議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成26年第 3回定例会(第1号 9月 8日)




平成26年第 3回定例会(第1号 9月 8日)





 
平成26年第3回津久見市議会定例会会議録(第1号)


   平成26年9月8日(月曜日)


   ──────────────────


〇議事日程(第1号)


 平成26年9月8日(月曜日)午前10時開議


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 議案第50号から議案第61号まで


     (提案理由説明)


 第 4 議案第62号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 5 議案第63号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 6 議案第64号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 7 意見第 7号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


   ──────────────────


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ──────────────────


〇出席議員(14名)


    1番  ? 野   至 君


    2番  塩 ? 雄 司 君


    3番  谷 本 義 則 君


    4番  吉 良 康 道 君


    5番  黒 田 浩 之 君


    6番  森 脇 千恵美 君


    7番  宮 本 和 壽 君


    8番  小手川 初 生 君


    9番  ? 野 幹 也 君


   10番  小 谷 栄 作 君


   11番  知 念 豊 秀 君


   12番  清 水 美知子 君


   13番  西 村 徳 丸 君


   14番  安 藤 康 生 君


   ──────────────────


〇欠席議員(な し)


   ──────────────────


〇説明のため出席した者


    市長          吉 本 幸 司 君


    副市長         蒲 原   学 君


    秘書課長        麻 生 達 也 君


    総務課長(兼)


    契約検査室長      飯 沼 克 行 君


    総務課主幹       黒 枝 泰 浩 君


    総務課主幹       上 杉 一 洋 君


    政策企画課長(兼)


    合併推進課長      石 井 達 紀 君


    税務課長        石 堂 克 己 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      鳥 越 俊 一 君


    環境保全課長      西 水 克 己 君


    健康推進課長(兼)


    長寿支援課参事     増 田 浩 太 君


    長寿支援課長(兼)


    健康推進課参事(兼)


    福祉事務所参事     石 田 真 一 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        柴 田 美 子 君


    上下水道課長      関   憲 二 君


    福祉事務所長      ? 野 正 一 君


    農林水産課長(兼)


    農業委員会事務局長(兼)


    商工観光課参事     内 田 隆 生 君


    商工観光課長(兼)


    農林水産課参事     旧 杵 洋 介 君


    都市建設課長      古 谷 修 一 君


    土地対策課長(兼)


    土地開発公社事務局長  野 田 和 廣 君


    消防長         大 村 裕 二 君


    消防本部次長(兼)


    消防署長        渡 辺 忠 則 君


    教育委員会


    教育長         平 山 正 雄 君


    管理課長(兼)


    学校教育課参事     小手川 正 文 君


    学校教育課長      梶 原 俊 幸 君


    生涯学習課長      小野崎   宏 君


    監査委員


    代表監査委員


    事務局長        古 谷 慎次郎 君


    選挙管理委員会


    事務局長       (監査委員事務局長が兼務)


    公営企業


    水道課長       (上下水道課長が兼務)


   ──────────────────


〇議会事務局職員出席者


    事務局長        浦 中 隆 浩 君


    主幹(兼)書  記   宇都宮 志 伸 君


         書  記   吉 田 恵 里 君


         書  記   矢 野 雄 樹 君


   ──────────────────





              午前10時00分 開会


○議長(小手川初生君)  おはようございます。


 これより平成26年第3回津久見市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおり定めましたので、御協力願います。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(小手川初生君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において谷本義則君及び吉良康道君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(小手川初生君)  日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から9月26日までの19日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は19日間と決定いたしました。





◎日程第3 議案第50号から議案第61号まで


     (提案理由説明)





○議長(小手川初生君)  日程第3、議案第50号から議案第61号まで、以上、一括議題といたします。


           ────────────────


                 付議事件


  議案第 50号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度一般会計予算


          の補正)


