議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成25年第 2回定例会(第1号 6月10日)




平成25年第 2回定例会(第1号 6月10日)





 
平成25年第2回津久見市議会定例会会議録(第1号)


   平成25年6月10日(月曜日)


   ―――――――――――――――――――――


〇議事日程(第1号)


 平成25年6月10日(月曜日)午前10時開議


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 報告第2号・報告第3号及び議案第40号から議案第48号まで


     (提案理由説明)


 第 4 議案第49号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 5 議案第50号


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


 第 6 常任委員の選任


 第 7 議会運営委員の選任


 第 8 常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査について


 第 9 請願第1号


     (委員会付託)


   ―――――――――――――――――――――


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ―――――――――――――――――――――


〇出席議員(14名)


    1番  ? 野   至 君


    2番  塩 ? 雄 司 君


    3番  谷 本 義 則 君


    4番  吉 良 康 道 君


    5番  黒 田 浩 之 君


    6番  森 脇 千恵美 君


    7番  宮 本 和 壽 君


    8番  小手川 初 生 君


    9番  ? 野 幹 也 君


   10番  小 谷 栄 作 君


   11番  知 念 豊 秀 君


   12番  清 水 美知子 君


   13番  西 村 徳 丸 君


   14番  安 藤 康 生 君


   ―――――――――――――――――――――


〇欠席議員(な し)


   ―――――――――――――――――――――


〇説明のため出席した者


    市長          吉 本 幸 司 君


    副市長         蒲 原   学 君


    秘書課長        麻 生 達 也 君


    総務課長        黒 木 章 三 君


    総務課参事(兼)


    契約検査室長      関   憲 二 君


    総務課主幹       黒 枝 泰 浩 君


    総務課主幹       上 杉 一 洋 君


    政策企画課長(兼)


    合併推進課長      飯 沼 克 行 君


    税務課長        江 藤 善 文 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      鳥 越 俊 一 君


    環境保全課長      小 泉   裕 君


    環境保全課参事     西 水 克 己 君


    健康推進課長(兼)


    長寿支援課参事     幸   泰 秀 君


    長寿支援課長(兼)


    健康推進課参事(兼)


    福祉事務所参事     石 井 達 紀 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        古 谷 慎次郎 君


    上下水道課長      川 辺 邦 彦 君


    福祉事務所長      大 村 裕 二 君


    農林水産課長(兼)


    農業委員会事務局長(兼)


    商工観光課参事     内 田 隆 生 君


    商工観光課長(兼)


    農林水産課参事     旧 杵 洋 介 君


    都市建設課長      古 谷 修 一 君


    都市建設課参事     薬師寺 博 昭 君


    土地対策課長(兼)


    土地開発公社事務局長  平 野 正 廣 君


    消防長         塩 ? 英 次 君


    消防本部次長(兼)


    消防署長        宗   利 明 君


    教育委員会


    教育長         山 田 修 治 君


    管理課長(兼)


    学校教育課参事     増 田 浩 太 君


    学校教育課長      梶 原 俊 幸 君


    生涯学習課長      小野崎   宏 君


    監査委員


    代表監査委員


    事務局長        松 下 俊 喜 君


    選挙管理委員会


    事務局長        (監査委員事務局長が兼務)


    公営企業


    水道課長        (上下水道課長が兼務)


   ―――――――――――――――――――――


〇議会事務局職員出席者


    事務局長         浦 中 隆 浩 君


    主幹(兼)書  記    宗   真 也 君


         書  記    吉 田 恵 里 君


         書  記    宇都宮 志 伸 君


   ―――――――――――――――――――――





○秘書課長(麻生達也君)  この4月から新しく管理職になられました職員の紹介をさせていただきます。


 石井長寿支援課長兼健康推進課参事兼福祉事務所参事です。梶原学校教育課長です。宗消防本部次長兼消防署長です。そして浦中議会事務局長です。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(?野幹也君)  皆さん、おはようございます。


 これより平成25年第2回津久見市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおり定めましたので、御協力願います。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(?野幹也君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において西村徳丸君及び安藤康生君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(?野幹也君)  日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から6月27日までの18日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は18日間と決定いたしました。





◎日程第3 報告第2号・報告第3号及び議案第40号から議案第48号まで


      (提案理由説明)





○議長(?野幹也君)  日程第3、報告第2号・報告第3号及び議案第40号から議案第48号まで、以上、一括議題といたします。


         ──────────────────


                付議事件


  報告第  2号 平成24年度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提


          出について


  報告第  3号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成24年度一般会計繰越


         明許費繰越計算書)


