(井門仙一君) 産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は、去る11日午前10時より、市長初め関係職員出席のもと、予算議案6件、条例議案1件について慎重審議し、審査を終えましたので、その経過と結果について報告申し上げます。

 最初に、予算議案について御報告いたします。

 議案第74号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第5号)でありますが、当委員会に付託されました案件は、5款農林水産業費、6款商工費、7款土木費、10款災害復旧費であります。

 質疑において、委員より、「ブランドを育む園芸産地整備事業(重油高騰対策)の補助金について。」の質問があり、担当課長より、「昨年度に導入した67台の再生資源燃料加温機について、外気温がボイラーの中に多量に入り込む箇所が見つかり、改良を行うための予算である。」との答弁がありました。そのほか「林道道路整備事業の補正予算について。」「観光協会補助金について。」等の質問があり、各担当課長より答弁がありました。また、「各事業の工事等の発注については、可能な限り市内業者に依頼してもらいたい。」との要望がありました。

 その他特に質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第81号平成21年度杵築市簡易水道特別会計補正予算(第1号)でありますが、特に質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第82号平成21年度杵築市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、質疑において、委員より「職員の人件費について。」の質問があり、担当課長より答弁がありました。その他に特に質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第83号平成21年度杵築市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第84号平成21年度杵築市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第85号平成21年度杵築市水道事業特別会計補正予算(第1号)の3議案についてでありますが、特に質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 最後に、条例議案について御報告いたします。

 議案第90号杵築市普通公園等条例の一部改正については、質疑において、委員より「登山道の整備について。」の質問があり、担当課長より答弁がありました。そのほか質疑、意見等もなく、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 以上で、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(上杉健治君) これより質疑に入ります。ただいまの各委員長の審査報告に対する質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結します。

 これより討論に入ります。議案第59号及び議案第60号に対する討論の通告がありますので、これを許可します。4番、加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。議案第59号平成20年度杵築市一般会計歳入歳出決算認定並びに議案第60号平成20年度杵築市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について反対討論を行います。

 平成20年度の杵築市における大企業の固定資産税減免額は1億4,615万3,100円です。9月11日付の大分合同新聞では、キヤノンマテリアルは前年度比38.3%の売り上げ増となっています。

 ところが、昨年末、キヤノンは大規模な人員削減を行い、大量の非正規労働者が職を失う結果となりました。半島振興法や農工法、新過疎法などの大企業の固定資産税減免の意味とは、企業誘致によって雇用を確保することです。ところが、結果は、大企業は利益を上げる一方で雇用は守られず、雇用やアパート経営などに深酷な影響を与えています。今回の減免総額そのものが国民の税収の損失ですが、杵築市の歳入にとっても3,653万8,275円の減収になります。

 この不況で厳しい中でも、雇用を守り地元で必死に頑張っている中小零細企業の固定資産税は減免せず、負担能力のある企業の固定資産税を減免するべきではないという理由から、この歳入を認めるわけにはいきません。

 次に、人権同和対策費並びに隣保館運営費の需用費で支出された解放新聞等の機関紙購入費117万2,000円です。市民の税金で特定の団体の機関紙を購入するべきでないという考えから、この支出に反対をいたします。

 最後に、一般会計と国民健康保険特別会計にわたる健診費用について反対をいたします。特定健診の導入によって、これまで一般会計で行われてきた人間ドックなどの健康診断が各保険者の責任で行うようになりました。この制度改正によって、国保会計の健康診断の負担は760万1,000円ふえています。国保会計を見てみると、財政安定化支援事業の交付税算定額全額である6,418万7,000円を繰り入れているものの、景気悪化による生活困窮等で2億9,215万2,190円の滞納が生じています。また、国保会計は8,440万3,918円の赤字決算のため、翌年度からの繰上充用を行っています。

 平成20年4月から行われた国保税の2割増も市民生活を苦しめています。国保会計への一般材繰り入れに上限はありません。健康診断の負担増とこれまで財政安定化支援事業の繰り入れを全額行っていなかった分を含め、国保会計を安定させるために一般会計からの繰り入れを増額すべきとの立場から、議案第59号並びに議案第60号の決算認定に反対をいたします。

 以上です。



○議長(上杉健治君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 ほかに御意見はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 まず、議案第61号から議案第91号までを一括して採決します。

 各議案に対する各委員長の報告は可決・認定であります。議案第61号から議案第91号までは各委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議案第61号から議案第91号までは原案のとおり可決・認定されました。

 次に、議案第59号を採決いたします。

 御異議がありますので、挙手により採決をいたします。議案第59号に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第59号は原案のとおり認定されました。