  議案第 51号 津久見市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条


          例の制定について


  議案第 52号 津久見市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関す


          る基準を定める条例の制定について


  議案第 53号 津久見市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定


          める条例の制定について


  議案第 54号 津久見市福祉事務所設置条例の一部改正について


  議案第 55号 津久見市異世代交流施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に


          ついて


  議案第 56号 津久見市ひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部改正につ


          いて


  議案第 57号 平成26年度一般会計予算の補正について


  議案第 58号 平成26年度国民健康保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 59号 平成26年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正について


  議案第 60号 平成26年度介護保険事業特別会計予算の補正について


  議案第 61号 工事請負契約の締結について(第26−23号 青江小学校体育館


          改築(建築主体)工事)


           ────────────────


○議長(小手川初生君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  平成26年第3回市議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様方には、御壮健で全員の御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。


 御承知のように、国においては、去る9月3日に内閣改造が行われ、新たな体制がスタートしたところです。今回の改造内閣の最大の課題の一つが、元気で豊かな地方の創生で、人口減少や地方都市の衰退といった課題の克服に向け、地方創生に内閣が総力を挙げて取り組むとした基本方針が閣議で決定され、総理大臣を本部長に全ての閣僚で構成される、まち・ひと・しごと創生本部が立ち上げられました。また、新設された地方創生担当大臣が中心となり、秋の臨時国会に地方創生の実現に向けた関連法案を提出するとともに、今後5年間に取り組む総合戦略を取りまとめるとの方針も示されています。


 津久見市もこうした国の動きを的確に捉え、真に地方の創生が図れるよう、国や県の施策との連携を図りながら、定住促進を初めとしたさまざまな取り組みをより効果的に進めていきたいと考えています。


 さて、本市では、平成27年度末までの学校施設の建物本体の耐震化完了に向けた事業を進めており、今議会に青江小学校体育館改築建築主体工事の請負契約締結の議案を提案しております。引き続き12月市議会での耐震化の最後となります第二中学校校舎改築(建築主体)工事の議案提出に向け、作業を進めているところであります。


 さらに、今回の補正予算には、今年度実施した津久見小学校以外の学校施設の非構造部材の耐震化予算を計上しており、こうした工事が完了しますと、市内の学校施設の耐震化が全て終了することとなります。


 また、防災面の強化に関しては、南海トラフ地震を想定して大分県が策定した津波避難計画策定指針に基づき、市内24の自主防災組織において地域津波避難行動計画を、施設等の管理者・運営者等には、具体的な避難対策を明記した南海トラフ地震防災対策計画の策定を進めていただいているところであります。


 一方、広島市内で先月20日未明に発生した土砂災害では、多くのとうとい人命が失われ、依然行方不明の方もおられるとのことであります。お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆さんに心よりお見舞いを申し上げます。


 最近は全国各地で短時間に多量の降雨による災害が発生しています。本市においても、台風11号の通過に伴い、8月10日に市道八戸線で発生した土砂崩落の災害復旧工事を現在行っているところであります。


 地震・津波災害はもとより、風水害や土砂災害などさまざまな災害への備えや対応について、市の地域防災計画の見直し作業の中で、現状に即した避難勧告等の判断基準についても改めて協議を進めているところであります。


 それでは、今期定例会に提案しました諸議案について、順次提案理由の説明をいたします。


 まず、議案第50号は、地方自治法第179条第1項の規定により、平成26年度一般会計予算の専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定に基づき、これを報告し、承認を求めるものであります。


 本件は、台風11号により発生した市道八戸線の災害復旧事業に伴うものであります。


 次に、議案第51号は、津久見市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてであります。


 本件は、子ども・子育て支援新制度が平成27年4月1日から施行されることに伴い、従来の認可保育所の枠組みに加え、小規模保育事業、家庭的保育事業、保育が必要な者の家庭で保育を行う居宅訪問型保育事業、事業所内保育所を自社労働者の子どもに限らず地域の子どもに解放した場合の四つの類型について、新たに市町村認可事業として事業類型が設けられることとなり、それに伴い、家庭的保育事業等を行うに当たり、設備及び運営の基準を定める必要があることから、児童福祉法第34条の16第1項の規定に基づき、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第52号は、津久見市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてであります。