  議案第 40号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度一般会計予算


          の補正)


  議案第 41号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度簡易水道布設


          事業特別会計予算の補正)


  議案第 42号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税条例の一部改


          正)


  議案第 43号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市都市計画税条例の


          一部改正)


  議案第 44号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税特別措置条例の


          一部改正)


  議案第 45号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市国民健康保険税条


          例の一部改正)


  議案第 46号 津久見市火災予防条例の一部改正について


  議案第 47号 平成25年度一般会計予算の補正について


  議案第 48号 財産の取得について(消防車両の購入)


         ──────────────────


○議長(?野幹也君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  平成25年第2回市議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様方には、御壮健で全員の御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。


 まず国政では、去る5月15日に平成25年度予算が成立し、デフレと円高からの脱却、3%以上の経済成長の促進、物価上昇と円安への誘導による経済の復活などデフレ不況から脱却による景気回復を実現するため、安倍政権は大胆な金融緩和や緊急経済対策を断行し、補正予算と新年度予算を合わせて切れ目のない経済政策の実行、地域新成長産業の創出や促進などの経済対策を打ち出しました。今後の国・県の動向に注視し、情報収集を行い、庁内で情報を共有するなど津久見市において効果的な行財政運営を推進していきたいと考えております。


 さてゴールデンウィーク期間中の5月3日、うみたま体験パークつくみイルカ島では入場者がオープンから2年1カ月で20万人を達成し、記念セレモニーを行いました。ゴールデンウィーク期間中の入場者は前年比2,000人、率にして17%の増、1万4,000人の入場者がありました。後方宙返りやスピンジャンプなどを習得し、パワーアップしたイルカのジャンプが楽しめ、その場で記念撮影やふれあい体験ができるなど、施設も改善されたことにより滞在時間も長くなり、さらに好天に恵まれたことや東九州自動車道の延伸効果により多くの来場者でにぎわいました。また湾内には野生のイルカが回遊し、遊覧船が通常の遊覧だけでなくイルカウオッチングも楽しめました。今後はテレビ、ラジオによるメディアを活用した情報発信事業で津久見市のイメージアップに努め、港まつり、扇子踊り、ふるさと振興祭など津久見の魅力を発信し、市民の意識向上や商店街の活性化につながるようにしていきたいと考えています。


 次に、市の発展に欠かせない道路整備についてでありますが、昨年度から県が事業化しております国道217号の平岩松崎バイパス事業では、本年度志手町周辺の用地買収が予定されております。市道徳浦松崎線バイパス事業では、用地買収及びトンネル、橋梁工事に着手予定であり、市民生活の利便性の向上や鉱山跡地の再開発や活性化などにつなげたいと思っています。


 また、安心・安全なまちづくり推進のため5月29日に防災パトロールを実施し、防災・減災対策のため市内一円の重点危険箇所を視察しました。今後とも安心して暮らせる生活基盤整備と目に見える形で元気ある津久見市、活力あるまちづくりを着実に進めてまいります。


 今年度の津久見市の予算執行状況は、国の緊急経済対策の促進もあり、入札及び契約件数は第1・四半期半ばの5月末現在、24年度25件に対して、25年度44件と前年を大きく上回っており、今後も景気回復に向けて国や県の施策の活用を含め積極的に事業の推進に取り組んでまいります。


 今後とも開かれた市政運営に努めてまいる所存でありますので、議員皆様方の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。


 それでは、今期定例会に提案しました諸議案について、順次提案理由の説明をいたします。


 まず、報告第2号は平成24年度津久見市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出についてであります。


 本件は、土地開発公社に係る平成24年度の決算事務が完了いたしましたので、地方自治法の規定に基づき、その経営状況を説明する書類を作成し、これを議会に提出するものであります。


 次に、報告第3号は地方自治法施行令第146条第2項の規定による繰越明許費繰越計算書の報告であります。


 本件は、平成24年度一般会計予算で繰り越しを行いました農道トンネル点検調査事業ほか9件の事業について繰越額の財源内訳を示したものであります。


 議案第40号及び第41号は地方自治法第179条第1項の規定により、平成24年度予算の専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定に基づき、これを報告し、承認を求めるものであります。


