議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成28年第 3回定例会(第4号 9月29日)




平成28年第 3回定例会(第4号 9月29日)





 
平成28年第3回津久見市議会定例会会議録(第4号)


   平成28年9月29日(木曜日)


   ──────────────────


〇議事日程(第4号)


 平成28年9月29日(木曜日)午前10時開議


 第 1 意見書(案)の撤回


     (意見第1号)


 第 2 議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号・意見第6号


     (委員長報告・質疑・討論・表決)


     (1)総務常任委員会


     (2)社会文教建設常任委員会


     (3)予算常任委員会


 第 3 意見第1号


     (議会閉会中継続審査)


 第 4 報告第7号及び報告第8号並びに認定第1号から認定第9号まで


     (提案理由説明・質疑・委員会付託)


 第 5 議員派遣の件


   ──────────────────


〇本日の会議に付した事件


 第 1 意見書(案)の撤回


     (意見第1号)


 第 2 議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号・意見第6号


     (委員長報告・質疑・討論・表決)


     (1)総務常任委員会


     (2)社会文教建設常任委員会


     (3)予算常任委員会


 第 4 報告第7号及び報告第8号並びに認定第1号から認定第9号まで


     (提案理由説明・質疑・委員会付託)


 第 5 議員派遣の件


   ──────────────────


〇出席議員(14名)


    1番  井戸川 幸 弘 議員


    2番  黒 木 章 三 議員


    3番  ? 野   至 議員


    4番  塩 ? 雄 司 議員


    5番  谷 本 義 則 議員


    6番  吉 良 康 道 議員


    7番  黒 田 浩 之 議員


    8番  森 脇 千恵美 議員


    9番  宮 本 和 壽 議員


   10番  小手川 初 生 議員


   11番  ? 野 幹 也 議員


   12番  小 谷 栄 作 議員


   13番  知 念 豊 秀 議員


   14番  安 藤 康 生 議員


   ──────────────────


〇欠席議員(な し)


   ──────────────────


〇説明のため出席した者


    市長          川 野 幸 男 君


    副市長         飯 沼 克 行 君


    秘書課長        浦 中 隆 浩 君


    総務課長(兼)


    契約検査室長      内 田 隆 生 君


    総務課参事       山 本 芳 弘 君


    総務課主幹       上 杉 一 洋 君


    総務課主幹       今 泉 克 敏 君


    政策企画課長      石 井 達 紀 君


    税務課長        ? 野 正 一 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      児 玉 隆 志 君


    環境保全課長      宮 近 信 隆 君


    健康推進課長(兼)


    長寿支援課参事     増 田 浩 太 君


    長寿支援課長(兼)


    健康推進課参事(兼)


    福祉事務所参事     石 田 真 一 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        柴 田 美 子 君


    上下水道課長      佐 護 達 朗 君


    福祉事務所長      麻 生 達 也 君


    農林水産課長(兼)


    農業委員会事務局長(兼)


    商工観光課参事     黒 枝 泰 浩 君


    商工観光課長(兼)


    農林水産課参事     旧 杵 洋 介 君


    都市建設課長      関   憲 二 君


    土地対策課長(兼)


    土地開発公社事務局長  鳥 越 俊 一 君


    消防長         大 村 裕 二 君


    消防本部次長(兼)


    消防署長        渡 辺 真 二 君


    教育委員会


    教育長         平 山 正 雄 君


    管理課長(兼)


    学校教育課参事     野 田 和 廣 君


    学校教育課長      中 野 敏 伸 君


    生涯学習課長      石 堂 克 己 君


    生涯学習課参事     古手川 芳 也 君


    監査委員


    代表監査委員      是 澤 勝 行 君


    事務局長        古 谷 慎次郎 君


    選挙管理委員会


    事務局長        (監査委員事務局長が兼務)


    公営企業


    水道課長        (上下水道課長が兼務)


   ──────────────────


〇議会事務局職員出席者


    事務局長        小手川 正 文 君


    主幹(兼)書  記   吉 良   弘 君


         書  記   吉 田 美 香 君


         書  記   矢 野 雄 樹 君


   ──────────────────





              午前10時00分 開議


○議長(黒田浩之議員)  おはようございます。


 これから本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおり定めましたので、御協力願います。





◎日程第1 意見書(案)の撤回


     (意見第1号)





