議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成26年第 4回定例会(第1号12月 2日)




平成26年第 4回定例会(第1号12月 2日)





 
平成26年第4回津久見市議会定例会会議録(第1号)


   平成26年12月2日(火曜日)


   ──────────────────


〇議事日程(第1号)


 平成26年12月2日(火曜日)午前10時開議


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 諸般の報告


 第 4 認定第1号から認定第9号まで


     (委員長報告、質疑、討論、表決)


 第 5 議案第66号から議案第86号まで


     (提案理由説明)


 第 6 議案第87号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 7 議案第88号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


   ──────────────────


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ──────────────────


〇出席議員(14名)


    1番  ? 野   至 君


    2番  塩 ? 雄 司 君


    3番  谷 本 義 則 君


    4番  吉 良 康 道 君


    5番  黒 田 浩 之 君


    6番  森 脇 千恵美 君


    7番  宮 本 和 壽 君


    8番  小手川 初 生 君


    9番  ? 野 幹 也 君


   10番  小 谷 栄 作 君


   11番  知 念 豊 秀 君


   12番  清 水 美知子 君


   13番  西 村 徳 丸 君


   14番  安 藤 康 生 君


   ──────────────────


〇欠席議員(な し)


   ──────────────────


〇説明のため出席した者


    市長          吉 本 幸 司 君


    副市長         蒲 原   学 君


    秘書課長        麻 生 達 也 君


    総務課長(兼)


    契約検査室長      飯 沼 克 行 君


    総務課主幹       黒 枝 泰 浩 君


    総務課主幹       上 杉 一 洋 君


    政策企画課長(兼)


    合併推進課長      石 井 達 紀 君


    税務課長        石 堂 克 己 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      鳥 越 俊 一 君


    環境保全課長      西 水 克 己 君


    健康推進課長(兼)


    長寿支援課参事     増 田 浩 太 君


    長寿支援課長(兼)


    健康推進課参事(兼)


    福祉事務所参事     石 田 真 一 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        柴 田 美 子 君


    上下水道課長      関   憲 二 君


    福祉事務所長      ? 野 正 一 君


    農林水産課長(兼)


    農業委員会事務局長(兼)


    商工観光課参事     内 田 隆 生 君


    商工観光課長(兼)


    農林水産課参事     旧 杵 洋 介 君


    都市建設課長      古 谷 修 一 君


    土地対策課長(兼)


    土地開発公社事務局長  野 田 和 廣 君


    消防長         大 村 裕 二 君


    消防本部次長(兼)


    消防署長        渡 辺 忠 則 君


    教育委員会


    教育長         平 山 正 雄 君


    管理課長(兼)


    学校教育課参事     小手川 正 文 君


    学校教育課長      梶 原 俊 幸 君


    生涯学習課長      小野崎   宏 君


    監査委員


    代表監査委員


    事務局長        古 谷 慎次郎 君


    選挙管理委員会


    事務局長    (監査委員事務局長が兼務)


    公営企業


    水道課長    (上下水道課長が兼務)


   ──────────────────


〇議会事務局職員出席者


    事務局長        浦 中 隆 浩 君


    主幹(兼)書  記   宇都宮 志 伸 君


         書  記   吉 田 恵 里 君


         書  記   矢 野 雄 樹 君


   ──────────────────


                   


              午前10時00分 開会


○議長(小手川初生君)  おはようございます。


 これより平成26年第4回津久見市議会定例会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおり定めましたので、御協力願います。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(小手川初生君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において黒田浩之君及び森脇千恵美君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(小手川初生君)  日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から12月19日までの18日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は18日間と決定いたしました。





◎日程第3 諸般の報告





○議長(小手川初生君)  日程第3、諸般の報告であります。


 本日、議長において報告する事項は、去る9月の第3回定例会において議決いたしました議員派遣についてであります。


 この議員派遣については、お手元に配付いたしております議員派遣一覧表のとおり、地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により議員を派遣いたしましたので御報告いたします。


                  


