議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成28年第 1回定例会(第1号 3月 2日)




平成28年第 1回定例会(第1号 3月 2日)





 
平成28年第1回津久見市議会定例会会議録(第1号)


   平成28年3月2日(水曜日)


   ──────────────────


〇議事日程(第1号)


 平成28年3月2日(水曜日)午前10時開議


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 報告第1号・報告第2号及び議案第3号から議案第41号まで


     (提案理由説明)


 第 4 議案第42号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


   ──────────────────


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ──────────────────


〇出席議員(13名)


    1番  井戸川 幸 弘 議員


    2番  黒 木 章 三 議員


    3番  ? 野   至 議員


    4番  塩 ? 雄 司 議員


    6番  吉 良 康 道 議員


    7番  黒 田 浩 之 議員


    8番  森 脇 千恵美 議員


    9番  宮 本 和 壽 議員


   10番  小手川 初 生 議員


   11番  ? 野 幹 也 議員


   12番  小 谷 栄 作 議員


   13番  知 念 豊 秀 議員


   14番  安 藤 康 生 議員


   ──────────────────


〇欠席議員( 1名)


    5番  谷 本 義 則 議員


   ──────────────────


〇説明のため出席した者


    市長          川 野 幸 男 君


    秘書課長        麻 生 達 也 君


    総務課長(兼)


    契約検査室長      飯 沼 克 行 君


    総務課参事       黒 枝 泰 浩 君


    総務課主幹       上 杉 一 洋 君


    総務課主幹       今 泉 克 敏 君


    政策企画課長      石 井 達 紀 君


    税務課長        ? 野 正 一 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      小野崎   宏 君


    環境保全課長      西 水 克 己 君


    健康推進課長(兼)


    長寿支援課参事     増 田 浩 太 君


    長寿支援課長(兼)


    健康推進課参事(兼)


    福祉事務所参事     石 田 真 一 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        柴 田 美 子 君


    上下水道課長      関   憲 二 君


    福祉事務所長      野 田 和 廣 君


    農林水産課長(兼)


    農業委員会事務局長(兼)


    商工観光課参事     内 田 隆 生 君


    商工観光課長(兼)


    農林水産課参事     旧 杵 洋 介 君


    都市建設課長      古 谷 修 一 君


    土地対策課長(兼)


    土地開発公社事務局長  鳥 越 俊 一 君


    消防長         大 村 裕 二 君


    消防本部次長(兼)


    消防署長        渡 辺 忠 則 君


    教育委員会


    教育長         平 山 正 雄 君


    管理課長(兼)


    学校教育課参事     小手川 正 文 君


    学校教育課長      梶 原 俊 幸 君


    生涯学習課長      石 堂 克 己 君


    生涯学習課参事     小 野 敦 子 君


    監査委員


    事務局長        古 谷 慎次郎 君


    選挙管理委員会


    事務局長        (監査委員事務局長が兼務)


    公営企業


    水道課長        (上下水道課長が兼務)


   ──────────────────


〇議会事務局職員出席者


    事務局長        浦 中 隆 浩 君


    主幹(兼)書  記   宇都宮 志 伸 君


         書  記   吉 田 美 香 君


         書  記   矢 野 雄 樹 君


   ──────────────────





              午前10時00分 開会


○議長(黒田浩之議員)  おはようございます。


 これより平成28年第1回津久見市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおり定めましたので、御協力願います。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(黒田浩之議員)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において知念豊秀議員及び安藤康生議員を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(黒田浩之議員)  日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から3月22日までの21日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は21日間と決定いたしました。





◎日程第3 報告第1号・報告第2号及び議案第3号から議案第41号まで


    (提案理由説明)