 次に、議案第60号を採決いたします。

 御異議がありますので、挙手により採決をいたします。議案第60号に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第60号は原案のとおり認定されました。

 次に、請願陳情を採決いたします。

 請願陳情第8号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は継続審査であります。本件は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、請願陳情第8号は継続審査と決しました。

────────────



△日程第2追加議案

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第2、追加議案を上程いたします。議案第92号から議案第96号、諮問第2号及び諮問第3号を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 平成21年第3回杵築市議会定例会に提出いたしました追加議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案第92号及び議案第93号財産の取得につきましては、市民の研修等に利用する自家用バス及び学校給食配送用のトラック4台の購入契約につきまして、杵築市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第94号及び議案第95号教育委員会の委員の任命につき同意を求めることにつきましては、本市教育委員の土江晃弘氏及び阿部敏郎氏が平成21年11月17日をもって任期満了となるため、土江晃弘氏を再任、新たに佐藤元彦氏を任命いたしたいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 次に、議案第96号公平委員会の委員の選任につき同意を求めることにつきましては、本市公平委員の末光日出男氏が平成21年12月15日をもって任期満了となるため同氏を再任いたしたいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 最後に、諮問第2号及び諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることにつきましては、本市人権擁護委員の秋吉正勝氏及び諸冨弘子氏が平成21年12月31日をもって任期満了となるため、両氏を再度推薦いたしたいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております7議案につきましては、会議規則第40条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議案第92号から議案第96号、諮問第2号及び諮問第3号は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより各議案順に質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第92号及び議案第93号に対する質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。議案に対する意見はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 意見もないようでありますので、これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。議案第92号及び議案第93号については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議案第92号及び議案第93号は、原案のとおり可決することに決しました。

 次に、議案第94号を審議いたします。土江晃弘君の退席を求めます。

(教育長 土江晃弘君 退席)



○議長(上杉健治君) 議案第94号に対する質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 討論の通告がありますので、これを許可します。加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 議案第94号教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてについて反対討論をいたします。

 再任に反対する理由は2点です。

 1点目は、一般質問でも取り上げた幼稚園の教諭のパワーハラスメントについて適切な対応がなされてこなかった点です。教育委員会は児童・生徒の健全な育成を保証するために万全を期すべきです。過去の問題を含めて、その対応がなされず、同様の自体が繰り返されてきた責任は極めて大きいと考えます。

 2点目は、サッカー場建設の対応です。教育施設の隣にスポーツ施設をつくることの弊害が明らかになる中で、教育委員会はあくまで建設推進の立場をとっています。本来なら、教育現場や保護者の意見を集約し、執行部に対し問題点を明らかにすべきその立場を失っています。

 以上の2点から、教育長としてあるべき姿ではないと考え、任命、再任に反対をいたします。

 以上です。



○議長(上杉健治君) これより採決いたします。御異議がありますので、挙手により採決いたします。議案第94号は原案のとおり賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第94号は原案のとおり同意することに決しました。

 土江晃弘君、御入場ください。

(教育長 土江晃弘君 入場)



○議長(上杉健治君) 次に、議案第95号及び議案第96号、諮問第2号及び諮問第3号の4議案に対する質疑ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結します。

 これより採決いたします。議案第95号及び議案第96号、諮問第2号及び諮問第3号は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第95号及び議案第96号、諮問第2号及び諮問第3号は、原案のとおり同意されました。

────────────

追加日程第1 杵築市農業委員会委員の推薦について 

────────────



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ここで、杵築市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、杵築市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 杵築市農業委員会委員の推薦につきましては、去る8月3日付で、八坂市長から、農業委員会等に関する法律に基づき、議会推薦の学識経験を有する4名の委員が9月30日をもって任期満了することに伴い、その後任の推薦依頼が参っております。

 お諮りいたします。議会推薦の農業委員は、阿部幸市君、堀寿満君、西紀子君、中山田昭徳君、以上4名の方を推薦したいと思います。御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議会推薦の農業委員は、阿部幸市君、堀寿満君、西紀子君、中山田昭徳君、以上4名の方を推薦することに決しました。

────────────



○議長(上杉健治君) 以上をもちまして今期定例会に付託されました議事はすべて終了いたしました。

 これにて平成21年第3回定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。

────────────

午前10時35分閉会

────────────

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



  平成21年9月18日

   議  長   上 杉 健 治

   署名議員   上 野 辰 治

   署名議員   中山田 昭 徳

   署名議員   西   紀 子