○議長(黒田浩之議員)  日程第1、意見書(案)の撤回を、議題といたします。


 平成28年第1回定例会で提案され、以降、閉会中の継続審査となっております意見第1号、伊方原子力発電所の再稼働の中止を求める意見書(案)について、提出議員から撤回請求がありましたので、撤回理由の説明を求めます。


             〔5番 谷本義則議員登壇〕


○5番(谷本義則議員)  おはようございます。


 意見第1号、伊方原子力発電所の再稼働の中止を求める意見書(案)につきましては、撤回理由の御説明をいたします。


 本件は、ことしの3月議会から総務常任委員会で慎重審査のため継続審査となっておりましたが、伊方原発3号機は8月12日に再稼働をしたことにより、意見書(案)の提出意義が希薄となったため、津久見市議会会議規則第19条第1項に規定により、意見書(案)を撤回いたしたく、議会の承認をお願いするものでございます。


 本趣旨を御理解の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。


 以上です。


             〔5番 谷本義則議員降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  お諮りいたします。


 ただいま議題となっております、意見書(案)の撤回は、承認することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、意見書(案)の撤回は、承認することに決しました。


 なお、本意見書(案)の撤回が承認されましたので、日程第3の議事を、議事日程から削除いたします。





◎日程第2 議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号、意見第6号


     (委員長報告・質疑・討論・表決)





○議長(黒田浩之議員)  日程第2、議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号、意見第6号、以上一括議題といたします。


 各議案に関する委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長、森脇千恵美議員。


  ──────────────────


            総務常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。


                  記


  議案第 52号 所得税法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関


          する条例の制定について


                原 案 可 決


  意見第  5号 地方財政の充実・強化を求める意見書(案)


                原 案 可 決


  意見第  6号 大分県警による別府地区労働福祉会館への隠しカメラ設置について


          真相究明を求める意見書(案)


                原 案 可 決


平成28年9月21日


                            総務常任委員会


                            委員長  森 脇 千恵美


   ──────────────────


         〔総務常任委員長森脇千恵美議員登壇〕


○総務常任委員長(森脇千恵美議員)  皆さん、おはようございます。


 総務常任委員会は、去る9月21日、今期定例会において、本委員会に付託されました議案について審査を行いましたので、経過と結果の御報告をいたします。


 最初に、議案第52号、所得税法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての審査を行いました。


 審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、意見第5号、地方財政の充実・強化を求める意見書(案)及び意見第6号、大分県警による別府地区労働福祉会館への隠しカメラ設置について真相究明を求める意見書(案)の審査を行いました。


 審査の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、総務常任委員会における審査の経過と結果の報告とさせていただきます


         〔総務常任委員長森脇千恵美議員降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  社会文教建設常任委員長、安藤康生議員。


  ──────────────────


          社会文教建設常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。


                  記


  議案第 53号 津久見市の附属機関の委員等で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


          関する条例の一部改正について


                原 案 可 決


  議案第 54号 津久見市公園条例の一部改正について


                原 案 可 決


平成28年9月21日


                            社会文教建設常任委員会


                            委員長  安 藤 康 生


   ──────────────────


        〔社会文教建設常任委員長安藤康生議員登壇〕


○社会文教建設常任委員長(安藤康生議員)  皆さん、おはようございます。


 社会文教建設常任委員会は、去る9月21日に委員会を開会し、今期定例会において、本委員会に付託となりました審査事件について審査を終了いたしましたので、その経過と結果について御報告いたします。


 最初に、議案第53号、津久見市の附属機関の委員等で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、10月よりスクールソーシャルワーカー事業を開始するに伴い、スクールソーシャルワーカーを10月1日付で教育委員会に配置するのに伴い、条例の一部を改正するものでありますとの執行部からの説明の後、質疑があり、答弁がありました。


 審査の結果、その内容も理解できましたので、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 最後に、議案第54号、津久見市公園条例の一部改正については、現地視察を行い、審査の結果、その内容も理解できましたので、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、社会文教建設常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。


        〔社会文教建設常任委員長安藤康生議員降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  予算常任委員長、谷本義則議員。


  ──────────────────


            予算常任委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。


                  記


  議案第 55号 平成28年度一般会計予算の補正について


                原 案 可 決


平成28年9月21日


                            予算常任委員会


                            委員長  谷 本 義 則


   ──────────────────


          〔予算常任委員長谷本義則議員登壇〕


○予算常任委員長(谷本義則議員)  おはようございます。


 当委員会は、去る9月21日に委員会を開会し、第3回定例会において付託されました議案1件について審査を行いましたので、その経過と結果の御報告をします。


 議案第55号、平成28年度一般会計予算の補正についてですが、2款総務費では、新庁舎候補地選定にかかる委託料について質疑があり、現在庁内の検討委員会で選定作業を進めているとの答弁がありました。


