議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 21年 8月臨時会(第4回) 08月10日−01号




平成 21年 8月臨時会(第4回) − 08月10日−01号









平成 21年 8月臨時会(第4回)


杵築市告示第52号
 平成21年第4回杵築市議会臨時会を次のとおり招集する
平成21年7月17日
杵築市長 八 坂 恭 介
1.期 日   平成21年7月24日   午前10時
2.場 所   杵築市議会議事堂
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇開会日に応召した議員
渡 辺 雄 爾 君         岩 尾 育 郎 君
阿 部 長 夫 君         加 来   喬 君
吉 田 正 信 君         井 門 仙 一 君
上 野 辰 治 君         中山田 昭 徳 君
西   紀 子 君         堀   寿 満 君
河 野 有二郎 君         河 野 正 治 君
田 邉 公 一 君         田 辺 節 士 君
小 春   稔 君         富 来 征 一 君
神 鳥 修 行 君         鈴 木 六 朗 君
真 砂 矩 男 君         有 田 昭 二 君
阿 部 幸 市 君         上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇応召しなかった議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 
平成21年 第4回(臨時)杵築市議会会議録(第1号)
平成21年 7月24日(金曜日)

〇議事日程(第1号)
平成21年 7月24日午前10時開会
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第57号並びに議案第58号について
         (一括上程・説明・委員会付託省略・質疑・討論・採決)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第57号並びに議案第58号について
         (一括上程・説明・委員会付託省略・質疑・討論・採決)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(22名)
 1番 渡 辺 雄 爾 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 3番 阿 部 長 夫 君      4番 加 来   喬 君
 5番 吉 田 正 信 君      6番 井 門 仙 一 君
 7番 上 野 辰 治 君      8番 中山田 昭 徳 君
 9番 西   紀 子 君     10番 堀   寿 満 君
11番 河 野 有二郎 君     12番 河 野 正 治 君
13番 田 邉 公 一 君     14番 田 辺 節 士 君
15番 小 春   稔 君     16番 富 来 征 一 君
17番 神 鳥 修 行 君     18番 鈴 木 六 朗 君
19番 真 砂 矩 男 君     20番 有 田 昭 二 君
21番 阿 部 幸 市 君     22番 上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(なし)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  宮 脇 正 直 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   秘書広報課長……河 野 盛 壽 君
税務課長…………渡 邊 次比古 君   市民課長…………阿 部 晃 喜 君
生活環境課長……三 河 伸 治 君   上下水道課長……荷 宮 一 郎 君
商工観光課長……真 鍋 公 博 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   山香振興課長……金 高 英 俊 君
大田振興課長……小 林   茂 君   会計課長…………大 村 政 信 君
教育委員会管理課長…………………………………………………田 邉 利 一 君
学校教育課長……松 木 教 生 君   生涯学習課長……伊 東   猛 君
文化・スポーツ振興課長……………………………………………井 村 哲 士 君
福祉課長…………古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……吉 広 和 男 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………佐 藤   剛 君   総務課係長………井 門 裕 司 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―






────────────

午前11時開会

────────────



○議長(上杉健治君) 皆さん、こんにちは。

 ただいまの出席議員は22名でありますので、本会議は成立いたしました。

 これより、平成21年第4回杵築市議会臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 会議の議事は、お手元に配付しております議事日程により行います。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(上杉健治君) これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第84条の規定により、議長において4番、加来喬議員、5番、吉田正信議員、6番、井門仙一議員の3名を指名いたします。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期につきましては、さきの議会運営委員会におきまして、本日1日間とすることに決定を見ておりますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日間とすることに決定いたしました。

────────────



△日程第3議案第57号・議案第58号

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第3、議案第57号並びに議案第58号についてを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 平成21年第4回杵築市議会臨時会に提出いたしました議案について御説明申し上げます。

 まず、議案第57号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 今回の補正の主なものは、国の平成21年度経済危機対策であります「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」を主要な財源とする事業費の計上であります。

 経済危機対策臨時交付金の杵築市への内示額は、5億1,185万5,000円であり、それを活用した交付金関連事業として34事業、6億5,161万6,000円を計上いたしました。

 主な事業としては、市公用バス更新事業3,500万円、共聴アンテナ撤去工事3,000万円、健康福祉センター補修事業3,442万円、横岳自然公園整備事業7,300万円、市道維持管理事業5,000万円、小・中学校パソコン教室用パソコン購入9,334万2,000円、教員用パソコン購入5,084万円、防火水槽補修工事3,400万円等であります。