○議長(黒田浩之議員)  日程第3、報告第1号・報告第2号及び議案第3号から議案第41号まで、以上一括議題といたします。


  ──────────────────


                付議事件


  報告第  1号 平成27年度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提


          出について


  報告第  2号 平成28年度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提


          出について


  議案第  3号 津久見市行政不服審査会条例の制定について


  議案第  4号 津久見市防災行政無線施設条例の制定について


  議案第  5号 地方公務員法の一部を改正する法律に伴う関係条例の整理に関する


          条例の制定について


  議案第  6号 学校教育法等の一部を改正する法律に伴う関係条例の整理に関する


          条例の制定について


  議案第  7号 津久見市固定資産評価審査委員会条例等の一部改正について


  議案第  8号 津久見市の附属機関の委員等で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


          関する条例の一部改正について


  議案第  9号 津久見市国民健康保険税条例の一部改正について


  議案第 10号 津久見市火災予防条例の一部改正について


  議案第 11号 津久見市特殊勤務手当条例等の一部改正について


  議案第 12号 津久見市税条例の一部改正について


  議案第 13号 津久見市消防本部及び消防署設置条例の一部改正について


  議案第 14号 津久見市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


  議案第 15号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一


          部改正について


  議案第 16号 津久見市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


  議案第 17号 津久見市手数料条例の一部改正について


  議案第 18号 津久見市一般廃棄物処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改


          正について


  議案第 19号 平成27年度一般会計予算の補正について


  議案第 20号 平成27年度国民健康保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 21号 平成27年度奨学資金事業特別会計予算の補正について


  議案第 22号 平成27年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正について


  議案第 23号 平成27年度公共下水道事業特別会計予算の補正について


  議案第 24号 平成27年度介護保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 25号 平成28年度一般会計予算について


  議案第 26号 平成28年度国民健康保険事業特別会計予算について


  議案第 27号 平成28年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算につい


          て


  議案第 28号 平成28年度奨学資金事業特別会計予算について


  議案第 29号 平成28年度簡易水道布設事業特別会計予算について


  議案第 30号 平成28年度公共下水道事業特別会計予算について


  議案第 31号 平成28年度津久見市後期高齢者医療特別会計予算について


  議案第 32号 平成28年度介護保険事業特別会計予算について


  議案第 33号 平成28年度津久見市水道事業会計予算について


  議案第 34号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する協議について


  議案第 35号 連携中枢都市圏形成に係る連携協約の協議について


  議案第 36号 津久見市総合計画の策定について


  議案第 37号 津久見市過疎地域自立促進計画の策定について


  議案第 38号 津久見市辺地総合整備計画の策定について(落ノ浦)


  議案第 39号 津久見市辺地総合整備計画の変更について(畑)


  議案第 40号 字の区域の変更について(岩屋町)


  議案第 41号 市道路線の認定について(鳩浦久保泊線、網代荒代線)


   ─────────────────


○議長(黒田浩之議員)  提案理由の説明を求めます。


 川野市長。


             〔市長川野幸男君登壇〕


○市長(川野幸男君)  平成28年第1回市議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様方には御壮健で多数の御出席をいただき、感謝申し上げます。


 初めに、12月26日の市長就任以来、現在までの状況について御報告いたします。


 本年1月4日の新年互礼会に始まり、9日には津久見市消防団出初式を、つくみん公園で行いました。10日には、津久見市成人式をとり行い、19日には、大分県が実施した愛媛県の四国電力伊方原子力発電所の視察研修に参加いたしました。23日には、本市を含む七つの市と町でつくるキリシタン・南蛮文化交流協定協議会が主催する「おおいたのキリシタン・南蛮文化遺産シンポジウム」に出席いたしました。


 2月に入り、5日には、あいおいニッセイ同和損保大分支店さんから、災害用簡易トイレ10セットの御寄附をいただきました。7日の北朝鮮のミサイル発射の際は、内閣府からの緊急情報や大分県からの情報伝達も正確に行われました。8日には、市内の産業界のトップの方々と産業創生のための懇話会を開催し、本市の抱えるさまざまな課題について意見交換を行ったところであります。


