議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 杵築市

平成 20年 6月定例会(第2回) 06月20日−04号




平成 20年 6月定例会(第2回) − 06月20日−04号









平成 20年 6月定例会(第2回)


平成20年 第2回(定例)杵築市議会会議録(第4号)
平成20年 6月20日(金曜日)

〇議事日程(第4号)
平成20年 6月20日午後2時開議
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
本日の会議に付した事件
  日程第1  各委員長審査報告
         (質疑・討論・採決)
  日程第2  追加議案
         (上程)
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇出 席 議 員(21名)
 1番 田 邉 公 一 君      12番 河 野 有二郎 君
 2番 岩 尾 育 郎 君      13番 河 野 正 治 君
 3番 阿 部 長 夫 君      14番 田 辺 節 士 君
 4番 加 来   喬 君      15番 富 来 征 一 君
 5番 吉 田 正 信 君      16番 神 鳥 修 行 君
 6番 井 門 仙 一 君      17番 上 杉 健 治 君
 7番 渡 辺 雄 爾 君      18番 鈴 木 六 朗 君
 8番 上 野 辰 治 君      19番 真 砂 矩 男 君
 9番 中山田 昭 徳 君      20番 有 田 昭 二 君
10番 西   紀 子 君      22番 小 春   稔 君
11番 堀   寿 満 君                   
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 席 議 員(1名)
21番 阿 部 幸 市 君                   
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇欠 員(な し)

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇事務局出席職員職氏名
局長  宮 脇 正 直 君      参事  三 河 伸 治 君
書記  成 久 博 子 君      書記  廣 岩 紀 彦 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
〇説明のため出席した者の職氏名
市長………………八 坂 恭 介 君   副市長……………堀 田 幸 一 君
教育長……………土 江 晃 弘 君   総務部長…………興 田 信 一 君
市民生活部長兼大田振興局長………………………………………小 林   茂 君
福祉保健部長兼山香振興局長………………………………………金 高 英 俊 君
産業建設部長……麻 植 数 広 君   教育次長…………藤 原 英 敏 君
秘書広報課長……河 野 盛 壽 君   総務課長…………伊 藤 淳 一 君
企画財政課長……泥 谷   修 君   会計課長…………大 村 政 信 君
税務課長…………市 村 孝 徳 君   市民課長…………阿 部 晃 喜 君
生活環境課長……渡 辺 次比古 君   上下水道課長……荷 宮 一 郎 君
商工観光課長……真 鍋 公 博 君   農林水産課長……田 邉 貞 夫 君
建設課長…………阿 部 光 孝 君   福祉課長…………清 末   隆 君
山香病院事務長…糸 長 明 彦 君
教育委員会管理課長…………………………………………………田 邉 利 一 君
学校教育課長……松 木 教 生 君
企画財政課課長補佐…………………………………………………細 田   徹 君
総務課係長………佐 藤   剛 君   総務課係長………井 門 裕 司 君
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―



────────────

午後1時59分開議

────────────



○議長(小春稔君) 皆さん、こんにちは。

 これより本日の会議を開きます。

 日程に入る前に、上野辰治議員より2日目の一般質問時におきまして不適切な発言があったので、その発言を取り消したいとの申し出がありましたので、会議規則第68条に基づき許可いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 異議なしと認めます。よって、発言取り消しを許可いたします。

 日程に入ります。

────────────



△日程第1各委員長審査報告

────────────



○議長(小春稔君) 日程第1、議案第51号から第58号まで、請願陳情第6号から第10号まで及び継続審査中の請願陳情第13号を一括議題といたします。

 各常任委員長の審査報告を求めます。

 それでは、まず総務常任委員会の審査報告を求めます。上野辰治委員長。



◎総務常任委員長(上野辰治君) まず最初に総務常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は去る18日午前10時より市長以下関係職員の出席を求め、付託されました予算議案1件、条例議案4件、一般議案1件、請願陳情2件、継続審査中の請願陳情1件について審査いたしましたので、その経過と結果についてを御報告申し上げます。