 その他の事業としましては、周辺部対策事業として山香庁舎改修工事費2,500万円を追加計上し、女性特有のがん検診推進事業として517万4,000円を新たに計上いたしました。

 また、地域連携推進事業として、美濃崎線舗装補修事業2,400万8,000円と橋梁長寿命化促進事業3,200万9,000円を計上いたしました。

 また、本年6月の大雨被害と今後予想される台風被害等に備え、農地や公共土木施設の災害復旧に係る査定設計書作成委託料等2,330万5,000円を追加計上いたしました。

 以上、今回の補正額は7億6,993万3,000円の追加で、補正後の予算の総額を161億6,620万7,000円といたしました。その財源は、地方交付税、国庫支出金、市債であります。

 補正予算第2条の地方債の補正は、山香庁舎改修工事に伴う増額補正であり、補正後の限度額を16億8,900万円といたしました。

 次に、議案第58号財産の取得につきましては、杵築速見消防組合本部用地として杵築市大字中字市1412番を杵築市土地開発公社から取得することについて、杵築市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 何とぞよろしくお願いいたします。



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第57号並びに議案第58号につきましては、会議規則第40条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第57号並びに議案第58号は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。議案第57号並びに58号について質疑を受けます。御質疑はございませんか。加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。議案第57号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第3号)について議案質疑をいたします。

 まず、2款総務費のコミュニティバス待合所整備工事についてです。大田庁舎前の待合所並びにトイレ、駐輪所の改修工事に766万円の予算が計上されています。この内容についてお伺いをいたします。面積、それからその仕様、具体的にどういったものをつくる予定なのかについて質問いたします。事前の聞き取り調査では、余りにも予算額が大き過ぎる、面積に対して予算額が大き過ぎるという感がありますので、詳しい説明をお願いいたします。

 続きまして、6款商工費ふるさと産業館2階改修費についてです。一般備品購入費も含めて1,000万円の計上になっております。全員協議会の席では、バスの添乗員さんの休憩所並びにギャラリーということで計上がされています。現状では、生涯学習館の展示場・展示スペースにも使われておりますし、衆楽観の展示スペース等も整備をされております。こういったものについて1,000万円もかける必要があるのかという感がありますので、詳しい説明をお願いをいたします。

 それから、次に9款教育費です。小学校・中学校それから教員のパソコン導入に関しての質問です。各小学校に現在配備されているパソコンのスペック、性能ですね。各小学校・中学校でどのような整備がされているのか答弁を求めます。実際、八坂小学校、それから田原小学校、それから山香小学校に足を運んで現地も見せていただきました。八坂小学校は、まさに買いかえが必要です。インターネットでは、全く動かないと。まさに、緊急に買いかえる必要があると思います。しかし田原小学校では、スペック、性能がですね、現在のところOSも完備されておりましてウィンドウズのXPが入っております。メモリーも60ギガ・60ギガ、現状で十分対応でき、なおかつ活動に関しても、すばらしい実績を上げられているということを私は実感いたしました。

 で、今回の予算計上につきましても、そこにまた新たにパソコンを整備するようになっております。こういった予算のつけ方というのは、内部で精査が行われているのかということが疑問が残りますので、どういったパソコンがまず導入されているのか、現状はどうなっているのかというのを答弁を求めます。

 それから、全員協議会の中でも真砂議員さんより同様の質問もありましたが、入札方法について執行部の答弁を求めます。地元還元がなされる入札方法にするのかどうなのか。今回の緊急対策っていうのは、地元に還元されてこそ、やはり緊急経済対策の効果があると思います。小学校区ごと、もしくはいろんな方法もあると思いますけれど、地元の業者が入札ができ、地元の業者の仕事になる入札方法をするのかどうなのかということの答弁を求めます。

 最後に、幼稚園のデジタルテレビの導入についてです。今回50インチの地デジテレビを導入するということですが、その根拠となるのはどういった、なぜこのような大きな50インチもの地デジテレビを入れなければいけないのか、答弁を求めます。