 春の訪れを告げると言われ、年々注目度が上がっています四浦半島の河津桜は、ことしで植樹10周年となり、2月14日から28日にかけて、4回目となる蔵谷の特設会場での「豊後水道河津桜まつり」を初め、「豊後水道絶景ウォーク」や、休校中の越智小学校で初めてオープンした四浦うみ畑、イルカ島駐車場特設会場でのイベントなどに非常に多くのお客様が訪れました。これから取り組みを進めます「観光による地方創生戦略づくり」にも大きな弾みとなるもので、訪れた方々により満足していただけるよう、関係者の皆さんと一層の連携を図っていきたいと考えております。


 ことしも2月22日から26日まで、春季県体県内一周駅伝競走大会が開催されました。選手を初め関係者の皆様の御健闘に心から感謝を申し上げます。若い戦力も徐々に育ちつつあり、チーム力アップによる今後の躍進を期待しているところであります。23日には、市役所において広瀬大分県知事と市の課題や新たな取り組みについて相互に連携していくことを確認するなど実り多い協議ができたところであります。26日には、平成27年国勢調査人口速報集計が総務省から発表され、日本の総人口が初めて減少したことが報道されました。速報値での津久見市の人口は1万7,973人で、残念ながら県内で2番目の大きな減少率となっています。改めて厳しい状況にあると認識するとともに、人口減少対策や地方創生の取り組みを着実に進めていかなければならないとの考えております。


 それでは、平成28年度に臨む基本的な考え方について御説明申し上げます。


 昨年10月に「まち・ひと・しごと創生 津久見市総合戦略」を策定し、引き続き本市のまちづくりの根幹となる誇りと自信に満ちたまち「津久見」〜笑顔と活力あふれる定住拠点」づくりに向けた第5次の津久見市総合計画をこのほど取りまとめたところで、今議会で御審議をお願いすることとしております。総合計画の将来像の実現に向けたスタートの年として全力で取り組んでまいる所存であります。また、国の平成27年度補正予算に計上された加速化交付金事業なども、3月補正予算に盛り込み、平成28年度予算とともに、より効果的・効率的に事業を進めてまいります。


 こうした考えのもとで、平成28年度当初予算の編成を行いましたので、その内容について御説明申し上げます。


 議案第25号は、平成28年度一般会計予算についてでありまして、当初予算の総額は、97億2,200万円で、これまで行ってきた、小・中学校の耐震化事業や消防庁舎建設事業などの大型事業が終了したことにより、前年度当初予算額と比較いたしまして11億1,900万円、率にして10.3%の減額予算となっています。


 平成28年度の当初予算に当たっては、新たに策定する第5次津久見市総合計画の将来像として掲げる、六つのまちづくりの基本目標に沿った予算編成を行っております。


 一つ目の基本目標は、保健・医療・福祉分野での「健やかな暮らしを支え合う思いやりのまち」づくりです。誰もが安心して暮らせるまちづくりとして、保健医療の充実では、予防接種事業で新たに小児B型肝炎、小児インフルエンザを助成対象に追加し、健康診査事業においても新たに成人歯周病健診を設定しています。昨年度の地方先行型交付金で取り組みを始めた、つくみんイキイキ健康マイレージ事業などについても引き続き取り組んでまいります。


 また、子ども子育てについては、不妊・不育治療への助成の継続や、新たに妊婦歯科検診助成事業を行っていきます。保育園についても所得制限を設けず、第2子の保育料の半額措置への取り組み、病後児保育など健やかな子どもの育成を図れるよう取り組んでまいります。


 二つ目の基本目標は、教育・文化分野での「郷土を想う心の豊かなひとを育てるまち」づくりです。学校教育の分野では、小・中学校のパソコンの整備や、特別支援員の配置を行うとともに、学校・家庭・地域等が協力して行う地域協育力向上支援事業を行います。また、津久見市の基幹産業である石灰石・セメント関連産業や網代島などの地質資源、その他の地域資源について子供たちへの周知に取り組んでまいります。


