議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 21年 5月臨時会(第3回) 05月29日−01号




平成 21年 5月臨時会(第3回) − 05月29日−01号









平成 21年 5月臨時会(第3回)


杵築市告示第41号
 平成21年第3回杵築市議会臨時会を次のとおり招集する
平成21年5月22日
杵築市長 八 坂 恭 介
1.期 日   平成21年5月29日   午後2時30分
2.場 所   杵築市議会議事堂
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇開会日に応召した議員
渡 辺 雄 爾 君         岩 尾 育 郎 君
阿 部 長 夫 君         加 来   喬 君
吉 田 正 信 君         井 門 仙 一 君
上 野 辰 治 君         中山田 昭 徳 君
西   紀 子 君         堀   寿 満 君
河 野 有二郎 君         河 野 正 治 君
田 邉 公 一 君         田 辺 節 士 君
小 春   稔 君         富 来 征 一 君
神 鳥 修 行 君         鈴 木 六 朗 君
真 砂 矩 男 君         有 田 昭 二 君
阿 部 幸 市 君         上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇応召しなかった議員


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 
平成21年 第3回(臨時)杵築市議会会議録(第1号)
平成21年 5月29日(金曜日)

〇議事日程(第1号)
平成21年 5月29日午後2時30分開会
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第45号から議案第48号までについて
         (一括上程・提案理由説明・委員会付託省略・質疑・討論・採決)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  会議録署名議員の指名
  日程第2  会期の決定
  日程第3  議案第45号から議案第48号までについて
         (一括上程・提案理由説明・委員会付託省略・質疑・討論・採決)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(20名)
 1番 渡 辺 雄 爾 君      2番 岩 尾 育 郎 君
 4番 加 来   喬 君      5番 吉 田 正 信 君
 6番 井 門 仙 一 君      7番 上 野 辰 治 君
 8番 中山田 昭 徳 君      9番 西   紀 子 君
10番 堀   寿 満 君     11番 河 野 有二郎 君
12番 河 野 正 治 君     13番 田 邉 公 一 君
15番 小 春   稔 君     16番 富 来 征 一 君
17番 神 鳥 修 行 君     18番 鈴 木 六 朗 君
19番 真 砂 矩 男 君     20番 有 田 昭 二 君
21番 阿 部 幸 市 君     22番 上 杉 健 治 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(2名)
 3番 阿 部 長 夫 君     14番 田 辺 節 士 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  宮 脇 正 直 君      次長  山 本   泉 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   秘書広報課長……河 野 盛 壽 君
税務課長…………渡 邊 次比古 君   市民課長…………阿 部 晃 喜 君
生活環境課長……三 河 伸 治 君   上下水道課長……荷 宮 一 郎 君
商工観光課長……真 鍋 公 博 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   山香振興課長……金 高 英 俊 君
大田振興課長……小 林   茂 君   会計課長…………大 村 政 信 君
教育委員会管理課長…………………………………………………田 邉 利 一 君
学校教育課長……松 木 教 生 君   生涯学習課長……伊 東   猛 君
文化・スポーツ振興課長……………………………………………井 村 哲 士 君
福祉課長…………古 賀 秀 一 君   介護保険課長……緒 方   薫 君
健康推進課長……吉 広 和 男 君   山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
総務課係長………井 門 裕 司 君                    
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―








────────────

午後2時58分開会

────────────



○議長(上杉健治君) 皆さん、こんにちは。

 ただいまの出席議員は20名でありますので、本会議は成立いたしました。

 これより、平成21年第3回杵築市議会臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 会議の議事は、お手元に配付しております議事日程により行います。

 これより日程に入ります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 今回の会議録署名議員は、会議規則第84条の規定により、議長において、19番、真砂矩男議員、20番、有田昭二議員、21番、阿部幸市議員の3名を指名いたします。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期につきましては、さきの議会運営委員会におきまして、本日1日間とすることに決定を見ておりますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日間とすることに決定いたしました。

────────────



△日程第3議案第45号〜議案第48号

────────────



○議長(上杉健治君) 日程第3、議案第45号から議案第48号についてを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 平成21年第3回杵築市議会臨時会に提出いたしました議案について御説明申し上げます。