 第1回目は以上です。



○議長(上杉健治君) 小林大田振興課長。



◎大田振興課長(小林茂君) それでは、お答えをいたします。

 コミュニティバス待合所の大田庁舎に関する整備事業の件ですが、まず初めに、バス待合所の仕様であります。これにつきましては、第1番目が庁舎の外観ですね、これに見合うような仕様ということで強化ガラスを使っております。それから出入り口ですが、これは引き戸、それから中にベンチを設けたり、それから面積ですが約5平米程度を予定をしております。それから屋外トイレでありますが、まず第1番目にユニバーサルデザインを仕様とします。これは障がい者用の便器であります。それから、トイレ内には手洗い、それからベビー椅子を設置をしたいと。また、これも庁舎に見合うような仕様としましてコンクリートづくり、特に冬季は庁舎の周りは非常に風が強いものですから、コンクリートづくりで耐久性を求めたということであります。面積につきましても、約5平米を予定をしております。

 以上であります。



○議長(上杉健治君) 真鍋商工観光課長。



◎商工観光課長(真鍋公博君) お答えいたします。

 先ほどの全員協議会でも御説明をしましたが、衆楽観あるいは生涯学習館とのギャラリーの兼ね合いですが、ギャラリーというのは一つの例でございまして、現在有効利用されていない2階部分の改修をしまして、例えば、山香・大田・杵築それぞれ工芸品をおつくりになって販売している方もございます。そういう社会教育施設はなかなか販売ができませんので、そういう工芸品も含めて販売をしたり展示をしたりということで、全体的に、言葉は適切かどうかわかりません。多目的に利用していただくために改修を考えております。

 それから、一般備品についての200万円の計上でございますが、これはギャラリーとして使った場合、あるいは工芸品の展示即売として使った場合のパネルとかそういうものを考えております。

 以上でございます。



○議長(上杉健治君) 田邉管理課長。入札等も含めて答弁のほうお願いします。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) それでは、4番議員さんにお答えします。

 まずは田原小学校のパソコンであります。新しいのになぜ買いかえるかという話でありますけども、田原小学校については平成15年に導入したのが5台、それから19年に導入したのが4台であります。4台については新しく現在も使用されてますので、これについては買いかえを予定していません。15年に導入した機種について今後ともメモリー等々いろんな関係がありますので、今回導入をさせていただきたいというふうに考えているところであります。

 また、幼稚園の地デジのテレビでありますけども、50インチのテレビについて導入をしてます。テレビの視聴については、余り近くから見ますと目等の障がいも出ますので、なるたけ離れたところから子どもたちが全員見られるようにということで50インチを計画しております。一般家庭においても37インチから40インチ等々を入れる方が多いかと思いますので、そういった中で、多人数のとこについては50インチを導入するのが妥当ではなかろうかというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(上杉健治君) 田邉課長、入札等も含めて。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 入札については、今後契約検査課のほうが入札をしますので、担当課と協議をしながら、なるたけ地元の業者さんが導入できるような方向での協議をさせていただきたいというふうに考えてます。

 以上です。



○議長(上杉健治君) 加来喬議員。



◆4番(加来喬君) では、2回目の質問を行いたいと思います。

 まず、待合室についてもう少し立ち入って詳しい質問をしたいと思います。待合室の強化ガラス、それから引き戸ということで5平米の待合室をつくるという話がありました。金額について幾らになるのかお答えを願います。それから同様に、トイレについても金額が幾らになるのか、便器それから手洗い・ベビー室等がありました。そういった設備費用ですね、設備費の関係が幾らになるのか。それから躯体工事、建物に関してが5平米ということですが、これが幾らになるのか答弁を求めます。

 次に、パソコンについてまず再質問をします。先ほど、大田の小学校については、これは新たに平成19年度に関しては買いかえを行わないということでしたね。それでいいと思います。山香のこの提出していただきましたコンピューター整備事業のこの概要の中で、山香についても、これも12台、平成17年に入れていますが、これも同様と考えてよろしいでしょうか。山香中学校、山香小学校について12台、それから17台が導入されておりますので、それについても同様の考えでいいかどうか。それと、詳しい資料というものを、見積もり仕様書というものをいただきました。現状を考えて、普通、全協の中でもお話がありましたけれど、児童1人当たり24万円、それから生徒1人当たり24万7,000円でしたか。そういった、パソコンを整備するという話でした。実際のところ、私たちが今現状でパソコンを導入するに関してもですね、24万円というのは本当に思い切って導入する、導入するというか購入するようなパソコンだと思います。昨日、実はパソコンを杵築のある業者さんのところに見に行きました。エコポイントもついて実は7万円ぐらいでね入っている状況です。お役所仕事でこういったことが予算が上げられているというのは不可解ですし、こういった内容というものを、これは、答弁は企画財政課長のほうが適切かなとは思うんですけれど、こういった内容のものが本当に内部で十分精査されて、なおかつ上がってきたのかどうなのか。内容的にもこういった予算が、もっと削れば別の事業に回せると思うんですが、内部でどのような精査を行われたのか質問をいたします。