 また、1市1校である大分県立津久見高校の特色ある高校づくりとともに、市内中学校からの進学率の向上を図るため、津久見高校地域振興協議会を通じた支援を引き続き行います。


 市民会館については、第2期工事分として大ホールを中心とした改修工事の予算を計上しており、できるだけ早期の完成に向けた取り組みを進めているところであります。さらに平成8年に開館した市民図書館については、平成28年度に外壁や屋上防水の改修事業のための調査設計を行い、平成29年度からの工事着手に向けて、課題の解決とともに市民が利用しやすい図書館づくりの検討を進めてまいります。


 三つ目の基本目標は、産業振興・雇用分野での「世界に誇る地域資源で活力を創造するまち」づくりです。


 この分野では、農業の担い手育成のため、市外からの移住を含め新規就農希望者に対し就農相談などを含めた総合的な支援を行うための担い手育成総合支援事業や、移住就農者対策事業などを引き続き行ってまいります。また、津久見みかんとしてのブランドの再確立のための特選みかんの認定制度についての検討や、消費者ニーズに対応した商品開発を行うために津久見みかん等ブランド化事業を行います。


 観光分野では、石灰石鉱山やセメント工場など津久見市ならではの景観とともに2億4千万年前の宇宙塵の発見で注目を集める網代島などを活用して発信力を高め、保戸島、河津桜まつりや山桜まつり、マグロやモイカ等の「食」などとあわせて、津久見市の観光資源を最大限に活用した周遊観光を推進していきます。


 四つ目の基本目標は、都市基盤・生活基盤分野での「多様な都市活動を支える快適で潤いのあるまち」づくりです。


 交通ネットワークの整備として、市道徳浦松崎線バイパス整備事業を引き続き行います。また、安全・安心な道づくりとして、市道板ノ川畑線道路改良事業や市内のトンネル・橋梁の計画的な補修工事を行っていくため、防災・安全交付金事業などを計上しています。


 住みたい・住み続けたいまちづくりとして、昨年の地方創生先行型交付金で実施した新築住宅に対する助成、新婚世帯等への家賃補助を継続するとともに、移住者への住宅改修等補助については、補助対象者の要件を県外要件を市外へと見直しを行います。また新たに、交付金を活用した空き家対策計画の策定費用や危険空き家の除却に対する補助金について計上しています。


 安全・安心の基盤づくりとして、引き続き避難路整備工事を行うとともに、市内中心部の拠点避難場所である宮山公園において広場や防災倉庫などの整備を行います。さらに、自主防災組織の防災訓練や資機材の購入にかかる費用について助成を行うとともに、消防署に機能を強化した消防ポンプ自動車の整備を行います。


 五つ目の基本目標は、循環型社会・環境保全分野での「美しい津久見の環境を次世代へつなぐまち」づくりです。


 循環型社会の推進として、ドリームフューエルセンターで固形燃料化していますが、施設の老朽化が進む中、計画的な設備の更新や改修により施設の長寿命化を図り、環境にやさしいごみ処理を継続していく経費などを計上しています。


 また、し尿処理については、平成27年度に下水道終末処理場に送るためのし尿前処理施設を建設しましたが、本年度については、新たな施設での適切な処理を行うための経費などを計上しています。


 六つ目の基本目標は、市民活動・行財政分野での「未来の津久見を共に考え行動するまち」づくりです。


 市民主体のまちづくり・地域コミュニティの活性化を図るため、地域振興につながる取り組みなどを提案公募型の手法を取り入れ選定するまちづくり推進事業や、婚活サポート推進事業に対しての補助金を新設します。また、地域外の人材を受け入れ、定住とあわせて地域おこしや住民の生活支援などを行っていく地域おこし協力隊や集落支援員活動事業の充実を図ります。さらに、大分県中部地域と愛媛県南予地域の地域間交流促進事業なども実施する予定です。


 また、最近全国的にも注目されている「ふるさと納税」について、市内の農林水産物を含めた新たな産品の掘り起こしを含め、返礼品用特産品の充実と図るとともに、情報発信の強化や、より効果的で寄附をしていただいた方に共感していただける使い方などの検討も進めてまいります。