 本件も、子ども・子育て支援新制度が平成27年4月1日から施行されることに伴い、市町村の確認を受けた特定教育・保育施設(保育所・幼稚園・認定こども園)や特定地域型保育事業(家庭的保育事業・小規模保育事業・居宅訪問型保育事業・事業所内保育所)において、子どもが教育・保育を受けた場合、保護者が特定教育・施設に支払うべき額を限度として、施設型給付費や地域型保育給付費として施設が受け取ることができることとなっているため、これに伴い、特定教育・保育施設の設置者や特定地域型保育事業者については運営の基準を満たす必要があることから、子ども・子育て支援法第34条第3項及び同法第46条第3項の規定に基づき、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第53号は、津久見市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてであります。


 本件は、放課後児童健全育成事業を利用している児童が、明るく衛生的な環境において、素養があり、かつ適切な訓練を受けた職員の支援により、心身ともに健やかに育成されるため、児童福祉法第34条の8の2第1項の規定に基づき、新たに条例を制定するものであります。


 次に、議案第54号は、津久見市福祉事務所設置条例の一部改正についてであります。


 本件は、上位法であります母子及び寡婦福祉法の名称の変更に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第55号は、津久見市異世代交流施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、津久見市病後児保育事業実施要綱の制定に伴い、現在、施設内の使用されていない調理室を病後児保育事業用に変更するため所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第56号は、津久見市ひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、議案第54号と同じく、上位法であります母子及び寡婦福祉法の名称の変更等に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第57号は、平成26年度一般会計予算の補正であります。


 今回の補正は、8,888万円の追加でありまして、補正後の歳入歳出予算の総額は、99億8,495万1,000円となります。


 今回提案いたします補正予算の主な内容につきまして御説明いたします。


 総務費では、総合計画策定業務委託料を計上しています。


 民生費では、公共施設等のバリアフリー化を行う住みよい地域づくり事業の追加費用を計上しています。


 衛生費では、畑地区の給水施設の水量調査等の委託料、ごみ収集車購入費等を計上しております。


 農林水産業費では、大元漁港(間元地区)の施設改修工事費を計上しております。


 商工費では、プレミアム商品券発行支援事業補助金を計上しています。


 土木費では、市道蔵富線道路改良工事費、大友地区の排水整備工事費等を計上しています。


 消防費では、避難路の整備工事費、防災備蓄倉庫の購入費等を計上しております。


 教育費では、各小・中学校の図書購入費と非構造部材耐震化工事費、市民野球場の放送設備改修工事費等を計上しています。


 歳入において、今回、国の平成25年度補正予算において経済対策として創設されたがんばる地域交付金を計上しております。この交付金の活用につきましては、安心して暮らせるまちづくり事業を主として前倒し実施するとともに、当初予算計上事業についても一部充当し、将来の市民負担の軽減を図るものであります。


 次に、議案第58号は、平成26年度国民健康保険事業特別会計予算の補正であります。


 本件は、高額療養費制度の改正による電算システムの改修費を計上しております。


 次に、議案第59号は、平成26年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正であります。


 本件は、四浦2区簡易水道統合整備に伴う配水池の防水塗装工事費を計上しています。


 次に、議案第60号は、平成26年度介護保険事業特別会計予算の補正であります。


 本件は、高額医療合算介護サービス費と地域ケア会議活用推進事業の費用等を計上しています。


 次に、議案第61号は、工事請負契約の締結についてであります。


 本件は、青江小学校体育館改築(建築主体)工事請負契約の締結について、地方自治法及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき議会の議決をお願いするものであります。


 以上をもちまして、提案いたしました諸議案につきまして説明を終わります。何とぞ慎重に御審議の上、御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。