               諸 般 の 報 告


 議員派遣の件


┌─────────┬────────────┬───────┬────────────┐


│派遣議員     │目  的        │場  所   │期  間        │


├─────────┼────────────┼───────┼────────────┤


│? 野   至  │平成26年度大分県市議会│レンブラント │平成26年10月27日 │


│塩 ? 雄 司  │議長会議員研修会    │ホテル大分  │            │


│吉 良 康 道  │            │       │            │


│黒 田 浩 之  │            │       │            │


│森 脇 千恵美  │            │       │            │


│小手川 初 生  │            │       │            │


│? 野 幹 也  │            │       │            │


│小 谷 栄 作  │            │       │            │


│知 念 豊 秀  │            │       │            │


│清 水 美知子  │            │       │            │


│西 村 徳 丸  │            │       │            │


│安 藤 康 生  │            │       │            │


└─────────┴────────────┴───────┴────────────┘





◎日程第4 認定第1号から認定第9号まで


     (委員長報告・質疑・討論・表決)





○議長(小手川初生君)  日程第4、認定第1号から認定第9号まで、以上一括議題といたします。


 各議案に対する委員長の報告を求めます。


 決算特別委員長、?野 至君。


  ──────────────────


             決算特別委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。


                  記


  認定第  1号 平成25年度一般会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  2号 平成25年度国民健康保険事業特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  3号 平成25年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計決算の認定


          について


                原 案 認 定


  認定第  4号 平成25年度奨学資金事業特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  5号 平成25年度簡易水道布設事業特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  6号 平成25年度公共下水道事業特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  7号 平成25年度津久見市後期高齢者医療特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  8号 平成25年度介護保険事業特別会計決算の認定について


                原 案 認 定


  認定第  9号 平成25年度津久見市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決


          算の認定について


              原案可決及び原案認定


平成26年11月 4日


         5日





                            決算特別委員会


                            委員長  ? 野   至


   ──────────────────


           〔決算特別委員長?野 至君登壇〕


○決算特別委員長(?野 至君)  皆さん、おはようございます。


 当委員会は、去る11月4日と5日に委員会を開会し、第3回定例会において付託され、継続審査となっておりました認定案9件について審査を行いました。その経過と結果の報告をさせていただきます。


 最初に、認定第1号、平成25年度一般会計決算については、執行部より概要説明があり、その後、審査に入りました。


 歳出の審査の中では、退職手当、路線バス運行補助金、鳥獣被害対策事業、津久見魅力情報発信事業委託料、空き家実態調査委託料、消防署の建設進捗状況、学力調査委託料、予備費の流用等々についての質疑があり、答弁がありました。また歳入については、市税、使用料及び手数料について質疑があり、答弁がありました。最後に、本決算全般についての質疑があり、答弁がありました。


 討論では、市民の求めに、かみ合った決算になっていない部分もあったということで反対しますという意見がありましたので、挙手により採決を行いました。その結果、賛成多数により、本件は原案のとおり認定すべきものと決しました。


 次に、認定第4号、平成25年度奨学資金事業特別会計決算の認定については、委員から、返還の滞納や改定も含めた検討、奨学金制度の住所要件の見直し等の質疑があり、答弁がありました。その内容も十分理解できましたので、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、認定第3号、平成25年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計決算の認定については、審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく認定すべきものと決しました。


 次に、認定第2号、平成25年度国民健康保険事業特別会計決算の認定については、委員から、滞納者数や滞納金額についての質疑があり、答弁がありました。討論では、被保険者の負担を軽減するように取り組んでほしいから反対しますとの意見がありましたので、挙手により採決を行いました。その結果、賛成多数により、本件は原案のとおり認定すべきものと決しました。


 次に、認定第7号、平成25年度津久見市後期高齢者医療特別会計決算の認定については、委員から、滞納者の人数と金額、短期証、資格者証の発行件数について質疑があり、答弁がありました。討論では、早く、この制度は、なくすべきだということで、反対しますとの意見がありましたので、挙手により採決を行いました。その結果、賛成多数により、本件は原案のとおり認定すべきものと決しました。