 次に、歳入につきましては、市税が21億8,343万5,000で、前年度と比較して、1,991万6,000円、率にして、0.9%減少しています。地方交付税については、28億9,000万円と、ほぼ前年度並みを計上しています。国庫支出金については、13億5,940万8,000円で、前年度と比較して、3,289万8,000円、率にして2.5%の増加、県支出金については、7億1,732万5,000円で、防災拠点再生可能エネルギー事業などにより、前年度と比較して1億214万2,000円、率にして16.6%の増加となっています。


 市債については、11億7,430万円で、消防庁舎などの大型事業終了により、率にして49.2%の大幅な減となっております。本年度についても、基金の取り崩しなどを行っておりますが、新型交付金の動きなど、国の動きにも十分留意し、財政規律の確保にも配慮していきたいと考えております。


 議案第26号から第32号は、各特別会計予算についてであります。


 各特別会計の予算の総額は、72億3,649万1,000円で、前年度当初予算額と比較して、7,687万円、率にして1.1%の減少であります。前年度当初予算額との比較では、簡易水道布設事業会計及び後期高齢者医療会計では、それぞれ増加となっていますが、その他の事業会計では減少しています。具体的には、国民健康保険事業会計では、療養給付費や高額療養費、疾病予防費などを計上しています。


 土地区画整理事業会計では、清算徴収金と公債費の償還金などを計上しております。奨学資金事業会計では、高校生の贈与奨学資金については、後藤重信さんからの御寄附分により増額を行い、大学生の貸与奨学資金については、増額や免除規定の拡大を行います。簡易水道布設事業会計では、保戸島・四浦東地区簡易水道の維持管理費を計上しています。公共下水道事業会計では、終末処理場の管理費及び施設の長寿命化を図るための委託料などを計上しております。後期高齢者医療会計では、後期高齢者医療広域連合への保険料納付金などを計上しております。介護保険事業会計では、保険給付費、地域支援事業費などを計上しております。


 次に、議案第33号は水道事業会計予算についてであります。


 収益的収支では、収入3億6,488万5,000円、支出3億3,137万4,000円、資本的収支では、収入2,811万6,000円、支出1億8,993万3,000円を計上し、市道徳浦松崎線バイパスなどへの配水管布設替工事や堅浦の埠頭用地給水管布設工事などを実施します。


 なお、資本的収支の不足額については、損益勘定留保資金及び繰越利益剰余金により補?いたします。


 以上が平成28年度の所信並びに予算の概要であります。


 それでは、今期定例会に提案いたしました諸議案について、順次提案理由の説明をいたします。


 まず、報告第1号は、平成27度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出についてであります。


 本件は、土地開発公社の事業計画の変更、補正予算で、地域活性化まちづくり事業用地の附帯工事を平成28年度に繰り越すことになったことに加え、中田・田尾地区住宅団地の区割変更によって行った再鑑定に伴う補正予算として、収益的収入支出それぞれ5,096万2,000円、資本的支出4,860万5,000円などを計上し、補正するものであります。


 次に、報告第2号は、平成28度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出についてであります。


 本件は、土地開発公社の事業計画と事業を推進していくための予算として、収益的収入支出それぞれ4,674万8,000円、資本的支出1,900万円とするものであります。


 次に、議案第3号は、津久見市行政不服審査会条例の制定についてであります。


 本件は、改正行政不服審査法の第81条第1項の規定に基づき、第三者機関として行政不服審査会を設置する必要があるため、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第4号は、津久見市防災行政無線施設条例の制定についてであります。


 本件は、平成28年度より市町村防災行政無線の運用が開始されることに伴い、施設の構成、業務の区分などを盛り込んだ条例を新たに制定するものであります。


 次に、議案第5号は、地方公務員法の一部を改正する法律に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであります。