 昨年来の金融危機を発端とした急速な景気悪化に伴い、民間企業のこの夏の賞与は大幅にカットされる見込みとなっております。このような民間企業における異例の事態にかんがみ、5月1日、人事院は6月支給の特別給に関し臨時勧告を行いました。内容としては、暫定的な措置として期末手当を0.15月分、勤勉手当を0.05月分凍結させること等としております。これを受けて国では、一般職の職員の給与に関する法律等の改正案を国会に提案し、早期に成立させることといたしております。

 杵築市におきましても、地方公務員法で定める情勢適応の趣旨に則り、国家公務員と同様の対応をいたしたいと考えております。

 したがいまして、市長、副市長、教育長、市議会議員の期末手当を0.15月分、一般職員の期末・勤勉手当を0.2月分引き下げるための関係条例を、基準日である6月1日までに改正する必要があるため、臨時会を招集し、関係4条例の一部改正議案を上程するものであります。

 何とぞよろしくお願いいたします。



○議長(上杉健治君) お諮りいたします。ただいまの議題となっております議案第45号から議案第48号につきましては、会議規則第40条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御異議なしと認めます。よって、議案第45号から議案第48号は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。議案第45号から議案第48号について質疑を受けます。

 発言の通告がありますので、これを許可します。加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。

 6点について質問をいたします。

 人事院勧告に伴う、期末勤勉手当の削減額それぞれ議員、特別職、一般職別に答弁を求めます。

 次に、人事院勧告についての執行部の見解を求めます。

 3番目に、企業への働きかけ、それから農業者、農林水産業、それから各種労働者等の所得引き上げのための対策等は、この間行われたかどうか。

 4番目に、組合との交渉結果と組合の見解はどうなっているのか。

 5番目に、削減による景気マイナス効果をどう考えるのか、見解を求めます。

 最後に、削減された予算の取り扱いはどのように考えているのか、見解を求めます。

 以上です。



○議長(上杉健治君) 伊藤総務課長。



◎総務課長(伊藤淳一君) 総務課長の伊藤であります。4番議員さんにお答えします。

 1点目の、削減額の総額ですが、今回の期末・勤勉手当の一時凍結による影響額は、一般職員で3,680万4,000円、特別職、3名分でございますが、32万9,000円、市議会議員22名分で130万5,000円、総額は3,843万8,000円でございます。

 それから2点目の、人事院勧告をどう考えているかでございますが、議員御承知のとおり、人事院は、公務員の労働基本権が制約されている代償措置として設置され、公務員の給料及び勤務労働権につきまして、民間労働者との格差解消に向け、内閣と国会に対し勧告する権限があり、その勧告については尊重されるべきものと理解をしております。

 3点目の、企業への働きかけや所得引き上げの対策は行われたかでございますが、これまでも市内の農業・漁業あるいは商工業等の発展あるいは所得向上に向け、関係団体とも市が協議しながら、これまでも、その向上に向けて取り組みをしてきましたわけでございます。

 それから4点目の、組合との交渉結果と組合の見解でございます。先週、職員組合と協議を行いました。現在の経済の状況、国や県及び県内各市町村の動向から組合として、今回の特別例措置はやむ得ないものと、こういうふうに御理解をいただきました。

 それから5点目の、削減による景気へのマイナス効果をどう考えているかでございますが、一時金の一部凍結削減によりマイナス効果がないとは言えないと思っております。

 ただ、今回の措置は人事院が公務員と民間労働者との格差是正のため、特例措置として勧告したものと理解をしております。

 5点目の、削減された予算の取り扱いについてでございますが、今回の措置は6月期の一時金に対する特例的な措置であることから、年間を見通した民間企業との格差の勧告は、毎年8月上旬に人事院が行っておりますし、10月には毎年県の人事委員会が勧告をする予定であります。

 その結果を受けまして、杵築市におきましても給与等を含めて、一時金も含めまして給与等の改定を行うことになります。よって、今年度の人件費が確定した後、予算の補正を行うことに、今のところしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(上杉健治君) 加来喬議員。



◆4番(加来喬君) では、再質問を行います。

 企業、それから農業関係者、まあ、各種団体等の交渉というか、働きかけというか、行ったということなんですが、実際、例えばこの間、問題になった非正規労働者、不安定雇用労働者等に対して、例えば企業に働きかけ等を行ったか、雇用の確保、それから給与の確保を行ったか、こういうとこも問われていると思います。