 また、新庁舎建設に伴う市民の意見聴取はどのように行っていくのかとの質疑に対して、専門家委員会とは別に組織をつくり、適宜意見をお伺いしたいと考えているとの答弁がありました。


 7款商工費では、観光戦略コンセンサス形成事業について、人材育成に関する質疑、今後さらに人材育成に力を入れていってほしいとの要望がありました。


 以上が審査結果の主な内容ですが、審査の結果、本委員会に付託された議案第55号については、全員異議なく原案のとおり可決すべきもの決しました。


 以上で、予算常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。


           〔予算常任委員長谷本義則議員降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  委員長の報告は終わりました。


 これから、各委員長報告に対する質疑に入ります。


 ただいま行われました各委員長の報告について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。


 これから討論に入ります。


 議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号、意見第6号の各議案について討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって討論を終結いたします。


 これから採決を行います。


 議案第52号から議案第55号まで及び意見第5号、意見第6号の各議案については、それぞれ各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、以上の案件は、それぞれ各委員長報告のとおり決しました。





◎日程第4 報告第7号及び報告第8号並びに認定第1号から認定第9号まで


     (提案理由説明・質疑・委員会付託)





○議長(黒田浩之議員)  日程第4、報告第7号及び報告第8号並びに認定第1号から認定第9号まで、以上一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 川野市長。


              〔市長川野幸男君登壇〕


○市長(川野幸男君)  ただいま上程されました諸議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、報告第7号は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率の算定についてであります。


 同法の規定により、平成27年度決算に基づく健全化判断比率について、監査委員の審査意見書をつけて報告するものであります。


 健全化判断比率とは、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率の4指標のことであります。


 実質赤字比率につきましては、一般会計等の実質的な赤字額が標準的な収入に対してどのくらいの割合になるのかを示す指標であります。


 連結実質赤字比率は、公営企業を含む全会計の実質的な赤字額が標準的な収入に対してどのくらいの割合になるのかを示す指標であり、これら2指標につきましては、実質赤字額、連結実質赤字額が発生していないため、算定されていません。


 実質公債費比率につきましては、一般会計等の実質的な借入金の返済額が、標準的な収入に対してどのくらいの割合になるのかを示す指標であり、本市では12.1%であります。


 将来負担比率につきましては、一般会計等が抱える実質的な負債の残高が、標準的な収入に対してどのくらいの割合になるのかを示す指標であり、本市では43.5%であります。


 いずれの指標も、法に基づく早期健全化基準値の範囲内となっております。


 次に、報告第8号は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく資金不足比率の算定についてであります。


 平成27年度決算に基づき、簡易水道布設事業特別会計、公共下水道事業特別会計及び水道事業会計それぞれの資金不足比率について、監査委員の審査意見書をつけて報告するものであります。


 資金不足比率は、各公営企業の資金不足が事業の規模に対してどのくらいの割合になるのかを示す指標であり、本市におきましては、各公営企業とも資金の不足額が発生していないため算定されていません。


 次に、認定第1号は平成27年度津久見市一般会計歳入歳出決算の認定をお願いするものであります。


 平成27年度決算は、歳入総額113億9,413万2,000円、歳出総額111億3,453万8,000円で、歳入歳出差し引き2億5,959万4,000円、翌年度に繰り越すべき財源を控除した、実質収支額は2億5,495万6,000円となっています。


 歳入では、市税、分担金及び負担金、国庫支出金などで減少したものの、地方消費税交付金、繰入金、地方交付税及び大型事業の実施による市債などで大幅に増加し、その結果、歳入全体では前年度に比較して11億8,900万9,000円、率にして11.7%の増加となっております。


 歳出につきましては、投資的経費で、消防庁舎・防災拠点施設建設とあわせて行った消防・救急デジタル無線設備整備や、防災行政無線整備事業、し尿前処理施設整備事業、青江小学校体育館危険改築事業及び第二中学校校舎改築事業など大型事業を実施したため、前年度と比較して8億8,621万円、率にして47%の大幅増となり、積立金などでの減少があったものの、人件費、公債費、扶助費の義務的経費でも増加し、歳出全体では、12億6,396万2,000円、率にして12.8%の増加となっています。