 最後に、地デジの関係です。50インチのデジタルテレビがありました。実は、インターネットの中に文部科学省が発行した資料があります。平成21年の補正予算、「学校ICT環境整備事業」説明会FAQ、6月30日付の発行、最新版ですね、それの第1答目にこういうふうに書かれてるんですよ。「デジタルテレビは、50インチ以下は補助対象外か」という質問に対して「将来的な電子黒板化を視野に入れた場合、50インチ以上が望ましい」。決して50インチ以下が補助対象外だとは答えていない。なおかつ、例えばこれが小学校とか中学校に50インチのテレビを地デジ化含めて配備をしましょうというのであれば、まだ理解はできます。ところが幼稚園ですよ。幼稚園に50インチものこういったテレビを本当に配備する必要があるのか、再検討は私は必要だと思います。先ほど課長のほうから、一般家庭でも30インチから42インチですか、いったテレビを導入しているということがありましたけれど、そういったことの再検討が必要だと思いますが、その見解をお願いします。

 最後に、パソコンとですね、例えば地デジ、こういったことに関してはエコポイントがつきますね。これは企画財政課長のほうが適切か、もしくは市長に答えていただきたいとは思うんですけれど。購入者に関してこのエコポイントがポイント加算されます。当然杵築市にもこのエコポイントが加算されます。このエコポイントの取り扱いについて、どういった還元の仕方をするのか、市民に対してどういった還元の仕方をするのか答弁を求めます。



○議長(上杉健治君) 小林大田振興課長。



◎大田振興課長(小林茂君) それでは、お答えをいたします。

 大田庁舎のコミュニティバスの待合所のそれぞれのトイレ、それからバス待合所、駐輪所等の概算の金額ですが、先ほども申し上げましたけども、駐輪所が148万7,000円、それからバス待合所146万3,000円、それから屋外トイレ471万円であります。で、これにつきましては詳細については、概算の見積もりで業者の方からいただいておりますので詳細はちょっとわかりませんが、今手持ちがないのですが、これから詳細設計に入ります。契約検査課と協議をしながら、こういったこと、不要な部分、それから高いなという部分については、今後詳細設計の中で辛抱しながらこれをやっていきたいというように思ってますので、こういった形で御理解をお願いしたいというように思っております。



○議長(上杉健治君) 田邉管理課長。



◎教育委員会管理課長(田邉利一君) 山香の小学校については、大半が平成15年それから平成13年、それから平成17年に導入したものもあります。これについては今回は買いかえを予定してません。それから地デジについては、一応基本的に50インチということで加来議員のほうから検討したらどうかということでありますので、そこら辺については各園とも協議しながら設置場所も今後検討していきますので、そういった中でどうしても大き過ぎるというようなことが発生しました場合については、その旨のインチについては検討いたしたいというふうに考えております。いいですか。



○議長(上杉健治君) 泥谷企画財政課長。



◎企画財政課長(泥谷修君) パソコンの単体・単価等の精査ということでありますが、これにつきましては、学習ソフトでありますとか、そういうサーバー等周辺機器の込みというふうなことで、この単価については適正であろうというふうなことで判断はいたしておりますが、いろいろ御意見もありますように、これを実際に入札をする段階で精査を再度はいたしたいというふうに考えております。

 それから、エコポイントの購入される際につくということでありますが、これもこういう内容について十分調査をさせていただいて取り扱いをさせていただきたいというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(上杉健治君) 加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 最後に企画財政課長に質問をいたします。

 精査、今予算を精査した後に、不用な予算が、例えばコンピューター関係余りました。そのコンピューター関係の予算が、例えば2,000万余りました。この予算が、例えば土木関係に使えるのか生活環境関係に使えるのか、そういった他部署ですね、ほかの課にそういった予算を回せるのかどうなのか、その1点について質問いたします。