◎日程第4 議案第62号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)  日程第4、議案第62号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第62号は、津久見市教育委員会委員の任命の同意についてであります。


 本件は、教育委員会委員中、光安博行氏が9月30日をもって任期満了となりますので、新たに深井重利氏を任命するもので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願いいたします。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第62号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第62号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第62号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(小手川初生君)  これより討論に入ります。


 議案第62号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第62号は同意することに決しました。





◎日程第5 議案第63号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)  日程第5、議案第63号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第63号は、津久見市公平委員会委員の選任の同意についてであります。


 本件は、公平委員会委員中、西瀧常博氏が9月30日をもって任期満了となりますので、引き続き、西瀧常博氏を選任するもので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により同意を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願いいたします。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第63号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第63号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第63号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(小手川初生君)  これより討論に入ります。


 議案第63号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第63号は同意することに決しました。





◎日程第6 議案第64号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)    日程第6、議案第64号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第64号は、津久見市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてであります。


 本件は、津久見市固定資産評価審査委員会委員中、土地部会の竹尾久信氏と家屋部会の?野謙廣氏が9月30日をもって任期満了となりますので、引き続き、竹尾久信氏と?野謙廣氏を選任するもので、地方税法第423条第3項の規定により同意を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第64号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第64号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第64号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(小手川初生君)  これより討論に入ります。


 議案第64号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第64号は同意することに決しました。





◎日程第7 意見第7号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(小手川初生君)    日程第7、意見第7号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 10番、小谷栄作君。


            〔10番小谷栄作君登壇〕


○10番(小谷栄作君)  おはようございます。読み上げまして提案理由といたしたいと思います。


 意見第7号、「手話言語法(仮称)」の早期制定を求める意見書(案)。


 手話は、音声が聞こえない、聞こえづらい、音声で話すことができない、話しにくいろう者にとって、コミュニケーションをとり、教育を受け、働き、社会活動に参加し、生活を営み、人間関係を育み、人として成長していくために必要不可欠な言語です。


 2006年12月に国連総会において採択され、2008年に発効した「障害者の権利に関する条約」第2条において、「言語」とは、「音声言語及び手話その他の形態の非音声言語をいう。」と定義され、手話が言語として国際的に認知され、2009年には、政府が内閣府に障がい者制度改革推進本部を設置し、同条例が2014年1月に批准されました。


 2011年8月に改正された「障害者基本法」の第3条には、「全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会が確保される」と定められ、手話は言語に含まれることが明記されました。


 さらに、同法第22条では、国・地方公共団体に対して、障がい者の意思疎通のための情報確保の施策を義務付けていることから、手話が日本語と対等な言語であることを示し、日常生活、職場、教育の場で手話を使った情報の提供やコミュニケーションが保障され、社会に自由に参加できることを目指す「手話言語法(仮称)」を広く国民に知らしめていくことや、自由に手話が使える社会環境の整備を国として実現する必要があります。


 よって、国会及び政府においては、上記の内容を踏まえた「手話言語法(仮称)」を早期に制定するよう強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。


 提出先は下記の衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣に行いたいと思います。


 なお、議会運営委員会で審議していただいたのは9月1日でしたが、9月3日に内閣改造をされましたので、新しい内閣に提出いたしたいと思います。


 議員の皆様方の慎重審議の上、御賛同が賜れますよう、よろしくお願い申し上げまして提案理由といたしたいと思います。


            〔10番小谷栄作君降壇〕


○議長(小手川初生君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 意見第7について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見第7号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、意見第7号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 意見第7号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件を可決することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、意見第7号は可決することに決しました。


 お諮りいたします。


 議事の都合により、9月9日から9月15日までの7日間は休会とし、次の本会議は9月16日に開きたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、9月9日から9月15日までの7日間は休会とし、次の本会議は9月16日に開くことに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


             午前10時32分 散会








 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








        津久見市議会議長








        署名議員








        署名議員