 まず、議案第51号平成20年度杵築市一般会計補正予算(第1号)でありますが、当委員会に付託を受けましたのは、歳入全款、地方債、歳出では2款1項総務管理費、4項選挙費、8款消防費であります。委員より「消防団員の不足はあるのか。」との質疑があり、担当課長より「現在、消防団員は623名でほぼ100%に近い。欠員がでれば補充している。」との答弁がありました。ほかに質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第52号杵築市監査委員条例の一部改正についてでありますが、委員より質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁がありました。ほかに質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第53号杵築市営駐車場条例の一部改正についてであります。委員より「駐車場の管理方法等についての説明を。」との質疑があり、「有料については35区画で、番号を表示し自主申告による。今後、山香振興局や管財係が監視並びに指導を実施する。」との答弁があり、また委員より「契約者とは番号のみで判断がつくのか。」との質疑があり、担当課長より「チェーンで囲みわかりやすくする。看板等も設置する。」との答弁がありました。ほかに、質疑、意見、要望等もありましたが、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第54号杵築市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてでありますが、特に質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第55号杵築市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてでありますが、委員より質疑がありましたが、担当課長より詳しい答弁がありました。ほかに質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第57号財産の取得についてでありますが、委員より「取得した土地の活用方法、取得価格はどのようにして決めたのか。」との質疑があり、担当課長より詳しい説明がありました。ほかに質疑、意見等もなく原案を可決すべきものと決しました。

 次に、請願陳情第7号北部中学校の跡地利用についてでありますが、委員より「市有財産については、市有財産活用推進委員会を設置し、審議をする計画がある。結論が出れば報告もあるので、継続では。」との意見があり、審議の結果、全会一致で継続審査とすることに決しました。

 次に、請願陳情第10号投機マネーの規制、国際金融体制のルールの確立を求める意見書提出の請願についてであります。委員より「市議会が先走って行動を起こしても時期が早いのでは。」、「判断が難しい。焦点を絞らなくては市議会にはそぐわないのでは。」等の反対意見がありました。審議の結果、採決により挙手多数により不採択とすることに決しました。

 最後に、継続審査中の請願陳情第13号市民会館の存続についてであります。委員より「耐震調査の進捗状況は。」との質疑があり、担当課長より「耐震診断の調査は日建設計に依頼している。近々に資料が報告される。」との答弁がありました。委員より「調査報告を見ないと審議ができないので継続審査にしては。」との意見があり、引き続き継続審査とすることに決しました。

 また、委員会として「診断結果により改造、新築等を実施する場合の費用、また、その方法によって何年耐用できるか等を報告すること。」を要請し、執行部より報告するとの答弁がありました。

 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(小春稔君) 次に、厚生文教常任委員会の審査報告を求めます。渡辺雄爾委員長。



◎厚生文教常任委員長(渡辺雄爾君) 厚生文教常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は去る17日午前10時より、市長以下関係職員の出席を求め、付託されました予算議案1件、条例議案1件、請願陳情1件について審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第51号平成20年度杵築市一般会計補正予算(第1号)でありますが、当委員会に付託を受けましたのは、歳出3款民生費、9款教育費であります。委員より「学校評価実践研究事業交付金の内容は。」との質疑があり、「学校に交付するもので、各学校での評価委員の報酬です。」との答弁があり、また委員より「学校評価事業は来年度以降の予算はどのくらい残るのか、来年も実施するのか。」との質疑があり、「法律で実施することが決まっている。そのための研究であり、1年間指定を受けた。他の市町村は受けていない。1年後の対応については他の市町村等の状況を見て方向づけをする。」との答弁がありました。ほかには質疑、意見等もなく、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、議案第56号杵築市立山香病院職員の特殊勤務手当支給条例の一部改正についてでありますが、委員より質疑もありましたが、担当課長より詳しい答弁があり、原案を可決すべきものと決しました。

 最後に、請願陳情第9号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書提出の請願についてでありますが、委員より「市民も高い関心を持っており、国においても審議中であるので、継続審査では。」との意見があり、審議の結果、全会一致で継続審査とすることに決しました。