 議案第40号は、一般会計予算の補正についてであります。歳入では、3月議会開会及び閉会後に額が確定した地方譲与税や地方消費税交付金、地方交付税、市債等の追加及び減額であります。歳出では、国の補正予算に伴う事業の追加と事業等の確定に伴う予算の調整であります。その結果、補正予算額は歳入歳出予算の総額それぞれ800万円を減額し、歳入歳出予算の総額それぞれ98億3,598万6,000円とするものであります。


 議案第41号は、簡易水道布設事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、簡易水道事業の減額に伴う歳入予算の調整によるもので、予算総額に変更はございません。


 次に、議案第42号から議案第45号までは、条例の一部改正について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定に基づき、これを報告し、承認を求めるものであります。


 まず、議案第42号は津久見市税条例の一部改正についてであります。


 本件は、地方税制の改正に伴い、地方税に係る延滞金並びに還付加算金の利率の引き下げ及び住宅借入金等特別税額控除の4年間の期限延長など所要の改正を行うものであります。


 議案第43号は、津久見市都市計画税条例の一部改正についてであります。


 本件も、地方税制の改正に伴い、固定資産税及び特別土地保有税など所要の改正を行うものであります。


 議案第44号は、津久見市税特別措置条例の一部改正についてであります。


 本件は、過疎地域地域促進特別措置法及び企業立地の適用期間の延長に伴い、所要の改正を行うものであります。


 議案第45号は、津久見市国民健康保険税条例の一部改正についてであります。


 本件は、地方税法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、国民健康保険の被保険者であった者が、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行する場合において、国民健康保険税の軽減判定所得の特例を恒久化することにすること及び特定世帯に係る世帯手当割額を最初の5年間2分の1軽減する現行措置に加え、その後、3年間4分の1軽減する措置を講ずることとなったため、所要の改正を行うものであります。


 議案第46号は、津久見市火災予防条例の一部改正についてであります。


 本件は、消防法施行令及び建築基準法施行令の上位法が一部改正されたことに伴い、条項ずれが生じたため、所要の改正を行うものであります。


 議案第47号につきましては、平成25年度の一般会計予算の補正であります。今回の補正は645万円の追加でありまして、補正後の歳入歳出予算の総額は93億6,645万円となります。


 それでは今回、提案いたします補正予算の主な内容につきまして御説明いたします。


 商工費では、宝くじの収益を財源とするコミュニティ助成金を受けて、扇子踊り大会等に使用するちょうちんの購入及び「つくみん」の着ぐるみ作成委託料を計上しています。


 土木費では、緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用し、空き家の実態調査や台帳作成を行う委託料を計上しています。


 消防費でも、コミュニティ助成金を受けて、保戸島地区及び畑地区に軽量の消防ホースを整備する費用を計上しています。


 教育費では、寄附金により小学校の学校図書及び図書個別認識システムの購入費と国からの委託を受け、コミュニティスクール推進事業を千怒小学校で実施し、制度の運用方法など研究する費用を計上しています。


 これらの財源といたしましては、国・県支出金、諸収入等を充当しております。


 議案第48号は、財産の取得についてであります。


 本件は、消防力の充実・強化を図るため、化学消防ポンプ自動車を取得するものであります。なお、取得額は税込み5,771万8,500円であります。


 以上をもちまして、提案いたしました諸議案につきまして説明を終わります。何とぞ慎重に御審議の上、御賛同賜りますようよろしくお願いいたします。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(?野幹也君)  説明は終わりました。





◎日程第4 議案第49号


      (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(?野幹也君)  日程第4、議案第49号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


             〔市長吉本幸司君登壇〕


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 議案第49号は、津久見市監査委員の選任につき同意を求めることについてであります。


 本件は、津久見市監査委員のうち執権を有する者が6月30日をもって任期満了となりますので、新たに津久見市大字津久見1039番地の1、是澤勝行氏を選任したいので、地方自治法第196条の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。


 何とぞ慎重に御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願いいたします。


             〔市長吉本幸司君降壇〕


○議長(?野幹也君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第49号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  これをもって質疑を終結いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま議題となっております議案第49号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第49号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(?野幹也君)  これより討論に入ります。


 議案第49号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第49号は同意することに決しました。





◎日程第5 議案第50号


      (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(?野幹也君)  日程第5、議案第50号を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 13番、西村徳丸君。