 本件は、地方公務員法の一部改正に伴い、人事評価制度の導入や退職管理の適正の確保などの規定を設けるため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第6号は、学校教育法等の一部を改正する法律に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであります。


 本件は、学校教育法等の一部改正に伴い、小学校から中学校までの義務教育を一貫して行う義務教育学校が新たに学校の種類として規定されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第7号は、津久見市固定資産評価審査委員会条例等の一部改正についてであります。


 本件は、行政不服審査法並びに行政不服審査法施行令が改正されたことに伴い、用語の追加、また新たに手数料及び手数料の減免規定が追加されるなど、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第8号は、津久見市の附属機関の委員等で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、新たに設置する行政不服審査会を追加し、家庭児童相談員及び学校医の報酬を改定するものであります。


 次に、議案第9号は、津久見市国民健康保険税条例の一部改正についてであります。


 本件は、地方税法の一部を改正する法律の施行に伴い、平成25年度の税制改正による金融所得課税の一本化の推進により、地方税法及び同法施行令が一部改正され、上場株式等の譲渡益等に係る国民健康保険税の課税の特例などの改正を行い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第10号は、津久見市火災予防条例の一部改正についてであります。


 本件は、対象火気省令の改正に伴い、当初、対象火気省令で想定していなかったIH調理器具などが流通してきた現状を踏まえ、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第11号は、津久見市特殊勤務手当条例等の一部改正についてであります。


 本件は、本年3月末に浄化センターが廃止され、4月より、津久見市し尿等前処理施設が稼働することに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第12号は、津久見市税条例の一部改正についてであります。


 本件は、地方税法施行規則等の一部を改正する省令の改正に伴い、市民税及び特別土地保有税の減免申請書に記載しなければならないとされていた個人番号を削除することとなったため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第13号は、津久見市消防本部及び消防署設置条例の一部改正についてであります。


 本件は、消防庁舎の移転・新設に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第14号は、津久見市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。


 本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令が一部改正されることに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第15号は、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、労働者災害補償保険法により年金たる保険給付と同一の事由により厚生年金保険法による給付が支給される場合に、労働者災害補償保険法による年金たる給付に乗じる調整率が変更となったため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第16号は、津久見市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、大規模改修が行われている市民会館の会議室等の間取りが変更となるため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第17号は、津久見市手数料条例の一部改正についてであります。


 本件は、改正行政不服審査法で審査請求に係る写しの交付が規定されたことに伴い、新たに手数料の新設が行われたことにより、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第18号は、津久見市一般廃棄物処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、本年3月末に浄化センターが廃止され、4月より、津久見市し尿等前処理施設が稼働することに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第19号は平成27年度一般会計予算の補正についてであります。


 補正額は、1億4,935万8,000円の減額で、補正後の予算の総額は110億9,585万円となります。


 今回の補正は、大型事業の入札残等に伴う減額を行うとともに、新たに国の平成27年度補正予算による地方創生加速化交付金を活用した観光コンサルタントなどと連携し、総合的なコンサルティングによる、平成29年度から5か年にわたる観光による地方創生戦略を構築する事業や、県や金融機関と連携した、ものづくり産業地域連携推進事業を行います。さらに、本市の情報セキュリティー強化対策事業や、社会資本整備総合交付金が確保できたことから、市道徳浦松崎線バイパス事業の前倒しを行うものなどであります。そのほかにつきましては、年度末を控えた各種事業費の決算見込みに対応した歳入歳出予算の調整などであります。


 議案第20号から第24号までは、平成27年度各特別会計予算の補正についてであります。


 それぞれ設置の目的に沿った事業の決算見込みに対する予算の調整などであります。


 次に、議案第25号から第33号までは、平成28年度一般会計及び各特別会計並びに水道事業会計の予算についてであります。


 内容につきましては、さきに御説明したとおりであります。なお、主要事業につきましては、別冊の歳入歳出予算に係る主要施策に関する調書に明記していますので省略させていただきます。