 以上で厚生文教常任委員会の報告を終わります。



○議長(小春稔君) 次に、産業建設常任委員会の審査報告を求めます。堀寿満委員長。



◎産業建設常任委員長(堀寿満君) 産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 当委員会は去る16日の午前9時から、付託案件に関する現地調査を行い、午前11時より市長をはじめ関係職員の出席のもと、予算議案1件、一般議案1件、請願陳情2件について慎重審議をし、審査を終えましたので、その経過と結果について御報告をいたします。

 最初に、予算議案について御報告をいたします。

 議案第51号平成20年度杵築市一般会計補正予算(第1号)でありますが、付託された案件は6款商工費であります。質疑において、委員より「展示用の備品を購入しているが、特産品の販売スペースへの持ち込みは指定管理者の判断で可能なのか。」との質問があり、執行部より「千咲もふるさと産業館とは違った形のおみやげの販売を希望しているので、いろんな特産品・工芸品の製作や販売をしている方にも声をかけ、市も中に入って今後協議していく。」との答弁がありました。また別の委員より「改築の本体工事等、税金を納めている側の市内業者がかかわっていない。備品の購入については市内業者に品物の納入を考えているのか。」との質問があり、執行部より「工事については制度上、公平性を保つため一般競争入札となった。今回の備品についてはできるだけ対応していきたい。」との答弁がありました。

 また、「入札に関して総合評価方式制度の導入はできないのか。」について質問があり、執行部より「入札制度については指名委員会の中で決定をしている。将来的には導入するように検討はしている。」との答弁がありました。その他、質疑、意見等もありましたが、審議の結果、原案を可決すべきものと決しました。

 次に、一般議案について御報告いたします。

 議案第58号杵築市観光交流センターの指定管理者の指定については、委員より「募集要項の中で、施設利用者を1万4,000人と見込んでいるが、契約書に指定管理者の経営責任についての内容を入れるのか。」との質問があり、執行部より「収支計画等にも、来客数を当然見込んであるが、初めての事業なので暗中模索している状況である。仮に赤字になった場合、市のほうから補てんはしない。」との答弁がありました。また「千咲の登記年月日、また役員発起人について。」「公募の件数について。」等の質問がありましたが、執行部より詳しい答弁がありました。その他特に意見もなく、審議の結果、原案を可決するものと決しました。

 最後に、請願陳情について御報告いたします。

 請願陳情第6号大久山中線の市道改良舗装については、委員より「山中側の農道を市道編入した後、一緒に整備することはできないか。」との質問があり、執行部より「採択されればその方向で考えたい。」との答弁がありました。ほかに意見等もなく、審議の結果、採択することに決しました。

 次に、請願陳情第8号市道(瀬口松尾線、南畑通学線、上河内水ノ口線)の三市道が交差する交差点の改良については、特に質疑、意見もなく、審議の結果、採択することに決しました。

 以上で、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(小春稔君) これより質疑に入ります。ただいまの各常任委員長の審査報告に対する御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。請願陳情第10号に対する討論の通告がありましたので、これを許可いたします。4番、加来喬議員。



◎4番(加来喬君) 日本共産党の加来喬です。

 請願陳情第10号投機マネーの規制、国際金融体制のルールの確立を求める意見書提出の請願書を採択すべきという立場から反対討論を行います。

 今日の原油や穀物、飼料作物などの高騰は生産者だけでなく消費者にも多大な被害を与えており、投機マネーを規制することは国際社会においてだけでなく、私たち市民生活にとっても待ったなしの課題となっています。ガソリンや灯油などの生活必需品、食料品などが軒並み値上がりし、市民生活がますます苦しくなっています。今後ガソリンは1リットル当たり200円を超えることは確実視されています。ハウスみかんや漁業などに必要な重油も、前年度対比1.5倍から2倍まで上がると言われています。国際連合食糧農業機関FAOの発表ではこの1年間に小麦の価格は2.3倍まで跳ね上がっています。企業もこれらの価格高騰分を企業努力で抑えることはできず、価格高騰分を商品に上乗せしています。しかし、燃料や飼料だけでなく、肥料などの値上がり分を価格に転嫁できない農業や漁業では、危機的状況であり、それがさらに広がることは確実です。所得収入が減ることはその家庭にとって生活が苦しくなることですが、あわせて国税が減り、市において看過できないのは、国保税収が減るということです。当面は減収分を一般財源からの繰り入れで補う必要があります。抜本改革には国庫支出金の負担割合を34%から50%に引き上げることや、国民の所得向上を図ることが求められますが、現在の制度では市民に負担分を転嫁するしかなく、重油や穀物飼料、作物飼料などの高騰は、回り回ってますます市民生活を苦しめることになります。