 かつ、今、農業関係者というのは、非常に厳しい状況ですね。減反を強いられてますけど、減反したからといって米価が補償されてるわけでもないし、今農家に、周辺部に行ったら、農業を継がせられないという状況が、そういう声ばっかりですよ。こういった状況を放置していながら、放置しているからこそ、やはり、例えば市の職員の給与が高いと、その格差を見られるわけですよね。で、ここにきちっと働きかけをしておくことこそが、私は、することこそが、今問われていることだと思うし、これからやっぱりきちっとするべきだと思います。そういうことに関して、市長の見解を伺いたいと思います。

 それから、景気のマイナス効果をひとつ伺いたいんですが。

 今回の人事院勧告というのは非常に異例です。この5月ですね、こんなことをやったのは初めてなんですよ。で、この間、人事院勧告でもって、人事院が調査を行って回答した企業の中で、夏のボーナスを決めているのは2割ですよ。残りの8割はボーナス決めてないんです。で、例えば人事院勧告でもって、引き下げなさい、ボーナスカットしなさいということが公務員の間で行われたら、これに倣って民間もカットしますよ。ボーナスのカットの、要するに、引き下げ合戦が行われるということなんです。ただ単に3,800万円ですか、総額の影響だけではなくて、それに付随するボーナスのカットも行われる。このことは大きいと思います。この見解も市長、お願いします。

 最後、削減された予算の取り扱いについてなんですが、今の現状のままで、例えば12月に景気が回復するとは到底思えないです。とするならば、今、この状況で3,800万円予算を一応凍結しました。この予算の使い方っていうのは、市民の暮らしのために私は使うべきだと思います。今苦しい中で、職員のボーナスをカットした、カットしろという、その市民の気持ちはわかるけれども、カットしたからといって、市民の暮らしがよくなるわけではないんです、気持ちはすっとしますよ。でも、それを、その予算を市民の暮らしのために充てることになれば、そのカットしたお金は、身を削ったお金は生きてくると思います。それについて私は、3,800万円という予算が12月まで凍結されるよりも、ここで思い切って予算を組むべきだと思います。それについて、どうでしょうか、市長、お願いします。



○議長(上杉健治君) 堀田副市長。



◎副市長(堀田幸一君) 今の加来議員さんの再質問にお答えしたいと思うんですけども、いまひとつ、ここで、国家公務員が、地方公務員含めてボーナスがカットされれば、それに倣ってまた民間がカットされるんじゃないかと、循環するんじゃないかというような発言ですけども、これ、冒頭総務課長が申しましたように、この人事院勧告制度というものは、あくまでも公務員の労働基本権、労働条件を民間格差をなくすために、勧告制度があるわけですから、今の、公務員が下がるということは、民間が高いと。逆に民間が低いから公務員も下げるということですから、今言ったように公務員が下がったから民間も下がるという、そういった循環は考えられないというふうに思います。

 それと、今言った、ここでカットしたとき財源はどうするかということでありますけども、毎年この、通常でありますと人事院勧告は8月、すべての大体そういう春闘相場が反映されて民間と国家公務員の格差の勧告がなされるわけですけど、それを受けて我々は、地方公務員は、賃金確定を行います。そういった段階で、この12月に、ほぼ年間の賃金が変わるわけですけども、その4月に遡って、増えた場合については差額を出す、多い場合は、これカットするというわけでありますから、年間を通して12月以降にならないと果たして人件費の額が固まらないわけでありますから、今このお金をすぐほかのとこに使うというわけにいかんわけです。やはり、それは予算的には人件費として組んでいるわけですから、これはやはり12月の最終的な賃金が確定した段階でどうするかと、予算の組み替えを考えなきゃならないというふうに考えていますんで、今の段階でここのカットされた人件費をほかに回すということについては、ちょっと考えられないんじゃないかなというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(上杉健治君) 加来喬議員。



◆4番(加来喬君) 今回の人事院勧告は、臨時で本当に異例なんですよ、で、要するに民間のほうが高いから、それに合わせてって言うんですけれど、実際は8割決まってないんですよ、ボーナスは。それは、要するに、公務員が下げたから民間も下げるという流れというのは必ずでき上がるし、こういった臨時の、本当に異例中の異例のことを私はやってはならないと思うし、やるんだったら、12月、きちっと決まった時点で、その格差は是正されるべきだと思いますし、何よりその景気の悪化は、マイナス効果というのは非常に大きいと思います。いいです。