○議長(上杉健治君) 泥谷企画財政課長。



◎企画財政課長(泥谷修君) これにつきましては、緊急危機の対策の交付金の中で、先ほど申しましたような国の対象となる事業があります。さっき言いましたエコカー導入事業でありますとかいろんな事業がありますが、そういう中で、ほかのところに入札で余った分とか入札残とかありましたら回せることは可能だというふうに思います。(「回せるという。」と呼ぶ者あり)可能だというふうに思います。(「可能ですじゃなく。」と呼ぶ者あり)可能だというふうに思います。まあ、そういうふうなことで検討いたしたいと思います。



○議長(上杉健治君) そのほか質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 質疑がないようでありましたら、これにて質疑を終結します。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。議案第57号平成21年度杵築市一般会計補正予算(第3号)について、予算の組み替えを求め、執行部原案の採択には反対をいたします。

 今回の補正予算というのは、国の経済危機対策に基づいて配分されたものですけれども、当然毎回の予算と同様に、「税金の無駄遣いが行われてないか」、また「効果的な予算措置になっているか」、これに視点を置いて精査をいたしました。加えて、「緊急経済対策にふさわしい内容になっているか」、「地元への還元は」、「継続性は」についても重要な観点だと考えています。これらの観点から見て、以下の4点については内容不十分であり反対をいたします。

 第1点は、大田庁舎の待合室に関する予算です。177万円が計上されていますが、先ほど強化ガラスに見合う待合室5平米について146万3,000円でしたか、の予算がということでした。まあ、詳しい資料を見せていただきましたが、引き戸1枚に関して50万円の見積もりがなされておりました。5平米の待合室に140万円の、それも屋根がつくわけでも何でもない待合室に140万円もの予算がつけられることは異常だと考えます。加えてトイレですが、5平米のトイレに171万円の予算です。便器、手洗い、ベビー室、身障者用のトイレと言いますけれど、それにしても坪当たり200万円を超えるトイレです。余りにも予算がひど過ぎるというふうにしか言えません、私にとっては。こういった予算についてはまず認められないと思います。

 次に、ふるさと産業館の1,000万円の予算についてです。これも同様ですが、まあ、ふるさと産業館の2階部分を改修をしたいという気持ちについては十分理解できます。ですが、解体費用を含めても800万円、待合室をつくる、加えても800万円もかかるものなのかどうなのか、内部の精査した資料等もわかりませんし、そういった本当に必要な、今本当に必要な事業であるかどうかというのも疑問でありますので、これも反対をいたします。

 次に、小学校のパソコン導入に関してです。入札方法に関しては、地元還元を検討するという回答がありました。エコポイントについても検討するということであります。十分市民に還元ができる方法を内部で検討していただきたいと思います。ですが、今回の予算につきましては、約1億5,000万円の予算が組まれています。内容を見ましても、児童1人当たり24万円の予算が組まれています。詳細なこの見積書を見せていただきました。メモリーが2ギガ、それからハードディスクが160ギガです。普通これらを考えましても、ここまで市場価格でするとは到底考えられません。加えて、パソコンの、例えば児童用のソフトですね、現場の職員さん・教員さんに聞きましたが、実際に欲しいのは継続性のある予算だというふうに伺っています。もちろん、パソコン導入時に導入するパソコンに組み込んで、それも含めての導入が必要だという話でしたが、あわせて、やはり継続的にどういったパソコンがソフトが欲しい、それについて予算措置がなされていないという声も聞きました。まあ、今回の予算内容に関しては、全般的に、余りにも精査されていない内容だというふうに感じます。

 地デジの幼稚園のテレビについては、大きさについては検討するということでしたので、ぜひ検討していただきたいと思います。あわせて、余った予算というものをほかの事業にあわせてのせることができるかと思うという答弁でしたので、本当に必要な予算に本当に必要な予算を回していただきたいということの要望を申し添えまして、私の反対討論といたします。

 以上です。



○議長(上杉健治君) そのほか御意見はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 意見もないようでありますので、これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 まず、議案第58号から採決いたします。議案第58号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認め、議案第58号は原案のとおり可決することに決しました。

 次に、議案第57号を採決いたします。御異議がありますので挙手により採決いたします。議案第57号は原案のとおり賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) はい。挙手多数であります。よって、議案第57号は原案のとおり可決することに決しました。

────────────



○議長(上杉健治君) 以上をもちまして、今期臨時会に付議されました議事は終了いたしました。

 これにて平成21年第4回臨時会を閉会いたします。御苦労でございました。

────────────

午前11時32分閉会

────────────

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成21年7月24日

   議  長   上 杉 健 治

   署名議員   加 来   喬

   署名議員   吉 田 正 信

   署名議員   井 門 仙 一