            〔13番西村徳丸君登壇〕


○13番(西村徳丸君)  今回、上程します議案第50号は津久見市議会の議決すべき事件に関する条例の制定について提案理由説明をいたしたいと思います。


 本議案は、地方自治法第96条第2項に基づき制定するものであります。


 第2条第1号は、地方自治法の一部を改正する法律(平成23年法律第35号)が施行され、市町村における基本構想の策定に関する規定が削除されたため、市行政の総合的かつ計画的な運営を図るための基本構想及び基本構想に基づく基本計画の策定、変更または廃止に関することについて、議会の議決すべき事件とすることを定めるものであります。


 次に第2条第2号は、行財政改革に実行する計画は市政に係る重要な計画に位置づけられ、議会としても積極的に関与していくべきものであり、その基本的方針の策定、変更または廃止に関することについて、議会の議決すべき事件とすることを定めるものであります。


 この条例案の策定に当たっては、議会は平成23年7月に議会活動活性化調査特別委員会を立ち上げ、総合計画や各種計画への策定段階でのかかわり方について執行部とも協議を重ねてきたところであります。市の重要な計画策定等について、市と議会の関係を明確にするとともに議会も市民に対する責任を担いながら透明性の高い市政を推進する気構えを持ち、チェック機能を十分働かせながら、市民の視点に立ち、住民を代表して意見を述べ、議論を重ねていくことによって、方向性を見失うことのない計画が策定されるのではないかと考えます。


 市政に係る重要な計画はさまざまなものがあり、法律に基づく議決を必要とする計画、あるいはパブリックコメントのタイミングで説明を受け、議員全員で協議を必要とする計画など執行部と議論し、かかわり方に関する大方の方向性が明確にされました。その協議の末、本条例案を提案するに至ったところでありますので、慎重審議の上、御賛同賜りますようお願いいたします。


 以上で説明を終わります。


            〔13番西村徳丸君降壇〕


○議長(?野幹也君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第50号について、御質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  これをもって質疑を終結いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま議題となっております議案第50号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第50号については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(?野幹也君)  これより討論に入ります。


 議案第50号について、討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は、原案にとおり決することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(?野幹也君)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。


 暫時休憩いたします。


             午前10時23分 休憩


          ────────────────


             午前10時54分 開議


○副議長(小谷栄作君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいまの休憩中に?野幹也君から議長の辞職願が提出されました。


 おはかりいたします。


 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(小谷栄作君)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 議長辞職の件を議題といたします。


 議長、?野幹也君から議長の辞職願が提出されております。辞職願を朗読させます。


 浦中事務局長。


○事務局長(浦中隆浩君)  それでは朗読いたします。


 辞職願、今般、一身上の都合により、議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。


 平成25年6月10日


 津久見市議会議長 ?野幹也


 津久見市議会副議長 小谷栄作殿


 以上でございます。


○副議長(小谷栄作君)  朗読を終わります。


 おはかりいたします。


 ただいま朗読のとおり、?野幹也君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(小谷栄作君)  御異議なしと認めます。


 よって、?野幹也君の議長の辞職を許可することに決しました。


 暫時休憩いたします。


             午前10時56分 休憩


          ────────────────


             午後 2時30分 開議


○副議長(小谷栄作君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいま議長が欠員となりました。


 おはかりいたします。


 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(小谷栄作君)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               〔議場閉鎖〕


○副議長(小谷栄作君)  ただいまの出席議員数は14人であります。


 おはかりいたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君を指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(小谷栄作君)  御異議なしと認めます。


 よって、立会人に塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君を指名いたします。


 投票用紙を配付します。


              〔投票用紙配付〕


○副議長(小谷栄作君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(小谷栄作君)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検させます。


               〔投票箱点検〕


○副議長(小谷栄作君)  異常なしと認めます。


 念のため、申し上げます。


 投票は単記無記名であります。投票用紙の裏に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。白票は無効とみなします。


 それでは、投票を開始します。点呼を命じます。


○事務局主幹(宗 真也君)  それでは、議席番号とお名前を読み上げますので、順次投票をお願いいたします。まず立会人の方からお願いいたします。


               〔氏名点呼〕


               〔各議員投票〕


○副議長(小谷栄作君)  投票漏れはありませんか。


              〔投票漏れなし〕


○副議長(小谷栄作君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


               〔議場開鎖〕


○副議長(小谷栄作君)  開票を行います。


 塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君の立ち会いをお願いします。


                〔開票〕


○副議長(小谷栄作君)  それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数14票、これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。そのうち有効投票12票、無効投票2票、有効投票中、小手川初生君10票、知念豊秀君2票。


 この選挙の法定得票数は3票であります。


 よって、小手川初生君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました小手川初生君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、議長に当選されたことを告知いたします。