 次に、認定第8号、介護保険事業特別会計決算の認定については、委員から、認定者数や、要介護者の1人当たりの給付費について質疑があり、答弁がありました。討論では、特別養護老人ホームを早くつくってほしいという強い要望があるが、その市民の声に応えていないから反対しますとの意見がありましたので、挙手により採決を行いました。その結果、賛成多数により、本件は原案のとおり認定すべきものと決しました。


 4日は、ここでとどめ延会し、次の日に再開し、審査を行いました。


 初めに、認定第5号、平成25年度簡易水道布設事業特別会計決算の認定については、委員から、保戸島と四浦東も統合をするのですかという質疑に対して、何らかの形で統合を目指していく必要があるとの答弁がありました。審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく原案のとおり認定すべきものと決しました。


 次に、認定第6号、平成25年度公共下水道事業特別会計決算の認定については、委員から、平成25年度の進捗状況、今後の予定について質疑があり、答弁がありました。審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく、原案のとおり認定すべきものと決しました。


 最後に、認定第9号、平成25年度津久見市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定については、委員から、施設等の耐震化や水源地の防護柵について質疑があり、答弁がありました。審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく、原案のとおり可決及び認定すべきものと決しました。


 以上で、決算特別委員会における審査の経過と結果の報告とさせていただきます。


           〔決算委員長?野 至君降壇〕


○議長(小手川初生君)  委員長の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。


 ただいま行われました決算特別委員長の報告について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。討論の通告がありますので許可いたします。


 11番、知念豊秀君。


            〔11番知念豊秀君登壇〕


○11番(知念豊秀君)  私は認定第1号、それから認定第2号、認定第7号、認定第8号について、それぞれ反対の討論を行います。


 2013年度決算は、一般会計、特別会計合わせて歳入で172億3,780万円、歳出で167億4,739万円、一般会計と特別会計の繰り入れ、繰り出し、重複額を除いた純決算額で歳入160億3,165万円、歳出で155億4,125万円となっています。実質収支額は4億9,040万円の黒字となりました。一般会計の黒字額は3億1,316万円です。歳入の根幹となる市税は23億4,408万円で、法人市民税の増などにより1億3,919万円増加しています。地方交付税は8,656万円の増となっています。


 歳入の大きなものは法人市民税が2億6,803万円と96.4%の伸び率で、企業の好景気を裏づけていますが、個人市民税はマイナス0.7%で、市民の所得格差が広がっていると思われます。


 歳出面では学校施設耐震化事業に進展が見られました。また、鳥獣被害対策も捕獲されたイノシシ265頭、猿15頭、鹿624頭など成果が見られますが、鳥獣被害は、柵を張ってない家庭菜園などに被害が多くなっていると市民の意見があります。八戸地区の防災ヘリポートは雨の侵食が始まっているため定期点検が欠かせません。消防署の高台移転は評価をいたします。


 しかし、決算反対の理由として、教育関係では、平成23年度市内小・中学校教員を大量に人事異動された理由の一つに、広域で研さんし、3年後に戻って津久見市の教育に生かすとした公約が果たせませんでした。昨年1月、突然始まった日の丸の常時掲揚は、津久見市の平和教育、民主教育からますます遠ざかる象徴になっているのではないでしょうか。また、保戸島架橋整備の準備も一日も早い進展が望まれますが、一向に進展しませんでした。津久見市の最大の懸案事項である若者の定着と人口減少の歯どめの具体策も実行もありません。市内の景気後退による自営業者の廃業が静かに進行しています。これらの現状から、吉本市政への批判や不満が私どものアンケート調査にもあらわれています。したがいまして、市民の願いに応えられていない決算であったと思いますので、認定できません。