 次に、認定第2号から認定第8号までは、平成27年度各特別会計決算の認定についてでございます。それぞれ各特別会計の設置目的に従いまして、事業の推進を図ってきたところでございます。


 次に、認定第9号は、平成27年度津久見市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定についてでございます。


 決算の内容を申し上げますと、収益的収支につきましては、水道事業収益3億4,800万8,289円に対して、水道事業費用2億9,715万5,455円で、差し引き5,085万2,834円の純利益となっています。


 資本的収支につきましては、収入額1,943万1,931円に対して支出額は1億6,000万6,046円で、不足額は1億4,057万4,115円となっています。


 不足額につきましては、当年度消費税及び地方消費税、資本的収支調整額及び当年度分損益勘定留保資金をもって補填いたしております。


 また、平成27年度未処分利益剰余金は5,085万2,834円であり、全額を建設改良積立金に積み立てをして、今後の建設改良工事に充当し、水道事業の健全な発展を図っていきたいと考えております。


 以上をもちまして、提案理由の説明を終わります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。


              〔市長川野幸男君降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  説明は終わりました。


 これから、質疑に入ります。


 報告第7号及び報告第8号並びに認定第1号から認定第9号までについて、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案のうち、認定第1号から認定第9号までの、各議案については、12人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、議会閉会中継続審査といたしたいと思います。


 これに、御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、認定第1号から認定第9号までの各議案については、12人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、議会閉会中継続審査とすることに決しました。


  ──────────────────


            議 案 付 託 表 (1)


                     平成28年第3回(9月)定例市議会





決算特別委員会


  認定第  1号 平成27年度一般会計決算の認定について


  認定第  2号 平成27年度国民健康保険事業特別会計決算の認定について


  認定第  3号 平成27年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計決算の認定


          について


  認定第  4号 平成27年度奨学資金事業特別会計決算の認定について


  認定第  5号 平成27年度簡易水道布設事業特別会計決算の認定について


  認定第  6号 平成27年度公共下水道事業特別会計決算の認定について


  認定第  7号 平成27年度津久見市後期高齢者医療特別会計決算の認定について


  認定第  8号 平成27年度介護保険事業特別会計決算の認定について


  認定第  9号 平成27年度津久見市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決


          算の認定について


   ──────────────────


○議長(黒田浩之議員)  ただいま設置されました、決算特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配布いたしております決算特別委員会委員氏名表のとおり、指名いたします。


   ──────────────────


            決算特別委員会委員氏名表


              決算特別委員会委員


               井戸川 幸 弘


               黒 木 章 三


               ? 野   至


               塩 ? 雄 司


               谷 本 義 則


               吉 良 康 道


               森 脇 千恵美


               小手川 初 生


               ? 野 幹 也


               小 谷 栄 作


               知 念 豊 秀


               安 藤 康 生


   ──────────────────





◎日程第5 議員派遣の件





○議長(黒田浩之議員)  日程第5、議員派遣の件を議題といたします。


 本件については、地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、お手元に配付いたしております議員派遣一覧表のとおり議員の派遣をいたしたいと思います。


   ──────────────────


               議員派遣の件


 地方自治法第100条第13項及び津久見市議会会議規則第167条の規定により次のとおり議員を派遣する。


               議員派遣一覧表


 1.大分県市議会議長会主催の議員研修会


  (1)目  的   大分県下の市議会議員が一堂に会し、議会機能についての


            研修及び共通する政策課題等についての情報や意見の交換


            を行い、活力に満ちた地域づくりに資するため


  (2)派遣場所   大分市「レンブラントホテル大分」


  (3)期  間   平成28年10月11日(火曜日)の1日間


  (4)派遣議員   井戸川 幸 弘 議員  黒 木 章 三 議員


            ? 野   至 議員  塩 ? 雄 司 議員


            谷 本 義 則 議員  吉 良 康 道 議員


            黒 田 浩 之 議員  森 脇 千恵美 議員


            宮 本 和 壽 議員  小手川 初 生 議員


            ? 野 幹 也 議員  小 谷 栄 作 議員


            知 念 豊 秀 議員  安 藤 康 生 議員


   ──────────────────


○議長(黒田浩之議員)  これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、議員派遣一覧表のとおり、議員を派遣することに決しました。


 なお、ただいま議決いたしました事項について、諸般の事情により変更する場合には、議長に一任願いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま議決いたしました事項について、諸般の事情により変更する場合には議長に一任することに決しました。