 もちろん、短期的には利子補給や価格高騰分の補助金充当などの各種政策も必要になりますが、大もとを変えなければ問題解決にはつながりません。1バレルが139ドルの最高値をつけたことに関して、市場では投機マネー以外に要因は考えられないとしており、日本政府も高騰する原油価格の3分の1が投機マネーによるものであるということを27日に閣議決定された2007年度のエネルギー白書で認めています。大ざっぱにいって原油や穀物の市場規模は15兆円くらいですが、サブプライムローンで問題になったデリバティブ金融派生商品の元本は5京円と約3,000倍以上もありますから、その含み損をきらって投機資金が仮に0.1%流入したとしても、その影響は計り知れないものになりますし、現実にそれが今起こっています。そして今、際限のない投機やさらなる利益を求めてイナゴのように人類の生活基盤をも食い尽くそうとしています。

 巨額の投機資金が、食料とエネルギーという人間の生存基盤さえ左右するような社会は、まともな社会ではありません。投機マネーの暴走を抑えることは人類の生存を保障し、杵築市民はもとより、日本経済、世界経済を安定させるための国際的な緊急課題です。このような規制は、日本一国でできるものではなく、各国が連携して初めてできるものです。市民生活や産業を守る観点からも、国に対し投機マネーの規制、国際金融体制のルールの確立を求める意見書を提出していただくことを求めまして、反対討論といたします。



○議長(小春稔君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに御意見ございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。まず、議案第51号から議案第58号までを一括して採決いたします。

 各議案に対する各委員長の報告は可決であります。議案第51号から議案第58号までを各委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 異議なしと認めます。よって、議案第51号から議案第58号までは可決されました。

 次に、請願陳情を採決いたします。請願陳情第6号から請願陳情第9号及び継続審査分の請願陳情第13号を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、請願陳情第6号及び請願陳情第8号は採択、請願陳情第7号及び請願陳情第9号並びに継続審査分の請願陳情第13号は継続審査であります。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 異議なしと認めます。よって、請願陳情第6号及び請願陳情第8号は採択、請願陳情第7号及び請願陳情第9号並びに継続審査分の請願陳情第13号は継続審査と決しました。

 次に、請願陳情第10号を採決いたします。御異議がありますので、挙手により採決いたします。請願陳情第10号に対する委員長の報告は不採択であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成議員の挙手を求めます。

(賛成者挙手)



○議長(小春稔君) 挙手多数であります。よって、請願陳情第10号は委員長の報告のとおり決しました。

────────────



△日程第2追加議案

────────────



○議長(小春稔君) 日程第2、追加議案を上程いたします。

 諮問第1号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。八坂市長。



◎市長(八坂恭介君) 平成20年第2回杵築市議会定例会提出いたしました追加議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましては、本市人権擁護委員の吉岩浩子氏の任期が平成20年9月30日をもって満了となるため、新たに江無田睦子氏を人権擁護委員の候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 何とぞ、よろしくお願いいたします。



○議長(小春稔君) お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第1号につきましては、会議規則第40条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 異議なしと認めます。よって、諮問第1号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案の質疑に入ります。御質疑ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより採決いたします。諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小春稔君) 異議なしと認めます。よって、諮問第1号につきましては、原案のとおり同意することに決しました。

────────────



○議長(小春稔君) 以上をもちまして今期定例会に付議されました議事はすべて終了いたしました。

 これにて平成20年第2回定例会を閉会いたします。御苦労さまでございました。

────────────

午後2時23分閉会

────────────

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成20年6月20日

   議  長   小 春   稔

   署名議員   真 砂 矩 男

   署名議員   有 田 昭 二

   署名議員   阿 部 幸 市