 次に、国民健康保険事業特別会計決算の認定について述べさせていただきます。


 国民健康保険税の滞納世帯数が127件、うち資格証明の発行数が6件となっていました。国保税で苦しんでいる自営業者はたくさんいます。滞納しているほとんどの市民は、払いたくても払えないのが現状です。2014年4月には消費税8%へ増税が強行され、市民の暮らしの先行きに大きな不安を抱えています。一般会計から繰り入れしてでも市民負担を減らすべきです。


 次に、後期高齢者医療特別会計決算の認定について述べます。


 御承知のように、後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者のみを対象とした医療特別会計で、医療費や高齢者がふえれば保険料が上がる仕組みで、制度に問題があります。早く廃止しなければ、今後長生きすればするほど、この制度に苦しめられますので、廃止すべき制度は認定できません。


 最後に、介護保険事業特別会計決算の認定について反対討論を行います。


 津久見市の特養待機者は常時200人を超えています。津久見市のひとり世帯が年々ふえる中で、特別養護老人ホームの増床は不可欠と考えます。国の介護保険制度が改悪される中で、高齢化社会をどう乗り切っていくか、大きな課題です。政府の言いなりでは、市民を守れません。特別養護老人ホームの増設を国にもっと推し進めるべく強く要望すべきです。現状では、施設をつくればつくるほど、また高齢人口がふえればふえるほど介護保険料が上がる仕組みは国保や後期高齢者医療制度と同じです。介護保険制度の抜本改善のためには、制度の根幹に立ち返った再検討が必要だと思われます。


 まず二つの原則、必要充足の原則、給付は負担に応じてではなく必要に応じて応能負担、負担は給付に応じてではなく負担能力に応じての原則に立ち、具体的には、医療費の無料化、現行認定システムと支給限度額の廃止、給付体系の見直しと現物給付かサービス提供に対する公的責任の発揮が求められるところです。入院も医療も介護も施設も在宅も軽度も重度も保障される制度への転換が求められていると思います。


 以上で反対討論を終わります。


            〔11番知念豊秀君降壇〕


○議長(小手川初生君)  ほかに討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 認定第1号及び認定第2号並びに認定第7号及び認定第8号については御異議がありますので、起立により採決いたします。


 まず、認定第1号に対する委員長の報告は認定すべきものとするものであります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起立多数〕


○議長(小手川初生君)  御着席ください。起立多数であります。


 よって、認定第1号は認定することに決しました。


 次に、認定第2号に対する委員長の報告は認定すべきものとするものであります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起立多数〕


○議長(小手川初生君)  御着席ください。起立多数であります。


 よって、認定第2号は認定することに決しました。


 次に、認定第7号に対する委員長の報告は認定すべきものとするものであります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起立多数〕


○議長(小手川初生君)  御着席ください。起立多数であります。


 よって、認定第7号は認定することに決しました。


 次に、認定第8号に対する委員長の報告は認定すべきものとするものであります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起立多数〕


○議長(小手川初生君)  御着席ください。起立多数であります。


 よって、認定第8号は認定することに決しました。


 次に、認定第3号から認定第6号まで及び認定第9号の各議案については、それぞれ決算特別委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、認定第3号から認定第6号まで及び認定第9号の各議案については、それぞれ決算特別委員長報告のとおり決しました。





◎日程第5 議案第66号から議案第86号まで


     (提案理由説明)





○議長(小手川初生君)  日程第5 議案第66号から議案第86号まで、以上一括議題といたします。


  ──────────────────


                 付議事件


  議案第 66号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度一般会計予算


          の補正)


  議案第 67号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度一般会計予算


          の補正)


  議案第 68号 津久見市地域包括支援センターの職員等に係る基準を定める条例の


          制定について


  議案第 69号 津久見市指定介護予防支援の事業に係る申請者の要件並びに人員及


          び運営に関する基準等を定める条例の制定について


  議案第 70号 津久見市職員の給与に関する条例の一部改正について


  議案第 71号 津久見市国民健康保険条例の一部改正について


  議案第 72号 津久見市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


  議案第 73号 津久見市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部改正


          ついて


  議案第 74号 平成26年度一般会計予算の補正について


  議案第 75号 平成26年度国民健康保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 76号 平成26年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算の補正