 以上で、今期定例会の議事は全部終了いたしました。


 市長、挨拶をお願いします。


 川野市長。


             〔市長川野幸男君登壇〕


○市長(川野幸男君)  平成28年第3回津久見市議会定例会の閉会にあたり、一言、御挨拶を申し上げます。


 さて、本定例会に提案いたしました案件は、報告3件、認定9件、議案4件でありました。


 去る9月7日から23日間にわたり、議員の皆様方には本会議等において、慎重に御審議を賜り、本日追加提案を行い、継続審議となりました平成27年度各会計の決算に伴う認定を除いた案件につきましては、原案のとおり御承認をいただき、まことにありがとうございました。


 御承認いただいた案件につきましては、万全を期して事業を進めてまいりたいと考えております。


 さて、今月開催されました第69回の県民体育大会での津久見市チームの成績は16位でありました。いずれの競技においても熱戦が繰り広げられたと伺っています。議員の皆様方も、議員ソフトボールに引き続いての陸上競技と、大変お疲れさまでございました。


 大会に参加された選手、役員の皆様方はもとより、津久見市チームを応援していただいた皆様に、改めてお礼と感謝を申し上げます。


 来年に向けた競技力の向上とともに、自己の健康の維持・増進のためにも、継続的にスポーツに励んでいただきますよう、お願い申し上げます。


 ことしは、台風による被害が各地で発生していますが、今議会開会中にも、台風16号が20日未明に鹿児島県大隅半島付近に上陸した後、九州南部を中心に記録的な大雨を降らせながら九州を通過しました。各地で浸水などが相次ぎ、一時、鹿児島、宮崎、熊本、大分県で計約13万世帯、29万人に避難指示・勧告が出されました。


 本市においても、9月20日の未明から朝方を中心に、一晩で300ミリ近い降雨がありました。午前1時25分に千怒・四浦・保戸島・日代・長目地区に土砂災害警戒情報が発令されたのを初め、津久見川、青江川の氾濫の危険性が高まったり、文京町交差点付近が冠水したりしたため、その都度、避難準備情報等を対象地区ごとにエリアメール、ホームページ、フェイスブック、マスメディア等で発令いたしました。


 台風が近づいた午前5時35分には、市内全域に土砂災害警戒情報が発令されたため、市内全域に避難勧告を発令し、風が非常に強いため、無理に避難所への避難はせずに、自宅の2階など崖から離れた場所への移動を促しました。


 そして、台風の危険が過ぎ去った午前10時25分には、避難勧告を解除いたしました。


 今回の台風では、9月16日に庁内の対策会議を開催し、対応の準備を徹底しました。


 また、大分地方気象台と大分県からの情報提供を受け、19日の明るいうちに、各地区の自主防災会へ、深夜に避難準備情報等が発令される見込みであることを伝達し、避難所の早期の開設準備や、自主避難者への早期の声かけを依頼するとともに、消防団へも、自主避難者への早期の誘導を指示いたしました。


 避難者は、最多のときで、8カ所の避難所に、18世帯、31人が避難いたしました。


 被害につきましては、路肩崩壊や土砂崩れにより、市道八戸線、市道畑線、県道津久見野津線、林道尺間山線、農道カジヤ12号線、農道瀬戸石3号線が、現在でも被災箇所部分が通行どめになっています。


 また、津久見川新港橋下流左岸の護岸が一部損壊し、大分県が現在、対応しているところです。そのほかにも冠水や土砂崩れにより、一時通行どめになった道路もありましたが、翌日までには復旧いたしております。


 今後は、被災箇所の早急な復旧に全力で努めていきたいと思います。


 幸いにも、人的被害はありませんでしたが、今回の台風を教訓に、早目早目の備えと避難を心がけるよう、さらなる周知徹底を図るとともに、まだまだ続く台風シーズンなどへの防災対策の強化に、改めて気を引き締めていきたいと考えています。


 終わりに、朝夕はめっきり涼しくなりましたが、日中の日差しはまだまだ強く感じられます。議員の皆様方におかれましては、十分御自愛をいただき、御健勝にて御活躍されますことを心から祈念申し上げますとともに、今後とも、市政の円滑な推進に、引き続いての御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会の挨拶といたします。


             〔市長川野幸男君降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって、平成28年第3回津久見市議会定例会を閉会いたします。


             午前10時28分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








        津久見市議会議長








        署名議員








        署名議員