 ここで新議長から挨拶があります。


 8番、小手川初生君。


            〔8番小手川初生君登壇〕


○8番(小手川初生君)  図らずも当選させていただきました。微力でございますが、議会発展のため誠心誠意尽くしたいと思いますので、皆さんの御指導、御協力をよろしくお願いいたします。


 ありがとうございました。


                (拍手)


            〔議長小手川初生君降壇〕


○副議長(小谷栄作君)  ここで新議長と交代いたします。御協力ありがとうございました。


            〔副議長小谷栄作君退席〕


            〔議長小手川初生君着席〕


○議長(小手川初生君)  それでは、?野幹也前議長より発言の申し出があっておりますので、これを許します。


 9番、?野幹也君。


             〔9番?野幹也君登壇〕


○9番(?野幹也君)  平成23年の5月に皆様方から御賛同いただきまして、議長就任以来約2年間、本日まで議長の職を自分なりに精いっぱい全うしてきたつもりであります。その間、議員の皆様方また吉本市長を初め、執行部の皆様方には私の力不足で大変御迷惑をおかけしたというふうに思っております。しかしながら本日までどうにか議長職を全うできたのも、また皆様方のおかげと思っております。


 今後は、先ほど新しく選任されました小手川議長のもと、一議員として津久見市政、そして市民の皆様の発展のため、微力ながら今後とも議員活動を邁進していきたいというに思っております。皆様方におかれましては、今後とも御指導、御鞭撻よろしくお願いいたします。本日までありがとうございました。


                (拍手)


             〔9番?野幹也君降壇〕


○議長(小手川初生君)  非常に立派な議会運営を行っていただきました?野幹也前議長に再度、拍手を送って、その努力を報いたいと思います。盛大な拍手をお願いいたします。


                (拍手)


○議長(小手川初生君)  ありがとうございました。


 暫時休憩いたします。


             午後 2時49分 休憩


          ────────────────


             午後 3時16分 開議


○議長(小手川初生君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいまの休憩中に小谷栄作君から副議長の辞職願が提出されました。


 おはかりいたします。


 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 副議長辞職の件を議題といたします。


 副議長、小谷栄作君から副議長の辞職願が提出されております。辞職願を朗読させます。


 浦中事務局長。


○事務局長(浦中隆浩君)  それでは読み上げます。


 辞職願、今般、一身上の都合により、副議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。


 平成25年6月10日


 津久見市議会副議長 小谷栄作


 津久見市議会議長 小手川初生殿


 以上でございます。


○議長(小手川初生君)  朗読を終わります。


 おはかりいたします。


 ただいま朗読のとおり、小谷栄作君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、小谷栄作君の副議長の辞職を許可することに決しました。


 暫時休憩いたします。


             午後 3時17分 休憩


          ────────────────


             午後 4時56分 開議


○議長(小手川初生君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。


 暫時休憩いたします。


             午後 4時56分 休憩


          ────────────────


             午後 5時23分 開議


○議長(小手川初生君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいま副議長が欠員となりました。


 おはかりいたします。


 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               〔議場閉鎖〕


○議長(小手川初生君)  ただいまの出席議員数は14人であります。


 おはかりいたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君を指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、立会人に塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君を指名いたします。


 投票用紙を配付します。


              〔投票用紙配付〕


○議長(小手川初生君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検させます。


               〔投票箱点検〕


○議長(小手川初生君)  異常なしと認めます。


 念のため、申し上げます。


 投票は単記無記名であります。投票用紙の裏に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。白票は無効とみなします。


 それでは、投票を開始します。点呼を命じます。


○事務局主幹(宗 真也君)  それでは、議席番号とお名前を読み上げますので、順次投票をお願いいたします。まず立会人の方からお願いいたします。


               〔氏名点呼〕


               〔各議員投票〕


○議長(小手川初生君)  投票漏れはありませんか。


              〔投票漏れなし〕


○議長(小手川初生君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


               〔議場開鎖〕


○議長(小手川初生君)  開票を行います。


 塩?雄司君、谷本義則君及び吉良康道君の立ち会いをお願いします。


                〔開票〕


○議長(小手川初生君)  それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数14票、これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。そのうち有効投票12票、無効投票2票、有効投票中、?野 至君10票、知念豊秀君2票。


 以上であります。


 この選挙の法定得票数は3票であります。


 よって、?野 至君が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました?野 至君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、副議長に当選されたことを告知いたします。