 以上です。



○議長(上杉健治君) その他質疑ございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 御質疑がないようでありますから、これにて質疑を終結します。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。議案第48号杵築市職員の給与に関する条例の一部改正について、反対討論を行います。

 本議案に対し反対する理由は3つです。

 第1は、購買力、可処分所得の低下による景気マイナス要因が強いことです。

 今回の条例改正によって、3,680万円の消費がなくなります。これが地域経済に及ぼす影響は少なくありません。

 また、今回の人事院勧告の臨時勧告は極めて異例です。人事院勧告は50人以上の従業員を雇用する企業を対象に、無作為に調査するものですが、今回の臨時調査でも夏季ボーナスの額を決定してない企業が8割となっています。今回の人事院臨時勧告による公務員ボーナス引き下げは、民間労働者のボーナス引き下げも誘発するものであり、ひいては地域経済の影響が3,680万円では済まなくなり、景気の悪循環をさらに加速させるものであると考えるからです。

 第2は、所得引き上げのための働きかけが、何ら行われていない点です。

 市民の所得が下がっていることなどは、どの数字を見ても明らかになると思います。このことが公務員の給与を引き下げよという議論を引き起こしています。社会保障が削られ、負担が軒並みに増加し、所得収入は一向に増える兆しがない中で、このような市民感情は当然のことと考えます。

 しかし、公務員たたきをしたからといって、みずからの所得が増えるわけでも、負担が軽くなるわけでもありません。現下の市民生活を改善するためには杵築市の基幹産業である農林水産業の所得、医療や介護に従事する労働者の給与、大企業やその関連企業で働く労働者の給与を抜本的に引き上げるための働きかけが必要です。12月議会、3月議会でも示したように、キヤノンなどの大企業は巨額の内部保留資金を保有しています。その内部保留資金の一部を活用すれば、このようなボーナスカットはする必要が全くありません。

 また、下請に真っ当な賃金も払えます。農産物の輸入制限を行い、価格補償、所得補償を充実させることで後を継がせることができる農業にすることが社会保障に携わる方々の給与引き上げの喫緊の課題です。可処分所得の引き上げ、充実なくして消費も景気も回復するはずがありません。これまで行われてこなかった所得引き上げのための働きかけを執行部、議員が、議会が一体となって、各界各層に行うことを提案するものでありあます。

 第3は、削減された予算の取り扱いについてです。

 市民生活が厳しいことは、だれの目にも明らかです。そのような中で、公務員のボーナスカットによって余った予算を市民のために生かすことこそ、この意義が発揮されます。今回の条例改正によって余った予算を国保会計に投入にし、国保税引き下げを行うことや、子どもたちの医療費の無料化を拡充することなど、それこそ、することこそ、市民の理解が得られるものであり、強く要望するものです。

 最後に一言申し上げたいと思います。

 数々の社会保障切り捨てに加えて急激な景気悪化によって市民生活が困窮する中、税金の使われ方は、今まで以上に市民の注目するところとなっています。

 ただ、無駄な予算と思われるものは、他にも多数存在し、その組みかえによって、住民サービスを充実させることこそ本物の改革と考えます。不要不急の視察や交際費の大幅な見直し、また特別職の退職金の減額した自治体などもあります。無駄な予算を住民サービス拡充のために充てることを求めまして、反対討論といたします。



○議長(上杉健治君) その他、御意見ございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 意見もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。 

 これより採決いたします。まず、議案第45号から議案第47号についてを採決いたします。議案第45号から議案第47号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上杉健治君) 異議なしと認めます。よって、議案第45号から議案第47号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第48号を採決いたします。御異議がありますので、挙手により採決いたします。議案第48号は原案のとおり賛成の議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(上杉健治君) 挙手多数であります。よって、議案第48号は原案のとおり可決することに決しました。

────────────



○議長(上杉健治君) 以上をもちまして、今期臨時会に付議されました議事は終了いたしました。 

 これにて平成21年第3回臨時会を閉会いたします。御苦労さまでした。

────────────

午後3時20分閉会

────────────

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。




  平成21年5月29日

   議  長   上 杉 健 治

   署名議員   真 砂 矩 男

   署名議員   有 田 昭 二

   署名議員   阿 部 幸 市