          について


  議案第 77号 平成26年度奨学資金事業特別会計予算の補正について


  議案第 78号 平成26年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正について


  議案第 79号 平成26年度公共下水道事業特別会計予算の補正について


  議案第 80号 平成26年度津久見市後期高齢者医療特別会計予算の補正について


  議案第 81号 平成26年度介護保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 82号 平成26年度津久見市水道事業会計予算の補正について


  議案第 83号 指定管理者の指定について(津久見市スポーツ施設)


  議案第 84号 指定管理者の指定について(なのはな児童館)


  議案第 85号 工事請負契約の締結について(第26−40号 し尿等前処理施設


          建設(建築主体)工事)


  議案第 86号 工事請負契約の締結について(第26−41号 第二中学校校舎


          (管理教室棟)改築建築主体工事)


   ──────────────────


○議長(小手川初生君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  平成26年第4回市議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様方には御壮健で全員の御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。


 初めに、平成25年度決算の認定をいただいたことに対しまして、厚くお礼を申し上げます。


 平成25年度決算では、自治体財政の弾力性を示す指標であります普通会計の経常収支比率が前年度より1.6ポイント改善して95.6となりました。しかしながら、3年連続して県下で最も高い数値となっており、決して楽観できる状況にはありません。


 そうした中、災害に強いまちづくりを初め、道路等の社会インフラの整備や定住促進のための施策の推進等、大型事業や課題は山積しており、引き続き、財政面での健全運営に努めながら、活力あるまちづくりに向けての着実な取り組みを進めていかなければならないと考えています。


 さて、本日、衆議院議員選挙が公示され、14日の投票日に向けて選挙戦が始まりました。消費税率引き上げ延期の方向性の中での経済政策のあり方が最大の争点であると言われています。地方においては、解散前に成立した「まち・ひと・しごと創生法」に、平成27年度から5年間の人口減少対策の取り組み方針となります「総合戦略」の策定が示されていることから、具体的な戦略の決定など、これからの動向を注視しているところであります。引き続き、国や県の動きを的確に捉え、真に地方の創生が図れるよう、本市の重点課題であります定住促進を初めとしたさまざまな取り組みを、スピード感を持って、より効果的に進めていきたいと考えています。


 それでは、今期定例会に提案しました諸議案について、順次提案理由の説明をいたします。


 議案第66号及び第67号は、地方自治法第179条第1項の規定により、平成26年度一般会計予算の専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定に基づき、これを報告し、承認を求めるものであります。


 議案第66号は、台風19号の通過により発生した林道尺間山線、四浦漁港、市道願寺線の災害復旧工事に伴うものであります。


 議案第67号は、12月14日に投開票が予定されている衆議院議員選挙に伴うものであります。


 次に、議案第68号は、津久見市地域包括支援センターの職員等に係る基準を定める条例の制定についてであります。


 本件は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(第3次地域主権一括法)の施行に伴い、介護保険法の一部が改正され、今まで介護保険法施行規則に定められていた「地域包括支援センターの包括的支援事業を実施するために必要なものに関する基準」について、平成27年4月までに地方自治体が条例で定めることとなったため、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第69号は、津久見市指定介護予防支援の事業に係る申請者の要件並びに人員及び運営に関する基準等を定める条例の制定についてであります。


 本件も、第3次地域主権一括法の施行に伴い、介護保険法の一部が改正され、今まで厚生労働省令等により全国一律に定められていた「指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準」について、平成27年4月までに地方自治体が条例で定めることとなったため、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第70号は、津久見市職員の給与に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、平成26年8月7日付の人事院勧告及び大分県人事委員会勧告に基づき、市職員の給与を国家公務員の給与に準じ、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第71号は、津久見市国民健康保険条例の一部改正についてであります。


 本件は、上位法であります健康保険法施行令に規定する出産一時金の金額が改定されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第72号は、津久見市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。