 ここで新副議長から挨拶があります。


 1番、?野 至君。


             〔1番?野 至君登壇〕


○1番(?野 至君)  このたび副議長に選ばれました?野 至です。これからは、この職責を十分果たせるように努めてまいりたいと思います。どうか議員の皆様、執行部の皆様、御指導、御協力のほどよろしくお願いいたします。


 簡単ではありますが、挨拶とさせていただきます。


                (拍手)


            〔副議長?野 至君降壇〕


○議長(小手川初生君)  それでは、小谷前副議長より発言の申し出があっておりますので、これを許します。


 10番、小谷栄作君。


            〔10番小谷栄作君登壇〕


○10番(小谷栄作君)  ただいま議長より発言の機会をいただきました。一言御挨拶を申し上げます。


 平成23年3月に東日本大震災が起こりました。その後の5月、?野前議長さんとともに2年間副議長をさせていただきました。議員の皆様方の多くの御協力をいただいたおかげで、無事この2年間を過ごすことができました。これからは市民の住みよい、住んでみたいまちになるように、私も議員として活動をしてまいりたいと思います。皆様方の温かいお気持ちでこの2年間が無事過ごさせていただきましたことに改めて感謝を申し上げまして、副議長としてのお礼とさせていただきます。


 ありがとうございました。


                (拍手)


            〔10番小谷栄作君降壇〕


○議長(小手川初生君)  誠実な議会運営を行っていただきました小谷前副議長に再度、拍手を送って、その御苦労をねぎらいたいと思います。盛大な拍手をお願いいたします。


                (拍手)


○議長(小手川初生君)  ありがとうございました。


 暫時休憩いたします。


             午後 5時39分 休憩


          ────────────────


             午後 6時25分 開議


○議長(小手川初生君)  休憩前に引き続き会議を開きます。





◎日程第6 常任委員の選任





○議長(小手川初生君)  日程第6、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により?野 至君、谷本義則君、吉良康道君、宮本和壽君、?野幹也君、清水美知子君、安藤康生君、以上7人を総務常任委員に、塩?雄司君、黒田浩之君、森脇千恵美君、小手川初生、小谷栄作君、知念豊秀君、西村徳丸君、以上7人を社会文教建設常任委員に、?野 至君、塩?雄司君、谷本義則君、吉良康道君、黒田浩之君、森脇千恵美君、宮本和壽君、?野幹也君、小谷栄作君、知念豊秀君、清水美知子君、西村徳丸君、安藤康生君、以上13人を予算常任委員にそれぞれ指名します。





◎日程第7 議会運営委員の選任





○議長(小手川初生君)  日程第7、議会運営委員の選任を行います。


 本委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により塩?雄司君、谷本義則君、吉良康道君、小谷栄作君、清水美知子君、安藤康生君、以上6人を指名いたします。


 暫時休憩いたします。


             午後 6時27分 休憩


          ────────────────


             午後 7時17分 開議


○議長(小手川初生君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 常任委員会並びに議会運営委員会の正・副委員長の当選者を報告いたします。


 総務常任委員長、吉良康道君、総務常任副委員長、安藤康生君。社会文教建設常任委員長、塩?雄司君、社会文教建設常任副委員長、黒田浩之君。予算常任委員長、谷本義則君、予算常任副委員長、西村徳丸君。議会運営委員長、小谷栄作君、議会運営副委員長、清水美知子君。


 以上、報告を終わります。





◎日程第8 常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査について





○議長(小手川初生君)  日程第8、常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査についてを議題といたします。


 各常任委員会及び議会運営委員会で決定をいたしました閉会中における所管事務審査については、会議規則第111条の規定によりお手元に配付いたしましたとおり、各常任委員長及び議会運営委員長から議長に申出書が提出されております。


 おはかりいたします。


 各常任委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、各常任委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。





◎日程第9 請願第1号


      (委員会付託)





○議長(小手川初生君)  日程第9、請願第1号を議題といたします。


 本件は、お手元に配付いたしております請願文書表に記載のとおり所管の常任委員会に付託いたします。


 おはかりいたします。


 議事の都合により、6月11日から6月16日までの6日間は休会とし、次の本会議は6月17日に開きたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小手川初生君)  御異議なしと認めます。


 よって、6月11日から6月16日までの6日間は休会とし、次の本会議は6月17日に開くことに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


              午後 7時20分 散会





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








        津久見市議会議長








        津久見市議会議長








        津久見市議会副議長








        署名議員








        署名議員