 次に、議案第34号は、証明書等の交付等に係る事務の委託に関する協議についてであります。


 本件は、地方自治法第252条の14第1項の規定により、証明書等の交付等に係る事務を津久見市と日田市との間で相互に委託することに関し、日田市と協議の上、規約を定めることについて、同条第3項の規定により準用する同法第252条の2第3項本文の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第35号は、連携中枢都市圏形成に係る連携協約の協議についてであります。


 本件は、地方自治法の改正により、地方公共団体間の柔軟な連携を可能とする仕組みが制度化され、今回、大分市を中枢市とした8市町で大分都市広域圏を形成し、各市と町が単独では取り組むことの難しい課題の解決や、継続的・安定的な行政サービスなどについて検討することを目的に連携協約を締結するもので、地方自治法第252条の2第3項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第36号は、津久見市総合計画の策定についてであります。


 本件は、津久見市議会の議決すべき事件に関する条例第2条第1号の規定に基づき、議会の議決を求めるものであり、今回は、第5次計画として平成28年度から平成37年度までの10年間を計画期間としています。ふるさと津久見の魅力に自信を持ち、地域に誇りを感じられるとともに、子どもたちが未来に希望を膨らませ、誰もが住みたい、住み続けたいと思える誇りと自信に満ちたまち「津久見」〜「笑顔と活力あふれる定拠点〜」づくりに向けて六つの基本目標により取り組むものであります。


 次に、議案第37号は、津久見市過疎地域自立促進計画の策定についてであります。


 本件は、過疎地域自立促進特別措置法の有効期限が平成32年度まで延長されたため、新たに平成28年度を初年度とした5年間の計画を策定するもので、法第6条第1項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第38号は、津久見市辺地総合整備計画の策定についてであります。


 本件は、落ノ浦地区で、小型動力ポンプ積載車を整備するため、新たに落ノ浦地区の辺地総合整備計画を策定するものであります。


 次に、議案第39号は、津久見市辺地総合整備計画の変更についてであります。


 本件は、畑地区での、市道板ノ川・畑線道路改良工事の事業費の変更に伴うものであります。


 次に、議案第40号は、字の区域の変更についてであります。


 本件は、地籍調査を行った結果、字界の整理を行うものであります。


 次に、議案第41号は、市道路線の認定についてであります。


 本件は、道路法第8条第2項の規定に基づき、鳩浦久保泊線及び網代荒代線を市道路線として認定するものであります。この2路線につきましては、現在農道でありながら、市民の重要な生活道路となっておりますことから、市道として管理を行うものであります。


 以上をもちまして、提案いたしました諸議案につきまして説明を終わります。何とぞ慎重に御審議の上、御賛同を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


             〔市長川野幸男君降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  説明は終わりました。





◎日程第4 議案第42号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(黒田浩之議員)  日程第4、議案第42号を議題といたします。


  ──────────────────


                 付議事件


  議案第 42号 津久見市公平委員会委員の選任の同意について


   ──────────────────


○議長(黒田浩之議員)  提案理由の説明を求めます。


 川野市長。


             〔市長川野幸男君登壇〕


○市長(川野幸男君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第42号は、津久見市公平委員会委員の選任の同意についてであります。


 本件は、公平委員会委員中、田中寛治氏が3月31日をもって任期満了となりますので、新たに上野 寛氏を選任するもので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により同意を求めるものであります。何とぞ、慎重に御審議の上、御同意を賜りますようお願いいたします。


             〔市長川野幸男君降壇〕


○議長(黒田浩之議員)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第42号について御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第42号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第42号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 議案第42号について討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第42号は、同意することに決しました。


 お諮りいたします。


 議事の都合により、3月3日から3月7日までの5日間は休会とし、次の本会議は3月8日に開きたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(黒田浩之議員)  御異議なしと認めます。


 よって、3月3日から3月7日までの5日間は休会とし、次の本会議は3月8日に開くことに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


             午前10時42分 散会





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








        津久見市議会議長








        署名議員








        署名議員