 本件は、上位法であります児童扶養手当法の一部改正がされることに伴い、条項ずれが生じたため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第73号は、津久見市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、上位法であります児童福祉法の一部改正がされ、条項ずれ及び対象児童の学年が拡大されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第74号は、平成26年度一般会計予算の補正についてであります。


 今回の補正は、6,480万円の追加でありまして、補正後の予算総額は、100億8,391万円となります。今回提案いたします補正予算の主な内容は、人事院勧告等に準じる職員給与等の改定、東九州自動車道の佐伯蒲江間の開通に合わせ、佐伯市方面から観光客を津久見市へ誘客する観光案内板の設置費用、昨年度の決算剰余金に伴います基金への積み立てなどであります。


 議案第75号から議案第81号までは、平成26年度各特別会計予算の補正についてであります。


 主な内容といたしましては、国民健康保険事業、介護保険事業の各特別会計につきましては、これまでの実績による保険給付費などの変更や前年度国県支出金の精算に伴う返還金などを計上しております。その他の特別会計につきましては、前年度繰越金や一般会計繰入金などの歳入の変更、また、歳出では人件費の変更、需用費の増額などを計上しております。


 次に、議案第82号は、平成26年度津久見市水道事業会計予算の補正についてであります。


 主な内容といたしましては、4月の人事異動及び制度改正に伴う給料、職員手当など職員給与費の補正であります。


 次に、議案第83号から議案第84号までは、指定管理者の指定についてであります。


 平成24年4月から3年間の指定管理期間が過ぎようとしていますので、今後新たに5年間の指定管理者を選定するものであります。


 まず、議案第83号は、津久見市スポーツ施設の指定管理者の指定についてであります。


 公募した結果、現在の指定管理者1団体のみの申請で、総合評価の結果、候補者として、特定非営利活動法人エンジョイつくみを選定するものであります。


 次に、議案第84号は、なのはな児童館の指定管理者の指定についてであります。


 本件も公募した結果、現在の指定管理者1団体のみの申請で、総合評価の結果、候補者として、特定非営利活動法人やまびこクラブを選定するものであります。


 議案第85号は、工事請負契約の締結についてであります。


 本件は、し尿等前処理施設建設(建築主体)工事請負契約の締結について、地方自治法及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議案第86号も工事請負契約の締結についてであります。


 本件は、第二中学校校舎(管理教室棟)改築建築主体工事請負契約の締結について、地方自治法及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき議会の議決をお願いするものであります。


 本市の小・中学校施設の耐震化工事の最後となるもので、平成27年度に学校施設の耐震化が完了することとなります。


 以上をもちまして、提案いたしました諸議案につきまして説明を終わります。何とぞ慎重に御審議の上、御賛同を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。





◎日程第6 議案第87号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)  日程第6 議案第87号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第87号は、津久見市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意についてであります。


 本件は、津久見市固定資産評価審査委員会委員中、償却部会の松井 明氏が12月31日をもって任期満了となりますので、引き続き、松井 明氏を選任するもので、地方税法第423条第3項の規定により、同意を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第87号について御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第87号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第87号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(小手川初生君)  これより討論に入ります。


 議案第87号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第87号は同意することに決しました。





◎日程第7 議案第88号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)  日程第7、議案第88号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第88号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。


 本件は、人権擁護委員中、金山俊記氏が平成27年3月31日をもって任期満了となるため、金山俊記氏を再推薦するもので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第88号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第88号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第88号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(小手川初生君)  これより討論に入ります。


 議案第88号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、原案に対し適任であるとの意見を述べることに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第88号は、原案に対し適任であるとの意見を述べることに決しました。


 お諮りいたします。


 議事の都合により、12月3日から12月8日までの6日間は休会とし、次の本会議は12月9日に開きたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、12月3日から12月8日までの6日間は休会とし、次の本会議は12月9日に開くことに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


             午前10時38分 散会





  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








        津久見市議会議長








        署名議員








        署名議員